「特集」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特集とは

2018-01-18

オタク女の収支を知りたい

最近劇団猫さんの「浪費図鑑」に関するテレビニュースを目にする機会が増えましたね。

私も浪費図鑑、同じく同人誌だった「浪費」「美意識」「恋愛」も手にしています「東京」はまだ。地方民なので読むのが怖すぎて…。

こういうことにお金を使っているよ、貯金はこれくらいあって、実家住みか、一人暮らしかだとかのアンケートも勿論目にしているのですが、見れば見るほど「オタク女のお姉さま方の収支ってどうなっているの…」と興味津々になります

トータルのアンケートじゃなくって、一人一人の状態が。


Aさん(25)○○オタク

東京都在住・実家暮らし

月給○万円

貯金は○万円

以下月のざっくりとした出費内約

Bさん(31)○○オタク

地方都市在住・一人暮らし

月給○万円

貯金は○万円

以下月のざっくりとした出費内約


そういうのが知りたい…

東京地方地方でもいわゆる五大都市バス時間に一本みたいなところだと手取り家賃も何もかも違うし、お金の使い方も違うだろうからそういうところも割と気になります

あとはなんだろう…。

あ、今までやった一番大きいオタク関係の出費とか…?

聖地巡礼が隣の県の人もいれば、日付変更線またがなきゃいけない人もいるし、同じ公演に何度も行かれる方もいれば、一切グッズを買わない人もいるんだろうし…。

金額=愛ではないと思っているオタクですけれど、やっぱり大きいお金使ってるとおおー!ってなりますよね。

日経○ーマンでも読んでろよ!って言われてしまうかもしれないですけれど、あれって一部の選ばれたバリキャリお姉さんたちや稼ぎの良い旦那さんがいるご家庭の話しかなあって思うんですけど、むしろあれが一般的なの…?

なんで毎月一千万円貯めるにはって特集を毎週やって、体験している人が毎月毎月現れるんだろう…?数多くない…?

それに、多分ああいう人たちはオタクみたいなお金の使い方をしていないのかな、と思うので、オタクお姉さま方のあれやこれやらを是非参考にさせていただきたい…。

まあ雑誌に載る以上、出費が凄まじくって収支おかしい人のデータを出すわけにもいかいから当たり前ですよね。

でも「こんなお金の使い方、私だけじゃなかった…ほっ」としたい人って結構いると思うんです…。仲間を見つけたとしても、出費し続けていいわけじゃあないと思うけれど。

需要があるんじゃないのかなあと思うけど、どうなんでしょうね。

かくいう私は友達と呼べる人が片手で足りるぐらいのアラサーなので、縁をたどってアンケートを取ることもできず。

別にオタク界隈で知名度があるわけでもなし。

どこかにアンケート設置したら本にできるくらいアンケート結果集まるでしょうかねえ…

欧米人は奇妙なJAPANが大好きという話

http://b.hatena.ne.jp/entry/bunshun.jp/articles/-/5906

をみて知ってほしいことを書く

例のyoutuberもつながる部分だけどあれはべつにジョック限定の話じゃねーってことを言いたいのよね

リベラルエリートのなげき芸ってのがあるのよ

社会的正義と照らし合わせてなげいているのですっていう錦の旗掲げながらのなげきいじりね

シャルリーがこれ、BBCCNNガーディアンもこれ


個人評価をくだすと責任を負う必要があるし人種問題も出てくる

そこでマック女子高生論法代表されるように、外部の第三者がそう言っていたというテクニックをつかうのよ。

リベラル社会正義もそれで評価をしているのは私ではない、私は報告をしているだけですというかんじで白人連中は欲求を満たしているわけ

責任を外部化できるテクニックなのよね社会正義って

redditとかimgur見てる人ならわかると思うんだけど、奇妙なJAPAN欧米需要あるんだよね。

そんで楽しむだけ楽しんで上から目線そのままでいてねという意味でNever change Japanっていうのが決まり文句


自分から奇妙な部分を見に行っといて、JAPANはなんでいつも奇妙なんだ?とかまじめに議論してて

まさにそれが奇妙なんだけど、連中はマジでやってるわけ。奇妙な部分見に行ったんだからそりゃ奇妙だろうにって

なかに偏見とか、おまえらのほうがおかしいだろってのを無視したりするのも多い

物事ってのは観測者によって決まるっていうが、まさに最初からそれ好んでみたらそうなるわ

眼鏡って便利な言葉があるが連中はなぜかそれをまじめにやるわけよ

東京メディア大阪特集するとき道頓堀パーマな虎柄のおばちゃんをみせるのとにてるわけ


参考資料

http://blogos.com/article/252158/


日本ってちょうどいいのよ

途上国でこれやったら炎上するけど、連中のなかにあるコンプレックスがこの嘆き芸をやる正当性を強化してるのよ

あのね、欧米人ってアジアコンプレックスあんのよ、意外かもしれないけど、これは英語よめるならむこう掲示板みればわかるよ

正確に言うと脅威に感じてるっていうのかな。アジア人って頭いいからな。黄禍論みたいなかんじ。

そんでそのなかでいじっていい候補JAPANなのよ。JAPAN相手ならちょっとくらい小ばかにしてもいいんじゃねーの?ってね

コンテンツ発信能力的にJAPANが便利なの、中国はまだよくわかってないのよ、政治とかでネタにはできるけどポップじゃないんだよね中国って。あと北朝鮮とかね

ポップな点でJAPANは不動だよね、テレビ番組とかアニメとか漫画とかゲームとか奇妙なものがいっぱいなJAPAN大人気なのよ

それがリベラル的に許せないものなら待ってましたって感じよ

もちろんリベラルとかどうでもいいのよ、奇妙さをいじりたくてそれに正当性が欲しいの

そういう時にBBCCNNは奇妙なJAPANWhy?するわけ。

東京メディア大阪はいじっていいと思ってるでしょ?

そのくせほかの地域はいじれないじゃん?田舎すぎる所をいじったらいじめになるでしょ

欧米におけるJAPANは、東京における大阪なのよ


あーあと、連中は最初散々奇妙だなんだと言っておきながら面白そうだなと思ったらパクるから注意な

素直に最初から評価するなんてことなくて、馬鹿にしてまーたJAPANが奇妙なことやってるわとか言って、そんで真似するから

そういえば奇妙なJAPAN元祖ともいえる本があってさ

"101 Un-Useless Japanese Inventions"

ってやつ

奇妙なJAPAN発明馬鹿にする本なんだけど自撮り棒がその中にあったって話で、こういう話はほんと多いからね

そういえばケータイカメラが付いた時もおなじような反応してて、あいつら写真ばっかとってて奇妙とか言ってたじゃん

いつだったか毎日新聞外国人記者日本母親は息子に生処理させるとか適当なこと書いてたのもそう

右もだけどリベラルもたいがいって話

銀行を辞めたい。

なぜ辞めたいと思ったのかというと、窓口事務しんどいからワガママすぎる、とは自分でも思う、でもこれを一生の仕事にするのは、自分には無理。

窓口事務は、本当にストレスが溜まる。自分は割と温厚だと思っていたのだが、仕事が終わった後のイラつき具合に罪悪感を覚えるレベル。中でも、苦情がつらい。特に初老男性。キレ方が尋常じゃない。最初はその剣幕に泣きまくった。今はただただ無である。もちろんいいお客さんの方が圧倒的に多い。そんなことは分かっている。(ちなみに、テラーにとってのいいお客さんとは、処理を過剰に急かさない人。書類を預けて勝手にどこかに行かない人。書類不備がない人。こういう当たり前のことを当たり前にこなしてくれる人のことである。)そんでもって、こっちが悪ければ、なるべくお客さんの都合に合わせて、訪問なり郵送なりで迅速に手続きを進められるよう尽力する。

でも、「できないものは、ただのテラである自分に何を言われたって、できない」。例えば、委任状他人の口座からお金を引き出す手続きは、その最たるものである印鑑相違。名義相違。記入漏れ本人確認書類不備。これは究極的にはお客さんの過失であって、こちらがどうこうできるわけじゃない。それなのに、「今日中に引き出さないといけない」「家族お金なのにどうして」って、マジかよって感じである。せっかく来たのに、とか、めんどくさすぎるんだよ、とか、言いたいことはたくさんあるだろう。自分が客だったとしたら、そう感じると思う。でもあくまで、「口座にあるお金は全て口座名義人のもの」だということを分かってほしい。それ以外の人が引き出すことが、どちらかといえば例外である

忙しいと思うけど名義人がきてくれ。それが一番めんどくないから。

あと手続きについて問い合わせたんだったらその支店に行ってくれ。お互いのために。

辞めたい理由はまだある。ミステリーショッパーとか営業目標とか転勤ありきの異動とか事務ミス発表会とか厳しい身だしなみとか。書いてたらキリがない。そして報酬が見合っていない。人間関係はとてもとてもいいけど、なんだか命を削っている感があって、疲れてしまった。最近は色々銀行関連のニュース特集が流れているし、昔とは違うということが分かってもらえると思うが、もうなんか、語ることすらめんどい。今までいいお客さんだった人が、引き続きいいお客さんでいてくれることが願い。

2018-01-17

アニソン聞き放題サービスのアニュータで、成人の日特集の曲リストでしょっぱなの頭文字Dは大したことなかったが

CCサクラOPEDで半死、カウボーイビバップOPEDで死んだ。

もうあれから20年か、という事はデビューアウトロースターだった川澄綾子も、もう20周年か

2018-01-14

化粧オタクアニメオタクの100年戦争

実際はここ最近起きていることだと感じているけど、この両者の本質理解できない限り100年戦争になると感じている。

第一に、化粧とは誰もがしていいものである。その自由がある。

第二に、化粧とは現代日本社会では女性マナーとされている部分がある。

アニメオタクは…そもそもアニメオタクとする表現は正直間違っている。この場合は使いやすいだけで、そして圧倒的に数が多いだけでタイトルに使ったが、実際は『化粧にあまり力を注がない系のオタク』のことである謝罪

上記の一、二に反論する形で「限界オタク」などという言葉を使い「限界コスメ」などといい

さすがに化粧にはどうなのかという商品日焼けニキビを増すだけのニベア下地とか)を薦めたり、

化粧オススメ画像パロディとする形でアニメゲーム食べ物を紹介する画像を作るのがバズっている(この言い方は古いか)。

このパロディはどのネタを見ても、奥底に感じるのは化粧おすすめツイートに対する皮肉である

単純に「化粧なんぞめんどくせぇわ」勢オタクと言ったほうが良いかもしれないが。

なぜこの皮肉パロディが起こったかというと、単純に化粧品が売れているかである

昨今プチプラコスメというものが勢いを増している。数年前には無かったような商品格安で手にはいる。

そしてインスタ流行もあり、デパートで買う高いコスメ。つまりデパコスも売れている。

ググればいくらでもこのニュースは出てくるだろうから、いちいちここには書かない。

そこで問題なのは流行ってるのが≪化粧≫なことだ。化粧というもの上記一、二という問題を抱えている。

流行ると色んな人が出だす。本当にハマる人…検証する人…考察する人…陰謀論を展開する人…金をかける人…そしてミーハー…。

Twitterオススメコスメ流行りだしたのは、いつだったか。筆者の増田はわりとTwitter自体テレビで取り上げられたりする前の初期からTwitterをしている廃人だが、もう覚えていないくらい前だと思う。5年どころでは無い。

おすすめ化粧品画像最初に作ったのは、間違いなくミーハーではない化粧オタクだったと思う。

世の中には色んなオタクがいるもんだ。どこの界隈とも同じく、化粧オタクも闇が深い。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

「化粧をしない人、絶対化粧をしたほうが良いよ。人生変わるから

この声が、昨今のコスメブームと共に「化粧なんてめんどくせぇ勢」に届いてしまった。

筆者増田は、この問題に対して中立的立ち位置をとらせてもらう。

少し前まで化粧には興味も無かったが、年齢・環境・心境の変化で化粧をするようになった。凝り性なので化粧界隈に近い発言をすることもある。

しかし化粧をしないとダメとまで思ってもおらず、お肌に大敵の深夜アニメを見まくる日々だ。俳優アイドルオタクもしている。

両方の界隈を知っているものからすれば、化粧オタクも、その他オタクも、なにも変わらない。

オタクは、オタクである。それ以上でも、それ以下でも無い。

何故なら、上の話は【化粧】を【おそ松さん】にしても通じるからだ。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

おそ松さんを見たことない人、絶対見たほうが良いよ。人生変わるから

化粧オタクはこのテンションコスメを薦めているでしかない。

必修アニメ履修しないでここまで来たの?原作読まずに語るなよ、とかい煽りとなんら変わらない。

CCさくら見ずにまどマギ語るなというのは、デパコス知らずにプチプラ語るなという話に過ぎない。多分半分は冗談で、半分は本気だ。

ただこの「化粧オタク」というのがあんまり認識されていないのも事実だ。

【化粧といものは着飾るためのもの】という概念が強いため、その裏に収集癖や別人整形願望(コスプレと何が違う)が隠れていることに気付かれにくい。

まり、こう考えてほしい。

おそ松さん特集するネット記事に「下ネタアニメ時代的にアウトじゃない?ただただ寒いだけ」とか「ミーハー腐女子乙」とか

わざわざどうでもいいガヤをしにくる層。

これと「化粧とかどうでもいいw」や「化粧なんてしなくてもいいよ!なんで女は化粧しろとか言われんの」と化粧オタクにまるで脅迫されたかのように煽ってくる層は

受け取る側からすると、やられてること、やってることは一緒なのだ

きっとそのことに気付かぬまま、化粧しない勢は「綺麗にするのがなんなのさブスはブス」と思いながら、そこをつつかれる化粧オタクは「化粧しねぇと顔男女かわらねぇだろうがブス」と思いながら、軋轢を作っていくのだろう。

どっちもオタクだしどっちもブスなのだが、多分分からないまま…悲しいとは思うが…まぁ…ここまで書いたけどどうでもいいことだな。

この派閥を両方から見つめていて思うのは、やはりオタクはお互いの分野に立ち入らないことだと思う。

みんな仲良くなんて無理だし、何かに特化したオタクっていうのは基本面倒だし、何を言ってももう取り返しがつかなくなってる。

これは化粧オタもアニオタ漫画オタも俳優オタもアイドルオタもそうだと思う。昔は芸人も好きだった。本当にクソオタク増田が見ても、オタクってクソだと思う。

でもクソはクソなりに、学ぶことがある。

人は人、自分は自分。人のやること、犯罪以外は口を出さない。

これが私の生きる道世渡り術だ。

画像ネタに乗ったけどそんなつもりは無かった…って人も居るかもしれない。居るだろう。居てほしい。

バズったあとはそんなもんで、元の構図なんかどっかに消え去っているものだ。

そういう話をしてるんじゃなくてね……とりあえず、話が長いね。まとめるとね…

リンメルの新作アイシャドウラメ少な目でイエベ向けオフィス向け、チョロ松事変でカーストはどうなるのか気になる。って話だよ。

2018-01-10

最近アニメを見ても面白いと思えないオジサンになっている。

アニマトリックス人狼沖浦監督作品)とかは、スゲー大人になってからも、感動したし。

白いガンダム、初代ガンダムアラサーの時に見て、スゲー面白いって思った。

心がささくれ立ったときには、人狼とか借りて見てみたい気はする。

  

40過ぎて。子供と一緒に観られるアナ雪とか、ミニオンも見るよ。

アナ雪なんて、すごく興奮しちゃった。。愛は、人から受け取る物では無くて与える物なんだーって。

自分小学校の高学年に、家族で風に谷のナウシカを観にいったんだけど、僕の親父は「あれはキリストの復活みたいなもんだな」ってエラそうな口を聞いていて、自分もそんな感じになったなーと思い出した。)

昨年のミニオンなんかも、BGMマイケルジャクソンの曲を使って、親世代にも受け容れられやすいような中でのキャラ作り、脚本が作り込まれているんだろーなーと想像した。。

  

だけど、もうさー。

けもフレとか1話見ただけで、充分なんだよね。。

他のアニメもそう。子供の頃に夢中だった高橋由美子高橋留美子作品うる星やつらとか)も、いまいちだ。

境界のRINNEとかも、何かの拍子でみても、話は、まぁまぁ昭和の頃から変わらないテイストだけどなんか、テンポが合わない。ゆっくりに感じてしまう。

海月姫漫画では夢中に慣れても、アニメテンポだとちょっと無理なんだよな。

  

ネットとか見ても、なんか、ムカつく絵柄のポプテピピックも分からないし。

未だに、ヱヴァンゲリヲン見てないし。。

子供の頃は、クリスマス夏休み冬休みアニメ特集やら人形劇やら楽しみだったけれど今じゃその感性は、ない。

  

このまま、日本に生まれながらして一大産業の娯楽の良さを分からずに一生が終わりそう。

  

追記...id:msdbkmさん。すいみません、高橋留美子高橋由美子勘違いしてました。

いや、こんなにブクマつくとは思って無かったです。恥ずかしい間違いをしてしまいました。

2018-01-09

医学部の隔絶性について

年明けに中学とき同級生と飲んで色々新鮮な思いがしたので。備忘録も兼ねて、医学部に特異的と思われることを書いていく。

とりあえず私のスペック

私立医学部医学所属(偏差値低め)

・両親とも医者

・自ら希望して医学部に進学

以上である。とりあえず思いつくことから色々書いていこう。医学部を目指してる人とかに読んでもらえると嬉しい。

・授業内容が難しい

よくネットとかでも言われていることである。正確には「難しい」のではなく「暗記量が多い」。何の繋がりもない骨や筋肉名前日本語英語の両方で何百個も覚えないといけない。それを覚えたら今度は神経、血管の名前、次は疾患の名前……とひたすらに暗記。そこに思考が挟まる余地はない。特に解剖の時とかに暗記量の多さに発狂する人が多い。

留年率が高い

これもよく言われている。私立医学部偏差値が低いほど留年率が高い傾向にある(国立は知らない)。ひどいところは卒業までストレートにいけるのは学年全体のうち半分ほどのところもある。国試合格率を上げるために、低い学年のうちに出来の悪い生徒を留年させるためである受験生はちゃんと行きたい学校留年率も調べた方がいいと思う。

留年の原因の多くは勉強量が凄まじいかであるが、一定数いるのが「医学に興味がないやつ」である

・親が医者で無理やり医学部に行かされたやつ

・ただ偏差値が高いからと言って医学部に入ってきたやつ

この二者は非常に留年やすい。前述した通り医学部勉強はほぼ暗記なので、高校生の頃は天才的なひらめきのみで点数を取れていた所謂努力を知らない天才」が潰れていくことが多い。こういう人達医学のものに関心がないことが多いので(なぜかはわからないが)、勉強が進むわけないよな……と個人的には思う。

医学勉強が好きかどうかなんてわからんわ……」って人は世界仰天ニュース見よう。あれの難病特集を楽しんで見ることが出来たら、医学勉強を楽しむ才能はあると思う。

・みんなプライド高い

我が強い人が多いし、みんな多かれ少なからプライドを持ってる。勉強してるアピールしたりとか成績よかったアピールしたりとか。

あとそれに加えて人格崩壊者も多い。発達障害者も多いと思う(こういう人達は大体留年してくからわかる)。マジでこいつが医者になるの?って人が本当にいる。医学部入試での面接もっと改善した方がいいと思う。不適合者を全然はじけてないぞ。

あほみたいな金持ちがいる

これは私立医学部からだと思う。「親がベンツ買ってくれるって言うから免許取るわ」とか、「親がマンション買ってくれた」とか言う奴が学年に10はいる。すげえ。あと親が医者って人はもっといる。

・学年全員知り合い

一学年に100人ほどしかいないので、全員の顔と名前が一致する。あと成績関連の情報爆速で学年中を駆け巡る。友達1人に自分の成績教えたら、1週間後には学年の半分がその情報を知っている。あと恋愛関連の情報も回るの速いな。

・多浪は常識

同じ学年の生徒でも一浪から五浪くらいしてた人まで年齢は様々である。中には再受験と言って別の大学入学してからまた医学部入学した人もいる。私の学年の最年長は34歳である

ただ、やはり浪人していた年数が長いほど留年やすい。再受験生は成績めっちゃ良い奴とくっそ悪い奴といった風に二極化している気がする。

ひとまずこんなもんかな。医学部は実力がない人から留年していく非情世界だと思う。入りたい人は入る前にマジで下調べしておいた方がいいよ……。6年間は何にしても長すぎるから

anond:20180109143638

んで占いなのか広告なのかどっちだ

というか、具体的な雑誌名は?

付録主体と言ったら宝島系だけど、これと青文字系意味違うし。

適当な事言ってない?

anan恋愛特集復縁ばっかりなんて事は勿論ないし。

プロ棋士

朝の番組将棋会館特集で、会館での対局をすぐ近くの記者室でリアルタイム研究してるプロ棋士が映ってたんだけど

Abema見ながらやってて、そこでやらなくてもって笑った。

2018-01-03

anond:20180102160643

うーん、私が未婚だった時を思い起こすと、確かに嫁さんがいれば子供別にいらないかな、とは思ってた。が、2人子供もいるが。独身結婚したら、なんだかんだで子供作ってるけどね。

合計特集出生率の変動幅少ないでしょ?

2018-01-02

娘の抱負

‪うちの母はスラッとしたカッコいい女性が憧れだが自分チビデブ(母の談)だからそういう格好ができないといつも口癖のように言っていた。そのせいか、娘である私にボーイッシュな格好をさせたがったし、そんな格好をさせられた3歳の私が道であった外国人に「ボーイ?」とニコニコ声をかけられたというのが、母からもう何千回と聞かされた自慢話だった。‬

‪でもその裏で、幼児だった私が欲しいと言ったお姫様ドレスも、みんなが履いていた段フリルスカートも発表会の花柄ドレスも全部罵倒対象だった。笑ってバカにして、私にさせてる男の子っぽい格好やスッキリとしたデザインの服が一番可愛いと何度も言った。うちの子が一番可愛いの子は全く可愛くないと。他の子はダサくて芋くさくてどうしようもないと。私は常に誰かへの否定を聞いて育った。‬

‪私は発達の早い子供で、文字が読めるようになるのも抜群に早かった。賢い子ってのが小さい頃からの周りの評価で、周りの多くの人達が「ご両親に似たのね」と言った。母にはそれが最高の自慢だった。でも、私は高学年になる頃には落ちこぼれて、勉強について行けなくなった。‬

勉強しろと何度も言われたけど、勉強のやり方もわかっておらず、結果は出なかった。そんな中でも自分なりに考えてテスト前に一生懸命作ったノートを母に見せたら「今更そんなことしてんの」とまたバカにされた。机に向かえば「明日は雨が降るんじゃないか」と、わざわざ私の部屋を覗いては、母は何度も笑った。‬

‪中3の頃、教室私立高校の案内本の制服特集を眺めていたら、担任が「ここの制服可愛いよな?どうや?」と私に勧めてきた。可愛い制服がウリの偏差値はお世辞にも高くない学校。今思えば私の学力にちょうどいいレベル。‬

‪でも私の答えは「制服バカっぽいから嫌」担任ものすごく驚いた顔をしたのを見て、自分がひどい事を言ったことに気づいた。二度と口にしなかった。でもこれは母からずっと言われ続けてきた事そのままだった。バカっぽい制服。そんなところには行くな、と。‬

‪結局、私は高校地元底辺校に進んだ。その程度の成績しかなかったからだ。入学説明会の日、同じ高校に進む事になった近所の小学校から同級生の子ママさんが「お互い良かったですね」と母に声をかけたんだそうだ。そのママさんは高校合格を素直におめでとうという気持ちだったんだろう。‬

入学説明会からの帰りの車の中で「なんであんな子の親に『一緒でよかった』なんていわれなくちゃいけないんだ。恥だ。」と殴られた。この件はさすがに母も後からやり過ぎたんだと思ったんだろう。数年が経った頃に「あの時は悪かった」と潤んだ目で唐突に謝られた。「別にいいよ」と私は小さな声で答えたけど、それ以外の返事が許されただろうか?‬

大学は家を出て、実家から離れたところで一人暮らしをした。相変わらず私の成績は悪く勉強も好きではなかったが、大学進学は幼い頃からずっと母に言われ続けてきた進路だった(短大、専門、就職は母の激しいdisりの対象だった)し、一人暮らしも母がそうさせたいと強く希望した事でもあった。なぜなら、母自身がそういう学生生活を送ったからだ。‬

一人暮らしを始めてからバイトをしたいと何度も言ったし、実際いくつかしたけど、その度に母は「学生のうちから働くな」「金なら全部出してやる」と繰り返し、実際私がシフトがあるから実家に帰れないといえば「そんな事より家族大事にすべき」「親不孝だ」と私がバイトを続ける事を良しとしなかった。‬

‪それに乗って「じゃあいいか」と甘えた私にも問題はあったのだろう。しかし、それからはずっと「あんたは親に全部金を出させた親不孝者」「あんたは恵まれている。親に感謝すべき」「すねかじりが偉そうに金返せ」と言われ続けている。‬

自分が認めなかった事も、自分がそうするように私にいい続けた事も、母の中では全部なかったことになって、私の希望を全部言われるままに叶えてあげた優しい親だと自分の事を思っている。そして「子供犠牲になったかわいそうな私」と繰り返しアピールするのが母のいつものパターンだった。‬

‪同じ頃、父の浮気騒動があった。母は荒れた。何度も実家に呼び戻され、家族のための時間を過ごせと言われた。当時高校生の弟と二人で、母から涙ながらに「お父さんは『エッチはしてない』と泣きながら話した」と聞かされた。何で自分の親のそんな話を聞かなくてはいけないのだろう。心底気持ち悪いし聞きたくもないと思ったが、黙っていた。弟も何も言わなかった。‬

‪泣いて喚く母の話を何度も聞き、母を否定しないように過ごした。少しでも母を否定するニュアンスのことを言えば「あんたまで私をコケにするのか」と罵られるからだ。散々罵倒されたあとは「あんなことを言って悪かったね」と泣かれる。そして「いいよ」と私は言わなければならない。おきまりパターン。そんな気持ちの悪いやりとりをできるだけ避けたかった。‬

‪両親はその後関係を修復したようで、この頃の事はなかった事のように蒸し返されることのない家族タブーになった。‬

‪母は当時はまだ少数派のフルタイムWMだった。父も一流企業研究者で、高給取りだったので、母は止むに止まれず働きたくないのに働いていた…というわけではない。母も仕事がしたかった人だった。それは別に生き方の一つの選択だと私は思う。‬

‪でも母はそうは思ってなかった。働く自分は最高で、専業主婦いか無駄無能か、そんな選択バカだ、そんなだから○○ちゃんの母親や××ちゃんの母親は…と友達の親の非難を何度も子供だった私に聞かせた。‬

‪私が学生の頃も社会人になったあとも母と同じ職を選べと何度も言われたけど、それは断った。資格を取るための金も出してやると言われたけど、その職に興味がないからと避け続けたのは、今となっては本当によかったと思う。‬

‪私は妊娠した時に、仕事も辞めて一旦専業主婦になる道を選んだ。旦那希望でもあったし、私の希望でもあったから、私たち夫婦の中ではそれで問題はなかった。‬

‪でも、母は自分が散々バカにしてきた専業主婦の道を自分の娘が選んだことが面白くなかったようで、私が悪阻が辛いと寝ていると聞けば「私は仕事をしていて悪阻なんかで倒れていられなかった」と電話をしてきては繰り返した。‬

産後、初めての育児しんどいといえば「専業主婦しんどいわけあるか」「専業主婦のくせに忙しいわけがない」とバカにして笑った。その後にはいかに自分が働きながらの育児に苦労したか辛かったか、そんな思いをさせたあんたは親不孝、感謝すべきという言葉が必ず並んだ。‬

‪産まれたうちの子供は障害児だった。たくさん本を読んでネットでもたくさんの親子に関する情報に触れた。親子で療育にも通い、子供への接し方についても多く学んだ。そんな事をしながらの第二子妊娠出産。ここまでそれなりに大変な育児だったように思う。‬

‪そして、そんな子育ての中で薄皮を剥がすように少しずつ少しずつ、母の私に対するあれこれはおかしかったのではないか?そういう思いが私の中で浮かんでは消えていた。‬

‪数年前に実家リフォームをした。私はインテリア住宅特集を見るのが子供の頃から好きで得意だったのでアドバイスをして欲しいと言われ、何度も実家に通った。担当営業マンと、ここはこういう風にした方が…なんて話を一生懸命していたら横で聞いていた母が「はっ。偉そうに。」と吐き捨てるように言い放ったのは今も鮮明に蘇る。‬

自分が手伝ってくれと呼びつけておいたものの、娘が自分差し置いてイキイキと一人前に話をする姿に耐えられなかったんだろう。思えば、子供の頃から私が何をするにも「偉そうに」「いっちょまえに」「でも○○はできない」という言葉が付いてきたな、と思った。この頃から違和感がはっきりしてきたように思う。‬

‪定年を迎えた母は頻繁に我が家に来るようになった。孫へと過剰なほどの物を抱えて「ここに来ると金がかかる」と口癖のように言っていたが、どこにでもいる孫に甘すぎる祖母の姿だと思っていた。‬

‪母は会うたびに、私の掃除の仕方、家事の仕方、夕飯のおかずの品数、体型、服装生活全てを笑いながら否定し、自分はいかに頑張っているかを語っていたが、私は黙って聞いていた。母にとってそれは最高に面白いジョークのつもりだったからだ。‬

‪内心では苛立つ事もあったけど、それを表に出せば、それ以上の言葉否定されるのがわかっていた。母のその性格が治る日が来るとは思えなかった。老いていく母にもうそれを指摘するのも酷だと思っていた。だから私は何も言わなかった。‬

他人からみれば、楽しそうに会話する仲のいい母娘に見えていただろう。‬

しかしついに母と揉めた。きっかけは些細な売り言葉に買い言葉だった。私の中で剥がれ落ちた薄皮は相当な量に達していたのだろう。違和感に私が我慢しきれなかったのだ。‬

‪私に反発された事で、母は発狂した。浴びせられるマシンガンのような暴言否定。今までの私の人生否定し、いかに親不孝かを叫び怒鳴り散らしながら、自分子供(私)のせいで我慢を強いられているんだと喚き散らす母に「私にだってずっと我慢してきた事はある」と初めて言った。母はその内容を聞く事なく「お前のなにが我慢だ。親不孝め」と、また暴言否定を吐き続けた。‬

‪その場に居合わせたうちの娘たちは、自分母親(私)が目の前で罵倒される姿を見て、驚いて固まっていた。そして不安がって泣いた。その間も母の暴言は止まらず、うちの娘の障害名まで母は私への罵倒言葉に使った。娘たちの前でだ。無理だと思った。もう無理だと思った。‬

‪母は自分で「どうせ私は毒親だ」と叫んでいた。そんなふうに考えた事は今まで一度もなかったが、その時初めてそうかもしれないと思った。そしてまた、もう無理だと思った。‬

‪この先、私はどうするのか。もう答えは決まっているのではないか。本当にそれができるのか。いまはまだ立ち止まっている。‬

しかし目の前の扉は開いてしまった。扉の向こうの世界は明るいだろうか。険しいだろうか。一歩を踏み出す決意をしたい。それが娘である私の今年の抱負。‬

2017-12-31

ひよっこ→二回も長々と特集やる

わろてんか松たか子の時に触れるだけ

直虎→完全スルー

直虎は柴咲が事務所と揉めてるから、ってのもあるらしいが

ひよっこわろてんかの扱いの差があからさま過ぎて

女性オナニーの話はどうしてタブーなの

前も書いたんだけど

なんで女性オナニーの話は男性のそれに比べてタブー視されるの?

女性誌ですらセックス特集は定期的にあるのにオナニーに関してはほとんど特集されないよね

2017-12-28

普通」の人はいったい日本人の中でどのくらいいるんだろう

年末、人の減った電車に乗り、車の少ない通勤路を走り、テレビ年の瀬特集とかを見ていると思う

 

八時五時の会社に勤務し、土日祝日年末年始お盆はお休み

妻子がいて、会社ボーナス支給する

年末年始海外実家に帰るなどなど

車を買い、家族旅行をする「普通」の家族

 

世の中は、その人たちに向けての放送でいっぱいだ

 

Androidに話しかけて、鍾乳洞に行く家族CM

新しい車に乗って喜ぶ子供CM

 

ターゲットは「普通」の家族

 

だいたいインタビュー新橋

ボーナスはいくらだったか年末年始はどこに行くか、クリスマスの予定は?

 

ボーナスは○万、年末旅行クリスマス家族ケーキを食べる、彼氏デート……

 

こういう人って、今の日本人の中の何パーセントなんだろうか

自分のように、クリスマスも働いたり、正月交代勤務で出勤だったりする人だっている

大晦日コンビニに行けば、多分僕と似たような人が働いているはず

正月大晦日なんて関係ない

嫁さんも子供もいない。ボーナスなんて、非正規から寸志程度。時給だから昇給も十円単位。 

 

テレビは、そういう人たちの姿を写さない。

テレビに出ている「普通」の人たちが多いから、テレビはそういう人向けに番組を作ってCMを流しているはず。

自分世界はその「普通」の層と断絶しているので、実感が沸かないのだ。

彼らはいったい、日本の中にどのくらいいて、ぼくたちはどこにいるんだろう。

ねほりんぱほりん腐女子特集しますね

ジェンダー論や表現規制といった炎上やす話題とつながってる

秘密主義的風潮が強いので「ローカルルール勝手に紹介された!」系の怒りを買いそう

・なまじ人口が多いので「テレビではこう紹介されたけど私と違う!」系の意見も出そう

アンチも多いのでそっちはそっちでうるさくなりそう

そもそも同志社論文大炎上した前例あり

素人目にもこれだけ荒れる理由が浮かぶのに腐女子特集に手を出すNHKは大胆だなぁと思いました、KONAMI

2017-12-27

文章が非常に読みづらかったのでhagex氏を見習って朱を入れてみた

いつも未来に驚かされていたい:『WIRED日本版プリント刊行休止に関するお知らせ

コンデナスト・ジャパンが発行する雑誌WIRED日本版は、2017年12月9日発行のVOL.30を最後に、刊行を休止いたします。読者の皆さま、定期購読者の皆さまへ、編集長若林から休刊と退任のご案内です。

──『WIRED日本版プリント版はどうなるのでしょうか?

少なくとも2018年3月発売号は刊行いたしません。その時点で定期購読も終了し、定期購読いただいている読者の皆さまにはは返金させていただきます。現時点では、プリント版の継続については白紙となっています

──なぜ休刊するのでしょうか。

ぼくが編集長を退任することになったからです。

──退任されるんですね!なぜ編集長の交代ではなく、休刊なのでしょうか?

会社判断です。

──編集長を退任する理由は?

ぼくが短気を起こしました。

──短気を起こして編集長を辞めるなんて……。

ぼくは子どものころから癇癪(かんしゃく)もちで、40歳を超えたあたりから、その沸点がどんどん低くなってきて。とはいっても、クオリティについて真剣に考えると怒らないわけにはいかない。相手が誰であれ。そうしたら、なぜか最近、やたらと「アンガーマネジメント」に関するメールが来るようになりました(笑)

──40歳を超えて短気というのも困りものですね。

この間「おっさんの話」というテーマウェブ記事に書いたんですが、あの半分は自分の話です(笑)

──いきなり休刊とは、急な話ですね。

外資会社ですから契約が切れる5営業日前に通達があって、休刊が決まりました。とはいえ、プリント版の一時休止と定期購読の停止については、なるべく早く読者の皆さんにアナウンスしなければならないので、急いでこの原稿を作ることになったんです。「最後おつとめ」ですね。

【一周した感じ】

──最終号はちょうど30号できりがいいように感じますね。

ぼくが編集長として携わったのは、30号のうち実質28号分ですね。結果としては良い区切りだったのかもしれません。最後特集は「アイデンティティ」で、自分の役目はおしまいです。特にこの2年くらいは、特集がそれぞれ単体として存在するというよりは、「一連の流れ」のようになっていて、どんどん深みにハマっている感じはありましたし、途中からは『WIRED』のテーマであるはずのテクノロジー話題ですらなくなってきていましたし(苦笑)。

──確かにアイデンティティ」という特集デッドエンドのような趣があります

そう設計したというよりは、どんぶらこと流れに乗っていたら流れ着いてしまったという感じなんですけどね。

──次号以降の特集ラインアップなどは既に決まっていたんですか?

もちろんやりたいことはいっぱいありました。次号は「発注」というテーマでやろうとしていましたし、その後は「ロボット」「物流」「ニュー・アナログ」というテーマプロットはしていました。あと、2017年に「アフリカ特集でやったようなことを、コーカサス地方に置き換えてやれないかな、と。

──突然「コーカサス」ですか?

他にはアルメニアジョージアアゼルバイジャンなどですね。テクノロジー面でも進んでいると聞きますし、地政学的にも面白いエリアから、取り上げたいと思っていました。

──雑誌としては売れ行きがよくなさそうな特集ですね(苦笑)。

そうですか? 定期購読も順調に増えてきていましたし、広告もうまく回り始めて、全体としてビジネスのものはかなり好調になっていたんです。

──新事業にも取り組んでいたように思います

2017年から本格的に始めた旅のプログラムWIRED Real World」というものがあるんですが、これは本当に面白いんですよ。参加してくれるお客さまも面白い。お客さま同士で新たなプロジェクトが生まれたり、参加してくれた方々からお仕事をいただくようになったり。かなりグルーヴ感がありました。それをちゃんと育て上げられずに終わるのは、残念といえば残念です。そういう面白い人たちと一緒にコーカサスに行ったらきっと面白くなると思っていたんですけどね。とはいコミュニティは残るので、継続してみんなでわいわいやれるといいなと思っています

──コンサルティングスクール運営していましたね。

はい。どの事業もお客さまは本当に面白い方ばかりでした。そういう方々のために、結構苦労してノウハウを積み重ねて、やっとビジネスとしても芽が出るところでしたね。毎年秋に実施していた「WIREDカンファレンス」も、年々企画の精度が上がっていて、自分で言うのもなんですが、2017年は驚くくらい面白い内容にできたんです。

──ただ、いわゆる「テックイノベーションからは外れている感じですよね。

周りから唐突に見えたかもしれませんね。そうはいっても、「注目のスタートアップ情報」などを最初から重点的に掲載してきたわけではありません。「死」「ことば」などの切り口は継続して存在していましたし。

──そうですね。

その上、ある時期からスタートアップわっしょい!」のような気分も収束し始めて、面白い話も大して出てこなくなってきていたと思いますシリコンバレートランプ米大統領就任以降、完全に逆風を受けてしまっているし、AI自律走行車などの話も、いよいよ実装の段階になってくると、完全に政治法律の話になってしまうので。

──それで飽きてしまったということでしょうか?

そうではなくて、時代が大きくまた変わろうとしているということだと思います。おそらく『WIRED』の発行元であるアメリカのコンデナストを見てみても、時代フロントラインにいるのは『Teen Vogue』なんですよね。LGBTQメディア『them.』がローンチされたり、『Vogue』が『VICE』と組んだり。それ以外でも、「アイデンティティ特集でも紹介した『Refinery29』のようなファッションカルチャーメディアが旧来のメディアエスタブリッシュメントを圧して、新しい言論空間になり始めているという、面白い状況にあります

──なるほど。

デジタルイノベーションデジタルメディアのダウンサイドが明らかになってきた中で、それを突破するために必要なのは、やっぱり新しいカルチャーをどう作っていくのか、という話じゃないかと。そういう意味でいうと、結局いま面白いのってインディーズブランドミュージシャンクリエイター同士のオーガニックなつながりみたいなことだったりするわけです。技術がどうこうという話だけではどこにも行かない、という感じが、もうここ3年くらいずっとありますね。

──AIだ、ロボットだ、ブロックチェーンだ、VRだって、だいぶ前から要件は出揃っていて、それではそこからどうするのか?という感じでしょうか。

そう思いませんか?

──何かが一周した感じはあります

2017年は、SXSWTwitterが「アプリ大賞」を取ってからちょうど10年目です。その間、いろいろな期待、それこそアラブの春や、日本でも東日本大震災を経て、デジタルテクノロジーによって民主化された「よりよい世界」が夢見られてきたわけですが、そう簡単世界は変わりません。むしろ、新しい困難が出てきてしまった。しかもそれは、テックでは解決できない困難だということも明らかになってきています。問い自体が、より複雑な人文的なものになってきているから、哲学アートファッション音楽文学などは、いまの時代本当に大事だと思うんです。

──『WIRED』では「テクノロジーだ」「未来だ」と取り上げていませんでしたか

でも、そう言ってきたのと同じ分、「テクノロジー」という言葉も「未来」という言葉も好きじゃないということも言ってきたつもりです。「未来」というコンセプト自体が、いか20世紀的なものか、ということについてもずいぶん語ってきました。

──それは冗談だと受け止められていたんじゃないでしょうか?

変な言い方になりますが、「未来」というもの捉え方を変えることでしか、新しい未来は見えてこない。それが、端的に言うと『WIRED』で考えようとしてきたことだったはずだったんです。

──お疲れ様でした。

anond:20171226234723

最近聞けてないけど深夜便は稀にプログレ特集とか

コルトレーン特集とかマカロニウエスタン劇伴特集とか

とんでもなく濃いプログラムやってて「うおお!」ってなってた。

2017-12-25

プラントハンター植物を持ち出すこと、持ち込むこと

anond:20171224131440

プラントハンター」という単語日本認識されだしたのは、1995年前後のことだと思う。

そのころ、NHKキュー王立植物園特集した番組を放映されて、その番組タイトルに「プラントハンター」という言葉が使われていた(はっきり覚えていなくてすみません)。

内容については、昔のことなのでよく覚えていないが、かつて大航海時代プラントハンターが果たした役割現在東南アジアで蘭などの希少な植物が乱獲されている状況が説明されて、最後キュー植物園絶滅危惧植物保全のために様々な取り組みをしているという話で終わった。

また、白幡洋三郎著『プラントハンター』が講談社選書メチエ出版されたのも1994年のことだ(今は講談社学術文庫で読める)。こちらでも大航海時代プラントハンター活躍が紹介されている。氷河期に多くの植物絶滅したヨーロッパにおいて、大航海時代プラントハンターらによってアメリカ大陸アフリカアジアからもたらされた植物社会歴史に与えたインパクトは非常に大きい。

いずれにせよ、プラントハンターという言葉は、歴史的文脈の中で使われてきた。

初めて現代の「職業」としての「プラントハンター」を目にしたのは、村上龍の『13歳のハローワーク』(2003年)だったと思う(手元にないので確認できないので誤りならごめんなさい)。

ここでは、野生植物の盗掘屋をポジティブに捉えたような説明(N氏のような)がされていた。この変化がどこで起こったのかよくわからない。誰か知っていたら教えてほしい。

N氏がちやほやされる背景には、野生植物を盗掘することやそれを持ち込むことに対して社会全体の罪の意識が低いことがあるんだろう。

個人的には今回のアスナロ自体は(悪趣味だと思うけれど)特になんとも思わない。彼が普段活動でやっていることの方が問題が大きい。

植物の乱獲は個体群や種の絶滅につながる。

日本でも、カサブランカ原種ひとつとなったタモトユリというユリ園芸目的の乱獲で絶滅した。

地理的に離れた地域からの持ち込みは様々な思わぬ問題を引き起こす。

植物はただのインテリアや庭を飾るアイテムではない。植物を持ち出すこと、持ち込むことの大きさを考えてもらいたい。

モノクロという雑誌Amazon特集

やっていて、コンビニで見たときに買いそうになったけど、まてよと思って自宅に帰って楽天マガジンをチェックしたらそれで見れたわ。

楽天マガジンは月400円でいろんな雑誌を見れるサービスだけど、最近ぜんぜんみてなかったな。

今回みたいに雑誌一冊でもみたら元がとれるレベルだけど、最近は一冊もみないことが多いからもう切ろうかな。

2017-12-24

anond:20171217211719

>ただ名前と顔を出して活動していてもRIOTから給与が出ていないかE-Sports関係者として取り扱うのが不適当という理屈がよくわからない

プロゲーマー品格」を批評する際に、代表的プロゲーマーを挙げずにとやかく言うのは偏ってる、ということ。

国内LoLではCeros、Evi代表的プロゲーマーだ。

BS放送運命の日」でLJLが特集された時も、その二人が番組の中心を担っていた。

広告塔の彼らが不祥事を起こした場合、「LoLプロゲーマーは~」という主語で語られても仕方ないと判断されるだろう。(個人的には納得しないが)

言っちゃ悪いが、当時のHiRoNは代表的とは程遠いプレイヤーで、それはApex R Gamingに所属した頃も同じ。

その一人を取り上げて「eスポーツ界隈のマナーはなっとらん」と語られても、はてな風に言うなら「主語デカい」という訳。

しかしそのHiRoNも、現在はKEYMAKERと改名してV3 Esportsに所属し、LJLの一部リーグで戦う事になった。

戦場活動する以上、ルールの順守と倫理観が求められるのは当然だろう。


>あとこの選手は今も名前を変えて活動しててそれがおとがめなしで許されている現状についてはどう思う?

不便だと思う。

ZerostがSwizzleに改名した時と同様に、選手情報が調べにくくなるから

もしかしてあなたは別の観点から不満を持ってるのか?

彼は冒涜および差別的発言によって、2か月間の出場停止処分を受けた。

その処分が軽いという抗議ならともかく、何で改名によって咎められなければならない? 隠ぺい体質だと?

2017-12-23

安倍自民党ネット極右のいいなり番組・『ニュース女子』(東京MXテレビ沖縄基地問題特集基地反対派を貶める重大な倫理違反

BPO放送倫理検証委員会 委員会決定 第27号

東京メトロポリタンテレビジョンニュース女子沖縄基地問題特集に関する意見

2017年12月14日 放送局東京メトロポリタンテレビジョン

放送倫理検証委員会は、「東京メトロポリタンテレビジョンTOKYO MX)『ニュース女子』が2017年1月2日放送した沖縄基地問題特集を審議してきたが、このたび委員会決定第27号として意見書をまとめ公表した。

当該番組TOKYO MX制作に関与していない“持ち込み番組”のため、放送責任のあるTOKYO MX番組を適正に考査したかどうかを中心に審議した。

委員会は、

(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、

(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付け制作会社確認しなかった、

(3)「日当」という表現裏付け確認をしなかった、

(4)「基地の外の」とのスーパー放置した、

(5)侮蔑的表現のチェックを怠った、

(6)完パケでの考査を行わなかった、

の6点を挙げ、TOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘した。

そして、複数放送倫理上の問題が含まれ番組を、適正な考査を行うことな放送した点において、

TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと判断した。

2017-12-22

コンビニ男性向けエロ本の女版

といえばコンビニしか見かけないレディースコミックだろう。

ちょっと気になって近所のコンビニで置いてあった漫画を調べてみたらラインナップはざっとこんな感じだった。

「ご近所の怖い噂 特集 不満爆発!ワガママ女」

「家庭ミステリー 特集 あの女が見捨てられた瞬間 自己中女 借金妻 毒母

本当にあった主婦体験 40~50代貧困 に本当にヤバい!」

本当にあった主婦体験 特集 私に寄生する毒家族

漫画グリム童話 美女とブスの闇歴史

漫画グリム童話 世界タブー地帯

「嫁と姑デラックス 特集 末代まで祟る!!見た目格差

「女の不幸人生 特集 無責任育児のツケ 因果応報自己中母の絶望ストーリー

恋愛白書パステル 肉食大富豪に迫られて!」

ayaアヤ ダイタンHムンムン こんなのハジメテ(ハート)」

これらはコミックコーナーにありアダルトコーナーではない。表紙は特集によってかなりえげつないものもある。

虐待特集などで餓死しそうな子供の絵やDV特集では殴られてる女性の絵が並んでたりする。内容も特集に関わらずにエロシーンが入ってることは多い。性的拷問描写なども多々ある。

以前にコンビニエロ本規制議論ツイッターで盛り上がってたときに「男が女にレイプされてる本はおかれてないだろ」って意見を見かけたが、女性向けレディコミでも女のレイプシーンが多いので、そこは需要が違うから比較にはなり得ないと思った。

大富豪ヒロインを買ってレイプして憎むけど最終的に愛で結ばれてたり、男どもにレイプされまくるけど最終的に救いにきた誠実な男とハッピーエンドとか、バッドエンドでボロボロになって野垂れ死にとか、そういうストーリーが好んで読まれてるのに、そんな需要少ないもので対抗しても無理筋だ。でも内容読めば男がえらい辱められたりするのもあるのでちゃんとあることはある。

前にフェミ女性に、女同士を争わせるエンタメが好きなのはだって言われたことあるんだが、ラインナップ見るとそうとは思えなかったりする。

そんで、これらはアダルトコーナーに隔離すらされてないわけだけど規制派にとって問題にはならないんだろうか。

2017-12-20

https://anond.hatelabo.jp/20171220165228

オナニー特集企画したけど、生のオナニストの声は聞けないので、これは突撃取材するしかない!と思ったんだろう。

東京MXテレビニュース女子沖縄基地問題特集 重大な放送倫理違反

BPO放送倫理検証委員会 委員会決定 第27号

東京メトロポリタンテレビジョンニュース女子沖縄基地問題特集に関する意見

2017年12月14日 放送局東京メトロポリタンテレビジョン

放送倫理検証委員会は、「東京メトロポリタンテレビジョンTOKYO MX)『ニュース女子』が2017年1月2日放送した沖縄基地問題特集を審議してきたが、このたび委員会決定第27号として意見書をまとめ公表した。

当該番組TOKYO MX制作に関与していない“持ち込み番組”のため、放送責任のあるTOKYO MX番組を適正に考査したかどうかを中心に審議した。

委員会は、

(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、

(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付け制作会社確認しなかった、

(3)「日当」という表現裏付け確認をしなかった、

(4)「基地の外の」とのスーパー放置した、

(5)侮蔑的表現のチェックを怠った、

(6)完パケでの考査を行わなかった、

の6点を挙げ、TOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘した。

そして、複数放送倫理上の問題が含まれ番組を、適正な考査を行うことな放送した点において、

TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと判断した。

東京MXテレビニュース女子沖縄基地問題特集 重大な放送倫理違反

沖縄米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組ニュース女子」に批判が出ている問題で、

放送倫理・番組向上機構BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書公表した。

放送前に事実裏付け表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったことなどを深刻視し、「民主主義社会放送の占める位置を脅かすことにつながる」と痛烈に批判した。

 対象となったのは、今年1月2日放送番組で、沖縄県米軍ヘリパッド建設めぐり先鋭化する反対運動特集

VTRで運動を「日当をもらってる!?」などのテロップ表現を使い紹介したほか、

反対派による救急車運行妨害などを事実として伝えた。当事者らへの取材がなされていないことに市民団体などから批判や抗議の声が上がった。

 番組は局外の制作会社が手がけたものだが、MXの放送責任が問われていた。

 意見書によると、検証委による沖縄での実地調査では、救急車運行妨害や日当支払いなどの事実確認できなかった。

さらにMX側から聞き取りで、考査担当者編集途中の内容しか視聴していないなどずさんさが浮き彫りになった。

 また番組で「反対派の連中」「過激派デモ武闘派集団シルバー部隊』」などの表現について、

MXは考査のうえ「侮蔑的表現を指摘し、(制作会社に)修正を求めるべきだった」とした。

 川端和治委員長記者会見で「当然、裏付けがなされていなければならない、番組の中核をなす内容について、十分な事実が見当たらない」と指摘した。

 同番組をめぐっては、市民団体共同代表辛淑玉(シン・スゴ)氏が番組内容で名誉を傷つけられたとして、BPO申し立て放送人委員会で審理入りしている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん