「政治的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治的とは

2020-06-07

今の右翼保守マジョリティって


右翼思想保守思想を信奉した結果、右翼保守であるという人は少なくて、むしろ旧来の右翼思想保守思想には拒否感すらあるが、左翼左翼思想に対する反感、悪意が遥かに大きいので相対的右翼ポジションにいる、って人間だよな。

旧来の左翼ブサヨとかはてさとか言われてるww)を「腐敗した左翼リベラリスト」とし、自分こそが「正しいリベラリスト・真のリベラリストであるみたいなことを言い出すやつが結構いるのも、保守思想自体には反感があるものの旧来の左翼に対する悪意はそれへの何倍も大きい人間達の言葉であるから、まぁそうなるよなっていう。

安倍首相政治家として上手だった所は、そういう「左翼への悪意反感」をうまくすくい上げて、本来保守政治家としての自分を「ブサヨよりは遥かにマシな政治的実力者」として認識させ、ネット上の味方に付けたあたりなんだろうな。

首相の「悪夢の様な民主党政権時代」みたいな物言いは、ネット自分を支持してくれる人々へのサービスであるだろうし、実際にその効果は大きかったのではないかな。

保守政治家である安倍首相自体政治的傾向には拒否感を表していても、首相に何かあった時には必ず「ブサヨを口汚く攻撃する」形式擁護する人ばかりで、その時の言い分が「よりマシなクソを選択すべきだ」って言い方が多いのも、首相に対する信頼とか好意ドライブになっているのではなくて、左翼に対する深刻な不信と強烈な憎悪ドライブになっているのだろうと考えた方が理解スムーズだし、そう考えると首相もかわいそうなものだなって気が少しはする。

2020-06-06

WHOゥ!

なぜ 君が機会を得られたにもかかわらずPHEICの宣言を一度見送ったのか!

なぜ 渡航制限を推奨しなかったのか!

なぜ 中国露骨に媚びるのか!

その答えは

なぜPHEICの宣言を一度見送ったのか?

IHR緊急委員会(15名 from 13ヶ国 [1])が国際的懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)宣言に足るだけのエビデンスを見出せなかったから。

1月21、22日時点では中国外の感染者数が4~6人だけであり[2]、ヒト‐ヒト感染の強さも不明で、暫定的にR0は1.4〜2.5(季節性インフルエンザ新型インフルエンザくらい)と推定されていた。(後の研究で、R0は4.7~6.6(天然痘風疹レベル)くらいだと推定されている[3]。)

また、ちょうどWHO専門家武漢入りして調査を開始したところであり、その結果を待つ意味もあった。

そういうわけで「今はデータが足りないから保留。10日以内にもっかい検討するからその時にまた呼んで」との結論に至ったわけだ。

この見送り中国への忖度と呼ぶ向きもあるが、過去のPHEIC宣言比較してもそこに特別な違いは見られない。

また、「PHEIC宣言は時期尚早」というのは当時の緊急委員会が至った結論であり、それに同意たからといってテドロス局長を責めるのもお門違いであろう。

また個人的感想だが、PHEIC見送りに関する非難には、人々のPHEICに対する認識もかかわっているのではないか

「PHEIC宣言がなされなければ各国は対策の取りようがない」等々、PHEICを疫病対策の“起点”としてとらえるような認識だ。

一方のWHO、PHEICは“最後の切り札”と考えている模様[4]

データ提供する、ガイドラインも制定する、ガイダンスだって発布するから、あとは各国で適切な対応をしてくれ。もし怠るようならPHEIC宣言でケツ蹴っ飛ばしたる」と、そんな感じ。

エビデンスは無いけど念のため」程度で宣言できるほどPHEICは軽くないのだ。

ただし、そういう時に使える“軽い警告”を制定するべきだとの議論は以前からあったため、それはそれでWHOの怠慢と言えなくもない。

なぜ渡航制限を推奨しなかったのか?

長年のWHO方針である2009年に初めてPHEICを宣言した際も渡航制限を推奨していない[5]

その理由は、渡航制限パンデミックの防止に寄与するというエビデンスが乏しく、むしろ条件によっては有害ですらあるからだ(※)。

複数研究[6][7][8][9][10]――2014年にはWHO自身23研究を用いたレビュー論文を出している[11]――によれば、厳しい渡航制限(全渡航の90~99%をシャットダウン)は感染拡大を数週間ほど遅らせる可能性があるが、最終的な感染者数と規模は据え置きである

※ PHEICが宣言されるような状況に限れば。感染発生の最初期であれば話は別。例えば昨年11月末に全世界渡航制限が行われていれば新型コロナ流行はなかっただろう。

研究をまとめると、

渡航制限メリット

患者の総数が変わらないとしても、時間当たりの患者数は減るため、対応能力の低い国においてキャパシティオバーを緩和できる。

予防接種治療薬が存在している場合、それらの準備を整えるまでの時間稼ぎになる。(今回のコロナ禍には当てはまらない)

渡航制限デメリット

流行期間が延びるため、社会的対応(ロックダウン等)の継続時間も延びる。

サプライチェーン(特に医療品)の深刻な寸断、専門家交流の途絶、国際支援の遅延または減少。

・↑2つと部分的に被るが、経済コストが非常に高くなる。

感染の発生を隠ぺいするインセンティブが働く。

WHO的に、渡航制限は高い経済コスト、低い効果、そしていくつかのデメリット存在から推奨されない。

全く無意味というわけではないが、より有効政策――手洗い等の徹底、適切なスクリーニング及び隔離ソーシャルディスタンシング(社会的距離をもたせるような政策ロックダウンも含む)――にその分のリソースを振り分けるのが好ましい。

これらはあくま過去エビデンスに基づいており、将来の研究にて今回の新型コロナについては渡航制限有効であったとのエビデンスが出るかもしれない。

しかし、“エビデンスに基づき結果的に間違った”対処を貶め、“エビデンスに基づかないが結果的に正しかった”対処を褒めることには同意できない。


なぜ中国露骨に媚びるのか?

諸君は↑の2項目について「中国への媚」と思っていたのだろうが(あとは台湾への対応か)、実際のところエビデンスベース判断であり、発生国中国以外でもWHO対応は同じだった可能性が高い。

しかし、中国への批判を控えたり、台湾冷遇、ちょくちょくあるリップサービス等、WHO医学とは別の領域において中国へ甘い対応をしているのは事実

なぜか?

テドロス局長場合簡単だ。政治的支持基盤が主にアフリカ系とアジア系であり中国存在が非常にでかい。なので中国批判はあまりしないし、リップサービスもする。 中国を称賛した回数はトランプのがテドロスより多いのだが[12]

WHO全体でみるとどうか。金に媚びてることはない。チャイナマネーとは比べ物にならないほどのアメリカマネーゲイツマジェスティWHOに注ぎ込まれている。

では何がWHO中国寄りにしているのか?

データである中国から提供される疫病情報である

WHOの宿痾として、情報提供加盟国善意に頼るしかないという問題がある。専門家/調査員を送り込むにも当該国の許可がいるため、独自情報収集もできない。

中国批判してデータが出てくる――「中国さん。あなた隠ぺいしてますね」「はい申し訳ありません。これが隠ぺい前のデータです」――なんてことはない。

ゆえに政治義理人情感情に惑わされず医学的なベストを尽くすなら、中国を刺激せずに気持ちよくデータを渡してもらうことが最適解になる。(本当のベスト中国が正直に全データ差し出してくれることだが、実現不可能な案に拘泥するのはワーストである)

これはWHOの根幹に関わる極めて深い問題だ。

「(WHOは)何のための組織なんだ」「政治より医学を優先しろ」という感じのブコメも見かけたが、医学を最優先とし、組織の使命を突き詰めて、そうして達する結論が“中国のご機嫌とり”にならざるを得ないこの地獄よ。

オーストラリアなんかはこの問題を正確に認識していて、「(拠出金削減よりも)WHO権限をより強化し、強制的査察権の付与等をすべきだ」という提言をしている[13]

ちなみに「中国抜きで新組織作れよ」的な冗談も目にしたが、それまた現実的ではない。

中国世界最大の人口、広大な国土に加え多数の国と国境を接している。国際的な人の出入りは膨大な数に上り貿易も盛んだ。民間レベル医療水準は高くなく、貧富の差が激しく、人々は頻繁に生きた動物接触する。そのうえ、国家は隠ぺい体質だ。

疫病、特に人獣共通感染症の発生源として絶対無視し得ない国、それが中国

今回のコロナ禍で中国から情報が一切なければどうなっていたかを考えれば答えは明らかだろう。まさに大地獄

故に切れない。切ってはいけない。

参考URL

[1] ttps://www.who.int/ihr/procedures/novel-coronavirus-2019/ec-22012020-members/en/

[2] ttps://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports

[3] ttps://doi.org/10.1101/2020.02.07.20021154

[4] ttps://doi.org/10.4000%2Fpoldev.2178

[5] ttps://www.who.int/csr/disease/swineflu/guidance/public_health/travel_advice/en/

[6] ttps://doi.org/10.1038/nm0506-497

[7] ttps://dx.doi.org/10.1371%2Fjournal.pmed.0030212

[8] ttps://dx.doi.org/10.1371%2Fjournal.pone.0000401

[9] ttps://doi.org/10.1371/journal.pone.0016591

[10] ttps://doi.org/10.2807/1560-7917.ES2014.19.42.20936

[11] ttps://www.who.int/bulletin/volumes/92/12/14-135590/en/

[12] ttps://www.politico.com/news/2020/04/15/trump-china-coronavirus-188736

[13] ttps://www.smh.com.au/politics/federal/australia-wants-who-to-have-same-powers-of-weapons-inspectors-20200422-p54m7i.html

anond:20200601124254

からなんで「政治的に正しくない!」って騒ぎ方するの?わかんねぇわ

自分が嫌だから嫌でいいだろ

そんなに自分正義でいたいか

2020-06-05

anond:20200605185847

たとえば、台湾リーダーとか中国リーダー自国民に対して同じ事言っても叩かないだろうし、アメリカ日本だったら叩くっていうのは単なる政治的偏向だと思うよ。

他国を見下している!ってのは、そうやって非難したくて仕方がない批判者の意思しか感じない。自国民を称えただけだからね。

外国中国人に間違えられた事に対して怒るのは日本人の差別意識の現れだ!」とか、もうただただ批判したくて仕方がないんだろう。

小児性愛も、動物性愛も、死体性愛も、誰にも迷惑をかけない限り普通の人と変わらない。LGBT排除してきた歴史を繰り返してはいけない」という言明は時に必要だろう。人間歴史から学ぶことができるのだから、何も0から理論組み立て始める必要はなく、類似した歴史に習うのは人間として当たり前の営みだ。そこにLGBTを持ち出したからと言って、決してLGBT差別にはならない。

しかし「LGBTなんて、小児性愛とか、動物性愛とか、死体性愛と変わらないだろう」という言明は、ただのLGBT差別しかない。これを否定することは、決して小児性愛や、動物性愛や、死体性愛差別することにはならない。形式的論理構造が同じでも、「それによって言いたいこと」がまるで違う。そこに載せようとしている社会文脈がまるで違う。

一部の人々の間で、小児性愛動物性愛、死体性愛をまとめて「PZN」と呼ぶことが流行っているらしいが、それは全く推奨できない。「PZNだってLGBTと同じだ」という言明は、一見すると前者のようにも見えるが、これははっきりと後者からだ。なぜなら、「LGBTPZN」という言葉のものが、LGBT排除のための長い歴史の中で生み出された「人工的な差別用語」だからだ。これの恐ろしいところは、「元からあった言葉が、差別的に使われ始めた」用語ではないという点にある。この言葉は「LGBT排除する」というただ一点に特化した言葉であり、100%差別意識の塊だ。このような文脈を持つ言葉擁護することはできないし、知らなかったでは済まされない。

LGBTPZN」という言葉肯定的に使われる場面があるとすれば、それはLGBT側の当事者によって積極的に使われる時以外にないだろう。LGBT立場から、「LGBTなんてPZNと同じだって?いいじゃないか!PZNだって俺たちの仲間だよ」のように言明して見せるのは、時に政治的有効なこともあるだろう。そのような場面が、将来的にないとは言わないが、今のところ私は観測したことがない。それを以って被差別立場であるLGBTを責めることもできないだろう。

マイノリティ権利を主張する時に、戦うべき相手マジョリティだ。別のマイノリティではない。むしろマイノリティマイノリティ同士団結しなければ、マジョリティには勝てない。マイノリティ同士で喧嘩したり、「あいつらはいいのに俺らはダメなのか」と、くだらない嫉妬心を燃やしている場合ではない。

政治的配慮された海女ってなんて呼ぶのが適切なんだろ?

素潜り従事者?

2020-06-04

anond:20200604232452

よくわからんけど、政治的タグの話ならまあそういうの使ってる人がアレってのはそれはそうなんだろうけど

リーの上で言われてるようなレベルハッシュタグ全部がそうだというと話が違うのでは

デモとか政治活動とか

昨日会社で帰休の話が出た。

当面給料半額、週休4日。

勉強しながらUberで日銭稼ぐだろうけど、それでも結構時間が作れるはずだ。

政治活動してみようかな。

興味のあるデモがあったらふらっと参加してみようかなと思ってる。

ずーっと選挙権なんて行使してなかったけど、そういう政治に対する無関心さが今のあれに繋がってるのかと思うと後悔もある。

別に遅すぎるということはない。選挙に行く、政治的な発言を恥ずかしがらずにする、(場合によっては)デモに行くって大事なのかもな。

2020-06-03

今の右翼保守マジョリティって


右翼思想保守思想を信奉した結果、右翼保守であるという人は少なくて、むしろ旧来の右翼思想保守思想には拒否感すらあるが、左翼左翼思想に対する反感、悪意が遥かに大きいので相対的右翼ポジションにいる、って人間だよな。

旧来の左翼ブサヨとかはてさとか言われてるww)を「腐敗した左翼リベラリスト」とし、自分こそが「正しいリベラリスト・真のリベラリストであるみたいなことを言い出すやつが結構いるのも、保守思想自体には反感があるものの旧来の左翼に対する悪意はそれへの何倍も大きい人間達の言葉であるから、まぁそうなるよなっていう。

安倍首相政治家として上手だった所は、そういう「左翼への悪意反感」をうまくすくい上げて、本来保守政治家としての自分を「ブサヨよりは遥かにマシな政治的実力者」として認識させ、ネット上の味方に付けたあたりなんだろうな。

首相の「悪夢の様な民主党政権時代」みたいな物言いは、ネット自分を支持してくれる人々へのサービスであるだろうし、実際にその効果は大きかったのではないかな。

保守政治家である安倍首相自体政治的傾向には拒否感を表していても、首相に何かあった時には必ず「ブサヨを口汚く攻撃する」形式擁護する人ばかりで、その時の言い分が「よりマシなクソを選択すべきだ」って言い方が多いのも、首相に対する信頼とか好意ドライブになっているのではなくて、左翼に対する深刻な不信と強烈な憎悪ドライブになっているのだろうと考えた方が理解スムーズだし、そう考えると首相もかわいそうなものだなって気が少しはする。

誰でも良くはないだろ

最近、友人と話していても政治の話に行きつくことが多くなった。

政治と言うよりは、政府コロナ対策についてというか。ともかくその友人は現状の政府に不満がタップリあるらしく、政府への、もっといくと安倍首相への文句をよく聞かされる。

特に政治に関しては、各々の考えや主張があるだろう。だから話を聞くくらいは別に良い。

だが、「早く安倍首相には辞めて欲しい。安倍以外だったら首相は誰でもいい」とか言い出したのでそれはちょっと待てと思った。

時同じくして、ツイッタートレンド?でも似たような話が浮上しており、その子ツイッターに影響されたのか同時多発的に同じようなことを思う人が増えたのかわからないが、そういう空気が広がるのは良くないなあと思う。

私は特に政治に詳しいわけでもなければ、恥ずかしながら積極的勉強しているわけでもない。

加えて、特に強い政治思想があるわけでもなく、どこどこの政党を強く支持しているだとか、安倍首相信者だと言うわけでもない。

前回の選挙では自民党に票を入れたが、自民党のすべてに満足しているかというとそうでもなく、安倍首相だってある程度の不信感はある。

からと言って今すぐ安倍首相に辞めろと言うつもりはない。それに、「首相は誰でもいい」という考えこそが一番危ないのだと思う。

「誰でもいい」って。私以上に何も考えてないではないか。「誰でもいい」とう表明は、万一安倍首相が辞めた後、誰が首相になっても文句は言いませんよと言ってるのと同じではないか

別に誰になったって文句は言っていい。国民には誰しもそういう権利がある。けれどそれって、ものすごい掌返しであるし、以前と言ってることが違うじゃないかと言われてもしょうがないしあまりに厚顔ではないか?と思うのだ。

またその友人は、政府批判する際に何かにつけて「国民の声を全く聞き入れてない」などと言うのだが、そりゃ聞き入れてもらえる声と聞き入れてもらえない声があるのは仕方が無かろう。

その友人は、「とにかくお金がなくて困っている。家賃すら滞るかもしれない。マスクなんて配ってないで、そういう人のところへ10万円の支給を早く渡すべきだ」等主張しているが、じゃあそれを行うために政府は具体的にどのような政策をとればいいのだ?困窮する人の情報をどうやって知るのだ?そこに序列をつけるとしても何を根拠にしたらいいのだ?そこにすばやく給付するための手段はどうしたらいいのだ?その仕事は誰がやるのだ?その仕事を行う人の給与はどこから出せばいいのだ?等々、山積みの問題には決して触れない。それは国民の声ではなく、「あなた(を含む一部の人)のわがまま」ではないのか?と思ってしまう。

政権に対し色々と意見を述べていたその友人に対しては、今日の夕飯はきんぴらよと言われて、やだやだカレーがいい!と駄々をこねている子どものようにしか思えなかった。

ただその友人が、そのように文句を言いたくなる気持ち理解できなくはない。

友人はいわゆる「コロナ禍」で大ダメージを受けた職種に就いている。生活も今現在かなりギリギリな様子だ。その溜まり溜まった鬱憤や将来への不安からくるストレスが、国や政治トップに向いているのだろうと思う。

一方私は、コロナの影響は多少あったにせよ、生活が苦しくなるほどではなかった。

そのあたりの差もあって、面と向かって友人に「それは違うと思う」とは言えなかった。今は冷静に友人を諭すよりも、友人のストレスを適度に受け止め流している方が良いのかなと思ったからだ。

ただその時感じたモヤモヤをどこかに吐き出したかったのでこの場を借りている。

どの論文を読むのが正しいのか政治的に決められてる世の中でそんなこといってもなあ

2020-06-02

anond:20200602175028

オリンピックというのは他国を巻き込んでいる。それに対して自国の都合ってどんだけ?じゃあ他国の都合って・・・イジメを疑われる。いちおう日本は強国だからな。政治的圧力をかけたんだろといわれてしまう。

基本的オリンピック反対なんだが、いまさらむずかしい。せめて数年前には言わないと難しい。

Webサービス渡り歩くことがなくなったのが居心地悪くなる原因じゃないのか

TwitterFacebookなど固定化されてしまった。

またどれもニュースコンテンツとして扱っている。そうしないとアクセス数が伸びないからだ。

ニュースを扱うことで、どのサービスも似たりよったりになった。

Webサービスが互いにポスト連携させていたり、サービスが違っても似たような書き込みをする。


似たようなサービスばかりになったのと、Webサービス勝敗が決まってしまったので移住先の新しいサービスは出てこない。

巨大になりすぎたサービスは、テクノロジー解決できる規模を超え、運営統治能力と大量の人手が必要になった。


Webサービスあくまテクノロジーリブンで動いているため、どういった社会を目指すのかといった、政治的KPIは出されない。


実名だろうがハンドル名だろうが、人の出入りがなく固定化されてしまったサービスは村化する。

1個人言動が常に把握され、批判され、監視され、ネタ化される。

2020-05-31

アメリカ黒人警察に殺される件数

ほんとに黒人ばかりが殺されてるのだろうかと思い、

ちょちょっと調べたら出てきた資料が興味深かった。

『第96号 米国治安警察活動』という、警察政策学会(というのがあるんですな。

こちらで読めますhttp://asss.jp/katudou/publication/siryou/9.html

資料によると、こういうことらしい。以下、すべて同資料より。

黒人は、白人に比べて2.46倍殺されやすい。

武器不所持でも、黒人白人に比べて1.65倍射殺されやすい。

拘留中、黒人白人に比べて2.0倍殺されやすい。

■表1. 年間死亡件数武器所持数(全人種

死亡態様死者数
射殺1015人
スタンガン50人
拘留41人
警察車両との衝突33
1139人

■表2. 人種割合

人種死者数比率米国人口比率100万人あたり死者数
白人578人50.7%62.1%2.92
黒人302人26.5%13.2%7.18人
ヒスパニック194人17.0%17.4%3.50人
アジア太平洋282.5%5.6%1.34人
アメリカ原住民13人1.1%1.2%3.40人
その他・不明242.1%
1139人100.0%100.0%平均3.57人

■表3. 人種別、死亡態様別の死者数(2015 年)

人種死者数射殺(内武器不所持)スタンガン拘留警察車両との衝突
白人578人521人(45人)21人14人22人
黒人302人260人(39人)19人16人 7人
ヒスパニック194人178人(21人)7人6人3人
アジア太平洋2420(2人)2人1人1人
アメリカ原住民13人10(1人)1人2人
その他・不明2826人2人
1139人1015人108人)50人41人33


■4. 興味深かった点

最近まで統計存在していなかった

司法省逮捕時死亡件数FBIの射殺件数データがあったが、警察による逮捕時死亡件数統計はなかった。

2014年のファーガソン事件マイケルブラウン射殺事件)という警察による黒人少年射殺事件が契機となり、

ようやく調査が行われるようになった。

「このような状態放置されてきた理由としては、米国警察が、政治的に「アンタッチャブル」な存在であり、

批判してはいけない風潮があるためであると指摘されている」ってのがいかにもアメリカだなーと。

黒人は「射殺以外」が多い。表3の死者数を態様別の割合で表すと、こう。

人種射殺(内武器不所持)スタンガン拘留警察車両との衝突
白人90.1%(7.8%)3.6%2.4%3.8%
黒人86.0%12.9%)6.3%5.0%2.3%

まり武器を持って警察攻撃したりとかしないでも、射殺されたり、

スタンガン(を何度も使って死亡させる例があるようだ)で攻撃されるってことだろう。

まあ全体的に、そりゃ黒人怒るわ。としか言いようがない。

ネトウヨの友人をどうにかしたい

こっちはノンポリなのだけど、友人がどうしようもないくらネトウヨ

お互い社会人だけどね、彼は結構頭もいいし、色々と頼りがいがあって、猫の保護活動なんかもやってたりする。

だけど、政治的な話が好きなやつで、飲むとすぐにネトウヨ話に花が咲く。

中国がどうとか韓国はらたつとかパヨク馬鹿だとかそんな話。

いちいち同意を求められるも、これがうざくて仕方ない。適当に相槌打つしかないのだけど。

こういう奴、どうすりゃいいのかなぁ?

いいやつなのは間違いないんだけど、ネトウヨだけやめてくれたらなぁ。

4年ぐらい前にはてブ使うの辞めた者なんだけど

当時は何気ないブコメでもはてサの方々のお気に召さないと即刻ネトウヨ/レイシスト認定されてしまうのに辟易してサービスの利用を辞めてしまったんだけど、今はどうでしょ?

自民党政府政策部分的にでも評価するとネトウヨ認定

政府以外の日本企業自治体が成したこと評価してもネトウヨ認定(どこかの小さな工房伝統手法で良いもの作った程度の話ですら)

政権批判しないのは思考停止だと罵倒

意見反論すると議論放棄ネトウヨ/レイシスト認定

・以後、まったく政治的な側面のない別記事ブコメでもネトウヨ/レイシスト呼ばわりされる

こういうの、今でも続いてる?

2020-05-30

anond:20200529091042

政治的理由意見を決める人が多いから。

沖縄デニー好きはそれほどいない?そんな事も無いか

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴いたり、そこに土足で踏み入るような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

anond:20200530161118

そういうときでもとりあえず「男のせい」と言っておけばまとまることができてしまうからフェミニズムは未だに滅んでいないし政治的な力さえ持っているのである

anond:20200530095554

北朝鮮マスゲームも実際に見たら大感動する自信があるわ。

感動と政治的思惑くらい切り離せないとハリウッド映画も見れないぜ。

ソーシャルゲームで「理想的エンディング」を迎えること

最近ハマっていたソシャゲのサ終が決まった。

理由コロナの影響だったり単純に売上が足りなかったりそんな所なんだろうけど、

悲しい云々はさて置き考えたのが、ソーシャルゲームというビジネススタイルで「理想的エンディング」を迎えることが出来るのかということ。

ここで言う理想的エンディングっていうのは、

物語としてきちんと完結すること、この完結の仕方が第三者の思惑や政治的経済的ものに左右されず、

作り手が描きたかったエンディングを迎えること、みたいな意。

私は終わりよければ全てよしみたいな感覚が強いので、

理想的エンディング」を迎えられたなら、大好きなコンテンツが終わることは受け入れられる。

永遠に続くコンテンツなんてないと思うし、延命措置蛇足されまくって駄作になるよりは、

ちゃんとした終わりって形があるのはコンテンツとして幸せなことだと思う。

最近だと、鬼滅の刃とかは「理想的エンディング」を迎えた代表みたいにおもっている。

人気の絶頂で、作者の描きたいもの描ききったか最終回を迎えた。

きっと多くのファンにとって終わってしまって寂しいって気持ちはあれど、満足感も強いものだったんじゃないだろうか。

人気がなくなって無理やり終わらせられたわけでもなく、きちんと物語として完結している、いいな、羨ましい。


でも今回、サ終が決定したソーシャルゲームは「理想的エンディング」を迎えることは出来ない。

今まで語られて来た伏線は回収されないし、キャラクターも多いので

の子たちの物語が全部終わりと言う形で締めくくられるとは思えない。

漫画で言うと「俺たちの冒険はまだまだこれからだ!」エンドを迎えてしまうのは想像に易い。つらい。


そういう終わり方になってしまったのは、サ終になってしまったソシャゲだけの話をすればコロナの影響だったり、売上の影響だったりするんだけど、

じゃあずっと人気があって、サ終もしなかったら、いつか鬼滅のように「理想エンディング」を迎えることが出来たのだろうか。


それは、今のソーシャルゲームビジネススタイルときっと難しいことなんだよな。

人気がある間は、お金が入る間は、ソーシャルゲームは終わらない。

最初に考えていただろう物語ストックがなくなっても、人気がある限り蛇足を続けなければいけない。

現存キャラでそれが難しくなったら新規キャラクターを投入して、また物語に幅を出す。

そうやって続けたところで、人気がなくなったら、無理矢理に広げまくった風呂敷をたたむしかない。

そんな自転車操業で「理想エンディング」なんて迎えられるはずがない。


今、サ終なんてありえないっしょ!くらいに人気のあるソーシャルゲーム

いつか同じように、慌てて風呂敷をたたまなければいけない日がやって来るのかもしれない。

そうならないように、出来ることなら「理想エンディング」を迎えられるソシャゲモデルケースみたいのがひとつでも出てきたらいいのにな。


ソシャゲってしんど~~~~~~~~~~~~~~~っっっ(大の字)

右とか左とか

右の人「議事録なんて政治的発言ができなくなるから必要ない」

オレ「…!?

左の人「ブルーインパルスなんて飛ばさずに別のことに経費を使え」

オレ「…!?

極端な人たちは目立っていいね

2020-05-29

anond:20200413231125

このキメセクうんぬんの人、バリバリの不敬だしどっちかって言えばリベラル寄りの人で、政治的スタンスは町山と大差無い筈なのにね。「こいつは一本取られました!」で納めておけば、別に町山も大して傷つかないのに。本当に年は取りたくない。これが耄碌というヤツかと。大麻が良くないのか?

ネトウヨの定義とは

https://b.hatena.ne.jp/entry/4686336551117714274/comment/iwasi8107

このコメント頭悪すぎてやばくない?

元となった放送作家発言って明らかに左翼側でしょ。

それをネトウヨって言うの間違ってるでしょ。

ネット政治的過激発言をする奴らを総称してネトウヨって呼ぶのかなと一瞬思ったけど、左翼系の発言ならネトウヨってコメントつかねえじゃん。

もしかして自分に都合の悪い奴らは全部ネトウヨなんだろうか。だとしたら救いようが無いな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん