「論理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論理とは

2021-05-07

anond:20210507031610

この対談、結構前のだけど読み返したら今も蒸し返される上野発言オナニーして死ね」の説明がある。

よく読んだらそれほどひどいこと言ってる印象はない。

上野マニュアル通りの恋人モードで、妄想系のシナリオ共演者をやってあげると。これを本人は「関係欲」というかもしれないけども、そうやって成立したものを「関係」と呼ぶのかという根本的な問題があります関係欲や関係願望は商品化できるのか。「関係に対する欲望っていったい何なの?」と言ったら、「愛し愛されたい」でしょ? 「ボクを理解して」、「キミを理解したい」なのでは?

坂爪 承認承認ですね、はい

上野承認承認の交換であって、妄想妄想のすり合わせじゃないよね? だとしたら、関係欲の商品化って、どう考えても論理矛盾だと思う。

坂爪 ま、不可能ですね。

上野 だとしたら、やっぱりそれぞれ関係スキルを磨いてもらうしか仕方ないじゃない。大昔、宮台真司さんと対談した時に、「他人関係したければコミュニケーションスキルを磨け、それができなきゃ死ぬまでマスターべーションしてろ」と言ってひんしゅくを買った(笑)死ぬまでマスターベーションしている方が、他人の肉体を巻き込む必要がないから、平和です。それで、ずいぶんご批判を受けたんですけど、なぜでしょう?

坂爪 たぶん、コミュニケーションスキルを磨きたくても磨けない人とか、どうしようもない人とかはいっぱいいて……。

上野 そういう人は関係を諦めたらいいじゃないですか。

坂爪 いや、そこで諦められないのが、人間の性(さが)ってものじゃないんですかね。

上野 誰だってほしいものは努力して手に入れるものでしょ。努力もしていないのに、ゲットできないからって、怒ってもしょうがないよね。

    (中略)

坂爪 でも、それもけっこうネオリベ的な発想になるなあって……。

上野ネオリベじゃないよ。これって、対人関係の基本のキ。坂爪君の『男子貞操』(ちくま新書 2014)にも、そう書いてあるじゃない。ちゃんと愛し愛される、尊重尊重される関係を作るというのが大事だよって。すべての男子中高生に読ませたい本だよね、これ。

2021-05-06

弱者男性問題批判すべきは女性フェミニストの他に居るのではないか?という話

この所弱者男性関連の話を追っていて「あれ?」と思った事が有るので記しておく。

 

弱者男性関連の増田ブコメを読んでると、やはり「弱者男性」という問題設定やそれが差別であるかと言う事について、否定的だったり抵抗感が有る女性コメントは有る、

ただ、この所(いや、最初からかも知れないが)弱者男性に同情的な人も出てきていて、「こういう事は良くない」という事を書いてくれて居る事も有る、本当にありがたい事だなと思う。(https://anond.hatelabo.jp/20210506114728 等がそうだ)

少しずつではあるけど、弱者男性の苦しみや境遇について理解は進みつつある・・・・・と言う事を考える内、違和感が有った。

 

そもそも弱者男性を嘲り差別し叩く人達は、女性フェミニスト以外の方が多いのでは?

 

これはコメントを大量に眺めるうちに至った実感だ。

勿論増田ブクマカ性別は見えない、しか性別が書かれている場合も有るし、ブクマカに関してはどこかで性別を明言してたので知ってる場合も有る。

改めて振り返って見ると(あくま感覚だが)普段から弱者男性モテない男性オタク等について酷い偏見言葉を投げ付けているのは、女性よりも男性が多いと感じる。(重ねてあくま感覚だが、女性アンチフェミ的な言説に反感を覚えつつも、男性差別的な言動については反対したり気を付けると明言する方が一定数居る)

既に「立ち向かうべきは強者男性だ」や「(童貞弄り等について)男性間で行われている事が多い」と言った指摘はあるが、ここで言いたいのはもう少しこの「はてな」と言う場にフォーカスした仮説だ。

まりはてなに多く居る左翼男性の事だ。

 

広い意味での弱者男性差別的な態度を取る所謂はてサ左翼男性について(あえて「リベラル」とは呼ばない、彼らは全くリベラルでは無いし、リベラルと呼ぶに至る経緯も正当とは思わないからだ)

心当たりが思い浮かぶ人も居るのではないかと思う。

もし弱者男性への蔑視差別主犯左翼男性に占められて居るにも拘らず、そこでうまれた反感が女性フェミニスト達へ向けられているとしたら、そんな事態理不尽だし、絶対是正されるべきだ。

女性フェミニストからすれば彼らは味方に見え、その言動が行き過ぎていたり男性差別的だと思ったとしても指摘しにくいかもしれない。しかしそのせいで生まれた反感が彼女らに向かうとすれば、それは非常にグロテスクだし、左翼男性女性フェミニストを盾に好き勝手差別的な言動を撒き散らしている、とも言えてしまう。こうした状況がもし有るなら、それは絶対に正しくない。

なので、確たる証拠の無い段階ではあるが仮説としてここに書く事にする。

 

はてなに多く居る左翼男性について、個々のプロフィールは良く知らない。

ただ例えば高齢左翼男性場合昭和的なマッチョイズムを持ち乍ら左翼である人は割と居たりする。実際何人かのブクマカコメントから昭和的なマッチョイズムを感じる事が少なくない。(私は平成生まれの為、そういう物を感じる度かなりの違和感に包まれる事に成る

度々指摘される事ではあるが、男性もまたミサンドリー内面化し得るし、それがマッチョイズムや家父長制、パターナリズムの形をとる場合はむしろ男性の方が内面化の度合いが大きいとさえ言える。

そうした彼らのミサンドリー弱者男性への蔑視差別を生み出しているとすればどうだろう?そうした状況への反感を女性フェミニストへ向けるのは間違いだという事に成る

 

非常に拙く、論理も明確に通って居ないと感じつつもこの文を書く私の目的は3つだ。

1つ、弱者男性や彼らに同情的な人達に向けて、彼らが批判するべき対象女性フェミニストではなく、左翼男性なのではないか、という可能性に目を向け、可能なら女性フェミニストへの敵意を解除して貰う事。

2つ、女性フェミニストへ向けて、少なくとも私個人女性フェミニストへ敵意は無い事を示し、その上でもし上記が適った場合は、弱者男性側の女性フェミニストへの敵意も解除・減少した事を知って貰う事。

3つ、左翼男性および強者男性に向けて、自らの内側にマッチョイズムが巣食っている可能性に目を向けて貰い、可能ならそれを解除して貰う事。

これ等が適う事で弱者男性問題解決するとは思わないが、理不尽な状況を是正する事は出来るのではないだろうか?

(また、弱者男性へある程度同情や思慮を寄せて呉れている女性フェミニストの方々へせめて少しでも報いる事は出来ないか?と考えた結果でもある)

 

最後に、左翼男性の方からすれば、この増田不愉快だろうと思う。けれどもあなた不愉快にさせる為にこれを書いている訳では無い事は知って欲しい。

「何故左翼だけなんだ?マッチョイズムや家父長制なら保守右翼の方が問題だろう」とあなたが思うとすれば、それは恐らく正しい。私自身、より問題が多いのは右翼だと思う。

にも拘らずここで「左翼」を選択する理由は、ここが左翼の多い「はてな」であり、またこの場に限っては弱者男性攻撃するメリット左翼男性の方が多いと考えるからだ。他の場なら「左翼男性」ではなく「強者男性」で括るほうが正しいだろう。

更に奇妙な話ではあるが、私があなた方をある程度信用している(信用しようとしている)という事情も有る。

右翼なら兎も角、左翼であるあなたがもしマッチョイズムを内面化しているとしたら、あなたはそれを恥ずかしいと感じ、是正するべきだと考えるだろう。

誰しも完璧ではない、男性ミサンドリー内面化する事も有り得る、その様な可能性にあなたは目を瞑らないだろう。私はそう信頼している。

この文章告発だとは思わないで欲しい。ただ穏便に、直して欲しいのだ。

男性もまた性役割に縛られるべきではない、弱くても、モテなくても、貧しくても、学が無くても、オタクでも、それを理由に蔑まれるべきでは無いし、差別されるべきでもない、それだけの事だ。それだけの事を理解する能力あなたに無いとは私は思わない。

私はあなた男性から降りて欲しいのだ。

あなたの中の呪いの解除を望むのだ。

あなたは例えばオタクについてどう思って居るだろうか?特に最近オタクについて。左翼男性の中にオタクヘイターが多い事は知って居る。ただ平成生まれの私には(それが関係有るのかすら良く分からないが)あなた方のその憎しみがどこから来るのか、正直に言って皆目分からない。

ただ、あなたオタク弱者男性を蔑むその理由は何だろうか?もう一度それを考えて見て貰えないか、そしてその理由は本当に適切だろうか?

私はあなたが誰も蔑まなくて済む世界を望む。

若年性老害イケハヤマナブ(仮称)さんの話

社会成功できず貧民窟に逃げ込んだネット芸人のIさんやMさん言動、どこかです見たなーと思ったら轢き逃げ飯塚と同じ論理構造なんですね。

あの年で飯塚と変わらない老害発言をしているのは、もはや年齢は関係なく「若年性老害症」みたいな精神病なんでしょうか?聞いたことないけど。

anond:20210506112626

なるほどー。

②だけは上昇婚とそんなに関係あるかな、とは思ったけど全体的にどういう論理理解できました。

ありがとう

anond:20210505194726

外科や器質的疾患、足の骨が折れた男性や、大腸がんになった女性は、「骨折定義は?」「大腸がんになって差別された具体例は?」と聞かれることはまずない。

ここに微妙論理飛躍があるんよ。

まり弱者男性一口に言っても、「病気障害」で受動的に社会性を失った人もいれば、「他人交流する努力を怠った」「劣等感をこじらせ周囲を拒絶した」などで能動的に社会性を失った人もいる。前者は骨折大腸がんに例えられるかもしれないが、後者は違う。後者レッテル貼りしているのも自分自身だ。

そういう多様な弱者を一括にして論じようとするから破綻する。弱者男性差別っていうのは問題矮小化して聞こえはいいが実像のない無為言葉なんだよ。

anond:20210506091148

アメリカ行くとマジでこういうこと言う奴いるんだよな。

同じアジア人からお前らが中国ジェノサイドどうにかしろ野蛮人、ってな。

マジでおかしいよな。

そして同じ論理元増田にも適用できる。

続・物語作家になりたい人たちへ

【1】

 まず、私の投稿に対して「こういう規則押し付け創作の芽を摘む」というような声が有ったので、以下ではその声に答えたい。

 日本では割りと「創作においては『論理』に頼らない『直感』こそが正義である」という信仰が強い。しかし、現実は逆である。きちんとした創作を生み出すためにこそ、創作家には規則論理必要なのである

 例を挙げよう。映画業界の話である欧米をはじめとする諸外国とは異なり、日本には映画に関する専門的な教育・訓練を行うまともな機関が無い。そのため、映画仕事を志望する人間は、専門的な教育や訓練を受けたくても受けられない。業界全体が、昭和時代と何も変わらない『徒弟制度』に頼りきりである業界志望者は、論理的・合理的ノウハウも身に着けられないまま、無駄に年月を重ねる。結果として、まともな監督脚本家スタッフも育たない。つまり「まともな作品」を撮れなくなり、現在日本実写映画は「まともなビジネス」として成立しなくなった。

 映画役者供給する演劇業界も、実写映画業界と似たり寄ったりである。大半の劇団は良い演劇をすることよりも、地方自治体を唆して税金寄生することや、稽古や親睦を名目にして性的関係を結ぶことの方に熱心で、肝心の本業である演技や演出学芸会レベルのままである

 日本実写映画業界演劇業界は、指導名目スタッフ役者に灰皿を投げつけたり暴力を振るう類いの人間たちが「名監督」や「名演出家」扱いされている始末である。片や出演する演技者の方も、演技の専門的な訓練を受けていないミュージシャンとかが大役をゲットする。こういう紛い物たちが日本映画業界演劇業界蔓延っているのは「論理的・合理的ノウハウの訓練を行うシステム」が無いかである論理的な指導ができない人間は、監督演出家を辞めるべきだし、演技の訓練をしていない人間は、演技の仕事を去るべきである

 それはともかく、漫画小説作家を目指す人間は、実写映画業界演劇業界が手遅れに近い状態になってしまっているのを「他山の石」として、まずは「論理的・合理的ノウハウ」を身に着けるように努めてもらいたい。

 そうすれば、日本実写映画ドラマで頻繁に見かける「よく考えもせずに『何となくそれっぽいから』という理由だけで、悪人たちが悪企みの会議をしている場面で部屋を暗くしてみた」とか「とりあえず竹中直人佐藤二朗ムロツヨシに滑稽な表情と動きをさせておけば、それでコメディっぽくなるだろう」といった馬鹿描写貴方物語作品の中でしなくて済むだろう。

【2】

 次に「セオリーから外れているけどヒットした作品も有る」というような声も寄せられた。これに対しても以下で答えたい。

 野村克也インタビューで言ったことで有名になった「勝ちに『不思議の勝ち』有り。負けに『不思議の負け』無し」という喩えが有る。論理に依らない成功の例は確かに有り得るが、それは謂わば「宝クジが当たる」ようなものである。もしも「宝クジに当たる人間も世の中にはいるのだから自分はあくせく働くのは止める」と言い出す人間がいたとしたら、その正気を疑うだろう。

 物語を書くこと、創作活動をすることは、宝クジを買うように運任せの行為なのか?それは違う。人間頭脳を使う営みなのである。ならば、創作活動において頭脳を使って論理規則活用することの、いったい何が悪いというのか?そんなに頭を使って書くのに抵抗を覚えるならば、いっそコックリさんに頼って自動書記でもしてはどうか?それは冗談だが、仮に偶然に頼るにしても頼り方が有る。

 蜘蛛という生き物がいる。その中でもコガネグモジョロウグモなど、網を張って獲物を捕らえる種類がいる。網に獲物が掛かるか否かは偶然であるしかし、網を張らねば偶然を捕らえることはできない。創作活動において論理規則活用することは、謂わばクモが網を貼るようなものなのだ理解してもらいたい。

【3】

 「とりあえず最後まで書くのが重要」という声には強く同意する。物語作家の志望者は、まずは作品を一本書き上げてもらいたい。しかし、そのためにこそ、論理規則有効なのである登場人物生命の息吹を与えて、物語を完走させる上で、論理規則活用することは、手助けにこそなれど決して枷にはならない。むしろ始めにきちんと考えないままで何となく執筆に着手してしまい、結果として執筆の途中でガス欠になって未完成で投げ出す人の方が、物語作家の志望者には圧倒的に多いのである。それを避けて最後まで書き切るためにこそ、論理規則活用して欲しい。

【4】

 「文章力画力があれば、何も起きない平凡な日常生活描写でも読者を惹きつけられる」というのは、嘘ではないが、しかし本当でもない。それだけの力を持つような文章力画力というのは「何を書く・描くべきか」を把握していなければ、物語作家志望者も身につけようが無い。そして、何を書く・描くべきかを把握するには、やはり論理規則に則った思考必要なのである。また、何も起きない平凡な日常生活は、無手勝流簡単に書ける・描けるものではない。観察力もまた出発点は論理規則である

2021-05-05

anond:20210503142059

お返事が遅くなりました。

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/38215/00391753/1-2_henikabu0407.pdf

この資料の左側の帯グラフと右側の表は、それぞれ1行ずつ対応しています。よって、「左記以外」というのは「左側に示した帯グラフからは除外された人々」という意味だとわたし解釈しています。確かに、「左記」がフキダシを示すというのは、言われてみればありうる解釈かと思いますが、わたしにはまったく思いつきませんでした。

しかしその上で、「左記以外」のフキダシの中身が「下記以外の人」という二重否定になっていたことに、気付いていませんでした。ふつうに「下記の人」として読んでいました。

否定や二重否定となると論理脳が混乱してきますが、ひょっとして、大阪府資料作成者も混乱しているのではないでしょうか。むしろそうであってほしい。

とりあえず、大阪資料に対して、わたしもやや懐疑的になりました。

「どっちやねん」「インパクトのある問題でもない」という最終段落にも、まったく同意します。

ちなみに、「スクリーニング検査の分母も公開してください」という要望大阪府送信済みです。たぶんめちゃくちゃいそがしいだろうし、あまり期待していませんが・・・

anond:20210505103243

そう言うのを食わず嫌いって言うんだよ

戦後貧しい村で捕虜になった米兵ごぼう汁食わされて木の根食わすのは虐待だ!捕虜の扱いを定めた条約違反してる!って強者論理振りかざしたよな

おまえの言ってることそれだから

全体みりゃ言えねえだろ

anond:20210505144348

女に実力がないだけのことを「男による女性差別ぅぅぅぅ!!!」(zyzyのマネ)とか喚くフェミニズムマジで死んでるでしょ。

フェミニズムはだらしがない女に利用され、なんなら乗っ取られる危機にあるんだよ。

やすでに乗っ取られているのかな。

社会の中で不当な我慢待遇を強いられていた状態解放そもそもの発端だったんだが、

なんだか女のワガママを通さないことが女性差別だというような論理にすり替わってきた。

男目線ばかりで女の評価が不当に貶められている!!!っていう、

そりゃ男社会不正があったのかもしれんが、

そこから男目線評価が多い場合は全て女の評価を不当にしている」という決めつけが横行するようになったんだな。

これがフェミニズム堕落だ。

これこれこういう女の価値評価があるはずなのに、なぜ男はこう評価しないのか、といった理論ではなく、

社会評価押し付け!!!みたいな一本槍で通すような運動になってきた。

しかも、男社会価値否定ばかりが目について、女社会プラス価値みたいなものが全く見えてこない。

男性憎悪原動力からなんだろうな。

から憎悪連帯するようになった。

もっと女の価値を認めてくださいよ、じゃなくて女の価値評価しない男死ね!!!!!みたいになった。

日本死ね系の憎悪連帯

困ったものだ。

これが今の世の中ゴキブリのように増えて蔓延しているだわな。

anond:20210505114210

からどんぶり勘定で全部つっこんだ求人数字の話をして「これがデータだ、これが論理だ!」って

もうね、あほかと、ばかかとwそれがわからんレベル増田と話しても時間無駄でしたごめんなさいw

統計平均値」で語るといろいろ間違えることがあるってことだよ

anond:20210505113725

バブル期なんて偏見同調圧力物理的に圧死しそうなくらい金持ち論理で回ってた今以上に窮屈な時代だったけどな

anond:20210505080137

国民代表であり生活ダイレクトに影響する政治家評価とただの娯楽に同じ論理適応出来ると思える頭脳では生活するのは大変そうだ。

2021-05-04

anond:20210504214707

フェミニズム一人一派であり、個々人の思想には定義付けは難しい

それでも社会は、個々人意見を聞いて出来ることは擦り合わせて、出来ないことは寄り添う

それと同じことをするスタンスを持ってみては?

何か聞いてもそれは違う問題自分には差別だと思えない

このような差別の透明化をするなら人から話を聞く意味がないし話をするがわも意味がない

寄り添った上で結論出ないなら、理解力不足だと諦めてください

もしくは、差別は無かったでいいでしょう

執着するのはそれは差別じゃないが言い足りないのかも知れないけど

本当にとことん論理性を追及するなら、男性学専門家資料まとめて新たに語られる弱者男性とは何か聞きにいくのもあり

anond:20210504151645

id:z1h4784 増田はずっと言ってたのかも知れないけど自分の耳には入ってこなかったなあ。大変シンプルでよく分かった。ただ、具体的な事例は示してほしい。おそらく女性障害者経験する差別とは性質が異なるはずなので

よく分かってなくて笑った。下記もこの類型

id:masahiro1977 その差別行為の具体的な例をあげて欲しい。第三者から見ても一発で差別とわかる言動説明されないとわからない言動問題ない内容なのに当事者被害妄想膨らませて差別だと決めつける内容と幅が大きいんだよ。

これらのブコメ真意はこうである

具体的な事例を示さない限り、「何が差別なのか」を自分で考えてそれを避ける行動はとりません

まり差別を辞めないことの表明である

差別を辞めるとはどういうことか?

「いったい何がセクハラにあたるんだよ!よくわからいからどういう状況でどう言えば良いのか教えてくれ」というセクハラおやじ(だけでなく世の男性一般からの問いかけに、これまで君等がなんと答えていたのか忘れたのだろうか?

忘れているだろうから教えてやろう。「一個の人間として尊重しろである。かように、具体的な事例は無いし、正解パターンも無い。反差別では、それが「当たり前」だ。

相手を一個の人間として尊重すれば、自然差別的ではない言葉が口から出てくるはずだ。そこにパターンの暗記などは必要ない。…というのが、セクハラ防止の最終回答だったはずだ。

そしてさらセクハラ防止の論理を援用すれば、配慮したうえでもし差別的な言動が出るのであれば、それは「価値観アップデートが足りていない」からである

この文脈踏襲すれば、具体的な事例を考えることも含め、「どのような状況で、差別をしないためにどうふるまうべきなのか」を考えるのは、全て「アップデート済みのお前」の仕事である

なお、たとえ「自分なりに」「長時間」考えた結果だとしても、その程度のことはエクスキューズには一切ならない。考えた結果の一言差別的だとみなされればヘイトスピーチハラスメントになる。

それは正解を示さない非差別者側・弱者側ではなく、差別の実行者である君が全面的に悪いのである

正解を導き出せない時点で、君が旧来の価値観に囚われている証拠に過ぎず、さっさと価値観アップデートすべきなのである

どうアップデートすればよいかもわからない?一体これまで反差別の何を学んできたのか?自分で考えなさい。

anond:20210504182143

論理的な話をする上で定義づけは論理の起点となるんだが。

定義づけ要らないって言うならそれは論理的な話をする気ないってことになる。

弱者男性とは?差別とは?差別の透明化とは?

全部何らの定義けがされないまま終始論理をすっ飛ばした決めつけがなされている。

全くもって非論理的なんだよ。

有志の人がまとめた弱者男性とはってエントリあったけど

弱者男性概念多義的一義的に決められないってこと?

だったら最初からそう言った上で概念の中核部分を探っていけばいいのに。

anond:20210504072837

男性らしさを要求されて生きづらいの対になるのは、女性らしさを要求されて生きづらいでは?

まずは、感情的自分誘導したい方向性は諦めて

論理に忠実にならないと

女性らしさを要求されて生きづらいとどう社会や人が向き合って解決しようとしてるのか

そこを考察して、逆の立場にはどんな可能性があるのか考えていかないといけないでしょ

その点についてはどう思う?

anond:20210504064756

差別主義者は言ったもん勝ちじゃないぞ

そもそもあの増田に書いてたことも証明すると言いつつ全く論理性のかけらもない戯れ言だったけど

結局のところ、お前はどんな立場で何を言いたいんだ?

anond:20210504001413

そんなことしたら強者奴隷人権的にキレイ論理で集めることができなくなるじゃないですか

2021-05-03

anond:20210503234950

ンなこと言いだしたら女性も人それぞれ違うんだからフェミニズムなんて女性をまとめて議論をするのは論理崩壊している、ともいえますねぇ

弱者はまず黙って丁寧な暮らしをしよう」がはてな民の総意

弱者男性はまずクロワッサンを読め。丁寧な暮らしをして、自分の機嫌を取れ。」

絶賛してる多くのはてな民と、ブチギレてる弱者男性擁護派に見事に別れたこ提言

でもこれ冷静に考えると正論なんだよな。珍しくはてな民がマトモなことを言っている。

反発してしまうのもわかるが、全くの正論しか言いようがないのだ。

現代弱者というのは結局の所、自分自分の世話ができないことがストレスとなり

他人リソースを注入せざるを得ないのに加害性が高く、コミュニケーションも高コストになる、というところに本質がある。

おとなしく機嫌の良い弱者ならなんとでもなるが、暴力的で不機嫌な弱者支援しづらく、相互扶助のリターンは小さく、支援者にも避けられ、ますます弱者になっていく。

社会関係資本という最も重要資本を自ら失ってしまう。たとえば公的支援も後回しになり、金銭サービスを受ける際にも追加でコストを取られる。

私的関係なんて当然言うまでもなく壊滅していく。それが弱者たる所以

から、「まず自助努力で丁寧な暮らし自分の機嫌を取れるようになり、そこから支援を受ける」というのは理想的な流れと言える。

ここまではほとんど自明な話だ。

とはいえ、これを弱者に向かって直接いうと当事者や、同情している人々に激怒されるのも確かだ。むしろそれこそが真の問題である

答えはわかっているのに、納得したくないというケースが非常に多い。

最近の別の典型例は車椅子クレーマーで、あれは弱者敵対的コミュニケーションによって周囲に加害していた例だろう。

一般人の反感を買ってますます支援理解を得られなくなるのだが、「あれが戦略的に正しい」という意味不明擁護左派の中で多かった。

もちろんそんなわけないのだが、当事者に寄り添うと、認知が歪んでしまい、客観的物事を見られなくなるのだ。これ自体は仕方がない。一般的な話で、左右の問題ではない。

今回の件で言えば弱者男性擁護派もブチギレていた。全く同様の心の動きだろう。

そこにさらなる正論反論しても、ますますヒートアップするばかりで、納得が得られる可能性は低い。

忠言耳に逆らう、というのは普遍的な話だ。最も重要提言ほど、正面から言うと理解が得られない。


からこそ、様々な弱者に対して「弱者はまず黙って丁寧な暮らしをしようよ」という正論を投げかけるのは有効だと思う。

障害者マイノリティ弱者男性、いろいろな弱者がいるわけだが、その全てに同情している人間はそれほど多くないだろう。

自分がまったく同情していない、あるいは嫌悪している対象ならば、「弱者はまず黙って丁寧な暮らしをしよう」という正論合理性簡単理解できると思う。

もちろん同情しているとか、実際に当事者なら怒るだろうが、その場合にはまた別の対象を持ってくればいい。

弱者男性擁護派も他の弱者に対しては同様の論理を持ち出していることは多い。

そこからはじめて繰り返していけば、弱者一般に対しても全く同様の論理が成立することも、最終的にはみな理解できるだろう。

実際に今回、はてな民の大多数は理解できた。地道にやっていくことが大事だ。

そうすればだんだんと加害性の高い弱者が減っていき、協調性の高い社会にたどり着くことができるだろう。

今回の提言は図らずも多くの学びを得られた。


余談だが、以下のような論理は全く空転しているといいたい。

今まで言っていたことと矛盾している人間がいたからといって、今回の反応が間違いだ、というのはレトリックにしてもあまりにも短絡的だ。

しろ、今までが間違っており、今回正しい結論に至ったと見るべきであろう。

https://anond.hatelabo.jp/20210503143456


追記

ブコメに明らかに文意が読み取れていないはてな民が見受けられる。

私は福祉否定しているわけではない。弱者に助けが必要なのはそのとおりだ。読めばわかるだろうが、共助や公助を受ける「ために」自助努力必要だという話をしている。

それが、助けてくれる相手に加害をしないように最低限のセルフケアをする、丁寧な暮らしをする、という今回の提言だろう。

まりこういうことを言いたくはないが、自分が何に賛同して何に反対しているのかぐらい考えてからコメントを書いてほしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん