「うP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うPとは

2023-11-20

なんだかんだでいい時代になったと思うよ

小さい頃はまだ闇市が主流でね、物心ついた時には姉と一緒に焼いた豚の鼻なんかを食べたりしていた。

まれ田舎で、たぬきがとことこ歩く姿をよく見かけたりしながら小学校へと登校したもんだ。

人里離れた村だったけど学校は立派な木造で、生徒の数もそれなりに居たんだよ。

当時はまあ大した娯楽もなかったのだし、子供の数が多いのが普通だったんだ。

中学高校実家暮らしで、大学入学と共に上京することに決めた。

懐かしいなぁ。あのとき母さんと姉ちゃんが駅まで迎えに来てさ、汽笛が鳴ってゆっくり動き出すと二人とも映画みたいに走ってさ、泣きながら「がんばれ!」って声をかけてくれた。

俺もおんおん泣いて「頑張るから!」と姿の見えなくなった二人にも聞こえるように必死に叫んだ。

から死ぬ気で勉強をして、大学の頃はあまり遊ばなかったなぁ。

少しでもいい会社に入りたい。それで、ちゃん仕送りして、恩返しがしたい。

そんな思いでいっぱいだった。

努力甲斐もあって名の通った一流企業就職してからすぐバブルになった。

新入社員でも給料うなぎ上りで、毎晩先輩や同僚と夜の街に繰り出しったけ。

すべてが眩かった。

大学時代特に想い出がなかったせいもあって、そうした思いは顕著だった。

その後、バブルは本物の泡のようにあっけなく弾けた。

翌日、出社すると他の皆が思いのほか落ち込んでもいなかったのが印象的で、仕事終わりにはいものように飲みに言った。

でも、少しだけ口数が少なかった気がする。沈黙は雄弁だった。

その後PC一般家庭にも流通するようになり、俺は95を買った。

家に来た初めてのパソコンがそれで、今では考えられないくらモニターは分厚かった。キーボードも深い。

時代の流れというのは時に緩やかで、時に激しい。

それは俺の幼少時代社会人時代を対比させているようであり、技術進歩は目まぐるしかった。

30手前の頃、PS2が発売され、それでも俺はドリームキャストを買った。

先見の明があるから、と当時はそう語ったが、今にして思えば単に傾いていたかったのだろう。

それでも初めてKanonプレイしたときの衝撃は今でも覚えているし、だからDCを選んだことに悔いはない。

仕事では特に起伏もなく、淡々仕事を過ごす毎日

30も半ばになると今度はVRと来たもんだ。

時代の変化は早いものだなと感心し、ファーストペンギンのつもりで飛び込んだ。

実際PS4VRは凄かったし、最初は本当にサメに食われるんじゃないかって冷や汗を搔いたほどだ。

あの時の背中の冷たさは今でもはっきり憶えている。でも、VRは思ったより流行らなかったな…。

そして時代はもうPS5だ。

40手前となった今、俺はWin11でそれなりのCPUグラボを積んだPCを購入し、今は専らAI生成に嵌っている。

時代の流れは特に早くなりつつある。

あと10年後には、この世界はどうなっているんだろうな。

2023-11-05

弱者男性だけど鬱病っぽくなってきた

毎日仕事行くのが苦痛だし、趣味ゲームもできなくなってしまった

仕事から帰ると疲れ果てていて、6本やってるソシャゲのスタミナとデイリーを消化したりイベントをしたりしてると、もうPS5とか起動する気すら起きなくなってしまった

昔は深夜までゲームを楽しんだんだけどな

ゲームさえあれば生きていけると思ってる若い奴は勘違いだぞそれと言いたい

2023-10-24

anond:20231024153803

声優緒方恵美さん、ジャンルを問わず芸名のままでお仕事をする理由を語る。 - Togetter

https://togetter.com/li/333534

「恋チョコ」オンエア&「電スト」発売に際して、改めてですが、呟いとこうかと思いますちょっと長くなるかも。TL荒らしすみません。(嫌な人はリムってください。遠慮無く)

あと…これから呟くのは、業界に対する文句ではありません。あくまでも個人的主観からの呟きです。ご了承下さい。→

イマドキ「PCゲーム=エロゲから〜」と蔑むような口調で語られるのを聞く度に、残念に思う。勿論ユーザーの皆さんだけを責めてるつもりはないよ? 我々の業界内部も、PCからこう、TVアニメからこう、って対応を慣例のようにしてきたから。

だけど…もはやそれは古すぎるんじゃないか?→

考える時は来てるんじゃないか

いや本当は考えたいハズなんだよ。役者スタッフも。でも慣例からなかなか抜けられない…それも理解できる。

だけど、もう、そろそろいいんじゃないか? そういう「型」から脱却すべき時なんじゃないか?→

…正直、今、いわゆる「オモテアニメ」の中だって、「これがオモテなのか?」と思う作品が沢山ある。透過光で消しP音を入れ(or無音)、若手声優に喘がせ、オッパイパンツが乱舞し…それが絶対ダメだというワケじゃない。需要もあるんでしょうしね。→

だけどそれに比べたら、よっぽどコッチの方が純粋だと思うPCゲームは、たくさんある。女の子ならわかるんじゃないか? 「この恋愛の果てになら抱かれていい」みたいな流れ…それはフツウの映画ドラマにもあるシチュエーション。それがどうして、この業界だとイコールエロゲ、になるのか?→

では完全にベッドインしちゃってるBLは、なぜ18禁扱いにならないのか? なぜ男性声優けが…? …不思議なことばかりです。→

私は、私がいいと思う作品オファーは受ける。今のカテゴリ分けでいうところの

モテだろうが18禁だろうが、構わない。そんなカテゴリ分けは「クソ食らえ」だ。

荒削りでも、いい物を作って届けようとする。それが今のこの業界の中で、たまたま…なら、私は、喜んで仕事をしたい。→

堂々と、「緒方恵美」の芸名のままで。→

それができるのは、私が今、フリーから。そして、こういうキャラで通してきた人間であって、この年齢で、この立場から

から、何度も言うけれど、他の役者さんやスタッフさんにどうこういうつもりはありません。わかっているから。…キモチは。→

勿論、それを、ユーザーのみんなに押しつけるつもりもない。

…だけど、考えてほしいんだ。

その作品本質を、ビビッとキタ感性大事にして欲しい。「エロゲから」「オモテから」じゃなく、本当にいいと思う作品をいいと口にする、その勇気を、大事にして下さい。→

そして、いいと思った作品は、ぜひ、応援してあげてください。

「代価を払う」…というカタチで。

その応援を受けて、私達作り手は、勇気を持って歩いてゆけます

長々とごめん。

ありがとう

2023-10-16

anond:20231016142000

こっちにはレスしてなかった。ごめんね。

先ほどまで、mdからジャーナル提供するスタイルファイル準拠になるようなTeXに変換するっていうPandoc遊びしていた。

なんとかPDF出力までこぎつけたがテンプレファイルにいっぱい変なところがありそう。下草刈らなきゃ。

むかし論文執筆一太郎じゃなくてTeXでやりましょうって言われて、見本となるファイルを見た。そのとき不思議でもなんでもなかったけど、

label-ref もcite-bibitemも使ってなかった。引用番号があっているか作業確認してた。

wrapfigというパッケージを知らなくて、一段組の原稿で右に図を寄せたいってことで、

先輩が先生と一緒にはさみ図面を切り出し、強制改行で図をはりつけたい右側領域に空白を作って、

糊で貼り付けていた。

(このあたりの切り張りネタについては 若い人には説明困難だな)

2023-10-15

恋のアメリカ歌詞予想に完全に出遅れたので供養

アメリカの抱える問題日本人の抱えるアメリカへの憎悪と愛がテーマだと思っているのでそんな感じでまとめた(亮君が旭日旗デザインの服着てるし、上ちゃんは逆向きのアメリカ国旗の服を着ていたりとヒントは多かった)

ビビるやつ ビリです

アメリカン ファスト美談っす

ビビるやつ 追い出す

アメリカン ファスト美談っす

黒幕 冥土因果 仰天外 核

This is a 文明開化 故の対価

葬式怖い! 常識怖い!

飲まなやってられん決死の生

憧れの的 USAアメリカ

所以なき黄昏の焦りか?

あの誰もが夢見たアメリカ

ため息混じり リストの憂鬱抹殺

無理不利ぶりピリピリ限界

マリファナ噛みガリガリ患者

まだ便座で下痢下痢便じゃ

はやmake so make 糞 迷走

嫌やな現状

Like other 煉獄

嫌々慣れんとdie

言うなりゃストレスという敏感チェーン

スタイルファットとbeing my friend

言えば全てがジャッジしあうpeople, lot of bitches

緩み飢える美へ永遠呪念のピース

所詮メロメロめの民国

ビールピザバー学校

犯罪You奪いな

指舐めねば please cheese me

Ah なんでロンリーなの緊迫プリー

呻きネグレクト大国

絶対的スーパースターの勝者

That’s 法 suck スーパースターの勝者

脳裏痛い倭な俺らメン

Be 新た下野

頑迷か無理ガスっ屁ミニ

盲目のペリリューパワー

強引に官軍し悪レプリカ

こっちが気持ちいいアンガ

憧れの的 USAアメリカ

所以なき黄昏の焦りか?

あの誰もが夢見たアメリカ

ため息混じり リストの憂鬱抹殺

無理不利ぶりピリピリ限界

マリファナ噛みガリガリ患者

まだ便座で下痢下痢便じゃ

はやmake so make 糞 迷走

嫌やな現状

Like other 煉獄

嫌々慣れんとdie

言うなりゃストレスという敏感チェーン

スタイルファットとbeing my friend

言えば全てがジャッジしあうpeople, lot of bitches

緩み飢える美へ永遠呪念のピース

所詮メロメロめの民国

ビールピザバー学校

犯罪You奪いな

指舐めねば please cheese me

Ah なんでロンリーなの緊迫プリー

呻きネグレクト大国

絶対的スーパースターの勝者

That’s 法 suck スーパースターの勝者

脳裏痛い倭な俺らメン

Be 新た下野

ずりぃ Atomic Bomb. いと喰らわせる富増える

未知知んなスパイ死す That was America!

もう奪わないでね。そんなにないから。

もう落とさないでいてね。みんな痛いから。

脳裏痛い倭な俺らメン

Be 新た下野メン

ビビるやつ ビリです

アメリカン ファスト美談っす

ビビるやつ 追い出す

アメリカン ファスト美談っす

2023-10-09

anond:20231009121055

まあ、そうね。

日本人はせいぜい「スマホが便利すぎるからうPCなんて要らない時代だ」つって

スマホだけ使ってればいい。

ハードウェアだけじゃなくて、ソフトウェアサービスも全部海外製を売りつけられてればいい。

きちんとPCを使って大きくて複雑で価値あるシステムを構築するのは、日本人には無理。

2023-10-08

群馬の「マイケルソフト・ビンボウズ」というPCショップ(閉店)が海外話題

今日はとっくに閉店した日本パソコンショップ海外流行ってるというワケわからん現象を紹介するよ。

群馬県新前橋駅にほど近いロードサイドに「マイケルソフト・Binbowz」という中古PCパソコンパーツショップが嘗てあった。店のロゴWindows95&98のロゴを軽くいじったもので、見つかったらMSに張り倒されるのが必至な物件だ。

ここは2001年に閉店してしまったのだが、英語圏でジワジワと人気となり、2年半ほど前にYoutubeにアップされた動画で火が付き、Tiktokなどへも延焼していった。

BinbouwsがWindowsパクリというのは判っても、それが貧乏意味中古屋が客を貧乏扱いしているとかというのは日本語出来ないと判らないハイコンテクストなのだが、それでも延焼するほどのカロリーがあったようである

 

WEB1.0ホームページBuzzfeed発見BBCパーソナリティツイート

元々は米本社の方のBuzzfeedが書いたオモシロ記事ツイートらしい。

これは今は見つからないが、この写真BBCパーソナリティーのジェレミーヴァインが「これは草」って感じでツイートした。

https://twitter.com/theJeremyVine/status/526706980644466689

 

この元のBuzzfeedが出した写真だが、『アルフの部屋』という個人ホームページ2001年に掲出された記事から写真を持ってきたようだ。

https://alf-s-room.com/etc/nandarou/binbows/index.htm

管理人許可を取ったか不明だ(多分取ってない)。

 

Youtube

Youtubeでのbuzzりの切っ掛けはNick Robinsonという日本オタク(Wapanese、またはweeb;註:侮蔑的語彙)がアップした「The mystery of "MICHAELSOFT BINBOWS"」という動画だった。

https://youtu.be/yDzAAjzbV5g?si=cZYz8odZyVWmK3c7

 

binboは貧乏の事で、日本語は平板イントネーションなのでマイクロマイケルが似た音に聞こえる…みたいな説明をくどくどとしている所は笑いを誘う。

そして遂にストビューを歩き回り続けて根性建物を見つけ出した。今のBinbows跡地はここである

https://maps.app.goo.gl/rC36U3xbrq6Zfyhv5

外壁が剥されて痛々しい状態だが、これは311地震の爪痕かと思われる。

また、今ではgoogle maps登録されているので「michaelsoft Bonbows」で検索すると跡地が出てくる。名跡なのでありがたい処置である

尚、古い日付を見ると、テナントが全て抜けてしまった時の画像が表示されるが、「集募トンテナ」となっているのが確認できる。流石はBinbows跡地というべきか。

 

これでグズグズと種火で燃えていた貧乏ミームの火力が急に増して、検索すれば判るが、VR用の3Dモデルとかシティーズスカイライン用のMODデータとかがアップされてワケが分からない状態になっている。

また、アリエクでBinbowsTシャツを売っていた中華業者も居た。

 

因みに当店は無くなったがホームページは残っている。

https://jeji.neocities.org/~binbows/

チルダユーザーネームというのが古さを感じさせるURLである

 

聖地巡礼

そんなNick Robinsonだが、この夏に遂に聖地巡礼を果たす。

https://youtu.be/QRIklga9IBQ?si=KvdrKGQ-sJgIx50o

不思議な事に壁で塞がれていてBinbowsへの扉は無かった。

どういう事だろうか?

Nick RobinsonはBinbowsタンというキャラまで作ってTシャツなども作り儲けようという気満タンのようだ。ちょっと欲しい。

因みにこの跡地のビル、駐車スペース不足のせいかテナントが入らずに苦労しているようだ。

Binbowsの呪いかもしれない。

2023-10-07

anond:20231007002935

呼び出したいfunction呼び出すために複数のfunctionを呼び出してパラメータを用意するって意味不明だわ

こういうこと?

f_root(param1, param2): _f_inner1(param1); _f_inner2(param2);

こういうことをすることは多々あるよ。ただ、_f_innerはprivate属性をつけるのがセオリー。なぜこういうprivate関数を作るかというと、論理的意味のある部分をまとめれば保守性と開発効率が上がるから

ただインターフェイスとして公開する部分はf_rootだけだから、_f_innerを設計要件に入れるのはイミフやけど。

2023-10-05

anond:20231005235315

gitというシステムコミッターに日本人がいるんだけど、その人が書いたコードリーナス・トーバルズ逆鱗に触れて

「俺がかみさんに怒られるのはこんなクソコードレビュー時間割いたせいだ」と逆ギレされた事件がある

その時ちょうどレビューの議題だったのが名前空間で、aliasとかいうprefixやめろカスOS関係ないやろとリーナス中指画像送り付けた(NVIDIA, fxxk youとはまた別の中指事件)

2023-10-01

anond:20231001224505

あたなの懸念もっともです

この状況でフェイクってどう入れるんだろうか!

現実には夫が愛娘の体を舐めてる写真をみてねにうpしてる、みたいな、とても知り合いにわ相談できかねる内容なのかな

2023-09-25

anond:20230925180901

特許庁がそれそのものずばりな「特許審査基準ポイント」というPDFを出してくれてるんだよな。

https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/patent/document/tokkyo_shinsakijyun_point/01.pdf

107Pもあるからあおいそれと読めないけど。

  

新規性進歩性があるかどうかを基準に沿って審査するんだけど、

一般人からしたらガバガバに見えるからよく分からんのよな。

2023-09-05

anond:20230905122426

家庭生活に重大な困難を伴うPMSが長く続く場合精神科検討した方がいい

毎月ストレスに曝されるのが常態化していくと、平時から精神が荒れっぱなしという状態になりうる それは健康状態良好と言えない

2023-08-13

anond:20230813204222

それはともかくさっきうpされたこアニメ見てくれ

https://www.youtube.com/watch?v=qrAGrzdli3s

まあエロと言うならこれまた今日うpされたこっちのほうが良いか

https://www.youtube.com/watch?v=FPNiZhu6Wtw

こういうエロとも艶ともつかない感じよ

この2本にオタクの大好きな趣味がすべて詰まってると言っても過言

これらを見てエロだと思うのならエロ抜きでは成り立たないと言える

俺としてはエロと言えなくもないだろうが極限まで美化・記号化された人間讃歌的な形象こそオタクが惹きつけられるもんだと思うわけよ

わかる?そのへん

ただ、エロという表現解像度が低い感じがするわけよ

んー言語化してみるなら

ピンポイントエロというよりも、エロース(本能的な愛・渇望の愛)、フィリア(関係性の愛)、それからアガペー(無私の愛)、これらが作品中の表現でビシッと決まっているとオタクは「名作だ」と感じやすい気がするな

その意味ではエロはたしかオタク趣味的に不可欠な要素って洞察は間違ってないぜ

2023-08-12

[]8月11日

ご飯

朝:コーンフレーク。昼:ナポリタン。夜:豆腐えのきベーコンにんじんオクラ玉ねぎの鍋。たまごやき。間食:チョコ

調子

むきゅーはややー。お仕事は、おやすみー。

アーキタイプ・アーカディア

・はじめに

ケムコウォーターフェニックスコンビが送る文明崩壊した世界で何故か稼働し続けるVRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」を巡る、熱く燃える熱血ノベルゲーム

中人物達が遊ぶ「アーキタイプ・アーカディア」はゲームの設定が作り込まれていて、それを遊ぶ様がまず楽しい

そしてそんなゲームを遊ぶ日常がいつの間にか世界の命運を巡る壮大な物語に広がるんだけど、あくま個人の良いところもあれば悪いところもある生き様の格好良さで魅せる展開が多めの沸るシナリオ面白かった。

主人公のルスト、その妹クリスティンの二人っきりの旅から始まる物語が数多くの人を巻き込んでいきどんどん話が広がっていくのも群衆劇っぽくて好み。

インキャラ、サブキャラわず、どのキャラ重要役割があるを序盤から繰り返しやってくれるので、回想シーンやサブキャラの掘り下げが繰り返されるパートもダレずに楽しめた。

・「アーキタイプ・アーカディア」が面白そう

VRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」内の出来事物語の大半を占めているが、このゲームがよく考えられている。

ゲームログインすると、今までの人生で印象に残っている記憶カードが4枚入ったアルバムもらえる。

アルバムからカードを取り出して呪文を唱えると、その記憶媒体としたアバター召喚されるので、アバター同士で戦うPvP

アバターは人それぞれで、ごっこ遊び記憶から剣や銃や石といった直接攻撃系もいれば、愛し愛されの記憶から回復系、単純な乗り物の移動系、辛い出来事を耐え忍んだ防御系、複雑な事情能力からも伝わる状態異常系などなど、記憶出来事ゲームっぽさとが融合している。

他にも色々とルールはあるのだけど、記憶と共に戦うから戦闘を通じて対戦相手過去理解していくストーリーと密着したシステムになっている。

そのため、ゲームの中のバトルがそのままキャラクタの掘り下げになっていて、バトル描写が退屈しない。

お歌で戦うアバターから元アイドルなのかな? 縄のアバターで縛る子はSM好きか? など敵の記憶を予想しながら楽しく遊べた。

全員分の掘り下げがあるわけじゃないのが残念なところだが、主人公が持つ4枚の記憶カードについてはじっくりたっぷりストーリーが楽しめる。

他人記憶カード交換することもできて、そうするとその能力だけでなく記憶のものも受け取ることになるので、主人公だけでなく他のキャラクタ達の掘り下げも多い。

物語が進むと色々なシステムによってそれだけじゃない手段でも記憶カードの中の記憶を辿るストーリーが楽しめる。

・翔太が可愛すぎる

そんなカードのやり取りで記憶の一端が描かれるメインキャラの中でも一際惹かれたのが翔太。

見た目と表向きの態度は可愛い思いやりのある女の子記憶カードでは回復を使える優しい子なんだけど、VRMMORPGのキャラメイクシステムを使って女性を演じている22歳の青年男性

ネットゲーム用語でいう「姫プレイ」のような遊び方をしており、取り巻きを作り閉じた人間関係の中で悪循環を回している中々に攻めた設定だ。

他人依存し自立できない幼さがある癖に、すぐ調子に乗り増長する愚かさが愛らしい。

であることがバレるのを怖がっているが、性自認女性というわけではなく、あくま他人から都合よく愛されたいがために異性装している打算あるキャラ

とまあ嫌な視点ばかり書いてきたが、そんな人間の愚かさをある意味肯定的に、ある意味否定的に描く、人間人間であるだけで尊いそんな弱くて愚かだけど強くて可愛いキャラだった。

主人公やその他の男性キャラとそういう雰囲気になる展開こそないものの、22歳男性が自立できずに大人の男の人に依存して甘えた態度を取るのはエッチだった。

攻略対象として専用ルートも用意されており、男性キャラながらゲーム内の見た目が女性なのでヒロイン的なポジションとも言える。

なお「ぷぷぷー騙されてやんのー。残念! 男でしたー。おじさん男相手エロいことしようと思ってたのウケるんですけどー」な二次創作Pixiv投稿されていると予想したが一切されておらず涙した。

大人リゲルさんをはじめとしたサブキャラ達も良き

記憶カードの掘り下げこそないものの、他のサブキャラ達も魅力がいっぱい。

特に防衛隊隊長リゲルさんは出番こそ控え目ながら、相手カメラ撮影すると閉じ込める状態異常系のアバターと、竣敏な動きで攻撃する猫の攻撃アバターと、バイクの移動系アバターの三種類を同時に使いこなす屈指の強キャラだ。

アバターの同時併用は二つでも高等技術扱いなので三つでかつそれぞれの役割が被っていないのは強キャラの風格があった。

防衛隊なので物語の都合上どうしても負けシーンは多いが、彼ほどの実力者が負けることに毎回きちんと理由があるし、それが主人公の乗り越えるべき大きな壁になるので、主人公師匠キャラっぽさもあるリゲルさんは美味しいキャラだった。

他にも映画大好きなキャンディさん、翔太の取り巻きながら男を魅せる集落代表最後最後で良いところを持っていく奇妙な倫理観ローズ、肉体を使った「癒し」が得意なカーラのお母さんなどが印象的なキャラだった。

インキャラだけでなく彼らサブキャラたちの想いも乗った熱い展開が幾つもあるので、サブキャラ書き込み上長に感じず楽しめた。

・メインキャラとの思想ぶつかり合いバトルが面白

先に翔太という例外と魅力的なサブキャラ達の感想を書いてしまったが、この作品のメインは記憶カードをぶつけ合って戦う思想の殴り合いだ。

VRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」のシステムを利用した作戦や工夫のシーンも沢山ある。

この作戦を立てるシーンは楽しく、実際に何か3Dキャラを動かしたりステータスが変動する要素は一つも無いのに、このゲームを実際に攻略しているような気分になるのが面白い。

しかし、毎回色々、本当に色々あって、最終的には主人公ルイスが妹のクリスティンと遊んだ記憶カードと、章毎のメインキャラ達の思想のぶつかり合いが主題となる。

最強を目指して奪い取った様々な記憶カードに成り切り演じるリア、自身の犯した罪の意識から自死の願望が強いオリーブ恋人再起不能になったこから世界を憎むアレグロなど、様々な理由の「楽しい」以外の感情記憶対峙する。

これらを主人公ルイスはどのように破るのか、どの章でもここが見どころになってくる。

この思想バトル通じて得た仲間たちの輪がどんどん広がっていくのも良かった。

特にアレグロは表紙に映っているだけあって超重要キャラ対立が一度や二度じゃないのが、物語に深みが生まれていた。

主人公と表裏の関係にあるエピソードなんかもあり、名実共にもう1人の主人公だった。

彼らのエピソードはどれも単純な否定で終わらず、考え続けていくことで、作中でも後々には意見が変わることもあるのが、単純じゃ無さが伝わる難しい話だった。

良い/悪い、正義/悪のように一言で分類できないグラデーションのある多様な意見のぶつかり合いは読み応えがあった。

ゲーム楽しい

自己言及型のメタミステリのような物言いになるが、このゲーム主題を要約するとこれに尽きる「ゲーム楽しい」だ。

主人公ルイスが妹のクリスティンと遊んだゲーム記憶

これが物語最初から最後まで一貫して強く肯定される。

ゲーム楽しいシンプルな主張だが、多種多様な様々な状況においてもこの主張は繰り返される。

「悲しい時ほど遊ぶ」作中で何度も引用されるクリスティンの台詞

どのような意図なのかを細かに解体する必要もなく、遊んでいるプレイヤー自身もまたゲーム楽しいから遊んでいるのだから、この主張には納得しかない。

そんなメタ的な構造の話では終わらず、作中ではきちんと噛み砕いて説明してくれ、ゲームは殺し合いと違って次があること、次があるからこそ工夫をしたくなること、工夫するから技術進歩すること、終わったら勝っても負けても楽しいこと、誰かと時間を共有することの楽しさなどなど、ゲームの魅力をこれでもかと手を変え品を変えアピールしてくれる。

間違っても何度でもやり直せるように取り返しのつかないことだけはしない、そして自分相手も許す、ゲーム肯定することがいつの間にか人間肯定することになっているテーマ性の広がりが最高に決まっていた。

・さいごに

主人公の妹クリスティンが興したギルドで使われていた仲間の中だけで通じる内輪ネタ「ラスモス・ゾティーラ・トゥーラッカ」の意味オーラスオーラスで明らかになるんだけど、これこそが正にゲームだった。

ゲーム遊ぶことを肯定するどころか、ゲーム的でないもの否定するような強いメッセージ性のある強烈な作品でありつつも、そのような良い意味脱力する展開で、緊張がすごく解けてスタッフロールに迎えた。

ゲーム楽しい、そんな当たり前の感情を丁寧に解体して色々な部位で楽しませてれた。

僕もテキスト主体アドベンチャーゲームを一人で遊ぶのではなく、ステータスゲーム技術が求められる人と人との交流がある類のゲームを遊びたくなった。

2023-08-08

anond:20230808102009

アリーナっていうPCでやれるやつあるもんな

在宅勤務のお供だわ

2023-07-19

anond:20230719154944

俺も30になったらゲーム全然できなくなったよ

まじでゲームを一生楽しめるみたいな前提で生きるのはやめた方がいい

仕事帰ってきてご飯風呂終えて、二時間くらいネトゲして、ソシャゲデイリー消化するともうPS5をつける気が起きないか全然ゲームが進まない

もう終わりだよ人生

2023-07-13

けっこうPixel気に入ってる

もうすぐPixel8が出るとか出ないとか

今はPixel7無印使ってるけど、下取りがお得だったら買ってしまうかもしれない。

Googleから直で買ったのでキャリアの値下げラッシュには辟易するけど、けっこう気に入ってるんだよね。

別にレコーダーも使わないし消しゴム機能も使わないし、なんなら別に写真も撮らないんだけどね。

2023-07-02

パンティー&ストッキングwithガーターベルト、新作でも出るのか!?というPVはとっても嬉しいんだけど、もう13年も経っちゃってるんだな…

おれはその間に結婚してパパになっちゃったよ。

新作が出ても、リビングでワハハと楽しめないな。お下品アニメますから

こっそり見よう。

TRPGで遊んでいた時に起こったこ

最初に言っておくと、これはもう終わった話である

ただ、ふと当時のことを思い出したため、書くことにした。

内容としてはあまりにも自分勝手感情の書きなぐりかつ湿度が高く文も長いため、読みにくいし見苦しいと感じるところが多々あると思うが、ご了承いただいた上で読んでもらいたい。この言い回しが少しでもめんどくせえやつだな、と思った人はもう読むのをやめた方がいいだろう。

自分は2年前までTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)というもので遊んでいた。これは、簡潔に言うとゲーム機を使わずに紙とペンサイコロだけでやるRPGである

機械役割GMと呼ばれる人間が行い、ソフト役割をするシナリオを持ち寄って、PLに提供するのが流れだ。PLは自分自分の動かすPCを作り、GMが進めるシナリオ進行に従ってPCを動かし物語をエンドに導くという遊びだ。

遊ぶ時には、テーブルの部分にちなんで「卓を囲む」という言い回しをする。

このTRPGはいくつかシステムというもの存在するのだが、自分がよく遊んでいたのはクトゥルフ神話TRPGというシステムだった。

このクトゥルフ神話TRPG略してCoCは、おそらく日本の中で1番プレイ人口が多いTRPGであり、シナリオも盛んに出回っている。TRPGにおいてはメジャーシステムと言えるだろう。

自分はこれを遊んでいたとき、AとBという友人と卓を囲んでいた。2人とはSNSで知り合い、気があってよく遊ぶようになったという間柄だ。この2人に加えあと5人ほどよく卓を囲む人たちがいて、固定メンバーと化していた。

数年は楽しく遊べていたのだが、ある時しこりを感じるようになった。

それは、2~4PLシナリオで感じる疎外感や焦りといったものがあった。

ここで〇PLというもの説明をしておこう。TRPGシナリオには人数制限が設けられているものがある。その制限されているPL似合わせて〇PLシナリオと呼ばれるのだ。

その人数制限シナリオにおいて、自分の中で勝手問題が起きた。

BとどちらがAとシナリオを回るかの取り合いが勃発していたのだ。

Bにその気はなかったと思うが、自分としては取り合いだった。

どういう状況かと言うと、Aが「これ行きたい」と言ったシナリオが人数制限のもので、その枠に入ろうと自分とBがすかさず立候補するというものだ。

枠が空いていたりした場合は2人とも一緒に回れたのだが、2PLのときなど地獄だった。

我先にAとシナリオを回るのだとあの時は躍起になっていたのだ。

自分はもともとAとはとても気が合い、趣味思考がとても似通っていた。そのため、自分はAと喋ることが好きで若干依存気味の感情を抱いていた。

対してBとは楽しく話はできるものの、所々価値観が合わないと感じる点があった。勿論スルーできる程度のものであったし、そんなことを気にするよりもBと遊ぶことの方が楽しかった。

しかし、CoCシナリオで遊ぶほど、自分のBへの苛立ちや不満は積もりに積もって行った。

CoCに限らずTRPGシナリオというのは基本的ネタバレ厳禁であり、内容を知って通ることはタブーだ。そのため、通っていない場合は卓を感染したりすることが出来ない。

この仕様から自分が通っていないかつAとBが一緒に行ったシナリオの話に自分は関わることが出来ず、その話で盛り上がるAとBに対して疎外感を感じることが多々あったのだ。

なにより、そのシナリオで「うちよそ」というPC同士で深い関係を作り上げ、その発展系の話を目にすると気が逆だって仕方がなかった。

これが2PLならまだすぐに他の人と予定を立てて行けばいいのだが、4PLになるとそうもいかず、フラストレーションは溜まっていった。

今、冷静になって考えてみればそんなことは割と良く起こることだし、ずっとAと一緒に回るなんてことは不可能だ。だいたい、自分だってBに対して同じことをしていたこともあるだろうに。とんでもない棚上げである

しかし当時の自分はそんなことに気づけずに表では平然としつつ裏では嫉妬の炎を滾らせていた。

なにより、この炎が燃え盛っていたのにはもう少し理由があった。

まず、Aとの自分同卓にはに必ずと言っていいほどBが一緒にいるのに、AとBの同卓には自分がいないことがちらほらあった。

例えば2PLであればBがKP(CoCにおけるGM呼び方)やったり、4PLなら必ずA、B、自分になったりした。

しかしAとBの2PLは他の人がKPをしているものもあったし、AとBで約束していた4PLで自分はいなかったりなどあった。

自分とAが回るシナリオがBが通過済みのものが多かったのもあるだろう。すかさず「回すよ」と言われてKPとして入ってきた。勿論Bからしたら親切心なのだろうが、まるで割り込まれるように感じてしまっていた。

また、4PLではいつもAとBがペアになるような組み合わせなっていて、Bは自分ペアを組むのを拒否しているような素振りが見えた。

AとBとの4PLに関しては、約束をしている時に他のメンバーどうする?と話が進み、○○と××でいいんじゃない?と勝手メンバーが決められ、その中に自分が上がることがなかったりなど、そういうことがわりとあった。

Aがそういったことを言い出すことは無かったが、Bはまるで自分と一緒に回るのを拒むように自分に声がけをしなかった。これは勝手思い込みだし被害妄想だ。事実は違うかもしれないが、どうもあの時の自分にはそう思えたのだ。

それに加え、BはSNSでよく「私のAさん」「AさんのPC全部私の(笑)」などとよく言っていた。別に、他意はなくノリで言っていたものなのだろうが自分はとても腹が立った。

それに、その自分おかしくなっていた時期、よくBはAの名前SNS上であげて呼んでいた気がする。

もちろん、被害妄想の面もあるためそんな事ないかもしれないが、少なくとも自分にはそう感じた。

こういったことが度重なり、自分はどんどん嫉妬まみれのモンスターに成り果て、Aの隣を奪い合うように卓の予定を入れていった。

しかし、そんな関係が長く続くわけがなく、決壊した。Aが突然自分とBとの縁を切ったのだ。

突然のことに驚いて呆然とした。自分は何をやらかししまったのだろうと、焦ってAに連絡した。そしたら言われたのだ。

「正直、もう疲れた

「2人に振り回さて、もうTRPGをしたくない」

「2人以外とも回りたい」

と。

ショックだった。それと同時に、自分はどれほど馬鹿なことをしていたのかと思い知らされた。

自分勝手感情によって、自分はAを追い詰めていたのだ。

こう言われてしまったら、もう自分の異常性を受け入れざるを得ない。

自分はAに謝罪をし、Aと縁を完全に切った。Bとも切った。

それと同時にTRPGから卒業した。

こうして他者依存嫉妬に駆られる自分は、ここで反省したとしてもまた同じことを繰り返し、他の人をAと同じ目似合わせてしまうと思ったからだ。

やめて暫くは卓がしたいという気持ちに駆られることも多かったが、今は卓のない生活にもなれ、違う趣味を見つけるのこともできた。

あの時の自分は本当におかしかったし、AにもBにも大変申し訳ないことをしたと思っている。

クソデカ感情を抱いた割にはあっさりとした幕引きだった。

なんの落ちもないが、これで自分の話は終わりだ。

とても身勝手でドロドロとして汚い話だったと思うが、最後まで読んでくれた人はありがとう

2023-06-30

TRPGで遊んでいた時に起こったこ

最初に言っておくと、これはもう終わった話である

ただ、ふと当時のことを思い出したため、書くことにした。

内容としてはあまりにも自分勝手感情の書きなぐりかつ湿度が高く文も長いため、読みにくいし見苦しいと感じるところが多々あると思うが、ご了承いただいた上で読んでもらいたい。この言い回しが少しでもめんどくせえやつだな、と思った人はもう読むのをやめた方がいいだろう。

自分は2年前までTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)というもので遊んでいた。これは、簡潔に言うとゲーム機を使わずに紙とペンサイコロだけでやるRPGである

機械役割GMと呼ばれる人間が行い、ソフト役割をするシナリオを持ち寄って、PLに提供するのが流れだ。PLは自分自分の動かすPCを作り、GMが進めるシナリオ進行に従ってPCを動かし物語をエンドに導くという遊びだ。

遊ぶ時には、テーブルの部分にちなんで「卓を囲む」という言い回しをする。

このTRPGはいくつかシステムというもの存在するのだが、自分がよく遊んでいたのはクトゥルフ神話TRPGというシステムだった。

このクトゥルフ神話TRPG略してCoCは、おそらく日本の中で1番プレイ人口が多いTRPGであり、シナリオも盛んに出回っている。TRPGにおいてはメジャーシステムと言えるだろう。

自分はこれを遊んでいたとき、AとBという友人と卓を囲んでいた。2人とはSNSで知り合い、気があってよく遊ぶようになったという間柄だ。この2人に加えあと5人ほどよく卓を囲む人たちがいて、固定メンバーと化していた。

数年は楽しく遊べていたのだが、ある時しこりを感じるようになった。

それは、2~4PLシナリオで感じる疎外感や焦りといったものがあった。

ここで〇PLというもの説明をしておこう。TRPGシナリオには人数制限が設けられているものがある。その制限されているPL似合わせて〇PLシナリオと呼ばれるのだ。

その人数制限シナリオにおいて、自分の中で勝手問題が起きた。

BとどちらがAとシナリオを回るかの取り合いが勃発していたのだ。

Bにその気はなかったと思うが、自分としては取り合いだった。

どういう状況かと言うと、Aが「これ行きたい」と言ったシナリオが人数制限のもので、その枠に入ろうと自分とBがすかさず立候補するというものだ。

枠が空いていたりした場合は2人とも一緒に回れたのだが、2PLのときなど地獄だった。

我先にAとシナリオを回るのだとあの時は躍起になっていたのだ。

自分はもともとAとはとても気が合い、趣味思考がとても似通っていた。そのため、自分はAと喋ることが好きで若干依存気味の感情を抱いていた。

対してBとは楽しく話はできるものの、所々価値観が合わないと感じる点があった。勿論スルーできる程度のものであったし、そんなことを気にするよりもBと遊ぶことの方が楽しかった。

しかし、CoCシナリオで遊ぶほど、自分のBへの苛立ちや不満は積もりに積もって行った。

CoCに限らずTRPGシナリオというのは基本的ネタバレ厳禁であり、内容を知って通ることはタブーだ。そのため、通っていない場合は卓を感染したりすることが出来ない。

この仕様から自分が通っていないかつAとBが一緒に行ったシナリオの話に自分は関わることが出来ず、その話で盛り上がるAとBに対して疎外感を感じることが多々あったのだ。

なにより、そのシナリオで「うちよそ」というPC同士で深い関係を作り上げ、その発展系の話を目にすると気が逆だって仕方がなかった。

これが2PLならまだすぐに他の人と予定を立てて行けばいいのだが、4PLになるとそうもいかず、フラストレーションは溜まっていった。

今、冷静になって考えてみればそんなことは割と良く起こることだし、ずっとAと一緒に回るなんてことは不可能だ。だいたい、自分だってBに対して同じことをしていたこともあるだろうに。とんでもない棚上げである

しかし当時の自分はそんなことに気づけずに表では平然としつつ裏では嫉妬の炎を滾らせていた。

なにより、この炎が燃え盛っていたのにはもう少し理由があった。

まず、Aとの自分同卓にはに必ずと言っていいほどBが一緒にいるのに、AとBの同卓には自分がいないことがちらほらあった。

例えば2PLであればBがKP(CoCにおけるGM呼び方)やったり、4PLなら必ずA、B、自分になったりした。

しかしAとBの2PLは他の人がKPをしているものもあったし、AとBで約束していた4PLで自分はいなかったりなどあった。

自分とAが回るシナリオがBが通過済みのものが多かったのもあるだろう。すかさず「回すよ」と言われてKPとして入ってきた。勿論Bからしたら親切心なのだろうが、まるで割り込まれるように感じてしまっていた。

また、4PLではいつもAとBがペアになるような組み合わせなっていて、Bは自分ペアを組むのを拒否しているような素振りが見えた。

AとBとの4PLに関しては、約束をしている時に他のメンバーどうする?と話が進み、○○と××でいいんじゃない?と勝手メンバーが決められ、その中に自分が上がることがなかったりなど、そういうことがわりとあった。

Aがそういったことを言い出すことは無かったが、Bはまるで自分と一緒に回るのを拒むように自分に声がけをしなかった。これは勝手思い込みだし被害妄想だ。事実は違うかもしれないが、どうもあの時の自分にはそう思えたのだ。

それに加え、BはSNSでよく「私のAさん」「AさんのPC全部私の(笑)」などとよく言っていた。別に、他意はなくノリで言っていたものなのだろうが自分はとても腹が立った。

それに、その自分おかしくなっていた時期、よくBはAの名前SNS上であげて呼んでいた気がする。

もちろん、被害妄想の面もあるためそんな事ないかもしれないが、少なくとも自分にはそう感じた。

こういったことが度重なり、自分はどんどん嫉妬まみれのモンスターに成り果て、Aの隣を奪い合うように卓の予定を入れていった。

しかし、そんな関係が長く続くわけがなく、決壊した。Aが突然自分とBとの縁を切ったのだ。

突然のことに驚いて呆然とした。自分は何をやらかししまったのだろうと、焦ってAに連絡した。そしたら言われたのだ。

「正直、もう疲れた

「2人に振り回さて、もうTRPGをしたくない」

「2人以外とも回りたい」

と。

ショックだった。それと同時に、自分はどれほど馬鹿なことをしていたのかと思い知らされた。

自分勝手感情によって、自分はAを追い詰めていたのだ。

こう言われてしまったら、もう自分の異常性を受け入れざるを得ない。

自分はAに謝罪をし、Aと縁を完全に切った。Bとも切った。

それと同時にTRPGから卒業した。

こうして他者依存嫉妬に駆られる自分は、ここで反省したとしてもまた同じことを繰り返し、他の人をAと同じ目似合わせてしまうと思ったからだ。

やめて暫くは卓がしたいという気持ちに駆られることも多かったが、今は卓のない生活にもなれ、違う趣味を見つけるのこともできた。

あの時の自分は本当におかしかったし、AにもBにも大変申し訳ないことをしたと思っている。

クソデカ感情を抱いた割にはあっさりとした幕引きだった。

なんの落ちもないが、これで自分の話は終わりだ。

とても身勝手でドロドロとして汚い話だったと思うが、最後まで読んでくれた人はありがとう

2023-06-28

anond:20230628142003

PS5時限独占とか言う1番盛り上がらない売り方したからでは?

エルデンリングももうPC版の方が売れてる説もあるくらいなのに

2023-06-25

もしかしてFF16発売してる?

え?もうまるごと本編売ってる?クリア報告とかも出てそうな時期?

え?ちょっとまえに体験版だか召喚獣とたたかうPVが出たばっかじゃなかった?

もう発売してんの?なんか早くね?完成してんの?アルファテストじゃなく?

こう、発売前のいまかいまかの盛り上がり観測してないんですけど?

しれっと発売したの?「あ、FF16?そこにあるのなら売ってます(笑)」みたいなクールな令和系販売ポーズなの?

マジでゼルダはなんかもっとこうぐわぁー!ってなってなかった?どっちもしてないけど前作の話とかさんざん穿り返したりしてたじゃん。FF15の話見かけなかったけど。

え?俺亜光速で移動してる?

もし発売してるなら、そっかー。

なんだか作るのすごく早かった気がする。すごい。

超美麗なアクションゲームみたいで期待できそうだったよね。

そっかー発売したっぽいかー。

発売したらしたで少し寂しいのよな。次の超すげーFFにワクワクするのはまた数年後になっちゃうから

いやー映像がぬるぬるになったら発売もぬるっとしてきたっぽいかー。

16の主人公はどんな風にイジられるんだろうね。

2023-06-21

ドンキホーテキャンペーン

ドンキ電子マネー10万円チャージすると、2万円のポイント還元されるというおいしいキャンペーンをやってる。

さっき店舗に行って10万円チャージして、楽天電子マネーに変換した。

レジ楽天POSAカードを買う時に一日10万までしか買えないと念を押された。

ドンキキャンペーン10万以上チャージしてもそれ以上は還元されないから、もうPOSAカードは買わないけど、楽天電子マネー現金に戻す裏技があるからドンキ電子マネーアカウントを大量に作るとか何らかの方法POSAカードを大量に買うやつがいるんだろうな。

2023-06-13

理詰めでは上手くいかない世界がある

いわゆるオベンキョウばっかりしてきた頭良い人って、全てのことに理由があって、筋が通ってないと悪 って思ってないかしら。

それって、0 → 1 のフェーズ通用すんのかな。

経験上、俗に言うPMFまでは感覚的なもので成り立ってることが多い。

理論再現性フェーズに行くまでは、感覚の方が信頼できる。

それを理詰めしていくのは、ナンセンスだと思う。

とか思ってるんだけど、それをわかってない奴多くないかしら。

それか、私が間違ってる?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん