「結果論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 結果論とは

2019-02-16

刑事司法がやってることが奇怪過ぎて最悪

 1 犯罪が起きてもストレート逮捕して取り調べるわけではない

 2 一回くらい110番したくらいでは、頭が壊れたオヤジが出て適当なこといって電話を切る。

 3 むかついて、何度か交番や本署に足を運ぶと、向こうもしつこいと感じるのか、知らんが

   追い詰めるだけ追い詰めると、よく分からない全然理解できない行動に出る。

 4 結果として、ある日突然、加害者が消えるといった、結果論としていいことは起きる。しか

   逮捕はされない。

 5 概ね犯罪被害発生日から、5~8回ほど、しつこく交番や本署に行かないと、そういう必殺技

   発動されない上、本当にストレートで助けてあげる人は、平成時代国家についてきた、苦労してそうな

   やつか、昭和時代のことを知る60歳以上の老人個人と決めてかかっており、自分たち時代のことを

   知らない若者に対しては、つっけんどんな対応をとるか、何回もしつこく刺激すると、根負けして、逮捕

   しないが、当人にとって都合が良いであろうような、何でも屋みたいな対応、つまり、脅しなどを行い、

   加害者が同じマンションから退去するなど、魔法みたいなことが起きる。

 6 風俗店詐欺被害にあっても、被害者がたとえば新宿署に足を運んだ、捜査員に被害状況を説明したといった

   努力点を評価し、その他、被害実態があまりにひどい、被害者がわめいていて、とんでもない被害を受けた

   などの場合だと、捜査員が風俗店に脅しの電話を入れる結果、結果として風俗店から、「すいませんでした

   お金しますので口座番号を教えてください」といった電話が入る

 警察仕事は、こんなのばっかで、めっちゃ腐れ過ぎてて、要は努力点と結果論けがあるようで、ストレート

捜査してた昭和警官から見ると、許されないくら分からん仕事をしている。

  要は、もう日本語を使って調べるのはやってなくて、怪しいことしかしてないんだよ。相手するのも、事案云々

じゃなくて、そいつがどういう人かになっているし、もはや中世原始時代レベル

 昭和刑事司法はない。やってることはクソにも過ぎる。

anond:20190216185917

弟は兄が犯した事件によって職を失い、家を転々とするが、マスコミは彼のことを放っておいてはくれなかった。

就いた職場にもマスコミが来るため、次々と職も変わらなければならなかった。

そんな暮らしの中にも、希望がなかったわけではなかったという。

事件から1年余りが過ぎた頃、筆者が彼のアパートを訪ねようとしたときたまたま女性と一緒に歩く姿を目撃したそうだ。

優次は彼女事件のことも話していたという。

日本は昔から村社会における連座の発想があり、犯罪者家族犯罪者と同等の扱いを受けることになる。

社会的リンチされる習慣は、江戸時代の話ではなく、現代にも続いている。

 

正体を打ち明けるのは勇気のいる作業でしたが、普段飲まない酒の力を借りて、自分のあれこれを話して聞かせました。

一度喋り出したら、後は堰を切ったように言葉が流れてました。

彼女の反応は『あなたあなたから関係ない』というものでした

自分意思犯罪を犯したわけでなければ、親族は「関係ない」というのが真実だろう。

 

ようやく心を開いて話ができる異性との出会いは、彼に夢を与えてくれたのだろう。

しかし、優次の夢は叶うことはなかった。

事情を知りつつ交際には反対しなかった女性の親が、結婚と聞いたとたんに猛反対したというのだ。

二人の関係が危うくなり、彼女も悩んでイライラしていたのだろうか、彼女から決定的なひと言が口をついて出たという。

かわいそうだけど、歴然とした差別はある。

 

一番こたえたのは『一家揃って異常なんだよ、あなた家族は』と宣告されたことです。

これは正直、きつかった。

彼女のおかげで、一瞬でも事件の辛さを忘れることができました。

閉ざされた自分未来が明るく照らされたように思えました。

しかしそれは一瞬であり、自分孤独孤立感を薄めるには至らなかった。

かに欠点が全くない人間はいない。だから他人を異常と見てしまうことは止むを得ないだろう。

しかし、その原因がただ家族だったからでは、全ての欠点・異常性を説明することはできない。

 

結果論ですが、いまとなっては逆効果でした。

持ち上げられてから落とされた感じです。

もう他人と深く関わるのはやめようと、僕は半ば無意識のうちに決意してしまったのです。

(中略)

僕は、社会との接触も極力避ける方針を打ち立てました

犯人だけでなく、犯人家族も丸ごと殺したいのが、被害者遺族の本音だろう。

 

仇討ち

結局、他人を殺したいほど憎いという気持ち加害者被害者も、同じ人間であれば変わりはない。

被害者であれば、犯人とその家族を皆殺しにして良いという「仇討ち」の発想は、江戸の昔から今の日本にも残っている。

日本を良くするためには、このような負の伝統改善していった方が良い。

2019-02-11

はてなニュータウン必要性

anond:20190210145018

元ネタから組み立てるに、このネタにおける「ニュータウン」って言葉意味は、「何らかの用途利便性があり、街が開発され、そこに住む人々がその利便性に惹かれたというところから拡大して一定性向を持つ」――つまり結果論的に似た者同士が集う、という話ではなくて、そもそも最初から「似た性向を持つ同士の人々が一緒に過ごすと気持ちいい、外部社会のその性向排斥圧力に対して自衛力を得る」という意味なわけだよね。

ある種のゲーテッドコミュニティなわけで、そういう意味ではmixiもそうだしFacebookもそういう側面があるし、Twitterタイムラインもそう。「つるみたい人でつるんでそれ以外の人はなるべく関わらんですごそう」だ。

前者の意味でのニュータウン、つまり利便性に惹かれた住民結果的に似たものだった」という意味で、はてなはまさにニュータウン(いまは村)だし、その意味住民はてな民なわけだけど、後者意味ニュータウン形成するにあたっては、はてな民って、軸になる主張が欠如してるんじゃないかな。ふわっとリベラル、ふわっと理系、ふわっとガジェット好き、ふわっと電子書籍好きみたいな感じ。とはいえそこからハズレた人も抱えているし、人生相談なんかも多いし、意識高い系だんだん後退してきた。

現状、「はてな界隈」ってふわっとしてて、はてなBlog増田はてブの合流したクラウドっぽい運用がされていると感じるのだけれど、そのふわっとした感じって別に偶然じゃなくて、住む人々の中心的なテーマがふわっとしているからそれに呼応してふわっとしたコミュニティになっている/ふわっとしたコミュニティなので中心的なテーマ収束しないでふわっとしたままでいられるだと思うんだよ。

例えば、はてなの中心がフェミニズム!でコミュニケーション過半数フェミ話題だったとしたら、こういう運用体にはならなかったんじゃなかろうか。というか、耐えられないんじゃなかろうか?(運用携帯主義主張も両方が)

コレはもちろんフェミ問題ではなくてアンチフェミだろうが嫌韓だろうが全く変わりない。つまり、いまのこの運用体は強烈な主義主張をするのには向いていないし、そこに住まうはてな民はふわっとしていて先鋭的な主張運動を出来ないし好まないし、ゆえに今のはてな界隈以上の防衛強度を持つ「はてな民だけの街」なるものは求められてもいないし、そういう城塞都市みたいなものを仮に作ったとしても、はてな民はそこへ移住しない(なぜならふわっとした活動に向かないから)。

寄り道ながら触れてみると、それに最も近かったのが「意識高いライフハックやら自宅勤務を主張する一派がオンラインサロン設立した」ってのが、元増田のいう「はてなニュータウン」にもっとも近いナニカだったと思う。でもそれって、見て分かる通り大多数のはてなからスルーされたしいま実際に後退しつつあるよね? はてな村奇譚も結局内輪向けの自虐であってそれ以上のものではなかった。つまりは「そういうこと」なんじゃないかな。

はてなニュータウン必要ない。それってわりと朗らかな知見だとおもう。

2019-02-09

anond:20190209115309

娘も生きて20年後医者になってれば殴られた経験が生きたと肯定されてる

結局結果論

反出生主義について

私はおそらく反出生主義だ

子供は本当に可愛いと思う、愛しむべき存在だ。この世の全てのこどもたちが幸せであって欲しいと切に願う、虐待死のニュースなど胸が張り裂けそうな思いに駆られる。

けれど、それと子を持つという考えはイコールにはならない。

この世のありとあらゆる不安事故、人の悪意、はたまた病気から子供を守りきれるだろうか。答えはNOだ、言い切れる、絶対不可能だ。

結果的にその時は守りきれることもあるだろう、けれどそれは一時的結果論であって、生きている限りこれらの可能性はあり続ける。

今、自分に降りかかる全ては自己責任(語弊はあるけれど)と割り切れる。少なくとも私はそう生きてきた。

仮に明日、車に轢かれて死んだとしても痛い思いをするのは自分だ、ドライバーを許す許さないも極論自分次第、全ての不幸は自分の心の持ちようでどうにでもなる。

から死のうとは思わないし、生ある限り楽しもうと思う。別に人生を悲観なんてしていないし、毎日充実している、両親のことも好きだ(母は亡くしているけど)

ただ、それは全て”私の心”の話であって、どこまでも主観の話なのだ

人に強制することでは絶対あってはならないと思う、それは自分の子供であっても。

セックスはひとりの人間を創ることだ、出産はひとりの人間をこの世に産み落とすことだ。

それは神聖で美しい営みなのだと思う、と同時に残酷で罪深い行為だと感じずにはいられない。

自分分身とか、血を分けたとか、遺伝的な繋がりがあるとか、勿論様々なとらえかたがあると思う。

けれど、1人の人間をの人生を、本人の許可なく始めさせる権利が一体どこにあるんのだろう。

「この優しい人を父親にしてあげたい」

とある作品でこんな台詞を見た

この気持ち理解するが、共感はできない。ここに子供気持ちが含まれていないから。

勿論お腹の中の子供の気持ちなんて分かる筈もない。ただ想像すら放棄している気がしてならない、それは思考停止なのではないか

人は、ましてや子を守る親は思考停止なんてしてはいけない。

生主義ないし子を持つ親、これから親になる夫婦に聞いてみたい。

上に挙げた考え方は狂ってるのしれない、けど全く間違っているともどうしても思えない、子供を作る時一瞬でもこんな考えが浮かんだのかな、怖いと感じなかったのかな。

子供を持とうと決めた理由は何なのか、教えてほしい。

皮肉でも嫌味でもなく、本気で聞きたい。

子供を持つことで成長できたなんて言うけれど、自分たちの成長の為に子供を作った人はいないのではないのか。

ならば将来年金を貰うなと仰るかも知れない、仮にそんな法律が決まれば甘んじて受け入れる。最期は誰だって一人だ、そしてその過程、何年か何十年か分からないけれど。それは文字通り死ぬほど苦しいんだろう。(自分の老後のために子供を産んだのかという話になるけれど)

そうだエゴだと開き直れるのならそれはそれで幸せなのだろうな。

別に人類は滅びろとか、出産は悪だなんて言うつもりはない。

強い言葉を使う反出征主義者は声高なヴィーガンと同じくらい嫌いだ。

ただ恐ろしい、1人の人生自分の手で始めさせるなどという責任を負うことは私にはできない。結果、反出生主義的な考えになっている。

納得できる理由があれば私は考えをあっさりと改められるのかも知れない、できるならそうなりたいと願う。

改めて言うけれど、私は子供が好きだ。人間は美しい生き物だと信じたい。だからこそ、この世に産まれた命に対しては最大限の歓迎を持って受け入れたいと思っている。(昨日ブコメで見た「ようこそ世界へ」という言葉は素敵だと思った)

長くなってしまった

私は、喧嘩したい訳でも、議論ふっかけたい訳でもない。

ただこんな矛盾だらけの消極的な反出征主義のような人間もいるのだ。

共感しろとは言わない、ただ子供を持ちたくないという人間の1人にこんな考えの奴もいると知ってもらえたら嬉しい。

すっごい疲れた、昨日買っておいたティラミスを食べよう。生きることは素晴らしいよ、少なくとも私にとっては。

2019-02-08

吾輩は反出生主である

インドの反出生主義の人が親を訴えようとしているはなしが上がっているが、

コメント欄を見て反出生主義について「ちがうんだよーーー」と思うことがあったので、

その主義を持つ自分観点から話したい。

当然、他の反出生主義者が同様であるとは限らないことは断っておく。

##「反出生主義なら死ねばいい」ということについて。

これは違う。

反出生主義は、人は生まれるべきでない、という立場を取っているが、

その根底には「苦しみを生みたくない」という思いがある。

生を授かってしまった以上、死は恐ろしいものであり、それには苦痛が伴う。

から自身含め、今生きている人に対して死ぬべきだとは思ってないし、死にたいとも思っているとは限らない。

しろ最大限に幸福であるべきである

から自分は、生まれちまった悲しみを抱えつつも楽しい方が良いと思ってエンジョイしている。

主義ネガティブさとは裏腹に、全く不幸なんかじゃないぞ!

## 親を訴えようとしている反出生主インド人が親と仲良しな件について

矛盾してるみたいな感じがする。

だが私も、親が勝手に生みやがったと恨んでいるが親とは仲がそこそこ良い。

そして私が「生まれたくなかった」ことを親は知っているし、

それに対してとやかく言われることはない。

私は良い環境で育ったと自負しているし、

上から目線ではあるが、親は私の教育をよくやったなぁと感心している。

それなりにありがたいとも思っている。

恨んでいるのに、なぜそういう感情を抱くのか。

これも「苦しみを生みたくない」考えに基づいているが、

子供幸せになるように育てることができるのであれば

まり問題とは思わない。

もちろん長い人生でどんな不幸が先で降りかかるかは予想もできないが、

明るい未来ある子供を育てるという点では十分だ。

ではなぜ出生に反対するのか。

それは上手く育て、子供の明るい未来保証できないからだ。

赤子に出生の選択権はない、判断能力もない、

からは親は幸せ保障した上で産むべきだ。

だが幸せ保証することすらできない。

ならば、

苦痛が伴う可能性のある人生を送るリスクを取るか、

幸も不幸もなく、それらを感じることすらない無か。

私はここで後者選択する。

わざわざリスクを取らない。

あなた方が幸せだとしても、それは結果論しかない。

生活仕事の中でリスクを取るのとは、失敗時の被害がまるで違うハズだ。

また、そのリスクを取ったのも失敗したのも親だが、

その被害を受けるのは親ではなくその子なのだ

これはあまりにも理不尽だと感じる。

若干脱線したがつまり

子育ては上手くやったしその点ウチの親はとてもすごいなぁと思う。

一方でリスクまみれの人生を強いたことは許さない。

いやでもやっぱ親を告訴までする気持ちはわからない。

## 子供に出生の同意を取ることについて

取った方がいいに決まっている、

自分勝手なことをするな。

人生における最大の分岐点受験でも就活でも結婚でもなく出生と死没だ。

そこに選択権がないなんて間違っている。

でもそんなの無理に決まっている。

猿でもわかる。

から逆に、出生後に人生離脱選択権があったらなと、思っている。

自殺を認めた事で発生する問題無視しての理想論だが。

もちろん人生離脱権より以前にそもそも子を生まない方がいいのだと言うことは言っておく。

だが生物である人間に対して反出生主義を浸透させるのは現実的ではないから、

せめてもの逃げ道として、その権利が欲しい。

## 某インド人が地球スケールの話をしている

私は地球規模の話には関心はないが、

弱肉強食世界にいる動物も大変だなぁと思ってる。

常に死の恐怖の中にいるなんて考えられない辛い。

もっとも、そんな感覚を持っているのかは知らないが。

生態系に何の意味があるのかといえば宇宙規模で見れば何の意味もないので、

生物という概念存在しない世界こそ理想だ。

## 厨二病

かもね

2019-01-29

[]1月29日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司羊羹

○夕食:豚肉白菜しめじ豆腐を煮たもの納豆タマゴ。

○間食:ソフトクリーム

調子

仕事普通にこなした。

チームの人と一緒に帰ってたら、なんかおそらく無自覚になんだろうけど、給与マウンティングされた。

同一労働同一賃金ってなんなんやろう……

いや、法律とかよくわからなくて、言葉字面だけでそう思ってるだけで、

俺が考えてるようなものじゃないから、今こうなんだろうけど

なんかもうようわからんなってきた。

なんなんだろう。

俺が、俺が、俺がって、俺を自己評価するの嫌いだけど

でも、はっきり言って、俺重要だろ……

俺があの製品一番文句なしに詳しいし、みんなひっきりなしに俺に質問くるやんか……

なんなら、スケジュール嘘ついて、俺が三人分ぐらい回したときもあったやろ……

それに、あれとか、これとか、俺なしにまわんのか?

こないだ突発的に半休とっただけで、割とてんやわんやしてたやんか……

まわるし、てんやわんやも慣れてけばなんとかなるんだろうな……

よくないね……

自分仕事ベストエフォートでやってると評価して、

他人仕事は軽く見て結果論上から目線批判する。

そういうのよくないって、はてブの偉い人も言ってたし……

よくないよくない。

俺はまだ全然ダメダメのクソゴミ人間から仕方ないんだ。

俺はダメ人間

俺は劣ってる人間

俺はお金を払うのに値しないゴミ人間

俺はクズ

俺はバカ

俺はゴミ

俺はダメ

俺はダメ人間

俺はよくない人間

俺はまだまだダメダメでクソゴミから、仕方ない。

2019-01-24

艦これは古いゲームだし

から今の視点だと短冊がプルプルするの見て祈るだけの、もはやゲームですらない運ゲー的な何かであることは仕方ない?

ログインボーナスないのも、おまけにUIが使いにくいのも仕方ないと?


そんなわけあるか。

だって弾着観測艦載機熟練度に支援艦隊基地航空隊に改修工廠と、無駄に長時間ゲームに張り付かせる仕様追加だけは精力的に励んできたのをお忘れか?

しかも長時間張り付いてまで色々やり込んでも、肝心の戦闘ストレスが減らないどころか、やり込んでも運次第であることは全く変わらないので、かけた時間コストに対する無力感しろストレスが増大する

更に改修工廠のネジはやたら渋くて、毎日・毎週の任務を隈なく達成できなければ課金しろと言わんばかり。

これで改修工廠オマケ要素なら時間ある人か金持ち向けとみなしてスルー可能なのに、大量のネジと資材を消費する改修でしか入手できず、しか重要度高い装備があるとか、そこまでしてカネや時間艦これに注ぎ込ませたいのかよって感じ。

そしてイベントの、理不尽しか言いようのない海域難易度が、上述のやり込みをしたうえでひたすらお祈りするプレイヤー以外を締め出す篩として、今も昔も絶好調機能している。

それを誤魔化すかのように、公式ツイッターしたり顔史実エピソードを語るが、はっきり言って史実史実うるせーんだよしか思えないわけで。


結果論かもしれないが、結局艦これは開発リソースの使い方を完全に間違えたタイトルってことになるのかな。

運要素が絡むのがシステムの根幹であっても、頑張ることで目に見えて運要素を減らせるのであればもう少しマシだったかも。

つか、こうも頑なに何でもかんでも運次第なところを変えない辺り、雨乞いやってんじゃねーんだよという感じである

2019-01-21

anond:20190120160321

「女にも男並みに性欲がある」ことが判明したのは、フェミニスト達の活動による結果論に過ぎない。

女性社会進出改革の結果、女たちの発言力が増したことによって、今まで社会の裏側に隠れていた事実が露呈しただけ。

女も男と同じように、異性を外見や性的魅力で選ぶという公然事実が明らかになった。

しかし、今までフェミが男の性欲を攻撃していたのに、今度は女自身もその性欲を持っていることが判明する。

フェミは自ら暴いた真実を、今度は自分でそれを否定し始めると言う自己矛盾に陥っている。

2019-01-11

anond:20190111225939

ただ、余力を残して負けたからその後の戦後復興があるんで

結果論だが良し悪しだな

2019-01-06

anond:20190106124509

結果論努力不足という石投げてるだけだろお前は。

正社員だろうが、ブラックで心を破壊されたやつも努力不足かね?運は悪かったが、尋常じゃない努力は強いられているが。

2019-01-03

京大までの受験の思い出(失敗編)

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

https://anond.hatelabo.jp/20190102174908

ダメだった身で恐縮だけど、見てたら俺も自分語りしたくなったので。

中学受験

小学校首都圏某県の公立に通っていた。長男にはありがちだと思うが、低学年のころより通信教材をさせられたり、あちこちの塾にお試しで通わされたりしていた。

中学受験も完全に親の意思によるものである勉強別に好きではなく、塾では机に落書きをしたりしてあまり授業を聞いてなかった。だから当然成績は振るわず、ある日テストで50点をとって(自分ではそれでも上出来と思っていたのだが)ブチ切れた母の命により、それ以来は学校が終わると直帰し祖母らの監視下で勉強強要させられる日々が続いた。志望校も全て親が決め、いざ受験期になっても明日どこの学校を受けに行くのかさえ把握していなかった。

とはいえ元来陰キャ友達も少ないことから自分だけ別の中学に行くことに未練はなく、また特段この学校を受けたかった!というのもなかったため親は恨んでいない。まあクラスメートからいいねと言われるのは気分が良かったし、(勉強は嫌だけど)親に怒られるのも嫌だからしょうがないか、ぐらいのもんだったと思う。むしろ中学受験は大なり小なり「させられるもの」だと長らく思っていたので、東大編の元増田や知り合いの子供が純粋自分意志中学受験をしたというのを聞いてびっくりしているくらいだ。結局(親の)第一志望の御三家は全く歯が立たず、第三志望?くらいの中堅校(中高一貫)に入学

中学高校時代

中学に入る前後から弟が病気で入退院を繰り返すようになり、親や祖父母はそれにかかりきりになった。お陰でこっちはこれまでと打って変わって完全放任。ゆるい文化部に入って暇を持て余した俺は、当時流行っていたMMORPGメイプルストーリーとかそういうやつ)にドはまりした。当然勉強は全くせず、テストは常に一夜漬け。成績は最下位スレスレ状態が高1の終わりまで続いた。相変わらずクラス友達はなく、図書室にこもっていたお陰か現代文だけは良かったが、文筆家になる気はなかったし歴史とかの暗記系が大嫌いだったので理系選択

高2になって、見かねた親が東大生の家庭教師をつける。俺が京大へ興味をもったのは、その先生の「京大単位が空から降ってくる(けど東大単位が逃げてゆく)」という言葉だった。折しも本屋大賞だかがきっかけで森見登美彦を読み始めた俺は、自由楽園としての京大への憧れを一気に膨らませた。当時の京大ホームページアクセスすると大学京都の町並みの影絵だけがボーンとあり、それを横にスクロールしていゆくと最後入口が出てくるといった具合で、他の「普通の」大学とは違うその作りに大いにワクワクした感覚を今でも覚えている(どこかに画像が残ってないだろうか)。

同時に両親とも激務で働く姿を見ていた俺は、会社員自由のない苦痛に満ちた職業というイメージ漠然と持ち始めた。そして自由自分のやりたいことのできる職業大学教授という安直な発想から研究者(当時は「研究」が何かも知らなかった)の道を志す。そのために必要要件も何人かの研究者の略歴を見て「早慶以上で博士課程まで行けばなんとかなる」という勝手イメージを抱き、結論として「京大に入る(滑り止め早慶)」ということだけを目標に高3に突入した。

大学受験(現役)】

再び受験生となった俺は、MMOを休止し何となく予備校に通い始める。当時クラスメートたちは進度の遅い高校カリキュラムを見限り、授業中も内職して予備校の教材をやっていた。だから自分もそんなもんかと思って高校課題は真面目にやってなかったのだが、5月定期試験で相変わらず下から一桁番目の成績だった俺は担任からこっぴどく叱られる。

「お前に学校予備校勉強を並行してやるのは無理だ。予備校を辞めるか、さもなくば学校を辞めて大検を取れ」

恐れおののいた俺はとりあえず担任の教科(数学)だけ予備校を外し、そこから漸く(自分なりに)真面目に勉強をするようになった。

学科は(高校の教科で言う)物理が好き&理屈ばっかりではつまらないという理由工学部物理工学科を選択首都圏学校だったので京大志望はクラス自分一人で、ちょっと一目置かれていた(単にハブられてただけかも)。しかし当然ながら、京大試験問題は難しい。特に積み重ねと言われる数学絶望的だった。でも当時はそこまで深刻には考えてなかったように思う。物理は高3になるまで運動方程式も知らなかったけど、一歩一歩ものにできている感覚があった。化学予備校の教材が奇跡的に分かりやすかった(何せ浪人時代予備校を変えたけど、化学はこっそり現役の時の教材で勉強していたくらいだ)。当時京大では理系でも国語二次試験があって、読書趣味から現文が感覚で解けてた俺には有利だった。元増田の通り、センター数学足切りしか使われないから出来なくてもノーダメージ。あとは英語センター地理を合わせて総合力で何とか、という作戦だった。

高校である教師が言っていた。

現役生はあらゆる点で浪人生より不利だが、唯一有利な点は『落ちたことがない』ということだ。

高3の俺は正にその状態だったと思う。模試でD判定をとっても、周囲が「E判定は良い判定」とか言い合ってるのを聞いて安心していた。試験前日も風邪リスクなど考えず、噂の折田先生像がいつすげ替わるのか番を張っていた(夜になって諦めたけど)。今から見れば完全にただの馬鹿だった。

そんな根拠のない自信は、試験帰りの新幹線慶応に落ちたことを知り、補欠だった早稲田にも繰り上がりはなく、そして3月10日を迎えて完全に打ち砕かれた。後日はがきで送られてきた俺の点数は、合格最低点に(全教科計1000点満点で)80点以上足りなかった。

大学受験浪人)】

私大早慶以外にも何校か受けており、そのうち1校には辛うじて受かっていた。浪人生活はとにかく苦しいと聞く。しかし極限まで肥大化した京大-自由楽園-への憧れと、早慶未満→研究は無理→会社員自由のない人生というイメージから俺は進路に迷った。結局家族で唯一理系だった祖父の「受かった大学師事したい先生がいるならよいが、そうでないならもう一年頑張ってみては」という言葉におされ、俺は浪人生となった。

もう現役のころのような希望はなかった。予備校京大クラスはそこにしかないため、満員電車を乗り継ぎ片道1時間半かけて都心の校舎に通った。中学受験ときは決まった休憩時間には遊べたが、浪人の間はあらゆる時間勉強に費やさなければならないのが本当に辛かった。趣味読書も一切禁じた。もし落ちたら奴隷のような一生しか歩めず、それだったらもう死ぬしかない。そう思いつめているせいか夜はなかなか寝付けず、自習時間や週末に眠り込んでしまうことも度々あった。クラスメートと一切話さず(結局誰一人名前も知らなかった)、昼休みは机に突っ伏していた俺は相当浮いていたと思う。

それでも振り返れば、この一年で俺の馬鹿は(お勉強の面では)だいぶ治ったと思う。物理は難度の高い問題をこなし、得点源といえる域になってきた。化学は詳しい理論(π電子とか)は理解できず丸暗記だが、現役時代と合わせて知識量はそこそこあるはず。国語感覚を廃した分析的な読みを一から勉強し、地理と合わせてセンターで大幅な特典増が見込めた。数学はやはりしんどいが、どうにか100/250点とれれば総合合格点に届く計算だった。

試験前日、俺はやっぱり眠れなかった。ホテルの有線音楽で聞いた『一年生になったら』がずっと頭の中を流れていた。興奮は当日になっても続き、寝不足による不調は感じなかったが、2日目の最後理科試験問題を開いて絶望した。物理が例年よりも簡単すぎる!差別化を図れる唯一の手段を封じられ、動揺した俺は同時に出された化学で手こずりまくった。絶望感とともに帰宅した俺は、迎えてくれた家族の態度から早慶に落ちたことを察し、今度こそ人生が終わったと泣いた。そこから3月10日までは後期(京大にはないので他所)の勉強をする気力も起きず、抜け殻同然の日々を過ごした。

ここでいつか使おうと思って、結局使えなかった話のネタを供養したい。俺は出願期間が始まって速攻で願書を出したから、京大受験番号は(学科を表す千の位+)8番だった。たしかその年の工学部の倍率は2.5倍くらいだった気がする。迎えた3月10日ホームページで見た合格者の番号は

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 9, 11, ...

あの時同じ部屋にいたはずの10番は、今何をしているだろうか?

【その後】

結局俺は最低点には17点届いていなかった。そして死ぬだけの覚悟があるはずもなく、併願した某私大に進学した。この大学に現役で進学し、新歓の時期ばったり会った高校クラスメートの「一浪して○○大!?」という言葉が今も胸に突き刺さっている。

……とまあ、受験生を奮い立たせる目的ならこういう風にBad endで終わった方が良いのかも知れないが、どっこいこれもN年後の今では良い思い出である。あれから俺は京大とは別の国立大の院に進学し、今は民間企業への就職を控えつつ博士課程を終えようとしている。結局私大生活も十分すぎるほど自由だったし、現状研究者も中々自由が効かなそうだし、企業でも上手くマッチングすればかなりやりたいことが出来そうだった。後に残った傷といえば、森見登美彦が読めなくなったことぐらいである。

もちろんこんなのは結果論しかいから、これを読んでる受験生は悔いのないよう今の信念を貫いてほしい。しかしもし将来(受験に限らず)苦い思いをすることがあったら、それがどのようにして「良い思い出」に変わり得るかのヒントとして次の言葉を思い出してほしい。

人生には割と結果オーライな所があって、今の状態が悪いと過去の一つひとつがその原因のように思えてくるが、逆に今が良ければそれらにも意味があったんだと思えるようになるもんです。

これは今の大学である先生が仰っていた言葉だ。過去未来を決めるのでなく、未来過去意味づけるというとまるで(京大編の元増田の)「汗をかけ」へのアンチテーゼみたいだが、そうではない。大事なのはもし受験不本意な結果に終わっても、その後人生で「成功」するチャンスはまだまだ残されているよということだ。私大の院で着実に研究者への道を歩んでいる同期がいる。生涯の伴侶を見つけた後輩がいる。サークル趣味が高じてプロになった先輩がいる。俺だって京大に落ちなければ、今の研究(超絶面白い)には出会えなかっただろう。どんな道でもとにかく今が楽しいという状態にさえ持っていければ、きっと明日だって「落ちたことにも意味があった」と僻みなく言えるようになれるだろう。

全ての受験生と、かつて受験生だった皆が、新時代を迎えるこの年に「成功」出来ることを祈っている。

2018-12-30

anond:20181230011222

○○だから受けた

みたいな分析って結果論しかなくない?

○○向けと見せかけて実は、ってパターンで当たった作品を引き合いに出したら実は怖いグリム童話やらまどマギやら色々あるけど、

その逆にキモオタ向けの純愛モノで有名だった映画監督作品全国的に人気出たりしたパターンもあったし、どうとでも言えると思う

話題性がないと人目を集められないし、中身がそれなりに伴ってないと評判が広まらない

コンセプト云々でこき下ろすのは視野狭窄だとしか思えんわ

2018-12-29

anond:20181229161317

男女平等って長い目で見たら男女ともに損してる気がする

男女別の待遇でもいいからお互いに幸せになれる方法模索した方が、男女とも幸せになれたような

結果論だけどさ

2018-12-27

anond:20181227124353

野次馬根性ぐらい、大なり小なり誰でも持ってるよな。

問題が起きてから結果論野次馬叩く阿呆はまず自分の胸に手を当てて反省せぇよと。

2018-12-11

サンライズ出雲予約したくて張り切って6時半にみどりの窓口来たけど今の時間になっても10時打ち待ってるの私しかいない。まあこういうのは結果論から

2018-12-02

anond:20181202020946

その良い努力と悪い努力というのが結果論しか言えないのが凡人はてな民だと言っている

受験勉強限定したって成功者のやり方は千差万別なんだぞ

anond:20181202014617

失敗したやつに向かってお前の努力は間違っていたんだと結果論しか言えないのが凡人の限界ってこったな

2018-11-29

anond:20181129032350

正直ここまできている増田

「やめておけば良かったのに」「距離詰めすぎだよ」

は余計なひと言でしかないな

 

最初からわかっていればそんなこともないだろうに

最初からわかるわけないんだ

結果論ウエメセする奴クソだと思うけど

上の2言以外は同意だな

2018-11-17

ベンチャーキャピタルアクセラレーションプログラムも実はイノベーションを欲していない。

理由は、リスクを見極められないから。かつ、リスクが許容できないから。そして、ほしいのは商売人としての利益から

このあたりは金融屋として、市場がどれくらいで、いくら投資したら、いくら利益がでて、全体でいくら儲けられるか?という見込みを元に行う。

だけど、不確実性が高まれ高まるほど見込みを立てられない。つまり、儲けの算段ができず、投資不的確だと判断される。

および、「まだできていない物」だからできないリスクもある。「できてないものを出来ているように言うような」詐欺師の温床にもなる。

詐欺師の側も、これなら投資が取れるネタというのを日々研鑽しているもの

詐欺師ベンチャーを名乗る件が非常に多い時点で不確実性がさら高まる

ベンチャーキャピタル、ベンチャーとの共同研究を設定するのは基本的に大組織。つまり、内部で数人がかりでこれはいけるだろうというのが断定できないとならない。

好むのは基礎要素が全て整っていて、もう少しは売り始められているようなもの、あるいは、よそがヒットしているようなもの

から、何もないところから突然ヒットした、というのが生まれると、こぞって突然ヒットしたものがらみについて投資バンバンしだす。

新しいもの開拓されたのだから、その周辺で新しいビジネスが生まれ可能性もある。かつ、その先行企業の真似事でうまくいくこともある。けど、とれるリスクはその程度。

大企業側も自分事業領域に近いところならリスクが取れる。また、自分自身が利益を出しているが、その利益が食いつぶされる程度であれば耐えられる。

大企業が信頼の出来る大学に共同研究を持ちかけるほうが詐欺にあってダメになるリスクも低い。

無論、大企業から見ても詐欺リスクはある。それから、やっぱり結果論として、投資したものが頑張ってもうまくいかなかったもの詐欺と等しい。

から、どこぞの馬の骨ともわからないふけば飛ぶような起業になんて、金は出せない。大企業社長思い入れがあるとか言っても、それなら自社内でやるだろってことで。

アカデミックならまだ経理と報告がしっかりしているから出せるかというところで。

となると、それよりリスクが高いものとなるとアカデミック側がリスクをとって研究するとなる。

ただし、競争資金もある程度研究の基礎部分があって少し背伸びしたぐらいのものでないと通らない。つまり、これも基礎もきちんと整えられない物は作れない。

だが、成果として儲けることは条件にいれなくて良い、その代わり、論文報告書として表に出さないとならない。

最も、最近の透明化とやらでその報告書申請書やらの書類周りのウェイトが非常に高くなって研究時間の圧迫につながっている。

そのような書類がなくても研究できる余地必要だ。

番外として金持ち投資するというものもある。これは金持ち一人が判断したら出せるもの

金持ちは何らかの自分商売に専念して金持ちになったので、離れた分野の知見なんてまあ、まず無いと言って過言じゃないあろう。

ほとんどの金持ち中小企業を構えているぐらいのものなので、組織的に詐欺対処できない。

リスクは取れるが、いかんせん詐欺リスクにかかるリスクのほうが高いので、よっぽど自分商売に近い部分のリスクしか取れない。

企業宛の国、政府助成金詐欺懸念があるため、極短期間か、1/2や1/3程度の自己負担が求められる。ついでに書類も多い。

ということは、もうそれだけの間に事業がうまくいく算段がついてないと応募したところで首を絞められる。

まとめると、とれるリスク順に次のようになる。

1.銀行融資

2.国、地方自治体助成金

3.大企業ベンチャーとの共同研究

4.ベンチャーキャピタル

5.金持ち他人への個人投資

6.大企業アカデミックとの共同研究

7.アカデミックポスト競争資金

8.アカデミックポスト運営交付金

9.金持ち自分自身の開発に対する資金

逆にこの下側から、まだ影も姿もない革新的イノベーションが生まれ可能性もあるということだ。だって影も姿もないのだからその上側のリスクがある金は取れないわけだから

8なぞ、研究しているときは「何に役に立つのかわからない基礎研究」としてやっていたのだろうがね。

革新的イノベーションというのは今まで思いもつかなかったこから巨大なビジネスが生まれたことと言っても過言じゃないだろう。

そうなるには、基礎技術部分を全部抑えていて、大きな市場をつかめ必要がある。

しかし、そんな基礎技術を抑えきれるような開発は非常にハイリスクだ。長期の開発にはまず開発当事者生活費をどうするかから考えないとならない。

政策としては、上記フェーズを「それぞれ」充実させる必要がある。

特に7,8は国しかリスクを取れない

ただし、新自由主義化でアカデミックポスト使い捨て化、運営交付金削減、競争資金化が進んだところ、論文執筆数の時点で減少している。

役所政治家仕事として、別に「夢を見せてやったふりをする」こともあるだろう。

まあ、叫ぶだけ叫んで、子供のお遊び起業を増やすのも一応仕事をした事にはなるだろう。最もそいつらは失敗するわけで、周りも起業はしてはならないと学ぶだけに終わると思う。

から大学学生ベンチャーサークルが生まれては数年しては消え、そしてまた数年後に生まれる。どこの大学でもあるようなサイクルが生まれる。

結局のところ、イノベーションの面から見ても基礎科学の充実と、各フェーズ資金のものを増やすこと以外に解はない。

2018-11-13

[]11月13日

○朝食:ハムエッグ定食

○昼食:助六寿司

○夕食:豆腐豚肉白菜

○間食:一本満足バー

調子

はややー。

健康診断行ったあと、会社に行ったのだけど、ちょっと心の持ちようがよくなくて、あまり仕事が進まなかった。

その上、追い打ちをかけるように、

しょうもないとはいえ、そのまま進むと危ないタイプケアレスミス

「完全に存在を忘れてて漏れてたドキュメント修正」など、ミスらしいミスが見つかって、謝りに謝った。

まあ…… こういう時もあるからしかたない。

いや、仕方なくないか自分仕事ベストエフォートでやってると評価して、

他人仕事は軽く見て結果論上から目線批判する。

そういう態度をとっちゃいけないんだよ。って、はてなブックマーカーの人も言ってたし。

気をつけないとだ。

それに加えて、ちょっと自社の人ともいろいろな話題があって、いろいろありそうで、かなり憂鬱だ……

3DSDS互換

ポケダン

キバニアを二匹仲間にして、これで僕が仲間にしたい「あくポケ(進化後、フォルムチェンジなどで悪ポケになるものも含む)」の進化元は全て仲間にできた。

あとは、レベル上げをして進化をするわけだけど。

よくよく考えたら、進化アイテムもいるな。

と、調べて気づいたのだけど、ブラッキー必要月光リボン、一昨日ぐらいにクリアしたスイクンダンジョンで拾えたレアアイテムじゃん! もったいないことした……

それと、レアアイテムといえば、映画で先行登場してたマニューライベントアイテムがあるんだった。

まあパスワードで出せるからさくっと入手しとくか。

iOS

グラブル

復刻イベントガチャチケを一枚交換した。

武器も欲しいけど、僕の光編成が弱くてやる気が出ない。

今の構成は、シュヴァ銃三凸二本、シュヴァ楽器三凸二本、無凸一本、アーカルム杖一凸一本、プリキュアコラボSSR武器、ンナギの時のSR武器四天刃って感じ。

さすがにシュヴァ楽器無凸は弱そうだ。

武勲も溜まってるし、シュヴァ剣が二本ストックあるので、一気にシュヴァ剣四凸やっちゃうとか?

プシュケー二つと、輝き一つと、光エレメントが30個で四凸できるので、一気にやってもいいかも?

光と闇以外の属性は、三凸マグナほとんど完成してるから武勲をそちらに回す必要もないし……

いいな、よし明日からアポロンHL回ってプシュケーを集めよう。

それと復刻イベント召喚石も交換して光エレメントに変えようと思う。(蒼光の輝石ってのもあるけど、もったいないよね)

今日やれたこ

OK・1.健康診断に行く

OK・2.仕事ちゃんと行く

OK・3.醤油を買う

OK・4.グラブル:島H、マグナ(火、闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

OK・5.ポケダン青:キバニアを2匹仲間にする

明日やりたいこと

・1.仕事ちゃんと行く

・2.グラブル:島H、マグナ(火、闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

・3.ポケダン青:レベル上げをして仲間を進化させる(進化させないとなのは、14匹。とりあえず進化させる段階の初日なので、一日でどれぐらいできるか様子見して、それ以降目標数を決めよう)

・4.なにか新しいゲームを少しだけでもいいからする

[]11月12日

○朝食:なし

○昼食:チャーハン

○夕食:豆腐納豆、卵

○間食:カマンベールチーズ

調子

はややー。

仕事を頑張ってた。

テストをする工程なんだけど、どうしても異常系はミスしがちだね、今日だけで二つもミスってた。

ミスミスから真摯に受け止めて反省して直せばいいんだけど、

どうしても「いやそもそも、異常のときにこんな複雑な処理をさせる前提に問題があるし、その前提を共通化できていない共通基盤チームにも問題がありますけどね!」と腐してしまう態度も、少しだけ、ほんの少しだけある。

あるけど、瞬時に自分の中に住んでもらってアドバイスをよくもらうはてなブックマーカーの人が

自分仕事ベストエフォートでやってると評価して、

他人仕事は軽く見て結果論上から目線批判する。

そういう態度をとっちゃいけないんだよ。

反省反省

明日は、健康診断なので午前休です。

なにかよくないことを言われるのはわかりきってるので憂鬱です。

あと、検尿あってオナニーできないから、寝付きにくいなあ。

3DSDS互換

ポケダン

ニャースを二匹、ヨーギラス三匹仲間にする程度にはプレイ

今日目標は達せれただけでなく、プラスアルファができたのでよかった。

iOS

グラブル

日課はこなした。それと復刻イベントガチャチケ二枚目を交換。


今日やれたこ

OK・1.仕事ちゃんと行く

OK・2.ゴミ出し

OK・3.ラジオ聴く

OK・4.グラブル:島H、マグナ(火、闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

OK・5.ポケダン青:ニャースを2匹仲間にする

明日やりたいこと

・1.健康診断に行く

 怖いか行きたくないなあ。

・2.仕事ちゃんと行く

 血を抜いたあとは怖くて行きたくないなあ。

・3.醤油を買う

 今日豆腐にかけようとしたら、ちょっとしか出なくて寂しかった

・4.グラブル:島H、マグナ(火、闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

・5.ポケダン青:キバニアを2匹仲間にする

2018-11-10

後輩が死んだ

バイトで知り合った高校生女の子だった。

 

の子が入って1年近く経った頃、彼女は時々体調を崩して休んだり、勤務中も具合が悪そうに見えることが増えた。

部活もやっている子だったので、両立できているとはいえ疲れたんじゃない?とみんなは言った。

彼女は外でやるタイプ運動部で、大会シーズンは夏場に真っ赤になった顔で出勤した。

体調を崩しながらも部活は頑張っていたようで、いろんな大会で勝ち進んでいたようだった。

「どっちかっていうと黒くなるタイプなんですけど、赤くなっちゃいました。焼きすぎたのかな?」と彼女は笑った。

焼ける以前よりも彼女はどちらかというと赤ら顔の印象が強かったけど、

夏を過ぎて、シミやそばかすよりも赤みが残ってファンデーションを買い替えた、と言っていた。

 

彼女部活引退し、就職も決まりシフトを増やしたのか顔を合わせることが増えた。

から冬にかけて彼女はずっとマスクをしていた。

風邪予防かと思ったら、どうやら長いこと風邪を引いているらしかった。

熱とだるさが続いていると言っていた。

私は医療系の大学勉強していたので彼女の長引く風邪違和感を感じていた。

店長にも相談し、親御さんに連絡をしてもらい、休ませて病院に行ってもらうこともしばしばあった。

貧血体質だという彼女血液検査でも指摘され鉄剤を飲んでいたけど、それ以外は問題がなかったらしい。

そこまでしても問題がないと言うのならこれ以上私がお節介をかけるのもな、

と具合が悪そうな彼女に無理をさせないようにするくらいしか出来なかった。

 

それから私が就活退職し2ヶ月が経った頃、バイト先の店長から連絡があった。

彼女が亡くなったらしい。

1ヶ月前から某大病院入院していたが、悪化が早く亡くなる一週間前から意思の疎通が難しいほど弱っていたという。

診断は全身性エリテマトーデスだった。大学でアホほど勉強させられた疾患だ。

 

いつ頃から発症していたのかは今更分かることではないし、本当に彼女の体質だったのかもしれない。

でも、10代以降の若い女性に多い疾患なのだ。男女比は1:10とも言われている。

彼女母親は、あんなに血液検査もしていたのに、抗核抗体検査はやっていなかった、と葬儀で話していた。

 

今になって思うのだ。

彼女発熱やだるさといった風邪の症状、貧血、その他諸々は、ひょっとしたらこれのせいだったのではないかと。

彼女の赤ら顔は、SLEの特徴である蝶形紅斑だったのではないかと。

医者ではないからそんな区別はつかないし、医者以外が人に診断まがいのことをしてはいけない。

結果論しか無いけど、それでも、どこかで気づけなかったのだろうか、早いうちに何か出来なかったのだろうかという後悔が強い。

今でも職場で誰かが体調を崩し「あの子は体が弱いみたいで」とか「私こういう体質みたいで」なんて声を聞く度に、

亡くなった彼女のことを思い出し不安脳裏をよぎることがある。

女性の子宮頸がんや乳がん等は広く周知されてきているけど、

SLEは膠原病というジャンルで昔から知られている割に症状から疑いにくいのかな…と自分も含めて思うのだ。

女性他者遺伝子を持つ胎児を宿すために、男性とはまた違った免疫バランスが取られているという。

そのバランスを崩した結果自己に対する免疫を持ってしまうのではないか?故に女性自己免疫性疾患が多いのではないか?という説があった。

どうか、特に若い女性は少しでもおかしいな?と思ったら膠原病内科などで検査を受けてみて欲しいと思う。

2018-11-06

anond:20181106143438

そこまでいうなら児童買春以前に児童労働禁止について研究して

反証を揃えてから主張するのが論理的というものだ。

お前が社会的合意がすでに形成されているものに対して

意義を唱えようとしている側なんだから

お前が説得させるんだよ。

違うな。

元増田問題提起に対して勝手な前提を持ち出した側こそ、

その前提の成り立ち、根拠と「それが社会合意形成である」ということを証明する必要がある。

社会がどうとかってのは結果論しかない。議論テーブルでいうことではない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん