「破綻」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 破綻とは

2018-09-22

リーマン破綻時のチーフエコノミストだったハリス氏は危機前の05~06年ごろのことだったが、ハリス氏はすでに米住宅バブル警鐘を鳴らし始めていた。リーマンモーゲージ住宅ローン)部門が記録的な収益を稼ぎ出し、株価高値謳歌するなかで、勇気のある行動だったといえる。

現在バンクオブアメリカ・メリルリンチグローバルエコノミストを務めるイーサンハリス氏。最近、口をついて出るのがトランプ政権通商政策への懸念だ。6月のリポートでは、米中貿易摩擦が激化すれば「米国は完全な景気後退に陥る可能性がある」と警告。今週はロイター通信取材に答えて「足元の米株式市場は勢いと楽観論に満ちているが、(米中が)関税の引き上げを続ければ、いつか調整が訪れる」と述べた。

目先の利益追求が将来に大きな禍根を残すことを、世界リーマン・ショックで思い知ったはずだ。危機を知る人たちが語り継ぐ教訓は、いまの市場に届くだろうか。

リーマンブラザーズ、13兆8000億円を返済

連邦破産法適用申請から1週間後。リーマン投資銀行としての活動をすぐに止めたわけではなく、顧客メディアに向けた調査リポートなどの配信は細々と続けていた。

メモを書いたのは、ベテラン政治アナリストのキム・ウォレス氏。周囲の同僚はリストラ転職先探しでリポート執筆どころではなかったに違いない。そんな状況で最後まで声をあげ続けたウォレス氏の胸の内にあったのは、アナリストとしての使命感だったろうか。

後日談がある。リーマン北米事業を承継した英バークレイズアナリストを続けていたウォレス氏は09年、オバマ大統領(当時)によって立法府担当財務次官補に抜てきされる。危機象徴であるリーマンOB政府要職に就き、「反ウォール街」の急先鋒(せんぽう)だった米議会との間で景気対策作りの調整役を務める。こんな展開は日本では考えにくい。

 人材が官民を行き来する回転ドア社会米国危機(失敗)を知る人にこそ危機対応を任せるという、あの国らしい考え方のおかげで、ウォレス氏は新しい働き場を得た。

年月がたっても、世間から称賛されなくても、地道に本分を果たし続ける人たちがいる。今年8月。リーマン破綻後に清算会社債権者に返済したお金の累計が当初計画の約2倍にあたる1246億ドル(約13兆8000億円)に達したというニュースが流れた。清算会社には現在も80人近い従業員がおり、保有資産の売却などを通じて返済資金の捻出を続けていくという。


ちょっといい話だなー。

まぁその当時の経営陣持ち株は売るわストックオプション行使するわで最悪だったけどね。

国語問題

https://blog.tinect.jp/?p=53653

質問上記文章おかしな箇所を指摘せよ。

回答: 文章では、「私が彼を「信用できない」と感じたのは、「無能」と「有能」の評価が天と地ほども違うのに、それを絶対に表に出さないことについてだ。」と述べているにも関わらず、

    「私」にはベラベラしゃべっている。これを「それを絶対に表に出さない」というのはおかしい。

    人の口に戸を立てられない。すでに「私」に対しては表にでている。また、Uさんが「私」にだけ、しゃべっていると考えるのは早計だろう。

    というので、まあUさんのやっている事は早晩破綻するかと思われるので、真似しない方がいい。

蛇足:本当にUさんが優秀(その場限りの「優秀さ」に過ぎないが)、「私」に対しては、「〇〇は無能」とこき下ろしているが、〇〇に対しては「『私』は無能」」とこき下ろして、チーム内の「和」らしきものを保っているだろう。

   短期的には、個々人の虚栄心をくすぐって、モチベーションを高めるだろうが、長期的にはどこかで漏れ破綻する。決してUさんを真似しようとしない方がよい。

自分の意に沿わないというだけで

文句言ったり作品の設定にケチ付けるやつが多すぎる。

SNSなどで公式アカウントへ噛み付いていくやつとかホントなんなのか。真正のアレか?)

そりゃどこぞの作家みたいに途中で面倒になり今まで書いてた作品適当描写でめちゃくちゃにして終わらせただとか、オリジナル作品を銘打っておきながら流行りの要素を盛り込んだだけの設定チグハグだらけな作品とかなら、たとえそれが公式だろうが文句の1つや2つ言っても許されるとは思う。

しかし単に自分の好きなキャラ自分の好みの行動を取らなかっただけで公式設定が間違ってるというのは控えめに言って頭が痛すぎる。

そもそもからし作品作りにおいてこのキャラはこんな考えを持っていてこういう行動をするといったような構成は一番始めに行われるものであり、後から大幅に変わるものでもない。

(まぁそのキャラの芯となる部分以外においては、作品全体の流れの中では大して重要じゃなかったりで余り煮詰められず、長期にわたる作品だと後々矛盾点が見つかるということもあるだろうが。ギャグ漫画とかだと特に

自分の思っていたものと違う行動をとったのなら、単純に自身の考えが間違っていただけでそのキャラにそういった側面があるのだと納得するのが筋だ。

創作上のキャラとは言え、それぞれに考えを持っているのだから、意外な強さを持っていたり逆に脆い部分があったり、もしくは周りの環境で成長したり間違ったりと様々な様相を見せ変化するのは当然というもの

そこを楽しむのが作品を受け取る側の正しいあり方だろう。

もちろん楽しみ方と一言に言っても受け取り方はそれぞれの自由。意外な一面にそのキャラファンになるのもいいし、逆に嫌いになるのも許されるだろう。

ただ、自分の考えと違うから公式の設定が間違ってるなどと言い出すのは全面的にお門違い。

妄想して楽しむ分には二次創作だろうがなんだろうが自由だが、個人の頭の中の勝手妄想公式に優って良い訳がない。

そんなことが許されたら受け取り手それぞれの勝手妄想に付き合わなければならなくなり、作品破綻するのが目に見えている。

Web小説をよく読む人なら見かけたことがあるだろうが、自称読者様の我儘な注文(難癖)に一々答えて作品崩壊していく様は本当に地獄。。。)

あと、スピンオフ4コマ的な作品キャラ描写にあーだこーだ言う奴もどうかしてる。

あいうのは公式ネタを元にしたギャグであってあんなこと言わないこんなことしないなどと言うものじゃないだろうに。

(というかそういうシリアス描写は本編でやることであり、番外編に求めるものじゃないだろうと)

就職先も進学先もございません

大学4年生の今頃に就職先も進学先もない。

そもそも10年前には自分大学4年生という時が来るというのがリアルではなかった。

そうして来てしまった。

普段資本主義の終わりがいつ来るかを考えたりする。

というのも、親がそれなりに「現在は」カネがあるが超富裕層になれる気がしないからだ。

ありとあらゆる事象で飽和(やり尽くされた)していて、大資本が独占をしている。

もう何もかもが頭打ち時代じゃどうにもならないよねという気分なのだ

ただ、進学先も就職先もない。

進学はもはや無理が出ている。自分の頭が悪くて、学部色物学部なのだ。他大学院試対策など出来そうもない。

そして、就職などもない。体が弱いから1週間で扁桃炎を腫らすし、頭痛が襲ってくる。働けないのだ。

マシなところは自分のような容姿が醜く低学歴人間には入れそうもなく、コネもない。

勿論受けたがキツそうなところでさえ落とされた。

ただ、見てくれが良いとは言えない知人はそれなりに良さげなところに内定をもらったらしい。

自分はどこかで脱落するとは思っていたが、それは就職だったのだろう。

さら卒論の提出期限が迫っているが、3パーセントくらいしか進んでいない。

それも大変なことである

その上、いろいろと足元を見られて無給インターンに行かざる得ない状況である

全く興味がない分野に諸事情で行っているが、勿論常勤人間とは趣味なども合わず関係悪化の一方である

交通費以外しかでないので辞めたい。大学夏休みから回っているが、大学が始まると現行のシフトでは破綻しそうだ。

辞める方法を知りたい。

ただ、それ以上に就職先も進学先もない状況をどうにかしないといけない気がする。

とりあえず今のところは親に小金はある。ただ、自分は見てくれが悪く偏差値が低い大学底辺学部なのだ

2018-09-21

もう、インターン辞めたい

最近インターンに行っている。

卒論などに追われる4年生なのに何故行っているのか分からない。

交通費以外でない。

その上、様々な日に来ることが推奨される。

始めて1か月くらいだがもう辞めたい。

学校夏休みが終われば破綻することは分かっている。

これはもう辞めるしかないのだろう。

常勤人間とも関係はもう悪化している。

「意欲」だとかが他の人間よりも明らかにないのもあるだろう。

始める前から、そんなことは言われていた。

お前のような人間あんもの向いていない。白魔術師じゃないんだから。お前は黒魔術師だと。

自分でもそう思う。ただ、やめ方が分からない。

卒論が何とか完成しても、就職先も進学先もない。

それも、どうすればいいのかわからない。

正直、インターンというのはそう言った事情を抱えた自分の足元を見られたのかもしれない。

反省すべき点は多い。

ただ、新たに知ることが出来たこともあった。

自分よりも偏差値の高い人間があまり思想知識やらも無いということだ。

彼女擁護したい人間は、お前と話す気がなかったとか優秀故に内面を隠しているのだというだろう。

しかし、そんなこともないのだろうと感じた。

それは飲み会の席だけでなく、業務上での対面、オンラインでのコミュニケーションなど様々なものを見てだ。

それを踏まえて、思想やらありとあらゆるものに興味などないのだ。

自我が薄いとでも言おうか。

現代若者の状況などの分析などを見る限り、教養やら思想というものはあまり重視していない人間が多い。

彼女もそのような人間なのだろう。

高校の時もそんな人間をうらやんで自分は生きていた。

容姿良く、受験も頑張り、難関大学合格していくのだ。

何か深く物事を考えても、思想やらがあってもモテるわけでも就職が良くなるわけなどない。

上手にペーパーテストで点数を取り、遊んで生きていくのが一番良い。

彼女自然と要領よく生きていく人種なのだ

ファシズムネオリベラル絶対王政 ありとあらゆる時代に適合して生きていくような人間だろう。

ただ、彼女は頭がいいのだろう。

IQ88で低偏差値大学自分記念受験をした大学入学している。そう思うと無力感しかないものだ。

もう一人は色々と知識がある。意識が高いとでも言おうか。

ただ、「ネオリベラルだ。何かどこか薄く権力肯定をする。

無関心のコストパフォーマンス重視な人間権力に媚びるネオリベ的人間である

自分は、インターンでまさに現代政治状況の原因が少し分かった気がした。

要領生きていく人間未来は明るいのだろう。

頭も顔も悪い自分には進学先も就職先もない。

そして、大学が始まる前にインターンに行けなくなることを伝えなければならない。

anond:20180921211058

マジっすか?

と俺も思った。

地方公務員なら、都道府県市町村バラバラなのかな。たしかに半分以上が高齢者の村なんて、自治体自体破綻しそうだもんな。。

オリンピックサマータイム実施したい理由

マスコミ論調及び腰なのは多分広告代理店によるオリンピック中のCMスポット時間の切り売りが終わってて

試合時間ずらすと契約破綻するからだと思うので誰か追求して下さい

anond:20180921140648

入ってない。その理由は、一般には性的志向」と性的「嗜好」を分ける考え方があるからだ。だが、その説明が十分かというと、私は必ずしもそうは思わない。

志向と嗜好を分ける方は、その二つを絶対区別できると思っている。確かに概念として切り分けることは可能だ。だが、実際に自分性的衝動の根源が、対象の「性」にあるのか、あるいはそれ以外の「属性」にあるのか、私たちはハッキリと区別できているのだろうか?

たとえば年下の女性しか相手にしない男性性的衝動の根源は、対象の性にあるのか属性にあるのか本人に区別がついているのだろうか? 女性好きだ、特に物憂げな顔が…という男性は、単に女性好きなのかそれとも「物憂げな顔」フェティッシュなのか。「性的志向としては異性愛者で性的嗜好は年下好みだと言えます」「性的志向としては異性愛者で性的嗜好は物憂げな顔フェチです」という分析は確かに可能だろう。だが、それらの男性衝動はもともと一つである。そのとき、その切り分けに何か意味があるのだろうか?

 

そして「性的志向」も「性的嗜好」も本人の意志とは無関係に育まれものであるとき、前者は尊重すべきだが後者は異常である、と断言することがフェアなことだろうか? 二つを区別せよという言い方には、「性的嗜好は変態だが、性的志向変態などではない」といういささか差別的物言いが含まれているように感じられる。性的志向だって度が過ぎて社会関係破綻をきたせば異常だし、性的嗜好だって嗜むレベルにとどまるならそれは治療必要もない正常の範囲内ではないのか。だとしたら、嗜好することの権利は確保されてしかるべきではないかと思う。たとえば空想や、社会的に実害の及ばない範囲内で。

課題はある。それは、たとえば「社会的に実害を及ぼさないようにすることが難しい」性的嗜好が存在することだ。たとえば殺人行為のものに強い快感を覚える殺人嗜好などがそれだ。窃視や露出も「実行」の一歩を踏み出せばすぐ違法になる。それ以外については、同嗜好の集団である程度解消できそうではあるが、マイナー性的嗜好は公言しにくいだけに、どうしても反社会的世界とのつながりが強くなってしまうところがあり、危険であるロリペドもそうした嗜好とみなされているし、それを公言しただけで周囲に危険を感じさせるため決して口にすることも許されないだろう。ただ、だからといって自らの嗜好を卑下する必要はないと私は思う。性的志向保護されるべきものであるのと同様に、性的嗜好もそれ自体としては権利として守られるべきと考えるからだ。たとえどのようにマイナー性的嗜好であれ、その人の内心の自由尊重されなくてはならない。

anond:20180921124942

関係ない連中がぞろぞろ制度を利用しにくる」という事態を防ぐためにこそ、「戸籍に書き込まれる」結婚という制度を利用する意味があるとは思わないか

単に仲のいい同性の友達が同居していることに対して「結婚」と同じ社会的権益を認め優遇するというのは理に適わないが、もしその二人が真剣に互いをかけがえのないパートナーとして終生変わらぬ関係を周囲に対して誓うというなら、その証拠戸籍という形に残すことに何のためらいもないだろう。それならば、病気の際の代理人としての権利法的責任、高度障害・死亡時の介護責任財産分与を求める権利など、「戸籍」に基づき発生する諸々の権利義務をそのカップルに認めるのは理に適っている。同性「婚」というのは、愛や恋ではなく純粋にそういう話だと思っているし、それをただ「仲良く楽しく同居しているだけの二人」に認めよというのは、社会に混乱しかもたらさないのではないか。もちろん、同性婚ができれば深く考えない連中が悪用するということもなるほど起こるかもしれない。しかし、現今の結婚制度の異性間で同様に、たとえば在留資格を取るためとか名義貸しとか逃げ恥とか、そういう風に「結婚」という制度について、深く考えずにただ乗りする例はあるわけで、それでも全体としてはおおむね破綻なく運用されているところを見れば、発生する問題制度を維持する上で致命的となるほど大きな物ではないと推測できるね。「戸籍登録する」というのはそれなりに一定社会的ブレーキとして機能していることが期待できる。


そして、仮に同性婚制度として認めたことで社会認識自体が変化するとしたら、それは二次三次的な作用の方だろうし、その作用社会全体にとって利益こそあれ、不利益がどこにあるのかよく分からない。いや、「不利益がある」と主張する権利が一体どこの誰にあるのか分からない、という方が正しいか。たとえばAとBが仲良く暮らすことがCにとって「目障り」だとして、それを主張してAとBを日陰者にするのは、社会全体にとってプラスマイナスか? 普通に考えて、「Cさんにそんな口出しをする権利はありません」とするのが常識的判断だろう。そんな判断がまかり通るなら、我々は安心して暮らすこともできない。実に全く「余計なお世話」だ。仮に「おたくカップルがうちの○○ちゃん教育に悪いザンス!」とか喚いても同じだ。悪いけどあなたにそんなことを言う権利はないです、としか言いようがない。「目障りだ消えろ」というのはきわめて幼児的な心性だよ。


また、あなたの「概念破壊する改革」という主張も、残念ながら意味不明だ。あなたの「概念」とやらはたかだか10数年のずいぶん狭い観測範囲で培われた単なる「偏見」に過ぎないのではないか大正時代くらいの一般社会の「常識」は現在とはかなり違っているし、あなたの思う「概念」とやらも、実はこの10数年ですらどんどん動いているよ。あなたはその変化を捉えることができておらず(いわば「若い者についていけなくなったヒステリー」で)単なるマイルール常識概念伝統と呼び換えてごまかしているだけではないかね?

それからもう一つ付け加えると、「両性の合意のみに基いて成立」という憲法の条文を「両性は異性という意味から憲法は異性婚しか認めていない」とかいう風に奇妙にねじまげて解釈しているのは、同性婚必死否定しようとしている方々であって、護憲派リベラルではないよ。ここで「両性の合意」というのは、一般には明治憲法下における家制度否定文脈で生まれてきたと理解されているので、その成立経緯を踏まえれば単に「結婚する二人」という以上の意味ではない。(参考:明治民法第750条「家族婚姻または養子縁組なすには戸主の同意を得なければならない。」)護憲派はせいぜい「そんな解釈無理筋でしょう」と言ってるだけだろう。事実は正確に観測すべき。自分の都合良いようにねじまげてはいけない。自分の主張に説得力を持たせたいなら。

anond:20180921083050 なんで周りに振り回されるのか?

現実ほとんどの家が共働き

でないと子ども教育が出来ないか老後破綻

社会がどうこう(日本の男は先進国1家事をしないと言う事実はある)ではなく

君は家事をするパートナーを見つける、あるいは教育すれば良いだけやで

2018-09-20

anond:20180920125124

顔で人の能力その他すべてを否定するとか、世の中にはそんな人格破綻者が蔓延ってたのか。

顔で人を判断しない力は身につけないと自然にはつかない力なんだろうな。俺は天才なので幼少期には身につけたが。

anond:20180920155613

から、「つまり夫は仕事ギリギリだった事を妻に説明している」

選択肢が色々あることを知ってる」「職場に知り合いがいる」

程度の、今君が指摘したようなことが仮に本当に全部そうだったとしても

はっきりいってその程度の非常に浅い知識理解では、

夫がなぜその仕事を選ぶのが妥当なのか判断できないと言っている。

目先の選択肢がいくつかあって、年収いくらぐらいで、

程度の浅い知識で今後の将来に影響する自分の進路が決められるかよ。

俺はその程度の浅い知識奥さん趣味目的勘違いし、

奥さん理解できていないか旦那さんと実際に揉めてる可能性があるといったわけだ。

もちろん本当に趣味目的だったのなら、俺も何も言わんけど、

でも誤解が原因で揉めてるのなら悲しいだけやからな。

まぁ、君と言い合っても仕方ないわ。

とりあえず、元増田さんは今ならまだ間に合うと思うので

破綻して不幸のどん底に落ちる前に話しあうことをお勧めするわ。

削除逃亡増田

削除逃亡してる時点で自分の主張はログがきちんと残ると破綻が即バレしますって宣言してるようなもんだろうに

それでも粘着してフェミ擁護を繰り返すその情熱は一体どこから来るのだろうか

インターンを辞めたい

色々と事情があって9月からインターンに行っている。

しかし、もう辞めたい。

シフトを入れることを求められている感じだ。来れる?と。

自分交通費しかでない。

10月から大学が始まるとなると破綻は目に見えている。

しかも、大学四年生卒業のためにやらなければいけないことが沢山あるのだ。

事情で来ることになったが、もう辞めたい。

どうやったら辞めることが出来るかを考えるばかりである

ただ、就職先も進学先も無くて詰んでいる。

自分以外にもインターンがいる。

彼らの思想と言うのを側から見ていると興味深いというか、考えさせられる。

一人は高学歴で何も考えていないようなタイプ人間だ。

ある時はファシズムを支持し、ある時はフェミニズム共鳴するような常に時代適応するのが得意そうな人間だ。

自分彼女が通う大学を落ちた。全くできるレベルに達しなかったため記念受験だった。

彼女飲み会常勤に訊かれた「大学で何をやっているのか」という質問に答えられなかった。

どんなに中身がなくとも、彼女は知能が高く要領よく生きるのだろう。

そして、彼女は知能が高いか内面を隠すために上手く答えたのだという擁護する人間も出てくる。

それが実際のところどうなのか分からないが、中身は無いだろう。ただ、自分よりも頭がいい。

もう一人は意識高めの人間だ。

リベラルっぽいことをいう。

ただ、どうやら「ネオリベラルだ。

政治やらは、どこか現内閣やらを支持していそうだ。

まぁ、そんなことはどうでもいい。

ただただ、インターンを辞めたい。

2018-09-19

anond:20180919192837

微妙負担の差が耐えられなくなって破綻しまくるのが目に見えている

女って自分の損得にだけは敏感だから

はてな民って高学歴女性に甘いよね

はてブ見てるとさ、これ高学歴女性じゃなかったら全然評価違ってるだろなってことが多いんだよね

例えば九大のオーバードクターもさ、あれF欄の院だったらきっと全然違う反応だったよね

親権放棄した女性の話もさ、あれ女性じゃなくて男性だったらあそこまで擁護されてないと思うの

まあこんなの検証不可能から君の憶測でしょ?って言われちゃうんだろうけどさ

でも僕は「人間自分の心に嘘をつけない」ってちゃんと知ってるよ

それはそうとやっぱり高学歴女性下駄を履かせるはてな民って圧倒的になんj民の下位互換なんだなって思うね

なんjでは女性から下駄を履かせるなんてことは行われないし高学歴だろうと犯罪者犯罪者として厳しく批判されるから

はてな民自分達が世間一般より知的だと思ってる人達の集まりから同属同士馴れ合い慰め合うんだろうけど、なんjだって野球ファンとアニ豚が同属同士で集まってるのに野球ファン野球ファン、アニ豚はアニ豚同士で毎日レスバトルしてるから

でもそれは「馴れ合い議論破綻させてしまう原因」という知見に基づいた合理的帰結なんだよね

1+1は2だと主張する者と、1+1は3だと主張する者が馴れ合った結果1+1は2.5で落ち着くような事態になってはいけないんだよね

そういうとこ分かってるのがなんj民で全く分かってないのがはてな民

からみんな、なんjにおいでよ

2018-09-18

anond:20180918132450

まあ自分白人男がどうとか書いておいてなんだけど、出羽守リベラル派にとって最大のタブーの一つが日本人女性白人男性との国際離婚ネタ

破綻理由がなんであれ、どこかで日常の主張と根本的に食い違うところが出てきてしまうから

よって事例自体がめったに扱われない傾向にある

anond:20180918131938

ある程度の高度に突入したところで致命的な破綻が発覚しそう

anond:20180917203123

最近は「長生きは悲惨長生きは不幸の始まり」っていう論調ネットでよくみられるようになってきたな。

年金破綻はとうの昔から予想されているが、介護人材の不足や健康保険の財源不足解消のために、どうやらいよいよ老人に死んでもらうしかないという現実にやっと人々が目を向け始めたせいだろうか。あるいは自民党によるコストカット目的とした短命志向世論形成ロビー活動の成果だろうか。

つい最近のどこかの記事で、平均寿命より長生きしたいと考えているのは60~70代の男性だけというアンケート結果だった、とかいう話を読んだ。この団塊の強欲ジジイどもが片付けば、安楽死やら尊厳死やらのハードルが下がるかもしれないな。とりあえずなんか終末期医療延命中止に関する法整備を始めるらしいから期待している。

2018-09-17

anond:20180917162224

映画200本見てる」が何かの権威付けになると持ってるのクソ受けるwwww

あれじゃん?主張が破綻してるから反論しにくい幼女が『気持ち悪い』って言ってたかラノベ排除されるべき」で押し通そうとしてるのと同レベルじゃん?

まともに議論するつもりないじゃんお前wwww

anond:20180917162224

ここ数日のホットエントリに「フェミの主張が破綻してる」旨の投稿はいくつかあったんだが

勉強熱心アピールしてるわりに都合の悪いものは見ないふりしてるよなお前

実際のところ映画も全く見てないだろ

anond:20180917155531

正義規範と売り上げが直結してるわけでもない(規範というより単に挿絵の作者や絵柄の問題だろう)のに、そういうこと考えるのは無駄でしょ

例えば、スレイヤーズの絵が現在では古臭いものとして扱われがちな理由というのをきちんと文章説明できる?

いくら小難しいことを長々と言ったところで結局単なる流行り廃りでしかなくて、規範がどうのみたいなことは誰も意識してないわけでしょ?

正義と売り上げが関係ないというのは海の向こうも同じで、ちょっと前までは「ポリコレを遵守しないと売れない」みたいなこと言ってたけど、

最近じゃ中国当局理不尽規制忖度しないと回らなくなりつつある

それは単にチャイナマネー存在無視できなくなっただけで、ポリコレとは何の関わりもない

大して関係ないものを無理やり繋げようとするから論理破綻するわけ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん