「常套句」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 常套句とは

2020-09-13

anond:20200913035706

俺は長年の田中芳樹ファンだけど、残念ながらその頃と今回とでは「当たり前の批判」の社会的意味が違うんだよ。認識アップデートしてよ。

タイトルの通り増田20年来の銀英伝ファンですが、私が銀英伝を知りネット掲示板個人サイトなどを見始めた当時からファンによる「銀英伝女性キャラステレオタイプ過ぎる」とか「田中芳樹女性を描くのが下手」みたいな批判は当たり前のものとしてありました。今回炎上した冒頭のツイートもそれと同系統のものであり、作品内の女性の扱いに対する感想としては見慣れた内容で特に違和感はありませんし、個人としての違和感を述べたうえでリメイクにあたってのアップデート希望するものであって、それ自体問題があるものとは思えません(なお、「Die Neue These」はリメイクではなく「原作の再アニメ化」なので、その点は事実誤認なされているものと思います

うん、銀英伝ファンあいだでは「あいつ女を描けてねーよな」みたいな評は普通のものだったよね。そういう意味で、例の社会学者氏のツイート認識はごくありふれた銀英伝認識を示したものだといえる。それだけを切り取ってみれば特に叩かれる要素はない。

でもさ、

ことと、

こととでは、社会的意味が違うんだよね、残念ながら。

twitterという、簡単に支持者を社会運動に動員できるプラットフォームで、これまでさんざんコンテンツを燃やしてきた社会学者っていう属性の人が、表現の内容を変えるべきだと口を出したら、単なる批評の域を超えて作品へのバッシング煽動してるようにしか見えないんだわ。

ジェンダーがどうこうというのも、そういうバッシングの際によく使われる常套句からね。

「あっ、この状況、キズナアイバッシングで見たことある!」って思っちゃうんだよね。

実際にそれらの描写を変更すべきか否かはそれぞれで判断が異なるのは当然としても、こうした意見に対して「現代にそぐわないから変えろって言いだす社会学者やべえ」などと嘲笑するのは原作者のスタンスを含めて明らかに論点を見誤っていますし、「銀英伝を燃やしに来た」などと反応するのは過剰です。挙げ句社会学者というツイート主の職業フォーカスしてその職業全体を否定するような言説まで行うのははっきり言って異常だと思います

もちろん、昨今のネット社会学バッシングはどう考えてもおかしい。一部のおかし社会学者存在で以て学問としての存在意義まで否定されるべきではない。

ところで、「すべての男がそうじゃない」みたいな言い訳をする男に対してノットオールメンって言ってきたのってどういう人たちでしたっけ?

文系のはしくれとしてはノットオールソシオローグスと言いたいところなんだけど、フェミニズム同調して社会問題に口を出してきた社会学者がそれを言うことは、まあ論理的一貫性問題惹起するよなあ。

本件もそうですが、ポリティカル・コレクトネスを巡る議論においては「過剰なポリコレ押し付けるな!」などと主張する批判側にも個人意見に対して過剰かつ攻撃的な言動を繰り返す「反ポリコレを旗印に個人を抑圧するネット憂国騎士団」みたいな存在も目立ってきており、まともな議論が成立しづらい状況になっているように思います

マトモな議論が成り立ちにくい環境を作ってきた責任を反ポリコレの側「だけ」に求められても困るんですが。

ポリコレが高邁な理想としての側面しか持ち合わせていなかったのであればともかく、実際には他の表現を抑圧する棒として使われてきていたという前史があった上での反ポリコレ側の過剰反応でしょう。

つい最近起きた騒動にだけ目を向けても、ジェンダーを専門とする社会学者によってキズナアイバッシングされ、フェミニズムを掲げる弁護士研究者によって献血ルーム攻撃され、「ミカンはお母さんが買うもの」などと宣うフェミ学者たちがラブライブ農協コラボを焼きに来た、といった話があって、その上で今回の社会学者氏の感想への過剰反応があるわけ。

ポリコレ棒でヒステリックに殴られてきた側がちょっとでもポリコレっぽく見えるものヒステリックに反応するのは自明の理では?

悪いけど、ポリコレ棒を振り回して暴れ回ってきたポリコレ憂国騎士団の皆様にはもうウンザリしてるんだよ。

からといってこちらも憂国騎士団ムーブをしていいことにはならないけど、ポリコレ側の憂国騎士団ムーブのことを棚に上げて反ポリコレ側だけを憂国騎士団と言われても困惑するほかないんだよね。トリューニヒトみたいな詭弁やめろ(憤怒)

ブコメに応答

実際問題2013年の人工知能学会表紙事件以降、表現特にオタクコンテンツ)をネットで叩いて社会問題化し、金と名声を得るというのは、社会学者定番になってる。最も顕著だったのが宇崎ちゃん献血ポスター騒動

社会学者の人、名誉はともかく金は得られてないと思うよ。

いや、ネット表現を燃やしたところで影響力とか声望とか自尊感情とかはともかく金は得られんよ(少なくとも学者世界では)。金目当てで彼らが動いているというのは被害妄想がすぎる。そりゃ有名どころのレーベル新書とか書けばまとまった金は入ってくるかもしれんが、彼らは現段階ではtwitterで吠えてるだけで別に一般向けに売れそうな本を書いているというわけでもないし。

この界隈Twitterさえ見なきゃ起きてない論争多くない?ほぼネットそれもTwitterしか社会学者」を知らなそうな人多くない?

そりゃ、多くの人には表現を燃やしに来る「社会学者」の姿しか見えてませんし……

アカデミアあるいはそれと近いところにいれば、社会学といっても色々あって、ハマータウンの野郎どもを研究する人もいれば聖なる天蓋を論じる人もいて、ジェンダーオタク文化に関心を持っているのは一部であり、表現を燃やしに来るのはさらにその限られた少数に過ぎず、もっと言えば社会学者といっても博士課程の院生から誰もが参照すべき大御所まで「権威」に勾配があることくらい理解しているだろうし「社会学者」を十把一絡げに論じるべきじゃないっていうのは自明の理なわけだけど、燃やされた被害者からはそのごくごく一部の姿しか見えないので。

アカデミアと縁のないそのへんのオタクにとって、哲学者数学者工学者や物理学者言語学者文化人類学者なんてろくずっぽ知らないのが「普通」でしょう。普通の人は良かれ悪しかれそんな学問について詳しい知識は持ってないんだよね(漠然としたイメージは持ってるかもだけど)。だからtwitterオタクがロクに社会学者について知らないってのもある意味当然なのよ。

そんな学問についてよく知らない一般大衆は、まあ、自分たち表現を燃やしに来た一部の社会学者の姿を見て「社会学者」のイメージ形成ちゃうよね。

もちろん「そんな社会学者ばかりじゃない」という異議申し立てはどんどんやればいいと思うよ。「そんな男ばかりじゃない」と同程度には正当性のある反論だろうし。

昨今の風潮でいちばん納得がいかないこと

ムーラン』と『銀河英雄伝説』が同時並行で話題になってホッテントリに出まくってるのに誰も『風よ、万里を翔けよ』の話してないのおかしくない!?

2020-08-25

anond:20200824130547

助けてるけどブラック企業ブラック育児にたずさわってたらもうどうしようもないんだわな

こういう「女だけでやれ自己責任論」こそなにもしたくないですマン常套句なんだよな

2020-08-22

藤井聡太二冠に観るAI時代将棋の楽しみ方

長すぎて読めない:AIの推奨手と解説聞きながら藤井SUGEEE!してればおk

対象読者:駒が規定の動きに従って取ったり打ったりできるのは知ってるくらい)

 かつて、電王戦というイベントがありました。故米長邦雄永世棋聖ちんこにまつわるエピソード豊富)の鬼手/奇手として遺ったそのイベントは、プロ将棋界に大きな爪痕を残しました。2013年コンピューター(当時はAI=人工「知能」とは呼ばれていませんでした)に破れた最初の現役棋士佐藤慎一五段(ギターと歌がうまい)のブログに多くの中傷コメントが寄せられたことに始まり、その後プロ棋士泥仕合の末の引き分けを挟みながら連敗すると「コンピューターに負ける棋士達に偉そうに生きていく資格はあるのか?」という問いが投げかけられました。その後はプロ棋士一時的に巻き返して勝ったり負けたりになりましたが、その勝ち方に対しても「コンピューターに対するハメ手」ではないかという意見が上がるなどしましたし、2016年3月AlphaGo囲碁トップ棋士を破るに至っては、もはや二人零和有限確定完全情報ゲーム人間AIに勝つの不可能だろうと考えられました。実際AlphaGoに敗れた棋士は、2019年に「AIに勝つことができない」ことを理由の一つとして引退しています2017年佐藤天彦当時名人(ABEMAトーナメント煽り文句が「おしゃれマスターなのはひどすぎる)が番勝負を連敗で落とすに至って、「絶対将棋人間AIに勝てない」という合意形成されていきました。

 藤井聡太二冠(初手を指す前にお茶を飲む癖があり、昨日の王位戦にはお~いお茶スポンサーした)は、そんな2016年末、「プロ将棋棋士とか存在する意味ある?」という疑念マッハ時代プロデビューし、2017年度にまたがってあのデビュー後無敗で29連勝とかい前後不覚、いや空前絶後の記録を打ち立てたのです。藤井二冠の将棋の魅力は色々に語られますし私も以下で色々に語っていきますが、当たり前であるが故にスルーされがちな第一理由としてシンプルに「強い」ことが挙げられるでしょう。誰しも推ししょんぼりしている姿は見たくないものですし、そこから照射して強い人を推しにするのも自然なことです。藤井二冠の強さは誰しも知るところですが、端的に説明するならば2018年に達成した記録4部門勝率勝利数、対局数、連勝数)独占が挙げられるでしょう(なお過去の独占者:内藤國雄、羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治)。今回の「二」冠についてもそうですが、レーティング勝率など将棋についての数字で表せる強さに関しては、ほとんどすべての場合において現状藤井二冠に勝てる人はいないでしょう。そのことは世間に対する「わかりやすくすごい」というアピールに繋がっているのだと思います。駒の動かし方すらわからなくても、何かでデビュー後29連勝するのがとんでもなくすごいことだというのは誰でもわかりますからね。

 さて、「数字に関して藤井二冠はすごい」と言いましたが、ではこれが「数字じゃない部分は藤井二冠は大したことない」という皮肉であるのかと言えば、そんなことは全くありません。まあ将棋が勝ち負けのつく勝負である以上、どうしても「勝てば官軍」的な側面は存在してしまうのですが、それを抜きにしても多くのプロアマチュア意見の一致するところとして「藤井将棋は華がある」というものがあります

 世の中にはプロ棋士評価されるプロ棋士、されないプロ棋士、というものが実は存在します。その基準将棋に対するそもそも姿勢であったり、序盤の構想力であったり、終盤の鮮やかさであったり、あるいは元も子もなく勝率であったり、さまざまです。しかし、羽海野チカ先生キラキラ系だと思ったら違ってむしろアコガレ側だというのを吉田豪インタビューで知ってより好きになった)が『3月のライオン』で「信用」という言葉を用いて描いたように、それは確かに存在します。その言葉を借りて言うならば、藤井二冠は今棋界で最も信用を得ている棋士といえるでしょう。その源は何かと問えば5連覇中の詰将棋解答選手権に明らかな終盤力でしょう。「詰まないと思ったけど藤井くんが詰ましに行ったかまさかと思って調べてみたら詰んでた」というエピソードをどれだけのプロ棋士の口から異口同音に聞いたのか数えきれません。昨日も村山慈明七段(兄弟子の飯島栄治七段をトーナメントで負かしたのを忘れて「叡王戦どうされました?」と聞いた)がそれを言ってました。他方で、序盤力で羽生九段(って呼び方違和感あるよね)の若い頃と比較して、「新人羽生の序盤は荒削りで終盤の豪腕で勝利をもぎとっていたが、藤井はそうではない」と度々評されてきたあたり、「序盤、中盤、終盤、隙の無い」という格言に当てはまる棋士のような気がします。ちなみに藤井二冠はコロナ前後課題として中盤力を意識的に強化したようです。

 さて、ここまで散々凄いことかのように言ってきたのですが、実はプロ好みのプロ棋士というのはさほど珍しくありません。何十人かはいるでしょう。しかし、「プロ好みで」かつ「アマチュアにも好かれる」棋士しかも勝ちまくっている棋士といえば片手で十分なレベルでしょう。「プロ好み」「勝ちまくり」についてはすでに説明したので、以下では藤井将棋のどのような部分がアマチュア好みであるのかを解説します。アマチュアもまたプロに負けず劣らず基準が多様なのですが、結局は一つです。「オレが観てて面白いか否か」。以下では、その点について昨日の封じ手を中心に論じていきたいと思います

 さて、封じ手です。封じ手とは何でしょうか。大丈夫です。たまに先走っちゃうけど私は「駒の動かし方というもの存在する」レベル知識の人にも分かるように書いてるつもりです。封じ手とは2日制の棋戦で用いられる作法で、どこかまで指して、じゃまた明日、となっては最後に指してない側の人が一晩考えられてあまりに有利なので、手番の人が誰にも見せず「封じ」て、翌日に開封するということでそれを相殺しようという試みだと私は理解しているのですが、実際は「お前それ同歩の一手やん」みたいな封じ手も多く、謎です。たぶん同歩の先に必然手順があってその先にある分岐実質的に封じているのだとは思うのですが、封じ手やったことないし全く分かりません!誰か解説して!ともあれ、封じ手NARUTOとかの技名っぽい)の瞬間にドラマチックなことが起こることはまれです。でもなー、そこで起こすのが藤井二冠なんですよ!

 さて、王位戦第4局の封じ手は8七同飛車成でした。これは、一手前に木村王位(自ら将棋の強いおじさんと称するユニーク解説名人称号は当分は奪われないでしょう)が飛車の前に銀を進め、飛車にお帰り願う手に対するものでした。お帰り願われては仕方ないので、飛車を逃げるだろうというのが大方のプロ見解でした。しかし。藤井挑戦者はここで30分以上の、当たり前の一手があるに場面しては長考を行いますまさか、と解説がざわめきます飛車を切る手順を考えているのではないか。お帰り願った銀を飛車で食いちぎり、その飛車を金に取らせる手順を考えているのではないか。長考のまま封じ手時間となった。解説では飛車を切る手順と逃げる手順の比較を行っています解説橋本崇載八段(金髪パンチパーマゴリラから一時期太ったがまた巻き返して爽やかになった)は「いやー同飛車成は指せないですね。いや指すには指せますけど。ただ封じ手でしょ?手が震えて紙に書けないですよ」と言う。それほど異色の手なのだ

 同飛車成について私の印象を言わせてもらうならば、「アマチュア5級~3級の人がやりそうな手」です。お帰り願われたんだけど、そのまま言いなりになるのも業腹なので、切ってしまう。飛車と銀の交換で、相手は最強の駒・飛車をどこにでも打てるのに対し、自分飛車より弱い銀をどこかに打つ権利を得る。普通はそれでは勝てないが、相手が考えてない手を指した結果、相手の陣地は乱れ、時間も使わせることができる。お互いに強くないのでそこからちゃごちゃっと泥仕合にして最後はなぜか飛車を切った方が勝ってしまう、というのはそのレベルの人たちの将棋ではありがちです。ムカついたからという理由飛車を切り飛ばし、それで勝ってしまう。こうなると将棋はやめられません。もちろんそれはお互いに棋力が低いから成り立つ無茶で、相手が強くなっていくにつれてそうした手は通らなくなり、みんな普通の手を指すようになりますプロがよく言う「将棋は当たり前の手の積み重ね」「将棋は悪手を最後に指した方が負ける」という格言はそれを物語っています。ある程度強い人同士の将棋では、必殺技みたいなすごくいい手というのはなかなか出てきません。相手もそれを読んで必殺技を出させないようにするわけですからしかし、です。藤井二冠にそれは当てはまらないようです。今回の同飛車成も、以前に指した数々の「AI越えの鬼手」も、いかにも無茶で派手な、必殺技的な手です。つまり3級~5級の頃にみんな指していて、今はもう出来なくなってしまった手です。将棋一般に、2級と初段に壁があるといいます。2級になるためにはそうした無茶な手を捨てられるようにならなければならないし、初段になるには詰将棋や定跡を覚えなければならない。そうやって人は昔の無茶苦茶でありながら楽しかった将棋を失い、しかし強さを得ていきます。そうして強くなった人にとって、3級~5級の人の将棋というのは、少年期の懐かしい思い出のように映ります。昔は楽しかったな、でも今はあんな無茶はできないな。しかし、藤井二冠はその少年のような(というか少年なのですが)手を数々の大舞台で指して、そして強敵を破ってしまう。そりゃテンション上がりますよね。

 さて、藤井二冠のデビュー前後AI棋士地位を脅かしていたという話をしました。今もネット中継ではAIによる評価値や予想手が画面上に表示された状態視聴者解説者は将棋と向き合うことになります。そんな中で生まれ面白い解説常套句があります。「これは人間には指せない手ですね」。初めてその言葉が使われたのはおそらく第2回電王戦のどこかだと思うのですが、最初のうちは否定的ニュアンスが多分に含まれていました。人間なら一目でもっと上手く指せるのに、コンピューターにはこんな変な手を最善手として示してしまう、と。しかし次第にその言葉は畏怖と諦観を込めて使われるようになりますAIはこの手を最善と示している、確かにそれは正しいのだろう、しか人間にはそこまで深く読むことが出来ないから指せないのだ、と。現在棋士はおおむねその諦観を受け入れているように見えますAI的な最善よりも、人間の身の丈にあった答えを。ほとんど神話寓話世界の話ですが、その姿勢は間違っていません。人間が鳥の真似をしたところで、翼を焼かれるだけですからしかし少数の棋士は、その諦観を受け入れません。その筆頭が藤井二冠でしょう。彼は徹底してAI感覚を身につけようとし、かつ成功している人間であるように思われます。先ほど述べたように、「コンピューターのような」という言葉蔑称として使われる時代はもう過ぎました。それは単なる時代的なドグマではなく、すでに述べたとおり実際に「面白い」のです。藤井二冠はきっと、ラジオ時代ポップスターがいたように、テレビ時代プロレススターがいたように、AI時代に生まれるべくして生まれ将棋スターなのだろうと思います

 将棋はきっとこの先永遠にAI神様との比較さらされ続けます。その中で、我々よりもずっと神様に近い人が諦めてしまう。きっとこの構造人類史普遍的ものだと思います。そして、その諦めは決して不幸とイコールではない。そのことは多くのプロ棋士が「コンピューターには指せない」=「人間特有の」戦法や戦術を用いて証明してくれていますしかし、もし、人間が諦めずほんとうに神様を目指したとしたらどこまで行けるのか。その問いに対して藤井二冠の活躍は答えを出し続けてくれているように思います。私にはできない、あなたにもできない、困難な道を歩むことを彼は決めました。ならばせめて、その後ろ姿をずっと眺めていたいとは思いませんか。私は思います。というか散々述べたように後ろ姿を眺めるのが楽しすぎてやめられない状態にあります。まあ、私は振り飛車党なので実は推し棋士別にいるんですけどね。

2020-08-20

無題

自分労働階級である

今日暑い中汗だくになって働いた。

それは最初に書いておく。

よくネット

この世の中は誰かの仕事でできているとか

職業に貴賎はないとか言う人が居るけど、

その言葉は間違いではない。

ただ搾取する管理側はそんな事は考えてもいないし

性格に難がある母親子供の躾に

あんな汚い仕事をする様になっちゃいけませんよと

人を貶めたり軽んじる言い方をする人間が居るが

正直その通りだと思う。

自分子供がいたらこんな仕事をさせたくない。

馬鹿にされようとも立派な会社に入って

高収入で良い家庭を持って貰えば嬉しいと思う。

その場合自分は疎遠にされるだろうが

別の問題なので触れないで置く。

要は労働強度が低くて収入も良い

割のいい仕事に付いて就いて欲しいし

自分も就きたい。

底辺仕事は回される

仕事底辺なら人間関係も底辺

それで収入も低い。

から低いと言った方がいいのか。

自分がどんどん嫌になる。

そうならない様に努力してきたつもりだが

親にも邪魔され仕事場でも蔑ろにされ、

それでもそれでもとやってきたが

正直日の目を見ない。

そんなのは世の中全体で見れば

自分のみではないと言う事は分かるが、

無敵の人が生まれるわけだ。

少なくとも今の職場では大した扱いはされてないし

される予定も無い。

こんなコロナの真っ最中転職先などなかなか無いが

腐った場所時間を消費するよりは

1秒でも早く出て行った方がいい。

どこに行っても一緒だぞと言う人間もいたが、

正直そんな事はない。

ここに居るよりはましだ。

真面目に働いていればいいと言う教育方針

反論すると物を投げつける親に恨みしかない。

真面目に働いていればと言う下り

管理側の常套句しか無い。

2020-08-10

アンチフェミは流れが見えていない。

さてと……、そろそろアンチフェミフェミニストに勝てない理由解説しておきますか。

アンチフェミ歴史社会の流れが見えていないんだ。

 

権力者一般男性一般女性

 

まず、アンチフェミ

の2つの属性対立しているかのように誤解している。

 

実際には、

の3つの属性存在するんだ。

 

フェミニストは権力者取引している

 

フェミニストは一般男性最初から眼中にない。

フェミニストは権力者に話しかけているんだ。

権力者とは強者男性アルファオス、牧場主のように言い換えることもできる。

 

権力者フェミニストの間では取引が成立している。

Win-Win関係なんだ。

どうして権力者一般女性の言い分を聞き入れるのか?

男性女性を両方働かせることで権力者の得られる報酬さらに増加するんだ。

そしてそれは国際競争を勝ち抜くためには避けられない流れなんだ。

 

権力者には一般女性要求を聞くインセンティブがある。

一般女性一方的要求しているのではなく「どうしたら、気持ちよく働いてもらえますか?」と権力者の側からも歩み寄っているんだ。

これは牧場主が家畜の質を高めるためにあれこれ工夫するのと同様だ。

アンチフェミが「正しさを振りかざして〜」「かわいそうランキングが〜」などと言うのはまったく的外れだ。

きわめて、実利的な領域でのやりとりなんだ。

から気持ちよく働くため」という女性側の言い分が本当のことだと判断されれば、それは受け入れられる。

女性社会進出が進んだことでこうなった。

 

なぜ女性社会進出が進んだ?

 

では、なぜ女性社会進出が進んだのだろうか?

家電の普及によって家事負担が軽減されたという側面は否定できないだろう。

から大雑把に言えば時代の流れによるものだろう。

更に突き詰めて、敢えて戦犯を挙げるなら「専業主婦叩き」がそれではないか

専業主婦寄生虫」などと誹謗中傷した結果、女性社会進出が進み、権力者女性要求を受け入れる土壌が出来上がったのだ。

ミソジニー自業自得感。

 

権力者にしても一般男性要求にはウンザリしているような気がしないでもない。

「あれが欲しい。これも欲しい。俺を敬え。誠意は金額だ。つまらない仕事をさせるな。怠惰美徳。見下したな?復讐してやる。時限爆弾を仕込んでやったぜ」

そこらの一般男性は一時が万事その調子だ。

その点、女性の方が御しやすいとして間違いない。

さらに「セクハラするな」などというフェミニストの要求コストどころか「組織私物化する輩」をあぶり出して組織から追放できる機会だと考えれば、権力者にとって願ったり叶ったりとすら言うことができる。

 

一般男性権力者取引している

 

ちなみに一般男性権力者から見返りを受け取っている。

一夫一妻などはその代表と言っていい。

霊長類一夫多妻が基本系だ。

人類も同様で、かつては本邦においても大奥のような一夫多妻存在した。

自然の掟では「優秀なオスがメスを総取りする」のが基本なんだ。

だが、弱者男性気持ちよく働かせるためにここでは権力者が譲歩した形となった。

家を留守にしている隙に嫁に浮気されたのではたまらない。

現代人は、その流れを忘れて「不倫浮気するやつはクズ」という「常識」はアタリマエだと思っている。

ちなみに一夫一妻は権力者一般男性との取引であり女性同意は得ていない。

 

アンチフェミの巧妙な手口

 

さて、ここでアンチフェミの手口を振り返ってみよう。

「お前の言うことは間違っているんだ」

「間違ったことを口にするなんて恥ずかしくないのか」

「だから、なにも要求するな。黙ってろ」

こういった手口がアンチフェミ常套句だ。

「話し合い」によって何も支払うことなしに相手から譲歩を引き出す。

これはゆすり、たかりの手口だよ。

フェミニストに言うことを聞かせたいのだとして、アンチフェミが支払う見返りは?

アンチフェミは見返りを支払っていないんだ。

から取引にはならない。

 

ところでアンチフェミはよくフェミニストをクレーマーファシストナチス断じているね。

クレーマーファシストナチスが悪いと思うなら、身の振り方を考え直すといいよ。

2020-08-07

怪しい電気事業者訪問営業が来た話

夜7時過ぎ、怪しい電気事業者訪問営業が来た。

その営業いわく、

  1. 東京電力との契約はそのまま(はい)
  2. 安くなるので損ではない(常套句)
  3. 基本料金が無料になる(はいはい)
  4. 1か月前に手続きの案内を送ったが手続きされなかった方を訪問している(そんな郵送物は来ていない)
  5. みんな手続きしてもらっている(???)
  6. 今すぐスマホアクセスして手続きしてほしい(???)

……そもそも契約する気がないのだけど(メインのスマホソフトバンクで、キャンペーン電気代数ヶ月完全無料+携帯料金とセットで支払いできて便利なので電気ソフトバンク経由で契約してる)、訪問時間といい、説明内容といい、どう聞いてもまともではない。

まりにも一方的に喋り、粘りそうな雰囲気だったので、契約を進めるふりだけしたが、途中、支払いがクレカのみということで、クレカを持っていないふりをしたらあっさり撤退していった(「みんな契約切り替えてもらってる」って説明してたのに!)。

その営業が名乗った事業者自体存在するようだけど、詐欺ならわかりやすいけど、仮に正式事業者だとして、契約がさも義務であるかのように誤認させる営業違法ではないのか。大体こういう場合代理店やらかしてたりするんだろうけど。

名刺くらいもらっておくんだったなー。

それより、将棋ウォーズで対局してたところで訪問されて、時間切れで負けたのが腹立つ。

2020-07-18

無責任感の強い上司

無責任感の強い課長の下に4年間ついている。もう限界

課長自身で全く決断をしない。大きな方針はすべて部長に決めてもらっている。細かいところは部下に「任せる」と押し付け

「君は担当者から」と、方針決定、スケジューリングから実務作業まですべて部下がやらされる。課長は「進捗はどう?」と夕方に聞いてくるだけ。

論理自分の都合のいい方向に使う。2部署にまたがる仕事があったら、どんな屁理屈を使っても自分仕事が回ってこないように全力を出している(こういうときだけ頑張っている)

作業量、負担が多いことを課長に伝えても、「君の成長のためにやらせてあげている」という無能上司常套句が返ってくるだけ。

課長自ら、率先して雑用をこなしている。下っ端にやらせればいいようなことを自分でするのが大好き。こういう雑用を奪っちゃうと、する仕事がなくなっちゃうみたいだ。

営業から仕事の依頼が来ると、必ず何とかして断る方向性に持っていこうとする。そんなんだから営業無責任課長仕事を回そうとしなくなってきた。課長も喜んでいるだろう。

こんな無能から当然結果は出ておらず、部下が減らされ今は自分ひとり。こんな状況でも課長反省せず、人が少ないことを仕事を回ってこないようにする口実にちゃっかり利用している。

歴代3人の部長がいたが、無責任課長は全部長から叱られてはいる(部長に直接不満を言ったことがきっかけも何度かある)。

さすがに叱られると心を入れ替えるのか、いつもはしないマネジメントしてくれるときもあるが、1週間ほどで元通り。


もう疲れた部署の異動希望もなかなか通るのは難しそう。転職するエネルギーもない。

どうしたらいいんだろう。

2020-07-14

anond:20200713112814

BLファンタジー」という常套句への疑問はLGBTからの声を反映してのことだと思っていた。観測範囲はてなブログだったからかもしれないけど。

最近この話題についてゲイ作家さんが「BLファンタジーって言っとけば(よかったのに)」と言うのを見て拍子抜けした。

2007年)「百合は/BLは/やおいファンタジーなんだから、何したっていいだろ」というノンケの発想って「旅の恥はかき捨て」っていうのと同じだよな

https://miyakichi.hatenadiary.jp/entry/20070625/1182747500

2008年佐藤雅樹「少女マンガホモフォビア

https://ry0ta.hatenadiary.org/entry/20080202/1201956488

2008年堺市図書館論争 まとめと個人的見解 後・BL問題

https://kanatam.hatenablog.com/entry/20081113/p2

最終的には増田のような「注意書き」を添えることが落としどころだとわりと真剣に思っていた。

腐女子が「ポリコレ」に関心を持つ一因はゾーニング言葉選びに敏感になれと内外から言われまくってきたことかなあ(10年ぐらい前までは)。

個人的には黎明期ニコニコ動画pixivオタクが「腐向け」の作品苛烈な態度で検索避けを強いてきたことが根っこにある。

かたやマナー喚起のつもりの「同性愛を扱ったBL嫌悪感を持つ人が多いので隠れましょう」みたいな文言差別助長するとゲイの人から指摘されることもあった。

当時とは状況が反転したようでいて、ニコ動pixivの中は変わっていない。二次創作にあって男性向けは自由女性向けは検索避けさせる状況のまんまだ。

「男女カップリング百合には何も言わないのに、男性向けのきわどい女キャラの絵は野放しなのに、そっちは隠さないの?」という反問はその中で繰り返されてきた。

検索避け反対派は「みんな隠れろじゃなくて、みんな隠れなくていい、じゃないと互いの首が絞まる」と言ったが結局「どっちも隠れろ」に傾いていって今がある。

BLのつもりはないけど書いた人が腐女子なので…」と健全系までカップリングタグにばらばらに隠れていたりして作品タグ検索ますます寂しくなる。話がそれた。

2020-06-13

anond:20200613132507

ネトウヨ常套句だよな

興味ないって

検察庁法改正案に興味ありません

馬鹿から反論できないんだろうね

2020-06-08

ツイステ周辺お気持ち表明合戦に対するお気持ち

少しの盛り上がりを見せるお気持ち表明合戦

流行り物が荒れるのは道理だし、この流行り方は荒れるだろうなとは思ってたけど、目に余るのがあるなあって(お気持ち常套句)。

この世には色んなオタクがいて、色んな作品があって、オタクの数だけ自己解釈があって、毎日色んなところで解釈違いが起きてる。

解釈違い表明が悪いとは思わないし、自己解釈キメんのはオタクの性分だと思うけど、わざわざ火の立ちそうな言い方すんのやめませんか。

特にあの曇っていくお気持ち表明は、ツイステファンどころか乙女ゲーファン性嫌悪にも喧嘩売ってるのはちょっとどうなの。

性欲はこの世を回す大きなもののうち一つだし、性欲目線で見る人がいるのも確かだけど、キャラクター人格ビジュアル込みで作品だと思って嗜好している人だっているし、Aセクシャルでも乙女ゲーイケメン好きな人はいる。世には性欲が嫌いだからこそ二次元芸能人を好きになる人だっている。

なのに片方の性しかいから性欲と一括りにしてしまっているのを見ると、逆にあなたの目が曇っているから曇って見えるのではとしか思えない。

誰かの好きなものだったり、心の支えになってるものだってわかってほしい。汚されたとか、性欲だとか、その誰かが傷付くような、目を引く強い言葉で、自分正当性を主張するのはお気持ち以前の問題だと思います

目に見える形で二次創作を垂れ流してる人に関してはもう本当なにも言えない。そいつが悪い。二次創作発表会は見えないところでやれ問題ジャンルわず噴出しているので、マジ全力で同意すんね。鍵かけるなりベッターに放るなり伏せるなり支部でやるなりしろR指定なくても隠せ。サイトを作って検索避けしろ

冗長で読みにくくてごめんね。

結局お曇りの人名指しみたいになっちゃってごめんなさい。言葉選びが目を引いて過激だったのでどうしても……。

お気持ち表明はいいけど関係ない界隈巻き込んで傷付けるような書き方は避けてほしいって言いたかっただけなんだ。

終わるね。

2020-05-31

学んだこと

マッチングした相手

常套句

「見ないかサイト退会するんだ~」

同時並行しない誠実さをアピール

ライン等に移動

メッセージを交わしていくうちに

合わないと気付きはじめる

サイト内のプロフィールを変更し別人に。

相手と会う

ヨナラ 又は 同時並行

頻繁にログイン始める

マッチング見つかる

1番上に戻る

2020-05-27

anond:20200526172356

あと「好きだからこそ批判する」を常套句にわざわざ断り入れながら殴る人間も大概ヤバいやつな。

考え方が卑しすぎて、ごく一般的レベルの思慮深さ、他者への敬意、想像力みたいなものを備えてる多くのファン存在が見えてないような言動をする。

おそらく全員が全員元々異様に卑しい考えをする人だったわけではないと思うが、ネットの心ないトンデモ難癖を読み続けるうちにエコーチェンバー的に難癖思考が刷り込まれその人の中では正当化されてしまうような現象が起きてるんだろうな。まあネトウヨ化とかと原理は同じ。

2020-05-19

チー牛式・快適怒られ術

チー牛のみなさん、ごきげんよう今日ヘイトを集めているかね?

.

さていきなりだが、本日はぼくの開発した「怒られ術」を伝授しよう。これは多くのチー牛を救う為の知恵であり、社会での試合の為の必須スキルであると、ぼくは考えているからだ。

.

なぜチー牛向けなのかというと、無能なあまり週6で怒られが発生する(休日出勤があるなら週7)弱そうなオタクは、皆判を押したようにチー牛だがらだ。そしてそういう無能は、同じく無能だがイキり上手なハゲにしばしば標的にされるからだ。

.........

予め言っておくが、この手法をまともな人相手にやらないように。彼らの叱責は中身を伴う実に有益な内容の物が多いからだ。そういう時は大人しく耳を傾け、糧にしよう。一方で自身無能を棚に上げてイキりたいだけのハゲに対しては、なるべく相手の怒りを空回らせ、自分は無傷で済むように立ち回ろう。どうせ無駄時間を取らされるのなら、少しでも楽しんだ方が得なのだ

........

ステップ1:姿勢を正そう

叱られている人間として正しい姿勢はある。となれば、イキられている時の正しい姿勢も当然ながらある。このステップでは、相手の怒りを増幅させるのに最適な姿勢を伝授しよう。

ポイントは表情と声のトーンだ。顔の力は極力抜き、口は半開きにする事。難しければ、意識して口呼吸を行い、上の歯と下の歯がまったく接触しない様にしてみよう。かなり効果的な表情になるはずだ。

目は相手の目を一切見ないようにし、少し俯こう。目を合わせると「抵抗意思あり」と判断される。

声のトーン、つまり相手質問に答える時は、喉に力を入れて小声で答える。この表情とトーンでイキられ体勢は完成だ。「なあ、話聞いてんのか?」とか、「はっきり喋れよ」と言った常套句相手から発せられるのも時間問題だろう。運が良ければ、声を荒げてくれるかもしれない。そうなれば、もうこっちのものだ。

.......

ステップ2:質問をし、意味不明言い訳をしよう

ここからはやや高等なイキられになる。相手のこ問いかけに対しては「つまり、こういう事ですか?」と、一聞するも筋の通った、しか不適切解釈を述べる。ステップ1の姿勢と併せて最大限の頭の悪さをアピールする。

すると相手はどう思うか?「イージーすぎてクソゲーだわ」と、動かないCPU相手格ゲーをやっている気分になる。ここで更なるイキりを見せてくるようなら、完成だ。そうなればその勢いは既に度を過ぎたものになっているだろう。おっと、ポケットレコーダー最後までオンにしておく様に!無抵抗の者を攻撃する事はジュネーブ

2020-05-04

anond:20200504113639

「じゃあおまえがやってみろ!」

ってクソ老害バカ上司常套句だよなー

2020-05-02

他者を踏んでる足をどけろ」って常套句乙武さんに言ったら差別扱いされそう

2020-04-16

anond:20200416075159

はいはい観測範囲問題」その常套句も飽きたよ

少なくともお前よりはあらゆる反応見てるから

もうオタクは一生差別いじめについて語るなよ

香川ゲーム規制パブコメが内部操作されていたらしい。香川県民被害者だったわけだ

オタクたち散々差別いじめ発言してきたよね

これは一部だけじゃない あらゆる香川いじめツイートがバズり、それに異を唱えるツイートは一切バズらなかった

ネット全体が香川県民への差別いじめ容認してた

今回「一部(県議会)の行動で全体(県民)を叩く」というオタクが散々された嫌な思いをしてきたムーブオタク自らしてたわけだけど

普段被害者意識こじらせてオタク差別するな、主語がでかい、一部だけとか言ってきた奴らが逆の立場になると全く同じことをする事が明らかになった。

もうオタクは一生差別いじめを語る資格はないわ

書いてたのはオタクだけじゃない!っていうコメントくるだろうから先に言っておくと、「そんなの分かってるわボケ

普段同じようなことやられてキレてるオタクがやっちゃいけねぇだろって話だから

いじめる側の常套句ネタから」ってのももちろん通じないからね

2020-03-28

anond:20200328163819

権利ばっかりってフレーズ、もはや体制の犬の常套句になってきたな

前向きの席

私の勤め先は、基本的部署ごとに机を向かい合わせにし、いわゆる島を作って座るスタイルが通例になっている。

しかしごく一部だが、大陸から離れて廊下や出入り口のほうを向けられた「孤島」が存在する。

孤島は大陸の人々を背にして廊下や出入り口に向いて座る。

孤島は孤独だ。

孤島はたいてい2席あるので、隣には人がいる。けれども背中の状況がわかりにくく、大陸にいる人の様子が全くわからない。

大陸で交わされる雑談や談笑は聞こえないし入れない。だんだん卑屈になってくる。

連絡事項も聞こえづらい。というか孤島の人にまでわざわざ伝達などしてくれない。

電話には先に出ろと執拗に言われるが、出た電話を取り次ごうにもいちいち振り返らないと目標人物が在席か否かすらわからない。

後ろの大陸からPCの画面が丸見えになるし、事務所内の人が立ち歩くときもじろじろ見られるし、冬は寒いし、不快のものだ。

客に誠意を示すとかいっても、結局下を向いてるとなかなか来客に気づかないし、いったん引いて机を回り込まないと前に出られないから意外と非効率なのだ

孤島は、むかし君臨した豪腕部長が「客に誠意を示す」ために指示した事項だった。

彼が退職しても、誰もそのスタイルを改めようとしない。

その権限がある人たちは、あの席に座る苦しみがわからないし、過去偉人の指示だから、変える勇気もなければ必要性も感じないのだろう。

まさかその座席配置で「お客様ファースト」を体現できると本気で思ってはいないだろう、と信じてはいる。

何年か前、私は孤島に座っていたことがある。

苦痛しかなかった。

そのときは、孤島の後ろにさらに空席があって、大陸の人たちは今よりもっと遠かった。当時から嫌われていたんだろう。私が耐えかねて辞めるのを待っていたんだろうか。

現在は、若い女の子と気のやさしい非正規おばちゃんが座らされている。

気の毒だが、正直なところ自分じゃなくてよかったと思っていた。

ところがだ。私と折り合いの悪い先輩が、どうしても私を孤島へ追いやりたくて仕方ないと。

「お前のためであるし、おれのためにもなる(お前もおれの顔など見たくもないだろうし、それはおれも同じだ)」という話らしい。

そのために、私の業務内容の入れ替えとあわせて管理職へ進言しているという。他案も「それは飲むからとにかくあいつを孤島へ」と言って、私を追いやるつもりは譲らないと。

私は孤島に何年か座ったことがあるんだが、知らないのだろうか。

私を自分から遠ざけられれば、まして孤島なら向きが変わってお互いの視界に入ることも減るからちょうどいい、とでもいうのか。

若い女の子不憫に思ったのもあるかもしれないが、それなら別に私でなくてもいいはずだ。

まあそこまで嫌われるのは私にも原因がある。

私は彼に何かといちゃもんを付けていたから、彼が私を疎ましく思うのも、私が自分のことを疎ましいと思っているのだと彼が認識してしまうのも、仕方ないと思う。

少なくとも一年は孤島で隔離生活になる。あー嫌だな。孤島生活つらそうだ。

でも何が一番嫌かって、それは先輩の草の根諜報活動ですべてが決まってしまたことだ。彼は管理職へうまく取り入って畳みかけて、自分の案をほぼ飲ませた。私の次の業務内容まで明確に指定している(けっこう厳しい内容らしい)。

でもいざ追及されたところで「管理職が決めたことだから」という逃げ道がある。こういうとき常套句

なぜ彼を敵に回してしまったのか。

頭の回る人間バカ自分が憎い。

2020-03-24

anond:20200324003815

セックス依存症の連中がセックス危険性を理解しながらどうしてもやめられなくて責任転嫁する時の常套句が「ミソジニー」ってやつなんだよな。

トロフィーワイフを掲げて「おまえらミソジニーには一生手に入らない代物だぞw」と嘲笑うまでがテンプレ

2020-02-18

青学通ってたこ

論理学教授地球温暖化は嘘だと言ってた

論理を扱う素養があれば何が事実か見抜けるようになると

論理学論理ってのは、数学で習ったやつな

数学的なaはbに含まれるみたいな論理学理解したところで、なんで地球温暖化の嘘が見抜けるとは思えないが、その教授常套句だった

今思うとあのおっさんは何言ってたんだ

世界中温暖化対策に躍起になってるじゃねーかよ

何が嘘だったんだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん