「ディズニー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ディズニーとは

2017-06-11

9年ぶりにNEWSを見てきたエイターの戯言

「NEVERLAND」に行ってきました。

書き留めておきたい感情が渦巻いてるんだけど、見る人によってはデリケートに感じる話題なので、匿名ブログを書くことにしました。

はいえ万が一わたしのことを知っている人が見たら一目瞭然なんだけどね…

文才もないし完全に自己満



わたしNEWSを好きになった時、NEWSは既に7人だった。

程なくNEWSは6人になり、同時に休止期間に入る。

ジャニオタになったばかりの中学生にとって、1年の休止期間は長すぎた。

一途に待ち続けることができなくて、気がついたらエイトを好きになっていた。いわゆる「カケモ」。


ようやくNEWSコンに行けたのは活休が明けてからさらに1年近く経った頃。

2008年1月4日

Never Ending Wonderful Story

現場に慣れてなかったわたしは、今では味わえないほどの緊張と興奮を抱いて、横浜アリーナにいた。

手越と目が合った!」なんてはしゃいだり、横アリ魔の隙間に前日作ったシゲうちわが吸い込まれたり(笑)

すごく楽しかったのを覚えている。


でも、バイトもしてない学生身分で掛け持ちを続けていくのは難しくて、

つの間にかNEWSのことを追わなくなっていった。

マタイweeeekくらいまではなんとなく追っていた気がするけど、ネバエン以来現場に行くことはなかった。




そして迎える山下錦戸脱退。

当時はもうNEWSに対する興味はかなり薄れていた。

なんとなく6人のNEWSがうまくいっていないことは知っていたので、

この話を知ったとき、驚きながらも「やっぱりな」と思った。

少なくとも錦戸くんに関しては、掛け持ちを続けられないレベルエイトが売れ始めていたし、

山下くんがNEWSを離れたいと、いつか言い出すんじゃないかなと思っていたから。




時は流れ2017年

わたしが久しぶりにNEWSコンに行く頃、奇しくも山下くんは12年ぶりに亀梨くんとユニットを組んでいる。

もともと野ブタ出のわたしは、再結成に大興奮した。

と同時に、亀P再結成ほどの話題がないと、世間の注目を浴びられない山下くんに、切なさを覚えている。現在進行形で。

どう見ても亀ちゃんバーターだしね…


そして本題のNEVERLAND。

アルバムは予習していったけど、それ以外は殆どが知らない曲だった。

weeeek山下くん台詞「行きまーす、イエイ!」はなくなっていた。

バンビーナテンション上がったけど。懐かしすぎ。

どの曲が定番でどの曲がレア曲なのかすらわからなかったし、セトリについては何も言えないんだけど、

演出はとっても素敵だった。

「NEVERLAND」って、ちょっとディズニーっぽい雰囲気だなって思っていたけど、

フロート演出なんてほんとにディズニーパレードを見ているみたいだった。

あの頃と変わらない、キラキラアイドル衣装も、

メンバー同士わちゃわちゃする姿も、

ああNEWSだなあって実感した。


だけど。

4人がほぼ出ずっぱりでステージに立つ光景とか、

ジュニアをたくさん引き連れたステージとか、

フロートからサインボールを投げる姿とか、

もう何年も前にエイトは通り越えた段階に、今もNEWSは立っている。

地方公演なんて、いまでも一日二公演こなしてるんだ。

エイトの公演は、ここ何年か良くも悪くも「上手」になったと思う。

多ステしているわけではないしあくまわたし感覚なんだけど、決められた内容をそつなくこなす感じ。

万人ウケするMCができるようにもなった。

でも、NEWSはまだまだがむしゃらにステージに立っている。

「4+FAN」で小山が泣いていたり、「U R not alone」でまっすーが泣いていたり、

少し異様な雰囲気すら感じた。


手越MCでぽろっと「SUMMARY」だとか「k.k.kity」だとか溢してて、

この人たちはずーっと過去に囚われながらもがいていくのかなあ、って思う。

誰が悪いとか、間違った決断だったとか、そういうことは言いたくないけど、

もしあのとき、4人にならずに済んでいたら

ということを、考えざるを得なかった。

山下くんにも、錦戸くんにも、今のNEWSにも、

もっと違う未来があったかもしれない。




はいえ、過去にしがみついても仕方がないし、

今のNEWSはきっと、強い。

各々が自分の得意な分野で活躍しながら、

NEWSさらに輝かせてくれるのでしょう。

担降りしておいて勝手なことを言うけど、

4人には「NEWS」を守り抜いてほしいと思う。

9人も8人も7人も6人も、そして4人も、

なかったことにしないで、でも過去に囚われないで、

新しい未来を作っていって欲しい。




これから応援していきます

2017-06-10

海外キャラってなんで造形的におかしものを作りたがるのか

AppleSwift Playgroundsを触ってるんだけど、そこのマスコットキャラクター気持ち悪い。

3体のキャラクターがいるうち、2体が一つ目のモンスターだ。

一体は水滴のような形で真ん中に大きな目があるタイプ

もう一体はいちじくのような物体の上に小さな目がついているタイプ

つくづく思うのは、クマとかウサギとか使わずに、なぜわざわざこんなクリーチャーを生み出すのだろう。

生物ダメでも車とか花とか色々あると思うのに。

世界中の子供達は、ディズニーを見てポケモンを見て育ってるはずだし、スヌーピーミッフィーが広く受け入れられているのを見ていると、可愛いという感覚世界共通のはずなんだ。

それなのに、どうしてこんなに感覚にズレが生じるんだろう。

純粋に疑問だ。

だれか調べたりしてないかな。

2017-06-05

バイオハザード ヴェンデッタ ☆☆

ネタバレ

愛する人を殺された復讐テロ起こすっていう相棒シナリオそのまんま。

脚本がどっかでカットされたのか、黒幕が「ワクチン効かへんかったやろ?」ってワクチン打って助かってる本人に言ってて若干不整合があったような。

映像はどうなの

良くも悪くも最近流行りの物理レンダリング「ではない」ようで、多分レンダリング品質自体は同じくフルCG映画キングスグレイブFFと同じ程度。

PS4より確実に品質は良いけどディズニーとかのと比べると圧倒的に劣る。そんなレベル

アクションはどうなの

残念ながらミラ・ジョボビッチはいないので、と言いたいところだけれどこの作品にはレオン・S・ケネディ君がいる。

在りし日の中二病っぽい彼が彼のままガン=カタライクなアクションを繰り広げるぞ。

多分この映像見てアメリカ人は「まーたジャパニーズスタイリッシュアクションかよ」と思うことだろう。

どうせジャパニーズスタイル映画にするなら、ジャパニーズシスターコンプレックスの塊が産み出したクレア・レッドフィールドちゃんを出すべきだったんじゃないか? いやマジで

評価

パンツが見えないので星二つです。

……あのさあ。ゾンビなんだから服が破けてたり下穿いてなかったりしても良いじゃん? なんで律儀にみんなズボン履いたまんまなのさ。

もはや風俗だけでいいんじゃない問題

当方アラフォー、未婚、年収低00万円の社畜

ストレスあるし彼女いないしソロ活動(オナヌ)も飽きたので、

えいやと風俗行ったら最高だった。

そんで賢者モードになったら「あれ、もう彼女要らないんじゃないか?」と考えた。

風俗

自分がやりたい時に出来る、終わればパッと自分用事趣味に戻る事が出来る

不景気からか嬢は選り取り見取り、可愛い

・高くない(2万円とか)

・ご機嫌伺わなくてオッケー、何なら愛想までくれる

なのに何だこの満足感は…?

デメリット

性病リスク

ホテルあたりで知り合いにあったら気まずい

風俗行ってるのを隠すのが大変…?

あれ、他にあるっけ?無いよね。つまり出会い系を使うより、嬢を定期的に性病検査行かせてる風俗店の利用がベターとなる。今時素人の方が怖い。


これまで20人くらいの女性と付き合ってきた。結婚までいきそうだったのは4人。残念ながら縁が無かった、もちろん自分甲斐性の無さもある。そして今後収入が上がるかどうかと言うと、正直心配である

アラフォーになってしまったし、今更家庭や子供が持ちたいと思わない。

今の収入じゃ子育ては辛いだろうし、何より生まれてくる子供可哀想だ。子育て自己実現方法趣味じゃない。

1人で生きていくには困らないし、ちょっと遊ぶくらいのお金時間も欲しい。

世間一般がそれでも結婚して子供を設けるのは、何故か。

「親から戴いた命を自分も繋げたい」

自分からすると綺麗事。これが人として普通ならば、不妊の人や同性愛者はどうだろうか。

子供から何にも代え難いものが貰える」

爽やかに子供を育てられる階級に許される事。残念ながら自分もっと下層にいる。

「寂しく無いか?」

周りに同世代若しくは上の世代の未婚の男性女性がいる。

口説き無しの遊びに行ったりも出来る。

飲み屋に行けば知り合いも友達もいる。

所帯持ちも一人で飲みに来てる。

セックスしたくなる衝動風俗で抑えられれば気持ちに余裕が出来るから

周りの女性から信頼度が上がる。更にみんなで遊ぶのが楽しくなる。

子供を設けるのは、先述したが自己満足も少なからずあると思う。自分には必要無いし、アラフォーからもう遅い。

彼女がいない生活って、

浮気だ何だと束縛されない。

どの女性とも付き合っていないから、風俗で毎回相手を変えてもオッケー。必要なのはお金だけ。

やれ誕生日だの記念日だの、ディズニーだのリョコウだの言わない。

予定を合わせてデートしたり、プレゼントを悩んだり、以前は楽しかったけど、しがない会社社畜から休み少ないし、付き合う人の年が上がっていくとプレゼントも高額になってくるし、風俗行くよりよっぽどお金が掛かる。

結婚しなくていい。

20代後半あたり、女性から結婚をチラつかされたり、こっちから結婚したくなったりするようになった。

30代あたりには、女性からのお願いで真面目に結婚を考えさせられる事もあって、お金無いのに結婚式したいとか、やっぱり子供欲しいとか言われて「(正直、重いな…)」と思った。

自分の両親は今でも仲が良さそうだが、社会に出て、色々な人と関わる中、こんなに人は離婚するものなのか、と驚いた。大きな世代の変化を感じる。

自分甲斐性が無いし、人の失敗をなかなか許す事が出来ないし、結婚しても離婚するような気がする。

今の仕事を続けたいし、彼女や奥さんや子供気遣いながら今のポジションを続けるのは、自分には難しいと判断した。

よって、もはや風俗だけでいいんじゃないか、と思った。


それでも「運命の人」よ、いるのなら出て来い(笑)

2017-05-31

masudamasterです


好きな社会ハイエナ社会(家母長制なので)、好きなプリキュアは「緑川なお」、好きなディズニー映画は『ムーラン』、好きな洋楽Destiny's Child の 『Independent Women 』、好きな漫画は『クレイモア』です。

2017-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20170530192646

ディズニー側はプロから快く受け入れてくれるよ。

同じ観光客同士でどう思われるかは知らんけどね。

ひどいダブスタを見た

ミュージカル嫌い、ディズニーも嫌い、舞台も嫌い、理由はわざとらしさ。歌うかどうかじゃなくて身振り手振り抑揚。でも単純に人種文化の違いだと思う。西欧ではあれが普通だしいいと思う。でも日本だと……

http://b.hatena.ne.jp/entry/339287646/comment/otihateten3510

嫌なら見るな

http://b.hatena.ne.jp/entry/339272961/comment/otihateten3510

ポリコレうるさい奴は金出せって、な?

金は出さない、儲からなくても知ったこっちゃない、むしろあん作品なくなった方がいい

ディズニーとツムツムだけあればそれでいい

そういう無責任立場で好き勝手うから嫌われるんだろうが

そんなに何から何まで自分の思い通りにしたいならスポンサーにでもなりゃいいのに

Kickstarterで一銭も出さないくせに僕の考えたキャラを出してというような醜さがある

2017-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20170524123437

ディズニー作品全てに言えることは、何より悪役がアホだ。

あえてアホに作られている。ここが素晴らしい。

思えば日本作品時代劇よろしく昔は勧善懲悪ものが多かったように思うが、

今はこねくり回して、何が善で何が悪かわからないものが多い。

ヴィランディランのバッググラウンドも割とちゃんと描くピクサー立場

http://anond.hatelabo.jp/20170524145214

オタクどころじゃない、全世界黒人キャラは増えない。

何やっても黒人本人がメタクソに文句うからだ。その上売れもしない。

ディズニー黒人メインヒロインに置いたポカホンタスプリンセスと魔法のキスをやった時に答えは出てしまったよ。

日本人黒人を描いたとして、それが至極普通ステレオタイプ萌えキャラだとしても、きっと文句言うぜ。

ディズニーがにくい

30歳を過ぎてはじめてディズニー映画を観た。

もっとアラジンアナ雪、美女と野獣などタイトルは知っているが、

観る機会がなかった。

ところが、30歳を過ぎてはじめて彼女が出来た。

その彼女ディズニーマニアでいろいろと教育させられた。

はじめにアナと雪の女王を観た。

姉妹や悪役の王子よりも雪だるま狂言回しとしての

役割のはまりあいほとほと関心した。

つづいて観たアニメ版美女と野獣狂言回し役の燭台と時計給仕執事達の話のもっていき方、

伏線の貼り方がこどもたちにもわかるように、そして飽きさせないようにつくられているのに関心した。

塔の上のラプンツェルは、いつも飲んでいるホットワイン銘柄と同じ名前で親和感がすでにあった。

髪をふりまわす様はジョジョ山岸由花子パクリかと思ったけど、

ディズニーの姫君は屈託がなく、実に生き生きとしている。

ディズニー作品全てに言えることは、何より悪役がアホだ。

あえてアホに作られている。ここが素晴らしい。

思えば日本作品時代劇よろしく昔は勧善懲悪ものが多かったように思うが、

今はこねくり回して、何が善で何が悪かわからないものが多い。

しかディズニー子ども視点作品でありながら大人も楽しめる。

こういう作品作り、演出、話の構成が実ににくいと思う。

今度の休み彼女美女と野獣実写版を観に行こうと思っている。

2017-05-22

女性らしさを楽しめる時代になったので、男女平等はここまで!



社会リベラル化が進み、男性がある程度調教されてくると、女性自身女性ジェンダーに乗ることを苦にしなくなってくるのである

強制されていた女性らしさの時代が終わり、女性自発的に伸び伸びと女性らしさを楽しめるような状況になると、女性女性らしさを放棄するのが惜しくなってくるのである

昨今の女性の「反男女平等志向」「反ジェンダーフリー志向」はまさにそういうことである

エマ・ワトソンが「HeForShe」で男性に気を使いフェミニズム界に衝撃を与え、

ロクサーヌゲイが「女性には女性特有欲望があるし男性みたいな汚れ仕事はしたくない」と言い、長年フェミニズム必死で保ってきた建前を一瞬でぶっ壊し、

日本では「やれたか委員会」なる漫画女性から大人気で、男性性的視線にまつわる物語を喜んで消費している。

どう考えてもフェミニズム崩壊している。

好きなディズニー映画は『ムーラン』、好きな洋楽Destiny's Child の 『Independent Women 』、好きな漫画は『クレイモアである私にとって、

昨今の女性たちの反男女平等性・反ジェンダーフリー性は非常に嘆かわしい。

一つ言っておきたいのは、強制された女性らしさと自発的女性らしさの間に大きな違いがあるとか本気で思ってるのは女性だけであるということだ。

強制だろうが自発だろうが男にはそんなこと関係ない。

「今から自発的ハイヒールを履くけど男性はこれを利用しないでね?」「今から自発的ブルマ穿くけど男性はこれを利用しないでね?」

なんて言われて、男性がそれに従うだろうか?いいや、従わない。女性たちが自発的に楽しむハイヒールブルマを思う存分利用させてもらうだけだろう。

そういうところに考えが及ばないところも含めて、やはり女性は下等だなぁと思うわけである

そもそも騎乗位をしたくないのなら男性に勝てるわけが無い。

フェミニズムとは無駄なあがきであったのである
















(文:masudamaster)








http://anond.hatelabo.jp/20170516141639

http://anond.hatelabo.jp/20170517150404

http://anond.hatelabo.jp/20170518235031

http://anond.hatelabo.jp/20170529064047

https://anond.hatelabo.jp/20170625153549









.

2017-05-18

同人活動リアル

同人活動リアル、ではない。

同人活動と、リアルである

長くなる。同人に興味が無いひとはどうぞスクロールしてもらって構わない。注釈等も特には入れていないので。

はてな匿名ダイアリー

ここ最近Twitterなどで見かけるシーンが増えたツールだ。やっとはてなIDなるものを手に入れたので淡々と綴る。

同人活動を始めた。

正しくは、オフライン同人活動を始めた。

オンライン活動をしていないとは言わないが、本当にpixivに2、3作品あげただけで、大量にブクマをかっさらうようなものでもなかった。

でも、本を1度出してみたい、その思いだけで初めて同人誌を作って、東京まで売りに(頒布か)行った。

少部数で、しか小説で、オンラインでもそこまで活動しているわけでもないし、旬ジャンルでもない、全部持って帰らなきゃな、と覚悟もしていた。

結果、全部捌けた。どうしてだろうと今も疑問でいっぱいだ。

それ以上に、私が作った本を手に取って、お金を出してくれる人がいたという事実に大きな喜びを感じた。楽しかった。

今まで一般で入ったことは何度もあったが、サークル参加から、と知り合いの社会人の方にアフターにまで誘ってもらった。イベントも、アフターも、こんなに楽しくていいのかと思うほど、楽しかった。

ここからが本題である

地元に帰ってきて手に入れた戦利品を読みながら、次の本はどんな話にしよう、次のイベントはいつが出られるだろう、申し込みはいつしようかと考えていたら、友達からしかけられた。

夏休みは暇じゃん!USJか、ディズニーか、みんなで行こうよ!ね!増田も!」

思考が止まった。私にそんな余裕はない。

夏は夏インテだって行きたいし、秋はスパークに行きたい。それに合わせて新刊を出したいかお金に余裕は持たせたいし、そのためにはバイトもしなければ。

お金が2倍あればもちろん、行きたい。友達ディズニーめっちゃ楽しい。盛り上がる。学生時代の思い出になる。去年友達と行ったUSJもとっても楽しかった。

しかし、スパークの直前に行ったせいでイベントに持っていける軍資金は減った。

言い忘れた気がするが、私はまだ学生だ。

ちょっと金銭的に厳しいかも。

お決まりの使い古された台詞で断ったら、剣呑視線で刺された、気がする。

増田、いつもそう言うよね。じゃあ増田が行ける時に合わせてみんなで行こうよ」

えっ…

じゃあスパーク終わってから?いやでも、一月のインテも行きたい。来年から就活が始まるし就職してからじゃ全然本出せなくなるかもしれないから今のうちに本を出したい。イベントに出たい。

じゃあやっぱり、無理では。

「ふぅん、じゃあ増田なしでまた行くしかいか

あれ、これ私が悪いのだろうか。

私の友達は私が同人活動してることも知っている。みんな同人はやってないけど、ある程度のオタクで、舞台とか、俳優とか、あんスタとか、ジャニーズとか、それぞれ好きなものがある。

でも、友達達は年に2、3回もTDLだのUSJだのに飛ぶ。

その金はどこから出ている。

私の金遣いが荒いのか??

でも、同人誌イベントに行かなきゃ買えないものもいっぱいあるし、本も今しか売れない。友達と遊びに行くなんて、そんなのはいつだってできる。

そこまで考えてビックリした。

友達大人数でテーマパークに遊びに行くのだって、きっと今しか出来ないのだ。

社会人になったらみんな予定が合わなくなって、就職するのもみんな地元とは限らないし、たぶん長期の旅行も難しくなるのでは。

同人活動ありきで考えていたけれど、私がこのCPに冷めたら(そんなことは考えたくもないが現実として)本を買ってくれた人とも、アフターで繋がってくれたひとともオサラバだ。友達はそうじゃない。

じゃあ友達旅行に行くべきか?

でも私は、同人に回せるお金をそちらにかけたことをきっと後々後悔する。今回のイベントだって予算が足りなくて泣く泣く諦めた本もたくさんあった。

言い訳をしながら、こうやって無意識友達同人を計りにかけ、結果として友達を切り捨てている自分反吐が出る。

でも同人を切り捨て友達を取ったら、「何故こんなことに金をかけるのだ…」と絶対に思う。同人誌がこのお金でいっぱい買えたのにと思う。本が出せたのにと思う。そうやって考えてしまうことにも反吐が出る。

まぁ結局、私は同人を取るのだけど。

卒業旅行にはついていくので、許してくれ、友達

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516005037

ディズニーが好き」からヘラクレスハデス出してくるのマイナーすぎんだろ

せめてTDLパレードに出て来るキャラに絞れ

どうでもいいけどホセ・キャリオカとパンチートって何回見てもどっかの球団マスコットキャラワーナーキャラしか見えない

あとジャングルブックサル見て「サルサル!」って言ってたJKに対して「名前で呼んでやれよ…」って思ったらあいつら名前無いのね

オタクでもオタクでない人でもない人

アニメ見ないし、GIGAZINE.NETヘッドラインニュースで取り合えげられるような

Twitterに挙げられている予定調和なやり取りにも心弾まないし、

漫画映画だけは大量に読んで見るけど、俺はオタクじゃないと思っていたのだけど、

この前街コンいって、「映画が好きです」って女の子がいて、

「俺も映画好きだよ! 好きな映画なに?」

「〜〜〜」

「俺も見たことある! 俺も好き!あの監督の他の映画でもさ……」

「……ごめん、そんな知らない (もう少し引いてる)」

好きって言ったじゃん!!!! 

噛み合わない。別に詳しくなければ好きではないとは言わないが、好きになったら色々知りたいと思わないのかな、と。

そういう考えにいたるのが根がオタク気質なんだと、友人に諭された。

あと、「ティズニーが好きです」っていう女。女子

全然ディズニーキャラとか映画とか知らない!

ティズニーの悪役が好きで、特にヘラクレスに出てくるハデスの声と顔が可愛くてね〜〜」

「ごめん、、あんま知らない (興味を無くした顔)」

オタ婚にいくほどオタクの乗りに合わせられうわけじゃないし、

普通街コンに行ったら全然話すことないっていうか、趣味スノボボルダリングヨガ、びっくりするくらい興味ない。

サブカル界隈に行ってマウンティングの嵐を楽しみたい訳でもないし、出会いがない。

社会人になったら本当にびっくりするくらい出会いがない。

そもそも友達が増えない。

ゆるーくサークルの中みたいに適当に話したりしてご飯行こうっかとかあの映画たかったんだよねーとか

でゆるーく遊びに行ってまたねーって、ああなんかいい、好きかも、ってもう

小海の水面に漂っていてえ。

耐えねばならんのだよ。。きっと。

2017-05-13

芸能人洋画吹き替えって、言うほど悪か?

芸能人っていうか、声優以外が吹き替えやると必ず叩かれるよな。「プロ声優を使え」とか。判を押したように。その作品も見ずに。

で、そんなにダメか?ダメ作品は何個あるんだ?10か?20か?こういう質問をすると、大体帰ってくる返事(作品)はお決まりだよな。シンプソンズとか。あとなんだ?ジャッキー・チェンの「80デイズ」か?イクサー3でも例に挙げるか?

実のところ、ひどい作品って少数じゃねーのか?

で、それをネットの声のデカいやつらが脊髄反射定型行動的に叩いてるだけなんじゃないのか?

この話題でよく俎上に上がるジブリキャスティングも、はっきり言って全然大丈夫レベルだろ。

声優を使え」っつーのは要するに、「自分が知ってる人が出てるのが見たい」だけなんじゃないのか?だとするなら、芸能人出演を望むのと全く同じ目線だよな。

最近芸能人というか、アイドル芸人って、演技上手いだろ。こんなこと言うと、また「声優プロなんだから」と言い出す奴がいるけどさ。どうなんだ?テレビ舞台毎日のように「演じている」人って、声優養成所出ていくつかのアニメゲームに出てる人に比べて経験値は圧倒的に高いんじゃないのか?個人的に、芸人全然OKなんだけど。だって上手いもの。声の張りもあるし。しか吹き替え場合演出脚本の出来は保証されてる(ことが多い)。だから多少の演技の粗は気にならなくなるのも大きい。演出脚本知名度と人前に出る経験とある程度の演技力があれば、それは「プロ声優」に並ぶんじゃないのか?

なんでこんなことを書いたかというと、さっきピクサーの「Mr.インクレディブル」を見たんだよ。古い映画だけど。ピクサー作品はこれだけは見てなかったから、見てみようと思って。

ピクサーディズニーだけは吹き替えで見る、と決めてたから、これも吹き替えで。

で、これがもう、めちゃくちゃ面白かったのよ。もう最高だった。なんで今まで見てないのか自分を殴りたくなった。これ大好き。

スーパーヒーロー物かぁ…」って、当時はスルーしてたんだけど、大失敗だった。これを読んでる、同じく敬遠した人にもぜひ見てもらいたい。これは愛おしい。

これはヒーロー物じゃなくて、夫婦物だった。奥さんが旦那浮気をうっすらと疑う時の仕草が最高。仕草っていうか、旦那浮気を疑い始めるときって、怒りじゃなくて戸惑いと不安が先に来るんだよね。あのシーンはもうすっごい心に来た。ラストクライマックスで、街が大変なことになってるのに運転席の旦那助手席の奥さんが道順について言い争いをして後部座席子供ゲンナリするところとか、(懐かしの?)夫婦あるあるネタ自然演出・演技されてて素晴らしかった。お姉ちゃんと弟も、語彙が乏しくてアレなんだがもうマジで姉弟ってこんな感じだよなって。スーパーヒーロー物で、それぞれ明確な能力が振り分けられてるのに、「こいつはこういうキャラ」って明確に記号化されてないのがよかったのかなと思った。いわば、アニメ的なキャラ付けが薄いともいえる。だからお姉ちゃんティーン感が際立つし、奥さんの奥さん感&オカン感がすっとなじむ。最後最後エピローグのあのシーンなんてまさに「普通家族」なのに、叫んでる台詞インクレディブルなのでめちゃくちゃ面白い。あのシーンだけでも何度も繰り返してみちゃう。今も流してる。最高。

で、この作品エンドロールで初めて知ったんだけど、「プロ声優」はメインキャスティングはいないんだよね。それでこれだけ面白い。これだけの演技を見られる。それで十分なんじゃないか芸能人俳優アイドル芸人?いいじゃん。すげぇじゃん。面白いじゃん。彼らを使った「ひどい映画」が10個、20しか挙がらないんなら、それで全然行けるじゃん。それ以外は文句がないか、いい吹き替えってことでしょ?

この世界の片隅に」のすずさんを演じられる声優は誰かいるのか?っつー話だよ。のんは駄目だったのか?よかっただろ?ならそれでいいじゃん。

なんかどうも、こういう声優声優の話で噴きあがってるのを見ると、冒頭にも書いた「脊髄反射定型行動」っていうネット民のお決まりパターンなんじゃねーかと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170513015346

家に帰ってきてツイッター検索してみたら、同じような「配給死ね」とツイートしている過激派が多くてゾッとした。最近よく批判される撮り鉄を思い出した。そりゃ、古参ジャンルを殺すってのはこういうことかと実感。「10人の新規を集めるより、1人のオタク10回観に行かせる方が興行的にも宣伝的にも楽だ」ってツイートもあったけど、そこに注力するにはリスク大きすぎだろ。総じてそういうオタクトンチンカン意見が多かった。ほとんど嫌い、配給憎しばっかりで、建設的な意見ほとんどなかった。ディズニーもこういう輩達を相手するのは大変だな。



カルト人気扱いされることを狙って作品作るなんてしみたれた考えで面白いもんできないだろうにな

つーかそいつらだけで儲けだせるほどオタクに力なんてないんだよ

ファンはしっかりみてるけど興行収入あんまり良くなかったヒット作の続編なんてどんだけあるか

邦題批判する知り合いの映画ファンキモすぎた話

知り合いから急に飲みに誘われた。その知り合いは“映画ファンの集い”と言うオフに参加するほどのマニアだったので、何か映画の話が出るだろうなとは思っていたが、ちょっと常軌を逸していたので書いてみる。合流して席に着くなり相手は「ソーの邦題がさー」と話し始めた。彼から聞くまで知らなかったが、ディズニーが配給する映画マイティ・ソー』の新作のタイトルが、原題の『ソー ラグナロクからマイティ・ソー バトルロイヤル』と言う邦題になったのだと言う。彼はお酒が来る前から「こんな邦題を考えた配給は死ね!」と、かなりヒートアップしていた。正直、私には何が問題なのかわからなかった。

最初ラグナロクというと聞いて思い浮かぶのは「FFで強い武器ラグナロクだったなぁ」くらいで、神々の黄昏という意味字面からはすぐには思い浮かばなかった。むしろ原題を聞いて今度の映画には武器の方のラグナロクが出てくるのかと思った。オリジナル日本の両方の予告を見せられたが、ラグナロクよりはバトルロイヤルの方がピンときた。わかりやすかった。今回はハルクも参戦するのか。

そのことを彼に伝えると「このハチャメチャな感じのところに、ラグナロクという大仰なタイトルが付いているのがいいんじゃないか。それを台無しにしやがって、配給のやつらは!」と怒る怒る。でも、君はもう本国予告編でそれを味わっているなら別にいいんじゃないか。その大元がなくなってしまうわけではないのだし。そのギャップまでわかって楽しめる人ってそんなにいないと思う。めんどくさ…

彼は「“勝手に”タイトルを変更しやがって!」と配給をしきりに批判していたのだが、そもそもディズニーほどの大企業が何億も宣伝費を投下する映画タイトルを、勝手本社承認を得ずに変更するだろうか。いろんな分野でビジネスを展開する大企業が、その商材のタイトルを一支社の独断で決めるとは思えなかった。しっかりとした承認プロセスがあるはずだ。社会人経験している30手前の人間が、そこまで想像力を働かせられないのかとガッカリした。

彼の勢いは止まらず「クリエイターに失礼だ! 監督ツイッターを持ってるから教えてやる」と息巻いていた。今公開している「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」でも邦題に関してファンから批判が噴出し、ファンツイッター監督邦題変更を訴えていたらしい。確かに続編なのに“リミックス”はちょっと混乱する。ツイッターファンが凸したところ、監督邦題を知っており「その方がいいとディズニーから説明を受けた」と弁明したとのこと。なんだクリエイター承認も取ってるんじゃないか。じゃあ、勝手ってことはないんじゃないかと言ったのだが「彼らは騙されてるんだ!」と一歩も引かない。はぁ、その根拠はどこに?

ここで私は彼が前述の『ガーディアンズ〜』のプレミアに行ってキャスト写真を撮ってたの思い出した。そんなにディズニー批判してるけど、キャスト招聘してイベントしてくれたんでしょ? しかワールドプレミアだったんだったんでしょ? ファンなんだから、もてなされて当たり前と言ったので驚いた。彼に配給のディズニーに対する感謝は皆無。そこで働いている人がいるという当たり前の認識もなかった。彼の返答は、ファンであるのは自身自由意志であり、お客なのは映画館映画を見ている間だけだと思っている自分には衝撃的な返答だった。それでも彼は「ディズニーファン蔑ろにしてる。自分たちファンに向けて宣伝しなくても、ファンが来ると思っていやがる!」だそうな。ディズニー自体が、そう宣言しているわけでもないし、完全に被害妄想だ… というか、相手にされないと見に行かないの? それってファンなの? ちょっと思考回路キモすぎて、さすがにこの人とは距離を取りたくなった。

家に帰ってきてツイッター検索してみたら、同じような「配給死ね」とツイートしている過激派が多くてゾッとした。最近よく批判される撮り鉄を思い出した。そりゃ、古参ジャンルを殺すってのはこういうことかと実感。「10人の新規を集めるより、1人のオタク10回観に行かせる方が興行的にも宣伝的にも楽だ」ってツイートもあったけど、そこに注力するにはリスク大きすぎだろ。総じてそういうオタクトンチンカン意見が多かった。ほとんど嫌い、配給憎しばっかりで、建設的な意見ほとんどなかった。ディズニーもこういう輩達を相手するのは大変だな。

私は『ラグナロク』でも『バトルロイヤル』でも、どっちでもいい。ただ、人に映画説明をする時に『バトルロイヤル』の方が説明やすいのは確かなので、宣伝原題をそのままカタカナに直した邦題よりもやり易いだろうなと素人ながらに思う。

2017-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20170510171949

元がディズニー好き女子の話だったからそれに関しての書き出しになったけれど、

こっちでも書いた通り

http://anond.hatelabo.jp/20170510161554

サブカル趣味を嫌う人全般共通する心理なんじゃないかなと思う。

なんで深夜アニメの類を気持ち悪いと感じるのかを突き詰めると、作中の世界観価値観や考え方)と現実社会モラルや流俗との違いを、うまく整理して飲み込めないからではないのかということを書いたつもりだった。

http://anond.hatelabo.jp/20170510153506

そもそも

ディズニー好きな女子の中にアニメ漫画というサブカルチャーの愛好家を貶す者がいる」

って認識がただの被害妄想だと思うんだが

今時アニメ漫画というだけで貶す人ってのは相当レアだし

アニメ漫画のうちの極一部の「気持ち悪いオタクアニメ漫画」を貶すのは、別にディズニー好き女子に限らず多くの人間共通する事だし

それが貶される理由は「(それそのものの内容・或いはそれを愛好する人間が)気持ちいから」と言うシンプル理由なわけだし

別にアニメ漫画ではない実写映画等であっても「気持ち悪いもの」は貶されるわけだし

スイーツっぽく見えてもディズニーだけじゃなくてオタっぽいアニメカバーする女性もいるので

結局リテラシーの高低の問題になる気がするなあ

男オタでも狭い人いるわけだし

http://anond.hatelabo.jp/20170510090422

彼女たちは創作物一時的享楽のためのささやかな娯楽とみなしていて、なおかつフィクション現実を明確に区別できる、そんな分別のついた人間だという自負を持ってる。

多分そう。

から絵本みたいな作風のものを好んで鑑賞も、それは暇つぶしにツムツムをやるようなものであって、幼児的嗜好の兆候だなんて言われる所以はないと考えている。

ではなぜディズニー好きな女子の中にはアニメ漫画というサブカルチャーの愛好家を貶す者がいるのだろうか。

僕が思うに彼女たちは愛好家が好むアニメ漫画ラノベ等をみた際に、作品舞台設定やキャラクター描写現代日本の流俗や現代日本人の嗜好を見て取れることからフィクション現実社会世界観の違いを上手く分けることができず混乱する。

そして愛好家たちが作品世界観現実社会モラルギャップに戸惑わずに鑑賞を続けられるのは、フィクション現実社会を混合しているために違いないという判断を下しているのではないだろうか。

彼女たちは創作物に対するメディアリテラシー能力に長けていると自負しているために、自分理解出来ない物を愛好する人々を分別のない愚劣な者とみなして半ば強引にアイデンティティを守るのである

古典的名作や純文学といったアカデミックな扱いをされがちな物は、読み解くためには予備知識が多大に必要であり、理解出来ずとも自分知識不足のせいにできる。

テレビドラマ実写作品は非現実的ビジュアルなり辛いうえ、全ては俳優を引き立たせる装飾であるという鑑賞スタイルも成り立つために、フィクション現実社会の違いを意識せずとも楽しむことができる。

アニメ漫画ラノベ等を含む日本的サブカルチャーでは、基本的に、ハイコンテキスト世界観テーマローコンテクスト文法世俗的な媒体に落とし込んだ作品評価される。

サブカルに関心がなく、作品を読み解く気がない人からすればそれらはとても奇々怪界な物なのかもしれない。

ワンピース進撃の巨人ティーン向け少女漫画が、サブカル愛好家を下に見る人にも受け入れられるのは、ハイコンテキスト主題がない、もしくはローコンテクストなわかりやすメッセージで包み込んでいるからだと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん