「小学校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小学校とは

2017-07-21

小学校でf**k you という言葉と指サイン侮蔑表現で広まって困っている

子供小学校で、男子の間でf**k you という言葉と指サインを深い意味も知らずに侮蔑表現として広まっている。

うちの子も何度も言われてるし、ちょっと揉め事になった相手が家のインターホンカメラ越しにこの指サインを向けて威嚇してきたり。

その都度学校先生にこれはとてもひどい意味言葉です、絶対だめですっていっても先生の反応が鈍くて困っている。

本人たちは意味をわから大人の真似をしてるだけだと思うけど、知らないからって許していいものか。

小学校英語の授業が始まったんなら、こういうことをきちんとだめなんだと教えてほしいし、先生たちももっと勉強してほしい。

うちの子海外育ちなんで、意味はわかってるだけに言われるとものすごく落ち込んでいて、親としても心が痛い。

安倍総理による殺害か。自殺強要不正を追及したら次々死亡】

安倍総理による殺害か。自殺強要

住民基本台帳違憲判決を出した竹中省吾裁判官自殺

平田公認会計士 りそな銀行監査中に自殺

鈴木啓一 朝日新聞記者 りそな政治献金10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺

石井誠 読売新聞政治部記者郵政問題記事を書く 事故

斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺 

松岡農水相議員宿舎首吊り自殺 

松岡事務所地元秘書熊本の自宅で首吊り自殺

緑資源機構山崎元理事マンションから転落死 

加賀美正人内閣情報調査室参事官 外務省ロシア担当キャリア 練炭自殺

UR所管国交省職員 甘利大臣入院した後、合同庁舎3号館より転落事故 

自民党山田賢司議員不正週刊誌告発した秘書、「検察に行く」と言い残し、練炭自殺

自民党神戸12人の政務活動費不正取得 取りまとめ役の大野市議が急死、捜査終了

ガチャ規制を推進していた消費者庁審議官、妻と一緒に転落事故

特定秘密保護治安維持法批判した神原内閣参事官屋久島の岩場で死体で見つかる

森友学園疑惑小学校から残土搬出を請け負った、田中造園土木秋山社長自殺

小学校とき同じクラスだった女子

ユーチューブで変なことやってる・・・しかも何か若干エロを売りにしてる・・・

2017-07-20

カスラックwwwとかいってはしゃいでる幼稚園児は全員死ねばいいのに

このはてブページ、完全にいじめっ子もの巣窟すぎて引くわ

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK7M34M6K7MUCVL008.html

何が凄いって、他のブクマページで見かけないゴミばかりが集まってはしゃいでるという光景だってこと。

bigburnくらいしかみかけたことない。しかもbigburnのコメントはいつもひどいが、周りがひどすぎてまともに見えるレベルでほかがひどい。

知能レベルが低すぎる。

SEALDS以下。

幼稚園児なみの知能しか無いサルばかりが集まってコメントし、同じくらい知能の低いダニみたいなやつらがはてなスターしてる。

なんだよこの地獄は。

ここにいるやつが、他のところでいじめはよくないとか言ってたらほんとに笑うわ。

教育指導要領によるとメタ認知能力は小5あたりから生じることになってる。

なのでこのレベル自分客観視出来ないのが許されるのって小学校5年生までだが、多分みんな小5以下なんだね。






いいたかったこと

このページにいるやつ全員非表示にしたいから誰かリスト作ってまとめてくれ。

ウンコ漏らした

当方便通貴族。便通/日は1.8くらいで、小学校低学年くらいか下痢にはなっても便秘になったことはない。

アニメイベント、朝起きてまず一回。昼前くらい現地に早めについてさらにもう一回。

その状態イベント開始を待っていたら、なんだか蕁麻疹がでて来た。

まえ、コミケ待機の時にもあったが、そのままじっとしてたら治ったので大丈夫だろうと思ってた。

イベント開始して、最初の司会や声優の紹介は覚えていたのだが、なんだか変な汗が出てきて朦朧として、およそ30分くらいの声優の生コメンタリーあたりはおぼろげに覚えているくらい。

上映が終わって、声優トークが始まったあたりで蕁麻疹も治まり意識も明瞭になってきた。

イベント終わって、野外の喫煙所タバコ吸って、なんか尻のあたりが汗で冷たいなーと、コンビニトイレパンツ下ろしたら、汗じゃなかった。

かなりビビッて医者行ったら、「場合によっては命に関わることもあるけど、まあ、たぶん大丈夫ですよ」と微妙な言われ方した。

それ以来蕁麻疹はでてきてないけど、正直どうするのが正解だったんだろ?

https://anond.hatelabo.jp/20170720105950

そもそもそんな濃いママ友付き合いなんてやってない

子が幼稚園の頃からそうだったけど、小学校に入ったらますます希薄になった

子同士が仲良い親と授業参観の時に会って挨拶する程度の付き合いしかない

そこから一緒にママ同士で遊ぼうとかいう話も無いよ、小学校に入れば働いている人も多いし

専業も下の子いたり何らかの事情ある人が多いから、そんな暇な人の方が少ない

ひょっとしたら暇人ママ同士の間ではトラブル起こってるのかもしれないけど、知らないし少数派だしどうでもいい

2017-07-19

安倍首相加計学園税金ドロボー

安倍首相加計学園税金ドロボー安倍がお友達加計学園今治市から37億円土地無償譲渡さら今治市愛媛県から事業費の半分の96億円プレゼント。 明らかな不正税金ドロボー国家戦略特区計画なんてのは表紙だけ。安倍自民党税金ドロボー計画。について語りましょう。

アッキード事件 安倍総理の関与濃厚。そうでないと9億が1億になり、実質200万になるというのは考えられない。

財務省官僚勝手にやったというのは、無理がある。

森友学園側に都合よく値引きされて「認可相当」もスピーディに行われた。

こういう異例なことを官僚はまずやらない。

ただし、安倍総理麻生財務大臣から命令されればやらざるを得ない。たとえ違法であってもだ。なぜならたとえ違法であっても、戦争法案にみられるように安倍総理自民党のやりたいことは通ってしまっているからだ。

今の日本安倍独裁国家であることは官僚頭脳ならわかることだ。

おそらく安倍総理自民党、おおさか維新が目指す極右ファシズム的な教育を早く広めて、旧日本軍侵略戦争したころの戦時体制のような国、戦争ができる国にしたかったのだろう。

それはこれまでの安倍総理自民党橋下徹言動から明らかである

から国有地の、こういうめちゃくちゃな格安売却が可能になるのである



極右ファシスト安倍総理国有地不正な払い下げに関与か。

不正な払い下げか。

大阪塚本幼稚園運営する学校法人森友学園が、国有地市場価格の10分の1で払い下げられて、ここに

瑞穂の國記念小學院

を開校しようとしている。

その「小學院」の名誉校長

安倍晋三氏の妻である安倍昭恵氏が就任している。

この「瑞穂の國記念小學院」が寄付集めに際して、学校名を

安倍晋三記念小学校

表記していることが、日刊ゲンダイによって報じられている。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199510

塚本幼稚園殺害予告ネット工作員養成機関となっている。

安倍まんせーーー状態テロリスト養成幼稚園。それが塚本幼稚園

テロリスト養成小学校、それが安倍晋三記念小学校





時事通信田崎史郎安倍総理かばうためにデマ流す。TBSのひるおび3・10

ついに田崎史郎森友学園のあの土地が9億円から8億も値引きされたことについてTBSのひるおび3・10の放送で、

「あの土地ごみ処理費用はある業者に聞いたら、10億はかかるというんですよ。」

などと言い出した。「ある業者」ってどこなのだろう。やはり安倍総理から寿司のごちそうしてもらってるのだろうか。土地の元権利者は公園にするために平地にしたけどその直前まで使ってた家を建てる時は生活ゴミ自体がなかったと断言してる。そうなるとそもそもごみ処理の費用がかからなかったことになる。いよいよ9億から1億になったのが不可解ということになる。

アッキード事件 安倍総理の関与濃厚。そうでないと9億が1億になり、実質200万になるというのは考えられない。財務省官僚勝手にやったというのは、無理がある。

3・12 テレ朝 TVタックル 飯島勲(極右ファシスト極右安倍媚び媚び補佐官) 

森友事件について

報道けしからん・・・?は?おまえがけしからんよ。おまえがけしからんよ。

「(国有地格安売却で)国はおかしいことやってない」・・・は?おかしいよ。あんなの安倍総理から圧力がなければ、どの官僚もやらないよ。

安倍総理から籠池への100万円 かなり確度の高い情報が出てきた。

安倍首相からの100万円」(菅野完) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/suganotamotsu/20170317-00068806/

安倍総理よ、お前の安倍晋三小学校との関わりは、いよいよ確実になった。今すぐ辞任せよ。

さあ、安倍総理よ、お前の安倍晋三小学校との関わりは、いよいよ確実になった。今すぐ辞任せよ。 森友問題で新証拠の「音声データ」が! 籠池氏と財務省面談の内容が明らかに!「昭恵夫人のほうからも…」との言葉http://lite-ra.com/2017/04/post-3109.html @litera_webさんからについて語りましょう。

by 匿名さん 2017-05-30 18:34:30 投稿する 削除依頼

https://mainichi.jp/sunday/articles/20170522/org/00m/040/007000d

森友学園

疑惑続々! 森友と加計学園をつないだアッキー

森友学園問題で「新証拠」が浮上する一方、安倍晋三首相の「腹心の友」が経営する加計学園についての疑惑が表面化した。両学園には接点があり、彼らを結びつけたのは、ほかならぬ安倍昭恵氏だった。

財務局担当者設計業者に送ったとされるメールは、さら違和感を感じさせるものだった。

瑞穂の國記念小學院開校に向けご協力いただきありがとうございます

要するに、国有地を売る側の役人が、学園側に謝辞を述べているのだ。ヒアリングでは、民進党議員から国立安倍晋三小学校じゃないか」との揶揄(やゆ)の声が上がった。揶揄はいうまでもなく、小学校名誉校長だった首相の妻昭恵氏を意識したものだ。

土地取得に関する交渉スムーズになってきた時期について、籠池氏は「顕著になったのは、昭恵夫人名誉校長就任してから。それまでも風はあったが、台風みたいになった」と語っている。

首相と同学園の関係について、自民党議員は「理事長加計孝太郎氏と総理は、南カリフォルニア留学時に知り合った。たびたび、ゴルフを楽しむ仲です」。今治市が、約17ヘクタール市有地建設用地として無償提供したうえ、96億円の補助金を出すことから、「第二の森友学園疑惑」ともいわれてきた。

実は、両学園には接点があった。森友学園関係者によると、現理事長の籠池町浪(ちなみ)氏と職員が2015年10月14日、保育施設御影インターナショナルこども園」(神戸市東灘区)▽泰典氏と町浪氏らが昨年2月15日、「英数学館小学校」(広島県福山市)――を視察している。いずれも、加計学園系列施設だ。

森友関係者が明かす。

昭恵夫人こども園名誉園長であり、

『すごく良い教育をしている学校があるから見学しては』と勧められた。

広島小学校も同様です」

首相にとって加計学園とは、夫婦ぐるみで「ずぶずぶの関係」というわけだ。

加計学園を巡る文書について、松野博一文科相は「確認できなかった」とした。

だが、記載内容から信憑(しんぴょう)性は高いとみられる。

「書いたものが物を言う」ということわざがある。どう言い繕っても、二つの疑惑にまつわる文書政権じわじわと追い詰めているのだ。

引用終わり

若者に求められているものが多すぎやしないか

団塊老害AAじゃないけど、世間若者に求めてくるものが多すぎやしないか

しかも、これだから今どきの若者は~ とか、 ゆとりは~ って責めたり馬鹿にしてきたり。

結婚して、子供産んで、共働きはほぼ必須で、介護もあるかもしれない、お金使って経済回せって言われて、若者の〇〇離れとか言われて、年金保険料負担が多いのに自分たちはもらえる保証がない、昔は大変だった~今みたいに便利じゃなくて 今は楽でいいな とか言われる、

そんなに色々負担できないよ。無理だよ。

うちの両親は共働きわたし(27)と弟(24)を育ててくれた。

から自分ができてたかあんたもできるでしょ。できないのは甘え」みたいな価値観

いや、あなたにできていてもわたしは要領悪いからそんなにたくさんできない。

フルタイム仕事と、家事と、育児と、なんて当然のようにできない。

もちろん頑張っている人も大勢いて、最近はそれがスタンダードになっている。

みんなにできるんだからできる。その考えもわかる。

そういう世の中なんだから頑張るしかない。それもわかる。

でも、わたしはもしも子育てするならもっとゆとりをもって子育てしたいんだ。

共働きの両親、家事育児仕事もしてた母親は立派だと思うけれど、

わたしはずっと寂しかったんだ。

小学校から鍵っ子学童保育友達の家に預かってもらう…いろいろな人がわたしと関わってくれたけれど、わたしもっとお母さんとお父さんと過ごしたかったんだ。

仕事で疲れていたり多少イライラしながらも家事育児しっかりして金銭的にも不自由なく育ててくれて それもありがたかったけど、

もっとわたしとゆったり関わってほしかったんだ。

さみしいときや甘えたいときには抱きしめてほしかったんだ。

自分の子供には自分がしてほしかったことをしてあげたいけど、育児仕事も全部頑張るなんてできない。

でも子ども不自由させない為には、それなりにお金を稼ぐ必要がある。

あれもこれも若者たちに求めているけど、全部負担させていたら子どもなんて満足に育てられない(特に自分のような要領の良くない者は)。

生きてて楽しくない世の中に、子供をこれから生むのはかわいそうなんじゃないかとも思えてくる。

2017-07-18

https://anond.hatelabo.jp/20170718203554

検査結果でもいい所は8歳くらいのレベルで出来てる

でも能力の出来る出来ないの波が大きいから低い所に合わせて助けてあげた方がいいのではないかって考え方らしい

小学校先生が皆に指示しているのに理解出来ず動けないのは無理ではとか、解らなくても質問をしないので積もり積もって何も解らなくなるのではとか

発達で見てもらってる先生も鬱や引きこもりなどになる危険を語ってた

発達障害の子供の進路で苦しい

子供発達障害だ、知的な遅れはなく一部能力は年齢以上なのでIQ平均は正常な子供の数値なのだが、言語知能指数特に理解が1でとても低い。

そのために先生の指示を理解して従ったり、言いたい事を言ったり、同年代友達を作ったりするのが困難だ。

年下の子供や世話好きの女の子と遊んでいる。

養護学級と普通学級のどちらにするべきか悩んでいる。

何も教えてないのに気がついたらひらがなカタカナ100の位の足し算引き算などを覚えていたし、折り紙も新しい折り方をどんどん発明して複雑な形も作って来る、地球が出来たのは何故かマイナス概念とは何か等面白い所に興味を持って質問して来る、頭はい子供だと思う。

でも養護学級でその頭のよさは活かせるのだろうか。

普通学級でやっていけるのだろうか。

小学校から養護学級か普通学級かどちらが子供の将来を潰す選択なのか、先生から小学校から養護学級の提案をうけて以来パニック状態で泣いてばかりだが、もうどうすればいいのか、いじめられて引きこもり障害者としての一生、子供の暗い将来ばかり頭を過ぎり苦しい。

https://anond.hatelabo.jp/20170717145213

増田の思いの強さだと思うよ。

字画っていうのは、その思いの強さを更に強くするためだけの要素で、やっぱ本当に大切なのはどういう子に育ってほしいのか、どんだけ考えて考えて名前を付けてくれたのかっていう親から子供への贈り物だと思う。

ちなみに俺は小学校の時は「冷静に物事判断できる人間に育ってほしい」って聞かされたのに、20歳の時に親父と酒飲んでると「俺は坂本龍馬が好きだからお前に当て字にした」って言われた。親父が冷静な判断できてないじゃんって言いたいしその時は心の中で泣いた。

学校教師ってメリットあるの?

ニュース小学校教師10歳の小4児童に対してパワハラモラハラしてるのを見てると教師って何のためにいるのか分からなくなる

小学校だと同級生上級生、そして一番上が教師という順序になる

こうしてみると視野は狭いし、もう少し外の世界へと行かなければ広げることが難しい

教員毎日教える以外の雑務等で圧倒的ブラック私立高校みたく急にリストラもされる

しかもその教員を志望している人まで減っている傾向にもあるからこっちも人手不足

そんなブラックな状況でまだ子どもとはいえ生徒に暴力暴言ストレスのはけ口になってると不登校になるのはあり得るし

ニュース沙汰になればその問題教員クラスであった場合安心して行かせた方がいいか心配になる

俺も小6の時に大体40~50代の担任から人格を傷つけるモラハラに近い威圧を掛けられたこともあった

その時自殺のことしか考えられなかったけど、なんとか終始ノイローゼになりながらも1年間我慢していた

今回の事件だけではないが、教員の在り方を根本的に変えないといつまでもこんなこと続くはず

学校や家以外に自らの居場所を幼いころから見つけることも大事なのかな

https://anond.hatelabo.jp/20170718091325

我田引水wwww

知ったばかりの四字熟語使ってだっせー使い方間違ってるから小学校からやりなおせ中卒

男は女にもっと優しくすべき

男の方が肉体的にも精神的にも強者であり権力も握っている場面が多々ある。

これは女性にはとても辛いことだ。

そしてこの辛さはほとんどの男は知っているはず。

小学校高学年のとき、成長の早い女児たちに傍若無人な振る舞いをされたことがあるだろう。

しかあいつら先生を味方につける術も長けてるもんだから本当に調子こいてたな。

それと同じ振る舞いを男たちはしていませんか?邪悪女児になってませんか?

旅してきた

1週間の休みをとって北欧某国を旅してきた。

いろいろとカルチャーショックを受けたのでここに記す。

夜が明るい

夜になれば日が沈む。常識以前の自然感覚通用しない。

白夜といってもボーっと明るいくらいだろう、と思っていたのだがとんでもない。夜12時を回っても昼のように明るい。夕食をとっていてもまるで昼食のような感覚に陥る。

なお、冬になると今度は日照時間が4時間とかになるそうだ。

ずっと住んでいたら生活リズムが狂いそうだ。

物価が高い

パーキングエリアスープパンのセットが1500円ほどする。どこに行ってもあるメニューなので、イメージ的にはカレーライスみたいなものか。

夕食は1品3000-5000円。ビールは1杯1000円、ガソリンは(ハイオクが基本)リッター190円だ。

日本って何かと安いんだなぁ。

現金を使わない

空港で現地通貨を1万円分両替したが、使ったのは観光地の有料トイレでだけだった。

他は全てクレジットカード屋台ホットドッグクレジットカード土産屋で絵葉書1枚買うのでもクレジットカード人口数百人の田舎町のブティッククレジットカード

中国キャッシュレス社会に対しては「現金の信用ガー偽札ガー」みたいに思っていたが、この国でも同じとは思えない。

もはや財布にジャラジャお金を持ち歩く時代ではないということだろう。

なおこの国にチップ文化はない。

国民全員がマルチリンガル

小学校から学んでいるとのことで、子供を除いてみんな母国語の他に英語を話せる。

首都レストランはもちろん、上述田舎町のブティックのおばちゃんも漁村の網本も英語観光案内してくれた。なまりが強くてよく聞き取れなかったけど。

観光立国としてこれ以上の強みはない。

日本でも小学校英語教育が始まるそうだが、同じようになれるんだろうか。



所詮観光客として1週間滞在しただけなので、この国の全てを理解したわけではない。

実際に働くとどうだとか税金がどうだとか移民がなんだとかは知らない。

スーパーの品揃え悪すぎとかホテルに湯船がないのが許せないとか言いたいことはある。

でも、日本にいただけでは見えないものがあるんだなと実感した。

みんな、無理にでも休みをとって海外旅行しよう。

2017-07-17

アニメを見る自分」に強い嫌悪感を抱く

20代後半にもなってアニメのような低俗で幼稚なものを見ている自分が許せない。

アニメなんて小学校高学年ぐらいで卒業するものだ。

たぶん自分低俗で幼稚な人間なのだろう。

低俗で幼稚な状態から脱するどころか、アニメという生ぬるいドブに引き寄せられる自分意志薄弱さも許せない。

年代のほかの人は休み返上仕事に打ち込んだり、婚活したり、子づくりしたり、家族サービスしたりといった

ライフステージに相応しい義務果たしているというのに、自分はこの期に及んで低次元事物に拘泥している。

小学校に入る前からうすうす気づいていたが、自分は失敗作である

 

アニメを見ようとしてもそういうことが頭を駆け巡り、画面すら直視できない。

最近だと『亜人ちゃんは語りたい』と『エロマンガ先生』、『この素晴らしい世界に祝福を』を見ようとしたらそうなった。

『賭けグルイ』は1話は見られたが、「青少年に悪影響云々」という冒頭の注意テロップのせいで

見終わった後に「こんな有害作品見るんじゃなかった…」と強烈な罪悪感に苛まれた。

 

例示した作品が本当に低俗で幼稚な作品かについては、ほとんど視聴していないため分からない。

ただ、自分の中で「アニメ低俗・幼稚」という図式が成立している。

そのため、アニメーションという技法を用いた時点でどんな内容であっても十把一絡げに「低俗で幼稚」判定が下されてしまう。

表層に幻惑され本質無視するあたり、やっぱり自分は幼稚なのかもしれない。

2017-07-16

将来の夢を殺人犯にしてしまったお話

終わった夢なので、最後ブログ文字として出力してこの夢を終わりにしたいと思う。

内容としては、殺人犯に憧れるという方向性に向かってしまったログみたいなもんである

どっかに残しておきたいんだ、許せ。

事は遡ること10年前、引きこもり中二病人間不信、ついでに精神障害者母親、無関心の父、知的障害の弟に囲まれてど田舎の閉塞感に苦しんでいた私にとってある種の出会いが訪れる。

デスノートである。当時のティーンでおセンチな私にとってはとても衝撃的な出会いであった。

2001年小学校連続殺人9.11のような人がたくさん死ぬことに興味を持っていた私にドンピシャズバリであった。

与えられた初めてのガラケーを手に私はキラのようになりたいと願い、掲示板で語らい、死と正義に吸い寄せられていった。

そして、2008年には秋葉原連続殺人が起こった。

私はとても魅入られた。

同じ人間だと感じた。

とてもとても面白いと感じてしまった、自分あんな風になりたいと思った。

人を殺してみたいと思ってしまった。

そこからは何をしても最終的には殺人犯となれるよう、堕落していくようになった。

紛れもなく、私にとって連続殺人劇場型犯罪は夢であった。

毎日、暇さえあればここで人を殺したらどうなるだろうと想像し嗜虐的な笑みを浮かべるのが日課であった。

だが、現実なかなか人は殺せない、憧れても。

故に私は私という人間人生を諦めるかのごとく、また、犯罪殺人者であったとしても誰も悲しまないような人間になるように行動していた。

自分が諦め、周囲が諦め、追い詰められれば人を殺せるのではないかと、ストレスを極限まで溜め込んだ上で発散を殺人、それのみに絞れば行えるでのはないかと考えそうなるよう行動した。

その後、どうせ死ぬである、好き放題してから死ぬ結論を得ようと考え色々やってみることとした。

少なくとも30には死の結論を得ようとしたのでとりあえず、借金をして遊ぶことにした。

金に困ると人は追い詰められるというのをネットで見たからだ。

2011年地震が起きたあとは、原発作業員というのも経験した。

福島でないところでも、原発事故再現できればとても楽しいのではないかと感じたのである

最終的には単純に続かず、無断欠勤会社を去ったのだが。

そんなこんなで落ち続けたものの、結局私は人を殺せないまま、2015年6月を超えてしまった。

7年周期の6月大量殺人を行えなかった、その後もいろいろ足掻いてみたものの人を殺す決意はできなかった。

別に傷つけたいわけではない、暴れまわってみたかった、それだけだった。

轢かれるのはやっぱ痛そうだし、刺されたら嫌そうだというのは消せなかった。

人を殺すことができて、その上テレビコメントで煽ったり本を出されるほどいろいろ自分を知ってもらえたりするのはとても楽しそうだったけどそれでもダメだった。

私がもう少し社会から隔絶されて、他人は殺してもよい命、って定義できたら違ったかもしれないがそれはできなかった。

私は人が好きだったのか嫌いだったのか分からない、ただこんな夢とも妄執ともとれるこれが消えたのがある意味良かったのかもしれない。

常に二重の考えで生きていくのは辛いものだ、周囲に合わせて馴染んで仲良くなりたい私と夢の殺人犯になるため周囲から外れたい私。

そんな揺らぎも現実に負けて夢を諦めたのだから、これから消え去っていくことを願いたい。

アイデンティ確立先を間違えて、努力方向性を間違えるとほんま苦しいわあ。

狂人をずっと演じ続けるのにも飽きたしほどほどに生きよ。

昔、私をいじめから救ってくれたヒーローがいた

思うところがあって、お礼の手紙を書いてみたいと思う。

すごく長くなったけど、どうしても全部吐き出したかった。


子供の頃、ヒーローに会ったことがある。

毎日小学校いじめられていた私の狭い世界を、一瞬で壊してくれたその人は、有名なスポーツ選手だった。


いじめが始まったのは、小学校中学年。たぶん、三年生の後半だったと思う。

いじめの内容は、スタンダードものだった。

バイキン呼ばわりして、私や持ち物を避ける。

机の上に筆箱を出しっぱなしにしていると、休み時間に奪われて、それで菌のつけ合いがはじまる。

遠足の時の写真教室に張り出されると、私の顔だけポスカで塗りつぶされる。

風呂に入ろうが何しようが、臭いだの汚いだの言われる毎日だったけど、途中からエイズとか言われるようになった。

その時期、ニュースエイズが取り上げられるようになったから、男子面白がって言いはじめて、クラス中に広がった。

みんなが口を揃えて言うには。私はどうしようもないブスで、そのうえ吐き気がするほど汚くて、誰も友達になりたいと思えない、世界一気持ち悪い女ということだった。


学級会的なこともあったけど、ほとんど意味がなかった。

から、三年生から六年生までずっといじめられていた。


きっかけはよく思い出せない。

から身体が小さくて、いまで言ういじられキャラみたいな感じだったのが、ゆっくりいじめに変化していった感じだった。

それまでは、体が小さいくせに運動が得意で、女子より男子と遊ぶことが多かった。

から、男女とか言われることも多かった。

もしかして、それも一因かもしれない。

いじめられて一番辛かったのは、休み時間に誰も遊んでくれなくなること。

集団で遊ぶことが好きだったから、ドッチボールに入れてもらえなくなって本当に辛かった。


そんなある日、学校のみんなが夢中になるブームがやってきた。

三十代の人は、記憶があると思う。

Jリーグブームだ。

Jリーグが始まってから休み時間サッカーをする人が増えた。

いつもそれを指を加えて見ていたけれど、兄弟友達に誘われて、地域サッカーチームに参加することになった。

チームには、もちろん毎日いじめてくるクラス男子もいた。

でも先輩にあたる前述の友達や、コーチ達の前ではいじめられることがなく、普通にサッカーができた。

心にはモヤモヤするものがあったけど、一緒に遊べるうれしさがそれを上回っていた。


学校はいじめられて。

その鬱憤を晴らすように、土日の練習に参加した。

でも、あんまり上手くなかった。走るのは得意でもボールコントロールが下手だった。

試合はいつも補欠。

まともに出たことはないけど、一回だけ偶然にシュートを決めたことがあった。

あれは本当に気持ちよかった。


そうやって、子供なりにストレスコントロールしていたけど、気持ちは徐々に苦しくなっていった。

もうダメだ。学校行くのをやめたい。そんな風に思っていた。

この時期、うちの親は転校を考えていたようだ。

ちょうど子供自殺が、全国的に騒がれはじめた頃合いでもあった。

まかり間違っても我が子に死なれたくない。学校行きたくないと言い出したら、しばらく休ませるか隣の学区に転校させよう。

そう考えて、情報を集めているところだったらしい。



そんな一番辛い時。

冗談抜きで死にたいと思っていた時に、私はヒーローに会った。

あの時のことは、生涯忘れることはないと思う。


参加していたサッカーチームが、とあるイベントに参加することになった。

首都圏にあるサッカーチームが集まって試合をするというイベントで、なんとそこに人気のJリーガーが来るということだった。

移動のバスでは、みんなでワクワクソワソワしていた。

事前にカズが来ないと知らされたけど、超有名な選手10人くらい来ると聞いたので、テンションは下がらなかった。

移動中に諸注意が伝達されて、真っ先にサインをねだることは禁止された。

ブーブー言いながら、なんやかんやとイベント試合をこなして、ようやく選手とふれあえる時間がきた。


コーチ達に、さあ行っておいでと言われた時には、すでにすごい人だかりができていた。

憧れの選手達がいるのに、とてもではないけど全員と話ができそうにない。

サインどころか、握手してもらうのも難しそうだった。

どうしようか……と立ち竦んでいた時、緑のユニフォームが目に入った。

読売ヴェルディユニフォームだ。

当時、一番好きだったチームのとある選手が目の前にいた。

衝動的に人だかりに入っていって、夢中になってユニフォームを目指した。

きっと握手は難しい。

でもせめて、あのユニフォームにさわってみたいと思ったんだ。

他のチームの子をかきわけて、やっとのことでそのユニフォームを握った。

その時、頭に大きな手がやってきて、グイと顔を上げさせられた。


「あ、やっぱり女の子か」


目指していた選手は、私の顔を見てそう言った。

首都圏のチームには、ちらほらと女の子が混じっていたけど、まだまだ数が少なかった。

からしかったんだと思う。

最初ショートカットにして日焼けで真っ黒になっていたのに、よくわかったなと驚いた。

次に、ものすごく緊張した。

だって私は、みんなが言うには世界で一番気持ち悪い女だ。

どんなに洗っても、臭いと避けられるバイキンなのだ

あっちに行けと言われたらどうしよう。

そんな風に考えて、一瞬で泣きそうになった。

しかしたら、ユニフォームが汚れたと怒られるかもしれない。

さわろうと思わなければよかった。

イベントに来なければよかった。

急に怖くなって、逃げようとした。

でも頭はガッチリつかまれてるし、前後左右は人だらけで移動なんかできそうになかった。


緊張で固まっていると、その選手は私を見て笑ってくれた。

逆光だったから、笑った時に見えた真っ白な歯が、なにより印象に残っている。


「がんばってね」


その選手は、ひとこと励まして頭をなでてくれた。

たったそれだけだったけど、私の狭い世界を壊すにはそれだけで十分だった。


嫌がられなかった。

臭いと言われなかった。

気持ち悪いと避けられることもなかったし、それどころか笑ってくれた。

周りがみんな敵という状態だったから、好意的に受け入れてもらうという体験が新鮮で、心の底からうれしかった。

しかもその相手は、あの読売ヴェルディの超有名な選手だったのだ。


冗談抜きで、世界が壊れた。

もちろん良い意味でだ。

私は別に汚くも気持ち悪くもない、普通の一人の子供なんだ。

あの笑顔と励ましは、ちゃんとそれを教えてくれた。


この日からいじめられても大丈夫になった。

もちろん辛い時もあったけど、根っこの部分が補強されたから挫けることはなかった。

どんなに汚いと言われても「でもあの選手は、そんな風に思っていない」と思えた。

クラスメイトの言う「みんな」が、本当の意味での「みんな」じゃない。

その証拠に、あの人は私をなでてくれたじゃないか

からいまの悪口適当発言だ。

私はバイキンなんかじゃない。普通の子供なんだ。そう考えられるようになった。


自信が回復したためか、この時期から奇妙な変化も起きた。

学校はいじめられるけど、放課後になれば遊んでくれる友達ができたんだ。

しかも、何人も。

その人達は口を揃えて「学校では○○さんが怖いから一緒に遊べない」「クラスでは△△君が見てるから、話ができない」と言った。

本当に自分を嫌っているのは、クラスでたった二人。

他の人達は、その怖い二人の顔色をうかがっていただけだったらしい。


学校では相変わらずだったけど、放課後になれば楽しい日々がやってきた。

その二人は遠い団地に住んでいて、放課後に私が住んでいる団地に来ることはなかったから、存分に遊ぶことができた。

小学校卒業すれば、あの二人に会わなくなる。

それだけを頼りに、毎日学校に行っていた。


想像はあたっていて、小学校卒業して中学校に入ったら、徐々にいじめは止んでいった。

しばらくはいじめを続行しようとする人もいたけど、中学卒業するまでに気がつけば全部終わっていた。

高校に入って、家の近くのコンビニバイトを始めると、あの時のクラスメイトがお客としてやってくることがあった。

みんな店員が私だと知ると、一瞬気まずそうな顔をする。

でも私はがんばって、できるだけ普通にしかけた。

そうしたら、みんな照れくさそうに話に応じてくれた。

買い物が終わって出ていく時に、「あの時はごめんな」と謝る人もいたし、それには触れずに「バイトがんばってね」と言う人もいた。


いじめというのは、本当に狭い世界の話だった。

どういう理屈かしらないけど、あの狭くて小さな世界は人を狂わせる。

でも一度外に出てしまえば、みんな普通に戻る。

私は、あの選手に会えたことで外に出ることができた。

本当に幸運なことだったと思う。

なにしろ日本代表として活躍して、それこそ日本中サポーターがいた選手に、ほんの数秒のこととはいサポーターになってもらえたんだ。

そんな経験はめったにないことだと思う。


あれから色々なことがあったけど、胸にはいつも「がんばってね」という言葉があった。

社会に出て、結婚して、子供を生んで。

いま、人並みの幸せというものを噛み締めながら、あの人に会えてよかった、自殺なんかしなくてよかったと思っている。


昨日の夜、旦那子供が遊んでいるのを見ていて、ふとお礼がしたいなと思った。

私の人生を救ってくれたあの選手に、ありがとうを伝えたいと思いついた。

いまさら気恥ずかしくて、とてもメールなんか送れないけど。ここに書くことで、いつか偶然にでも目に入ってくれればうれしい。




私のヒーローであるあなたへ


何万人もの子供応援されてきたあなたは、私を覚えていないと思いますが、私はあの日のことを絶対に忘れません。

あれから、やっぱりサッカーは上達しなかったけど、いまも家族Jリーグ応援しています

旦那出会い、影響されてとあるチームのサポーターとなり、時々スタジアムに足を運んでいます

あんなにヴェルディっ子だった私が「緑は大っ嫌い♪」と歌う日が来るとは思いもしなかったのですが、いまもサッカーは大好きです。


あの時は、本当にありがとうございました

おかげさまで、とても幸せ毎日を過ごせています

あなたは、きっとこれからサッカー人生を歩んで行かれることでしょう。

そんなあなたを、遠い場所からではありますが、これからもずっと応援し続けていきたいと思っています



あの時、いじめられっ子小学生だった、あなたサポーターより。

ラモス瑠偉選手へ、感謝を込めて。


家事が鬱

幼い頃から、なぜかわからないが親が家事をしているのを見るのが大嫌いだった。

小学校から帰ってきて、玄関から掃除機の音が聞こえると本当に憂鬱になった。

当然家事を任されるのも嫌で、手を抜いたり忘れていたりしては、よく叱られた。

そんな私も大人になり一人暮らしをするようになり、メイドを雇う余裕もないので、家事をしなければならなくなった。

これがまた鬱。甘えんなって自分でも思うんだけどなぜか知らないが鬱々として、泣きたくなり、人生を悲観する。ああ俺にメイドを雇える甲斐性があれば、なぜないのか、仕事がしたい、家事のせいで仕事余暇に使える時間無駄にしてる!と謎の怒りの気持ちすら湧いてくる。

本当はこうやって増田愚痴ってる時間無駄で、生活の基礎である家事無駄ではないはずなのだが、なぜか脳はそう認知してくれない。やはり鬱なのかもしれない。

とにかく家事が嫌すぎて徹底的に避けている。

食器洗い機

乾燥機付き洗濯機

掃除ロボット

洗濯の面倒な服は着ない

食洗機使えない食器調理器を使わない

ルンバを使えるマンション引越してとにかくものを置かないよう気をつける

これでかなり楽になった。

そんな私だがなぜか買い物と料理だけは好きだ。

他の家事マイナスゼロに埋めあわせる感覚だが、買い物と料理ゼロからプラスにする感覚があるからだろうか

かわいいの子もかっこいいあの子

みんなちゃっかりやることはやっている

僕は小学校の頃からガリ勉風のメガネをかけたただの勉強嫌いなガキだった

どうせ他のやんちゃしてる奴やキャーキャー言ってる女子勉強なんて眼中にないんじゃないかと思っていた

中学に上がると、ヤンキーなどの不良やませ中学生カップルなんかもいて、より勉強なんか眼中になかった

だけど、中学三年生になってようやく気づいた

かわいいあの女子サッカーに熱心なあの男子も、みんな勉強はやってたんだな、と

普段全然そんな素振りをみせないくせに、授業もただボーッと受けているだけだと思っていたのに、勉強嫌いなくせに

なんで勉強なんかしてるんだ

もっと女子同士で放課後遊びに行ったりしろよ!部活動大会優勝だけを目指しとけよ!みんなのことだけを考えてろよ!と思った

みんなが実は勉強をやっているという事実に気づくのが遅すぎて、僕はみんなが進学したような都道府県内屈指の名門校なんて進学もできずに、地元名前を書ければ受かるようなな高校しか行けなかった

ずるすぎる

そしてその高校に進学したら、かわいい子はちゃっかり男と付き合ってデートしたり、部活動に熱心だったやつは全国大会に出場したりするんだろ?

なんで勉強やってるやつがそんなことやってんだよ!おかしいだろ!

みんながみんな揃って僕を騙してたんだ

きっとこれは恋ではない

初恋相手こそ小学校同級生だったものの、彼以外に好きになった人は皆年下の男性だった。

自分でも何故こうも年下の男性ばかりに惹かれるのか分からないが、昔からずっとそうなのでそういうものだと思って生きてきた。

唯一の元彼は2歳年下だったし、今の彼氏は6歳年下だ。

年上の男性にはなんとなく憧れを抱くことはあっても、恋愛対象にはならない。

 

話が変わるが、私は今年の春から今の職場で働き始めた。

15人程度の小さな会社で、私はそこの最年少の社員になった。

まり恋愛対象者は社内にはいないのだ(仮にいたとしても社内恋愛など自分には考えられないが)。

 

入社初日に全社員に向けて挨拶メールを送ったら、一番に返信をくれたのは他社に出向しているAさんだった。

すぐに返信が来た時点で好感を持ったし、Aさんのプロフィールアイコン(?)の写真が私の好きな俳優にそこはかとなく似ていてそこでも好感を持った(ような気がする)。

 

数日後に、Aさんは私が勤務している本社にやってきた。

実際のAさんは身長がかなり高く(あとから聞いたら190cm台だそうだ)、寡黙で、威圧感があった。

挨拶をしてもぶっきらぼうに返ってくるだけで、その時は少し怖い印象を持った。

 

さらにその月末、上司が私の歓迎会を兼ねた飲み会を開いてくださり、そこでまたAさんと会った。

くだけた場だったこともあってか、Aさんの怖そうな雰囲気もなくなっていた。

 

飲み会最中、先輩が「Aさんと増田さんは趣味が合うんじゃないですか」と言ってきた。

Aさんに聞いてみると、確かに趣味が同じだった。

今までTwitterしか同好の士出会ったことがないようなマイナー趣味なので心底驚いたし、嬉しかった。

もちろん会社趣味友達を作るところではないのだが。

 

それからAさんの怖そうな雰囲気はなくなった。

本社にちょくちょく用事があって顔を出しに来るが、挨拶をすればにこやかに返ってくるし、来る途中に時々コンビニお菓子を買ってきて差し入れてくれることもある。

「初めて会ったときはなんだか緊張していて、ごめんね」とも言われた。

 

その時、左手の薬指に指輪を見つけた。

Aさんは30代後半だそうだし、結婚していても何らおかしくないのだ。

 

その後、他の社員さんの話の中でAさんが結婚7年目であることも知った。

付き合っていた期間を考慮しなくても7年も連れ添ってるのか、私には無理だな、と思った。

 

あれ、私は今何を考えた?

何が無理だっていうんだ?

年下にしか惹かれないんじゃなかったのか?

社内の人とそういう関係になるのは考えられなかったんじゃないのか?

ちょっと趣味があったり、優しくされたりしたからって勘違いしていないか

既婚者相手にどうこうあるという淡い期待でも抱いているのか?

仮にその期待通りになったとして未来はあるのか?

そもそも私は彼氏が大好きだろ?

彼氏との結婚だって考えているだろ?

 

そんな思いが一気にぶわっと広がってしまった。

 

きっとこれは恋ではない。

憧れ、あるいはただの親近感なのだ

彼氏がいながら年上の既婚者に心が動きかけるなんて決してあってはならないのだ。

 

そんな私は本社での研修(?)が終わったあと、Aさんと同じ場所に出向するかもしれないらしい。

明るい憂鬱とでも言うべき気持ちがずっと私の心を占めている。

2017-07-14

いくら現場教員が奮闘したってなあ

非正規教員エントリを読んで。

小学校から英語プログラミングを必修化しても、学力テストで競っても、愛国心教育をしても、増田をはじめとするような現場教員が奮闘したとしても。

教育という道に希望見出して志を抱いた人間の末路(というには若いかもしれないが)が駒扱いの非正規教員だと思うとやるせない。

人事担当者や県教委の上層部は、20年かけて大切に育てた自分の息子や娘が増田のような待遇を強いられるとしたらどうするのだろうか。

今まで何千人、何万人の非正規教員現場に送り出してきたのと同じ目線で見ることができるのだろうか。

入念な「教育」を施して大切に育てあげた若者が、大学卒業した途端「教育」の現場でこれほどの扱いを受けるとは、なんたる皮肉

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん