「病院」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病院とは

2020-06-05

寝だめはできる説

正確に言うとできてしまう説が私の中で来ている。

私は精神持ちニート生活リズム崩壊している(正確には深夜起きてて朝か昼に寝てる)。

薬で寝る生活をしているんやけど、この1週間、週頭は15時間くらい寝てしまう日が二日続いて、それから三日くらいは6時間くらいしか寝られなくて、そのあと二日三日はとにかく体が重くてだるくてしんどくて、2、3時間寝ては起きてを繰り返してた。

それで寝だめはできる説が私の中で有力になってきた。

今日病院で薬を増やしてもらって調節して飲むことになったけど、なんとかうまく寝られるようになってほしい。

普通に最近体がしんどい精神はそこそこ。

精神が落ち着いてるだけまだまし。

寝だめで来てなおかつ体もしんどくならないならそれが一番なんやけど、そう都合よくはいかんか。

普通に仕事してた時私どうやって生活してたっけ。

医療関係者貴族なのか?

ボーナスを削るのが問題になる意味がわからない。

中小零細なら儲けがなければボーナスはないのは自然法則

病院の売り上げが減って、ボーナスが減る。

それの何が問題が?

anond:20200605171939

どちらにせよ「カラダの免疫情報を与えておく」のがワクチン その情報カプセルが死なない程度の毒なら打つべきだしオリンピック規制されるべき種類のものでもない

オリンピックドーピング規制対象男性ホルモンや副腎皮質ホルモン、興奮剤だから

どちらかというと症状が今でているコロナへの治療薬(簡単ものでいえば咳止めなど)が該当する

コロナかかってるなら家か病院にいろ

1800 万の預金

30 歳独身

東京一人暮らし

病気でこの間仕事辞めた。治る見込みはまだ無い

借金はない

親は数年前に関西マンション買ってそこに住んでる。ローンがどうなってかは知らぬ

自分がだいぶ難治性の病気というのがあり、東京病院選択肢豊富であることを鑑みて、当面は親元に帰らず東京治療しようと思ってる

タイトルの通り 1800 万の預金があるのだが

預金のままでいいのかな…?

いつまた働けるか分からんし、今後の生活のために預金のまま持っとくのが良いと判断したんだけども

尿管結石の痛み

部屋で腰を下ろしたときに、腰に鈍痛を覚えた。座るときに知らずと無理な体制になって、

そこらの筋肉を捻ったか、今までにも何度も経験したことのある痛みだった。しばらくしたら治る。


しかしそのときは30分経っても痛いままだった。その間に身体を動かして筋肉をほぐそうとしたり、

手をぐーにしてどんどんどんと叩いてみたり、横になったり、立ってても痛いままだった。

痛みとゆうのは、時間が経てば痛みがひいたり、頭痛や歯痛みたいに「ずきんずきん」したり、

強弱があるものだけど、ずーっと背中の右側が痛い。それもだんだん痛みが強くなっている。

脂汗が出てきて気持ちも悪くなった。布団を丸めて抱き抱える体勢がいちばん楽だった。


1時間過ぎ、痛みの原因が分からないし、これだけ痛いなら救急車を呼んでもいいだろう、

と母に呼んでもらった。そのとき母が「119番って何番だっけ」と漫画みたいなことを言ったのを聞いた。

入り口までは歩いて、担架の上にやっと横たわって、丸くなった。

救急隊員の人が声をかけててくれた。「痛がってもいいですよ」と聞こえたけど、

それだと何か話が通じないから別の内容かもしれない。


しかし実はこの時、何だかだんだんと痛みがひいてるときだった。

病院に着く頃には痛みの余韻ぐらいしか無かっただろうけど、

僕はそのまま救急外来のベッドに寝て、何人もの看護師さんや医者さんがてきぱきと僕を助けようとしてるのに感動してた。

CTを撮って小1時間横になってた。もちろん痛みは無い。

最後先生から説明があって、撮ったCT画像を見るとちゃんと白い石が写ってた。

腎臓から膀胱までの尿管に結石が見えるから。それでしょう。石はもう膀胱に落ちてるみたいですね」。

ちゃんとした理由があって、空騒ぎじゃなくて良かった。

あと先生は「この痛いのは何度か経験すると、自分で分かって我慢できるようになるんですけどね」と言った。

かにそう思う。と同時に、次は痛くても我慢しなさいよ。との牽制かとも思った。初めてだったから許してほしい。


救急隊の人も症状から尿管結石って見当してたと思う。

結石画像検索して見ると、棘棘してそれが刺さって痛い、と思い違いしてしまうけど、

違くて「結石が尿管を塞いで尿が流れず、尿管内圧が高まる」のが、痛い。

この痛みの強さは出産と同じか、経産婦で尿管結石にもなった人の話では「尿管結石の方が痛い」そう。

陣痛は痛みの波があるけど、尿管結石は無いからかな。


尿管結石の痛みを経験して、出産の痛みとの比較を知って、出産イメージすることができた。

だけどここから話が違うこと書くけど、尿管結石はそんなに痛くなかった。

次なっても原因が分かってるから我慢できる(それで違う病気で手遅れになりたくないけど)。

布団抱え込んでたとき「ひーん、ひーん」と1人で声出して呻ってたけど。

頭痛も痛いのは痛い(頭痛バファリン飲む)。抜歯した後は痛くない。

箪笥の角にぶつけた小指も痛いけど、よそ見してて歩く速度で電柱にぶつかるのは目から星が出るほど痛い。

のし過ぎで喉と腹筋が痛くなるのも辛いけど、


いちばん辛いと思う痛みは「お腹が痛い」だ。お腹を下して下痢で痛い、ならいいけど、

僕が人生で3回ほど経験したのは、お腹がとにかくきりきりと腸が膨らまされてるように痛くて、

からトイレの便座に座るけど、痛すぎて過呼吸か酸欠で失神しそうで嘔吐しそうで、

横に倒れたいけどうんちでるかもしれないから、浴室に行って倒れて失神。

あのお腹の痛さはどうしようもないから、ずっと神様に謝って反省してた。家の中で良かった。


それがあると、ノロウィルスの「上はマーライオン」と言われる下痢が、恐ろしい。

腸捻転想像すると恐ろしい。例え腕を切断したとしてもその痛みはずっと続かず、

腕が無いけど痛みも無くなるように、どんなことにも慣れることができたらいいのにな!

落ちこぼれの姉

わたしお姉ちゃんである。ただ妹よりも2年早く生まれただけのお姉ちゃんだ。明日死ぬかもしれないから好きなことして楽しく生きていようなんて自分勝手になんとなく残りの人生を生きてる、はっきり言って落ちこぼれお姉ちゃんである

妹は真面目に勉強をして試験を通り国が定めた資格を持ってたぶんわたし10倍くらいの給料を貰って毎日仕事をがんばっている。我ながらよくできた妹だ。子供の時から可愛がってきたせいで若干わがままで気の強い子にはなってしまったけど、社会にでてそれを出したりはしない。いわゆる世渡り上手だ。

かくいうわたし特になりたいものもなかったしやりたいこともなかったしなんとなく親に言われて行った学校を途中で辞め数年会社員をしていたが、なんとなくこんな毎日を続けてて楽しいのだろうかと思って会社をやめた。

しばらく休み満喫したけれど社会から迫害された気分になってなんとなくバイトを始めた。まぁ年収は多少少なくはなったけど割と好きなことに関する仕事だったので仕事自体は楽しく続けている。わたし楽しい世間から見たらわたしはどう考えても落ちこぼれだ。

わたし女の子として生まれたが、わたしが生まれた時父方の祖父に「男じゃないのか」と言われたという話を幼少期に母親からされた。当時母親父親との仲があまりよくいってなく自律神経を患っていて、わたしによく八つ当たりをしていたのだ。ここでも姉であるわたしは「妹をこんなかわいそうな目にあわせたくない」とその矛先が妹へは向かないようにがんばった。

幸い父親は誰から見ても妹を贔屓いていたし、母は妹に対して何を考えてるかわからない苦手意識が少なからずあったから、その八つ当たりわたしにだけ向いていた(と思う)こんなことも言われた。「あんたは私に似ているからお父さんに好かれてないんだよ」と。

そんな感じでわたしは幼少のころ自分が生まれたことを否定されていた。今では酒の席で笑い話にしているし当時も言われてそこまで傷つけられたという気持ちにはならなかった。元々わたしは明るい性格なのだ

ただ、人間というものは面倒なものでふとした瞬間に人生がいやになったりする。明るく元気に振る舞っていたわたしだが、子供の頃からどこか生きるのが億劫、早く死にたいと思っていた。生きているからには毎日楽しく過ごしたいという意識はあったが、それでもやっぱりたまに、わたしが生きている意味について考えてしまうのだ。

そういう時に思い出す。家族否定されてしまたこ命の意味はなんなのか。親だって落ちこぼれお姉ちゃんわたしなんていなかった方が楽だっただろう。わたしがいなければ家族円満だったかもしれない。(両親はわたしがまだ学生のころに離婚した)わたしがいなくなって悲しむ人がいるだろうか。わたしが生きたことを覚えていてくれる人はいるだろうか…

わたしには大好きなおばあちゃんがいた。おばあちゃん初孫であったわたしのことをとても可愛がっていてくれた。まだわたしが幼かったころ、「わたしは一番に生まれたから他の孫たちよりもなんだか損をしてる気がする」なんて何も考えずに言ってしまたことをおばあちゃんはずっと気にかけてくれていて本当に優しいひとだった。

そんなおばあちゃんが今年の初めに亡くなってしまった。母のことを苦手だったわたしは元々あまり母とは話さなかったがおばあちゃんが亡くなって少し話をするようになった。おばあちゃん若い頃の話だったり母が子供の頃の話だったり。

母は「私はあなたのことがわからなくて、おばあちゃん相談したことがあるの」と言った。母に理解されている気持ちは一ミリもなかったし、仕事を辞めることと相談しなかったしそのあとバイトを始めたことも何も話さなかったから(そうだろうなぁ)と思っていたけど、母は続けた。

「そしたらね、おばあちゃんが、「あの子には好きなことさせたらいいのよ」っていってたの。おばあちゃんが一番あなたのことわかってるのかもね」と。

その時はそうなんだって笑ったけれど、そのあと一人でこの言葉を噛み締めてわんわん泣いた。落ちこぼれで何もできなくて明日死ぬかもしれないから好きなことして楽しく生きていようなんて自分勝手わたしをおばあちゃんは「好きにさせてあげたらいい」と言ってくれていたのだ。

それはもちろん好き勝手生きていいという意味じゃないのは理解している。人に迷惑をかけて「いい」という意味じゃない。なんとなくわたしの心につっかえていたことがおばあちゃんにはわかってたっていうのがただ嬉しかった。

おばあちゃんはもうこの世にいない。せめてこの言葉ありがとうと直接言いたかったけど、それは叶うことはなかった。(某ウイルスのせいで病院の面会などが一切出来なかったのだ…)最後にあった日のことはよく覚えている。立つのもやっとだというのに病室の外まで見送ってくれたおばあちゃんの笑った顔は忘れない。

遺品の整理をしている母が「なにか欲しいものある?」と指輪ネックレスなど何個か持ってきてくれた。お洒落なおばあちゃんだったけれど指輪ネックレスは気に入ったものをずっと使うタイプだったので沢山はなく、その中からひとつの可愛らしい指輪を選んでもらう事にした。母は「それは最後入院してるときも病室に持って行ってたものから、きっとすごくお気に入りのものだったんだと思うよ」と言っていた。

(これはどうでもいい話だがおばあちゃんはとても小柄で150センチくらいの身長で40キロくらいしかなかったが、10cm以上背が高く指も太いと自負しているわたしの指にぴったりの指輪でとても驚いた。あんな小柄なのにしっかりした手をしていたんだ。そういえばおばあちゃんの家に遊びに行った時に食べるおにぎり世界で一番好きだった。本当においしいんだ。)

わたし落ちこぼれお姉ちゃんであるが、いまはおばあちゃんがついていてくれている。特別なにができるわけでもないし、明日死ぬかもしれないけど楽しく生きている。母はわたしのことをよくわからないと思っているし、きっとよくできる妹は口には出さないがわたしのことをよく思ってないこともあるだろう。(誤解のないように書いておくがわたしこと姉と妹は姉妹にしてはとても仲が良いと思う)

わたしは大好きなおばあちゃんが認めてくれた人生今日も楽しく生きていくよ。



(今日どうしようもなく落ち込んでてどうしてもこのことを何処かに書いておきたかったので…一気に思ってること打ったので日本語変だったらすまん)

血の医療メンタルにも効く説

私とBloodborneの話がしたい。

これはただそれだけの記事です。

Bloodborneとは2015年3月に発売されたPlayStation 4アクションRPGです。開発元はSCEフロムソフトウェア

詳しいことはWikipediaでも読むといいと思います

Bloodborne - Wikipedia

フロムソフトウェアのことは知らないけど

身体闘争を求める

 →アーマードコアが売れる

 →フロムアーマードコアの新作を作る

 (アーマードコアの新作が出る)」

コピペは見たことがある人も多いと思います。まあそもそもフロムソフトウェアも知らん奴はインターネットニワカ」みたいに言われるかもしれませんが、少なくとも私は「コピペは知っているけどフロムソフトウェアのことは知らない」オタクでした。すみません

そもそも自分遊んだゲームと言えばゲームボーイSP鋼の錬金術師マリオ、後は3DSどうぶつの森ブレイブリーデフォルトモンハンPSvita海賊無双ゴッドイーターパソコンpso2を少し齧った程度のもので、恐らく世間一般の"オタク"にしては随分と経験が少ない方だと思います

メインはアニメ漫画、あとはSound Horizonの緩オタクだったので、あまり自らゲームが欲しい!ゲームがしたい!と言うタイプでもありませんでした。

バリバリ世代なのにポケモンすらプレイしたことはなく、人がやっているのにもそんなに興味がない。

先に挙げたゲームも、ほとんどは「友達がやってたから」あるいは「推しコンテンツが関わっているから」始めたのであって、「そのゲームがしたいから!」と始めた訳ではありませんでした。

自分にとってゲームジャンル自体はそれほど縁のない存在だったので、当然フロムソフトウェアも知らず、PS4も「弟が中古で買ってきたBDも見られる新しいやつ」程度の認識だったのです。



数年前。

私はとある会社新卒入社しました。

詳細は省きますが、一年半年ほどで私はロクに眠れない、職場トイレで吐くほど泣く、休み仕事を緩慢としてまた辛くなり、人に優しくされたくて必要でもない買い物をし、帰り道に無駄遣いした自己嫌悪で泣き出す、自殺未遂をはかると言った典型的な"メンタルやらかした"状態に。

もっと辛い人は世の中に沢山おられるとは思いますが、私の場合はまず眠れなくて仕事にならないので病院に駆け込み、結果休職退職コースとなりました。


実家に戻って療養を始めましたが、当時は「自分はただズル休みをしたいだけだ」「怠けて人に迷惑をかけて、私は社会クズだ」「あの時死んでいればよかった」の言葉が頭を巡り、薬を飲んで寝て起きてもまた実家居間にあるソファ天井を見上げることしかできませんでした。

このままではよくない、とテレビを見ても観客の笑い声やコメンテーターの笑い声を聞いているのが辛い。そもそもテレビ番組を作っているような"社会"に己が参画していないことを思い知らされて辛い。

映画アニメでも見て"インプット"しなくては、と思い見始めた作品でまた吐くほど泣き、トイレの中で便器を抱えたまま自己嫌悪で死にたくなる、の繰り返し。

この辺りでようやく「ああ、今自分はマトモではない」と認められたような気がします。


その後はなるべく気を紛らわすために(そして実家で働きもせず休んでいる罪悪感を払拭するために)家事をしたり頼まれた雑事をこなしたりしていました。なるべく社会コンテンツから離れたほうがいい、と思って。

それでも相変わらずTwitterは続けていましたが。

そんな時、趣味があうフォロワーさんの動画付きツイートが目に入りました。

ほんの20秒程度の動画です。

薄暗いヴィクトリアゴシック調の街で、トップハットにロングコートキャラクターが、ステッキを鞭に変形させ、またステッキに戻す。

たったそれだけの動画でした。

私あてのリプライでもなく、ただタイムラインに流れたツイート、たった一つ。

その動画たまたまタップして、たまたま見ただけ。

それだけなのに、私はその瞬間

「このゲームは私のためのゲームだ」

「このゲームには私の好きな"全て"がある」

「私はこのゲームプレイしなければならない」

と感じました。

思い上がりもいいところですが、本当にそう感じたのです。

そしてたまたま実家には、弟のPS4がありました。

時間たっぷりありました。嫌になって泣き続けるほど。

勢いのままアカウントを作り、ゲームダウンロードしました。


フロムソフトウェアゲーム」が如何なるものか知りも調べもせずに。


ゲームに触れた経験も浅ければそもそも得意ですらない、マリオの1面のノコノコにすら何度も殺されるような人間には、Bloodborneは厳しすぎました。

そもそも先へ進めない。"キャンプファイヤー"にも辿りつけない。レベルアップもどうやらできない。マップがないのでどこからどこへ繋がるのかも分からず、迷子になっている内に殺される。

これはイカン……とフォロワーさんなどの手を借り、なんとか進めました。

それが、とても楽しかった。

厳密には"楽しかった"と言うよりは"必死だった"、"無我夢中だった"と言う方が正しいのかもしれません。

朝一番掃除をし、洗濯物を干してPS4の電源を入れる。家族が帰ってくる前に洗濯物を取り込んで晩御飯の支度をしなければならないので、夕方には電源を切らなければならない。朝から晩まで没頭する、という感じではありませんでした。

ですが、それが良かったのだと思います

限られた時間の中で必死コントローラーに齧りついて、死んでは進み、進んでは死ぬ

明日こそあのボスに勝てますように、と半ば祈るように眠る

その間は、自己嫌悪職場での思い出を反芻することもなく過ごせました。

ゲームとしての難易度が高過ぎて"他のこと"なんて考えている"暇"がない」。

これが何より大切だったんだと思います



どうにかこうにか迎えたラスボス戦は、涙の出るほど美しかった。



ゲームを終えてスタッフロールを眺めながら泣き、私が次にしたこと自分用のPS4proと、DARK SOULS3を買うことでした。


つの間にか薬なしでも眠れるようになり、今は元のように、とは行きませんが外に出て働いています

今では「血の医療メンタルにも効く」とフォロワーさんと冗談めかして話していますが、これは過言ではないのです。

少なくとも、私にとっては。



実はBloodborne存在自体は別のフォロワーさんの呟きや絵を通じて前々から知っていたのですが、私にとってBloodborneプレイする"タイミング"は正にあの時しかなかったのだと思います

あの時Twitterを覗いていなければ。あの動画を見ていなければ。

流石に過言かもしれませんが、私が働きに出られるようになるのはもう少し遅かったかもしれません。

そう思うと、やはり私にとってはBloodborneが、血の医療が救いになったのだと思います


私とBloodborneの話はこれで終わりです。

ビビリ散らしてガスコイン神父や血に渇いた獣を火炎瓶で燃やして片付けたがためにパリィ習得せず進み、ローゲリウス師戦で苦しんだ話やNPCイベントを見損ねて歯噛みした話、ギミックに気付かずミコラーシュと延々と追いかけっこをした話など色々とありますがその辺りは割愛します。

長文、乱文、失礼いたしました。

あなたに血の加護がありますように。

anond:20200605081324

海外みたいに病院で大量のクラスターが発生してパンデミックがおきても仕方のない状況で

日本医療機関関連の人たちは少しでも院内感染防ごうと死ぬほど努力したんだよ

その結果として他国とくらべて感染が抑えられたのに「日本民度がいいからね だから感染抑えられたんだよ」って言われたらどうおもう?

バカにされてるとしか思えないけど

昨日も寝てばっかりやったけど今日病院からもう寝るよ~

おやすみ増田

2020-06-04

anond:20200604071026

運がよかっただけで救急車を呼ぶべき事態だったのは変わりないじゃん。

なんか当たる宝くじだけ買いたいと言う人と同じだよそれ。

診察前に痛み止め飲むと、診察に支障が出るからやめた方がいいよ

あと自分病院に行くと急患扱いにしてもらえないからこれもおすすめしない。平気ならいいけど。

毎年太っていく。

自分健康診断を5年間同じ病院で受けているので、Webカルテで5年分の推移を見ることができる。

今年の結果が来たので早速見てみたら、毎年順調に1kgずつ太っているので悲しい気持ちになった。

腹囲測定も、メタボ領域にはなっていないが5年前より7cm増えていた。そりゃボトムがきつくなるわな……。

来年こそは絶対1kg減らしてやろうと思った。(ささやか目標

日本医療体制ってさぁ

「来ないでもいいような大勢の老人が病院に来るから医療崩壊する!!!」って聞いたんですけど、コロナでそんな患者が減ると「患者が減った!!!経営が立ち行かない!!!」という声が方々から

結局どうしたいの???

メニエール難聴女の備忘録

自己紹介

26歳(女)

メニエール病歴:10年目

発作回数:5回

難聴度:低(低音25dB、中音15dB)

耳鳴り度:中(高音が常時)


現状

5回目の発作(2020年5月後半〜)が過去最高に酷くて、まだ治ってない。

でも大分よくなってる、ゆっくりだけど。

そんでもって、治ると信じてる!!!

これ読んだ人、治るようにと、祈っててくれよな!!!



抗不安薬メイラックス)がガッツリ効いてる間に、近い将来の自分のために書いておくよ!


将来の自分への質問コーナー(人生編)

人生辛くて死にたいんだけど??

2020年5月31日(日)が人生で一番辛い日だったから、それと比べたらなんでもないはずなんだけど?どう?

その日はね、絶対この難聴耳鳴りが治らないと信じて、自殺しようとしていた日だよ!

え、覚えてない?まあ覚えてないならいいよ!


でもね、




てなわけで、




人生の目的がわからないんだけど??

自殺しようと考えていた26歳のお前が、出来なくて後悔してたことは、

でした!


今もこのままかな?

からそれが出来るまでは死なないようにしよう?ね?

26歳のお前は、これがやりたすぎて、死ぬのをやめたんだよ!

から、それに向かって努力しような??他のことなんかどうでもいいから、ね??


私不幸すぎるんだけど、人生不公平すぎん?

めっちゃわかるー!!

私もそう思ってた、12時間前ぐらいまで!

16歳でメニエール難聴耳鳴り持ちとかマジでありえないよね!不公平すぎるよね!

献血も行きまくりフードバンクボランティアしまくり、ゴミ拾いとかまでしちゃう環境保持野郎なのにね?

友達にも今時お手紙書いて郵便で送ってあげちゃうぐらいのナイスガールなのにね?

日常的に落ちたスズメ助けたりとか、落ちてるものはなんでも警察に届けちゃうガールなのにね?

お仕事もぶっ倒れるまで頑張っちゃうザ・社畜ガールなのにね?

わかるよー、めっちゃわかる!


でも考えてみよ、




結構ラッキーじゃない?

てか生きてるだけで丸儲けだからね?

糖尿病もないし、手足あるし、両目見えるし、ね??

虫歯お腹痛い?そんなもん無視無視!!!


疲れたしんどい

休め!!!めっちゃ休め!!!逃げて休め!!!

いか自分の心・身体は、自分しかケアできない!!

世界中の誰よりも自分を最優先しろ!!これは命令!!!

お前がぶっ倒れて死んでも、多分親以外誰も気にしてくれない!友達上司も誰も!

逃げろ、休め、めっちゃ休め、んでもって家族友達電話しろ!!


将来不安なんだけど??

不安になってもいいことないから、考えない!

26歳のとき、耳が治らないよ〜〜っていう不安で、耳鳴り悪化したの忘れたのかい??

もし自分コントロール出来ることがあるのなら、それだけを考えてやること!

不安になっても状況は悪化しかしない!!これ経験済みな!!


耳がまたダメになるのが不安なら、大丈夫自分最優先の生活ちゃんと送れていれば、ならないから!

もう26歳で最後にしような!


将来の自分への質問コーナー(耳編)

どういう生活送ればいい?



また発作起きたんだけど??

とりあえず、




以上!!!

この人生最大のチャレンジを乗り越えた私は最強!!なはず!!!


そして抗不安薬すげえな

anond:20200604191153

なんかググったらそもそも病院って収入的に全然美味しく無いらしいな

入院ベットほとんど埋まらんと黒字にならんとかって書いてあった

医者=高給取りってのは美容整形とか私立のヤブ医者とかそういう人らだけのもんなんかもな

コロナで大儲けやないんか病院

パンクするほど客来てたやろ

なんでや

anond:20200604181708

心が忙しくておさまらないのならその手の病院いってお薬もらったほうがいいですよ

すでに処方されているお薬があるなら、勝手にやめたり飲み忘れたりしないことですね

大事

コロナで予定数の老人が死ななかったから、予想通りに老人福祉で国が沈むな

パチンコ病院みたいなクラスターしか行くことないからとっとと感染してくれるものだと思ってたのに

anond:20200604151326

ありがとう。7年程度で20kgぐらい増えている。

こんなに太る前までは、じんましんになったことなかったんだよな。

橋本病と発覚したのもつ最近。一応橋本病病院でも聞いてみるよ。

皮膚科は4件くらいはしごしたけど、結局完治はしなかった。

ダイエット食生活を気を付けて、痩せても直らなかったら、皮膚科はしご再開するわ。

anond:20200604145859

橋本病。初めて聞いたけど自己免疫系と書いてあるな。

自分は、二年ぐらい前から急に蕁麻疹が出だした。仕事終わりとかに必ず。

謎でどうしたらよいかからず、とりあえずアレルギー系の蕁麻疹に効く薬を飲み続けてた。けどこの手の薬は副作用で眠気がやばくて生活に支障をきたした。

んで、皮膚科血液検査を受けたら抗核抗体異常という事で通常の320倍という値が出てた。

要は、自分自己免疫が過剰に反応して、正常な細胞破壊してしまうという状態のようだ。その一連の細胞の動きが

だるさや、蕁麻疹等を引き起こしていると。これが進むと、臓器等にも影響が出てきて、膠原病と呼ばれるかなり定義の広い症状になってしまうそうな。

自分場合はそこまで症状が無く、薬(ステロイド系)で自己免疫抑制を行う事で蕁麻疹は抑えられてる。

ただし、ステロイド自体も中々厄介な薬で、服用を続けると体に様々な影響が出る。

どうすりゃいいねん。と思うんだが、結局、超ヘルシーで超健康で、ストレスの無い生活を送る事が

この状態を抜け出すための近道だという事がわかった。働きすぎなら見直し精神的なストレスがあるならそれも見直す。脂肪があると蕁麻疹も出やすい。

その辺を見つめ直して、生活改善をしてみよう。俺は1年で320倍から160倍まで下がった。蕁麻疹が出る頻度も劇的に減った。(めっちゃ疲れたら出るけど)

中々ニッチで、病院とかでも原因はわからない事が多いらしい。まず血液検査で抗核抗体異常と診断されたら

この長文を参考にしてみてくれ。がんばって。

anond:20200604105622

治療するのは当たり前なんだが…

厳密には逮捕必要性はないんだろうけど、普通病院にいるまま取り調べだと色々支障あるんだろうな

警察しょっちゅう出入りするのは他の患者迷惑だし、個室にしなきゃならんとかあるだろうし

危害加えようとやってくるオタクとか野次馬とか来る可能性も考えると警備も大変だし

コロナで予定数の老人が死ななかったから、予想通りに老人福祉で国が沈むな

パチンコ病院みたいなクラスターしか行くことないからとっとと感染してくれるものだと思ってたのに

anond:20200604090234

(2020年05月15日 14時30分 更新)

中核病院PC検査機 和歌山県が新型コロナ対策強化

https://www.agara.co.jp/article/61184

6/3(水) 16:35配信

和歌山県内の陽性者ゼロに 新型コロナ、3日に3人退院

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a866e1b2652358005a112ffbba305c51e3df084

 

田舎自治体のほうが成功しているという

 

自民党政府都市部権力者は、コロナを使って国民を不健康にすることで権力者やお仲間が金儲けしようとしているね

戦争になれば将軍がもうかるのと同じ

anond:20200604071026

あなたのは正当な救急車の利用方法だと思うけど。結果的に命に別条がなかったとはいえ大事になっていたかもしれない。だけどそれは誰にもわからない。

物知り顔の評論家風邪治療を高くしろと言ってはそっぽ向かれるのと同じ状態。診察しないとわからいから。まあ風邪ならまず第一に町の診療所にかかって、重大なら大病院へと紹介とはいえるが。

ダメなのは普通風邪だとかで呼ぶ場合

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん