「考察」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 考察とは

2019-02-20

パックンフラワーが怖い

スーパーマリオシリーズに登場する敵でお馴染みのパックンフラワー

簡単に言えば、人食い花である。赤い色に白い斑点、大きな口が特徴である

私は、あれが怖い。

何かのトラウマなのかもしれないが、原因はよく分からない。ただ、視界に入ってしまうと全身に鳥肌が立ち、震えながら目を逸らしてしまう。

なんで今更、こんな事を書くかというと、事の発端は大乱闘スマッシュブラザーズの新作である。私は生放送YouTubeで見ていたが、あのシーンになった瞬間、何か嫌な予感がしてすぐに画面を閉じた。

ほとぼりが冷めたころ、Twitterを覗くと「パックンフラワー」がトレンドに入っていた。私はすぐさまタイムラインミュートキワードにあらゆる文言登録し、シャットアウトした。誰かのリツイート、またはいいねツイートが表示されてしまうかもしれないからだ。

しかし、その自衛策に意味はなかった。

androidTwitterインストールしている人なら分かると思うが、トレンドのタブに今話題になっていることがトップで表示される。画像付きで。

私は怖くて数日間Twitterアプリを開けなかった。

子供のころ、マリオカートプレイしているときパックンフラワーが登場するコースを選ばなかった。

WiiU版のマリオカート8でパックンフラワーアイテムとして登場した際、私は絶望した。

スーパーマリオブラザーズシリーズはロクにプレイしたことがない。私は、自分の謎のトラウマのせいでマリオを遊べないのである。そしてあろうことか、任天堂ゲームでさえも封印されてしまったのだ。

最近スイッチ版のマリオブラザーズが出るということでテレビCMが放映されているが、私は目を合わせない。そうするしかない。

パックンフラワーが怖い」なんて、恥ずかしくて誰にも言えない。そしてそれを強要する気はもちろんない。「私がパックンフラワーいから、任天堂ゲームからパックンフラワー排除しろ」なんて言える立場ではない。だからこうして、極力視界に入らないよう自衛するしかない。

私は、この気持ちを誰かに分かってほしい。もしかしたら、地球上にもう一人くらい、同じ悩みを抱えている人がいるのではないか?と。

ここで、私がなぜパックンフラワーを怖がっているのか考察してみる。多分、

植物

・牙付きの大きな口

この2つが関係していると思う。

私は植物があまり好きではない。世の中に気持ち悪い花があるみたいな、そんな感じ。あと、自分の背丈を超える植物ひまわりとか)もちょっと恐怖を覚える。何故かは分からないが、怖いのだ。

もしこの植物意思を持ちはじめたら・・・などと考えると、怖くて眠れなくなる。

大きな口は、食べられそうで怖いのだろうか?先端恐怖症の人が「刺されるかもしれない」と思うのと同じなのだろうか?それに牙がついているのだから尚更だ。

自分が嫌いだから」を強要する人間は人として最低だと思う。これは自分オタクであり同人誌を好むからよく分かる。

私もその一人になってしまうのが怖い。「パックンフラワーが怖いから、排除しろ」とは言いたくない。嫌いなものを少しでも自分から遠ざける、そのためのミュー機能である

だって自分の好きなもの咎められたり、「俺それ嫌いなんだよね」と言われたら傷つくし、腹が立つ。世の中にはパックンフラワー好きな人だっている、その人のために、私は声を上げない。

こうしてここに投稿しているのだから矛盾しているのは分かる。何か良い解決策はないだろうかと考えるが、まずはこの気持ちを、考えを、誰かに分かってもらいたいのは事実だ。最後になるが、この症状がもし何かの病気の疑いがあるのなら、教えてほしい。精神的なもの心理的ものわず、治せるなら治したい。自分は異常な人間だと分かっている。でもそんな異常な人を分かってくれる人が1人でもいたら嬉しい。

テレビって一応は「正解」みたいなもの放送していると思っていて

そんな中で流行音楽が紹介されて

歌詞考察タレントなんかがやりだすと、すごくもどかしい気持ちになるな

本人から解説ならわかるんだが

anond:20190219152028

伏線の話するけど、某どんでん返し漫画の連載時の2chスレ遡って読んでたら

かい描写拾ってほぼ真相を当ててる人がいて

当時は「作者そこまで考えてねーよw」と言われて考察厨扱いされてたのが

真相明らかになりはじめた途端に「作者そこまで考えてたわ…」とスレ全体呆然としてて壮観だった

2019-02-19

けものフレンズ2についてのフラット感想考察まとめ

フラット感想考察はてブで上がってきたら嬉しいと思っていたのですがどなたかご存じありませんでしょうか。1で出来ていたことが2では出来ておらず~というお話はもう見飽きましたので。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4664802772046056961/comment/yuhtan


とあったので、いくつかリンクを貼っておきます

「けものフレンズ2」とか「イケナイ刑事💛」とか - 四十路男の失敗日記

新しく始まった「けものフレンズ2」ですが…

絵が変わりました、なんかかわいい。前はもっとポリゴンっぽかったのに。

サーバルさん、もうかばちゃんと旅をしたことを忘れたのか。

ラッキーさんが運転するモノレールかっこいい。

というような感想しか浮かんでこないのですが、裏事情とかわからない素人なので(わからなくてもいいと思う)この作品について絡むのは平にご容赦いただきたく。

まあ、これ以上の感想は書く予定もないんですが。

余計なことは考えずに見よう。

とりあえず、謎というか仕込みが多くて「ぇ?」という第1話でした。

パズルの終盤みたいに、次々と解けていくのが楽しみですが、はたして。。


けものフレンズ2はおもしろい-第1話感想【けものフレンズ2】 - Animereal-覇権と京アニ-

けもフレ2は監督制作会社の変更でいろいろと言われてしまうだろうし、もちろん1期の制作陣で作るけものフレンズの続編を見たかった気持ちはある。だけど2期は始まった。あのいざこざを無かったことにはできないし忘れもしないけど、けものフレンズ2を作るスタッフの多くは無関係だし、良いものを作ろうと頑張ってくれている。あの騒動の影響に左右されて「けものフレンズ2」を酷評することはできない。そう感じさせる面白さが2期1話にはありました。

2話以降も楽しみにしています


けものフレンズ2 第1話: 百合佳話 [ゆり/かわ]

舞台設定や登場人物雰囲気ストーリーの流れなどは、第1期の第1話とかなり近い感じですね。記憶がなく自分の巣(家)がどこかもわからない、一人称が「ボク」の、男の子女の子か今ひとつ不明なヒト(まあ人間じゃないかもしれませんけど)が、サーバル達と出会い、若干アバウトに名前を決められ、他のフレンズにも助けられながら巣を探しに出かける、とか。後半の展開も何だか似ている印象です。

 さすがにシリーズ全体で同じストーリーラインを繰り返すわけではないのでしょうけれど、第1話をここまで似せるのには何か理由があるのでしょうか? 今度の第2期で新しいエピソードが描かれるとしても、「やっぱり『けもフレ』はこうだよね」と納得して楽しめるような仕掛けが用意されているのかどうかは気になる所です。


ぬるーくまったりと 3rd けものフレンズ2 テレ東(1/14)#01新

1期を踏まえながらも、連続した物語ではない2期でした。

船で海に出かけて島を目指したかばんちゃんサーバルたち。

しかし今回は、かばちゃんとの旅の記憶を失っているサーバル

同じ個体のようですが、本当に同じかは不明

作画は数段レベルアップして予算豊富なことを伺わせる。

ただし、脚本無駄な会話が多くてテンポも悪くてダレ気味。

もう少し取捨選択を行わないといけない脚本


「けものフレンズ2」1話 - パンデモーニカはぱんでもヶ丘

「けものフレンズ2」2~3話 - パンデモーニカはぱんでもヶ丘

まれる前から腫れ物扱いだなんてたまらねえよな。私は「けものフレンズ2」も「ケムリクサ」もたのしみにしてた。どちらの1話もよかったと思った。


他に見つけたらまた更新しますね。

anond:20190219061517

追記自己トラバ

考察として「パン」という破裂音がもたらす緊張感と「ティー」という滑らかな音がもたらす解決とが合わさっている所が言葉の響きとして秀逸なのだと思う

桂枝雀が笑いとは緊張と緩和だと語っていたが、パンティーは一語で緊張と緩和を表現している

パンティーの意味するものが大変くだらないという所も含めて、この言葉最初に着目したパンティ増田の慧眼には脱帽した

脳は否定形理解できない

体罰が悪い人間を作るのってお前は悪い人間だと言われることと暴力を与えられることにどんどん馴れていくからだよな

そんで罵倒暴力っていう二つの柱について考察が深まって学んだ結果を他人に返していく人間に育つんだよな

脳は否定形理解できないってそういうことだよな

2019-02-18

anond:20190217173005

いちおう2期のどこがまずいのか、書いておく。

人様の考察で悪いが

https://ciatr.jp/topics/304345

等、私にとっての1期の良さはこういうところ。しかし、2期は最初の数話でこれらの可能性を「すべて」つぶした。

!すべて!!だ!!!

これは最悪で、譬えるならエヴァンゲリオン2期にていきなりエヴァはタダの機械ガンダムみたいなものだよー敵もただの別国の人だよーと言い出したようなもの

本当にやめてほしい。

正直、「CGかわいい」とかそいいう層はゆるゆりでも見とけばいいんじゃないかな?とおもうんだけどね…

2019-02-17

神にフォローされてしんどい

オタクのしょーもない感情の吐き出し。

以前、文字書きが同じ文字書きを妬ましく思っているブログがバズってたけど、系統としてはそれと同じ。

神だと思っている文字書きさんがいる。

神の作品があって、そのジャンルでの自カプに落ちたも同然だった。キャラの造型も解釈も、作品の展開もどれも好みで、感動したのを覚えている。

支部作品を全部読んで、支部プロフからツイッターに飛んだ。鍵はかかってなかった。ベッターのリンクを見つけて飛んで、支部掲載作品も読んだ。どれも素敵だった。少し迷ったけどフォローさせてもらった。当時はハマりたてでフォロワー0のアカウントだったから、ブロック覚悟したが、外されることはなかった。神以外の自カプのアカウントもいくつかフォローして、ジャンル自体勉強をする日々が割と長く続いた。

ある日、神からフォロバされていた。青天の霹靂とはこのことか。この頃にはフォロワーも増えており、怪しいアカウントの見た目から卒業できてはいたが。まさか。誤フォローだそうに違いない。そう思って挨拶もせずに(フォローも無言でしてた)放置していたが、二日経って三日経って一週間経っても神は自分を外さなかった。どうやら誤フォローではなかったらしい。

自分文字書きの真似事をしているが、自カプでは書いてはいなかった。ツイッターでただ壁打ちしては満足していた。そのうち、神からもファボ(当時)を貰ったりして(これも誤ファボだと思っていた)、神に自カプの者として認められたみたいで嬉しかった。ただただ舞い上がって、自カプの似たような話ばっかして、でも今になって思うと、神からの反応はあってもなくても当時は楽しかった。自カプをちゃんと好きだった気がする。

相互となっても神は神だ。神の呟く自カプの話、神が書いた作品、どれも素敵だった。神はツイッター作品テイストも、自分フォローした時から何一つスタンスは変えちゃいない。だからこれは、自分勝手な心境の変化だった。

神のTLに自分がいることが烏滸がましいと思うようになった。少し経ってそれが恥ずかしいに変わった。もう少ししてからは、辱めのように思えてきた。神と自分では圧倒的に、偏差値が違っている。

分かりやすく言うと、自分の「推し(^ω^)ペロペロ」みたいな呟きと、神の「推しのここの発言社会環境に起因するうんたらかんたら」みたいな呟きが一緒に流れているのだ。神は難しい単語や読めない漢字意味不明カタカナをよく使っている。この一文で自分の頭の悪さを分かってもらえると思うが、『頭が良い人間文章なのだ

頭が良い人間が書いてるんだから神の作品面白いに決まっているし、頭が良い人間考察なんだから説得力がある。対して自分は「推し尊い(合掌)」くらいの中身のないツイートばかりだ。

ここまで来るともう無理で、でも自分なんかが神をブロック→解除するのすら申し訳なく、しばらくはミュートにしたり、神がミュートしてくれてると自分に言い聞かせたり、TLを見ないで壁打ちしたりしてた。でもなんか限界だった。

限界感情責任転嫁というひどい着地点に行き着いた。なんでコイツ自分のことフォローしてんの?頭いいこと自慢したいの?と。そういった感情の時だった。自分には自カプ以外にもお気に入りキャラが居たのだが、神がたまたま話の引き合いに出したそのキャラへの扱いが若干自分地雷だったのものからもう大変。この頃には自カプの、なんだろう、界隈の雰囲気?みたいなのがそもそも自分に合わない(壁打ちにばかりツイッターを使う自分と、空リプ合戦で既に強固な繋がりが出来上がってる界隈の人達)のもあって、結局自分が自カプから離れてジャンルから卒業した。

なんだこれで終わりか?って感じかな。

終わりたかったよ自分も。最近困ったことが起きた。

自分全然別のジャンルに居る。そこでは文字も書いてて、拙い自覚はあるけど頑張ってるつもりだ。あの神に比べたら少しだけど、自分には勿体無いくらいの反応もある。

自分ツイッターアカウントは鍵がかかっている。ある日、鍵のアカウントからフォロー申請が来ていたので気軽に承認し、自分申請を出して、許可された。

そのアカウントホームに行って愕然とした。神だった。名前アイコンも何もかも違うけど、神だった。確信があった。いや本当はもしかしたら別人なのかもしれないが、自分には別人とは思えない。神からフォローされてしまった。

今また同じモヤモヤを抱えながら活動している。神はやはり頭が良くて、作品も素敵で、考察は鋭い。自分がウンウン唸りながらなんとか産み出した作品が幼稚でちっぽけでゴミみたいに見える。

自分が神だと思ってる方にフォローされると、嬉しさとか、喜びとか、優越感みたいなのって誰しも感じると思うんだけど、それだけじゃないんだな。自分は今、どうしていいか分かりません。なんで自分なんだろ…。良質な妄想提供してくれる人なんて他にもいっぱいいるじゃん……。

ブロックすればいいのは分かってるんだけどさ。

2019-02-16

バミューダトライアングル ~カラフルパストラーレ~の物理化学

バミューダトライアングル ~カラフルパストラーレ~(以下バミューダ)というアニメ放送中だ.元ネタがいろいろあるらしいが,知らなくても楽しめる.私は楽しめている.とても良い日常系アニメであるし,物理化学的な示唆にも富んでいる.

一方で,一般視聴者の評評価は必ずしも良くはない.理由として,絵がさほど美麗でないことと,ある描写が多くの人に受け入れられないことが挙げられる.

バミューダは,人魚少女田舎の町で様々な経験を通して成長をしていく物語だ.登場人物人魚であるから舞台は海中だ.

ところが,バミューダは,舞台が海中であるにもかかわらず,水が登場する.海中でお茶を飲んだり,風呂に入ったり,水槽を構築してアクアリウムをおっぱじめたりする.お茶からは湯気が立ち上る.海中であるにもかかわらず液体を扱う様は,我々の一般常識からは非常に奇妙な描写に映る.

この描写があるため「制作陣はこんな矛盾にも気づかないのか」「ヤバすぎる」「幼稚園からやりなおせ」という声は根強い.しかしながら,海中の水はしつこいほどに頻繁に登場する.何人ものプロフェッショナル長期間仕事として向き合った結果作り上げられた作品に,そのようなミスが致命的なミスがいくつも残されているとは考えにくい.海中で水のように振る舞う物質は,制作からの何らかのメッセージであると考えるのが自然である

そこで,物理化学的な視点からバミューダに現れる「海水中の水」について考察することとした.

  

海水が水である場合

人魚という,人間常識から考えれば非科学的な存在が登場する本作である海水と思われている物質地球海水と同じ成分ではない可能性は十分に考えられる.しかし,ここでは海水として描写されている流体が地球海水類似した成分(無機塩類の水溶液)だったとしよう.

海水中で水のように振る舞うための条件を以下に示す.

 a,海水に溶解しない

 b,海水よりも比重が大きい

 c,透明であり,海水屈折率が異なる

 d,粘度が十分に低い

これらを満たす物質は無数にある.

1,ハロゲン化アルキル

サスペンス映画で大活躍するクロロホルムは水にほとんど溶解しない.また,密度は1.48g/cm3であり,海水に対して沈む.透明であるし,海水屈折率が異なるし,粘度も極めて低い.したがって,クロロホルム海水中で水のように振る舞うことは十分に考えられる.親しみやすクロロホルムを例に出したが,クロロホルムアナログである四塩化炭素ジクロロメタンも同様に振る舞うだろう.他にも,ハロゲン化されたアルカン(炭化水素)は水よりも比重が重い場合が多いので,同様に振る舞うだろう.地上では常温で気体になる物質であっても,海中では水圧の影響を受けて液相を保つ場合が考えられる.多くのハロゲン化されたアルカンは水よりも比重が大きいため,a-cの条件を満たす可能性は十分に考えられる.また,湯気に関しては,高温のハロゲン化アルキルが海水に溶解する際の濃度変化による屈折率の変化だと考えることができる.

2,イオン液体

イオン液体は常温で液体の塩(エン)である.水やエタノールガソリンのような通常の液体は電荷(静電気のようなもの)を持たない分子から構成されるが,塩(エン)であるイオン液体はそうではない.塩(エン)は,分子ではなく,分子プラス電荷(静電気のようなもの)をもった陽イオンと,マイナス電荷を持った陰イオンから構成される物質だ.親しみのある塩の例として,塩化ナトリウム水酸化ナトリウム重曹などがある.このような身の回りの塩は,プラスマイナス電荷がお互いに強く引っ張り合うため,どれも融点が数百度と高い.100年前までは,塩(エン)は常温では個体であると考えられていた.一方で近年注目されているイオン液体と呼ばれる物質は,塩であるにもかかわらず室温で液体である蒸発しない,燃えにくい,電気伝導度が高い等の特異的な物性を示すため,バッテリーなどへの応用が期待されている.

イオン液体の多くは水よりも比重が大きい.また,アルキル基が長い,電荷が非局在化されいるなどの理由から疎水性が高い一部のイオン液体は極めて水に溶けにくい.塩濃度が高い海中ではなおさら水に溶けないだろう.

 

海水が水ではない場合

液体を見ると水だと思ってしまうのは,人間特有固定観念だ.人魚が登場する世界では,そのような固定観念は完全に排除する必要がある.そこで,海水だと思っていた物質が,実は海水ではない流体であった場合を考えよう.

1,海水メタンであった場合

気圧の関係からメタンが液体として存在する惑星は多い.メタンは燃焼してしまうと考える人は多いが,大気酸素を含む惑星はそれほど多くない.生命の星である地球はともかく,多くの惑星で,大気の主成分は二酸化炭素メタン水素ヘリウム等の単純な物質であるバミューダ舞台もそのような惑星かもしれない.メタンの海を有していれば,メタンに溶解しない水はまさしく水のように振る舞うだろう.また,メタンと混和しない有機溶媒は無数に存在する.海がメタンで,海の中の水がそのような有機溶媒である可能性も指摘できる.

2.海水石油様の物質であった場合

バミューダ惑星大気圧が1気圧前後だったとしても,有機物の海が存在する可能性は十分にある.例えば,地球においても石油は液体として存在する.海が石油のような炭化水素構成されていたとすれば,メタン場合と同様に,海水の中の水の存在説明できる.その場合,5話で登場した海中で降る雨の存在説明することができる.また,ひじきを干す描写は,ひじき中の水分を石油様の物質拡散させていると解釈することができる.

以上の考察から,「海中なのに水が登場するのはおかしい」という指摘は,人間世界固定観念に囚われた視野の狭い発想であるといえる.作品理解観点からバミューダ惑星地球とは異なる環境天体である可能性を視野に入れることは極めて重要である(実際,あの星は地球ではないらしい.元ネタを知らないのでわからない)

バミューダトライアングルカラフルパストラーレ~は,dアニメストア等で配信である.今期で一番おもしろいので,是非視聴しよう.

百合ジャンル歴史現在 後

承前

https://anond.hatelabo.jp/20190216024920

 そして2018年現在百合ジャンルはその定義をやっと安定したものとして確立し、内部で属性の細分化が進行している。「少女小説」にルーツを持つ「正統派百合」や「セーラームーン」にルーツを持つ「戦闘美少女もの、多数のメディアミックス作品からなる「アイドルもの、「アイカツ!」や「プリパラ」の代表的女児向けアニメ本編での百合的な描写など、ひとことに百合といっても多岐にわたる作風や絵柄、対象層の想定の下で日々多くの作品創作されている。この流れを示唆するのが、2017年からみられるようになった細分化された特定百合ジャンル作品掲載したアンソロジーの発刊である。例としては、おねロリ(お姉さん×少女カップリング限定したアンソロジー)、社会人百合(学生設定の多い中、ヒロイン二人の年齢を成人以降に限定したアンソロジー)、夢(一人称視点ストーリーが進行し、主人公としての読者とヒロイン恋愛が描かれるアンソロジー)などがある。また、少年誌で連載されていた百合マンガアニメ化が続々と決定し、各書店百合特設コーナーが作られるなど、確実にやおいBLコンテンツと肩を並べられるまでの規模に成長しつつある。さらに、「ユリイカ」「ダ・ヴィンチ」といったオタク向けでない雑誌においても、「百合」が特集されて取り上げられることもあった。これらによって百合ジャンルは読者層をどんどん広げ、境界線の明確なものではなく、あらゆる作品エッセンスとして取り入れられるように変化してきているといえる。

まり2000年初頭にみられた「百合」論争とファン同士の対立とは逆に、ジャンルの細分化によっていい方向に百合という概念拡散してきているといえよう。女性男性議論を重ねながら平等構成している百合ジャンルは、マンガジャンルの中でも特異な体質のものだ。しかし、やおいBLジャンルに関する研究は数多くみられたが、百合GL ジャンルに関する研究現在ユリイカ掲載されたもののみである。今後、さら百合ジャンルが広まっていくにあたり、読者分析や内容分析によってさらに細かい分析をするに値する分野だと考えられる。特にマンガという表現形態だけに限らず、各時代代表する百合作品時代背景を踏まえ、ジェンダーフェミニズムといった視点からのより詳細な分析必要性を感じた。

<参考文献>

川崎賢子, 2014,「半壊のシンボル――吉屋信子百合欲望共同体」『ユリイカ12月号:42-49

上田麻由子,2014「内なる少女を救い出すこと――『シムーン』の孤独連帯」『ユリイカ12月号:190-198

藤本由香里「『百合』の来し方――『女同士の愛』をマンガはどう描いてきたか?」『ユリイカ12月号:101-109

アライ=ヒロユキ, 2015,「オタ文化からサブカルへ――ナラティヴへ誘うキャラクター繊研新聞社

<本文中で紹介した作品><単行本

吉屋信子, 1925,「花物語洛陽堂 『少女画報』掲載

山岸涼子, 1971,「白い部屋のふたり集英社 『りぼんコミック掲載

池田理代子, 1972-73,「ベルサイユのばら集英社 『週刊マーガレット掲載

池田理代子, 1974,「おにいさまへ…集英社 『週刊マーガレット掲載

武内直子, 1992-97,「美少女戦士セーラームーン講談社 『なかよし掲載

さいとうちほ, 1996-98,「少女革命ウテナ」小学館 『ちゃおフラワーコミックス掲載

介錯, 2004-05,「神無月の巫女角川書店 『月間少年エース掲載

サンライズ佐藤健悦, 2004-05,「舞-HIME-」秋田書店 『週刊少年チャンピオン掲載

なもり, 2008-「ゆるゆり一迅社 『コミック百合姫S』・『コミック百合姫』掲載

えばんふみ, 2010-2011,「ブルーフレンド」集英社 『りぼん掲載

白沢まりも, 2011,「野ばらの森の乙女たち」講談社 『なかよし掲載

アンソロジー

2017,「パルフェ おねロリ百合アンソロジー一迅社

2018,「あの娘と目が合うたび私は 社会人百合アンソロジーKADOKAWA

2018,「百合+カノジョふゅーじょんぷろだくと

雑誌

2003-05,「百合姉妹」ムック

2005-,「コミック百合姫」一迅社

2007-2010,「コミック百合姫S」一迅社

2007-2011,「コミック百合姫Wildrose」一迅社

2007-2014,「コミック百合姫」一迅社

2018,「ダ・ヴィンチ 3月号」KADOKAWA

テレビアニメ

2011,「魔法少女まどか☆マギカ

2012-2016,「アイカツ!サンライズバンダイナムコピクチャーズ

2014-2017,「プリパラタカラトミーアーツシンソフィア

あとがき

 これを書いたときはやが君アニメ化前だったので取り上げなかったな~と思うと感慨深い。あとファン考察が雑で本当に申し訳ございません。いつかしっかりやろうと思います

百合ジャンル歴史現在 前

 本稿では、BL/やおいと比べ論じられることの少なかった「GL/百合ジャンル確立歴史と、その現状について考察する。

 はじめに、「百合」というマンガアニメにおけるジャンルを示す言葉概要説明する。「百合」とは主に、女性同士の恋愛と、それに満たない関係性も含めて描いた作品ジャンルを指す。川崎によれば、定説として語源ゲイ雑誌薔薇族」に由来する。男性同性愛を指す「薔薇族」と対になるよう、女性同性愛者を「百合族」と呼称した「百合族の部屋」というコーナーが1976年から不定期連載されるようになったのが始まりであるとされる(川崎2014:44)。当時はレズビアンを指す用語だったが、徐々にサブカルチャーに輸入され女性同性愛を扱った作品群を呼称する言葉に変化していった。

 まず、日本での「百合」のマンガジャンルとしての成立について述べる。そもそも大正ごろの日本においてマンガとしての形態以外で女性同性愛テーマにした創作物としては、性描写過激男性向けポルノか、少女向けの小説に二分されていた。特に女学生同士の姉妹関係エス」をテーマにした少女小説金字塔として、「花物語」(1925)などが代表される。しかし、大正時代少女文化として流行した「エス」の概念現代の「百合概念とは違い、上田は「自覚的女性を愛することを選択したというよりは、良妻賢母になるための安全なる予行演習という側面もあった」と述べている。(上田 2014:192)

マンガが発展し、女性同士の関係性を主題とした最も初期の連載作品1970年代ごろから山岸涼子「白い部屋のふたり」(1971)、池田理代子おにいさまへ…」(1974)、「ベルサイユのばら」(1972-73)のオスカルロザリーなどにみられはじめる。これらは、「24年組」に代表される少年愛テーマとしたマンガと同時発生的に少女マンガ誌に掲載されたものだ。藤本は、このころの百合マンガの大きな特徴として

 ①対照的な二人の容姿(中性的・くっきりとした美人可憐少女イメージ)

 ②演劇モチーフ(宝塚歌劇の影響)

 ③悲劇的なストーリー(少年愛を扱う作品対照的同性愛による葛藤描写)

を挙げている(藤本 2014:101)。これらの特徴は、1970年代女性の抱えていた抑圧感を反映していたものなのではないかと考えられる。女性作家による「少年愛」が現実の抑圧から解放として、性的未分化存在(少女)の何物にも縛られない感情の動きを描写したものなら、このころの「少女愛」はそれと対照的に、抑圧からの逃避としての悲劇的な結末が設定されることが多かったのではないだろうか。表現手法舞台設定は耽美幻想的でありながらも、当時の日本での女性のおかれる立場に忠実な閉塞感が描写されたものだと考えられる。また、この時代百合マンガ少年愛ほどの大きなムーブメントには発展せず、作品数も多くはなかったため、自然消滅的に衰退していった。

 しかし、1990年代同人誌文化の発達に伴い、百合ジャンルも急速にその勢いを復活させる。

まず、「美少女戦士セーラームーン」(1992-97)によって、女児向けマンガにおける戦う美少女という概念ジェンダー論的な観点においての大きな転換点となる。異性愛的な要素が物語の中心に関与していたにもかかわらず、同人イベントではセーラー戦士同士のカップリングを描いた作品が爆発的なブームとなった。その理由として考えられるのは、消費される客体としてではなく主体としての戦う美少女像が確立されたことではないだろうか。これにより、百合的な描写70年代における悲劇的な結末に向かう物語ではなく、少女が二人で主体的に幸せを獲得していく過程が重視されるようになっていったと推測できる。

そして、物語の中の関係から百合文脈を汲み取っていた時代から、前提として百合のもの主題においた作品も増加していく。代表的なものとして、「少女革命ウテナ」(1996-98)がある。この作品は、古典的少女マンガシンデレラストーリーを基盤に「王子様」と「お姫様」を少女同士に置き換えてなぞりつつ、70年代百合作品に見られた演劇的なモチーフや学園モノ、男装美少女といった設定を取り入れ、また絵柄としても耽美で繊細なものであったが、これらは意図して行われたパロディ化された演出だった。ストーリーの結末も、最終的には二人が離れ離れになる点は悲劇的にも取れるが、その後ヒロインたちの再会が示唆されている。アライによると、「王子様」と「お姫様」が結ばれてハッピーエンド、という構造少女同士で反復するだけではなく、最終的にヒロインたちは「王子様」と「お姫様構造破壊し、自身覚醒させ歩き出すことで、社会的女性規範を打ち砕くことができるのだ。(アライ 2015:57)それこそが「世界革命する力」であり、この結末によって投げかけられたのは、異性愛規範や家父長制へのアンチテーゼと、黒人女性解放運動日本女性ウーマンリブ運動などの背景を踏まえた社会的メッセージだった。

これらの2作品によって、社会的な動きと呼応した百合マンガの潮流が形作られはじめる。「セーラームーン」も「ウテナ」も少女マンガ誌に掲載されており、本来ターゲット層は10代の少女対象にしていたと考えられるが、ここでのプラトニック少女たちの絆がオタク層にも受け入れられ、恋愛的な文脈解釈した成年層による二次創作が爆発的に流行する。これと同時に一次創作オリジナル同人誌においても、「百合」という概念が定着しはじめ、少女同士の恋愛主題にした作品がみられるようになる。

 そして2000年代に入ると、マンガジャンルとしての百合を専門に掲載した「百合姉妹」(2003-2005)が発刊される。その後、「コミック百合姫」(2005-)に統合され、現在刊行中。専門誌の発刊は大きなジャンルの発達の手掛かりとなり、この雑誌に連載されていた作品アニメ化や二次創作流行によって、「百合」というジャンルがはっきりと定義されはじめ、広く認知されるようになっていく。しかし、その定義に関して「男性が主要人物として登場し、恋愛関係に介入する」「性的関係が生じた場合百合ではなくポルノ」などといったさまざまな議論が巻き起こったのもこの時期である

また同時期に、「神無月の巫女」(2004-05)や「舞-HIME-」(2004-05)などの少年誌で連載される百合作品が登場する。これらの作品は、少女マンガ作品よりも直接的な同性間の恋愛としての描写性的表現が強く押し出されていた。ここから現代男性向けと女性向けの要素を同時に内包した現代百合マンガ形態確立しはじめたといえる。2007年には、前述した「コミック百合姫」の姉妹紙として一迅社からコミック百合姫S」と「コミック百合姫Wildrose」が発刊。「S」は本誌よりソフトで繊細な関係性の百合を扱い、なもりゆるゆり」(2008-)が代表するような「日常系百合」の流れを作った。一方「Wildrose」は、それまで成人向けポルノとしての過度な性描写忌避されがちだった(厳密な定義での「百合」ではないとされる議論があった)当時の風潮の中、直接的な性描写掲載した作品を扱う専門誌として独立した挑戦的な試みだった。

 ここで、2008年に行われた「コミック百合姫」の読者アンケートを参照してみる。2008年7月号時点の『コミック百合姫』読者の男女比は男性27%、女性73%であるのに対し、『コミック百合姫S』の方は男性62%、女性38%となっている。つまり現在統合された「コミック百合姫」の購買層は、この男女比を単純に平均すると男女差はほぼ半々で、やや女性読者のほうが多いということになる。ここでは百合マンガの購読層を性別と消費の形態に4つに分類して考察した。

①「傍観」型女性

 女性購読層において基本的には、社会的比率を前提にすると異性愛女性のほうが多いと考えられる。彼女たちは少女同士の関係性に、「現実における異性愛ジェンダーロールによる苦痛から隔絶された「非現実的な同性間による越境快楽」を心の拠り所として愛好するのではないだろうか。なおこれについては、やおいBL ジャンルを愛好する女性においてもほぼ同じ理論適用できる層が存在すると思われる。

②「投影」型女性

 百合というジャンル性質上、他の恋愛形態をメインとしたジャンルよりもレズビアンバイセクシャルを自認する女性が購読層に多い傾向にあることは考慮するべきである彼女たちは、異性愛女性が「少女マンガにおけるロマンティクラブ」を夢見るのと同じように、自身性的指向に一致した自己投影先として「百合マンガにおけるロマンティクラブ」を享受していると考えられる。

③「傍観」型男性

 百合自分投影先の存在しないストーリーを消費するものとして受け取っている購買層。①「傍観」型女性とほぼ同じ論拠が適用できると考えられる。

④「投影」型男性

 百合マンガ登場人物自己投影する男性は、ジェンダーロールから解放と、女性との恋愛の疑似体験を同時に達成できる。この購読層の性的指向に関しては、社会的比率として異性愛男性が多いと思われるが、異性愛コンテンツNL)ではなく百合GL)を愛好する彼らに関しては、③「傍観」型男性よりさらに複雑な感情ルーツを持っていると考えられる。また、TS願望を持つ男性MtFとは区別する)や、同性愛男性共感を持って少女同士の関係性を愛好する例も、この枠にひとまず収めることとする。

⑤「乱入」型男性

 特に男性向けの性的描写の含まれ百合マンガ等においては、その世界の中に没入し登場人物の中に「混ざりたい」という観点で消費する層も存在する。これは上記の4つの例と異なり、少女同士の関係性ではなく「(男を知らない、穢れのない存在として描写される)レズビアンである少女を自らの男性性によって屈服させたい」というマウンティングによる性的欲望や、男性主人公やその代わりとなる女性キャラクター存在しない「ハーレムもの」といった受け止め方に由来するものと思われる。ただし、これらの男性百合ジャンルファンから忌避される傾向にあり、特に近年の百合主題とした作品においては減少している。

これらのファンがそれぞれ百合というジャンル定義について議論を重ね、各需要を満たすような創作物制作していったことにより、百合ジャンルが発展していった時期だった。

次に、2010年代百合文化を振り返る。このころに代表的な作品として挙げられるのはテレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ」(2011)だろう。この作品は、「セーラームーン」にルーツもつ戦闘美少女系譜を受け継ぎながら、現代調に前提として百合意識して構成された作品ひとつで、魔法少女同士のカップリングを扱う二次創作が爆発的に流行した。

 また、少女マンガ誌において百合を扱った作品が満を持して再び登場する。70年代以降、異性間のラブストーリー(NL)に偏っていた少女誌において約30年ぶりに百合が復活した形で、「野ばらの森の乙女たち」(2011)や「ブルーフレンド」(2010―2011)が連載された。これらの作品は、少女漫画特有の筆致でありながらも明確な少女同士の恋愛関係としての描写があり、また両作品とも70年代のような悲劇的なラストを迎えることはない。少女向けの要素として、学園設定や疑似姉妹などの設定は残されているものの、これらは批判的なパロディというよりも前時代少女誌における百合作品に対する敬意からくるオマージュ解釈するほうがふさわしいだろう。これは近年において少年誌よりもジェンダーロールの強固だった少女誌界隈に百合ジャンルブームの波及がみられた、極めて注目すべき例である

<続きと参考文献リストこちら>

https://anond.hatelabo.jp/20190216025236

関係性を志向するファンダムのこれから 後

承前

https://anond.hatelabo.jp/20190216023228

3【オタクによって関係性を消費されるオタク

キャラクタ化するオタク

 本章では、オタク同士の関係性をテーマにした創作作品や、バーチャルYouTuber同士の関係性が消費されることについてより深く考察していく。

1章で述べたバーチャルYouTuber同士の関係性に視点を戻すが、バーチャルYouTuber現在6000人が活動している。その中で人気を得ている配信者こそ、関係性を構築し、バーチャル上での物語消費者提供しており、姿かたちや趣味嗜好こそ多様なものの、ひとくくりにいえば大体の生まれは「オタクである。つまり、「オタク」だからこそ萌えられるキャラクタ関係性をセルフプロデュースし、それをまた「オタク」が消費しているのだ。これがループのように連続することで、時には自らも憧れてバーチャル世界に踏み込んでいくためにバーチャルYouTuberは日々増え続けているのである自分人生趣味嗜好を、キャラクタというフィルターを通すことでシェアし、自らが創作物/キャラクタのものになるということは、自伝エッセイ執筆し、その読者と直接対談するようなことだ。「オタク人生」を物語として消費し、絶え間なく新たな物語関係性が発生していくというコンテンツに、オタク萌えることができる。たとえパーソンが基底現実においてどんな人物であったとしても、「生けるキャラクタ」としてのバーチャルオタクの魅力に、オタクシンパシーと巨大なエモーショナルを感じざるを得ないのだ。自分と近しい存在人生物語として消費することは、永久機関のような底の知れない魅力を持っている。

また、「このマンガがすごい!2019」*4 では、オンナ編第1位に鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(2018)、第8位に町田 粥「マキとマミ」がランクインしており、この作品はどちらも腐女子同士の関係性を主題としたものである。2章で述べた「腐女子特有の親密さは、既に広く認知されており、さら創作物として女性からの支持を強く得ているということである。この背景にも、自らのオタク言動コミュニケーション「あるある」と思いながら読むような自伝エッセイ的な要素ももちろんのことだが、「腐女子特有の親密さへの愛着」や「登場する腐女子同士の関係性のリアリティに即した萌え」が確実に存在していると考えている。

・「関係性」の基底現実での実践

 上記のようにキャラクタ化したオタクや、親密さの自覚を持った腐女子は、基底現実においても関係するようになる。1章で述べた「バーチャルYouTuber同士が三次元で会った時の飲食物画像」や、腐女子特有の「なりきりアカウント文化の「背後交際」などが主な例だ。バーチャルYouTuberコラボ放送をしていた親密なパーソン同士が3次元でも会うようになり交際に至ったという例も、キャラクタとして表沙汰にならずとも存在する。また、腐女子コミュニティにおける「なりきりアカウント」とは、主にTwitterなどで作品キャラクタのロールプレイをし、自分の好きなカップリング相手ネット上で交際したり、同作品キャラクタ日常会話をする文化である。このアカウント運用主を「背後」と呼ぶのだが、彼女たちは基底現実でもオフ会をし、実際にロールプレイ交際していた相手現実でも交際に至ることがあるという。

 つまり関係性消費が加速し、自らもキャラクタ化したオタクは、パーソン同士としての基底現実でも「萌え関係性」を実践しているのである。この状況において、「わたしたち関係性は萌える」という自覚の有無はもはや必要ない。パーソンとキャラクタ境界あいまいになり、オタクは自らを自らで消費することが可能になっていくのだ。

4【関係性消費はどこに行きつくのか】

 本論では、関係性消費が牽引していくというトピックからオタクのものキャラクタ化、そして完全なる相互消費の永久機関にまで言説が行きついてしまった。しかし、現実での関係性消費において立ち上がってくる問題はやはりジェンダールッキズムである。これに対するアンサーは2つある。1つは、すべてのオタク理想バーチャルキャラクタとしての3Dモデルの肉体を手に入れることであるバーチャル空間での関係性の構築はYouTubeだけでなく、「VRchat」という果てしない多様性を持ったもう一つの世界ともいえるVR空間でも今まさに進行中だ。全オタク理想キャラクタとなり、主体的交流してその関係性すべてを消費することができれば、そこにはジェンダー格差ルッキズムによる格差存在しなくなるのではないだろうか。2つ目は、キャラクタ化しない、あるいは関係性に参入せずあくまでも傍観者としての消費・あるいは創作を貫く選択肢を選ぶことである。2章で述べたように、創作物と消費者セクシャリティ/あるいは創作物と作者のセクシャリティなどは分けて考えるべきというスタンスに基づく在り方である

これらの二つの未来像は両極端にも見えるが、しかしこれらが混じりあい議論が巻き起こっているのが現状であるしかし、バーチャル空間上でのルールマナー議論の末に整えば、それぞれが理想関係性を追い求めて基底現実バーチャル世界を横断していくようになるのではないだろうか。創作だけに留まらず、現実世界拡張現実侵食する「関係性消費」は、しか古典時代から物語として脈々と行われてきた文化であるオタク文化、双方がその形を変えて混じりあう瞬間に、今わたしは立ち会っていると思うと感慨深い。

関係性を志向するファンたちのこれからは、今後のオタク市場の動向と、バーチャル技術の発展にかかっていると感じた。これからジェンダーセクシャリティ論とカルチュラルスタディーズ、両方の視点からわたしも一当事者として今後の動向を研究していきたい。

引用文献】

*1 東園子,2015,「宝塚やおい、愛の読み替え 女性ポピュラーカルチャー社会学新曜社

*2 難波優輝,2018,「バーチャルYouTuberの3つの身体 パーソン、ペルソナキャラクタ」『ユリイカ』第50巻:117-125

*3 斎藤環,2009,「関係する女 所有する男」講談社現代新書

*4 このマンガがすごい!編集部,2018,「このマンガがすごい!2019」宝島社

【参考文献】

玉川博章,名藤多香子小林義寛,岡井孝之,東園子,辻泉,2007,「それぞれのファン研究 I am a fan」風塵社

吉澤夏子,2012,「『個人的もの』と想像力勁草書房

山岡重行,2016,「腐女子心理学 彼女たちはなぜBLを好むのか?」福村出版

塚田修一,松田聡平,2017,「アイドル論の教科書青弓社

2014,「ユリイカ 特集百合文化現在」第46巻第15号 青土社

2018,『ユリイカ 特集バーチャルYouTuber』第50巻第9号 青土社

美水かがみ,2004-,「らき☆すたKADOKAWA

なもり,2008-,「ゆるゆり一迅社

あとがき

期限ギリギリで提出したので粗も多いが、これをベースディスカッションできる地盤固めができたので良かったと思っている。オタク人生で遊んでいこうな!

関係性を志向するファンダムのこれから 前

 本稿では、現在の「ファンオタク」が「関係性消費」を志向するようになってきているという事象を踏まえ、その内部の「男オタク」と「女オタク」のジェンダー格差や、関係性消費の今後について多角的視点から分析を試みる。なお、本稿においての「オタク」は、二次元三次元を問わずある作品概念グループなどを愛好すると自認している人々のことを指すポジティブ言葉として用いる。拡散多様化するオタク文化は2次元と3次元の壁を超え、全体像画一的に語るのはほぼ不可能なため、ジャンルジェンダーに関する詳細については各部で詳細を補完したい。

1【現代オタクデータベース消費から脱却する】

日常系が売れるのは「関係性」を読み取れるから

 「日常系」は広大なオタク市場の中でもかなりの割合を占める作品群だ。基本的には複数女性キャラ日常生活描写した4コマ漫画が多く、それを原作としたアニメ2010年代以降各クールに2~3本は放映されている。基本的ドラマティックで壮大な展開や激しい戦闘を行わない、いわば反「セカイ系カルチャーともいえるだろう。源流としては美水かがみらき☆すた」(2004)や、なもりゆるゆり」(2008)などが代表的ものとして挙げられるだろう。00年代初頭から現代まで増加傾向にある「日常系」は、現在も各メディアで売れ続けている。この背景には、やはり弛緩した日常風景の一瞬・ごく短いセリフや1コマのシーンの行間を読む関係性消費への志向への高まりが一因であると思われる。日常系の「物語性のなさ」は、逆に巨大な「行間」を生み出し、そこにオタクが各々関係性や物語想像して消費することができるからなのではないだろうか。

・「行間を読む」相関図消費の“複雑さ”への萌え

 関係性消費について、2,5次元舞台での「リアリティ担保に参加しつつ、舞台裏も消費するファン」や、「タカラジェンヌの四層構造」(東 2015:96-98)*1 で取り上げられた「各レイヤーを横断し、その要素を複雑に融合させながら関係性を消費するファン」は非常に興味深い。これに似た位相にあるコンテンツに、「バーチャルYouTuber」が存在する。「バーチャルYouTuber」とは、2D3D二次元アバター現実の肉体の動きとシンクロトラッキング)させ、そのキャラとしてゲーム実況雑談配信などを行う人々の事を指す。そもそもYouTuber」の動画には前提とされる物語世界観はなく、その動画単体でも楽しめることが前提とされており、多くのバーチャルYouTuberも同じく、上記の「日常系」にも通ずる他愛もない放送を行っている。しかしここにおいて重要なのは、「日常系」を「実在人物が演じる」ことがコンテンツとして確立し、今流行していることである難波優輝は「Vtuberの鑑賞の構成要素は、パーソン、ペルソナキャラクタという三つの身体に分けられる。そして、ペルソナキャラクタ画像がつねに重ね合わせられ、かつ、パーソン/キャラクタとペルソナの層がそのつど関係づけられながら、装われるペルソナが鑑賞者の鑑賞の対象になっている」(難波 18:121)*2 と論じ、これを「Vtuberの三層構造」と名付けている。

そしてバーチャルYouTuberは、電子の肉体によって軽々と他のバーチャルYouTuberとの関係性を構築する。コラボ放送などでみられる仲睦まじい様子を、鑑賞者は「Vtuberの三層構造」を横断し、「彼/彼女らのパーソンのレイヤーでの関係性」が見え隠れする片鱗をSNS動画において意識しながら鑑賞しているのである。また、バーチャルYouTuber側も当然「パーソンを消費される」ことに対する意識を持っているため、現実世界でパーソン同士が実際に会い、その時食べた飲食物画像投稿する、それに対して「パーソン・レイヤーにおいても継続される強い関係性」を読み取れるようになる、といった事象もあった。これはまさにタカラジェンヌの四層構造における「芸名存在」におけるパフォーマンスと相似であり、その表象が3DCGやVR機器の発達によりさらに「オタク」向けに変化(美少女美少年だけに限らず多様化)したものではないだろうか。「日常系」と「関係性消費」の拡張であり、またジェンダー次元の攪乱への大きな手掛かりとなるムーブメントだと考えられる。

まり、「実在人物が裏に存在するという事実に裏打ちされた生々しい日常系関係性」が、液晶内のキャラクタバター動画配信という形態の手軽さにより、オタク関係性消費への志向次元を超えてさらに加速していくと予想できる。

2【やおい文化百合文化から読み解くオタクジェンダー格差

関係性消費における性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)の無意味

 前章で関係性消費への志向さら高まると予想したが、本章ではオタクジェンダー格差について女性向けジャンル男性向けジャンルという分類の持つ意味合いやその内部の消費形態差異があるのだろうか。

もちろんHL(異性愛文化を扱う少女マンガ少年マンガにおいても恋愛友情ライバルなどの相関図は存在するが、メインとなるカップル男女の恋愛関係がメインに据えられることが多い。一方BLGL文化ではそれ以外の登場人物関係性をより深く読み込み二次創作に落とし込む、あるいは理想の相関図を一次創作で描き出す。今後どんどん規模を増していくであろう関係性消費においては、性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)は無意味になっていくのではないだろうか。しかしここではあえて、わざわざラベリングされている「腐女子」と「百合男子」という言葉意味合いについて掘り下げ、BLGL同性愛ファン文化それぞれの特徴から考察してみたい。

・「腐女子特有の親密さ

女性オタク人文学社会学研究に関しては、特に腐女子論」か「ジェンダー論」による先行研究が数多くある。その中でも数多く散見されるのは、「主体的女性性的欲望解放」といった視座からの言説であった。特に腐女子論」と「ジェンダー論」を組み合わせた言説では、「自らの女性身体が侵されない安全領域において、性的表象を消費するためにやおい文化は発達した」といったもの存在する。しかし、現在においてこれらの言説に私は違和感を感じる。勿論そういった側面も確かに存在する(した)と思うが、現在日本混沌としたオタクカルチャーの中で女性オタクの中から腐女子だけを切り取って上記のように論じるのは既にごく限られた一部の事例においてしか適用されない理論であるように思う。

 今あえて「腐女子」を論ずるならば、私は「腐女子同士の関係性」に目を向けたい。腐女子であることによる世間からマイナスイメージ払拭しようとしたり、イベントSNSでの趣味スラングの共有による特殊連帯が、このコミュニティでは無数に形成されている。やおいコミュニティ特殊性について東は、「やおいを好む女性たちは、一様に異性愛から疎外されているわけでも、異性愛を拒絶しているわけでも、異性愛を欲しているわけでもない。彼女たちはただ、異性愛排除したところで成り立つ、女同士のホモソーシャルな絆がもたらす快楽を求めているのである。」(東 2015:236)と述べている。さらに、腐女子は扱う創作物特性セクシャルマイノリティに対する理解が深く、またホモソーシャルな絆から発展し、腐女子同士が交際していることなどもよく小耳に挟む。シスターフッドレズビアン連続体、ホモソーシャル関係性を含んだ腐女子コミュニティは、作品上においても現実世界においても強い「関係性」を追い求めている集団なのではないだろうか。

・「百合男子」はなぜ流行らなかったのか

 では次に、GLを愛好する男性オタクについて考察してみたい。残念ながら、男性オタクの先行研究は数多くとも、その内容は美少女キャラクタへの欲望コミケでのゆるやかなホモソーシャル交流などになり、「百合男子」単体にスポットライトを当てたものは見つけられなかった。なぜなら、GLというコンテンツ受け手ジェンダーによって大きくそ意味合いが変化してしま場合があるからである。そして男性GL愛好者は、「美少女キャラクタへの性的な消費」という使い古された言説の中に含まれ見えなかった存在であり、その消費の仕方は齊藤によって「腐女子との比較でいえば、男性おたくの『萌え』にとっては、関係性のプライオリティはそれほど高くない」(齊藤 2009:154)*3 と評されていたのだ。よって、ネット上でGLを愛好するファンは「百合厨」「百合豚」などと呼称され、その性別限定されていない。これはGLというジャンル男性けが消費することに対することが上記齊藤の言説のような文脈を帯びてしまうことに対する対策と、実際にファンの男女比がほぼ半々であるため、両方の理由によるものと思われる。逆説的に考えれば、「腐女子」という呼称流行ったのはBLというジャンル女性が消費することを蔑視されることに対するアンチテーゼとして、BLファン当事者たちが自らをそう名乗ったことに起原するのではないかとも考えられる。

 また、百合コミュニティにおける異性愛忌避姿勢は、腐女子コミュニティのそれに比べてはるかに厳格なものに感じられる。先に述べた「男性による女性キャラクタの性的消費」とは違うことを宣言するために「百合男子/厨」を名乗った男性オタクたちは、腐女子のようにホモソーシャルな絆を構築することはなく、二次元三次元を問わずして異性愛的な欲望を抑圧されるようになった。この構造腐女子ジェンダー論に見られた主体的な性消費の解放とは真逆の道を辿っており、非常に面白い点だと思っている。

関係性消費によるジェンダー越境可能

 こうして述べてきたように、同性愛コンテンツファン構造は非常に複雑で特殊ルールの基に成立している。しかし、上記性的欲望を抑圧される百合男子に関しては、百合というジャンルの男女比がほぼ同じであることに大きく由来するだろう。つまり、「同性愛コンテンツを扱うにあたり、そのファン異性愛忌避しなければいけない」といった暗黙の了解のようなものオタクの中で存在しているということである。これに関しては、創作物消費者セクシャリティは隔絶して考えるべきであるという立場をとりたい。そして、特殊連帯プラスにもマイナスにもなり得るBLファン界隈と、ジェンダー問題に揺れるGLファン界隈は、第一章で述べたバーチャルYouTuber関係性消費をモデルとして再構築されつつあると考えている。バーチャルYouTuber関係性消費は、非常に複雑なジェンダー攪乱が日常的に行われている。パーソンがシス男性ペルソナシス女性キャラクタがシス女性キャラ同士の「絡み」は、GLともBLともタグ付けをすることが難しい議論になってくる。しかし、その関係性に惹かれるファンキャラクタとパーソンのジェンダーを軽々と越境し、その複雑な「関係性」を消費することができるようになるのである。これに似た現象アニメ漫画においても進んできており、創作物受け手ジェンダー必要以上にファンを語るうえで関係づけられることも少なくなっていくのではないだろうか。

【続きと参考文献リスト

https://anond.hatelabo.jp/20190216024058

2019-02-14

anond:20190214220055

ちゃんトラバの全文読みましたか

それとも、現状はそのどちらでもないから、神は捕獲できるタイプの神だとでも言いたいのかね?w

そう。厳密には、現状はどちらでもないから、神が(実在するとしたら)捕獲できるような(全能ではない)神として考えるのが現実的で、

君の言うような全能の神の存在を想定してしまうと、先に述べたように、既に現世が終末後の世界であるか、全人類精神支配を受けているような無理筋な線を真面目に考えなくてはならないから、その線で議論するべきではないと言っているんだよ。

まり捕獲なんかできるわけないだろ神なんだから」というのは、神を理想化しすぎて考える気のない思考停止の論で、そんな下らないツッコミをするなと言っているんだよ。

神を神格化している限り、言葉洗脳されているも同様の愚昧な状況であり、何度も言うようだが君には神の実在性を考察する資格がない。

anond:20190214174425

捕獲できないタイプの神だったらもう人類は滅びているか、あるいは精神支配下にあるかのどちらかになる。

先に述べたように神は異能者のことだから、全能とは限らない。というかフィクションの神ですら全能でないことが多々ある。

から捕獲できるはずがないって考えは早計だ。

それでもあくまで神に人間が敵うはずがない、という観念理想上の神を信じ続けるのであれば、君には神の実在性を考察する資格がない。

2019-02-13

社内の人を「さん付け」して呼ぶのは"日本語"だから

これは「なんで社内の人を「さん付け」して呼んじゃダメなの?」へのひとつの応答だ。

だが、これは応答であって回答ではない。

 

この文章は社内の人を「さん付け」して呼んじゃダメ理由説明ではないからだ。

ただ、「納得する理由が欲しい」という増田一言に対しての応答である

 

それは日本語には特定場所言葉視点が移動する現象があるからだ。

ちょうどいい論文がある「日本語の親族呼称・人称詞に見る自己と他者の位置づけ─ 相互行為の「場」における文化的自己観の考察 ─

抜粋しよう。

 

ある時、電車が駅につき大勢乗客の入れ替わりがあった。多くの人の動きの中、ある老婦人自分の隣りの席を叩きながら、「ママここにいらっしゃい」と叫んだそうだ。すると乗客の中から赤ん坊を抱いた若い娘が現れて老婦人の隣りに座ったという。つまり、ここでは、赤ん坊母親をその老婦人が「ママ」と呼んでいたということだ。要するに、この老婦人は孫である赤ん坊視点に立って自分の娘を「ママ」と呼んだと言うことになる。これらは日本人感覚からするとさほど驚くことではないが、西洋人からすれば何が何だかからないという現象であろう。つまり日本語で誰を中心に、誰の視点親族名称が用いられているのかということは、西洋から見ればかなり複雑なことであり、さっぱりわからないということになってしまうようだ。

これらの例で見られるような視点の移動現象鈴木(1973:168)は、共感的同一化(empatheticidentifi cation)と呼んでいる。

 

日本語はその人の呼び方がその場でかなり変わる。なぜなら誰が中心になるかが言葉遣いを支配しているからだ。

これを踏まえて、なぜ取引の場で社内の人の呼び方が変わる(「さん付け」する)のかと言うと、社外の人に言葉視点が移動したからだ。

少なくとも、上の例と増田の件のどちらでも誰もが対等でお互いに「さん付け」するような場では無く、誰かが中心になっている。

 

それに、上の「ママ」の例ではそう呼んだ老婦人はその赤ん坊母親を本気で「身内」だと思ってはないだろう、ただ視点の移動が起こったら親族に遣うのと同じ呼称が現れてくるのが日本語なのだ

 

もちろん、商習慣としてこの言葉遣いを続けるべきかということは別問題だが、追記にあるように増田の周りでは「さん付け」している人が"普通に"いて「さん付け」しても"恥かかない"環境にいる増田がなぜそこまで強くそこまで憤っているのかが私には謎であり、内(自社)と外(他社)の間で起こる視点移動の話になぜその"内"の内部構造社員会社、そして働き方など)が後半の主題になっているのかも不思議で仕方がない。

 

しかし、日本語ではそのような現象があり、それは視点移動ということで説明ができ、業務の場では取引相手側に視点に移動することで「さん付け」で呼ぶのであり、それは現状の日本語からするとそこまで不自然じゃないというのが、私からの応答である

さら日本語にはなぜそのような現象があるのかと問うことも出来るが、それは私も知りたい。

 

---

増田を読み始めたときは以上のような日本語の話かと思ったけど違った。

次に、他人言葉遣いを強制されて憤ったのかな?と思ってたけど、追記を読むとそうでもないようで混乱した。

実際、特に恥かかないよ。先輩も上司も言ったりするし。社外の人も普通に言うよ。BtoB仕事ってのも理由にあるかもね。

それなら最初から問題ないじゃん!むしろ増田言葉遣いを他人強制したいんじゃないの?

最終的には会社個人話題になってびっくりだよ!

少なくとも今回の言葉遣いの件についてはそこは関係無いと思うが……だって第三者視点を移すタイプ言葉遣いにおいて自分と同僚や上司との関係性なんてどうでもいいし。

それに、取引相手との場で社内の人を「さん付け」したからって上司自分会社と対等になるわけでも働き方が変わるわけでもないしなぁ。

https://twitter.com/mix0079?lang=ja

クロス正相関に戻りつつあるだぉ。。

正相関で判断するなら

20625は付けないだぉ。。

なので20620で売り建て出来れば

最高だぉ。。

だがそこまで上がるかどうか❓だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓

20500〜20620の間は

絶好の戻り売りチャンスだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓


まさか高値20650まで来ただぉ。。

と言ってもここから

20750 20875のクロスの玉はほぼ玉切れだぉ。

20375のクロス玉に引きつけられる可能性の方が高かいだぉ。。

ここはしばらく様子だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓



625までのオーバーシュート判断出来るが

まさかの750は想定外だぉ。。。

またクロスが転換した鴨⁉️だぉ。。

クロスが一度転換したら

落ち着くまで様子見した方がいい鴨⁉️だぉ。

こういう判断もみっくちゃんしか出ないだぉ

自分手法でやるのが一番だぉ。。


からドンドン逆行く理由がわかっただぉ。

その日にクロス行れて同時に取り行くパターンだぉ。

このパターンは初めてだぉ

それゃドンドン逆行くだぉ。

あとは今日入った⬇️のクロスと先日までの21000のクロスの引きつけ合いだぉ。

やはり機械的ロスカット必要だぉ。

キャハハ〜💓💓👠


875があるから

高値880は納得出来るだぉ。

このパターンがあると言うこと

前日までのクロスの予想はあてに出来なくなっただぉ。。

あとはその日見ながらやるしかないだぉ。。

まあ原因が分かっただけでも

よしとするだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓


これ単純にクロス時間差で取りに来てるだけだぉ。

現在クロス高値は21000までだぉ。

21000の範囲は21000〜21120までだぉ。

高値をつけるとしたらこの間だぉ。

21125以上はクロスが入る気配は全くなかっただぉ。

なので現時点で21125以上はノックインしないだぉ

キャハハ〜💓💓👠


ずっと残ってるのが

20000のクロスだぉ。。

ノックインするのはいつだぉか???

キャハハ〜💓💓💓


オプションクロス考察法では奴らがノックイン手前で引き返す現象か起きただぉ。

なので今後は100円手前で昇降するだぉ

でないと利食いどころか損切りになるだぉ。

なので今度は21000の手前の20900から売り建てするだぉ。

ロスカットは21125だぉ。。

多分 これで行けるだぉ。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓💓❗️



結局は

頭としっぽはくれてやれの精神だぉ。

欲を持つと必ず失敗するだぉ。。。

キャハハ〜💓💓💓



20855で新規売り建てしただぉ。。

21125ノックインはほぼないだぉ。。。

あとは下がるのみだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓💓💓👽👠



チャート判断すると21000ノックインだと完全に⬆️になるだぉ。

けどこれは得意のインチキアルゴインチキチャートだぉ。。

そこで買うと完全に奴らには嵌め込まれるだぉ。。

キャハハ〜💓💓👠


クロスノックイン手前で引き返す現象過去にあれば対応可能だっただぉ。。。

初めてのケースは対応は難しいだぉ。。

なので今後はINもOUTも100円手前からだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓



例えばここで21000ノックインせずに再び下がると

いずれまた21000を取りに来るだぉ。。

すぐ取りに来るか❓

数ヶ月先になるか❓

それは分からないだぉ。。。

クロスはずっとこの繰り返しただぉ。。

キャハハ〜💓💓⤵️⁉️


安室ちゃん3月プット

巨額買い越し^_^

ぱっと見 5000枚強の買い越しだぉ。。

これもう逆転不可能だぉ。。

アホの野村はそこそこの売り越しだぉ。

プットだけを見るなら

暴落パターンだぉ。。

野郎ども、、、

ここから安易に買いは気をつけろだぉ。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️💓


3月限で安室ちゃんが勝つとするなら

おそらくSQ値は20500以下だぉ。。

当然 20000以下も入るだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓⁉️



安室ちゃんコール

ほぼイーブン(^^)

アホの野村がそこそこのコール買いだぉ。。

この2者で判断するなら

3月限は暴落パターン決定だぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️👠



オプション建て玉考察も分かってねー奴ばっかだぉ。。

そもそもオプションは1箇所の価格帯見でも意味ないだぉ。。

損益分岐線はそんな単純じゃないだぉ。。

今日発表の東証の開示情報見ろと言っても見てねーし。

5000枚強のプット買いを理解しててねーだぉ。

これをどうやって逆転するだぉ。❓



オプション建て玉考察東証の開示情報で玉の移管分を修正しないと意味ないだぉ。。

これをやってねー奴ばっかだぉ。。

東証の開示情報に日々の建て玉のトータルを加えてから損益分岐線を出さないと意味ないだぉ。。

やっぱ理解出来ない奴ばっかだぉ。。

単純に建て玉だけ計算しても何も意味ないだぉ。



玉の移管分はデカイ移動があるだぉ。。

これが最重要だぉ。。。

そもそもこの2日間の安室ちゃんの建て玉なんか何の意味もないだぉ。。

これを見て安室ちゃんプットがどうことか、、、

何もわかってねーだぉ。。。



日々の奴らの建て玉を集計しろと言ってるけど

それから損益分岐線が描けるか❓

もしくは損益分岐線の大体のイメージが浮かぶか❓

これが出来ないと集計してる意味ないだぉ

PUT.20000が➕1000枚だから

20000ノックインするとか

CALL.21500が+1000だから

21500ノックインするとか

もうアホ丸出しだぉ



オプション損益分岐

そもそもこれが分かってないと

集計してる意味が全くだぉ。。

建て玉が多いからそこがノックインするとか、、、

もう完全なアホ丸出しだぉ。。



安室ちゃん3月限のオプションなんて数字見ただけで一目瞭然だぉ。

こんなもん損益分岐線を描く以前の問題だぉ。。

と言っても

みっくちゃんのこの言葉理解できる人は ほとんど居ないだぉ。

もう残念無念だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓




安室ちゃんオプション3月限で勝つとするなら、、、

3月SQ値は、、

20000もあり

19000もあり

18000もあり

15000もありだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️⁉️💓



安室ちゃんプット買いが強烈だから

ここで21000ノックインしないと

21000ノックインはまた先送りになる可能性大だぉ。。

キャハハ〜💓💓⁉️👠



最初から

頭としっぽはくれてやれ

精神でやってたら上手くいってただぉ。。

さらタラレバ言ってもしょうがないだぉ。。

から そうするだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓❗️


ツィートの情報発信に限界を感じてるだぉ。

状況が変わって21125がロスカットすべきなのか

ホールドすべきなのかはみっくちゃんしか判断出来ないだぉ。

もうすぐ大きな下げが来るとみっくちゃん自身満々だが他から見るとアホみっくの負け惜しみ見えるだぉ。

まあこれだけ逆に動けば仕方ないだぉ。

もうすぐ暴落するのは間違いないだぉ。。

奴らは昨日も今日も当日にクロス入れノックインして来てるだぉ。

これはどこまで逆に動くか読みにくい展開だぉ。。

安室ちゃんとアホの野村オプション3月限は暴落型のパターンだぉ。。

これに賭けるしかないだぉ。


安室ちゃん3月オプション暴落型だぉ。。

3月SQに向けて19500〜19750ノックインに変更なしだぉ。。

これから面白くなるだぉ。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓❗️👠👽

でんしゃのれない

こないだ、人生で初めて痴漢された。

下品表現があります、苦手な方はブラウザバックでお願いします。)

私は優良な受験生である

定期テストでは常にトップ10キープ。某旧帝国大学志望だが、模試ではA判定しかしたことがない。センター試験の結果も上々。マーチセンター利用で抑え、一般早慶上智を取りに行くつもりでいた。

……嘘である

センターパーセンテージゴミクズだったので旧帝は諦めた。某地方国立大学に志望先を変えたが、いかんせん不本意な変更のためちっとも二次試験へのモチベーションが上がらない。滑り止めの私立には落ちた。お先真っ暗な18歳女子高生である

前述の通りたいした脳味噌は持っていない。というか、受験勉強をあまり頑張ったとは言えない。はっきり言って容姿だってゲロ擬人化したようなものだと思う。おまけに太っている。女子高生というのは若くて元気なので、決して良い顔面を持ち合わせていない人でも雰囲気で可愛く見えるものなのだが、太っているとなると話は別である。おまけにプライドの高いオタクで、自分センスがあるのでみんなとはちょっと違うものを好きになるのだと言いながら、高尚ぶった漫画考察ツイートしたりする。たいした文章も書けないのに将来の夢は作家だ。どうしようもない人間だ。

こんな私だが、先日私大入試に向かう途中、連続で3回痴漢された。

1回目は電車内だった。カバンがやけにケツに当たると思ったら痴漢だった。30分間ずっと揉まれた。

2回目も電車内だった。挙動不審の男がいたのでクスリでもキメてるのかと思ったら痴漢だった。後ろならまだしも前を攻めてくるとは度胸がある。ずっときょろきょろしている様子は誰がどう見ても怪しかった。

3回目は駅構内だった。アンケートにご協力お願いしたいと言われたがその男バインダーファイルも持っていなかった。これはあやしいと思いつつ、しかし肩を掴まれしまったので恐怖で逃げられなかった。ずっと卑猥言葉をしゃべっていた。私は反応に困り笑ってごまかすだけだった。5秒だけ、と言ったかと思うと私を引き寄せ胸を揉んだ。意味がわからず硬直した。男はお礼を言って逃げて行った。

どれも私は声をあげたり逃げたりすることができなかった。

怖かったというより、そこには別の意識があった。

信じてくれなかったらどうしよう。

父は私のことを「一応女の子」と形容した。いつだったか学校休みがちになった時も「こんなに大きいお腹をこさえてるから動けないのか」とよくわからない暴言を吐いた。ナンパされカラオケに連れて行かされそうになった話も信じてくれなかった。「物好きがいるもんだ」と言った。

恐らく痴漢の場面を見ている人なんかいないだろう。彼らは巧妙に人から隠れる場所上記行為を行っていた。

もし私が痴漢冤罪をする人に仕立て上げられてしまったら?

こんな容姿自意識過剰とか思われたくない!

とはいえ、1回目の直後はしばらくショックで動けなかった。逃げ込んだトイレでぼーっとしながら、LINEを開いた。親友電話をかけ、なるべくユーモラスに出来事を話した。彼女は最寄駅まで迎えに行くと言ってくれた。道中詳しく話しながらも「なんかもうネタだけどね〜」とへらへらしていたのだが、それでも彼女は本気で心配してくれた。帰り際に私を抱きしめ、なんかあったら言うんだよ、と言い残して去った。感謝してもしきれないほど友達には恵まれている。来年から医大生の彼女は、最高の友人である

大人に言おうと決意したのは3回目の後である。道行く男性の顔が怖くて見れなくなり異常を感じた。一度最寄駅まで帰ってから一大決心をして学校に向かった。最終下校前になんとか滑り込み懇意にしている国語教師を呼んだ。彼の顔を見ると一気に気が抜けて安心できた。先生も私の話をちゃんと信じてくれて、頼りにしてくれてありがとうと言ってくれた。詳しい事は同性の先生の方がいいと女の先生を呼んでくれた。私のことを「面白い生徒」として扱っていた先生が、女性部分をちゃん尊重してくれたことが嬉しかった。先日アメリカ新婚旅行に行ったこ先生も、最高の教師である

さて3回痴漢にあった私は学習した。

まず、制服東京に出てはいけないのだ。

痴漢なんかする奴らは要するに女子高生ならどうでもいいのである。女の尻を触りたいだけなのである特に私のようななんかブスでポケーっとしてて騒がなそうな女の子は格好の餌食である

私は入試私服で行くことを決めた。

来たる2月7日法政大学試験日、私は小学生の頃から着ているおんぼろコートに身を包み、市ヶ谷キャンパスへ向かった。

行きは良かった。

女性専用車両というのは偉大なる発明である身体を包むフローラル香り、見渡す限り女性、さほどぎゅうぎゅう詰めではない車両痴漢で神経がぴりぴりしていた私にとって、安心できる空間

……問題は帰りである

夕方東武東上線下りの混み具合は絶妙である急行は座れないけど別にぎゅうぎゅうじゃないよ、程度。

ホームにはそれなりに人が並ぶ。

私は階段を登りきった途端硬直した。鼓動が早まるのを感じた。ひと、ひと、ひと、ひと……と思って動けなくなった。彼らが車両に吸い込まれても私は立ったままだった。階段を降りて、別のホームから出る普通列車に乗ることにした。それでも隣に男性が座っていると怖くて呼吸が早まった。ぶるぶる震える手でキーホルダーのぬいぐるみをもにゅもにゅした。途中でもーむりと思って電車を降りたりもした。それでも家には帰らなければならない。顔面蒼白で終点近くまで普通列車に揺られる私は異質だったと思う。ふらふらになりながら最寄駅に着くと、はあ、とため息をついた。

乗れないんだ、と思った。

もう、私は電車に乗れないんだ。

明後日試験だった。学習院大学の目白キャンパスへは池袋で乗り換えをしなければいけない。早めに家を出たつもりだったが、女性専用車両池袋駅に着くと、構内にはそれなりに人がいた。人の波をかき分けるうちになんだか気分が悪くなりスタバに寄った。店員のお姉さんの笑顔に元気をもらい、コーヒーを飲み干したのち山手線に乗車するため改札を通った。が、階段を登ってまた身体が強張るのを感じた。

ただ人が並んでいるだけなのに、怖い。ホームの柱に寄りかかっていると駅員さんに変な目を向けられたので、背筋を伸ばした。電車が入ってくると、中にたくさん人がいるのが見えて、また気持ちが悪くなった。人の出し入れを3回見て、電車に乗れないことを悟り、入場料を払って改札を抜けた。

1時間ほど池袋駅周辺を散歩した後、ゆっくりゆっくり普通列車に揺られて帰った。

流れて行く景色を眺めながら、私はどうなるんだろう、と思った。

親には受験をすっぽかしたことを言わなかった。

代わりに、痴漢にあったこと。それで電車に乗るのが怖いことを伝えてみた。母は笑った。

「そういう時期はあるわよね」

一瞬、意味理解しかねた。よくよく聞いてみると、母は思春期男性の目が気になってしょうがない、と電車に乗りながら思っていたそうだった。

「もう、好きな人以外嫌いだったから。男友達にそれ話したら、お前はそんな良い女じゃない、って言われたんだけどね」

間接的に自意識過剰だと言われているようにしか思えなかった。違う、あなたのそれとは全く違う、私はショックで一時的パニック障害のようになっていて、そもそも男性から目を向けられてるなんて思ってないし、身体勝手に、と必死反論を試みた。

けれど、上手く言葉にできなかった。

私大入試はまだ終わってない。国立二次だってある。

でも、私は当分、電車に乗れそうにない。

でんしゃのれない。

2019-02-12

意味を探すことに疲れた千と千尋の神隠しを見ればいい

もう意味を探すことに疲れたよ!さっきなんかさあ、ブラビアロゴマークから意味を探そうとしてたんだぜ。俺は。バカかっての。

このタイミングギターを使う意味ネクタイの色が赤いことの意味、いやすとやを使わず資料を作った意図リンゴが歌う意味。知らねーよ!意味探したくねーよ!

増田もどうせ毎日意味を探しまくってんだろ。仕舞いにゃなんでこの居酒屋シングルトイレットペーパーを使ってんのかなーとか考え出すぞ!

俺は意味探しに疲れた千と千尋の神隠しを見るね。すげえもの意味がわからなくてもすげえんだよ。世の中にはこの映画考察してる連中がいるらしいな!考察まりは毒だぞ。研究のほうが遥かにマシだ。

2019-02-11

物理か、生物

自分数学が苦手だ。はっきり言って適性がないと思う。でも将来のために理系進学せねばならん……物理にするか?生物にするか?

暗記も記述も得意。センター国語は現時点で無勉強でも満点近くで安定している。一方センター数学は7割5分程度。国語英語よりかなり時間かけてきてまだこの状態

物理は平均点が高く学習時間も短いらしい。力学をすこしやってみたところ、適正がないせいか問題理解に恐ろしく時間がかかった。聞き慣れない言葉が多くわかりにくい。たぶん、自分には高得点が取りやすい&勉強時間が短いは当てはまらない。

生物はかなりとっつきやすかった。内容も興味深い。記述考察が難しいらしいが国語に比べたら屁でもないようなので無視できる。覚えるだけ。

できるなら生物選択したいが、難易度に差があって不利なんだと。なんでか知らんが生物問題物理に比べて難しくしてくるらしいと担任数学のできんやつはいらねーってメッセージかな。悲しい。

ノロノロ物理やるかガツガツ生物やるか。数学も抱えてるから理科は軽くしたいんだがな……ううむ。

anond:20190211084756

時代背景の考察がまるごと抜けてる。やり直し。

2019-02-10

今日の酷いブクマ

くら寿司セブンイレブンアルバイト店員の時給が安すぎるー繰り返される「バイトテロ問題ー(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20190210-00114287/

最初に断っとくけど、給料が安いかバイトテロが起きるわけじゃないし給料が全てを解決するようなこの言論にはミリも賛成しない

だが、それを批判するために

バカはどうやってもバカだとか責任企業側だけにあるとか民度が低いやつはどこでも低いみたいなブコメスターを我が物にするはてブは狂った場所

金が解決する問題ではないし、バカ永遠にバカだという問題でもない

最終的には、教育特に社会認識承認欲求帰着する問題であり、そりゃ給料は高い方がイイに決まってるが

金と労働価値やそれらを社会全体として相対的認識がない奴にどれだけ給料払ったところで無駄

かといって、バカから結論づけて、そいつらを排除して社会キレイにしよう、あるいは社会は汚れた場所からと諦めろというのもまた間違いだ

バカなことをする個人が持っているストレスフラストレーションは、どんなに時代が過ぎても考察されることもなければ理解されることもない

その理由は、ニュースバリューとブクマのような聴衆の憂さ晴らしの中で、悲しくない他人の苦しさの理解は聴衆にもマスコミにも苦痛しかいからだ

しかし、マスコミバカ人達ストレスフラストレーション理解しようとしない限り、徴収もまた、バカ理解できないし

一部のバカを助けたい、救いがたい人々は、その理由を金だなんていうウヨクなんだかサヨクなんだかわからない結論を持ってくる

インターネット以前からメディア大衆化マスコミエンターテイメント化した現代において、人々に承認されることの欲求を全ての人が抱える事になった

成績がよかったり、笑いが得意だったり、運動能力に優れたり、たまたま自分が褒められる仲間を見つけたりした人は、幸福だった

でも、誰から承認されない人々もまた、常に存在し、何もできない人々が、現代に手にしたのがスマホであり、インターネット

何十年か前には、それがバイク自動車だったかもしれないし、その前は戦後の中で事業を興すようなことだったり、それより昔や近隣諸国では愛国心だったかもしれない

承認されるためには、見てもらわれねばならず、話題にならなければならず、なにより、他人が同じことをしていない必要がある

からこそ、宣言してから犯罪を行ったり、常識外れの事を動画撮影して公開する

そのことで、彼らが、誰かに見てもらえて、話題にされて、もしかしたら見知らぬ人に声をかけてもらえて、自分社会の中で認識して承認してもらえる

そのことのための行動であり、そこに、基準がわるいからと、給料をたくさん払ったところで、そいつらは自分承認した金だとは思わないか無駄なことだ

一方で、ただバカな奴だと排除したところでも事態解決しないし、裁判で追い詰めたところで、委縮社会を作りだして、新しい承認を求めて他に逃げていくだけだ

からも見つけてもらえず、ただ周囲の話題ニュースを受け取るだけの、ストレスフラストレーションを溜めた人々を

理由のない金が救うはずもないし、バカとして排除しても社会がきれいになる訳でもない

"実質賃金は下がるのはパートが増えたから"は現実と合っているか

2年前、安倍総理が「妻がパートで25万円」とたとえ話して批判されました。

安倍首相、妻がパートで働き始めたら「月収25万円」 例え話が波紋 | ハフポスト

これは実質賃金の低下を説明するためのたとえ話です。

今でも安倍さんは似た話をよく使ってるのですが、

果たして現状に当てはまっているのか、ちょっと書いてみます

まず安倍さん説明から

夫:50万平均50万
夫:50万妻:25万合計75万平均37.5万

合計収入は増えるが平均値は下がる。実質賃金の低下もこれと同じであると。

でも実は、この計算物価考慮してないので「実質賃金」ではなく「名目賃金」なんですね。

しかも平均賃金が50万から37.5万へと25%も低下しています

現実はそうなってはいません。

現実では2018年名目賃金は前年比1.4%の伸びとなっています(12月速報)

これを「妻がパートで25万」に当てはめてみると。

前年夫:50万平均50万
今年夫:76.4万妻:25万合計101.4万平均50.7万(前年比+1.4%)

となり、夫の賃金が52.8%も伸びることになります

おかしいですよね。

まり何が言いたいかというと

安倍さんのたとえ話は現実とかけ離れている」ということです。

低賃金パートが増えれば平均値が下がる要因なのは当然です

しかし、それが実質賃金にどの程度の影響するのか、安倍さんは語ってません。

パートを含めても名目賃金が上がっているので、

新しく就業した人の賃金平均値を下げるという影響は

全体に比べるとそこまで強くないのかもしれません

ならばシンプルに「物価上昇を考慮すると賃金はほぼ上がっていない」(公表値、+0.2%)と考えるべきではないでしょうか。

("参考値"で計算するともっと下がるのではないか、という話題はもちろんご存じでしょうし省きます)

以上、いち賃金労働者考察でした。

anond:20190209200419

『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』とか、実際に統計とったりしてて面白いですよ。女性だって性的消費をする、を前提に、レディコミにおける前戯に費やすページ数とか、女性向け雑誌に寄せられた性の悩みの傾向とか、BLにおける気持ちの通じ合い方のテンプレートとか数字つきで調べて「こうじゃない?」って考察してるし、作者も「男性性的消費に対してそりゃ色々言いたいことはあるけど、女も(っていうか性を理解する年齢の人間は誰でも)自分が性に関して精神的に無垢(絶対的搾取される対象)であるという幻想は捨てた方がいいと思うよ」って言ってるから増田さんには合うかもしれません。

2019-02-09

かなしいなあ

大学院研究頑張るぞ~と意気込んでる学部生たちに遺言でも書いておきます

背景と目的がはっきりしない研究テーマは選ぶな

これがはっきりしてないテーマは専門外の人に説明するのが本当に大変

論文書くのも学会発表するのも最初で躓く

おもしろい結果が得られても,考察が練られても,最初でこけるテーマは本当に大変

そんな研究テーマの見分け方ですが,

●●には××という手法が用いられているが,△△は用いられていない.そこで△△をやってみた

こんな感じのテーマ

何が問題かと言うと,●●に△△を用いる意味が無いことがある

そこは先行研究を調べれば気づくかと思います

私みたいに先行研究を調べる時間すら与えられず実験実験時間を浪費しないように

そして変なテーマを与えられないように気をつけてください

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん