「ももち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ももちとは

2018-05-24

anond:20180524131629

自民党の味方とか立憲の味方ってことじゃないのよ。

自民党支持しててもいいけど、不祥事あったらその人を降ろす。そして改善策打ち出す。それができてないなら厳しく糾弾されて当然。特に国をまわしてる与党ならほっとけない。

野党政治家ももちろん同じこと言えるよ。野党から許されるとは思っていない。

2018-05-21

育ちの悪さってなんだろうな。

お茶碗に米粒が残っているどうのこうのという話を読んで。

私はお茶碗の米粒はぜったいに残さない。母や、周りの大人からそう言われたからだ。

妹は、お茶碗の米粒は結構残している。本人がズボラからだ。

 

妹も私ももう十分な大人だけど、

妹は何度言っても靴を揃えないし、私はずいぶん疲れたとき、急いでいるとき自分の家、を除いたら大抵靴を揃える。

 

同じ人たちに育てられ、たしなめられても、私と妹はそのへんの結果?がずいぶん違う。

育ちの悪さってよく言われるけど、親が悪い場合ももちろんあるけど、その人自身問題結構大きいと思うんだよな。

2018-05-17

anond:20180517004016

監督の腕ももちろん良かったのだろうが、

やはりマンネリ打破がタイミング的に丁度良かったのではないか

2018-05-15

anond:20180514122258

自分から見ると優秀な白人女性って、名誉男性になる+人種由来のハイスぺを活かすことで有能になってるようにしか見えないんだけど

フィンランド女性女性のまま男性並みに活躍してるってことなのかな

まずコーカソイドの女はアジア人の女より筋肉ガタイが違う。澤穂希日本中探してもなかなかいないのと同じ。

筋肉量が多いとテストステロン値も多いんで男性的、合理的思考が得意になる。体力ももちろん強い。

第二に、フィンランドではそもそも国民の数が少ないので、密度の濃い高い教育自分で学ぶ教育姿勢が身につく。日本みたいに詰め込まれてなんぼではない。

日本人に優秀な女性宇宙空間の中の砂金くらいしかいない。

パートのような対面販売や受付ならともかく、日本企業社会日本の女は世界一企業社会で働くのが向いてないのに、無理に進出させられている。

フェミニズムに負けずに日本男性日本女性に優しくしてあげて。彼女たちは100年かかっても働けない生き物だ。

2018-05-14

30年以上ももちゆうすけやってる奴がつぐながももこファンももち名乗るなって絡まれた歪みよ

2018-05-13

anond:20180513110425

うん。表現規制で主にかかるのはポルノ規制というのはそう。

で、さらに「何に欲情するか」というのは、まさに人それぞれだということ。

派手なビキニだと欲情する。じゃあ地味でワンピース型なら大丈夫だということで、学校ではスクール水着着用になってるがスクール水着にも欲情する。

そもそも手足が出てると欲情するからということで、昔は女の水着って手首足首まで隠すものだった。

更に髪の毛に欲情するからヒジャブなんてものができて、髪の毛を隠すようになり、で、女の顔を見ると欲情するからと、ブルカで顔まで隠して、

さらに表を出ると欲情するから女は家にこもってろとなる。

まあ、ゾーニングと、被害者保護だけきっちりやればそれ以上は自由にとは思うがな。キリがねぇ。ああ、モザイクももちろんなくせよ。

2018-05-12

こないだ見た舞台おもしろくなかった。

おもしろさには様々なものがあり、それは見た人が感じるものだ。

私が感じたおもしろくなさの話をする。

知人が出ている舞台を見た。

平凡な主人公自殺し、自分の死を惜しむ周囲の人を見て後悔する、という話だ。

この話でおもしろくなかったポイントは、大きく3つある。脚本演出それから役者だ。

1.脚本

おもしろくなかった。

この「おもしろくなさ」は、愉快でない、という意味でのおもしろくなさだ。

登場人物は、主人公とその周りの人々、たいした理由もなく死にたがる人達、死んだ主人公メッセージを伝える霊媒師主人公と一緒に死ぬ女だ。

主人公は死に憧れている。

なぜか? 理由はない。

これは明かされない、という意味ではなく、本当にないのだ。ただ、なんとなく、死にたい

からこそ彼は死を選んだあとに後悔するのだ。が、そりゃそうだ~って感じである

後戻りはできないのだ。

夫を早くに亡くし、一人息子さえ失った母親自分遺体に泣きすがる姿を見て後悔する主人公に、一緒に死んだ女は言う。

「じゃあどうして死んだの? いまさら後悔したって遅いよ」

この女は家族がなく施設で育ち、いまはDV彼氏と共に暮らしていた。当然の怒りである

彼女主人公と共に死ぬことになるきっかけは、死を望む人々の集会だ。

インターネットを介して集まった彼らは、自分死にたい理由主人公に促されるまま語る。

婚約者と別れた女、リストラされた挙げ句離婚された中年男性元アイドル少女人生うまくいってない女。

日々の生活の辛さを語る彼らに、女は言うのだ。

あなたみたいな性格の人と付き合っていけないのは当然」

自分が見えていない」

実家に帰ってもう一度やりなおしたら?」

傲慢

彼女にはすべて見えているのだ、死にたい理由に対する解決策が。自分の生まれ、育ち、現在境遇に比べれば彼らの辛さはたいしたことではないと言っている!

そして主人公と女は静かに語り合うのだ。

「あの人達の悩みは、死ぬほどのことではない」

そして密かな契約を結ぶ。

あなたならわかってくれると思って。一緒に死のう」

そして二人は主人公の家の居間死ぬ。(事故物件を残される年老いた母!)

この物語から私が感じ取ったのは「当たり前の幸せに気づけ」というメッセージだ。

ただし、「お前は幸せに気がついていない」し、「お前の悩みはたいしたことがない」という上から目線言葉表象されて、だ。

人の悩みは人それぞれだ。

いろんな人がいる。いろんな悩みがある。

自分にとっての恋愛他人にとっての恋愛価値が違うことだってあるのだ。

それをこの脚本ではすべて切っている。

疎外された気分で、おもしろくなかった。

2.演出

おもしろくなかった。

この「おもしろくなかった」は、単調であるという意味おもしろくなさだ。

会話劇である

みんながずっと座って喋っていて、感情的にも動き的にも変化がなく、おもしろくなかった。

いつまで続くのかな? って思った。

それから脚本意図がわかってないのかな? とも思った。後述。

3.役者

おもしろくなかった。

この「おもしろくなかった」は、ちょっと言うのが悪いなあという気持ちもある。

不愉快に近い。

自分のことしか考えていない役者がいた。

セリフが聞こえない。自分が目立つことしか考えていない。脚本上における役割が果たせていない、どころかミスリードを誘うような。

本番で突然、自分の持ちギャグアドリブでされた気分だった。

そこだけ前後のシーンとも繋がりが消え、最悪だった。

周りの人はなにも言わなかったのか?

他の人達は真面目にやっていた。

技術が足りない人ももちろんいたが、この見るものの弱さを攻撃する脚本において、道化役割を果たそうとしていた。

しかし、その人は本当に嫌だった。

演出家はなにも言わなかったのか? それとも諦めてしまったのか。

まりおもしろくなかったのである

役者おもしろくなかったと書いたが、全員がそうでなかったことが唯一の救いだろう。

しかし、チケット代は主宰団体脚本家、演出家ではなく、出演していた知人の手のひらに直接握りこませたかった、というのが正直な感想だ。

2018-05-10

しばき隊界隈の「どんな人間も豚を差別することはできないのと同様、オタク差別することもできない」ツイートのその後をちょっと調べていた。

https://togetter.com/li/1220501

いかにもしばき隊らしい差別意識満載の発言で、まぁ言えることは「鏡を見ろ」くらいなもんなんだけど、その後の擁護の流れがなんとも。

「豚や牛などの動物にも人間と同じ権利があり差別されるべきではないという趣旨発言であり、文意を汲み取らずないキモオタどもプギャー!」

ということらしい。

一見するとあらゆる生命配慮した素晴らしく先進的な思想であり、人類進歩最先端にいるオレたち最高!みたいな「ニッポンスゴイ系ネトウヨ」の裏返しみたいな高揚感を得られる思想だ。スゴイ。

ただ、もしこの発言をまともに受け取ろうとすると一つ大きな矛盾にぶち当たってしまう。

我々人類は、動物人間の間に「差別」を設けることで現代の豊かな社会を作り上げているという現実だ。

例えば牛や豚はには自由恋愛は認められていない。繁殖邪魔からだ。

生命身体自由も与えられてない。加工肉として出荷するためだ。

思想自由移動の自由ももちろん無い。

我々人類はこれらの「差別」によって素晴らしい恩恵を受けている。

・安定した食料供給ができるようになり、飢えから解放された。

栄養状態改善により、病気やケガへの耐性が強くなった。

食糧確保の手間が減ることで、豊かな文化的生活を追求することができるようになった。

などだ。

現代人口73億人は、これらの「差別」がなければ成立しなかっただろう。ビバ「差別

我々人類動物の間には明確な違いがあり、人としての権利人権人間にだけ与えられるものだ。まともな常識ある一般人ならそう考える。

この前提を壊した先にあるのは人類の窮乏化だ。

動物への人権付与」が実現されたときに、現代の73億人は維持できなくなるだろう。人間権利大事か?動物権利大事か?というイデオロギーの間で人が死ぬ状況は、理想のために国民虐殺したポルポトと何が違うというのか。

さて、では今度は「動物差別されない社会理想だけど、現実に目を向けて動物差別は今までどうり黙認するよ」という、まるで憲法九条みたいな玉虫色解釈論で現実をやり過ごそうとしたとき何が起こるか。

 ”世界には「有用差別」が存在する”

という現実と向き合わざるを得なくなってしまうのだ。

差別って良くないよね?でも現実には差別によって社会は豊かだよね!」という社会を前にして

「男女の雇用差別って良くないよね?でも現実には女は妊娠するから雇わない方がいいよ」という声にどう対抗するのか?

真面目に差別に取り組んでいる人たちは「人権とは人類のみに与えられた権利」という大前提を外さない。

なぜなら差別を受けている人たちとは、まさしく「人権」を侵されている人々であり、「人権」の貴重さを身をもって知っている人たちだからだ。

人権は時に簡単に奪われ、取り戻すために大量の血が流れることもある貴重な宝である

そんな貴重な人権を、たかツイッターの論戦を擁護するために容易く動物に与えようとする人たちが「人権を守れ!」と叫んでいるという。

一体どんなジョークだというのか?

2018-05-09

自分が、許してくれるまで

私は今、うつ病を誤魔化してないものとしようと、大量飲酒した結果、アルコール依存症入院してます

TOKIO山口さんのように、言葉は悪いですが、"流行" に乗って #metoo でもしたいのかとでも毒づかれそうな話です。

でもニュースを見るたびに、心が苦しいので、吐き出そうと思いたち、書きました。

結婚をして数年たってもこどもに恵まれなかったので、「太っていると妊娠しづらいらしいわよ」と言われたこと。

そして会社でのイジメから、ほぼ意地になってダイエットをしていました。

会社帰りに、ジムに通いながら、ハイボールに、サラダチキン

限界までの糖質制限

私は流行ものを冷ややかな目で見ているふりをしながら、つい取り入れたくなる、ただの30も過ぎた普通の女です。

糖質はほぼなく、更にアルコールを分解するには当然、人体はエネルギーを使うので、スルスルと体重が減って、当時はそれが楽しくて堪らなかったのです。

約90kgあった体重の25%以上をなくしました。

でも、もうその頃には、まずお酒を飲まないと、食べ物を口にする事自体に罪悪感を感じるようになってました。

イジメの関連で通っていた精神科医にある日飲酒が発覚して、現在に至るというわけです。

話は飛びますが、私の祖父は、アルコール依存症でした。

祖母が大好きだった私にとって、"あのひと"は動物しか見えなかった。

その祖父と同じような歳の人間が、私の今いる病棟にはたくさんいます

廃人のように毎日、寝ている人もいれば、何かにとりつかれたように明るい人もいて、一言で「アルコール依存症」と括られるのだから世界は窮屈だと思いました。

朝昼夜のホールでの食事毎日、同じ席で赤の他人食卓を囲みます

それなりに会話を交わすうちに打ち解けるテーブルもあれば、いつまでも険悪なテーブルもありますから、すべては運です。

「ほんとうに、言葉は短いほどよい。それだけで、信じさせることが出来るならば。」

今朝、朝食をとりながら、毎日同じテーブルを囲む男性と、太宰治の「葉」の一文の話になりました。

たまたま病院の近くに、太宰治の墓があって、まもなく桜桃忌だという話になったからです。

「酒は体に悪い」

これがシンプルで短い真実で、それを自分に信じさせることが出来れば、どんなに楽か、とふたりで笑いました。

アルコール病棟というのは、意外とにこやかな場所なのです。

たまたま、隣の席に恵まれたということも、もちろんありますが。

何故、私がここに入院するようになったか、彼が知らないように、

ももちろん彼がなぜこの病院に入ることになったのかを知らないわけです。

でも林芙美子の言うとおり、私にとって「どんづまり世界は、光明紙一重で、ほんとうに朗らか」なのです。

こどものころ、こんな病気になって、こんな病院に入れられるような人間

きっと碌でもなくて、自制心も、教養も、まともな教育も受けていないような人間だと、思っていました。

動物のように、欲求を抑えることも出来ない、そんなイメージしか持っていませんでした。

隣席の男性はともかく、私が「教養のある人間」だなんていう思い上がりはまったくありません。

多分、彼も私も、小さく、普通に、素朴に、生きてきた人間のはずだと思います

それなりの勉学をこなし、それなりの大学を出て、日々与えられた仕事をこなし、小さく暮らしてきただけのはずなのです。

普通」に生きる、というのはとても難しいことなのだと知りました。

今、私は、"こどもの頃の私"の許しを待っています

偏見を持っていたこと全てが、鏡となって反射して、自分を許すことが出来ません。

周りは、「今気づいてよかった」「これから治療していこう」「前向きに」と誰も私をせめません。

一方の私は、どちらが"前"なのかすら、わかっていないのに。

そして、自分を、まだ動物だとしか、思えずにいるのに。

お酒の影響もあり、脳の能力が低下している、こんな私の文章は今、さぞや読みづらいことと思います

ただ、ひとつ伝えたかったのは、あの事件も「酔っ払ってあんなことして恥ずかしい」で片付けられるようなものではない、ということです。

全くお酒を飲めない人間以外には誰にでも起きうることです。ここ数日ニュースを見るたびに苦しいのです。

いつか、他の人ではなくて、自分自分を許してくれますように。

太宰治はこうも言っていました。

「私は、独りで、きょうまでたたかって来たつもりですが、何だかどうにも負けそうで、心細くてたまらなくなりました。けれども、まさか、いままで軽蔑しつづけて来た者たちに、どうか仲間にいれて下さい、私が悪うございました、と今さら頼む事も出来ません。私は、やっぱり独りで、下等な酒など飲みながら、私のたたかいを、たたかい続けるよりほか無いんです。」

 6月19日には、サクランボを探して、外出許可を取ってみようかと、思っています

2018-05-07

たった数センチの段差

何年か前に田舎から両親が東京観光しに来た。飛行機で1時間ちょっと距離

父は脳卒中で倒れてから半身不随で遠出の時は家から車椅子を持ってくる。

航空会社の方が非常に親切にしてくれて楽々来れたわよ~と嬉しそうな母。

東京の人の多さを私はよく知っているので平日休みを取って

なるべく人が多い時間帯を避け、車椅子邪魔になりそうな場所は避け、

念入りに計画したおかげで順調に観光スケジュールをこなしていた。

(もちろん途中で駅員さんはじめたくさんの方に親切にして頂いた。ありがたい。)

夜は母憧れの某オシャレエリアでお高めのお店を予約していた。

事前に「バリアフリー対応」で条件を絞り込み店を探していたことと

お店にも車椅子で来店する旨をお伝えしていたので安心していたのだが…

いざ店に行ってみると入口に3~5cmほどの段差が存在していた。

スロープにはなっていない。他の入口ももちろんない。

店の前で立ち尽くす私達家族店員さんは目を合わせてくれなかった。

記憶ちょっとおぼろげだがその段差は足が悪いうちのばあちゃんでも

私の肩にでも捕まってよいしょっと上がれるほどの些細な段差だったと思う。

それでも車椅子にとっては途方もない高い壁に思えた。

言語失調の症状も有り言葉は話せなくなってしまったけど、

家族観光している間楽しそうだった父が申し訳なさそうにしていたのがつらかった。

あの時“障害者様”という言葉が頭をチラついてお店には何も言えなかったが

お店が「バリアフリー対応」って書いてた意図はなんだったのだろう?

今まで困った人は居なかったのだろうか?

最高の家族旅行だったのだがあのお店のことがいつまでも気になってしまう。

車椅子の人に親切にした大阪の素敵なおっちゃんがいたという記事を見てまた思い出してしまった。

2018-05-04

新幹線に乗ってた子供が元気すぎた

ゴールデンウィークなので家族旅行がしたいと親に言われて、なんとか休みを取って新幹線で出かけてきたけど他所の子供が騒いでて辛かった……

別に何か親子に物申したいとかじゃなくて、単に人に話しづらくて行き場のない愚痴なのだけど

行きの新幹線で同じ車両に親子連れが乗ってたみたいで、子供がずっと「みて〜みてみて〜! キュアカスタード〜!」って大声で親に話しかけてた

でも親御さんの声はまったく聞こえなくて、反応ないからか子供もずっと1人で騒いでた

帰りの新幹線車両にはベビーカー乗るくらいの赤ちゃんが乗っててちょいちょいぐずっていたけど、これも親御さんが何かしてるわけでもなく……というか降車待ちですれ違ったら子供膝に乗せてゲームしてたし……

子供から声量調整できないとか、ある程度声出しても仕方ないのは分かる……分かるけど、なんかちょっとできることあるんじゃないのと思ってしまった

親が大声で怒るとかももちろん見たくはないけど、言葉わかって話せるくらいの子供だったら一言「小さい声で話して」とかおもちゃや他のものでなだめられないのかなとか

赤ちゃんあんまりぐずるならデッキに移動するとかできないのかなとか……育児エアプだからまりあれこれ言えないといえばそうなのだけど

そもそも育児が大変だとか体力を使うとかはなんとなくわかるけど、対策や周りへの配慮全然できないくらいなら子供落ち着けるようになるまで旅行くらい控えたらと思ってしまった

もちろん帰省だとか色々用事はあるんだろうけども……

子供が好きでもやっぱりうるさいときはうるさく感じるし、移動も朝早くと夜遅くで余計にきつく感じてしまった

今日イヤホンしたりで対策はしてたけど、次からはあまりそういう人とかぶらないように移動手段や日程を決めようと思った

◾︎追記

思ったよりたくさんの人が見て言及くれてて、ひとまず自分けが気になってるんじゃなくてよかったと少し安心(していいのかわからないけど)

親子向け車両とか色々あるんだなーと思ってもっと増えてくれたらいいのになあ……グリーン車ファミリー層が乗るって日は流石に逃げ場なさすぎて

ふわっと望むことしかできないけど、騒がしい親子が苦手な人も親子もどっちもうまいこと電車に乗れるシステムができるといいなあ……言及たくさんありがとうございました

2018-05-03

anond:20180502113901

まず、日本に住む大多数の人は男女問わず徴兵される覚悟なんてしていないんじゃないかな。

ただ、自衛隊への入隊を現実的に考えている日本に住む女性結構いると思う。

例えばあまり就職先がないような地方だったりすると、自衛隊という選択肢は男女問わず実は結構現実的だ。

高卒でも就職できるし、大体いつも募集してるし、給料をもらって働きつつ資格も取れるから

看護や保育、場合よっち介護もやっぱり専門学校くらいは出て学費を払って資格必要があるけど、自衛隊だとその必要もないし。

逆に男性でも自衛隊くらいしか就職先の選択肢が無いような状態でなければ、単なる憧れとかではなく、現実的自衛隊に入るかも、と考える男性は正直あまりいないんじゃないだろうか。

そもそも男性のみ兵役があって女性にはない韓国とかならともかく、軍隊は無いが自衛隊があって、女性自衛隊員も数は少ないとはい

普通にいる日本徴兵される覚悟が云々と言っても少しずれている気がする。男女問わず入隊できるし男性なら入隊の義務があるわけでもない時点で

すくなくとも男性のみ兵役義務があったり女性軍隊に入れない国に比べれば、日本制度上でみれば平等な方なんじゃないか

あとブコメでも指摘があったが、力仕事・汚れ仕事日常的に文句も言わず行っている女性大勢いる。

土木作業だと女性はあまりいないが、介護看護・保育・清掃・小売り(スーパー等品出し作業も当然ある)等、力仕事を避けては通れない、力仕事がメイン業務の一つである

仕事に就いている女性大勢いる。

しろ「力仕事は男がやれ」と言われる職場というのは、力仕事自体イレギュラーしか発生せず、普段は力仕事をする必要がない職場だと思われる。

(例えば介護施設で「女性から力のいる入浴介助は割り振らない」という事は男女比で考えて通常あり得ないだろう。逆に男性営業女性事務をやってるような職場だとフロアの移動等が発生した時

男性にまず力仕事が回って来るということはあると思う)。

女は力仕事・汚れ仕事を嫌がり行わない、軍隊自衛隊に入る覚悟がある女性なんていないだろう、という認識

正直現実とはかけ離れているというか、机上の空論というか、「女性仕事」と言えばフィクションに出てくるような小奇麗にして事務とかキラキラした感じの仕事だ、みたいなステレオタイプの男女像に捉われているんじゃないか

そういうキラキラしたような仕事に就こうと思っても就職の時点で女性男性は同じ学歴でも女性の方が正直ランクが落ちる企業しか内定が出ないという事もあるし、その結果介護ブラック企業などの

きつい仕事女性大勢流れているという事もあるだろう。(就職先の選択肢がある場合でもそうなんだから選択肢がない地方だと・・・

ただ、自衛隊もやはり隊員の大多数は男性だし男社会から続けるのは難しいとか、体力的な問題自衛隊をあきらめてもっと待遇の悪い仕事自衛隊も大変だけど、給料はある程度は出るし資格も取れる仕事だ)に女性が流れている(派遣とかブラック企業とか介護とか)という事はあると思う。

あと土木作業をできるものならしたいが体格だったり「女性には無理」と断られ、土木作業員より正直スティグマのある風俗産業に流れてる女性と言うのもいるんじゃないかな。

それでも女性なら結婚して寿退職すればいいと思うかもしれないが、寿退職の後待っているのは、主婦として育児介護家事などの力仕事子どもを抱きかかえるのも介護ももちろん力がいる)・汚れ仕事介護育児に下の世話はつきもの掃除排水溝・トイレ掃除などは汚い)だ。

なんとなく、こっちからすると語り口からして増田はなんだかんだある程度仕事選択肢もあって恵まれている環境にいるような気がするんだよ。

まあ男女平等を訴える女性の中でも目立つ人・発信力のある人はキラキラした仕事と言うか、社会上層部に属する人が多いという問題はあるかもな。

というか、そういう人じゃないと何の世界でもなかなか発言権が無かったりするという、身もふたもない話な気もするが。

まあなんにせよ見えてる世界が違いすぎるんだよな。

歩く名義

好きなジャニーズコンサートツアーチケット抽選申し込みが始まった。

少し前まではかなり力を入れてそのジャニーズのことを応援していたから名義(ファンクラブのに登録している名義の数)は3つあるのだけど、所謂担降りをしてからはかなり冷めているので次の更新の時点で1つしかさない予定で3名義かけられるのはきっと今回のツアー最後だ。

それで、冷めてきてはいものの一番行きやす東京公演だけはとりあえず行こうということに決めていた。4日間4公演あるが学校バイト関係で土日が丁度いいと思って3名義それぞれで第一希望を土曜で2枚、第一希望を日曜で2枚全部で6口申し込もうとしていた。

いつもなら交換に使えるということで最大枚数の4枚で申し込むのだが、今回はデジチケなのでダブりが出た時にやり取りしにくいと困ると思って4枚でなく2枚でと思った。

ツアー日程が決まった時にそのようなことをTwitterヲタアカツイートしたら「一緒に入ろう」と言ってきたヲタクの友人がいた。彼女はここ数年間の東京公演をずっと一緒に入っている所謂安定みたいな人だ。だから今回も迷いもなく彼女と連番して…というわけには行かなかった。というのにも彼女はまだそのグループ担当で、担降りをしている私にとって彼女熱量に付いていけるか、また付いていけるフリをすることが出来るのかどうかが危うかった。

彼女とはヲタクとかなしに人として付き合いやすくて出来ることなら一緒に入りたいものだが、そういったことの億劫から一人で行けるものなら一人でとして彼女に具体的な日程を提示されなければ一人で入ろう、またチケットが余ったなら彼女に声をかけてみようと思っていた。

そうして申し込みが始まってから日経った今日彼女からツアーどうする?」とまあアバウトなメッセージが送られてきた。どうする?とは私自身がそもそも公演に入るかどうかのことなのか、それとも彼女が私と一緒に入るであろう公演をいつにするかどうする?なのかまたはツアー誰と入るのお前もしかして一人で入る気でいる?なのか一体どういう意味なのかわからなかったが私なりに2つ目と解釈して、私は上のように土日に申し込みたいと返した。

すると「待って日曜はもしかしたらAとB(どちらも私と彼女共通の友人)と3人で入るかもしれない…」と返ってきた。こういう時の彼女の ~の可能性がある=~と確信している となる。彼女はそうやって悟るよういつも無意識示唆してくる。従って「もしかしたら」「かもしれない」は確定事項であるため、彼女を待つまでもなく日曜日、私と彼女とは一緒には入れないことが確定した。

それは別に良い、日曜日に一人で入れるのであればそれはそれで気を使わなくて済むので逆に助かる。しか彼女はその後に「金土は厳しい?」と聞いてきた。きっと彼女なりに言わせると「金曜が空いているのなら金曜にも一緒に入ってくれ」ということなのだろうけど、彼女圧力をかけていることすら無意識からこれはきっと拡大解釈だ。そんなことはいい。何かと言うと私は金曜日の公演に申し込む気は無いということだ。

その理由ひとつ金曜日学校があり公演に間に合わせるためにいつもより忙がなければならないことが嫌なことがあり、もうひとつヲタク的な価値観がある。基本的ジャニーズツアーはどの公演も構成が変わらない。一般に言わせればどの公演も同じなのだヲタク的にはそもそも同じ公演ではない。これは多分私と私の周囲だけが思うことではないくらいに当たり前でもあると思われる。簡潔に言うと平日よりも休日のほうが価値も倍率も高いのだ。それは学校仕事事情で圧倒的に休日の方が行きやすいことも大いにあるのだが、そういう要因も若干加味して平日は倍率が低くなる。取りやすい公演を複数申し込みしてタブるということは捌けなくなって詰むということに繋がる。つまりそれ程好きでもなくなったグループの公演でしか本来入ろうと思っていなかった私がそんな役目を被るのは勘弁というだけの話である

そこで自分は金曜自体は空いているけど土日の方が都合がいいので、自分の名義をかけるのは土日にしてもいいなら彼女は金曜かけてもらってもいいかと返した。彼女は「それでいこう 2名義あるから金曜土曜それぞれ第一希望で申し込む感じで」と許諾してくれたのだが私はひとつ気になった。2名義あるからというところだ。恐らくだ彼女は名義を4つか3つは持っていたはずだ。それは日曜日に友人と3人で入る分にいくつか名義を使ったとしたなら(お前と一緒に入るのに使える名義は)2名義あるからということなのか、または今はいくつかの名義が有効期限切れになってしまっているのだとしたら(今使い物になる名義は)2名義あるからということなのかだ。

前の場合特に問題はない。寧ろ倍率低めの平日含めたの公演に2名義かける彼女と若干取りにくい休日公演に3名義かける自分とがフェアな気がする。問題は後だった場合だ。彼女の使い得る名義の数が2つだった場合、私と入る金曜と土曜に加え共通の友人2人と彼女と3人で入る日曜も同一の名義で申し込む可能性がある。普通、倍率の高い公演を複数申し込みして複数当選することはあまりない。すなわち彼女の2名義は日曜にもかけられているということを彼女が私に隠していた場合の話だ。そして併せて私のかけた3名義のいずれかは当選し、彼女のかけた2名義のいずれかが日曜に当選した場合だ。そうなった時私はきっと重大なロスをしたことになるだろう。歩く名義として良いように使われたというわけだ。

もちろん今はそうなると決まったはずもなく、彼女は全部で4つの名義を持っていた可能性、日曜日にかけていない可能性、日曜日当選しない可能性も十分にあるわけで、それ以前、それ以降のことはもはや予測しようがない。というかこんなことを考えて真面目に書き出して見てたら今更そこまで好きでもないグループの公演の当落なんていくつどう名義をかけるかなんてどうでもよかったことに気づいた。ここで希望の公演が当選しなくとも私はきっと入りたい公演にはどういう手段でも誰とでももちろん一人ででも入るだろう。ただひとつ私にとっての一番いい形としては彼女のかけた土曜と私のかけた土曜と日曜がそれぞれ当選し、土曜はダブりの中で良い方の席に入り、日曜は同行の人を募ってほぼ1人の状態で入りそれがめちゃくちゃ良席であることだ。もしかして彼女のことを歩く名義として見ていたのは私の方では???あいい。多分このまま私は彼女と金曜日の公演に入ることになるだろう。

以上、毎回一緒に入ってるヲタ友と話合わなくなってきて1人で入りたいけど一緒に入りたい気持ちもあるから結果自分は良いとこ取りできたらいいなと思ってるって話。次回から一人で入ること前提にして名義かけよう。

2018-05-01

女の転職

女の(若くない)転職厳しい。

履歴書送ってもないプロフィールで落とされる。

面接で落とされることももちろん。

氷河期後期で就職してブラックすぎて今なら炎上必至の会社に15年務めて、得たものはせいぜいこの根性専門職でもないしがな根性営業マン

もうこのブラック未遂ギリギリ会社にいるのは無理なんだ。40歳になったとき、きっとこの会社わたしに逃げ場がないと踏んで今よりもっと過酷労働を強いる。それを何人も見てきた。

逃げないといけないって、気が付くのが遅かった。

まだ間に合うと信じたい。

ただ「なぜ今更転職をするのですか」の問いに答えようとすると、本音会社悪口になってしまう。ので、どうしても当たり障りない「これまで培ったスキルを活かせると思い」的なことをはなしてしまう。なんだよ培ったスキル!ないない!!

はぁ。誰か雇ってうれないかな。土日休み夏季休暇と年末年始休暇があって正社員賞与が年2回あって年収300万くらいの仕事ならなんでもやるのに。

よくある話なんだろうけど

ここ3年間、片思い相手のことを世界一愛している。相手には家庭があり、アクションを起こしてはいけない、気持ちを伝えることももちろん許されない。

私がこれから享受する予定の人生における幸福ポイントすべて使い果たして構わない。彼と彼の大切な人達世界一幸せだと感じられますように、楽しいことは出来るだけたくさん、悲しいことなるべく起こりませんようにと暇さえあればなんの効力もない、頭の中の神様への祈りを繰り返すだけの毎日だ。

一目見た瞬間、名前も知らずまだ一言も交わさないうちに私この人のことを好きになる!と雷に撃たれた。何様だと我ながら思うが、彼は、面食いの私がそれまで幾度となく恋してきたいわゆる"イケメン"とは程遠い。それでも言葉を交わす度好きな気持ちは募るばかりで今に至る。

なんでこんなに好きになっちゃったんだろうなぁと答えの出ない疑問を何度も考えてきた。しか最近ひょっと、あることに思い当たった。

彼らを構成するほんの一部分に過ぎないが、彼と私の父には共通点がちょこちょこあるのだ。ファザコンかな

出身地誕生日干支血液型。兄妹構成性別込み、両親の職業(珍しい組み合わせだと私は思っている)。同年代学生時代家族構成のある変化。飼っていたペットとその種類。職業複数趣味。そして漢字表記こそ違うが名前パートナー名前それから子供名前

このくらいの共通点、世の中のどんな2人でも探せばまああるものだとも思う。というか図に乗らないよう、必死に思っている。あくまでも父との共通点であって、私自身との共通点じゃないし...

それでもこれまでの会話を思い出しては同じところを指折り数えて、ドキドキするのを止められなかった。答え合わせができた!とつい興奮してしまった。

叶わないけどもしかするとこれも1つの運命かもって、このバカに夢だけどうか見させてねー

2018-04-29

anond:20180428222621

もち食べれるならその辺の尊厳は捨てるわ

情けなくとも恥ずかしくとももちは食べたい

だが死にたくはない

2018-04-28

近所の爺さんが餅を詰まらせて死んだ

よく正月ニュースで聞くけど身近で本当に詰まらせて死んだのは初めてだわ

もち怖い

ももち好きだから多分自分年寄りになっても食べたくなると思う

食用バサミで細切れにして食べればおk

シングルマザー山口達也さんとの共通点

数日もやもやしているのでここに書きます

山口達也さんのたいしたファンでもない私が記者会見情報を見て、一番「えぇー!」と思ったのは、山口さんが退院後、一人で荷物の片付けをしていたってこと。そうなの!? あんアイドルになってもそういうもんなの? 入退院なんて一大イベントじゃん? だれも心配になって来てくれないの? と心がざわざわした。アルコール依存のことも記者会見で何度も問われ、いろいろ書かれてるみたいだけど、それならなおさら、なんで誰も迎えに行かなかいか?って思った。

ちなみに私は山口さんと同じ歳、しか子ども高校生女子)。

子ども中心目線で考えれば、今回の件は、ちゃん拒否できてよかった、社会的対応されてよかった。同じようなことがあれば、私(親)もすぐ助けに行けるように、相談してもらえるように、しておこう、って思った。

でもそれを越えて、私自身が山口さんと同じ状況にあるじゃん、どうしたらいいの?って気持ちがある。

40歳を越えると、誰でもいいって訳にはいかなくなる。私は公務員なので、特に社会的問題になったときの、職場への影響を考えてしまう。その上で、

買春はまずい(いくら合法でも問題になる)

不倫は嫌だ(これは信条。お互いの子ものことを考えると説明できないし影響が大きすぎる)

身の回りで紹介してもらうと後がめんどくさい(元夫/妻への体裁もあるが、そもそも、どういうつもりで紹介してほしいか説明し難い。「彼氏」が欲しい…って、はあ?って感じだし。そういう風には思っていない)

こう書くと擁護してるように思われるかもだけどそうではない。言いたいのは、じゃあどうやって日常を乗り切れるパートナーをみつけられるのか、って部分。これが山口さん(バツイチアイドル)とシングルマザー共通してるっていう…すみません…そういう主張です。

山口さんの記者会見の中で、「彼女はいません」という発言めっちゃ違和感を感じた。

全貌をちゃん検証できてないのだけど、記者質問に応えた後、あっ、もしかしてこれ聞かれてる…?という雰囲気の中でのコメントだったと思う。違和感は、それが期待されているのかやっぱり…!?っていう部分。

知り合いのシングルマザーで、「彼氏」がいる人はけっこういるんだけど、そういう枠組みがもう嫌。子どもと同列じゃん?

もういい大人なんだし、彼氏、とかではないと思うんだよね。山口さんだって彼女」がいればどうかなったって訳じゃないよね、たぶん。

呼び方はもういいや。日本語で「彼氏」「彼女しかないなら、それでいくとして、

求めているものそれ自体も違う気がする(だからこの呼称が使えないと思っている訳なんだけど)。必要なのはセックスだけでは当然なくて、仕事への理解人生を支えること、(お金はそれぞれでどうにかする、というのを基本として>私の友人のシングルマザーは変な彼氏を養ってる人もいるので自戒)などを満たしてくれるかもしれない人と、どうやって出会えるのか、という点。

出会いすらない。というか、社会制度的に阻害されている。

もっと大人フランク出会える場とか、それが許容されるストーリー(それが当然だと社会的にも認められるようなシチュエーション)が必要だと思う。出会い系サイトとかホストクラブとかじゃなくて。

子ども高校大学生)は試行錯誤の期間だし、いろいろやってみたらいいと思う。

でも大人試行錯誤できない社会的制限がある。しかも、いま提供されている売春やらお見合いサイトやらでは、問題もある上、満足できないのは明らかだ。(だって人間関係の充実を求めているんだからね、基本的に。セックスももちろんしたいけどさ!それだけでは満足できないのはもう明らかだし)

ということで、知りたいのは、世のシングルマザーがどうやってパートナーをみつけれてるのかってこと。

ちなみに私はもう結婚入籍)する気はない。

知り合いには、シングルマザーになって、職場とかで相手みつけて再婚出産)ってケースはいくつかある。

もうでも私は産む気はないし、でもセックス含めて、よい関係相手をみつけたい(男性じゃなくてもいい)。でもそういう場は、日本にはないし、社会的制度的に性的関係から阻害されている気がする。社会の中で、そういうニーズをうまく位置づける仕組みなり物語なりが必要な状況だと思う。

2018-04-26

トロトロの肉も美味しいしもちもちの食べ物も美味しい

刺身も美味しくないし寿司も美味しくない

anond:20180425222606


上増が盛り上がってるので前々から感じていたモヤモヤ開陳しとこう。

ネットで見るコメントで「なんで柔らかい肉なんて持て囃されてるんだ?歯応えのある肉のほうが旨いだろ?」「なんでもかんでももちもちにするな」的なものをよく見る。

そしてそういう流れに一旦なると「柔らかい肉美味しい」とか「もちもち美味しい」というコメントする者は現れない。

単純にいつものマスメディア喧伝する内容に反応する人の声が大きいってだけなのかもしれん。

情報リテラシー高めのネット界隈じゃ味覚障碍者扱いされそうだが、口の中で蕩けるお肉最高だし、もっちりもちもちな食べ物大好物だ。

こんなマスコミ洗脳された味覚障碍者亜鉛を飲めば治るのだろうか。

コモンセンス

前回早朝に書いたときは誰も見てなかったのでもう一度書く。

憲法9条悪魔の条文だ。

平和を脅かし、国民主権を踏みつけにし、主権国民権利をないがしろにしつづけている。

しかもそのうえで国民に私を敬え、守れと強要してくる。

今、安倍政権とりまく種々の問題はすべてこの条文を改正しようとしているがために起きている。

それはクワトロ・バジーナシャア・アズナブルその人であるというくらい公然の秘密だ。

70才を超え、TVばかりみている私の父でも知っている。

なんなら左翼シンパ母親だって知っている。

戦争放棄平和憲法の条文を守ることを政治信条とする人間たちが、話し合いをする場でいつも話し合いをせず、相手をゆるさず、理解せず、ただただ痛烈に非難するだけなのに、国と国との紛争解決の場で、兵士市民の命を懸けて武力を用いそうになっている極限状態で、急に他の人たちには決してまねのできないレベル有意義な話し合いをするという。

なんという傲慢。なんという他人蔑視。なんという問題認識能力の不足。

これはごくごく単純なコモンセンスだろう。

トマスペイン今日本に生きていたら「イエス高須)」と賛同してくれるに違いない。

安倍政権よりも真っ先に糾弾すべきは野党だ。まっとうな政治をするために欠けているのはまっとうな政権よりもまっとうな野党だ。

これは国民コモンセンスだ。

から選挙が怖いんだろう?

 

でもこんな国民コモンセンスが決して共有されないマスメディア

彼らは野党とタッグを組んでいる。これもコモンセンス

メディア安倍政権追求報道を見ていると、「アポロ月面着陸していなかった説」を主張する陰謀論者の話を聞いているようでほとほと理性をすり減らしてしまう。こっちまで馬鹿になりそうだ。

どんなに有効反論をしても黙殺されて、何か自説に都合の好さそうな材料小出後出しで持ってくる。

これはオールドメディア自殺としてのちに歴史教科書に載るべき事件だ。この事件の構図や裏側をスクープすることこそジャーナリズムじゃないのかね。いや本当に。

ところで、私はしがないサラリーマンだ。生活必死だ。後進国の人々に生活水準でどんどん追い越されている立場のものだ。

でも、こういう私を赤化あるいはリベラル化しようとはせず、馬鹿にしているエリート層が日本の赤でリベラルだ。これも公然の秘密だし、コモンセンスだ。

こういう増田を書けば、私もネトウヨ揶揄されているものの一人になるだろう。

でも私は思う。私は荻上チキ文化論ではい友達になれると。もちろんこれはコモンセンスじゃない。

でも彼は私のことを馬鹿にして決して友達とは思ってくれないだろうね。これはコモンセンスかもしれない。

さて私は2度転職して3度パワハラを受けた。今の野党がやっているような内容だ。

できるはずのない仕事量を押し付けミスがあった。仕事の基礎を揺るがすようなミスだと騒がれた。でも本当は些細なミスだ。騒いでいる当の本人が協力すれば防げたし、わずかな時間カバーできる。本当に基礎をゆるがすようなミスならばあなたはなぜそんなに無関係を気取っているのか、本当にあなた責任はないのか、なぜそんなに非協力的なのか全く理解できなかった。

野党悪魔の条文を守るためにやっていることは、国民生活を脅かすパワハラ文化日本根付かせ、正当性を与えるようなものだ。

多くの人は見たことあるだろう。パワハラ現場を。あの野党のやり口はまさにそれではないか

労働者を守る。代表する。と自認する立場国会議員労働者が苦しむパワハラのやり方を公開講座として日々メディアにのせる。

狂気世界だ。

森友問題は、安倍昭恵さんの脇が甘くて詐欺師に懐にもぐりこまれたのが真相なのはコモンセンスだ。奔放な性格昭恵さん証人喚問して、そのうえで挑発して不規則発言誘導旦那の首をとろうという野党とその協力メディアの筋書きもまたコモンセンスだ。こういう本当に罪を犯していなくても有罪として裁いてやろうというやり口が職場ならパワハラだし、学校ならいじめのやり口そのものだというのは、もちろん、コモンセンスだ。

私はたまたま利益を上げることできる才能と運に恵まれていて3度ともパワハラをしのげた。だが、昭恵さん相手が悪い。スターリンのように罪状はなんでもいい。最初から首だけを狙っているからだ。これもまたもちろんコモンセンスだ。

加計問題本質安倍さんの友人であれば人権制限される。ゆがめられてきた獣医教育行政を正す機会と能力に恵まれても実行してはならない。安倍さんの友人が安倍さんと志を同じくして協力してはならないという点にある。安倍首相は常に孤立していなければ不正なのだ。これは野党メディアコモンセンスだ。一方で、セクハラをしたとされる福田財務次官よりもよほど悪質で、直接手まで出している鳥越俊太郎氏が別段問題視されず、その後もTVでご意見番をしているのは悪魔の条文の有力守護であるからというのは国民コモンセンスだ。守護者たちの友人関係は「善」なのだ自分たち連帯が素晴らしいからだ。

台湾出身で、台湾国籍をさかのぼって抜くために台湾政府に借りを作っている野党議員や、他人疑惑の総合商社非難しておいて自分詐欺を働き、さらにそのうえで「ワークシェアリングだった」などと珍妙言い訳をして今また首相詐欺師扱いしている野党議員、そういう人たちがのほほんと議員を続けていられるのも悪魔の条文の守護者に加担しているからだ。これももちろんコモンセンス

外国に借りを作った国家権力者がその後どういう行動をとるか、ドイツ特別列車用立てられたレーニンドイツ講和をして領土をたくさん割譲した例をみても明らかだろう。そして結局即時講和平和を叫んでも実際は列強干渉戦争を呼び込んでしまった。

自分詐欺を十分に反省しない癖に、ほとんど女と甘酸っぱい時間を過ごせていない私のようなすばらしい日本男児をレイプの子孫として世界に紹介し、歴史に記録しようとする。だれもまずは自分がやりすぎなくらい反省しなさいよと教えてあげない。他人にはやりすぎなくらい反省しなさいと強要してくる。20万人の性奴隷強制連行嘘八百というもやはりコモンセンスだし、罪のない無力な市民を無実の罪で吊し上げ迫害するのが左翼政治信条。これもコモンセンス

私たち知る権利野党を正す権利労働者としての権利歴史的無実を叫ぶ権利挙句の果てには総選挙民意を示す権利でさえも憲法9条を守るという大義名分によって踏みにじられようとしている。この条文があるからこんなことが立て続けに起きるのか!?そうなのであれば、必ず!絶対に!すぐさま!憲法9条悪魔の条文は改憲されなければならない。これこそがここで一番言いたかったコモンセンスだ。

私がもし熱烈な護憲論者なら今すぐこの卑劣改憲阻止運動糾弾する。国民すら二派にわけて争わせる平和主義者・武力放棄論者があってたまるか。(武力蜂起論者なら合点がいく。)

そんなやつらには絶対紛争を話し合いで解決できないだろう。今だって解決できないし、する意思もない。拷問の末無実の罪を自白させるようなことをやっている。まぁ、政治信条からしてそういうやり方が好きなんだろうけど。これもやっぱりコモンセンスだね。

anond:20180425222606

刺身はそのグレードももちろんだけど、慣れの問題が大きい。白身魚の味とかは本当に慣れてないとわからいから、いわゆる高級魚はだいたい難しい

あとは生肉ってもの自体本能的な魅力を感じるかどうかだと思う。よく焼いた牛肉よりもレア肉が、ユッケが食べたいみたいな感覚があるかどうか。焼き魚干物とか酒蒸しとかよりも本能的な味を食べたい感覚

コモンセンス

憲法9条悪魔の条文だ。

平和を脅かし、国民主権を踏みつけにし、主権国民権利をないがしろにしつづけている。

しかもそのうえで国民に私を敬え、守れと強要してくる。

今、安倍政権とりまく種々の問題はすべてこの条文を改正しようとしているがために起きている。

それはクワトロ・バジーナシャア・アズナブルその人であるというくらい公然の秘密だ。

70才を超え、TVばかりみている私の父でも知っている。

なんなら左翼シンパ母親だって知っている。

悪魔の条文を守ることを政治信条とする人間たちが、話し合いをする場でいつも話し合いをせず、相手をゆるさず、理解せず、ただただ痛烈に非難するだけなのに、国と国との紛争解決の場で、兵士市民の命を懸けて武力を用いそうになっている極限状態で、急に他の人たちには決してまねのできないレベル有意義な話し合いをするという。

なんという傲慢。なんという他人蔑視。なんという問題認識能力の不足。

これはごくごく単純なコモンセンスだろう。

トマスペイン今日本に生きていたら「イエス高須)」と賛同してくれるに違いない。

安倍政権よりも真っ先に糾弾すべきは野党だ。まっとうな政治をするために欠けているのはまっとうな政権よりもまっとうな野党だ。

これは国民コモンセンスだ。

から選挙が怖いんだろう?

でもこんな国民コモンセンスが決して共有されないマスメディア

彼らは野党とタッグを組んでいる。これもコモンセンス

メディア安倍政権追求報道を見ていると、「アポロ月面着陸していなかった説」を主張する陰謀論者の話を聞いているようでほとほと理性をすり減らしてしまう。こっちまで馬鹿になりそうだ。

どんなに有効反論をしても黙殺されて、何か自説に都合の好さそうな材料小出後出しで持ってくる。

これはオールドメディア自殺としてのちに歴史教科書に載るべき事件だ。この事件の構図や裏側をスクープすることこそジャーナリズムじゃないのかね。いや本当に。

ところで、私はしがないサラリーマンだ。生活必死だ。後進国の人々に生活水準でどんどん追い越されている立場のものだ。

でも、こういう私を赤化あるいはリベラル化しようとはせず、馬鹿にしているエリート層が日本の赤でリベラルだ。これも公然の秘密だし、コモンセンスだ。

こういう増田を書けば、私もネトウヨ揶揄されているものの一人になるだろう。

でも私は思う。私は荻上チキ文化論ではい友達になれると。もちろんこれはコモンセンスじゃない。

でも彼は私のことを馬鹿にして決して友達とは思ってくれないだろうね。これはコモンセンスかもしれない。

さて私は2度転職して3度パワハラを受けた。今の野党がやっているような内容だ。

できるはずのない仕事量を押し付けミスがあった。仕事の基礎を揺るがすようなミスだと騒がれた。でも本当は些細なミスだ。騒いでいる当の本人が協力すれば防げたし、わずかな時間カバーできる。本当に基礎をゆるがすようなミスならばあなたはなぜそんなに無関係を気取っているのか、本当にあなた責任はないのか、なぜそんなに非協力的なのか全く理解できなかった。

野党悪魔の条文を守るためにやっていることは、国民生活を脅かすパワハラ文化日本根付かせ、正当性を与えるようなものだ。

多くの人は見たことあるだろう。パワハラ現場を。あの野党のやり口はまさにそれではないか

労働者を守る。代表する。と自認する立場国会議員労働者が苦しむパワハラのやり方を公開講座として日々メディアにのせる。

狂気世界だ。

森友問題は、安倍昭恵さんの脇が甘くて詐欺師に懐にもぐりこまれたのが真相なのはコモンセンスだ。奔放な性格昭恵さん証人喚問して、そのうえで挑発して不規則発言誘導旦那の首をとろうという野党とその協力メディアの筋書きもまたコモンセンスだ。こういう本当に罪を犯していなくても有罪として裁いてやろうというやり口が職場ならパワハラだし、学校ならいじめのやり口そのものだというのは、もちろん、コモンセンスだ。

私はたまたま利益を上げることできる才能と運に恵まれていて3度ともパワハラをしのげた。だが、昭恵さん相手が悪い。スターリンのように罪状はなんでもいい。最初から首だけを狙っているからだ。これもまたもちろんコモンセンスだ。

加計問題本質安倍さんの友人であれば人権制限される。ゆがめられてきた獣医教育行政を正す機会と能力に恵まれても実行してはならない。安倍さんの友人が安倍さんと志を同じくして協力してはならないという点にある。安倍首相は常に孤立していなければ不正なのだ。これは野党メディアコモンセンスだ。一方で、セクハラをしたとされる福田財務次官よりもよほど悪質で、直接手まで出している鳥越俊太郎氏が別段問題視されず、その後もTVでご意見番をしているのは悪魔の条文の有力守護であるからというのは国民コモンセンスだ。守護者たちの友人関係は「善」なのだ自分たち連帯が素晴らしいからだ。

台湾出身で、台湾国籍をさかのぼって抜くために台湾政府に借りを作っている野党議員や、他人疑惑の総合商社非難しておいて自分詐欺を働き、さらにそのうえで「ワークシェアリングだった」などと珍妙言い訳をして今また首相詐欺師扱いしている野党議員、そういう人たちがのほほんと議員を続けていられるのも悪魔の条文の守護者に加担しているからだ。これももちろんコモンセンス

外国に借りを作った国家権力者がその後どういう行動をとるか、ドイツ特別列車用立てられたレーニンドイツ講和をして領土をたくさん割譲した例をみても明らかだろう。そして結局即時講和平和を叫んでも実際は列強干渉戦争を呼び込んでしまった。

自分詐欺を十分に反省しない癖に、ほとんど女と甘酸っぱい時間を過ごせていない私のようなすばらしい日本男児をレイプの子孫として世界に紹介し、歴史に記録しようとする。だれもまずは自分がやりすぎなくらい反省しなさいよと教えてあげない。他人にはやりすぎなくらい反省しなさいと強要してくる。20万人の性奴隷強制連行嘘八百というもやはりコモンセンスだし、罪のない無力な市民を無実の罪で吊し上げ迫害するのが左翼政治信条。これもコモンセンス

私たち知る権利野党を正す権利労働者としての権利歴史的無実を叫ぶ権利挙句の果てには総選挙民意を示す権利でさえも憲法9条を守るという大義名分によって踏みにじられようとしている。この条文があるからこんなことが立て続けに起きるのか!?そうなのであれば、必ず!絶対に!すぐさま!憲法9条悪魔の条文は改憲されなければならない。これこそがここで一番言いたかったコモンセンスだ。

私がもし熱烈な護憲論者なら今すぐこの卑劣改憲阻止運動糾弾する。国民すら二派にわけて争わせる平和主義者・武力放棄論者があってたまるか。(武力蜂起論者なら合点がいく。)

そんなやつらには絶対紛争を話し合いで解決できないだろう。今だって解決できないし、する意思もない。拷問の末無実の罪を自白させるようなことをやっている。まぁ、政治信条からしてそういうやり方が好きなんだろうけど。これもやっぱりコモンセンスだね。

2018-04-25

JKの良さってのは肌艶ももちろんだが反応の初々しさも大きい

そういう所に例のメンバーも入れ込んだんだと思うが

これが20歳20代半ばぐらいになると世知も付き、こざかしき小知恵も付き、劣化男みたいになってしまうのである

anond:20180425165425

良いよ。

女性専用車両に反対ももちろんオッケー。良いよ。存分にやろう。

犯罪者識別する方法がない」から「誰も排除してはいけない」という理屈理解した。

なら、厳選した精神的疾患持ちは犯罪者じゃないからさ。サイコパス犯罪者じゃないからさ。

カニバリズム好きな人だって、本当に罪を犯したわけではないからさ。

ゲイがたくさん居るところだってほとんどの男は痴漢じゃないからさ。

お前、同じ部屋の中に入ってみてよ。それでもし痴漢されたり、殺されかけても排除しちゃダメだぞ★

anond:20180425023409

「絵に描いたようなオタク像」をサブカルチャー自体再生産している、という点については同意。だが「だから差別ではない」という主張には同意できない。そもそも社会的差別存在しなければ、ステレオタイプな「オタク像」が笑いやからかい対象として成立しないのだから、それをもって「差別ではない」というのは無理筋だ。被差別者自身が彼ら自身の中に階層を作って「弱い者が更に弱い者を叩く」構造を作り出すのはよくあることだ。その構造を生み出すのが、彼ら自身の弱さなのか社会からプレッシャーなのかは問題ではない。これはよくある差別の一風景に過ぎない。

どうも、何か「差別ダメゼッタイ」的な低レベル学校人権教育からくる悪影響かとも思うのだが、「差別者=悪魔被差別者=哀れな善人」というイメージ典型モデル)を抜け出せない人は意外に多いのだなと思う。実際の「差別」の諸相でそんなことはあり得ない。とき差別者が、自らの差別意識に苦しんだり差別意識のせいで人間関係を壊して悲惨な目に遭うことがあり、彼らは十分可哀想な人であったりもする。逆に被差別者がその立場を笠に着て横暴な行動を繰り返したり被差別者の中で被差別者の王として振る舞うことだってよくあるのだ。差別を考える上で、上記のような典型モデルほど当てにならないものはない。差別者だから不正なのではないし、被差別者であることが主張の正当性担保するわけではない。

たとえば「いじめももちろん「差別事象である。そして、それが差別だということの意味は「偏見に基づいて、特定属性個人が、社会的排除されるといったことも含めて不利益を被るのは不当である」ということであり、それ以上ではない。いじめ解決はいじめ被害者の心に寄り添って周囲がそれを100%実現することではなく、いじめという差別事件引き起こした小さな社会構造自体を変えることである。その意味では、加害者を過剰に罰することは、たとえ被害者がそれを望んだとしても当然避けるべきである差別絶対カードではない。被害者に寄り添っているからといって、それが正義になるわけではない。

被差別者から正しいわけではない」ことを前提とすれば、「オタク」を排除しようとする社会的偏見で「オタク」が不利益を被っていることは事実であり、それは差別に相当する不当な行為である、と言えることになる(そしてそれはおそらく主張として正しい)。ゆえにオタク差別されている。一方で、それは「オタク」を正当な理由に基づいて批判することを妨げるわけではないし、「虐げられしオタク」が全面的擁護されるべきだということも意味しない。差別差別でありオタクに対して偏見をぶつける行為は不当であるが、その場合正当な反応というのは、あくまで「オタク別にいいんじゃない」であって、それ以上の反応(たとえば「オタク大好き」とか「オタクを救え」とか)ではない。そういうことは、倫理的判断されるのではなくあくま政治的判断されるべきことだ。すなわち、社会の中でお互いに正当性を主張し合い、社会的リソースをどう配分するかを合理的に話し合うということである

まり増田の主張は「差別されているとしても、オタク差別社会的リソースを配分する必要はないのでは?」という方が正確なのではないか。それはそれで一つの主張ではある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん