「不寛容」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不寛容とは

2018-02-20

anond:20180219232323

同意である

他人の煙やニオイを吸わされることに寛容になれと言っているのではない。

「吸わされないような環境を整備しろ」をすっ飛ばして「禁じろ」になっているのが不寛容だと言っている。

施策がともすれば懲罰的になっていることを、やっているほうはおそらく意識していない。無自覚迫害だと思う。

「隣から聞こえてくるピアノ練習がうるさいか音楽全面禁止でいい」

「近所の保育園がうるさいか産婦人科廃止でいい」

そういう社会になってるよ。

2018-02-19

anond:20180219105341

これは虐めでは無いと思う

しかしながら、コミュニケーションを上手く取れない事や価値観の違いを理由に悪と判断する事は不寛容暴力的とも思う

2018-02-14

anond:20180214140046

すごく狭い範囲の話になるけど、ときどき

「愚かなるFAX!! 今すぐFAXを打ち壊せ!! FAXを用いる旧人類ごと焼き滅ぼすのだ!!!

みたいな流れでなることたまにあるけど、不寛容だよなあと思う。

デジタル機器使用が極度に苦手だから昭和アナログ方法使用しつづけたいという層がいるんだよ。

それは当然おじさんおばさんに多いだろうし、見えないだけで若い世代にもいるんじゃないか

発達障害鉛筆ノートをとることが極度に苦手だからデジタル機器使用許可されてる児童がいる。

その逆も許容しようよって話・

anond:20180212210258

ちょっと理解ができないだけで他人趣味不寛容な態度をとるブクマカがこんなにいるとは。

いつもオタク自称してるとは到底思えない。

おじさんおばさんにもっと寛容になるべきではないか

「今の世の中の常識がわかってない」「時代遅れおっさん」という批判がよくネットに溢れており、そうした人へは厳しすぎるほどに厳しい批判が向けられる。(おじさんと同様におばさんにも大概な人がよくいるのだが、おばさんは無視される傾向にある)

だが、ちょっと待ってほしい。

それは頻繁にネットを見て情報収集に明け暮れる暇があり、たまたまそういう情報に触れた人にとっての「一般常識」ではないだろうか?

「私はおっさんおばさんだけど、ちゃんと今の常識についていけてます」という人がいるのなら、なぜ遅れている者への配慮がないのだろうか?

君たちは一回り下の世代の「常識」がわかるだろうか?

50代にとっての40代40代にとっての30代。30代にとっての20代20代にとっての10代。

世代10年近く違うだけで、全く「常識」がわからないのが普通だろう。

まり世代が違う人への寛容さがあっていいはずなのである

常識というもの世代を超えたものとして存在すると思われがちだが、現にこうしたある年齢層以上には無い常識という考えがある。

それはつまり常識には世代ごとの隔たりがあると言っているようなものだ。

おっさんおばさんが若者へ向ける不寛容さ、若者おっさんおばさんへ向ける不寛容さ。そのどちらも同質のものである

「長く生きてるほど賢くて偉い」という幻想などとうに無くなった時代からこそ、「年上のくせにこんなことも知らないのか」という偏見も打倒されるべきなのである

「これだから若い奴は」が叩かれてきた流れと同じように、「これだからおっさんは」という人が人を冷酷なほど厳しく批判できるような断絶を見逃してはならない。

トラバで指摘されて気づいたが、はてな村でも近年頻繁に「若者の間で常識的ネット情報を知らない」という老化現象が起こっている通り、年を取るにつれて情報収集速度の低下が見られるので、いつまでも人は昔のような速度で情報収集情報処理ができないという問題があります。誰もが一瞬で時代遅れとなりうるほど情報の速度が上がっている時代、老化し始めたネット第一世代にもこういった寛容さが必要になってくるのではないでしょうか。

あとネット特有問題として、ツイッターはてブもその他のサービスもいつ無くなるのか判らないという問題があり、そういうハブが無くなった場合、これまでのような常識を振りかざすこともできなくなるでしょう。その時必要になってくるのも寛容さなのです。

2018-02-11

anond:20180211022359

不思議なのはこの詩批判してる人が

日本不寛容社会だ!生きにくい!」みたいな出羽守タイプなんだよね

不寛容だと叫ぶ人が不寛容を加速させてる地獄絵

2018-02-03

anond:20180120171612

不寛容になっているのは、「自己責任で」が増えたことも理由だろう。

年金支給開始年齢もどんどん後ろにずらそうとしているし。

2018-01-29

anond:20180129015356

からねーもんを迫害しようとすんなバカタレ

己の無知不寛容を恥じろ

2018-01-24

anond:20180120101421

リベラル不倫に対して不寛容なのはかにおかしいと思うよ。

迷惑かけた関係者謝罪はわかるけど、なんで世間にまで謝罪するのか意味がわからないと思う。

でも小室哲哉の時だけそういうの言い出すの、なんか情緒的だなって思う。

年末に禊タイキックされたりとかした人をはじめ、去年も一昨年もずっとリベラルが寛容であるべき人はたくさんいたよね。

2018-01-20

シリーズ不寛容社会』0001 日本人が「ネットバッシング」を止められない理由に「日本人が元来持つ特性」があった

 日々、ネット世界悪人が仕立てあげられ、ネットバッシングネットリンチが繰り広げられている。確かに、叩かれるほうには否があり、叩くほうの意見に理がある場合が少なくない。しかし、バッシングが開始され、その流れが定まってしまうと、にわか大勢が参加し、過激さが加速度的に増していくさまは、脅威を感じるときすらある。

 『他人非難してばかりいる人たち バッシングいじめネット私刑』(岩波 明/幻冬舎)は、こういったネット住民たちの多くは一見正義派」を装っているが、目的他人を徹底的に糾弾し、傷つけ、ひねりつぶすことにあるという。

そうだとすると、なぜ、「バッシングすること自体自己目的化したバッシング」が横行しているのだろうか。本書によると、これには「世界が小さくなっていること」と「社会の変化」、そして「日本人が元来持つ特性」が関係しているという。

 まず、「世界が小さくなっている」というのは、インターネットSNSが大きな役割果たしている。“隣人”の範囲が広がりつつあると共に、個人秘密を保つことが難しくなってきている。

新しいデバイスを得たことで容易に他人の弱みにアクセスし、付け込むことができるようになった。また、匿名性が声を過激にしている。

 「社会の変化」については、社会で「コンプライアンス」が重視されるようになってきたことを挙げている。昨今の「クレーマー」は、“普通の人”や“善人”が豹変する特徴があるといわれる。

なぜか。内面的には「他人を許せない」「非難せずにはいられない」という不寛容日本人が増えてきているからだ。背景にあるのが、社会の「コンプライアンス重視」らしい。

 社会で「透明化」が推奨され、会社などで「コンプライアンス」が強調されることを、マジメな日本人は表向き良しとしている。一方で、「コンプライアンス」によって、これまでの慣行が突如「悪」として否定されることがしばしば起きている。

コンプライアンスを遵守するということは、不自由煩雑手続きを伴うということだ。ルールが細かく決まっているほど、余裕がない現場では「違反」も生じやすくなる。もちろん、コンプライアンスは遵守すべきだが、「違反」が発覚したとき他者は「自分は守っているのに」という抑圧された気持ち反動で、バッシングの火を過剰なまでに燃え上がらせる、というのだ。

 「日本人が元来持つ特性」とは、「差異に敏感」なこと。日本という島国の“閉鎖的空間”が培ったものだという。

閉鎖的な空間ではしぜんと同質集団形成され、「微妙差異に敏感」になる。たとえば、多様な民族宗教的背景を内部に持つアメリカに比べると、同質集団である日本には大きな「安心感」があるが、バックボーン価値観が似たようなものになりやすいため、すこしの異質でも排除しようとする働きが起きるのだ。

「アイツはどこか浮いている」「同期で能力はたいして差がないはずなのに、アイツだけ出世した」「あのガンダム作品好きが気に食わない」など、学校職場とかで生じる「妬み」や「憎悪」が「イジメ」や「ハラスメント」に発展しやすいのも、この日本人特性と深く結びついている、と分析している。

 以上の3つの要因が複雑に絡み合い、「ルサンチマン(常日頃から感じている悔しい思いやねたみの気持ち)」を抱えやす日本人は、攻撃できるはけ口を見つけると、ボルテージが一気に増幅。日常は抑えている攻撃的な衝動があらわになる、というわけである

 バッシングをすることによって、物質的な利益を得られるわけではない。むしろ、相当の時間エネルギーを消費してしまう。非合理的な行動なのだ

本書によると、そもそも人の行動の多くは、合理性よりも「快、不快」あるいは「好き、嫌い」の感情で左右されるものだという。攻撃的で不寛容な人たちは、自らの感情に忠実な人たちという側面も併せ持つ。

 閉ざされた狭い島国において、似たような顔をしたものどうしがお互いを監視しつつ、ほんのすこしの差異のために競い合い、憎みそねみ合っている。

私たち日本人は、こういった状況を世界的にみて特別だと気づくこと、特殊だと認めることから始めるべきではないか、と投げかけている。

https://anond.hatelabo.jp/20180120162858

https://ddnavi.com/news/270886/a/

anond:20180120164032

そして他人への難癖の、不寛容の果ての世界はこんなコラージュCGかに見えてしまうようなクローン画像の様な世界しか見えてこない事を覚えておけ

https://pbs.twimg.com/media/CsN31mvUMAAUgA-.jpg

anond:20180120101421

リベラル不倫不寛容という根拠もクソもない仮定になんか言っても藁人形だろう。

不寛容なのか?

不寛容な女のせいで仕事が辛い

婚活関係仕事をしてるんだけど、売れ残りババア若いのに売れずに焦って婚活してるような出来損ないの女のくせに不寛容すぎるやつが多い。

男は多少のことは妥協して何度か会ってみようとするんだけど、女はしょうもないことにケチつけてすぐ断るから成婚率がなかなか上がらない。

例えば食べ方が汚いと断った女。

食後に口の周りにべったりソースが付いたまま拭かずに席を立ったのが生理的に無理だと思ったそう。

だけどそんなのは付いてること教えてあげて拭かせりゃいいだけのことで、ただのコミュニケーション不足。

それを一方的に男のせいにして断る神経が理解できない。

しかも身の程を弁えずにもっとまともな男を紹介してほしいとクレームつけてくるから困る。

特に若いのに自然に売れずに婚活市場に来るような女ほどすぐ断る傾向にある。

若いってだけで求められるから価値があると勘違いしてるんだろうけど、こっちからすれば婚活してる時点で同レベルなんだよ。

売れない者同士お似合いなんだよ。

女はもっと寛容になったほうがいいよ。

小室哲哉リベラリズムの敗北(*追記有)

以前ブコメ等で「リベラル不倫に対して寛容であるべきだ」と書いたことがあります

このタイミングにおいて、この件についてもう少し書いてみたいと思います。(*追記:できれば文末の追記1〜4まで含めてお読みいただければと思います

リベラリズムにおける基底的な考え方の1つとして、「善に対する正の優越」という考え方があります

この考え方は、リベラリズム特定の「善の構想」(何が善い人生であるか)を前提することなく、それぞれの個人が持つ「善の構想」を各人が自由に追求するための「フェアなルール」を整備することを目指すものである、という考え方です。(*この説明で腑に落ちない方は、「善に対する正の優越」や「善に対する正の優先」で適宜ググってみてください)

例えば、リベラリズムは「結婚すること/結婚しないこと」について特定の善の構想を持ちません。つまり結婚する人生も、結婚しない人生も、どちらが「善い」ものかということについてリベラリズムは関知しません。リベラリズムが目指すのは、「結婚する人生」が善いと思う人も「結婚しない人生」が善いと思う人も、どちらも”えこひいき”することなくフェアに暮らせるためのルールを整備することになります

私は、上記の「善に対する正の優越」という意味で「リベラル不倫に対して寛容であるべきだ」と考えています

多くの人々の感覚とはズレるかもしれませんが、「不倫は悪いもの」というのも人生における「特定の善の構想」を前提とした考え方になります。人には色々な事情があり、家族には色々な事情があります。色々な事情に応じて、人々には色々な「善の構想」が — 甘いものも苦いものも酸っぱいものも含めて — あるわけです。

もちろん各人の「善の構想」の追求も無制限に許されるものではありません。例えば、他者危害を与えるような「善の構想」の追求は当然に制限されることになります。その意味で、「不倫」についても不倫行為により危害を受けうる当事者家族や親しい関係者から非難されたり断罪されるのは正当なことでしょう。どんどん非難されたり断罪されたり(あるいは赦されたり)するとよいと思います

逆に言うと、不倫行為について非難したり断罪することの正統性があるのは、その当事者家族や親しい関係者だけだと思います関係ない第三者他人の「善の構想」に口をはさむというのは、(その構想が他者人権尊重抵触しない限り)少なくともリベラリズム立場からは、やるべきではないことだと私は考えます

また、そもそも、「誰を愛するべきか/誰と一緒にいるべきか」について社会関係ない第三者から指図されない、というのは現代において我々が獲得した「自己決定権人権」の中でもかなり基底的なものなのではないでしょうか?

上記の考えから、私はこれまで報道された有名人不倫について非難したり断罪たことは一切ありません。

今回、小室哲哉さんが不倫疑惑」によって 昨今の不倫に対する不寛容世間アングルの中で出た、不倫に対する疑義についての報道を契機として(しかも、不倫に類する行為は実際には存在しないであろうことがほぼ明白であるにもかかわらず)(*追記2)、その潜在能力の発揮が妨げられることになったのは、リベラリズムの信奉者として残念としか言いようがありません。

リベラル他者不倫行為に対して寛容であるべきなのです。

リベラルが考えるべきなのは、その不倫行為等の帰結により何れかの潜在能力の充足が果たされないような状況 --- 子供貧困など --- を生じさせないためのルール整備だと私は考えています

#追記:殺人への第三者から批判については本文中の"(その構想が他者人権尊重抵触しない限り)"の但し書きの部分に該当すると考えています。「他者人権尊重」に抵触する行為については第三者から批判は当然許容されるべきです。

#追記2:小室さんへの言及が舌足らずだったので変更しました。ブコメでご指摘いただいた方、ありがとうございました。

#追記3:私が勉強不足なのは認めます。皆様のブコメは大変勉強になります。「不倫」ではなく「婚姻恋愛」としておけばよかったですね。あと色々異論全然たくさんあると思うので異論をたくさん書いていただければ嬉しいです。(*特にガチプロガチプロ観点から何か書いてくれれば嬉しいなあ)

#追記4:「現状でリベラル不倫不寛容である」とは一言も書いていない(し思ってもいない)のですが。。。以前に「リベラル不倫に寛容であるべき」とブコメ等で書いたときに、「何言ってんだこのクソ馬鹿野郎」みたいな反応をいくつかいただいたことがあるので、自分としての上記の考えの理路をメモ的にまとめたのが本エントリーです。「リベラリズムの敗北」は道徳主義人民裁判みたいなもので人の社会的人生を終わらせてもやむなしという世間の流れが定着したことを指したものです。

2018-01-19

介護で疲れて魔がさして不倫したとしてそれを許さな不寛容社会糾弾するべきではないんですかリベラルの方々

2018-01-13

ナンパ不寛容日本社会

お見合い絶滅して自由恋愛に一本化した現代社会ナンパ認めなかったら男女の出会いの機会なんてないやん

このままでは未婚者の増加と少子化は進む一方やで

日本政府路上での出会いを推奨すべき

2018-01-12

意思を固めることに不寛容社会

日本では分かりやすい形に目的意思を固めることそれそのものが指弾されるようになって久しいのではなかろうか。持っているネタ新聞見出しに収まらず無理に収めても共感を得ないよう工夫することが社会で生き抜くひとつのコツになっているような気がする。

2018-01-11

anond:20170926230150

他人の考えていることがわかってしまう」とのことですけど、実は「他人の考えていることが全く想像できない、考えられない」というのが問題なのではないでしょうか。

私は集まりの場でいつも率先して騒ぎますが、何も考えなかったことはないです。

私も想像経験談しか語っていないので正確なことは言えませんが、あなたが「自分を疑っていない」と決めつけた大学生社会人、老人達だって自分を疑った(という表現は適切でないように感じますが…)ことくらいあると思います。彼らだって何かを経験し、何かを思考し、何らかの感情を持ち、何らかの事情があるからそそういう行動します。その行動があなたの中の常識とか思想とはかけ離れているだけなのではないでしょうか。

あなた他人の考えていることを全く理解できていません。それどころか想像もできていません。それは、自分理解できない行動を取った人々を「何も考えていない」「自分を疑っていない」と決めつけたところから明らかです。

一度、対話することそのもの目的とした対話や、議論することそのもの目的とした議論をしてみてはいかがでしょうか。そのようなことをしても差し支えない関係の人がいるならその人でも、あるいは匿名でもいいと思います

まずは相手の話をじっくりと聞いてみてください。相手が何を言いたいのか曖昧ときは、曖昧なままにせず質問はさみましょう。なるべく、言葉定義を問うような単純なものだとやりやすいです。「愛ってなに?」とか。

現時点でのあなたからは、不寛容で、世の中をわかった気になっている無知若者という印象を受けました。

不躾で偉そうなことばかりを言ってごめんなさい。騒ぐ人間なので、何も考えていないとか言われてちょっと怒ってる…。

あと、「自分を疑う」というのはかなり抽象的で定義曖昧なので、乱用したり話のミソにしたら読んだ人と書いた人の間ですれ違いが起こってしまうかもやし、起こってますね。

範囲を明らかにしたり(例えば、この場合の「自分」って「自分存在」なのか「自分思考」なのか「自分の行動」なのか)できれば具体的な例を挙げた方がいい(「自分を疑う」とは、私の行動を目撃した人たちが私に対してどのような印象を受けるかを想像し、それに基づいて自分がとるべき行動を決めることです、とか)と思います

とにかく、他人には他人事情があるんやから理解した気にならないほうがいいし、あなた全然理解できていないと思う…。ということが言いたいです。長々とすみませんでした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん