「シリアス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シリアスとは

2018-08-08

シリアスなシーンで、突如雰囲気の異なる音楽が流れてきて狂気を感じるシーン

って、何かある?

ex1: ボトムズで、レッドショルダーマーチが流れてくるところ

ex2: GANTZで、「あたーらしーいあーさがきたっ♪」のところ

2018-08-05

そこそこの文字書き「なろうさんでの住み分けなんて無理(っていうか、出版社小説普通に受けりゃいいじゃん?)」

そこそこの小説書きです。

どれくらいそこそこかというと、かつて小説家になろうの月間ランキング(日間、週間とかだと瞬発力でちょいちょい乗るけど、月間四半期になると勢いだけでは難い、四半期、年間ランキングだと今でも結構書籍化の目があるんぢゃない? って感じ。まあ累計ランキングでも出版社から声かかってない作品沢山あるけど)ぐらいには載ったことあって、大手出版社とかで何回か最終選考まで行ってるぐらい。

結局本出せてないかアマ中のアマ電子書籍とかは出してるけど)

さて、

https://togetter.com/li/1253015

とやらで、

文字書き「なろうさんは早急に『小説としての純度を目指した作品』と『楽しむのが第一ラノベ類の作品』を住み分けしてほしいよぉ」「『読者の悦楽を優先』(所謂テンプレ)『作品の完成度を優先』(シリアスなど)魚と犬レベルで違うぞ( ´Α`)」

ってのがあったけど、

小説としての純度を目指した作品を探している読者は皆無ではない。

だが、少数である

また、「小説としての純度を目指した作品」っていう定義すらもふらふらしてる。

別に誰も楽しませるつもりないけど、書きたいこと書いたらそれっぽく文学なりましたーみたいなのって芥川賞とかあるわけで。

文学ぢゃないけど、そんなに古き良きものにこだわりないけど、芸術性高めてるぜ! いえーい! みたいな作品て、今だとネットでなんぼでも発表できるし、ちゃん広報活動とか人脈とか出すとこに出せてる人は同人界隈(電子書籍含む)でそれなりに認められている。

なろうさんって、大多数の読者が『楽しむのが第一ラノベ類の作品』を求めている中で、

そん中で、『楽しむのが第一ラノベ類の作品』っぽいけど、実は自分流のこだわりを詰め込んだ作品とかなら目が出る可能性あるけど、逆に、『小説としての純度を目指した作品』と『楽しむのが第一ラノベ類の作品』すら書けない作者のクソ作品区別すらつかない、『楽しむのが第一ラノベ類の作品』を求めている読者相手に何考えてるのか?

なろうには読者が沢山いるから、区別さえしてくれれれば自分作品にも日の目が当たるって考えて、なろう頼みの作者なんて、この先生きていけるわけない。

SNSなりなんなりでバズらすなり、普通に小説賞に応募するなり、自分に合った発表の場を見つけるなり、なんとでもなるだろーに。

なろうだって、元々中高生に受ける作品が良い作品だったのが、おっさn向けとかも増えてきて、受ける作品はどんどん枠を広げてる。

もちろん、それに含まれない良い作品もあるだろう。

だけど、なろうにその作品の発掘場になれってのは、ちやんちやら以下略

だったら、なろうに投稿しつつ、別の方法でバズらせて、なろうに他の所から読者呼びこめよ、ってなる。

実際、知り合いだったり名前だけ知ってるだけの、尖ってたり、何かの純度を高めてる作品書いてる人って、見る人が見たらわかるし、いろいろアンテナ張って、人脈やら知名度増やして、徐々に読者層広めてってるからね。誰とは言わんし、言っても70億人ぐらいは知らんやろーけど。

人気のオリジナル作品ありき、性描写ありの漫画同人誌が何百冊とか売れるのはよりどころがあるから当然で、

こっちは、完全オリジナルラノベみたいに読者に媚びない(ある層の読者には大変媚びることはあるにしても)、そんな文字だけで表紙もしょぼい作品、それも全然宣伝してくれないキンドルとかそういうフォーマットで、月に何冊(一桁、新刊が二桁売れたら御の字、三桁行ったら大成功)売れたーみたいな世界で、細々やってるんですよー。

そういう界隈の人と繋がりももてずに、なろうさんー頼む―っていうのが、まあ現代っ子というか情弱というか。

とにかく、頑張って!

(ほんとに面白い作品だったら、小説投稿サイトでは運が悪くて埋没するんだけど、いろんな賞に応募したら、まあまあひっかかるんですよね、そもそもWEBでの人気とかも考慮しだした出版社投稿サイトが一緒にやってる賞に応募するから、運がなくて受賞できなかったみたいな言い訳できるわけで。まあ、下読みさんとの相性とか、賞自体カラーとかそういうのも沢山あるけど、ほんとに面白い作品だったら、どっかにひっかかるんですわ。面白い=金になるって公式は無下にできんのがつらみだけど)




って、酔った勢いで書き捨てごめん!

2018-07-31

anond:20180731004133

関連リンクがある…

https://anond.hatelabo.jp/20180730215648

あと補足

2012~13年

私の行きつけの店に対しツタヤ地方支部本社めだかボックスシリーズレンタルDVD入荷強行

2010年頃当時の2ch漫画系板で西尾氏の粘着アンチいじめられてる可哀想漫画だと認識してたが

この件でツタヤ予算の金ドブコンテンツとして見限ったわ!

私の行きつけよりも品揃え多い人口五万以上の市の店の方でアブノーマルラストまで入れるのなら分かるよ。

あんな男女総受け、当時の現行ジャンプファン受け目指そうとして失敗した奴を入れるために金ドブしたんだぜ?

おかげで私の町の他の店には通常通り入ってきたはたらく魔王さまは私の行きつけの店に入るまで二年かかった。

うその時点では興ざめ、客層だった奴らはみんな他の作品求めてたさ…

さら幻影ヲ駆ケル太陽ツタヤ本社人口5万以下の町村にまでごり押し

シリアス担当マギダンガンロンパヴァルヴレイヴ、進撃の4タイトルだけでは役不足だったのか?

いや役不足じゃないだろ!!

さらにはファンタジスタドールもごり押し

女の子同士の友情ならきんモザ一期入れろと思ったわ

14年は13年に比べたら少しはマシだと思われるが

ハマトラメカクシティアクターズとかシリアス界の出来損ないが入ってきたのはちょっと

15年はこの数年でまだ良識にあふれてたわ

クラスルームクライシスコメットルシファーケイオスドラゴン

ガンスリンガーストラトスもどきかいシリアス界の出来損ないが全て入って来なかったからなのです。

だが16年からさらに品揃えが悪くなった…

シリアス枠も腐・夢枠も必要以上のはいらねえょ! それよりもほのぼのと百合大事だ!

まず始めに注意書き。

今回のこの文章について、はてな匿名ダイアリー利用者の皆様にとって

そよ風とは言いがたい表現などが含まれています

また、問題提起を鼻で笑う様な冷笑系お断りいたします。

では始めに。

先週末私の行きつけのツタヤに行ったら私が春クール開始前から入荷を警戒してた作品が入ってきた…

デビルズライン

ニル・アドミラリの天秤

鹿楓堂よついろ日和

全部腐・夢女子受けアニメです…('A`)

さらに、

Butlers~千年百年物語~も入荷決定だということを聞きました…

私は行きつけのツタヤと私の県のツタヤ支部、それにツタヤ本社に対してこれらを人口五万以下の町村の支店に入荷して欲しくない、

市の支店の方に入れて下さいと要望書を送ったんだよ?

クールイケメン枠ペルソナ5銀河英雄伝説では役不足だったのか?違うだろ!!

それだけでなくシリアス枠でも人口5万未満の町村支店には入れて欲しくなかった

されど罪人は竜と踊るかいう奴まで入ってきやがったんだぞ?

ツタヤだけでなくライバルゲオグループにもまんべんなく…

17クール放送ものだと私の行きつけの店にDYNAMIC:CHORDなんて5ch年間ワースト賞が栄誉ある勲章になってしまった

厄介者が入って来たんだよ?

腐枠なんて銀魂とおそ松とMマスと血界で十分なのに大迷惑

それだけでなく本来シリアス枠では宝石の国入れるべきだったのにDiesIraeなんてぶっちぎりのハズレコンテンツ入れやがったし、

女子枠はまほよめだけで十分だったのにCode:Realizeなんて入れやがった…

一方で私が秋に推してたブレンド・Sこのはな綺譚少女終末旅行はいずれも入ってこなかった…

クールも入るべきだったものが入らず微妙ものや超要らねーものが優先されやがった

クール推しで入ってきたのは三ツ星カラーズポプテピピックのみ…ケチくせーーー(´・ω・`)

そして今年上半期のシリアスアニメ出来損ない代表であるBEATLESS入ってきやがった。

ツタヤどころかゲオにまでも…

いいやBEATLESSもどきという呼び名が正解かも

良かったのは主人公の通う学校学生服デザインのみ、

音楽作画戦闘も迫力も中途半端

ギアスDTBマクロスまどかシドニアなどが放送されてきたアニメイズムの看板汚し。

その客層になるはずだった連中は

近接戦闘Fate/EXTRA刀使ノ巫女

に、

近代兵器戦…GGO

に行ってしまったさ…

せめて分割クール音楽主題歌は澤野さん、NETFLIX出資アニメ製作はA-1ピクチャーズでやってれば良かったのに…

いや、ディオメディアちおちゃんの通学路のような1話完結の日常ギャグ適材適所だということを自覚させたのがもうひとつの良い点だったな、すまんm(_ _)m

私の町のゲオだって

封神演義もどきメルヘンメドヘンもどきなんて腫れ物が全国にまんべんなく入荷され、

魔法少女サイトカリギュラといった私にとって好ましくないベクトルシリアスものも入荷されましたよ。

でも私の行きつけのツタヤなんかよりはマシなレベルだよ。

だってゆるキャンこみっくがーるずりゅうおうのおしごと、

ラーメン大好き小泉さんCitrus多田くん、ラストピリオドといった

私の推しまたは私が良心だと感じるタイトル入れてくれたからだよ。

だが私の行きつけのツタヤは何だ?

ゲオよりも歴史が長いのに何なんだよこのザマは!!!!!

BEATLESSもどきやDiesIrae、され竜といったゲオにもまんべんなく入荷されてたグループに加えて

Code:Realize鹿楓堂よついろ日和

デビルズラインニル・アドミラリの天秤鹿楓堂よついろ日和

Butlers~千年百年物語~、そしてDYNAMIC:CHORD…

しかデビルズラインは隣町(人口5万以上)のもっと品揃えが充実してるツタヤの方には入らなかった…隣町のツタヤに入れろよ…

こんな腐・夢女子アニメや出来損ないシリアスアニメなんか入れる予算あるんだったら

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

宝石の国

宇宙よりも遠い場所

スロウスタート 又は ・こみっくがーるず

ゆるキャン

を全国の店にまんべんなく入荷するべきだったろうが!!!!!

だがツタヤ本社地方オフィス作品選定者どもはBEATLESSもどきみたいな出来損ないシリアスものや春の腐・夢女子アニメときなんかの入荷に予算を使い

そのせいで俺の夏の推し(ちおちゃんの通学路あそびあそばせはるかなレシーブ)が入らなくなる可能だってある。

どんな判断なんだよ!金をドブに捨てる気なのか?

人生は非オートセーブ方式コンシューマーゲームみたいにリセットなんて出来ないことを自覚してないのかよ?

ドラクエ11の隠しダンジョン編みたいに過ぎ去った時はもう戻らないんだよ?

そしてツタヤ現在レンタル解禁日未定のLOSTSONGなんてものごり押しキャンペーン企んでやがるらしいな!!

なんせツタヤTVアニメ関連四大の神器は

腐・夢寄り問わず長身イケメン動物園

十分な脚本力も映像力も無い上に円盤1巻につき最終スコア三桁のシリアスもの

ダーク発狂もの

なろう系異世界転生チート無双

みたいなの同然だからな!

メイドインアビスの様な出来のいいシリアスもの

百合、ほのぼのは蔑ろにしてるともいえるしな。

三ツ星カラーズだって入荷選定者がしぶしぶ判を押したみたいな感じするし…

つーか刀使ノ巫女も本当はツタヤ本社地方支部の入荷選定者は冷遇してたのかもな、

シリアスカテゴリでも

Fate関連やガンダムシリーズ客観的にも主観的にも賛否両論だし。

神様私たち人類に気が狂いそうなシリアスストーリー描画能力

BL、それに長身イケメン描く能力を与えたのは間違いだったな。

そんな能力つーか技能のせいでどれだけ私は辛い思いしたのか?

行き付けのレンタル店に余計なシリアス・鬱アニメ

腐・夢女子アニメばかりが入ってる一方で

ソフト百合・ほのぼの系アニメがろくに入らない惨めな気持ちが!!

ツタヤ作品入荷選定者のみなさんはそんなに私をグレンラガンの9~11話中盤までの茫然自失のシモンみたいな気持ちにして楽しいのですか?

バンドリ!ガールズバンドパーティー」の「NeoAspect」イベの湊友希那みたいな悔し涙みたいな気持ちにさせるのがそんなに面白いのですか?

私を『はたらく細胞』3話のくずおれながら慟哭するナイーブT細胞みたいな気分にさせたいのですか?

補足

ロードオブヴァーミリオン…本作もツタヤグループ人口5万以下の町村の店にもごり押しキャンペーンするんだろ?

BEATLESSもどきやDiesIrae、クロックワークプラネット、され竜、ハンドシェイカー

クオリディアコードみたいに

夢100TV版、千銃士…こんなの入ったら私は対抗措置として

公式配信サイト利用やレンタルDVDという形で

さすがの猿飛ザブングルの一挙視聴マラソンしますね。

ここ数年の長身イケメンが売りのコンテンツ全てに対するカウンターカルチャーなんだからな…

あと俺はスーパーロボット大戦X-Ωザブングルが参戦したら

SSRウォーカーギャリア(パイロット:ジロン・アモス)を最終限界突破+フル改造しますね。

2018-07-30

ツタヤグループがかつて行った入荷政策について

2006年ツタヤの各地方オフィスあるいは東京本部

一部の店にキッズ向け奨励ハイターゲット向け冷遇を命じたんだぞ?

そのせいでひぐらしのなく頃にハルヒが入るのが遅くなり、

超星艦隊セイザーX(特撮)やガン×ソード魔法少女リリカルなのはA'sは返品(2009年12月全巻再入荷でもセイザーXは帰ってこなかった…)、

一方でこれが私の御主人様アルティメットガール奥さまは魔法少女、はっぴいセブンなんていう「男子の劣情をそそるのが目的だったのに出来損ないになってしまったふぬけアニメ」は返品されず残ったんだよ?

このせいでその4作品ゼロ年代で超大嫌いなアニメワースト5に入りました(ガンダムSEEDシリーズは圏外)

それに脚本映像技術重視の考えも芽生えましたり

こんな腐りきった政策許されると思うのか?

さらに「BLACK LAGOON」「よみがえる空」も入るのが遅れ、

Fate/stay night」(スタジオディーン版)も当時の3月入荷中止→全部入ったのは私の行きつけの店では11月になってからということになったんだよ?

07年秋には神曲奏界ポリフォニカかいう奴が一部の店で入荷継続の一方で

当時わたしがようやく興味に目覚めたグレンラガンが3巻で入荷打ち切り(4~9巻入ったのは09年秋ごろ。その時すでにムーブメント終わってた)

そのため私はさら作品に対する視野を狭めることになり、

その当時自分にとって耐えられないシリアスストーリー展開されてた作品自分の行きつけのレンタル店に入荷されることを嫌う様になったんですよ

(ナイスボートH2Oat-xAYAKASHI

シゴフミ、bluedrop、myselfyourself、狂乱家族日記など 一方ガンダム00なのはstsシャナ二期にもえげつないシーンあったが私のえこひいきの対象だった)

それらの事が私の作品嗜好を、作品へのスタンスを歪め、

自分の都合で映像シナリオ重視を掲げる場合もあったり

セル円盤売上を持ち出したりするなどキメラ思想になっていった

それが顕著になったのが2010年以降

バカテスワーキング自分の一番の行きつけのレンタル屋など一部の店に入らなかった事に憤慨して

さらストライクウィッチーズ戦国BASARAの二期も通常通りに入らなかった

その一方でツタヤグループ学園黙示録ごり押しキャンペーンを行ってた…

それがさらに心を閉ざす事になり

えむえむっ!をある人物過去回想それだけの理由で拒絶するような考えに陥り

私の行きつけの店に入らなかった時は大歓喜し、

当時は俺妹禁書二期・イカ娘・スタドラが一つでも入らなかった場合私はその店に二度と行かないことにすると考えてた

(だが途中でスタドラは111月放送シリアス回がきっかけで入荷遅れたことに何も感じなくなった)。

これは私の行きつけの店だけでなく全国の一部の店などでも起きていた現象である

2018-07-26

anond:20180725144140

千銃士、原作となるアプリもまだサービス開始からまり日が経ってなくて

詳しい設定が小出しにされてるような状況なんだよね。

からしかするとそういう話になっていくのかもしれない。

コメディなようで意外と設定そのものシリアスから割と面白いなと思ってる。

2018-07-24

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その3

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2 からの続き )

 

中間管理録トネガワ

 中間管理職お仕事アニメ制作マッドハウスキャラデザ高田晴仁なので、実質カイジ特に会長がしゃべるシーンだけ観ると完全にカイジ悪魔のような上司と萎縮する部下の間に挟まれ中間管理職の苦労をコミカルに描いていて、テーマ凡庸さに比べてすごく斬新で面白い

 1話では冒頭9分くらい使ってトネガワさんの紹介があるけど、ぶっちゃけ観なくていい。大抵の人はカイジを何らかの形で観たことがあるか、もしくはマンガアニメ実写映画も観たことがないけど、ストーリーだけは全部知ってると思うので。

 ☓ナレーション◯実況:川平慈英の「他人事だと思って楽しそうに実況しやがってこの野郎」感がとても好き。部下のボケ→トネガワさんのツッコミ→実況の「くぅ~ww」(ボケ)という流れなので、みんな画面に向かってツッコミを入れよう。

 

Phantom in the Twilight

 ロンドン日常アニメ。国際色豊かなおじいちゃん自警団の日々を描く。世界設定が

矢野俊策TRPGの人)から分かる通り、日本におけるお化けみたいな連中がテーマ作品タイトル黄昏時のなんちゃらっていう意味なのだろう。似たモチーフを扱った作品でいうと「ゲゲゲの鬼太郎」(特にいま放送してる作品)は社会の闇、「化物語」は闇の心、「魔法使いの嫁」は良き隣人としての人外を描いているけど、本作は魔法使いの嫁に近い。さすがロンドン日常。そして意外とアクションシーンの熱量が高い。さすがライデンフィルム

 

アンゴルモア 元寇合戦記

AmazonPrimeVideoのみ見放題

 アニメで観る元寇、下っ端視点対馬。6度目の使節団が日本に来たけど、結局日本が元に服従しなかったので元の皇帝侵略することを決定、900艘の軍船を準備し終わった頃から始まるお話(1274年)。基本的基本的史実ベースで進んでいく感じみたい(Wikiみながら)。

 アクションシーン(特に剣戟)が多く、めっちゃ動く。SEも良い(音響効果今野康之)し、出血表現も好き。

 

百錬覇王と聖約の戦乙女

 アニメで観る「軍師になろう」。紀元前青銅器時代舞台?戦記モノ+スマホチート。「天は赤い河のほとり」みたいな感じ?あっちは主人公軍師じゃないけど。実際にあった(ググると出てくる)戦術心理戦術が解説付きで登場する。これで君も明日から軍師だ!

 1話にして1話の内容ではない。異世界転生プロセスでグダるのを回避していくスタイルあくまで「スマホチートを使った古代戦争」を描くのがメインなのかな。

 スマホチートの描き方が面白い。忠実にggrksを実行していくスタイルで、ググっても出てこないことは出来ない。また現世と何らかの方法(で使えるスマホ)でつながっていて、元の世界に帰るという目標設定がある。現世と異世界を行き来できるわけではないけれど、「犬夜叉」みたいに「主人公にとってどっちが現実なのか問題」がそのうちテーマになるのかも。

 リアルのこの時代は子作りし放題だったのだろうけれど、どうなんだろう(一応そういう描写あり)。

 

邪神ちゃんドロップキック

AmazonPrimeVideo独占

 スプラッターギャグアニメ調子に乗りすぎたイカ娘ちゃんが裁かれる(物理)みたいなノリのアニメかわいい

 ノリとかキャラデザとか演出かいろいろ懐かしさを感じる不思議

 

すのはら荘の管理人さん

 おねショタ男性向け?ショタリードするのではなくお姉さんがリードする方。

 主人公可愛いツッコミ役だけど子供っぽさがあって、お姉さんをリードしたいという願望があるけど現実乖離しているギャップかわいい。そろそろ男扱いされたい、でもまだ子供、そして性の目覚め等忙しいお年頃である。なお私はおねショタを観たことがないので、おすすめを教えてほしい。

 ところで寮母さん=ママ化身みたいなモチーフっていつ頃からあるテンプレなのだろう。最近でも「スロウスタート」「こみっくがーるず」でおっとり寮母さんが出てきたので、すごく一般的なのかな。

 

千銃士

 銃と戦争アニメ。20xx年、世界は核の炎に包まれた→ブラザーフッド・オブ・スティール世界の秩序を支配レジスタンスが古銃で対抗 みたいな感じの話。

 銃の擬人化ソシャゲ原作なので、めちゃくちゃニッチな古銃がたくさん出てくる。現代銃を装備したブラザーフッド・オブ・スティールvs古銃というアツい戦い。戦闘シーンではちゃんと古銃特有射撃儀式も描いていて好き。あと射撃音にびっくりする。火薬多めかつ薬室の気密性が低い古銃の特性表現してるのかな。

 戦いがテーマはいえ、ファンタジー要素が多い。戦争を描く作品はたいてい不条理テーマなので、どんどんgdgdになっていくあの陰鬱とした雰囲気が強くなる仕様だけど、本作は「高貴になったら勝ち」という特殊ルールのおかげでいい感じのエンタメになってる。生き様で敵をやっつけるとかかっこよすぎない?

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

 レーティングによって、漫画ほど表現ギリギリを攻める必要がなくなった幽奈さん。無修正版がどんだけ攻めてるのか気になる。幽奈さんかわいいシリアス要素のあるラブコメなのだけれど、ToLOVEるシリアスなんだっけ。

 幽奈さんはコガラシくんと同年代っていう雰囲気を出してるけど、あの子幽霊からもしかして(生きていれば)100歳くらいだったりして。その場合コガラシくんとの関係おねショタになるのだろうか。「夏のあらし!」っておねショタ

 

ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王

 今週の悲劇スクエニのアケゲー原作バトルアニメ。同じくスクエニのアケゲー原作アニメに「ガンスリンガーストラトス」があるけれど、あっちはチーム対戦シューティング、こっちはリアルタイム対戦トレカアニメカードは出てこない)。アニメとしては両方共スクエニ感のある厨ニっぽさ全開のキャラデザになっていて好き。内容も共に殺し合いがメインのバトルアニメ。ちなみにガンストの監督江崎慎平は今期はねバド監督を務めている。

 シェイクスピア引用世界異変というシナリオは「絶園のテンペスト」を思い出す。あっちの作品は妹の謎を解き明かす話なので、こっちのほうが血なまぐさい。絶園のテンペスト監督安藤真裕は今期の天狼で監督を務めている。

 

スペースバ

 スペースノイドアースノイド宇宙遭難する話。シナリオ地球を目指して宇宙を漂うSF王道なので、マジで先が見えない。

 ピクサーみたいな3DCGアニメを30分枠で1クールやるの?マジで?な作品。めちゃくちゃ動くので観るほどに「マジで1クールやるの?」ってなる。すごい。ディズニーチャンネルを観ているようなノリかつBGMも良い作品

 

深夜!天才バカボン

 コント天才バカボン2010年代らしくリメイクしたら」。壮大に何も始まらないので、1話は実質0話。

 0話は旧作オマージュ(というかそのまんま)を非常に高い再現度で作っていて、本作への愛を強く感じる。絶妙に荒い4:3のあの感じが観れてよかった。内容としてはかつての「おそ松さん1話のように、旧作リメイクに係るあらゆる懸念ネタ昇華していくスタイル現代っぽさがあるかどうかはさておき、バカボンパパのヤバさが際立っていて逆に新鮮に感じる。バカボンパパのヤバさは普遍的だった。旧作知らんけど。

 

ゾイドワイルド

 タカラトミーの新しいおもちゃアニメ。今回は野生解放機能付き。男の子ゾイド出会って旅に出る話。

 本作のゾイドめっちゃ小さい。でもゾイドゾイド。動きもゾイドだし、モチーフ動物昆虫恐竜等なんでもあり。おもちゃコンテンツとして無敵じゃん!

 ストーリーの中でもゾイドは畏怖の対象であったり、ゾイドを利用した軍隊帝国があったり野性味あふれる生き物だったりは旧作のまま。登場するキャラクターは全体的に、子供向けのわかりやすデザインになっている。

 旧作のゾイドは「ビビったら負け」というシステムだったけれど、本作は「動かなくなったら勝ち」になってる。わかりやすいね戦闘シーンはあのゾイドの動きがまた見れるのでやっぱり面白い

 

夢王国と眠れる100人の王子様

 異世界転生から始まるRPGファンタジー系の王道ストーリー。とはい異世界転生要素は薄味、かつ「こんな感じの魅力的な世界ですよ」的な演出も控えめ。原作ソシャゲなので、王子様集めが縦軸。かつ王子様同士の会話や戦いがメイン。

 

悪偶 -天才人形-

 中国ゴーストバスターズゲゲゲの鬼太郎みたいな社会派。でも日本お化けと比べてずっと生々しいモチーフ。「伊藤潤二コレクション」みたいな。でも1話完結でもなければSSでもないのでのんびり観るやつ。

 まさか天才はみんな体に悪偶を宿していたなんて。絶対に許せない。ついにアニメ真実に気づいてしまった。気になるのは「悪偶を宿した天才を加工した悪偶を宿した天才」みたいな入れ子構造というか天才ロンダリングがあるのかどうなのか。

 

音楽少女

 キングレコード謹製の、アイドルお仕事アニメ(実質星色ガールドロップ続編)。1話はほぼキャラ紹介だけ。おそらく「アイドル活動の中で一番楽しいであろう時期」を舞台にしてる感じがある。業界大手事務所主人公スカウトされるわけでもなく、金の問題事務所社長夜逃げするわけでもなく、長年の活動が実を結ばず、雰囲気が最悪の状態から始まるわけでもなく。みんななんだかんだ楽しそう。

 観ていて思うのは、「ファンってすげーな」という点。アウトプットに対するあらゆるリアクションが得られるのはファンのおかげで、協力して良いものを作っていこうという上昇志向を共有している姿はまるで運命共同体みたい。すごいね

 冒頭こそ3DCGアニメーションによるライブシーンがあるけど本編のライブ作画アニメーション。今後どっちを使うのかな。

 

兄に付ける薬はない!

 中国発信のショートアニメ。駆け抜けるテンポ感。化物語の阿良々木家みたいな、しょーもない兄貴と手癖の悪い妹の掛け合い好き。

 

働くお兄さん!の2!

 社畜度マシマシ。そして安定の杉田

 

総評

 AmazonPrimeVideoとNetflixの囲い込みが11作品とかなり多い。加えてAmazonは「dアニメストア for Prime Video」というd'アニメストアニコニコ支店みたいなサービスを開始、さらスカパー版やキッズステーション版なども展開している(それぞれのチャンネルで見れる作品はまだ少ないらしい)ので、そのうちAmazonNetflixだけでほとんどのアニメ網羅できるようになるかも。一方独占配信で言うと、スカパー、FOD独占配信に加えて今期からあにてれテレビ東京サービス)独占配信アニメもある(けもフレ新作もこれ)ので、アニメ視聴のVOD縛りに限界を感じる。これからは「今期は何のアニメ見てる?」じゃなくて「普段何使ってアニメ見てるの? TOKYOMX? BS? FOD? それともアマプラ?」から会話を始めたほうが良いのかもしれない。

 

最後

 新作1話全部視聴はおすすめできない。とか言いながらこれを書くのも3回目だけれど、なんでまた書いたのかといえば、単純に「アニメを観るため」だったりする。最初は「もっと最新アニメ面白さを知ってほしい一心レビューを書くため」という大義名分があったおかげで沢山のアニメを観ることができたし、今は「たくさんアニメを観るほどもしゃもしゃするから、これを増田にでも投げて気分転換しよう」という良いガス抜き手段になっているのだ。おかげで多くの面白い作品を知ることが出来たし、同時に多くの時間を失った。そう考えると、やはり新作1話全部視聴はおすすめできない。

 こんな覚え書きでも、誰かのモチベにつながれば嬉しいな。

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 アニメ感想の言い合いっこを夢見つつ感想を書き溜めていたら、夢は醒めないまま8月を迎えそうなので、増田に書いてみた。まだ観ていない作品もあるけれど、このままだと一つも完走できなさそうなので切り上げる。風呂敷の広げ過ぎはやっぱり良くない。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

配信情報について

 ~独占…対象サービスしか配信してない

 ~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

 ~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

 言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

 なお、囲い込みをしているサイトの中ではAmazonPrimeVideoがゆるいみたい。他サイトでは有料配信しているか放送後しばらくしたら見放題になったりする事がある。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

はねバド!

 特殊アクション作画スポ根アニメOPだけ既に10回以上見てるかも。ストーリー高校バド部を舞台にした群像劇で、「灼熱の卓球娘」や「響け!ユーフォニアム」に似てるけど、本作のバド個人競技として描かれてる側面が強く、先の2作品とは違うキツさがある(灼熱の卓球娘は部内でランクマッチしてたけど)。また、主人公がとても卑屈な性格なのも輪をかけて強烈なストーリーに仕上がっている。そんな彼女らを含むバドの子達がバドミントンを通じて変わっていく姿を描く作品。3話のエレナすごい良かった。バド部と関係ないメガネちゃんは、その「変わらなさ」が対比関係になってるのかな。

 本作のアクションシーン(バドミントン)のクオリティが異常。バド独特のスナップを効かせた打ち方、ジャンプをする時の太もも筋肉隆起、まるで実写のような(バストアップではなく)全身の動き、バレットタイムと3DCGを駆使して描かれるバドシャトル等。インタビューによると、本作の作画工程

1.大まかな試合の流れを絵コンテに起こす

2.リアルバド選手同士の試合を録画

3.それを参考にしながら作画ロトスコープみたいな感じ)

とのこと(バドミントンは独特の動きが多く、想像だけでアクション作画をするのは限界があったため、実写を取り入れたらしい)。結果、まるで実写のような生々しい動きでありつつ、作画特有の柔らかさがある特殊映像になっている。特に2話Bパート試合コマ数も非常に多く、「なにこれヤバイ」という感想しか出てこない。OPアクションアニメーターが3人クレジットされていることからも、相当ガチの模様。

 また先のアニメ宝石の国」では、作画アニメが得意な演出と3DGCアニメが得意な演出の違いがちょっと話題になっていたけれど、本作ではそんな3DCGアニメが得意としていた「カメラが回り込むような演出」を作画でちょくちょくやってて、これがめちゃくちゃすごい。宝石の国が「作画アニメの良さをうまく取り入れた3DCGアニメ」とすると、本作は「VFXロトスコープ)の良さをうまく取り入れた作画アニメ」という感じかも。

 あと、全体的に映画のような仕上がりになってるのが好き。強めの陰影や風景描写を使って心情を表現したり、オケ主体BGM効果的に使ってたり。加えてキャラデザがすごく好き。上記アクションを綺麗に表現するための体格だし、加えて群像劇シリアスさをうまく強調してる。

 

はたらく細胞

 - 私が、聖地だ - でお馴染み日常系お仕事アニメ。体の中で起こっていることをエンタメ風に紹介していく内容。人の体は概ね、平和かつ物騒だった。

 とにかくキャラデザが良い。メインの舞台は血管なので、白血球赤血球血小板血液の45%くらいがこの3種)が主要な登場人物なのだけれど、赤血球静脈にいるとき動脈にいるときで服の赤味が違うという謎のこだわり。白血球マンガアニメ過程で着色されない(何故か肌の色も白)というデザイン返り血で彩るというすげえ発想、そして血小板ちゃんかわいい血小板1話で何をするわけでもないのに非常に作画熱量が高く、すごく惹き込まれた。自傷行為血小板にいたずらしたい。それぞれの大きさは概ね、赤血球は7-8μm、白血球10-15μm、血小板は2-4μmなので、その大きさも反映したデザインだとすると非常に3キャラとも完成度が高い。

 そして、思った以上に専門用語オンパレード特に1話冒頭の「血管内皮細胞がぁあああああ」が好き。ただし作中で文字付き解説に加えて能登さんのナレーション容赦なく入ってくるので、たとえ白血球が雑菌と殺し合いをしていてもあの声でナレーションがすべてを持っていく。エンタメとしてとても面白い高校生物を習っていればもうちょっとしかったのかな。

 また、体というのは誰でもある程度関心のある分野なので、私も「あれをアニメでやってくれないかなぁ」がたくさんある。ガンとかアルコールとかインフルエンザワクチン)とか骨折とか。

 

ヤマノススメ サードシーズン

 これまでの集大成スタッフは2期のチーム。夏は終わっても山を登るお話

 これまでのストーリー踏襲しながら進んでいく物語にグッと来た。教室での編み物とか、富士山の話とか、ロープウェーを普通に乗るとことか。筑波山頂のシーンなんかBGMが「スタッカート・デイズ」のアレンジったりしてすごく良かった。山の風景も引き続きムクオスタジオの綺麗な絵が見れるので、この先も非常に楽しみ。

 

少女歌劇 レヴュースタァライト

 「メイドインアビス」でおなじみキネマシトラスによる、闇のアイカツミュージカル科に通う女の子たちの物語2017年から同名のミュージカルライブ?)が行われている、アイドルアニメ

 アイドルアニメ殆どたことがないのだけれど、こういう登場人物が多い作品は、なるべく早い段階で各キャラの印象を視聴者に与えるため「ほぼ全キャラ自己紹介パートを設ける」とか「各キャラ同士の関係性を描くため、楽屋みたいなところでやいのやいのする」という描き方が多いのだけれど、その辺りの演出がとても控えめ。名前を言う流れも、表示する白文字フォントもすごく良い。また「メインのストーリーをメインキャラ同士の会話で進めながら、音声なしの映像でその他のキャラ同士のやり取りを描く」等、声だけではなく身体表現によるキャラ紹介がすごくうまくて、各キャラを覚えるのが楽だった。

 同様に、心象風景や陰影表現を使ってキャラクターの心の機微を描くというか、行間を読ませるような演出がすごく決まってて、まるで映画みたい。キャラ紹介に尺を取られるとこういう演出が難しいので、ほんとすごい。特に東京タワーから落ちるシーンとかほぼ静止画だし、演出の引き算がめちゃくちゃ優れた作品になっている。

 演出の緩急が優れているといえば、特に1話ラストミュージカルシーン。あそこまで劇的な転調は殆どたことがないかも。「輪るピングドラム」とか「天元突破グレンラガン」くらい?このパートでは、リアルミュージカルを観ているときに感じる「五感が全て奪われるような不思議な魔力のようなもの」を、非常に高い作画熱量によって見事に映像化している。起きている事自体ファンタジーだけど、実際ミュージカルって超現実的体験なので、もし映像化するなら本作のような感じが一番近いのかもしれない。マジですごい。

 本作の音楽担当するのは、「宝石の国」「宇宙よりも遠い場所」でお馴染み藤澤慶昌。題材が歌劇なので、劇的なオケがメインなのだろうか。もう劇伴だけでご飯3杯はいける。

 

天狼 Sirius the Jaeger

Netflix独占

 100年くらい前の日本舞台にした、殺し屋家業日常アニメヨルムンガンドみたいな?ゴリゴリP.A.Works作品

 まず戦闘シーンの熱量ヤバイ京アニ作品境界の彼方」の戦闘シーンくらいすごい。純粋アクションがぬるぬるというのもあるけど、加えて出血表現がめちゃくちゃ美しい(境界の彼方出血表現れいだよね)し、SEが圧倒的にヤバイ。一撃を防いだ三節棍の音とか、マシンガン弾丸石畳に刺さる音とか、横転した車が鉄橋のフレームにぶつかる音とか(やっぱり音響効果小山恭正だった)。挙げるとキリがない。ヨルムンガンドやGGOみたいに純粋な銃撃戦ではない(強いて言えば異能バトル系)ので、色々な戦闘音が発生する。これはこれで耳が幸せ横山克音楽も最高にかっこいいし、とても戦闘シーンの中毒性が高い作品

 また、舞台となる大正昭和の町並みがめちゃくちゃ丁寧に描かれている。東京駅からまり看板建築の町並み(ということは震災後。新聞を見る限り1930年頃っぽいけど)、和洋入り混じった街ゆく人々、自動車路面電車主人公たちの向かった邸宅も和洋の融合した、時代を感じる日本邸宅ちゃん道場和室洋室洋風庭園など網羅していて強いこだわりを感じる。その後出てくる、街灯に照らされた夜の町並みも非常に美しい。背景美術担当しているのはスタジオなや(有限会社GREEN解散後、事業継承した会社)。モブで言えば、特に日本警官の描き方がすごい活き活きしててめちゃくちゃ好き。あと邸宅の主人も、葉巻に火をつける仕草がすごく良いのでぜひ見てほしい。

 

ハッピーシュガーライフ

AmazonPrimeVideo独占

 いろんな愛の形を描く、狂人の手記。ガンガンJOKERという雑誌は魔境かなにかなのだろうか。子煩悩主人公が愛のためにあらゆる受難と戦う話なので、概ねハートウォーミングなストーリー久野美咲(先のアニメひそねとまそたん」では甘粕ひそねを好演)のグロい演技もあってしおちゃんマジ天使

 1話ではヤバイ主人公バイト先のヤバイ店長を打ち負かす話なので、ともすれば勧善懲悪ならぬ勧悪懲悪、ダークヒーローみたいな話っぽい?のだけれど、ちゃん1話のなかで「その限りではないからこその狂人であることが描かれているのが好き。

 狂人の話でいえば「殺戮天使」も狂人の話だけど、あっちは狂人であることに対して自覚的登場人物の話で、ディケンズ短編狂人の手記」も『実は私、狂人だったんです!』みたいな話。対して本作は無自覚狂気を描く作品なので、めちゃくちゃ怖い。また彼女は非常に器用な女の子なので、あらゆる困難を自力で乗り越えてしまいそうな悪寒があって非常に良い。主演の花澤香菜といえば、物語シリーズではヤンデレちゃんこと千石撫子を演じていて、あっちも後者無自覚)の話だけど、物語シリーズが「恋に恋する女の子の話」に対して、本作は「愛に目覚めた女の子が、愛の力で頑張る話」みたいな、ステージの違うヤンデレ物語になっている。どっちも好き。

 主人公の心にフォーカスを当てた、とても静かな演出が印象的。彼女の感じた穏やかさ、満たされた感じ、燃えるような敵意が、とてもかわいいキャラデザ演出によって描かれているのでなおさら強烈に仕上がっている。

 制作のEzo'laは初元請けっぽいので、ぜひうまく行ってほしい。

 

殺戮天使

AmazonPrimeVideoのみ見放題

 アニメで観るOUTLAST。原作脱出ゲームシナリオ踏襲したストーリー。とはいパニックホラーでもなく(1話結構その気があるけど)、主人公の心情を丁寧に描いている。また「主人公けがマトモ」ではなく全員やばい人なので割とツッコミ不在のブラックユーモアボケ合戦みたいになってる。

 ストーリーの縦軸はフロア移動→その階のやべーやつに気をつけながら謎解き→フロア移動なのでやや単調になりがちだけど(ずっと室内だし)、全体的に凝った演出が多いのでずっと緊張感があるし観ていて飽きない。OUTLASTみたい。ゲーム雰囲気をそのままに「主人公視線」をうまく映像化していて好き。音作りが岩浪美和小山恭正なので、バトルシーンもとても良い。大鎌がシンク金属板に刺さる音とか。

2018-07-21

FGOギャグパート寒い

ハマったアニメドラマCDってのを買ってみたら

本編と全然違って寒いを通り越してキモいあの感じというか

痛いオタノリというか

見ていてツラい

シリアスパートは良いんだけど

2018-07-19

#わたしケロロ

ケロロ軍曹を始めて見たのは小学4年生のときだった。HGウェルズの「宇宙戦争」を何度か読んで、宇宙人地球人と相容れない存在であり、

そもそも宇宙人地球には住めないのだと信じていたあのとき宇宙人人間が共同で生活を送っている描写で「なんだこれは」と思った。

でも、何話か見ていくとだんだん面白おかしく感じてきて、毎週見るようになった。友人の家に遊びに行って、ゲームキューブスマブラを遊び

金曜日夕方「『ケロロ軍曹』の時間から見せてくれないなら帰る」と図々しく言っていたような、ないような……。

今でも印象に残っている回は、「ケロロ&冬樹 もうひとつ世界」。ケロロが皆の前から姿を消した世界と、ケロロの事を全く知らない冬樹の世界

描かれる。ケロロの事を全く知らない冬樹は緑の宇宙人との遭遇を喜ぶが、ケロロが事の顛末を話すと「自分が呼んでしまったのかもしれない……」と

言うんだったかな。中学2年生の冬樹が「自分のせいでこんな事になってしまった」と言っている姿に、誰も見たことのない宇宙人を見つけた後で

自分にこんな事が言えるのかな、と考え込んだ。結局そこでどんな結論づけたかは思い出せないけど、面白さとシリアスさがある良い作品なんだと感じた。

宇宙人」という存在には相当興味を持っていたので、当時は自分と冬樹を重ねてアニメを見ていた節があったし、中学2年生になったとき

宇宙人が目の前に現れないかな」とずっと考えていた。正直今考えると変な奴だと思うけど、本当にそこまでハマってた。

から、冬樹役の川上とも子さんの訃報で声が変わったときは、これはアニメなんだと気付かされて冬樹と自分を重ねることもなくなり、

「『宇宙人』が目の前に現れないかな…」とは考えなくなった。確か、その辺りでケロロ軍曹パロディアニメだというのを知って、元ネタとなった

機動戦士ガンダム(初代)や新世紀エヴァンゲリオンを見るようになり、どんどんSFというジャンルが好きになって、ケロロ軍曹からは離れていった。

今は働きながら暇な時間を見つけてSF小説を読んだり、海外SFドラマを見たりするけど、結局自分SFというジャンルに入るきっかけを与えてくれたのは

ケロロ軍曹だし、ケロロ軍曹というアニメを見たかSFが好きになり、それで今幸せなので、ケロロ感謝してる。

あとは、ケロロ軍曹制作現場?にケロロ小隊の顔を付けて流していたエンディングが好きでした。

アニメを見る人、アニメを作る人がいて、出来ている作品なんだな、と。

今でもアニメはもちろん見るけど、お気に入りエンディングを聞かれたらあの実写エンディングは外せないです。

Twitterに書くと恥ずかしいのでこちらで書きました。制作陣の方々ありがとう

2018-07-18

キリスト教信仰たかった

ゾンビ映画が好きだ。

シリアスコメディハートフル何でも受け入れるゾンビ映画が好きだ。

アイデア勝負の低予算B級も良い、特殊メイクCG豊富ハリウッド超大作も良い。

私はゾンビ映画が好きだ。

けれど、ゾンビ映画を完全に味わうことはできない。

ゾンビになることの本当の怖さは早すぎる復活だ。

キリスト教には最後の審判がある。

世界の終わりにイエス・キリストが再臨し、

あらゆる死者をよみがえらせて裁きを行い、

永遠生命を与えられる者と地獄に墜ちる者とに分ける。

かつて火葬最後の審判で復活するための肉を無くすという刑罰だった。

効率化の波が火葬を認めさせたとはいえ、今でも抵抗のあるキリスト教徒は多いと聞く。

そんな彼らにとって、キリスト再臨の前に復活してしまうことがどれほど恐ろしいことか。

残念ながら、死んだら閻魔様に舌を抜かれる私には想像ができない。

あぁ、もし私がキリスト教信仰していたら、

もっともっとゾンビ映画を楽しめたのに・・・

2018-07-15

JRPGってなんで日本ファンタジー漫画みたいに

ダークファンタジー路線ゲームないの?

ファンタジー漫画は

ベルセルクを皮切りに

ドラクエチックなものが減って

シリアスなダークファンタジー路線作品

広がっていったのに

2018-07-14

さらジョジョの実写を観たのでちょっと頭の中を整理したい

実写化?知りませんねって感じだったんだけど、まあ気が向いたのでレンタルしてきた

なんだあれ?

個人的感想です、ていうかあまりにも混乱してるのでちょっと待ってって感じ、もちろんネタバレする、めっちゃ長い

なるべく好意的に考えたいとは思う

  

キャストはそこまで悪くない

まあ、みんなあんなにひょろくねえよとは思うけど、頑張ってたと思うし、あんなめちゃくちゃな映画でよくもあそこまで真剣にやったもの

演技がシリアスであればあるほどにじみ出るお遊戯感は多分キャストのせいだけじゃない

それにしても承太郎英語がひどかった、あれはさすがにもうちょっと頑張れよ

あと山田孝之無駄遣い感が半端ない

キャスト発表の時にも思ったことだけど、なんであんなちょいキャラキャスティングしたんだ?だったら吉良やってほしかったよ、平穏に暮らそうとする手フェチサイコキラーなんて役ができるのあとだれだよ? 藤原竜也

  

ビジュアルはなんかものすごい空回りしてる

コスプレ感すごいな!

あれでシリアスな場面がすべて台無しになってると言っても過言ではない、何回か本当に吹き出し

学ランとかはそこそこリアルな方向にアレンジしてたとは思うんだけど、髪型やばい

仗助のハンバーグ頭を変更されるのはなしとしても、もうちょっと服装と同じくらい現実的アレンジ加えてもよかったんじゃないだろうか

太郎は後ろ頭の帽子と髪の毛の一体化具合に腹筋やられたし、虹村兄弟も髪の毛が気になって気になってシリアスな場面が全然シリアスでいられない

あと康一のスーパーサイヤ人化もふはっとなってしまった

あれは原作からしDB意識してただろうとは思うけど、実写であん表現してくるとは思わなかった、見せ場を作ろうとしたのはわかるんだけど、あれでよかったんだろうか(ごく個人的には「やめろ」って繰り返してたあたりで「友奈ちゃんいじめるなー!」が連想された、ヒロインかよ)

あとメイク濃すぎ、億泰が特に

服装のほうも学ランのペラペラ具合とか気になったので、いろいろ衣装さんの予算の都合があるのかなという気もしないではない

あと、あれスペインロケ意味あんの?いいじゃないですか仙台

ロケする金をコスプレにまわしてやればよかったんじゃないの?

虹村兄弟の家豪華すぎて笑っちゃったよ、原作もなかなかい屋敷に住んでるけど、立入禁止があまりにもそぐわなす

スタンドバトルはもうちょっとオラオラとかドラララとか見たかったなあ、act1は見れてうれしかったけど

  

これ一番の問題脚本だよなあ

全体として家族愛を軸に仗助がじいちゃんの遺志を継ぐまでをやりたかったのはわかった

アレンジするのはいいよ、原作あのままを二時間映画でやってもしかたない、そういうのはアニメでやったし

ただ改変がことごとく悪い方向にしか向かってないというか、あまりにも再構成が下手すぎて混乱するだけになってるように思う

  

まずなんで高二にしたの?映倫の都合?まあそういうことで康一を転校生にする必要があったとして、キャスティングの都合上由花子をある程度の時間さなきゃいけなかったとして、あそこまで由花子露出する必要あるか?

花子はどう考えても第二章以降でのメイン要素なんだから、黙ってれば美人なんだし普通にヒロイン枠で姿をチラ見せさせといて、康一と普通青春しそうに思わせといて、億泰との交錯で見る側になんとなく疑惑は持たせつつ最後にお弁当でも宿題でも使って「あれこの子おかしいな?」って今後の引きに使ったほうが話がすっきりすると思う

第一章序盤から花子のアレっぷりをアピールしても話が散漫になるだけだろ、伏線ならきちんと伏せてろ

ていうか億泰だって要は転校生だろうし、康一と同じ転校生として由花子と同じように姿をチラ見せさせつつ後半につなげればよかったと思うんだよ、前半にある程度虹村の兄弟愛を掘り下げておけば最後兄貴の死にも説得力が増す

アンジェロは逆にあんなに掘り下げる必要はない、東方家と虹村家でそれぞれの家族愛比較させてるんだからさらアンジェロ父親の話まで入れる必要ないだろ、入れ方も中途半端だったし

そして余計なエピソード入れたくせに、時間稼ぎにべらべらしゃべって人質取ろうとするエピソード省くもんだからアンジェロ岩がやりすぎに見えてえぐくなってる、ただでさえ実写でえぐいのに

あれでやさしい能力とか言われても正直いやいやいやと思ってしまうわ

それに東方家も正直描写に尺を取りすぎてる、じいちゃんを多少掘り下げるのはいいとしてもやりすぎ、あれの三分の一でいい

  

そもそも今後の展開として、ジョースター家とDIO因縁をどうするつもりだったんだろう

第一章の時点で矢の説明がなんにもされてないし、兄貴アンジェロDIO言及しないし、あくま杜王町の話として3部以前にまったく触れないつもりだったんだろうか

余計な伏線は細々いらんとこまで張っといて、弓矢の出所についてはきっぱり第二章で!とかないと思うんだよな

そうするとジョースター家がなんでスタンド使えるのかとかがまったく説明できないと思うんだけど、そのまま押し通すつもりだったんだろうか

それにしたって虹村父がああなったのを「バチが当たった」で流しちゃうとかないだろ、強欲と人でなしがすぎてあんなふうになるとか普通に意味わからん

  

矢を奪うのが吉良ってことは、のちに矢でスタンド使い増やすのは吉良父じゃなくて吉良本人ってことにする予定だったのか

すごい好戦的な吉良だな、静かに暮らしたいとか絶対思ってないだろ

だいたいシアーハートアタックでどうやって矢を持ってったんだろうか

  

なんだろう、ものすごく好意的に言って改変部分の詰めが甘い

事件現場テレビでまんま放送されてたりとか

アンジェロが聞いてるだろう状況で承太郎が「オレのスタンドは時を止める能力だ」とか言い出してわざわざ自分能力ネタばらししたりとか

クレDの能力的に康一はそもそも時間稼ぎする意味あったの?とか

シアーハートアタックが口に入った状態兄貴どうやって喋ってたの?とか(というかもしかしてあれはシアーハートアタックが腹から体内突っ込んで口に到達したということなのか?口から物理的に入らんだろ、画面から全然読み取れなかったんだけど)

最後の仗助と承太郎の会話がわざわざ海辺でやってるせいで二時間ドラマみたいにだせえとか

台詞言い回しを細かく変えたりするより前にそういうところをちゃんと考えたほうがよくないだろうか

頭の悪い改変はこの際置いておくとしてもテンポ悪いわ話はだるい説明がいろいろ足りてないわでひどいありさまだけどな

  

要約すると視覚的にはコメディ演出サスペンス脚本杜撰で頭悪いという絶望的な組み合わせだった

  

もっと要約するとくっそつまんなかった

  

次は実写逆転裁判を見る予定だったんだけど疲れたから寝ることにする

2018-07-12

異世界生モノの中盤でシリアスな展開になると

なんか急に冷める瞬間ない?

結局でもコレ異世界なんでしょ?的なツッコミをしてしまって感情移入できないというかなんというか。わかるかな?

2018-07-10

最近オタク界隈の妙なインドageって、要は逆出羽守だよな

普通出羽守欧米を手本として日本の悪いところを指摘するけど

それに反感を持ちつつも、そろそろ自国欠点から目をそらせなくなってきた

アニオタ普通日本人さんが

代わりに持ちあげて話をそらすための存在インド

 

なぜインドかっつったら

白人という人種人権経済ルックスが整った絶対強者じゃないので

自分たち劣等感が刺激されないうえ

かつコーカソイドが混ざることによって

従来の白人美的感覚に馴染みやすいって面がある

もし彼らがネグロイドモンゴロイドならここまで話題にはならなかったろう

 

在日インド人エスニックジョークをかましても

まだまだ頭数の少ない彼らは抗議する事よりも受け入れて

自分たち利益にする方を選ぶ

となると口うるさい黒人中東系をネタにするよりイジリがいがある

 

そして急成長を遂げているとはい

いまだに人権感覚では欧>>米>日>>印だ

今、BBCなどからmetoo関連で絶賛バッシング中の日本でも容易にマウンティングでき

それが日本人のホルホル心をくすぐる

 

欧米ではないという事で

ボリウッドポリコレから距離を置いているところも重要

萌えコンテンツが全盛期の日本において

ハリウッドから消えかかってる、女性トロフィー扱いするコンサバ映画

から手が出るほど欲しい

 

そして、日本人はシリアスコンテンツより

コメディの方を好む性質がある

それがツッコミどころ満載で最後ダンスで締める

ボリウッドに惹きつける要因になっている

 

さら敵の敵は味方理論

中国に対抗できる唯一の国として

担ぎ上げている点も忘れてはならない 

2018-07-02

村を焼く

同人女の中でしばしば使われる表現です。

私は良く言えば穏便、真実に近い表現としては闘争心のない腑抜けなのでその感覚理解したことがなかったのですが、

悲しみからもその心境に至ることに身をもって実感したのでここに今の気持ちを記したいと思い筆を取りました。

こうなるまで気が付かなかったのですが、自分自分が思っていたよりも、同人活動理想があったのだと知りました。

そして今自分がいるカプの村の空気は、自分にとって生きやす環境でなくなっていたことに気が付きました。

しばらくそのことに気が付かず、なぜカプのことは好きなのにこんなに創作活動についてネガティブになってしまうのだろうと悩んで苦しんでいました。

単純に自分がカプの村の雰囲気にそぐわない存在になっていたかなのだ理解した記録です。

私はアンソロを好みません。

理由は得てしてアンソロ作品は濃度が薄まるからです。

二次創作醍醐味個人の濃密な公式解釈作品を通じて読み取れることだと考えているからです。

シリアスを好むこととは同義ではありません。

軽い言い回しを使うとアホエロ本だとしても、作者がどこまで公式作品人物、カプについて拗らせた結果か伝わってくるものと信じています

Twitter自分の好きなシチュエーションだけをいくつもツリーでつないでTLを占領することを好みません。

同じ理由で140字SSも好きではありません。

イラストと違い小説はある程度の分量を持ってこそ強みを発揮すると思うからです。

もちろん頻度の問題ですが、あまりに大量になると、意図せず他者ネタつぶしにつながると思うことも理由です。

投稿している本人はそのようなことは気にしないのかも知れませんが、既に書かれてるなら、とリスク回避する人も少なくないと思います

いつも同じメンバー形成された身内感の強い企画に引いてしまます

自分が決してそのメンバーに選ばれないことへの嫉妬ももちろんあります

それでも、同人活動を介して仲良し度をアピールする場になっているように見えるのは格好のいいこととは思えません。

それを外から見た時に、身内色の激しい界隈なのだと見られることも、必ずしも良いことと思えないからです。

過度のパロディを好みません。

作品が発表され時間が経ち、やることをやり尽くしたあとでしたらそういった作風への模索も納得出来ますしむしろ好きです。

ですがまだまだ現役で公式が動いていて、語り尽くされていない余白の多い作品二次創作

理由のない性別転換や、キャラクターの設定からかけ離れた職業設定にされた作品に胸を痛めます

(例えばスポーツを題材にした作品大会の優勝を核とした物語登場人物生粋犯罪者に変換されているようなレベルを指します)

当然これらは単純に個人趣味嗜好の問題です。

是非を問うものでないことはご理解頂きたいです。

そして別にこれらの作品が自カプの村に存在していても、個人同人活動には本来何ら影響を及ぼしません。

ただ、今、自分がいる(いた)村は、これらがその村のすべてになってしまった(ように見える)結果、

その村の輪の中にいられないと感じた、それだけのことです。

そうなった時、黙ってカプから離れて新たにハマれる作品やカプに活路を見出すことが健全解決法なのでしょう。

しかしま作品が、カプが好きで好きで仕方ない、まだまだ作品の行く末を楽しみたい、

何よりもまだ、書き残したことがある、そう感じた時、人は村を焼くのだと思いました。

単純化出来ないことは承知の上で、同人活動には2つのタイプがあると考えます

ひとつ職人タイプ

個人で黙々と自分の色を追求して創作活動するスタイル

もう一つはセッションタイプ

個人の発想を発表し、楽しそう!と共鳴した人々の間で含まらせて盛り上げていくスタイル

アンソロや局地的非公式設定はこの共鳴が結実した結果と思います

どちらに優劣がある理由でも、是非がある理由でも、善悪がある理由でもありません。

好き好きだと思います

現状の村の活動は、もちろん、100%の善意で行われています

この楽しいお祭り村を盛り上げよう!と日々尽力されています

その活動は実を結び、新しい作家さんも日々生まれています

これはとても素晴らしいことだと、本当に思います

ただ、いつからかこの活動に馴染めず違和感を感じていたところ、底辺作家であることもあり、いつの間にかいないものとして扱われるようになっていました。

少し前に、公式に疑問を感じるようになったのは、その作品ターゲットでなくなっただけ、という議論話題になりました。

その表現を借りれば、私はカプの村のターゲットから外れてしまっただけなのだと思います

ここに至るまで自分も、村の雰囲気を楽しみ、Twitterでの萌え語りやコラボカフェなどのリアルイベント即売会でのアフターに混ぜてもらったり、充実した時間を過ごして来ました。

今は日々と投下される公式からの燃料に村人と盛り上がったりすることも、もう出来ないことの喪失感に苛まれています

私が村を追われても世界は何も失いません。

自分のためにそのことを忘れないでいたいです。

ただ静かに村を焼き、ノマドとして生きていく強さを身に着けたいという決意表明です。

2018-06-30

アニメ放送局問題2018・今こそもの申す!

私は心底2018夏クール作品視聴ボイコットする予定だったよ…けど見ることにしたよ…

理由本来のんのんびよりは今年の春夏か下半期に半年再放送するべきだったのにしてくれなかったんだよ

メディファク角川テレ東は何でさっさとのんのん独立再放送解禁しなかったんだ?

あのフジテレビも冴えカノ二期OVAMXBS11での放映解禁してくれたし、

ラブライブシリーズ製作委員会ラブライブの、

進撃の巨人製作委員会も進撃の、

それぞれのNHKでの再放送OK出したのに

ゆるキャン△製作委員会も冬クール終了後に春クール再放送して勢力拡大させてきたのに、

なーんでのんのんびよりシリーズ再放送AT-Xかいう閉鎖的な政策ばっかしてるんだよ?

つーかのんのん再放送出来る機会はそれ以前にも何回かあったじゃねぇかよ?

14夏or秋、15春、16冬春だけじゃないよ

17下半期または17秋と18春の分割方式というパターンがあったじゃねぇかよ

いや、

Aチャンネル→秋のんのん一期→18春のんのん二期というパターンだってあったはずだろ?

だがアニプレBS11や角川はそのようなことをせず、

ニューゲーム二期はシリアス忌避のため見なかった人たち出てきたが最悪なのは17秋だろ

17秋は夏から継続であるApocryphaアルタイルをはじめ、

いぬやしきクジラの子キノの旅、ゆゆゆ二期、シュタゲ&ベム&ギアス再放送

urahara、血界、まほよめ、宝石の国などシリアス枠充実してたのに

余計なシリアス枠2つも再放送しやがった事だろ

(.hack//sign喰霊)

つーか昨秋シリアス枠多すぎでされ竜延期でもバランス悪かったわ

本来ならその秋クールは事前情報調べててブレンド・Sを0話切りした人たちの受け皿枠(男性キャラ殆ど絡んでこないほのぼの枠)を用意すべきだったんだよ!!

火25ならあずまんが大王HDリマスター版、

他枠ならのんのんびより一期、

土27にどうしても角川シリアス放送したいなら

ゼロをその枠で半年放送すべきだったろ!!

いや、まだ実況しやす時間帯の方が良かったのかも

BS11の枠関連は春はさら劣化したと思ってる

なんせ日曜19時廃止されたことだ

本来ここで一年プリキュア放送して19年4月から土曜ガンダム枠と交換するプランが良かったのに

いやBS11もっとから糞采配ばかりだったよ

14下半期…デュラララやファフナー、dogdays2期の再放送してくれなかった

ウィッチクラフトワークスの方がそんなに大事か?

このふざけた采配のせいでデュラララは売上低下、16年放送の最終クールアニメ版シリーズ継続凍結になった…

dogdaysも冬編見送りだし…

15秋…ガンダム0083再放送しなかった。 一方で幕末ROOKダンまち再放送実施された 俺の友達腐女子系となろう系が超嫌いなので激怒してた

16春…MXと同じくクラスルームクライシスラクエンロック再放送 いらねーよ

12~14年始め頃…改編期のかよえチュー学バカ一代

14~17年夏ぐらいまでの改編期…この男子シリーズバカ一代

何でバーナード嬢曰くや犬神さんやにゃんこデイズ大屋さん、そしててーきゅうシリーズみたいな独立ショート枠一挙放送出来ねえんだよ…

あとBSフジノイタミナ放送しなくなってからおかしくなったろ

サイコパス二期やサムライフラメンコと見たかったのに

特に16年下半期にアンジュヴィエルジュやレガリアかいうU局系ぶっちぎりの失敗作が放送されたことでノイタミナ復活論が強まったね

つーかさぁ、bananafish何でBSフジUHB放送しないんだよ!!!!!

下半期連続ストーリー代表候補クラス作品なのに…

邪神ちゃんドロップキック地方地上波放送TVhでやるべきだったろ!!

UHBならみんなが待ってるbananafish放送しろよ!!

そしてノイタミナ放送時間東京と合わせろよ!!!!!

話を難民問題に戻すが

難民キャンプ界隈は昨年春に何でAチャンネル再放送bs11に求めなかった

で何で勝手にニューゲーム二期のシリアスシーンを難民キャンプにあるまじきものだとか怒ってんだ?

何でのんのんびより一期の再放送嘆願しようとしなかったんだよ?

で、何でブレンド・Sの8話での男×男の娘の「∩(´;ω;`)∩ンヒィ」な絡みシーン自分から進んで見て難民枠に相応しくないとか怒ってるんだよ?

ネット配信ももの申す

のんのんびよりにゃんこデイズけものフレンズリアタイニコニコ最新話有料だった

DYNAMIC:CHORD、アカメが斬る!、シュヴルツェスマケン(マヴラヴ外伝シリーズ)、灰と幻想のグリムガル etc…←リアタイニコニコ最新話一週間無料だった

こんな業界マジでふざけてるわ…

2018-06-22

ラノベタイトルから内容は分からない

プロ作家による長文タイトルは「凝りすぎた」結果による。

インパクト重視の言い回し、刺激的な単語を選んで読者の興味を引こうとしているので、

タイトルだけ読んで内容が分かるということは少ないし、実際の内容から乖離した詐欺タイトルも多い。

最近だと『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』とか。

面白いけど、どういう話かは分かんないよね。

小説家になろう」由来の長文タイトルは、逆に「凝りすぎない」結果による。

彼らの大半は素人で自信もなく、気合いを入れてタイトルを付けても気恥ずかしいだけ。

からカッコつけずにだらだらっと単語を並べて済ますのだ。

ブログ(や増田)の記事タイトルを考えるときも、だいたい似たような感じになると思う。

タイトルに「悪役令嬢」だとか「追放」だとか、

特徴的な単語が含まれていれば大雑把なジャンルくらいは分かる。

でもそこからどう展開していくかは分からない。

コメディかと思ったら意外にシリアスかもしれないし、

冒険者になったと思ったらいきなり学校に通いはじめるかもしれない。

序盤の展開だけ思いついたら、あとは即興で書いていくような作者も多いだろう。

その結果、タイトルどころかあらすじから想像できないような方向へ転がっていったり…。

タイトルが長いのは内容を説明しないと手にとって貰えないから」

最近の読者は安心を求めるから内容が分かるようになっている」

みたいなやつは、

タイトルが長くなったあとに後付けでもっともらしい理由を考えただけだと思う。

それを信じちゃってタイトルを長くした人はいるかもしれないけど。

長文タイトルのほうが本当に売れ行きがいいならもっと増えていてもおかしくない。

いまでも話題作のタイトルはだいたい短い。

2018-06-17

フォーナイト面白い

ニンテンドースイッチを持っていたので、流行に乗ってフォーナイトを始めてみた。

pubg 荒野行動の話題のおかげでゲーム内容は大体知っていたし、ゲームはそこそこやる方なのですぐに参戦できた。

最近、うまくいかないことが多かった。

匿名日記なので、抽象的に書くと、今後の人生生きていてもそんなに楽しいこともないし、私自身の人間スペックの底もわかってきたし、

失敗することのほうが圧倒的に多いし、生きていてもどうしようもないな、将来不安だし早めに死んじゃおうかなあって気分だったのに、久しぶりにゲームをしてると夢中になれた。

どうも人生に対して生きる意味だとか生まれてきた理由だとか求めすぎていたらしい。

実を言うと、私は世界深淵にある神の意志を探し求める者であると思いこんでいる節がある。微笑ましく言えば中二病シリアスに言うとカルト宗教ターゲット若者っていう感じ。

現段階の私の人生は誰にだってできる細々とした仕事をするだけ。失敗したなあ、死ぬかなあ~~という気持ちに一日一回はなる。

これはフォーナイト面白いという日記フォーナイトのいい意味での「意味の無さ」がベリーグッドで好き。

なぜ我々はバトルロイヤルに参加させられるのか。なぜか島を襲うストームキャラクター自己主張ダンスを踊る。戦場なのに陽気すぎる。

目を凝らして敵がいないか確認しながらダッシュ

出会ったら銃撃戦。

建築はまだ下手。

やってることは鬼ごっこかくれんぼ秘密基地建設。たまに銃撃戦。気がつけば小学生男子のような真剣さでゲームプレイしていた。

フォーナイト小学生男子になってキャッキャと銃撃戦が楽しめるゲームなのかもしれない、とまで言い切ってみる。

金曜日夕方、何も期待せず、暇つぶしのためにダウンロードしたゲーム土曜日曜の二日間プレイしただけで、私の世界ポジティブな方向に変化を遂げた。

知らない人たちと無邪気に遊ぶことができる。

まだ体験したこともないような面白いゲームがある。

ゲームが、暗い世界を照らす灯火となった。

もしもプレイできる環境がある方は、ぜひ一緒にやりましょう。やってるうちに遭遇できるはずです。たぶん。

すこしゲームのやりすぎたみたいで、気分が悪くなったので、頭の体操がてら日記を書かせていただきました。。

少女漫画歴史少年愛ものが一つのジャンルとしてあったというのが

今思えば何か新鮮だなあ

名前も知らずに読んでた無料マンガアプリマンガ

最初から最後まで、男性のメインキャラが男性を思っているような話で

絵柄は古く展開はシリアスで、BLと呼ぶよりは少女漫画だなあと感じた

2018-06-08

好きな谷口悟朗作品

プラネテスとか好きなアニメランキング常連じゃん。宇宙のシーンは効果音無しを徹底していて良かったなぁ。ID-0バリバリ音あったけど。

直近なら純潔のマリアも良かった。重いテーマがありなら1クールマリアの成長を描きつつシリアスギャグエロの配分も良くて見終わった後に満足感があった。

ファンタジスタドールとか挙げる逆張りブコメマンはいらんぞ。うずめちゃんガンタンクになった時は笑ったけど、登場人物に笑えないクズが多くて後半アレな展開がね…。

2018-06-03

大人も楽しめる子供向け が苦手

こういう事書くと子供向けを大人視点で楽しめないのはお前が子供から、と言われそうだし、実際そうなんだと思うんだが、摂取すると心苦しくなってしまうから仕方ない。

最近だとゼルダが厳しかった。

一見大人向けのようにも見えるがベースとなっているのはあくま子供向けのインターフェイスデザインストーリー

イカの方が最初からシリアスでない分いくらか受け入れられる感じがした。

任天堂ゲームはこういった悲しさに溢れていて、ゲームとしての出来の良さが分かるのに没頭することが難しい。

クレヨンしんちゃん劇場版も苦手だ。大人帝国などが一番厳しい。

大人を横目でチラと見ながら子供向けのフォーマットでやるという事は、大人だけを見て作るという戦場からの戦いからは当然逃げているし、及ばないことを分かって作っているという点で作り手としての不誠実さを感じる。なんなら「子供向けなのに大人も楽しめて凄い」という構造は「チンピラが雨の日に子犬に餌をやっていた」に、近いずるさを感じる。

本来子供も見るからといってクオリティが低くていい免罪符にはならない訳だし、クオリティが高ければ子供は無理をしてでも夢中になる、そういう信頼感がある作品が好きだ。

Detroitを最近プレイしたけど、これ多分小学生ちゃんと話を理解出来るし楽しめると思う。

作り手は子供を信頼してほしい!

2018-06-02

anond:20180602222335

いいゲームだよね。俺も前作かじってたクチで、3rdサービス開始からやってた。

miHoYoはこないだUnite Tokyoセッションにも出てたよね。増田でキアナダンスムービー性的だって若干叩かれてたけど。

あれVR関係ないしそもそも2016年ムービーなのにね。今更VR界隈のエロ寄り感と結びつけて語られてもって。

でも結局miHoYoのゲームアンテナ低い日本量産型オタクには受けないと思うんだよ。

技術的にはぶっちぎってる作品だけど、日本のオタが好む「ほどよい萌え」より結構露骨エロやパロを出してくるし。

バトルスーツにぴっちり少女の体のライン出てて、不自然なほどおっぱい揺れるからね。二次絵ならともかく、3Dモデルから生々しすぎると思う人が多そう。

とくに若い子は人目を異様に気にするからね。

かくいう自分水着の出し方に違和感を覚えたのと、やること増えすぎて疲れたのと、艦隊に人集まらなさすぎて(ロールプレイ風の方針にしたせいか若い子にキモがられた)失敗して疲れたので、去年の夏ごろに一旦やめてた。

けど最近またちょっとプレイしてるんだが、やっぱり面白いね。

やまもといちろうだったかは、序盤のチュートリアルのくっそ単純なところだけプレイしてポチゲー認定してくれてたが、こんだけ奥深いアクションもないよ。

キャラと装備ふえて色々連携が分かってくるLv70台くらいまでが実質チュートリアル(そこにたどり着くのに半年くらいは掛かる)ってのも硬派すぎて、急ぎ足な今どきの軟派なゲーマーには受けないとこだね。

まあ楽しさはガチャ依存なきらいはあるが、それは国産スマホゲーも大差ないところだし置いとくとして、それにしても選り抜きの精鋭プレーヤーしか残らないタイプゲームだとは思うね。

あああと、ストーリーの見せ方が断片的すぎて、普通にゲームを追ってるだけじゃ全容がさっぱりなのがハードボイルドすぎるね。

ストーリー自体はかなり重厚シリアスSFなんだけど、それが伝わらないというか。

2chwikiとかでまとめられてるの読んだり、本国マンガとか読んだりしてないとなかなか理解愛着を持てなくて情報感度高い人でないと楽しめない面がある。

2018-05-27

アニメサービス回っているの?

6話とか7話とかで水着回とか温泉回とかあるけど、こういう展開が浸透していなかった昔はまだ良かったかもしれないが、サービス回を真ん中ぐらいで挿入しなきゃいけない風潮が広まった現在で、ありとあらゆるアニメで急にシリアス雰囲気から女の子たちが水着になったり、温泉に入って露出を増やしたりして、いかにもサービス回ですよ~脱いでますよ~、って展開を本当に心の底から楽しんでいる人がいるのか疑問に思う。

まだアニメ見方ってものをよくわかっていないだけなのかもしれないが、こういうサービス回の楽しみ方ってものをあったら教えてほしい。

2018-05-25

https://anond.hatelabo.jp/20180507080655

ヒナまつりギャグシリアスバランスが悪いんだと思う。

エピソードをABパート分けしてる構成問題なんだろうけど

杏とホームレスのお別れで涙涙した後いきなり通常ギャグ路線に戻ったりもそうだし

切り替わりが唐突過ぎる。

ギャグ回ならトコトンギャグだけにしたり

シリアスならエピソード丸々そっちに持っていくかシリアス人情回はBパートに寄せるとか

そういう工夫があればもうちょい良くなったんではないのかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん