「執行」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 執行とは

2020-05-31

正義権力である

正義に反発して反権力しぐさを謳歌するのもいいが、本当に自分権利を守りたいなら、一般的正義についてコミットしていくことは有効である

アンチフェミほど女性差別アンテナを立てた方がいい。

フェミニストほど男性差別アンテナを立てた方がいい。

これは決して義務ではないが、「あなたにも正義執行が許される」という権利ではある。

2020-05-28

anond:20200528232437

そしてとにかく死刑になることだけで溜飲を下げ、執行されたらさっさとわすれてしまう。

悲惨事件は教訓と改善を置き去りにして、ただ消費される。

目が覚めたら

体が不自由になっていて

三食あーんで食べさせてもらって

うんこおしっこも世話してもらって

あなた36人殺しましたよ

って言われるのどんな気持ちなんだろ

でそのまわりの関係者はどんな気持ちなんだろう

死刑だろうけどあの状態じゃ執行はできないじゃん

どうするんだろう

2020-05-26

黒川氏がなぜ時の政権に重宝されたか

ただ、黒川氏の本領が発揮され始めたのは、民主党政権下だったと言われている。別の法務検察関係者解説する。

政務を担う官房審議官として黒川氏は、言葉は悪いですが千葉景子法相を完全に“手なずける”ことに成功したのです。黒川氏は千葉法相の歓心を買うべく努め、厚い信頼を得ました。その証左が、アムネスティ議員連盟事務局長を務めるなど人権派弁護士として知られた千葉法相が、2人の死刑執行命令書にサインをしたという事実です。また、黒川氏は2010年8月松山地検検事正転出しましたが、なんと2カ月後の10月法務省官房付として本省に戻されています

https://bunshun.jp/articles/-/38028?device=smartphone&page=2

そろそろ、黒川氏の暗躍で自民党の疑獄をコントロールしたとかい妄想からは覚めた方がいいよね。

IR汚職だの河井夫妻だの反例があるわけだから

黒川氏が「有用」だというのはそういう意味じゃないよ。

また、これ読む限り黒川氏は相手を問わず政治家コントロールがうまく、なおかつ周知の通りマスコミとも繋がりがある。

まり検事総長レースに乗せられなければ、この人は検察庁にとっても極めて有用な人だったんだろう。

2020-05-25

鬱病の妹が夫の両親にキチガイ行動を繰り返していて困っている

ある日、妹は、夫の両親に電話をかけ、あんたんとこの息子が育児放棄してるよ。と言い放った。

かにうちはワンオペ育児であるが、これは妊娠から決めていたことだった。勤務医の夫は時給100円代になるほどずっと多忙を極めているからだ。

妹は、お姉ちゃんいじめられてるとでも思ってるのか夫の実家に鬼電。電話に出ないとなるや、鬼LINE育児放棄ネグレクトDV、思いつく限りの強い言葉で夫の両親に報告し、本人は満足そうにしている。

妹はうつ病からこんなことされても怒るに怒れない。とにかくやめてくれ、本気で迷惑だと訴えても、DVされて言えないお姉ちゃんの代わりに私が正義執行者になるといった感じ。うざい。

夫の両親には、妹は精神障害があっておかしな行動をしてしまったと言い訳して謝った。電話ラインも着拒してくださいとお願いした。なんで私こんなことしてんだろって思うよね。赤ん坊は一人で十分なんだよ。正義マン野何があれかって、自分気持ちよくなるために人の境遇利用してるからだよね。

2020-05-23

犯罪者東京地裁ガラクタ裁判官だろ

  平成時代違法に金を回し、子供に人気のある予備校講師や本を書く人にバカスカ金を与え、東京を中心に割拠して

   子供に大盤振る舞いをし、楽しませていたヤクザホリエモンなど、面白い人がたくさんいた

  その、子供にとって面白いことの何が悪いのか理解できないし、そういう面白いことを逮捕したクソカス警察検察が真の犯罪者

   なのに、そのガラクタゴミに対しては正義執行されず、素晴らしい人に対してばかり罰が加えられる

    今東京支配しているのは、自分正義だと思っているだけの無能ガラクタなのに、誰もそれに気づかない

anond:20200523183113

でもキモくて金のないおっさんネットリンチ自殺しても正義執行の結果だと言って気にしないんですよねわかります

anond:20200523103155

民主党結党から「基本政策」に「定住外国人地方参政権などを早期に実現する」と掲げており[113]、党執行部以下ほとんどの党員外国人参政権付与に賛成をしているが、一部の議員外国人参政権付与に慎重な姿勢を示している[114]。また、永住中国人にも参政権を与えるとしていた[114]。

2020-05-20

桜を見る会の審議時間 15時間12分 ÷ 第200回臨時国会の合計審議時間535時間41分 × 100=2.8」となり、桜を見る会の審議時間は、全体のわずか2.8%であることが判明した。また本国会では、政府が提出した法案15本のうち、14本が成立している。

野党国会疑惑の追及しかしていないというのは、まったくの誤りです。国会では大小さまざまな委員会が開かれていて、疑惑の追及が行われているのは、総理が出席する予算委員会などの一部の場で、さらにその一部の時間です。国会全体の審議時間から見ればわずかな割合で、追及によって、ほかの問題を審議する時間がなくなるということはありえません。今国会でも、新型コロナウイルスはもちろん、その他の問題についても、さまざまな場で審議が行われていますよ」

国会仕事法律を定めることだけと思っている人も多いですが、参議院の子供向けのホームページに『国会は、内閣が決められた予算に従って経費を正しく使ったかどうかなどを審議します』と書かれているように、予算が正しく使われたかチェックする役割もあるんです。公費を使って開かれた『桜を見る会』が『各界において功績、功労のあった方々を招き日頃の労苦を慰労する』という本来目的から外れ、私的に利用された疑いがあれば、国会議員には追及する責務がある。むしろ、“予算”について話し合う予算委員会でこの問題をやるのは、あたり前のことなんですよね」

さらに、国会には内閣法律を適切に執行たか監視する役割もある。汚職によってIR法の成立過程のもの疑義が生じている「IR疑獄」や、内閣によって法の執行が歪められた疑いのある「森友・加計問題」などを追及するのも、国会議員がしなければならない仕事なのだという。

「『別の重要問題があるから野党疑惑なんか追求している場合ではない』といった言い回しは、なぜか第2次安倍政権になってからよく聞くようになりました。でも、実際の国会では“どちらか”ではなく、“どちらも”行われていますし、国会議員が疑惑の追及を止めてしまうことは、むしろ憲法法律で定められた役割放棄になってしまうんです」

2020-05-19

anond:20200519122136

40なったら50まで生きたいといい

50なったら60

60なったら70という

 

戦犯裁判

バターン半島の陥落後、1942年8月参謀本部附となり[2]、内地へ戻る。「日本ニュース」第115号にて、「本間将軍帰還」の肉声・映像が残っている。同月、予備役編入され、以後は軍務に就くことなく、フィリピン協会理事長を務めて終戦を迎えた[2]。予備役編入理由は、バターン攻略不手際とがめられたものとされる。終戦後、「バターン死の行進の関係者処罰されるのでは」という話を陸軍が聞きつけ、「先手を打って処罰すれば刑が軽くなるのではないか」(いわゆる『一事不再理』の発想)と考え、本間陸軍中将としての礼遇を停止した。しかし、結局マニラ戦犯裁判で、バターン死の行進の責任者戦犯)として召喚された。本間は前述のとおり人道主義者であり、バターン死の行進での捕虜への非人行為本間責任ではなく、部下の責任であった。しかし、結果的責任をとることとなり、有罪判決下り本間死刑と決まった。有罪判決が下ると本間弁護団アメリカ連邦最高裁判所人身保護令を求めたが、6対2の判決却下された。

処刑は、1946年昭和21年4月3日0時53分、ちょうど4年前に第14軍司令官であった本間の口より総攻撃命令が下された同じ月日、同じ時刻にあわせて執行された。当時、ほとんどの将校囚人服で絞首刑に処せられたのに対し、本間場合は、略式軍服の着用が認められ、しかもその名誉を重んじて銃殺刑であった(同じくマニラ軍事裁判死刑判決が下された山下奉文場合は、囚人服を着せられたままの絞首刑であった)。58歳没。

 

自民党でも13日には衆院内閣委員会所属泉田裕彦氏(元新潟県知事)がツイッターで「与党理事強行採決なら退席する旨伝えた」と投稿自民党執行部は即座に泉田氏を内閣から外した

大昔なら、泉田氏が何を話したか?が世間に伝わることもなければ、その後内閣から外されたことも報道されることはなかったんだよね。

でも、この自民党執行部の素早い動きこそが、悪巧みの状況証拠になってしまった。

流石にもう安倍さんではだめだろう。

2020-05-17

anond:20200517103238

公開処刑

🔴魔女狩り魔女裁判

俺らがやりたいのは「公式に認められたリンチ」なんだよ

から公開処刑の場を用意した上で、死刑執行ボタンを押す権利を購入できたり、死ぬ前のそいつ罵声飛ばしたり出来るようにして欲しい

お前たちが望むのは「公開処刑」だろう?

そう、革命時代フランスみたく、広場死刑執行して対象死ぬ様を公開するという

だってそうじゃないか、お前たちは二言目には「死ね」「自殺するべき」で、いつもその暴力的正義感同調圧力をぶつけたがる相手を探す

その結果がネットストーキングネットリンチだ、お題目は「コイツは悪いやつだから死ぬまで痛めつけていい」でな

前科持ちの過去を探って晒し上げるし、犯罪者の血を引く人間晒し上げる、そしていじめ

まり、お前たちは合法的に人を殺したり死ぬ様を見たいということ

なら、死刑執行全国ネットで流すのがお望みだろう、お前らのカタルシスが得られるように、絞首刑以外の処刑方法も加えてな

罪人が死ぬ様を見たら股間正義棒がいきり立ったり、正義穴がグチョグチョに濡れて達しちゃうんだろ?お前らは正義ポルノオナニーしてるような存在から




俺は違うとか言うなよ?

2020-05-15

はてな年寄りが多い

政治の話なんて、「興味ない」か「安倍でいい」が若者の9割で、安倍拒絶反応があるはてなを初めてみたときには驚いたものだ。

それとはてブ説教臭くて、それでいて卒アルの寄せ書きは白紙のような連中がイキっている不気味さがある。

はてな村」というより「部落」という印象で、文字通り「穢多」感がある。

2chではボランティア活動慈善行動が住民自身の手で行われたが、はてなでは一切そういったことがないのは、そういう意味では納得する。

>>ボランティアじゃなくて報酬出てるんだよね?

話がずれているかもしれないけど、アフガニスタン募金学校作ったりとかああいうのね。

2chボランティアについてはリンク先を参照

https://bit.ly/2Z74mvn


>>この文章を書いた人間が本当にろくでもない人間という事を自らアピールしているのが、年寄り臭いはてなよりよっぽど解らない。どういうつもりでこれ書くの?

なんかこの文章読んでちょっと自分良心的なものが痛んだよ。部落とか穢多って実際に結構キツイ言葉みたいだね。

鳥取ループが『部落地名総鑑』なるものデータ公開して、それを佐賀高校生印刷して、友人に見せたが反応が薄くてメルカリに出品した出来事を思い出した。その高校生は、『部落地名総鑑』をちょっと高値がつく古本みたいな認識だったようだが、私の部落系に対する認識もその程度のもので、創価学会在日とかなんかタブーとされるものという認識しかない。

穢多」だけど、字面的に「汚れいっぱい」で、はてブ安倍ちゃんを罰するような異様な雰囲気がそれに思えた。個人的には第三者罰は貧者の娯楽で、なんか沢山の人が安倍リンチしている様が、穢多死刑執行や皮剥の異様な雰囲気に似ていたように感じた。実体の人を殴ったりしているわけではないから、血で血を洗うおぞましさみたいなものが実感できないのかもしれない。戦争無人戦闘機ゲーム感覚で人を殺せるような感じかな。

あなた文章を読んで良心が痛んだんだけど、はてなにどっぷり浸かっていると、そういう感覚麻痺しそうだ。

あと、2ch自分たちがろくでもないことを自覚しているというか……穢多というより、お調子者のクソガキといった印象。

2020-05-12

今更ながらコナンゼロ執行人(金ロー版)見た感想

名作傑作と言われている割には響かなかったなあという駄文

アニメにおけるCG描写が苦手

青山作品はかつてハマってコナンは50巻近く、まじ快は3巻まで、YAIBAは全8巻のうちの真ん中の一部以外は集めた。

劇場版コナンは全部見たわけではないが、こだま作品、銀翼、紺青が好き。確か水平線上、鎮魂歌、純黒は見た。

相棒科捜研の女は多分見たこと一度はあるとは思うけど、よく見てて好きだったシリーズとしては記憶してない。100の資格を持つ女や紅蓮次郎法曹系の女主人公のが好きだった。

警察組織については詳しくない。司法組織も詳しくない。

~~

 正直これコナンでやる必要あるかなと思った。ベイカー街の亡霊と同じくやりたい題材のために、名探偵コナンを利用した匂いがした。問題は、ベイカーはコナンファンホームズファンの中でも賛否わかれるところはあっても一般受けは良く対象あくま子供であるのに対し、執行人は対象大人で一応コナン推定ファンの年齢層だろう子供を捨て去っている節があった。正直良い意味で心動かされたのが、①毛利家(園子緑さんも含む)の描写、②少年探偵団がストーリー意味があって足手まといではない、③ポアロのお姉さんの変なジェスチャー、④カーアクション電車の側面を走るところ、⑤博士が有能(クイズだけや場所や道具提供だけではない)……くらいしか思い出せない。あと車のCG結構目に入った。

~~ベイカーは「現実ゲームのように甘くない」っていう最後のが言いたかった題材と思う。今だったらアンチゲーム大人に都合よく使われそうな雰囲気がある。今の価値観でみるとゲームを軽んじているような説教臭さを感じる。

~~

 まず、ストーリー燃えるところがあまりない上に大人向けで暗い。公安警察が元警察官で、現有名探偵(背後のコナンという強力な協力者が目当て)とはいえ一般人を巻き込んで拘束するようなことはどうなんだろうと思う。警視庁地方警察所属警察官を好感の持てるキャラクターに描いてきた本シリーズにて、公安関係者キャラクターとして好感が持てなかった。公安歴史を考えれば好感を持てないキャラクターというのは考えられることではあるが、純黒の風見のあまり無能さにキュンとしただけに残念に思った。すべての元凶公安といってもいい物語であったが、燃えるところが少なく、対象大人だけに振り切らないでほしかった。犯人動機が協力者を失うことになった公安復讐するためであるが、犯人も協力者もコナン安室自身正義の上で行動している。正直安室登場後のコナンに関してはあまり正義を問われたくないが、正義は一つではなく難しいものであるだけにコナンでやるのならストーリー自体もう少しは明るくした方がいいのではないかと思う。公安という立場をメインに出してきただけに難しいものではあるが、あまり視覚物語的暗さになんだかなという気分でいっぱいだった。正直自家用テレビで見たが、夜設定とはいえ画面的にあまりにも暗いと感じた。またゲストキャラクター(いつもの芸能人枠)の弁護士の方のラストシーンで激昂するところがあるが、彼女もそれまでに公安の協力者として暗躍する中で監視していた対象に惹かれたものの、事件が起こり協力者に協力を頼んでいた中で自殺される。そのまま協力者を続けていたら実は公安によって、自殺していたとされていた恋人は生きてましたなどという自身判断によるものであれど公安人生を振り回されているのは、哀れみの感情をいだいてしまった。しか彼女も暗さを増長した一因である

~~

 次に犯人サイドの事情や処理に面白みがないなと思った。ここでは犯人の協力者は含むとする。推理モノやサスペンス個人的に楽しみにするのは、犯人動機が大きい。犯人犯行を起こす動機が、同情する余地があったりカリスマ性があれば正直娯楽として好きになってしまう。犯人の処理もそうだ。ただ今回の犯人周りはつまらなかった。犯人上司に対して火傷負わせ他のが犯人と分かったときはよくやったと思ってしまったが、協力者の生存を知らされて諭されてすぐパスワードを言ってしまったりコナン言葉にすぐ諭されてしまったりというのは、尺の問題が大きいかもしれないがやった規模や抱えていた自身正義に対して描写が薄いなあと思った。協力者の方は結局自分正義感に酔いすぎて就職できなかっただけで死んだと思ったらなんだかんだのうのう生きてたし、あと正直ミスキャスト演者に対してキャラが抱えているものが大きすぎて演者が頑張っている分ちょっとなあと思った。おそらくもっと丁寧に描写されていたら協力者の生存に残念だとは思わなかっただろう。正直犯人サイドのキャラクターとしての描写あんなに有名作なのだからもう少し掘り下げしていると期待していたために残念に思った。犯人よりも公安傍若無人さの方が印象に残り、それがクライマックス燃え上がるはずのところでうまく自分には火が付かなかった。

~~

 またクライマックス少年探偵団が活躍するところと安室コナン活躍するところがある。少年探偵団が足手まとい過ぎない(足手まといの例:水平線上)、灰原が原作スペックから考える必要以上に出しゃばらない(一応薬学が専門のはずなのに薬学以外で博士よりも活躍している場面など)、博士が有能(ただの見守るお爺さんや道具・場所クイズ提供者じゃない)など個人的には好きだと思った。ただ、何も知らされずに衛星探査機子供たちが迎撃するというのはどうなんだろうかと疑問には思ったが。目暮警部をはじめとするいつもの警察関係者ポーズに近いのもあるとは言えど、子供に危ないことをさせないために止めるのに慣れているだけに、博士以外ためらう姿が絵として見られないのが少々残念に思った。まあコナン・灰原以外の事情を知る大人公安関係者だけなことはあるために納得は行くが。今回は探偵たちの鎮魂歌のように実は危険な目にあっていたし、その状況を対処したのは少年探偵団という描写だった。彼らなら事情を知ったうえできちんと対処できる(例:天国)という期待があっただけに、実は自分たちで破壊した探査機を間近で見られなくて悲しむ姿に言ったうえで協力してもらってもよかったんじゃないかなと思った。

~~

 毛利家の描写(園子緑さん含む)は結構好きだった。近年のコナン映画は蘭にとりあえずアクションさせ、雑でも新一と叫ばせればいいという個人的偏見がある中新一を必要とする理由おっちゃんの逮捕)がわかりやすく、コナンから蘭への愛情ちゃん尊重している(安室コナンから蘭への感情言及している)など、蘭の扱いがラブコメ中心ではない映画にしては良いと思った。純黒の蘭の存在意味が無に近いのを最近見返したので、思っていたよりはよかった。コナン映画といえば蘭に精神デバフをかけるのが恒例ではあるし、よくそれで叩かれている(空手強いのに騒ぎすぎとか)のを考えると新しい精神的負荷のかけ方だと思った。小五郎を蘭が疑うというのは14番目の標的でもあったが、今回は異例の起訴という事態に陥っているため精神的に弱っても不自然ではないと思う。妃さんも身内には弁護できないという状況でおっちゃんのことを考えているのが伝わってきてよかった。エンディング毛利夫妻はやっぱりこうでなくちゃと思った。園子は不安な欄に付き添ってあげているいいやつだし、緑さんも毛利家のことを思っている(正確には妃さんのことだろうけど)し、色々と手助けしてくれたりしてよかった。正直毛利家がこの映画視覚的にも物語的にも癒しとなっていたところあった。

 あと途中で車が泣き顔に見えるほどズタボロになっているのがかわいそうだけど、頑張ったねって感じで好き。カーアクション電車と真っ向から衝突し、電車の側面走ったりと本当お疲れ様だった。最後はもう廃車確定なのかもだけど、MVPは君だったよ。

~~まとめ

 総括すると、「名探偵コナン」の傑作として持ち上げられていた割には基本的物語が暗くてスンって気分でいた時間が多かった。ベイカーみたいに「名探偵コナン」としては異色という認識だとしても、それまでの認識していたコナン像と違ってたぶん困惑しただろう。これがコナンでなければもうちょっと先入観に踊らされることなく、楽しめたのかな。正規駄作とまでは言わないけど、公安警察方面に明るくもなく、コナン知識に自信があるわけでもない身としてはもうちょっと説明が欲しいなと思った。例えば、なぜ犯人共犯者を選んだのか、共犯者自殺した()あとどうしていたのか、コナンスマホに盗聴アプリを仕込まれいたことを博士に調べてもらって知っていたのなら調べてもらう際にバレなかったのか、NAZUは侵入された後に犯人によってパスワード変更されるまで(された後も)何もしなかったのか、警察公安)以外の省庁のお偉方が無能に見えたけど本当に何もしてないのか、犯人上司公安検察の人)が結構嫌なだけの不美人に描かれていたけど何か信念とかはあったのか、あのあと女弁護士はどうなるのか、あたりの説明は欲しいなと思った。小説を読めばいいのかもしれないけど、こだま時代の疑問点はあっても雰囲気とかでだいたい満足みたいなのに慣れすぎてて手を積極的に出す気にはなれないんだよなあ。世間評価のわりにあんまり響かなくて残念だった。安室というよりも公安の降谷を見るための映画だなと思った。だけど映像アクションごまかすんじゃなく、降谷という人についての描写をもうちょっと色濃くやってくれたら今よりも好みの作品になってくれたかもしれない。

私も本当は政治の話をしたい

疫病が猛威を振るい、歴史が示してきたとおり人々は政治への議論を活発にしている。

だが私は政治の話ができない。めちゃくちゃしたいのにできない。何故か?

政治の話をする人が右左関係なく口がめちゃくちゃ悪く、ヤバい人に見えているだからだ。

一緒の扱いをされたらたまったものではない。

こういうスタンスの人は結構いる。政治の話になった時にこういったことをポロッと言ったら結構私も私もとなったからそうだと思う。

この時点で「もっと政治に興味を持つべきだ!」とか「不勉強無知!」とかそういう罵声が飛んできそうなところだが、

なぜヤバい人に見えるのかというのを私の視点から述べたいと思う。

「そういう人があまりにも目立つだけで、そういう人ばっかりではない」というのを踏まえて欲しい。

1、政治の話をよくする人は自分意見押し付けすぎる

相手意見を「正しさ」ではなく「立場」で判断し、全否定か全肯定のどちらかしかない人に見えてしまう。

言い換えれば、自分所属する立場かどうかで相手判断するというめちゃめちゃな偏見の塊に見えている。

自分の正しさの証明必死過ぎるのも、

「一番大事なのはそれをしてどうなるかや論理であって、あなたが正しいかどうかは全然どうでもいいんですけど?さてはこいつ利用しているだけで本当は興味がないな?」

と警戒心を持つこともしばしばだ。

2、政治の話をよくする人は感情に訴えすぎる

論理理屈の話をしているはずなのに怒りやら悲しみやらを感じている人が多すぎる。

100*0=0の計算に対して、「せっかく100もあるのに0になるなんて悲しすぎる!この計算嫌い!」と言われたときの気分だ。

感情を表明されても困る。

こっちが読みたいのは論理構造問題点を示した評価レポートであって、感想文ではない。

3、政治の話をよくする人は平気で他人人格否定する

これが一番でかいかもしれない。

批判する相手安倍晋三にしても、山本太郎にしても、蓮舫にしても、立場関係くそういう人が多い。

通常、目の前の人間に「無知」「無脳」「独裁者」といった類の言葉を投げかけるのは完全に倫理観問題がある。

相手問題があるなら、相手を傷つけていいのか?と言い換えればわかりやすいだろうか?

人間人間扱いしない」

これを許容し、かつ実行する人間であるということは、政治に興味を持ち、問題から目を背けないということよりも遥かに人間的に問題がある。

正義の側でいることは大事だが、正義執行するのはあなたではないのだ。

中国インドが国力を伸ばし、アメリカ一強の時代が終わろうとしている今、政治社会情勢に興味を持ち、議論をして考え方をアップデートしていくというのはとても大事なことだと思う。

その大事な時に、話の場が劣悪な環境なのは良くない。日本人議論が下手くそと言われて久しいが、せめて感情正義感に溢れすぎている議論というのはやめて欲しい。

2020-05-10

官邸批判批判

内閣行政権国民に向けられている!けしからん!というツイート

https://twitter.com/s_mogura/status/1259141221869514753

いや、行政権内閣に属するのは憲法にも書いてある当たり前の事だろう。官邸の図は何も間違っていない。

第六十五条に「行政権は、内閣に属する。」って書いてあるだろう。

行政権内閣以外に属していて、しか国民以外に向けられているという理解なのだろうか?

さらツイート主は国民から内閣への世論の矢印が無いと批判している。

内閣世論尊重するにはするが国会で成立した法律執行するのが三権分立根本的な意義だ。

三権分立説明図でこれを省略するのは何もおかしくないし「概要」図でそこを難詰するのは難癖でしかない。

そもそも高校教科書デジタル大辞泉といった学術書とは言えない書籍を引き合いに出すのは、どうなんだ。

これに続くリプライも頭を抱える。

内閣国民意見できないんですね笑

内閣国民監視してるって、憲法を読んでないにもほどがある

じゃあ行政権はどこに属するんだよ。日々の行政はどこの誰が誰に向けてやってるんだよ。

憲法読んでないのはどっちだよ。

これ、「裁判所」を「最高裁判所」にしているあたり作為を感じるんです。実質的な人事は内閣が握ってるんだぞ感を出している。

最高裁判所が終局判断するんだから最高裁の方がより正確。これも憲法に書いてあるじゃないか

第八十一条 最高裁判所は、一切の法律命令規則又は処分憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である


ああ、政治議論は本当にむなしい。日常生活では一切かかわりたくない。

追記もしかして検察司法権に属すると誤解しているのだろうか・・・

2020-05-08

メモ新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策(R2.2.13)

新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応

令和2年2月13日

新型コロナウイルス感染症対策本部本部長:安倍晋三専門家会議招集は2月16日)



2.緊急対応

(2)国内感染対策の強化

病原体等の迅速な検査体制の強化等

国立感染症研究所において、判定を速やかに行う多量検体検査システムの緊急整備を行い、検査可能検体数を大幅に増加させる(*1)とともに、地方衛生研究所における次世代シークエンサー(*2)及びリアルタイムPCR装置(*3)の整備を支援することで、検査体制を拡充し、全国に83ある地方衛生研究所の概ね全てでリアルタイムPCR検査実施可能とすることを目指す。また、大学民間検査機関への外部委託活用するとともに、検査試薬が不足することのないよう所要の予算を確保する。

(*1 現在国立感染症研究所においては、1回(6時間程度)に200程度の検体の検査可能であるが、これを 800 程度に増加させる。)

(*2 次世代シークエンサーDNA構成する核酸配列を、同時並行で高速・大量に読み取る解析装置。)

(*3 リアルタイムPCR装置PCR 検査において、DNA断片の増幅とその検出を同時に行う装置。迅速性に優れる。)

感染症指定医機関等の治療体制機能の強化(略)

検査キット、抗ウイルス薬、ワクチン等の研究開発の促進(略)

マスク医薬品等の迅速かつ円滑な供給体制の確保(略)

 *

(参考)本対応策の所要額

今年度予算を着実に執行するとともに、これに加え、第一弾として予備費103億円を講じることにより、総額153億円の対応策を実行する。あわせて、日本政策金融公庫等に緊急貸付・保証枠として 5,000億円を確保する。

2.国内感染対策の強化:65億円

検査体制医療体制の強化:30.6億円

帰国者接触外来接触相談センターの設置:5.1億円

検査キット、抗ウイルス薬・ワクチン等の研究開発:10.0億円

国際的ワクチン研究開発等支援事業10.7億円

マスク生産設備導入補助:4.5億円 等

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kinkyutaiou_corona.pdf

2020-05-06

吉田一郎議員の、藤田孝典氏への批判根拠請求結果

吉田一郎議員

https://twitter.com/no_saitama/status/1256004480140632064

このツイート監査請求に関する文書へのリンクを貼っている。

https://www.pref.saitama.lg.jp/e1801/documents/hotpot.pdf

文書を見ると、これは吉田議員が主張するところの複数疑惑のうち、食事会について扱った請求のようだ。

文書では

第4 監査の結果

引用注:省略)

従って、請求人の主張には理由がないもの判断し、本件請求棄却する。

とあり、吉田一郎議員請求棄却されている。

なので、少なくとも食事会については吉田議員の主張ではなく藤田氏の主張が正当と認められている、ように思えるのだがどうなのだろうか。

また、以下のとおり、県民から見て分かりやす交付要綱にするよう提起されたことは

吉田議員請求の意義であるといえる、ということで良いのだろうか。

意見

本件請求に対する判断上記のとおりであるが、監査委員としての意見を次のとおり付記する。

監査過程において、「交付要綱」の運用裁量余地が大きく、県民から見て分かりにくい点が見受けられた。

下記の点について「交付要綱」の見直しを行った上で、平成24年度のホームレス自立支援団体活動補助金執行に当たること。




最後に、食事会以外の争点については、どうなったのだろうか。

自分の頭でよく理解できないので、はてなの民の知恵を授けてほしい

2020-04-30

anond:20200430110716

今の蓮舫岡村叩きと同じで正義感でやってるんだと思う、それが一番質が悪い

仕事が出来ない人間は悪で、追い詰めることは正義執行と本人が思っているなら止まることは無い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん