「学会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学会とは

2021-06-21

創価学会系の人しか使わない言葉10選

私は創価学会員ではありません。

趣味創価学会研究しているものです。

注・なお、創価学会系とは日蓮正宗顕正会もさします。

1,大聖人(だいしょうにん)

鎌倉時代僧侶日蓮」のこと。

創価学会は彼を実質的に「神」として崇めている。

所謂「お釈迦様」よりも上位の存在とみなされる。

(厳密にいうと「本仏」という。)

なお、一般的日蓮宗系の宗教では「大菩薩」ということが多い。

菩薩は仏に次ぐナンバー2という意味であるため、創価学会系の人とは

相容れないのである

2,謗法(ほうぼう)

「罰当たり」の最上級バージョンといえる。

最近日本でも放送している韓流ドラマタイトルにもなったので

知名度は上がったかもしれない。

創価学会系の人にとっては最大の侮辱ワードとなる。

3,境涯(きょうがい)

境遇」のこと。なぜか「高い」「低い」と表現する。

4,財務(ざいむ)

お布施」のこと。創価学会では毎年末に集められる。

強制ではないのだが、もし行う場合は最低1万円出さなければならない。

一般家庭でも100万円出すところもある。

5,折伏(しゃくぶく)

勧誘」のことだが、無理やり入信させるというイメージである

6,破折(はしゃく)

論破」のこと。「破(は)す」ともいう。(後者の方が文語的)

7,御書(ごしょ)

日蓮信徒に当てたとされる手紙のこと

創価学会系では「聖書」的な扱いである。

8,仏法(ぶっぽう)

仏教」のこと。

9,広宣流布(こうせんるふ)

創価学会の教えが世界に広まった状態を指す。

公明党もかつてはそれに必要な「国立戒壇」(創価学会(厳密には日蓮正宗)員になるための儀式会場)

を作ることを目指していたが共産党などから追及されたり学会側の不祥事により破棄せざるを得なかった。

現在では池田大作創価学会名誉会長創価学会インターナショナル(SGI)会長

世界各国で対話を行ったり、支部を作ったことで事実上達成したというのが公式見解である

10,功徳(くどく)

「ご利益」のこと。いわゆる「エア本動画からネットミーム化した感もある。

2021-06-20

創価3世だけどほんとに創価のことわからない

私は創価3世である

父方の祖母が熱心に信心していて、父親創価学会の名簿に入れられ、父と母が結婚した時に母も入れられ、私も生まれた時に入れられた。弟は入れられてないはず、と母が言っていた。

祖母は勤行を毎日3時間以上唱える本物の信者で、東京の学館?が新しくなった時?は一目見るためだけに地方から東京まで日帰りで行ったらしい。すごい。

2世である父親は、特に創価学会の教えは知らないらしい。ていうか祖母以外誰も知らない。父の弟も祖父兄弟もみんな知らなかったので、祖父(祖母の夫)は祖母希望創価式の葬式だったが、親族の誰も勤行がわからないため皆手元の法典を見ていた。父はどちらかというと神道が好きらしく、(それもどちらかといえばな程度)昔家でラップ音がした時は神道先生が家に来ていたこともある。

地域学会員による青年会のような集まりにも行ったことがないらしい。

でも両親の結婚式は仏前式でやらされたらしく、母親は一生根に持つと言っていた。

そして私は3世で、私も地域学会員の集まりやらなんやらには行ったことがない。

創価だなーと感じるのは、家に聖教新聞があったことと、選挙の時期になると地区の偉い人が公明党挨拶に来ることと、ごく稀に地域青年会?婦人会?の広報の人が訪ねてくること。でも広報のチラシをこれまたよかったら見てくださいねー、で去っていくし、とりあえずひどい目にあったことは一度もない。

そして一昨年私も結婚した。もちろん創価3世であることは言ってある。でも教えも知らないし地域ナントカにも参加したことない、と事実通り伝えた。夫の母方の実家が元創価学会員らしく、すんなり受け入れられ結婚することができた。いつだかに夫の母方の祖母が嫌になって足抜け(と言う表現適当でないかもしれないが)したらしい。

ここまで特に創価から抜ける努力というのはしていないが、そもそもこれだけ関わってなくて抜ける努力って何したらいいのかわからない。実家聖教新聞はばあちゃんが死んだらやめるつもりらしい。ばあちゃんが悲しむので。

学会に紙とか送ればいいのか?ほんとにわからない、でも、ここで抜けてないと、もしかして子供結婚就職する時に身分調査されて創価4世だとかでダメになることがありうるのかな?と心配している。

創価は確かに怖いと思う。そもそも聖教新聞見出しカルトチックで怖い。

じいちゃん葬式密葬のはずなのに地域創価の人が数十人単位で来て、何十人もの人が勤行を暗記で前を向いて唱えているのはちょっと怖いものがあった。

あの公明党広報活動もものすごい迷惑がかかってる人もいるのだろうと思うし。

世のカルト3世はどうしているのか、創価だと言い回るわけにもいかないのでわからない。みんなどうしているんだろう。

抜ける行動をした方がいいのかな。

2021-06-19

anond:20210619063749

増田の怒りは真っ当だなあ

オッサンの方は妻子持ちで失うものなんかないとか思ってるのかなあ。

個人間で問い詰めるにしろ大学通報するにしろ学会に密告するにしろ、文春に垂れ込むにしろ、明るみに出たらオッサンの家庭は崩壊してしまうかもしれない。

そういう弱さを表にだして、女側に行動をためらわせてる意思すら感じ取れるね。

anond:20210619063749

妻子持ち研究者キスされそうになったことある

奥さんにもお子さんにも会ったことあるのに

相手学会先に旅行がてら家族を連れてきたので)

さすがに60代ではなかったが50目前だった(気持ち悪いよりはタチが悪い)

とあるごとに子ども奥さんの話して、貴方には妻子あるでしょ、と牽制してきたのに

それすらも、家族がいても温かく見守ってくれる都合の良い女に脳内変換されてたのかも

花畑脳はどこまでも一般人想像の斜め下を突っ走るようだ

アカデミックな方々は会社勤めより出会いがないし、話聞いてくれる人がいない(学生相手の授業しかなく、それさえマトモに聞いてもらえない)から

話し相手に飢えてるし、話し相手になってくれるだけで好意があると勘違いしがちなのか

中高一貫男子校出身でそのままストレート大学大学院、アカデミック世界に行った男は恋愛経験値男子校のままだから特にひどそう

2021-06-18

人生ガチャである高卒年収850万の研究である私が保証する。

現在自分ステータスは次の通り。

年齢:43歳

職業半導体ケミカル研究職、専門はエポキシ・アクリル樹脂組成

勤務先:電子材料大手

実績:日本特許出願数15(内筆頭12)権利化6、海外PCT出願数10(内筆頭8)

年収:昨年源泉740万、今年見込み850万

学歴高卒普通高校

自分は非常に人生ガチャの運が良い。

この時代に生まれたのは良いのか悪いのか分からないが、少なくとも父親ガチャSSRである某国大の教授だった。しか学会長を歴任した等、経歴的に素晴らしいレベル教授で、専門分野ではとても有名人だったと後で知った。もちろん上級国民である

母親ガチャはNで、こっちがR以上だったらもう少し上に行けたかも知れない。色々と私の人生の脚を引っ張ってくれた。父の知り合いの米大教授斡旋してくれた留学許可しなかったし、家庭内不和を招いたのも常に母親だった。私は非常にこの母親を憎んでいる。あまりにムカついたので、父の退職離婚させた。今はナマポ生活しているようで、いい気味である

私は努力が大嫌いだ。ゆえに勉強も大嫌いだ。なので、大学はどこにも受からなかった。父は「お前は日本教育が合わないのだろうからアメリカにでも行け」と留学させようとした。結局それも叶わず高校卒業と同時にニートになった。時折バイト等してある程度収入はあったし恋人も出来たが、そこから13年あまりニートを決め込んでいた。

しかし私が英一郎されなかった理由人生ガチャだ。転換期が訪れたのは父の退職が切欠だった。それまでは父の家族カードで月に20万円程度遊びに使い、なかば英一郎状態だったが、退職してしまってはもうそんな生活は出来そうにない。そこで私は親コネでの就職を考えた。父は産業界には疎いタイプだったので、「俺が現役時代だったらもっと良い企業を紹介出来たのに惜しい」などと言いつつ、何社か紹介してくれた。それらをすべて受けてみて、唯一内定したのが今勤めている企業である。この企業の主力商材について、父はまったく何も知らなかった。ゆえに私も一切知らなかった。電子材料というのがどれほど強いのかを嫌というほど知るのは入社後の事である会社ガチャ文句なくURだ。

コネなので、高卒バカがいきなり正社員技術採用になった。商品開発部の課の一つに配属された。当時からアホのように儲かりまくっている会社だったため、周囲は温厚な人物ばかりで、遅刻しようが無断欠勤だろうが大して怒られもせず、ボーナスちょっと減るくらいのペナルティで済んでいた。が、客先でケンカになった事だけは重く受け止められ、アイツを社外に出すのはマズイ、というような話になって研究部門へ転属になった。

この研究部門はチームで何かをやるという発想がそもそも存在せず、すべて個人で考え計画し実行し結果を残すという、実績評価の1人屋台状態だったことが幸いした。配属ガチャSRくらいだろう。私は、周囲の技術部等の人が、時間がなくて出来ない研究を片っ端からやっていった。その結果、エポキシ樹脂組成物、アクリレート樹脂組成物においての知識力は社内で指折りという研究者になった。まさに門前小僧習わぬ経を読むだろうか。

電子材料業界において樹脂組成物の研究者というのは希少価値の高いキャリアであるため、ヘッドハンティングオファーはそれなりに来るし、外資に移れば4桁万円プレイヤーになるのも容易である。今の立場の方が色々と楽なので、特に考えてはいないが、まかり間違ってこの会社左前になったとしても、転職はいくらでもあるだろう。

コロナ騒ぎで、電子材料業界は空前の好景気となった。私がそれを知ったのは昨年5月の狂気じみた受注量によってであるインサイダーにならないように少し外れた関連銘柄を買い漁って、平均4倍程度になった。売却益で新車1台買えた。

私は別に努力して今の立場になったわけではない。単に親ガチャ就職ガチャ会社ガチャSR以上引きまくっただけだ。故に、人生とはガチャである確信している。人生を決める最大の要素は運だ。

ちなみに嫁ガチャはNだった。家も買ったがRくらいだった。クルマもNだろう。子供は居ない。生活ガチャはあまり良くないようだ。

anond:20210618001032

コロナのせいで学会員の声が聞こえなくなってるんだろう

集会が開けないんだから学会幹部意見集約機能が低下するし

党側から学会本部を通して会員に説明する機能もなくっているということだろう

政治活動組織としては致命的だな

技術アピールしてるベンチャー管理職ありがちなんだけど

なんでただ椅子に座って待ってるだけで優秀なエンジニアが自社にどしどし応募しに来てくれると思ってるんだろ

給料年収400~600万円程度の中の下レンジで安定性もなければストックオプション付与する権限も渡されてない。

そんな奴がイキリ倒して「無能ばっかりで辛いわ~」とか言ってるんだけどさ

そんなに優秀なプログラマが欲しかったら書類上のCS学位や有名企業での就業経験じゃなくて有望なGitHubアカウント自分で調べ上げてヘッドハンティングすりゃいいじゃん。

俺いつも思うんだけどたまたま自分会社に応募してくれた人の中から優秀な人を採用するって実際無理ゲーだと思うよ。

優秀な人なんてたいていの場合割に合った待遇会社バリバリ頼りにされちゃってる人ばかりなんだから

優秀なエンジニアがわざわざ自分会社に応募してくるのって、たまたまソイツの在籍してる部署上司がクソ野郎で気分的に会社変えたくなったとか、

待遇に見合わない責任押し付けられて嫌になったとかそういう偶発的なイベントがあった時くらいであって、基本的に優秀な人は人材市場そもそも出てこない。

となると優秀なエンジニアを本当に採用たかったら採用する側の会社GitHubアカウントやら学会イベントでの発表、講演とかしているのを探しまくって、

良い待遇出せるからうちで働いてみない?って頭を下げてようやく採用できるってことになる。

なんで会社側はただ椅子に座って待ってるだけで優秀なエンジニア補給されてくると思えるんだろ?そこがどうしても理解できないわ。

そんなに自分会社待遇に自信があるのか?優秀なエンジニアには30歳で最低でも年収1200万円~は出せます、みたいな。

かと思いきや提示できる年収が気張りまくってようやく700万円とかだろ?

ベンチャーですら受動的に座って口開けて餌放り込まれるの待ってるとか、日本終わりすぎだろw

お前らは自分から動いて人材取りにいかないといけない立場なんだよw

2021-06-17

anond:20210617194626

優秀なプログラマが欲しかったらCS学位や有名企業での就業経験じゃなくて、有望なGitHubアカウント自分で調べ上げてヘッドハンティングすりゃいいじゃん。

俺いつも思うだけど、たまたま自分会社に応募してくれた人の中から優秀な人を採用するって実際むりげーだと思うよ。

優秀な人なんてたいていの場合割に合った待遇会社バリバリ頼りにされちゃってる人ばかりなんだから

優秀なエンジニアがわざわざ自分会社に応募してくるのって、たまたまソイツの在籍してる部署上司がクソ野郎で気分的に会社変えたくなったとか、低い待遇に満足できなくなったとかそういう偶発的なイベントが無いと、優秀な人なんて人材市場そもそも出てこない。

となると優秀なエンジニアを本当に採用たかったら採用する側の会社GitHubアカウントやら学会イベントでの発表、講演とかしているのを探しまくって、良い待遇出せるからうちで働いてみない?って頭を下げてようやく採用できるってことになる。

なんで会社側は、ただ椅子に座って待ってるだけで優秀なエンジニア補給されてくると思えるんだろ?そこがどうしても理解できないわ。

そんなに自分会社待遇に自信があるのか?優秀なエンジニアには30歳で最低でも年収800万円は出せます、みたいな。

2021-06-16

anond:20210616072932

しろ戦場だろが

…オマエの認識のほうが部屋でマニアック学会(笑)向けにシコシコニヤニヤ論文書いてる輩の常識やね

2021-06-11

53歳医師免許取った人の話

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.moneypost.jp/796214

国試は「運がいい」とか「何度も受けてればいずれは」てものではないので、この年齢で合格したのは本当にすごいと思う。

そのうえで。

 

診療科にもよるけど、後期研修中は「医師免許もってるだけの素人」(経験豊富ナースのほうが頼りになる)、診療科ひとすじ10年やって「初心者」(典型例なら独りで診られるけど、レアケースだと先輩が助言しないとダメ。オペでは必ず先輩と二人一組。)、20年やって学会専門医とって独り立ちできる「中堅」、30年やって職場で頼りにされるリーダー的な扱いだよ。

その10年20年だって、ただ漫然とやってればいいのではなく、場数こなして勉強して知識アップデートし続けての話。

場数こなすってのは、いわゆる「医師ハードワーク」と言われるような、朝から夜まで患者みて、カンファで症例発表して先輩から突っ込まれまくったり、空いてる時間海外論文読んだり学会発表する論文書いて、家帰ったら寝るだけ、みたいな状況を毎日続けるってこと。

そこまでしないと「実力のある医師」になれないから、全国の病院研修医集めるのに苦労してる中、聖路加や沖縄県中部病院みたいなハードすぎる病院に全国から研修医志願者が集まって選抜までしてるの。(両院出身先生は全国各地で指導者的な立場活躍してる)(両院研修がどれだけハードかは、体験記が多数あるので各自読んで)

 

53でそれができる体力があるか、無理だと思う。ふつうその歳だとこれまでの経験知識を生かして皆を指導する立場もの

仮にそれができたとして、20年たって独り立ちできる頃には70歳過ぎてて、体力も認知能力ももう衰えてて、ふつうなら引退してる歳。

たぶん、彼女日赤献血バイトとか、正規なら養老施設の常駐医とか、そういう・・・言い方は悪いけど、臨床現場引退したおじいちゃん医師がやるような道に進むんじゃないかな。

「町のお医者さん」として小さな内科診療所開業するって可能性もあるけど、勤務医として10年20年やって独り立ちできるだけの経験知識を得たあとで開業する人(私がかかりつけとして選んでるのはこの手の診療所ばかり)に比べると、後期研修後すぐに開業する医師はずいぶん頼りない。

「私はこの人に診てもらいたい」てブコメがあったけど、私は避けたいな。

 

あと「在学が長い」てブコメ散見されるけど、私大は国試合格率学生集めるための大事な実績になるので、

どれだけ熱心に授業受けて課題こなしてても、国試合格できる見込みがなければ卒業させてくれないので、そこでひっかかってた可能性が高いよ。

2021-06-08

anond:20210608123625

じゃあもう学会なんかなかったしすごい同時通訳者もきてなかったんやな、普通レベル同時通訳者だな

北大だろうが東大だろうが中国人女性偏見もちまくりクズポストにのうのうとついて無知に基づく差別発言連発。

そりゃ日本中国にまけますわね

2021-06-07

anond:20210607203747

それに加えてその通訳の人が自分の口で「この仕事バイト」って言ったってのは十分ありえるからね。

国際学会の通訳として派遣された人が、学会運営側の人に対して自分バイトと言う、って随分と責任感がないけど…

全部合わせると、同時通訳女性自分専業主婦バイト旦那金持ちだと言った、って事になるんだけど

仕事の場でそんな事言う人いる?

2021-06-06

人生ガチャである高卒年収850万の研究である私が保証する。

現在自分ステータスは次の通り。

年齢:43歳

職業半導体ケミカル研究職、専門はエポキシ・アクリル樹脂組成

勤務先:電子材料大手

実績:日本特許出願数15(内筆頭12)権利化6、海外PCT出願数10(内筆頭8)

年収:昨年源泉740万、今年見込み850万

学歴高卒普通高校

自分は非常に人生ガチャの運が良い。

この時代に生まれたのは良いのか悪いのか分からないが、少なくとも父親ガチャSSRである某国大の教授だった。しか学会長を歴任した等、経歴的に素晴らしいレベル教授で、専門分野ではとても有名人だったと後で知った。もちろん上級国民である

母親ガチャはNで、こっちがR以上だったらもう少し上に行けたかも知れない。色々と私の人生の脚を引っ張ってくれた。父の知り合いの米大教授斡旋してくれた留学許可しなかったし、家庭内不和を招いたのも常に母親だった。私は非常にこの母親を憎んでいる。あまりにムカついたので、父の退職離婚させた。今はナマポ生活しているようで、いい気味である

私は努力が大嫌いだ。ゆえに勉強も大嫌いだ。なので、大学はどこにも受からなかった。父は「お前は日本教育が合わないのだろうからアメリカにでも行け」と留学させようとした。結局それも叶わず高校卒業と同時にニートになった。時折バイト等してある程度収入はあったし恋人も出来たが、そこから13年あまりニートを決め込んでいた。

しかし私が英一郎されなかった理由人生ガチャだ。転換期が訪れたのは父の退職が切欠だった。それまでは父の家族カードで月に20万円程度遊びに使い、なかば英一郎状態だったが、退職してしまってはもうそんな生活は出来そうにない。そこで私は親コネでの就職を考えた。父は産業界には疎いタイプだったので、「俺が現役時代だったらもっと良い企業を紹介出来たのに惜しい」などと言いつつ、何社か紹介してくれた。それらをすべて受けてみて、唯一内定したのが今勤めている企業である。この企業の主力商材について、父はまったく何も知らなかった。ゆえに私も一切知らなかった。電子材料というのがどれほど強いのかを嫌というほど知るのは入社後の事である会社ガチャ文句なくURだ。

コネなので、高卒バカがいきなり正社員技術採用になった。商品開発部の課の一つに配属された。当時からアホのように儲かりまくっている会社だったため、周囲は温厚な人物ばかりで、遅刻しようが無断欠勤だろうが大して怒られもせず、ボーナスちょっと減るくらいのペナルティで済んでいた。が、客先でケンカになった事だけは重く受け止められ、アイツを社外に出すのはマズイ、というような話になって研究部門へ転属になった。

この研究部門はチームで何かをやるという発想がそもそも存在せず、すべて個人で考え計画し実行し結果を残すという、実績評価の1人屋台状態だったことが幸いした。配属ガチャSRくらいだろう。私は、周囲の技術部等の人が、時間がなくて出来ない研究を片っ端からやっていった。その結果、エポキシ樹脂組成物、アクリレート樹脂組成物においての知識力は社内で指折りという研究者になった。まさに門前小僧習わぬ経を読むだろうか。

電子材料業界において樹脂組成物の研究者というのは希少価値の高いキャリアであるため、ヘッドハンティングオファーはそれなりに来るし、外資に移れば4桁万円プレイヤーになるのも容易である。今の立場の方が色々と楽なので、特に考えてはいないが、まかり間違ってこの会社左前になったとしても、転職はいくらでもあるだろう。

コロナ騒ぎで、電子材料業界は空前の好景気となった。私がそれを知ったのは昨年5月の狂気じみた受注量によってであるインサイダーにならないように少し外れた関連銘柄を買い漁って、平均4倍程度になった。売却益で新車1台買えた。

私は別に努力して今の立場になったわけではない。単に親ガチャ就職ガチャ会社ガチャSR以上引きまくっただけだ。故に、人生とはガチャである確信している。人生を決める最大の要素は運だ。

ちなみに嫁ガチャはNだった。家も買ったがRくらいだった。クルマもNだろう。子供は居ない。生活ガチャはあまり良くないようだ。

anond:20181008215814

この問題に関しては中国学会の今後の動向がとても注目されるのではないでしょうか。 

私は、7年ほど前、中国で開催された経営学関係国際学会に出席しました。 

開会の冒頭に開催校の副学長スピーチをしたのですが、彼は絶対中国しかしませんでした。

その横には中国語を英語翻訳する通訳学生がついていました。

この副学長スピーチは「中国は、西洋近代由来の経営学を超克すべきときに至った。西洋はるか凌駕した中国独自経営学を今や確立するときである!」という傲慢とも言える、激しい内容で、ほとんどアジ演説でした。

彼の演説アジテーションを聞いたとき、私は日本戦時中(1942年)に開催された13名の評論家によるシンポジウム近代の超克」のことを思い出していました。

何か戦前・戦中の日本雰囲気が似ているような気がしたのです。

「もし、中国敗戦前の日本と同じような方向に行くとすれば、今後、この国は敵国言語である英語起源言葉禁止するようになるのだろうか?」といった思いが去来しました。

日本場合、それは「ボール」とか「ピッチャー」というカタカナ言葉であったわけです。 

また、この人物の主張に対し、香港出身イギリス大学教授が激しく対立していたのが印象的でした。

結論としては、世界パワーバランス論文学会使用される言語にまである程度影響を与えることは否定できないように思います

従って、文系においても研究者研究成果の発表に使用している言語が何であるかが研究者評価に影響するのが実態でしょう。

2021-05-31

anond:20210531023513

わたしそういう大学院生だけど綺麗な資料とはきはきした喋りで内容スカスカの発表したら学会で賞もらったよ

実験データ2回しか取ってないのに笑っちゃうよね

それで奨学金の返済減免取れるんだから資料の見た目が汚い人は損してるって自覚した方が良い

2021-05-30

「この勝利を君に捧げる」

この感覚というか、必要性がわからない。

それは単純に言えば、物じゃないからあげられないじゃんということ。(そもそも勝利所有権は誰にあるんだ?)

「君のことを想って頑張れた。だから勝利できたんだ」的な言い回しの方が適切な気がする。

あと、論文の献辞(この論文を○○に捧げる)もわからない。

こっちはまだ物質的なので、所有する感覚は持てるのだが、○○=学会関係者ならまだしも、家族論文を捧げたところでまさに「猫に小判」だろう。

2021-05-27

anond:20210527093331

研究医ってコースもあるし

臨床医だって学会出たり論文書いたりは普通にする

人の命がかかっている、やりがいだってある分野だ

それで知的好奇心だのも十分満たせる

2021-05-24

anond:20210523075159

違う増田だが30歳までにはというのはわかるんだよなー。

海外ではこういう調査がある。

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/03009734.2019.1707913

日本の該当する学会でも30歳を超えると生殖確率が下がるという話をしている。

http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa22.html

...お前は何の資料に基づいて30歳までという話を罵倒したんだ?

2021-05-23

しか創価学会に入信すれば弱者男性でも学会女性とお近づきになれそう

2021-05-21

22卒 理系院生就活の実際

1年弱の就職活動が終わったので感想などを書いていきます

増田

2022年卒業見込み

私立理系修士SMARTのどこか)

化学専攻

体育会系

・女

2020年 6月

緊急事態宣言が終わり大学にやっと行ける様になりました。研究室の同期がマイページを作っていたので、同じ会社エントリーしたりしました。

ぼんやりメーカーを志望していたので化学財閥系の鉄鋼・非鉄、電工を中心に20社程度エントリーしました。

7月

インターンシップエントリーシートとWEBテストをひたすらこなしていました。友人を手伝ったりで1、日2〜3回WEBテストを受けていた気がします。解きすぎて答えは暗記しました。問題集を解くよりも回数をこなした方が有効だと感じました。

エントリーシートを提出すると締切日前に合格通知が来ることもありました。また、マイページを作っただけでインターン選考免除されたりもしました。

また、インターン選考男子は全員お祈り女子は全員通過となったこともありました。

女子院生就活が楽、というのを実感しました。(サンプル数が多くないので少し疑問は残りますが、、)

8月

提出したESの合否達が帰ってきました。

通過率は大企業TOYTAとか日○製鉄とか)で60%程度、その子会社(デ○ソーとか日○マテリアル)では90%程度でした。

修士ならほぼ落ちないと思っていましたが考えが甘かったです。

インターンは1つを除きすべてオンラインでした。メモをとるふりをしてスマホをいじってる学生結構いました。スマホをいじりつつワークをこなしました。

女子限定イベントがあったりと、女子優遇を感じる場面が何度もありました。

9〜11月

2.3日程度の短期インターンに参加したり、ESを書いたり。中弛みしてしまってあまり活動してなかったです。研究を進めていました。

8〜11月で計15社のインターンに参加しました。

12月

インターンでついたリクルーター面談をしていました。面談合格すれば早期選考に呼ばれます

選考エントリー前ですが面談(実際は一次面接二次面接)を受けたりしていました。

インターン後に接触を図ってきた企業10社ほど。面倒になって大半を辞退したので面談をしたのは3社です。

2020年1月

面談技術面接、人事面接)を受けていました。技術面接学会経験があったので特に苦労しませんでしたが、人事面接自己分析したことがなかったので咄嗟に答えるしかなかったです。ほとんど嘘をついていたと思います

なんとか3社とも通過しました。

結婚の予定や彼氏の有無などを聞かれたりと、結構アウトなのでは?と思う質問もされました。

2月

2社の面談(最終面接)を受けました。

上旬第一志望だった会社合格(実質の内々定)を貰えたので、もう一社は辞退しました。

就活解禁前に就活を終わるとは思わなかったです。



最終的な感想ですが、

就活マジでちょろかった〜!!!

22卒でまだ内定ない人は今まで何をしてきたんだろうか。

2021-05-19

管理栄養士資格を取ったもの

結局何食べたらいいかわかんない

管理栄養士って言っても学部国家試験1週間前に死ぬ気で過去問詰め込んだ付け焼き刃知識資格を取っただけの人間です

今は普通に会社勤めです

デブなので定期的にダイエットするか………とダイエット 食事 でググるんだけどみんな好き勝手言い過ぎててあれーこんなん習ってないよーーっていつも思う

体にいい成分!代謝をあげる食材!とかすぐ言うけどそんなに体にいいんだったらとっくに薬になっとるわ

抗酸化物質がどうとか体の錆び取りがどうとかね

そりゃ体にいいことはいいだろうけど食べ物レベルで見たら体にいいぐらいじゃない?

結局3食バランスよく食べて必要栄養素をバランスよく取って取りすぎたらいけないものは控えて適度な運動するしかないんだよね多分ね

4年間かけて学んだことこれか………って学費を出してくれた親ががっかりしてると思う

あと多分私に管理栄養士は向いてなかったごめんね

言い訳:こんなこと書いてますが、病院とかで活躍なさってる管理栄養士はほんとにこんなんじゃなくて、生理学病理栄養代謝の仕組みなどなどみっちり勉強して研究もして就活時は個別学科試験パスして働きながら最新学説を学び学会参加したり論文書いたりしてるはずなので、みんながこんなレベルだと思わないでくださいっていうことだけ言わせてください…………

anond:20210518063647

不覚にもうちの親はハマったのがS学会だけでまだマシだったなどと思ってしまった

2021-05-18

anond:20210516225443

まさに「リテラシー」の話ですが「科学リテラシー」ってそもそも何でしょう。

増田の指摘はとても重要問題提起ですが、「科学リテラシー」と「権威主義」という言葉

指す内容がそもそも一体何なのかという所を整理する必要があります

権威主義的(?)自己紹介ですいませんが、私はこの辺を専門にしている人間です)

◆「科学リテラシー」は「真実判別する力」ではない

「著名でない人が提案した手法から」「偉い人が否定してるから」でしか判別できないよな?

大前提として、科学リテラシーがあるかどうかは、”真実判別できたか”で決まるものではありません。

「何が真実かを正しく判別できる人」が「科学リテラシーのある人」というわけではないのです。

科学リテラシーにも色々定義がありますが、とりあえずWikipediaを見ますと (科学リテラシー - Wikipedia)、

個人としての意思決定市民的・文化的問題への参与経済生産性向上に必要な、科学概念手法に対する知識理解

というややこしい説明が出てきます。(一応アメリカ国立教育統計センター定義です)

先に言い訳しますが、ネットリテラシーなど「リテラシー」と名の付く言葉って、

ことごとく定義が大変難しく、「大体こんなもの」的な定義しかできないことをご了承ください。

とりあえず、”真実判別できる力”のような単純なものではないという点だけおさえていただければまずはOKです。

科学リテラシーとは、若干雑に咀嚼すると「科学とは」というもの理解した上で、

個人的、社会的場面で思考判断・行動などを可能にする能力のまとまりです。

ですから、「エライ先生達が言ってるから正しい!」は、まったく「科学リテラシー」ではありません。

  ※ちなみに、これに「異論は認めない」がつくと「権威主義」になるのだと思います

   あと、そもそも本来の「権威主義」はかなり限定的意味言葉です。

一般的に、エライ先生達が言ってることはなぜ正しいとみなされるのか」という背景を理解していること、

科学世界におけるエライ人がなぜエライのかを理解し納得した上で、”正しい”かどうかを

自分なりに判断しようとする姿勢こそが、「科学リテラシー」のある姿です。

ブコメのように「専門の異なる複数専門家クロスチェックしてとりあえずは間違いなさそうだと思われる」という姿勢はまさにそうですよね。

ですから、そういう専門性に対する信頼を持つ一方で、それを100%妄信するのも誤りです。

エライ先生も万能ではないから、間違うこともある、このエライ先生発言も、当面信じる程度に留めよう。

そもそもこのエライ先生はどういう根拠でこう言ったのだろうか」ですとか、

エライ先生の中には、時には利益に踊らされて根拠のないことを言う人だっている、

研究業績が少なくとも”エライ”ともてはやされる人も時にはいる、ではこの「エライ先生」はどうだろうか?」

など、「エライ先生」の、そして科学科学業界限界ちゃんと踏まえた上で、

冷静に情報を受け取れること、こういう力も科学リテラシーの一部です。

また、例えば「エライ先生」の発言裏付けるような情報を探したり、あるいは発言を覆すような

情報が出た時にもちゃん咀嚼できる力、それも科学リテラシーの一部です。

ですから増田

権威主義を使わずに信用に値する専門家を見つけるの辛くない?

博士取ってれば誰でもいいってわけではないんでしょ?

健康食品宣伝だって複数大学先生コメント出てきたりするよ

などは、まさしく科学リテラシーを持った姿勢の一つだと思いますよ。どの世界もそうですが、

リテラシーを持てば持つほど、簡単には断定できない問題も多いことに気づくものです。

そしてその上で、皆で「何が正しいか、それに基づいて我々はどうすべきか」を

建設的に話し合うことができる力も科学リテラシーには含まれます

◆「専門家を信じる」は「権威への盲従」ではない

もう一点だけ、別の増田 (https://anond.hatelabo.jp/20210517174206)が、

彼らが専門の訓練を受けて、種々の精査を学会で受けてると信じてるから

でもこれってそういった権威基本的に盲従してるだけなので、自分権威主義者だと思ってる。

とおっしゃっています。とても謙虚姿勢だと思いますが、

これは「盲従」とみなさなくてもよいと思います。これは「理解に基づく信頼」です (他にも言及している人がいますが)。

ある事象に対する専門家コメントと、ド素人コメントがあった時、

専門家から絶対に正しい!」と言い張ったら、確かにそれは「盲従」です。

「最終的に素人の方が意見が正しかった」という可能だって全然ありますからね。

ですが、専門家素人意見を全く同列に扱うのも、また非効率です。

素人個人的な経験や思い付きから言った発言と(若干失礼な言い方ですいません)、

専門家が、様々な科学的知見・理解をもと発した発言とでは、”現時点では専門家の方が信頼度が高いだろう”と

暫定的判断することは、効率的かつ極めて妥当判断です。それを「盲従」とは呼ばないと思います

(そしてそれはあくまでも「現時点で信頼度が高い」というものであり「絶対正しい」ではありません)

で、話がややこしくなるのはこの「現時点で信頼度が高い」という言説が、外野には思いの外受け入れられにくいということ、

そして、「理解に基づく信頼」と「権威への盲従」の間には、判別しにくいグレーゾーンも確かにあるという2点だと思います

この辺のややこしさを踏まえずに、安易に「科学リテラシーが低い!」と他者批判してしまう人が多いので、

科学リテラシー尊重権威主義」という誤解や嫌悪感が生まれるのではないでしょうか。

こうした誤解や嫌悪感を生まないためには「科学リテラシー」という言葉肯定的に使おうとする人たちにも、

適切な言葉遣いが求められるところだと思います

 ◆

科学リテラシーという言葉には、専門家を適度に信頼しつつ (疑うことも忘れずに)、一人一人の市民良識をもって話し合い、

一つ一つ合意を得ながら社会を構築していける、そんな姿を思い描いている部分があるんですよね。

もちろんこれは理想論です。ですが、そういう理想まですから視野に入れた科学リテラシーという言葉が、

科学リテラシーがある・ない”で、分断をあおるような使い方をされるのはとても皮肉なことです。

長くなりましたが、「科学リテラシー」とは、「専門家意見に盲従して判断すること」ではありません。

権威主義的態度はむしろ科学リテラシーの対極のはずなんです、本来は。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん