「ヒーロー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒーローとは

2018-09-26

anond:20180926080937

いつものことじゃん、自分の出番のために反則タックルかまし学生だってつの間にかヒーローなっちゃった

巨悪を殴るためなら小悪党は許すどころか持ち上げすらするのが日本人時代劇メンタリティ

2018-09-25

もうひとつ平成時代が終わってしまった

今日貴乃花親方退職会見を最後まで見ていたけど、私(34歳)にとっては貴乃花は、私にとっての青春時代ヒーローだった。

幕下時代は最年少優勝の記録を塗り替え続け、17歳で初入幕。

平成6年11月場所横綱となり、若貴ブームもすごかったよね。

私自身が小学生中学生の時期に活躍していたので、文字通り私にとってのヒーロー貴乃花だった。

ライバルの曙が悪役みたいだったこともあるけど。曙は今何をしているのかな。

両国国技館は連日満員で、得に貴乃花イケメンだったか女性人気も凄まじかった。

小泉元総理の「痛みに耐えてよく頑張った。感動した。おめでとう!」の名セリフも感動的だった。

貴乃花といい、安室奈美恵といい、平成時代が本当に終わってしまうのだと本当に実感する。

anond:20180925135752

増田は「獅子王」を知らないのかな?

昔、源頼政という中二病ボーイがいて、彼は日がな「自分は世の中にはびこる悪を倒す英雄である」と嘯き町中でヒーローごっこを繰り広げていたわけなんだ。

そこにある日「頼政どのwww うちに憑りついてる悪魔を倒してくれでござるwwwフォカヌプゥwww」という依頼があったんだ。

それを請けた頼政は依頼主の家で夜まで待つと、そこには夜には聞こえないはずの鳥の鳴き声が聞こえたという。

ここで賢明諸君はお気づきであろうが、鳥は夜に活動はしない。だから夜に鳥の鳴き声がしたらそれは鳥ではない何かの化物である。その考えには重要落とし穴があることには気づいているだろうと思う。

テープレコーダーだ。テープレコーダーがあれば夜に鳥の鳴き声を再現することもたやすいだろう。そう、これは「有り得るはずがない」を逆手にとって仕組まれ演出だったのだ。

頼政悪霊退治依頼をしたヲタク、これは上手くいけば中二病ボーイのメンツ台無しにできると踏んで立てた茶番であったが、ここに誤算があった。

頼政中二病だったので、鳥の鳴き声にはひるまずに音源を探し当て、その音源を持っていた刀で叩き斬ってしまったのだ。

しかし、斬ったと言えど実際は頼政がくらやみの中で無闇に刀を振り回していたのみ。

だが音が止んでしまたことにはこれは「頼政が何か化物を退治した」ということにせざるを得ない。

仕方がないかヲタクは「我が家に憑りついていた『鵺』を成敗していただきありがとうございます」と礼を述べる。

頼政頼政で、礼を言われたのであるから化物退治の実績を挙げてしまたことになる。頼政はこのことをパパに告げると、パパはたいそう頼政を褒めちぎり、ご褒美に新しい刀をプレゼントしたんだとさ。

その刀の名前が「獅子王」。増田の大好き刀剣男子でもおなじみだね。

まり妄想が作り出した「鵺」を妄想で倒したり倒さなかったりすることによって結果的物事神格化されたりするっていうのは良くあることなんだ。逆に言うと、「鵺」を介して物事は万事解決の構えを見せることだってあるんだよ。

ちゃん角度とかは考えられているんだよ。

2018-09-19

水戸黄門かい暴君を美化したドラマ

徳川光圀

辻斬りを頻繁に行い、家臣もその場で斬り殺す。

御三家の見栄のために石高を多めに申告し、そのために領民に重税を課す。

さら大日本史編纂などという暴挙を始める。

これがために藩の財政さらに逼迫させただけに留まらず、水戸学を生み出し尊皇攘夷震源地となり桜田門外の変引き起こし

その精神薩長に受け継がれついには太平洋戦争引き起こし日本破滅へ進み、現在もその負の遺産を引きずっている。

水戸藩自体天狗党と諸生党に別れて内ゲバを繰り返して優秀な人材は悉く失われ、茨城県の発展は遅れに遅れ、現在最も魅力のない都道府県ワースト1位に甘んじている。

このような現在に至るまでなお悪影響しか残していない暴君暗君の極み徳川光圀

これを水戸黄門などと称して正義の味方のような扱いをするなど狂気の極みではないか

例えるならヒトラー正義ヒーローにしているようなものだ。(後世への悪影響という点ではヒトラーよりもタチが悪いかもしれない。現在右翼団体ルーツ徳川光圀だ。)

2018-09-18

[] #62-3「アノニマン」

少年よ、なぜこんなところで一人、泣いているのだ。助けは必要か?」

「な、泣いてないよ」

「ふぅん、強がる程度の気概はあるか。結構、血行、雨天決行!」

アノニマンの第一印象は、お世辞にも良いとは言えなかった。

大げさで意味不明言い回しで、初対面の子相手にズカズカと土足で入ってくるイラつく奴だ。

しかも見た目もカッコよくない。

身体全体を覆うマントは薄い布切れ。

顔に取り付けられた仮面は明らかに紙で出来ていて、声をくぐもらせている。

見た目は手作り感に溢れ安っぽく、飾ってはいるけど飾りきれていない感じ。

体格は俺より大きいけれど、一般的大人ほどではなかったと思う。

なんというか、子供ヒーローごっこみたいだった。

ただ、そのゴッコ遊びの延長みたいな風貌が、俺の警戒心をゆるめたのかもしれない。

俺は人見知りのはずなのに、すぐさま彼と話すことができた。

「よくここが分かったね。今まで誰にも気づかれなかったのに」

「私の超能力が一つ、“アノニマセンス”だ。キミのように孤独でみじめな人間が近くにいると血が騒ぐのだよ」

「言い方」


いま思えば、俺がああやって話すことができたのも、アノニマンの超能力の一つだったんだろう。

俺は少ないボキャブラリーで、アノニマンに精一杯の思いを吐き出した。

「ふぅむ、キミの悩みは一見すると複雑だ。しかし、その実、答えはシンプル

アノニマンは最初から答えを用意していたかのように、俺に言い放った。

「キミはその場所を居心地が悪いと思っている。そこに自分の居場所がないのだから当然だが」

もちろん、俺の抱えている問題はそれだけじゃない。

だけど今の状況だけでいえば、解決すべきはそこだったのは確かだ。

解決方法は主に二つ。一つ目は居場所を“自分で作る”こと。だが、これはキミにはオススメできない」

「なんで?」

「キミの場合、そうして作った居場所は“ココ”みたいになるだろう。一人で閉じこもるためだけの、孤独避難場所だ。それは最後の砦としてとっておくべきものではあるが、勝つためには進軍しなければならない」

これもアノニマンの超能力の一つなのだろうか。

会って間もないのに、既に色々と見透かされているようだった。

「じゃあ、もう一つの方法は?」

「“順応する”、つまりその場所に慣れることだ」

「慣れるって……それは分かるけど、どうやればいいかからないよ」

「なあに、そのために私がいるのだ」

そう言ってアノニマンは、俺に向けて手を差し出した。

「道は示そう、そこを通るためにどうするかはキミ次第だ」

俺はその手を恐る恐る、弱い力で握った。

「よろしい! 今、キミは自分意志で、私の手を握ったのだ。その気持ちを忘れるなかれ!」

するとアノニマンは俺の手を強く握り返した。

「さて、今日はこれにて御免。また明日ここで会おう!」

そう言ってアノニマンはマントを翻し、声だけを置き去りにしてどこかへ消えてしまった。

「忘れるな、アノニマンはキミが必要としなくても駆けつける!」

(#63-4へ続く)

anond:20180917235050

うんやばいエスカレーターよりも好き。超高速で動くヒーローの気分を擬似体験できる。もしもここで俺が全力走ったら一体どうなってしまうんだ?ってワクワクがやばい

2018-09-17

思ったこ

「もしおれがその好かれてるやつだとしたらすごく悲しいよ」「勝手に終わられて思われてることも知らずに一生なんてさ」「誰かに思われることってなんかすごく…」

かに思われることに対して、フラットな(公平な? 客観的な?)状態で向き合ったことがないから、この台詞にとても動揺した。

かに好意的に思われるという図が現実的想像できない。友達とか、あとはファンタジー的な(ヒーロー的な)ものであれば想像できるんだけど、誰かが好意的に接してくれるのはただ単にその人の優しさなだけであって、私自身が好かれてはいないんじゃないかと思う。嫌われている方が多いし。

そもそも実在する人物に好かれる想像をすることって赦されるんだろうか。想像だけなら自由なんだろうけど、その人がオナニーしてることを想像するよりよっぽど赦されないことの気がする。私に好かれて嬉しいとか、身の程を知れよって脳内で色んな人にものすごく叩かれるし。

から少女マンガ気持ち悪いんだなぁ、となんとなく思った。感情移入のしようがない。なんでそんな、自分相手を好きなことが赦されると思うんだろう。

今回読んだ話は少女マンガではなくて、好きなことが赦されないと思ってたか秘密にしてたんだけど、言外で伝えてみたら案外赦されたとかそういう、話で。とりあえず感情移入はしてしまっていて、言語化しにくい気持ちを抱いていて、いやでもやっぱ私だったらこれを読んだ上でも誰にも何も伝えないし、なんか説得されてるみたいに感じたけど受け入れるには全然感情が追いついてなくて、この物語はそういう物語からハッピーエンドではないにしろ日常人格も壊れない優しい話で、でも私は現実なので、尊敬ギリギリ伝わってもセーフとして、相手が私に好かれたことに一生気付かない方が、幸せとか、好ましいとか、そういう感じになるんじゃないかと思う。

そんで、こういう自分語り思考きっかけでしかなくて感想でもなんでもないものを作者や担当編集部に捕捉されて「感想じゃないじゃん」って思われるのも嫌だし、あなたファンに私みたいな気持ち悪い人がいるのも知られたくないし、知り合いに「また自分語りしてるけど可哀想から構ってあげなきゃ」と心を砕いてもらうのも心底申しわけないし、でもどっかに放流はしたくて増田した。

PSO2運営はいつになったら誰も英雄を求めてないと理解するのか

PSU時代からずーっと批判さらされてるのに、未だに理解が及んでないようで本当に驚く


初代PSOそもそも英雄になる」話ではない

「気づいたら英雄(の魂)を救っていた」話だ

少しずつ地下に進んで、メッセージパックやクエストを進めて真相にたどり着く、

その過程は決して主人公英雄として祭り上げるようなものではなかった

主人公は「行方不明だった英雄が実は敵に殺されていた、その真相を明らかにした」ことで

英雄を超え」て見せた


MOとして最低限のストーリーラインしか求められていなかった初代で

あっさりと「英雄越え」を示して見せたのに、PSUからPSO2 EP5の今に至るまで

ずうっとずーっと主人公英雄の成り損ないに貶め続けている


PSUでは色気を出して顔あり主人公アバターキャラを併存させてしまい、

ストーリー上においてアバターキャラは完全に異物と化した

烈火のごとき非難を浴び、PSUのEP3ではNPCががんばって寸劇中に主人公話題を振るようになった

当然だが、そういう小手先だけの問題ではない


PSO2は一転してアバターキャラサクセスストーリーになった

謎解きを経て英雄呼ばわりされるようになっていく

EP3~4のストーリーでは喋れもせず自分物語を動かす力もない主人公を引き続き英雄呼ばわりして

必死ストーリー上の「英雄」に祭り上げていたが、

結局新クラスとして「ヒーロー」を実装してしまった

またもや「いまのお前は英雄じゃない」をやらかしたのだ、ゲームシステム上で。何と愚かな


ストーリー上の粗相は「やらなければいい」で済む問題だが、

PSO2の運営はそのどうしようもない愚かさでもって「お前は英雄じゃない」とゲーム全体から語ってしま


英雄とは即ち成功者メタファーだろう

少年漫画やらジュブナイルやらで主人公少年父親を超えようとし、

苦労の末実際に超えていくのはその過程によって

「キミも父親成功者(=大人)のようになれるよ」と読者たちに伝えるためだ

RPGはそのプロセス上ゲームを辞めさえしなければプレイヤーの誰しもが必ずいつか成功するわけで、

構造プレイヤーの誰しもが成功者英雄なのだから

プレイヤー化身であるアバターキャラストーリーシステム上で必死英雄として認定してあげる必要がない


英雄になる過程を描くということは、とりもなおさず主人公英雄でないと示し続けるに等しいことだ

それを初代PSOでは理解していたから「設定上の英雄を救う」という方向で「英雄越え」をしてみせたのだろう。

ゲーム側がすべきなのはストーリー英雄にしてあげる」ことではなく

「すでに己が英雄であると気づかせる」ことなのだとわかる


J-RPG全般において脚本の弱さというものは常々指摘されているが、

PSO2運営における意識の至らなさは未熟を超えて非常識の域に達している

もう2018年だぞ、いい加減学んでくれ

anond:20180912115027

教授意見があるんだったら本人を連れて来いよって話になるし

自分ヒーローになれずひたすら聞き役の番組だったら「池上彰の~」にできないじゃん

2018-09-16

なろう小説に登場するヒロイン(orヒーロー)って何で英語圏とかドイツ圏の名前ばかりなんだろ

ずっと異世界転生or転移系のなろう読んでて思ったけど。

逆に女性向けのなろうも中世ヨーロッパ風の異世界舞台で同じように英語圏ドイツ圏の名前が多い

ヨーロッパとの接点なんて殆ど全くないと言いたげなのに世界観ガバガバなんだろうかね

オーバーロードはその点ンフィーレアみたくアフリカ人みたいな名前登場人物いるから、もしかしたらそうじゃないなろうもあるのかもしれないけど

ともかくヨーロッパ語圏の人名地名、技名とか商品名を出すのってクソ恥ずかしく感じるからマジで辞めてくれ。

not for me:オーマイヒーロー

表紙の絵柄がほのぼのとして好みだったから読んだが自分には合わなかった。、

1話の後半、真昼間に子供がすぐ近くにいる状況で、成り行きとはいえ

相手に抱きつきながらシコる展開が出てきて、ついていけずに脱落。

いや、そういうジャンル作品から物語が進んでいけばいずれそういう展開が来るとは予想はしてたけど、

こんなに早くこうなるとは思わなかった。

ほのぼのした絵柄とのギャップに裏切られた感。

Amazonでは評価高かったけど、自分にはあわなかった。not for me。

[] #62-1「アノニマン」

住んでいる町の治安はいいか

観光客っぽい人に、一度そう尋ねられたことがある。

その時、俺はどちらともとれる表現で返した。

治安が悪いから、そんな反応で濁したわけじゃない。

本当にどちらともいえるし、どちらともいえないからだ。

この町では、色んな自治体自警団がある。

警察だけじゃ手が回らないから……ってのが一応の理由だとか。

実際はそれらが幅を利かせているせいで、警察に何もさせていないって方が正解だと思うけど。

俺が生まれ大分からそんな感じだったらしい。

からなのか、俺たちの町ではシケイ行為ってのにとてもユルいんだ。

ちょっとした犯罪揉め事くらいなら、住人たちで勝手解決しようとする。

自治体自警団だけじゃなくて、一人で取り締まっている奴までいるんだ。

かくいう俺もこの町で生まれ育ったわけだから、そんな風景を当たり前だと思ってる。

しろ、そういう状況を楽しむ余裕すらあるくらい。


「やっぱり『魔法少女』が人気ではトップクラスかなあ」

今日も俺の家で、ミミセンやタオナケ、シロクロ、ドッペルというメンバーたちとシケイキャラ談義に花を咲かせていた。

私、女だけど魔法少女』より『サイボーグ少女』とかのほうがカッコよくて好きだわ」

タオナケ、それはちょっと古くないかなあ? 『サイボーグ少女』が活躍していた頃、僕たちはまだ生まれてないだろ。なあ、マスダ?」

「昔のなんて知らねえよ」

俺はぶっきらぼうに答える。

タオナケの言っていた『サイボーグ少女』ってのは、たぶん母さんの若い頃の呼び名だ。

俺は思春期真っ盛り。

ケイキャラの話で盛り上がりたいのに、身内の話なんて広げられたらたまったもんじゃない。

「確かに昔だけど、最近のなんて語り尽くしているんだもの。今回は趣向を変えてみてもいいんじゃない?」

ノスタルジー!」

シロクロはそう言って、手を大きく振り上げた。

タオナケの提案に賛成ってことらしい。

「んー、それもいいか

ミミセンもそれに乗った。

ドッペルは何も言わないが、聞き専なのでどっちにしろ関係ない。

まずいな。

このままでは『サイボーグ少女』の話になってしまうかも。

俺はそうさせないよう、真っ先に話を切り出した。

「じゃあ、俺から話す……みんな『アノニマン』って知ってる?」

みんな首を傾げる。

「やっぱり知らないか……」

色んな人に『アノニマン』について話したことがあるけど、大体みんな同じ反応だった。

そこまで有名じゃなかったんだろう。

でも俺にとっては、間違いなく最高のヒーローだ。

アノニマンに出会ったのは、俺が小学校に行き始めた頃……」

(#62-2へ続く)

ラノベエロ表紙ゾーニング問題

今日わりとデカめの本屋に行ったらエロい表紙のラノベばかりが置かれていることはなく、BLだのティーンズラブだの性的表現が強めの漫画ちゃんゾーニングされていた。

俺が小学生の頃は週刊少年ジャンプで連載されていた電影少女っていう結構エロい漫画があってそりゃもう毎週ジャンプを楽しみにしていたし、単行本も買ってた。

親に中身見られたらヤバイと思ったけど、親は漫画に興味がなかったから助かった。

電影少女単行本持っているというと同級生の中ではヒーロー扱いで、みんなに貸してボロボロになった。

俺は今でも夜に散歩している時、見たことのないビデオ屋さんが散歩コースに突然建っていたりしないだろうかと空想にひたることがある。

それで何が言いたいかというと、こういう小・中学生でも手の出せる範囲エロって本屋マンガコーナーみたいな購入しやす場所にあってもいいと思うんだ。

矢吹健太朗先生くらいのエロさだったら少年漫画でアリってことだから、小・中学生が買いやすいところにあっていいと思うんだよね。

じゃなかったら今時の小・中学生はどうやってエロ補給するんだよ?

インターネットがみんな与えられているわけじゃなかろうし、昔のようにエロ本が公園の片隅に落ちているなんてこともめっきりみなくなった。

いやあれは妖怪が落としたまだ心が純粋子供しか見えないエロ本だったんだろうか?

エロいことに興味が出てくるのは自然なことで、それを適度に年齢にあわせて与えることって必要じゃないのかなと思った。それがラノベとか矢吹先生役割じゃないの?

2018-09-15

キャラ付けが途中で消えたやつ

マイホームヒーローのお父さんが最初電話でおおーんおーんとか言いまくってたのに言わなくなった

2018-09-14

安室のどこがそんなにいいの?

煽りじゃなくて当時からマジでわからん

小室ファミリーならtrfglobeの方が名曲揃いだったし

アイドル性も鈴木あみ華原朋美の方が上だったし。

宇多田椎名林檎の方が音楽的才能もあったし、最近だとmiwaとかSuperflyかいるわけで。

からパッとしない曲を狭い音域で歌ってる印象しかないし

ダンスはまぁ上手いけど一人で踊っても映えないよなぁ、という感じ。

もちろん、それでも歌手として並外れてるとは思うけど

ただの一人の歌手しか思えん。

結婚して紅白トリのときも、なんでそこまでするの?としか思えんかったし

Can you celebrate?かい小室が手を抜いた曲を歌われてもなぁ、と思ってたわ。

というかa walking the parkらへんからガッツリ手を抜かれてるし。可哀想に。

最近全然曲知らんし、オリンピックヒーローヒーロー言ってる曲もしつこくて

その前のミスチルgiftの方が断然上だったわ。

なんで国民歌手扱いなん?

すげー謎。

anond:20180914010739

そうだね。でも

正義については、盲信や自己満足可能性、

公益性を考えるのも「ヒーロー願望」と言い換えると浅ましくなるよね。

逆に男の正義公益性を考えた行動も

女側から見たら、上記のように見えてるんじゃないかって感じてるよ。

言ってみれば、感性が違うから正しいと思ってることも

性別が違うと異なるんだろうなあ

2018-09-13

役割強要しているって論理だといろんなところ殴らないといけなくね

例えば映画ドラマとかの恋愛至上主義だったり、

筋肉もりもりの男性役割マッチョイズムだったり

最近ハリウッドとかで話題になった白人ヒーローだったり(最近でもねえな。ちょっと前)


しまいにゃテレビで(美女美男以外は)お笑い芸人がいっぱい出てるのも、(てめえら平均以下の顔の奴らは)笑いを取る必要があるという強要になってませんか?

とか言う主張も出来ませんか?


この論理だけでラノベだけを殴るってのはかなり雑だし、

そもそも表紙だけでそう強要されてるってレベルで感じるの?って気もする(まぁエビフライさんたちにとってはその議論はいらないんだろうけど)

あとはラノベって所詮コーナーの一角しかなくて、そこまで影響力与えられますか?("ら"入れました)




どうでも良い話

おっぱいの話におっぱいの表紙付けるの何が悪いって気もする。

それよかあのA○Bとかを文学の表紙にしてるの意味分からんからやめてくれと思うんだが。


まぁ、おっぱいの話をレーティングなしに販売するのって正しいの?って別の議論になります

レーティング機関がなー有害図書とか言う悪意の塊みたいなネーミングしてなけりゃーなー

2018-09-12

anond:20180912161401

どうせ何描いてもこいつらは差別差別と喚いて

批判する俺たち正義ヒーロー!みたいな思考なんだから

まともに相手するだけ無意味ってこったね。

神宮寺勇太マスクについて

からking&prince神宮寺くんがヒーローショーでマスクを外していてひっくり返るかと思った

私はジャニヲタだけど、兄弟中の人がいるので、それがいかにやってはいけないことかわかる

例えば神宮寺くんは同グループメンバー岩橋くんとできている、というようなニュアンスでくっついたりキャーキャー言われたりしてるけど、もし彼女ができてファンが「岩橋くんとじゃなかったの?」と悲しさのあまりに呟いて、本人の口から「いやあれは設定だから」と言われたらどう思う?

中の人がいないのは設定」「子どもでもさすがにわかってるでしょ」と思ってるファンに言っときたいのはそういうありえんひどいことをしたってことだよ

ジャニーズタレント私たちに夢を振りまいてくれるけど、それはヒーロー中の人も一緒で、流石にもし局側も良かれと思ってやらせたのなら最悪すぎる

ちなみにヒーローショーや着ぐるみショー見たことある人もいると思うし、子供とき写真撮ってもらったことある人もいると思うけどあれ練習して動きがイメージと違うってなったらどこがどうって直しながら仕上げていくし、写真撮影イメージにそぐわないポーズはそれこそ版権から禁止されてるぐらいクソ厳しい世界なので、

これで騒いでるジャニヲタマジで最低って言われて辛い気持ちはわかるけど本当に目を覚ましてほしい

あと普通に兄弟の今週の仕事に支障をきたさないか無駄心配になってる

分かり合えない二つの間にある溝

昨日のツイッタースーツアクターを巡るツイートがよくRTで流れて来た。

(参考:https://togetter.com/li/1265833)

この話の流れは

日テレ朝のワイド番組ジャニーズタレントスーツアクター弟子入りして修行

後に子供達の前で修行の成果を発揮してヒーローショーを披露

上手い事演じられたのか、感極まってヘルメットを脱いでしまった模様を放送したところに特撮ヒーローに造詣がある視聴者スーツアクターに対するリスペクトが皆無だと批判

そこにタレントファンが噛み付いて炎上

と言う流れ。関連ツイートから

特撮ファン

スーツアクター台本にないにも関わらず自らヘルメットを脱ぐのは、見ている子供の夢を壊す行為であり言語道断

タレントファン

感極まってしまった上での行為で、かつスーツアクターとしての心得をタレントが把握していなかったのではないか。もしくはその模様を放送した日テレ責任である

ざっくりではあるが上記意見が中心となった対立構造に。

個人的はいわゆる特撮ヒーローゆるキャラに「中の人などいないルール」はある程度理解は示せるものの、結局は「中の人はいものだ」と言う意識で見ている。

また、タレントとしても多忙な中で長期に渡って修行した結果の達成感での行為なら分からなくもないが、スーツアクターが何者かと言うところへの想像力が欠如していた故の行為とも取れる。

さて。この二つの対立構造をややこしくしているのが「罵声」だと思っている。

特撮側は「スーツアクターに微塵の理解の無いジャニタレ」と「世の中ジャニーズ無罪がまかり通ると思っているファン」と言い放ち

タレント側は、よく分からないけど気味の悪いオタクがわめき散らし、タレント批判していて気分が悪い、としている。

もちろん互いに理解のある意見散見されるものの、特に画像や短いツイートで罵る類のものには相手理解しようとする意思は皆無だ。とにかく相手側を罵声で殴り倒し続け、相手が黙れば「論破」でこちら側の勝ち、と言う無益な戦いが繰り広げられている。

もはやSNSでの「炎上」は劣情や差別意識の塊にまみれ見るに堪えないものばかりで、日本学校教育において議論を学ぶ機会が希薄だった結果がこれらから滲み出ているのでは、とさえ思える。

結局はツイッターやめたらこんな事考えなくても良くなるのかな、と後悔をし始めたところだ。もうしんどい。いろいろと。

2018-09-11

タイガーマスクはじめてみたんだけど

昔の漫画ってやっぱ、怪人側(悪役側)と同じ力を持った正義ヒーローって構図好きだよねぇ。

仮面ライダーキャシャーンデビルマンetc

今で言う異世界転生みたいな感じなのかな。

2018-09-08

厨二妄想ネームに書いたら解放された

アラサーサラリーマンですが、少し背の高いビルに勤めてます

時々窓から外を眺めては、手から発せられる光の弓で遠くの怪人を射抜いて倒す人知れないヒーロー妄想を長いこと楽しんでました。

自分漫画は書きませんが落書きくらいはするので、ある日ふと思い立って、この妄想を使った漫画ネームを書きました。

それからしばらく経ちますが、この妄想はしなくなりました。

アウトプット大事だなと思いました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん