「美女」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美女とは

2018-09-17

anond:20180917233644

容姿がいいやつは重婚できる法律ができたら、みんな緩やかに美男美女になっていくんだろうか。

もうちょいおさえない?

 その人として生まれて、その人として育てられたら、自分はその人になってる。

 これをみんなもうちょっと念頭においたほうが良いと思う。

 

 だから自分殺人犯だった可能性も、ただの享楽的生活にふけるニートだった可能性もあるわけで。

 もうちょっと目の前の人とか自分を許したら?

 批判ばっかするのやめたら?

 

 こう、ランキングしてさ。下位だと卑屈な人多くない?「どうせ負け組~」とか「これだから日本は~」とか。

変に卑屈なひと多すぎだよ。だから自殺率も高いんじゃない?理想が高すぎなんだって

 

 いや、別に理想が高いのは良いことだと思うけどさ。その理想から一歩でもずれこむと馬鹿にするというか、めちゃくちゃ卑屈になって自分を下げまくるよね。

別に良いじゃん。自分勉強しなくて遊びにふけってたせいで、低年収しか望めなくても。

 この地球上全員が、今現在あなたになる可能性があるわけで。

 自分のせいじゃなのに、なんで卑屈になりまくって、自分から自信をなくすような真似をするんだろー。

 あと、社会もっとそういう人たちに寛容になったほうがよいと思うよ。

 高年収の人たちは、育てられる土壌があったと念頭に置いたほうが良いよね。

 

 確かに、けっして恵まれはいない境遇だったけど、そこから這い上がってきたって人はいるよ?だけど、そういう這い上がる力がだせたのは、恵まれていなかったからこそだよね?這い上がれる自分健康な体があったおかげだよね?

めっちゃボコられそうな意見だけど。これ、めちゃくちゃ信じてる。

 まぁ、最終的には結果論さ。結局のところ自分理想と今の自分がかみあっていなかったら、変に卑屈にならずに開き直って生きればいいのさー。這い上がれそうならただ努力して、だめそうだったら開き直って身近な幸せを見つける。

 家族や友人もひとりもいず、貧乏な身の上で孤独死する。別にそういう人生があったっていいよね。人生に正解はないし。そりゃ、世間的には高年収で友人に囲まれ美男子美女)が勝ち組だっていわれているよ。だけど、別に最低限のものしかいらずに、市立図書館で本を読む生活が一番良いとされてもいいよね。私的にはそれはそれで良い人生だと思うけど。

 勝ち組負け組なんていいかたして、ランキングするから自殺者増えんじゃないの?別に年収がすべてじゃないでしょ?人間関係とか、容姿とかがすべてじゃないでしょ?もうちょい自分幸せになる考え方を身に着けたら??あと、もうちょい他人に対して寛容になったら?

 

 とかなんとかいってみ月曜日~~~~。

 

 

2018-09-14

anond:20180914204158

トラップ男爵婚約者

以下wikipediaより

ーーーー

イヴォンヌ・ベルベデーレ

声 - 山田栄子

ゲオルクの婚約者伯爵令嬢。アガタとははとこである美女だが高飛車で気位が高い。子供時代母親を亡くした関係子どもが苦手なため、子供たちの母親としてではなく、ゲオルクの妻となることを望んでいる。ヘートヴィッヒやマリアには毛虫のように煙たがられており嫌われている。マリア存在を多少疎ましく思い物語を通じて反発し合うが、終盤でマリアを認めている。その後、ゲオルクとの婚約を解消してから年下のイギリス貴族婚約する。

ーーーー

それで、

子供達が拒否反応示すところとか

イヴォンヌがなにがなんでも子供抜きでレストランいこうとするところとか

子供の持ってるヌイグルミを汚いから触りたくなさそうにするシーンとか

あわあわ

てなる

2018-09-13

役割強要しているって論理だといろんなところ殴らないといけなくね

例えば映画ドラマとかの恋愛至上主義だったり、

筋肉もりもりの男性役割マッチョイズムだったり

最近ハリウッドとかで話題になった白人ヒーローだったり(最近でもねえな。ちょっと前)


しまいにゃテレビで(美女美男以外は)お笑い芸人がいっぱい出てるのも、(てめえら平均以下の顔の奴らは)笑いを取る必要があるという強要になってませんか?

とか言う主張も出来ませんか?


この論理だけでラノベだけを殴るってのはかなり雑だし、

そもそも表紙だけでそう強要されてるってレベルで感じるの?って気もする(まぁエビフライさんたちにとってはその議論はいらないんだろうけど)

あとはラノベって所詮コーナーの一角しかなくて、そこまで影響力与えられますか?("ら"入れました)




どうでも良い話

おっぱいの話におっぱいの表紙付けるの何が悪いって気もする。

それよかあのA○Bとかを文学の表紙にしてるの意味分からんからやめてくれと思うんだが。


まぁ、おっぱいの話をレーティングなしに販売するのって正しいの?って別の議論になります

レーティング機関がなー有害図書とか言う悪意の塊みたいなネーミングしてなけりゃーなー

anond:20180913132716

「俺を攻撃するのはBBAやブス」と思い込んでるのは割と沢山みる

自分オッサン不細工から女を攻撃してる、若いイケメンはそんなことしない、と思ってる人が

女もBBAやブスだから男も攻撃してる、若い美女はそんなことしないと思ってる、なら矛盾しない

2018-09-10

anond:20180910135342

美女イケメン内面が優れているし努力家でもある 

から見た目が被ばく人形でもイケメンはやっぱりイケメンだよ 

2018-09-06

anond:20180906103324

基本、男女関わらず「居るだけゼロ」であり

イケメン美女だったら「居るだけプラス」であり

不細工だったら対象外(能力差による判定あり)。

容姿と知能が反比例する世界では、何が起こるか

美男美女ばかりが得しなくなって良いと思うかもしれないが、実際はそうはならないだろう。

ちなみに、容姿の良さというのは各人の主観が集まったものなので、客観的にはっきりわかる基準はないが、容姿が良ければ人に好かれるというのは定義自明である

さて、結論から言うと、知能の良いもの(=醜いもの)は、必死に働いて容姿の良いもの(=知能の低いもの)のための社会を作り上げ、個人的にも容姿の良いだれかに尽くすことになるだろう。それがなんらかの意味で報われると報われないとにかかわらず。

それはなぜかといえば、知能の良いものも含め、皆容姿の良いものが好きだからである

現実には、容姿が良くても極端にバカだと損をすると言うことがあり得るが、それは世の中が容姿が良ければ得するようにはなっていても、知能が悪くても損しないようにはなっていないかである

容姿と知能が反比例する世界では、知能が低いことはそのまま容姿が良いことを意味するので、容姿が良い人たちに損をさせないように、知能が低くても損をしない世の中を作り上げることになる。

逆に、容姿が悪いと人から好かれないので、知能が高くても特に得をする事もない社会になってしまう。

2018-09-05

ネットアイドル(?)を崇拝する後輩

会社の後輩でゆうこすとかいう女を崇拝している子がいる。いちおうカメラ女子で、ときどき「ゆうこすさんと会えた!」「ゆうこすさんの写真撮らせてもらった!」と嬉しそうにSNS投稿してくる。

そんな彼女写真を撮る側より撮られる側に回った方がいいんじゃないかと思える美人ちゃんだ。というか彼女がアップする写真を見るとゆうこすの取り巻き自体彼女と同じぐらいの年代美人ばかりを取り揃えており、見ると女の私でも「ま、まぶしい!」と言いたくなるレベルだ。

が、私は彼女写真に対する意識に納得いかないものを感じている。ひとつはそれほどカメラ女子として知識経験もないのに、「私は写真が上手いかゆうこすさんに選ばれた!」みたいに思っているところ。そして「美男美女じゃないとモデルに値しない」と思っているところだ。

まぁ美人自分の顔を基準に人の顔を判定するので、基準が厳しくなるのはやむを得ないのかも知れないけど、普通の顔の人の良いところを引き出して撮る方が腕前的に上じゃないのか。現に私の知っているプロカメラマンは、田舎おっさんおばさんばかりを被写体にした写真集を出版しているが、皆いい感じの表情で写っており、「これぞプロの技!」と言いたくなる。

で、彼女よりポートレートうまいカメラマンは山のようにいる。多くが男性で、むさくるしいおっさんも少なくないが、写真技量勝負したら確実に彼女は負けるだろうと思う。ゆうこすはたぶん自分の回りを同年代かわいい女の子で固めたかったのではないかと思うんだが違うだろうか。後輩は美人ちゃんから選ばれたんじゃないかと私は思っているんだけど。

うちの会社はわりと固いところなので、彼女は真面目な仕事の紹介などでないと自分写真会社名と実名つきで表に出すことができないだろう。それでも彼女はそんな会社を熱望して入ってきて、それなのに不安定の極みの世界にいる女子を崇拝している。ないものねだりというものなんだろうか。彼女を見ていると私は「今時の若い女の子は何を目指しているんだろう?」とわからなくなる。

anond:20180905145640

非モテブサイク男も、美女を叩くじゃん。

アイドルグループに対して「ブスの集団」とか平気で言うし、少し写真写り悪いだけで「劣化」だの「公開処刑茶髪にすれば「ビッチ」だの

2018-09-04

40歳独身男性婚活日記(その1)

40歳にしておもむろに婚活やりはじめた。

とりあえずやせる努力をはじめた。

173センチで112キロとかどう考えても頭がおかしい。ていうか体がおかしい。

俺の前にデブが好きで好きでたまらない奇特美女はこの先たぶん現れない。さすがの猿飛世界じゃねえんだぞと現実直視する。

そしてダイエットモチベ保つために「婚活パーティ」というもの登録してみた。

結果から言うと芳しい成果はなかったんだけど、はじめてのソレがどういうもんだったか書いておきたい。

なんか怖いか会社名とか地名、あと人名適当に伏せる。

とある日曜日都内某所のビル

正午から受付だったけど、30分ぐらい早く着いた。

付近コンビニ飲み物買って飲んだり、近くを散歩したりして落ち着きなく過ごす。

受付開始から5分ぐらい過ぎてから受付に。ビルに入るのに結構勇気必要だった。

今回参加したのは、いわゆる合コンタイプというやつ。

いくつかの卓に男女入り混じって自由に会話するタイプお見合い形式で1対1で話す形式もあって、どっちにするか迷ったけどとりあえず合コン形式に参加してみた。

これでも俺は、人生で3回ぐらいは合コンに参加したことはあるんだ。参加したことだけは!

階段で該当のフロアに登ると、受付とカウンターがあって、係の人に身分証を見せて荷物を預ける。

その奥に10メートル四方ぐらいの空間があって、3つぐらいのテーブルがあった。

よく知らんかったけど、立食形式らしい。椅子はない。

だだれも来ていない…と思ったら、一番奥のテーブルに男が一人だけいた。

中肉中背で、なんか変な帽子かぶっている。麦わら帽子の小さいやつ版みたいなの。あとアロハシャツ。さえない感じのおっさん。歳は三十代後半か、もしかすると俺と同じ40歳か。(このパーティ男性の参加年齢の上限は40歳

ウェルカムドリンク烏龍茶)をもらって、その男がいるテーブルに案内された。

「どうも! よろしくですー!」と俺から彼に向かってにこやかに挨拶してみた。

今日はがんばって最初から最後までにこやかに爽やかにやってやると決めていた。男女別け隔てなく。

その麦わら帽の男は神奈川から来たという。この手のパーティには何度か参加したことがあるらしい。

「けど、女の子の前では必ず”初めてですー”って言うけどネ」

「あー、なるほど。俺はほんとに初めてです」

そんなことを話していると、新たな男性テーブルに案内されてきた。

かなりのイケメン若者。二十代ぐらいに見える。ジーパンTシャツという簡素な出で立ち。俺、頑張って今まで着たこともない白のシャツジャケットとか婚活サイトで見たままの格好をしてたんだけど、急に不安になってくる。

こういう場って、むしろ普段着のほうがいいのか? どこの婚活サイトもそうは書いてなかったけども…。

イケメンのすぐあとにもうひとり。

なんか純朴そうな青年だ。背が高くキリンのようで、いかにも草食系という感じ。歳は三十そこそこぐらいかな。

しばらく俺、麦わら、イケメン草食系の男4人で会話する。そこは俺が主導した。というのも、そういう場を率先して盛り上げる男はモテるらしいからだ! たとえ男だけであっても、女子さりげなく見ているものらしいからだ!(その時点で、少し離れた別のテーブルに二人ばかり女性がいて、初対面のはずなのに割と楽しげに話していた)

イケメンは「恵比寿パブスタって店がイイっすよ」などと、ナンパスポットを教えてくれた。

彼いわく、男女ともに「ギラギラしている」とのこと。

へー、どうやって女の子声かけたの? とかいろいろ聞いてみる。

基本的に二人組で行くのが鉄則らしい。うーん、俺、そんな友だちいねえや。

俺が「自己紹介しません?」と言うと、イケメンは「やー、男の名前なんてどうでもいいっすよ…」などと消極的だったけれども、まだパーティがはじまる気配もないし、しぶしぶ互いのことをいろいろ話し始める。

ちなみに草食系青年は、休日パーティなのにスーツワイシャツという出で立ちだった。

仕事帰り?」と俺が聞くと、彼は「いや、こういうのほんっと初めてで、なにを着ていけばいいか全然からなくて…」と可愛いことを言いはじめた。聞けば、彼はちょうど一年前に彼女と別れ、この日を一人で過ごすのがつらいから今回のパーティに参加したのだと言う。

わず俺がほっこりして「あー、なんかいい話だなぁー、俺はともかく、草食系サンには幸せになってほしいなー」なんてことを言うと、イケメンが「合コンでそんなこと言う人、初めて見た」と呆れとも驚きともつかない顔で言った。

その後、男性がもう二人ぐらい同じテーブルに来た。

んで、係の人が遠くのテーブルから女性を二人案内してきた。

男が6人、女が2人。比率悪いけど、まあそういうものなのかもしれない。

他に3つぐらいテーブルがあったけど、同じような塩梅だった。全体的に女性が少ない。女性からしたらウハウハでしょうな。そうでもないのかな。女子同士で楽しそうに話していたのが、男性の混じったテーブルに来た途端、見るから意気消沈したように見えた。

俺と、主にイケメン彼女たちになんやかや質問したり「じゃ、練習カンパーイ!」とか言ってウェルカムドリンクをぶつけ合ったり。ぎこちなく自己紹介したり。

その後、係の人が司会進行して、パーティが始まった。

テーブルで話して、十数分おきに男性陣がテーブルをぐるぐると回っていく感じ。

ただ1テーブルに8人から10人ぐらいいて、そのうち女性は2人程度なので、普通にしてたらまったく女性としゃべれない。自分から女の隣に行き、大声を出して場を主導する必要がある。

かくいう俺は、終始どのテーブルでもかなりしゃべった。どのテーブルでも中心的な立場になっていたと思う。その代わり、ずーっと黙っている男もいた。なにしに来たんだお前ら。

仕方ないので、たまにそういう連中にも話をふってやったり、適度にイジってやったりすることもした。だってそういうところも女性は見てるって婚活サイトに(以下略

ダーツカフェ巡りが趣味です、という男性に「いやいや、それ女子ウケするための設定じゃねえの? なんか証拠あります?」だとか、そんな感じ。

今思えば、えらく雑にイジってすまんかったという気持ちも少しある。

そんなこんなで、どうにかLINEを交換できた6人の女子のことを以下に記載する。


●M美

 20代後半ぐらい。千葉在住。おとなしい感じの子容姿はそれなりだけど、スラッとしている。

 あまり話せなかったけどわりと好印象だった。俺はおとなしい子が好きなのかもしれん。

 パーティのあった日の夜、LINEにわりとたくさん返信くれたんだけど、翌日になったらなぜか無視されるようになった。メシぐらいは行けると思ってたので、けっこうショック。

 ん、40歳婚活に泣いてる暇はない。次だな。

 

●S季

 20代後半ぐらい。おそろしく美人アウトドア大好き。猫大好き。

 さりげに隣にいき、猫の話で盛り上がったり、ゲームの話をしたりした。

 ただ、今思うと彼女サクラくさい。不自然に遅れて来たのと、あまりにも場馴れしていて快活すぎた。

 あんたこんなとこ来る必要ねえだろと。

 LINEは1回だけ返信あり、以後は無視

●W子

 30歳ぐらい。保育士とのこと。化粧も薄く、地味な感じの子

 あまり話せなかったけど、席を移る前に強引にLINE交換。

 LINEは完全無視。まーそうよね。

●M穂

 30歳ぐらい。ずっとメシを食っていた。毎日晩酌と月イチのバッセン趣味

 すんげー化粧が濃い。あと服がキャバ嬢みたい。なんかガウンみたいな布地の。

 やたらテンション高くてノリがよくて、卓の話題作りに余念がなかった。

 ちなみにLINEは全無視。つうか1個も既読にならなかった。即ブロックかよ最悪すぎる。サクラの気配。

●マイ

 なんか眼力の強い、そこそこ可愛い子。スポーツ大好きらしい。しきりにスマホをいじり、ずっと不機嫌そうに見えたけど、そういう顔つきなのかもしれない。

 パーティが終わり、会場から出て駅に向かう途中で見かけたんだけど、ついビビって声がけできんかった。あそこはダメ元でメシでも誘うべきだった。

 LINEはいちおう社交辞令的な返事は来たけど、やる気ないのが透けて見える。(ごはん行きましょう、の文言華麗にスルーする)

 けども完全無視よりは全然いいな。

●Y紀

 30歳半ばぐらい。ぶっちゃけブスい。お酒が大好きらしい。

 俺は隣にいたマイとだけLINE交換できればよかったんだけど、流れで彼女とも交換した。

 LINEは完全無視。いや、まあ食いつかれてもたぶん困ったんだけども、これはこれでなんかね…。



あと参加してて思ったのは、わりとLINE交換できてない男が多かったと思う。

ずっと黙ってたら、そりゃそうだよな。

俺はとにかく女性に話しかけて、たまには男性にも話して、席移動のアナウンスがあったら臆面もなく「XXさん、俺とLINE交換しましょう!」ときっちり言うようにした。

出会いを求める場だし、当然ながらだれも断らない、ていうか、むしろ少し嬉しそうだったのが印象的だった。

これがパーティいちばんしかったときかもしれない。クエスト達成的な。

まあ、その後の連絡はめでたく全員途絶えたわけですけども!

一人ぐらいはメシに行けるかと思ってたけど、甘くねーなー。どう見てもサクラくせえのもいたし、参加するパーティはもう少し考えよう。

いちおうダメ元でマイにもう1回連絡してみようかな。十中八九無視だろうけど。あるいは、辛辣な断りを食らうかもしれない。

望み薄な場合はやめといたほうがいいんかな。うーん。

いや、そんなやる気ないナオンへの執着はやめよう。

もっと痩せて、また美容院にも行って、自分を磨いて、また別のパーティで別の女の子にいったほうが建設的よね。そうよね。

と考えて自己正当化することにするよ。

あと意外に思ったのが、男性服装ね。

婚活サイトオススメ女子ウケが良いというジャケットスタイルは、俺と、もう一人ぐらいしかいなかった。(そいつと俺が示し合わせたように同じような色のシャツジャケットパンツだったので、ペアルックみたいな感じで死ぬほど気まずかった)

あとはアロハシャツだのTシャツだのポロシャツだのネルシャツだのカーゴパンツだのと、わりと自由

他の男性たちがどんな成果だったのかはわからんのだけど、女性はどう思うんだろ。格好は小汚くなければOKなんかな。好みもそれぞれだろうし。

1日にこんなたくさんのLINE連絡先を得たのも初めてだったのでテンションは上がった。

でもメッセージの完全無視は心が乾く。

まー女子の側にしたら、無視しないとしつこく粘着されっかも…というリスクはあるから仕方ないのかもしらんけど。

あと過去幾度となくやられた「都合よくなったら連絡します」→「音信不通」のコンボね。

俺みたいな非モテ男性御用達の、典型的お断りルーティンね。

いや、さすがにもう慣れたけどね。

でも最初食らったときはほんとに泣きそうになったよね。どうして女の人ってこういうひどいことすんの?って、マジで絶望的な気分になったよね。

思えばそんな三十代でした。ほんとは絶望して泣いてる暇なんてなかったんだけども。

ぐだぐだだけど、初めて参加してみた婚活パーティはこんな感じだったよ。

近いうちに2回め、3回目と別の会社婚活パーティに参加予定です。また気が向いたら書く。

2018-09-03

anond:20180902135956

婚活サイトでもなけりゃ、エイリアンでも構わないだろう。

ここら辺、あまり深く掘り下げちゃうと「火星人差別反対」「金星人野郎ども、美男美女揃いだからって舐めやがって」などと、

火星と金星の星間問題増田に飛び火するから、あまり突かないで欲しいところ。

ポリコレ棒が宇宙を飛んじゃうぞ。

2018-08-31

anond:20180831134554

wwwwりwwwwwwwwwwwww

アイドルみたいな美女ならともかく、そこらのババアおっさんに寄り添うの?wwww

自分時間を捨てて尽くせと?wwwwwwww

お前がやってみろカスニートwwwwwww

2018-08-29

ナンパは軽薄で犯罪的な行為なのか?

RNAリアルナンパアカデミーと称するナンパ塾の塾生が、ナンパした女性をたまり場に連れ込み、酩酊させて輪姦したという事件公判のもようがホットエントリに入っていた。

案の定ブコメ実行犯の元塾生たちを袋叩きにしている(一部、ついて行った女性を叩いてる見当違いもいたが)けれど、確かに、元塾生たちのナンパとはなんらかの理由をつけて女性飲み会を開いた後は“ゲーム”をして泥酔させた後に準強姦するという手口であって、はてなに生息している非モテたちの想像しうるナンパなんだろうなという気はしている。

しかし、街で見知らぬ女性に声をかける行為のものが、軽薄で、犯罪的で何か刑法違反するようなことなのだろうか?

以下のブログは、かつてナンパクラスタ一世を風靡したナンパのものだ(彼はまだ現役だが)。

京の街で一番の美女ナンパイマジネーション

http://puahinotori.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


誰もが圧倒されるような美女に臆せず声をかけ、連絡先を交換し、場合によってはその日のうちに性行為をする。

そんな世界があるのかと、大多数の男には想像も実感もできないだろうけど、こんなロマンティックな世界があるんだ。

かつてこの記事を読んで、彼に魅せられ、私もこのような世界チャレンジしたことがある。結果からいうと、カフェたまたま隣にいた美女と連絡先を交換し、1回目の飲みの後セックスした。いまでは愛すべき恋人だ。

ナンパは、イメージとしては軽薄かもしれないけど、いままで繋がりを持てなかった人間と繋がりをつくり、コミュニケーションをはかっていく強力な手段ひとつなんだ。特に、それまで非モテに属し、女性に縁のなかった私のような男にとってはね。

それを集団強姦を犯すような連中と一緒にされたらたまったもんじゃないよ。

どんなに可愛い子でもパンツウンコついてるわけだし、

もじゃもじゃした陰毛が生えてて、鼻毛もあるだろうし鼻くそも出てくると思う

そう考えると美女を前におじけづいて告白できないない理由なんて何一つないような気がしてくる

2018-08-28

二度とちびまる子ちゃんのようなアニメは出現しないのか

流行りの深夜アニメを見ていると、絶対ちびまる子ちゃんみたいなアニメは出てこないのかと思う。

ちびまる子ちゃん物語内には、色々な「クセ」のある子供大人キャラクターが多く出ていた。

みぎわさんや前田さんのような、性格にクセのあるブスな女の子キャラは、今アニメでやると苦情が来そうなレベル

現在深夜アニメでは、ブスで性格の悪い女子キャラは、完璧と言っていいほど排除されている。

山田のような発達障害ボーダーや、山根みたいな虚弱体質、はまじみたいなパワハラ素養がありそうな男子たち。

これらのキャラも、今アニメでやると絶対に苦情が来るだろう。

からこそ、今の深夜アニメでは性格のよさそうな美男美女キャラしか出てこない。ポリコレ的にはいことなのかもしれないが、物語の深みが少なくなった気がする。

今のアニメの中で、クセのあるキャラクターを登場させることが出来るのはちびまる子ちゃんくらいである。

30年近く続いている伝統があるから可能なのであり、ちびまる子ちゃんが今後終わってしまったら、クセのある人間の居場所は完全になくなりそうだよね。

2018-08-27

アイドル追っかけてる場合ではない

テレビにでてる俳優アイドル歌手にいっさいトキメかなくなった。

彼らがおもしろいことやかっこいいことをしてる才能あふれる動画がバズっていても「わーほんとだかっこいい!」とか、「カワイイー!」「おもしろいー!」とすら思わない。

赤の他人がなんかしてるとしかおもわない。

だってこいつらはどーーせ私に惚れることはない!とわかってしまたから。

もしかして芸能界に揉まれ美男美女には懲りて、平凡な自分を選ぶ可能性があるかもなんてことは実際ないし、美男はより若い美女を選ぶし、美女はより金持ち美男を選ぶ。

例外はない。

絶対ないとは言い切れないとしても、その宝くじ自分がひき当てる才能はない。

やっぱりアイドルやら俳優やらにはまれる人ってどっかに夢要素(いつか出逢ったら恋愛関係になるという淡い幻想幻想幻想しりつつもそこも込みで可能性はゼロではないとおもうこと)という自惚れがあるからこそあんなにも赤の他人に関心が持てるんだと思う。いまはそんなノンキさもうらやましい。

恋愛までいかなくても、運良く知り合ったら相手にとって自分が多少なり影響を与えられるほどの関係になれる(頼りにされる、あいつはちょっと違うなと思われる、おもしろい人だと思われる等、他の人よりは個体認識され大事に思われる)という期待をもって自惚れていられるからこそはまれものなんだなって。

オタクに優しいDAIGOですら「奥さんの美しさに二年たっても慣れない」って奥さんの容姿固執したノロケをいってるのみてがっかりした。やはりどんな路線で売り出そうがイケメン女性趣味思想が合うことでノロケることはない。

特に男というのは自分より二回り格上の容姿の女に惚れるもんなのだ

(男の方が自分自信過剰であり根拠のない自信を持ちやすいとなんかのデータでみた。テレビ番組の中でその実証に男女に玉入れゲームをさせてその点数をゲーム実施前に本人に予想させてから行わせていた)

こんなにもテレビイケメンに何の感情もわかなくなったのは、

いまやぺアーズやオミアイやその他出会いアプリで様々なタイプイケメンと思う男性に、それこそ千人単位イイネを送ってみて、笑っちゃうほどイケメンには相手にされないことがわかってからだ。

もはやドキドキして照れながら送ったのは最初10人くらいで(このときはまだ夢や幻想があったから)、あとはもうこの確信を得るだけの数値ほしさにいいねを連打した。データといえる数にするには千人を超えないといけないとかどこかで聞いたから、その数値までやってやろうとおもってやった。その結果だ。

ほんと、みんな早く目を覚ましたらいいと思うよ。芸能人アイドルに興味持つの無駄

追っかけに払う大金自分にかけろ。

そっちのほうが現実問題ではあいつらに少しでも近づく方法だと知ってほしい。

結局みんな自分のことがいちばん好きなんだから推しステージ舞台生活の張りなんです!とかいってても自分容姿が向上したほうが満足度は高いことに早く気づいてほしい。

身綺麗にして、自分を最大限素敵に見せる服を模索購入して着て、回りの対応が変わってきたら、赤の他人のただの1ファンでいる自分現実より、人に声をかけられる自分である現実の方が楽しいに決まってる。

アイドルオタク親衛隊の番号競うのだって結局は自分という存在を回りの人間認知されたいからだ。

アイドル俳優人格の良さだの性格の良さだのを見抜く見識眼がいくら備わっても、あなた容姿は一ミリも向上しない。

そもそも上辺だけしか見せてないショウビズの人間相手に「あの子は頑張ってる」だの「あの人は他の人より本当に努力家だから」だの、なに見えた気になっているんだという話。

酔ったときどうなるのか、なにに愚痴り、怒り狂うのか、人間性のでる場面は彼等彼女等は私達にみせない。

その相手引退するときの本当の気持ちあなたに語ってくれるか?という一言に尽きる。SMAPだってももクロの子だって本当はどんな気持ちでいたか?なんてファンにも誰にもわからない。

昔マツコがアイドルは二十歳で卒業しなさいといったような記憶あんだけど、ほんとそれ。

若いうちに「もしかして相手とどこかで知り合って…」なんていう幻想捨てて、若さという価値のあるうちに自分容姿で捕まえられる最大限いい人を見つけておく。

自分市場価値現実を知っておく。

現状の自分市場価値に納得行かなかったらスキルを上げたり話術を磨いたり整形でもなんでもしてレベルをあげて、納得行くまで相手を探す。

それでそのあと恋人との関係が安定したらまたアイドルでも俳優でもハマったらいいんじゃないかと思う。

現実が見えた私みたいな人達に「万一が起きない相手にまたハマる」なんてことがあるのかわからんけど。

たとえが古いけど私はマトリックスみたとき赤い薬を飲むタイプだなと思った覚えがある。現実はひどく苦いし、そのなかでベストを尽くすしかないが、虚構世界自分の殻に閉じこもって生きるより良いと私は思った。

2018-08-24

ホモ気持ち悪いと言ってる人は見た目で言ってるだけなので、例えば石原さとみみたいな美女が実はついてたとなっても嫌わない

要は見た目が気持ち悪いだけ

デブヒゲ男同士がキスしてたら気持ち悪いでしょ?

ちゃんと痩せて手術なり受けて女になってからならホモでも周りは何も言わない(宗教は除くよ?あいつらは他人否定するために生きてるゴミから

なので橋本環奈ちゃんとか石原さとみとか、最低限佐藤かよくらいにはなってから男と付き合うようにすればいいの

周りを不快にしないようにお互い気を使っていきましょう

京都大学増田の考え方に便乗してみよう

タトゥーのことが話題になっているので、いつもの京都増田容姿云々の考え方を取り入れて考察してみる。

タトゥーしろネックレスしろヤンキー達が周囲を怖がらせようとするのは、彼らの容姿不細工からなんだよね。

素の状態不細工がいると、周囲の人間からクスクスと笑われてしまう。つまりはナメられてしまう。

それが嫌だから不細工人間タトゥーなどを掘って周囲を威嚇して笑われないように「武装」しているわけである

逆に美男美女場合は、何もしない状態でも周囲の人間尊敬と注目を集めることが出来る。

不細工人間は「武装」して周囲から注目されることによって、美男美女と同じ経験を得ようとしている。

その注目の内容が、美男美女ヤンキーとではまったく質が違うんだけどね。

から、もしタトゥーを入れた人間を見かけたら、思い切って笑い飛ばしてやればいいのだ。

一人で笑い飛ばすのは危険だが、徒党を組んで数人で笑えば数の力でヤツらを撃退できる。

2018-08-23

言うほど『ただしイケメンに限』りますか?

複数の男の人に聞いた範囲では、たいていの人が何かしらの『いくら可愛い子でもこれがあったら許せない』という要素はあるようだし、多くの人が挙げるのは『浮気癖・浪費癖ヒステリー』あたりだ。

それは女から見た男でも同じで、いくらイケメンでも浮気癖や借金癖は許せないという意見が多数だ。『※ただしイケメンに限る』と言っている人は逆に、女性浪費癖ヒステリー可愛い子なら許せるのだろうか。

ワンナイトラブ相手にはなる。彼女にしたり結婚したりは考えられない』だったら、多くの女性から見た浮気癖のあるイケメンも同じ感想しかない。

ワンナイトラブも嫌だ、という女性はもちろんいる。女性よりは少ないと思うが、ワンナイトラブ否定派の男は実際に知り合いにいるし、世の中に一定割合はいるのだろう)

・以前、「服を買いたいけれどもお金がない」と男友達ライン愚痴っていたら、「悪いアドバイスとしては、彼氏(がいることは男友達も知っていた)に『後で脱がせても良いからさ』ってねだる」と言われた。

 「それは(※ただし可愛い子に限る)じゃないの?」と返したら、「一度くらいなら嬉しいと思う。何回もやられるとうざいけど」と言われた。

 ある意味それは本質で、(※ただし可愛い子に限る)や(※ただしイケメンに限る)なキザっぽかったり大げさだったりする仕草は、確かに美男美女でない人がやると冷めるものかもしれないが、

 美男美女がやる場合も繰り返しやられると迷惑に思えるものなのではないか

・よってただイケの本当に正しい用例→「イリヤちゃんが大好きでも良いじゃない(※ただしイケメンに限る)」

美男美女反体制 不細工反体制

最近反体制的な内容のフィクションを好んで見たり読んだりしている。

本当は卒論のためにドキュメンタリー映画群を見なければいけないが、何も進まない字数から目を背けたいのだ。

様々なフィクション反体制を見ていて疑問というのか違和感が湧いてくる。

というのも、美男美女がこんなに日々の生活肯定できないのか?ということである

勿論、それにはフィクションから動機づけがある。

普通なら日々の生活肯定的だが権力者などから被害を受けて反体制になるというのだ。

から、敵を倒せば戻るべく生活があったりする。

ただ、これは自分反体制動機とは大きく異なる。

自分容姿が醜い故に、やはり何か様々なものに疑いを持つようになった。

やはり何をしても惨めな思いをするのだ。

から、日々を肯定できない。そして、政治などに関心を持つのだ。

どんなに政治が腐敗してようが、容姿が良かったら自分思想などに触れなかった自信がある。

ただ、あいにく容姿が醜いために捻くれたとでも言おうか。

そんなものから自分フィクション美男美女にどこか共感できないのだ。

同じ敵だから共感できるが、容姿の違い故に何か心地が良くない。

そして、やはり現実容姿がいい人間自分が見た限り政治やら思想に大抵は関心を持たない。

恋愛などで満足できるし、保守的である

これを素直というし、性格が良いとも表現できるのだろう。

自分は良くひねくれているといわれるが、容姿がまず問題だ。

それだけである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん