「結果論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 結果論とは

2018-06-19

anond:20180619213530

変えなかったらもっと勝ってるかもしれない

変えたらどうとかは結果論

anond:20180619141732

それ、結果論じゃん?

テロリスト要求が通ったからといって、テロリストが正しいことにはならない。


テロリストに譲歩したテレビ局には今朝から抗議の電話入れてるよ。

2018-06-15

anond:20180615041338

拉致問題を内政の道具にしてきたのは日本も同じだよな。

支持率が下がってきたら決まって拉致問題を取り上げる。

解決が難しいけど、解決しますという。

ホントのところはわからないけど、結果論で言えば解決しないのは日本にも責任あるよな。

5人と家族は帰ってきてるしな。

2018-06-10

廃盤するな、釣り上げるな

アラフォー女です。

****

中1くらいに生理を迎えてから生理が止まった大学時代3年間、

出産後1年半を除き、ウィスパーシリーズを愛用していた。

普通の日は「ウィスパー さらふわスリム 羽つき」、

夜は「ウィスパー すっきりスリム」の多い日昼用や夜用などを使い分ける。

さらふわスリム」と「すっきりスリム」に分かれたのは15年くらい前だった気がする。

妊娠する直前、AmazonP&G 製品まとめ買いセールシリーズ大量購入

お客様は、2014/1/26にこの商品を注文しました。

商品名:ウィスパー さらふわスリム ふつうの日用 羽つき 26コ、数量:4

販売: Amazon Japan G.K.

¥ 300

商品名:ウィスパー 超すっきりスリム 多い日昼夜用 羽つき 18コ、数量:2

¥ 300

ウィスパー すっきりスリム多い日昼用 羽つき 22コ

¥ 367

ウィスパーすっきりスリム多い日夜用 羽つき 16コ

¥ 367

多すぎたかも……と思い、実際、数年使うことなストックになっていたわけだ。

出産後、再開まで間が空き、ストックもあるのでドラッグストアの棚すら見ていなかったところ、

2018年3月末をもって日本国内販売終了した。

店頭で見かけないため、不安に思い、

今年1月、唯一在庫があったAmazonで「さわふら」だけ追加購入してあったものの、

そのストックも尽き、Amazonでも1パック900円など、大幅に値上げされてしまった。

なぜ気に入っているかは、説明しづらいが、とにかく他社製品は気に入らないのだ。

こうなったらタンポンの装着を練習するしかないのか。

第1子後、疲労からずっとレスだったが、はっきりと第2子、第3子が欲しいと伝えた。

代用品がない以上、使わずに済む道を選ぶしかない。ウィスパー日本少子化対策のため撤退したのか?

冗談ではなく、愛用者が妊娠出産年齢に突入して使わなくなり、

それより下の世代絶対数が少なくて採算に合わなくなったのだろう。

他社製品品質は駄目すぎると思うのだが、

どうも店頭をを見ていると「薄さ」を求めるニーズが少数派なのだろうな。

Twitterで別の女性がつぶやいていたけれど、生理用品はおおむねパッケージセンスおかしい。

ウィスパーはかなりマシなほうだった。

生理ナプキンは強い吸収力で他用途でも活用できるそうなので、

男女問わず買いやすい、モノトーンパッケージ製品も用意して欲しい。

結果論だが、Amazonまとめ買いセールの時に、一生分、買っておけば良かった。

まさか廃盤になるとは思っていなかった。

(あのセール自体日本撤退に向けた在庫処分だったようだ)

2018-06-07

anond:20180607141117

結果論否定できないわけだ。

在日外国人言論が抑圧されているという幻想はこの一件からも明らか。

2018-06-06

気を抜いて話をしたい

最近悩んでる。

全力で喋っても相手に伝わらない事が多くなりすぎて辛い。

相手理解する事を前提に最初論点を話そうとする。

でもうまく伝わらないので段階を作って順に説明をする。

そうすると論点に辿り着く前のどこかの地点で相手がポカンとする。

結果論点に辿り着かずに話が終わる。

知識の有無じゃなくて考え方の話。

例えば普段仕事の会話。

相手は私に伝えたい事を説明して、私は相手の考えを咀嚼して理解した上でその返答をする。

まぁ当たり前でいつもの仕事光景

私は相手に伝えたい事を説明して、相手は私の考えを咀嚼して理解した上でその返答をする。

まぁ当たり前で、でもそうはならない。

論点に辿り着く前に相手が途中の話を結論として話の中心に据えようとしてくる。

違う、そうじゃない。

それは一つの例えとして噛み砕いた話だからそれを全体に適用しては駄目。

中心に据えるとおかしな事になるんですと事前に説明していたのに何故そうするのか。

特定個人がそうなのであれば、その個人がそうなんだと自分を納得させれば良いんだけど

大体の人が同じような流れになるので悩んでる。何でだろう?

きっと私の説明の仕方が下手なんだろう。上手く説明できる方法を教えてほしい。

昔はこんなじゃなかった。

知らない事や知らない考え方がいっぱいあった。

知らない考え方を理解するのは難しいけど楽しくて何とか理解した。

辛かったけど仕事理解する必要がある事もあった。

理解したつもりになっていて実は違っていて考え方を修正したりもした。

そうすると今までのと辻褄の合わなくなる考え方が出てくるから上手く組み立てたりした。

考え方を理解するためには知識必要だったしそれを覚えるのも楽しかった。

新しい知識と考え方と経験が楽しかった。

そして誰も理解してくれなくなった。

理解してもらえるように毎回噛み砕いて説明しなくちゃいけなくなった。

私が教える事ばかりで誰も私に教えてくれなくなった。

母親は「昔からお前は「何故?」って聞いてきてた」と言っていた。

今も私は「何故?」と聞いていたい。

でもそれに答えてくれる人がいなくなった。

知りたいのに。もっと知りたいのに。

知りたい人に教える立場になんてなりたくなかった。

会話をして相手の主張を理解して私の主張を理解してほしかった。

でも今じゃそれもできない。それが辛くて悩んでる。

とまぁ噛み砕くこと無く抽象MAXで書いてみました。

仕事がつまらない。

もっと面白いと思うことをやりたいけど大体の事がこなせる今の職場ぬるま湯も捨てがたい。

読み返してみるとポエムちっく。私まだ若いよね?w

2018-06-01

昔の麻雀

精神論とか結果論が多かった。

またツキという存在意識して書かれていることが多かった。

あえて悪い待ちを選んで、それを上がることで一気にツキを呼び寄せるなど。

それでも読んでて面白かった。

近年はコンピュータを用いた統計により打ち方の良し悪しがはっきりするようになった。

昔の雀士はついていくのが難しかったんじゃなかろうか。

2018-05-30

anond:20180530074939

こういう強制的な状況にハメられたら、逃げるとか休むとか誰かに相談するとか辞めるとかって選択肢が頭の中から消え去っちゃうんだろう。

カイジの鉄骨渡りガラス板で出来たゴールルートみたいなイメージ

まり、そこに逃げ道があるのに本人にはまったく見えなくなるみたいな。

もう、頭の中は命令を聞くか、人間を辞めるかだけになる。それで働くのが無理になったら、フラッと自殺するとかも無理は無いと思う。はたから見たら残念だし迷惑なことだが、そういう迷惑度も考えられなくなる。

関学選手が復活できる程度の怪我で済んで、日大の加害選手も生きて正直に話してくれてて良かったと思う。

逃げればよかったのにとかそういうのは、結果論だし外からから言えるんだよ。

2018-05-22

栗城史多の件

ちゃごちゃ批判している奴らがよくわからん

単に「やりたいことをやって死んだ」だけで、なんで批判されなきゃいけないんだろうか。

やりたいことやるために、人様に頭下げて金集めて、

指も鼻も失って、それでも自分の夢を追い求めただけだろうに。

しかも、そのことで他人に多大な迷惑をかけたわけでもなかろうに。

何が悪いのか、さっぱりわからん

少し気になるのは、「登れないくせに登るな」という批判

「登れなかった」のは結果論であって、

「登れる奴しか登っちゃいけない」のだろうか。

だったら、結果を出せない奴はすべからく批判されるのだろうか。

さっぱりわからん

2018-05-21

まあ会社辞めないで過労死とか自殺するのも

会社やめて社会復帰できなくて餓死するのも結果論でしょ

2018-05-04

私は社会不適合者だから結婚できなきゃ死ぬと思ってた

今時結婚ってしてもしなくてもいい風潮だけど、私に限っては結婚して世界がめちゃくちゃ変わったので、そっと吐き出していく。

元々、社会での生きづらさはやばかった。

学生時代は苛められるか無視されるかの安定ぼっち、うんと好意的な人が多いときには面白がってもらえたけど、でも自分が喋ると周りの空気が止まる感じはずっとあった。

皆が笑うタイミングで笑えないし、まともな受け答えも未だにわからん。

幸い勉強は人並みにできたし、まあヤンキーからは程遠いまじめちゃんなので、割と堅いところに就職できた。

それから孤独が本当つらかった。

家族の中でもちょっと浮いてはいたけど、一応家族として寛げる空間はあった。

社会人になって一人暮らしすると、もうなんていうか、コミュニティの中で浮いてるのを自分で受け止めるしかない。

やらかして、周りが優しくアハハーと笑ってくれても、でもも自分の中では羞恥と後悔でうわあああってなって、帰ってきたら真っ暗な部屋。

どこに出かけても、ちょっと薄笑いを浮かべて見られているような感覚

それを笑い飛ばせない孤独

早めに家庭を持たなきゃ死ぬと思った。

というか、ぶっちゃけ30までに結婚できなかったら本気で死のうと思ってた。

増田23歳の春のことである

なおここに至るまで鉄壁喪女

そこからはもう必死婚活した。

当時はまだ婚活って言葉一般的じゃなかったけど、お見合いパーティーとか知人の紹介とか出会い系サイトとか使いまくった。

合コンもしたけど、浮きすぎて引き立て役にしかならなくて、集団の中で自分を魅力的に見せる能力がないことに気がついたので、途中からは一対一で話せるものだけに絞った。

それでも全然成果でなくて、親や周りからはい結婚すんの?従姉妹のなんとかちゃんもう子供いるのよ?ていうか彼氏くらいつくりなさいよアハハーみたいな脳天気えぐりプレッシャーを浴びつつ、なんかもう半泣きで婚活した。

で、30で初めて付き合った相手結婚した。

7年に及ぶ婚活で、相手は唯一私と付き合うことにOKをくれた男性だった。

付き合うことになってからは非常に速やかに結婚することになって、今は子供もいる。

結婚してから、周りの扱いがすごくかわった。

なんていうか、今までの珍獣いから、人間扱いに変わったとでも言えばいいのか。

配偶者がいて子育て中で働いてる、ただこれだけの属性で、すごくまともな人扱いをされるようになった。

何かと見下し発言の多かった先輩は接触してこなくなったし、彼氏自慢の電話がしつこかった同級生音信不通になった。

でもって、なんかちゃんとした扱いをしてもらえるようになった。

いや、これは私の勘違い思い込みなのかもしれないけど、例えば駅でぶつかられても、舌打ちじゃなくてスミマセン、とちゃんと言われたり、お店でお会計の間違いを指摘してもため息をつかれなくなった。

職場飲み会モテない変人として槍玉に挙げられることもなくなったし、同僚は子育て情報を教えてくれる。

なんか、なんかほんと、世界が優しくなった気がする。

私はそういう社会にいるのだと思う。

既婚で子供がいて、真面目に働いている、という属性は分かりやす評価される世界

その世界で、独身でもいい、一人で気高く生きていけるという潔さは、私の中のどこにもなかった。

結果論だけど、結婚できて本当に良かったと今も思う。

夫に、どうして付き合ってくれたのか聞いてみたことがある。

コミュ障丸出しなのに、必死すぎてなんか放っておけなかった、ということだった。

そういう理由結婚できることもある。

とりあえず、死なずに済んで、今こうして生きていられて幸せだ。

2018-05-03

anond:20180503173525

駅弁屋と飲料メーカーは違う会社なんだから

あえて分散させてるわけ無いでしょ。

お互いに利益になるところに注力しているだけです。自動販売機震災のために置いてるわけないだろ。結果論として、役に立った、ってことはあるだろうけど。

2018-05-02

プリチャンやべぇキャラだけで話作ってる

キャラ前提どころかシナリオが本当におまけ、キャラが何かするための触媒しかないしマクガフィンどころか本当にどんなどうでもいい事でもキャラさえ絡めば話が成立する状態

本当にもう全部キャラによるキャラのためのキャラクター消費なわけ。

プリパラもなんのかんのいって皆友だち皆アイドルというメインストリーがあってその上にキャラが乗っていたんだなあ。

プリチャンはエモくてバズって人気者になりてえがメインストリーからひたすらキャラキャラ押し出してればいいもんなあ。

いやまさかキャラクター消費の方向をとことん加速させてくるとは。

プリパラが全体の8割キャラ消費ならプリチャンは98%キャラ消費だわ。

キャラが動く所にストーリーがあり、ストーリーなんてものは雪の上に出来た足跡程度の結果論しかない世界

2018-04-29

anond:20180429034034

どこかで復活したときに「実質的漫画村と同一サイトとみなしてブロック」ということができる。

サイト閉鎖されてるから」というのは結果論にすぎない。

2018-04-27

anond:20180427090124

そこまでして、自分仕事に穴を開けてはいけないと、強い責任感持っていたのになぁ...。

結果論だけど、入院で一時休業のほうがよかったのかも。

2018-04-24

野間オタク差別全盛期の差別当事者

される側のね。


1.苛烈オタク差別に直面した野間世代

そもそも野間がイキってる写真とか見るとわかる人にはわかる。

あれは不良のセンスではない。

しろオタクセンスに近い。

野間自分より一回り以上上の世代だが、あの世代のオタク独特の臭いが強くする。

エヴァ放映時に30過ぎだった世代エヴァに最も発狂的反応を示してた世代)だ。


あの世代の人達メインストリームから外れることに多大な勇気必要だった。

メインストリームで生きづらい人の大変さが今と比べても強かった。

いま30代後半の自分達は思春期にかろうじてその空気尻尾を感じた。

あれの空気本体思春期に重なったた世代はさぞ苦しかったと思う。


差別に直面し苦闘したオタクたちは色々とヘンテコリン自意識を生み出した。

いまギャグとして消費されてる「イキリオタク」はライト病理から誰にでも笑える(理解出来る)。

20代の小汚いオカマ氏が「要するに未充足、飢餓」とまとめてたが、それは多かれ少なかれ誰にでもあるものだ。


野間世代当時のオタク自意識とそこから生み出されるファッション自己演出は広く笑えるものではなかった。

オタク同士だと辛うじて痛々しさを理解できて笑えるようなものだった。

今よりはるか過酷環境下での切実な防衛のための自意識で、

情報入手手段も乏しく、「大人」になった先輩もまだおらず、

オタクとして見習える穏当なロールモデルがまだない。

みんなオタクとして社会に抗するためのスタイルを手探りで自己開発してたから。


その中の一派として、オタクでありながら不良っぽくイキるオタクが居た。


2.自意識武装するオタク

もう名前出しちゃうと有名どころでは大張正己とかだ。

当時スターアニメーターとしてメディア露出してた大張は袖の無いジーンズなんかを着てバンダナ巻いてた気がする。

「大張アニキ」って書かれてた。

ちょっと欧米パンクイメージも混ざりこんだ、オタク想像する精一杯のタフガイ

申し訳ないけど、当然ながら似合ってなくてすごく痛々しかった。


あとメタル音楽に傾倒するオタク

有名どころでは萩原一至とかだ。

あの世代には変に洋楽好き・メタル好きをアピールするオタクがやたら居た。

黒い服を着て怖いルックス外国人音楽聴くオタク発見した精一杯のタフガイ


みんなぶっちゃけ同じオタク気質の持ち主で、

でも当時馬鹿にされていじめられる対象として知れきってた「オタクであることを肯定できずに

メインストリームじゃないけど得体の知れないもの

メインストリームじゃないけど別の権威のあるもの

で身を固めてた。


バンダナとか指貫きグローブを装備するオタクが本当に居た時代の話。

彼等は普通になれない自分世間説明する為に「タフガイ武装をしてた。

それが見当外れで更に外面を異様にするものであっても。


いま野間説明しようとしたら大張・萩原という名前自然ポンポンと出てきたけど、

調べてみたら見事に同い年や同世代だった。(野間大張が1966年まれ萩原1963年まれ。)

勘で喋ってるけど大きくは外れてないんじゃないかという自信を得た。

野間は明かに大張や萩原のようなあの世代のオタク臭いが濃厚にする。

オタク気質でありながら自分オタクと率直に認められない。

タフガイを装備して自分説明しようとした。


3・サブカルというもう一つの(逃げ)道

オタクでありながら差別のせいでオタク自分を認められない人間

当人なりのタフガイ属性を装備した変なオタクになっていたという話をした。

しかしそういうオタク気質・強い自意識の持ち主の為のもう1つのパスが当時あった。

サブカルだ。

(ここで言うのはテクニカルタームであって、一般的意味サブカルチャーではない。)


サブカルとは何かを説明するのは難しい。

端的には「音楽映画についてマニアックなところ(最初から売れないマイナーなところ)に取り組み、

しかオタクではないことを強く自己規定する人達」とかになる。

この人達に無理があったのは、どうしようもなく存在意義他所依拠していたところだ。

メインカルチャーとは違うんだ、オタクとは違うんだ、という所だけで成り立ってた。

から非常にオタク意識オタクに執着してオタク蔑視して攻撃してたのもサブカルだった。

近縁種でありながら自分達ほど自意識が高くないオタクにつきまとって蔑視することで自己肯定感を得ていたから。


結果論から言ってサブカルは滅びオタクは栄えた。

オタクが堂々と自称できる世間になってしまった。


オタク自意識戦場から本格的に去ってしまった後はサブカルは空回りするしかなくなった。

そしてわりと自由創作や消費をし続けていたオタクの影響力経済力に勝てなくなった。

自意識問答にあまりに長い時間を割く人間は結局は敗れ去る種だったのだ。


これは後世の人間による傲慢歴史的結果論だが、

オタク丸出しでオタクをやれてたオタクや、バンダナ程度の武装自己肯定出来てたオタクは、

アニメを捨て馬鹿にされないための映画音楽に走ってカルト度外れ度を競うという

自意識の強さゆえに終始無理してるサブカルより強かった。


4.自意識から卒業できなかった方のオタク

もう結論が見えてきただろうか。

野間オタク差別全盛時代差別の脅威をヒシヒシと感じて育ったオタクで、

メインストリームでは生きられない自分の精一杯の防備を固めるためにサブカルオタク蔑視することで差別される弱者位置から逃れようとする生き方)に走り

サブカルをやってたせいでオタクにもたらされた開放に立ち会えずに

未だに自意識の檻に囚われ続けているオタクだ。


野間差別に強い関心があるのもオタクに強い執着があるのも理由が分かるだろう。

ずっと被差別感を持っていて、オタク蔑視する時にそこから逃れてきたのだ。

典型的差別被害者差別主義者だ。

今更そこは責めない。

まして彼等より安穏な時代を生きる世代断罪していいものと思えない。


ただし野間を長年苛んだ差別は明かに在日差別のようなソリッドでトラッド差別ではない。

80年代の「ネクラ」「ダサい」のようないじめ空気だ。

そのいじめ空気と格闘し続けて中年になったのはそれはそれで面白い人で、

そこを率直に出すことでメディアや論壇に居場所の確保が出来たと思う。


しか野間はまたしても自分肯定できなかった。

そんなことにクヨクヨと悩んできた自分を認められなかったのだ。

またもサブカル特有自意識の強さであり、あっさり被差別者としての言論を確保したオタクとは対照的だ。

サブカルオタクよりも弱い人達だった。

当人の心性も、結果的に追い込まれ立場も。


オタクが開放されて去ってしまサブカルとしての今後に行き詰まりを感じた野間

在日差別反対」という明かに当人が長年取り組んできたミッションとは違うものを掲げてしまった。

そして当人なりの精一杯のタフガイあの世代にとってのそれは不良)として革ジャンを着て釘バットを持ち中指を立てた。


差別反対を標榜すること、やけに暴力性をアピールすること、オタクに強い執着を持って追いすがり繰り返し侮蔑すること、

傍目にはヘンテコちぐはぐな彼の行動が、成分を分析すればいたって自然帰着なのだ


大張や萩原はとっくの昔に武装を脱ぎ捨てて普通のおじさんになった。

野間を追い込み続けるのは自分肯定出来ない弱さとその逃げ道としての自己欺瞞だ。


5.野間という人

プライドが高い野間には許せない。

世間空気いじめられて悩み続けてきた自分を。

あっさりと「いじめられた」と認めて被差別言論を獲得するオタクどもを。


野間は決して頭悪くはない。

抽象的な議論が出来ない方ではない。

なんたってオタクから。悩み続けてきた人だから

定期的にめちゃくちゃな暴論をぶつのはそれがタフガイ仕種から

「乱雑で悩みなんか持たない自分」を世間に表明する必要が定期的に生じる。

それは精神的な発作だと思う。


からおそらく、自分サブカル経歴が見る人から見たら弱点バレバレなのもたぶん自覚してる。

いま野間wikipediaを見たら、なんと前半生がまるまる削除されていた。サブカル時代の経歴の全てが。

45歳時点からまりそれ以前について触れないwikipedia人物記事って地味に異様だ。

もともと野間雑誌編集者とかギタリストとか紹介されてたはず。

学生時代から参加してるバンドサブカル界隈ではそれなりに有名で、

ミュージック・マガジン』なんていう典型的サブカル誌の編集者でもあった。


いったい誰の手の者が人の前半生をこんな風に抹殺したんだろう。

野間否定的な者ではあるまい。

野間肯定的な者でもあるまい。

このサブカル活動文脈理解できて、その裡のみじめな自意識の懊悩を理解できるオタク教養のある者、

そしてこの経歴にすら強い羞恥心を感じて肯定できなくなった者に違いない。


調べてみると近年の野間は「サブカル」を批判対象へのレッテルとして結構連呼しているらしい。

脱オタクしてサブカル立場オタク侮蔑し、

サブカルして活動家の立場サブカル侮蔑し、

まりいつまでも自分自身を肯定することが出来ない。


6.まとめ

一部にみられたこういうのがあまりにも見当はずれな分析なのでひとこと言いたくなりました。

野間氏は不良ではなくオタクです。

2018-04-22

最初から逃げればいい」と言っても

相手セクハラしてくるに違いないと最初から決めつけるのもおかしいような

それだと絶対セクハラしないと言い切れない以上誰にも取材できなくなる

たまたま被害にあった時だけ結果論いかなければよかったと後知恵で叩かれるだけ

それにセクハラする人も初対面でいきなりしてくるほどタガの外れた人は少なくて

何回か会ってから「こいつなら大丈夫そうだ」と判断してやり始める場合の方がむしろありそう

2018-04-19

anond:20180419170017

スポーツ選手女子アナ結婚する関係を構築するまで、性的関係性的言動が一切無いというのかね?

結婚たかどうかというのは後から見た結果論しか無い。

権力関係取引関係の無い者同士ならセクハラとは言えないだろう。

対等な関係にある者が性的に誘うことすらセクハラになるなら、セクハラという非難を恐れて非婚まっしぐらだ。

テレビ局女性記者に対する圧力が明らかになったか事務次官セクハラ引責辞任もやむを得ない、と考えるに至った次第である

なら取材源として価値のあるスポーツ選手女子アナ性的アプローチするのはセクハラじゃないか、という疑問は当然出てくるわけで。

2018-04-18

anond:20180418152048

なんか人口さえ増えればそれで経済発展!みたいな女に責任押し付け論があるけど、歴史的に見ても

人口が増加したから、経済が発展したんじゃなくて

経済が発展したから、人口が増えたんだよな

技術革新なりなんなりで社会構造が変化してそれまで子供作りにくかった人たちとか、産んでもすぐ死んでた層が経済的に豊かになって健康子供を育てられるようになったか人口が増えたって結果論であってさ。

政府政治家がどう言おうと今の日本が今の社会構造を維持したまま末広がりに経済発展していくなんて誰も考えないだろうし、それこそ人口増やしたかったら産業革命なみのパラダイムシフトがなければ無理だろ。

なんでこんな当たり前のことを誰も言わないんだろ。

2018-04-16

anond:20180416125847

ブコメもすげえ自己責任論丸出しっていうか

ものすごい結果論で上から殴ってるな

参加構成分からん新入社員の酒の強さなんか知るわけないだろと

2018-04-13

社交辞令かそうでないか

その言葉を発した側の意思はもちろんあるが、受け取った側のその後の応対次第でもあるのかなと最近思った。

たとえばよくある「今度食事でも(呑みにでも)行きましょう!」というやつ。

受け取った側が「どうせ社交辞令だろう」と何もせず流してしまうか、「いついつ○○どうですか?」と返すか。

前者なら当然何も起こらない。

後者なら「真に受けてるわプッw」ってなるかもしれないし、「まあ付き合ってみても悪くないか」となるかもしれない。

そしてそれは受け取った側が何らかのリアクションをしなければわからない。

リアクションしてみてはじめてわかる結果論しかない。

これを知ってからは、社交辞令と思われる言動をされてもある程度冷静に応対できるようになった。

もちろん、過剰な期待は禁物だがな。

2018-04-06

anond:20180406093551

からそれが結果論リスク管理が不十分だったって後から難癖付けてるだけだって言ってるんですよ

身の回りでいつ誰がくも膜下出血で倒れても最速で処置が受けられる環境をいったい世の中のどれくらいの人が用意できてるんですか?

2018-03-27

anond:20180327145206

それのどこが公共事業として比べられるっちゅー話になったんだろうがw

COBOLCOBOLERがガラパゴスになったのは時代の流れという結果論ではあるがだからといって安価アスファルトに拘り続ける例示にはならねーって話だにゃああああん

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん