「遺書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 遺書とは

2018-02-19

anond:20180218172648

でもはてなに行った時ID出したまま読める増田サイト見せてくれたけどあれは公然の秘密なの?

悪趣味だなーと思ったけどその場では言えなかったからさ

何度か増田に書いたのに毎回スルーされるしわけわかんない

------

はてなサポート窓口法務関連担当の方よりご連絡を頂いたので追記します。

はてな本社なんて言った事ないですし、上記のような事実はございません。謹んでお詫び申し上げます

軽い気持ちで楽しく匿名ダイアリーしてただけなのになー

怪文書超えちゃいけないラインという事でした。

まあ面白くもない怪文書で高級取りの工数使わせちゃって本当申し訳ないわ

自殺するとき遺書に含めとくから許してな

2018-02-13

誰もが自死に納得するような名文の遺書を書いて消えたい

ほんと良くないことが続く。

40歳も過ぎ

仮想通貨でぷち損する

・付き合って半年彼女プレゼントだけ貰われてドロンされる。なんだったら一緒に寝てもいなくて草が生える。

・昨年作ってたコンテンツリリースもされずに死んだ

プログラマーとしての能力の衰えも感じる(これは、休日仕事後に前向きに技術習得をしていく意志力も含む。)

意志力が低いがゆえに貯金もたまらない。おおよそ、同世代が貯蓄してるような金額とは思えない

・何をやっても楽しめない、飽きが早い。

・一応、筋トレをし、野菜はよく食べている。タンパク質をよく摂取することを心がけている。

これはいよいよ、悲惨なことになる前に自分人生をたたんでいく。という考え方が必要なんじゃないかなと思い始めた。

最近はうわ言のように「はーしにてぇ、しにてぇ。」と連呼しているのだが、昨今は、死んでも周りの人間迷惑がかかるような世の中なので

なにかこう、いや、自分が死んだのはこれこれこういう感じでもうしょうがないんです。と、誰もが納得するような名文の遺書を書いて消えたいなぁ

と思うのですが、なにせ、文章を書くということをしばらくやってこなかったのでそんな文章かけないしとりあえず増田に書く練習だなと思ってこの文書書いてる。

これらは死にたいという欲求というよりも、生きることで得られる楽しさがその為に必要苦役釣り合いが取れなくなってきたなーと感じているからで

一緒に過ごせるパートナーがいる間は、それをモチベーションにしてもいいか、と思ってたんだけど。どうやら相手はそうではなかったらしく。

まぁとにかくです。

・楽しさ>辛さ という人生模索

・誰もが不幸にならない遺書の書き方の模索

最近人生方針です。あ、とはい別に死なないですけどね。なんというか、誰もが納得する遺書。を書くためには「楽しさ>辛さ」にしなければ行けないんだろうな。ということは薄ぼんやり気づいています

2018-01-30

自分が死んだ時、葬式をやりたくない

葬式をやるぐらいなら、残った家族が浮いた金でおいしいものでも食べるか、後世で必要な時に使ってもらいたい

これを周りの人に言ってもあまり賛同されない。

世間体があるとか、別に死んだ本人の為にやってないとか言われる。

遺書に書いたらキチンとやらない事をやってくれるのかな

葬式をやったら化けて出てやろう

2018-01-26

anond:20180125203231

死に方じゃなくて遺書の残し方じゃん

なんかもうこのエントリからしてクソつまんない奴ってのが伝わってくるし実質的に死んでるよお前

社会ゴミ

2018-01-25

プログラマーらしい死に方考えた

死んだあとにメッセージを出すんだ

世間に置き土産をする

botみたいな感じ?

 

アイディアネタ帳

メールで送る

動画投稿する

物理的に手紙で送る

・「君がこれを読んでる時、ワタシはもう死んでるだろう」という天丼(3回目くらいでセルフツッコミ、5回目から捻り)

生前なら炎上しそうな悪ふざけ

・死に芸、あの世レビュー

・「はいどーもー、電子悪霊◯◯でーす」

・「殺す気か! あ、死んでた」 ← 使いすぎると飽きる

・「今日は私の○回忌です。墓参りに行きましょう」というお知らせ(明るい調子で) ←死んだ日をどう取得するか、IoTでできそう

bot化して、幽霊みたいに存在してるような振る舞いをする

・要約ツールを駆使して、死語の世の中についてそれっぽい意見を言う ← 実は生きてる説が出ると良い

・「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる」 ←ネタが古すぎて理解されない

・1回忌くらいに「死後Hackやってみた」というネタQiita投稿

・動的遺書

 

課題

・送る人が居ない

技術革新メッセージ方法が変わる

バグ修正保守ができない → 外注使えば解決?死んでも契約遂行してくれる人

・「どうせ死んでないんだろこいつ」に対する返しが難しい、「は?ちゃんと死んでるし!」しか言えない

・ウケなかったら辛くて死にたくなる

 

 

___

 

おい伸ばすな

俺もちょっとサムいと思ってんだから

シュール系より素直に怖がらせるほうが面白いかな、死者から手紙が届くみたいに、死者が幽霊の真似する(真似?)

anond:20180125120632

いか死ね

お前のような構って厨は参考になら無い

いか死ね

邪魔

遺書も昨日書いただろ

死ね

2018-01-20

自動安楽死施設の構想を練る

はてブを見ていると、安楽死についての文章を度々見る。

自分は反出生主義。

まれてきた人は全て幸せに生きてほしいと願っているが、どうやら無理そうだ。

死にたいと思い続けて10年。自殺未遂が怖くて、チャレンジすらしないで10年。

安楽死施設の構想を練っているときいちばん楽しく、ニコニコしてしまうよ。

安楽死問題複数あるが、まず「自殺幇助者の精神負担」があげられる。

とすれば、死から墓場までを自動化することで解決しそうだ。

日本では死刑囚を死なすの首吊りが使われていて、

複数ボタン複数人で押すと吊られるが、そのうちの1個が本物、

という仕組みになっていると聞いた。

まず、安楽死施設ではそのボタン自分で押せるところに配置すれば良いだろう。

ボタンを押したあと、確実に死亡したか機械判断

遺書がお母さんのところへ発送される。

自動でおろされ、ベルトコンベアで運搬、花とともに棺に納まる。

ベルトコンベアの上に乗ったまま、私は加熱される。

お菓子工場のように、ゆっくりゆっくりオーブンを通り、私は骨になる。

ちょっとお金がかかるが、私はダイヤモンドになることにしたのだ。

骨の中の炭素が集められ、私はダイヤモンドになる。

真っ白な施設入り口ロビーにあったアクリル製の細い管の中に

“1個”になった自分が追加され、陽を浴びてキラキラと光る。

安楽死施設は、死への夢を叶える楽しい場所だ。

建設して一番最初に利用するのは私だから自殺幇助者はひとりもいない。

全ての人が幸せ人生を終えられますように。それが、私の願いだ。

2018-01-18

遺書を書いたら生きたくなった。

思うままに書くので文体が崩れたりしても見逃してほしい。

なんかもう、ハチャメチャに「死にたい!」と思い続ける毎日であります

仕事ウソついて休んで怒濤の5連休をゲット。

好きな人には「明日休みです!」とメールしたものの、酒を呑んでダルいので「インフルにかかりましたすみません」とその"明日"の昼間にこれまたウソをつく始末。

そして酒を飲む。

それでも心が休まらない。

お笑い動画を見ていたのに、いつのまにか"最期ツイート"というまとめを読んで、ますます死にたさに磨きがかかる。

なんという悪循環

鬱々しい気分の時に暗い記事を読みたくなるあの現象、ほんとなに?

下を見て安心したいのか、同調安心したいのか、分かんないね

どっちもだろうね。

ウダウダ書いてもアレなんで。

そんなこんなで鬱々とした気分のまま更にネットの真っ暗い記事自分を追い込んだ結果、遺書を書いてみようかなと思いついたのです。

パッと浮かびました。ほんと、言いたい事はこれだけでした。

出会ってくれた人、ありがとう。みんなのおかげで私ができました。

ありがとう。』

そんな私は悲しいことに今から自殺します!ってめっちゃ皮肉やんけ。おいおい……。

と、書いた数時間後に気が付いた。

でもって、遺書をしたためたら一回死んだ気になった。生まれ変わった気分!ときらきらした気分にはなっていないけど、まぁもう少し生きるか……という気になれた。

一回、自分を殺すことも生きるためには必要なのかもしれないね

2017-12-29

私と彼との出会いはつい最近のように感じる。

なのに共に過ごした時間はとても長かったように感じる。

これからもとても長くなると思う。彼はもうこの世にはいないけど。

つらかった、おつかれさま、さようなら。と彼は遺書の末尾に書いた。

残念ながら私は外国語が読めないのでツイッター遺書の訳を読んだ。

わかるわけないのに、私は彼の気持ちがわかった。

私は近親者をうつ病自殺で失った。

毎週毎週、連れられて話をしに行った。

「がんばれって言ったらだめ」と言われ、それ以外の言葉で励まし続けた。

それは中学生から高校生まで続いた。

ある日、庭の木に首を吊って亡くなったと連絡が来た。

見つけた家族が、急いで下ろしたとき、体は未だ温かかったらしい。

それでももうこの世には帰ってこなかった。本人の意思だと思う。

悲しい気持ちが無かったわけではないと思うけど

「やっぱり」死んでしまったんだと考えていた気がする。

そのときも、彼が死んだ日のように寒かった気がする。

あのときのことはあまりよく覚えていない。でもこわくはなかった。

彼はずっとつらかった、それに耐え続けたのは健気だったでしょ、と書いた。

さいごまで真面目な彼らしいなと思った。キュートジョークだ。

私が観てきた彼は、どんなステージでも最高に輝いていた。

その素敵な彼を構成する要素のひとつ悲壮感はあったかもしれない。

もともと器用なタイプではないとはじめは思っていたけど

持って生まれた才能と性格が、歌声表現を磨きあげた。

彼のすべてを魅力に変えた。ステージを観る私たちはそう感じたし、

天才努力を誇った。彼の儚さを愛した。

でも、彼にとっては違った。

彼のすべてが彼を追い詰めたのかもしれない。

皮肉なことに彼の周りには多くの愛情しかなかったのではないかと思う。

自身の欲を満足させたい、そして周りの愛に応えたい、心からそう思っていたからこそ

今、ここで、この瞬間に別の道(たとえばスポットライトが当たらない生活)は

彼の中に存在していなかったんじゃないだろうか。

結果、至らない自分に遭遇したとき、逃げ場がなくなる。

さらに強い向かい風、追い風だったかもしれないけど、自分意図しない形で流行ニーズ

ビュービュー吹く。

時間の濁流の中で、彼の愛した音楽オセロみたいにひっくり返った。

拠り所になっていたはずの大好きなやさしい音楽が、一番きつく彼を締め上げた。

全然関係の無い話をする。

はじまりは、いわゆる『ガンギマった』感覚になる。

風が吹くじゃないけれど情報がビュンビュン自分の周りを走り抜ける。

疲れを感じないしアイデアが沸いて止まらない。五感が冴える。

年齢のせいではないかもしれないけど、最近その感覚がまったくない。

年齢なんて関係ないという言葉基本的にはうそだ。

死ぬことはこわくないけど、年をとることはこわい。

自分が弱いことを知っているので年を重ねていくことに明るい展望が持てない。

もうあの時の最高の感覚でモノを作れる日は来ないんじゃないか

これは彼の話ではなく、私の話だけど。

逃げたい、死にたいという人と話をしていると、強い力で引っ張られる。

はじめは死んでほしくない気持ち対話に臨む。

なのに、相手のつらい気持ちを考えると考えが変わる。

考えが変わることは、とてもつらい。

私も今では立派な死にたがりになった。不眠症だし、病院に行ったら

病名がつくと思う。どうでもいいことだ。

彼はお疲れ様って言ってよって、言う。だから、言ってあげたいと思う。

つらかったんだって。そうなんだね。おつかれさま。

これまで貴方をずっと見守っていたけどずっと素敵だった。

あとはもう好きにしてよくなったみたいだよ。

遠慮なく好きなところに好きなだけ逃げるといいよ。

真面目だからどこにいってもまたつらくなっちゃうかもしれないけど…

追って死んでしまいたいほどつらい気持ちになる。でも、

彼は今までずっとつらかったそうなので、これからは私がそのつらいを持とうと思う。

つらいを持って、生きれるところまで生きてみようと思う。

今はまだ直視できないけど、彼の残してくれたものがたくさんあるし。

死後の世界国境があるかわからないけど、死んでもパスポートを取ろう。

私は彼の所に行きたいと思うし、行くと思うし、おそらくそとき

パールアクアグリーンファンライト持って行くと思う。

それはまったく彼の意に反していることわかってるんだけど、どうしても応援がしたい。

あとなんとなくだけど、いつもみたいにかわいく微笑んでくれるような気がするんだよね。

から彼には先に待っててもらうことにする。

彼は別に待たなくてもいいんだけど。私が努力すればいい話だ。

きちんとごはんを食べて、つらいをもった自分におつかれさまってしよう。

寄り添ってくれてありがとう。おつかれさま。

2017-12-25

anond:20171120071743

つながり全部たったら?

それで万が一自殺しても

名前住所を遺書に書かれても

メールとか見せてこういうわけで会った事も無いし迷惑してたって説明したらええやん

2017-12-24

岡田准一結婚信仰危機を迎えたとあるV6ファンぼやき

少しでも気持の整理をしようと、今の自分の心情をこれから書き綴っていく。

衝動に任せて書き殴るので日本語としておかしな点や誤字脱字が多数あると思う。

ご容赦願いたい。

12月22日、我々V6ファンの耳にとある衝撃的なニュースが飛び込んできた。


岡田准一結婚


本来12月24日ファンの元へ届けられる筈だったその赤い封筒は、年末の混乱により起こったミスのため誤って一部のファンの元へ一足早く届いてしまったらしい。

赤紙かよ……。

TLに流れてきたその赤い封筒を目にした瞬間そう思った。そして胃が鷲づかみにされたかのようにギューッと痛んだ。私の信仰に重大な危機が訪れていると直感的に悟った。

いま現在、私は岡田くんの結婚に対して「悲しみ」と「恐怖」というの二つ感情を抱いている。

「悲しみ」については皆さんも想像がしやすいと思う。

岡田准一は「アイドルである

例外も多数あるが「アイドル」と呼ばれる彼ら彼女らは疑似恋愛対象としてメディアの中で振る舞い、あるいはそう見えるように編集される。そしてこちらも例外多数だろうが、ファンも彼ら彼女らを疑似恋愛対象として認識し、恋愛感情酷似した感情を彼ら彼女らに抱くようになる。その感情ファンアイドルとを結ぶ紐帯となる。「格好いいヤツならいくらでもいる でも俺にメロメロなんでしょ?」と言うフレーズ演者技量に惹かれたのではなく演者に対し恋愛感情のような感情を抱きその感情を核に演者応援する我々アイドルファン特性を鋭く見抜いた非常に秀逸な物であると思う。

話を元に戻そう。

何を隠そう私も岡田准一に対して恋愛感情のような物を抱いていたファンの一人である。少なからず好きだった人が結婚した。だから悲しい。ただそれだけの話だ。

イノッチの時も長野くんの時も、同じような感情を抱いた。イノッチのは生で聞いてしまって当時中学生だった私はコンサート終わりに泣き崩れた。長野くんの時も長野担の友人に電話し二人してワンワン泣いた。下手に恋愛感情に近い感情を抱いてしまっていたため失恋した時のような心情になったし、それに加え大好きな人がやっと掴んだ幸せを手放しで喜べない自分自身失望してしまって、涙が止まらなかった。

でもこの感情は泣けばある程度は落ち着かせる事が出来たし、気合いでどうにか既婚者萌えに開眼することが出来た。


だが今回、「悲しみ」に加え過去二回の結婚報告では抱かなかった「恐怖」という感情自分の内からわき上がってきた。

もっと厳密に言うと「信仰をこれ以上続ける事が出来ないかも知れないという恐怖」だ。

今回の結婚はアレだ。その、えっと、色々あった。何が真実でそうでないかはわからないけど、色々あった。その「色々」の部分がもし真実であったら、もう私の中の倫理感ではどうしても受け入れられないのだ。「おめでとう」なんて言えないのだ。過去の「色々」が積み重なってきていて、今回の件で私の倫理観は完全に飽和してしまいそうなのだ。もう何もかも駄目になってしまいそうなのだ

東山紀之さんは自分ファンに向け「僕達にふさわしいレディになってください」と言ったらしい。このエピソードを聞いた時、私もV6ファンにふさわしいファンにならなければならないと思った。V6メンバートイレ張り紙よろしく「僕達のファンマナーが良い」と言ってくれる。だから、彼らに迷惑をかけないために、彼らが誇れるファンになるために、常識倫理道徳を身に付けよう常に心がけていた。

でも今はその常識倫理道徳が私を苦しめる。彼らの為に身に付けたいと思った物が彼らの一部を否定する。この相克がたまらなく苦しい。辛い。しんどい

私はカウコン当選した。他の5人はカウコンで、あるいはその他の場所ででも、この結婚について言及するのだろうか?この結婚を祝うのだろうか?その瞬間を見るのが怖い。自分が疑いの目を向けている物を祝福している彼らを見るのが怖い。私を明るい方向に導いてくれた存在が穢れてしまうように感じる。何もかも信じられなくなる。その瞬間、私の信仰破綻してしまうように思う。

「いや、不倫事実わからんやん」と自分にここ数年何度も何度も言い聞かせようとした。でも無理だった。2015年から交際し始めたと信じたい。あるいはそれが嘘であったとしても気にしないでいられるような人間になりたい。どうしてこんな簡単なことが出来ないのだろう。二十歳も過ぎたいい大人が。ジャニオタって私にはむいていない趣味なのだろうかとここ最近考えるようになった。


本当にこんなファンでごめんな。

坂本くん、長野くん、イノッチ、剛くん、健くん、そして岡田くん、本当にごめん。

マジで今どうすりゃ良いのかわからん。祝いたい。のに、祝えない。「この世には事実など存在せず、ただ解釈のみがある」と何度も自分に言い聞かせてるんだ。でも駄目なんだ。都合の良い解釈すら出来ないんだ。

貴方達が大好きなのに貴方達の全てを信じて受け入れる事が出来ない。

本当にどうしてこんな人間のくせしてジャニオタになんかなっちまったんだ。自分「夢」を見る才能のない人間ジャニオタになんかなるべきではなかったのだ。足を踏み入れるべきでなかった。

こんなにしんどい思いするんなら22日に死にたかったなあ。

剛くんの舞台を観終わった瞬間に死にたかった。

とりあえずあともう一回がんばってみる。

カウコンまでに祝えるように努力してみる。

無理だったらもうオタ卒しようかと思う。

潮時だと思うから

しんどい事は 無理すんな!」っていい歌詞だね。

追記

想像していたより多くの反響があり驚いています

今回わざわざ私が自分の胸の内を公開したのは、第三者からの忌憚のない意見を聞いてみたかたからです。お心遣いありがとうございます

それと私は確かに恋愛感情に似たような感情アイドルに対して抱いてはいるけど、アイドルと付き合いたい、結婚したいとは思わないんですよね…。V6の中で一番好きなメンバー三宅くんなんですけど、一番結婚したくないメンバー三宅くんです。まあ、そもそも私のような人間相手の方からお断りしょうが

あと認知もされたくはないなあ。ジャニーズ以外にも様々な男性アイドルグループが林立する中、わざわざジャニーズを選んで応援しているのは単に彼らと私達とを隔てる一定距離感が私の肌に合っているからなんですよね。

私にとって「夢を見る」ということは「人間関係を築く上でどうしても付きまとう煩わしさから解放されながらも、人間関係を築く事で得られる充足感を得られる」ことを指します。良いとこ取りをしたい訳です。

恋人もいますし、友人にも仕事仲間にも恵まれている方だと思います。でも、彼氏しろ友人にしろ仕事仲間にしろ人間関係が密になればなるほど得られる情緒的な満足感も増しますが同時に様々な煩わしさも出て来ます特に今は閉鎖的なコミュニティの中に身を置かねばならない状況なので、とにかく波風立てぬよう一挙手一投足に細心の注意を払っています

アイドルから「顔や名前を覚えられる」ということは、この煩わしさの中に自分アイドルとの関係を放り込むことだと思います関係が密になるほど気を遣わなければならない部分が増えてくるから

そんな物を感じたくないか距離感のあるアイドルを好きになったのです。繰り返しになりますが、V6で一番好きなのは三宅くんだけど一番結婚したくないのも三宅くんです。でも、そんな相手も適切な距離感さえあれば好きになれる。距離があるからこそ安心して課金ができるんです。

あと「アイドル結婚が受け入れられない」っていうのは違うんですよね。そりゃイノッチの時も長野くんの時も最初号泣しましたが、その翌日くらいには井ノ原快彦(既婚)長野博(既婚)という字面にめちゃくちゃ萌え始めましたし、「大好きな人幸せを掴めたんだなあ」と嬉しく思いました。たまーーーーーにポロッと漏れ聞こえる彼らが幸せ暮らしてるっぽいエピソードとか子供と遊んでるっぽいエピソードとか大好物です。なんていいうか、すごくホッとする。「良かったなあ」って思う。瀬戸朝香さんも白石美帆さんも宮沢りえさんも本当に大好きです。苦しみの先には新たな萌えが待っていました。

「お相手が受け入れられない」ってのも違います。「お相手だけでなくこの結婚に関わる物すべてが白々しくみえてきて、信仰対象の輝きすら失せてしまいそう」「色々なもの黙殺してきてどうにか守ってきた『好き』という感情がこれを機に瓦解するのが怖い」「もうこれ以上、色々なものスルーすることができそうにない」「好きなアイドルの潔白を信じることができないのが辛いしそんな自分嫌悪感を抱いている」のです。今回の結婚は単なる引き金にしか過ぎません。今まで色々と蓄積されてきてた物が、この結婚を機に飽和してしまいそうなのです。

この文章を読んでいただいた奇特な方々は「結局なにが言いたいんやコイツ……」と困惑なさっていると思います

私もです。私も自分で何をどうしたいのか

どうすれば良いのかわかりません。

「お前、不倫は受け入れられないのに自分は付き合っている相手がいるのか……」とツッこんだ方もいるでしょう。全くです。上記文章を読んでいただければ分かる通り、とにかく自己矛盾の塊なのです。この自己矛盾自分の中で看過できない程の数になってしまった。飽和してしまった。

私は普通人間にしては無神経で、ジャニオタにしては潔癖すぎたのでしょう。

そもそも人間と関わる中で避けることの出来ない苦しさから逃れる先を人間に求めたのが間違いだった。

これまで書いた長々とした文章より「ぎええええええええ」という絶叫の方がまだ私の今の感情を言い表すことができている程、未だに取り乱しています

この文章とある哀れなカウコンを目前に控えたジャニオタ遺書、あるいは断末魔叫びだと思ってください。

愚痴垢だけは作りたくないなあ。

まだギリギリ好きな人達をを誹謗中傷なんてしたくないけど、こんな文章を書いて公開してる時点で殆ど同じような事やってるのかもなあ。

あーあ、本当にこんな思いをするくらいなら草や花にうまれたかったなー。

あたしって、ほんとバカ

2017-12-19

どうやったら周りに集中しないと仕事できないのをわからせることが出来るの?

田舎企業なんちゃってSEみたいなことしてるんだけど、中小企業なので結構なんでもやるのね。

最近結構大きめの開発があって「すみませんがこの仕事に集中させてください」と言ってもSE自分一人しかいないからバコスカと話を振られる。

一回、ムカついてイヤホンして(かけてるのはホワイトノイズ仕事してたら「そういうのはよくない」っていわれる。

今とにかく修羅場で集中して仕事したいのにもう全然集中させてくれない。

結局家に帰ってやったほうが効率がいいので早めに帰ってたんだけど「残業もっとしたほうがいい」とか言われる。

集中したいから話しかけられにくい雰囲気バリバリで出していると「そういうところがだめ」と言われる。

でも確実に納期は迫っている。だから集中したい。でも集中させてくれない。周りに迷惑をかけない死に方で死にたい

旅行神社かいっても神様に「楽に死なせてください」ってずっと願ってる。毎日夜にいつ突発的に死んでもいいようにパソコン遺書作ってる。そうすると父や母、兄に申し訳ない気持ちが湧いてきて、それだけで生きている。それがなくなったら確実に死ぬと思う。

転職したほうがいい?それとも俺が常識のないバカ社会人なだけ?それなら俺はもう死ぬ死ぬ死ぬ詐欺だけど。

2017-12-11

そもそも死にたいって人間はどうしたらいいのか。

思い出せるかぎり小学四年生の頃にはすでに遺書を書いていたし、それ以前からもやんわりと死にたかった。

十歳の時点で死にたいって、なんだか親に問題がありそうだけどでも多分そんなことはぜんぜんない。いい親だった。いい親だったからこそいまなんとか生きていけてるような気さえする。でも家からははやく出たくて、高校は寮付きのところに行ったから15歳から家を出る形になった。いまとなっては、とくに父親にたいして申し訳なく思っている。(もう少し娘が家にいたほうが嬉しかたかなって)

不思議なのは死にたいんだけど、死にたいはずなのに、自分自身にはぜんぜん不満がないってこと。性別も顔も声も生まれ立場学歴職場もいまのままでぜんぜんいい。友達については特に、この人たちと友達でいられてよかったと瞬時に思える人間が四人もいる。(いわゆる親友というかたちで名指ししても全く問題ない関係性のひとが四人)ほかにも、学校コミュニティとか会社の同期とか、仲良くしてくれる人たちもいて、飲み会とか好きじゃないかあんまり予定は作らないけど、それでも週に一度はだれかと遊びに行くし、恋人同棲もしている。なんの不満もない。趣味読書手芸ものつくるの楽しい。(さいきんはどっちも興味わかなくなっちゃったけど)

なんだかぬるま湯の低温の希死感というか、死んでもいいのになあ、みたいな気持ち。昔は慟哭的な死にたさを抱えていたころもあったけど、あの頃と比べるとほんとマシになった。今は和らいでるから分かるけど、あのころは本当に本気でいつ死んでもかまわないと思ってた。いつまでこんな悲しいことが続くんだろうって思いながら、そのときそのときで、友達とか恋人とか、周りにいる人のおかげでなんとかうまいことやってきた。でもぜんぜん「死にたい」は消えない。一瞬いなくなったように思っても、気付けば身近にいる。

最近失踪するといいのかもなあって思ってる。貯金500万あるから、それもって3年ぐらい失踪して、そんで困ったら死ぬのってどうかな。って自分相談したい。あしたから行きません、ってメールたらみんな困るかな。いや困るっていうか、心配してくれるだろうし親に連絡してくれるだろうし、同期もおおさわぎしてくれるだろうし友達なんてどれほど深刻に心配してくれるかわからない。家族ことみたいにあわてると思うし、ショックも与えちゃうと思う。弟が絶望するんじゃないかと思うとこわい。両親にはただただ申し訳なくて、なんの落ち度もないふたりがそんなひどく悲しい思いしなきゃいけない理由なんてないし、だからぜったい出来ないと思うけど、でもそういう選択肢を考えるだけで気持ちがほんの少し落ち着く。たとえば、四歳のころから一緒にいる犬のぬいぐるみはぜったいスーツケースの一番うえに詰めて持っていこう、とか、やるはずない悪戯計画だけ立ててたのしくなるような感じ。

じつはもうすぐ誕生日なんだけど、友達ものすごくがんばって準備してパーティーひらいてくれた。ケーキも作ってくれた。わたしの好みにあわせた雑貨のお店探してくれてここで1万円まで買い物していいぞって言ってくれた。クリスマスパーティーも毎年してるしプレゼントなにがいいか早く決めてねって言ってくれる。父親のことすごく好きで尊敬してる。会社ではさいきん、若いのに周りが後押ししてくれてリーダーにあがった。料理上手な恋人がいる。ツイッターでは趣味の合う人と手軽に知り合えて話せて楽しい。初めて出したオリジナル小説同人誌が(極小部数だけど)完売したときは嬉しかった。去年よりも成長した部分だってあると思う。自分人生で変えたいところなんてひとつもない。何歳の頃にも戻る必要はない。そして、こんなに書き連ねてみてもだめ。毎年なぜか誕生日前はとくに死にたい。なんでだろ。

ほんとうにつらつら書いちゃったけど、ひとつだけ人のためになることが言えるかもしれない。「子供死にたいって言われた」って、ママさんたちの育児相談所みたいなところにそんな書き込みがあって、子供死にたいって言うなんてほんとうじゃないって、親を信用していればそんなこと言い出すわけないって、回答つけてる人がいた。そこまで批判的じゃなくても、もう少し配慮がたりないんじゃないかとか、善意アドバイスをしている人もたくさんいた。みんないい人なんだと思う。死にたいって思ったこだってあるんだと思う。でも、わたしのような人間けがそういうお母さんに言えることがあるとするなら、もしかしたらその子わたしの同種で、あなたにはなんの落ち度もないのにどうしようもなく「死にたい」のかもしれません。だとしたらごめんなさい。わたしは両親が好きです。感謝しているし、すくなくとも今は外からみたらそれなりにちゃんとやっている人間に見えると思うし、そして二人にはなんの落ち度もなかったと思ってます。これだけはほんとうのことです。

その相談所を見ながら、そうか、子供が生まれちゃったら子供のためにぜったい死ねなくなるんだよなあ、って、ぬるい絶望の種がまた心臓に落ちてくの感じた。

これっていつかなんとかなるの? そもそも死にたい」と一緒に生まれてきちゃった人間はどうしたらいいんだろう。

今年は冬が来るのが早いと思う

僕はまだ高校卒業したと認めたくない。認めたところで自分落ちこぼれなのだと嘆きながら何十年を過ごすだけだ。

高校卒業したのは今年の3月通信高校に通っていた。同期には同い年のティーンエイジャーが何人かいた。ニートだったり、引きこもりだったり、捻くれ者だったり、家出少女だったり、同い年なのにタバコや酒をやっている人とか、元高専生のバイトだったりまぁ色々いた。ニート君は顔が「働いたら負けだと思ってる」の人に似ていたのでよく覚えている。タバコ君は「かいけつゾロリ」のイノシシみたいな小太りで、気さくに話しかけてくる明るい性格でいつも場を明るくしようとしてた。彼は最後ここに入学たことを後悔しているようだった。卒業式にも姿を現さなかった。家出少女は1歳年上、洋服屋さんで働いているらしい。母親暴言暴力から逃げるために中学卒業したぐらいの頃に家出をした。バイト君の口癖は「バイトやろうぜ」だった。高専中退引きこもり経験してその後スーパーバイトを始めたらしい。僕は引きこもりだった。ボトラーでもないし風呂にも入るし、平日の昼間の図書館に足を運ぶことも、気まぐれで海を眺めに電車で隣町に行くこともあった。でも社会的な繋がりは希薄でそれでも…何から書けば良いのか全く分からないが思いついたこから

自分を語るときに僕はいつも不幸自慢ばかりしてしまう。でもさっぱり相手特にこれといった反応はしてくれなくてしまいには「あなたって本当よく分からいね」「クズだね」って言われてしまう始末で「後ろ向きな奴を応援したい奴なんていないんだよ」って言われた時はショックだった。恨みとか怒りとか内側にいっぱい溜め込んで、まるで肥溜めみたいだ。

1年目は「頑張って勉強して大学に進学するのだろう」と思ってた。だからレポートも真面目に書いたし、僕はこんな同期のバカとは違うんだって思ってた。

家出少女は同期ではなく一学年上だった気もするけど、昼休みにはタバコ君達と一緒に過ごすことも多かった。バイト君がニート君に「ハローワークに一緒に行こう」と誘うのだけどニート君は「いやいやいや」って必死に断ってた。僕は「バイト中々決まらなくて」みたいな感じで誤魔化してたからあまり強くは誘われなかったけど。でも実際牛丼屋やスーパーの清掃、ホームセンター喫茶店、色々応募したけどその年は全部面接に落ちていた。勉強もしなきゃいけないかバイトばかりじゃな、とかその時は考えていた。大学受験に向けて勉強はどうしたら良いのか分からなかったけどとりあえず学校レポートを頑張ってやればなんとかなるのだろうと思った。放課後みんなでカラオケに行った。タバコに火をつけるタバコ君。煙いなって思ったけど実際に煙かったのか、彼の事を軽蔑していてだからそう思ったのか、両方かもしれない。タバコをやっているらしいということは前に聞いていたけど本当に吸っているのを見たのはこの時が初めてだった。カラオケ結構盛り上がってたと思うけどあまり楽しくなかった。何か違う気がした。途中で帰ることにした。「お母さんうるさいから帰るね」「マザコンかよーw」そう言われてそうなのかもしれないと思ったけど、どうしたら良いのか分からなかった。

ある時みんなで遊ぼうということになって、時間を決めて集合したのだけど、電車に乗るのに一本遅れ、7分遅れで到着した頃には誰もいなかった。wifiの繋がるところでライン確認したら「まだ?」「もう先に行くね」みたいなメッセージが送られていて、しばらく昼間の駅をぐるぐる回って、それでも見つからないので帰ろうと思ったところでバッタリ合流した。タバコ君に「スマホ持ってなくて」と言ったら彼は「そうだったんだ、じゃあ家出ちゃんにも伝えておくね」と笑顔で返した。14時、僕たちはお好み焼き屋に入った。お金もったいないので僕は何も頼まなかった。落書きをしていたらタバコ君が覗いて「何を書いているの」というから「何を描いているわけではないけど…心象風景?」「ヒッキーこんな繊細な心の持ち主だったの? 僕どう接したら良いの?w」「私にも見せて…うん才能あるかもね」結局絵は3人の間を回って帰ってきた。その後どれくらいか経って店を出てカラオケに行こうということになった。そこでこの時僕は逃げ出して、すぐタバコから電話がかかってきた「どこにいるの?」「先に帰るからじゃあね」と言って電話を切って家に帰った。

4日ぐらい経って、昼休み時間家出ちゃんからあなたおかしいよ 粋がってるんじゃないわよ」って怒られた。泣きそうな顔だったので妙に生々しく覚えている。

2年生になって単発で仕事を貰えるようになった。交通手段がない時は送り迎えもしてくれる優しい会社だったのだがある時「腹痛で休む」と電話を入れた。怖くなってもう行けないと思った。でも後に「またよろしくお願いします」という優しい声で担当のおじさんから電話がかかってきた。とても優しい声が似合わない人だったのだが最年少だったので優しくしてくれていたのかもしれない。それでもそれ以降は連絡を取っていない。

多分LINEブロックした辺りからタバコ君とはあまり深くは会話をしなくなった気がする。特別タバコ君のLINEだけブロックしたわけではなく、この時は「死んだらどうしよう」という思いと自殺願望が混じったような思いがあって、日記帳を焼いてみたり、部屋を整理してみたり、遺書を書いてみたり、そんなことをしていてLINEブロックするのもその一つだった。

全日高校に行きたいという思いが強くなって学校相談したけど相手にされなかった。親に相談しても「意味がない。遠回りだからダメだ」と言われた。

母が「友達に誘われてポケモンゴーなんてやっちゃダメよ」と話すので「スマホ友達もいないのにどうやってやればいいんだよ!」と返したら後日父がスマホプレゼントしてくれた。

3年生になって、先生に「お前なんかが大学に行くなんて無理だ」と言われてワンワン泣いた。それでも諦めず試験を受けたが落ちた。父も専門学校に行け、大学に行けとあれだけうるさかったのに「大学なんか出たって何の意味もない」と言うようになった。

タバコ君とニート君で放課後何となく集まって駄弁っていた。タバコ君は「大学ってさ、塾とか行かないと無理だよな」というので僕は「無理かもね」と返した。「夜間高校とかの方が高校生っぽい時間を送れたかもね」「今更すぎるw」タバコ君は卒業式に姿を現さなかったのでこれが彼との最後の会話になった。

僕は6月までに免許を取って、8月までリゾートバイトで働いた。「学校に行ってない子だから気を使ってやったのに」とか言われた。やめてからは沢山映画アニメを観て、それからは何もせず過ごして、今日だって何もしないまま夜になった。借りた本も読み進まないし、張り切って買った教材だって殆ど手をつけていない。バイト面接に行けなかった。

それでも僕はまだ高校入学する夢を諦めていない。最高の高校生活を送れる学校が、僕を受け入れてくれる学校が、きっとどこかにある。世界のどこかにはきっとある幸せに満ちた日々が僕の心を満たすだろう。

2017-11-30

anond:20171130184539

こういうのが読解力が無い人か

女性服毒自殺が多く遺書がなければ医者診断書次第で自殺扱いにはなりません

まり遺書があれば自殺扱いになる&医者診断書次第で遺書がなくても自殺扱いになる事がある、

統計服毒自殺扱いされているのはそういうもののみで、実際は服毒自殺でも遺書がない&医師自殺ではないという診断書を書いた場合自殺扱いにはならないので

統計上の服毒自殺の数は実際の服毒自殺の数より少なくなっている

って所まで読み取れる読解力を身につけないと

男女の自殺性差について

これにはからくりがあって

女性服毒自殺が多く遺書がなければ医者診断書次第で自殺扱いにはなりません

男性物理にわかやす自殺方法をとるので司法解剖をすっ飛ばし自殺扱いになります

それに自殺理由もっとも多い原因は病苦です

2017-11-20

アラサーエンディングノート

エンディングノートを書いている。

数ヶ月前から

二回連続相手浮気婚約破棄

気付けば29歳、世間的には行き遅れのオバサンだ。

衰える身体、周りは幸せな家庭を築いていく。

焦って躍起になっていた三ヵ月前に、遺書書いて死んでしまおうかと思った。

若い時分はそれなりにモテた。周りは美人だの何だの褒めてくれたしスタイルも良かった。

二十歳からずっと結婚願望はあったし、お付き合いした人とは全員結婚したいと思っていた。

でも付き合っていた男のお眼鏡にはかなわなかった。

から自分に自信が持てなくて、嫌われないように必死になってばかりで自分の主張なんてしたこと無かった。

典型的なこじらせ女。そんな奴を嫁に選ぶわけがない。

そんなこと繰り返しながらあっという間に29歳。

半端なプライドも捨てられず、日々劣化していく全身と、周りの評価が怖かった。

死のうと思ってエンディングノート書いた時、いつでも死ねることに気づいて憑き物が落ちた。

いつでも死ねる。好きなタイミングで好きな方法死ねる。いつでも終わらせられる。

からどんなに嫌なことがあっても、いつでも死んで逃げられることに気づいてから、生きるのが楽になった。

自分蔑ろにする男に媚び売る必要は無い。後先考えず自分の為だけに生きればいい。

死ぬことがこんなに心強いものだなんて知らなかった。

エンディングノートおすすめ

2017-11-18

anond:20171117120807



実に胸糞の悪くなる話だな。

まとめると

仕事が辛いなら辞めればいいだけなのに辞めもせずストレスを溜め込み

そのはけ口に恋人を利用しようとした所、向こうも同じように仕事が忙しくて構ってもらえず

その事に腹を立てたお前は腹いせのためにソイツが傷つくような形で自殺未遂をし

もし何かの間違いで本当に死んだ時に確実に恋人を傷つけられるように恋人が原因であるかのような証拠を残し

更に念には念を入れ友人に遺書を託して死ぬアピールを徹底的にしておいたと

最低のクズだな。

何がクズって、お前のようなクズに付き合ってくれた周囲の人間への八つ当たりを正当な権利だと言い張っていることだ。

ストレスをぶつける相手がお前の親や上司や同僚やストレスの原因だというのならまだ話は通りうるが……

違うんだろう?

それなら何でわざわざ傷つける必要がある?

ただの自殺未遂で終わる予定だったんだろうが一歩間違えれば人生で一番最後の瞬間になる

なぜそのタイミングでわざわざお前みたいなクズ相手をしてくれた連中に爪痕を残す?

お前はクズだ。

何故、クズなのか。

それはお前がお前の承認欲求や歪んだプライドを最優先するような人間からだ。

他人大事にされない理由自分他人大事にしておらず利用することばかり考えていることにあることに気づいてないか認めていないかだからだ。

無意味に人を傷つけるな。

これは人間社会絶対的ルールだ。

わかったな。

無意味に人を傷つけるな。

それだけは守れ。

2017-11-17

自殺未遂をした

仕事が忙しく、経験たこと無いようなストレスと自信消失になった。恋人仕事が忙しいのかなかなか連絡がとれなかった。

恋人から既読無視がついた途端、とても落ち込んだ。支えが完全に無くなった気がした。死ぬことを決意した。

深夜に恋人へ別れを告げ、首吊り自殺について調べた。昼過ぎ遺書を書き、写真を撮って、念のために仲のいい友人に託した。

睡眠薬を6錠飲み、プレゼントするつもりで編んだネックウォーマーを自宅のつっぱり棒につけて、頭を通した。

苦しくない位置にかからないことと、睡眠薬による動悸、足がついてしまう高さということもあり、うまく死ねなかった。

家族帰宅したので、一旦首吊りセットを片付けた。

そわそわした。どこで吊るといいのか、電気ケーブルで吊れば死ねるのか、はやく死にたいとずっと思った。

仲のいい友人から制止する連絡が来ていた。嫌われていると思っていた恋人からは嫌いじゃないと言われた。本心偽善か分からない。

そのまま寝てしまい、朝を迎えていた。仲のいい友人は何人かに自分が死のうとしている事を話していた。

こうなったら後戻りは出来ない。死ぬしかない。そう思い、家族が去った後の家でふたたび首吊り自殺を試みた。

うまい位置に引っかかった。血流が止まり、顔がむくんでいく感覚がした。今度はいける。

そう思った瞬間、ネックウォーマーを首から外していた。虚無感があった。怖気付いたのかもしれない。

昨日までの高揚感がなくなっていた。

知人から連絡が来た。自分自殺未遂を起こして死ねなかったという話。今の自分と似た状況だったので思わず涙をポロポロこぼした。

どうすればいいのか分からなくなった。仲のいい友人に電話をした。後で折り返すと言われた。

無気力死ぬ気も失せてしまった自分はどうすればいいのか分からなくて、ひたすらぼーっと、虚しく掲げられたネックウォーマーを見ている。

死にたいのに死ねないし、今更ひょっこりと生き続けるのもダメだと思った。

2017-10-19

親が死ぬのは悲しいだろうが遺書はちゃんとしろ

こんな助言腐るほど世の中にあったのに、

行動しなかったのが俺の親な。

 

案の定、全く介護しなかったどころか、

顔すら一度も見に来なかった叔母が

遺産寄越せといってきてる状態

祖父が生きてたとき遺産なんていらないと言っていたのに、

死ぬと手のひらクルー

 

から遺書をしっかりしとけと経験者はみんないうんだよ。

俺の親の親だから黙ってたけど、

1度「法的な物をちゃんと作ったら?」といったら

「うーん・・・」みたいな生返事。

そりゃこうなりますわ。

 

今は叔母がうるさくいってくる愚痴を俺が黙ってウンウン聞いてますわ。

なんで年上ってアドバイス聞かないんだろうね。

2017-10-10

遺書の文面を考えながら通勤電車に乗っている。

三連休はとうとうなんにもできなかった。

文字通り、寝転がって息をしているだけで精一杯だった。

もうすぐ3ヶ月で買った電車の定期が切れる。

そのまえに私も死んでしまいたい気がする。期限切れだ。

と、私の友達が言ったなら、私はすぐさま退職を勧めると思う。

でもそのつぎは?

私はちっとも若くない。それでいて誇れるほどのスキルもない。

今の状況を打開できる能力根性もない私が、この先をどうする気なのだ

鬱病休職するのは簡単だ。でもそこから帰ってくる場所なんてない。

そもそもあの職場に居場所がないのに。

あのくだらない職場内の覇権争いにもう巻き込まれたくない。

今勢いの強いあの人の下で働くくらいなら死んだ方がましで(そもそも私のことは辞めさせたいだろう。ねちねちしたやり方でそれを実現しようとするだろう)、

かといって今の上司のことも全く尊敬できない。

苦し紛れに一度行った占いで、「周りが変わってくれるなんてことはない。自分から変わるのだ。」と言われた。

そういうもんかもと思う。でもできない。

なんだかもう疲れた

この先のことをなに一つ考えることができない。

遺書の内容を考える。

職場パソコンデスクトップにおいておく。

そのまま屋上にいって飛び降り

そのまえにいろんな人に謝らなきゃ、と頭をよぎる。

友達と一緒にいくつもりでとったチケット

出席することになっている結婚式

行けなくなってしまった、ごめんね、って連絡しなくてはいけない。

そうまで考えたら、それは悪いよな、って不意に思った。

麻の着物をもらったから夏まで生きるみたいに、

ささやかな楽しみを繋いでいる。

でもしんどい

それは悪いよな、好きな人たちに悲しんでほしくないな、という思いと

でとしんどい、もう無理、甘ったれ根性なしで構わないからもう降りたい、の狭間にいる。

もうすぐ乗り換え駅につく。

たぶん今日も私は死なない。

遺書の文案だけ延々と考えている。

2017-10-04

anond:20171004161922

死にたくないならとりあえず自殺した人の遺書は読まない方がいいと思う。

死に前向きな人が多いから感化されそう。

何か原因があるなら手近なものから取り組んで行こう。

2017-09-26

anond:20170926223546

谷山豊 - Wikipedia

10月には婚約が決まりプリンストン高等研究所から招聘を受けるが、その矢先の11月17日豊島区池袋の自宅アパートでガス自殺を遂げる。

その後、婚約者鈴木美佐子も、「彼の後を追う」という遺書を残して12月2日にガス自殺

谷山突然の死にショックを受け、遺族に頼み込んで彼の背広を譲り受けている。遺体発見された時、譲り受けた谷山の背広が傍にあったという。

2017-09-13

祖父遺言状

祖父病院で亡くなった。車に轢かれて頭を打ち、2年ほど植物状態になったあと肺炎で亡くなった。

祖父は常々子供迷惑を掛けたくないと言っていた。俺が植物状態になったら安楽死させてけれな!も元気に言っていた。ボケないよう新聞を読だりみんゴルしたり1万歩の散歩をしていた。あとから知ったが万が一のために延命治療をしないで欲しい旨の遺書も書いていたらしい。

だが安楽死はさせてあげられなかった。交通事故場合相手殺人犯になるから延命拒否は出来ないらしい。そんなバカな話があるだろうか。相手はもう事実上祖父を殺してる。

意識は戻らず床擦れはひどく、乾燥するから目玉に薬を塗る。タンの吸引は苦しそうだった。一生懸命看護したけど可哀想で見ていられなかった。こんな姿祖父も見られたくなかったと思う。

それがふと肺炎で亡くなった。法律なんかの話は親がやっているので聞いていない。

本人の意思無視してでも無駄延命治療をするのは正しいんだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん