「ワゴン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワゴンとは

2020-05-30

anond:20200530194621

フツーの本は委託販売なんで下げられないけど、

ムック本(おまけ付き)は例外なんで、たまにセール品になることがある。

ワゴン初回限定DVD付きとか並んでて、ちょ、これ、ヤフオクで高く売れるんじゃね?みたいなことも。

2020-05-26

ネルトン紅鯨団で引き抜かれた人が

あいのりワゴンに乗ってたどりつくところが

ダッシュ島らしいで

2020-05-23

ADVを作っていいメーカーと駄目なメーカーがある

5pb.はつくらせてはイケナイメーカー

毎回作るもの紙芝居選択肢はどれを選んでも大して変わらない。

ここが『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』をリメイクすると聞いた時、がっかりした。

5pb.が携わるだけで質が悪くなるというイメージしかいからだ。

案の定、出来上がったものは平面で質感のないペラペラキャラクター

良かったのは、98版(修正済)の旧版プレイできることだけだった。

まあ、それもフォントおかしかったりしたもんだが、それでも旧版プレイできたのは大きい。

『これだけ』は評価できるが、それ以外は論外だった。

最初から基盤ができていても台無しにするというのは、もはや天才的だろう

こういうメーカーなので、何を出してもペラペラ紙芝居しか出来ないし未だに学習できないというのも天才的だ。

例えばラノベADV制作したとしても、基盤は出来ているのに、ただ読むだけのADVとも言えないものが出来上がる。

サウンドノベルとも言えない代物だ。

なんで出来上がっているものを、陳腐ものに仕上げるのかが分からない。

最近だとひどいのは『ダンまち インフィニトコンバーテ』

紙芝居ミニゲームが付いた程度で何度も発売延期していた代物だ。

結局、発売されて早々にワゴンセール行きという発売しなかったほうが良かったろうという出来。

5pb.がなぜか評価が高いのかが理解できない。あそこのどこにゲームを作るという技術があるのだろうか。

2020-04-26

ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)への違和感

はじめに

anond:20190329034939

この日記が物議を醸してから1年以上経った。

その頃自分M1からM2に上がりたてで、HCI系の研究室所属していたが特別ブラックというわけでもなく(直接指導にあたる教員との相性は悪かったが)、記事を読んでも筆者の境遇に思いを馳せるぐらいの月並みなことしかできなかった。

それでも、HCIは「一見役立たなさそうなおもちゃのようなものに、理屈をこねくり回して正当化させるのが多いように感じ」るという主張に心から共感したことは覚えている。「おもちゃ」という表現がぴったりだと感じたのだ。「ゴミ」とか「クズ」ではなく、「おもちゃ」。自分も含めて学士修士研究は大半がゴミ同然なのだろうけれど、どうしてかHCI研究の一部は「おもちゃであるように思えてならない。当時その理由漠然と考えてみたりもしたが、結局まとまらないうちにほとぼりが冷めてしまった。

今、自分修士課程を修了して労働をしている……が、このご時世なのでここの所はずっと自宅待機で時間を持て余している。だから、今のうちに寝かせたままのもやもやを整理し、言語化しておきたい。そういうわけで、増田に書くことにした。

一応断っておくと、これから書くことは修士卒の人間主観に満ちたお気持ち表明であり、HCI全体のごくごく狭い領域事情を述べているに過ぎない。HCIの学際的な領域は多岐にわたるが、その中でも自分記憶感情コミュニケーションといった人間精神的な活動コンピュータ技術支援しようという趣のことをやっていたから、余計におもちゃ性の強い研究に触れる機会が多かったのかもしれない。そのあたりを踏まえた上で、読んでもらえると幸いだ。

HCIはどのようなおもちゃ

HCIが立派な研究であるかどうかは、HCIおもちゃ問題を考える上で大きな問題にならないと自分は思う。正しく研究フォーマットに則ってさえいればそれは研究と呼ぶ他ないはずだし、研究質的議論は何もHCIという分野に限られたことではない。

HCIにとって真に重要なのは、人の役に立つかどうかだ。

学問有用性は、例えば人文学の軽視だとか、もっと次元を低くすれば三角関数を習う意味だとかで、これまたよく議論対象となる話題である自分としては、一般的学問に関しては直接的な人間への有用性という観点のみで議論されるべきではないと思っている。学問による間接的な恩恵や将来への投資無視するのはあまりに浅慮であるし、根源的な欲求の充足というのにも価値はあるはずだと考えるからだ。

しかし、HCIは例外だ。HCIは、人を対象とし、大半の場合エンジニアリング的なアプローチによる課題解決を目指しているのだから、人の役に立たなければ意味を持たない。しょうもないHCI研究は、道具・ツールとして失格の烙印を押されたガラクタの「おもちゃなのだ

自分は、ワゴンいっぱいのガラクタおもちゃの中にあって気持ちがみるみる冷めていったし、元増田の筆者もきっと同じだったのだろう。

おもちゃHCIの特徴

ここからは、自分おもちゃだなと感じてしまうHCIの特徴について列挙していく。

継続的使用が望めない、一回限りのモノである

おもちゃHCIは往々にして一発芸の様相を呈しがちである

遊ぶように楽しめる何かを作ること自体結構だが、課題解決を目指す工学において繰り返しに耐えないモノを作るのは全くのナンセンスだ。

それこそ、人間にとってのお役立ち度は、縁日の射的の景品やヨーヨーと全く変わらないということになる。

人間理解していない・理想化しすぎている

HCIの研究プロダクトが役に立つ前提として、人間というのは常に明るく元気で前向きで、人と繋がりたくってしょうがない生き物なんだと考えているんじゃないかと思わされることが何度もあった。確かに現在社会においてそのような人々は理想的で偉いのかもしれないが、現実を見ればそのような前提を掲げられるはずもないことは火を見るより明らかだろう。

また、人々に高度な認知能力要求するような例も多いが、そのような人々がいくらかエンハンスされたとしてもそれに対するHCIの貢献度は、はじめからA判定の生徒を受け持つ家庭教師のような疑わしさが持たれて然るべきだ。

他分野の援用に飛躍がある

これは元増田にも指摘のあったことだが、他分野を無理のある形で援用してトンデモ仮説を作るようなことが見受けられた。逆ソーカル事件といえるようなことが、あちこちで起こっているんじゃないかと思う。

射程が短い、もしくは長すぎる

大いなる研究の礎として失敗した研究存在するという考え方があるが、おもちゃHCIは礎たりえない。それは、そこに積み上げられるものが全くないか、あるいは逆にバベルの塔を建てようとしているからだ。つまるところ、未来が両極端なのだ

おわりに

ある程度もやもやを形にすることで、多少スッキリしてきた。

当たり前のことだが、何もHCI全体を否定しているのではない。優れた研究研究者は数多く存在しており、今後も我々の生活を豊かにしてくれるのだろう。

ただ、おもちゃHCIが存在するのも事実で、それに関わると残念ながら莫大なリソース無駄に終わってしまうからちょっと口出ししておきたかったのだ。

2020-04-07

anond:20200407190019

マスクが買えないのも今となっては昔の話だが

今はマスク買い放題でどこの店に行ってもワゴンの上に山盛りになっている

2020-03-18

今日マスク買えなかった

ホームセンターに行ったらちょうど入り口ワゴンの上にマスクを並べてたんで

おらが町にもやっとマスクさ届いただかと思ったんだども

子供用だったので自分は買わずに帰ってきたよ

自分が他のものを買ってお店から出るときにはもう残り少なかった

買っときゃよかったか

2020-03-15

コンビニに行って

コンビニワゴンセールなんてできるのか~と思いながらワゴンを物色。

良い感じの小物入れを見つけて「あ、これいい」と言いながら手に取ったが、これがなんと700円もする。

100均で売ってそうな物なのに何でこんな高いんだ?と思って値札をよく見たらショーツって書いてあった。

ショーツ

するってぇと、なにかい?この中に入ってるのは詰め物じゃなくて、その、

 

ムフッ♡

 

じゃなくて、速攻でワゴンに戻したよ。ピーチ味のガムも手に取ってたが、もしかして尻を桃に見立て女の子ひみつ道具的な何かじゃなかろうかと思って戦々恐々としながらパッケージを見回しちゃったい。興味津々じゃないから、そこは間違えるな。

なんつーかもう、オッサンなのに宝物でも見つけたみたいにニコニコしながらショーツなんか手に取っちゃって、もうお嫁に行けないっつーか、もうあの店行けない。

2020-02-23

バーゲンセール

体重が5キロも変わったので下着売り場で適切サイズ下着を買おうと、

ほぼ半額のバーゲンを狙って買いに行ったら、男がワゴンで漁ってる漁ってる。

アンダー80とか探してるから自分用のなんだろうけれど、なんかちょっと引いた。

でも半額は今だけだからおかまちゃんと同じく漁っていたら、

女性店員が、下にはこちらなど如何でしょうか?と対になるTバック差し出していた。

あれはやんわりと退場を願い出てくれたんだろうか。

まぁ、確かに引いたけれど、それもどうなんだろう。自分はどっちでもいいやなのだ

おかまちゃんはそれでも引かずに漁ってた。私も漁ってた。

その後、その下着売場に行くようになったのだが、半分くらいの確率おかまちゃんに遭遇する。

おかまちゃん御用達下着店として、海外にまで口コミが広がってるらしい。

世の中は複雑である

2020-01-27

なんでワゴン車ってマナー悪いの?

免許取って気づいたんだけど、うちの地域ではワゴン車ってなぜかマナー悪い。

スピード違反信号無視信号のない横断歩道歩行者がいるのに止まらない、無理な車線変更、ウィンカーつけない、狭い道を対向するときだって譲り合いの精神がない。なぜかいつもワゴン車。もうワゴン車見るだけで構えるようになった

2020-01-20

デリヘル嬢した経験を盛らずに書く。

但し、もう十数年前の話で、しか短期間(2ヶ月半くらいかな)しかしていない。

当時の私のスペック

デリヘルをした動機

  • 切実にお金がなかった。


要はお金自分精神衛生上問題

給料待遇、客の払う料金など

  • お客の払う料金は一本(60分)17000円。指名1000円。当時としては格安
  • 客の払った料金から、衛生費1000円、プール1000円を引かれて、8000円が嬢の取り分で残り7000円が店の取り分。
  • プール分は月末にまとめて貰える。
  • 給料前借りOK、社保完備をうたっている店だったが、そんなの利用する人、いたのだろうか……?
  • の筈なんだけど、私だけ週5勤務強いられていた……。ドライバーさん達に聞いたら、そんなの私だけだし、どうして店長が私にだけやけに厳しかったのかは、謎だという。
  • 年に数回しか働かない嬢、しばらく音沙汰がないと思ったら唐突電話をかけて来て、「今から働くから迎えに来て」っていう嬢がほとんどだったそうだ。

面接入店手続き面接

  • 書類二枚書かされる。
  • 研修内容は、かなり最低限のプレイだけ。礼儀的なことはちっとも教えてくれなかった。そこらへん詳しく教えて欲しかったんだが……。




仕事内容について



  • 一本60分だけど、10分前にはドライバーさんがお迎えに来てて、早く帰ってこいと電話で急かしてくる。そのため開始40分でいそいそと帰り支度を始めることになる。
  • 大抵は一日二本くらいしか仕事がないし、0時過ぎまで働きたい嬢はそんなにいないらしい。
  • にも関わらず、私は毎日4本くらいこなして朝帰りだった。


仕事仲間達



大体お金の為に働いていた(当たり前。

私は他の嬢とあまり顔を会わせないようにされていたので、他の嬢に会ったのはほんの数回だけだったが、こんな人達がいた。

  • 21歳強者。当店最強の女と言われていた。すごく美人。いつもお洒落スーツを着てた。客から本番を強要されると、客に蹴りを入れて帰ってくる。何か欲しい物があるときしか出勤しない。

店長ドライバーさん達

店長は中卒で数々のバイトを経てデリヘル経営者になった人。女子を押し倒すのが得意。気がついたら天井が見えて床に転がされているしどこも痛くない、すごい。そこだけは感心した。

ドライバーさん達は大抵昼は何か別の仕事をしている、普通人達。皆車持ってる。ワゴンミニバン

こんな人達

  • 推定三十代。顔面傷だらけで不死身そうだった。嬢に何かあった時に客のお仕置きに動向する係(立ってるだけだけらしい)。顔恐いけど優しい。店長がいない時に店を切り盛りする人その①。
  • 四十代会社員睡眠時間1時間半で生きているといっていた。常に半袖でほかほかに放熱している。店長がいない時に店を切り盛りする人その②。
  • 27歳食いしん坊。嬢を待つ間にラーメンを食べて時間を潰すのを日に4回やってもまだお腹が空くと言っていた。凄く痩せていた。食費の為に働いていた。



お客さん達

  • 大量の靴を所持している人が多かった。
  • 本、何かよくわからんがらくた、爬虫類etc.を溜め込んでいる人もいた。
  • 部屋をお洒落にしている人が多かった。
  • 寝床を変な場所に隠すように設置している人もよくいた。動物の巣かな?みたいな。
  • 8割普通の人。
  • 真の変態には一度当たった。
  • 真の危険人物には幸い当たらなかった。
  • しろこっちが料金を支払うべきでは?という気がしてくるような攻め好きな人に一度当たった。
  • 凄いイケメンにも一度当たったけど、かなり恐い人だった。
  • 物凄く世を僻んでいる人に一度当たった。
  • 写真撮りたがった人は、二人。

仕事での困りごと

  • 礼儀面でのことをさっぱり教えて貰えなかったので、着ていく服装挨拶の仕方を自分で考えなければいけなかったので困った。
  • 他の嬢との接触をほぼ断たれていたので、相談する相手がいなかった。
  • 三回利用すれば本番出来るの当然でしょ?という客が半数くらいだった。
  • 本番禁止店長からは強く言われているものの、よくいわれる「自由恋愛」というやつで、その場の裁量に任されている感じだった。
  • なのでお客さん達は当然出来るものと思っている。

よくわからないと思ったこと。


気付き

  • 行為する相手の年齢容姿を私はわりと気にしないということを知った。
  • 禁止と言われていることを破られる、破らざるを得ないということの精神負担想像よりも重かった。


結論

すごく、気疲れした。

追記


  • 当時の私のお財布事情を書くのを忘れていた。大体、一日に2~4万稼いだ。多い時で5万ちょっと指名料とチップ含んで。
  • よく店長ドライバーさんから、「今は新人から優先的に仕事つけてあげてるし、素人っぽいから人気もあるけど、そのうち慣れて油断するとお客さんが離れちゃうから気を付けてね」って釘を刺されていたので、いつ仕事がなくなるかビクビクしながらやっていた。なのでお金は貯める一方になりがちだった。
  • 私は根がケチに出来ているんだと思う。同じ状況でも散財する人はするだろう。

  • 本番強要の件は本当に相談出来る人がいなくて困った。
  • 実のところ、客の言うことを大人しく聞いている方が安全なのでは?と思う事がよくあった。

  • 朝、仕事から帰って、寝て昼に目が覚めたら、シーツのあちこちに血が着いていて驚く毎日だった。ただプレイしているだけで、全身の至るところに擦り傷が出来ていて、そこから血が出ている。
  • 下着を脱いだら生理でもないのに鮮血に染まっている。指挿れされて知らないうちに傷が着いている。
  • なんか痛痒いなと思ったら乳首にざっくりと歯形がついていて、しか結構深かったのは怖かった。ただプレイしただけで薬を盛られた訳でもお酒を飲んだ訳でもないのに、プレイ最中必死なので、怪我しても気付かないみたいだった。

2020-01-05

anond:20200105114703

庶民でもswitch買って、ワゴンだかワンボックスだかのでかい車持ってる現代の方が金かかってるよな

毛皮は流行らないけど高級ダウンは流行ってて、モンクレールとかカナダグースなんかを庶民普通に持ってる

毛皮は一生モノ扱いだったけど、あの手のダウンを一生モノと思って買ってる人もいないのに

2020-01-03

anond:20200103093201

まぁ、そのうちワゴンも、脱税かいわれてネットが最も安いでないと気がすまない人たちのえじきにされるんだろうな。

家電量販店AmazonにまけたのはAmazonのほうが安いからでないと困る人がいるように

2020-01-02

いやそんなにオタクをなんとかしたいなら

やることはネットバッシングじゃなくて

合コンをセッティングすることだろ

ラブワゴンだよ

ブサイク童貞処女同士でもくっつければ愛に目覚めるだろ

2019-12-30

掃除

いまの住所になってかれこれ2年近く掃除らしい掃除はしてない。

見えるとこのスミのほうに埃がたまってきたら掃除機かけるとかそのていど。

今日別に掃除するつもり無かったんだけど小銭を落としちゃって動かしたことないキャスター付きのワゴンの下に潜り込んでいったので覗き込んだら羽毛がこんもりたまってた。

以前使って見かけなくなった羽毛入りルームシューズが粉砕したのかと思ってめんどくさいなと取り除こうとしたらなんか固いもの感触があった。なになに何か他のも紛れ込んでるのかとよくみたら鳥おそらくスズメの白骨だった。

2019-12-02

スキマスイッチ

大学サークルの先輩後輩とワゴン車で初夏の北海道ドライブしてたときスキマスイッチが流れて、先輩たちの恋の噂を思い出してドキドキしてたこと‬

田んぼの青々とした水の匂いと、かがやく風が耳の下を吹き抜けていった感触

あの頃思ってたような素晴らしい人生かどうかはわからない、あの瞬間がどんなに素晴らしいものだったか今はわかる

2019-11-17

(´・ω・)=3

スーパーワゴンで安売りしてたハンバーガー

おいしくなかった……

2019-11-16

anond:20191115232348

音楽

シャイニン・オン 君が哀しい

みじかい夏は終わっただよ

雨曝しなら濡れるがいいさ

一切合切太陽みたいに輝く

ルーシームーンフェイス

きらわれついでのラストダンス

リトル・ガール・トリートメント

数えるための羊

錆びたワゴン旅路の果てに

どうしようもない世界 寛容な僕ら

正しい時にふさわしい場所

永遠と一秒のためのDIARY

MISS TAKE ~僕はミス・テイク~

ブラック・ラブ・ホール

季節が君だけを変える

トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く

君は天然色

聖なる海とサンシャイン

僕の見たビートルズはTVの中

どこへも帰らない

私は流行あなた世間

Wondering up and down~水のマージナル

物は壊れる、人は死ぬ、三つ数えて、眼をつぶれ

転がる岩、君に朝が降る

サロメは還って殺意しるし

君と僕第三次世界大戦恋愛革命

東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー

女の子にはセンチメンタルなんて感情はない

極東 I LOVE YOU

十三階は月光

泣きたがるスピード

Heavy Metal Me

Beyond-かのひと-

Keep Telling Myself It's Alright

We're Here Because We're Here

<本>

馬たちよ、それでも光は無垢

俺の心臓彼女しか撃ち抜けない

月と六ペンス

八月の路上に捨てる

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

あんたはあたしじゃない

夜中に台所で僕は君に話しかたかった

万延元年のフットボール

幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃

演劇

見よ、飛行機の高く飛べるを

けれどスクリーンいっぱいの星

泣かないのか?泣かないのか一九七三年のために?

火のようにさみしい姉がいて

邦題

いつもはこんな僕じゃない

楽しみを希う心

月は無慈悲な夜の女王

君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。

2019-11-15

不動産屋のお姉さんに告られた

31独身男子です。オーストラリア大学卒業後、現地でコンサル就職、4年間勤めて、日本帰国現在外資系コンサルに収まる(マーケティング系)。彼女は2年くらいいないけど、デートする女の子ちょっといる感じです。趣味は仲間との山登りで、毎回レンタカー借りていたのですが、ついに念願の北欧車のスポーツワゴンを2年落ちで買いました。

日本に帰ってきて数年経ってこのまま日本にいる感じになってきたので、不動産をここ2年くらい探してます。狙い目は中目黒恵比寿近辺の築年数はいってるけど、ゆとりのあるビンテージマンション不動産屋のお姉さんは美人というタイプではないのだけど、笑顔が素敵で可愛い系の20代後半。ハキハキしていてレスポンスが速いので、仕事が良くできる人だなー、と思っていました。気に入った物件があり、売主と細かいやりとりがあったのでお姉さんとラインを交換。結局この物件契約に至らなかったけど、質問要望逐次返してくれたので助かりました。ただ、そのうち夜にラインをしていると、だんだん個人的なインフォが混ざってきて、彼氏がいるとか、あんまり上手く行ってないみたいな話をされたので、同僚の愚痴を聞くくらいのノリでやりとりしていました。

つい先日、かなり自分の条件にあった物件が某所で出たということで、会社を半休して見に行きました。物件はとても素晴らしく、ほぼ理想だったけど、ちょっと想定していた予算を上回っていたので、作戦会議カフェでお姉さんとしていたら、なんと、いきなり「あたし、裕樹さんが付き合ってくれるなら彼氏と別れます」と。

あ、すいませんそんな気持ちなかったんですけど、と思ったけど、そこまで生身のアレをぶつけられると、この人を傷つけたくないとの心理が働いて「え、いきなりそれ!?」みたいな感じでお茶を濁したんだけど、後で考えたらこの人俺の性格はわからないのに勤務先とか収入とか知ってるじゃん。それは流石にプロフェッショナルじゃないと後で考えたら丁重お断りしました。

ということで、2年間頑張って探した不動産サーチが振り出しに戻りました。ありがとうございました。おやすみなさい。

2019-11-12

anond:20191112153049

あのスーパーワゴンみたいなんじゃなくてたためるベビーカーと言うことは首が座ってるくらいの赤ん坊だろう。

いや1か月から載せられるベビーカーでも畳めるやつ普通に沢山あるよ。

首座ってない赤ん坊電車に乗せる親はあんまいなさそうだけど。

乳幼児スナイパー vs ステンカラーズ

本来なら横のつながりのない乳幼児スナイパーの業界で、唯一ひそかに徒党を組んでいると思われる同業者たちがいる。この季節になるとなぜかステンカラーのコートを好んで着たがる女性だけで構成されたその部隊を俺は「ステンカラーズ」と呼び警戒している。

コートの色がそれぞれ違うのは、きっと彼女たちの中で仲間を識別するためと思われ、特にベージュのそれを身にまとう者は士官クラスであると俺は踏んでいる。

テンカラーズの恐ろしい所は、俺のように鬼気迫る一瞥や、標的を恐怖のどん底に突き落とす表情や、特殊攻撃モジュール必要とせずに、「にっこり」と笑顔だけで乳幼児の動きを封じてしまスキルにある。おそらくは精神波による強制暗示の使い手だろう。射程距離は多少短めだが、その分至近距離から確実に乳幼児を仕留める恐ろしい奴らだ。この業界における、目的のためには恫喝白兵戦も厭わない彼女たちの専横ぶりを同業者たちの警戒を促すべくここに記す。

さて平日の朝の、ここはとある私鉄の某駅に停車中の車内である。乗り換えの急行から降りてきた家族連れが満員の車内に乗りこんできた。ベビーカーをたたみリュックを前に抱えたパパがいる。つまりそれはその背後にママに抱っこされた赤ん坊がいる事を意味している。あのスーパーワゴンみたいなんじゃなくてたためるベビーカーと言うことは首が座ってるくらいの赤ん坊だろう。長年の電車通勤をしている大人の俺はそれを肌でわかっている。

果たして俺の狙撃の標的となるやもしれなかった赤ん坊ママに抱っこされてだらしなく口を開けて惰眠を貪っていやがった。何かおいしいものを食べてる夢でも見てるのかときおり口をもぐもぐさせている。いい気なもんだ。とりあえず勘弁してやろう。大人からな。

状況が動いたのは表参道の駅で乗客大勢入れ替わる乗り降りの瞬間だった。目を覚ました赤ん坊は周囲をキョロキョロして「あぁ」とか「たぁ」とかわけのわからない言葉を発し始めた。本当に語彙が貧困で活舌も悪いガキだ。もちろん俺は一瞥を開始している。しか赤ん坊はなかなかこちらを見ない。にぶいガキだなあ。ところが「つぎはぁ霞ヶ関ぃ」とスピーカーから聞こえてきた瞬間泣き始めた。霞ヶ関に何かトラウマでもあったようだが、遂にプロの出番だ。しか今日立ち位置問題がある。俺の隣にリュックベビーカーを抱えて直立不動父親がいるのだ。

「えへっえへっえへぇぇっ・・・・」と赤ん坊が肺の中の空気を残らず吐き出した。これはシン・ゴジラよろしく次の瞬間一気に「すうっ」と深呼吸して「っびゃああああ!」と大泣きするサインだ。プロの俺は知っている。乳幼児スナイパーが警戒すべきなのは親に気づかれることなのだが、周囲の目にも気を遣わなくてはいけない。目撃者存在自分危険に追いやり、とき社会的地位を脅かされるリスクもあるのだ。大人には大なり小なり社会的地位があるからな。たとえ底辺リーマンであってもだ。

しかしこれはA+級の泣き声を上げるサイン。ここは多少の傷を負うことは覚悟して俺はバッグの中にしのばせた、昨日酔っぱらってゲーセンクレーンゲーム両替機に足を運んでまで入手した特殊攻撃モジュールの在り処を確認した。頭にゴム紐のついたライチュウハロウィン仕様)のぬいぐるみだ。

だが次の瞬間、母親の右前に立っていた女性が振り返った。

テンカラーズ!しかベージュ

間髪を入れず彼女は至近距離から「にっこり」攻撃赤ん坊精神支配下に置いた。初弾でこの威力!まさにステンカラーズ。赤ん坊は恐怖のあまり泣き声をピタリと止めて凍り付いた表情で彼女を見つめている。

くそ!俺の獲物を貴様!頼むからそっち向いてつむつむでもやっててくれよ!そんな俺の殺気など意に介さず彼女は「ひとがたくさんでびっくりしちゃったねぇ」。なんと恫喝まで加えるコンビネーション。おそらくはステンカラーズの中でも相当の上級者と見た。

テンカラーズの女の攻撃はなんと母親にまで及び「うちの甥っ子もこれくらいなんです」と恫喝し、母親のガードも破壊した。なお父親空気である。俺も空気である

多少ぐずりつつも少し落ち着いた赤ちゃんに、彼女人差し指をそっと突き出した。おいやめろ、まさか白兵戦に引きずり込む気か。目の前に突き出された人差し指赤ん坊は反射的にぎゅっと掴んだ。これは・・・握手!ステンカラーズ士官のあざやかな手口に母親は「すみませぇん」父親は「ありがとうございます」と完全に彼女支配下におかれた。俺は空気だった。俺のバッグの中のライチュウハロウィン仕様ももはや出番はなかった。

家族連れは日比谷で降り、なんと別れ際には赤ん坊降伏意味するバイバイまでせしめ、ステンカラーズの女は何事もなかったかのように二重橋前で颯爽と降りて行った。その後ろ姿はまさしく大人女性の貫禄。

から突然現れたステンカラーズに戦況をがらりと一変させられ、何もできず一方的な敗北を喫し車内に取り残された俺はぼんやりと、目に留まった週刊文春中吊り広告に今週の原色美女図鑑をチェックしていた。ヤンジャングラビアのチェックじゃないぞ俺は大人からな。

11/14→https://anond.hatelabo.jp/20191114000736

2019-10-27

anond:20191027070152

マラソンにせよ駅伝にせよ、なんでああいう奴らは路上占拠が好きなのか……。

どこかの体育館借りて中を走ってろよ、って感じ

もっと小規模な例でも、Kではじまる某政党が「平和マラソン」とか銘打って、のろのろ走るワゴン車の後ろにちんたら人を走らせてたりするな。

おかげで後ろは大渋滞地獄。かなわんよ

2019-10-20

不動産屋のお姉さんに告られた

31独身男子です。オーストラリア大学卒業後、現地でコンサル就職、4年間勤めて、日本帰国現在外資系コンサルに収まる(マーケティング系)。彼女は2年くらいいないけど、デートする女の子ちょっといる感じです。趣味は仲間との山登りで、毎回レンタカー借りていたのですが、ついに念願の北欧車のスポーツワゴンを2年落ちで買いました。

日本に帰ってきて数年経ってこのまま日本にいる感じになってきたので、不動産をここ2年くらい探してます。狙い目は中目黒恵比寿近辺の築年数はいってるけど、ゆとりのあるビンテージマンション不動産屋のお姉さんは美人というタイプではないのだけど、笑顔が素敵で可愛い系の20代後半。ハキハキしていてレスポンスが速いので、仕事が良くできる人だなー、と思っていました。気に入った物件があり、売主と細かいやりとりがあったのでお姉さんとラインを交換。結局この物件契約に至らなかったけど、質問要望逐次返してくれたので助かりました。ただ、そのうち夜にラインをしていると、だんだん個人的なインフォが混ざってきて、彼氏がいるとか、あんまり上手く行ってないみたいな話をされたので、同僚の愚痴を聞くくらいのノリでやりとりしていました。

つい先日、かなり自分の条件にあった物件が某所で出たということで、会社を半休して見に行きました。物件はとても素晴らしく、ほぼ理想だったけど、ちょっと想定していた予算を上回っていたので、作戦会議カフェでお姉さんとしていたら、なんと、いきなり「あたし、裕樹さんが付き合ってくれるなら彼氏と別れます」と。

あ、すいませんそんな気持ちなかったんですけど、と思ったけど、そこまで生身のアレをぶつけられると、この人を傷つけたくないとの心理が働いて「え、いきなりそれ!?」みたいな感じでお茶を濁したんだけど、後で考えたらこの人俺の性格はわからないのに勤務先とか収入とか知ってるじゃん。それは流石にプロフェッショナルじゃないと後で考えたら丁重お断りしました。

ということで、2年間頑張って探した不動産サーチが振り出しに戻りました。ありがとうございました。おやすみなさい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん