「考察」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 考察とは

2017-09-19

anond:20170919184929

オカルト研究みたいなことしてたけど結構そこらへん考えると結構面白いんだよねぇ

よく言うのは「赤鬼外国人の事」とかで時代考察したりしてこじつけてるとなんかワクワクするよね

なので遠い未来、今のことがいろいろ風化したり歪曲しておかし妖怪になってると思うとワクワクするけど、残念なことに自分はそういうのを知ることはできないんだよねぇ…

スマホ歩きとかはなんか妖怪になってそうだ

2017-09-17

文化剥奪文化の盗用についてのメモ

ブログに書こうと思ったんだけど、どうもよく理解できないので、メモのままここに残しておく。将来利用するかどうかはわからない。


文化」とは、社会に共有された生活様式。この場合社会とは、コミュニティであったり地域であったり、場合によっては国家支配する領域であったりする。生活様式には、言語伝承なども含まれる。

文化的同一性」とは、その社会の成員がその社会に属しているものとして自覚できる文化社会に共有されたものであると同時にその個人のものでもあるため、所有意識が生まれる。

「所有」とは、他者排除して占有する権利のこと。権利であるがゆえに社会的に定まるものであり、社会的に定まるがゆえに社会によってその範囲は異なる。また、抽象的な存在に対する占有可能にするためには、何らかの概念が共有されている必要がある。例えば著作物に対する所有は、複製や営利に関する一定概念が共有されなければ無意味になる。

剥奪」とは、社会的強者社会的弱者権利を奪うこと。奪われる権利が物品財貨の所有権である場合搾取となる。

文化剥奪」とは、ある社会集団所属するひとの文化的同一性を保持する権利を奪うことである。例えば狩猟社会において狩猟禁止することや伝統的に行われてきた祭祀禁止することなど、旧来の生活様式禁止することは文化剥奪にあたる。創氏改名文化剥奪典型である

文化の盗用」(cultural appropriation)とは、社会的強者社会的弱者文化をあたか自分のものであるかのように占有する現象


文化の盗用が問題になるのは、盗用によって本来のその文化の保持者の文化的同一性が脅かされるからである。すなわち、自分自身所属する社会集団文化が他の社会集団のものとされることにより、自分自身同一性を脅かされる。すなわち、文化の盗用問題は、文化剥奪問題一種であるということができる。

文化の盗用問題に対する抗議が文化的標識(例えば特定民話伝承)の使用権問題として表面化するのは、弱者強者に対抗する論拠がそこに求めやすいからでしかない。実際の問題は、使用権にではなく、社会的支配・被支配関係にある。


文化剥奪問題は、弱者側の自主的同化を伴うため、外見上、単なる時代変化と線を引きにくいものになる。たとえば明治日本欧化政策は、軍事的経済的政治的に圧倒的強者であった西欧世界による日本文化剥奪であったが、それが日本社会の側から強者に対する弱者の対抗策として実施された主体的ものであったことも事実である。その際に、「和魂洋才」といった文化的同一性保持のための辻褄合わせが提唱されたことなど、分析すべき点は多い。

朝鮮人に対する創氏改名は強権的な文化剥奪であり、戦後在日朝鮮人韓国人通称使用第一の原因であるが、在日側の日本国内在住のための利便性からの選好という側面があったことも否定はできない。そのような姿勢経済的社会的権力関係が強い影響を与えたことも事実である。このあたりは非常に重層的で、軽々しく断じることができない。


いずれにせよ、文化剥奪強者弱者に対して行うものであり、このような議論が昨今日本人から発せられているという点は、社会集団の力関係の変化を考察する上で興味深い出発点になるかもしれない。

スポーツゲーム生放送を見ると虚しくなるよね

だってそうだろ?

物語が薄いじゃないか

試合にかかるのが10分~3時間ほどだけど、そのうち盛り上がるのは何%の部分なんだろう。

たとえば、将棋試合生放送でジックリ見るよりもプロがしっかりと考察し終えてから解説を交えた棋譜を見たほうが内容もよく分かるし見るのにかかる時間も少ない。

自分の実力がプロ匹敵していると思い上がれるほどの実力があれば、リアルタイムで追いかけて自分ならどう打つかを考えてもいいだろう。

でも自分はそうじゃない。

そんなに早く考えられないし深くも考えられない。

から後になって解説付きで見たほうが効率もいいし理解も深いんだ。

それなのに何故かリアルタイムで見てしまう。

こんなにメリットが無さすぎる行為を何故してしまうんだろう。

あとで虚しくなるだけなのに。

時間無駄にしたことを思い出して、とても虚しくなるだけなのに。

anond:20170917104511

何故白人だと問題にならないのかちゃんと考察しような、低能

2017-09-16

https://anond.hatelabo.jp/20170916200332

まーたよくあるオタク叩きか、とおもったが

想像余地のない具体的モノよりも

一歩踏み込んで、想像主観の入った

抽象的な感想を書いても良いのでは?

 

オタク批判されるのを恐れるが故に、反証余地のないモノで

評価してしまうのではないだろうか

と思う今日この頃

まあこれはあるかもね

つか2ch二次裏漫画の話をしてて

俺は結構饒舌から感想分析のあと独自考察までバンバン述べるけど

そうすると「それはお前の感想だ!」「お前の主観だ!」みたいな風に突っかかってくる奴いるのよ

しかも既に勝利確信したような、すごく勝ち誇った感じにね

で「は?当然じゃん、俺が語ってるんだから俺の主観だよ?」

っていってやると滅茶苦茶怒る

なんか互いに主観的ものの味方や語り方を取り締まってる感じがするね

客観的な部分と主観的な部分の区別さえ付いてれば

主観主観としていくら語ってもよいのだ

ということを何故かわかってない

2017-09-14

自称オタク

私はとある漫画が好きで、全盛期には何巻の何ページの何コマ目の台詞を言える程だった。

その漫画に出て来る場所は全て行った。

考察もした(スレ自分考察を書き込んだ直後、そんなわけねーだろ氏ねと言われたのは良い思いで)。

ということを友人に話した時、

「おまえオタクだな」

と言われ、そうかもと思った。

しかし、これまで会った自称オタク達はそこまでの熱意は無かった。


今はアニメを見ているだけでオタクと呼ばれるが、それは昔考えられていた「オタク」とは意味合い大分違う。

今はオタク意味合いがよくわからないものになっている。茫洋とした言葉バケモノだ。


からなんなんだって言われたらデュフフって感じー♪


ウフフをデュフフに変更しました。

別に増田の為じゃないんだからね。

2017-09-13

2.5次元いまいち食指が動かない理由考察してみた

最近2.5次元の勢いはすごい。

人気のジャンルを見ていると自分がハマっているハマっていないに関わらず舞台化いつだろうな、と思います

しかし、私は2.5次元に全く興味がないのです。

周りの友人や仲の良いフォロワーがどんどん2.5次元沼に吸い込まれているのを何となく眺めている状態です。

こんなに多くの人がハマっているのに、逆に何でだ?と思って自分なりに考えてみました。

※ここから言っている事はあくまで私個人の考え方で、2.5次元否定する内容では決してありません。が、気を悪くされた方がいたらごめんなさい。




とりあえず、私と同じく2.5次元に興味がないと言っている人たちの間でよく言われている事に対して自分意見を述べてみます。。

現実人間から2次元しか興味がない。→ジャニオタだし好きな俳優もいるので違う。2.5次元に出てる俳優さんかっこいいと思う

そもそも舞台とかミュージカルに興味がない→小さい頃からよく見ているので違う

実写化するなら声優がやるべき →声優が歌って踊るタイプライブは好きだけどキャラと同一視はしていないので違う

・↑と関連して、声がキャラと違うから→それはちょっとあるかもしれないけど根本的なところではない気がする

2.5次元を生で見たことがないから興味があるない以前の話→それはあるかもしれない・・・

他にもいろいろあるとは思うんですが大体こんな感じです。

「実際に見たら絶対ハマるよ!」というのはいろんな人から言われているのですが、「そっか~じゃあ見に行こうかな」とも思わないんですよね。

どこでその線引きをしているのかと思い返してみると、大体Twitterでその作品公式アカウントが流すビジュアル公開とか、撮影現場とかの動画ツイート

現実世界で一番そのキャラを演じるにふさわしいビジュアル演技力のある人」が集まっているのすごい。

すごいんだけど、キャラ台詞を言っているのを見るとなんだか首をかしげる。キャラの歌っている曲とは違う声が聞こえる。

俳優さん本人はかっこいいのに、キャラ恰好をするとなんだか違う。

ここらへんはもう個人のこだわりのふり幅の問題だと思うので、そう思ってしまった時点で私には向いていないんだろうなと思います

プロアマチュアを同列に語るべきではないとは思いますが、私はコスプレという文化に興味がありません。

まり2次元3次元に持ってきてほしいとは全く考えていない、ということなのかもしれません。

私が2次元で好きなキャラと、現実世界で好きになる人のタイプ真逆です。つまり、私の中では2次元3次元の間に互換性は存在していないんじゃないかと思います

2次元推しはどうやったって生身の人間表現しうるものではないし、現実で大好きなアイドル俳優はどうしてもイラストより本人の方が魅力的です。

かっこいいなと思った俳優さんたちも、もし2.5次元ではない作品で見ていたら熱狂的なファンになっていたかもしれません。

ここまでに語った事は2.5次元舞台に限った話じゃなくて、漫画の実写ドラマ化とか映画化でも同じように思っているので普段から見ません。例えば評価がすごい高かった某明治時代剣客実写映画も、原作が大好き過ぎて一度も見てません。

「私もそうだったけど見に行ってみたらハマった!」という人は、好きな作品から、好きなキャラが出るからという時点ですぐにチケットの申し込みをしている人が多いのですが、私はそこまでフットワークが軽い方でもありません。好きな作品キャラなら全部見たい!欲しい!という考えではないので、実写以外でも自分に向いてなさそうなものは適宜距離を置いてます

あと、「興味ないけど試しに見に行ってみるか」みたいな気持ちだと、本当にその舞台を見たいと思ってる人に申し訳ないし、俳優さんにも失礼な気がして申し込むことすらやめようと思ってしまます

「そんなこと言ってもお前中の人キャラ衣装着て歌うライブは行くじゃん」と言われますが、多分その声で歌われる曲が大好きだから、としか言えないです。

その声優さん推しと同じタイプイケメンだったとしても、推し本人だとは思いません。

結局何が言いたかたかというと、私にとってはキャラ「本人」が全てだということです。

他にも同じような思いの人がいるかわかりませんが、自分なりに考えてみた結果でした。

ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)がドンドンと増えている件を考察

ありがたいことにスキルアップBLOGの月間PV数(平均約15万PV)が、ここ数ヶ月でドンドンと増えています

http://www.inoue311.com/

15万なんて簡単だという人もいるでしょうが、これは選べれた人のみが勝ち取れる数字なのです。

やはり継続は力なりでしょうか。

ツイッター等で当記事を紹介して頂いている方もおられるので、本当に嬉しい限り。私自身も為になるブログ記事や素晴らしい記事は紹介しています

Googleアルゴリズム変更で、月間PV数が減ったというブログもちょくちょく聞きます

そんな中でこのスキルアップBLOGはなぜ月間PV数が増えてきているのかを考察していきます

ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)が増えている理由



このスキルアップBLOGでは基本的に、ブログ運営自己啓発的なことを好きなように書いています

世の中には様々な考え方がありますので、私の考え方もそのうちの1つに過ぎません。このようにスキルアップBLOGでは、好きなことをドンドンと書いていくのが楽しくてたまりません。

その気持ちを察してか、このスキルアップBLOGファンになって頂いている方も日々増えているのが現状。

コメントもたくさん頂きますし、本当に感謝しかありませんね。


コメント等を貰えるとサイト評価は上がる?




コメントを受け付けないブログサイトは多いものですが、このスキルアップBLOGではコメントを受け付けています

そうすることによって、サイト評価が上がる可能性も出てくるのです。あくまでも可能性なので一概にはいえませんが、実際に月間PV数が増えてきていることから可能性0とは言えません。

なぜコメント等が貰えるとサイト評価が上がるのか。

もちろん、これは私の独断偏見での考察ですが、まずは滞在時間が増えるというものコメントを書いて頂いてる間も滞在時間に含まれるので、コメントをたくさん書かれるほど滞在時間は増えていきます

評価の値に滞在時間も含まれるので、あながち間違いでもありません。滞在時間けが評価の値ではありませんが、少なくとも滞在時間が短いよりは長い方が良いに決まっています


滞在時間を増やすための長文記事無意味




それならと滞在時間を増やすために長文記事を書けばいいと思う人もいるでしょう。

間違いではありませんが、長文記事だと余程の文章力や内容ではない限り、誰も最後まで読んでくれません。

それどころか途中で離脱するので離脱率や直帰率が下がってしまます

たまに長時間動画を貼り付けるブログ記事もありますが、誰もそのブログサイトでは見ません。

滞在時間が短い人は、ぜひコメント欄を導入することをお勧めします。


ブログの月間PV数(スキルアップBLOG)がドンドンと増えている件を考察のまとめ




今の時代は本当に情報収集には困りません。

とくにツイッターSNSの中でも最強の情報収集ツールではないでしょうか。

そのツイッターのおかげでブログの月間PV数もドンドンと増えていますし、とある情報最近DM(ダイレクトメッセージ)等で聞いては仕入れています

そのある情報はまた近いうちにブログ記事しますが、やはりツイッターでの情報収集力は素晴らしいですね。

今のツイッター犯罪者さえも捕まえることもできますし、悪いことをしている人の情報簡単に手に入る世の中。

とにもかくにもこのスキルアップBLOGの月間PV数がドンドンと増えていることに日々感謝しつつ、これからも楽しくブログを書いていきたい今日この頃です。


私のように月間平均15万PVという超人ブロガーになるために、みなさんもブログを書きましょう。

インターネット左翼高山直人一考

はじめに

 ここでは、インターネット左翼である高山直人(俗称鉄道おじさん(greatchina2))について、とりあげる。高山直人は、役人であった事がある、にわか勝ち組である。勿論、あっさり転職している。くわえて、元ネット右翼でもあり、左翼OBでもある。

 元々は、フリーライターであった。ただ、その内容も糖質オンパレードであったため、すぐに売れなくなった。その証拠に、ネットでしらべてみれば、緯度おじさんと同じように、炎上する話題が偏っている。それだけ、内容自体が狂っているのだ。

2.役人人生

1)役人になるきっか

高山は、役人になったのは、大学時代就職活動の停滞が契機だったと記憶している。なんでも、家畜根性に興奮を覚えたようだ。おそらく態度は、保守的かつ革新性なし、知的指数の欠片もなし、といったブラック企業社畜的なものであっただろう。

 2)役人への道

 役人を目指すために予備校に通っていた。無理もない。役人は知力がものをいう職業であるため、周囲から圧力もあったのだろう。

 そして、さらに呆れることに、予備校にすべりこんだ挙句、月謝を校長が友人の父親であるというコネを最大限利用して、タダ同然にしてもらって入学した。どのような予備校かは、ネット調査してみたが、情報がない。

 最悪なことに、公務員内定した後は、あの友人をポイ捨てである。まさに、異性を使い捨てる醜い奴らであろう。交際していた友人を、散々「絞り上げた」挙句、飽きたのでポイ捨て、まさにパターン的行動だ。

 3)妄想

 役人生活の末期にあたる2012年には、左翼ネタ消費なる代物に走っている。今では、そんなものをしているのは、若者野蛮人糖質の豚連中、池沼連中、それに騙された健常者ぐらいである。

はっきり言っておこう。ネタ消費は、ただのシニシズムであり、左翼をあざ笑い、時に金をボッタ食うものである

加えて、ネトウヨパヨクも加わって書いている「政治ネタ消費空間」では、感情に走った内容を商業化している。そのため、こういった書籍などのアマゾンでの評価は、最低の星1つである

3.冴えない現在

1)フリーライター

 長い間、フリーライター仕事をしていたようだ。しかし、無責任まりない執筆を繰り返し、遂には臨時で出てくるまでに落ちぶれている。その際、必ずといって良いほど、ワンパターン発言を忘れていない。

 

2)売名行為

 北朝鮮ミサイル発射とき朝鮮総連に対する郵便FAX突撃をやっていた。しかも、これをネットで見たのだが、内容の中には、主体思想に対する批判的な言葉が並んでいた。ネットユーザーが、「ミサイル抗議文ならなぜ、政治批判必要なのか?」と、瞬妙なツッコミを入れていたのを思い出した。

 あとで、分かったことだが、「ネット右翼を装った行動」だった。しかも、日頃から情報通信は、携帯電話電子通信で済ますという生活をしている。これでは、突撃意味がない。何を目的に、右翼に装い、迷惑を掛けてまで、このようなパフォーマンスをするのか?ただ単に、目立ちたいだけである。すでに、勝ち組仕事がなくなっていただけでなく、裏方の仕事もなくなっていたのである

3)恥外聞なし

 自分常識がなっていないのを、社会のせいにしている。しかも、車社会がらみのいじめによる怒りに任せてドライバーの自宅にまで出かけ、「自分弱者だ。これを、世間公表されたたいか?」と脅迫している。

 自らの立場悪用して、他人圧力をかける。にわか勝ち組になるまでのステップを、このように悪用する人物が、反車社会を叫んでいる。このときは、良識市民側にあり、あっさり論破されている。

4)資本主義片棒担ぎ

 高山直人は、資本主義片棒担ぎを、トロールとして率先してやっている。観光列車を見たときには、「日本鉄道経済的にも成熟している」、と掲示板に書いている。その際、不自然掲示板が荒れていたり、鉄道会社への暴言があったことを書いているが、それについては考察なしである

 大阪に行って、鉄道が、地域最大の利権となっていることに触れている。このとき、「東京みたい」と、左翼とは思えないような感想掲示板に書き込んでいる。

 日本には、真の公共交通など存在しない。そのようなところで、公共精神をどうして主張しないのか?と聞いてみたいものである

4.おわりに

 高山直人は、インターネット左翼、文筆業を標榜する反ナショナリストである。ただし、本気でなく、自己顕示のため、売名行為のためにやっているだけである。文筆業やこれまでの仕事自体自己顕示の道具でしかなかった。でなければ、ミサイル発射に便乗した悪ふざけをやってみせたり、政治問題ネタ消費したりしない。

 今日路上には出てこないようだが、しかしよく似た代物が、遠くて近い世界から出てきている。反天連や集スト云々系の電波左翼や、糖質ネトウヨである。前者のほうは、デモ行進で「革命」「意味不明被害」を訴えたそうだが、常識がないというべきである

2017-09-11

オナニー以外の趣味を作れない

から、人に言えるような趣味がないのが悩み。

自己紹介ときに困るのもあるが、そもそも休日が暇すぎて、趣味を作ろうと思うのだが、どうしてもできない。

たとえばアニメ趣味にしようと思い毎クール放送されているアニメを見てみる。

すると、見ているあいだは楽しいのだが、それだけ。

アニメの中身について深く考察したり、キャラ萌えについて深く語り合ったりする気力は湧いてこない。

とりあえず暇な時間を埋めるために見る本数を増やしてみたりもしたが、そうすると結局毎週追いかけるのがつらくなって、あまり見なくなってしまった。

他にも、絵を描いてみたり、楽器をやってみたりして、やはりやっている間は楽しいのだが、それだけというか、わざわざ労力を使ってまでやろうと思えず、割とすぐにやめてしまう。

それで結局、暇なときは、ひたすら2chスレ更新ボタンを連打したり、ホットエントリをこまめにチェックしたりするのだが、

それにも飽きてくると、あとは結局オカズ探ししてひたすらオナニーしてる。

考えてみると、オナニーというのは非常に便利な暇潰しで、必要な労力は最小限だし、むらむらしてなくてもやればその気になる。何より、直接的な快楽が得られるので、飽きが来ない。

アニメとか、スポーツとか、その手の趣味で得られる興奮や快楽って、性的快楽に比べると間接的というか、直接的に肉体的な快楽に結び付くわけじゃない。

そのせいか、ふとしたときに「自分は何でこれをやっているんだろう? これをやって何が得られるのか?」と思って冷めてしまい、「オナニーして気持ちよくなってたほうがよっぽどマシ」と思ってしまう。

その手の「一般的な」趣味を持っている人って、そういう気持ちをどうやって克服しているんだろう?

「直虎」の一考察~男女のバディ関係恋愛関係描写について

昨日酔っぱらった勢いで書いた事に意外とブクマがついていたので、

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170910230205

調子に乗って今日寝不足な頭で直虎考察を書いてみる。

あくま個人の感想です

ドラマを見てない人にも分かるように書いたつもりだけどやっぱり分からんかも。勿論ネタバレ

「おんな城主直虎」の8/20放映分の33話は、「主人公の井伊家の女城主・直虎が、

幼馴染&家老であり、敵の罠にかかって反逆者として処刑される事になった小野但馬守政次を自ら刺し殺す」という

大河歴史に残る衝撃展開、神回と言われ、多くの(女性視聴者に「政次ロス」を引き起こし

大河では至上初の特定登場人物スポットを当てたサントラまで発売されて

売り切れ続出&オリコン一位を叩き出す、という社会現象引き起こした。

これは沢山の記事になったため(ネットだけではなく文春等でも取り上げられていた)

ドラマを見ていなくても知っている人も多いと思う。

でも記事だけではいまいち構図が分かりにくいので、その後のストーリーも交えて「直虎」の、主に男女関係描写考察してみる。

まず大前提として、実は「直虎は政次に対して恋愛感情は持っていない」んだよね。

直虎の恋の相手は、死んだ許婚である直親や、ふとした事で出会って協力関係になる盗賊団の頭・龍雲丸であって、政次ではない。

このドラマはやたら「バッグハグ」というシチュを使いたがるんだけど、

直親や龍雲丸にバッグハグされた直虎がドキド乙女モード全開になるのに対し、

政次の場合は何とも反応しない辺りが物語っている。

その辺を理解せず、「直虎と政次は恋愛関係」という前提で捉えていると、

昨日の36話の「直虎が井伊家再興を諦めて色々後始末をした後に龍雲丸と結婚する」という展開は

「お前恋人殺しておいて速攻で他の男に乗り換えるのかよ!」となる。

でもそうじゃない。直虎が恋愛相手として、男として好きなのは最初から龍雲丸の方であって、政次じゃない。

あくまであれは「何もかも失った女がこれから人生どうしようという所で、ずっと好きだった男に求婚されてそれを受けた」

「それまでずっと他人の為に生きていた女が、初めて自分幸せの為に生きようとした」、って話。

じゃあ直虎の政次に対する感情は何なんだよ、というと、

最初は幼馴染としての絆だったが、最終的には同士愛というべきものになっていたと思う。

井伊を守るという目的の元に一緒に戦う相棒、お互い尊敬し合い何もかも分かり合える相手安心して背中を預けられる相手、というか。

所謂バディとかブロマンスと言われるような関係(の男女版)。

そしてその相手たる政次が、恋愛相手である龍雲丸よりも、直虎の中で上位の存在として描かれている。

龍雲丸を家臣として召し抱えるかどうか、という話(23話)の時に、直虎は「政次の言う事に従う」という。

自分がやりたい事は強引に押し通す傾向にある直虎にしては珍しい行動だ。

直虎にとっては、超絶人手不足故に多少素性が怪しかろうが使える奴は家臣に加えたいモードな井伊にとって

龍雲丸は貴重な役立つ存在であり、勿論好きな男だから傍に置いておきたい本音もあるけれど、

隣国木材泥棒をした盗賊である龍雲丸を井伊の家臣にするという事は、井伊にとっては隣国にバレたら不和をもたらすリスクがある

(実際にバレそうになり、隣国領主近藤を騙して誤魔化している)ため、ここは政次の判断に任せる、という事だ。

まり「好きな男を傍に置きたい個人的欲望」より「政次による政治的現実的判断」を優先している。

(因みに政次は、リスクもあるし本音としては直虎の恋の相手である為気に食わない&直虎が恋愛脳で暴走しかねない不安もあるが

龍雲丸が役に立つ存在であるのは事実なため、家臣にする事を認める。んで龍雲丸の方から断られる)

ついでに、この「龍雲丸を庇う為に近藤を騙した」因縁が、近藤の恨みを招き、

後の近藤の罠によって政次が処刑される、という展開に繋がっている。

33話だけ見ると分かりにくい「何でこのモミアゲ(近藤)は政次をこんなに恨んでんの?」の答えがこれ。

この構図が分かりにくいなら、直虎と龍雲丸の性別をひっくり返せばいい。

片思い相手(女)がいるけど、それより大切な相棒(男)がいる男」という構図の物語は珍しくもない。それと同じこと。

「おんな城主直虎」は、普通は男同士で描かれる事が多いバディ的な関係を敢えて「女主人公で」「相手役は男で」描くと同時に

それとは別に主人公と他の男との恋愛も描くという、それが珍しくも面白いドラマだけども、

やはり「男女の強い結びつき」というと多くの人が「恋愛」としか考えないようで、色々誤解されている所が多いと思う。

因みに政次の方にも、直虎とは別に大切な女がいる。弟の妻であるなつがそうだ。

政次処刑前夜の32話、夫が戦死した後も「実家の奥山家と夫&政次の小野家の架け橋となるため」小野家に留まっていたなつは、

いつしか政次に惹かれるようになっていたが、その気持ちを押し殺したまま

その架け橋としての役割必要となくなったために小野家を出ていくと言い出す。

それに対し、その気持ちに気付いていた政次は「この戦が終わったら一緒にならぬか」という死亡フラグど真ん中台詞をなつに言い、

直後に近藤の罠にかかって処刑されることとなる。

現代価値観で考えれば「死んだ弟の妻と結婚」はドン引きだが、戦国時代別に珍しくない)

これも一部の視聴者からは「直虎を好きなはずだったのに別の女に乗り換えるのかよ!」と叩かれていたけれど、

あれも乗り換えとかそういうんじゃない、と思う。

もっとも政次の場合最初から一貫して政次を「男として」「恋愛相手として」は見ない直虎とは違って

直虎の事を「女として」「恋愛相手として」も好きだったのが伺えるし、

幼馴染の頃はそういう気持ちの方が強かったように思える。

でもいつしかその気持ちより、上記の同士愛的な愛の方が強まっていった。

直虎が城主になりたての頃は、「愛する女を危険晒したくない(何せ先代城主である直親が今川に殺されているわけで、城主の座は危険まりない)」一心

直虎に対して「城主を降りろ」と散々脅したり城主の座を奪い取ろうとしていた政次が、

最後に、直虎が「城主の座を降りて政次に譲ってもいい」と言い出した時には

直虎の城主としての実力を認め、とても自分がそれに成り代われるものではない、もう降りる事など許されないぞ、と言う。

そしてその直後に、政次はなつに上記の死亡フラグ立てプロポーズをする。

なつはそれに対し、「もうすぐ直虎の還俗が出来るようになる(=直虎が結婚出来るようになる)、

ずっと直虎と結婚たかったんだろうに、私でいいのか」と言う。当然の疑問だ。

それに対して政次はこう言う。

「殿をしている殿(直虎)が好きだ。幼い頃より、自由にのびのび振る舞うおとわ様(直虎の幼名)に憧れていた。

その気持ちは恐らく生涯変わる事はない。

でもそれとは全く違う気持ちとして、そなたには傍にいて欲しいと思う」と。

何だか分らんかもしれないが、つまりこういう事だ。

直虎は例え還俗しても、殿=城主を降りない限り結婚はできない。

城主となった直虎は幼い頃と変わらず色々と破天荒な事をして政次をやきもきさせるが、結果的に色々成功させている。

自分結婚する為に城主を辞めさせ、自分の妻として過ごさせるよりも、このまま城主である直虎を一生支えていきたい。

でもそれとは別の話として、なつと結婚して一緒に人生を歩んでいきたい、と。

仕事上の相棒の女と、夫婦として一緒に生きていきたい女は違う、という事だ。

馬鹿正直すぎて、なつにとっては酷な台詞でもある。

しかしなつは、そういう時は直虎の事はもう何とも思ってないと言うべき、と言いつつも

そういう、直虎の事が好きな政次が好きだから仕方ない、と言ってそれを受け入れる。(受け入れた途端に政次は死ぬんだけど)

そして直虎は、「自ら処刑場で槍を奪って政次を刺す」というまたもや破天荒な事をする。

これが結果的に「自分を騙した家老をそれほどまでに憎んでいる元城主」という構図を作り出し、

「政次=裏切り者家老、直虎=騙された被害者であると印象付ける。

政次は「これでこそ自分が好きなおとわ」と思った事だろう。

そんな直虎も、政次の死と共に城主としての輝きを失い、

結局何の策も取れるままに井伊家再興を諦める事となる。

直虎の師である南渓和尚が「政次が死んでしまえば、あれ(直虎)は死んでしまうからな。片翼では鳥は飛べぬ」と言った通り、

政次の死と共に、城主としての「直虎」は死んでしまった。

そして残った「平凡な女・おとわ」は、一農婦となって愛する男との平穏生活を選ぶ。

おんな城主直虎・完…となりそうな展開だが、まだ9月で残り14話あるんだからそうは行かない。

早速武田がやってきて井伊谷戦場になり、おとわと龍雲丸の平穏生活も壊される予定だ。

そしておとわはまた直虎として戦う事を選ぶんだろう。

それがどういう展開で行われるのか、そこに政次(の思い出)は絡むのか、それとも自力で復活するのか。

龍雲丸はどうするのか、いかにも死にそうな展開だが。

かつて直親や政次、それ以外とも沢山死に別れている故に、「自分と関わった者はろくな事にならない、自分は不吉な女子だ」という直虎に対して

同じように身近な人と何度も死に別れて自分だけ生き残る経験をしている龍雲丸は

「死に損なう事は得意だから自分あんたより先には死なない」と言った。

主人公とか絶対死なないであろうキャラが言うならいいが、大河オリキャラが言ったら死亡フラグです正直。

ここで

悲報】直虎さん、また大切な人を失くす(3年ぶり3度目)(というか父とか大祖父様とかも色々含めたら何度目だ)

という展開になったら流石に立ち直るのは厳しい気もするんだが。

この後に瀬名姫(家康正室の。このドラマでは直虎の唯一の女友達という設定)の処刑という史実もあるんだし。

2017-09-09

映画 散歩する侵略者あなたの街にキュート宇宙人!~

ホラーというものが苦手で(映画に限らず)黒沢清か~ホラーだなーって避けてた監督

予告と紹介されるあらすじや、増田推薦に興味があったものの、「ホラーじゃないよ」という話を聞かなければ見ることは無かっただろう。

見てきましたよ。はいホラーではありませんでした。

これなんていうんだろうな。シニカルコメディSF

爆弾が落ちるシーンが予告にはあるけれど、全体的には元が舞台だったこともあり、人間の心情が中心の話になっていた。

その心情が面白い

松田龍平「ぼく宇宙人なんだ」

長澤まさみ「ハァ?冗談言ってると施設に入れんぞ」(そんなことは言ってない)

みたいなところから始まって、いろんな豪華登場人物概念を奪っていく宇宙人

その無邪気さが、最初は「やべぇよ…」って感じだったのに、純粋すぎてたまらなくキュートに思えてくる。

長谷川博己が「ああもう仕方ねぇこいつらに何言っても無駄だ案外可愛いし…」って金八先生のようになっていくのも面白い宇宙人JKとかガンガン人殺すのに。

キャラクターが本当に愛らしい。役者が見事に全員ハマっている。

概念を奪われると、どうなってしまうと思う?Dr.スランプアラレちゃんになるとは誰も思わなかったよね。

人間宇宙人の絆だったり、絆の再構築みたいなものテーマとしつつ、「私たちを縛る概念とは?」と難しく考えるのもいい。考察のしがいがありそうだ。

例えば海外SFのように宇宙人が指や眼から光線を出すこともなかったが、その背景でどんどん動く展開に、飽きることもなく最後は感動。

起承転結がハッキリしていて、見終わった気持ちも良い。

邦画が目指せる繊細な一種SFってこんな感じなのかな。新鮮な感じ。

ホラーだなとか、意識高い感じかな、とか疑ってる人にこそ見てほしい。見て損は無し。

対象年齢は中高生年寄り。男女関係なく見られます

なので映画監督キャストたちが放つ雰囲気をぶっ壊すタイトルのようなサブタイを入れてはどうですか?駄目ですか。そうですか。

2017-09-08

https://anond.hatelabo.jp/20170908134203

元々の森博嗣本人のスキルにザ天才設定付け足したら超天才犀川ができただけではないのか

という考察もできる

2017-09-07

anond:20170907062204

うーん

非国民」という万能ワードを組み込んでもう一度考察してみて

2017-09-05

ガルパンで未だに気になっていること

個人的に大好きな作品だが、学園艦という存在に対しては未だにモヤモヤする。

どこぞの誰かが私財を投じて作ったのが始まり、くらいの設定はあったと思うが、

劇中でもそれほど細かに説明がなされていないし、予算面、技術面での話もあまりなかった。

あれを最初にみたとき、H.B.ポーラスターかよ!と思い周りにも言ったものだが、

ツッコミネタ元が2001年ごろ発売のエロゲーで、そこまでメジャーメーカー作品でもなく、

あまつさえ百合レズゲーだったため、全くピンと来てもらえなかった。


それはさておき、いち自治体カバーできるほどのデカさの船体ってどんな技術だ!

維持費いくらだ!そんなもん大量に作った国の予算ってどうなってるんだ!

そら統廃合の話も出るわ!大洗ピンポイントで狙ったのは官僚クソ眼鏡こと辻廉太の私怨だろ!

くらいは思うものだけど、その辺に対する熱心な考察はそれほど見かけない。


もちろん設定をわざと粗くすることで、わかりやすツッコミどころとしていたり、

視聴者想像余地を与えていたりする可能性はある。

あるのだけど、一度気になってしまうと明確な設定が出てこない限り、その気持ちは収まらない。

話が面白ければ細かい設定の粗さなんて気にならないよ、

なんていうも人いるけど、んな馬鹿なと思う。

面白かろうが面白く無かろうが、気になるところは気になるっての。

恋と嘘をみて、恋愛模様主人公勢の抱く秘密との絡み合いが面白いからって、

政府通知周りの設定について気にならないなんてことありますか!

(以下続けると長くなるので省略)

2017-09-03

https://anond.hatelabo.jp/20170903235344

アニメオリジナル作品から一週間ごとに出てくる新情報であれこれ考察するのがオタク心をくすぐった

エヴァから伝統

(そう言えばけもフレアニメオリジナル作品

震災放送がごたごたしたのも効果あったと思う

スターウォーズEp4に関する比類なき新たな発見考察

デススターは、建造されたばかりなので、

ターキン総督とか、

絶対新築匂いを感じてたと思う。

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170902192229

自分はわりとそういうやつで

増田のようにそういうやつを嫌ってる人間の方が多いか

多分大丈夫

共感応援してくれる人の方が多いか

さっきも紙飛行機飛んできたって保父ロリコン言ってたし

セキュリティもちゃんとしてそう

本当にタイムパラドックスがあるなら

しろ明日から数日は自分心配するかな

一生か

多分他の人も自分と同じ考察してたと思うけど

無理して関西弁使うなよ

2017-08-31

新興宗教入信について考えるときおすすめしたい映画がある

また美人な子が千眼さんとこと一緒の神様信仰していることを明らかにした。

実際に信仰心が強いのかとか、芸能事務所から逃れるための権威頼りなのかは置いておくが……

まず新興宗教のことを新宗教とか言う人も居るが、権威を示したいがための分類なのでこの記事ではまとめて「新興宗教」とする。

新興宗教の成り立ちは色々あるが、急速に拡大を遂げたのは戦後の波乱の時代である

第一宗教ブームだ。PLや創価もこのブームに乗ってフィーバーした。

まりは人々が不安なところに寄りそう神様誕生(拡大)したとみて良いだろう。

昨今、奴隷契約を取り沙汰される芸能人勧誘が広くなることは不思議では無いが

東日本大震災を機に、よくは知らないが新興宗教繁栄をみせているのではないか

さて、そうは言ってもあなた神様否定することはしませんよ。

どの神様だって教科書で習った通り、起源を辿れば大体似たようなもんです。

ただ一度、考えてみてほしい。『神様』ってなんですか?

それについて、否定肯定もせず考察する面白い映画がある。『PK』というインド映画。いわゆるボリウッドだ。

『きっとうまくいく』というボリウッド映画の傑作も話題を呼んだが、そのスタッフと主演が手掛けている。

その映画を見た人なら似たようなもの想像してくれればいい。コメディ映画でありつつ社会にメスを入れるような作品だ。

笑って何故か踊り笑って何故か歌い笑って踊るようなTHEインド映画だ。

『きっとうまくいく』の成功からか『PK』も大ヒットしたらしい。きっとうまくいくが当時インドナンバーワンだったはずなんだけど、それを上回ったとかなんとか曖昧だが、なんとなくインド業界の『君の名は。』だといえばいいだろうか(いろんなところから怒られそうな表現)。

PK>とは主人公がそう呼ばれるのだが、「酔っ払い」を示すらしい。インドスラングか、「飲んだくれ」とか「虎」みたいなものだろう。

しか主人公酔っ払いなのかというと、違う。実は宇宙人なのだ

人間と同じ形をした宇宙人はなんとなく地球に降り立ったのだが、宇宙船コントローラーインド人に盗まれしまった。

素っ裸のままインドの街に行く。言葉も分からないなか、新興宗教教祖おっさんに拾われ、言語知識通信入手するために手を握ろうとしたら変態扱いされ、ムラムラしてんのか?とおっさん風俗に連れて行ってもらい言語を入手。

そんな中「神様に頼めばなんでも叶えてくれる」ということを聞き、「神様コントローラーを戻してもらおう」と神様めぐりを始めるのだ。

インドはめちゃくちゃ神様が多いようで、熱心な人も多いらしい。

主人公はあらゆる神に入信し、貢ぎ、一文無しになりながら叶えてくれる神様を探し続ける。

するとコントローラーが見つかった!神様のおかげだ!しかしそれを持っていた神様が返してくれないのだ。Why!?

まり見るからに貴重品なので返してくれないんですねぇ 新興宗教代表様が。

日本でもそうなように、「神様」「教祖様」はまぁ大体死んでる。生きてる(設定)としても実際に触れる距離で会うことは出来ない。降霊しても本人では無い。エル・カンターレのように最早人間ではないかもしれない。

そこで『神様意思を伝える人』の存在重要になってくる。

PKは、そのことに疑問を覚えるのだ。そして新興宗教本部で言ってしまう。

「それ聞き間違えてない?」「もし神様がそう言ったとしたら、(電話番号などの)かけ間違いだよ」

PKはいろんな新興宗教渡り歩いてきたので、こっちの神と神は言ってることが違うな。矛盾してるな。しか生活苦しいのに、いろいろ大変だな。と素直に疑問を提示してきたのだ。

それにインド国内は大混乱である。世は空前のかけ間違い動画アップブームになり……。

ここに書いたあらすじは一部である。本編は恋にダンスに歌にコスプレに大忙しだ。

ぜひ映画を見てほしい。最高です。

あなたが信じる神様伝道師は、神様にかけ間違いをしていませんか?

神様あなた苦痛を強いらないはずです。

ボカロ歌詞の「考察」を中高生くらいのガキが喜々としてやっていたのはただの中二病だと思ったけど、

最近はそれにとどまらず「考察深読みこそアニメ漫画の真の楽しみ」というカジュアルオタクが増えたよなあ。

アニメ漫画考察自体はもちろん昔からあったけど、当時は「拗らせたオタク深読み芸」って感じだったよね。

https://anond.hatelabo.jp/20170831161421

から表面的にしか漫画を楽しめないそうだなって思ったか簡単漫画読んだ方がいいと思うよってこと。

ワンピースとかでも本当に楽しんでる層は伏線読んだり考察してるそうだからね。

君はがんばって読もうとしなくていいか

2017-08-30

藤沢数希の経歴、正体、学歴本名、顔

参考 藤沢数希のまとめ http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisaw/

----------------

藤沢数希アムロのバックオフィス(三流の金融商品開発やトレードでも営業フロントですらなく)だった事がほぼ確定。

収入現実でもネット上でもメルマガぐらいで与沢翼と同じ詐欺の模様。

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼信者ビジネスアムウェイのような洗脳ビジネスの合成。

稼ぎ方を売ると高額商品連鎖取引にも抵触するためぼかして有益情報とし、引き込んだコミュニティマルチまがいの集団洗脳を行う。

一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う。

----------------

2005年金融日記を開始。

ブログ2008年09月会社が逝ったと書いているが、ABNアムロ銀行も同年同時期に経営破綻しそうになりオランダ国有化されているので藤沢数希の勤め先はアムロ銀行と言うのは確定。

あれだけ偉そうな藤沢営業は頭が必要だと言っている事と金商品プレゼン入社試験だった事からみて初めは営業マンだった可能性はある。

恋愛工学営業論にもルーツがあったとのうわさあり。おそらく最初入社したのは日本企業、やはり国際証券か。

著作では専攻は計算科学理論物理と書いてあり意味不明だが、察するにコンピューターシミュレーションの事か。

理論分野でなくせいぜい統計処理プログラムの実行ができると言った程度でそもそも物理学素養から一切ないのでありえない。

生物学が少し好きなよう。ハードサイエンスについて少しでも意味のある発言をした事はない。

統計屋のトレーダーであってプログラム自力で組めないのではないか

自称ではクオンツかつプロップトレーダーポートフォリオデリバディブの研究運用をしていたと言うが

クオンツ数学を使うのは日本で少なく文系でもなれる。金融商品開発ではプログラムが使えればよく文系もいる。トレード運用でも同じ。」と言っている。

当人理系でも数学スキルが低く半端仕事しかした事がないのでは?

ブログアゴラ記事をみるに多少数学的な話題を書いている場合もせいぜい経済学の初歩的な事や統計処理のみで経済関連では本当に初歩的ばかりか間違いも散見される。

クオンツと言っても字義的な量的に考える仕事を指しているのであって、数学物理学のような研究職ではないと思われる。

著作の内容もブログアゴラ記事と同様同じ程度で、インターネット新書に載っている事を引っ張ってきた以上の事は書いていない。

社会考察はほぼクリティカル経済話題ではななく一般的な時事に反応するだけで、内容も格差を認め規制をなくし競争させればよい程度のいわゆる新自由主義以上の事は言っていない。

金融関係記事部外者業界企業について調べたような視点見方情報のみ。

またクオンツ以外の広義の経済分析も、記事ワイドショーに使われるようなグラフを示しまるでみちびかれそうにない拙い思い付きを並べているだけでアカデミズムとも関係なく意味価値もないような代物。程度が知れる。

クオンツマーケティングトレーダー自称するにもかかわらず、実際に具体的な洗練された経済分析予測はしてみせたことがない。

本業だとしてもどうしても考え方や言っても問題ない事は自然と口にしてしまうはずだが(あるいはサービスするはずだが)、少しも実務の話や従事を感じるような発言をした事はない。

時折抽象的な事は言うがどれもこれも大外れでその度に言い訳をしている。とてもではないが経済分析仕事にできるような能力経験があるとも仕事をして情報に触れてきたようにはみえない。

以上から推測するに、もしかすると本当は元々『『藤沢数希国内証券会社営業マンだった』』可能性が高い。

金融を少し勉強し、もしかするとわずかにトレード技術業務にも携わった事があるのか。

あるいは外資系アムロ転職しバックオフィス一般職からみたような経験ブログを書こうとしたのではないか

理論物理学研究者だの外資系金融機関だのクオンツだの高給トレーダーだのと言うのは藤沢の詐偽。

それが目を惑わしているだけで、事実直視すれば無知無能なはったりだけの卑小な男がいるだけではないか

ドル(管理クオンツ)ではなくフロントでもリサーチなりアナリストマーケットトレーダーではなくセールス(営業)だったかもっと言えば一番可能性が高いのはバックオフィスだった。

金融日記が始まった当初はまだ外資系金融マン発言する事自体が珍しくそこに目をつけ思った以上に嘘が評判になったが、ネタが元からそれ以上なかったために恋愛工学シフトしていったのではないか???

----------------

藤沢数希さんがガチ市場関係者に絡まれ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Nb_6yaCy6QQJ:kabumatome.doorblog.jp/archives/65750196.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

藤沢数希には金融経済の基礎知識もなく、経済学自然科学理解もなく、トレーダーアナリスト経験もない。

プロが呟きを見て断言した証言理工学能力は見ての通り。

ゴールドマンサックスリーマンブラザーズではないABNアムロの、アカデミズム関係がない研究職なりクオンツでもなく金融マンでもないバックオフィス

----------------

藤沢数希経営なんてしてない。

経営する会社税務署から申告が来たけど忘れた→税理士は?と自爆会社経営も嘘確定。

初めてのおっぱぶ

知り合いにキャバクラを通り越して?おっぱぶに連れて行ってもらった話

略歴

案内所

普段見てないからか、案内所に入っていく人始めてみたと思った。

既に先約がいて、行き先を決めていた。

中にはトイレもあったので、お腹がヤバそうな時にかけこむのもありかも。

案内所のおっちゃんに「どこまでやりたいの?」「どれくらい?」などいろんな質問をされたり

可愛い子いるところは?」や「箱(店)が大きいところは?」と言った質問を投げ、

サービスのいい店をチョイス

値段書いていいかわからんけど

40min 8000円のところおっちゃんが交渉してくれて 40 min 5000円になった。

3000円引きって普通に考えるとすごい割り引いてくれるもんだなと。

つるっぱげの店の人が来て、店まで案内してくれた。

今度からこういう場に行くときは案内所を活用したほうが良いという学びを得た。

店内

低い椅子ソファーテーブルがポンっとあり、テーブル単位ほどで仕切りがある。

まぁ、ファミレスと大差はないけど、照明が暗いってだけくらい?

(一緒に行った人から聞いた話によると一人ずつパーティションがあるところが多いらしい)

キャバクラの店内にはとある事情から入ったことがあってそんな感じ。

焼酎とかは飲み放題!やったね!飲み放題だよ!

店に来て早速トイレに行ったんだけど、張り紙

``

オプション 〇◯ 2000 円

ストッキングを破いた場合罰金 2000円

```

とか色々書いてた。

おっぱぶってそんなことまで出来るんだ!

(後から調べたんだけど、最後までする人はするらしい)

ちなみに他の客はいなかった。。。

譲(?)

ワイシャツ1枚にストッキングと言う姿。

パンツ履いてないよこの人達。。。ブラもしてね〜。。。

男のことをわかってねーな。

ブラを脱がせたりパンツ脱がせたりもいいんじゃないか!

と思ったけど、そういうもんなんだと納得。

でも、店によっては下半身へのおさわり禁止だったりするらしいから、案内所のおっちゃんが言ったようにサービスがいいのかもしれない。

交流

おしぼりでお手てふきふき

おんにゃの子キタ―

おばちゃーん!

俺の席じゃなかったー!

1人目

まぁ、許容範囲の子が来て

譲「何のみますか?」

僕ちゃん「隣と同じ水割りで」

譲「足乗せていいですか?」

僕ちゃん「はい。」

って感じで淡々と受け答えをこなしていく。

隣の知り合いは、またがってもらったり、パフパフしたりしてる。

それをみてるだけで楽しいのだが。。。

譲が乳首Tシャツの上から触ってくるけど、なんとも思わん!

譲のおっぱい触ってくれと言うので触ってみた

「コヤツ乳首もうたってやがる!大きい気がする〜。形いいな〜。」と思いながら

僕ちゃん「大きいね。」

譲「これでも9番目やからね」

指を折りながら「A, B, C, D, E, F, G, H, I」おぉ!これが I かぁ。

...

譲「飲んでもいい?」

僕ちゃん「もう少ししたらね〜。(オメー飲むと別料金じゃねーかよ)」

後の会話はあんまり覚えてないけど、しょうもない話だった。。。

男「女の子の変わりまーす!」

譲「じゃぁね。」と言って、股間触って行った。

息子「寝てるからさわんじゃねーよ!」

2人目

おばちゃんキタ━(゚∀゚)━!

いや、うれしくねーから

もう、この店こねーかなと心のなかで思いながら

会話を楽しむ?

会計をして、いざ帰るぞってくらいに

知り合いがおばちゃんにでけー!というので、ポロン!ってしてもらうと。

垂れてる。

2人で片胸ずつおっぱいをめくり上げる。

知り合い「何カップ?」

譲「Iカップ

さっきのこと同じか。。。

このおばちゃん垂れすぎだろ、

さっきの子かたちよかったな〜。

あたりだったのかな〜。

次来たら指名しよう!こねーけどな!

と心なかでツッコミを入れながらさようなら〜。また来てね〜!

次の店選び

案内所にひとまず戻って次に行こうか談笑

やっぱり女の子の質が悪かったらしい。

そして、新橋はそんなもんらしいという情報も得たので本日帰宅することにしました。

考察

思ったより安くエンターテイメント付き飲み放題の店にこれるから気軽に言ってもいいんじゃないかと思った。

なんだかんだで楽しいひとときだった気がするので、今度はもっと譲をいじめていこうかと思う。

....この店の質は悪いと聞いて希望が持てた。

疑問点

  • 知り合いの譲の背中自分の方に向いてたんだけど、後ろからいきなり胸もんでいいもんなんの?

追記

譲の字が違うと言うコメント

嬢ですね。面白いのでそのまま残しておきます

2017-08-29

藤沢数希の経歴、正体、学歴本名、顔

参考 藤沢数希のまとめ http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisaw/

----------------

藤沢数希アムロのバックオフィス(三流の金融商品開発やトレードでも営業フロントですらなく)だった事がほぼ確定。

収入現実でもネット上でもメルマガぐらいで与沢翼と同じ詐欺の模様。

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼信者ビジネスアムウェイのような洗脳ビジネスの合成。

稼ぎ方を売ると高額商品連鎖取引にも抵触するためぼかして有益情報とし、引き込んだコミュニティマルチまがいの集団洗脳を行う。

一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う。

----------------

2005年金融日記を開始。

ブログ2008年09月会社が逝ったと書いているが、ABNアムロ銀行も同年同時期に経営破綻しそうになりオランダ国有化されているので藤沢数希の勤め先はアムロ銀行と言うのは確定。

あれだけ偉そうな藤沢営業は頭が必要だと言っている事と金商品プレゼン入社試験だった事からみて初めは営業マンだった可能性はある。

恋愛工学営業論にもルーツがあったとのうわさあり。おそらく最初入社したのは日本企業、やはり国際証券か。

著作では専攻は計算科学理論物理と書いてあり意味不明だが、察するにコンピューターシミュレーションの事か。

理論分野でなくせいぜい統計処理プログラムの実行ができると言った程度でそもそも物理学素養から一切ないのでありえない。

生物学が少し好きなよう。ハードサイエンスについて少しでも意味のある発言をした事はない。

統計屋のトレーダーであってプログラム自力で組めないのではないか

自称ではクオンツかつプロップトレーダーポートフォリオデリバディブの研究運用をしていたと言うが

クオンツ数学を使うのは日本で少なく文系でもなれる。金融商品開発ではプログラムが使えればよく文系もいる。トレード運用でも同じ。」と言っている。

当人理系でも数学スキルが低く半端仕事しかした事がないのでは?

ブログアゴラ記事をみるに多少数学的な話題を書いている場合もせいぜい経済学の初歩的な事や統計処理のみで経済関連では本当に初歩的ばかりか間違いも散見される。

クオンツと言っても字義的な量的に考える仕事を指しているのであって、数学物理学のような研究職ではないと思われる。

著作の内容もブログアゴラ記事と同様同じ程度で、インターネット新書に載っている事を引っ張ってきた以上の事は書いていない。

社会考察はほぼクリティカル経済話題ではななく一般的な時事に反応するだけで、内容も格差を認め規制をなくし競争させればよい程度のいわゆる新自由主義以上の事は言っていない。

金融関係記事部外者業界企業について調べたような視点見方情報のみ。

またクオンツ以外の広義の経済分析も、記事ワイドショーに使われるようなグラフを示しまるでみちびかれそうにない拙い思い付きを並べているだけでアカデミズムとも関係なく意味価値もないような代物。程度が知れる。

クオンツマーケティングトレーダー自称するにもかかわらず、実際に具体的な洗練された経済分析予測はしてみせたことがない。

本業だとしてもどうしても考え方や言っても問題ない事は自然と口にしてしまうはずだが(あるいはサービスするはずだが)、少しも実務の話や従事を感じるような発言をした事はない。

時折抽象的な事は言うがどれもこれも大外れでその度に言い訳をしている。とてもではないが経済分析仕事にできるような能力経験があるとも仕事をして情報に触れてきたようにはみえない。

以上から推測するに、もしかすると本当は元々『『藤沢数希国内証券会社営業マンだった』』可能性が高い。

金融を少し勉強し、もしかするとわずかにトレード技術業務にも携わった事があるのか。

あるいは外資系アムロ転職しバックオフィス一般職からみたような経験ブログを書こうとしたのではないか

理論物理学研究者だの外資系金融機関だのクオンツだの高給トレーダーだのと言うのは藤沢の詐偽。

それが目を惑わしているだけで、事実直視すれば無知無能なはったりだけの卑小な男がいるだけではないか

ドル(管理クオンツ)ではなくフロントでもリサーチなりアナリストマーケットトレーダーではなくセールス(営業)だったかもっと言えば一番可能性が高いのはバックオフィスだった。

金融日記が始まった当初はまだ外資系金融マン発言する事自体が珍しくそこに目をつけ思った以上に嘘が評判になったが、ネタが元からそれ以上なかったために恋愛工学シフトしていったのではないか???

----------------

藤沢数希さんがガチ市場関係者に絡まれ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Nb_6yaCy6QQJ:kabumatome.doorblog.jp/archives/65750196.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

藤沢数希には金融経済の基礎知識もなく、経済学自然科学理解もなく、トレーダーアナリスト経験もない。

プロが呟きを見て断言した証言理工学能力は見ての通り。

ゴールドマンサックスリーマンブラザーズではないABNアムロの、アカデミズム関係がない研究職なりクオンツでもなく金融マンでもないバックオフィス

----------------

藤沢数希経営なんてしてない。

経営する会社税務署から申告が来たけど忘れた→税理士は?と自爆会社経営も嘘確定。

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828161536

言うでしょ

具体的にはミュージカル感想本や歴史考察小説

模型写真集なんか中心に好きだけどこれらのジャンル活字でも漫画でもDVDでもCDでもいろんな媒体頒布されるから

自分の興味ない漫画アニメみたいな二次絵の物は買わないってだけ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん