「絶対的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絶対的とは

2017-07-20

親に整形を勧められた

これは笑い話ですが、親に整形を勧められた。

就活本番が始まる前に顔直せとさ。

費用持つって言ってるけど、それそのまま欲しいわ。終活に使うんで。



てか顔綺麗にしたら受かるわけ?まあ確かにプラスに働くだろう。誰だってドブスの第一印象は最悪である

いやでもさ、顔が良いだけで受かったらやばくない?会社が。ブスにも会社を選ぶ権利はある。会社も顔を選ぶ権利はある。



それにね、顔めちゃくちゃ良くなっても落ちる可能性はあるわけで、そしたらさ、顔のせいに出来ないじゃない。

自分内面のせいってバレちゃうじゃない。私に。

せめて自分には嘘をつきたい、だってしか私の絶対的な味方じゃないし。私最高!

というか20年ちょい私と一緒にいるんだから内面クソなの知ってるでしょ。勉強も嫌いだし。勉強してるとみじめな気持ちになる。何でだかは知らん、気が付いたらそうなってた。みんなならないんだって。ほんとに?このみじめさ共有したいんだよね。みんなもっとみじめになろう。感じよう。

就活じゃみんな嘘をついてるし大丈夫?無理無理。現実見て。ついでに私も見て。嘘です。



大体さ、ちょっと鼻筋通して目切ったところで誰でも美人になれると思ってるの?

思ってるでしょうけど。簡単に鼻筋通せ、目頭切開しようって言うけどさ。

鼻の高いブスも目のでかいブスも存在するからな。かわいそうに。

パーツのバランスクソだとどこをどう直したところでブスはブスです。やったね!

頑張ればバランス直せるのかもしれないけど、そこまで金出す気は流石にないでしょ?



まずどっから金出てくるの。あなた専業じゃない。

パパだって勝手会社辞めちゃったし。

いや一応早期退職に応じたって形だけど、まあどっちにしろ事後報告だよね。

派遣やってるけどどうするの?もうすぐ還暦だよ?契約更新来るの?

早期退職お話来る時点で十分終わってるけどね。しょっちゅう体調不良」で月曜日休むからだよ。病院は行かないけどね。

会社もつまみ物、家では空気、終わってるね。

でも自分から進んで空気になったものね。ヒスママを私に押し付けてれば被害来ないものね。

その割に鈍いから自ら地雷原に突っ込んでるけど。気付けよ。いい加減顔色伺ってご機嫌取るの私疲れたんですけど。



整形に話戻すとさ、なんでちょっと直したところでマシになると思い込んでるの。親でも直した方がいいと思うレベルなのに。

しか若い知り合いいないからかな。もっと比較対象持とうよ。昔は色んな子と比べてたじゃない。




いきなり私に言う前に他の人に聞くとかもなかったの?

あーなかったねごめんね。ママ友はおろか学生時代のお友達もいないもんね。いやいたっけ?でも今一緒に出掛けたりしないんだから意味いね

はいっぱいいるよ!みんなお昼を一緒に食べてくれる。社交辞令だよ。



どっか趣味の講習とか通えばいいじゃない。今からでも。いや無理か。周りの同世代全部見下してるものね。私も同じだから分かるよ!嘘だけど。

行ったとてその愚痴を延々と聞かされるわけだし、行かなくていいよ。想像しただけで疲れる。



たぶんね、整形するよりジム通って多少細さと筋肉つけた方がまだマシだし速いんだよね。

でもジムは高いかダメなんだよね。何その基準

私のバイト代から出すって言ってもダメって言うし。通帳見るなよ。



今は就活しろって口うるさく言うけどさ、そんでその前は勉強しろだったけどさ、就活終わったらなんて言うの?

知ってるー。結婚しろでしょ。

しませーーん。誰がするかよ。

結婚の最も身近で最も長期間観察出来るのはお前らだからな。それ見てて結婚したいって思える?無理でしょ。



まあここまで散々文句言ってるけどね、依存してるのも十分分かってるから大丈夫

就活きっと失敗するから、そしたら全力ですねかじるね。

自立すべきとは言うけどね、その労力クソめんどいじゃない?あと見返してやれ!とか。みんなよく出来るよね。普通にすごいと思う。どうやるの?謎。

まあでも大丈夫だよ、私はちゃんと家にいて、ママと同じ思考で期待に沿う返答をして(期待通りの結果は出なかったね!)、地雷は踏まないようにして、パパが地雷踏んだら適当誘導するから

パパと私?可哀想からまあ適当に話しかけてるけど、返答がめんどくさいんだよね。いらない説明が多いオタクっているじゃない。あんな感じ。

それでも何とかなってるから。何とかなってるでしょ。

からたまにはこんな感じで愚痴を吐かせて。吐きたいわ。こんなんリアルじゃ言えないし。

まあ言ったら地雷まっしぐらで面倒だから言わないけど。こうやって被害者面で書くだけだよ。リアルだと悲劇お姫様とか人として出来ないじゃない?今超楽しいよ。良かったね。私最高!

https://anond.hatelabo.jp/20170719021542

マジレスすると孤独感の場合、痛覚で言うところの出血を伴う皮膚の裂傷や各器官の機能不全を起こしうる身体の異常、みたいな「(孤独を)感じなければならない絶対的ライン」というのがないから、増田のそれは孤独耐性が強いとか強くないとかってのは単なる主観で、耐性があるからいいわけでも、耐性がないから悪いってわけでもないでしょ

一人焼肉が恥ずかしいからと言ってそれは「孤独を感じるための心機能が過敏」というわけでもないし、そもそも一人でも焼肉を食べに行ける、ということに価値を感じない人もいるわけで

傍目には

女性の「わたしはお尻が大きいから/小さいから美しくない」とか男性の「おれは体毛が濃すぎる/薄すぎるからかっこわるい」レベルの話に思えるんだけど

最近アニメでも「へーきへーき!フレンズによって得意なこと違うから!」ってのあったじゃん? あれとおんなじだよ

2017-07-19

EVO2017 グランドファイナル ときど vs Punk に見る e-sports 観戦の難しさ

筆者はニワカでEVOが会期中だったことも認識しておらず、そもそもEVOってなんだっけというレベルで、もっというなら今年はおろかここ数年来格ゲー大会動画視聴もしていない。

そんなニワカから見てもときど vs Punk はすごい試合だったと思うし、後追いだけど動画でみて熱くなった。しかし、初見ではこの試合がどういう文脈で行われており、試合中のどういうプレイがどう凄いのかがまったくわかっていなかった。

 

あの試合クライマックスは、ときど操る豪鬼瞬獄殺を決めた瞬間――ではなく、その直前の垂直跳び……から斬空も何も撃たずに下りてきて着地の寸前に飛びKを入れたその瞬間だろう。ニコ動コメント曰く「伏線回収」。そこからコンボにつなげてスタンを取り、豪鬼、ひいてはときどの代名詞である瞬獄殺フィニッシュ。一連の流れはあまりに美しくあまりに劇的で、文脈のうえではあそこでときどの優勝が決まったと言っていい。

 

しかし筆者はニコ動コメントを見るまでそこで何が起きていたのか理解していなかったし、残念ながら日本語実況もそこを掘り下げるのはわずかにしかしていなかった(英語実況も見たがリスニングができないのでどういう実況をしていたかからない)。

e-sports 観戦は難しい、と改めて思った。

 

これが体を動かすタイプスポーツであれば、ルールがわからないような素人でもスーパープレイがでればそれだとすぐにわかる。

K.ウッドが20奪三振した試合カーブの曲がりは驚異的だったし、マラドーナの5人抜きは伝説と称されるにふさわしく、ジノビリのパスはいだって変態的だ。これらはルール理解していなくても、コンテクストがさっぱりわからなくても凄いことだけは即座にわかる。

 

あるいは将棋囲碁といった知的スポーツ。これらの神の一手の凄みは素人には理解できないだろう。だが、説明する時間がある。何がどう凄くてどういう意味があるのかということをプロ棋士解説するための時間が。

 

e-sports は反応の勝負であると同時に知的勝負でもある。圧倒的なスピードの中で、計り知れない意図計算がこめられたプレイングがなされる。それを解説するにはあまり時間が少なく、事態は一瞬のうちに移り変わっていく。

 

瞬獄殺直前の垂直跳び。あれを理解するにはまずPunkが対戦相手の着地を圧倒的な反射速度で狩り続けたことを理解せねばならない。ニコ動では「着地警察だ!」のコメが飛び交っていたが、わずか2フレーム時間にして2/60秒のあいだ着地後に発生する硬直時間に打撃を入れ込み、Punkはそれを強力なダメージソースにしていた。それはときども例外ではなく、グランドファイナル序盤ではいいようにその餌食となり、Rを献上していた。

 

しかしここ一番のあの瞬間、ときどはPunkの着地狩りを逆に狙い撃ち、垂直飛びKをこのうえない形で決める。

それは「着地警察であるPunkへの絶対的な信頼がなせるワザだった。Punkなればこそ必ず前ダッシュを入れてくる、着地を狩りにくる、その信頼が斬空ではなく超低空の飛びKをときどに選択させた。

 

そもそもときどは予選でPunkに負けてルーザーズに突き落とされた。さらに言えば斬空の着地を狩られて敗北したのだ。それをここ一番で狩り返したからこその「伏線回収」であり、あのシーンが劇的で、漫画みたいであり、心が震えるような凄まじい光景である理由だ。しかもそこからタンへ持ち込み――一瞬千撃。これ以上の決着があろうか? いやない。

 

しかしこの凄みがわかるのは、なにが起きているのかわかるのは残念ながらSFⅤのプレイヤーかそれに比肩するぐらいゲームシステムを熟知している視聴者だけだ。筆者のようなニワカや素人リアルタイム理解するのは不可能

 

EVO2017はそもそもPunkという新星にして決勝まで1セットも落とさずに勝ち上がった絶対強者に、古くから活躍するときどが挑むという構図がそもそも熱かった。ときどが予選でPunkに負けてルーザーズに落とされたこともそうだし、トップ8でPunkが板ザンやかずのこといった日本勢を蹴散らしていたこともコンテクストになった。そしてこれをここまで読んでいるひとには改めて説明するまでもないが、「I have Mago.」

 

EVO2017のSFⅤのグランドファイナルはあらゆる意味ですごかったし面白かったが、それを見る側の力が試されるとあらためておもったし、何も知らない素人e-sports に巻き込んでいくにはスーパープレイスーパープレイだと伝えていく解説や実況の力を高めていく必要があるんではないかなーと思った(し、そうなっていくことを期待する)。

 

最後になったけどときどさん、優勝ほんとうにおめでとう!

2017-07-18

死刑存廃の判断について知っておいてもらいたいこと

私は学生自体大学授業でのゼミ死刑存廃の判断について考えさせられたことがあります

どちらを支持するかではなく、どう判断するのかについてです

死刑存廃においては論点だけでも無数にあるのはご存知かと思います

ただ、どの論点においてもそれぞれの立場から妥当な論拠を示すことができます。そして、その論拠に対してもそれぞれの立場から妥当な反駁を繰り返すことが可能です。当然、その妥当性に強弱はあります絶対的ものではありません。

なので、論点に関してはどちらかが正しいと言えるものはありません。これは、白黒をつけたり勝ち負けを決めれる性質のものではなく、どちらも成り立つという二律背反にという関係に近いのかと思われます

もし、この論点においては正しいからとか反論不可能からと考えて判断根拠にしているのであれば、それは単に知識が足りないだけなのかもしれません。妥当性の強弱だけで違う立場の人を説得することも困難でしょう

そのため死刑存廃の判断というのは、知識が備われば備わるほど感情立場思想問題になることが圧倒的に多くなります。つまり議論の行き着く先は個人がどう思うのかということにかかっていると言っていいと思います

以上が、死刑存廃について判断するときに知っておいて貰いたいことです。

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170717021155

人間は愚かな存在愚かな者が作ったものはろくなものにならないという考え方があるそうだ。

そこで絶対的もの必要になる。

人権人間が作ったものではなく神が作ったものから絶対なのだとか。

日本国憲法は、日本人が作ったものではなく外から与えられたものからこそ貴い

みたいな深層心理があるという説

https://anond.hatelabo.jp/20170717075459

絶対的基準はないだろう。動物ってのは他の命を食わないと生きていけないようにできてるんだから

人によって基準は違うが、基本的には自分の都合が優先。それは他の動物と変わりない。

ただその都合の範囲外であれば、他の生命に対して優しくするべき、という自律心があるのはどうやら人間だけらしいし、それが人間の尊さでもある。

から自分にできる範囲で他の生命に対して優しくあればいいのだ。

まあ、自分とは都合が違う相手にまで自分基準強制しようってのなら、自分の都合だけではない線引の根拠要求されるだろうからな。

2017-07-13

https://anond.hatelabo.jp/20170713180434

そもそも

「俺がモテないのはフェミニストが悪い」

とか一言も言ってないし人違いだぞ?

モテ非モテは単に女性をどう扱うかだけじゃなく、身長収入性格趣味その他諸々で決まるわけで

その中の一要素でしかないし、しかも高いほどいい収入と違って女性の扱いに絶対的な正解なんかない

フェミしぐさをどの程度重視するか、そもそも無視するかどうかすら当人自由なんだから

ただそれをしない男はモテないってだけだからやるやらないは男の自由であって女性エスコートしたくないならしなきゃいいじゃん。モテないけど。

とか勝手一般論にすんなって話だよ

ただでさえ君らは「自分文句言ってくるのは特権を手放したがらない非モテ弱者男性

とかレッテル貼りしがちなんだから、その辺ちゃんと自覚してもらわないと

善悪」のレッテル貼りダサい

例えば、子供に「他の人に悪口を言うのは悪いことだからやめなさい」としつけると、子供にとっては「悪いことはしてはいけない」という方針が決まる。別に間違っているわけではないが、悪である理由を教えないと、その子供は物事善悪の形に当てはめることでしか物事を考えることができなくなる。だから、何故他の人に悪口言ってはいけないのか、それは他の人に悪口を言うと、その人が傷付くから。それだけ教えれば、子供には選択肢が与えられるようになり、おのずと自分の様々な行動に対して考えるようになる。そうすることで、絶対的な考えというものがなくなり、二極思考に陥りにくくなる。なので、善悪というレッテル貼りはやめるべきである

2017-07-11

https://anond.hatelabo.jp/20170711201501

ひねくれてんなぁ  

「ホラ! どうせこいつも罵倒すっぞ! みんな見ろよw」

とかレッテル張っておいて相手から罵倒されないなんて思わない方が良いぞ

でも俺は心が広いから君を罵るつもりは無い よかったね

  

では、そもそもなぜ君が若い子に目を付けるかっつったら

君の中で美的感覚が「若い子」に絞られてる訳だろ?

 

メディア喧伝するような価値観に縛られる癖に

自分はその範疇に入ってない訳(非モテオヤジという)

それは変えようのない事実だろう

 

でも自分の汚点も愛せるくらい器が広くなれば

自ずと君のストライクゾーンにブス、年増も入ってくる

(当たり前だが)世間美人若さという絶対的な美の価値観ばかりじゃない

時代によっても変わる(西洋じゃデブは美の象徴だったし、日本ではのっぺり顔の一重がそうだった)

 

君のように「若さ」という価値観にとらわれ過ぎるのも結構だが、

しょせんは人対人の話  相手が嫌がるようなことはできない

互いにどこかで妥協点を探るしかないんだよ 

「お前の一重が気に入らない! 整形しろ!」なんて、婚約者に言えるか?

当然、絶世の美男美女もどこかで妥協してる 世の中そんなもんだ

 

以上、君が勝手ハードルを吊り上げて、勝手にひねくれてるだけの話でした おしまい

2017-07-10

事務職管理職)で女は優秀だというまやかし

事務職の女は男より優秀だと言われるが、これはそもそもハードルの違いから女が優秀に見えているだけだ。

ミスわがままを言っても「女だからしかたない」「女には強く言えない(セクハラパワハラ騒がれる)」とかで、甘く見られる。

そもそも求められる水準が男より低く、いとも簡単に女はハードルを超えてくる。

一方男は求められるものが高く、かなりストレッチ目標を突きつけられる。

当然女より優秀でより努力しても望まれた水準を満たすことは難しい。

そのため男は相対的に低く見られるが、絶対的には遥かに上を行っている。

この結果が何を生むかと言うと、女の高いうつ病率と、男の高い自殺率・短い寿命である

つの事案について角度によって見えているものが違いすぎる

政治的な事案においては特に顕著だが、

ブコメ見ても、「こいつらは同じ事案について語っているのか?」ってぐらい、

賛否両論通り越してそもそも食い違いまくってる

こういうのを見ると本当に混乱する

絶対的に正しい意見なんてないんだろうけど、

人間ってここまで分かり合えないもんなんだなと

2017-07-09

かっらーい!

公式カレーレシピ(注:クックパッドではない)に興味があり、何度か試作してみたのだが、とにかくやたら辛いものが出来上がってしまっていた。

というか辛いを通り越して熱い。食べていて汗がジワーッと出てきて、下手をすると頭痛がしてくる。しかも思いっきり後引く辛さなのだ。

そう、典型的唐辛子系の辛さ。

そのレシピ曰く「辛さは唐辛子タバスコの量で調整して下さい」とあり、毎回この2つの量を減らし、ついには最小限にしたのだが、それでも依然として辛すぎる。

おかしいなー、この組織中の人はこんな辛いものをいつも食べてるのかー、でもこれだと人によっては翌日のお通じがヤバいのでは?と思っていた。


ちなみにそのレシピの一番の目玉は「ガラムマサラカレーパウダーを混ぜたものを乾煎りして加える」である

ガラムマサラの分量は4人分で小さじ2杯

ちなみに自分が買ったガラムマサラは何故か瓶が小さく、ここ数回使っていたらあっという間に底をつきそうになってきたので、大した考えもなく、とりあえず別メーカーのを買い足した。

しかし、である

2つのガラムマサラは色が違った。

まあ、そもそもこれはミックススパイスであり、しかも原点は各ご家庭の味が…系のスパイスなので、配合に絶対的ルールというものはない。

からメーカーが違えば色々違って当たり前なのだ


などと思いつつ2つの色を見比べてみた。

今まで使っていたものはやたらと赤い色をしており、ラベルには「辛みスパイスとある

一方、新しく買った方は緑っぽい色で、ラベルには「香りづけ」とあった。

えっもしかして…と思い、そこで初めておもむろに今まで使っていた方を手に取り舐めてみた。

次の瞬間、顔をしかめる結果になったのは言うまでもない。

ベル原材料を見ると、はっきり「赤唐辛子」と明記してあるではないか

そりゃそんなものを4人分の鍋に小さじ2杯も入れていたら激辛になるのは当たり前だ。

そうか、そういうことだったのか…。


念のため、新しく買った方も舐めてみた。

確かにこっちもそれなりに辛いことは辛いが、全く後を引かないどころか、むしろ爽やかな後味である

ベル原材料には「黒胡椒」とあった。


「このガラムマサラ唐辛子を入れた奴は誰だーーーーーー!!!!」


いや、ガラムマサラというスパイスに何を求めるかという嗜好の違い・ニーズの違いが両者の違いであり、貴賎も優劣もないとは思う。

実際、更に別のメーカーだと「ホット」「マイルド」と分かれて売られており、それぞれ赤唐辛子配合と黒胡椒配合になっている。

でも、それにしても思うのだ。

純粋唐辛子系の辛さが欲しいんだったら、日本には一味唐辛子という先人の知恵があるではないかと。

そもそもガラムマサラ=辛さ増強剤という解釈個人的には気に食わない。

完全に自分主観であることを踏まえても。


ともかく、次回作カレーは、今までよりは全然マイルドな味になりそう。

口に入れた瞬間の刺激はともかく、後味はずっと爽やかになると思うので。

2017-07-07

IT】開発スピードは全力で落とすべきである

頑張って一度速くやると、アホなマネージャー勘違いする

勘違いしたアホなマネージャーは、次もそのスピードを求めるし、他者にもそれを求める

マネージャーだけではない、別領域のアホなエンジニア勘違いする

「何とか間に合わせてほしい」に応じる必要もない

応じた結果品質が少しでも落ちたらこちらの責任にされる、説明無駄である

 

遅いチームはとても楽しそうである

全力でガバガバスケジュールを引いて、入念にコードをチェックして、楽しそうに議論を交わす

コードが正しいかどうか、高尚かどうかが最も大事ことなのだ

事業の都合とか考えなくていい

どうせ今取り組んでいる作業は売上につながらないのだから

リファクタリング設計は開発スピードを上げるために行うのではない

楽しいから、あるいはそれが絶対的に正しいからやるのだ

正しいかどうかは、チームの一番えらいような気がするエンジニアが決める

 

私のように大量の仕事をしてはいけない

何か問題があればコードを書いたもの自分責任になるのだ

極力既存状態を保持し、影響のないように書くべきである

でないと「元のコードが悪い」なんて言えなくなる

いか責任回避するかがこの仕事本質である

 

大抵の会社普段との差分しか評価をしない

粗暴の悪いヤンキーがたまに良いことをすると評価が上がるのと同じだ

常に頑張ってはいけない、全力でゆっくり仕事しなければ幸福は得られない

 

もし同僚が頑張っていたら可哀想から足を引っ張ってあげよう

簡単だ、ルールをいっぱい作ると良い

業務効率化するためです」と言えば誰も文句は言えないだろう

責任所在曖昧にするという方法もある

少人数だけで決められないほど、物理的に仕事が進まなくなり、ゆっくりはてブを読む時間ができる

 

ツライ

2017-07-05

NewsPicksの堀 義人氏のコメントが待ち遠しい

NewsPicksというキュレーションメディアがある。Web上のニュースまとめサイト的なものだけど、ここは実業家とかジャーナリストとか弁護士とか有名人実名ニュースに対してコメントを残しているという特徴がある。

Twitterとかはてブにあるような(ヤフーニュースは論外)出来事意見への批評ではなく、人への一方的非難コメントばかり見るのにうんざりしていたので、こういうものがあるのだったら見てみようと思い無料会員になってみた。もし内容が面白くて参考になるものであるなら月額1500円を払って有料会員になってもいいと考えていた。

しかしその考えはあっさりと否定される。なんてことのない、成功者お金持ちが「俺の意見が正しい」と上から目線100%ポジショントークをぶん投げているだけの場所だった。実名から自制的になるなんてことはない。なにしろ社会的地位年収が高い人たちだから自信過剰なほどに俺の意見とやらを書きなぐっている。そして実業家の人たちはなぜか自民党にベッタリな考え方をしている人が多い。私はそれを保守とは言いたくない、それを保守と呼ぶのは歴史に名を連ねる保守活動家に失礼だからだ。1500円払って面白いニュース読んだとしても、そんなコメントに付き合わされるのはゴメンなので有料会員になることなく、アプリもあまり開かなくなった。

NewsPicksではコメントを残す人のことをピッカーと呼ぶのだが、その中でも特に異彩を放っているのがグロービスの堀 義人氏だ。

この人のコメント安倍政権に対して絶対的肯定を行い、どのようなニュースでも否定的コメントを残すことが一切ない。加計学園ときも、「なんか、本当にどうでもいい話だ。あってもなくても法律的に全く問題が無いのに。」とバッサリ切り捨てている。安倍内閣支持率10%以上急落したときも「ま、毎日新聞だしね。国会が終わったらまたすぐ戻るでしょう。」と余裕の姿勢を示した。このとき産経読売新聞なども支持率10%以上下がっていたことが大きな問題になったのに、そこは一切触れていない。安倍首相国会閉会時に行った記者会見については「とても謙虚姿勢です。本当に頭が下がりますね。」と100%の支持を表明し返す刀で「一方の野党メディア、そして煽ってきた人々は、謙虚反省と言う事をしないのでしょうか??素朴に疑問に思ってしまます。」と残した。

一方で自民党以外の政権小池東京都知事のことは蛇蝎の如く嫌っている。それらに好意的記事やピッカーのコメントが取り上げられると

NPはなぜ都ファ記事のみを総合トップ神の手掲載するのか?都議選告示されたならば、全ての政党をフェアに扱うべきだと思う。既にプロピッカーに3人も小池派がいる。だが、他の都議会勢力ゼロだ。既に偏っていると思う。

と述べている。

しかし、彼のすごいところは自分コメントは真ん中であり偏っているわけでもなく、クリティカルシンキングに基づいたものであると述べていることだ。フェイニュース記事では

全ての人がクリティカルシンキングを学ぶと騙されたり、流されたりしないと思う。僕は、先ず全てを疑ってかかりますそれからファクトデータをもとに、論理を構築します。そして、自らの意見が正しいかを多方面から突っ込んでみます。その上で発言するので、かなり自信を持った主張となります。これを習慣化するとテレビ新聞さらには、フェークニュースに流されることは無くなります

コメントを残している。

この人は他にもバブル期ハイレグの角度を分度器で測ったとか、今の時代言ってはいけないレベルの衝撃なコメントも残しているがそれらをいちいち取り上げない。

私自リベラルである認識している。その偏りは意識していて、反対側の意見を極力取り入れて、一方的な考えになりすぎていないか意識はしている。そんな私でも堀 義人氏のコメントだけはとても受け入れられるものではない。この人は自分の信じたいものを無条件に信じているだけで、その辺のヤフーコメントにいる人たちと大した違いはない。それ以上に自分成功者で正しい考え方をしているという暑苦しいくらいの自信があるだけずっと質が悪い。これがクリティカルシンキングというのだったらグロービスクリティカルシンキング講座というのはとてもじゃないが信頼できるものでもないと思う。もし本当にクリティカルシンキング自分の信じたいものを信じることだというのだったら、覚える価値を疑うところから始める。

そんな堀 義人氏のコメントなのだがたまにどうしても見たくなってしまうことがある。あの自信過剰言い回しが癖になってきてしまったのだ。

都議会議員選挙が終わったあとに再び見てみた。しかしここ1週間、堀 義人氏は政治に関してあまりコメントを残していない。ここ1週間といえば、稲田朋美防衛大臣自衛隊発言だったり、下村大臣献金問題とか、臨時国会召集とか選挙以外の話題に事欠かなかったはずなのだ。それらに対して一切堀 義人氏はコメントをしていない。これにはショックを受けた。私が見たかったのは自衛隊発言をそんなことはくだらないネガティブキャンペーンと切り捨てた上で、誤解連発記者会見も「こんなに謙虚コメントをしていて頭が下がります。それに対して記者はくだらない質問ばかり」と言ったり、献金問題を「ルールに則った献金に難癖つけている」とルール通りなんだから問題ないだろと正当化したり、臨時国会召集拒否を「野党のくだらないお遊びに多額のお金時間がつぎ込まれる。今はG20大事な時期だ」と首相謙虚さなんて知らないぐらいのスッキリしたコメントを期待していたのだ。何しろこれらの問題対象の人を支持する意見を見ることはなかったのだ。この人達を絶賛しそうな人は堀 義人氏を置いて他にいなかったはずなのに。その自信たっぷりクリティカルシンキングはどうした。本当に問題があったときにはスルーしてしてしまうのか。

そう、今私は堀 義人氏の政権尻尾をふりふりする気持ちのいい太鼓持ち発言が求めている。支持率が下がっている今こそ書いてほしい!!どんな問題でも、さあポジティブにお願いします!!

2017-07-03

荘子ネタ

ある時、私は鳥になった夢を見た。

私は鳥になりきっていたらしく、それが自分の夢だと自覚できなかったが、

ふと目が覚めてみれば、まぎれもなく私は私であって鳥ではない。

鳥になった夢を私が見ていたのか。

私になった夢を鳥が見ているのか。

きっと私と鳥との間には区別があっても絶対的な違いと呼べるものではなく

そこに因果関係は成立しないのだろう。

2017-07-01

いらじという絵描きにムカつく理由

いま、Twitterウォッチャー界隈で一人の絵描きがしばしば吊し上げを食らってる。

いらじという奴なんだが、一言で言えば

我流他人の言う事に耳を貸さないまま10年以上もイラストを描いてきて、残念なスキルのまま30を超えてしまった男」である

そんな奴がお世辞にも上級者とは言い難い画力でありながらも、お絵描きに関する独自哲学を語り、蘊蓄を垂れ、あまつさえ実際に絵を描くことで生計を立てているであろう上級者の作品についても、歯に衣着せない辛口コメントに及んだりしている。

そう、どこにでもいるアレだ。技術が伴わず大口をたたくその様子は滑稽で、案の定数多くの無産者に目を付けられ、Togetterなどを見ても解る通り現在はいらじに付きまとっているTwitterアカウントも少なくない。

このいらじを見ていて、どうしようもないぐらいムカついてしまうのだ。寝起きの時も、仕事中の時もイラついて仕方がない。

いらじは、俺の心の最も奥深くにある根腐れた部分をラーの鏡で映しだしたような存在からだ。

奴は、自分世界哲学絶対的な自信を持っている。

それは、はたから見ればどうということのない幼稚な理論しかないが、奴自身は真理だと信じて疑っていない。

から平気でお絵かき講座のような実演ツイートを惜しげもなく披露し、上級からツッコミが入っても主義趣向の違いだと言って聞き入れない。

ただただ滑稽な人間なのである

俺がいらじの理論ツッコミを入れたり、批判的な言葉を考えた時、それらはすべて自分にとってもグサリとくる事がやたらと多いんだ。

ムカつく理由は多分それだ。

俺の醜い部分をとことん濃縮したら、いらじになるんだ、きっと。

いらじを叩いている奴は俺以外にも沢山居るが、彼らも自覚は無いとしても、きっと苦しいんだと思う。

からまりいらじを叩いている奴の事も責めてやらないで欲しい。いらじが可哀想だと思ったなら、俺らもまたいらじなんだから、お手柔らかに願いたい。

2017-06-30

なんとなく死にたいのわけ

なんで死にたいなんて思うんだろう。一人夜中にポツンと何もない自室で椅子に座ってぼんやりとしている時、朝目覚めて外に出るまでの三十分間等々。どうしてか死にたいと思う。どうしてかなんて言っているけれど本当はその原因が分かっているような気もしていて、それでも夢みたいになんだかぼんやりとしていて時間が経てば晴天で、低気圧がやってくればまた雨が降ってそんなことを考えての繰り返し。本当はいつも曇りみたいにどんよりしてるけど、何だか仮面を被っていろんな風に頑張ってる。そういう生きづらさがあるのかな。きっとそうだ。

どうして死にたいんだろう。世の中には恵まれているのに死にたいと感じる人が多い。日本では特にそういう人が多いと聞くけど、どうしてだろう。何が不満なんだろう。何が怖いんだろう。何をしたくないんだろう。きっと何かを拒んでいるけど、それを受け入れないといけない環境にいて、そして誰もその気持ちを汲んではくれないんだろう。そして苦しい。認めてもらえない苦しさ。分ってもらう前に順応を指示される暗黙の日本典型的な善と悪と英雄を作り上げてそれを祭り上げる世界。そしてそれを自分のみならず他者に望む世界。そういう望みあいに疲れてしまったのかもしれない。往々にして人に対して感じる不満は自分への不満だったりする。人に対しての希望もまた自分への希望で。人はそうして互いに自分押し付けあって、押し売りして生きていかなくちゃいけない。それは特に日本では共通認識常識のように何か目に見えない糸でもあるのか、なにか集団的に抱いている希望のようなものがある。それが古き良きと称される至言たるものなのかは分からないが、そこに違和を感じた人間は生きづらい。この際何も正しくなくて何も間違ってないと言えれば、堂々と言えればいいのに。何も区別などしなくて、徳のあるなし、善と悪、あるべき姿あってはならない姿、対立軸なんてなければいいのに。せめてそれを共通の何かではっきりと示すのならそれは法律でもうお腹いっぱいだ。

何だか時々ここにいると具合が悪くなる時がある。ひどく自分が醜く、他が美しく、そこに向かって努力する美徳が目の前にいつもちらついているような、そんな世界他者から映しだされ垣間見るとき、すごく気分が悪くなり、悲しいようなやるせないような、とてもとても深い深い気持ちになる。

そういう時決まって、久しぶりにつけたテレビニュースで、なんてことのない交通事故ニュースを見て、「すごい。」と車の衝突による損壊状況に驚く父のわきで、なんだか画面に目を向けるのが苦しくなって、右耳から入ってくる死亡という文字何だか視線を変に泳がせながら僕はご飯を食べていて、何だかそんなよくある話を急に想像してみたりして、胸の奥がぎゅっと縮んで苦しくなる。いつもロボットみたいに淡々としているくせに。

結局のところ何を置いて生きていけばいいのか僕は分からないのだ。だからはいつも当たり障りのない生き方を演じている内に、いつのまにか体のいたるところがオートマチックへと化して、そして最後には正真正銘のロボットになる。

この先の途方もなく長い人生のことを考えると頭が痛くなる。運の悪いことに100歳まで生きてしまったらどうしようか。あと80年も生きなくてはいけないではないか。少なくとも長寿は全く持って僕に健康的じゃない。どうやって人生をやり過ごしていこうかと考えてしまう。

ただ僕にはまだ家族がいて、この世に存命している。そして僕はいつかその恩を返したいが、どう返せばいいだろうか。母や祖母は「あなたが自立して幸せ暮らしてくれればいい」と言ってくれるが、僕には到底、少なくとも後者の部分は主観的には難しいかもしれない。ごめんなさい。でも、お母さんやおばあちゃんたちが生きている間は僕はなるべく恩を返したい。そうなれるように努力してみるよ。

何ができるだろうか。こんなどうしようもない人間に何が出来るんだろうか。それを探すのが生きるということなら、僕にはとても難しい。

死にたい」と希死念慮もつひとたちを理解できないという人がいる。そして自殺絶対悪だと言う人がいる。うちの兄はそうで、実際に自殺をした同僚の葬儀に出席し、泣き崩れる母の姿を見てそう思ったみたいだ。僕の母もまたそれには賛同しているようだった。むしろ僕がそのことを、それだけがすべてではないと言った時に、ものすごい反発を受けてそれ以上は僕も何も言えなかった。母が言った、「自殺してそのあと取り残された人に対して想う気持ちあんたにはないの?」という言葉に対して、なんと言っても屁理屈になりそうで、伝えられなさそうで、何も言えなかったのだが。僕の中でこういうものの考え方は正直決着をつけたり答えを求めるのはあまり必要だとは思っていないからかもしれない。だからこそ、それを否定する人にたいして、もっと弛緩してと訴えるのもこの件においては難しいことも分かっている。だが、敢えて考えるなら、僕は死にたいと思って自殺をする人に対して想う気持ちも持ってほしいと思った。それは自分がそっち側の人間からということかもしれない。あるいはまだ他人事想像の域を出ていないからかもしれない。だが、どうか、自殺した息子に取り残された遺族に対して同情と憐憫の念を持ち、ともに泣き、想像することができるのなら、自殺した本人のことも想像してほしい。何故やめる。なぜみんなそこで思考をやめてしまうのか。いや、そうやってストップをどこかで価値観によって歯止めを聞かせなければ際限がないという不安は分かる。だから人は決めたがる。答えを見つけたがる。だが、それもいいとしても、ただそれはそれとして、そうじゃない、もっと想像をしてほしい。思考をしてほしい。毎日のように流れる死亡者ニュースも、想像も出来ないような場所で起こる悲惨実態を、綺麗に見えるものの側面を。もっとよく想像してほしい。そしてどうか決めつけないでほしい。そうしたうえで答えが見つかったと思えばそれは運のいいことかもしれないし、悪いことかもしれない。何故ならそれを証明することが恐らく叶わないからだ。自分という人間人生正当化してもそれは答えと思っている本人とってしか答えにはならないからだ。

思うに人生はやっぱり苦しむことだと思った。それは僕にとっての人生の形で恐らくこれからも昔から抱いてきたようにこの印象は変わらないと思う。どんなに幸運で、幸福で、満たされたと感じてもそれは、一時のものでまたすぐに欲しくなるのが人間だと思っているからだ。結局のところ僕は任げがよく分からないのだ。僕は僕という一人の人間を通してしか人間を語ることはできない。そしてこれは先入観とも価値観ともいってこれは絶対的に取り払うことの出来ない壁だと思っている。一方でこう生きることを運命づけられているという粋な言い方もできるだろうか。つまりいくら推論をかざしたところで無駄に終わる可能性の方が高いのだ。この手の考えは特にそうだ。企業会計監査のように正確さを求めるような類ではない。

からある程度僕は僕として生きていくことを開き直って、仕方ないにしても認めていかなくてはいけない。僕が僕と言う人間の醜さから世界の醜さを見出すような愚かな人間であっても、僕は己を巣食う愚かな人間を自らが救ってやり、時には救われる覚悟も持たくてはいけない。決して足元をすくわれないように。

初めから愚かな人間からこそ、僕はこう愚かなことを考えているのだと認めてやるのだ。

セカイだとかタシャだとか、ほかのものに何かを求めることははなからやめて、自分愚か者だということを認めて、いっそ認めず自分だけを頼りに生きたっていい。

生きれれば何よりではないのだろうか。もし、生きれるならそれは何よりだろう。そう言い聞かせていくしかないのだから。僕らには生きていくしか道は残されていないのだから。そうだろう。そうだろう。

僕らは生憎生きることを許された身分で、愚か者であっても決して罪人ではないのだ。だから、。

トランプ考察

レッドは、5人の子どもたちに、非情なまでの競争心と闘争心を持てと教えた。特に、幼いころから自分に似ていたドナルドには、お前は「食う側」になり、「王」になるのだと言い聞かせた。そして、将来の王にふさわしく、運転手付きの大型リムジン新聞配達仕事をさせた。ドナルドが、いじめっ子体質で暴力的少年になったのも当然かもしれない。

http://toyokeizai.net/articles/-/138993?page=3

ドナルド・トランプ氏の親(フレッド)、毒親だなという印象。

自分絶対権力 他者=敵・格下の人

こういう価値観に囚われ、対等な人間関係を築いた経験が無いんじゃないだろうか。

それでもあんなに強い自己を持っているのは、父親価値観とどっか共鳴するところがあったんだろうな。

自分に似ていた」って感じたらしいし、上昇志向とかトリッキーさは遺伝したのかもしれない。

でも、父親人間として絶対的大事な部分を奪われたよね。

真の意味他者理解し、他者理解される。

そこからまれる心地いい安心感とか。

多分、何かが欠損してるってことにも気づいてないんだろうな。

父親の教えを忠実に守ってきたから、高い自己肯定感確立され、他者を顧みることな自分本位に生きれてる。

相当生きやすいと思うよ。

アドラー心理学では「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」と定義づけられているけど、これに基づいて考えれば他者のこと気にしないから悩みも無いんじゃないかな。

リーダーシップアグレッシブさ・決断力など、この人に惹きつけられる人が居るのはよくわかるよ。

けど、この人はあまりにも自分本位「すぎる」。

一国の未来を担うリーダーとして、国民の様々な声を受け止めることは義務

自分のやり方を否定されたからと言って、個人容姿性格バカにするとか、あまりにもレベルが低い。

他者価値観理解しようとした経験が無いんだと思う。

これまでも気に入らない相手はこうやって攻撃してきたんだろうなっていうのが、透けて見えるよ。

この人にとって批判する国民は敵、支持する国民は都合のいい格下の人間。

そういう見方しかできないんだと思う。

この人は大統領になるべきではなかった。権力を与えていい人ではなかった。

私は親に否定されて生きてきて、自己肯定感がほぼ無いってことに最近気が付いた。

というか肯定する自己が無い。主体性が無く、全力で他人本位で生きてきた。

情けなくて恥ずかしくて罪の意識に潰されそうだけど、私は今それに気づくことができた。

から時間はかかるかもしれないけど、絶対に克服して、人生をやり直せるんだ。

でも、トランプ氏は自分では気づけないと思う。

「生きづらさ」を感じていないから。

色々批判したけど、ある意味でこの人も被害者だと思うんだ。

余計なお世話かもしれないけど、このまま死んでくの本当に勿体ないと思う。

連帯保証人になることが許される範囲

※状況による差異はあります

大前提

迷ったら保証しない

個別詳細

自分の子供:○

きちんと教育していれば、自分の子供くらい信頼して保証してあげたいところ。子供責任を親が取るのは理解出来る。

自分配偶者:○〜△

一生を共にするパートナーなので、保証してあげたいところではあるが、離婚なんて一般的だし絶対的ではない。断るのも十分選択肢の一つだと思われる。

自分の親:△〜×

親といえども連帯保証人は基本受けるべきではないが、尊敬出来る親の場合は状況によって引き受けても良いかもしれない。ただ子供連帯保証人を頼む親はちょっと信用しづらい。

配偶者の親:×

配偶者の親の連帯保証人は引き受けるべきではない。究極的には身内ではないし、配偶者でなく自分連帯保証人を頼むような配偶者の親はあまり信用できないと言える。

自分兄弟:×

兄弟はい生活を共にするわけではない。もう他人として考えるべき。よほどの状況でない限り連帯保証人を引き受けるべきではない。

配偶者兄弟:×

もはや他人。引き受けるべきではない。

兄弟:×

他人。引き受けるべきではない。

友人:×

友人の連帯保証人を引き受けるとか、バカだろ?頼むやつもどうかしてるぜ…。

上司・恩人:×

絶対にノウ。友人もありえないが、それ以上にノウ。どうしても断れない状況に陥ったら夜逃げすべし。

2017-06-27

https://anond.hatelabo.jp/20170627215439

でも自己肯定感とか承認欲求とかって、絶対的ものじゃなくて相対的価値観からキモくて金のないおっさん・おばさんが優越感を感じられるようなさら底辺存在必要になるんじゃね?と身も蓋もないことを言ってみる。

anond:20170627185054

リアル家族や友人に相談して悩みがすっきりするというユートピア夢想している時点で、いろいろ夢見すぎ。

悩みは絶対的個人的もので、自分しか解決の糸口は見つからない。悩みは自分だけのもの

その解決の糸口を、友人の話で見つける人もいれば、ネット意見で見つける人もいるし、本を読んで見つける人もいる。

悩みの解消だって、本当に解決を目指したい人もいれば、弱音を承認してほしいだけだったり、ただ共感してほしいだけだったり、言語化したいだけで解決する気が無かったりもするし、気持ちの持ち方で変わったりもする。

結局は、自分の悩みにどれだけ向き合えるかだ。

2017-06-25

23OLだけど幸せになれなくてつらい

から書くような文章をあげると「私の方がもっとヤバい」というようなことを言う人がいると想定されるけれど、こういう辛さは絶対的ものであると思うのでどうか比べないでいただきたい。

そう幸せも同じように自分がどう思うかなんだけど、現状自分の思う幸せから程遠くて悲しい。

仕事は上手くいかない。上司と上手くいかなくて辞めたい。辞めても次のアテはないし、人より秀でたところもない。

年間休日120日以上で夏季年末等に休暇があって、毎日5時間も6時間残業することがなくて暇すぎもせず、人間関係が良好で情緒が穏やかな人が集まる職場で、オフィスが綺麗な自宅から車で30分以内の手取り18以上の正社員事務仕事に就きたい。

恋愛はしたことがない。好きな人ができたことはないし、好意を向けられると途端に気持ち悪く感じてしまって距離を置いてしまう。好いてもらえること自体少ないんだけど。

よって結婚はできそうにない。我儘で自己中な自分なんかと一緒に暮らしてくれる人なんていない。親や親戚からは期待されるけれど応えられそうになくて悲しい。

友達も少ない。少ないけれど皆いい友人なのでありがたい。ここは誇れると今気がついた。

オタクは上手にできない。オタクとの人間関係にも疲れたし、お金が無くなる。本当に自担が好きでオタクをやってるのか、習慣というか惰性でコンサートに申し込んでしまうのか分からない。現場に行くと楽しいけれど、自担は冷たい。顔は良い。

雑誌も買ってしまうけれど、読まないしなんのために買っているのか分からない。いつ辞めるかも分からないし、売れる気配も無い。

さらジャニーズではないところに推しを見つけてしまって、金銭的に厳しくなってしまった。推しは優しい。運営は嫌い。もっと年上の人もいるけれど、若いオタクに混じってチェキを撮ったりする姿は滑稽だと思う。

もう何もかもが上手くいかない。どうしたら良いのかも分からない。何か指針がほしい。もういっそ結婚相手は誰かが決めてくれればいいのに。その際は、私のことを許容してくれて、タバコギャンブルをしない安定した収入のある顔の良い人でお願いします。

リベラルって、感情的だよね (続・リベラルオタクに嫌われる理由)

リベラルオタクから嫌われる理由

https://anond.hatelabo.jp/20170621180734

これを書いた増田です。

  

今回のタイトルにした「感情的」とは、喜怒哀楽が激しい、口が悪い、論理性が欠けているという意味ではありません。

好き嫌い感情をそのまま政治信条に用いるということです。

  

私が「オタクリベラルを嫌う」と書いたら、ブコメの方ではなぜか、「オタクリベラル不支持」と誤読されていました。こんなふうに誤読されるのは、「嫌悪感情」→「不支持」と結びつけて考えている人が多いからでしょう。

しかし、人は自分感情だけに従って政治信条を決めるのではありません。ときには自分感情に逆らって、正しいと思うことを支持する場合があるはずです。

ゲスの勘ぐりになりますけど、「嫌悪感情不支持イコールで結びつけるのは、あなたたちがそういうタイプ人間からじゃないですか?」と言ってやりたくなります

  

これはリベラルに限ったことではないから、あまり悪口みたいにして言いたくはないですが、好き・嫌い、快・不快感情に衝き動かされて政治活動をしている人は多いでしょう。

リムジンリベラル」に感じる欺瞞の一つは、多分そこにあって、セレブたちはリベラル思想を主張するのがさぞかし快感だろうなと思うのです。華々しい壇上でスピーチすることで、セレブたちはきっと自己肯定快感を得ているはずですし、自分を売りだすための商業宣伝にもなるから一石二鳥です。

(これは前回に書いた話で、リア充が得意げにリベラル思想を語ってみせる問題にも共通です。)

  

  

  

だいたい、トップブコメもひどかったです。

id:agricola リベラルにとって表現の自由は数多ある権利の一つという位置づけなので、他の権利との衝突で表現の自由制限されることもしぶしぶ容認するし、いやいやながら手を貸すこともあるわいな。わがまま片思い乙(嘲

これはスターの付きまくっている人気のコメントなんですけど、「しぶしぶ」「いやいや」って何? それ、あなた感情ですよね?

オタク自由制限する側に立っているリベラルが、自分自身のやろうとしていることに反感を持っているのです。それなのに、自由制限される側にいるオタクが反感を持ったらダメだなんて、そんなふざけた話がありますか。

  

他には、こんなブコメもあって、これなんかはほんと、人のふり見て我がふり直せの典型例です。

id:IkaMaru自分たちは気分で政治を選びたいんだ。放っといてくれ」というならもうどうしようもないけどさ。そんなんで世の中の平均よりも知に軸足を置いたクラスタのつもりでいるならお笑い草だよ?

リベラルの中には、「オタクリベラルに逆らってきたから、俺たちはオタクを助けてやらない」と言っている人たちもいます。そこまで露骨ではなくても、オタクのことを嫌っていて、助力することには消極的になってしまう人もいるでしょう。

これはまさしく、感情に流されて政治を選んでいる事例です。

自分感情的になっていることは気づきにくく、他人感情ばかりが目につくのは、人間心理がよく陥ってしま陥穽です。リベラルの論者にもその傾向は少なくないと思う次第です。

  

例えば先日のクジラックスの件に触れておくと、警察漫画家個人宅を訪問して異例の"要請"をおこなったことの是非と、表現規制の是非は、それぞれ別の問題です。

表現規制必要という立場の人は、本来ならば法律ガイドラインを作ってそれを行うべきという道理を曲げ、今回の警察のやり方を容認やすい傾向にあります。また、もし警察のやり方を容認しない立場を取るのだとしても、抗議の声をあげることには消極的になってしまう傾向があります。これは感情に流されて政治方針を変えたせいです。

もちろん、警察のやり方は違法ではないからと、それを容認する立場もあるでしょう。今後はいかなる場合もこの道理を通し、オタク以外の者がこれと同じ仕打ちを受けてよいというならば、それはそれで感情では揺らがない一貫性があると言えるかもしれません。

  

(私はべつに「感情的からダメだ」と断ずるものではありません。感情に流されて政治方針を変えることの是非だとか、感情政治信条の決定に際してどう影響するかとか、そのへんの問題を論じるだけの力はないです。そこはパスさせてもらいます。)

  

  

  

もう一つ、「お前はリベラリズムを正しく理解していない」というコメントも多かったです。

例えばこれ。

id:tick2tack なんだこれ。「僕の考えたリベラル」感がすごい増田。とりあえずリベラル語るなら社会的公正というとこから始めるべき

id:daisya リベラル定義が間違ってるんじゃねーの、私もよく知らんけど。自由っつーなら昔の大金持ちはめっちゃくちゃ自由に生きとっただろう、人を殺しても問題にならないぐらいに。

いわく、リベラル自由放任主義と違って、社会的公正の概念を用いる。

自由同士が衝突するときは調整するべきだからリベラルにとって表現の自由絶対のものではない。

  

――それくらいのこと、百も承知ですよ。前回のエントリ釣りっぽく書いてしまったのも悪かったですけど、リベラル自由放任主義なんてことを言っていません。私はリベラルが「自由」の価値を重んじていると書いただけです。

  

例えば社会的公正にしたって、自由同士が衝突したときの調整機能にしたって、リベラルがなぜそんな厄介な方法を用いるかと言えば、真の意味での自由を実現するためにそれが必要だと考えているからでしょう。

自由放任主義はかえって自由を阻害するからダメ、というのがリベラル立場です。

これは結局のところ、リベラル自由価値を重んじていて、その価値について熱弁をふるう性格を有するということなんです。

  

  

  

id:Arturo_Ui 「"自由"を無制限拡張すれば他者の"自由"と衝突してしまう。何をどこまで認めるか、社会的議論必要だ」って前提を共有できないなら、問題は「リベラル不寛容」ではなく、「オタク側のヘタレぶり」じゃないの?

これは立場によって、物の見え方が違ってきます

リベラル自由調停者として誠実にふるまっているつもりなんでしょうが、それによって自由制限される側は、どうしても調停を受けること自体を嫌がる傾向にあります意見をまったく聞いてもらえずにバッシングされるんじゃないかという危惧もありますヘタレと言われようが何だろうが、それならば調停拒否してゴネる方が得策です。

しかたらこの点は、リベラル立場にいる論者は見落としてしまうことかもしれませんけど、リベラルが主張しているその"前提"とやらを、社会のすべての構成員従順に受け入れるとは限りません。極論を言うと、「リベラル勝手に唱えている"前提"なんか知らないよ」と言って黙殺する政治的立場もあります

あるいは、おおよそは基本的にこの"前提"を共有している人だとしても、いざ自分利益が損なわれるとなると、猛烈に反発することの方がむしろ普通だと思います調停をする側・される側が多少はおたがいを分かり合えることはあったとしても、完全な調和同化はできないのです。

  

それから、「自由同士が衝突しあって調停必要なほど深刻な事態になっている」という現実認識にも根本的な差異がありますオタク自分たち一方的イチャモンをつけられたと思っているので、自由調停するだの、そのために議論するだの、現時点ではそんな必要がないと考えているわけです。

リベラルが言うところの「自由同士が衝突したときには調停必要だ」という一般論が正しいとしても、「今がその状況だから調停必要なんだ」という現実認識が常に正しいとはかぎりません。

リベラルは、特に問題ないようなことを大げさに騒ぎ立てているチンピラとは何が違うんですか? 例えば、あるリベラルの論者が自分自身のことを誠実な調停者だと思いこんでいたとしても、客観的に見れば、そいつ調停不要のところに因縁をつけているだけのチンピラという場合もありえます調停者がチンピラから話を聞いてもらえないのか、それとも調停を受ける側が身勝手理由でゴネているのか、どちらの側に道理があるのかは一概に言えません。ケース・バイ・ケースでしょう。

  

月並み結論になりますが、リベラル調停者になるために誠実性をもっと追究しなくちゃいけませんし、オタクリベラルが正しい事を言っているときには"社会的議論"に応じなければなりません。おそらくそれが、(リベラル的な意味では)最も理想的なあり方です。

しかし、相互信頼関係が欠如しているし、リスペクトが欠如していることも多いから、そういう形にもっていくのは難しいと思います

  

  

  

余談

ところで、一部のオタクは「表現の自由」を絶対的ものだと叫びまくっていて、リベラルから表現の自由戦士」と揶揄されているようです。私もああいう連中のことは理解できません。

  

そもそもオタクは、すでに表現規制を受けています。性描写のあるものは成人指定になっていてゾーニングしないといけないし、商業誌には自主規制があるので、そこで出版できないもの同人誌に追いやられてしまます

実在する人物団体馬鹿にするような漫画を作ると、それは名誉毀損で訴えられる恐れがあります

街や職場でところかまわずポスターを貼ったとすれば、景観条例やら、セクハラやら、そういった法律にひっかかって処罰対象です。性器表現にはモザイクがかかっているし、青少年健全育成条例やら何やらがあるので、いろいろと国家権力から規制されまくっているんです。

  

自分たちがこの規制の枠内にとどまることで社会共存できているという現実無視して、表現の自由絶対的もの表現規制はすべてが悪いものだと主張しているオタクは、いったいぜんたい何のために戦っているのか意味不明です。

また逆に、リベラルの論者が既存規制について評価・再検討するというプロセスをすっ飛ばして、いきなり「規制必要」とかいう話に持っていこうとするのも度々見かけますオタクが完全に野放しの猛獣だとでも思っているのでしょうか。現状認識を怠っているという点では、これも同じくらいにアホだなって思います

  

  

  

追伸

id:coldsleepfailedid:quick_pastid:tick2tackid:IkaMaruid:agricolaid:k-takahashi ←前回のエントリ内で、追記を書いて返信ました。

くたびれはてこid:kutabirehateko のことは、別のエントリを立てて書きました)

  

  

  

追記 6/25 22:48

id;quick_past レイティングやゾーニング表現規制だと言われるともう話のしようがない。完全なる自由は誰かの自由を奪うという矛盾がはらんでいる以上、あとは住み分けを目指すしか無いって事以上おいらには出せない。

え、こいつは何を言ってんの? レイティングやゾーニングは、まぎれもなく表現規制一種じゃん。

  

あいいや。仮にそれらを規制ではないという話にするなら、リベラルの中から出てくる「"規制"が必要だ」っていう意見は本当に恐ろしい。

なぜって、オタク側がめちゃくちゃ頑張ってゾーニングの成果を出してみたところで、リベラル側はオタクが"規制"を受け入れたものとして評価してくれないんですからね。この理屈でいくと、オタク表現活動をやめるか、表現物の内容を変えないかぎり、規制派のリベラルオタクを許さずに非難してくるってことになります

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん