「ピエール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ピエールとは

2019-04-05

犯罪エンタメ自粛について

ピエール瀧のこと嫌いじゃないしむしろ好きだし好きなんだけど

なぜピエールが払った金が悪いことに使われてると考えないんだろう。

和月もそうだった。和月のこと嫌いじゃないし本人はともかく漫画面白いんだけど

和月したことは結局未成年女児被害者を増やすことと同義だった。

反社会とかかわると言うのは、自分犯罪出資するということだ。

決して本人がやってない加害者が居ない…という話では無いと思う。

法律的にはそこで減刑があるかもしれないが心象的には…。

その上で最近自粛風潮はおかしいだろう。これいからなの。

2004年公開の三池崇史監督作品IZO」があるけど主役がは中山一也だ。

83年、当時主演に選ばれた映画降板させられた逆恨み原作者監督芥川賞作家高橋三千綱果物ナイフで刺したあと現行犯逮捕された。

その4年後、今度は特に面識のない倉本聰の自宅の前で刃渡り5センチナイフ自分の脇に刺し割腹自殺を図った。

倉本に見つかって未遂になった。

その1年後、映画館に自動車突入器物損壊逮捕された。なおこれについて中山

自分のような有望な俳優を使わない日本の駄目な映画界に一石を投じるため、もっと若い元気ある役者を使おう、というキャンペーンで突っ込んだ」

などと言っており…。

その後オーディション会場で黒澤明暴言を吐いたり安岡力也喧嘩したり税務署暴力沙汰を起こしたりしたが

2004年三池映画で主役をした。ちなみにIZOキャストはこれだ。


中山一也 - 岡田以蔵 (イゾー)

桃井かおり - サヤ

松田龍平 - 殿下

美木良介 - ハンペイタ

高野八誠 - 男蝶

ボブ・サップ - 門衛の怪物

松方弘樹 - やくざボス

石橋蓮司 - 壱番の男

魔裟斗 - 浪人

片岡鶴太郎 - 軍閥将軍

ビートたけし - 宰相

内田裕也 - 弐番の男

緒形拳 - 剣豪

原田芳雄 - 茶室の老主人

篠田三郎 - 学界のドン

勝野洋 - 土方歳三トシゾー)

大滝秀治 - 茶室の老人客

山本太郎 - 鬼二

遠藤憲一 - 刑吏一

寺島進 - 刑吏二

松田優 - SAT隊長

夏山千景 - 女蝶

中山麻理 - 参番の女

及川光博 - 沖田総司 (ソウジ)

山口仁 - 門番

本宮泰風 - 門番

TEAH - 僧兵

村上竜司 - 僧兵

ミッキー・カーチス - 重鎮の老人一

長門裕之 - 大僧正

樹木希林 - イゾーの母親

原田大二郎 - 判事

加藤正人 - 判事

塩田時敏 - 判事

小林滋央 - 新郎

天手千聖 - 新婦

夏樹陽子 - 女教師

秋野太作 - 地蔵菩薩

力也 - やくざ貸元

原田龍二 - ヤンキーのアタマ

ERIKU - ヤンキーのサブ

山口祥行 - 雑兵

古井榮一 - 雑兵

ジョー山中 - 執事

武蔵拳 - やくざ

田島好人 - やくざ

内山仁 - やくざ

菅田俊 - 僧兵

石山雄大 - 重鎮の老人二

高瀬春奈 - ラッキーマザー

曽根晴美 - 財界ドン

岡田眞澄 - 官僚の長

大橋吾郎 - 鬼一

須藤雅宏 - 与力

友川かずき - 友川かずき

そうそうたるメンツだ。なお内容はキャストほとんどが大体IZOにバッサリ殺される。

今まで見た映画でもトップ3に入る頭のおかし映画なので是非見てほしい。ボブサップの名演を見逃すな。

そうだこの記事はただのIZO宣伝である

あの何を見ているのか分からなくなる感覚…クソ映画…クソオブクソ映画…。

でも作ってる方も分かってる…これはクソ映画だと…出ている方も分かってる…これはクソ映画だと…そうポプテのような感覚で。

最初こそえぐいと思うような映画かもしれないが、きっとそのうち慣れて笑ってることだろう。カメ止めのように!(なお劇中にそんな仕掛けは一切ない)

三池は多分本当はこういうのがとりたいんだ…とあれを見たとき強く思ったのだ。

あいつはクソ実写を引き受けることで、こういうどこからも金出てないような映画を撮っているんだよ。なんという監督

なにを思ったのかその3年後、また中山一也で『探偵物語』を撮っている。まじ何を考えているのだろう、この頃の三池

ゼブラーマンも同時期に撮っているから、いろいろ嫌になっていたのかもしれない。

中山一也はこの翌年にも「JONEN 定の愛」という映画杉本彩相手役をしている。

どうだ、映画業界は狂っているだろう。

と思ったが2004年2008年にはテレビドラマ相棒」にも中山は出ているのだ。

ちなみに2013年にも出ているぞ。そんな名俳優なのか?いや、ここで言うのはよそう。IZOを見ろ。

まぁようするに、エンタメはそんなに過敏でしたかい?って話だ。

和月だって連載してる。もう許されてるんだ仕事的には一応。

いちいち騒いでるのは、お馬鹿なエンタメらしくないぞ。

突き詰めたらワイドショーに顔出すのだってどうなんだ?って話になるから気をつけろよミヤネと坂上

なおミヤネは隠し子がおり、坂上飲酒カーチェイスで逃亡の前科である

2019-04-03

「まんしゅうきつこ」から「まんきつ」へ。私が改名した理由

https://woman-type.jp/wt/feature/14267

馬鹿馬鹿しい。変な名前をつけているのはみんな自傷行為なのか?

玉袋筋太郎は? ピエール滝は? コウメ太夫は?

関係ないことを無理やりつなげていい話風に演出してる。なーんか嘘くせえな。

2019-03-26

ピエール瀧に集る無責任なまま大人になったクソガキども

ピエールおはよう。体操30歳、41歳を経て逮捕51歳になりましたね。(以下敬称略

DOMMUNE電気5時間やりまーすなことを見ちゃったから書くよ。聴いてないけど。

まとまりのつかない散文ですよ。

瀧がクスリ逮捕されたことにあんまり驚きはないというか卓球じゃないのかよ見たいな驚きはあったけど

残念だなと思うのは今までの奇行はお薬だったんかーというそういう所だよね

そんな中で業界人がこぞって作品に罪はないキャンペーン起こしてるけど

作品に罪はないってコンテンツ提供側が言っちゃいかんだろうと。そういうのは俺らユーザーが言うもんなんだよね、うん。

そっちの人間がまずやるべきことは反省であって反省意味を込めて自粛じゃないの?いくら何でも早いわな。

一般人はお薬で捕まったらまともな職には就けないけど芸能人は許してねは特権階級だなあと思うわけ

甘いよね、2~3回ぐらいは許されるんだからさ(笑。岡村ちゃんは何回だっけ?

宇川なんか今回の説明文でクラブカルチャードラッグ云々軽ーく薄ーくって触れてるだけなんだけど

いや、お前らちゃんとしたかったらクラブカルチャードラッグについて改めて説明しろよ(笑

電気の同世代なんか50以上だよ?若い人たち責任のあるポジションの人だっていっぱいいるだろ。いい大人ってレベルじゃねーぞ

そんな世代の連中が「子供のしたことだから」とか「たった一度の過ちで・・・」的な言い訳ではしゃいでて恥ずかしくないのかね?

今回の一番気になる点はさ、二十代から使い続けてきたって点なんだよね。

何を擁護しても「いやお前知らなかったのかよ?」になっちゃうからこういうキャンペーンなのかなー、と。そら過剰反応と思える対応になるわ。

NHKなんかは国会議員質問しろよ。芸能人テレビ局関連上がりの人が質問して藪蛇からの泥沼にならねえかな(笑(もうやってたらゴメン)

TASAKAの嫁?姉?が関連して捕まったけどTASAKAが真っ赤に染まってて笑った。知らんかったわ。電気を使う音楽反原発(笑)それ言っていいの平沢ぐらいじゃね?

そういえばKAGAMIも突然死で当時オーバードーズのウワサが絶えなかったなあ

掘ったらいくらでも出そうだよね。さんざんそういうウワサはあったんだから

ドラッグやるならせめて子供あきらめとけよなあ

あと卓球


個人的電気グルーヴはVoxxxで終わっててその後の少年ヤング以降は新・電気グルーヴとか続・電気グルーヴとかそんな感じなんだよね。ボーナストラック

間隔があきすぎて音楽に関する環境が変わりすぎたのもあると思う。それでもライヴは楽しかったよ。(どのジャンルに限らず音を肌で感じるっていうのはいいもんだよね)

今回の騒動をもって電気グルーヴは一定区切りがつくのかな?一時期人気はあったけどだらだら引き延ばした切るに切れない連載漫画が終わった感じ。

れいに終われてよかったんじゃない?30周年でキリがいいし、嫌じゃないし、カッコつかないし)


そして卓球に寄せられるリプの宗教じみてること

anond:20190326105644

例えばCDだとして、CDを売り上げた時の利益は常にピエールに行くとでも思ってるんか。間に反社反射が何回もされてる(って考えられる)からこそだろうよ。

2019-03-24

マリオカートおもしろ

ピエール瀧逮捕されてから関連のユーチューブを見続けている。

とくに多いのは赤江珠緒さんとのラジオ

ゲスト伊集院光が登場したときのこと。

伊集院は当時走るのや自転車に凝っていた。

いわく、もはや、自分の好きなこと楽しいことだとおもしろさが予想できるから、あえてつまらないものやりたくないことに手を付けてるという。

そこでピエールが「マリオカートマリオカートくらいの楽しさしかいからね」と。

この言葉にいたく感動する。

そして当時も今もこの言葉と瀧の現状を考える。

コカインにはコカインくらいの楽しさはあった。そしてそれに比肩した楽しいことはなかったのだろうかと。

2019-03-23

anond:20190323010713

それしか楽しみのない哀れなド腐れクレーマーどもが勝手に騒いで企業側もとりあえず自粛しとこみたいな風潮にみんなうんざりしてたんだよ。

新井レイプから反発する奴多そうでちょっと声上げにくかったけど、ピエール別に被害者いないしそんなに意外でもないし出演作品作品自粛したら結構影響でかいからこれを機に風向きを変えようってとこじゃない?

自粛とか社会に1ミリも貢献しない謎儀式に過ぎないから。とっとと止めたほうがいい。

2019-03-21

家庭裁判所ホモセックス

酒の席だが職員のH氏から奇妙な話を聞いので書きとめておく。H氏はエロい。まずそのホモ室は家庭裁判所の中にあるらしいが結界により外から存在認識出来ない。ゴム無し。離婚裁判やら離婚調停で暴れる寸前までなった輩が問題起こす前に転送される。「え?!」と思わずH氏の発言に酔いが覚めた。更にそこではハッパも吸い放題であり合法特区めいているだとか。いやいやヤクは良くないよピエールだがだがコレコレH氏はエロい職員だ「だって離婚発狂する人てこうでもしないとイライラまらないでしょ?」精神科パートナーが悪いて騒いで終わり行かないよ絶対にwあと暴力ダメなんだよ、弱い方に来る圧力ダメなんだよ。いやいやいやヤクやってもね薬ダメダメ。という話が場末飲み屋の深夜まで続いた。

2019-03-20

ネット界隈というかはてぶにも思いの他、アホがいる

ピエール擁護のあまりコカインのないが悪いの~とか

破産者MAP何が悪いの~とか

いい感じに食い物にできそうなアホがアピってるのは

なかなか危険な気もする

結局ピエール滝のやつは

瀧一人を逮捕して終わりなわけ?

でも出自的に瀧一人が単独でやってたなんてあり得ないよなぁ。

マッキーが一人でこそこそやってましたならわかるけど、瀧だぜ?

2019-03-19

ピエール滝氏の賠償金

いくら自業自得とはいえ

30億円もの賠償金可能

って、おかしくないか

刑法の罰のレベルから大きく乖離している。

死にたくなるほど巨額すぎる。

このニュースを聞くたびに

PTSDになりそうなくらいツライ。

セックスにまさる娯楽はドラッグかもしれんなとピエールみてて思った

ダウンタウン番組電気グルーヴゲストとき

「これまででもっとも変わったセックスを話して」という質問

卓球新幹線グリーン個室でやってたら駅に停まって丸見えだったとか

まりんは最高に変態行為はバック?なんて笑いをとってたけど

瀧は行為普通のものしかしないけどって前置きしてどこでも自慰をするって話をしてた

なーんかそのときも、もうドラッグをはじめてたのかなと勘ぐったりしてなあ

電グル→勘ぐる

2019-03-18

ピエールの件で忌避感が強すぎる人

自分が薬物にハマり兼ねないか

マウント取りたいだけ

・薬物依存人間迷惑を掛けられた経験があるから

のどれかにしか思えない。

ピエール

結局のところテクノ好きは、何やっててもいいか気持ちいい音聴かせてくれたら文句は言わない。

深海生物だった時の本能で光を美しいと思うだけというのを見て衝撃だった

女を美しいと思うのもプログラムされていてそう思うだけなのか

となると新天地開拓したくてコカインしたピエール人類の枠を超えて活動しようとした勇者ではないのか

ピエール逮捕は売人の裏切り・・・

30年もやってて捕まらなかったのは、売人が秘密を厳守していたからだと思ってる。

だが、30年という月日はあまりに長すぎて、とうとう売人も世代交代の時期を迎えてしまった。

新しい売人とピーエルとの間には、信頼関係が構築できておらず、

売人は客がピエールだと知ると、もっと高く買ってくれないと秘密ばらしますよ?と恐喝してきた。

ピエールは値上げに応じて言い値で払ってきたが、度重なる値上げと恐喝辟易とし、

遂に購入ルートを変えてしまった。それが韓国ルートである

ピエール裏切りに気づいた売人は、匿名麻薬取締局にピエール情報リークした。

麻薬取締局は半信半疑ながらも調査を進め、遂に逮捕に至った。



みたいな筋書きを考えたんですけど、どうですかね。

anond:20190318015259

神格化と、麻薬OK、が同列になってるからおかしなことになる。

 

ピエールは神であり、作品配信継続すべきだが、ピエール犯罪者である

 

普通に時代の神であることと犯罪者であることが同列になってはいかん人たちの中には、一体どんな葛藤があるんだろうな?

2019-03-17

好きだったアーティストが薬物中毒だった時のショックったらないぞ・・・反吐がでる

俺が好きだったアーティストが薬物中毒摘発された時の心境を思い出した。

まず、激しい嫌悪感

絶対に手を出してはいけない薬物なのに、なぜやったんだろうかと本当にそいつが大っ嫌いになった。

TVにたまにでてるけど、正直な気持ちとしては表舞台に出て欲しくない。

そして、そんな薬物中毒なやつがつくった楽曲を何も知らずにCD買って、全部が好きなわけじゃないけど、まあいい曲もあるよねと買い続けた俺ってなんてバカなんだ。

好きな曲全部が薬物中毒の時に書いたのかわからないけれど、そんな曲だったとしたら自分自分が嫌になる。

 

ファンCD買って、その売り上げた金で買った薬物をアーティストが使うとしたら、つまりファンヤクザの売り上げに貢献してたってことだろう?

絶対に嫌だ、ばかばかしくてマジで反吐が出そうになった。なんでcdを買ってしまったのかという嫌悪感がぬぐえない。

 

まり自粛というのは、そういうことなんだと思う。

反社勢力わずかでも力を貸さないというきっちりとした対応なんだと思う。

当時はここまでしか思わなかったが今は、その先があると思う。

 

一旦、薬物中毒を許せばずるずるといってしまう。

復帰ぜんぜんオッケー!などとしてしまうのは非常に危うい。

 

たとえば、たまたまヤクでキめてた曲がヒットした曲や、曲をかけなくなったが薬物で曲をかけた、となれば、アーティストは薬物を使わないと作品を作れなくなるという恐怖にかられるんではないか

それを世間が許してしまうと、「アーティストは薬物中毒になりながら作曲するのが当たり前な社会」になってしまう。

 

健全だし、反社勢力をのさばらせてしまうことに繋がる。

 

個人的には今回のピエール滝の映画とかドラマはどうでもいいんだが、これは許してしまうことの余波、リスクが恐ろしいと思う。

あーやばいクスリに手を出しても世間はゆるゆるなんだ」ということは非常によろしくない。

 

今「作品に罪は無い」と声高にいうのは非常に危ない(例えば、”実は反社勢力の人では?”という疑いのまなざしを向けられる可能性はゼロではない)し、「ではリスク責任は誰になるのか」をキッチリ考えねばならない。

 

真面目にやってる周りは本当に迷惑だよね。

薬物中毒の人がいるせいで余計な仕事コストが増えて、本当に辞めてくれって思うだろうよ。

今後、ドラマ映画撮影は誰が抜けてもCG対応や、それこそvtuber代理でやってくれる時代になったりするのかな・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん