「特権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特権とは

2018-09-19

駄目フェミニズム特有の、今まで冷遇されていたから今から特権を与えても良い、って理屈

塩酸が体にかかったか水酸化ナトリウム水溶液をかけて中和しました

みたいな危険さが有る

LGBTの」権利などいらない

なぜならLGBTは健常者と全く同じ権利を既に持っている。

これ以上は特権だ。

LGBTにだけそんなモノを与える理由はない。

anond:20180918222215

多分、これまで心を鍛えてこなかったんじゃないかな。

本当にヤバかったらやめるべきだけど、オススメは素直に鬱の診断書を貰って上司相談して休む。

新卒からそのくらいは許される。

プロジェクトから外してもらって、ゆっくりすればいい。

その後、ちょっとずつ負荷をかけて仕事というものに心を慣れさせていく。

今回のような感覚に近いたらまた休めばいい。悪化させるのが一番ダメ。心の病は治りにくくなるだけ。

しろ自分限界を知れてラッキーだったと思って仕事すればいいよ。

休めることこそがサラリーマン特権

anond:20180919115759

表現の自由」は他の人権侵害するような場合制限されるという、

社会形成のために、権利には優先順位がある」という法の論理あなたはわかっていないことが原因で、

あなたの言っている「健常者」ヘイトは、論理的におかしい。

論理的におかしいのはそっち。

健常者の「表現の自由」も人権だし、「職業選択の自由」も人権

そして健常者はお互いに非難肯定もある混沌の中で生きてるのに、

LGBT様だけはそれを「人権」を盾に禁じる。

他者人権侵害してるのはLGBT側。

と主張するのは「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」によって

世界的に合意されたことなので、あなたLGBTに対する主張はおかしい。

なんだ、ただの権威主義者か。

LGBTが健常者に対して特権化してることをおもんばからず、

機関名前だけ出して「おかしい」とか、論理のかけらもない。

実際には男性差別は世に氾濫しているが、国連がそれを何とかしてくれてるんですかね?

LGBTが健常者の権利を奪ったりいちゃもん訴訟を仕掛けて優秀な法学生の将来に汚点を残すことを抑制してくれるんですかね?

LGBTけが優位に立つ権利なんてあるわけねーだろ。

anond:20180919111636

交番警察官刺され死亡 仙台 | NHKニュース

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011635381000.html

corydalis お、さすが警察一般人が殺されようと我関せずとばかりに事態を見守るが、身内が殺されるとなれば躊躇なく特権武器使用して人殺すんだな。さすが公営ヤクザ[自民党の悪政]

2018-09-18

anond:20180918143816

俺もBLは「同性愛で悩む」というものより同性愛が当然であるというほうが大好きなのでそれでいいと思う。

まあどんな物語を書いてもいいんだけど、消費する側に特権性なんて無いよね。

社会正義を叫ぶひとに対する一抹の違和感

一言でまとめると「自分が支持し、主張する立場恣意性(非論理性)に無自覚人間が多すぎる」。

青識亜論まわりでいま丁度燃えているけど、個人的な印象論の範疇で言えば、フェミニストLGBT側の立場人間は、「自分他者を抑圧している可能性」というもの無自覚すぎるんですよ。

自分が、自分自身にとって大事だと思う権利を守るために、それを侵害する他者権利を抑圧する」、これ自体別に珍しくもなんともない。だけど、それを無自覚にやるのは流石に問題がある。丁度、「ラノベの表紙が気持ち悪い」「LGBT気持ち悪い」「殺人」を等価に置いた社会学者がいたよねという話題でもそれは結構散見される。

今更こんなことを言わなきゃいけないくらいに人類の知性は発展してこなかったんだという事実を目の当たりにするのは悲しいけれど、「論理的に等価である」というのは別に珍しくもなんともないんですよ。

LGBT気持ち悪いと思う権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと思う権利」も、誰にだってあるんです。

そこから一歩進んで、「LGBT気持ち悪いと発言する権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと発言する権利」も、誰にだってある。ただし、そこには発言したなりの責任が伴う。「LGBT気持ち悪い」と発言することによって、LGBTである人々を抑圧することはあるでしょう。それと同じことで、「ラノベの表紙が気持ち悪い」と発言することによって、ラノベの表紙を描くことをライフワークにしているイラストレーターさん・ラノベの表紙によって生きる糧を得ている人々(ざっくり言うと女性から切断された「キモくて金のないおっさん」を例に挙げておきますが、もっと単純にそれを単純に「いいイラストだなー」と思いながら受容する人々[男女問わない])を、抑圧することもあるでしょう。

そこは、何をどう解釈したとして、論理的に等価です。

では、その二つの何が違うかって、「何かを気持ち悪いと発言することで、どれだけの存在保護しようとしているのか。そうすることで、どれだけの存在を切り捨てることになるのか」という違いでしょう。

LGBTへのヘイト発言禁止することで救われるLGBT当事者気持ち価値は、LGBTへのヘイト発言禁止された人々の気持ち価値を上回る。LGBTに対するヘイト発言は、LGBT当事者を下手すると死にすら追いつめてしま可能性があるし、そういった想像は容易だからだ。

では、それと論理的に等価であるところの、「ラノベ気持ち悪いと発言する」ことの場合はどうなのか。ラノベ気持ち悪いと言われることで抑圧される対象は、発言を受けたことでLGBT当事者と同程度に守るべきなのか。これは個人的見解だが、同程度の重みを持たせることは、少なくとも想像範疇では難しいのではないかと考えている(これは、あくま個人想像範囲である)。

だけど、そこから一歩進んで、「気持ちいか規制すべき」という話になると、話は別だ。

LGBT気持ちいからその権利規制すべき」となったら、まあ、少なくない人間直感的におかしいと思うだろう。「気持ち悪い」という内心の権利を守るために、他者人権制限するというのは、保護法益バランスが全く取れていない。

では、「ラノベの表紙が気持ちいから、ラノベの表紙を制限すべき」という話になると、直感的におかしいと思う人が減る、という印象が、本増田にはある。減る理由はわかる。当事者属性の違いだ。LGBTである人々の存在は、少なから想像がつく。フェミニズムが守ろうとしている「女性」という存在も同様である。それに対して、「ラノベを表紙を制限することによって抑圧される人々」の存在がやや想像しづらいというのは、まあ、わからなくもない。

ラノベの表紙は「娯楽」である。娯楽に対して、LGBTというのは在り方そのものである。在り方そのものと、娯楽とであれば、そこの比重が異なるのはわかる。だが、世の中には、少数であっても、「ラノベの表紙を書くのが生業である人々」「ラノベによって救われている人々」が存在する筈なのだ。そこにあるのは、人類の数%(1億人近く)の権利を守るために、数千人の権利を縛るべきかどうか、という利益衡量の問題である人類の半分である女性権利を守るために、何千万人と存在するミソジニーな人々を抑圧すべきか。あるいは、女性権利を守るために、ラノベ関係する人々の権利を抑圧すべきか。

ここで本増田が言いたいのは、「お前の発言で抑圧される人々がいるから、ラノベの表紙を気持ち悪いと言うな」という話ではない。

現実世界において権利権利がぶつかるのは当然であって、そのような現実において、ある特定立場の人々を「守らない」という選択をするのは、仕方がないことだとは思う。だけど、その「守らない」という選択したことから目を背けるのは、誰がどう取り繕ったとしても、欺瞞しかありえない。

LGBT気持ち悪いと思ってしま人間にとって、それは仕方がないことだ。だが、発言した瞬間に、LGBTの人々を敵に回す覚悟必要だ。

それと同時に、ラノベの表紙を気持ち悪いと思う人間が、それを口に出し、主張する場合、「他人を抑圧する」という現実から目を背けてはならない。

況んや、「規制すべき」という話になると問題はかなりでかくなる。ここに来ると、「規制すべき」という形で、表現の自由問題が関わってくるからだ。

表現の自由」は、誰かが誰かから抑圧されないための権利である(それは主に公権力であることが多かったが、それ以外の私的権力からの抑圧を防ぐためでもあろう)。それは、どんな人間にとっても、本来的に備わっているものである、と法学人権定義をそのように構築してきた。それを制限するためには、それなりの整合性、具体的には「保護法益がどの程度大きなものなのか」を精緻検算しなければならないと、様々な判例の構築によってその線引きを見積もってきた。世の中の人々が考えている以上に、表現の自由ものすごく大きなものなのだ

それに対して、気軽に「ラノベの表紙が気持ちいからそれを制限しよう」と言い出す人たちは、その権利の重さをどの程度理解しているのだろう。「ラノベの表紙が女性扇情的に描くことで、女性蔑視・女性の「モノ化」・男尊女卑的な観念等を強化する」というのは理解できる。そして、それを守ることがそもそも男尊女卑的な、フェミニズム批判し続けてきた構造権力を強化するから全く擁護できない、という話もわかる。

だけど、それを主張することで、逆に自分たちが誰かを抑圧する可能性について無自覚か、目を背けているひとが多すぎやしないだろうか。

最悪、抑圧が発生するのはいいよ。民主主義ってもの絶対に少数派の意見を切り捨てる(厳密に言えば、多数派は少数派の意見を最大限聞かなくちゃいけないのだが、本題から逸れるので一旦措く)ので、仕方がない、避けようがない部分もあろう。でも、「そもそも自分たちは誰も抑圧していない」と言いはじめるのは、何か違うんじゃないか

俺が、青識亜論は少しむかつくけどそれ以上に彼を擁護したくなるのは、それが原因だ。青識亜論は特権性について何度も言及していた。市民社会において、どのプレイヤーも、プレイヤーとしては等価な筈なんですよ。市民市民を抑圧することはできない。市民は抑圧に対して抑圧に反発する権利がある。その権利が、あたか存在しないようにふるまう少数派が多すぎる。

せめて、「私は少数派の権利を守るために多数派権利を抑圧する立場に立ちます」くらいの大上段はふるってほしいものだ。本増田はその権利を守る。

十数年前にも「BLは傷ついた性のためのもの」みたいなことを801ちゃんが言ってたけど

女の人がBLに対して抱いている特権性はなんなんだろうな

傷ついた性ってなんだよと

現実の性に関わることへ忌避感がある、というのならエロマンガだって同列のものなんだよな

十数年前はコミケオナホを売ったことに激怒していたけど、あれも子供出汁批判してたな

エロパロ同人文句を言わなきゃ筋が通らねえよなあ

2018-09-17

陰キャハロウィン

私の学校私服女子校なので、ハロウィン当日の昼休み放課後仮装をした女子廊下が埋まる。みんな各々着飾ってメイクもして、王道ハロウィンコスからアニメキャラまで千差万別かわいいコスプレで友達写真を撮ってはしゃいでいる。

私は「そうじゃない」側の人間だ。友達からもらったお菓子を食べながらがらんとした教室スマホを弄ってる方。陰キャの中の陰キャ

別にからっていじめられたり差別されたりするわけじゃないし、私もそれなりに満足していたけど、いままでずっとそっち側だったか最後くらいハロウィン仮装をしたい、はしゃぎたい、という気持ちが湧いてきた。

でもそれは私にとって「選ばれし方」の特権だ。そこまでかわいくない、友達も大していない女が変にかわいいコスプレとかするの、イタくない?という変な自意識が働いて、まだ衣装すら買えずにいる。さりとてネタに走って笑いを取れるほどの面白さもなく、カワイさと面白さで完全に板挟みだ。

本当はみんなそんなに気にしてないって分かってるけど。多分そんなに悲惨なことにはならないんだけど。でも気にしてしまう。あ〜どうしよ。

2018-09-16

杉田水脈氏への批判は「見当外れ」 新潮45掲載

朝日新聞デジタル http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL9J61VWL9JUCVL00M.html

18日発売の10月号では、8月号に掲載された杉田氏の寄稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」について、「見当外れの大バッシングに見舞われた」と説明。「特別企画」とうたった1ページ目に、「主要メディア戦時下さながらに杉田攻撃一色に」染まったと書き、「LGB当事者の声も含め、真っ当な議論きっかけとなる論考」を届けるとしている。

新潮45 2018年10月http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/

特別企画】そんなにおかしいか杉田水脈」論文

8月号の特集日本を不幸にする『朝日新聞』」の中の一本、杉田水脈氏の「『LGBT支援の度が過ぎる」が、見当外れの大バッシングに見舞われた。主要メディア戦時下さながらに杉田攻撃一色に染まり、そこには冷静さのカケラもなかった。あの記事をどう読むべきなのか。LGBT当事者の声も含め、真っ当な議論きっかけとなる論考をお届けする。

LGBTと「生産性」の意味藤岡信勝

政治は「生きづらさ」という主観を救えない/小川榮太郎

特権ではなく「フェアな社会」を求む/松浦大悟

騒動火付け役尾辻かな子」の欺瞞/かずと

杉田議員を脅威とする「偽リベラル」の反発/八幡和郎

◆寛容さを求める不寛容な人々/KAZUYA

◆「凶悪殺人犯」扱いしたNHKの「人格攻撃」/潮匡人

朝日新聞記事がここ省略してるからフフッとなる

8月号の特集日本を不幸にする『朝日新聞』」の中の一本

2018-09-14

メンヘラ美人特権

メンヘラには美人が、かわいい子が多い。と、よく言われるが、かわいい子が美人が多いんじゃなくて、容姿の優れている精神弱者、異常者を「メンヘラ」と呼んで愛でているだけではないかと思った。

最近試しに、メンヘラと呼ばれている人々のTwitterblogを覗き見してたのだが、私にとって共感できるところが多かった。ただ、口に、文字に出すのが恥ずかしい。心の奥底にそっとしまいこんでおきたい感情でいっぱいだ!!

メンヘラは大体が似たような内容を投稿しているのだが、かわいい人には、いいね!が沢山つき、そうでない人はスルーされているのをよく見かけて悲しくなる。

メンヘラツイートしてちやほやされたい!心配してもらいたい!と思うのだが、そう思ったときは化粧を落として全裸になった自分を思い出すようにしている。

腐ったトドのような自分精神の弱さをぶちまけたところで、踏まれて「ぐえっ」てなって終わりだからなー。と思っております

2018-09-11

頑張れることも努力できることも全部運で得たものなのに、皆なんで自分のおかげだと思ってるのか

「やりたいことが明確じゃないとどこに就職するのも厳しいですね〜」

ってキャリアアドバイザーに言われた。

みんなそんなものあるの?

なくてもあるフリ出来てるの?

やりたいことなんかねーよ。

なるべくいい条件の会社に入って、自分が心地いいと思える環境で働きたい。それだけ。

「これがやりたい、こうなりたい」が決まってる人がうらやましい。

ここまで生きてきてそんなもの一度も思い描いたことないやつが、今から考えろって言われたって無理に決まってる。

なんでやりたいことが決まってるような恵まれた人しか幸せになれないんだ?

全部は運だろ。考え方だってなんだって全部運で決まってる。

努力とか言えるやつは自分が運良く努力できるようになったことすら理解してないだけ。

ひどい環境から這い上がって〜とか言ってるやつも、そうできるタイミングや人や環境に偶然恵まれたからだ。

なんで頑張ってるやつは、頑張れてることを自分能力努力のおかげだと思ってるんだ?

全部運だろ。

なんで夢を持てること、なりたい自分を思い描けることが恵まれてる人の特権だと気づいてないんだ?

なんで頑張れない努力できないやつは怠惰からで、自分ができてるのは自分努力のおかげなんだ?俺にはわからない。

2018-09-10

anond:20180910115210

「混雑解消」はもちろん重大な案件だし、当然求めてるところではあるが「男性差別」の解消が先。

それは別の問題から。(混雑してるからと言って男性差別してよいわけではない。)

なにより「女性専用車両」という特権を一度手に入れた女性が混雑解消くらいで手放すとは思えない。

社会学とは

たまたま目についた話題芸術パフォーマンスニュース全般などについて、前後関係当事者の考えなど一切考慮に入れず、差別マイノリティ、GLBTQ、ジェンダー等々の言葉を散りばめた文脈で絡め取って、もっともらしく仕立てることで、研究者専門家と名乗れる簡単なガクモンのこと。なお、自身行使する研究者として対象を見下げる差別性、暴力性については研究者特権無罪とされる。

2018-09-07

anond:20180905081802

上司が若かった頃は、そういう理屈が成り立っていた。その代わり、管理職への出世などで男性優遇されていた。

まあわかる。リスクリターンが両方あるからな。

男性差別だ!」と言う人々は、そういう点に気付いていないかスルーする

そして「管理職女性が増えればこういうこともなくなりますよ」と言えば、また「女性優遇だ!男性差別が!」と叫ぶ。

これは意味不明

管理職女性が増えればこういうこともなくなりますよ」に何の説得力もない。

最悪、「出世での優遇」というリターンを失ってリスクだけ追う羽目になる。

そしておフェミのいうことは「男性女性を守るべき」。リスクだけ負わす気満々じゃん?

男性差別である女性専用車両みたいなのがまかり通ってる時点で「男性女性のために我慢すべき」という風潮(=リスク)が残ってるのが丸わかり。

そんな状況でのクォータ制導入は男性差別女性特権しか言いようがない。

差別存在する現状を是正するために必要措置を「差別」と批判することは、現状(すなわち差別状態)の維持を希望することになるので、つまりそれ自体差別なんだよ。

差別存在する現状を是正するために必要措置」が差別内包されてるときは「差別」と非難されるのが当たり前。

なぜならそれも差別から

是正必要だ」と思うのなら差別にならない方法でどうぞ

anond:20180907132452

釣りが来るのってぼっとんの特権だっけ?

2018-09-02

イラク人にできることを、なぜ我々はできないのか!

米軍蛮行は古くから目に余るものであった。例えば、占領下における大森中村病院事件など陰惨な事件占領期に多発していた。

特に沖縄においては、長きにわたる占領現在に至るまで駐留する米兵が多いことから、そのような事件が散発的に発生している。

本日Twitterを見ていたところ、このような話が流れてきた。

「ヒットエンドラン

 米本国に帰還する直前に、沖縄女性強姦して逃げ帰ることを #ヒットエンドラン と呼び兵士の間で流行していたのだと。本日地元紙に警察OB投稿してくれた。

https://twitter.com/okinawaot/status/1036070582704455680

はっきり言って、怒り心頭になる話である。到底許しがたい。

しかも、現在に至るまで、日米地位協定により米兵は、司法上の優越を保持し、適当処罰が加えられていない。様々な特権により、刑務所での待遇ですら優越している。

なぜ、米兵はこのようなふざけた真似を繰り返し、かつ米軍有効対策を打てずにいるのか。端的に言えば、なめてかかっているからではないのか。

イラクでは日々IEDが炸裂し、米兵毎日死傷している。ベトナムでも手りゅう弾自爆する女や子供は常に存在した。

もし「平和的なデモ」程度のものしか反発が無いのであれば、当局は決して真面目に対策を打とうとは思わないだろう。別に対応をしなくても痛くもかゆくもないからだ。

米兵犯罪を犯せば、別の米兵家族を同じ目に合わせてやろう。それが続けば嫌でも対策を打つしかなくなる。少なくとも、沖縄の人々にはそれをする正当な権利がある。

このような占領軍に対する抵抗は、犯罪行為ではなく、正当な戦争行動であり、正当な対抗策であるのだ。

あいつらに、思い知らせてやるのだ。

2018-08-27

anond:20180825010609

まず、過去にあまたある、「入れ墨」が日本で威嚇的に用いられてきた歴史無視して、「少なくとも私は…ない」というたった一つの事例は、反証にはならない。特に「ない」ことを証明する場合。ああヤクザに脅されたことないんだよかったね、としか言えない。ちなみに、ヤクザに脅されることは、普通仕事ではあまりないだろうが、私はある。某地方都市とある風俗関係店で受付バイトしたとき経験した。「ああこういう界隈には映画でみる『脅し』って今でもあるんだー」という印象。少し上の人による「穏やかな口調の恫喝」、その後のチンピラの「軽い嫌がらせ」までは絵に描いたような展開だった。小競り合いはその後上の方で片付いたらしい。一年でそのバイトやめて引っ越したからよく知らないけど。世の中にたくさんある事例、たとえば企業ヤクザ関係で起きる壮絶な事例に較べればゴミみたいな経験に過ぎないが、ヤクザという存在とセットでの「入れ墨」の威嚇効果は決して無視できるものではないよ。


また、妥協案としてのタトゥーシールに賛成しない人が多いところを見ると、結局「体を傷つける」「引き返せない」「覚悟」みたいなものに(あのりゅうちぇるでさえも)タトゥーをする人の多くは魅力を感じているのだろう。だとしたら、申し訳ないがその「覚悟」をハタにみせびらかす行為が、周囲からすれば大変「重く」感じられるものだし、そういう「重い」行為によって「オレは周囲と違うんだぜ」アピールすること自体が「粋がった」行為、つまり「イキリ」そのものと見られるのを否定するのはかなり難しいと思う。タトゥーを入れる気持ちは「イキリ」ではない、そんな感情は毛ほどもない、と否定できる根拠ってむしろなのだろう?

正直なところりゅうちぇるも含め、タトゥー偏見もたないでと訴える人は、たとえばips細胞医療の発達などにより皮膚再生簡単になってタトゥーが「無痛・気軽に描いて消せる」時代が到来し、まさにタトゥーが「普通」になる時代が到来したら、どんな態度をとるのだろうか。彼らはそういう、覚悟いらず不可逆でもなくタトゥーなんて全然特別ものでないような時代(そういう時代になれば、りゅうちぇるが言うような「偏見」はなくなるだろう)が本当に到来してほしいのだろうか? 本当に? 彼らが愛しているのは本当に「タトゥー」そのものなのか? それとも「イキリ行為のためのちょっとした手段なのだろうか? 反論があればぜひお願いしたい。


そして、反論待たずに決めつけるようで申し訳ないが、そうやってタトゥーを「イキリ行為の便利な道具」と考える人がいる限り、タトゥーへの「偏見」とやらが消えることはないのではないかと思うし、そして、その「偏見」は、偏見を「持つ側」の問題によって維持されているのではなく、実は偏見を「持たれる側」との共犯関係によって維持されているのではないかと私は考えている。そういうわけで、タトゥーへの偏見問題視するなら、まずタトゥーを入れる側のそういう「特権意識自体を鋭く自省すべきだと思う。もしこの先、「タトゥーすげえだろ」と言う人がこの世から消えて、「タトゥー? あ、こんなん全然大したもんじゃないですーw」と言う人ばかりになったら、タトゥーへの偏見とやらも少しマシになるだろう。そういう時代が来て欲しいという話なら、少しは理解できなくはないけど。

2018-08-24

anond:20180824144901

一般人王族を同じソーシャリティの中に混ぜ込むなと、君は!

マジレスすると、その王子自分臣下がある日オシャレな刺青してきたらその日のうちにその臣下首にするはずだぞ。「刺青してもいいのは俺らの特権」的な考え方だからな、そういうのは。

anond:20180824132103

そもそももとはといえば非LGBT相手だって勝手に嗜好やら告白の失敗やら言いふらして回るのをやめたほうがいいのでわってことであって

ここまでくると対象LGBT以外の人の人権問題なんだから別にそれが守られることでLGBT特権になんてならないんじゃないの

健常者はそういうリスクすら呑みこんで暮らしてるのに、

件のLGBT恋愛告白よりもさらに大きな秘密一方的告白して、その秘密の厳守を要求したんだぞ?

仮に「告白の失敗は言いふらさない」規範ができたとしても、LGBTはその正体をバラされないという特権を同時に手に入れることになる。


しろLGBT限定でそういう攻撃から逃れられるというのであれば特権みたくなってしまうからこそ、

LGBT以外の人への攻撃もやめたらいいのにって言われたというものなんじゃなかとも思うし。

裁判を起こしたLGBT関係者がそんなこと言ってましたか

連中はLGBTに逆らう健常者を見せしめ血祭りに上げたいだけ

anond:20180824115417

そもそももとはといえば非LGBT相手だって勝手に嗜好やら告白の失敗やら言いふらして回るのをやめたほうがいいのでわってことであって

ここまでくると対象LGBT以外の人の人権問題なんだから別にそれが守られることでLGBT特権になんてならないんじゃないの

しろLGBT限定でそういう攻撃から逃れられるというのであれば特権みたくなってしまうからこそ、

LGBT以外の人への攻撃もやめたらいいのにって言われたというものなんじゃなかとも思うし。

anond:20180823162846

タトゥー擁護派、文化から認めろ派、タトゥーが威嚇にならない社会の風潮になって欲しい派、に提案なんだけど、『ぱっと見ただけでは分からない、付けやすくはがしやす精巧タトゥーシールを開発して流行らせまくれば良くね?

 「入れ墨なの?」「ううん、シールだよ(ペリペリ」

…ってやりとりが普通になれば、町ゆく人がタトゥーしてても「あー、シールなんだあ」で済むやん? 威嚇とか言われんし普通な雰囲気になるやん? どうかな。





…さて、これを見た擁護派で、「それはい提案だなぁ」と素直に思った人は、確かにタトゥーファッションの一つ、と捉えてると言えると思うんだよね。素直にタトゥーが綺麗だと思って好きで擁護したいのだね。なるほど。そういう人は、ぜひこの提案一口噛んで、タトゥー(っぽい何か)=普通、となる社会の実現に力を貸して欲しい。でも「いちいちはがすのめんどいぜ」とか、何かしら理由をつけて否定した人は、実は「身体加工は特別神聖な何かでシール(なんか)とは違う」という特権意識をもってタトゥーを捉えているということになるんじゃないかな。それなら、実はその特権意識タトゥーを入れてるオレ/アタシすげーって意識)こそが、裏を返せば他者への威嚇、と言われていることに気付くべきだと思うね。



ちなみに私はタトゥー否定派です。「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」と思っているから、「たかが見た目」のことで、自分身体に取り返しのつかない加工をしたいとは思わない。タトゥーしている人を見ると、「ああ、今ある自分をそのまま肯定できない心の病んだ人なんやなあ」という目で見ているよ。だからシールならまあええんちゃう? とは思う。つまりファッションとしてのタトゥーシール」は許容できる。この辺が、タトゥー賛成派・否定派の落としどころじゃないかと思うんだけどね。

2018-08-21

anond:20180821105129

だわな。

ということは、本当に自分の着想に基づく研究開発はアカデミックのやつの特権だな。

俺みたいな平民が狙うものじゃない。

2018-08-19

anond:20180819023849

これ読んで何だかもやあ~っとしてたんだけど、アレだ。

自分は「ゲイ」と言う弱者だとは思ってるようだけど、「男」と言う強者特権を持ってる事は意識してないからだ。

子供欲しいと呑気に言ってるけど、子供を産んだら健康を損ねたり失業したりその後の自由が何十年と失われる、って事は一切想定してないからだ。

親御さん世代もさ、息子なら呑気に孫欲しいと言うけど、娘だと言わなかったりするよね。

それで娘が体調崩したり失業したり、でなければ仕事あるから子供を親に丸投げしてたり、

下手すりゃ子供押し付けられて離婚してシングルマザーで苦労してたり、ってケースを周りで散々見てるから

娘が健康で、元々働きたがらず専業主婦で満足で、でも裕福で幸せ子育てしてる、ケースの方が世の中少ないのを

今時のまともな親なら知ってるから

(娘の今後の人生気持ちもどうでもいい、孫という老後の娯楽を寄越せ、ってだけの毒親なら別だけど)

でも息子なら関係ないものね。産むのも育てるのも嫁という赤の他人であって息子の生活は変わらんし、赤の他人の事なんかどうでもいいし。

つーか子持ちを尊敬してるというけど、それ「ゲイ結婚できなくても健気に生きてるから尊敬してるよ」とノンケが言うのとどう違うの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん