「キロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キロとは

2017-08-20

大阪府待機児童ランキング4位の街で

大阪府待機児童ランキング4位の街に住んでいる。

幸いにして保育園に入れることができたものの、第6希望保育園で家から2キロ以上離れた遠くの保育園になってしまった。

普段自転車で送迎しているが、車通勤なので一回家に帰る必要がある。雨の日は悪いことだとわかっているものの、近くの公園に車を停めてちょっと歩いて送り届けることがある。

公園に停めると警察を呼ばれることがあり、最近巡回もあった。保育園にも注意喚起が来ている。悪いことをしているのはわかっているものの、近くの保育園に入れることもできないので代替手段が無い…

公園の前には市立の大きな公民館があるので、駐車場を使わせてもらいたいがダメらしい。送迎の時間は開館していないので、迷惑をかけることは無いと思うのだが…

公民館は年季が入っており老人ばかりで、子育て世代は入れない。こんなことは思いたくないのだが、子育て世代を敵視する老人、といったイメージがつきはじめている。

自分勝手なのはわかっているが、どうしたらいいんだろうか…

2017-08-18

ゆっくり走らせて

LSDが好きだ。

時速四~六キロ程度。下手をするとそれ以下で走る。

最低でも一時間。どうかすると五時間とかをだらだら走ったりするのが楽しい

路上でもいいが、安全性を考えたらグラウンド運動公園の外周。ランニングマシーンでもいい。

この、ゆっくり走る行為のものがどうも理解を得づらい。

「きちんと走れ」と言われることがある。

「そんなんじゃスピードがつかんぞ」と。

ついでに言えば警察に職質もされる。そりゃ、30代の100キロを超える大男が大汗かきながら、速足でウォーキングをしている老人に抜かれて行くのが不審なのはわかる。

まして、夜間に何時間も薄暗い陸上競技場の周りをウロウロしていたら通報の一つもしたくなるだろう。

でもさ、そんなゆっくりスピードなんだから警官も歩きながら職質してくれないかな。

LSDをやっている間に感じる最大の苦痛は『立ち止まること』なのだ

時間くらい張り続けていると、もう走り終えたくない。

永遠に走っていたい。

池沼精神か発達か知らんが。

落ちぶれた都市圏生活していれば、体重100キロは超えるであろう巨漢が暴れているのを

付き添い介護人が2~3人がかりで抑えようとしている光景半年に一度は出会う。

「あれ」を「同じ人間」として「同じ公私のサービス対象にする」ってのは無理だ。

「あれ」は制御不能のケモノだ。しつけのできない大型犬のようなものだ。

一般的人間が、ヤクザを退避するのは「同じルール」で生きていないからだ。

彼らには彼らなりのルールはあるが、それは一般人ルールからはかけ離れており、

大抵の場合有害だ。

からヤクザ社会から排除するのは「差別」とはみなされない。

では制御不能の障害者はどうだろうか。

「あれ」にも「あれ」なりのルールがあるかもしれないが、

それは我々一般的人間の「同じルールからはあまりにかけ離れている。

それでも障害者からルールを捻じ曲げてでも対応しなければいけないのだろうか。

障害者から、暴れて公共施設やその備品を壊し、人通りの中で奇声を上げ、

慎ましく生きている人達の安寧な時間を侵す権利を、「あれ」に与えなければいけないのだろうか?

俺はそうは思わない。

「あれ」にも権利はあるかもしれないが、それ以上に我々にだって、1日を穏やかに暮らす権利がある。

それを守ることを「差別」と呼ばれるのであれば、俺は差別論者として後ろ指をさされてもかまわない。

2017-08-15

ワニの口に腕や頭を入れる芸が怖くて見てられない

ライオンだろうがどんな獰猛動物でも芸を仕込めば人のいうことを聞くようになるのは理解できる

からそこまで危なっかしいとは思わない

ただワニを使った芸だけはありえない

あいつら体重がなん100キロあろうとも脳みそなんて人間の親指程度しかない生き物だぞ

芸に使えるようなスペックじゃないだろ

ちょっとしたはずみでなにするかわかったもんじゃない

おそらくなにか習性みたなものを利用してるんだろうがそんなもんあてにならんだろ

習性なんて虫が止まるだけでもそんなもん脆くも崩れさるかもしれないだろ

しかも一度噛まれたら完全にアウト

一瞬でデスロー

人の腕なんて簡単に引きちぎられる

口を開けさせるような手段はないに等しい

ワニだけはあかん

マジで

2017-08-14

スネ夫が突然髪が尖ってない眼鏡少年になった

ライン無料漫画ドラえもんがあったので読んでみた。

問題が起こったのは10話の海底ハイキングだ。

皆とつるんでハワイサーフィン名人になると言ってる口の尖った少年、多分スネ夫なのだが、突然髪のとげとげが無くなり目の横に眼鏡のつるのような物がついている。

何でこんなにいきなり外見が変わったのか。

説明の無いまま次の回では普通スネ夫に戻っている。

何が起こったのだろう。

画像のあるblogを見つけたのでリンクを貼っておく。

http://fujiko-museum.com/blog/?p=12244/

この回は他にも色々奇妙な事がある、まずこれといった説明もなくドラえもんが居らず代わりにドラミちゃんが居る。

ドラえもんのび太生命危機にあっても表れない。

にのび太がアクティブだ、太平洋を歩いて横断する計画を立てて、数百キロを歩き日本海溝の崖を下りていく。

不思議な回だ。

空き缶集めホームレスリアルIngressプレイヤーなのでは?

資源ごみの朝に空き缶を大量に集めてる人をたまに見かける。

いったいどういうルートで回収し、どこに持っていくのか気になったので、後をつけてみた。


が、結論から書くと、歩く距離が長すぎて途中で断念した。

自分の住んでいる付近をぐるぐる回って集めているだけかと思ったが、そうではなかった。


自分尾行を開始したときには、手押し台車に大量の空き缶が積まれ、もう回収はしていなかった。

後は空き缶を換金する工場自分の住処に戻るのかと思って後をついていったが、全然たどり着かない。


空き缶を集めていた彼は、大きな台車ゆえに、途中で何度か狭い通路で車の通行の妨げになりながら、大通りから一本横の、車の通行が少なめで

自転車や通行者が多い道を特定の方向にひたすら歩き、5~6キロ歩いた。もう既に駅を4個くらい通過した。

途中で雨が降ってきたので、諦めて帰った。


ここから推測できるのは、彼らは自分の住処周辺を回って資源を回収するのではなく、他の資源収集者と競合しない地域を探し、

特定曜日に湧く限られたリソースを回収して回る、Ingressのようなゲームをしているのではないかということ。

空き缶というリソース資源ごみの日に各家庭の近くの回収所にリスポーンするが、競合となるゲームプレイヤーは多く、先を越されるともう回収できない。

競合が多い密集地域とそうでない地域があり、最寄りの地域縄張り争いに敗れると、遠くの未競争エリアまで毎回遠征する必要がある。


しか資源の回収状況はスマホの画面では確認することができず、自分の足で適宜確認ルート選定する必要がある。

言い換えると、資源が残っているかどうか、行ってみないと分からない、ということだ。

このように、情報が少ない分、戦略勝敗を分かつだろう。

2017-08-12

架空の「思い出」を買うか

思考実験です

あなたお金を出すことで、あなたが実際には体験していない過去記憶を買うことができます

内容は基本的にはなんでもいいのですが、過去に誰一人やっていないことは買えません

例えば甲子園優勝投手の思い出は買えますが、時速180キロボールを投げた記憶は買えません

月面着陸した記憶は買えますが、土星に着陸した記憶は買えません

(どちらも現時点で)

下条件等

・思い出は人から買い取るのではなく、ただ自分が手に入れるだけです

もしプロ野球二刀流した記憶を買っても大谷翔平存在がなくなることはありません

・買い取った場合自分が思い出を買い取ったという記憶は無くなります

まりあなたは本気でその思い出を信じることになります

事実が変わることはありませんが、あなたがその齟齬に気が付くことはありません

例えば65代横綱だったという思い出を買いました

テレビ横綱一覧が映った時、他の人には65代貴乃花と買いてありますが、あなたには自分名前が見えています

・周りの人と話が噛み合わなくなるかもしれませんが、不思議な力で誰も違和感を感じません

さて、あなたは思い出を買いますか?

いくらまで出しますか?

2017-08-09

一番美味しかった瞬間

ビール

7~8年前。日払いの現場めっちゃ肉体労働)まで往復20キロ自転車で漕いで帰り、シャワーを浴びた後に飲んだサッポロクラシック


ラーメン

雲取山山頂で食べたカップヌードル


焼肉

ボーナスで食べた牛ハラミ


もっとあると思うんだけどなぁ……。

2017-08-08

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1137746

子供を抱きかかえるまでは出来ても、十数キロはある上に暴れる子供を抱えながら

親が捕まえられないスピードで走って逃げる事は常人には不可能だと思うんだけど。

「こういう誘拐事件が表に出ないのは何故か」って、そりゃそのまま誘拐成功する事なんかないからでしょ。

誘拐なんざ未遂なら報道されないよ。

ハーネスハーネス言いたいだけなのかね。

ハーネス付けてたって抱えられる事はなくても、それ以外の嫌がらせを受ける事は普通にあるだろうに。

抱っこしてようがベビーカー載せてようが、殴られたり蹴られたりとかあるんだからさあ。

ある程度は避けようがない事として、とにかく目を離すなよ、としか

2017-08-07

転職精神を病んだ話

自分転職顛末時系列で書きたい。内容は、自分の中で溜め込んでいたもの。録音や証言確保などの対応はとっていたものの、当時は恐ろしさと鬱で動けず、その後は諦観と鬱で、少数と共有する以外は、表に出して活かす機会を作れなかった。ただ溜め込みつつも、恐怖や後悔、憎悪感情がずっと自分の中で渦巻いていて、耐え難くなっている。だからここに吐出させて欲しい。

転職

知り合いに紹介され、20代都内IT企業転職した。新卒から務めた緩い企業から転職不安も大きかったが、当時仕事スキルアップが楽しめており、期待も大きかった。

転職後、すぐ客先にフルタイム常駐することになった。なおこのフルタイム常駐は、数年後退職するまで続くことになる。この常駐先には複数人同僚が派遣されていた。その中で自分リーダーAの下に付き、二人一緒に業務を進めることになった。このリーダーAが後に精神を病む原因となる。

初期

リーダーAは直属の上司からの期待を強く受けているようだった。初印象は悪くなかったものの、働いて会話を重ねるうちに、以下のような傾向が顕になっていき、怖さを感じるようになった。

なお初印象は良いが、継続的に関わると評価を落とすというパターンは、自分以外でも結構あったようだ。仕事での顧客評価も、概ねこ竜頭蛇尾パターンを繰り返していたと思う。

振り返ると、この時点で危険を感じて逃げるべきだった。そうすれば精神と体が壊れ苦しむこともなかった。ただ自分には、それに気づいて逃げる能力がなかった。

攻撃が始まる

リーダーAと1、2ヶ月働いている中で、怖い傾向はより強まっていった。相手に応じた態度の切り分けも荒が目立つようになり、例えば上司に、気に入らない顧客プロパーについてナイフで刺してやるといった過激な報告を行うようになった。また長く一緒にいることで、報告や悪口に、呼吸するように嘘や誇張を織り込んでいることに気付かされた。例えば自分提案失敗を、叩きやすターゲット問題転嫁するといったことを行っていた。

そして一緒に働いている中で、自分攻撃ターゲットにされるようになった。はじめは、仕事ができない、自分フォロー無用に忙しくなっている、といった仕事の指摘からまり、お前は無能である性格が劣悪であるといった説得を頻繁に自分に行うようになっていった。後に案件仲間から、見えないように、自分悪口を頻繁に上司に展開していたという話も教えられた。

ただ当時、自分は期待される成果を出せていなかったし、転職業界を変えたばかりで、能力的にも問題があると自覚していたので、リーダーAの言葉や怒りに応え自分改善しなければならないと考えていた。また、会社ではパワハラ自慢(こんなにひどいパワハラを耐えた、自分無能パワハラで潰してきたなど)が目立ったので、この程度は転職の試練であり一人で耐えて当たり前のものと考えてしまっていた。この考えは心を壊すまで変えられなかった。

閉鎖環境攻撃エスカレートする

その後、出張状態のまま、リーダーAと二人だけで、別現場フルタイム常駐に移った。後に派遣や準委任メンバーの方が増えたものの、基本リーダーAが管理し、自分が下につく、プロパー二人組で仕事を進める形となった。本社とのやりとりはリーダーAがすべて統括したため、自分視点での会社同僚はリーダーAしか見えない世界となった。

この本社から監視がきかない体制になってしまったことで、リーダーAの攻撃露骨エスカレートするようになった。例えば次のようなことを何ヶ月も継続して行うようになった。

また指示される作業単純作業が多くなっていった。例えば以下のようなものだ。

当時高い単価で常駐していたので、単価に見合わない上記のような単純作業強要されるのがまた別の苦しみとなった。

一方で、周りに対する演出には力を入れていた。例えば、本社での会議の参加を禁じたり、本社とのやり取りを自分が見えないように済ませたりして、本社自分コミュニケーションを断絶させるように動いていた。また「殺す」と脅迫するなどまずい言動を取るときは、周りの目や耳のない状況下で行っていた。あとは従順派遣社員を見つけて、主張に箔付けに使うなどしていた。例えば悪口を裏で本社に展開する際に、その社員CCに入れて、この悪口自分だけの勘違いではないと演出する気配りを行っていた(ただこの方には、裏でやりとりされている悪口中傷や、リーダーAの内心などの情報を後にもらえるようになった)

こうした状態半年近く続いたが、その中で自分精神おかしくなっていった。仕事中に泣く、顎が痙攣して歯がカチカチ鳴る、ネガティブ独り言を言うといった、外目から異常と思われるだろう様相晒ししまっていた。ただリーダーAにとってはそれは笑い飛ばす程度の扱いだった。例えば自分精神的に参っているから慰労会をやろうとリーダーAに飲みに連れて行かれることがあったが、自分性格自分が大切に思っている人達へ、リーダーAが一方的侮辱言葉を投げて笑い飛ばすだけの不快な場になるしかなった。

なおこの頃からさすがにこれは異常だ・危険だと言う思いを強くして、証拠を残すようにした。例えば勤務中にずっと録音機を動かし、殺すといった脅迫を録音するようにした。客先社員から同情してくれる方も出てきた。

しかし激昂し犯罪者的な言動を取るリーダーAに抵抗するのは当時とても恐ろしく、証拠を残せても、証拠を活かす行動をとれなかった。また入社後即フルタイム常駐していたので、気軽に相談できる会社同僚もいなかった。そして、自分無能であり、まずはリーダーAの言う通り改善しなければ後がないという考えを持ってしまっていた。恐ろしさから逃避しながら苦しみを軽減したいという思いで、リーダーAに従い続けた。

一応本社人間相談することもあったが、抱え込まずに相談して良い、というコメントを貰った以外は、本社側で具体的な対応はとられなかった。あとは、退職時に人事から詳細情報を聞かれる程度だった。

自分の変化

上記のような状態一年以上続くことになったが、そのあい自分は大きく変わった。基本的に、次のようなネガティブな変化ばかりだ。

お上記は、もう死ぬまで元に戻ることはないと感じている。器質的に脳が変化・死滅してしまっているようだ。苦しみを経験すると強くなるとよく聞くが、苦しみで心を壊すとむしろ大きく弱体化してもう戻らないというのを、30を超えて学んだ。あと、こういった自分問題が、その後大切に思っている人達迷惑をかけたり、不審な思いをさせたりする要因になってしまっている。これは今でも本当につらく思っている。

その後リーダーAが抜ける

その後の展開だが、リーダーAは、顧客大言壮語ダメ出しを多くする一方で、成果を出せず、評価が得られなくなっていたようだ。そしてその頃から特定の先輩社員に嵌められて仕事がうまくいっていないと吹聴するなど、被害者的な言動が多くなる。そして最後案件から逃げていった。

ただ元凶リーダーAが抜けてからも、苦しみがなくなることはなかった。

仕事では、リーダーAが案件から逃げた尻拭いをして、関連会社メンバの業務確保と案件維持に奔走させられた。リーダーAの代わりに本社上司関係者と関わり合うようになったが、リーダーAが散々悪口を刷り込んでいたせいか、馴染みの薄い上司とは、最初から関係がギクシャクしていた。

これを心が壊れ、精神薬・アルコールカフェイン漬けで体を無理やり動かしていた状態でこなすのは、本当に苦しかった。

退職する

その後、苦しみながら遠地に常駐し、売り上げ確保に努めていた。しか半年ほどたった所で、復帰したリーダーAが、自分の目に届く会社MLで活発に発言するようになった。自分はそれを目にする度に、過去出来事フラッシュバックして恐慌状態となってしまい、もうこの会社では過ごせられないと信じるようになった。そして、ずっと常駐で会社への帰属意識がなかったなど、他の理由複数揃っていたので、会社を辞めた。

後悔

振り返っても、失ったものが多く、後悔の数多い数年間だった。

大きな後悔としては2点。1点目は、リーダーAのようなタイプ人間とは、唯一の対策として距離をとるべきだった。2点目は、状況が異常である認識して、もっと強く本社上司に状況改善を訴えるべきだった。この対応ができなかったのは自分の未熟さによる。だから転職必要能力が足りないまま転職してしまったというのが、問題要因として大きくあると思う。

あとは、仲間を作るべきだった。退職間際で、別地域担当する案件仲間と話し込む機会があったが、そこではリーダーAの異常性を感じ取っていて、仕事から排除するように動いていたという。またリーダーAから悪口の報告を受けていた人間の中には、虚言癖を見破っていて信じないようにした人がいたと聞いた。同情してもらえて、自分の見えないところでのやり取りを情報共有してくれた関係者もいた。そういった人達と早くから関係を持っておくべきだった。

そして転職や、フルタイム常駐は、巡り合う人次第のギャンブルだというのも知った。転職した会社にも、尊敬すべき人格者結構いた。会社技術力が高く、業績好調で、外から良い評価を得られている優良企業だった。唯一、リーダーAと巡り合ったのが問題だった。

ただもう後悔しても何も変わらない状況になっている。今は壊れた心身が残り、恐怖・後悔・憎悪が入り混じった感情自分の中で渦巻き続けている。

交差点だけ飛ぶ自動車

俺の場合自動車通勤たかだか十数キロ距離なのに、30~40分かかる。

信号待ちがなくて自動車スムーズに流れたら半分以下の時間でつけるはず。

信号待ちがなくなれば世の中大幅に変わる。

 

それで信号待ちをなくす方法を考えたけど、交差点ごとに立体交差をつけるとか、土地問題もあるし現実的でない。

空飛ぶ自動車も、テクノロジーが急速に発達してるけど、通勤で手軽につかうにはまだまだ難しいだろう。

で思いついたのが、交差点だけドローンみたいにふわりと浮いて、立体交差にする方法

まあ、これも世の中の車をいっせいに飛べるように変更しないと、飛べない車は交差点を渡れなくなるから無理か。

3キロランニング死亡に対するコメにはついていけないわ

ここまで結果論しかものを言えないバカばかりだとは思わなかった

上司からDVを受けていた話

自分がされたことインターネットに置かせてください。

3年前のこの時期に体調を崩して会社を辞めました。

働いていたのはマスコミ業界新卒入社しました。入社が難しいと言われている会社だったので、周りからは褒められ期待されていました。厳しい業界覚悟していましたが、働くことが楽しみでした。

研修が終わり、社内で最も忙しい部署に配属されました。「その部署に配属される人は次々と辞めていく」と先輩から聞いていましたが、その一方で「見込みのある人しか配属されない」とも言われていたので、すごくやる気になっていました。

私の上司40代女性でした。「死ね」「頼むから死んでくれ」「ぶっ殺すぞ」「みんなお前のこと仕事できないって思ってるよ」「お前がいる意味ある?」「邪魔から帰れ」など一通りの暴言をほぼ毎日吐かれていました。一緒に飲みに行ってお酒を飲むのが遅いとキレられて、飲むまで許してもらえませんでした。怖くて怖くて泣きながらお酒を飲みました。店員さんも困っていました。

仕事中話しかけても無視されました。タイミングを伺っていると「確認がおせぇよ」と怒鳴られました。デスクで泣きそうになっていると「泣かれると迷惑から泣くな」とLINEがきました。上司は向かいの席にいました。

上司仕事人間だったので、土日も休まず仕事をしていました。上司が働いている時間=私の労働時間なので、休日電話メールが止まりませんでした。30分に10回以上電話がくることもよくありました。3分以内に返信しないと「だからお前は仕事ができないんだ。もう会社にくるな」とさらに怒られました。

休日でも呼ばれたらすぐに出社します。スマホを手放すことができず、トイレやお風呂場まで持っていきました。深夜3時に電話があってもすぐに出られます。そしてそこから30分間ずっと怒鳴られるのです。

怒られるのが怖くて、単純な仕事でもミスをするようになります。そして「お前はなんでこんなこともできないんだ。お前の親はクソ人間か?だからお前もこんな大人になったのか」と怒られました。そして椅子ガンガン蹴られました。

激務が当たり前の業界なので、1ヶ月間休みがないことはよくありました。毎日とても眠たくて栄養ドリンクも効かなくなりました。深夜3時4時まで残ることが週に3日はありました。本当に辛くてトイレの床にトイレットペーパーを敷いてこっそり仮眠をとっていました。そのまま朝を迎えて清掃員のおばちゃんに起こされたことも何度かありました。

一緒にタクシーに乗っているとき些細なことで機嫌が悪くなり「お前といると嫌なことばかり起こる」と言われてタクシーから降ろされました。

上司ミスもしばしば私のせいにされました。一斉送信メールで「◯◯のせいでこんなことになってすみません」と送られました。ほかの社員上司が怖くて言及する人はいませんでした。こっそり心配してくれる人はたくさんいましたが、解決には繋がりませんでした。

でも怒ったあとには必ず「お前は根性がある。お前のために怒ってるんだ」とフォローが入るんです。だから私も「怒られるのは私が悪いからだ。もっと頑張らないと。そうすれば上司も認めてくれる」と思っていました。まるでDVのようでした。

そのうち「このトラックに轢かれたらしばらく入院出来る」と本気で考えるようになりした。でも死にたくはなかったので、どうにかして入院する方法を考えていました。入院して休むことを想像するだけで少し気持ちが楽になりました。

1年ほど経つと、自宅に帰って明日のことを考えるだけで涙が止まらなくなりました。泣いても泣いても涙が出てきます明日上司に会うことを考えるだけで、生きているのが嫌になりました。でも死にたくなかったのでほとんど眠れないまま翌日も会社に向かいました。

ある日、深夜3時くらいだったと思います。この週も帰らない日が続いており、トイレに駆け込みました。便器に座って10分だけ寝よう。そう個室に入ると上司から「今どこにいる?」とLINEが来ました。それを見た瞬間、涙が溢れて止まらなくなりました。この先ずっとこの人に見張られて仕事をしなきゃいけないのか、ずっと暴言に脅えながら、機嫌を伺いながら仕事をしなきゃいけないのか。会社トイレで声を出して泣きました。ちょうどその時トイレに来た社員さんが、私の状況を見てタクシーで家まで送ってくれました。

次の日から私は会社に行きませんでした。ルームシェアをしていた友人が代わりに会社電話をかけてくれました。そして私は病院に行きました。胃に穴が空いていました。あと鬱病でした。入社してから10キロ痩せていました。

今は仕事を変えて元気に働いています。秋に恋人入籍する予定です。

上司会社を辞めて業界内の別の会社にいると聞きました。

上司に対して恨んでいるとか憎いとかそうゆう感情はないです。毎日思い出して苦しいということもないです。

ただ、私はあなたにされたことを一生忘れません。

2017-08-06

女子マネが走って死亡した件のブコメがひどい

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK8656TGK86UOHB00S.html

kawa106 すごく残念な事件だけど、どうすれば良かったのかを判断するのは難しすぎる。誰も責められるようなことはしていないと思うし、どんな対策を講じれば防げるのだろう

ohaan 文章だけだと、現時点では関係者対応に落ち度はないように見える。

この2つに20スターついてるのは何?

夜7時に3.5キロマイペースで走って帰ってこいって、実質男子についていくしかないでしょう

2017-08-04

都議選応援防衛省自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

稲田朋美防衛相は6月27日、東京都板橋区で行った都議選自民党公認候補応援演説で、「防衛省自衛隊防衛大臣自民党としてもお願いしたい」という趣旨発言をした。防衛相自身地位言及して所属政党公認候補への支持を呼びかけるのは異例で、自衛隊政治利用と受け取られる可能性もある。

 稲田氏は発言後、記者団に「(陸上自衛隊練馬駐屯地も近いし、防衛省自衛隊活動にあたっては地元理解支援をいただいていることに感謝しているということを言った」と釈明。演説会場からキロ余りの距離にある練馬駐屯地練馬区)の関係者が、選挙区内に住んでいることを念頭に置いた発言とみられる。

 自衛隊法61条は、選挙権行使以外の自衛隊員政治的行為制限しており、特定政党などを支持する目的で職権を行使できない。稲田氏の発言は、防衛省自衛隊組織ぐるみ特定政党候補応援しているという印象を与えるうえ、大臣が隊員に対し、自衛隊法抵触する政治的行為を呼びかけたと受け取られかねない。

朝日新聞デジタル 都議選応援防衛省自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

2017年6月27日21時19分

https://anond.hatelabo.jp/20170803153253

一般道でも必須だね

ただ高速道路以外でこれを守ってるドライバーや客は全体の80%もいかないと思う

 

正直高速運転で飛び出しする可能性のある高速道路以外で

後部座席シートベルト必須ってやりすぎだと思う

4・50キロ程度で後ろの席の人間が前に飛び出すなんてレアケースだし

そこまでして快適な乗車を制限する意味あるんだろうか

2017-08-03

たった5キロ洗濯物なのに50分乾かしても匂いが残る

何でだろう〜ぉ♪何でだろう〜ぉ♪

除菌殺菌の漂白剤を大量に入れてもダメなんだ。乾燥機にカビでも生えてんのかな。洗濯機は完全に綺麗にしたか問題ないはずなんだけどな。もっと乾燥させなきゃダメなの?いや、流石に1時間以上乾燥させるとか洗濯物痛めるでしょ。

2017-08-02

正しい立ち方も歩き方も分からない

私は身長163の体重49キロでまぁ痩せ型と言っていいと思うのだが、なにせふくらはぎが太い。とんでもなく太いというわけでは無いが、普通に大根足。ヒラヒラスカートからニョキっと出せばみっともないレベル

昔はもっと全体的に太かった(55キロくらいあった)ので気がつかなったが、最近体重が落ちたのにふくらはぎは相変わらず太い。

最近ふくらはぎ 太い 原因」で検索して初めて知ったのが「浮指」。足指を上手に使えておらず、かかとに体重がかかり過ぎている状態のことらしい。確かに私の靴はかかとだけがすぐにすり減る。

それで今体重を足の指にかけるように、あと膝を伸ばしすぎるのもダメらしいので膝を軽く曲げて歩いてみたりしているのだけど、どうにも難しい。なんか余計に足が太くなったりしそうで不安

2017-08-01

同期の36歳女性

今より20キロほど痩せていた頃の写真を、SNSアイコンにしているが、咎めて差し上げるべきなのか。

無職のおれが、今なら勝てると思った話

昔のことを思い出した。

「おいふざけんなよ!」

「うるせぇ、なんだよ」

ふたりの男は目の前で口論を始めた。双方、かなりいかついルックスである

ひとりは一個上の番長的な存在、コウヘイさん。もうひとりは一個上の裏番長的な存在シンゴさん。

ちょうど運悪く、僕は彼らの中間地点にいた。

「お前どけよ!」

僕に向かってコウヘイさんが怒鳴った。すると、

「こいつにどけよって……お前、ふざけんなよ!」

と、目の前にいたシンゴさんは僕をかばってくれた。

続けてシンゴさんは言った。

「お前、こいつに手ぇ出したら許さねえからな」

先輩、僕のことが大好きみたいだ。

================================

ただひとつ間違いなく言えるのは、今の僕ならこの2人の先輩をボコボコにできるということ。間違いなく勝てる。100%勝てる。1,000%勝てる。

なぜなら、これは僕が小学校の時の話だからだ。

先輩は当時小学5年生で最強と言われていたふたりキュートルックスが魅力の僕は当時4年生。守ってくれたシンゴくんの横で震えていた。

でも今なら間違いなくこの2人に勝てる。

だって、今、36歳だし。

間違いなくワンパンで勝てる。

今でもときどき思い出す。

今の自分あの日、あの時、あの場所に戻れたら、確実に勝てるだろうなってこと。多々あるよね。そういうこと。

=============================

ナカノ先輩は卒業してから髪を染めた。

夏祭りで見かけたナカノ先輩の髪はムラサキ色だった。

まだもんじゃ焼き屋さんもあまりない、ヤンキーだらけの月島の街で、ナカノ先輩の髪はムラサキに輝いて目立っていた。

当時は恐ろしくて近づけなかった。ただ一方的に僕がナカノ先輩を認識していただけで、先輩はきっと僕なんか眼中にないだろう。

でも今なら間違いなく言える。

「お前の髪、おばあちゃんみたいだぜ」って。

だって当時の先輩は13歳、中学1年生。僕は今、36歳だし。

==============================

そんなことを考えながら、誰もいないワンルームYoutubeを見ながらビールを飲んでいる36歳の夏。

ふと外を見ると近所の小学生がセミを追いかけていた。

そんな圧倒的な優越感を揺らがせる出来事があった。

芦田愛菜難関志望校合格」のニュースである

無職はいえ、僕は一応大学卒業した。そんな自分小学生には学力で負けまいと思っていた。本もマンガもいっぱい読んだし、毎日ネット見てるし。でもそんな確固たる自信を揺らいだには芦田愛菜の難関志望校合格ニュースである。つまり芦田愛菜の持つ圧倒的なタスク管理能力課題解決力に敗北を喫した。

考えすぎかもしれないが、さっきまでこの手の中にあったコウヘイくん、シンゴくん、ナカノくんに対する圧倒的勝利が「芦田愛菜」を想うたびに揺らぐ。ひょっとすると学力だけでなく、今の僕はあの頃のコウヘイくんやシンゴくんに出会っても、ガチで戦って負けるかもしれない。

「いや、相手小学5年生だ、負けるわけがない。食べて寝てたおかげで体重も100キロ近くあるし」

小学5年生だからって侮るな。油断したら負けるぞ」

自問自答を繰り返す。

こうしている間にも、同級生はきっと金を稼いだり、子育てをしたりしているのだろう。でも、こんな僕にも彼らと同じく明日は来るし、死ね明日は来ない。

時の流れは残酷である

ってことで、今から外にいる小学生勝負してくるわ。

自分自身を取り戻すために。

その2

https://anond.hatelabo.jp/20170801153106

その3

https://anond.hatelabo.jp/2017080122515

その4

https://anond.hatelabo.jp/20170802121513

2017-07-31

奥尻島北西約150キロ

金~日と仕事の為家を空けていて、その間ニュース確認する暇も無かったので、

今日先程家に帰ってきて北朝鮮からミサイル奥尻島北西約150キロに着弾したことを知った。

まじかよ?!と思って色々調べたけど、そこまで大騒ぎになっていない印象を受けた。


なぜ?


被害が無かったから(あってからじゃ遅いけど)

②今回の着弾地点は北朝鮮にとって「やっべー!ミスったー!や、やばくない?!」という感じで、

実際日本攻撃して被害を出すメリットが全く無いことを理解しているか

③声を上げたところでどうしようもないか


どういう気持ちなんだろうね。

俺は②に近いけど、やっぱり怖いよね。

というか他の国だったら戦争になってるのでは?

と思いました。


後、

地震震度3~5位でびびってんじゃねぇよ!ミサイル?たいしたことない。静観静観」

という姿勢は非常にダサくて不気味だと思いました。


1ねん1くみ

ます

2017-07-27

はてな民似非科学批判は単なる雑学

100キロ人間は浮くのに10キロダンベルは沈む

その理由は当然、質量

でもこれは科学じゃない。クイズと一緒。単なる雑学

科学的ってのは証明できないと意味ない

はてな民はこんな簡単算数レベルのことも証明できないくせに科学を語ってる恥ずかしい人たち

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん