「入試」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 入試とは

2018-12-13

医学部不正入試問題になってるけど

幼稚園小学校お受験はどうなの?

慶應幼稚舎とか、出身OBお布施優遇コネ入園入学に繋がってそうだけど問題ないのかな

整理

昨日の夜、出先にアイコスを忘れてからニコチン摂取していない。チック持ちのADHDなのでだいぶつらい。しかもそのせいかなんだかしょうもないことでイライラしたり被害妄想が止まらないので、とりあえず文字にして今の気持ちを整理してみる。

私は某大学に通う会計士受験生の女だ。短答はこの前受かったので次は論文が待っている。在学中合格の目標があるので頑張りたいと思っているところだ。

そういう風に自分が頑張ってなんとかなるようなもの安心する。

けれどもこれから歳をとっていくとそうはいかないことが多くなってくるというのは、未熟な私にも想像がつく。

仕事に関してはあまり心配していない。このまま順当に受かれば卒業後は四大監査法人のどこかに所属して、英語が好きなので海外研修プログラムとか何かでUSCPAに挑戦したいなあなんていう明るい未来だって描こうと思えば描ける。それに希望的観測なのは承知の上で、仕事に関しては自分努力である程度はなんとかなるはずだと少なくとも今のところは信じていられる。

仕事はきっと、好きになれると思う。

けれど、私は女なので、仕事か家庭どちらを選ぶのかとか、子供を育てていく人生にするのかどうかとか、そういう選択を迫られる状況が来るんじゃないかとうっすら予想している。(女にとって結婚出産はこの現代日本において男よりも人生に対するインパクトが大きく、それはそれは一大事なのだ)

こんな悩みなんて道端に掃いて捨てるほど転がってるのは知っている。けれどもそれに対してどのような答え(というか妥協点)を見つけていくのかはそれぞれが自分で探すしかない。私の最適解はどこにあるんだろう。

まあ正直そんなの頭で考えても意味ないということは感覚にわかる。こういうのは、選んだ道が正解だったと受け入れていくしかないんだと思う。人生は一度きりだから、後悔はできない。ならばできる限り足掻いて、その結果得られたものを無理矢理にでも納得すればいいだけのことだ。

けれど、例えばこんなニコチン切れのときに、考えてしまう。

今付き合ってる人と将来結婚して、専業主婦になって、経済的相手に頼りきりになって、もし自分の両親のことでお金必要になったら?

私の家事能力に関して重箱の隅をつついてくるタイプの人だったら?

もしくは共働きになって、相手家事子育てを私にばかり押し付けてきたら?

なかなか妊娠しないのを、私の体のせいにされたら?

子供障害をもって産まれてきたら?

私が女じゃなければ、こんなくだらないことで悩まなくても良かったのかな。

今日も、今お付き合いしてる同い年の男の子と私の喫煙の話になり、女の子身体大事にした方がいいという内容の話をされた。それは彼の優しさだということは理解しているし、女で喫煙者というこちらが異端だというのもすごく良くわかる。けれども、貴方も吸うじゃないと言わずはいられなかった。どうして私は、ダメなんだろう。それは、子供を産むかもしれないから?

最近医学部入試で、女性離職率理由に不当に落としていたことが発覚するニュースをいくつか見かけたが、そこで落とされた女の子もたまったものじゃないよな。

私たちだって好きで結婚後離職したいわけでもないし、こんな風に子供を産む構造身体を持って産まれたわけではないのに。私たちは、血の繋がった子供が欲しいなら、自分身体を使って産むしかない。そして産んだあとも大半の家庭で女が子供を育てることになっている。それが人生設計をするにあたり大きなネックになっている人は少なくないはず。

人工子宮子供ができる未来がやってくるまでこの問題は解消しないように思う。私が生きているうちは無理かな…。でも、もし可能になれば、世の中のジェンダー問題の多くは解決するんじゃないかなあ。

という戯言。そろそろ髪乾かして寝る。おやすみなさい。

医学部入試って世襲だったんだな

女性差別と年齢差別まではまだ理由らしきものもあったけど

世襲とは

絵に描いた不正じゃないか

ここが日本民主主義人民共和国だったんだ

2018-12-12

女性差別多浪差別という合目的判断について元医学部受験生が思うこと

今年は医療業界にとって画期的な年になった。

東京医大からまり順天堂岩手医大金沢医大昭和、北里、福岡神戸日大と次々と入試不正が明らかになったからだ。

特に東京医大順天堂、北里などが現役男性優遇し、女性多浪生を低評価してきたという。

私は大卒後に医学部を再受験旧帝大医学部卒業した身なので国公立私立を問わず医学部入試差別の話には敏感だったのだが、男性であるいか女性差別実態には全く無関心であった。そのため実際に一部私立大学でここまであからさまに男性優遇してきたことを知って驚いたのだが、まあそれが合目的的に当然でもあったのだなあとも思ったのだった。

合目的的、すなわち大学医局にずっと従ってくれて、一人分のマンパワーを有する男性医師を優先するという目的だ。その点で男性優先なのは合理的であろう。体力をどうこう記者会見していた大学もあったが、医師必要な体力とは、長時間のオペをこなすというものではなく、36時間勤務や緊急呼び出しや32連勤等々全く患者と関わらない休日がなくとも働くという体力のことであるが、これも行間を読まないとわからないことがあると思う。多浪生については、特に私大医学部偏差値下位校では多浪でかつ勉学の意欲のない学生のせいで国家試験合格率が悲惨になることがあるので、それも合理的ということになる。

先程、日大出身の子弟を優遇していたという報道があったが、私大医学部出身の子弟を優遇するのも合目的である。この場合は、(私大医学部に子息を代々入学させられる家庭=病院経営者だとすれば)経営している病院医師派遣してあげるかわりに、子息を大学医局に入局させ、10数年はそこらはお礼奉公させるといった意味合理的だ。順天堂でも同じようなことは行われているようだが。

https://twitter.com/mio1227/status/1065531336381751296

先進的な診療従事しか研究もして学位も取得する立派な医師となるには、大学医局所属せねばならない。昔から言われていることだが、いまだに大学医局教授を殿様とする封建主義的なところがあるので、まともな医師になるには10数年間それに耐える必要がある。そして大学医局人事権を持っているような大病院地域中核病院であり急性期病床が主となっているため、ここから医師がいなくなれば、急性発症の命に関わる疾患を診る医師がいなくなることを意味し、その地域健康寿命低下に直結するだろう。

結婚妊娠出産でいなくなる可能性が生物学的に存在する女性積極的医師にしたくない、という感情医局運営当事者教授たちにあることは想像やすい。各大学な多彩な言い訳をしているが、単純な理由だ。年齢が極端に上の再受験生を積極的に歓迎しないことも同じ理屈である

よく医師不足と問題になるが、実際に「不足」しているのはこの急性期病床で働く医師だ。医師の中でセカンドキャリアと言われる診療科で働く40代女性医師から話を聞いたことがあるが、この医師とある内科にいたが配属先の病院医師が少なく、40歳になっても2日に1回は36時間勤務をしていて体調を崩したから転科したという。単純にハードワークな急性期を担う医師が充足されない限り、現場に残る医師疲弊しいなくなり、かつ後進も増えず、部分的崩壊していくものと容易に想像がつく。

まだ不正とは明らかになっていないが、元医学部受験生として情報収集していた身としては、国公立医学部にも不正はあると思っている。それは特に旧帝国大学を除く非都市部地方公立大でだ。地方公立大で顕著なのは入試一般枠とは別に地域枠を持つ大学だろう。

この話の背景として長くなるが述べておく。2008年から医学科定員が増加し現在約1800人医学科定員が増えたが、2004年開始の初期臨床制度によって大学医局の力が低下し、昨年かた開始された新専門医制度でも地方(のハードワークな診療科)は人員確保に難渋しているところである医師の少ない地方は、研修医や若手のうちは経験積極的に積めるという意味では魅力的なのだが、そのハードワークがずっと続くとなると、選択肢の多い首都圏に行きたくなるのも当然ではないだろうか。おそらく、(大学医局権威復活を目論んだとも言われる)新専門医制度のせいで、地方に若手医師がいなくなっていくであろう。

さて、そんななか地方に残る医師はどんな医師か。当然、その地元出身であることが蓋然性が高いというべきであるしかし、国公立医学部入試は、地方公立受験生が首都圏中高一貫校出身者に蹴散らされてしまうということが当たり前の世界だった。なのでどうするかというと、県内高校生向けの推薦枠を多くとるわけである。私の出身県の医学部では前期日程の地域枠とは別に40人もの推薦枠が確保されている。かつて、一般入試では受かるはずがない高校の同期が合格していくのを見てきたが、これも医師定着率を優先した合目的的な対策であろう。もちろん、一般入試面接県内出身者を優遇していないとは絶対に言い切れない。特定の県出身者を面接で一律優遇している国公立大も全国には必ずあるだろう。

(余談だが、50代女性合格者平均点を超える点数を取っていたのに不合格となった群馬大学医学部の件があったが、友人の証言東医体での群大を見る限りではこの女性は家から通えるという理由でもって群大を受験したことが最大の不幸であった。群大医学部卒のライターである朽木氏も群大の体質について触れているが、公正平等リベラル入試をする大学とは到底思えない。。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/ishikokushi-saijuken-03 )

そんな背景があっての合目的的な入試不正であったが、東京医大による文科省局長の息子斡旋のおかげで白日の下に晒されることになった。このことは長期的には歓迎すべき事態であろう。男性優遇根拠には急性期病院医師不足とそれに起因する医師の過重労働があったのだから、公正平等入試になることで加重労働をする医師は今度20年間は減るはずである医療需要の高い、高齢者比率の高い地方から崩壊していくことは間違いない。しかしさすがに現場医師疲弊撤退が限度を超えるはずなので、労働環境改善制度改革をする方向に動き出すのではないか日本医学部史のなかで、1960年代の反インターン闘争と同じように取り上げられる記念すべき年が2018年であったと、今後語られるようになるのか、その前に私がドロップアウトするのが先か。おそらく後者であろうと思っているが、どうにか期待を裏切ってはくれまいか。どうせ裏切るとしたら「高輪ゲートウェイ駅」といった類の裏切りなんだろうなとうんざりしているところではあるが。

https://anond.hatelabo.jp/20181212202834

どうせ国家試験一定知識レベルに届かないやつは弾けるんだから大学入試は手先の器用さと、フィジカルの強さで決めたほうがいいんちゃう

数学とか英語重要ってんなら、国家試験にそれを入れればいいと思うんだけど。

anond:20181212202531

体育入れたらいいんだよな

保健体育セットで入試必須科目に入れれば一石二鳥だな

医学部入試高得点を取るために

男性である

・現役である一浪ならまだセーフ、二浪以上はきつい)

・その地域出身過疎地だとなお良い)

・もしくはその地域に親戚がいる

・親が医者(継ぐ必要があるとドロップアウトしにくいため)

・前期で東大京大の他学部受験していない(単に高偏差値帯の滑り止めとしている人はモチベーションが保てずドロップアウトやすいため)

医学部を志していた時に聞かされた話

差別者本音がまた出た

女子コミュ力が高いか医学部入試では減点。

まあみんな知ってたよね。女子の方が優秀。

女子の方が能力が高く、魅力があり、決定権がある。

からから男が女子のために働いて死ぬようになっている。

医者も一緒で、きつい仕事を男に押し付けるために女子を減点している。

2018-12-11

anond:20181211171658

実際そうだから入試女子学生敬遠されるのも当然だと思ってるよ

男みたいにプライベート犠牲で働き続ける事なんか出来んもの

プライベート全部請け負って専業主夫やってくれる男なんかそうそういないし

anond:20181211154312

いるじゃん

入試女子優遇のせいで落ちたか女子優遇はやめてほしいってこと?

anond:20181211141801

看護士は?

女性ばっかりだけど当直あったらすぐやめるっけ?

男性医者だって当直はするかもしれないが僻地はいきたがらない。

働き方の指摘はどちらの性にもある。

そもそも当直の話はソース増田だろそれ。

「当直ガー」とかカキに来た愚痴愚痴しい自称男医のいうこと信用するなよ。

女医患者生存率高い論文https://diamond.jp/articles/-/114029

が目に入らずAI医療(男医のポストのこと)が乗っ取られりゅぅうう

とかクソみたいなポジショントークを繰り返す自称医療系のたまり場やぞ

 

 

女医そもそも大学に6年通ったらそれだけで24歳クリスマスイブ

婚期をのがすからと孫を欲しがる親がいきたがらせないし

それをさら入試差別で減らしてる。

社会必要としている学生大学提供しようとするのが正しいよね。

社会必要としている学生大学があらかじめ減らしますといわれれば経営方針間違っとるとしかいえないね

 

あと工業系と医者いっしょにすんなよ

マジ志望も採用も人数段違いや・・・

anond:20181211140907

そういう製品事情入試の公正さをかなぐり捨てても守るべきものなのか?

同じような例を医学部で持ってくると、女医がすぐ辞めてしまうから、当直は体力仕事からって話か

そういう現場主義みたいな事情を言われたところで、能力の有無を判断すべき場に当人努力でどうしようもない属性を持ち込まれて納得できるか?

納得できないからこそ、これだけ怨嗟の声が上がってるんだろ

大学教員公募でも、ジェンダーでも何でもない分野で指導力研究力が問われるにも関わらず、女性限定公募なんて書かれてどれだけの男性PD不利益を被っているか

研究能力学習能力学術機関ともあろう者がどこまで愚弄すれば気がすむんだって話だよ

不正入試問題ってさ

から男子生徒優遇」って謳ってれば叩かれなかったの?

コミュ力がどうとか言ってるバカ大は論外として、女医はあまり取りたくないとか多浪するようなヤツは何してもダメとかそういう問題があるなら最初から男子生徒及び現役生を優遇って要項に書いておけばいいじゃん、て思うんだけど、世間風向きってどうも違うっぽい。

というのも、私が今通っている大学工学系の学部なんだけど、最初から女性優遇を謳っている。

同分野の友達大学やその附属高校も推薦入試必要な評定数が男女で違ったり、入試女子に有利なようになってるのを要項に書いてることも多い。(それでも学科の男女比が100:1なこともザラじゃないのが悲しいところ)

これって女尊男卑で、逆差別的じゃない?

女の子が来ないから取りたい、多様性ガーーなんていうけど結局やってること問題になってる医学部と変わらないじゃん。でも、工学部のこうした取り組みはアファーマティブアクションとして評価されるみたい。

おかしくない?

工学系を志す女が弱者とか不利とか勝手に決めてんなよ。

医大問題を受け、自らの大学の要項を今一度読み直して、もし自分がこの女性優遇対象で、本当は今の大学に落ちていたのではないかと考えるとこの4ヶ月間毎日憂鬱だった。きっとこれからもこの先一生そう。

男尊女卑医大おかしいよね。今年の入試から不正がなくなるといいね。でもじゃあ、工学部系の女性優遇っていつまで続くの?これも、十分おかしくない?工学がやりたい女子生徒のこと、甘く見て馬鹿にしてない?

男子生徒を有利しろとも女子生徒を不利にしろとも言わない。その逆も然り。

誰かを有利にしたり不利にする入試をやめてくれ、って言いたい。

誰も優遇しないような入試で戦えるからさ。

女性に有利にとか女性に優しくとか嘘くさくてバカらしい。

大学入試というものは全員に平等であるべきなのではないのだろうか。

2018-12-08

anond:20181208192257

ほんと日本人って根性論好きだよな

そもそも大学入試だって浪人生を下に見たりするし、社会人経験ありの高齢学生忌避する傾向があるし

もっと再チャレンジに寛容になるべきだと思う

大学入試だって入社時期だって年に4回くらいあってもいいんじゃなかろうか

2018-12-07

学費不安

AO入試で進学先が決まった。

入学金と前期の学費を納入したんだけど、私のバイト貯金から80万弱出した。それに親にいくらか足してもらって前期分はどうにかなったんだけど、後期は?来年は?再来年は?

奨学金を借りた方がいいのか聞いてみたら、「なんとかなるから大丈夫奨学金借りるくらいなら親戚に借金した方がマシだよ」とか言われた。

今までは通信制高校にいて時間に余裕があったかバイト出来ていたけど、進学後はきっとむり。週5で学校行くのでいっぱいいっぱいだと思う。

親戚に借金も、アテがあるようには思えない。

妹も進学するつもりでいて、2年は被る。そんな一度に何百万も出せる家庭じゃないことくらい分かってる。

一般入試から逃げて学費の高い私立に行く自分が悪いのはわかってるんだけど不安で仕方ない。親を説得して奨学金なり学生ローンなり借りるべきなのか。

面接に行けない

私は面接が苦手だ。志望理由とかそういうのを書くのも嫌だ。でもやっぱり面接が一番嫌だ。ほとんどトラウマと言っていいかもしれない。

忌避感は中学生経験がおそらく原因だと思う。そのころももちろん面接が嫌だった。周囲の高校ほとんど入試面接があったが、少し遠いところに面接の代わりに小論文を課す高校があったので、私はそこを志望した。他を受けるつもりはなかった。

ところが中学校で突然学年全体で模擬面接時間が設けられた。私は拒否したが、先生には「将来、絶対面接の機会があるんだから」と無理矢理参加させられた。

多目的室に学年主任とか教頭が座っていて、そこに生徒が4,5人入った。みんなすらすら答えていた。私は面接を受けるつもりがなかったから当然対策も何もしておらず呆然としていた。

私に質問が来た。たしか最近気になったニュースは?」とかだった。世間話ならなんとか頭を回転させて答えられたかもしれない。でも無理だった。何も言えなかった。教頭か誰かが「おいおい、練習してきたの?」と苦笑いで言った。するわけない。する必要がないのだから。涙が出た。模擬面接が終わって、部屋の外で大泣きした。嫌だった。面接のものも嫌だったが、なによりも、自分で嫌なもの回避する道を発見したのに、たいしたことのない理由で直面させられたのが本当に悔しかった。


いま私は無職だ。ほぼ奇跡的に面接を乗り越え入社した会社を4ヶ月で辞めた結果の今の境遇だが、再就職ができない。

退職理由はいろいろ面倒なので割愛するが、概ね上司から理不尽指導を受けたからということに起因する。理不尽。本当に理不尽が無理だ。

人と人が関わる中で自分は悪くなくても飲み込んでいかなければならない不条理もたびたびあるだろう。それは百歩譲ってよしとする。だけど、どうしてそれを「社会ではそういうこともある」と許容しなければならないのだろう。その態度の問題だ。理不尽なことには怒りをもって改善の道に向かいたいのに、なぜそれを許してくれないのだろう。

それは、きっと皆が疲弊しているからだ。環境が、それを許さないからだ。怒るにはエネルギーが要る。理不尽なことがあっても「世の中そういうこともある」と流してしまったほうが明日も生きていきやすくなる。

けれどそれは、どちらかといえば病んでいる、と私は思う。そして社会には、というか私がいた職場には改善へ向かう怒りを疎む空気があった。現場が回っているのだから、なぜ新人が口を挟むのかと。だから、辞めた。

仕事をしていた頃、駅までの行き帰りで何度も泣いた。中学生の頃感じた理不尽さがまた私の前に現れていたから。

上のような怒りを知り合いに表明すると「あなたはまだ若いからそう思うんだよ」と言われる。年をとるからあんな風になるのか。それは、イコールではないはずだ。あれはただ、心が摩耗しただけのはずだから。私はなるべく心を摩耗させたくない。理不尽さに怒るのをやめたくないし、そもそも理不尽出会いたくない。

せめて、理不尽さを無くすことに心を砕きたくても、それすら理解を得られない。

頑なに心がすり減るのを拒んだら、きっと何年も精神科に通う羽目になるのだろう。そんな人たちが周りにたくさんいる。

病むか、病む前に心を殺すか、結局その二択しか私の前にはないのだと思う。

から今日面接に行けない。すでに古傷がついている自分の心にとどめを刺す決心が、まだどうしてもつかないのだ。

2018-12-06

東大京大早慶以外はゴミ

 日本には、それ以外は何も残ってない。今日サービスの発展、医療の発展も、実質的には

これらの者の実力に負うている。

 この大学の前期入試に通らなかった者は奴隷であり、実質的人権はない。

anond:20181206180557

ホリエモンが、なにかの企画東大入試をうけるらしくて、国語ならいまでも満点とれるみたいなことを言ってたな。

2018-12-04

どうしたら単独親権メリットを分かってもらえるんだろう

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/hahaguma/status/1068864527062581249

maruX ジェンダーギャップ114位の国で、高校生男子自然為政者目線に立ってしまうのには理由がある。彼らに身近なところで言えば、自分大学入試で不当に減点されるかもなんて一ミリ心配しなくて良いだけで。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASLD24HN2LD2PTIL004.html

maruX 妻にDVふるっていようが面会させないと罰金食らうみたいな意味不明な状況が既にある中で、単純に共同親権だけ認めるのは私はとても怖い。元妻への復讐で面会時に子供を殺した事件をもう忘れてしまったの?



難しいよなぁ。

国際社会基準からし先進国自称するのが恥ずかしいくら男女平等が遅れているのがこの国なんだよな。

現にジェンダーギャップランキングは114位だし。

でもこの国にも唯一いいところはあって、離婚家庭では共同親権採用せず、女親の単独親権を認める形で母子保護を実現してきたんだよ。

それがさぁ、今国際社会ガーとか変な掛け声でハーグ条約結ばされて、完全に骨抜きにされかけてるんだよな…。

親権制度だけは国際社会よりも日本の方がまともだったのに。

どうやったら単独親権の方が望ましいことを国際社会アピールしていきゃいいんだろう。

やっぱりジェンダーギャップランキングを思いっきり上位にしてからじゃないと、まともな国は日本の言うことに耳を傾けてくれないだろうしな。

認められたとしても、日本中世レベルから経過措置でそれもアリかもねって黙認してもらえるだけで終わりかもしれない。

でもちゃんと他の先進国にも制度として採用してもらわなきゃ、国際結婚が増えてる今ヤバいんだよ…。

日本人妻が誘拐犯扱いされてるしさ…。

2018-11-30

anond:20181130095501

からなんだというのか。

ゲームに参加できさえすれば機会の平等が達成されていると考えるのなら、女子差別がある入試でも機会の平等は達成されていることになる。

最初からゲームルール特定属性の持ち主にとって不利であるということが差別本質なのであり、それは決して取り除くことができないということが問題なのである

差別撤廃無駄不要有害

例えば入試

女子学生に不利になっていたり、浪人生に不利になっていたりするという差別が明らかになったが、これを撤廃したところで入学できる受験生の数は増えないことが重要だ。

女子差別撤廃し、浪人差別撤廃したら合格者の中に占める女子浪人生割合は増えるだろう。

だが結局入試差別することが目的で、差別しなければ意味がない制度だ。

テストスコア差別をするということは、生育環境遺伝子によって差別をしているのと同じだ。

テストスコア努力によって伸ばせると言ってみても同じことだ。努力をできる生育環境遺伝子があったもの優遇することにしかならない。

社会的構造的に最初から不利であることが知られている学生スコア補正するようなアファーマティブアクションが行われている場合もあるが、そんなことをしても結局はその制度において不利な属性と有利な属性が現れるだけで、不利な属性の持ち主が差別されていることには変わりはない。

本当に差別撤廃したければ、完全にランダムに合否を決める必要があるが、様々な属性差別をする現行の仕組みよりもその方がマシだと思う人はいるだろうか?

差別撤廃偽善だ。男女、年齢と言った注目を集めやす特定変数だけに注目し、それ以外の注目を集めにくい、あるいは未知の変数無視して、それに基づいた差別を新たに開始しようとするのが、差別撤廃本質である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん