「好きな人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好きな人とは

2017-07-21

anond:20170721094355

うちの会社は決まったところに置いといて、好きな人が持って帰るようにしてる。

ただ、いつまでも残ったりすると。ちょっと悲しくなる。

https://anond.hatelabo.jp/20170721162102

はいはいいからなおやに慰謝料払わせろよ」

→そこはそれこそ当人たちの問題から俺らには関係ないでしょう。

被害者自殺寸前なんだがリベンジポルノ叩く暇があったら不倫野郎から金を取り立てろw」

→俺の問題提起は、別のところでも書いたけど「ちょっと名前の売れたくらいの普通エンジニア不倫などをした結果、リベンジポルノをされ、さらにそれを肯定したり拡散したりされている」というところなんだよね。彼が不倫をしたかどうか、ちゃんとそのケツをふいたかどうか、とかはまあわざわざ議論に持ち出すほど興味ない。

本当に不倫したなら悪いと思うし、ちゃんと解決しなよ、くらいは思うけど、それは当人たちの問題

ただ、リベンジポルノがこういう形で肯定され続けるなら、それは問題だと思う。普通にエンジニアなどの仕事をしている自分たちも同じ目に合う可能性がある。「不倫なんてしなければいいだろ」みたいに言うやつもいるだろうけど、100%清廉潔白で生きれないのが人間でしょう。なので、罪と罰バランスが、法律上で行われているわけで。

たとえば「結婚約束してたけど、相手好きな人ができた。むかつくからリベンジポルノする」みたいなケースで、はてなブログを書いている有名なエンジニア晒し上げられても、同じようなことが起こりかねない。それは問題だと思うから、その点については、なくすように努力したいかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170721121329

婚活で知り合った人、プロフィール写真は本当にいけてなかったけど気が合うからとりあえず会ってみたら、近くからなら意外と男前だった。そんな感じで見る場所によっても印象は違うし、人の好みも色々あるし。増田の顔が好きな人いるかもしれないよ。

ちなみに私はその人と結婚した。

https://anond.hatelabo.jp/20170721120531

古いのしか知らないので楽しみ

まだ生きてる人だと

平山夢明かな

「あああ、いたい!いたい! やめてええいたい!!」ってなるので

多分筒井康隆とか好きな人お勧め

(本当に怖い話シリーズみたいなのは読んでないけど)

旦那喧嘩中に寝る

旦那出会い系サイト登録してたのが発覚。

実際に会ってはないって言うけど、何人かとメッセージのやりとりはしてた。

信じ切ってたからショックも大きいし、大好きな人から本当に辛い。

謝られて、これから絶対にしない、家族大事にするって言われたけど、

もう一回信じ直す勇気がない。

っていう話を泣きながらしていて、

正面を見ると頭を抱えたまま動かなくなってる旦那

悩んでるんじゃなくて、寝てるんだよ。

本格的に寝てるわけじゃないけどうとうとしてる。

ありえない。

こっちは子供連れて離婚するかどうかって人生の岐路の話してるのに。

私の話なんてどうでもいいんだろうか?

仕事忙しくて疲れてるのは知ってるけど、夜中にゲームしたりテレビ見たりしてる時はいつまでも普通に起きてるじゃん。

私や子供存在は娯楽よりも軽いのかな?

本人は「そんなつもりはない」「家族大事」「夜は眠くなるから仕方ない」って言う。寝たことについては謝らない。

は?

お前は何を言ってるの?

どの口が言うの?

付き合いはじめてから20年、本当に大好きだったけど、もう限界かもしれない。

2017-07-20

蓮舫さん、ごめんなさい。新潟を忘れてほしい

追い詰めて悪かった。

殺してくれ。俺たちを赦さないでほしい。

台湾が大好きな人たちは、今こそ国交正常化してほしい。田中角栄正常化条約を破棄するときなんだ。

総領事館時、顔を真っ赤にして「新潟市民、新潟県民、日本国民バカ野郎」と大声で叫んでるオバさんも居たけれど、

もう無理だ。誰も幸せにできない。


北朝鮮原爆原発に落とさないのかと反対派は言う。台湾系蓮舫の心をくじいてしまった以上、もう反原発派は終わりだ。

この批判常識になっている。朝鮮差別抜きに反原発はできない。

米山隆一謝罪しろ。火力と同じぐらい安全だという開沼博批判する資格がなくなってしまった。ポスコロ上がりの彼の主張に正当性を与えてしまった。

福島から避難してきた朝鮮学校の子どもたちに、実際泉田裕彦補助金打ち切りで答えている。

そんな差別主義者だからこそ、瓦礫の受け入れは人殺しだとか、チェルノブイリの方が福島より安全だと言えたのだ。

そう批判できることになってしまった。


もうおしまいだ。金正恩よ。原爆を落としてくれ。そうすれば差別主義者になることなく、俺たちは廃炉を主張できるんだ。

差別問題との綱渡りになる安全危険の線引きをせず、反原発派になるためには、隣の福島県民同様、原発をぶっ飛ばし被曝県になるしかない。

追記:

家族ネットのやりすぎで思考が極端になっていると言われた。だからこれで一旦この話に触れるのは止めるけど。

戦争原発事故で、日本人けが死ぬわけじゃない。

差別を受けている人が、この文章を見て不快に感じたらお詫びする。

申し訳ございません。

2017-07-19

disではないよ

ニシキドアヤトっていう人のブログの良さがわからんのです。

確かに共感する部分もあったし、写真芸も面白い。死んだ目の写真を使ったネタは最高に笑った。

しかし、なんだこの新しい考えは!?とか、こんなやり方初めて知ったぞ!?みたいな文章を読んでて自分世界が広がったみたいなのが、

ないんだよなー。加えて、大手ブロガーさんが、驚異の新人!みたいに盛り上がってるのもなんだかなあという感じ。

最近面白いと感じるブログは2つあって、1つは「活かす読書新刊ビジネス書をバシバレビューしているブログ

要点をまとめる力と感想面白く、この本欲しいなあ!となる。

読みやすくてとてもハマっている。

もう一つは「分裂勘違い劇場」というブログ

これは、すごくねちっこく書かれた洞察を楽しめる。よくもここまで粘って深掘りしたなという考察を楽しめた。

2009年でもうこんなこと考えれてる!と衝撃も走った。

この2つは今後も見返したいな。

ブログを見る人が求めてる面白さが違うし、ニシキドアヤトみたいなブログこそブログ!と思う人もいると思います

自分は、なんだこのブログ深い洞察やばない!?とか、なんだこの考え!?みたいなのが好きなので、

とても惜しい、なんだかなーと思ったという話です。オモコロとかligとか好きな人はハマりそうかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170719181258

花火大会、いつか好きな人と行ってみたいなぁ。

・・・いつなんだろー。。゚(´っωc`)゚。

増田ちゃん、がんば。辛いのはあなただけじゃないっ。

読んだ事が無いのに

なろう小説とか異世界転生してチート作品が無理で、異世界スマホとか見る気にもならんのだけど、今の若い人はこういうのが好きなの?とか思ってしま自分に老化を感じた。

一時流行った恋空とか系統へぼいけど好きな人も居るんかーくらいだったのに。

推し被りが嫌なら他推しと話せばいいじゃない

 他推しって言葉果たして正しいかからないけどうまい言い回しかばなかったのでそれで。

 単刀直入に言ってわたし推し被りが大嫌いだ。視界に入って欲しくない。Twitterは目についたら片っ端からミュートしてる。RTで回ってきたら即ミュートする。自分推しを語るDDのこともミュートする。下手したらDDブロックらする。1人に絞れないやつに推しのことを語ってほしくない。軽く好き好き言ってんじゃねえ。こっちは推しが辞めないようこれから活躍を願ってこつこつ金落としてんだよ。

 まぁつまり推し被りが大嫌いで苦手で生きづらいオタク人生を送ってる。自らで生きづらくしてるってわかってはいるんだけどやめられない。今更思考を変えろなんて無理な話。

 そもそもなんで推し被りが無理なのかっていうと、度合いがどうであれ親しくあろうがなかろうが女ってものは好きの大小を競いたがるめんどくさい生き物だからであるわたしはそんなことないよ〜といっていても心の奥底では比べてたりすると思う。捻くれてる。知識を競ったり好きな長さを競ったり、女は常にそういう競技をしてる。万年オリンピック万年世界大会

 競われなかったことないし比べられなかったことないし自分でも周りと比べちゃうしそう思うと自然推し被りとは付き合わなくなった。そうするとすごく気持ちが楽になったしオタク義務じゃないって改めて思えてオタ活もゆる〜〜く出来てる。

 でも推しの話はしたい。ワガママ。わかってる。知ってる。推しの話をするなら同じ推し好きな人とするのが一番なのもわかってる。でもそれはわたしには出来ない。したら爆発する。変な顔しかできないし壁殴りそう。ぶっちゃけ握手会とか地獄しかない。推しいるから行くけど。話しかけられたらまじで地獄。今の所話しかけられなかったことない。ぼっちに優しくしなくていいです。やめてください。

 そんなわたし最近気付いたその欲望の解消法は同じ事務所の他の子推してる友達と話す!!!ハイこれ最高!!!

 他の子推してるからわたし推しに沸くことはない。沸いてもそれほどの熱量じゃないし「この子は他の子推してるし」って心の余裕がある。でも自分推しのことは知ってるから自分の話わかってくれるしなんなら同じ舞台出たりしてるから鑑賞会も出来るしその話もできる。

 ありがたさしかない。いやもう本当この友人がいなかったらわたし今頃干からびてる。Twitterで吐き出すだけじゃやっぱり物足りない時があるんだよ…。

 そんな解決策を生み出してしまったがばかりにますます推し被りが苦手になり嫌いになり現場は1人で行く。最近ではこじらせがすごくて友達の友達推し被りいるだけで無理になる。ヤベーやつだ。

2017-07-18

Web漫画価格

Web漫画ってなんであんなに高いの?

フルカラーにしたって、もっとページ数ぎゅっとできるだろってぐらいスカスカだったりするし、

フルカラーじゃないやつとかほんとなんであんなに高いかわからん

Webで読んだら読み捨てでいいかなってクオリティから買おうと思わないんだけど、

なんで売れているのか謎。

好きな人いるからってのが答えなんだろうけどさ…。

夢女が性欲持て余して死にそうな話

スパムみたいなタイトルになったんだが、本人大真面目でここにしか書けないんだ。

オチ無いし長いけど、こんな頭おかし葛藤してる人間もいるんだなってくらいで見てもらえたら嬉しい。



物心がついた頃から2次元に恋ができた。

3次元に恋しなくもないが、没頭するのはいつも漫画アニメ男性キャラクターだった。

そして、もうひとつ物心がついた頃からエロいものが好きだった。男性向けの。

それぞれに目覚めたのが小学生の時だった。どうしてこうなったかは分からない。

ともかくまだPCが家庭に普及していない頃だったので、頭の中で夢妄想をし、そういう絵を描いたり、またひっそりと落ちているエロ本を読んだりしていた。

そして時は経ち、ネット環境を手にした小学生半ばの私は、毎日毎日夢小説エロコンテンツを読み漁っていた(年齢制限を守っていなかった事については心から反省している)。

ネットという海を漂い膨大な情報摂取した私は、妄想では我慢できずに行動に移したくなってしまった。

そう、簡単に言えば恋人セックスがしたい!という気持ちが湧いてしまったのだ。

しか自分小学生。間違ってもそんな事はできない。

だが、2人ではできなくとも1人ではできる。

自慰という手段によって!!!!!

そうして小学生にして自慰行為というものにも目覚めてしまったのであった。

いつか漫画のような素敵な男とエロ本のような滅茶滅茶に気持ち良さそうなセックスが出来る事を夢見て。きっと中学高校に上がれば彼氏も出来、そんな未来がーー



と思っていたのだが。

現在大学回生。全くそんな未来は訪れていない。

というのもまず物理的な理由

中高大、エスカレーター式でずっと女子校を選んでしまったのであった。彼氏どころか、日常的に顔を合わせる異性がまずいない。これでは恋に落ちれるわけがない。

そういう出会いを求めていたわけではないが、エロコンテンツが好きだったのをきっかけにハマった男性向けのジャンルで、オタサーの姫的なものになった事もあった。

だが、身近に男がいても、彼氏は出来ず。

何故ならもうひとつ精神的な大きな理由

2次元彼氏がいたから。

そう、相変わらず夢女子も拗らせていたのだった。

2次元キャラクターに本当に恋をしている。しすぎて、頭の中で作り上げた理想キャラ像に敵う現実の男が見つからないのだ。

相変わらずセックスはしてみたい!でもこれだけ心の中で愛している人がいるのだから軽率に体を許すのは嫌だ!!でも女としてヤってみたい!!!R-18夢小説感謝!!!でも足りねえ!!!現実でヤりたい!!!けど相手がいない!!!推し3次元召喚されてなにかの間違いで恋人になってくれ!!!

という気持ちで延々と自慰行為に耽る毎日が何年続いているだろうか。そろそろ解放されたい。

ファッション誌のアンケートとか見るともう初体験を終えてる人がほとんどな割合の歳だし、そろそろ女の身体を持つ人間としてそういう事をしたい。

でも、心から好きな人セックスができるってことに希望が無いし、もう本当に適当な人としてしまっていいのでは?って想いが日々強くなってるんだけど、受け入れきれない自分もいるわけで。

女性向け風俗とかで推しコスしてそういうサービスしてくれるとかあったら喜んで行くのに…

自分自分で煮詰める日々があとどれくらい続くのかと思うととてもつらい。どうしたらいいんだろうなあ

2017-07-17

私がずっと欲しかったもの

初めて普通に人を好きになってしまった。

アダルトチルドレンだったせいか若いから男性を振り回して傷付けた。依存する一方で、それを許す恋人を見下していた。

自分が嫌いで価値がないと思ってるから自分を好きになる人も価値がないと無意識に思っていたんだと思う。

罪悪感にさいなまれつつも止められないんだ。そしていくら相手が尽くしてくれても私の飢えは満たされなかった。

何もない自分を知られるのが怖くてたまらなかったから、一人の時以外は違う誰かになってる気分だった。

何もかも嫌になって、男性と付き合うこともセックスもしなくなって何年も経つ。

ようやく自分を好きになれて、到底許すことは出来ないけど親も同じだったんだと思えるようになった。

私は好きな人に何も与えられない。なのに彼は目を細めて笑ってくれる。

特定の人の笑顔が見たいと思ったのは人生で初めてだ。

「君の笑顔が見たい」とか「ずっと笑っていて欲しい」って曲の意味がやっとわかった気がする。

その人が幸せだったら自分幸せってことなんだよね。

私がずっと欲しかったもの

https://anond.hatelabo.jp/20170716062006

メンヘラじゃなくても好きな人や嫌いな人っているでしょ?

そんな人に好意持つ?

同じことだよ。

嫌な人がたまたまメンヘラだっただけ。そういう人が好意もたれないだけ。

あと、運転免許に関しては聞かれたら届け出て求められた場合医者診断書持って行って役人OK出せば大丈夫

薬に関してはグレーゾーンなところあるけど事故ったとき運転させないよう注意すること」と記載のある薬を服用していた際保険の面でも勝ち目はない。

もちろん眠気の出る風邪薬でも不利になる。

地方メンタルクリニックには駐車場あるし野放し感はある。

認識が甘いと思うけどね。

事故は起こってからじゃ遅いんだよ。

推し結婚した、しんどさはなくならない

結婚を発表してから初めての現場だった。

推し幸せになったのならそれはとてもいいことだ、という気持ちも確かにある。強がりではない。

好きな人には辛さを抱えるよりも、幸せでいてほしい

だけどそんな気持ち以上にしんどい。あんな細い指輪がこんなに殺傷能力が高いなんて思わなかった。

何が嫌なんだろう、と結婚が発表されてからずっと考えてきた。

素直におめでとう、幸せになってよかったって言えない自分は多分推しが求めるファンではないのだろう。

嫁とふたりしてキャラ媒介にしながらネット上でお互いへの愛を語っていたことが一番キツイ

私はキャラ大事にする推しが好きだった。そんな風に、道具として私物化するような人だったのか、と失望した。

正直、性格に難があってめんどくさい人間だとはずっと思っていたし、そんなめんどくさいところが好きだった。

それでいて仕事作品に対しては真摯なところを信じていた。

本人曰く、8年間付き合った末に結婚したらしい。

お互いのTwitterブログで、あたか普段は親交なんて全くありませんよ、って素振りを見せていたことについては、

人気商売だし、交際中に明かすと色々と面倒なんだろうしそれはどうでもいい。

だけど、交際中にそうしてきたのなら8年なんて言うべきじゃなかった。

誕生日チョコレートケーキを焼いてもらったことなんて知らずに生きていたかった。

推し普段からファンプライベートに立ち入らせないような発言をしていたし、こっち側とあっち側を明確に区別するその姿勢は好ましかった。

私はステージ上の推しが好きで、正直その裏を見ようとすれば見なくていいことも知りたくなかったこともあるだろうと思っていた。

結婚してすぐに「嫁のことは言わない」などと言っていて、表に出されなければこのまま応援できるかも、なんて考えたけれど、

言ってるそばから薬指には結婚指輪が光っているし、これは無理かも、と思った。

一週間どうやって過ごしたのかわからないけれど、翌週も指輪はついていて、嫁の話だって出ていた。

プライベートを出さないなら徹底的に黙っていてくれ、と思う。

公私混同しない、っていうなら同い年のあの人の徹底ぶりを見習うべきだし、普段から惚気たいのなら同じ番組の別曜日担当しているあの人を参考にしたらいい。

結婚なんてほとんどの人にとっては一生に一回のことだ。

上手く立ち回ろうとして「戸籍が変わっただけ」とか言ってしまうところも含めて、こんなに浅はかな人なんだなあと失望した。

推し結婚しておめでとうのひとつも言えずに失望している自分にも失望している。自分のことはもっと普通ファンだと思っていたかった。

そして、週末は結婚後初めてのイベントだった。

チケットバカみたいに余っていて、今更手放すこともできずに惰性で向かった。

イベントだし指輪を外してくれないかな、という僅かばかりの期待を裏切るように、指輪定位置で輝いていた。

謎のリングも重ね付けされていた。結婚指輪感を薄めるためなのだろうか、逆に目立ってしまっていて少し笑いが出た。

今まで推し現場ステージ上の推しと、客席のファン空間だった。

だけど小さな指輪のせいで、嫁の姿が常にちらつくのだ。

推しが書いた歌詞ひとつひとつに少しずつ刺されていく感覚

その場にいないはずの嫁の姿がスタンドみたいにステージ上に見えてしまう。

生身の人間を見てるはずなのに夫婦の幻影を見ているようで、見ていられなくなってしまった。

これから自分はどうするのか、と思う。

見なくなればいっそ楽なのだろうけれど、多分またチケットをとって現場に通い、アニメを見て、ラジオを聞く。

惰性でも自分が知らない公共推し存在することを受け入れられそうにない。

決まっている現場がある、というのもあるけれど、女の趣味性格も悪いところも含めて推しなんだよな、と思う。

他のファンそもそも推しが一番好き、というファンは少なくて、乙女ゲーム経由とかで2推し3推しくらいの人と中高生が多いような気がしている。

所謂濃いファンというのが少ないという印象だ。そりゃ祝う人も多いよな、と思う。

推し結婚後、自称リア恋がショックを受けながらもお祝いする、っていうブログが流れてきた。

ジャニタレと掛け持ちでどっちもリア恋らしい彼女のことが正直羨ましい。

どっちかが結婚してもまだどっちかがいる。

推しが多いと大変だけど、それは保険にもなるからだ。

病気になってからでは保険に入れない、そのことを実感している。

離婚してくれればいいの?って聞かれたけどそういうわけでもない。

推し以上に自分がめんどくさい女すぎてしんどい愚痴垢のツイート同意しながらも、これ以上人気落ちたらさすがにやばいぞ、と思う。

いっそ落ちてしまえとも思うけど、推しが干されるのは困る。

どうなれば満足なのか考えてるけど、推しに落ちたときに戻ってそいつはやめとけ、って自分に言いたい以外何も思いつかない。つらい。

追記

どうせオナニーするなら気持ちよくなりたいよね

2017-07-16

好きな人告白したんですよ

そしたらね、ダメ元はダメもとだったんだけど、

そのあとも会うたびに、心が離れていくのが分かる

だんだんだんだん、私に興味がなくなっていく

苦しい

人のことを「嫌い」と言えない呪い

私には人のことを「嫌い」と言えない呪いがかかっていた

苦手な人はい

でも、自分とは合わないだけ、嫌な部分があるだけで人間良い面も持ってる

そう思うようになっていた

人には穏やかと言われる

好きな人は多いし、苦手な人はいても嫌いな人はいない

そう思っていた

だけど、中学生のある日、「嫌いな人は嫌いって言っていいんだよ」と友人に言われて、私は初めて人のことを「嫌い」だと思った

私はその子のことがずっと「嫌い」だった

ずっと人のことを「嫌い」なんて思っちゃいけないと思ってた

でも、嫌いだって認めたり人に話したりするとスッキリするね

直接は言わないから陰口になるけど

人のことを「嫌い」と思う自分もっと認められるようになったらどうなるだろう

2017-07-15

今年のポケモン映画やばい

初期リメイクっぽく宣伝されているが、正しくは「初期リブートである

思い出してほしい。テレビアニメサトシそもそもホウオウを探しに行ってないので、本当に別物なのだ

大きくなったポケモン世界再構成するための一話と言うと、問題になるのがカスミタケシなのだ

決して新ポケモン世界で二人が消えたわけでも、今までの歴代仲間たちが消えたわけでもないことは最初に書きたい。

映画オリジナルも良いのでむしろ本編で仲間になってほしい。本郷奏多スケジュールが抑えられないだろうか、無理か。

そしてなんとなくポケモン好きな人ほど拒否感を示しているようだが

今回は「マニア」こそ好きな設定が盛り込んである。またラストにかけて今までになかった展開もある。

これは多分、クレジットにある「一部脚本 首藤剛志のものだ。つまり首藤のブラックすぎる没案だ。

ポケモン夢オチさせようとしたりティラノサウルゴジラ崩壊させようとしていた首藤の設定だ。

ポケモン好きがポケモンじゃないと否定してた「今までと違うポケモンワールド」の部分は確かに無印世界観にあったものであり

「もしポケモンが打ち切られるでもなく5年くらいで終わってたらこんな展開になったのでは?」というパラレルワールドを繰り広げているのだ。

パラレルワールドに来ても、サトシピカチュウ物語なのだ

初期ファン安心して見ろ。

首藤時代ポケモン映画に次いで、今回は十数年ぶりの傑作だ。

恋をする女子って、凄い。

正確には

恋をして、告白して(されて)、付き合い続ける事

社会人になって、初めて好きな人ができた。



会社を辞めた時に「あーこの人のこと好きだったんだ」と気づいた

よく一緒に2人で帰ってた時には気づかなかったのに




会社を辞めても、何度か同じ場にいたけれど





好きと分かって話す事なんてなかった自分









せっかく2人で帰ることになったのに

何を話していいかからない、、、、








こういうのって中学高校経験するもんでしょ。










20代半ばになる大の大人が恥ずかしい。










というか、向こうは私のぎこちなさに気づき

好意に気づいているんだろうと想像

さらに恥ずかしい。あーダサい










そして私は経験の少なさから騙されているのでは!?!?!?と思ったりする。

もう何が何だかよくわからん

(実際経験の無さが災いし、連れ込まれたことがある。)











本当は別れる前に、1杯くらい一緒に飲みたい。

でも結局私から何もすることはなく。











別れたあとは、

今日も何もできなかった自分に「ダメだなあああ」と思い、

同時に積極的アプローチやしたり

告白したりする子に

尊敬の念を抱く。











世の中の女子、すごい。

世の中の女子、本当にすごい。











すごすぎだよ!みんな!!!






今までアフ5とかバカにしてた、仕事第一っしょと思って。

本当すみません







今度集まるタイミングで、何かアクション取れたらいいなと思うの。







何をしたらいいか、分からないT_T









どうしよう、、、、。













昨日、終電で思ったことでした。

メイドインアビス読んだので感想書く(少しネタバレ注意)

非常に丁寧に描かれたサディスティック作品だと感じました

 

まず設定が面白いです

 

母を探すため、幼い少女が仲間と一緒に洞窟探検する

 

なんて書くと王道冒険活劇に見えます

 

探窟家は笛の色でランク付けされ、主人公のリコは見習いの赤笛である
リコの母は最高ランクの白笛である
発掘された道具は遺物と呼ばれランク付けされる。遺物を装備することで人知を超えた戦いができる

 

と書くと、少年ジャンプでやってそうな王道バトルものにも見えます

このように、ベースは非常に王道少年モノなのですが

 

探検する対象が深さ何万メートルもある大きな縦穴(アビス)であり

リコの目指すアビスの底が「行ったが最後、帰ろうとすると死ぬ」と言われている場所である

という当たりから怪しくなります

 

これまでの多くのファンタジーものでは、何かを解決するために勇気を振り絞って前進し、明るい未来イメージできましたが

この作品には前進するほどに絶望が待ち受けています

まさに地獄への旅路暗喩のような状態です

 

この絶望感を増大させているのがアビス呪いです

「戻ったら全身から血が吹き出る」とか「戻ったら人外になる」とか「戻ったら死ぬ」とか

エゲツない呪いなわけですが、この「戻る」というのが、「地上まで戻ったら」ではなく

たかだか階段を上がったら」程度で起こります

まり、ある一定ラインを超えたら、数メートルすら上昇することが許されず、ひたすら下へ下へ進まなければなりません

しかし下へ行けば行くほど呪いが強くなります

 

この絶望感、息苦しさが非常にサディスティックなのですが

そんな中、リコだけが「底まで行けば何とかなるかもしれない」と明るく振る舞うわけです

それがあるため、単なるサディスティックなだけの作品ではなく、強い絶望の中で輝く僅かな希望という味が出ていると感じました

 

とは言え「アビス呪い」なんでいう設定を作ったのならそれを生かさなければなりません

そりゃ、悲惨なことになりますよね

12歳程度の主人公一行に襲いかかる暴力呪い悲劇

主人公戦闘力普通のこども

敵は白笛や、アビス怪物たち

ああなんて絶望

次のページで即死していてもおかしくないような緊張感と、ほんわか冒険ギャップ

 

作者は確実に変態ですが

あくま無駄グロはありません、きちんと説明されています

王道ストーリーをきちんと踏襲しつつ、非常に絶望的で、少し希望があり、グロとかエロとかやるという

非常に絶妙バランスで作られた作品

そういうのが好きな人には、たまらないと思いました

 

___

 

書き忘れ

 

レグがショタかわいい 

 

「戻れない」ということは、途中で出会った者と確実に今生の別れになるといううまい仕組みになっている

2017-07-14

不特定多数モテる」ことに対する価値が小さい人っているんじゃなかろうか

とくに好きではない異性に好かれても案外満たされなかったりするし、やりすごし断る面倒くささと相殺してマイナスと思うことは結構ある

本当に好きな人に好かれると天にも昇る多幸感を感じられる

一方で、こちらがまだ自分感情を探ってる段階で、一方的好意を寄せられると引いちゃう感じは、自分はある。

あと、好意をもたれるというのも結構精神力必要とするなーと思うこともある。簡単に言えば疲れる。アイドルって胆力あるなーと常々思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170714181419

現場で恋

大手企業システム部へ出向してるSIer

今の現場好きな人がいる。

ただ私は、その人の名前も歳もどんな話し方をする人なのかも知らない。

彼は同じフロアというだけで、全く違うチームの人。なので、名前も歳もわからない。

でも座席的に、ふたつほどシマをはさんでちょうど正面に座っているため、毎日顔を合わせる。

初めはなんっっっとも思ってなかった。

まぁよく見れば顔の造りはまぁまぁ好みだったけど、これまでお付き合いしてきた人はみな友達を経て彼氏になるパターンが多かったので、人となりを全く知らない人を恋愛対象として見るなんて自分的にはありえないことだった。

あるとき、ふと気づくと見られてることがあった。しか結構な回数あった(そして目が合った瞬間にそらされてしまう)。

初めはなんで見てるんだろう、なんかわたし悪目立ちしてるかな。。?とか少し不安になったりしたけど、

それ以来、なんとなく気になるようになってしまった。

彼が休むと、もちろん休むことを事前には知らないので、あれ?今日はこないのかな?遅刻かな?

昼過ぎになっても姿を見ないとようやく)今日はお休みか。。なんかテンションさがったな。。みたいな気持ちになるまでになった。

そして、確信を持ってしまった瞬間のこと、すごく覚えてる。

彼が同僚らしき女の子と話しているときに、こちらまで聞こえるほどの声をあげて笑った時の顔を見たとき

心臓が止まるかと思った。

どういう感情かわからなかったけど、

そんな風に笑うんだ、とか

どんな話して笑ったんだろう、とか

その女の子のこと好きなのかな、とか、

いろんな感情が走った。

嫉妬だったのかもしれないし、笑顔見れた嬉しさもあったし、なんかいろいろ。

その感情経験してしまってから、もうだめだった。

私、好きなんだ。と、確信してしまった。

それ以来、彼の一挙手一投足を目で追うようになってしまった。

それに応えるように彼もこちらを見つめる。

で、辛いことに営業から、来月から違う現場へ異動してほしいとの連絡が。

今月末で離任。なんとかしたい。答え合わせしたい。

何か方法は無いものか。

勘違いとしたら目の覚める言葉が欲しい。

追記:

うわーん!!!!!いっこもブクマつかずに風化するのかと思ってたら、

いま現在で13個もブクマされてるー、うわーん!!涙 死ぬほど嬉しい。

そしてコメントしてくれてる人たちが皆優しくて本当に涙してる(ちょっと酔っぱらってるし)

gui1さん、こうなったらしょっぱん咥える覚悟します!

pseudomemeさん、何言ってるか分かんなけど、激励の言葉として受け止めました!(後にググりました)

lliさん、ホモォじゃないよ、凹凸ある同士だよ!

orangetrioneさん、どうか彼が押しに弱い人でありますよう。。!

mur2さん、ほんとにほんとにそれやりたいけど、女から誘うのどうなんだろう、とか、それやったらヤリマンと思われないかなとか、プライド邪魔するつまんない人間です。。

wacokさん、離任するとき挨拶周りでお菓子配るのってSIerあるあるですよね、同業でしょうか?しかし本当にチームがまっっったく違うので、お菓子渡すのが不自然な状況で、、wacokさぁん、背中押してください!

beataraxiaさん、言いたい。。タイミングさえあれば。。TPO間違うとコンプラ触れそうで。大人って面倒臭い。言いたくて爆発しそうなのに。

初恋を辞めたい

二十数年、こんな気持ちになったことは無かった。

まれてはじめて好きな人が出来た。

心の底から人を愛おしいと思った。

守ってあげたい、そばに居たい。

そんな気持ちだ。

お酒の勢いでつい、好きだと言ってしまった。

結果としてフラれたけれど、良い友達でいようと向こうが言ってくれた。

その時、一瞬女神に見えたんだ。

異性の間に友情なんか存在しねぇと友人は言ってくるけれど、そんなことはないと思う。

実際玉砕だって何度も2人で遊びに行ったんだ。

…………自分が欲を出してしまったのが間違いだった。

今更気付いたって遅いよな、としか言いようがないけれど。

はじめての感情だけで、満足出来なかった。

情けないことだが、懇願して懇願して、身体の初めてまで捧げさせて貰った。

恋愛感情を持っているのは自分だけだなんてずっと分かってた。

向こうは一切何考えてるか分からないが、ただ、どーしようもない自分のみっともない様を受け入れてくれるんだ。

歳上で、モテる人だからだろう。余裕があるからこんなガキみたいな自分の戯言に付き合ってくれてたんだろうな。

ずるずる関係が続いてしまっているうちに、気がついてしまった。

自分依存体質に。

連絡が途絶えるのが怖かった。

自分以外の他人を褒めている時に湧き上がった醜悪嫉妬心で、何度も何度も胸が裂けそうになった。

そして、自分の甘え。好きという感情だけで突っ走ってしまっていたが、元から人に好かれる外見をしていない。

醜い肉に包まれた化け物だ。

贔屓目に見ても豚だ。

自分に自信が持てない、以前の問題だ。

そんな人間が人を好きになって良いわけがないのにな。駄目だよな。

小学生の頃からずっと虐められてた根暗なんだぞ。

今は無理矢理取り繕ってなんとか生きてるって事実を、忘れようとしていた。

人並みの幸せなんてもんは求めるなと周囲から言われていたんだ。

良い加減こんな身勝手自分気持ち相手を付き合わせることを辞めなくちゃならない。

初恋を辞めたい。

どうやって諦めるか、教えてくれ。

そして、人を好きになる感情忘却する方法も知りたい。

プロ漫画家をやめて2年経つ

今は会社員をしながら同人誌を描いている。

そして描く時間が少ない今の方が漫画に対するモチベーションが高いのでその理由を考えてみたのだが、

結局のところ「商業漫画システムによるモチベーション問題」だった。

同人は「自分はこれがいいと思っている!」というモチベーションの核になる要素を押し出すことができる。

商業ももちろんできるし、それが作家性になることもあるが、編集者理解されなければネームにすらたどり着けない。プロットボツになる。

もちろん編集者にその要素をアピールできればいいのだが、そのような話を聞いてくれる編集者は極稀だ。

漫画家になれるかどうかは運だと言っている先人達言葉は正しいのだ。

編集者を変えることはできるし、自分も実際変えてもらったが、

一度変えてもらうと「こいつは一度問題を起こした」という噂が編集部に広まりネーム会議で変な先入観が入る。

同人ネットも含めも世の中に発表できるチャンスが多い。だから少数でも「共感できる!」というファンが付きやすく、モチベーションもあがる。

商業だとまずコンペなり会議を通さないと発表できない。だから自分漫画好きな人がいるのか分からないし、ファンレターも貰えない。

一人でも味方がいればやる気が出る。

もちろん自分漫画を好きになってくれる、気が合う編集者なら「次こそはやりましょう!」とやる気の出る展開になるが、

今時そのような熱意を持ったやつはいないし、いても「こうすれば売れるのでこうしましょう!」とスタイル押し付けるやつだけだ。

もちろん同人誌を発行するのは赤字だし、写植をしたりデザインをしたりめんどうなことは多い。

だが「自分おもしろいと思った要素を届けたい」という気持ちがその気持ちを消してくれる。

今でも時々プロ時代のことを夢に見る。

担当してくれたいい編集者さんとか、新人賞を取った時に褒めてくれた大御所先生だとか、同期の面々だとか。

それと同じくらい最後担当編集のことを夢に見る。

「キミと一緒にやっても売れる気がしないんだよね」「キミ才能ないから売れてる作品から要素パクってきなよ」

そんなことも言われたけど、あの時神保町電車に飛び込まなかったのは、同人誌という世界があったからだ。

2017-07-13

珈琲ブラック=無糖という日本の慣習を無くしてほしい

珈琲を無糖のブラックで飲む人間は、砂糖を入れたブラックをなぜ強く否定するのか?

私は職場ミルをもちこみ、毎日3~4杯は豆をひいて珈琲を飲む。

珈琲砂糖を適度に入れて飲むのが一番おいしいと思う。

疲れたときなどはミルクをいれて飲むのも悪くない。が、基本は砂糖だけだ。

変わった豆を買ってきたりした場合は、砂糖を入れずに飲むこともある。が、それも多少味わう程度だ。

甘いおやつと一緒に食べるときなんかは、砂糖を控えめにする。

別に、無糖でミルクもいれずに飲むことが好きな人否定はしない。

本人が好きなら、それも良いだろう。

なのになぜ無糖ブラックで飲む人間は「ブラック=無糖」が至上とみなし、「砂糖ありブラック」を否定するのか。

この輩は砂糖を入れた珈琲ブラックと呼ぶことを認めない。知らないのか?世界的にはおまえが少数派だ。

ブラック砂糖をいれてミルクをいれない」これが真のスタンダードだ、と言いたいわけじゃない。

なのにやつらはなぜ砂糖ありブラックをを否定するのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん