「病死」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病死とは

2018-11-18

ツイッターで擬似的な死を楽しんでいる

ツイッターアカウントをいくつか持っていた。

どれも五年以上前に作ったものだ。それぞれに繋がりはなく、名前も違うしツイートの毛色も違う。趣味で切り分けた独立アカウント。そしてそれぞれによく話す仲の良いフォロワーがいる。

半年前、仕事生活上の様々な不安小学生の頃から持っていた希死念慮がぐちゃぐちゃに混ざって、その中の一つのアカウントで死亡宣告をした。

遺族になりきって、「〇〇の親族です。〇〇は先日逝去いたしました。生前〇〇と親しくお付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました」

というふうに。亡くなった芸能人ツイートを参考にしてそれっぽい文面にして、葬式など様々なドタバタを暗に臭わせるために死亡設定日より期間を開けたりなんかもして巧妙に。

ツイートした直後、後悔した。なんでこんなことしたんだろう、意味がわからない、でももう呟いてしまたから消すわけにはいかない。

でも、そのアカウントで仲良くしていたフォロワーの一人がそれを拾った途端、後悔がぞくぞくとした快感に変わっていった。

「〇〇さん!? 嘘だ......」「そんな......よく話していたのに亡くなるなんて......」

私のために悲しんでいる。リツイートが増え、私の名前を見たことがある程度の人までご冥福をお祈りしている。彼ら彼女らにとって、私は死者になったんだ。

すごく気持ちが良かった。私が死んだだけなのに、こんなに多くの人がその死を悼んでいるのだという快感

私の冥福を祈っている人たちのツイートを見ながら、私はにやにや笑っていた。

以来、私は一定の間隔をあけながら、私自身を死なせている。何度も死なせていたら当然アカウントが足りなくなってくるから、新しくアカウントをつくってまた別の関係を構築し直す。タグをつけているツイートを探してその人の作品趣味共感してあげたり、まめにいいねリツイートをしてあげたり、「おもてなし」をしてあげさえすれば、ツイッターで人と仲良くなるのは簡単だ。もちろん、悼んでくれるような人を作るまでは時間がかかるから簡単といっても短期間ですぐに作り上げられるというわけでもないけれど。

ともかくそうやってコミュニティに参入したら、頃合いを見計らって私は死ぬ。死因は様々だ。事故死、病死自殺はうまくやると本当に気持ち良い反応が返ってくる。

何で気づいてあげられなかったんだろうとか、そういえばあの時のツイートは、とか、まだ若いのに、とか色々好き勝手に私の自殺の要因を想像している。愉快でたまらない。そういうツイートを見ているときがたぶん私にとって一番幸せ時間なんだろうと思う。

この前もまた私は死んだ。平成が終わるまでに、あと何回死ねるか。次はどんな死因にしようか。どんな訃報の文面を作ろうか。今日もそんなことを考えてわくわくしながら、私は呟いている。


追記

こんな日記なんて早々に流れに飲み込まれて消えると思っていたから、反応があって驚いている。賛否はともかくとして自分の書きなぐったものに反応してもらえることは、ご冥福を祈られるのとはまた違った嬉しさがあると知った。

趣味の悪いことだというのは自分でも重々理解しているのでそれは脇に置いておいて、私がアカウントを作る際に心がけていることとして、「ヘイトを溜めない」ことがある。

ツイッターにおける人間関係は、実社会よりはるかに作りやすいことはすでに書いたが、同時にそれはきわめて脆くもある。

ミュートやブロックという形でその人をいなかったことにできる機能があるし、訃報に触れる心持ちにしても、ネット上だけで関わりがあった人の訃報は、実際に対面したことのある人の実感的なそれより軽い。

からこそ、人が(本当に)死んでいるというのに、その人に対してヘイトを持っていた人は、ネット上においてはその死を平気で喜べる。実生活でそんな態度を露骨に表に出す人はほとんどいないことを考えれば、この点は了解してもらえると思う。

そして、そのような反応は、私の求めているものではない。

良質な冥福は、良質なユーザー死ぬことでしか起こりえない。私が平穏に悼まれるためには、関係悪感情を挟んではいけない。

から私のアカウント平和ツイートばかりだし、センシティブ話題には触れないよう心がけている、ということを追記しておく。

2018-11-14

anond:20181114105541

自殺という体を取っているけれど、実質は病死と変わらないのかもね

2018-11-07

anond:20181107193628

現状では自殺とも他殺とも事故死とも病死とも何ら正確な情報出てないので"殺人事件"とつけるのは違うと思う。

(個人的感想としては死亡は絢辻さんの狂言しか思ってない)

もうちょっとフェミもオタもお互い落ち着いて議論してほしいのは同意

2018-10-22

anond:20181022220515

女性殺人者は男と比べて体力ないか伝統的に毒殺が多いんだけど昔から病死と間違われたりで足が付きにくい

逆に男性暴力殺人統計が取りやす

あと男女の就業格差関係女性サイコパスは家庭を含む女性コミュニティ内で力を振るう傾向にあったんだけど、男の職場関係よりも可視化されずらい

女性サイコパス殺人者が本当に少ないのかまだはっきりしたことは言えず、それも女性差別が生んだ長年の性的格差産物

真に男女平等社会ですべてのサイコパス殺人者を追跡可能ならば男女差は今より縮まるだろう

2018-09-25

anond:20180918120625

なるほどなぁ。

考えてみれば女はまた別の種で我が子を孕み産めるわけで、子の半身が憎い男の種なら用無しと放棄するのが自然なのかもしれない。

逆に男は自らは産めないのだから、子孫を手に入れたら手に入れただけ必死に確保するのが自然の摂理と言えなくもない。

母子の養育環境を守る役目をオスが担ってくれるからこそ、メスもそのオスとの子を守る。

オスが母子保護放棄して他所のメスの元に行ってしまうと、母子の養育環境が壊れる。メスはこれ以上安全に子育て出来ないと本能判断

浮気オスの種で作った子は放棄して、新たに責任感のあるオスを求める。

またはメスが別のオスに惚れた場合

その時もまた番のオスの子不要になり育児放棄に走りがちになる。

婚姻関係第三者とのsex破綻した場合、元の婚姻関係で産まれた子に女が関心を示さなくなるのはごく当たり前の事なのかもしれない。

次の妊娠可能性があるメスであればあるほど元のオスとの子への関心が薄くなるのが普通で、閉経間際でもない限り女が別れた男との子を引き取るのは良い判断とは言えないのかもしれない。

男親が引き取るような世の中になれば下半身トチ狂った母親とその新しい男に虐待され殺される子供は減るかもしれない。

浮気するような馬鹿父親に引き取られ、無能子育てによる育児放棄餓死したり病死する可能性はあるとしても、大人二人からまれ嬲り殺されるよりはましな気がする。

どちらにしろ子供は親を選べない時点で理不尽な世の中なんだろうなぁ。

死にたさで溢れてる

このめんどくさい生活終わらせたい。

しかあいにく健康診断の結果は異常なし。

病死は無理そう。

首をくくるか、線路に飛び込むか、

痛いのはいやだな。

睡眠薬的なやつか。

実行する元気もないけど。

2018-09-17

anond:20180917205518

雇用における年齢差別容姿差別によって職業選択の自由制限され

アパートの一室で誰にも発見されず病死し床の染みとなる運命キモくて金のないおっさん強者であるとするならば弱者とは一体どなたなのでしょうか

2018-09-06

anond:20180906123716

子供は何歳なのかなぁ。。。

ちょい気になる。

1歳くらいだったら、自分だったら母親病死した。という事にするかなぁ(*´Д`*)

自分には息子いるけど、母親に捨てられた。とはやっぱり思って欲しくないなぁ(*´Д`*)

2018-08-18

親が

死ぬのは、どのようなタイミング子供にはダメージが少ないんだろうか。また、闘病した末の病死以外にはどのような死亡原因だろう。

2018-08-14

anond:20180814151536

男児女児より伴性劣性遺伝による疾患を持つ子が多い為に病死が多く、より危険な遊びを好む為に事故死も多い。

ググってもソースないぞ。

あと、同じ「身体酷使する職業」間の賃金格差についてはスルーかえ?

anond:20180814151026

平均寿命子供の死亡率の影響が強いんだよ。

(50か60くらいで死ぬ大人が一人いるより、0歳で死ぬ子が一人いた方が平均に与える影響が大きいのはすぐ分かるよな?)

んで日本10代以下で死ぬ子の殆ど病気事故だが、

男児女児より伴性劣性遺伝による疾患を持つ子が多い為に病死が多く、より危険な遊びを好む為に事故死も多い。

2018-08-06

架空恋人を作れ

大戦中にドイツ軍捕虜収容所に居たフランス兵たちのあるグループが、

長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンド(?)を作った話を思い出した。

そのグループ収容されてた雑居房バラック、その隅に置かれた一つの席は、

13歳の可愛らしい少女がいつも座っている指定席だった。(という、皆のイメージ

彼らグループの中で、喧嘩口論など紳士しからぬ振る舞いに及んだ者は誰であろうと、

その席にいる少女に頭を下げ、皆に聞こえる声で非礼を詫びなければならない。

着替えの時は、見苦しい姿を彼女に見せぬように、その席の前に目隠しの布を吊り、

食事の時は、皆の分を分け合って彼女の為に一膳をこしらえ、

予め決められた彼女の「誕生日」やクリスマスには、各自ささやか手作りプレゼントを用意し、歌でお祝いをする。

・・・最初は慰みのゲームのようなものだったのが、皆があまり熱心になると、

監視ドイツ軍までもが、彼らが本当に少女を一人かくまっているもの勘違いして、

彼らの雑居房天井裏まで家捜しするという珍事まで起こった。

だが、厳しい捕虜生活の中で、他の捕虜たちが衰弱して病死したり発狂自殺したりする中、

そのグループは全員が正気を保って生き延び、戦後に揃って故国の土を踏んだという。

本当なんだろうか?

2018-08-04

家族について愚痴らせてください。

はてな民なら、極端なハックを寄せてくれるのではないかと期待しています

または、はてな民おもしろ罵詈雑言を浴びて、気分をリフレッシュさせたいです。

特定はやめてください。

登場人物

経過

(0)

彼に関する最古の感情は以下。私が年長さんか、小学校低学年の頃だと思います

「3才年下の彼の行為は、3年前の私がやったらこっぴどく怒られた行為。何故彼はえこひいきされているのか?」

「3年前の私が出来た事を、今の彼は何故出来ない」

「彼と同い年の従兄弟が出来ることを、彼は何故出来ない」

(1)

彼が小学生の頃、彼の夏休みの宿題を、家族全員で手伝うイベント

複数年に亘って発生した記憶があります

から要請ではありません。

宿題ほとんど未完の状態を母が検知し、母が「全員でかかれ」を発令。

私にインセンティブはありませんでした。

から感謝言葉もありませんでした。

という記憶があります

(2)

彼が11歳ぐらいで不自然に金を持っていたことがあります

仏壇から金を盗んで。

父母の財布から金を盗んで。

病院代をごまかして。

(3)

工業高校卒業した彼は、母の薦めで、母のコネで、塗料関係企業就職しました。

3ヶ月程度で首になり、地元に戻ってきました。

  • 指示に対する返事がおろそか。
  • 指示された作業がろくすっぽ出来ない。
  • 社会性がない。
  • 以上から、期待できる人間ではない。
  • つまるところ、上司同僚からの評判がすこぶる悪い。
(4)

実家に戻った彼は、母の薦めで、情報処理専門学校に通いました。

Windows95がまだ出ていない頃。

彼は、卒業はしたようですが、コンピューターを嫌いになったようです。

(5)

彼は半導体製造工場に勤務しては雇い止めに遭う、を繰り返します。

そのうち、田舎では働く場所がなくなって、東京のハズレの方に勤務します。

上記は珍しく、彼の意志での赴任でした。2005年ぐらいだったように記憶しています

2008年リーマンショック派遣切りあい企業の寮を追い出され、その後数年間無職になります

寮を出てアパートを借りる金、無職の間の生活費を母が送金していたことを、父と私が知るのは2015年暮頃。

(6)

母→彼への送金がバレるきっかけは、母がボケて金遣いが荒くなったためです。

金は父が管理することになり、彼への送金は停止しました。

(7)

彼を地元に呼び戻そうと、父母は考えました。

東京無職をするより、実家無職のほうが経済効率は良いためです。

しかし彼は応じません。

提案に応じないのではなく、電話に出ない、手紙の返事もよこさない。

東京に住む叔母が訪問して、一度は会ったようですが、以後居留守を使っているらしいとのこと。

「返事すらしないのは家族ではない」父と私で見解統一しました。

(8)

父が病死します。

からSMSで知らせましたが返事はありません。

からも連絡が行ってるはずですが返事はないようです。

遺産分割するため{レターパック、書留、裁判所から通達}を送りましたが全て無視されています

(9)

彼は警察保護されて、東京に住む叔母が身元引受人になって警察に赴いたとのこと。

と言う連絡が、私に、東京に住む叔母の息子(つまり私の従兄弟からありました。

これが数日前です。

(10)

前段受けて、母から私に要請がありました。

「彼を地元に連れ帰ってくれ」

私は断りました。

から要請ならば応じても良いですが、

母の要請で彼の世話をしたくありません。

今後

 43歳で、工場をクビになって、ホームレスになって、食うや食わずで行き倒れる人間は、この先どうすればまともに生活できますかね?

 闇金マスゴミからの知らせではなくてホッとしました。

 しかし次回は、ヤクザ病院の母を訪ねるかも知れません。

 あるいはマスゴミ

「ここが彼の生家です!!!!」

殺到するかも知れません。

 上記を予防する手段はありますかね?

2018-07-26

命の平等は人の命と引き換えだということをもっと意識してくれ。

ナチス障害者虐殺したらしいが、日本は年間数十万人を殺している。

事故死、殺人自殺と、病死のうち80歳未満のものは、やりようによってはふせげるものだ。

ではなぜ防げなかったのか? 金がなく、人が足りず、技術が足りず、時間が足りないからだ。

無知のベールで考えてみよう。次のどちらが良いか。共に人口100人だ。

A国では、政府によってもっと生産性の低い10人が殺される。残りの90人のうち、30人が事故に遭うが、そのうちの20人は生還できる。生き残った80人の平均寿命は90年である

B国では、100人全員が政府により最低限の文化的生活保障されるが、35人が事故に遭い、そのうち5人しか生還できない。生き残った70人の平均寿命は70年である

2018-07-23

年間3万人も自殺してる現状で人権とかな

理想論しかならない。

あと毎年発生する災害で何百人も死んでるしな。

あと殺人事件もあるし。

それらの被害を減らすためのリソースの投入だって出来てない。

投入できるリソースが足りないから、防げたはずの事故死、殺人災害死、病死自殺が出続ける。これは社会が毎年十万人を虐殺しているのとおなじだ。

日本中世とか揶揄する人たちもいるが、冗談じゃなく個人人権なんかに構っている場合じゃない。いかに少ないリソースで多くを救うかを考えないといけないフェーズだろ。中世結構だ。救えたかもしれない10万人の命と幸福の方が大事だ。

全体の生産性よりも誰かの、あるいは特定グループ人権を優先するなら、今後も毎年10万人を殺し続けることになる。

2018-07-12

anond:20180712063358

死刑と聞いて自然死病死を思い浮かべて勘違いした例は報告されてない

よって現状のままで問題なし

2018-07-03

20代の死因の1位が自殺って当たり前だろ病死とか少ねーしっていうけどさ

普通に20代が30代よりも実数相対的自殺いからな

もう答え出てるっしょ?

2018-06-30

anond:20180630005551

代わりにありがと

自殺者にこだわったというか、今回の話の対象にした理由は、自殺者が様々な要因の結果に死を求める者だからだよ

病死やら事故死、老衰とか基本的には自ら死を求めた者ではないからね

闘病生活の末に、みたいなのはどう区別していいのか悩むけど大まかに自殺者の範疇で良いんじゃないか

2018-06-27

経済状態が悪くなったら刑務所とか餓死病死が多発するんでさすがに無敵の人になるのはノーセンキュー

2018-06-17

anond:20180616143407

だって、俺は「日本死ね」もOK,「日本好き」もOKっていうリベラルだよ笑。

SEALDsHINOMARUUSAも好きにすればいいんじゃね」って書いてるじゃん、こんな短い文なのに読めてないんだよね。

 そういう人は、国旗国歌訴訟とか、日の丸焼き捨て事件とか、朝鮮学校にだけ補助金が認められてない問題とか、入管収監虐待自殺病死問題とか、そういうのはそれぞれどう考えるの?

 「政府反日的な人や移民難民弾圧するのもOK」みたいな感じ?

2018-06-13

anond:20180612003346

病死を除くと自宅での事故交通事故死が一番ヤバイだろうから、以下を実施しよう。

車には極力乗らない。

乗る時は後部座席であっても必ずシートベルトを締める。楽しいBBQへ向かい最中で誰一人シートベルトをせずとも自分はする。

運転中に眠くなったらコンビニに行くとかして寝る。

信号を渡る際は青になってから左右を見て一泊おいてから渡る。

歩道道路側を歩かない。

ルンバ毎日走らせる。これによって、乳幼児誤飲や転倒や窒息など各種事故を防ぐ。

一人暮らしはしない。

家族とは仲良くする。仲良くできなくとも尊重して付きあう。(殺人通り魔より友人・知人が犯人からね。)

友人とは仲良くする。仲良くできないなら縁を切る。

個人的に人に金は貸さない。

風呂(湯船)には入らずシャワーで済ます

人間ドックに行く。

こんぐらいかな?

2018-06-11

安楽死合法化されたら

安楽死合法化されたら、笑気麻酔的なもので入眠して、寝たまま苦しくなく死ねるみたいなのがいい。

外国人若い女性が不治の病になって、安楽死を選び、死ぬ(意識を失う)直前までのレポ みたいのを読んだことがあるんだけどやっぱり眠るように、というのが一番だな。

痛い苦しいは避けたい。

できれば病院安楽死→そのまま移植内臓等摘出→葬儀(親族には病死と伝える)みたいなのがいいけどなあ。

どんな理由があれ安楽死自殺自殺なんて!!っていうくそみたいな外野が湧きそうだし、身内に自殺されたら親族は滅入りそう。

でも生きてるのがめんどくさいよね…

2018-06-08

死ぬ日を選べない企業

巷で保育士結婚する順番や子供を産む順番が決められているっていうけどうちの企業は身内が死ぬ日を選べない。

営業戦略会議の日に忌引きで休んだ社員上司が「何故休むのだ!」と叱責し「こんな大事会議の日に死ぬなんて君の身内は随分勝手な死に方をするのだな」と罵倒する。

結婚子供作るのはやろうと思えば日にちを計画することできるけど自死でもない限り普通に病死計画できない。

更に上司は「本社部長事業戦略会議のある毎月第4営業日や前日には絶対死ぬな!と親戚中にお触れを出している。何て素晴らしい心掛けだ!」とうっとりとした表情で語っている。

本社部長親族の方はお気の毒だ……

まあ自分罵倒される立場になったら全部録音してやる気満々だったけどうちのばーちゃん会議研修にも被らない日に亡くなってくれた。

病院に駆けつけてまだ温かみの残る動かなくなったばーちゃんの手を取ってひたすらありがとうと言い続けた。

2018-05-28

鬱病回復期だけど

実は回復期の自殺もかなり多いと聞く。

鬱の自殺自由意思でするのではない。脳の異常が人を死に追いやるのだ。

回復期の自殺も、結局はがんや脳卒中といった重病で亡くなるのと同じように、病死の一形態しかない。

その日が来てほしくない。だが来るかもしれない。自分はそれが恐ろしい。

自殺しない努力はできるが、他の重病と同じように、完全に死なないという保証はどこにもない。

「死なないで」という口約束ときで死なないなら誰も悲しみにくれないだろう。

病死するXデーを想定しつつ、今後は身辺整理とか「親が死後どうすべきか」をまとめたノートを作らなきゃなと思う。

あと数少ない昔の友人に今のうちにあいさつ回りでもしようかしら。

 

最後にもう一度言う。うつ病自殺病死だ。

完全に死を防ぐことなどできはしない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん