「ジェリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジェリーとは

2022-05-25

ドライアクメのヤス

メスイキのゲン

ランジェリージン

そのような男たちがお前を狙っている。

2022-05-12

美人だけど人生全然イージーモードじゃなかった

大抵の人には「綺麗だね」「可愛いね」と言われ続けてきた。

中にはお世辞もふくまれているであろうけど、人生において私の容姿批判してきた人はいない。

でも、人生全然楽しくなかった。それどころかしんどすぎた。

まず毒親に育てられたので、自己肯定能力と対人スキルものすごく低い。

しかも20歳かそこらで統合失調症発症し、おまけに軽度発達障害の診断がついた。

からとんでもなく社会で生きづらい。

友達といえる人間は、一人もいない。

私がまともな対人スキルを持ち合わせていないので、途中で誰もかれもが私のおかしさに気づき離れていく。

自分の対人関係におかえるなんらかがおかしいのは分かっているが、何をどう直していいかからない。

田舎に住んでいるかちゃんとした精神病院なんてなく、ただ医者は大量の眠剤と薬を出すだけで、話もまともにしない。

診察時間カップラーメンが出来る時間にすら届かない。

発達障害なので、当たり前のように社会の中では生きづらい。

どの職場でもちゃんと働けたためしがない。他の人が当たり前にできることが全くできない。

おかげで今は十万円ちょっと手取り毎日お金不安と戦いながら底辺を生きてる。

美人なので恋人がいる前提で話をふられるが、ここ10年ほど恋人がいない。

今まで告白してきた男性は全部私の容姿が好きだった。

これが一番しんどかった。

私が少しでもおかしいと、男性たちはがっかりし、離れていく。

最初メンヘラだよ、と言っているのにそれでも付き合いたいと言われ、付き合うのに、数カ月で無理だと言われる。

から言ったじゃん。メンヘラだよって、頭おかしいから、負担かけるよって。

よくメンヘラ女性と付き合っている男性を「理解のある彼くん」とインターネットでは揶揄されるが「理解させる」まで行けるのがまずすごいと思う。

私の場合理解してもらえる前にみんなみんな離れていく。

美人だと奢って貰ったりするでしょ、とか、ハイブランドのバッグやジェリープレゼントしてもらったりするでしょ、と言われるが、そんなことは一度もなかった。

いつも自分病気とつきあうのがいっぱいいっぱいで、美人で得したと感じたことなんて人生で一度もなかった。

それどころか、もっとブサイクに生まれたかった。

外見じゃなくて、中身が好きだからと言って告白してもらいたかった。

対人スキルが高くて、誰とでも友達になれるような人になりたかった。

軽度発達障害で生まれず、普通の頭に生まれたかった。普通に働いて、普通キャリアつんで、普通恋愛して、普通結婚たかった。

特別なんて何一ついらなかった。顔なんて美しくなくても良かった。

毒親に育てられず、両親に愛されて生まれたかった。

過去形なのはようやっと40代になれたからだ。シミができ、シワが増え、白髪も出てきた。

そろそろ容姿ジャッジされなくなるだろう。

美人だね」何度もそう言われて、すごい苦しかった。

私は私の顔を一度も美しいとおもったことなんてないから。

美人だね」といわれるだび、すごくしんどかった。

他人が、社会が、私にそう生きるのを強要しているようで、常に綺麗でいないといけないような強迫観念の中で生きてきた。

もしこの文章を読んでくれた人は次の日から誰かの容姿をほめるのをやめてほしい。

「綺麗だね」「美人だね」は褒め言葉のようだけど、受け取る人間からしたらそうじゃない可能性もあるかもしれないってこと、分かってほしい。

容姿ジャッジするのをやめてほしい。

未だに私は私の顔が美しいのかそうでないのかわからない。

人生、辛かった。

2022-05-02

クンニ✋(👁👅👁)🤚クラブルール

  1. 決してクンニ✋(👁👅👁)🤚クラブについて口にしてはならない
  2. 決してクンニ✋(👁👅👁)🤚クラブについて口にしてはならない
  3. 一対一でクンニ✋(👁👅👁)🤚せい!
  4. 一度に一クンニ✋(👁👅👁)🤚まで
  5. ランジェリーパンツは脱いでクンニ✋(👁👅👁)🤚せい!
  6. クンニ✋(👁👅👁)🤚に時間制限はなし
  7. 初めてクンニ✋(👁👅👁)🤚クラブに参加した者は、必ずクンニ✋(👁👅👁)🤚せい!

2022-04-25

anond:20220425063654

女のおっぱいエロいという固定観念におもくそ乗っかった上で、マスコミ広告業界エロ対象を「女体から下着へ」変える主体だったとは思えない。

なぜなら、エロければ売れるけど、売るために商品自体エロくある必要はないから。そして下着モデルエロいポーズをとってそれがポスターCMになっていることからわかるように、モデルに感じるエロありきなんだ。

犯罪についてはまず増減すら確認できない。色情ねらいの認知件数グラフ化したものがあったら教えて欲しい。

で、無理やり増加と仮定して考えた時に、下着宣伝が増えたことと一致するとしたら、それは日本西洋式のランジェリーが普及した時代に増えた、つまりモノが増えたか泥棒が増えただけなのでは?

というわけで数多あるマスコミ陰謀論の中でもこの説は一際弱い。産業振興陰謀論とかの方がまだ真実味がある。

2022-03-20

人間って、ほんとバカ

たとえば日本ネコ集団で(数十匹で)アメリカに連れて来られたとして、土着のネコたちを従えて一大コミュニティを作ろうとするだろうか?





















ハンバーガーフライドポテトジェリー(🐁)の味に慣れたら、種の淘汰をするかもしれない

2022-02-17

ヒートテック肌着問題の整理

2022-02-14

サイゼリヤじゃなくて

ランジェリーショップに行けば買い物もできるし食事もできていいよ

2021-12-30

1970年代舞台にした新作アメリカ映画で「日本人の顔は見分けがつかない」という事実に基づかない人種差別描写があり抗議殺到

@iso_zin_

世界中映画賞を席巻しているポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作『リコリスピザ』で日本人に対する差別的ジョークアジア系アクセント嘲笑など)があるとの事でアジア人人権団体から糾弾されている模様。楽しみにしてただけに残念…。

あとは劇中に登場する二人の日本人女性の見分けがつかない、みたいな台詞もあるそう。時代設定がまだまだ人権意識の低い1970年代から必然性のあるジョークかもしれないし何とも言えないけど観てて嫌な気持ちになってしま可能性はある。


https://screenrant.com/licorice-pizza-boycott-media-action-network-asian-americans/

ソース機械翻訳

問題人種差別ジョークは、ジョン・マイケル・ヒギンズ演じる実業家ジェリーフリックが、『リコリスピザ』で二人の異なる日本人妻と共に二度登場することに関係している。どちらのシーンでも、彼は漫画のようなステレオタイプアジア訛りを使って女性たち(水井ゆみと安城めぐみが演じる)に声をかけている。

さらに、ジェリー再婚したことに気づかず、ゲイリーが2番目の妻を最初の妻と間違えるというジョークもある。MANAAの声明によると、アンダーソン監督インタビューでこれらのジョークについて、『Licorice Pizza』が舞台とする時代に正直でありたいと主張し、弁明している。

また、ゲイリーアラーナの年齢差についても話題になったが、この点についてはグレーゾーンのようである人種差別的なジョークについては、設定に忠実であるというアンダーソンの説明だけでは不十分だと言ってよいだろう。

ジェリーキャラクターストーリーほとんど影響を与えず、単純なジョークのために彼にあからさまな人種差別的行動を取らせる理由はない。リコリスピザ』は、プロダクションデザイン衣装サウンドトラックなど、70年代を生き生きと再現するために、すでに十分な役割果たしている。

MANAAはこれに反対する立場をとったが、他の人々が彼らと一緒に立ち上がるかどうかは、時間が経ってみなければわからない。

2021-12-18

ジェーン・スーありがとう

妻がジェーン・スー好きで、こないだなんかの対談読んで、「SMとかやってる夫婦は、レスになりにくいんだって」とか言ってきた。

やった!スーさんありがとう

今までソフトSMとかエロいランジェリーとかちょいアナルとかもやったことあったけど、妻が乗り気じゃない感じで、ここ半年くらいは初心に帰ってスローセックス的な、いたってノーマルな丁寧なセックスをしてた。

そろそろ飽きてきたな~と思ってたところに、この記事

妻の好きなスーさんお墨付き。この流れならいろいろ出来る!いよいよ週末!ありがとうスーさん

ところで、妻の友だちたちもジェーン・スー好きな人が多くて、LINEで盛り上がってるみたい。

みんなもSMとかするのかな?

2021-11-22

anond:20211122152651

かに意味もなくエロランジェリー着た響とか要らねえな 二次創作やらせとけばいいのにね

2021-11-20

anond:20211119223307

でもファッションビルとかエスカレーターの真横の透明ウィンドウで見えるところに

ランジェリーショップがあってエスカレーターに乗れば必ず目に入る構成になっているところが多いよな。

これには理由があるはずだ。

2021-11-06

死刑になるための犯罪の実情

平野啓一郎 @hiranok 11月5日

死刑になりたかった」と供述事件

2004年 茨木市連続ひき逃げ事件

2007年 平和記念公園殺人事件

2008年 土浦連続殺傷事件

2010年 取手駅通り通り魔事件

2012年 心斎橋通り魔事件

2014年 透析患者チューブ引き抜き事件

2015年 江戸川区女子高生殺人事件

2016年 イオンモール釧路通り魔事件

https://mobile.twitter.com/hiranok/status/1456466860715634699

 ジョーカー事件に関する話題上記のようなものを多く見かけて、前回の内容とかなり重複する部分があるのだが少し補足したい。

 前回の内容というのは「池田事件から今年で20年経つが、学校安全以外の影響・変化はあまり語られていない」「宅間を死刑執行して以降あらゆる形で模倣犯が出ている」という感じの趣旨投稿ちょっと前にして、それが結構大きな反響だったのだが、その中で「それならさっさと死刑にした方がいい」だとか「死刑廃止しても変わらない」だとか、要するに自分死刑制度反対に持って行くためにこの話をしているのだと一部の人から誤解されてしまった(ちなみに自分死刑反対派ですらない)ようだが、別にそういう話がしたかった訳じゃない。むしろ死刑制度反対に利用するために、死刑制度を設置しておくと死刑になるために人を殺す犯罪者が現れるというのがあたか一般論であるかのように語られて、池田事件以降変わってしまったものの大きさがあまり認知されていないように思える。事実、この死刑制度反対論日本では一番最初かその次くらいに出る一般的ものだが、最近海外で起きた殺人事件を調べても、日本よりなりふり構わず速攻で死刑執行する中国死刑の代わりに射殺を積極的に行っている欧米の方が頻発してもおかしくないはずなのにそういう話や死刑反対論はあまり出てこない。(スーサイドバイ・コップという言葉は昔からあったが)

 それで上記事件一覧を確認すると、宅間が異例の早さで死刑執行されたのが2004年9月。そして死刑になりたいと供述した事件の中で最も古いのは2004年11月で、それ以降ずっと根付いている。これ因果関係としては、一般死刑制度犯罪を誘発する効果があるというよりは、宅間に死刑執行までの犯罪プロセスとして上手く行かれてしまって以降、そういう流れの犯罪日本においてのみ作られてしまったという方が正しいのではないか

 次に死刑になりたいという意思で引き起こされた犯罪死刑制度反対の例としてさらっと引き合いに出されるくらいで、その具体的な実情はあまり出ないので説明しようと思う。

 「死にたくても自殺できないなら人を殺して死刑になればいい」という思考回路は広まりすぎて日本犯罪者に定着しつつあるため、自殺願望からそういう悪魔の囁きに突き動かされて衝動的にやってしまった犯罪者もいるのだが、そういう節のある人は基本死刑執行されるところまでは行かない。突発的な要素が考慮されて、心神耗弱減刑されることも少なくない。茨木市ひき逃げ事件心斎橋イオンでの通り魔事件さら仙台アーケードトラック事件がこれに該当するだろう。まあ人を殺傷するところまで行ってしまっているので無視して良い訳ではないのだが。

 もちろん死刑になりたいと確信的に事件を起こした犯人もいる。自殺サイト殺人事件の前上博は窒息と白いルーズソックス性的興奮を感じる異常性癖の持ち主で、過去100人近くに性的暴行を繰り返していたのだが、一方で犯罪を止められない自分に罪悪感を感じでおり、最後強制的自分死ぬために自殺サイトで繋がった自殺志願者を絞殺するという形で自分人生を終わりにした。

 そして土浦連続殺傷事件上記に書かれていないが、奈良小1女児殺害事件大阪姉妹殺害事件京都神奈川親族連続殺人事件特に犯人事件後の供述心理、その後の顛末等をwikipediaなんかから一つずつ確認した後で下記の記事を読んで貰いたい。

"怪物"にはしない

2007(平成19)年1月  『方法としての親鸞』(「親鸞研究会編 永田文昌堂刊) 所収

2004年9月14日、池田児童殺傷事件という惨劇を起こした、宅間守被告死刑執行された。ついに遺族への謝罪言葉一言も発することなく。事件発生から三年余り、判決確定からわず一年足らずの異例の早さだった。大量殺人に飛躍する理由を、彼は「人生の幕引きをする時の道連れが欲しかたから」と語ったそうだが、その人生の幕引きを国が手助けすることになったとは、何とも皮肉ものである。まさに彼の思惑通りになってしまった。

しかし、これで終わったのだろうか。本当にこの事件は終わりなのだろうか。このことに関して、『群像2004年12月号に、作家雨宮処凛佐木隆三の興味深い対談が掲載されている。

(中略)

から、そんな彼らにとって、宅間の死刑執行は、

最後まで世の中を呪って、呪い尽くして死んでくれることによって、さらカリスマ性みたいなものが出た。あれで途中で謝ったり反省したら、一気に宅間嫌いになりますね、宅間信者は。だから、あれは一つの物語としては、信者にとっては完璧であったような。

※参考資料

宅間守まとめwiki 宅間守発言

https://www.google.co.jp/amp/s/w.atwiki.jp/takumamamoru/pages/15.amp

・・・僕たちは、とんでもないことをしてしまったのかもしれない。宅間を怪物のままに、死刑執行してしまった。それは同時に彼を神聖化する儀式でもあり、新たな怪物を生み出す儀式であったのかもしれないのだ。事実2004年11月奈良市内で有山楓ちゃん誘拐殺害した罪に問われた小林薫被告は、「早く死刑判決を受け、第二の宮崎勤宅間守として世間に名を残したい」と語ったという。

この雨宮言葉に対し、佐木隆三は『汚れた顔の天使』というアメリカ映画を紹介した。この映画は、1938年作品マイケル・カーティス監督ジェームスギャグニーが主演のギャング映画だ。

 出所したギャングロッキーは、町の不良少年ヒーローとなる。牧師として不良少年たちの更生に力を注いでいた彼の幼なじみジェリーは、少年たちを危ぶんでいた。そんな時、裏切り者悪徳弁護士を殺したロッキーは、逮捕され死刑宣告を受ける。嘲笑うかのように平然としている彼の姿に少年たちは一層感化されてしまうが、そんな彼等の未来を案じたジェリーロッキーの元へ行き、ある頼みをする。

 いよいよ死刑当日。電気椅子に進んだロッキーは、それまでの態度とはうって変わって「おれは死にたくない」と泣き声を上げ始めた。ロッキー最後新聞記事で読んだ少年達は、落胆しロッキー軽蔑しはじめる。本当のことを知っているのは、ジェリーロッキーの2人だけだった。この作品、実話が元だともいわれている。

あれで途中で謝ったり反省したら、一気に宅間嫌いになりますね、宅間信者は。

雨宮の指摘した通り、私たちは、宅間を人間にしなくてはならなかったのだ。怪物のまま死なせてはならなかった。ANOTHER MONSTERを生み出さぬためにも

ドクターライヒワインは、こう語っている。

怪物・・・怪物なんておらんよ。ヨハンは人間だった・・・・。特にミュンヘン大学図書館炎上させて以降は、彼は人間になるために生きていた・・・そう思うよ。少なくとも人を殺すことを何とも思わない人間を、総称して?怪物?と呼んでいる間は、われわれは殺人という行為をなくすことはできない。彼らを同じ人間と思い、見つめることだ。怪物と呼ばず、われわれと同じ、名前を持つ人間だと考えること・・・・。それが、ヨハンが何であったか理解する鍵なんです。(『ANOTHER MONSTER』)

 過ぎた時を引き戻すことはできない。たとえ過去に返ることができたとしても、宅間の心がそう簡単に変わるとも思えない。しかし、しか・・・彼を怪物ではなく、一人の人間として見つめていくことは出来る。なぜ人間である彼が、そんなことをしてしまったのか。どんな環境が彼をそんな生き方に向かわせたのかと。それが私たちにできる、たったひとつ怪物退治の方法なのではないだろうか。

 前回貼ったものと全く同じコピペ申し訳ないのだが、事件本質を一番よく表しているものだと思うのでもう一度。この件の死刑執行でそれまで万全だったはずの日本死刑制度意味懐疑的にさせられてしまった訳だが、「反省もなく関係者暴言を吐き続け」「死にたい宣言した失う物のない犯人を」「特例措置を認めて異例の早さで死刑執行した」ことで、犯人希死念慮思想・主張も含めたメッセージが届いてしまったのではないか。だから日本に突如として現れた彼らのような犯罪者には単に自殺願望だけでなく、ある種の復讐心や抗議の意志のようなものも含まれているのではないかと考える。その意味で、こういう議題でアンチテーゼとして出されるようになった新幹線殺傷事件小島(無期懲役になるために人を殺した)も同質のメンタリティを持つ犯罪者だと思う。(彼がこれまでの犯罪の慣例を覆して取った選択が今後吉と出るか凶と出るかはまだ分からないが)

 最近はこの手の犯罪は下火になってくれているように思うが、こういう犯罪歴史がある以上また再燃するかもしれないし、その一連の経緯は多くの人が知っておいて損はないはず。(植松控訴取り下げ死刑確定等もあるし)

 最後に、池田事件に衝撃を受けた自分個人的感情として「学校安全管理のあり方が変わった」ということでしか重大性を広めようとしないメディア方針がどうしても納得できない部分はあった。他の人の記事コメントから察するに、(他の重大事件と比べて)加害者に焦点を当てた話に中々なってくれないのは、犯人事件前までの境遇特殊・異常すぎて典型的犯罪形成論に落とし込めずに敬遠されているということなのだろう。その一方でコロンバイン高校銃乱射事件と双璧で、「テロ組織過激派勢力やそれに属するローンウルフですらない、ただのバラバラ犯罪者のままでありながら、社会に影響を与える脅威となりうるレベルで、犯罪意味模倣性を与えてしまった事件」だったとも思っている。そういう啓示を与えてしまたこ事件こそ、犯罪者観点から語り継がれるべきだというのは、くどいようではあるが強調したい。

2021-10-09

25歳にもなりろくな職にも就かずふらふらとしていたが、そんな私の生活にも終わりが来る時はある。もうしばらくしたら、25年間惰眠を貪った部屋と脛を齧った自分の親元を離れ、遠くで細々と働きながら暮らす。

何をするわけでもない間に老いた両親と離れて暮らすのはなんとも申し訳ないが、だからと言ってこれ以上世話になるのも気が引ける。私は「旅立ち」と言うには薄汚れた、遅い巣立ちの時を迎えたのだ。

しかしそんな両親にも懸念点がある。一見仲睦まじい両親だ。老いてなお息子を支えるために協力する姿は、子からすれば1番の理想と言っても過言ではない。

きっかけは些細だった。帰宅したら黒い女性ボンテージランジェリー姿の父親がいるのだ。一瞬何がなんだかわからなかった。頭が真っ白、という表現以外思いつかないほどに混乱した。

別に何をするのも父親人生そもそも苦労をかけた身としては「やめろ」なんて言える訳はないし、言おうと思わない。しかし、この家は両親と私で住んでいる。母親は知ってるはずもない。知り得もしないものを、急に脳に叩き込まれた。私はどうしたらいいのかわからず、1回目は見なかったことにした。

もちろん、2回目もあった。その時は、少し小言を言った。たしか「何をしようと父親自由だが、流石にびっくりしてしまう」とだけ言った気がする。本心だが、言った後に1人で考えている際、「そこじゃないだろ」と自分ツッコミを入れたのは言わずもがなだ。

そして今日、3回目があった。今回は前の2回とは勝手が違う。自分シャワーを浴びる際、見慣れないボトルがあったので見たら「LOTION ANAL」と書いてあった。流石に笑ってしまった。

仏の顔も三度まで、今回ばかりは父親に話をした。父親しまい忘れたローションをタオルでくるんで隠しながら、ゆったりしている母親を別室に押し込めた。我ながら今思うと阿呆らしいが、ここでミスをすれば人生が終了するかのようなプレッシャーを感じていた。それを取り出し、父親に見せた。父親は、気まずそうな顔をして動揺を隠しながら、平静を装っていた。「別に何をしようと勝手だし自分の好きなことをするのは構わないが、家で隠そうとしてるのに隠せないなら家でやるのをやめろ」と言った。そして父はどこかにそれを隠し、また座りながら煙草をふかした。

正直、気づかないフリをした方が良かったのかもしれない。または母親に隠さない方が良かったのかもしれない。全くわからない。何をしても、今までの「家族」として見ていた映像が瓦解するのでは、という感覚に苛まれる。我ながら、無理を通した。

かに父親が何をするのも止められないが、父親の性具が転がっているのを見るのは息子としては最悪である母親ナプキンを見てようわからんと思っていた頃よりも微妙気持ちがある。父と母の性行為想像するのに抵抗があるように、父親母親と性事物が同時に視界に入るのは、頭がぐるぐるしてしまう。

答えは全く出ないが、今日もまた寝る時間が来る。

2021-09-18

ぶどうジャム?ねーよそんなもん

北米定番と言われるPB&J、いわゆるピーナッツバタージェリーサンドイッチ

二枚の食パンそれぞれにピーナッツバターおよびジェリー固形物を濾して取り除いたジャム)を塗り、塗った面を合わせたやつね。

興味あったので作ってみようと思ったのだが…グレープジャムなんてどこにも売ってないわけで。

ネットショップ?知らん。そこらへんの店で売ってないって話だから

代わりになりそうなジャムとかなさそう(例えばブルーベリーぶどう似て非なるもの)だし、そうなると日本で手軽にPB&Jを作るのは諦めろってか?

それ日本人はともかく、日本在住のアメリカ人カナダ人が怒るんじゃねーの?しらんけど。

2021-09-04

増田に表示される広告

なぜかエロランジェリーと電動っぽいバイクが同じ広告枠で表示されていて、何なんだこれはと思ったけどなんかAliExpressの広告だったっぽい。

使ったことないけど、エロランジェリー電動バイク専門店なんだろうか、AliExpress。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん