「にの」を含む日記 RSS

はてなキーワード: にのとは

2018-07-22

anond:20180722131231

そこまでは、ひどくないと思っていますが…

似たような感じはあります


例えば、アドバイスとして

自分方法Aは、検討しましたが、結果はこの程度です。」

相手方法Aだけでなく、こういった別の方法Bも検討すべきでは?」

自分方法Aは試しましたが、この程度です。方法Bの検討不要では?」

相手「次はなにの検討をするのか?」

自分方法Aを改良したいと思っていますが、それほど上手くいかいかもしれません。」

相手「他に方法はあるのか?」

自分「新たにCを導入して、根本的に、変更するしかないと思います。」

※このときはじめに、方法Aを改良したいと思っている、もしくは案はある。


といった感じで、とっさの対応相手の言ったことに反応するときに、相手提案をはねつける方向へ返しがちです。

から考えると、方法Bも試してみるのが正しいというのは、わかります…。

会議で突然、思っていること・考えていたことに反すると、反論が出てしまやすいです。

特に、他の業務が増えてBを検討する時間が少ない場合に、ついつい、そんなの意味ないでしょうと言ってしまう。)

anond:20180722064933

頑張れというのは相手の状況を見て、応援が適切な場合鼓舞するのならともかく

不特定多数に向けての頑張れ、あるいは相手の状況を見ずにの頑張れというのは「俺は対策したくないしお前がどうなっても知らんが、勝手になんとかしろ」なんだろうなと思う。

無論、言われる方はそれに気づいているから、適当時間だけはかけてやる

故に、勤労意欲が139カ国中132位の時間だけかける超やる気なし国家になってるんだろうな。

2018-07-20

安いうなぎお茶漬けにするとおいしいよ

刻んでご飯にのせて、ほんだしわさびをちょっぴり

anond:20180720164844

度合いも何もない。重度だろうが軽度だろうが発達障害者も健常者と同じように働ける社会が正常。法律でも障害にの要望には合理的配慮をしなきゃいけないことになってる。おれの。要望検討しないやつは法治国家からでていけ。

anond:20180719124611

口だけ達者なやつって見てると分かるよな。

あいつがやってれば」とか「女あてがえば」とか

自分被害が及ばないけど何かしてやれよ』っていう上から目線自分勝手な押し付け行動な。

「俺は募金しないけど、お前ら全員募金しろよ。じゃないと死ぬぞ」って言ってるのと似たようなもん。

まぁ、そう言われたって、俺は募金しねぇけどな。

募金するだけの行動だと思った場合にの募金する。信用できるところ以外になんてやるか。

2018-07-19

マッチョ生き方

マッチョ生き方」というものがある。

意識が高く、向上心があり、常に自分を磨くトレーニングをしている人のことだ。

私のSNSタイムライン過半数は、インフルエンサーたちの筋肉で蒸し暑い

最近こんな仕事をした。こんなものを作った。

自分は世の中についてこう思う。

他の人になにを言われようが気にしない。

などなど...。

自分筋肉他人に見せびらかすことは自己顕示欲が強くて気持ちが悪いと、

一時期そんなマッチョたちに嫌気がさしていた。

会社で行っている仕事自分の鍛えたい箇所が違っていたからなので、自分に合わない仕事で疲れていた。

他の人のことが気になり、自己否定を繰り返す毎日で、彼らの「マッチョ生き方」は息苦しかった。

私の周囲は会社仕事自分の鍛えたい箇所がマッチしている人が多い。

次元の話だから多少きつくてもやっていけるのだ...。自分はなんてダメなんだ。

当初はただ不貞腐れ、ダラダラ過ごしていたのだが、途中で疲れがピークに達し心療内科へ行った。

その疲れは私の現在抑うつの診断と紐づいていることが分かり、自分の鍛えたい箇所に改めて向き合う必要があると実感した。

診断後だいぶ苦しい思いをしたのだが、吹っ切れたお陰で最近休日自主学習自主制作がはかどっている。

仕事でもちゃん自分を磨くトレーニングができ、多少の嫌な作業でも栄養と考え取り入れる思考ができた。

今では、マッチョたちのツイートを見ても邪険に感じなくなり、むしろ自分の成長に活力を与えてくれるものだと感じている。

話は変わり、仕事求職者と会う度に感じたこととしては、

転職に期待することとして待遇が良いこと、福利厚生休日の量、やりがいなど(大切なことだが)表層的なことばかりで、控えめに言っても頭を使っている転職活動とは思えない。

私自身も鍛えることは嫌であった。

でもそれは自分に合わないトレーニングをしていたからに他ならない。

きっとユーザー自身も疲れているのだ。

栄養を取らず、ガリガリになった求職者にとってマッチョ生き方はきっと以前の私と同じく別次元の話だと思うだろう。

不貞腐れ、ダラダラしたままで、仕事を移っても良い結果は得られないのではないだろうか。

現在転職サービスは、転職の間口を広げ、限界寸前のガリガリ求職者転職市場に放り込まれている状態だ。

結論として「マッチョ生き方」は社会を生きるうえで必要であると私は感じている。

その目的自分他人を早く切り離し、己の成長にのみ向き合うために他ならない。

己の成長の結果の対価として、報酬のアップや仕事業務内容や環境改善などを転職ではじめて求めることができる。

転職理由他人を持ち出した時点で、急務であるべきは転職ではなく休職だと私は思う。

無理して筋肉痛や肉離れ(心が壊れた時)の状態活動するべきではない。

まだ世間は強いもの以外に優しくできてはいないのだから

anond:20180719081725

その相互扶助原則にのっとってないやつが多すぎるだろ

自己責任」を叫ぶ奴のことだがね。

2018-07-18

anond:20180718024831

増田の方です。なかなか分かりづらい文章だと我ながら思ったけど、読んでくれてありがとう

そして元増田もこんな俺に付き合ってくれて嬉しいなと思っている。

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

対立構造という程のものではないけど、元増田増田(俺)の立ち位置はご指摘の通りだと思う。

ただ、強いていうなら俺もまた元増田と同じ事を考えていたし、その色々と調べるうちに

昔とは違う立ち位置にたどり着いてしまったと思っていて、だからこの辺の文献を読んでは

どうかという主旨の発言をしているつもり。あえていやらしい言い方をすると、先輩ぶっている。

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

それについては明確に違うので俺の言い分を書いておきたい。

俺は日本人だが、やはり当事者自身日本文化を取り扱う事は大変に難易度が高いと思っていて、

研究に目を通す事は多々あるけれども発信はしていない。日本文化について言及する事を意図的に避けている。

レヴィ=ストロースのいう所のメタ視点自分自身とほぼ接点のない文化に対しては適用できても、

自らに適用する事はそう簡単ではない。だからはっきり言ってしまえばポピュラー音楽研究界隈が

あえて日本文化に切り込んでいくのを、民族音楽学者は指を咥えて見ているという状況が続いて久しい。

元増田が挙げる輪島さんにしても、増田さんにしても、二人ともポピュラー音楽研究界隈の人だ。

彼らは大衆流行や、何となく時代雰囲気分析する事に特化しているので遠慮なく物申せる部分がある。

だが民族音楽学者は違う。人間社会の織りなす文化はどれも等しく価値あるよねという大前提に立っている。

はいいところ探しに特化しているので、雑な意見反論はしても発信自体にとても慎重だ。

これではいかんと重い腰をあげる動きもあるのだが、全体的にフットワークは正直軽くなく、

その点についての批判真摯に受け止めなくてはならない、という程度の後ろめたさはある。

自分の手持ち武器は当該社会に深刻なダメージを与えるかもしれない、そんな畏れが心の底にある。

ただ、だからこそプロパガンダ的な、意図的文化志向を捻じ曲げて指針を示すような言説にはとても厳しい。

日本には侘び寂びの文化があるとか、礼儀作法を大切にするとか、伝統を重んじるとか、

何言ってんだこの野郎と率直に感じる。ごく一部の慣習を民族全体の伝統に置き換えるのはあまり乱暴すぎるのではないか

嘘で自分を着飾って自尊心を満たす事ほど愚かしい事はない。

もっと雑多でぐちゃぐちゃで日和見主義で、醜い部分から目をそらす事も多々あるだろと。

どんな事から目を逸らしたいのか、何を受け入れたくないと感じる美意識規範、無言の空気があるのか。

そんな部分も含めて全てを率直に受け入れつつ、肯定的評価していきたいというのが

俺や他の民族音楽学者の立ち位置だと思う。

除霊方法が聞きたいんだ。

からね。本当の事を言うと除霊は俺もできてないんだ。

自らのフィールドワーク体験からメタ視点については理解した。

でもそれを自らに適用する事はこの上なく恐ろしい事だ。

anond:20180718125207

首都高たまにのってたけど、制限60で80キロぐらいの流れだよ

100キロで流れてるところはそんなに多くない

anond:20180718170412

性別」で扱いを分けてるのは同じ。

性別」で扱いを分け、片方にの利益(or不利益)をもたらすもの例外なく差別

anond:20180718145859

今時大部屋なんて末端病院しかないし。

お見舞いの家族が中でご飯食べたり

一緒にのんびりできるようになってるよ。

妊婦さんが病院食、家族が持ち込んだご飯を食べるのも当然。

anond:20180718013950

横だけど、面白かった。こんな文章増田で読めるのは嬉しい。

 

レスは追っていないんだけど、元増田

はいっても正直なところ、西洋音楽を基にした音楽を、日本的ものとして認めたくないという気持ちもある。

日本の長い歴史から見れば、西洋音楽が入ってきたのはつい最近のことだし、つい最近入ってきただけの音楽価値観社会的支配的になってしまうのは、なんかおかしい。

西洋音楽を取り入れた日本音楽」であれば、それは過去からの発展とみなすことができるけど、

日本音楽を取り入れた西洋音楽」は、過去からの断絶のように感じられてします。

和声進行を基にした音楽」というのはやっぱり西洋音楽である、というふうになってしまうわけです。

https://anond.hatelabo.jp/20180708114227

 

いや、僕は個人的には、演歌日本の伝統ではないと思ってるんですけど、それは個人主観的価値観なんですよ。

僕はナショナリストなので、日本の伝統はかっこいいものであってほしいし、個人的演歌がかっこいい音楽だとは思えないので、演歌日本の伝統ではないとみなしたい、という「個人の感想」です。

から演歌日本の伝統だと思う人がいても、特に問題がない、はずです。単なる好みの違いでしかない。

https://anond.hatelabo.jp/20180714150641

 

というレスが、目をひいた。

 

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

見当違いのことを言っていたら、以下スルーしてくれ。

 

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

 

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

 

蛇足だが、もう少しこっちの立場を補足すると

日本的なかっこよさを探してしまう感じ」は、「幽霊に取り憑かれている」や「神経症」と言ってもいいかもしれない。

レヴィ=ストロースは、未開社会にもそれぞれ高度な構造を持った文明があるとしたが、日本開国前に持っていた構造の中にあった、かっこよさの幽霊がまだ潜んでいて、日本人の頭の中に巣食っていると言っても良い。そして幽霊が復活する期待を捨てられない(あるいは、幽霊が復活する可能性に賭け、下部構造を変えようとイデオロギー工作を頑張る)

 

下部構造が変わったから、共同幻想も変わりつつあり、その過程にいるだけ、と言い切れればいんだけどな。

除霊方法が聞きたいんだ。

2018-07-17

anond:20180717233156

言及ありがとう

TwitterIDじゃなくてURL記載し直しました。

他県にいく意思はあります

日常的に通えるかは体調次第です。

季節の変わり目である678月は毎年下痢悪化し、痔瘻が腫れて、排膿してもらうために通院してます。こうなると、バスにのってても心配されるレベルになるので、そんなときに他県にいくのは無理だと思います

学習意欲はかつてありました。中学受験のために塾通いを続け、志望校合格しました。

現在は持病のせいでイスにじっと座って黙々と勉強するのは難しいです。体調がいいときはできるはずです。

数学は2次方程式前までです。つまり、2次方程式は解けません。

性格はおっとりしてるといわれてきました。多汗症で暑くなると真っ赤になるので、初対面の人からは怒ってると思った。キレてると思ったといわれたことがあります

好きな人教えてほしい

国産のが修理とかの際に便利なのに外車買ってる人ってなんなの?

いや、見た目が好きだから!このデザインがかっこいいから!って理由で買うってのは全然わかる。納得する。

ぱっと見外車に見えない人ってのは何で外車買ってるの?

具体的に言うとBMWセダンタイプのような奴よ

トヨタの車と見分けがつかない(いや、トヨタのがパクってるんだろうと思うけどね)

別に特段カッコイイとも思えないんだが普通の車やん?ってなる

以前上司ベンツだったらしいんだけど全く気付いてなかったからな普通の車だったので…エンブレムフロントに立ってないとわからん

駐車してるとこしか見てないから前しか見えんしよー

そんな私は今の軽にのって2年だがまだ顔覚えてなくてナンバープレートで覚えております

本当はビートルしゅきだよぉ…むかしのやつ

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

この様な存在を野放しにしていれば社会の成長はあり得ない。排除されるのもまた「女の自業自得である

排除されながらも、外野から口うるさく「自分が快適な様に社会は在るべき」という変化を永久強要するのが女である

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない単純な産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

矛盾に気づくこと無く要求し、その結果、子供を巻き込んで貧しくなるのが女の自業自得なのである

貧しさはまた村と村、町と町の争いを呼び起こす。格差の根源は女に拠るものであり、

国と国の戦争火種は女に他ならない。男が女を欲した結果なのではない。常に女が男を責め立てるのである

戦場に各国のキモくて金のないおっさんを出荷して一斉に処理し、満足し安心するのが、すべての女の総意」である

それが仮に自らの腹を痛めて産んだ子供でも変わりはない。我が子がKKO的要素を持っているならば戦場で死んでホッとするのが女なのである

また女として社会認識されないであろう我が娘の処遇も変わりない。女がよく口にする”現実主義”とはその様なことを言うのである

また本来は女である何者かをもってして、社会には女として認識されないであろう空気を作っているのは女自身に他ならない。

女が女に、自らの娘にさえマウントを取り、女としての存在抹殺しているのである

その様な本来は女であるはずの者が、虐待しかり毒殺しかりを働くのもまた、女が女に施した呪いによる、女の自業自得である

この世の不幸はすべて女の行動が呼び起こした結果に過ぎない。すべて「女の自業自得である。そして女は永遠に飽き足らないのである

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

この様な存在を野放しにしていれば社会の成長はあり得ない。排除されるのもまた「女の自業自得である

排除されながらも、外野から口うるさく「自分が快適な様に社会は在るべき」という変化を永久強要するのが女である

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない単純な産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

矛盾に気づくこと無く要求し、その結果、子供を巻き込んで貧しくなるのが女の自業自得なのである

貧しさはまた村と村、町と町の争いを呼び起こす。格差の根源は女に拠るものであり、

国と国の戦争火種は女に他ならない。男が女を欲した結果なのではない。常に女が男を責め立てるのである

戦場に各国のキモくて金のないおっさんを出荷して一斉に処理し、満足し安心するのが、すべての女の総意」である

それが仮に自らの腹を痛めて産んだ子供でも変わりはない。我が子がKKO的要素を持っているならば戦場で死んでホッとするのが女なのである

また女として社会認識されないであろう我が娘の処遇も変わりない。女がよく口にする”現実主義”とはその様なことを言うのである

また本来は女である何者かをもってして、社会には女として認識されないであろう空気を作っているのは女自身に他ならない。

女が女に、自らの娘にさえマウントを取り、女としての存在抹殺しているのである

その様な本来は女であるはずの者が、虐待しかり毒殺しかりを働くのもまた、女の自業自得である

この世の不幸はすべて女の行動が呼び起こした結果に過ぎない。すべて「女の自業自得である。そして女は永遠に飽き足らないのである

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

この様な存在を野放しにしていれば社会の成長はあり得ない。排除されるのもまた「女の自業自得である

排除されながらも、外野から口うるさく「自分が快適な様に社会は在るべき」という変化を永久強要するのが女である

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない単純な産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

矛盾に気づくこと無く要求し、その結果、子供を巻き込んで貧しくなるのが女の自業自得なのである


貧しさはまた村と村、町と町の争いを呼び起こす。格差の根源は女に拠るものであり、

国と国の戦争火種は女に他ならない。男が女を欲した結果なのではない。常に女が男を責め立てるのである

戦場に各国のキモくて金のないおっさんを出荷して一斉に処理し、満足し安心するのが、すべての女の総意」である

この世の不幸はすべて女の行動が呼び起こした結果に過ぎない。すべて「女の自業自得である。そして女は永遠に飽き足らないのである

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない単純な産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

貧しさはまた村と村、町と町の争いを呼び起こす。格差の根源は女に拠るものであり、

国と国の戦争火種は女に他ならない。男が女を欲した結果なのではない。常に女が男を責め立てるのである

戦場に各国のキモくて金のないおっさんを出荷して一斉に処理し、満足し安心するのが、すべての女の総意」である

この世の不幸はすべて女の行動が呼び起こした結果に過ぎない。

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない単純な産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

貧しさはまた村と村、町と町の争いを呼び起こす。格差の根源は女に拠るものであり、

国と国の戦争火種は女に他ならない。男が女を欲した結果なのではない。常に女が男を責め立てるのである

この世の不幸はすべて女の行動が呼び起こした結果に過ぎない。

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。

自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

国難もすべて女の責任に他ならない。

ところで同じ様な事件って何?

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

なぜ多くの国で女が抑圧されていたのかと言えば、抑圧されるに値する理由が在るからである

KKO抹殺社会から排除する「女という存在こそが社会において癌である」、という事実人類経験的に知っていたのである

KKOが取り組む分業や専門化もまた女は否定し、感覚ものを決めていくのである。「多様性否定するのは女」に他ならない。


自分感覚的に分からないもの否定し、産業多様性否定し、

付加価値を生み出せない産業構造肯定し、社会が貧しくなる理由、もまた女の自己責任である

国難もすべて女の責任に他ならない。

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、”女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺する”のだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。

KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと、一切の疑問の余地なく「女の自業自得である

その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

何が起ころうと「女の自業自得である

女がKKOを物のように値踏みして、物のように扱い、女がKKOマウントを取ろうとする限りは、同じ様な事件は延々と発生し続ける。

KKOが女を値踏みする以前に、女がKKO感覚的に値踏みし、KKO人格抹殺するのだから。この順序は絶対に何があろうと永久に覆らない。

人格抹殺された人間人倫を守る理由は一切なくなる。


KKO人生自己責任ならば、その結果で発生する諸々すべてを含めて、

何が起ころうと「女の自業自得である


その標的が子供だろうと何だろうと、すべての責任は女にのみある。

ドミノを倒したのは女であり、その責任は女にのみある。この構造永久絶対に揺らぐことはない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん