「射精」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 射精とは

2018-06-18

彼女ザーメンを汚いもの扱いしてつらい

口内射精が嫌なのはまぁわかるけれど、

胸とかにかけてもいいじゃんマジで

そんなんでどうやって妊娠するんだよ…

三日三晩犯し続けてザーメン臭いゲップさせたい…

anond:20180618151644

ここはそういうのより感動ポルノやよしよしポルノの方が受けるから

苦労せずお手軽に上から目線絶頂射精したいのはなろう民と全然変わらないのに、彼らほど自分欲望に正直にもなれないようなひねくれた連中ばっかりだから

2018-06-17

今の彼氏射精するときピストンしないのだが

同じような男性っている?

若者のすまた

最後射精に今年もなったな

2018-06-15

anond:20180615224239

うらやましいな

俺なら全財産はたいてプロ射精管理士に依頼し残り97回を快感優先で管理してもらって大往生する

いい人生になりそう

anond:20180615210608

誰でもいいっていうか「僕より弱そうな人」だよね

AKB48なら誰でも射精できる、みたいな意味でなく、完全に強がり発言で恥ずかしい

奥さんのお腹が大きくなっていくことが恐い

自分の奥さんが妊娠していて、日に日にお腹が大きくなっていくんだけど、それを見ることが恐い。なにがどうなっているのか分からない。

奥さんにとっての子供は確かに存在するんだと思う。生まれるでの10ヶ月前後お腹なかにいて、自分の体の形がどんどん変わっていくし、体重も重くなって、体調も変化する。だから子供存在物理的に肌で感じることができる。子供がいなかったときと、お腹なかにいるときとではっきりした変化がある。

でも。自分にとってはほとんど何も変わらない。

だって子供が生まれるまでに自分したことは、数秒間射精しただけでしょ?

それだけなのに、自分のその行為が原因で奥さんのお腹がどんどん大きくなっていく。そるがめっちゃ恐い。異常事態だと感じてしまう。いまだに慣れないし、早くもとに戻ってほしい。

子供には、徐々にお腹が大きくなる奥さんのサポートを通して、間接的に関わることはある。でも、それはあくまで間接的な関わりであって、子供存在を実感することはできない。自分生活は変化するけど、自分の体には変化は起きていない。

たとえば、子供が奥さんのお腹を蹴ったとき

そのときに、奥さんにしてみれば自分の体のなかに別の個体存在していることがはっきり分かるんだと思う。でも、それをお腹に耳を当てて聞いている自分は、お腹がいきなり動いて怖い!としか思えない

これでもし子供が生まれたとしても、やっぱり自分は、その子自分の子供だということは理解できないような気がする。

射精する→奥さんのお腹が大きくなる→子供生まれる。

この一連の流れが矢印で繋がっているとは、頭では理解できても、どうしても実感できない。こんなので子育て出来るんだろうか。

みんなよく笑顔子育て出来てるなと、思った。

anond:20180615004120

21:00にベッドinして、21:03に寝るって、、1分で射精? もしくは、勃たなかったか、、このインポ野郎が! おやすみ

2018-06-12

そもそも「引きこもってインターネットをやって賢くなろう」というのが間違い

地道に学んで、他人意見を付き交わし、人の役に立ったり、傷ついたり、そういった事を繰り返して人は賢くなる。

安全圏に閉じこもってスクレイピング効率を追い求めては上からマウントを取って気持ちよく射精してばかりいるうちはいつまで経っても馬鹿のままだよ。

anond:20180612092113

射精欲とセックス欲と性欲はちょっとずつ違います

最悪、射精欲だけ満足されればいいわけですが

2018-06-11

anond:20180611155213

本番欲しいってなるんか。人それぞれだな。俺はDK射精が出来ればいいかピンサロで十分。

anond:20180611150712

リアル写真みたいな絵を描ける人って出来上がった瞬間射精してないか

芸術は性欲の爆発だろ?

2018-06-10

イクとき映像が見える

20代女。

パートナーしか話していないこと。友人にもなかなか気軽に話せる内容ではないのでとりあえずここに投稿してみる。

イクとき、つまりセックス絶頂に達するとき、毎回なんらかの映像が見える。

もちろん実際に肉眼で見えているわけではなくて脳内イメージが広がるわけだが、毎回のことだしそれがあまりにもクリアなので「今日は何が見えるかな〜?」と思いながらセックスを始める。

その映像には、毎回なんらかのストーリーがある。

例えば、お花畑が広がっていて、初めは五分咲きくらいだが、全部満開に咲きほこったら絶頂!という具合。オーガズムを得るまでのショートストーリー仕立てになっていることがほとんどである

花が咲く映像でイクことは割と多い。それはなんか美しいから良い。

パンが焼きあがった映像とともにイッたこともある。

隕石が落ちてきたこともある。(宇宙系も多い)

火山噴火もある。

昨日のセックスでは、建設中の家の隙間?に何か必死に詰め物をしており、詰め終わったら絶頂!というストーリーだった。

我ながらわけがからない。

その日自分体験したことや食べたものなどは全く関連性がない。自分意思とは無関係にやってくる。セックスが進むにつれて頭の中に浮かび上がるその映像は、なぜかその時の自分にとっては納得してしまものであり、受け入れざるを得ない。絶頂に近づくにつれどんどん映像は鮮明になり、イクと同時にテレビ砂嵐の画面のようなものが見え、消えていく…。

お互いに達した後のピロートークで私はその回のセックスで見えた映像の報告をするのだが、「今日はね、家の隙間に何かを詰めたよ。」という私の話にちゃんと「へえ〜、今日は家だったんだね。」と反応してくれる彼はウルトラハイパーすごい。

ちなみに射精するときは何か映像は見えないのかと聞いてみたことがあるが、そんな余裕はないとのこと。

「女の人ってみんなそうなの?」と訊かれたが、そんなことパートナー以外の前で話題したこともない。絶頂とき何か見える?なんて…。どんなに気の置けない友人でも…無理だろう。

実際のところ、どうなんだろう…。

何か見えるという人、いませんか?

2018-06-09

[][] 価値観観念)の形成過程を振り返り、軌道修正する

性欲って

  1. 物事の表面しか見ていない(観察が不十分)
  2. 価値基準に「永続性」が欠落してる

という欠点がある。

 

性欲の対象が同性でも異性でもパターン多様化に過ぎず、本質は一緒だろう。

改善策を示す。

 

解剖学

書店に行き、コ・メディカル学者向けの解剖学の本を探し、分かりやすい本を買おう。

基本的な骨(200個)、筋肉(200個)を覚える。内臓神経系も知っておきたい。

顔や体形だけを見て、相手の魅力を判定する習慣は、解剖学知識が欠如していることに起因している。

体表だけでなく内部の構造も把握した上で、相手を見れば、一部の情報(顔や体形)だけで相手の良し悪しを判定する誤謬から解放されるだろう。

 

永続性

スレレスは錆びないと言われているけど、鉄をくっつけたり、長時間経過したら、やはり錆びる。

「半永久」というのは「永久」ではないので、インチキだ。

物事には「永続性」がある。どの程度長持ちするかで、価値が変わる。

射精快感は、わすか数秒しか持続しない。女性オーガズムも数分から数十分しか持続しない。つまり永久ではない。

恋愛は平均3年とも言われている。結婚しても3組に1組は離婚している。つまり永久ではない。

性欲に基づいた快感の持続性は、大して長くないことが分かる。

人生において、価値あるものを決めるとき、その持続性にも着目してみよう。

 

男が嫌いなら、男女の区別以外の価値基準を設定して、人間を観察してみれば、見える風景も違ってくるだろう。

チンポだけが男の存在価値ではない。

 

anond:20180609194512

2018-06-08

anond:20180608120220

濡れててもちゃんと締め方を知ってる子とやったら刺激が弱いなんてことはないので、

あなたの仕方はマズいですよ。

すでに射精障害になってませんか。

2018-06-07

男の娘が初めて風俗に行った

※著しく低い語彙力

※実話


受験就活も平坦にあっさり進んできて、虚無感と心の中のもやもやとか性的希薄だった過去が重なって、人肌に触れたいゲージが限界を超えたので半ば思いつきで見つけたお店に行くことに

よくもまあ人見知りな私が風俗に行こうって気になったなぁとも思うけど、就活無駄に自信がついた行動力背中を押してくれた


思い付きで某駅に到着したときに、指名できる女の子が一人しかいなくて、しか写真では正直よくわからなかったので、部屋で女の子を待っているときが一番緊張してたかもしれない

それでも、入ってきた女の子写真より可愛くて、第一声で私に可愛いって言ってくれて、恐縮しながらも安心できた


過去にしたおざなり性交普段適当自慰から今回、射精しようなんてことは最初から考えていなくて

触れ合っている過程お腹いっぱいになれればいいと思っていたんだけど

はじめて目の当たりにしたおまんに夢中になっちゃったりとか素股の破壊力とかがすごくて知能指数が下がり気味になってしまった


でも、それよりも、話しているうちに今まで誰にも言えなかった弱音とか心のもやもやとかが止まらなくなっちゃって

それでも女の子がぜんぶおっぱいで受け止めてくれて、頭をよしよししてくれて

今までされたことないやさしさにただただ甘えることしかできなくなった


最初可愛いって言われても恐縮しちゃってたのに、いつの間にか可愛いって言われることが嬉しくなってる自分がいて

私の中でのピークは、目があいながら手をつなぎ素股されたときで、メス化してイってた感覚になってた


「この関係」だからこそのプレイだったけど、「この関係」だったからこそ自分の弱みを出せたのかもしれないし、「この関係」限りの好きに近い何かは私を救ってくれた気がする



射精のためじゃない風俗もあるんだなって思ったよ



追記

デリヘルってほうが正しい表現かもしれない


質問・ご意見感想等あったらできる限り反応しま

2018-06-06

いじめられた記憶暴力衝動

原田マハさんの「生きるぼくら」を読み始めた。主人公は、高校いじめられて中退して引きこもりになった24歳。

その、いじめの話を読んでいると、自分中学時代に受けていたいじめを思い出して、気分が沈んで黒い気持ちになってきたので書き出してみることにした。

読んでも教訓はないし、得るものもないことだけ注記しておく。

自分は、地方市街地にある公立中学校に通っていた。そこで、クラスメイト2人からいじめられたのだった。

1人は、近所の、小学校からの遊び友達で、粗野な面もありつつ話も発想もおもしろく、遊びを発明したりとクラスの中心人物。もてていたと思う。スポーツ推薦で私立高校に進んだけれど怪我をして中退した。高校以降は部活試合などで数回しか会っていない。

ペーパーテストはできなかったけれど、いまでも、頭のよさや自信を尊敬している。中学校ではいっしょに登校していて、登校中にお菓子をわけてくれるのが楽しみだった。

もう1人は、サッカー部の肩幅の大きい人間愛嬌があっておもしろ人間だった。いじめ問題が解決した1年くらい後の出来事ではあるけれど、一番印象に残っているのは、家庭科性教育の班発表で避妊についてコンドームの実物をくばったりしたこと。そのときに彼が言っていた、コンドームは失敗する可能性も少なくないから、コンドームをつかってかつ外で射精することが重要、と言っていた教えはいまでも記憶にある。

彼らからは、直接打撃的ないじめを受けたわけではない。恐喝されたわけでもない。言葉ではなにか言われたかもしれないけれど、人格否定するほどではなかった気もする。「生きるぼくら」で主人公が受けていた体に見えないところに暴行されたり、母の弁当をぶちまけられたりというほどではない。

一番、くやしかったのは、羽交い絞めにされて学ランのズボンに、黒板消しをなすりつけられたこと、何度かあった気がする。柔道技をかけられて、力の差でなにもできなかったこともある。ほかのことはあまり記憶が明瞭ではない。

悔しさか悲しさか情けなさかで泣いていたのを覚えている。殺意めいたものも感じていたと思う。

いじめ自体は、親や先生が動いて、わりとすぐに収束した。今思うと、相手の家に乗り込んだ父はほんとすごかったし、母には心配をかけたし、先生相手と1対1で話し合いをしてくれてちゃんとしていた。

いじめがあったことがどう親や先生に伝わったかは、そのころまったく気にできなかった。自分が30歳近くになったころ、母が地元印鑑屋さんで自分実印をつくってくれたのだけれど、そこの印鑑屋の息子が自分同級生で、先生いじめが起きていることを伝えてくれたということを聞いた。そのころは自分の殻に閉じこもっていたのか、彼の名前や顔も思い出せなくて、申し訳なく思っている。ほんとうに感謝しています地元に住むことはなさそうだけれど友だちになりたい。

いま、冷静に考えると、いじめ自体もなよなよしていて腹立たしい自分に対するちょっかいエスカレートしたもので悪意はなく(だからこそいじめはやっかいではある)、自分人格確立されていれば言葉で跳ね返せた、とは思うのだけれど、難しい。積極的に近寄りたいとは思わないけれど、恨んではいないし、いまならあの頃はいろいろあったね、と話ができる気もする。たぶんだけれど、2人とも、このあとはいじめを止める側に回っている気がする。

そして、冒頭で黒い気持ちになったというのは、いじめられたことそのものではなく、いまもサッカー部の彼に対して抱いてしま暴力衝動

ももシャープペンを突き刺して、二度とサッカーできないようにするところを想像したり。事故とみせかけて階段でもたれこんで突き落とすのを考えてしまったりしてしまう。いじめられた当時から同じことを考えていたのか、そのあと繰り返し想像して強くなっているのかは混同してわからないけれど、10年たった今でも、いじめを想起するたびにこれらの暴力的な衝動イメージしてしまう。そして、そうすることで心を慰めてしまっている自分発見して暗い気分になる。いつか克服できるだろうか。

でも、もうすこしいじめが続いていたら、そういう想像を実現させていたと思う。そして、相手自分破滅していただろう。

行動に移すまえに、いじめを止めてくれた親や先生名前も忘れた友人に感謝している。いじめ相手には複雑な気持ちを持っているけれど、どこかで幸せ生活していてほしい。自分はこれからもその衝動を抱いて生きるだろうけれど、行動には移さないと思う。

SEXってもっと事務的でいいと思うんだよな

男は射精寸前まで手コキ

女は男が準備できるまでオナニー

射精する段階になったら挿入

それでよくね?

2018-06-05

射精ってもったいなくね?

そこで終わりじゃん

トイレの清掃してくれるオバチャンに

「んも〜、そんな持ち方じゃ便器からはみ出しちゃうでしょう、こうするの」っ言ってもらっておちんちんをつまんでもらいたいんです。

いつも小便器で放尿するときに思います

無意識的に母を求めているのかもしれませんね。

あと出来れば「あらっ!おっきくなっちゃっても〜…❤」って言われてトイレの個室で口内射精決めたいです。

手取り15万円しかもらえないので、誰かピンサロカンパしてくれ!

2018-06-04

セックスよりも楽しいこと

自分セックスが大好きだ。長く付き合っている彼女とのルーティンワークなセックスであっても、射精後のあの達成感と充足感と幸福感に勝る感動を、他の物事で得られた試しが一切無い。

そのせいか、これといって趣味ややりたいこと、頑張りたいことなどが一切無い。

ツイッターなどでよく見かけるが、趣味でも仕事でも生きがいをしっかり持っていて、それに関する話題をひたすら話している人などを見ると、少し虚しい気持ちになる。

隣の芝生は青く見えるというやつかもしれないが、セックス以外のものごとにも心底入れ込める人というのは、とても楽しそうに思えてしまう。

なぜなら、なかにはそれ一本で恋愛は一切しないという人もいるのだろうが、たいていはその趣味仕事を楽しみつつ、セックスの楽しみも得ているのだろうから

セックス並かそれ以上に楽しいことを他に持てているなんて、なんとも羨ましい。

自分は結局、気持ちよくセックスできれば他のことはどうでもよくなってしまうので、たまにこのままでいいのかと不安になってしまう。

でもセックス以外のことに強い興味を持つことはないし、セックスが出来ている限りは幸せなので、今はこれでいいのかもしれないが。

セックス以外のことから得られる達成感や幸福感って、どんなものなんだろう。

歳をとって、性欲がなくなったらどうなってしまうんだろう。

他の楽しみを持てたら、セックスをしていない時のこの虚しさを感じずに済むのだろうか。

はあ、セックスしたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん