「現状維持」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現状維持とは

2017-12-11

俺の望みは今いる政治家を全員退場させること

与党野党関係ない、全員政治家失格だ

でもそんなの現実的にできないから仕方なく現状維持としているだけ

2017-12-07

何をリスクとして考えるかって難しい

 いろいろ思うところがあって長い事勤めた会社から転職しようか検討している中で、話を聞きに行った所が全然悪くなくて参った

 今の職場人間関係給料はそこそこなんだけど、方針運営や将来性みたいなのは期待出来なくて仕事マンネリ面白くない感じで、このまま行ったらだんだん規模縮小しながら給料下って労働時間長くなるのかなーって思ってる。業績を打開するような案もないしね

 話聞いたところは規模拡大してる最中だけど上手く行くのかね、ってとこはあるけど仕事面白そうなんだよなあ。人も良さそうだし

 人間は既に持っているもの価値を高く見積ってしまう、という話は知ってるんだけど、ゼロベースで考えるのは結構難しくて、どうしてもいま手元の物を大事に感じて「転職決断するのか!?」と思うと尻込みしちゃうんだよなあ

 日々の生活もあるし。家族もあるし。あんま無茶出来ないよね

 と考えて自分の中では環境を変えることを無茶と感じているようなんだけど、実際どっちが無茶なのかなんてどんなに考えても何年かしないとわかんないよね

 明らかにヤバイのはわかるだろうけどさ

 そういう中でどっちに賭けて生きていくのかっていう決断って、みんなどうやってしてるんだろうなあ

 実際は現状維持を選ぶのも消極的決断には違いないんだけど

2017-12-03

anond:20171202174516

給料士気は比例しない

待遇福利厚生を充実するほどやる気のないぶら下がりが増える

今いる頑張り屋がまず現状維持になって努力しなくなり

新入も楽することしか考えてない連中が集まってくる

その仕事好きな人

ボランティアでも生きていけるならその仕事をやりたい人間で固めるのが王道

2017-11-29

ニコニコ(く)でニコ生は死んだ

1.ニコニコ(く)がニコ生崩壊の引き金を引いた

有料会員は、2017年11月に発表したデータによると、前年同期の256万人から28万人減少。

まるで、シャッター街と化した賑わいをなくした商店街のように、客と店が閑散とし、それが負のスパイラルとなって更に客と店が逃げていくような状況に陥っている。

思い返してみれば、2009年から2013年頃は配信者も、リスナーも勢いがあり、ニコ生には熱があった。

しかし、その熱は徐々に失われ、人々の感情を動かす熱情は冷めつつある。

もちろん、一部例外はある。七原くんや、加藤純一のように、未だニコ生を楽しんで盛り上げている人もいる。ここで指摘しているのは、サイト全体の空気感の話だ。

しかし現状は、Twitterを眺めても、ニコ生を愛し、毎日のように生主話題で埋め尽くしていた重度のニコ生愛好者のアカウントの多くが、ニコ生のことをつぶやくのをやめてしまっている。自分が2年前に作った、情報収集用のヘビーリスナーを放り込んだリストの3~4割が休止状態だ。

先の見えない、絶望感漂う現状に、ニコ生にしがみついている(過去の盛り上がりを忘れられない)人々は、再びニコ生の隆盛を、最後希望ニコニコ(く)に託していた。

しかし、期待はやっぱりと言うべきか裏切られた。

この発表で、乾坤一擲、人々の希望を与えられるような内容があれば、まだニコ生は数年持ったかもしれない。だが、ニコニコ(く)の発表内容は、サーバーが重い、閲覧がプツプツ止まる、とにかく見づらいという、一番利用者が望み、改善を期待していたところすら手がつかず、子供だましのようなお茶を濁した機能追加のオンパレードで、我々利用者最後希望を打ち砕いた。

もう、ニコ生に期待することはないと思うので、その死に水を取るキモチで、ニコ生が衰退した原因を考察しつつ、何故ニコニコ(く)がダメなのかを書いていきたい。

2.ニコ生衰退の原因

ニコ生が衰退した原因は、一体何だったのだろうか?

そう問われた時、その人の立場により、多様な回答が出てくると思われる。

外部サイトの隆盛、稚拙運営、逃げた配信者、通報厨、リスナーの変化、支援者…。

それらは、複合的に絡み合い、単純ではない。これらを少しでも払拭するような内容であったならと、慚愧に堪えない

(1)環境の変化
外部サイトの隆盛

2013年頃までは、競合サイト比較してニコ生の優位点が多く、ニコ生1強の時代が4年ほど続いていたように思える。石川典行渋谷キングなどの有力な荒らし配信者(当時)を外部に放逐しても、隆盛を保っていた。しかし、現状は違う。YouTubeLiveLINE LiveInstagram Storiesなどの、巨大SNSを基盤とした巨大な競合サイトの台頭が顕著になり、その他独立系ツイキャス、ふわっち、showroom、OPENRECなどがニコ生の牙城を日々切り崩し、今や見る影もない。マクロミル2017年7月に行った調査によると、これから配信をはじめる10代の視聴しているライブ配信サービストップはYouTubeLive、2位がニコニコ生放送配信しているトップInstagram Storiesで、ニコ生ツイキャスYouTube LiveInstagramLiveなどの後塵を拝し、LINE Liveと同率の6位となっている。

実感としても、配信者やリスナーの外部流出が著しく、1強を誇っていた数年前と比べるべくもなく、シャッター街となった商店街様相を呈しており、寂れた印象を与えている。外部に人が流出した上で、新規が競合サイトに吸われたため、サイトとしての熱や勢いを失ってしまったのだ。

スマホ利用者の急増

ニコ生の弱点として、よく上がるのが「スマホ対応の不備」だ。

若年層のインターネット利用の主流がスマホに移りつつあった2013年から、競合サイトであるツイキャスはそのニーズを捉え、低帯域でも閲覧が可能な高性能なスマホ閲覧アプリ提供していた。一方で、ニコ生は未だにバックグラウンド再生もできず、低帯域での再生は断続的な切断によるストレスが多く、基本機能であるアンケートにも参加できないなどのチープなスマホ対応しか行ってこなかった。

利用者の利用環境の変化に対応できなかったことにより、より使いやすツイキャスなどの競合サイト新規ユーザー獲得負けてしまった。

利用者層の変化

ニコ生サービス開始2009年から8年。8年という歳月は、中学1年生が成人するほどの環境の変化をもたらす。

配信者、リスナーともにライフスタイルの変化により、閲覧を辞めることもあるだろう。

それに加え、ライブ配信自体認知が広がり、よりライト層が閲覧を始めたことにより、2ch文化を引き継いだ、垢抜けないニコ生ギーク感(おたくっぽさ)は忌避され、よりスマートツイキャスLINE LiveInstagramなどに流れていった。(ここは、他サイト利用者意見を拾ったわけではないので、根拠に薄く、想像が含まれる。異論があれば教えて欲しい)

ニコ生時代に取り残されてしまったのだ。

(2)運営ドワンゴ
システム改善不備

ニコ生システムは今年実装された「新配信」になるまで、ここ5年ほど、ほとんど改善が加えられていない。

それは、無計画増改築を繰り返した上、低待遇技術者が大量に退職した結果、システム改修がほぼできなくなってしまたことに起因する。

 参考URLhttp://hiroki-uemura.hateblo.jp/entry/2015/09/01/230611

結果、超会議や町会議などの「イベント」を繰り返すことにより、利用者の不満をかわす方針を取ったドワンゴ。不満は見事抑えられたが、上記の外部環境の変化についていけず、緩やかに競争力を失っていった。

しかし、ツイキャスの台頭に危機感を覚えたドワンゴは、ツイキャスパクリのような「ニコキャス」をローンチするも、あまりのできの悪さに3日で閉鎖に追い込まれしまった。

それから2年、2017年システムの大幅な刷新を予告しているが、大幅な後手に回ってしまった感が否めない。

加えて、マネタイズ収益化)が競合よりも上手くいっていたことが、結果的に変化に対応するリスクを取ることができなくなったという面も考えられる。

ニコ生では、リスナーが「広告」を打つことにより、配信時間を延長できるチケット配信者にプレゼントできるシステムがある。これ、運営収益を上げることができ、配信者は延長料500円を払わずに延長でき、リスナーは目立つ形で広告を売って、配信者に名前を覚えてもらったり感謝してもらえるなど、「三方良し」の理想的システムだった。

しかし、競合サイト投げ銭システム一般的となった今、一部配信者は「自分の懐に入らない投げ銭広告)」に不満を感じ、上記Win-Win構造が崩れてしまっている。

技術的な問題と、成功体験による現状維持が原因となり、外部環境の変化に対応できず、ずるずると現状を維持し続けたことで、結果的競争力を失ってしまった。

サイト操作性(UI)とユーザー体験UX)が最悪

ニコ生は、同時閲覧数がある一定数を超えると「満員」状態になって配信をみることができなくなる。

それはシステム上の問題なのだが、ここで「プレミアム会員なら優先入場!」的なボタンが出てきて、プレミアム会員への入会が促される。渋々入会して「優先入場」ボタンを押すも、画面が1瞬切り替わって同じ画面に戻される。プレミアム会員にはいっても入場できない状態が続いているのに「こちらが入り口です」と入れない入り口への誘導が繰り返される。このような、利用者視点がまったくない操作性の悪さがサイト内に山ほど散見され、利用者ストレスを与える作りになっている。ストレスを抱えた利用者は、このような稚拙サイトを再度利用したいと思うだろうか?ユーザー体験UX)が全く配慮されていないのだ。

新規配信者のケア不足

ニコ生トップページをみると、他サイトと大きく違う点が1つある。

それは、他の配信サイトの多くが、盛り上がっている配信や、新規配信者をトップページで紹介しているのに対し、ニコ生企業配信の紹介が大きく割かれているのだ。これにより、新規配信者が配信をはじめても、ふらっと立ち寄るリスナーの数が減り、いつまで経っても過疎から脱せない停滞感が生まれる。

過去においては、ある程度の閲覧数を稼げば、ちくらん上位に掲載されてリスナーを獲得することが出来たり、ミラー大手のこざまミラー新規配信者を「発掘」してリスナーを獲得する機会があった。

また、ランダムでいろいろな配信を見せる「ニコ生クルーズ」や、配信者のコンテスト「ナマケット」などで配信者が発掘されることもあったが、今や殆ど機能していない。

現状においては、新規リスナーがただでさえ減っているのにもかかわらず、初見が最も訪れやすニコ生トップページ企業配信大手チャンネル配信に埋め尽くされ、過疎配信者は日の目を見ることもなく、ただ根絶されていっている。

ビジョンの欠如

ニコニコサービス追加は、これまで良い意味でも悪い意味でも、ノリと思いつきで行われてきた。

既になくなった機能ニコる」然り、マストドンの追加然り。

スタンプなど、ユーザーモチベーション維持に役立ったものもあったが、これらの機能追加は、裏を返すとシステムの複雑化を招き、システム改善難易度を高めていった。ニコニコ(く)において、ニコ生ニコキャスが並行して運用されるのも、複雑化した現状を整理できなかった苦肉の策だろう。

しかし、それらを今回の改定で、整理し、川上社長は、あるべきコミュニケーション像を、ビジョン提示すべきだった。

それらのビジョンなく、枝葉のどうでもいい機能追加に終始し、抜本的な根治を目指さなかったことが、今回のニコニコ(く)の失敗だと思う。

(3)配信

配信者の離脱マンネリ化も、ニコ生の衰退の一因であろう。

新規配信者の参入が困難な現状も相まって、リスナー大手配信者に固定化し、一部の大手はその座にあぐらをかいて惰性で続けている。それは、いつまでも「安泰」な地位約束されている、新規が伸びてきにくい環境からこそ、古参大手既得権益が守られ、切磋琢磨が生まれにくい環境にある為だ。

しかし、ニコ生全体の熱が失われた今、先を考えている配信者の多くはニコ生に見切りをつけ、配信環境が整い、収入源としても有望な競合サイトに流れていっている。

(4)リスナー

配信者だけでなく、リスナーも惰性で続けている人が多い。

惰性で配信を見続けると、様々な弊害が出てくる。

過去と同じことを見ていても、再放送のような気分になり、楽しみを見いだせなくなる。

しかし、配信を一度見るのを辞めると、「流れ」がわからなくなり、取り残されたキモチになる。

結果、面白くもないのに、飽きた配信者の配信をずっと閲覧することもなり、不満を抱えながら配信を見続ける。その中の歪んだリスナーは、楽しみを通報などの妨害行為に見出すようになったり、特定をして配信者を潰すなどの犯罪スレスレ好意に手を染めるものも居る。

リスナー流動性がある程度あれば、このような弊害は生まれにくいが、リスナー固定化された環境下では、このような現状になってしまうのも自明の理かもしれない。

3.ニコニコ(く)を「失敗」と断じる理由

これは簡単な話だ。

上記で掲げられた課題殆どこなすことができず、既存利用者失望を招き、期待感を生むことができなかったことにある。

期待感さえあれば、様々なニュースサイト露出し、SNS拡散され、人々の話題に上がって熱が戻ってくるきっかけになったかもしれない。加えて、一度外に出た配信者やリスナーが「古巣」を見に来ることも会ったかもしれないし、その流れで他サイトリスナーがやってきた「かも」しれない。

しかし、その機会は永遠に失われた。

この先、ニコ生は、数年前にmixi体験した、坂道を転げるようなユーザー離脱が待っている。

2017-11-28

脳内増田はてブと会話している

仕事でほんのすこし落ち込むことが重なった。

ただそれだけなのだけど、色々あって今抑鬱気味なので

どんどん自分否定してしまう。

こんな、仕事ができなくて、腋臭持ちで、

身だしなみも満足にできなくて、

虫歯だらけで、この1年で15キロも太って、

仕事もできない奴なんか死んだほうがましだな、

と、割とかんたんに思ってしまう。

そういうとき、こんな心情が増田に書かれていたら…と妄想をするようになった。

自分が書いたものではない。あくまで知らない誰かの増田だ。

誰かがこんなことを書いていたら。

きっと自分はしたり顔でブコメをするのだ。

とりあえず痩せるとこからがんばってみては。

腋臭保険で手術できるよ。

仕事ミスるときくらい誰にでもあるさ。

自分が書きそうなのは、そんな当たり障りない適当な励ましとかだろう。

うるせえばーか、と、脳内増田脳内ブコメに毒づく。

そういうことじゃなくて、増田はたぶん今圧倒的に自己肯定感が足りていなくて、

それを与えてくれるのは自分でなにかを成し遂げたと思える実感だけで、

そう、だから、確かにそのためには痩せるとかなにか前向きな一歩を踏むことが有効で、

そんなこたあわかっているんだけど、

ここから一歩を踏み出す力がないのだ。

現状維持さえ精一杯でそれもできずにジリ貧で、

自分で何とかするしかないけど、

自分がそれをしてくれないのに、

そんな状態なのに、そんなとおりいっぺんのブコメなんか役に立つもんか。

ばーかばーか

と、こんなぐあい増田自分ブコメ自分が言い合っている。

とりあえずこれから歯医者だ。

虫歯だけでも治れば違うだろうか。

2017-11-26

anond:20171126031645

誰でもそういう負の感情を抱えてしまうことはあるよ。

憎しみや怒りと、ほんのちょっとしたキッカケがあれば人は人を殺せてしまうんだ。

あなたの「人を殺してしまう」という予感は、たぶんお酒のせいもあるだろうが、君の精神が擦り切れかけているのだと思う。

この先さらに摩耗して精神がプツンと切れてしまったとき、憎しみや怒りが身体支配してしまう。

そこにあなた家族の「ちょっとした一言」というキッカケがあれば、殺人カンタンに起きる。

あなたのことや家族のことも、これまでに何があったかも全く知らないけれど、現状維持はよくない結果を招くんじゃないかな。

キッカケを作ってしまう人や環境から距離を置くことが、あなたのその不安から逃れる唯一の術だと思うよ。

2017-11-22

小学生大勢読んでいるであろう少年ジャンプで毎週全裸の女が顔騎してるような漫画が連載されていても

保護者からはごく一部でしか問題にはなっていないのに(騒動新聞掲載されるまでになっても現状維持収束

扇情的な表情の表紙なくらいでコンビニから無くせって主張されてもあなた不愉快なだけでしょ案件

2017-11-15

ベンチャー幹部から転職記録⑧ 面接ラッシュ

エントリーはちょうど50社。

エージェントが言っていたとおり、20%くらいの通過率。

先週から面接ラッシュ。今週なんて5件もある。

企業ごとに色々とカラーがあって面白い

話をしていて思うのは、年収面で現状維持あるいはアップを狙おうとすると、ある程度これまでのキャリアの延長線上のポジションでないと難しい。

経験領域キャリアチェンジしても年収面を維持できるのは、相当ポテンシャル評価されていないと無理。

そうしたときに、戦略コンサルとかは強い。


50社もエントリーしていると、そんなに志望度が高くない企業もある。

そうした企業志望動機を聞かれるとつらいが、内定を取るまでは幅広に受けていかないと。。。

2017-11-05

俺が自尊心をなくした日

高校時代の俺はピエロのような人間だった。

自ら率先して汚れ役になり、そうしておどけることで人を笑わせるのが好きだった。

今思えば、人間失格でいうところの主人公・葉蔵の幼少期から闇を抜いたような生活だった。

周りからいじられキャラとして扱われていたし、それは俺としても嫌なことではなかった。

ある日の夜、交通事故に遭った。

車に撥ねられ救急車搬送されたが、幸いなことに全治1ヶ月程度の足の指の骨折で済んだ。

事故に遭った次の日は検査施術等で学校に行けなかったが、事故から2日後には早速登校できるようになった。

学校に復帰した初日松葉杖を突いて登校してきた俺に、半笑いクラスメイトたちはこんなふうに話しかけてきた。

増田死んだと思ってたw」

担任の○○先生も昨日の朝のホームルームで『増田死んだらしいぞ』って笑いながら言ってたよw」

「どうせ増田だし、他のクラスの人とも『増田死んだらしいぞ』って噂してたんだけどw」

松葉杖小道具なんだろw」

「なんで死んでねえんだよwそこは死んどけよw」

いくらなんでも言いすぎじゃないか

これはイジりの範疇を超えているのではないか

そんな感情を押し殺しながら、みんなと同じような半笑い同調した。

その日からだろう、俺が自尊心をなくしたのは。

周りが俺のことを心配したり肯定したりしてくれないのであれば、俺が俺のことを気にかけたって虚しいだけじゃないか

勉強部活も取り組んではいたが、高い目標は設定せず現状維持が出来る程度に手を抜くようになっていた。高い目標があったら笑われそうだから



数年ぶりに高校同級生たちと会った時、俺の交通事故話題になった。

「あの時は増田死んだと思ったんだけどなあw」

「やめたれwまあ、あん時は俺らも正直言いすぎたかと思うよw」

別にいいよwみんな楽しかったならそれでいいんじゃないw……うんw」

自分人生他人事のような視点しか見れなくなっていた俺が、そこにいた。今もまだ、消えていない。

2017-11-02

値段の高いサービスは質が悪い。

社員の月収が高いと自分が高貴な労働者様だと思って接客態度も悪い。今以上を目指さず現状維持どころか理屈をこねてサボる

良い給料と充実した福利厚生従業員に用意すれば最高の会社になると信じて実行し絶望した大勢の主を見てたら賃金アップなど愚策だと誰でも分かる。

2017-10-29

Good Loser(潔い敗者)のススメ

損切りタイミング

しろ時間がかかるネタなんかでやってる僕が愚かなだけだ。

俺も1回目の起業は失敗した。

 

(1)受託開発から(2)自社開発への移行ができなかった。(自転車操業で終わり)

どこで区切りをつけるかは、あらかじめデッドラインを決めておいて、一線を越えたら潔く撤退しても良い。

(俺の場合自分だけでなく他人を巻き込んで迷惑をかける段階をデッドラインにしてる)

 

前いた会社で、退社して起業したけど失敗して、出戻りの人がいた。

俺もその人のことを思い出して、失敗後は社畜生活に戻った。

 

縁起でもない話だが、もしも失敗してしまった場合でも「ただでは転ばない」という気概を持って欲しい。

自分体験たことをよく観察して、失敗の原因をよく理解したら、それは無形の財産になる。(負け惜しみかもしれないけど)

自分直接体験は、他人から教えてもらった間接伝聞よりは、比べ物にならないほど、たくさんの情報が詰まっているからね。

 

ブラック損得勘定おかしい?

前項で述べたように様々なマネジメントスキルなしで、いや、マネジメントがなくても、なんとか物を完成させようとしてブラックになったんだよなとも。

でも、前にも述べたとおり、日本人は人のアドバイスを聞かないし、指摘もできないから、

日本人って、ある意味クソ真面目なところがあるよね?

日本近代史を学ぶと「なんで無謀な戦争をやったんだろ?」とか疑問に思うけど、当時の日本人は「玉砕美学」だったんだろうなと思う。自己犠牲を厭わないことは立派だけど、今の世代から見ると当時の人は損得勘定おかしいと感じる。

翻って今の日本人はどうか?実はあまり変わってない可能性もあるね?(過労死自殺するまで働くって、意味が分からない。)

 

生きている限り、「捲土重来」で1回目はダメでも撤退して力を貯めて、再び勝負することはできる。

もしも、大幅な軌道修正必要になって、いったん体勢を立て直す必要が生じたら、そのときは失敗を認めても良いと思う。

 

失敗のとらえ方

俺の考えでは、(研究開発を一生続ける限り、)

失敗とは「終着点」ではなく「通過点」であり、プロトタイプ(試作品)の一つにすぎない

ということ。

 

 

インタビューで彼が強調したのは、「失敗から学ぶ」という姿勢

人生には、自分自身の「失敗」だけでなく、予期せぬ不幸や様々な「挫折」がある。

人間は「挫折」した時に、<その後、どう生きるか>で真価が問われる。

 

投資家ジョージ・ソロスは、Fallibility(ファリビリティー、人間判断誤謬性)を主張した。

失敗はゼロにできないが、失敗をいかに早く軌道修正できるかでその後の結果は全く違うものとなる。

大切なのは、素早い判断軌道修正であり、新規事業プロジェクト管理ではOODAが有効方法になる。

 

オペレーションズ・リサーチ効率的意思決定

システム開発をするときリスクマネジメントを学んでいると思う。

いろいろな準備が必要だが、最悪の事態を避けるための「保険」をかけておきたい。

 

物事の展開は、

  1. 最善:今より良くなるパターン
  2. 最悪:今より悪くなるパターン
  3. 現状維持:今と同じパターン

の3パターン以上を想定して、各々の場合対応できる準備をしておかなければならない。特に悪化したとき対策重要だろう。

自分がやっている仕事に応じて、しっかりと安全策、保険を用意しておき、ダメときはなるべく損害を最少にして退避できるようにしておこう。

 

負けを認めることは、恥ずかしいことじゃない。

賢い人ならただの敗者ではなく、「Good Loser」になれる。(また後で挽回のチャンスを作ればいいだけの話)

  • ダメで元々
  • できれば儲けもの
  • 失敗してもクヨクヨしない

割り切っていこう!

2017-10-24

選挙行かなかった発言した人に白紙委任~とか言ってる人は馬鹿かと思

この手の話題を見ると、コメント欄等に「行ってないのに文句言うな」とか「白紙委任は~」とか必ずこういうこと言ってる人が出てると思う

制度上行かなかった人は無視してカウントされるくらいは誰だってわかっている

しかし、それは行かない人が一部だった場合であって半数以上が行かない状態になればそれはもう異常であって、委任したんだから~とか行かないのが悪い~なんて言ってる状況ではない

行かない人の全員とは限らないが、行って白紙投票ではなく、行く価値すらないと思って、参加拒否してる人が大多数である状況を軽く見てるとしか思えない

支持するところが一つもない状態そもそも政治に興味がない状態改善することを最優先すべきでしょ

若い人ほど行かないんだから将来的には1割、2割しか参加してないということになるかもしれない

そもそも半分を切った時点でもう制度的に崩壊と言ってもいいんじゃないって思う

国会とか総理大臣を空白にできない以上、誰かには決まるが、一番多いのがどこも支持しない、ということなら何もせず現状維持のみをして、一番票が集まったところでもそこの方針は行わないべきだと思う

代わりにこの状況を改善する案でも真剣に考えればいい



私自身思うのは、党や人に投票するから一部は賛同できてもそれ以外に賛同できない部分があって結局どこも・・・ってなるってこと

興味ない人でも消費税上がるのに賛成か?憲法変えるのに賛成か?と聞かれれば yes/no に票を入れようと思う人は今より増えるだろう

それと一番すべきだと感じるのはネット投票

国勢調査だか何かは最近ネットになってたと思う

今の時代になぜネット投票ができないのか、マイナンバーなんてものまで作ったのに

特に今回みたいな台風ときなんて熱心な選挙マニアでもなければ、外出たくないかパスって人も多いだろう

それがネットでできれば家からスマホPC簡単にできる

若い世代投票率を上げるなら一番効率的って誰でも思うことじゃないのだろうか

普通に売り手市場から現状維持を望むの当たり前

若者自民党を支持していないのは単なる捻くれ者か

恩恵を受けられない低学歴

2017-10-23

20代以下の若年世代は「同調的」という分析を、電通だかどっかが出してたのを読んだことがある。あと、バブル世代の子供たちだから基本的バカという側面はあろう

更に、2010年代民主党政権ダメさを思春期の頃に見ているだろうし、世の中全体が、共助よりも一強の方に傾いているから、まぁそういう傾向なのは当然かなとは。


現状を維持するためには、現状維持分だけの努力で済むと思ってるのかもしれないが、

実際は現状維持を心がけてもずるずると下がっていくのが世の中で、その辺は理解してない人間が少なくないかもしんない。若いとこの辺は分からんかも。

anond:20171022084721

増田さんはすごい良い人なんだと思う。

人として尊敬できるあなたのような女性こそ、多くの男性結婚したいと思うはず。

ただ、あなた性格と言えども、産休イキママのツケを引き受け続けてるのはちゃんと辞めた方がいい。

あなた自覚しているようにあなた自身を追い込んでるし、同時に職場が「なんとか回ってるしこれ以上の改善はひとまずいらないか」と現状維持してしまう原因になってる。

いきなり産休イキママ代理を断るわけにはいかないと思うけど、上司に「イキママ代理をずっと続けたことで自分プライベートがこれだけ潰れました」と増田で書いてあることをちゃんと伝えるべき。

その上で、①これ以上自分犠牲にするのは辛い、②イキママ代理が今後も必要なら人を増やして欲しい、③増員しないなら彼女代理はもう引き受けません、という要望を伝えるべきだと思う。

それで職場が何も動かないなら、ちょっと異動人事願いか、最悪転職まで含めて考えてもいいと思います

このままだとずっと辛い状況が続くし、将来あなたと同じ辛さを感じる別の人を産んでしまう。

2017-10-21

anond:20171019174459

はい村はてブの作者の temtan です。

端的に言うとそれは村はてブには該当しません。元記事ではアカウントの選定を一定ルールに従って選定してフィルタリングしてはどうかという提案なのに対して、村はてブは村人の選定は人力手動でやってそのアカウントブクマした記事を集計したりフィルタリングしたりしていますフィルタリングはこれも人力手動で設定した URL を減点したり、特定サイトBuzzFeedとか)だったらタイトルサイト名を挿入したりとかです。

ついでに、せっかくなのではてなブックマーク村はてブについて色々語ってみようと思います

オワコンとか廃村なのか?とか言われていますが、村はてブ自分情報収集の中心になっています。と言っても、途中経過と選りすぐりだけですけど。自分にとってはとても良いです(自分用に作ったからねえ)村人リストとかブラックリストとかは更新してないけども、現状で問題を感じてないからであって、メンテナンス放棄した訳じゃないです。コードの方も特に利用に関して問題のあるバグが発覚してないので同様です。村人の追加とかは元々保守的性格なのと、村人を増やすと載せる載せないの閾値の設定もやり直さないといけなかったりとまあ要するに面倒だからですね。そこを楽になるように閾値設定も自動でやるようにするべきだったかもしれないかなと今更。

上述の通り村はてブは手動でアカウントを設定して集計してるだけでして表向きははてな村メタファーを使っていますが、言ってしまえば temtan お気に入りマイホットエントリーと大差ありません。だから村はてブに合う人は temtan と似てる感性を持ってるという話、逆に合わない人は temtan の感性と合わないってだけです。村人の選定はある程度公共性考慮して選定してありますが、所詮は一個人適当独断偏見で選んだだけです。

村人候補者機能について。これは村はてブで上がってきた記事を沢山ブクマしてる人をリストアップしてるだけです。当初の狙いとしては候補者、つまり村人リストに入れると良さそうな人を選定する機能として実装したのですが、上記の通りの既に村はてブに上がってきた記事ブクマしてる人を村人リストに入れると今までの傾向がより先鋭化する方向に向かう訳でして。自分としては今の村はてブには上がってこないが良い記事が上がってくるようになる人が良かったのに。つまり、当初の狙いと全く逆の機能になってしまったのですね。こりゃあかんははは。

はてなブックマークの将来に関してはだいぶ前にもう諦めた感じです。正直現状維持してくれればそれでいいやって感じ。村はてブを作った後のしばらくは色々やってて、スパムを色々調査してみたりブラックリスト更新を助ける自分アプリ作ってみたり。けど、肝心要のはてなブックマーク機能的に全く進化しない。新機能は入れないし、API だって増えない。今でもアカウント情報ブクマ数とかお気に入りお気に入りられとか)の API が無いっぽいし。表面的なリニューアルはするけどコードに手を入れるような事を全然しないのでもう諦めました。正直、技術者としてのプライドがあるならパーソナルブラックリストぐらい実装しろとは思うのですがね。これに関しては、自分の予想はそのコードに手を入れるだけの技術力を持った技術者が居ないんじゃないかと思っています。なので改良したくても出来ない状況なんじゃないかなとか。まあしたいと思ってるのかも疑問ですがね。最近だってリニューアルしたけど自分達で使ってない、ユーザを見てないの丸わかりで、結局は元に戻したりしたからね。

なので村はてブの新機能とかも(まあ元々プログラマとしては Web 系ではなく OS システム寄りなのもあり)やる気はあんまり無いですね。一時期はユーザ個別に村人リストを持って集計するパーソナル村はてブとか考えましたが、セキュリティ問題もありーの、集計の閾値の設定や重み付けの設定値とかどうするのとかあって考えて終了な感じ。Windows アプリで似たようなのも考えたけど、そもそも今の時代 PC の前で情報収集も既に少数派になってる気がします。

村人リスト自分なりにこうして自分だけの村はてブが欲しい人はソースコードを公開してるんで、それを自分サイト運用してみたり、自分で作ってみると良いと思いますね。村はてブソースコードは SSI まわり以外はテキストデータ処理しかやってないみたいなもんだし。というかやってる事なんて大したことじゃないんで自分ゼロから作ってみると良いかと。はてブからデータ収集して集計して出力するだけだし、これならプログラマー中級者ぐらいなら良い練習になりますよ。

しかし、最近はてな村祭りも行われなくなりましたね。自分村長自転車に嵌ったのが大きな原因じゃないかと踏んでます

追記:

パーソナルブラックリストとは特定サイトを表示しない機能のこと。もうこんな糞サイト見たくないって思うことあるでしょ。ホットエントリ等を見る時にそれらを自動排除する機能

2017-10-18

anond:20171018084811

何を担当するかによると思いますが、共通する部分としては、

 *マネジメント経験(部下を率いて成果を出す)

 *ゼロから何かを作り上げる経験

あたりは積めると思います

加えて、担当業務知識業界知識などもつくでしょう。

マネジメント経験はどの企業でも評価されますし、ゼロから何かを作り上げる経験も、この現状維持=衰退 な世の中では評価されます

2017-10-16

anond:20171016062449

キャリア使い続けるのなら、悪いこと言わないからとりあえずiPhone7に乗り換えなさいな

iPhone8が出た今、どこ行っても一括無料でばら撒いてる

iPhone4SiPhone6の時は料金プランの変更を強制されたはずだが、iPhone6iPhone7(8)だとどのキャリアでも現状維持のまま機種変できるはず

それにiPhone6の初期だとSIMロック解除してくれないでしょ(年明けて4月くらいの契約からSIMロック解除制度スタートした記憶

キャリア的にいうとお前はただのカモだから

2017-10-14

リベラル保守的世界観

リベラルとか左翼とか革新かいった呼び方にはそれぞれ異なる意味があるけれど

日本でそう呼ばれる層はほぼ重なっている。

彼らは今の日本を(彼らの考える良い方向に)変えようと思っている。

革新」という言葉がそれを如実に示している。

悪い方向に変えるのは「改悪」といって批判する。

改悪」するよりは現状維持の方がましだと思ってる。

よって彼らは、世の中の動きを

(1)良い方向への改革(2)現状維持(3)悪い方向への改悪、のどれかを当てはめて判断する傾向にある。

これを別の方法区分すれば

(A)(良いい方向または悪い方向へ)変える

(B) 変えない(現状維持

という「変える」と「変えない」の二つになる。つまり

「世の中は意図的に変えようとした場合にのみ変わるのであり、何もしなければ何も変わらない」

という物の見方になる。

しかしお気づきの人もいるだろうが「何もしなければ何も変わらない」というのは現実にはありえない。

坂道ボールを置いて何もしなければ低い方向に転がっていく。

我々の住む世界がどこまでも平坦でなければ成り立たない理屈

そんなことはわかっとるわいと言うかもしれないけれど、ここでもそういった考えを持っているだろうリベラルが一杯いると思われる。

自民党が~したか悪化した」という批判の背後には

自民党改悪しなければ良くはならなかったが悪くもならなかった」

という考えが潜んでいる

そういう考えのことを「保守的な考え」という。政治思想としての「保守主義」とは別物。

2017-10-10

支持政党なしに投票して本当の民主主義を実現させよう

明日期日前投票日になる。急な解散総選挙が行われることになって、誰もが戸惑い思い悩んでいることだと思う。次の選挙ではどこに投票すべきだろうか。現状維持自民か?それとも希望か?結果的リベラル結集となった立憲民主か?それとも共産か?

しかし我々が投票するべきはそのどれでもない。我々は支持政党なしに投票し、現状の民主主義を次の段階に進めるべきだ。

独裁ポピュリズムへの対抗

今まで我々が行ってきた投票行動はどんなものだろう。選ぶべき政党政治家がいないだとか、他よりましだとか、各論は反対だけれど総論としては支持せざるを得ないだとか言って、そうして選んできた候補は自らの政治意志とは似ても似つかないようなものばかりだ。リベラルを名乗る某が自民憎しで希望への投票を呼びかける様などその極みだろう。

そうしたずれから逃げ込むように、人々はアメリカトランプやかつての小泉のような独裁的なポピュリストに自らを同一化させるようになるが、それもすぐに理想現実ギャップを見せつけられて失望し騙されたと騒ぎ立てる。しかしまた別のポピュリストがやってくれば、同じように信者となって騒ぎ立てる。

そうした独裁的なポピュリズムに対抗するには、よりラディカルなポピュリズムである直接民主制に向かうべきだ。

直接民主制が浸透すれば大衆迎合するような政治家存在意義を失っていく。自分達で政策選択をすればいいのだからわざわざそういう人間と付き合う必要がないのだ。

支持政党なしのような部分的直接民主制システムがあれば、政治家政治家である必要すらない。自動的国民の選択手続きを代行する公務員のような存在であればいい。

本当の政治家が生き残ろうとするならば、より専門的な知識を身に着け、大衆政治選択に対して間違いを指摘することが出来るような存在になるしかない。自分よりもこういう専門家に任せたほうがいいと思えるような、そうした政治家けが生き残るだろう。

責任を取るのは本来誰か

現行の政治体制直接民主制部分的にだが稼働させる支持政党なしの試みは、今までの選挙でそこそこの得票を得たけれども、評価は未だ低いものだ。

しかし今後百年を考えれば、この仕組が部分的に導入し代議制民主主義を次の段階へと進めるべきだと思う。代議制民主制が本当の意味での民主主義でないことはわざわざルソーを持ってこずとも、現状の政治状況を見ればわかることだ。

我々は投票用紙に書き込む時だけ政治参加しているような顔をして、それが終われば呑気に座って、自分の買った馬券行方野次飛ばしながらただ眺めているだけだ。馬が転べば馬肉にして次の馬を用意して、何故転んだかもどうすれば転ばないか判断競馬新聞に任せてしまう。

どれだけ失政を重ねてもそれは政治家責任で自らの判断問題ではないという。この時我々は政策を決定する権利だけでなく、政治判断した後の責任までも政治家に奪われているのだ。かつての戦争軍部政治家知識人達のせいにしたように、我々はどれだけ大きな失政を犯しても責任を感じることが出来ない。責任を感じなければ、どんなに失敗をしたとしても学ぶことはなく、また同じことを繰り返すだろう。

本来政治は、例え間違った、国益に反するような選択だったとしても、あくま自分意志によって選び取り、その失敗を自分の失敗として受け入れなければならないのだ。

漸進的な浸透がテスト期間となりうる

人々はこの失敗を恐れる。自らの経験不足によって取り返しのつかない失政を犯すのではないかと考えるのだ。しかしその経験の蓄積という意味で今の支持政党なしの状況は悪くないものだと思う。

票数を徐々に伸ばしているとはいえ支持政党なしは精々一議席取れるか取れないだろうなという状況で、この状況はまだ暫くかかるだろう。

議席でも取ったとすれば、国民の直接的な政策選択国会上に現れるということで、議員に対するプレッシャーは強くなるだろうが、それも間接的なもので、国会への影響力はそれほど大きくはない。

結果として部分的直接民主制の浸透は漸進的に進行するだろう。

だが逆に言えば国民は、まだ影響力の少ないうちからこのシステム上で自らの選択試行する機会を持つということだ。

自分選択が即座に取り返しのつかない失敗に終わることはない。

しか自分政策選択が確実に国会上に現れる状況が続けば、自分選択意味を考え、自らの責任の重さを知り、間違いがないか積極的に学んでいくだろう。

やがてその動きは大きなものとなっていき、結果としてこの国を変えていくことになる。その時がこの国に本当の民主主義の訪れる日だ。

政党問題

ただ唯一欠点があるとすればこの支持政党なしがすごくうさんくさい団体で、そのイメージは前回の選挙から全く変わっていないということだ。変えようとした努力も見えない。

支持政党なしはこれから国民の信頼を得るためにあらゆる努力をするべきなのだ。出来る限り情報を透明化して、例えば交付金とかどう運用されるのかとか。なんでもいいから少しはイメージよくしてほしい。

まあ最終的にこいつらはどうしようもないということで彼らが降ろされたとしても、とにかく政治家たちに「直接民主制には票田がある」ということを示さなければならない。そうすれば他にも手をあげるところは出てくるだろう。

大事なのは議席だけでもわりこませて、国会上に直接民主主義システムを立ち上げることなのだ。そうすれば今後百年の政治風景は大きく変わってくる。その日がやってくるまで、我々の投票先は直接民主主義志向する党だけだ。

日本は終わりだなと感じるネタ

日本の終わりを書くブログは増えているがそれは大抵、問題提起ばかりで対策案が書かれていない筆者が気持ちよくなる記事ばかり

欧米すげー中国すげーニュージーランドすげーネタも筆者が気持ちよくなる記事ばかり

誰も今の日本経済を牛耳る政治家官僚企業政治団体企業経営者役員にどう訴えかけるか考える人はいない

せめて企業経営者役員に分かってもらう位の案を出してくれないだろうか?

自分は諦めた、なぜか?政治家官僚企業政治団体企業経営者役員日本経済を牛耳るレベル集団はたいてい55歳以上の高齢者から

高齢者現状維持を望む人ばかりで変えようとする動きを権力合法的に叩き潰す集団

日本経済を左右するレベル大企業経営者役員高齢者が多数を占めている、中小企業の大半も同様だ

本当に日本は終わりだなと感じる・・・・感じるが対策は思いつかない

人生を全て投げ出してまで日本経済を牛耳る高齢者集団を説得しようと思わないからだ

若手官僚集団はてなで好評を博した文書不安個人、立ちすくむ国家モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜 平成29年5月 次官・若手プロジェクト)を公開したが

彼らが省内で権力を発揮できる時(20年もしくは30年後くらい)には日本が荒廃し尽くして何をやってもうまく行かなくなった時だろう

ホントに終わりしか考えられない国になってしまった、権力を持たない個人で出来る事は国が終わっても生き抜けるように行動する事だけだ

2017-10-09

anond:20171009104115

どっちみち救わないなら混乱が起きない分現状維持のほうが遥かにマシなんだよなあ

2017-10-06

最も簡単ダイエット方法

朝起きたら、おなかが空いてると強く感じる程度にしか夕食を食べないこと。

そして、朝食は食べずに水分と、せいぜいみそ汁程度。パンやご飯は食べない。

昼は普通に食べて、夕方にはおなかが空いてると感じる程度になるぐらい。間食は一切しない。

夕食はできれば、7時か8時前までに食べ終えて、寝る時には小腹が空いてると感じるぐらいがよい。当然、食べずに寝る。

寝る時に何もおなかが空いてないなら、ダイエットというよりほぼ現状維持ぐらいと思った方がよい。

水分は適宜、いつでも飲むが、基本、甘いものは取らない。1週間に1一度、昼食時にご褒美に食べるぐらい。

1日2食は健康によくないと思うかもしれないけど、1日3食食べ始めたのは、ここ200年くらいの話。

2017-10-04

https://anond.hatelabo.jp/20171004153834

生活が優先なので、リスク考えると俺も現状維持がいいと思う。現状を理想に近づける努力のほうがコスパいいよ

2017-09-27

改めて個人の考えを言うと、

既にヤオヨロズ関連会社所属でない脚本田辺氏がクレジットから削除されており、

Mステ出演や"かばんちゃんを除いた"ジャストプロ声優だけのLINEスタンプイベントがあり、

カドカワプロジェクト自体業界芸能事務所に乗っ取られる危機を感じての判断ではと推測。

たつき監督個人が降ろされたわけではなくヤオヨロズ、更にはジャストプロが外されたという可能性が高いのが分かった。

たつき監督独立でもしない限り、どう頑張っても上の芸能事務所による圧力が加わるので現状維持も不可、公式発表も慎重になってるんじゃないかと。

もし1期の体制のままけものフレンズ2期やってたらかばんちゃんの出番が減り、

テレビ出演が異様に増え、プロジェクトの他の企画がどんどん食われていったんじゃないかと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん