「公園」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公園とは

2019-01-17

価値観幸福度

幼少期の教育を受けることによって自らのうちに多様な価値観を培うことができることは、のちの人生幸福度に大きな影響を与えると思う。

幸福度を感じるには自らが価値を見出せるものいかに多く手に入れられるかによる。

もし価値を見出せるものが少ないと他者との競争が激しくなり、勝ち続けることができれば良いのだが、現実上には上がいるし、そもそも競争自体ストレスとなる。

例えば、明確であり、かつ競争することで手に入りやす価値といえば、金・地位、だろう。

これらは、常に他者と勝ち負けを争わなければならないし、上には上がいるので足ることがない。

これらの価値観にの幸福度を感じることができないとしたら、そこには常に争いが産まれ、一部の勝者と多数の敗者(不幸と感じる人々)を産む。

それは果たして幸福社会だろうか。

しかし、多様な価値観を持つことができれば、勝ちか負けしかない争いから脱することができるのではないだろうか。

例えば

骨董市で見つけた時計を修理し使うこと

異国のレシピ本の料理を作ってみること

公園散歩出会った犬をなでること

小説に登場する場所を巡ること

一日何回人に笑顔を向けられるか数えること

どこのコーヒーショップカプチーノの泡が一番細かいのか調査すること

そんなことに幸せを感じることができたとしたら、その瞬間人は誰かと比較し勝ったり負けたりする争いから解き放たれるのではないだろうか。

冒頭に教育を受けることが多様な価値観を持つにあたって重要であると書いたのは

教育を受けることがないとどうしてもわかりやす勝敗(金と地位)に巻き込まれからだ。つまり搾取される標的にされてしまうということだ。

自らの身をそのような争いから守るため、そして自らの人生幸福を探求するためにも、幼少期から教育重要であると思う、

2019-01-16

anond:20190116213713

これ見るたびにおかしいと思うんやが

家がない奴には住居や就職支援をするべきだし

逆に公共物に済みつく権利はねーだろ(与えてもしょうがない)


俺がホームレスになったら住居や就職支援をして欲しい

「道に住む権利」よりそっちがいい

ホームレスの快適さや人生展望考えたら絶対そっちなのは誰にでもわかるだろ


なのにうすらサヨク達は執拗に「公園や道に住む権利」だけを要求するのね

あいつらホームレスの為を思ってるんじゃなくて

なんだかんだと理屈を付けて「道に汚い奴が寝そべってる」状況を作り出したいだけなんだよな

それで迷惑がる人が居たら「差別だぞ!」って吹きあがったり

立ち退かせにくる行政に「権力の横暴!」って闘争ごっこしたりが目当て

徹頭徹尾自分達の薄汚い快楽の為であってホームレスなどどうでもいい


まあ昨今そういう「みんながうすうすと気付いてたこと」が

はっきり言語化されて突きつけられるようになったか

サヨクというものは白日の元に軽蔑されきって

彼らにふさわしいゴミ蟲同然の扱いと支持率を与えられるにいたったわけだが

2019-01-15

属性の人と三連休で眩しいデートをした

はてなポイントメッセージをもらったことがきっかけでメールをやり取りするようになり、先日闇属性の人とデートしました。

 

車で2時間ほどの駅まで迎えに来てもらい、雪の残る山道ドライブ

夕暮れに彼の地元の宿について宿のカフェご飯

宿の近くの湖畔をドライブしながら街に出ました。

 

お酒を飲まずにこの時間に話せる場所がどこにもなくて、仕方なくカラオケ

あんなにメールをやり取りしたのに、私たちは初めて会った人同士で、改めて正面に座るのがなんだか気まずい。

私は次々に曲を入れて、すごく恥ずかしかったけど、ひとりで歌って時間が経ちました。

「人前で歌うのは苦手」とはじめは聞くだけだった彼だけど、釣られてきたのかトイレへいって戻ってきたらこっそり1人で歌っているのを発見

彼もすごく恥ずかしそうだった。

そこから彼も歌い始めて、最後は一緒に歌ったりもしました。

やっとちょっと打ち解けた感じがして、うれしかったな。

 

翌朝も宿のカフェで待ち合わせ。

昨夜走った湖畔を眺める高台へ連れていってくれて、湖から海に続く水面と晴れ渡る空をみました。

快晴

 

そのあと彼は桜の木立に囲まれた近くのカフェに案内してくれたのですが、時間が早くてまだ開いていませんでした。

ちょっと残念そうな彼。

最近出来たばかりのカフェチェーンにまだいったことがない」と彼がいうので一緒にいってモーニングを食べました。

 

それから「山がきれいに見えるところがある」としばらくドライブして海へ。

海辺公園で遊ぶ子供たちを眺めながらとりとめのない話をして、浜辺に出て冬の波打ち際をみて、地元の史蹟の草原を並んで歩きました。

 

車に戻ってまたしばらくドライブ

「この道を戻るとき山がきれいに見える」といわれ、高架をくぐり抜け元来た道を戻ると雪を頂いた雄大な山の峰が正面にあらわれました。

「天気がよくてよかった」とちょっと得意げに誇らしさでにこにこしているうれしそうな彼。

 

時刻は三時過ぎ。お昼を食べずにドライブしたので、少しお腹が空いてきました。

珈琲の美味しいお店がある」と地元に昔からあるレストランへ。

彼はキャラメルモカを、私はハンバーグセットをいただきました。

地元の人はみんなここへ来る。知り合いがいるかも」と彼はちょっとそわそわ落ち着かない様子。

 

実はカフェチェーンに入ったときも、カラオケへいったときも、彼はずっとどこかで知り合いに会うんじゃないかと何度も口にしていて。

そんなに気になるところへ、なぜ私を連れて来ちゃうのかな。

 

そろそろ日暮れになり、少し寒くなって来たのでお土産屋さんで浴用タオルを買って路地に並ぶ足湯へ。

 

冷たい風に吹かれながら並んで足湯へ入っていると、向かいに座ったおばあさんがちらちらこちらを見てくる。

「今頃のこの辺の名物といえば、やっぱり蟹ですか?」と話し掛けてみた。

「そうだね、やっぱり蟹だ」とおばあさんは応じてくれて「ここは美味しいものがたくさんある。私は長崎から嫁に来たけど、あなたこちらへ来たらいいよ」と思わせぶりなことをいわれる。

 

彼の方を見れなくて、すぐに話を観光に戻して、どうでもいいのに地元温泉について根ほり葉ほり聞いてしまいました。

 

すっかり温まって、ちょっと無謀なことをしたい気持ちになって、一緒に温泉へいこうと彼にいってみた。

彼はびっくりしていたけど、すぐに近くの温泉へ連れていってくれて。

 

私は温泉めぐり趣味で、温泉慣れしている方。

彼は「人と待ち合わせして温泉に入るのは初めて」といっていて、彼のいろいろな初めてを一緒に経験できることがうれしかった。

 

二人でぽかぽかになったところで以前はてなでも話題になっていたお寿司屋さんへ。

回転寿司なんだけど、ブログ話題になっていたお店。

彼の街はお魚が新鮮なことで有名。

握りも茶碗蒸しも、カウンターのお寿司屋さんに引けを取らない美味しさでびっくり。

店内は大混雑。彼は知り合いに会うんじゃないかとまた少しそわそわしながらも次々お皿を積み上げていきました。

 

それから朝の高台へ戻って、湖畔を囲む夜景と満点の星空を見ました。

誰もいない高台は静かで、雲の流れる音や星の瞬きさえ聞こえてきそうだった。

 

彼は星座名前を調べるアプリでずいぶん長い間iPhoneの画面を眺めていて。

二人きりの車内で小さな画面を一緒に見ながら画面の中の星空と、真っ暗な夜空の本物の星空を長い間交互に確認し続けていました。

 

星空がそんなに気になるのか、気まずくてアプリに夢中なふりかのかからなくて、でも聞けなくて

 

外は暗く穏やかな月明かりで何もかもやさしいのに、心の中には鼻先に暗幕を下ろされるような闇があった。

 

宿の駐車場に着いてから、また車の中で色々な話をしました。

「『○○駅で僕と握手!』ってメールに書いていたのに握手してないよ」といったら握手してくれた。

「実は駅で両腕広げて待っていようかと思った」と笑いながらいう彼。

ウケるかと思って」

 

 

 

三日目。

 

昨日の高台で昨日と少し違う水面を眺めながら、お互いの仕事の話や趣味の話やはてなの話をしました。

 

彼も私もxevraさんが好きで、xevraさんに会いたいねと何度も話した。

生きることが辛くて考えがまとまらなかったとき、「とにかく野菜運動瞑想睡眠!」と思って乗り切ったこと。

いまもそれで結構助けられていること。

そこが私達の数少ない共通点

 

お互いに書いた増田の話、好きなブックマーカーの話、ブクマや星が集まったときのこと、なくなってしまはてなハイクのこと。

 

これもこの三日間で何度も繰り返された話題

 

idしか知らなかった人が目の前にいて、知らない山の高台で私を名前で呼んでいる。

今頃はてなでは何の話題が盛り上がっているのかな。

こんなにスマホを見ないで過ごしたのはいつ以来だろう。

 

そのあと昨日いけなかったカフェへ。インスタ映えしそうなリア充ビジュアルケーキセットを二人で頼む。

彼は数量限定パンケーキセットが売り切れでちょっとシュンとしてる。

 

ケーキを食べたら駅に出て、そろそろ予約した新幹線で帰らなければならない。

自由席から慌てなくてもいいんだけど、彼も疲れていると思うし、ちゃんと元気にさよならしたい。

 

なんてこっそり考えていたら、「昨日いけなかった見晴らしのいい公園がある。いってもいいですか」といわれた。

いいけど、いいのかな。

いいの?

 

そこからまた街を抜け、野山と木立をいくつも過ぎて、山の中腹にある運動公園へ向かいました。

助手席から眺める冬の道はまぶしいくらいで、遠くに見える焚き火の煙と掛けていく子供と枯れ草を集めて燃やす老人が絵のようだった。

 

運動公園で私達は子供たちに混じって長い長いすべり台を滑り、広々とした草原凧揚げしました。

凧揚げをしている子供をみて「凧揚げしたいな」とぼんやりひとりごとをいったら、彼が売店ゲイラカイトを買ってくれて、びっくりした。

 

凧揚げなんて子供とき以来で、どうやって飛ばすのか思い出せなかったけど、彼は「親戚の子供のために去年あげてやった」と、すぐに軽々凧を飛ばしてくれた。

 

三日間何もかも楽しかったけど、芝生の上を走りながら凧揚げしたことがとくに印象に残っています

青空に真っ白な凧糸がくっきりと伸びて、舞い上がる凧は生き物のようだった。

楽しい気持ちしかなかった。

あとのことがどうだとしても。

 

彼はどうしても私に白バラ牛乳を飲んでほしいみたいで、何件かお店を回って最後直売所へいきました。

もう新幹線が出る時間はとっくに過ぎていたけど、牛乳は美味しかったし、珈琲牛乳を飲みながら得意そうな彼はかわいかったです。

 

彼の帰り時間心配で、最寄り駅で大丈夫といいましたが、帰りも彼は2時間かけて新幹線がでる街まで送ってくれました。

 

「私達、仲良くなれるかな?」

「少なくとも僕は三日前より友達になれたと思います

赤紫の夕映えを背に稜線が黒々と横たわる山道で愛車を走らせながら彼はいった。

 

駅について駐車場の前にあったカフェ茄子と豚の生姜焼き定食を食べました。

「これで野菜がとれた」

「あとは瞑想睡眠

と二人で笑った。運動凧揚げで解消されたんじゃないかと思う。

 

並んで改札口へ向かいながら、どんな風にさよならをいえばいいのか、まもなく訪れる瞬間を思って胸が痛んだ。

でも表示板に出ていた発車時刻が迫る新幹線に助けられて、私は軽々と改札を抜けて彼に手を振った。

彼も改札の向こうで、三日前まで知らなかったやさしい笑顔で手を振ってくれた。

 

席に着いてからこだま」に乗ってしまたことに気がついた。気持ちが乱れていたことを思い知らされた気がして切なかった

 

実は私ははてなちょっとブログを書いたことがある。

ブログに書いていいですよ。僕は言及されたがりなんです」と彼はいうけど、こんなあまりにも個人的過ぎる話題はいものエントリーから浮いてしまうと思う。

それに彼と違って私ははてなで目立つ方でもない。

 

というわけで、彼が大好きな増田に書きました。

 

ちなみに恋人としては見れないとシリアスに何度も念を押されたので、彼は引き続きみんなのアイドルだし恋人募集中です。

 

残念だけど、私のおっぱいが大きくないからいけないんだと思う。

 

 

 

 

思わせぶりに切ない感じで書いておいたので、遊び人として名を馳せて欲しい。

 

嘘。ほんと真面目でいい人なのでみんなカジュアルに誘ってみてください。

今回はすっぴん黒髪でしたが、大規模オフだったら金髪女装も考えるとのことです。

vlxst1224さん、お疲れのところありがとうございました。

pixivアカウントエロゲ販売成功するように祈っています

知名度の低さが悩みらしいから誰か掘り当てて暴露してくれよ。どうしても吐かなくってさ。

2019-01-14

美術館の楽しみ方がわからない

周りの人が美術館や小さな展示会に足を運んでいるのを聞いて、

へー自分も試しに行ってみようかと1人で訪れた。

札幌芸術の森美術館

札幌からバス20分ぐらいかな。

この時の屋内展示はなんだったかな…全く記憶に無い。

芸術の森には野外美術館があって、森のなかに彫刻作品がたくさん点在している。

秋に行ったんだけど紅葉が見事でとても綺麗だった。シマリス小鳥も居る。

私はアホなのでヒールを履いてきてしまい滅茶苦茶歩きづらかった。みんなはスニーカーとか歩きやすい靴を履いてこようね。

芸術はなるほどわからないが、自然の中に鏡で出来た大きな物体があるのはちょっと面白い気もした。

大きい卵型のドームのような展示(中に入れる)が狭い空間好きなので落ち着けてよかった。

東京都現代美術館

閉館40分前にピクサー展を観に来た。

ピクサー大好きマンなのでこれは観に来てよかった。帰りにアートワーク集を買った。

美術館の周りの町並み、割と古いママ建物やお店が残っていてそっちも見応えがあった。

時間のある時にゆっくり散策したい。

21_21 DESIGN SIGHT

公園の一番奥にある平べったい建物

平日の昼間に行ったのでまあまあ空いてた。展示内容はなんだろ…雑貨展だったかな。

物販が洒落オッティーだった。

デザイン「あ」展行ってみたかったけど、死ぬほど並んでいたのでやめた。

目黒区美術館

東北津波被害復興に関する展示だったと思う。

展示を観るよりも人目が気になってしまって、「今、私は神妙な面持ちで展示を見れているだろうか?」とか考えてしまって駄目だった。

メインの展示よりも東北風土に関する小さいコーナーが気楽に見れて好きだった。

少し遠出して遊びに行くこともあるかと思うけど、食後とかで眠くなったらみんなはどうしてるんだろう

マクドとか満喫で昼寝したりするんかな

天気がいいと公園で少し昼寝もいいだろうけどみんなはどうしてるんだろう

まり眠くならないように注意して行動してるんかな

早良区盗撮事案発生

https://www.gaccom.jp/safety/detail-311948

1月13日午後5時00分ころ、福岡市早良区室見公園で、小学生男子児童個室トイレ内に入っていたところ、入り口ドアの下の隙間からスマートフォン差しまれるという事案が発生しました。友人が走って逃走する犯人らしき男を目撃しており、男は、年齢20歳代くらい、身長170センチメートルくらい、中肉、黒色ジャンパー、色不明ズボンを着用していました。

 男子小学生の排便風景なんぞ撮影してどうするんだか………

死のうと思って被り物とおしめを買った

特に借金があるとか人間関係とかでトラブったわけじゃない。何だか耐えられなくて死のうと思った。

もちろん生きてるし、案外だらだらとこの先も生きるかもしれない。

前まではスーパーで働いてた。

普通にやってたつもりではいたんだが、どうにも耐えられなくて、上司に連絡いれて、そのままバックレた。

手先が不器用だったし、接客も辛かった。仕事の流れがどうにも理解できなかった。メモはせっせと取ってたが、相手自分への言い訳で、効果はでていなかった。

仕事を少し覚えると、自分はまだ何ができないか分かって、余計辛かった。知れば知るほど自分間抜けさが際立った。

目立つミスがあったわけじゃなくて、ただキツくて耐えられなくなった。恒常的なミスに耐えられなかったとでもいうか。

病院に行こうと調べたが、色々あって面倒だった。予定がどう症状がこうが理解できなくて諦めた。

理解して調整して通って何なのか、とも思った。

文章が読んだり書けたりはできる(つもりでいる)から、たぶん心因性なのだと思う。

興味というかやる気というか、もっと手前の何かがない。

空腹も案外慣れた、ほんの数日だから、より長期間なら、また意見も変わったかもしれない。

水は普通に飲んでた。気力がなかっただけで、餓えて死のうとまで思ってなかった。

ふと、死んだら終わるなと気づいた。

賃貸から公園にいこう、死に顔みた誰かさんがかわいそうだしなにか被ろう、漏らしたら後片付け大変だろうしおしめもつけよう。

そこまでパーっと頭に浮かんで、大変な名案に思えた。

介護用のおしめやパーティー用の被り物(なんかキリンのやつ)意識なくなってから落っことさないよう、固定用のガムテも買った。

事件性があると誤解されたら、見しらぬ誰かが捕まるかも知れない。遺書を少し書いた。家族にはさよならと、家族への連絡先を載せた。

深夜に公園に着いて、鉄棒は低かったしブランコでしようと決めた。でも俺はバカだった。

ロープを忘れた。

用意すらしてなかった。思い付かなかった。

帰る気になれなかった。

ごく単純に、ベルトで代用を思い付いた。

ブランコの上によじ登り、転げ落ちないようしがみつきながら作業をした。

持ってきてたガムテで、ベルトをブランコの柱に固定して、被り物を被った。上着と被り物を張り付けて、暴れても外れないことを願った。

飛び降りたら外れるかもと、ゆっくりぶら下がった。すげぇ苦しい。

頭にプクーっと血がたまってくのと、息ができない。多少こらえたがやはり暴れた。

走馬灯は見なかった。

早朝に目が覚めた。被り物は脱がされたのか無意識に脱いで投げたのか、どこにもなかった。

尻と肩を擦りむいたが特にどうもない。

馬鹿馬鹿しくてそのまま帰った。まだガムテは引っ付いているかもしれない。

全部無駄だった。

ここで物語なら、美しい出会いでもって人生が変わるところだが、俺には何もなかった。

低学歴コミュ障もハンデだが、新しく何か身に付けたいとか思えない。何か欠陥なのかもしれないが、それをどうにかするスタートも切れない。資格若さもない。

打開する気力がない。

死ぬのもどうにもならんらしい。

なんでこんな追い込まれるのかわからないし、追い込まれてるのに生きてるのも良くわからない。

特に落ちもないのに糞みたいな自分語りを読ませてすまない。

ただそういう奴がいたってことを知って欲しかった。

みんなは元気でやってくれ。

2019-01-13

不審者情報(1月13日・網干

https://www.gaccom.jp/safety/detail-311879

1月13日(日)午後0時10分頃、姫路市広畑区夢前町2丁目所在公園トイレ内で、不審者が目撃されました。

不審者は、男子トイレ内で小便中の男子生徒2名の後方にある個室ドア下の隙間からスマートフォン差し出したもので、気配を感じた男子生徒がトイレの外に逃げ出したところ、いずれかに立ち去ったものです。

不審者は、30歳代位、身長170センチ位、黒色ズボン茶色ニット帽、黒色リュックの男です。

【防犯ポイント

●大声で助けを求める

●すぐ逃げる、すぐに知らせる

 そんな画像撮って何がしたいんだろう………

2019-01-12

トイレの分類ってはっきり言って意味ないよな

公園トイレを見ろ、男女の区別なんか無いぞ

日本治安で分ける理由がないし治安が悪かったら分けても意味ない

2019-01-11

凶器武器情報など(桑名市内堀)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-311463

【日時】

01月10日(木) 午後3時45分頃

場所

桑名市内堀地内公園桑名署)

不審者車両の特徴】

◆男1名(50歳位、身長160㎝位、上下黒色の服、サングラス

【内容】

女子児童らが公園にいたところ、手にL字型(拳銃のような形状)の物を持った男が入ってきたもの

危険を感じたらすぐ逃げましょう。

 L字型、とは漠然としてるなあ。

2019-01-10

anond:20190110014704

いや歩いて行けるじゃん寺だらけの世田谷区東京都で1番人口が多いのでは)

神社だらけの三鷹市(主要道路以外はどこ歩いても大体畑か公園あと火除地だはし寺社

練馬石神井って車生活した方が良くね?)

青梅(もう語ることは無いほど田舎

東村山限界集落から行かない)

anond:20190110013822

自然がある場所を列挙すればするほど、逆説的に「わざわざそこ(○○公園とか〇〇渓谷とか)に行かなきゃ自然がない」という印象が立ち上がってる気がする。

anond:20190110012844

都心公園といって何を想像してるんだかが気になる。まさか児童公園みたいなのじゃないよな?

anond:20190110010917

多分そういう話じゃなくて、わざわざ名前指定しないと「自然」が出てこないじゃん、ってことでは?

常磐線TX利根川を越えると一面「田舎!!!」って感じで、どこの部分が何々公園自然とかじゃなくもう全部!!って感じなのでやっぱり雰囲気は違うよ。

anond:20190110005951

え、自然だぞ?しか皇居なんか江戸時代から状態保つために厳重に在来種保護されてるから都心なのに真夏に周辺3度くらい涼しいでやんの

古木もあるし玉川上水とか森としか言えねえ……ほんとトトロ再現できるわなにあの戦後直後の街灯

マムシ普通23区内に出る。びっくりしたわ!あとたぬきめっちゃおるし新宿公園とか梟いる。かわいい

anond:20190110004925

都心部公園史跡外苑皇居

それ植物ではあるけど自然ではなくね?

それとも緑色自然ということになってるのか

一面の畑、水車小屋に蛍、小川

もしかして田畑が人工物じゃないと思ってるのか

anond:20190110004038

都心部公園史跡外苑皇居なんかのの面積合わせると他地方より緑が多いそうだ。

まあそこまでしなくても高尾まで行かんでも多摩地区奥多摩ではない)なんかいけば都心から30分で一面の畑、水車小屋に蛍、小川があって国立天文台あたりなんかトトロ出そうだぞ

寒いし雪は積もるし根雪になるし夏はセミがうるせえ

2019-01-09

大阪市東成区住宅街を歩いて通った

住宅街のなかの公園学校の校庭には

わりと遊具が充実していた。

めんどくさい人が生活保護受給者になる

生活保護受給者がめんどくさい人じゃなくて、めんどくさい人が生活保護受給者になる。

結果的にそーなる。

多くの日本人は、めんどくさい人には関わりたくない。

キモい人には近づきたくない。

バカとは話したくない。

臭い物に蓋をするのが日本社会本質

生活保護を受けるのは自己責任ダメ人間が悪い。その通り。

真面目な人でも、ある日突然があるとはいうけど、リスクに備えないのが悪いし、備えられないのなら無能バカだろう。

ほら、バカとは話さない多くの人は見話して見捨てて我関せずだ。

ダメ人間は、自分がなぜ遠ざけられて避けられて泥沼にはまっていくのか分からない。

バカ無能からからないし、自分が糞野郎か、めんどくさい人だと気づかない。なぜなら誰も教えないから。

こーいう人間に寄ってくるのは詐欺師ヤクザか、あるいは射幸心をあおる人たちばかりで、最終的には、人助ヒロイズムに寄ったNPOの人だとか共産党の人が近づいてくる。

でも多くの日本人は見て見ぬふりを続けて見放して見捨てて、誰かに押し付けて遠くから罵声を浴びせるだけ。

本人が身勝手な糞野郎かもしれないけど、日本社会も無関心で無責任集合体

生活保護を受けてる人間が行く場所なんて限られてる。病院だったり公共施設だったり公園だったり、パチンコ屋だったり。

そこで働く人にしてみれば、めんどくさい人がきたと思えば、受給者かよってのが続けばヘイトスピーチしたくなるよね。

なにしろ医者看護師努力して勉強して資格取って人から認められた人だからバカ相手にしたら見下すよね。役所もいっしょ。パチンコ屋は鴨葱だから湯で終わるまではお客様だよね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん