「醜悪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 醜悪とは

2019-04-24

anond:20190423101547

"これはまあ正論だと思うけど、単に「空気読め」ってだけじゃないの。「想像力」という言葉が都合の良い使われ方しかしてないのはそうだと思う。みんな自分のことを察して欲しいだけだからね"とブコメしました。

筋道的には大体その通りだと思うし、わたし最初Togetterを目にした時に似たことを感じはしました。

でも世の中は別に筋道でできてないから、仕方ないです。

"いやいやいや、どう考えても重りを身に付けさせてその感覚体験でわからせるイベントですよね?"と増田は仰っていますが、正確には"重りを身に付けさせてその感覚体験でわからせた「ことにする」イベント"でしょう。その辺は「察して」という、例のご都合主義的な想像力要求があるのです。

だったら口で言えや!というのも正論ですが、そういうものなので仕方ないのではないでしょうか。たぶん、口で言うと色々角が立つので言わない風習になったのだと思います

"「お前等の想像力なんか当てにしてないから、体験でわからせてやるわ」という主旨のイベントなわけ。だからそこを楽々クリアされたんならそれはイベント側の負けだろ。"と仰っていて、いやあ、本当にそうよねぇと思うのですが、場の圧倒的多数が「うわー妊婦さん大変」というリアクションを取ることは最初から予想がつきますし、言ってみれば、そういう場に入り込んでしまった時点である意味「負け」なのでしょう。

もちろん勝ち負けだけで物事決まるわけではないですから、多少混ぜっ返したりしても良いのかな、と思いますが、最終的に丸く収まる感を出してあげないと、それは怒られるでしょう。MCに嫌われて呼ばれなくなります

そして、このイベントだけなら極端な話、行かなければ済むのですが、それ以前の段階からわたしたちは何らかの人間関係に既に参加してしまっているし、たとえ正しくても声高に主張してしまうと大抵はヒステリックな声に潰されますよね。時間が要るんだと思います

もちろんその「ヒステリックな声」が醜悪だとは思いますし、少なくともわたしは大嫌いです。最初Togetterを読んだ時からげっそりしました。

それこそ「想像力」なんて、都合の良い定型句しかないですし、とにかく叩きたいけど適当言葉が見つからないのでそう叫んでいるだけでしょう。

でも、世の中そういうもので、口数の多い人間、数の力には勝てませんから、極力避けて、避けられない時はおとなしくしているしかありません。

逆に、「向こう側」としては、この手の(わたし自身を含む)人間を「心の底から」説き伏せようなどという大それたことを考えないで頂きたいと願っています。場ではなるべくおとなしくしますので、その辺は「察して」ください。

2019-04-21

anond:20190420185658

これに賛同する人と反発する人の間では、根本的なところで認識の違いがあるように思える。

賛同する人は男性恩恵が偏っている一方、義務責任も偏っているので現状ではトータルで平等であり、恩恵平等にするなら義務責任平等にしないと不公平だと思っている。

ブクマに多い反発する人は、義務責任無視して恩恵だけ平等にするのが当然だと憤ってる。

「寝てるだけのヒモ養う気はねえんだよ」とか弱者男性を口汚く罵るコメントが上位に来てる時点で、これに反発する人たちの醜悪さが見て取れるんだわ。

2019-04-19

怖い婆さん

二階に公立図書館が入ってる建物の一階のロビーで備え付けの新聞読んでたんだけど、脇にある行政施設の窓口(詳細は知らない)に婆さんが声をかけたのね。どうやら持っている図書カードの期限が切れてその更新がしたいんだけど、尋ねるたびに図書館が閉館していてそれが叶わず、一体図書館はいつやっているのか、ということを知りたいらしい。

窓口で対応したお姉さんは当たり前のようにここは図書館じゃないので、図書館で訊いてみてください。と対応したんだけど、なんと婆さんがここですごい剣幕でキレ始めた。曰く『同じ建物に入ってるんだから知っていて当然だろ』『それくらい答えるのが常識だろうが』と。言ってることが無茶苦茶なのだが、何をそんなに憤るのかというくらいキレる。お姉さんも気圧されながらも「いやそんな事言われても違う組織なので」と答えざるを得ないのだが、婆さんはキレ続ける。

多分、婆さんの頭の中では窓口が違えど同じ行政で、お役所なんだから別の組織であっても知っていて当然という理屈が成り立ってるんだと思う。窓口のお姉さんが図書館の開館の曜日がいつなのか知ってるのか分からないけど、仮に知っていたとしてもその窓口は行政として何かしらの機能を担うために存在する以上、無関係組織に関して答える義理はないし、そもそも今日図書館営業してるんだから直接尋ねればいいだろうという話なわけで。

まり理不尽だったし、なにより婆さんは相手行政関係人間で、しか若い女性(あくまで婆さんから見ればだけど)だから自分より立場が低いであろうことをいいことに居丈高な態度に出てることが傍からありありと見てとれて、極めて不快だった。

結局、窓口のお姉さんが図書館電話で伝えたのか図書館人間が降りてきて、婆さんに平身低頭謝る。そんな謝る必要ないのにと思ったのだけれど、最後にはロビー玄関口にお見送りまでしていた。それでも婆さんは窓口のお姉さんに対して腹の虫が収まらなかったのか、殆ど難癖のように『あなた勉強不足なのよ』と再び窓口の向こうに食って掛かり、最後は『口答えをするな』と捨て台詞を吐いて帰っていった。

その間3分くらいの出来事で、窓口のお姉さんにしても図書館人間にしても、ついでの観察していた俺にとっても本当に通り魔みたいな出来事だったんだけど、ずいぶんと嫌なものを目撃してしまった。ああまでに自分全面的正当性があると信じて疑わずに、相手立場の弱さを利用して責め立てるという行為醜悪、愚劣をまざまざと見せつけられたことはない。

窓口のお姉さんも心理的ダメージを負ったみたいに消沈していて、見ていていたたまれなかった。

この話にオチはないです。嫌なものを見たというだけ。

anond:20190419000912

何で笑うんだよ

人のアライさん化を笑う前にその醜悪な心を省みた方がいいぞ

2019-04-18

キンプリSSS2章第4話マダガスカル問題の読解

キンプリSSS2章第4話のあらすじ。

マダガスカル支社に出向を命じられたカケルは、大自然の中で十王グループの一員として働くメリナに出会います

都会には全くない雄大自然を目にしたカケルの「大自然尊重するというのが良いと思うけど」という何となしの発言に対し、「それは自分達に貧乏でいろということだ。そうやってお前達は搾取を続けるんだろう」と敵意を向けるメリナ。

世界で一番綺麗な景色が何か知ってるか? 飛行機の上から見る東京夜景だよ」

「俺だって東京の街で遊び歩きたい」と熱意のこもった眼差しカケルに語るメリナは、別にふざけたことを言っているわけではありません。あの光はそこにいる人達生活仕事があって生まれもの。たくさんの人がそこに生きている証なんだとカケルに伝えます

それでも決して彼は「東京に住みたい」とは言いませんでした。ただ「この国を東京みたいにしたい。そのためには今はお前達の力を借りるしかないんだ」と、真剣な目で大きな目標を語ります

https://www.hatsubano.com/kinpri-sss-04

一見すると「発展途上国幸せ先進国人間が決めつけてはいけない」ということを訴えているように見えて、

しろ発展途上国の人たちだって先進国みたいになりたいのだ」と決めつける構図になっている。

しかも、そのアニメを作っているのは日本という先進国人間なのだ

マダガスカルは、かつてはフランス植民地であり、独立後も先進国経済支配に晒されてきた。

マダガスカル伝統的な家屋先祖の住処である西に戸口を開くものであったが、フランス植民地政府は戸口を幹線道路を向くように命令した。文明観において社会進化論支配的であった当時の西欧では、「未開」の後進地域文明移出する「文明化の使命」があると観念され、文化一方的な押しつけが何の疑問もなく行われた。

ある韓国企業が全トウモロコシ用耕作地の3分の1に及ぶ土地を99年間租借する契約政府と結んだことが発覚する。露骨新植民地主義への反発や、島の土地を「タニンヂャザナ(先祖土地)」として大切にする価値観と相容れない政策への失望から2009年3月暴動に発展した(2009年マダガスカル政治危機)。

外資を受け入れるにしろ自国文化を守るにしろ、極めてセンシティブ政治問題であることは明らかである

マダガスカルから遠く離れた日本人が、アニメマダガスカル人を登場させて「マダガスカル東京みたいにしたい」と言わせていいものだろうか?

それは醜悪ソックパペットではないのか?

……今回の件で問われているのはこういうことであろう。

個々人の賛否はともかく「まったく意味のわからない主張」とはとうてい思えない。

https://togetter.com/li/1338919

2019-04-14

anond:20190414090014

ブコメ被害者存在を置いてけぼりにして方を盾に噴き上がっていて、本当に醜悪である

2019-04-09

anond:20190408231439

犯罪者障害者や中卒者などの被差別者マイノリティ社会的弱者と接したあとに『自分が恥ずかしくなった』的な総括する奴は妙に多いけど、あれは単なる媚び売りだぞ。

しかもそれらの媚や称賛は問答無用で深いところで自分が抱いている差別意識の裏返しだし。問答無用でね。

まずもって、「そういう人達と触れ合ってから自分を恥じる自分」っていう筋書きを頭に思い浮かべてからの『自分が恥ずかしくなった』だから相当醜悪だよ。

不潔も不潔、超不潔。

2019-04-04

anond:20190403134201

言い訳負け惜しみとしてあまりにもダサいよな

これでいいなら在日差別デマで吹き上がったあとデマやんけって反省会されて

あいつらはそういうことしてても不思議ではないという世間コンセンサス確認できた」

とか言ってもええんかい


なんで客観的醜悪仕草を自陣営には許してしまうんだろうね

自分達が許したって周りから軽蔑されるのに

2019-04-03

anond:20190403081711

建前つっても所詮お気持ちリブンじゃん、その場その場で大して考えもせず適当に拵えたものしかない

他の気に食わないものが現れたらそいつも巻き込まないといけないので、基準なんかコロコロ変わる

そんなんだから自分の気に食わないもの限定で投げたはずの理屈が、後から自分の好きなものにも跳ね返ってきてうろたえる構図というのがそこかしこで見られる

本音をむき出しにした殴り合いなんてのは醜悪のものだが、だからっていつまでも本音の外側で殴り合ったって空しいだけだ

2019-03-31

アラフィフの男女が路上でいちゃつくのは醜悪かもしれないが許してくれよ……

気持ちだけは若いんだよ……

2019-03-24

テレビタレント高齢化にともなうおぞましさ

数年ぶりにテレビを見る機会があったのだが、40から50のジジババどもがトレンドリーダーのごとき顔をして予定調和の、極めて中身のない会話を交わしてヘラヘラと笑っている。

「うわ」と声に出てしまうほど、おぞましかった。

これがまだ20代なら、いやまぁ30代くらいまでなら理解できると言うか、そんなもんかと思って見ていられるかもしれない(それでもわざわざ見ないが)ものを、

頭の回転も遅い初老の男女が必死に場を持たせようとしている様子はあまり醜悪で、見ていられなかった。

その番組には男性アイドルも出ていたのだが。30代後半か40代の、皮膚のだるだるとした、疲れ切った、張りのない顔でおどけているのを見て、僻地サーカスを見ているかのような侘しさを強く感じた。

ああテレビという文化はここまで老いしまったのだな。いままでありがとう

anond:20190324140159

そう感じることはそう決めつけること。君の中ではイコール

更にはネット晒し上げてる時点でもはや理解する気もなく、相手を「自分不快なことをせず適度に仲良くしてくれるモノ」や「サンドバッグ」としてモノ扱いしてるのは明白。

己の性嫌悪他人押し付けて、逆らう者は悪(モノ扱い)と称するその醜悪さになぜ気付かないのか。

己の不寛容を棚上げして、他人に寛容さを求めるのか?ちゃんちゃらおかしい。

被害妄想他人を踏みつけにしてる君に寛容を語る資格なし。

anond:20181013021617

創作云々は別として、これを読んで「増田醜悪だ」と唱える人はさぞかし幸福人生を歩んできたんだろうな

例え家族でも踏み込んではいけない部分はあるし、それを蔑ろにされて怒らない人って逆におかしいと思うんだけど

怒りを超えて、もう何も抵抗する気もなくなってしまった電車模型コピペの人みたいのも居るだろうけど

2019-03-20

「マジメである事に価値がある」と信じる人間のマジメさは無価値

反体制である事に価値がある」と信じている人間反体制には価値が無い。

保守である事に価値がある」と信じている人間保守には価値が無い。

信仰」と「価値」を意図的に、あるいは無意識に混ぜ合わせ醜悪なニセモノをでっち上げているアスペ

anond:20190319145739

欲に名前をつけてそれだと確信してる人もいるようだけどその欲は何なのだという話だよね

男性のそのおおよそ生き物にあるまじき方向性の欲は進化武器なのだろうね

蛇が毒を持つように鹿が角を持つように虎が牙を持つように

混ぜたら死ぬものを混ぜて探したり登れば死ぬところに挑んだり努力を怠り衰退する道具を考案したり

さらに基礎的な欲求も一緒にいれば安寧や平穏から遠ざかる相手を好んだり

商品価値とまで認められうる美貌よりも醜悪な外見に性的欲求を抱いたり

進化というより侵食や波及というような蔓延りへの執着と探求の成果こそが

人類史集大成でありその歪んでいると自覚でき有るべきでないと理解できる

抑え難き欲求はそこにも活路が潜んでいるかもしれないという飽くなき探究心という

狂気の一つの結果なのかもしれないね

ただ明日も生きていたいという核が坂を転がり遂には自身をも押し潰す巨体となって

原初希望をも踏み潰すような

神様がかけた箍を外し解放した埒をパンドラと称した文化もあったけど

結果今に至ってもそれを理解しようと試みることはとても少ないね

明らかにうそこに道はないのになおその肉は欲するのだねえ

2019-03-19

anond:20190318214025

それくらいそつなくこなせる協調性がないと社会人として生きていけないよ

社会人って社会に属する団体行動ができる人のことだから

かわりに団体行動を引率してくれる人についてく形で社会依存してる学生の延長の人も多いのは事実

元増田さんとかブクマカのみなさんがどうしてこんな「学生の延長のような」醜悪無意味伝統がまかり通ってるんだと疑問に思われているみなさんが現実にそうだし

つらいつらい団体行動の教育ですら適合できなかったのに自由に開放されてまでなぜとお思いだろうけど

学生はその社会というシステムに適合するための練習期間であって失敗してもこまらないし 結果を出さなくてもとりかかるだけでゴールにたどりつけるもの



めんどくさいね つまらいね 意味いね こんな事をするより結果を出すために各々がだまって作業をすればそれだけでいいのにね


なのに進捗を報告しないし結果が期限までに出なかったらちゃん理由を聞いてくれとか仕事自体が楽しくないからとか言い出しちゃうよね

コミュニケーションとろ?学生とき練習したよね?

期限までにしあげよ?進捗を報告しておけば理由は共有できて回避できるもの回避できるし責任を負わなくていいものは負わなくていいよね?一人でできないことをさせるなって文句いうまえに団体行動してみよ?

運動会でも1対100でしたりしなかったよね?10対10で勝ったり負けたりしたのはなぜかな?団体行動の運用方法の差だよね?

仕事自体がたのしくないからって勉強はたのしかった?勉強をこなしてうまく終わらせて褒められるのはたしかにうれしかったけど「勉強自体は楽しかった?」?

勉強のもの楽しい素質をもった人もたしかにいるよね

自然にあたまが良くなっちゃう人

でも多くの人はそうじゃないことくらい社会のみんなは知ってる

仕事もたのしくない

仕事自体はつまらない

ただ 仕事をした結果に 自分の好きな楽しいことができる

ほかのだれかに提供された「おまえもこれが好きなんだろ」ってつまらないものじゃない 自分選択できる時間と余力が得られるんだ

そこで楽しいことをすればいい その楽しみのために仕事をするんだ 仕事自体はつまらなくてもいい 楽しいことを邪魔しないもの選択するんだ


ところが仕事が楽しくあるべきという経営者でも労働者でもない解析を行った結果仕事をしないために楽しみの幅も広げられない人もいる

仕事はひたすらつらいものだ そんなことは知っている だから手あたり次第に働いてみる というブラック企業から脱出方法を見失ってる人もいる

そういうなか「あり方」を作らないと人を使う側になったとき 働いてる側からみれば「働いている自分」の行動が見えないけど

見える立場になったとき 最低限してもらいたい事はそれぞれにある みんなの負担を減らすために団体で重荷に耐える訓練などしたいと思ったりする

一人に負担をかけないために厳しく平等性を求めるところもあるし ほぼ同じ内容なのに緩い所もある 矛盾じゃない 経験なんだ

その組織にはそれが必要だとおもった先人がいたのだろうし 後任がその立場になって自分過去をみて 次の世代の様子をみて

不要」だとおもったら なくしていけばいい 「あったほうがよかった」と思えば残せばいいし なくしてこれはまずいと思ったら「再構築」すればいい

きつくてきびしい人の楽しみをけずる会社経営している人も たぶんだけど 多くは苦しめたいと思っているのではなくて

自分成功方法を伝授して みんなたのしいとおもうだろう自分のたのしかった得した大切な経験を俺がかわりに体験させてやろう」

ってやさしさからきてることも多いとおもうんだ だからなお悪いんだろうと思うけど

それを教えてあげることができるのはその人が教育をうける側 その人の経営を包括する社会の その作り手側になって「学生のように」その経営者さんに教えてあげないといけない

そんな規模にまで自分たかめてブラック経営者さんのためになにかしてあげる必要はない 自分がそこから離れたらいいだけなんだ

離れるという方法に仲間がいれば 減らすという方向に ほかの人の環境比較することができる仲間がいれば わるい奴を叩きのめす以外に

よりよく楽しい人たちだけでゆったりすごす環境をつくって そのほの暗い労働形態を干していくこともできるんだ

そう 仲間がいない孤独な人がかかわりをなくしていくように 自分成功方法スパルタにたたき上げていく方針に従う人が枯渇すれば自然になくなるんだ

孤独自分作業だけやっておけばいい人が その脱出方法を共有できずに 脱出先のよりよい環境選択も思案もできずに 相談もできずにいるんだ

それはブラック会社就労者だけじゃない 世の中の働き方についての考え方もそう

仲間で相談して 団体で考えて行動して みんなと比べてみる そういう機会とそれを試せる場所は 必要じゃないか

自分団体のなかで生きていくことにあたって連絡をして報告をして相談をして共有をできる仲間を仕事生活や楽しみといった段階や層でもってつくる必要があるんだ

しかに 別になくてもいい 友達かいらないかもしれない でも友達がいないということはその分の「選択肢がない」ということなんだ

選択肢がなんにもなくなったらどうだろう それはだめだ そうすべきだ それじゃない とない所に正面突破して相手が砕けてくれることを祈るしかない

いまそんな強行突破という選択肢をとらなくてはいけない状況は どれだけあるだろう その多くは人の関わりで解決できるものだよ


ただ おもいつきでコンサルが導入した制度じゃないものは 人がうまれてきた理由とか哲学的になにかしら考えるほどには その制度には「理由」があるんだ

言ってることの意味は 労働者の側から出るつもりが一切ないみんなにはなにもわからないと思うけど 僕たち使用者は 使われる側に損がないよう つらいことがすこしでも軽くなるよう

考えて社会の決まりを すこしばかり用意させてもらってるんだ

2019-03-18

社員旅行とか朝礼とか運動会とか、

なんで日本会社学校生活醜悪パロディをやりがちなんだろう。

特に新入社員子供扱いする上司ってなんなのだろう。

仕事以外の部分でこんなにストレスあるんだから外資に負けるのは当然だわな。

2019-03-16

けものフレンズ2』9話のダメな点&俺ならどういう話にするか

けもフレ』も『けもフレ2』も5分で切った俺だが、2の9話がまた物議を醸してると聞いて興味が湧き、今回はじめてちゃんと見てみた。あーこりゃダメだなと思った。イエイヌ不憫すぎる、ボロボロになるまで守ってくれた彼女を放っておいてサーバルと談笑に興じるキュルカスまじキュルカスなど既報どおりの印象を持ったが、単純にクオリティが低いとも思った。

イエイヌに対して無関心なのが単純に物語としてダメ

イエイヌに対して登場人物みんなが本当に無関心だ。なぜキュルルをさらったのか、その後どうしたかったのか、どうしてボロボロになってまでキュルルを守ろうとしたのか聞きもしない。その無関心っぷりはイエイヌと別れた後、存在のものを秒で忘れるんじゃねーのと思うほどだ。

その象徴が「おうちへおかえり」という言葉を望んだイエイヌに対し、首を傾げながら表情をまったく変えずにオウム返しするキュルルである

キュルルは間違いなくイエイヌがそう望んだ理由理解していない。それどころか「なぜそんなこと言わせようとするんだろう」とすら考えない。本当に、一ミリも、イエイヌに興味を持たずに終わる(その証拠に、イエイヌ目的事情彼女一方的説明するだけでキュルルから尋ねることはついぞなかった)。

これはキュルルがカスだとかbotだとかの以前の問題で、ここまで感情のやり取りがないと物語が成り立たないレベルで致命傷だ。だから必然的視聴者として感じ入ることができない。これは例えばたった一言ボロボロになってもキュルルを守ろうと立ち上がるイエイヌに対し「どうしてそこまで……」と声をかけるだけで話が違ってくる。それがあれば例えば「だってそれがイエイヌですから!」と信念を示すこともできる。いや、画面ではまさにそういう意味合いを持ってイエイヌは戦っているわけだが、それに対するキュルルの興味・理解共感がないからただただ虚しいシーンに成り下がっている。意味ある物語を作ろうとするなら相手への無関心・無理解絶対に避けなければならない。

イベントとその結果がつながってない

ついでに言うなら「ビーストに襲われる」ことと「イエイヌが別れを選んだ理由」が直接つながってないのも出来が悪い。イエイヌがキュルルとの別れを選んだ理由は「キュルルさんを引き離すような真似をしてすみません。仲間を失う気持ちはよく知っていたはずななのに」にあらわれているが、これはビーストと戦ったことやボコられたことと直接関係ない。ビーストボコられたところからつなげたいなら、「私ではキュルルさんを守れませんから」を理由にすべきだし、キュルルとサーバルカラカルの絆を理由にしたいならキュルルと仲違いしたカラカル(&サーバル)が戻ってくる理由スケッチブックの返却ではなくビーストの唸り声を聞いたからにすべき。ケンカしたのにキュルルに危機が迫ると知るや取って返すふたり、キュルルを守るために傷つきながらも強敵撃退する、という流れにすればあの3人の絆をイエイヌ理解でき「引き離すような~」というセリフにつなげることができる(その布石としてキュルルを悪く言うカラカルイエイヌが不満を持つ、外は危険からと言うイエイヌに「ふたり危険なのに家でじっとなんてしてられないよ」とキュルルが言うなどあれば尚良い)。

実のところ似たようなことはどれもやってるのだが、必要セリフ演出をことごとく欠いているためそれっぽいけど全く違う醜悪ななにかに成り果てている。

俺ならどうするか

創作者のはしくれとして俺ならどうするかについても述べておく。

まずイエイヌのやっていることは代償行為である。キュルルはヒトだが本当の主人ではない。彼女には帰りを待つべき主人が別にいる。しかし主人が帰ってこないため、キュルルに偽の安らぎを求めており、そんな「弱さ」を彼女は抱えている。1人&2匹との出会いによってイエイヌは主人の帰還を信じる「強さ」を手に入れ、キュルルたちとの別れを選択する――という点を軸にする。1人&2匹との出会いイエイヌ心の問題解決するのがポイントだ。

具体的には以下のような流れ(※筆者はガチでこの9話しか見てないのでキャラに違いとかあるかも)。

ところでこれはまったくの余談

けもフレ』5分切りを豪語する俺がひとつだけちゃんと見た『けもフレコンテンツがある。それはJRAとのコラボ動画『けいばじょう』。

内容は他愛のないもので、「おおきなたてもの」のそばを通りすがった一行は、その中でサラブレットのフレンズ出会い、「おおきなたてものであるところの「けいばじょう」を案内してもらいつつ最後はかけっこ勝負をする。時間にして3分半ほどと短いが、俺はこの動画が好きである

その理由の大部分を占めるのが3:10から流れるたった5秒の映像だ。

サーバルのかけっこ相手であるあおかげは、その直前、客席(スタンド)に視線を向け、耳を澄ませる。聞こえてくるのはかつてこの競馬場を埋め尽くした大歓声だ。今は失われてしまった、華やかで賑やかだった頃の残響感傷に耽るあおかげの後ろ姿に胸が締めつけられる。彼女は何も語らないし表情すら画面に映らないが、この場所が或るいはかけっこが彼女にとっていか大事か、そのワンシーンで伝わってくる。

向き直ったあおかげの顔にセンチメンタルな色は微塵も残っていない。「本気でいくよ」「負けないんだから」。完璧である

2019-03-15

今日一言

客観的に見て、普通のおじさんとおばさんが盛ってるのって醜悪しかないよな。

主観的には若い頃に戻ってるんだろうけどな。

2019-03-14

anond:20190212193806

こういう後から講釈たれるヤツが一番マヌケだな。古い作品に「○○はPCの考えが全く無く醜悪有害だ」とかいうヤツと一緒。

2019-03-10

他人が作ったランキングケチつける人

お前のやってることは口やかましフェミニストよりも醜悪だぞ

2019-03-04

anond:20190304112111

リベラル」ってのは「(自分たちだけの)リベラル」だから間違ってないよ

「(皆にとっての)リベラル」だと思ってる側が勘違いしてるだけ

そうじゃなきゃ、「表現の自由戦士」なんてワードは出てこない。

自分たち人権他者のソレに優越してる」という意識があのような醜悪言動を産む。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん