「晩年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 晩年とは

2018-11-21

anond:20181121172004

証拠がないことと、あれを読んでヤラセじゃないと判断するかは、別の話だろう。

あれがヤラセじゃないなんて、晩年ジャイアント馬場の16文キック威力を信じるぐらい、見ただけで無理。

2018-11-15

anond:20181115142955

てかHagexは、晩年まではハンドルネームでずっと通してたじゃん

何も身バレしなくても社会運動はできるのでは?

それなら増田活動報告もできるんじゃね?

そりゃ顕名でやった方が信用の度合いも説得力もあるだろうけど

2018-11-13

「もう猫は飼えないのね」

昔昔私が小学校の帰り道捨て猫を拾ってきました。私が父に怒鳴られそうになると父の足の上にごろりと横たわって庇ってくれたこともある人間をよく気にする猫でした。しか20年ほど経ち体の衰えもひどく昨年体を崩しそのまま死んでしまったため、晩年ずっと一緒だった実家の父母の落ち込みようがひどかったのを覚えています。それが、一年ほど前です。

数カ月前母から「庭に子猫がいて餌付けして中に入れてしまった」とメッセージが来ました。「お父さんは疲れたと言って寝てしまった」と。それは父が機嫌の悪いときの口癖なのでタイミングがまずいなと不安を覚えたのですが、私はもう家を出てしまい何も言える立場ではないため「もしあなた旅行に行っても預かったり留守番はできない」「里親を探すなら小さいうちに早く動け」と連絡したのを覚えています

それから数週間後でしたか、父が「この猫は嫌いだ」と家族グループメッセージを送ってきたのは。その時はまだうまく懐いていないのかなと少し心配した程度でしたが、時間が経つほど父の言葉嫌悪がはっきりと出てきてこれはまずい、と母に様子を聞きました。

父は「ここに入っちゃいけない、あれにのっちゃいけない」などまだ子猫に伝わるわけがないルール押し付けしまいには叩いたり水をかけたりしたそうでした。「うちの猫じゃないから懐かれようなんて思わない、ぐり(前の猫)は良い猫だった」と言い、しか唐突に可愛がろうとして手を出すと完全に警戒された猫に唸られ、その度に子猫を叩いていたそうです。

私は止められなかった母を詰りました。もう3ヶ月は経っていました。その間にも母は何度も旅行に出かけて、実家には父と子猫だけという状況がありました。なぜ虐待を見つけた時点で父から引き剥がさなかったのか。

母は「だってその後機嫌が治ったらトイレ掃除ご飯の準備してくれたの。ねーこってだっこして可愛がってたの(注。以前その状況で猫がやんわり嫌がってる写真が送られてきていた。今思えばあれも心配すべきだった)。お父さん感情の振れ幅があるから、今度こそ優しい方に戻ってくれると思ったの」

ブチ切れました。

私も実家にいる間父の機嫌によって変わるルールに振り回され、罵る怒鳴る突き飛ばすモラハラDVに耐えきれずこんな家に帰りたくないと泣いたら母に叱られました。母は父の機嫌がよくなるとさっきまでの重苦しい空気なんてなかったかのように振る舞います。実際忘れているそうです。そんなの気にしなければいいじゃない、なんでいつまでも忘れようとしないの、と逆に叱られました。

私が家を出てからお父さんは変わった、優しくなった母は言っていたし、たまに会う程度なら父も穏やかそうでした。でも父のあれは治らないものだったんです。母は甘すぎる見通しで余計に子猫危険晒しました。

私が母のことをどれだけ傲慢なのかと言ったのと、父の機嫌が最高に悪かったため母は知人の家に子猫を預けに行きました。でも知人も1ヶ月が限度だそうです。母には拾った以上責任もってこちらで里親を探せと言ったのですが、約束があるからと数日でまた実家に戻ってしまいました。その数週間後にはまた旅行の予定だそうです。子猫がくるずっと前から計画してたから今さらキャンセルできないと。呆れた。

チェックしておいてと近所で信頼できそうな譲渡会のリンクを送った所、母から返事がなくなりました。

暫くして、「もう二度とうちでは猫は飼えないのかって、悲しくなった」と言われました。その時私は咄嗟に「もうこれ以上人も猫も巻き込むな」と言いましたが、多分猫が飼いたいんじゃなくて、ぐりがいなくなってしまったのが悲しかったんだろうなと今は思います

預かってくれた知人の家が近かったので、子猫に会わせてもらいました。人懐こくて、でも物音でぴゃっと物陰にかくれてしまう。遊び疲れると私の膝に座り微睡むのをみて、こんな可愛い子にまであんな怖い思いをさせてしまったのかと申し訳なかったです。子猫は未だに男性の低い声に怯えるそうです。父が機嫌悪いとわざと低く話すから。私もそうだから、余計に子猫自分を重ねてしまっているのだと思います

ちょろちょろと遊び回る子猫を、恐る恐るぐら、と呼び掛けるとよってきて私の顔を仰ぎ見ました。母がぐりと対になるような名をつけたんです。それで一瞬、ぐり、と呟きました。すっと出てきた言葉に余計に泣きたくなった。ぐりはもう返事をしてくれません。

子猫はぐりの代わりにはなりません。

それをちゃんとわかっておくべきだったのだと思います

ふと賃貸を探したら、部屋が空いてなくてあきらめた部屋が入居可になっていて昨日中を見せてもらいました。家賃は今とほぼ変わらなかったです。大家さんは祖父の知人で、不動産の方も丁寧に説明してくれる方でした。ペット相談可の物件、猫一匹なら連絡してくれたら大丈夫だそうです。

妹に話したら一人で突っ走りすぎだと言われました。そこまでする必要はまったくない。自分でも思います子猫にはまた知らない環境におかせてしまうことになる。父には、もう会わせたりしないつもりですが。

まだ、引っ越しも本契約した訳ではないしそんなことしないで譲渡会や他の手段で私達とは縁を切ってしまう方がいいのかもとも、迷ってます

大事なのは子猫安心して生きられる場所に連れていくことなのはわかってるんですが。

2018-11-03

anond:20181103131417

曹操晩年頭痛に悩まされてたと言うけど、自分の不甲斐なさが頭痛の種だったのかなと思ってしまいました。

2018-11-01

人間をひとり壊した

色恋沙汰に人生の先行きを見出すような年齢ではなかったから軽い気持ち恋人になった。

それまでの相手と同じように、長続きすれば上々しなくてもまあいわゆる青春の一ページというやつだった。


どうやら見当は外れていたらしい。

人生の主軸に据えられてしまった。精神的支柱を求められた。命綱であれと呪いをかけられた。


自分すらまともに支えられるかわからないのに他の人間の重みまで責任はとれないと思った。

あと、昔「仮にある状態になった場合関係を解消してほしい」と言われた、その状態にもなった。

約束は守らねば誠実ではない。

手続きを踏んで関係を解消した。


関係晩年はもはや同情しかなかった。


それから目に見えて壊れてしまった。

目の前で壊れ続ける人間を見て、ただ痛ましいと思う。


救えるのは自分しかいない。

身を裂かれる苦しみにもがいている人間を救い出したいと、痛みから遠ざけたいと、関係する人間の一人として思う。


しかし、自分が手を差し伸べたところで、その手で引き上げたとして、望み通りにはしてやれない。

自分しか救えないのに、唯一のその方法自分はとることができない。


目の前で人間が壊れていくのを、ただ見届けるしかできない。


自分があの時、荷が重すぎる要求を全て飲み込んで、壊れておけばよかったのだろうか。


人間をひとりこの手でころしてしまった。

2018-10-08

桃太郎晩年にありそうなこと

2018-09-25

世の中の共働きの人は知っておいた方がいいこと

互いが互いの残高を知らないで持ち寄って管理してて頑なに一本化したくない場合

 

「お互いもしくは片方に知られたくない金の流れがある」

 

ということなので、晩年苦労することが多いです。(あくまでことが多い)

2018-09-09

人間より機械の方が良いに決まっている

AI仕事が奪われると文句を言っている人がいるがそんなのは当たり前だろう。わずかな維持費で文句も言わず働き、正確な仕事を高速で行う。そんな存在無視する方がどうかしている。19世紀イギリス織物生産する手工業者が機械仕事を奪われることを恐れ自動ニットマシンハンマーで打ち壊した話があるが、その人たちとやっていることは同じだ。彼らはなぜ時代の変化に逆らおうとするのか。当時の職人たちも失業した後、他の仕事に就いてそれなりに楽しく暮らしたはずである。中には晩年になって自分がした行為を恥じた人もいたかもしれない。テクノロジーの発展で世の中は変化し続けるが、私は機械ハンマーで打ち壊すような真似はしたくない。

2018-08-30

anond:20180830215147

ギョエテなんか最晩年17の子供を口説いたって言うし。

ギョエテだから俺が考えるような欲望からじゃないのかもしれんが、男って幾つになっても変わらないなってのは思う。

2018-08-17

人を信じないというのは、厨二的であり

そのままのメンタリティ晩年を迎えると

その姿は客観的には哀れである

他人と協力する関係を築けなかった

他人社会理解する側に回れなかった

子供のまま、強い大きなものに不平不満を言う存在から成長出来なかった

父を見てそう思ってしま

闇雲に人との絆を押し付け感謝ラッパーみたいな老人も大概だなとは思うが

2018-08-11

anond:20180811100035

仏陀はどうして自分そっくりの木彫りの像を作れと言ったんだろう 

金を握らせてスキンヘッドの男に念仏を唱えさせたら天国に行けるなどと何で無常世界観晩年撤回したんだろう

2018-08-01

anond:20180801050846

社会では普通に通用する。突然行きたくなくなったら急きょ私用が発生しましたって言えばok理由きかれたら、晩年離婚して地元で一人の父親が突救急搬送されて…とか緊急入院で…とか嘘はつく必要あるけど

2018-07-18

伝統について考える

増田トラバーの方々とかぬかしてるけど、長文でマウンティングかましてるのは全部俺だぞ。

それはいいとして、元増田の疑問や問題意識にはあまり響いてないようなので、少し切り口を変える。

今日伝統について考えてみたい。

伝統定義について、手元の国語辞典をひいてみた。

伝統

(1)系統血筋を受け伝える事。また、その系統血筋

(2)前代から受け継がれてきた先人の経験事業など、その社会風習となって、さらにまた後人に強い影響を与えるもの

様々な試論はあるが俺個人の考えでは、いくつかの文化政治的経済的な諸々の要因と分かち難いレベルで結びつき、民族という単位でまとめあげられたもの伝統と呼ばれるものの正体なのだと思っている。

便利だから続けているライフハックの類は習慣と呼ばれるが、こちらには民族的な色彩はない。

伝統はそうではない。伝統は自らの民族を語る上で欠かせない要素であり、我々を我々たらしめるものだ。

そして我々と彼らを分け隔て、区別する為のものでもある...というのがギリシャ時代からの人々の認識だ。

しかし、伝統とは漠然存在するものではない。あくま異文化と接触して、彼我の違いを知り、

その違いこそが我らの唯一無二の価値だと見出すことなしには伝統という名を冠す事ができない。

から、常に伝統危機に晒されている。文化戦争だ。負けたら我が民族権威が失墜する。

そんな政治的経済的文化的な理由で弄ばれてきたのが伝統の正体なんですよというのが輪島さん達の考え。

そこまでは元増田も正確に読み取ってるなと思ってる。

では何が元増田問題意識根底にあるかというと、

伝統は良くも悪くも我々の根幹に関わるものである」というある種の信念ではないかい?

というのも、実際にそういう人達スポイルされた悲しい伝統というもの古今東西あって、

その問題提起が例の本だったと思うんだよな。

バルトークという作曲家がいるのだが、彼は作曲家であると同時に民俗音楽研究家でもあった。

今にも失われそうな子守唄労働歌、踊り、気晴らしの遊びや口説き歌など膨大な歌と音楽舞踊を採譜した。

それらの蒐集とそれぞれの作品分析を通じて、民族音楽とは何ぞやというテーマを深く掘り下げ、

彼らという民族民族たらしめるもの特定し、伝統という名のバトンの受け渡しの大きなうねりに作曲家として、愛国者として身を投じようとした。

バルトーク作品群の中でも編曲作品は明らかにこうした政治的意図を持っている。

しかし、彼の音楽研究は結局の所、労作であるハンガリー民謡を読めば分かる通り、うまくいかなかった。

暗雲立ち込める祖国の中で閉塞感を感じ、積極的に行ってきた民謡蒐集からもやがて興味を失い、

音楽ひきこもりといえるような苦悩を臆面もなく吐くようになってしまう。

追い討ちをかけるように、愛国者バルトークハンガリーウヨからルーマニアサヨから批判される事態に陥る。

ではどうしてバルトーク晩年にはそのような態度になってしまったのだろうか?

それは元増田と同じ事を考えていたからだと思うんだよな。うん。

2018-07-17

修行で強い心が手に入るなど幻想プロスポーツ選手も体を壊したらKKO

プロスポーツ選手ぜんいんの晩年覚せい剤中毒なのは有利な立場で威張っていただけの自分の正体を知ってしまたか

2018-07-12

地球のレッスン

やっぱり地球人間には もうこりごり

スチュワートブランドのように船の上で晩年を迎えたい

2018-07-08

anond:20180708213428

パッと見でわかるような整形女って凄いぞ。

マジで晩年マイケル・ジャクソンみたいな感じ。

2018-07-02

紀貫之歩道自転車走行するという重罪を犯して晩年牢獄で過ごした

交通ルールは守りませう 

anond:20180702160222

2018-06-28

ビデで興奮する。

最近ビデで興奮するようになってきた、ビデってのはトイレウォッシュレットについてる{おしりじゃない方ヤツの事である。語弊を恐れずに言えば恐らくだが、女性器を洗浄する機能とみている。

何故ビデ(を使用する事)で興奮するのかというと、ビデを起動し温水が会陰部を刺激して気持ちが良い、さら実態としては会陰部だが、ビデ起動からの温水直撃は紛れもない事実であり、つまり私は実際に女性器洗浄を行っているのである、このロジックを元に推察すると、ビデ起動の最中、私の会陰部は確かに女性器となっているのだ。会陰部が女性器となっているという事は、前にぶら下げている男性器はでっかい陰核という事になる、または男性もついており女性もついている事になる。

次に手順について記しておく

まず最初にしなければならないのはアジャストであるウォッシュレットの{おしり}を使う際一度でキチンと肛門に当たった事があるだろうか、少なくとも私はない、腰を動かし心地良い場所を探すだろう。それと同じで会陰部にもキチンと当たるわけがないのである、その為のアジャストとなる。ではまず普通に{おしり}を使ってほしい。(温度や水圧も適時調整)噴射が始まる、そしたら良いポジションを探ってほしい。良い場所が見つかったら、そのまま無理のないよう座り直す、再度{おしり}が良いポジションにあるかを確認完了となる。

{おしりアジャスト必要性

中には普通にビデ起動からの微調整でおkという意見もあるだろう。確かにこれは間違ってはいない、しかしそれではただ会陰部に温水を当てているだけに他ならない。私が重要視しているのは温水と会陰部の邂逅である。つまり{決められた場所に会陰部があり決められた場所にビデ温水が噴射する}この事実重要なのであり、なんなら会陰部にブルーベリージャムが当てられても問題はない。ビデ温水は自分女性器洗浄を行う役目を知っている、ビデ温水が女性器以外を洗浄する事はない、ビデの気持ちになりビデを熟知する事が会陰部を女性器にする最大の近道となる。

そして晩年、彼は病院のベッドの上でこう言い残し75年の人生に幕を下ろした。

「決して手の届かない場所にいた君がこんなに近くにいたなんて思わなかった、0.01より近い君の隣で君を感じていよう」

2018-06-01

anond:20180601203336

NHK朝ドラ見なさいよ

晩年になると20代女優さんが平気で50代60代の役してて頭の体操になるよ

男は歳とるから母親より息子の方が歳とってみえたりして頭おかしくなるよ

2018-05-30

[]フランシスダッシュウッド

1708年イギリス貴族の家に生まれる。

早くに両親を亡くしたことから、若くして莫大な遺産を受け継ぐ。

放蕩生活を送る一方、サロン主催するなどして文化人交流し、政界にも人脈を作っていく。

その集大成が1753年につくられた「ヘル・ファイア・クラブ」と呼ばれる秘密結社で、

修道院を豪奢に改装した会場に、貴族政治家聖職者芸術家などが夜な夜な集まり

悪魔崇拝儀式を模して乱交に耽るなど、淫蕩頽廃の限りを尽くしていた。

皇太子の頃のジョージ三世、後のイギリス首相ジョン・ステュアートロンドン市長を務めたジョン・ウィルクス、

サンドイッチの由来ともなったサンドウィッチ伯爵や、かのベンジャミン・フランクリン参加者とされ、

政界の一大スキャンダルとしてバッシングを受けることとなった。

しかし、実際には酒を飲んで騒ぎながら政治を語りあう、普通サロンであったともいう。

1762年にダッシュウッドが大蔵大臣指名されたことでクラブ解散となった。

晩年領地隠棲し、1781年に亡くなった。

2018-05-22

anond:20180522001551

離婚するなら早い方が良いですよ

この先何十年も苦痛を抱えたまま生活して、気が付いた時にはもう身動きも取れず、溜息付きながら晩年を過ごすんですか?

2018-05-11

anond:20180511012256

晩年まで朝鮮出兵を諦めなかったあたりからして、政治家と言うより戦術家だったのではないか

今の日本で言えばホリエモンとかひろゆきとかコインチェック社長みたいな

2018-05-03

[]ジョン・テイラー

1703年にイギリスで生まれた。

外科医ウィリアム・チェゼルデンのもとで学び、各国を回って眼科医としての名声を高めた。

しかし、実際にジョン・テイラーが得意だったのは己の功績を誇大に喧伝することだけで、

次第にその手腕は疑われ、非難嘲笑対象にすらなっていった。

彼の手術によって音楽家バッハは完全に失明し、合併症でまもなく死去したという。

また同じく音楽家ヘンデルも彼の手術を受けたが失敗し、翌年に亡くなっている。

1772年に死没。晩年には彼自身盲目だったという。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん