「寄稿」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 寄稿とは

2022-01-14

藤原正彦ルッキズム発言アウトセーフ判定

 『文藝春秋』なる雑誌がある。菊池寛創業した文藝春秋社(今年100周年)の社名を冠した月刊誌で、毎年2回、芥川賞受賞作品を評者の選評とともに掲載するので有名だ。今月10日に発売した2月号では岸田総理寄稿のほか、安倍元総理高市早苗さん、福田達夫さん、林芳正さん、立憲の泉代表らそれぞれのインタビュー記事掲載されており、ここで取り上げられれば一流の政治家みたいな雰囲気がある。そういえば昨年話題になった矢野財務次官のばらまき批判エッセイもこの雑誌で発表されたものだった。ともかくも文学だけでなく、政官界にも影響力があるエスタブリッシュメント総合雑誌である。同社は文春砲で有名な『週間文春』も刊行しており、文春が文藝春秋社のカローラなら文藝春秋はさしずめレクサスといった位置づけだろうか。

 で、そのエスタブリッシュメント雑誌の毎号の巻頭文は立花隆さん(N国のほうじゃなくて田中角栄研究のほうね) が長いこと書いていたのだけど、2年くらい前から藤原正彦さんに代わって今に至っている。藤原さんは『国家の品格』でブレイクした数学者だ。

 ところがこの藤原さんの文章がほんっっっとオジサン文章気持ち悪くて内容が頭に入ってこない。中にはこれアウトでしょ、と感じるルッキズム? ハラスメント? もあるのでこの際、増田達にアウトかセーフを判定してほしい。

~~~~~~

「そのうえ、シンガポール航空のCAは世界一美人が多い(私見)」 (2022年2月号)

解説シンガポールのいいところを(一人当たりGDPや腐敗の少なさ等)挙げたあとの全く不要一言面白いと思って書いているんだろうけどシンプルキモい

 

「(アメリカ大学で)ビジネス専攻一年生を担当したこともある。皆の嫌がる授業だったが、同僚の一人が「秘書になりたい可愛い娘がいっぱいいる」、と言ったので即座に引き受けたのだ。その通りだったが、」(2021年10月号)

解説)それ思っててもいいけど言ったらアウトでしょ。

 

「(家に来た)クリスマスカードはしばらく応接間の棚に並べて飾ることにしている。アメリカ時代ガールフレンドからのものもいくつか混じるが、ピチピチギャルだった彼女達も今や六十代ということで女房も気にしない。埋み火の厚さまでは思いが及ばないようでありがたい。」(2021年6月号)

解説)ほぼ毎号奥さんの話がこんな感じででるんだけど(だいたいは奥さんをちょいディスするか、痛い言動奥さんに突っ込まれるか)、外に向けての文章としては不適当だと思うんだ。

 

京都スーパー東洋人らしからぬ若い女性がレジで働いていた。エキゾティックな美貌の人だったから仕方なく話しかけた。」(2021年4月号)

解説)美貌の人だったから仕方なく話しかけたって、相手からしてみたらいい迷惑じゃね?

 

大人の国イタリアでは失政は糾弾されるが、助平はよいらしい。イタリアに生まれてもよかった。」(2021年2月号)

解説)伊首相が「イタリアには可愛らしい娘がたくさんいるかレイプをなくすことは無理だ」と発言したことに関連してのコメント。なおこのコメント文章最後オチとして使っている。オチにしては面白くない。

 

他にも政治家とその愛人旅行に同宿してしまった話を披露する2021年2月号、女子学生からの誘惑をどう防ぐかを書いた2022年1月号も文全体がかなり香ばしいが長いので省略する。

文藝春秋の巻頭文レベルになると、作家が偉すぎて編集サイドが文に口出せないんだろうなー。文藝春秋もっと頑張れよ。時代遅れの文章を巻頭文に載っけるな。

2022-01-11

anond:20220111170902

https://mobile.twitter.com/suikadokei/status/695043576841940992

いくら名前被りしやすペンネームといえども

同じペンネームの人と二回もコラボするだろうか?

商業漫画寄稿も上のような同人におけるやり取りの中で築かれた関係の中で実現したものなのではないか

2022-01-09

anond:20220109205914

バガラバとかも有償配布だから一冊完結なのかと思ったら完全に投げっぱなしの「次回に続く」エンドだったがどうなってんだ

短編寄稿作の方がまだ完結してたわ

2022-01-05

anond:20220105151346

これ系のムックって当時雑誌寄稿していた人が、周辺の人と分担してなんとか本になる分量を寄せ集めただけのものが多いよ。本としてのまとまり主題も無い。

直後ならその時代に求められる雰囲気をうっすら感じる資料にはなるが、なんというか筆者の記念品みたいなものなので、なぜ今この本を。

関連書籍20 冊とか目についたもの全部とかの単位で読んでるのなら良いね。というか読むべき時が来るのを待ちながら収集する正しい積ん読か。

正月積ん読崩しなら、一定期間のうちに読まなかったムックは全部捨てちゃっていいよ。捨てる前にパラッと見ただけかもしれんが。

2021-12-08

二次創作は取り締まるべき

二次創作物権利者の許可なく頒布することは、全く解釈余地なく著作権侵害

他人漫画同人誌を売りたいなら、公式アンソロジーなどに寄稿すればよい。

なぜそうしない?

2021-11-22

とあるVを単推ししていてSNSかにもちょこちょこ記事を書いていて、記事書いたらTwitterとかで書いたよーって宣伝とかしてたんだけどV本人からはたまーにいいねがもらえる程度。まぁ、そんなもんだよなと思いながらもボチボチ活動してたら、とある中堅くらいのネットメディアからDMで「うちに記事寄稿してほしい」みたいな依頼が来たので、推し推し記事を書いて寄稿した。そしたら、推しがその記事を「ネットメディアに私の紹介記事が載りました!うれしい!」みたいな引用リツイートしてて、結局内容じゃなくて媒体大事なんだなともっと好きになってしまった。

2021-11-20

ある意味で、もっとフェミニスト政策が全盛だった頃に

その頃から少し頭おかし認定されていたか

段々認められなくなってきた部分もあるのに

フェミ連中は、あまり理解していないのか

認めたくないのか

そもそも、こんな所でしか藤氏?に賛同意見的な方向を書けない時点で終わっているし

氏が一定謝罪をしたのが、そんなに許せなかったのかな?w

・本当にフェミニスト寄りとして、ここに寄稿しているのであれば

こういう奴らが、威力業務妨害罪名誉毀損罪等で

摘発されない。日本も相当におかしいと思う。

ある意味で、もっとフェミニスト政策が全盛だった頃に

その頃から少し頭おかし認定されていたか

段々認められなくなってきた部分もあるのに

フェミ連中は、あまり理解していないのか

認めたくないのか

そもそも、こんな所でしか藤氏?に賛同意見的な方向を書けない時点で終わっているし

氏が一定謝罪をしたのが、そんなに許せなかったのかな?w

・本当にフェミニスト寄りとして、ここに寄稿しているのであれば

こういう奴らが、威力業務妨害罪名誉毀損罪等で

摘発されない。日本も相当におかしいと思う。

2021-11-18

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集 編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。 編集

編集

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

2021-11-15

編集週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています。 今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。 はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

編集

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

日記タイトル

週刊はてなブログ」では、はてなブログ投稿された記事の中から編集部が注目する記事ピックアップして紹介しています。また、さまざまなブロガースポットを当てたインタビュー記事寄稿記事も公開しています

今回のリニューアルでは、トップページ編集部おすすめの最新記事を読むことができます。また、各記事を読んだあと、さらに気になる話題について探せるよう、下部に関連記事おすすめ特集を表示しました。みなさまが投稿した素敵な記事を、より多くの読み手に伝えることを目的にしています。「何か面白いブログはないかな?」「どんなブロガーがいるんだろう?」と思ったとき、ぜひ週刊はてなブログをチェックしてみてください。

はてなブログは、みなさんが「自分の思いを、自分らしい言葉表現する」手助けをしたいと考えています。そのために、今後もみなさんの思いが込められた記事がより読まれやすく、読みやすくなるよう、改善していく予定です。サイトの変更はこの「はてなブログ開発ブログ」で随時告知しますのでよろしくお願いいたします。

2021-11-08

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.nikkei.com/article/DGXZQOUC1318U0T11C21A0000000/

2005年1月10日 IT産業の潮目が読めぬ日本勢 モノづくりの強さ過信を危惧

ttp://www.mochioumeda.com/archive/sankei/050110.html

二〇〇四年の米国IT(情報技術産業は、IBMによる中国企業聯想集団レノボ・グループ)」へのパソコン事業売却(十二月)と、インターネット検索エンジン大手グーグル株式公開(八月)という二つの対照的出来事によって記憶されることになろう。

年に一兆円以上売り上げるIBMのパソコン事業の売却額が二千億円にも満たなかった一方、売上高約三千億円のグーグル株式時価総額は五兆円を超えた。この差は何を意味しているのか。インターネットの「こちら側」から「あちら側」へのパワーシフトが、米国では確実に起きているのである

インターネットの「あちら側」とは、インターネット空間に浮かぶ巨大な「情報発電所」とも言うべきバーチャル世界である。いったんその巨大設備たる「情報発電所」に付加価値創造の仕組みを作りこめば、インターネットを介して、均質なサービスグローバル提供できる。

米国が描くIT産業の将来像は、付加価値順次「あちら側」にシフトしていき、「こちら側」のモノはコモディティ日用品)になる、誰でもいいか中国で作って世界に安く供給してくれればいい、というものだ。IBMパソコン事業中国企業への売却はそれを象徴している。むろんこれから先、米国が描くシナリオ通りにIT産業が発展していくとは限らない。

ただ私が危惧(きぐ)するのは、モノづくりの強みを過信し、そこにしか生き場所がないと自己規定するあまりに「こちら側」に没頭する日本企業が、米国離れを引き起こしていることだ。違う方向に関心が向かっている米国現在を「われ関せず」と理解しようともしていないことである

東芝富士通とNECの時価総額を全部足し合わせても、創業からたった六年、わずか二千七百人のグーグル時価総額に及ばないのはなぜか。いったいグーグルとは何なのか、その台頭は何を意味するのか。本来そう問い続けなければいけない日本企業経営者が、インターネットのことを何も知らない。米国離れを起こしている場合ではないのである


2005年7月4日 ネットの開放性は危険で悪なのか 巨大な混沌こそがフロンティア

ttp://www.mochioumeda.com/archive/sankei/050704.html

日本携帯電話ブロードバンド(高速大容量)のインフラは、ほぼ世界一の水準にある。「光ファイバー接続インターネットを家庭から安く使える」なんて話をアメリカ人にすれば、憧れのまなざし日本を見つめる。インフラ面ではもう日米大逆転が起きてしまったのだ。

私たちより上の世代には「IT(情報技術)といえば何でもアメリカが圧倒的に進んでいて日本はどうそれを追いかけるか」という発想が染み付いているが、日本若い世代は全く違う。つい先日、シリコンバレーに赴任したばかりの日本企業駐在員(25)がこんな感想をもらした。

アメリカって日本よりずっと遅れているのに、インターネットの中はすごいんですねぇ。アメリカ底力を感じます。ショックでした」

私は一瞬耳を疑った。「アメリカが遅れている」という前提からまず入る発想が私にはとても新鮮だったからだ。でもこれが、携帯ブロードバンドでは世界一のインフラを持つ日本で育った若い世代アメリカに対する自然感想なのである。では、その彼が「すごい」と言い、「底力を感じ」てショックを受けたアメリカの「インターネットの中」とは何なのか。

それは「ネット社会」という「巨大な混沌」に真正から対峙(たいじ)し、そこをフロンティアと見定めて「新しい秩序」を作り出そうというアメリカの試みが、いかスケールの大きなものかについての驚きだったのである

2005年9月30日 ネットの開放性は危険で悪なのか 巨大な混沌こそがフロンティア

ttps://web.archive.org/web/20050930202614/http://www.shinchosha.co.jp/foresight/web_kikaku/u108.html

最近ある組織経営者アドバイザーが一堂に会する会議で、準備万端整えて臨んだ私の報告があまり理解されないということがあった。たぶん、小さな落胆が顔に出ていたのであろう。帰り際に、同僚アドバイザーである人生の大先輩からこう言われた。

あなたの話は面白かった。でもねぇ……。私もね、この歳(六十代半ば)になるまで色々な新しいことに出会ってその都度吸収してきたけれど、あなたの話、特にグーグル本質についての話は、インターネットを使わない私のような人間には絶対理解できませんよ。私だって、わかったふりはしているけれど、ぜんぜん想像ができないんだ。だから、どれだけ大きな意味のあることなのかも実感できない。でもねぇ……。たとえば私はこれから地方経営者たちと会うために全国をまわる旅に出るんだけれど、インターネットを使う人なんて誰もいませんからねぇ。はっはっは……」


2005年12月27日 グーグル成功秘訣は高度な技術開発(産経新聞正論12/28寄稿)

ttps://umedamochio.hatenadiary.org/entry/20051228/p1

日本ネット列強たる楽天ライブドアは、いまだ中途半端な達成しかできていないネット事業をそのままに、旧産業代表格たるテレビ局併合しようと動いた。

市場からの期待に応えるには、自らのネット事業強靭ものにしていくだけではダメで、売り上げ・利益をしっかりと上げる確実な事業を持つ旧産業を取り込んで融合するしかないと判断したのである

一方、米ネット列強は圧倒的な技術開発力を武器に、斬新なインフラを構築するグーグルに刺激され、「ネット産業は、ITを利用し早い者勝ちサービス展開すればいいという代物ではなく、高度な技術開発で道を拓くべき産業なのだ」という認識を新たにし技術投資に邁進(まいしん)するようになった。

技術投資が極めて重要」という機運が産業界全体に再び生まれ大学での技術開発やベンチャー創造も大いに活性化してきたのだ。

ちなみにグーグル検索エンジン技術は、二人の創業者がスタンフォード大学に在学中に開発したもので、大学がこの技術特許を持ち、グーグル使用を認める見返りに、グーグル株を取得していた。

スタンフォード大学はその株式を二〇〇五年に市場放出し、売却益は四百億円に上った。この資金は、再び、基礎研究高等教育へと還流していくのである

こうした違いは大きく、このままいけば五年後、十年後に、さらにその差が広がってくるに違いない。

「IT革命」とか「情報スーパーハイウェイ」といった言葉は、バブル崩壊後に死語となった。

物理的なITインフラたる「情報スーパーハイウェイ」を構築すれば「IT革命」が達成される−九〇年代には常識だったこ世界観が誤っていたからだ。

本当に大切なのは物理的なITインフラよりも、情報(I)インフラだった。

そのことを証明し、マイクロソフトに代わってIT産業盟主に一気にのし上がりつつあるのがグーグルである

そしてグーグルという怪物を生む環境こそが、シリコンバレー米国高等教育底力なのである


2006年01月21日 グーグルという神話

ttps://gatonews.hatenablog.com/entry/20060121/1137808057

グーグル無料サービスを支えているひとつの要因が株高、時価総額でしょう。

ライブドア批判してもグーグルは「違う」と言っている人が案外多いのですが、本業以外の「錬金術」で本業資金調達というやり方は同じなのではないでしょうか。


2006年04月19日 グーグルという神話

ttps://web.archive.org/web/20060616123115/http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/82654faa9356a65a4b66371eddb59142

先日も、田原総一朗氏に「グーグルのどこがすごいの?」と聞かれて、答に困った。検索エンジンとしての性能は、今ではヤフーMSNなどもそう変わらない。

広告というのは卸し売りのビジネスなので、市場規模は限られている。日本ではGDPの1%、米国では3%(*)でほぼ一定している成熟産業である

グーグル時価総額インテルを抜いたというのは、かつてのライブドアと同じような「局所バブルである疑いが強い。

2006年04月29日 グーグル価値

ttps://web.archive.org/web/20060621084450/http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/baab4ffbc75c641370747a59f442ccba

広告産業成熟産業だが、ネット広告成長産業であるしかグーグルCEO、Eric Schmidtの「ネット広告はまだ広告全体の3%しかない」という話はおかしい。

前にリンクを張ったTNS-MI統計でも、ネット広告(83億ドル)の広告全体に占める比率は5.8%だが、これは検索広告を除いた数字なので、これにグーグルの61億ドルを足しただけでも、10%を超えている。

問題は、この先ネット広告がどれぐらい増える余地があるかということだ。

ここで重要なのは広告卸売りのビジネスだという点である

企業予算のなかで広告費の比率はほぼ一定であり、宣伝担当者も各メディアバランスをとって出稿するから、おのずとメディア別のシェアはどこの国でも同じぐらいになる。

今はネット広告のほうが効率がいいので成長率も高いが、経済学でよくやるように、成長とともに各メディア広告限界効率が均等化すると想定すると、新聞雑誌テレビネットに各20~25%というのが妥当なところではないか

しかスポンサーは、ネット広告のなかでも各社にバランスをとって出稿するからネット広告の全部をグーグルが取るということはありえない。

かなり大胆にネット広告費の半分をグーグルが取ると仮定しても、広告業界全体の12.5%、180億ドルである。これは現在の61億ドルの3倍だが、このへんが上限だろう。

要するに、今までの倍々ゲームがあと2年以上続くことは考えられないのである

追記:この記事にはたくさんTBがついている。その多くは「グーグル広告産業以上のものになる」という意見だが、今のところグーグル収入の99%は広告であり、それ以上の収入源は見つかっていない。

しか検索エンジンOSのようにユーザーを囲い込むことができないので、たとえばマイクロソフトIE検索機能を内蔵したら、ネットスケープのような運命をたどる可能性もある。

2006年4月24日 グーグルは「すごい」のか「すごくない」のか(財務的に見たGoogle

ttp://www.tez.com/blog/archives/000676.html

それでも、一所懸命コストの使い途を考えて、4年後の利益率が現状からやや上がる程度としても、2009年の純利益10Bドル(1.15兆円)

6,675Mドル(約7600億円)となりますので、日本企業純利益第二位NTTドコモを超えることになります。(1位は、製造業利益世界一のトヨタ自動車1.17兆円。)

また、上記は、基本的にはグーグルビジネスモデル広告モデルの域を出ないことを仮定していたシミュレーションなわけですが、実際にはグーグルは新しいrevenue streamを作り出す可能性は高い。グーグルは、「広告業」を目指したいわけではなくて、大量の情報ハンドルするエージェントになりたいわけなので、「分母」を広告費に限定するつもりもないのではないかと思います

経済学的には「利益率の高い企業が小さな市場で大もうけ」というのはトリビアルな話かも知れませんが、財務的に見れば、グーグルはすでに世界企業の中でもかなり「すごい」企業だと言っていいんじゃないでしょうか。

グーグルは「バブル」か?

Google(GOOG)の本日のMarket Cap129.92Bドル(約15兆円)で、確かにインテル(INTC)の112.13Bドルを抜いてます

ただし、インテルの売上は去年38,826Mドルnet income は8,664Mドルのほどあるものの、グーグルと違って売上の伸びはここ数年10%台に留まっており、完全に安定成長モード

グーグルが成長を続けて前述のように世界広告市場ちょっとした割合を獲得するとしたら、4年後にPER1020倍台まで落ち込むとしても、10兆円台の時価総額は十分説明がつくことになります

今後の売上がホント上記のように伸びるかどうかは、あくまで将来の想定を含みますので、そういう意味ではバブル可能性はゼロではないですが、現時点ですでにちゃんと7,000億円以上もの売上を計上しているわけですからライブドアのように、買収した企業の売上を足しあわせて数字を作っていた企業と違って、大企業としての「実態」がすでにあるという点は、かなり違うのではないかと思います


2006年04月28日 Google広告会社か?

ttps://dankogai.livedoor.blog/archives/50473074.html

Googleは、単なる「電通2.0」ではない。

ここに一つのいい例がある。現在世界最大の時価総額を持つ会社は、Exxon Mobileである。ここが商っているのは石油。なぜ石油にそれだけの価値があるのだろうか?

それは、石油が「ネゲントロピー」(negentropy)、すなわち負のエントロピー代表からだ。人に限らずおよそ生物というのは負のエントロピー摂取して生きているが、その中で「現代文明人」の主食石油というわけである石油だけでは「栄養が偏る」というので、天然ガスへのシフトも起きているが、同じ地下資源ということもあって、Exxon Mobileに限らず、どの石油会社も手がけている。

誰もが欲しがるネゲントロピーを押さえたものは強い。そのネゲントロピー購入者がそれを何に転化するかに関係なく。

そしてGoogleは、情報のネゲントロピーを押さえているのだ。

本当に重要なのはGoogleが何を今売っているかじゃない。Googleが今持っているものでこれから何ができるかなのだ。

2021-11-06

最近読んだBL

今回は短編小説1冊、単行本1冊、雑誌1冊。

夜の眼(ジョシュラニヨン)

あらすじ

 事件記者パーカーは、連続殺人犯リッキー正義感から助けたが、恩を仇で返され殺されかけた。

 再び収監されたリッキーだったが、ある日刑務所を脱走して行方不明となる。リッキーから報復を恐れ、警察に付き添われつつ逃避行したパーカーだったが、護衛に着いてくれたスッタッグ警部補に好感を持ちはじめ……。

増田感想

 すごく面白い訳じゃないけど、つまらなくもない。終盤、もしリッキー復讐に訪れたら、その時パーカーはスタッグ警部補に何をしてもらいたいと願っていたのか、その胸の内を白状するところが、人間臭くてよかった。

秋山くん』第4巻 (のばらあいこ

あらすじ

 柴からプロポーズを受けて、結婚するのもいいかなと思った、秋山くん。だが、自分と柴がふわっふわしていて地に足が着いていない有り様を仲間達に指摘され、自分がしっかりしないと、と決意したのだった。

増田感想

 進路選択を機に我に返って現実を見る、というのはあるあるだけれども、世間に歩調を合わせて妥協するのではなく、「結婚する」という目標はブレないまま、それぞれ成長していくところがよかった。

 柴と秋山くんだけでなく、柴の友人のじおんくんやちえちゃん秋山くんの悪友達も彼らなりに考えて成長し、互いに影響を与え合っている様もいい。

 そして、地方ヤンキー底辺高校生達の人生を回すスピード感リアル。彼らは都会の大卒アラサーで悩むような事に、高校在学中に悩み決断するんだよなぁ。

 BL漫画を描くような人が、こんな感じの市井の人々にスポットを当て、「ヤンキー」という形だけでなく彼らの暮らしぶりのリアル肯定的に描くのは意外な感じがした。

 第1巻の、かなり酷すぎる性的虐めからまさかの展開の時点では想像もつかなかった、大団円。よかったわねぇ、皆……と近所のおばちゃんの気分でほろりとしてしまった。

ボーイズラブアンソロジーCanna vol.80』

 記念すべき第80号。飛ぶ鳥落とす勢いの人気小説家、凪良ゆう先生作品コミカライズ! というスペシャルな感じがあるんだけど、寄稿者の人数が今月も少なく、大丈夫なの……? と一読者の私は若干心配になるのだった。朝田ねむい先生の『スリピングデッド』が2話分一挙公開! さもなければ雑誌もっと薄くなってしまったよね。私は電子派だからリアルに本の厚みに一喜一憂は出来ないのだけれども。

 ちなみに、『Canna』のテイストエロ大人しめで、青年漫画に近い感じかな。変わった作風のものが多いと思う。じっくりストーリーを楽しみたい人向け。

 ではでは作品ごとに感想を書いていくぞ。順番は掲載順。文章量があからさまに思い入れに比例してて御免。

『積み木の恋』第1話漫画 黒沢要/原作 凪良ゆう)

 昨今はあまりにも小説が売れないが、ストーリーを作れるのはやっぱり小説家、ということで、小説コミカライズがお盛ん。しか小説コミカライズを読む度に、大体原作の方が面白いなって思う。やっぱ、漫画には漫画の、小説には小説のやり方があるんじゃないかな。

 という訳で、この作品もやっぱり原作読んだ方がいいんじゃないかなという感想私自身は凪良ゆう先生作風が好きだけど、『積み木の恋』は未読。原作の方が好きになれそうと思った。

 凪良先生の良いところは感情表現ユーモアで、ユーモアの方は台詞に出がちなのでいいとして、感情表現地の文に出がち。しか行間を読ませるというよりは分析的な文章なので、漫画の余白とか空気感表現しづらいんじゃないかなと思う。

 コミカライズ担当者がまずいという訳ではない。漫画化との相性がいい原作を選んだの? と疑問に思うだけ。

 現在、他誌でも凪良ゆう先生作品漫画化されているんだけど、そちらは近々ドラマ化される『美しい彼』で、コミカル台詞回しが多く、少女漫画セオリーを綺麗に踏襲しつつたまに強烈な逸脱を見せる作風で、より漫画向きな感じがする。



『MADK』第17話(硯遼)

 すごく評判のいい作品なのだが、私はつい最近(4、5号前かな)から読み出したせいで、話がさっぱりわけわかめ最近までは悪魔Jの過去話で、現在主人公マコトちゃんがなんか生首持ってJの家に来たところ。

 まあ、よくわかんないけど、マコトとJのどろどろの愛を楽しむ漫画なの? 今回はやばやばエロ回。Canna漫画っておかし性癖エロはあまりない感じなんだけど、本作の今回は若干アブノーマルかなぁ。最中台詞を読んで、それ奴隷商人痴皇(@『幽遊白書』)が言ってた台詞のやつじゃん、とツッコミを入れたりなど。

 読後の感想としては、今回もよく分からなかったなと。


逃避行じゃあるまいし』前編(タクアン)

 ストーカー?×恋愛の美味しい所だけ味わいたいグラスハート のおっさんずラブみたいな感じ。画風がサラリーマン向け雑誌みたいだが、エロはがっつり腐女子好み。エロシーン多め。「×」というよりは「VS」が似合う関係性のようにも思ったが、受けの人は粘着されて嬉しそう。まじかよ。


『青い人の主治医』第2話(hagi)

 第1話掲載した後数回休むってすごいな! と、これまで読んできた漫画雑誌といえば有名少年漫画少女漫画雑誌くらいの私は思うのだが、Cannaにはよくあることなのかもしれない。

 別にBLでなくてもよくないか? と思った。まあ、こういうBL好きな人もいるさ。


ベルガモットサニーデイ』第5話(キタハラリイ)

 相変わらずタイトルの響きが最高だなあ、ベルガモットアンドサニーデイ! 声に出して読みたいタイトル

 働く大人女子向け漫画っぽいもだもだした恋愛もの別にBLでなくてもよくないかという気がしないでもない。


『嘘つきな愛を買う――オメガバース――』第4話(ポケラふじ子)

 オメガバースって、二次創作においては行きつく所まで行ったニッチ性癖感あるけど、オリジナルBLにおいてはネタ範疇妊娠出産も一応入る為に社会派の側面もあるよねー。ということで、これもうっすら社会派っぽい雰囲気のある作品

 とはいえ、大概のオメガバースはαとΩのやり過ぎエロとかΩの業の深さを楽しむものだとも思う。本作も社会派っぽい面はあくまでおまけかな。


スリピングデッド』第6話&第7話(朝田ねむい)

 イエーイ今回一番楽しみにしていましたイエーイ!! 2話ぶん一挙掲載にしても凄い分量がある。全部で80ページ越えだもんな。

 ネタバレをしながら書くので、ネタバレ無しで読みたい人は読み飛ばしてください。


 今年の8月末日に刊行された第一巻の続き。殺人事件に巻き込まれ理不尽な死を遂げた佐田が、マッドサイエンティスト間宮に拾われ理不尽にもゾンビにされ、これまた理不尽にも食人をして生きることになったのが、第一巻までのストーリー

 巻末辺りで、間宮が実は顔見知りだったことを佐田は思い出す、という謎めいた展開に。

 今回は、佐田記憶結構ぼこぼこに抜けがあるのが判明しつつ、視点佐田から間宮に移る。

 これまでもっぱら佐田視点物語が進み、佐田の人となりを読者は佐田自己認識という形で知ってきた。ところが! 間宮記憶に残っている佐田人物像がとても意外。いや、表向きは佐田は昔から非の打ち所のない、ほどほど善良な人物だった。それを間宮スクカー最底辺のひがみ根性から偽善者」と決めつけていたのだけれど、あることがきっかけで、佐田邪悪な一面を垣間見たのだ。

 一巻までは、クレイジー科学者間宮翻弄されるごく普通の善良なスパダリ佐田、という構図だった。けれども一皮剥けば、間宮科学的探求心に突き動かされていない時には案外まともな感性を持っているのに対し、佐田無意識ながら自身暴力性を発揮する隙を窺っているようにも見える。

 理由も無しに暴力を振るわない間宮と、理由さえあれば嬉々として暴力を振る佐田。彼らは似ているようで根の部分は真逆

 佐田仮面を剥がすと現れるのは、過去間宮を虐めた奴らと同じような気性で、間宮佐田に惹かれるのはストックホルム症候群のようなものに思える。お、これって同作者の『マイリトルインフェルノ』じゃん? 『マイリトルインフェルノ』のあとがきに、最初はいじめられっ子が悪魔の力を借りていじめっ子復讐する話だったが暗くなりそうだからやめた、と書いてあったと記憶しているが、今回はそのテーマに再挑戦するということなのだろうか?

 間宮佐田過去編にはBLなのに若干百合みを感じる。陰湿×陰湿からかな。

 感情を表情や言葉で表すのが大の苦手な間宮の、一巻までの言動伏線は全部一巻内で回収(あーこいつ実は佐田のことかなり好きだな、と。)されたものだと思っていたが、そのなかでの特に重要台詞や表情の一つ一つが、実は二人の過去しか佐田には綺麗さっぱり忘れられている)に掛かっていた、というのにはやられた。なんてすごい構成力なの……。

 ここまで見てくると、間宮佐田に対する一方的な想いが実にエモーショナルに感じられ、間宮佐田に対する言動の一つ一つが愛らしく思えてくる。間宮佐田の死顔を見、「……あまり変わってないな、キミは」と呟き佐田の頬を撫でるシーンにはちょっと涙が出てしまうな。一巻収録ぶんを未読な人には、変な人の変な行動にしか見えないかもしれないけど。いまだ紆余曲折の真っ最中にあり見た目にまで苦労の滲み出ている間宮が、昔のまま歪みなく順風満帆大人になり夢も叶えた佐田に対し、羨望と嫉妬以上の眼差しを向ける、名シーンだ。

 ところで、佐田が肝心の所をまるで覚えていなかったのは、何かの影響による障害にも読めるし、加害者被害者記憶ギャップにも読める。佐田間宮を虐めた人ではないけれど、佐田の心根にはいじめっ子的な所があるというか。間宮佐田のことで強烈に記憶している部分というのが、佐田にとっては他人に対する悪意を解放した部分である佐田本人はスカッといい気分)であるから、そりゃ覚えている訳はないか

 間宮佐田過去と二人の関係性、そして間宮佐田に対する想いは明らかとなった。だが、ゾンビ化が佐田に与えた影響という伏線はいまだ回収去れていない。これが今後どのようにストーリー関係していくのか。ゾンビものの定石として佐田人格を喪い人食いモンスター化し暴れ出すとかいう展開も予想出来る流れだし。

 次回が待ち遠し過ぎる。


BLACK BLOOD』第5話(琥狗ハヤテ

 えっ、この漫画もう第5話なの? あらまあ! 時の経つのは早いなあぁ。そういえば、私が初めてCannaを買ったとき、ちょうどこの漫画が新連載として載っていたような記憶がある。

 ハードっぽい作風と画風で、日本漫画という由りは海外の、フランスとかの漫画っぽい雰囲気なのだが、やっぱりBLBL。急速に恋が始まり、油液が飛んだ。(←何かの隠喩ではない。)ここまで一応事件はあったものの凄い急展開が起こった感はないのだけど、もう5話。一巻以降も続く感じかな。次号とかで終わったら、何だったのかよく分からない漫画になってしまうし。


『ジャルディニエの愛した毒花』第12話(椛嶋リラコ)

 娼館ものでかつ猫耳獣人ものという欲張りセット。連載が長く続いているのもあり、私にはさっぱりストーリーわけわかめ

 この間まではなんか過去の話をしていなかったか? 攻めの人がどっか遠い所に行っちゃうような話では? と、前回までの話を把握していないまま今回を読んでも理解出来るはずもなく……。絵が綺麗。しかし、何故レディコミではなくBLなのだろう? という疑問もなくはなく。まあ、こういうBL好きな人もいるさ。


シャングリラの鳥』第14話(座裏屋蘭丸

 イエーイ、これもすごく楽しみにしていましたイエーイ!! だが、ストーリーはそんなに進まなかったので、ネタバレのしようがない。

 前回までの色々が解決も進展も後退もせず。フィーは子供時代に犯した過ちがシャングリラに及ぶことを恐れて怯え続けれており、一方アポロといえば、輝く白さのホワイト労働のはずがまさか自身性質によって馴染むことが出来ずに進退を考える局面差し掛かっていた。

 アポロが試情夫として正規雇用されて依頼、なかなか接点を持てないふたりは、それぞれの悩みを一人で抱え込んだまま、ひたすら悶々とし続ける。

 精神的に詰みそうになったタイミングで、運良く二人きりになれたとこまでで次回を待て!

 なんとも言いようがない。ただ、座裏屋蘭丸先生の描く、男子達がより集まってあーだこーだ言い合うシーンは最高だなあ、ということくらい。

 絵柄がすごく綺麗なのに、背景を真っ裸で歩くフィーの超遠目に映ったおちんが白抜き修正されてしまうのが、地味に悲しい。全身クローズアップ絵では脚とかで隠し切っているのになぁ。


『つむぐ婚』第4話(黒岩チハヤ)

 別にBLでなくてもいい気がするのだが、BLじゃなかったらこのモフモフが観れなかったので、BLでよかった。

 つむぎの狐Ver.の口元のふにゃふにゃさと狐らしいお手々の感じが癒し。だが今回は人間姿でこってりエロ回。モフモフしっぽガードがよかった。


ひだまりが聴こえる――春夏秋冬――』第5話(文乃ゆき

 この作品はかなり人気があるようで、Canna代表作といえばこれ、みたいな扱いをされているけど、私はあんまりきじゃないんだよなぁ。BLなんだけど、少女漫画特有のねっちりさがあるところが、あまり好みではない。そういうのが良ければ少女漫画を読むよ。しか世間ではこれが王道綺麗めBLなのかもしれない。知らんけど。



***

 個人的に、「BLなのに百合みがある」は正直な感想でありつつ褒め言葉でもある(と言いながら、私はあまり百合は好き好んでは読まないのだが)のだけど、「BLでなくてもよくないか?」は明確にdisりとして使っている。

 せっかくの増田。何もしがらみのない場所なので、そりゃ忌憚のない感想をかくさ。

 では今日はこの辺で。

2021-11-05

同人日記

多数を無言フォローしてた。大ジャンル転出者含め200人くらいフォロー(雑食なので)。うちCPまで合ってる小ジャンルの同志さんはリストに入れて重点チェックしてた。あと転出ジャンルが好みじゃない場合ワードミュートで足りてた。みんな毎日元気にツイートしててよろしいなぁ~。

急に絵師しかも大ジャンル古参だったらしきAさん(たまにまだアンソロ寄稿してるけど自発的にはもうこのジャンルは描かないらしい)にフォローバックされた。

けどまあお互い無言フォローだしエアリプでありがとっていう程度でいいか、2万くらいフォロワーのいる絵師にいちいちかまちょする文書きってウザイよな。とほぼ無視

私のほうはオープン垢なのでリストにいれられてる気配はもっといっぱいあるけどフォローバックしてくれる人なんて50人もいないやで。奇特絵師さんもいたものだ。

急にAさんが「前にいた「小ジ●ンル」は態度がクソな人がいたのでジャンルから転出してよかった」とツイートしてるのみちゃった。典型的な後ろ足で砂かけですね。

私は重点チェックじゃないリストにいれてフォロー解除しました。ブロ解まではしなかった。あと精神的に負担なのでそういう愚痴をいうひとはフォロー解除と一言かいといた。

えっクソって私のことですか???まだなにもしてませんが?

プフーw うちほんと弱小だからw 新刊アンケート1桁だからw 大絵師さま気にすんなよ~。

でもちょっと家族に関するツイートとか見るに)もともとキツい人ではあったんだろうなぁ。もう見ないけど。

うーむそれにしても新刊がうまくすすまねえな。そっちのほうが悩ましい。小ジャンルに一冊でも新刊増やしてぇなあ~。

2021-10-24

それを「雇用継続」とか「ポストは残った」とは言わない

呉座勇一氏の騒動について、彼の雇用がどうなったかについて誤解があるようなのではてブに突っ込んでみます

日文研の元助教に懲戒処分 長期にわたりSNSで不適切発言繰り返す|社会|地域のニュース|京都新聞

[B! 炎上] 日文研の元助教に懲戒処分 長期にわたりSNSで不適切発言繰り返す|社会|地域のニュース|京都新聞

shigak19 「10月から日文研非常勤機関研究員となっている」非常勤とはいえ雇用継続か/しかしここのコメントにもひどい二次加害のコメントが。一方的誹謗中傷を受けても「被害者」じゃないのか

differential 少なくとも北村氏は明確に中傷被害者だったよね…/研究者ポストは残ってよかった。己の中の黒い感情の手懐け方を身につけて、悪いおトモダチとネットで遊ぶのはほどほどにして笑、研究に邁進して欲しい

こういうのを「雇用継続」とか「ポストは残った」とは(言っちゃ駄目とは言わないけど)普通は言いません!

正社員地位を解かれパートになるのを「雇用継続」とか「ポストは残った」って言います

研究者世界には「テニュアトラック」という制度があります簡単説明すると、「数年間は任期付の正社員として雇用し、その数年間の業績を評価して終身雇用正社員にするかどうか決める」という制度です。

多くの場合テニュアトラック間中は「助教」という職位(assistant professorの訳)で、テニュア審査に通ると「准教授」という職位(associate professorの訳)になります(もちろん例外は多々あります)。

これはもともとアメリカ大学採用されていた制度ですが、現在日本でも一般的です。とはいえお国柄による違いというものはあり、アメリカではけっこうな割合テニュア審査に落ちる(つまり終身雇用への移行が拒否される)ことがあるそうなのですが、日本テニュア審査に落ちたという話はあまり聞きません。採用事大変だし、数年間も一緒に仕事してるわけだから勝手もわかってるし、何より日本には定年制がありますからね。

アメリカでは定年制は年齢差別となり違法なので、一度テニュアを手に入れたら死ぬ自発的に辞めるかしない限りは職に留まれます。一方、日本大学には基本的に定年があるので、どんな偉い学者でも定年を迎えれば退職です。これを利用して、定年を迎えたノーベル賞級の偉い学者教授として迎え入れ、受賞者が出たら「うちの先生ノーベル賞を獲りました!」と大々的に宣伝している私立大学というのもあります。選球眼がすごすぎる)

呉座さんはこのテニュアトラック枠で2016年秋に採用されていました。任期は5年だったので、何も問題がなければ今年の秋にテニュア審査を受けて助教から准教授になれた、すなわち国際日本文化研究センターに定年まで留まることができるようになっていたはずでした。

しかし、現在の彼の職位は非常勤機関研究員。これは世間一般で言うところの「パート」「バイト」の身分です。ほぼフルタイムで勤務している場合もありますが、それは長時間パート勤務をしているというだけで、正社員という待遇ではありません。

まり彼の地位は「数年間という期限つきの正社員からバイト」にまで落ちたということになります

呉座さんの場合博士号もあり、学術的・啓蒙的な著書を何冊も出しているので、今回の騒動がなければ准教授になれていた、つまり定年まで組織にいられる正社員としての身分を手に入れられていた可能性は非常に高いでしょう。逆に言うと絶妙タイミング告発が出てきたということで、人の恨みを買うのが一番怖いという話ですね(本人も「もうちょいで准教授になれるぜヒャッホウ!」と思っていたんだろうなぁ)。

10月付で肩書き助教でなく研究員になってる模様( https://research.nichibun.ac.jp/sp1/ja/researcher/staff/s377/ )。謝罪もしたし処分も受けたという理解。 この件 https://b.hatena.ne.jp/entry/4699963914661886050/comment/Fuggi

10月付けで肩書助教じゃなくなるのは上で書いたように既定路線でした。ただ変わった肩書が予想外すぎたという話で。

bros_tama 機関研究員というのは,賃金が出る職種なのだろうか.

賃金は出てると思います。というのは、上で書いたように呉座さんは今後も日文研仕事を続けることが見込まれていたので、10月以降も呉座さんがするはずだった仕事が残ってた可能性があるんですよね。ひょっとしたら外部の研究費を取ってきてたかもしれないし。仮にそれを処理するために非常勤雇用されてるとすると、当然(具体的に「これこれこういう仕事しろ」と指揮命令を受けているわけだから賃金は払う必要があるはず。

なお、賃金が出ない研究員というのもたまにありますが、それは「就職先が見つからない院卒者に○○大学所属という肩書学内施設へのアクセス権を与える」ための措置なので、具体的にどんな仕事しろとか命じることはないです。

yogasa さえぼう氏はあんなんでも教授だしね、権力あるんだな

大学教授に他の大学所属している研究者雇用をどうこうするような権力はないです。処遇を決めたのはあくまでも日文研で、北村さんにはその決定に関わるなんの権限もないはず。

ただ、北村さんが一般向けの媒体かに寄稿している有名人だったからこそここまで問題になったというのはあると思います無名研究者ハラスメントしてたら雇用先に気づかれず逃げ切っていた可能性もある。とはいえ無名研究者だったらここまでタゲられてなかった(有名だったからこそ粘着された)でしょうから無意味仮定ですが。

KKElichika 勤務時間外=使用者管理外⇒本来懲戒処分権の範囲外&ほぼ業務とは無関係行為ってこと考えると、結果的法人評価を貶めたとみても、停職1か月は相場より重い。訴えられたら負けそう。訴えないだろうけど。

これ、研究者の間では「SNSでの誹謗中傷」というよりも「アカハラ案件」だとみなされているんですよ。歴史学者が出した声明とかもその線に沿ってるので。それでハラスメント案件として重めの処分になっているんじゃないですかね。完全に憶測ですけど。

ただ、これどう考えてもアカハラじゃないんですよね。北村さんは呉座さんと面識がなく、タレコミがあるまで誹謗中傷のことも認識してなかった(それまでは彼女研究活動その他に影響を与えてなかった)わけで、アカデミックな場で行われるハラスメントとは言いづらいものがあるというか。所属機関所属学会も専門分野も違っていて、なおかつ面識がない相手に行われるアカハラって聞いたことあります?(同じ会社に勤めているわけでも取引先というわけでも同業他社ですらなく一度も会ったことない相手へのパワハラ、とか、私は聞いたことない……)ていうかそもそも川上未映子さんや三浦義隆弁護士悪口まで言ってたんでしょ。アカデミック関係なくない?

アンチフェミアンチリベラルツイ廃フェミリベラル界隈の有名言論人の悪口言いまくってたら、たまたまどっちも博士号持ちの研究者だった」というのがことの本質だと思うので、「男性研究者女性研究者ハラスメントしてた」というフレームは違う気がするんですよね。銀行員帰宅途中の路上強盗に襲われたのを銀行強盗と呼んでるみたいな感じ。もちろん強盗はよくないことだし罰せられるべきだけど、それを「銀行強盗」と呼んだり「銀行強盗をどう防ぐか」みたいな話に繋げたりするのはなんか違うというか……

2021-10-04

anond:20211004082631

え?なに・・

世界日報は、寄稿者を勧誘するのが狙いなの?笑

anond:20211004080717

ターゲットは読者だけでは無いぞ。

大学生向けの勧誘プログラムなんかではよく分析されているが、接点のサークル自体では宗教活動を行わないまま、「サークルの人たちがサークル外でも集まっているらしい」という気配を(意図的に)醸し出すことで、サークル外の宗教活動に引きこむ。

「同じ雑誌寄稿者たちが集まってるイベントがあるみたいだ」ってなもんよ。

anond:20211003162936

おいおい、あんなクソ記事に引っかかっちゃって大丈夫か?

一般大衆向け中立の物は新聞であり、機関紙特定業界向けの刊行物という事になります

しか世界日報電子版は一般紙であるため、メディアとしての中立を保つ以上宗教的に踏み込んだ話自体そもそも掲載出来ません。

なんて書いてあるけど、これウソ定義に基づいたウソの主張だぞ。

たか出版物一般大衆向けの「新聞」とセクト内向けの「機関紙」に分類され、「新聞である場合には「メディアとしての中立性」があるかの如く書かれているが、日本語の「新聞」には「一般大衆向け中立の物」なんて意味包含されていない。

そもそも新聞中立性を要求されない。日本新聞協会新聞倫理要綱ですら中立性は謳われていないし、まして世界日報社は日本新聞協会の会員社ですらない。

ここで言われている「新聞」「中立性」は、世界日報社内部の用語と言わざるを得ない。

そして重要なのは、「カルト勧誘の本質は正体隠しという情報操作である」と言われるとおり、統一教会をはじめとするカルト宗教では、一般人への接触点を作る際は、宗教色・勧誘色を隠すようにマニュアル化されていることだ。

一般向けメディアでは宗教色・勧誘色を廃すのが、カルト勧誘手法だ。記事で「過度な宣伝勧誘を行う記事寄稿したとしても取り下げられる」といっているのは、この手法自白しているようなものだ。

このようなカルト勧誘マニュアルを前提に、記事が「新聞」「中立性」という語をことさらに持ち出していることを見ればその狙いは明確で、「宗教色・勧誘色のないメディアである」とアピールする意図に出たものだ。日本新聞協会の加盟社でもないのに世界日報毎日新聞産経新聞になぞらえるのも、大学生勧誘時に大学公認サークルになぞらえるのと同じ手法である

加えて、記事は、統一教会から世界日報社への「資金提供漸次目減りしており自己資本での企業経営を強いられてきた」ことをもって、世界日報社が統一教会無関係になったと主張するが、「漸次目減り」とは今なお資金提供を受けているという意味であるし、そもそも資本的な協力が無い以上現在支持母体であるとは見做せない」というのがウソである読売ジャイアンツ運営母体である株式会社読売巨人軍独立採算性かつ単独黒字読売新聞から資金援助を受けていないが、ジャイアンツ読売新聞無関係だなどと言う者は居ないだろう。

記事に現れた数々のウソは、どれもカルト勧誘マニュアルに驚くほど一致しており、そのような記事が、統一教会無関係だなどとカルト勧誘マニュアルと同じ主張をしても、信用に値しない。

2021-10-03

[]2021年9月はてブあとで読むトップ30リスト

はてブホットエントリ(総合)で月内に数多く[あとで読む]タグを集めたエントリ

211あとで/1849users ストレスフルな人に知ってほしい図解「アメリカカウンセリング学会推奨『ストレス解消法』100」…「古い友人にメールをする」「猫は神」「まずは楽しめ」など - Togetter

204あとで/1119users 統計の入門講座が無料に、京大メソッドデータサイエンス関連教員担当 | Ledge.ai

162あとで/984users 【朗報3D制作ソフトblender」の1400ページにも及ぶ解説書が無償公開 勉強中の人には朗報すぎる : まとめダネ!

161あとで/1037users 徳丸on Twitter: "これは本当にオススメトレーニングなので、Linuxインストールからやるのがよいです。Exploitが刺さるだけで楽しいですが、なぜそれが成立するかまで追いかけるとさら勉強になりますhttps://t.co/tHyQuPSvjw"

161あとで/1587users 青木 晃 - 【長文です】1995年3月20日に起こった地下鉄サリン事件オウム真理教が起こした未曾有のテロでした。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りすると共に、今もなお、PTSDなどの後遺症で苦しむ方々の症状が少しでも改善しますようお祈り申し上げます。 | Facebook

157あとで/1655users 時間跳躍式完全無劣化転送装置 - 山素 / 【読み切り時間跳躍式完全無劣化転送装置 | コミックDAYS

156あとで/1192users こういうのが好きなんでしょ…?「変拍子」が超かっこいいおすすめ10選+α | Music Lesson Lab

154あとで/988users あなたが行動を習慣化したいと思った時におすすめ記事 | みんチャレブログ

150あとで/1178users 東京京都を3度徒歩で移動した話 – 大変だけど素晴らしい、街道歩きの世界にようこそ【寄稿:dekokun】 - KINTOマガジン|【KINTO】クルマのサブスクトヨタから

149あとで/918users MySQLプライマリキーをUUIDにする前に知っておいて欲しいこと | Raccoon Tech Blog [株式会社ラクーンホールディングス 技術戦略ブログ]

145あとで/1226users 100日後に退職する47歳 非公式 まとめ - Togetter

140あとで/1396users 業務スーパーデビューする予定なのでおすすめ商品を教えて下さい→で続々と集まった情報こちら→増量! - Togetter

137あとで/1417users 新型コロナ罹患レポートが分かりやすくて恐ろしい「熱が下がったあとにぶり返し血痰が出て即入院、肺がぐちゃっと潰れている」 - Togetter

129あとで/663users リーダブルコードを書く習慣の身に付け方・実践の仕方 - 2021-09-22 - ククログ

129あとで/753users 元米マイクロソフト本社パワポ責任者が教える「科学的に正しい資料の作り方」- Schoo PENCIL

129あとで/990users 英語の括弧は4種類ある!括弧の使い方を理解して正しく使えるようになろう | English Lab(イングリッシュラボ)┃レアジョブ英会話が発信する英語サイト

125あとで/1881users みずほシステムについて質問です。 | Peing -質問箱-

122あとで/916users GitHub 英語例文集 | boarwell | Zenn

122あとで/844users 統計の入門 | gacco

120あとで/532users JavaScriptはなぜシングルスレッドでも非同期処理ができるのか/Why Can JavaSctipt Invoke Asynchronous in Single Thread? - Speaker Deck

118あとで/833users 個人情報テストデータジェネレーター | User Local,Inc.

116あとで/1394users 「元歯科受付がガチで愛用する『推しデンタルケアグッズ』です」さようなら、全ての黄ばんだ歯と口臭。ド定番8アイテムとは? - Togetter

116あとで/1051users かおりゅ on Twitter: "とんでもないサイトを知ってしまった。絵描きデザイナー歓喜カラーチャート『Colorbase』https://t.co/CLWprkukt6 色を選ぶと、その色の補色類似色・同じ明るさを持つ色・白と合わせた時の見やすさ・色相https://t.co/rOgsnechfT"

115あとで/1493users 記事ドライフルーツ果実酒を仕込むとすごい』に関して | デイリーポータルZ

107あとで/959users 小鳥の鳴き声は言語だった 文法まで突き止めた日本人研究者朝日新聞デジタル

105あとで/591users ゲーム開発者へっぽこさん、711ページに及ぶ技術書『Unity uGUI アドバンスド・リファレンス』を無償公開 | ゲームキャスト

105あとで/1575users 皆さんの声を聞かせてください。皆さんの力を貸してください。 #ねえねえ尾身さん|コロナ専門家有志の会 | COVID-PAGE

105あとで/791users ついに、Webアプリでの帳票印刷ベストプラクティスを編み出しました💡 | Takashi Kanemoto | Speaker Deck

104あとで/595users 「Python」×「株価データ」で学ぶデータ分析いろは | @IT

102あとで/475users 2021年 – これからFlutterを始める人へ学習方法のススメ | ツルオカ | Zenn

102あとで/820users 自分がどのくらいエコーチェンバーの中にいるのか可視化するシステム作ってみた|tori|note

[あとで読む]タグが少なめの月だった。

Togetter多め。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん