「通用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 通用とは

2020-05-31

無関心でいる権利言及しない自由

「無関心でいることは悪への加担」みたいな物言いには断固として抵抗する。ビリーアイリッシュまでこんなこと言い出したのにはガッカリした。

口を塞ぐよりも無理矢理口を開かせる方がよっぽど悪質な暴力だ。何が正義かは自分で決める。誰かから「これが正義だ、この正義賛同しない奴は悪だ」と言われる筋合いはない。自分でモノを考えようとする人間なら当然のことだ。

「無関心でいる間に傷ついてる人がいる」のは仕方ない。それは関心を持って発言した結果、逆に誰かを傷つける可能性を無視しているだけだ。何かを言っても言わなくても、誰かを傷つける可能性は常にある。

「無関心は罪」ってのは「運動」の理論なんだよ。「運動はいつも参加しない人を「悪」にする。逆に言えば、「運動」に参加しない人を「悪」にするのは「運動」の参加者だけ。内輪でしか通用しない理屈に騙されるな。

anond:20200531214043

松本とかも一緒なんだけどさ、毒舌悪口通用するのは弱者からなんだよ

山里結婚して稼げるようになって、ベテランの域に達してしまうと、もう悪口毒舌に笑えなくなるんだよ

魔法使い童貞が「くそてめえらもげろ!」と言っても笑えるけど、年収千万妻子持ちベテランが「てめえらもげろ!」とか言ったらそれはパワハラになるんだよ

でもこういう毒舌芸でのし上がってきた人は、もうそれが使えなくなるって実感がないんだよね

昔みたいにみんな笑ってくれると思ってる

山里結婚した時がもう終わりだった

結婚したら現代では強者だ。その時点で弱者のフリして他人罵倒する芸は使えなくなってたんだよ、ただの説教恫喝しかない

TBSラジオ山里亮太の不毛な議論 2020年05月27日放送分について

TBSラジオ山里亮太の不毛な議論2020年05月27日放送分の冒頭15分で

木村花さんの死とSNS攻撃された自分体験について語り

「今回のことは、僕は一生思っていきますし、考え続けます」と締めた。

ただ、この放送自体賛否両論で、

番組山里自身木村さんを揶揄するコメントをしていた加害性やその謝罪については一切触れず、

同じSNS攻撃被害を受けた立場として第三者的に話したのが悪い印象を与えたようだ。

自分感想としても、この放送は失敗だったと思う。

まずは放送時間全部使って木村さんのことや自分のことについて語るべきだった。

テレビ放送に乗らなかった木村さんの印象や思い出をスタジオメンバーからこそ知る話として

たくさん語ってほしかった。

山里言葉センスは、悪口自己卑下で笑いを取るときだけじゃなく、悲しんだり、悔やんだり、

思い出を語ったりするするときにも発揮されることを示してほしかった。

山里自身も多くのスタッフ家族を支えている立場上、自分責任と言い切って謝罪するのが難しいのはわかる。

からもっと主観的自分の中の喪失感、罪悪感や、今の芸風についてこの機会に素の状態で話してほしかった。

絶対に素を見せない山里からこそ、今回一度だけ素顔を出してほしかった。

弱者クズキャラで巧みに悪口を言う芸風を確立したのは確かにすごい。

それを若林には「マウントをとらせて下から関節を決める」なんて言われていたが

その若林がうまく弱者キャラを脱していったのを見ていてどう思ったのか。

山里が次第に人気者になり後輩も出てきて結婚もしてどんどん強者になっていくうちに

悪口芸がパワハラに見えて通用しなくなってきた実感は、空気に敏感な山里本人も絶対感じていたと思う。

ましてやプロタレントでもない出演者に、反論されない場所から悪口を言うテラスハウスで、

バランス役の徳井がいなくなった空気の悪さは絶対に誰よりも感じていたはず。

そういう葛藤ラジオ吐露することはできなかったのか。

またNSC時代から今の芸風を確立する間には、様々な試行錯誤があったはずで

そういう今の山里ができあがる過程を振り返る良い機会だったかと思う。

悪口芸にしても先輩に怒られたり、素人をいじりすぎたりした失敗が多数あったはずで

ずっとやってきた中で自分なりの踏み越えてはいけない一線があったはず。

それを今回踏み越えてしまったのではないかという自問自答を言葉にできたのでは。

そして今後誰かの悪口陰湿に言う芸ではもう笑いはとれなくなってしまったと思う。

それもわかっているなら、自分から今日限りでクズキャラ悪口芸はやめると言っても良かったと思う。

いままでこれ一本でやってきたしすぐには切り替えられないかもしれないが

これから誰かを傷つけるような悪口で笑いを取ることをやめるよう努力し続けると宣言すれば

みんな山里応援していこうという空気になったはず。

それが今回の件を一生考え続けるということだと思う。

※このエントリーは他の場所に書いた内容に加筆したものです

2020-05-30

警察の服を着ているだけで喧嘩になるということが分かっていない

  警察の服を着ているというだけで嫌悪感がある。もちろん、警視庁背広を着ている警察課長とか局長

   仮に警察の服を着ていても、警視総監とか警察庁長官が出てくればまだ話は分かる。しかし、最悪なのは警察の服を着ていて

しか階級警部以下の者。この種類の人間のしてくることや気持ち悪さには常軌を逸するものがある。

   現在東京都内で暴れている警察官というのは、いかつい男で、正論通用しない、自転車に乗った警部補以下の階級気持ち悪い男だ。

 しかも非常にしつこい。

    例えば、自転車ライトをつけろなどと指導してくる巡査の横に、東京簡易裁判所裁判官がいて、当該指導の是非に関して、簡易裁判所裁判官

判断してくれて、裁判官が、警察官に対し、そんなことはしなくていいよ、と判断してくれれば人気も出るが、当然そんなことはしない。

   交番に、警部ではなく、署長が出てきて、署長から説明があるか、もしくは、警視庁教養課長から説明があれば納得もいく。

    一番いいのは、交番に、東京大学の行政法刑事訴訟法先生が来て話をしてくれることだ。しかしそういうことは絶対にない。とにかく気持ち悪い。

 

2020-05-29

この世界は誰かのもの

この世界は何を目的にしてるのか。

そもそも、今当たり前にある概念

距離という概念

時間という概念

生物が営んでいるという概念

全ては、ひとまずはこの地球上でしか通用しない。また、宇宙の中に、ひょっとしたら地球と同等の惑星があって、地球と同じ概念のもと営みが進んでいるかもしれない。

しかし、宇宙という概念自体も、ただの概念であって、それを凌駕する何かがあるとしたら。

距離時間生物といった概念はなく、我々が理解不能世界があるとしたら。

我々は子孫を残して次世代に繋げていくが、それは何のためなんだろう。

必死バトンを繋ぐことをDNAインプットされてるのは、何かのレースのためとしか思えない。

そう、レースとは、その理解不能世界を暴くためのもの

うまくまとまらない、とにかく、今のこの世界はただの1世界であって、他にも想像がつかない世界パラレル存在してて、それらの世界をまとめる大元がいる気がしてならない。マトリックス世界観とは違うが、強いて言えば、マトリックスエージェントたちよりも上位に世界がある感じ。

何か、このよくわからない疑問のヒントになるような書籍とかないですかね?

今考えるとひどかった少年期の思い出

家はクソ田舎で育った母子家庭なんだけど、

母親が夜の仕事に行ってて夕飯の時間に居ないなんてことは毎日だった。

必然的に夕飯の買い出しも子供だけで行うのだが、金を持たされず

「ツケで買ってきて」

と言われる。飲み屋おっさんがよく言うあれだ。今でも言うやつがいるのかわからないが。

当時は言葉意味全然しらなかったから、適当食材選んで元気に

「ツケで!!」

という。店のババアはどんな気持ちだったんだろう。親は本当に払いにいってたんだろうか。

つうか普通、親が子供にツケで店のもの買わせるか?

田舎でそこそこ狭い村社会から通用した荒業だが、今思い返しても我ながらひどい思い出だと思う。

anond:20200529002322

その当たり前は30〜40代日本人というせっまいせっまい界隈のガラパゴス常識なので、それ以外の若年層日本人、大抵の外国人には通用しないよ。

本来は◯◯だったのに〜ってそれ世界の中でコップの中のように狭い世界だけの話だから

2020-05-28

工藤忍がダサすぎるから応援したい話

(この文章は、現実に行われたボイスオーディションでのアイマスP達の頑張りとそれによる結果とは全く関係なく、シンデレラガールズ中世界において似たようなオーディションが行われ、似たような結果となったテイで書いています。)

現実工藤忍Pを傷つけたりする意図は全くありません。いや嘘です。おそらく多少なりとも傷つくだろうなと分かって、でも今自分気持ちを形にしたいエゴを優先して書いています。)

(また、ここに書いたアイドル描写には、多分に私の妄想が含まれますので予めご承知おきください。)

工藤忍がりんごアイドルとしての知名度で辻野あかりに完敗してる現状、マジでダサすぎて好き。


辻野あかりが初めて出てきた時、「山形出身の子かぁ…りんごアイドルの先輩として、いろいろ教えてあげないとね!」みたいな顔をお前はしてたよな。

それを何だお前!今はもうりんごアイドルといえば辻野あかり辻野あかり辻野あかりじゃねーか、見ろこの現状!なーーーにが「よろりんご!」だお前、よろりんごされる側は今やお前なんだよ!!!


ぶっちゃけちゃうけどさ、お前はファンから何となくりんごアイドルとして認知されてきた今までが甘えだったのでは?

青森りんご農家(青果店だっけ?)出身だし、りんごアイドルとしてやっていけるかなぁ」みたいな顔だけして、お前は大してりんごアイドルとしてのアピールもしてなかったじゃねえか!

大体お前はその実家を捨ててアイドルになるために東京を選んだ女だろ!一度実家アイドルとして認めてもらったからって、今さら青森代表ですみたいなツラをするのはどうかと思うよ!


いやわかる、わかるよ。「努力だけは誰にも負けない!」って言ってたお前でも、「りんごアイドルです」ってアピールしまくる方向の努力だけはなんか封印してたんだろ?

さっき俺が言ったように、今さら実家の力を借りる後ろめたさがお前にもあったんだろ?自分だけの力でやってやるんだって、そういう気持ちがあったんだろ?

………いや前言撤回、単にりんごで被せてくるやつが今まで居なかったから甘えてたって方が大きいな。

その証拠にお前の勝負衣裳(注:SSR)は綺麗なりんご色だもんな…微妙りんごブランドに頼ってるもんな…



アイドルとしての才能、自分以上の実力…そういったものにお前が負けたことは今まで何度となくあった。少なくとも、それらを理由自分を納得させ、努力すればきっと…って自分を奮い立たせられた。

でもさ、今回ばかりはそういう言い訳マジで通用しないんだよ。

なぜなら辻野あかりは、自分と同じように何も持たずに東京に出て来た田舎者で、特別な才能もなくて、いやむしろりんご生産量で言えば自分のほうが勝ってて…

ただ一つ自分と明らかに違うのは、辻野あかりは「実家の両親の期待に応えるために」精一杯頑張ったってこと。

そう、「両親のために」って言う、工藤忍が、自ら最初の段階で封印した選択肢なんだよ。

他のどんな理由でもなく、自称努力アイドル工藤忍がやらなかった努力を辻野あかりがやった。その結果として栄光を掴んだんだよ。

努力アイドルでもりんごアイドルとしても完敗したんだよ。

今ごろあかりの両親は大喜びだぞきっと。あかりは発表を聞いた瞬間、両親に真っ先に電話しただろうな。「私やったよ、お父さんお母さん!!」………



…………………今の状況の工藤忍、たぶん過去一番でめちゃくちゃダサくない?

たぶん俺が工藤忍なら、布団を引っ被って泣いてる。

今このタイミング実家から電話がかかってきたら絶対嫌だから携帯の電源も落としてる。

あかりちゃんは精一杯頑張っただけだし、それにいい子だしさ、あと後輩だし……その子嫉妬してる自分ってなんなの?って思うでしょ。

かといって、おめでとうって強がることも、悔しいって誰かに言うこともできない。そんな資格自分に無いって感じてしまうからね。

友達が訪ねて来ても、今だけはたぶん誰にも会わないだろうな。会えないでしょ、無理でしょ。


自分は「努力アイドル」でも「りんごアイドル」でもなく、そうやって自分を騙して何とか踏ん張ってただけの、ただのどこにでもいる普通女の子なんだなあ…とかさ、

そんな、最初からわかってたことを今さらぐるぐる考えてしまうんだろうな。



とか、そういうことを想像したらさぁ…なんか良くわかんないけど工藤忍を応援したくなっちゃった

で、Twitterでなんか言おうとしたけど、どういう風に言っても絶対炎上しそうだからこっちに書いた。

俺が夢見りあむだったら、「工藤ちゃん、ダサすぎる……」って書き込んで炎上したあげくに工藤忍本人にも秒でブロックされてたと思う。

(注:ダサすぎる=自分勝手投影して見てて泣きたくなるし、ここから絶対頑張ってほしいの意)


ということで、来年のボイスオーディション工藤ちゃんを精一杯応援したいと思います

工藤忍は来年総選挙無理だと思うなぁ」とも呟こうとしたけど、それも炎上しそうだからやめておきます

(注:総選挙無理=まずボイスオーディション一点集中で多くの人に声や歌を届けて知ってもらってからシンデレラガールを目指した方が良いと思うよ!の意)

anond:20200528114219

整形にカチンとはきてないですね。

自分容姿がよくないことを正当化する人のテンプレ行動として、他人の整形認定や整形叩きがとても多いなってだけです。

あとはヘアメイクネイルバカにしてて、「ネイルなんか男は誰も気にしない。女の自己満足。」みたいなことを言ってる男に同調するっていうのもこういう女のあるあるです。

容姿メンテナンスに割く手間がないぶん、有資格の士業や大手企業総合職キャリア女性だったりしたら尊敬できるものの、別にそういう優秀さもないんですよね。

というか優秀な女性は器用なので、片手間で容姿メンテもできてしまうんですよね。

なんか妙に整形認定したり、容姿に手間かけることに敵愾心持つタイプ女性の強みがどこかって、とくに見つからないんです。

から謙虚さやハードルの低さを強調して、非モテ男に見つけてもらうしかない。

容姿強者女性よりも、キャリア強者女性よりも、よほど「膣」の引きだけで勝負しているのに、なんか賢い女?中身がある女?みたいな風情を出してくるのがなんなんだろうって思いますね。

お前の唯一の優位性は膣だよ、だから若い頃に男が優しくしてくれるだけで、膣パワーが通用しない女のコミュニティはいつもないがしろスルーされるんだよって。

2020-05-27

東京警察官って本当に気持ち悪いな

  まず姿かたちが日本人じゃないし、男だし、膣らしいところがなく、当たり前の話も通用しなさそうなツラをしているのが腹が立つ上

   必死だしうざいししつこいし存在自体気持ち悪い。バカだし人間性は感じられない。

    人の話も聞かないし、話をしても黙っているし、最悪この上ない。

    ああい存在税金担保しているこの法治国家が終わっている上に、ああい警察行政法最高裁形成する社会通念にも従わず

勝手仕事をしているゴミクズは許し難い。

    当然、警察署では行政書類が書かれており、警部補らはそれに基づいて行動しなければならないが、現在都内の警邏の者は行政法に従っていないし

警視総監も知っていて知らんふり。

   ゴミクズ以下だな。

岡村発言の件で、ある人が岡村氏のことを「彼」と表現しているのを見て、非常に何とも言えぬ違和感を感じた。

別にこの事を批判とか非難したいのではない。

言葉の使い方というものが、そんな形で私自身に染み付いているのだと自覚しただけである

目上の人には「様」、それ以外の人には「さん」、後輩や部下には「くん」など、呼び方ひとつ身分制度を発生させてしまう。

「お前は」などと呼ばれた日にゃぁ「てめぇは何様だ?」と反発も感じる。

増田」はその点、微塵たりとも身分制度を発生させないのでなかなか気に入ってるが、そんな事はここでしか通用しない話なのでどうでもいい。

でも「彼」という用語に対する違和感って一体何なのだろうと考えて、例えば「私の彼ったらさぁ」という場合に、そこになんとなく「支配」感を感じるのは私だけであろうか。

「俺の彼女はさぁ」とでもなると、「彼」に「女」が加わって差別感はやや増大する。

ともあれ、「彼」という呼び方はそれを使う話者を上の立場にして、呼ばれた方は下の立場になるというのはどうも感覚的に合っている気がする。

例えば自分上司を、同僚との会話で「彼はさぁ、結局馬鹿なんだよね」とでも言おうものなら、最早勝ち誇って天下を取った気分だ。

言葉の使い方一つで見下したり見上げたり、なんで言葉にそんな機能が備わってるんだろうね?

 

え?誰がそんな事を言ったかって? あの石川優実かいうクソフェミ婆だよ。

遺族が泣いて頼めば報道を止めてくれる?

それが通用するなら大量殺人犯報道凶悪テロリスト報道もできなくなっちゃうね。

anond:20200524114411

普通」ってのはおおまかに2つの意味があって、どっちを使っているかからいか問題が起きているんだろう

1つ目、本来の(といっていいか微妙だが)意味は、「あまねく通じる」、まあ要するに、どこでも通用するってことだ

この場合、「普通じゃない」というのは、どこでも通用するわけじゃない、どこかでは支障があるということになる

同性愛普通じゃない、ならば、同性愛が受け入れられない場合がある、ということだ

もう1つの意味は、「ありふれている」ということだ

この意味ならば、普通かそうでないかは、多数派か少数派かと言い換えても良いだろう

「彼」って差別語なの?

岡村発言の件で、ある人が岡村氏のことを「彼」と表現しているのを見て、非常に何とも言えぬ違和感を感じた。

別にこの事を批判とか非難したいのではない。

言葉の使い方というものが、そんな形で私自身に染み付いているのだと自覚しただけである

目上の人には「様」、それ以外の人には「さん」、後輩や部下には「くん」など、呼び方ひとつ身分制度を発生させてしまう。

「お前は」などと呼ばれた日にゃぁ「てめぇは何様だ?」と反発も感じる。

増田」はその点、微塵たりとも身分制度を発生させないのでなかなか気に入ってるが、そんな事はここでしか通用しない話なのでどうでもいい。

でも「彼」という用語に対する違和感って一体何なのだろうと考えて、例えば「私の彼ったらさぁ」という場合に、そこになんとなく「支配」感を感じるのは私だけであろうか。

「俺の彼女はさぁ」とでもなると、「彼」に「女」が加わって差別感はやや増大する。

ともあれ、「彼」という呼び方はそれを使う話者を上の立場にして、呼ばれた方は下の立場になるというのはどうも感覚的に合っている気がする。

例えば自分上司を、同僚との会話で「彼はさぁ、結局馬鹿なんだよね」とでも言おうものなら、最早勝ち誇って天下を取った気分だ。

言葉の使い方一つで見下したり見上げたり、なんで言葉にそんな機能が備わってるんだろうね?

 

え?誰がそんな事を言ったかって? あの石川優実かいうクソフェミ婆だよ。

2020-05-26

情報処理技術者試験に落ちた人が一番頭悪い

目標自分能力ギャップが把握できず、それを埋めるための努力もする気すらない人間ってことでしょ?そんな考えじゃ実務でも通用しないと思う

anond:20200525185824

美人業」はなるほどと思った。ルックスレベルじゃなくて、周りをどんな武器で動かそうとするかの分類かな。

むかつくことがあると論理組み立てるより前に「涙が止まらない」とか同情引いて、これから批判してくる相手悪者にする準備してから主張を始めるアカウントが多いの、幼少時から日常的にそうやって周囲をコントロールするコミュニケーションを使ってきて身に沁みついてるんだろうけど、そんな手法通用する世界だけで生きてきたんだろうなあと思うと真面目に主張を聞く気がなくなるしな。

2020-05-25

有名人に対する誹謗中傷日常的に行なっている者だけど

俺が有名人に向けて誹謗中傷を送る理由は、自分の心を守るためだよ。

優れた才能やルックスや運で勝ち取った、気が狂うほど羨ましい人生を、これでもかと公共の場でひけらかして、そうでない俺の劣等感を煽っておいて、自分は一切嫌な思いしたくありませんなんて通用してたまるか。有名人幸せな姿を見せつけてくる限り、粗を探して潰しにかかってやるからな。

嫌なら見るななんて無理な話だよ。ルックスも悪く、頭も悪く、運動もできず、金も無く、恋人もおらず、好きなことを見つけられず、夢も希望もなく、仕事と家の往復だけの人生を送る俺にとって、テレビインターネットから得られる娯楽が人生で得られる喜びの全てなんだよ。恵まれ人間の姿は目につくんだよ。誹謗中傷が嫌なら「出るな」

「知らねえよ」と思った奴。その言葉そっくりそのまま返すよ。お前らがどう思おうが知らねえよ。お互い知らなくていいんだよ。キリがないから。

anond:20200525113842

それが通用するなら「野党のほうが酷いんだから批判すべきだ」と言われたサヨクたちも「いや全然」と言うでしょうね

2020-05-24

エンジニアになれたけど、なれなかった

放課後、親に無断で学校先生精神科のような場所に連れられ、「それは鬱ではなく、思春期による一時的な悲しみではないですかね」と医者に言われてから10年が経った。

ブコメを見始めたのもその頃からだったかな。

あの頃から相変わらず、成長していない。

大学では情報系の学部卒業した。

プログラミング勉強することは好きだった。

高校での成績は上位10%に入っていて、4年で卒業することが難しいと言われた大学もなんとか4年で卒業できたので、決して頭は悪くはなかった。

ただ、人との会話は不得意で、友人を作ることはできなかった。

でもそういった人々はこの世にある程度はいて、みんなどこかで働けているかきっと大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

面接はことごとく落ち、大学卒業後も内定を貰えずそろそろ死のうかと検討した矢先に運よく入社したところは、後になって知ったが定着率が低い会社だった。

そこで気付いてしまったのは、自分エンジニアに向いてないどころか、社会人に向いてないことだった。

メール

一通書くのに最低でも30分-1時間はかかった。(相場が分からないけど長い気がする)

顧客メールを読んでも、内容がふわっとしていて意味理解できないことがあった。

ミーティング

何を話せばいいかからなかった。

相手が何を言っているかからなかった(要求だったり、用語だったり)。

なので何を実装すればいいのかも分からなかった。

からないことをそれとなく伺ってみたら「お宅の会社はその程度なんですね?分かりました」と言われ、会社の信用を下げてしまった。

その後、その顧客とのメールに怯える日々が続き、毎日嘔吐した。

電話

相手が何を言っているかからなかった。

自分自身も何を言っているのか分からなくなった。

周りに社員がいる中、泣きながら電話した。

上司ドン引きしていた。(見ていないけど、きっと周りも)

電話業務は生涯向いていないな、と思った。

実際の業務

課題にあったようなプログラミングではなかった。

あんなに自信があったプログラミングだったのに、小規模システムコードでさえ想像を超える入り組み具合で読めなかった。

というのも、フレームワークといったものにも触れたことがなかったり、インフラ側は全く学んでこなかった。

オブジェクト指向」というような概念的部分はテストの為に暗記したことはあれど、実際に言語の特徴や構造の違いを理解できたことはなかった。

フロントエンドバックエンドの違いもよく分からず、自分が得意だったものがなんだったのか分からなくなった。

何よりも、自分には新しい知識インプットする力が驚くほどになかった。

最終的には、自分キャパを超える残業上司による罵詈雑言で数秒に一度頭がまっしろになって仕事に手がつかない状態になり、辞めた。

能力のある社員もすぐに辞めていることから会社にも改善すべき点はあったのだろうが、それが実際の問題ではなかった。

自分能力の無さはどこに行っても通用しないんだろうな、ということが分かってしまった。

スポーツをしていた人が採用されるのを話に聞くが、その理由が初めて分かった。

コミュ力も体力あるし、ちょっとやそっとのことでは根を上げないからだ。

自分コミュ力もないし、メンタルも弱く、自己肯定感もなく、唯一自信のあった学歴技術力も実際には意味をなさなかった。

私の考えはあまりにも浅はかで、高校大学でしっかり勉強をしていれば、あとは会社からサポート仕事をこなせるようになると思っていたことだ。

こんな人にどんな仕事も任せられるわけがなかった。

一応自分なりに努力はしたつもりだった。勉強も、精神的な面においても。

在学中や就業中に精神科に通い、鬱やPSTDと診断された。いろんな薬を試したことはあるが、薬の副作用の眠気や吐き気で通常時より無能になったので向いていなかった。

カウンセラーは話を聞いてくれることは有難いが、危険人物として扱われたりしたことがあったり、何の解決にも至らないのでお金もったいないな、と個人的に思った。

大学卒業して引きこもっていた頃、会話の練習をするためにひきこもり当事者会的なイベントに参加した。

それぞれ背景は違うが、頑張って外出をして知らない人と会話してみよう、と集まった人たちは皆、優しかった。

不審者のようにそわそわしてしまってもいじめられることはないし、互いが傷つくことのない当たり障りのない会話ができたし、人とゲームができて楽しかった。

同じ境遇にいる方たちと過ごして一番に感じたのは、自分はやはりこちら側の人間なのではないかということ。

学校インターネットで人と会話をして友人を作れるような人や、仕事をこなせている世間一般の人たちのようには到底なれない。

社会不適合者が運よく社会復帰することができても、精神が弱い上に周りに溶け込めない為、続きはしない。

少し前にとある記事に「生涯バイトなんて、将来のことを考えているの?」というニュアンスブコメがあったが、どんな形態であれ生きる為に働き続けてきちんと自立できている人がどれだけ偉いことか、と思う。

もしいつか真っ当な人間になれたら、あの時精神科に連れてってくれた先生に御礼を伝えようと思っていたけど、未だに連絡が取れていない。

生活保護の条件にも当てはまらいから、貯金が尽きたら死んでゆくと思う。

全然関係ないけど、昨日はスター3つもらえて嬉しかったの。ありがとうね。

2020-05-23

等価交換のはずなのに

仕事はしないが給与を払え」が通用しないのはわかるが、「給与いらないか仕事しない」が許されないのはなぜだ。

法律バグまみれ

解釈次第でなんとでもなる上に最終的にはお気持ちで決まるのが法律である

お気持ちパワーを味方につけるために法律家という肩書必要で、法律家の弁護さえあればどうみても屁理屈であっても通る

たとえばここに多いであろうプログラマは、「法律において二値論理通用しない」ことを知れば驚愕するだろう

http://www.e-bengo.jp/wordpress/blog/2011/06/10/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%A8%80%E3%81%86%E3%80%8C%E8%AB%96%E7%90%86%E3%80%8D/

法律歯車の噛み合ったシステムではなく、感情文書化であり叙述なのである

2020-05-21

ブサイクはどうしようもないな

  頭も腐っているし、中身のある東大生からも見放され、裏でやっていることは犯罪悪事ばっかり

    金があっても意味がない、バカブサイク、かっこつけているだけ

    実際、外側が最悪だから、よかった時代判例を知っている人と喧嘩になっている

      公務員として働いてる人は要するにブサイクを何とかするためにやってるだけだし

ブサイクを何とかしよう」と思ってないと公務員採用されない

    今通用してる日本語というのは、ブサイクを何とかしようと思ってる人の言葉であって、ブサイクをなんとかしようと思っている人の感想に過ぎない

   

太陽の勇者ファイバード観てるけど

国際電話をかけすぎると破産してしまうからやめてくれーっていうくだり

今はスカイプもなんでもあるから通用しないな

検察

話題になったのでバカ検事の事を思い出した。

外国人の知り合いA氏一家日本に遊びに来た。

俺を頼って来たわけじゃない。ただの家族旅行

A氏は自分の国で少し特殊自動車運転免許を持っている。A氏の国はちゃんとした先進国だ。

その免許証で今までどの先進国でも通用したため日本でもOKだと思い、自国にいる間に自国旅行会社を通じて日本でのレンタカーを予約し、予定通り日本レンタカーを借り運転中に駐車場内で自損事故を起こした。ケガ人等は無し。

しか警察が調べると彼の免許証日本では適用されず無免許となりややこしい事になった。

警察署が正式通訳を呼び彼の取り調べをしたものの、一緒にいた家族は全く日本語がわから不安になって俺に連絡があった。A氏には仕事でも世話になった事もあったか家族らの通訳を買ってでた。

警察も本人が悪いと言うよりは旅行会社レンタカー屋のリサーチ不足で実際そっちにも事情を聞くと言っていた。

警察での手続きなども全て済んでA氏一家日本旅行を終え帰国した。


それから数ヶ月後、突然俺に検事から電話があった。A氏の無免許事件の件だと言う。

若い声の男がものすごい一方的法律用語を並べたてる。


よく聞いてみると結局のところ、

A氏の罰金刑が決定したのでいついつまでにこちらに出頭しろ

とA氏に言え、

と言う。

え?何で俺が?

俺は本人でもないし、関係者でもないし、正式通訳でもないんですけど?と言うと

検「でも連絡先知ってますよね?友達ですよね?あの時警察署にいましたよね?」


早口でまくしたてる。わけがからない。俺は特に後見人でも何でもなく何かに署名した覚えはない。ただ警察の人に念のため連絡先を教えただけなのに。


俺「Aさんと連絡取れないとか、ですか?」

それにしたって俺は関係ないが。


検「Aさんの電話はxxx-xxxx-xxxxですよね?住所は〇〇、メールがxxx@で、勤務先がXX、奥さん電話はxxx、勤務先が〜」


なぜか得意げにまくしたてる。


俺「え!?それ全部連絡取れないんですか?」

検「俺さんが連絡して下さい。」


会話のラリーおかしい。



俺「検察からだと電話に出ないとかそう言う事ですか?」

検「そうではないです。とにかくいついつまで〇〇検察庁に出頭する様に言って下さい。刑法〇条により〜で〜ですから。要はAさんは日本で悪い事をしたって言う事ですよ!!わかりますか?」


あれ?イタズラ電話


俺「イタズラ電話ですか?切りますよ。」

検「私は〇〇地方検察庁〇〇の増田増男です!!!電話番号はxxxxxxxxです!!!とにかくAさんに出頭する様に言って下さい。」

俺「ちょっと意味がわかりません。忙しいので。」


と言って電話を切った。あの話し方になんらかの発達障害とか症状名は付いてくるのを感じる。


少し不安になったので、A氏にメッセージを送り、検察から連絡があったか聞いたが、何も来てないと言う。

やっぱりイタズラかと思い、表示の電話番号をググるとその地方検察庁の本番号と近い。


次の日の朝8時半にまた同じ番号からかかってきた。気にはなっていたので出てしまった。


検「Aさんに連絡しまたか?いつ日本に来ますか?」

俺「知りません。連絡はしてませんよ。」


検「どうしてですか?連絡先わからないんですか?」


俺「すいません。なんで、私が、Aさんに、連絡を、取るのですか?」

意味がわからなすぎて、俺はおかしい奴に話しかけりようにゆっくり話す事にした。名前は出てこんがオレンジ色野球芸人並みだ。


検「友人ですよね?違いますか?」


俺「友人です。でも、この件を、どうして、私が、Aさんに、伝えるのですか?担当検事である増田さんが、連絡して下さい。」

検「......」

???

長い沈黙の後

検「......Aさんに連絡...して...下さい。」

俺「これ何ですか?検察命令とかですか?」

検「...命令...ではありません。」

俺無言

電話を切ろうかと思ったら、

絞り出すような感じで

検「...Aさんに連絡して...いただけませんか...」

いやお願いできない人?

俺「あの、連絡するのはいいんですけど、検事の、増田さんが、連絡しないのは、ナゼですか?」


沈黙









検「......英語は.........にがてです」




俺「えぇ?......わかりました。」



電話は切れた。俺が切ったんじゃなくて検事増田が切った。「じゃあお願いします」も無しで。


次の日の朝8時半きっかりにまた電話がかかって来た。

検「連絡しまたか?Aさんはい日本に来ますか?」

俺「連絡はまだしてません。」

検事増田は舌打ちでもしそうだ。

検「何で連絡しないんですか?」

俺「なんでって。私も忙しいんで。」

検「...今連絡...して下さい。」

出た。お願いできない奴!

俺「いや時差もありますから。」

検「向こうは何時ですか?」

俺「知りませんよ。増田さんが調べて下さい。」

検「...」

俺「ちょっと忙しいんで。いつ日本に来るか聞けばいいんですね。当分来れないと思いますけど。大体、この件だけの為に日本に来るわけないですよね。」


検「!!日本国内で〇〇法に違反してるんですよ!〇〇法で〇〇にあたるんですよ!!日本国内で処理するんですよ!!わかります!?

俺「わかりません。」


検「〇〇法〇〇条です!!わかりますか?!」

こいつただの憲法オタク

俺は黙って電話を切った。


その日のうちに一応、狂った検事からこんな連絡があったからとA氏に電話した。A氏は、次に日本に行く時にめんどくさいと困るから弁護士に頼むよごめんよと言って終わった。

次の日の朝8時半、またその次の日もまたその次の日も増田から電話があったが無視し、その番号は着信拒否にした。


思うに、検事増田プライドが高すぎて、上司通訳手配が頼めず、たまたま連絡先があった下級市民の俺に丸投げしたんだろう。

下級市民のお前は憲法を知り尽くした上級検事増田の言う事を聞かなければならぬのだ。ぐらいの勢いだったな。

こんな奴が検事になるんだと呆れたが、逆にこんな奴だからこそなれたのかもしれん。

あの話し方は発達障害かなんか知らんがコミュ障もかなり拗らせてるようだから出世は出来んだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん