「未成年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 未成年とは

2019-02-17

童顔低身長女(26)、合法ロリと呼ばれて

26歳女、低身長の童顔だ。150センチ、胸はDカップ居酒屋では年齢確認される。

自虐風自慢が始まりそうな導入だけど、そうじゃない。ここから延々綴るのは純粋な怒りだ。

未成年に見られがちなのは、多分身長や顔のせいだけではない。私はファッションにあまり興味がなく、いつも同じような服を着ている。基本的には全身ユニクロ。髪の毛は黒髪ショートで、化粧をすることは滅多にない(仕事社内SEなので、その辺の規定特にない)。まぁはっきり言ってダサいのだ。垢抜けないと言ってもいい。でも、それを改善したいと思ってはいない。ダサくても楽な格好が快適だし、肌や髪の手入れを楽しめるタイプじゃない。別に悪いことでもないと思う。

はいわゆるモテ系とは程遠いけど、それなりに声がかかることもある。たいていは、はっきり言ってモテなさそうな、自信のなさそうな男から可愛い子には相手にされないのがわかってるが、そう認めるのも悔しいので「あいつ(可愛い子)はビッチ性格悪い、よく見ると可愛くない」などと自分(と、場合によっては周りの人にも)に言い聞かせているような男の「お前みたいなのがちょうどいい(笑)」が向かう先が、わたしのような女である

自分で言うのもなんだけど、私は仕事がデキる方だ。得意なことを仕事にしているからだけど、それだって上手く職業を選んだからだ。でも、見た目のせいでナメられることが多すぎる。他の同僚と同じことを言っているのに、私のときだけ「え、ほんとにそれ必要(笑)?」と言ってきた40代の使えないおっさん、他の人には滅茶苦茶腰が低いくせに、私にだけ上からものを言ってくる新卒。そんな小馬鹿にした態度を取りながら、ふたりともプライベートな誘いをしてきた。ちなみにおっさんの方は結婚している。死ね。要は「俺にでもイケる女」あるいは「俺レベルが誘っても喜んでついてくるであろう女」扱いをされているのだ。死ね。本当に死んでくれ。ちなみに私が見てきた限りだと、いかにもモテそうな男性はそんなに失礼な言動をしない。私を「イケそうなメス」じゃなく、同僚として見てくれている感じがする。

これを友人・女性の同僚に相談すると、見た目の話になってしまう。曰く、「子供っぽいからナメられる。背が低くてもハイヒールを履いたり、髪を伸ばしたりメイクをしたらナメられにくい見た目になるよ」と。親切に自分の服や化粧品を分けてくれようとする人もいた。でも、なんで私が変わらないといけないんだろう。ヒールつきのパンプス就活でもうコリゴリだったしメイクする時間は寝ていたいし、スカートだって履きたくない。そう言うと、優しい友人は困ったような、呆れたような顔をする。そりゃそうだ。わたし自分を変える努力を拒絶している。でも、こんなこと言ってもしょうがないけど周りの男性社員毎日同じようなシャツジーパンで、髪だって寝癖がついてたりしていて、それでもナメられたりしてない。実力と実績に応じた扱いを受けているように見える。どうしてそういう扱いを受けるのに、私だけ無駄な(私にとってはね)、必要以上の身だしなみを要求されるんだろう。

一時期、友人たちの助言を受けてファッションを変えたことがあるけど、その時おっさんから言われた「なに無理しちゃってんの(笑)」「そんなんしなくてもいいんだよ(笑)」が不愉快すぎて今思い出しても腹が立つ。おっさんはなんと、信じられないことに女らしい格好は自分へのアピールだと思ったらしかった。死ね死ね死ね。死んでくれ。

限界が来て元に戻したとき、「そういう格好が似合ってるよ」と頭に手を置かれた時、人生で最大の殺意を感じた。ほんとうにキモい。どうして死んでくれないの?

まとまらないけどひとつ言いたいのは、お前らみたいなキモい男がイケる女はこの世にいないと言うことです。でも結局、こういう風なこと書くとキモくない男性けが萎縮して、キモい男はヘラっとスルーするんだろうな。本当にキモい。ちなみに合法ロリ呼ばわりしてきやがったのは、クソ失礼な新卒です。

本当に無理すぎる。男に生まれたかった。死ね

2019-02-16

アメリカ横断を目指した中学生へ、雑音に負けるな

アメリカ横断を目指す中学生を、大人たちが寄ってたかって妨害している。とても見ていられなくて、悲しくて、この文章を書いている。

https://togetter.com/li/1318798

アメリカ横断を目指した中学生の君へ。いま、君のもとにはたくさんの励ましのコメントと、まるで勝ち誇ったかのように上から目線非難するコメント殺到しているに違いない。画面をまっすぐに見ていられないほど、ひどいコメントもあると思う。まったくひどい話だ。

結論から言うと、君の挑戦は大成功だ。ほとんどの人には不可能な、最初のバズを起こすことができた。この次に君が起こすアクションに、注目が集まりやす環境を作ることに成功した。

僕が君に伝えたいことが、一言だけある。それは「雑音を気にしてはいけない」だ。ネットには、君のことをあたか心配している風を装って、文句を付けたいだけの奴らが山ほどいる。こいつらに、多くの挑戦者が苦しめられてきた。

こいつらは、自分という人間ほとんど何の価値もないことを誤魔化すために、ネットマウントを取れる対象を探している。そして中学生の君は格好のターゲットになってしまった。もし君が事故にでもあえば、「ざまあみろ」と優越感に浸るだけ。それも単なる暇つぶしに過ぎない。こんな雑音に耳を貸してはいけない。

しかに君は、未成年だ。法的には保護者が決めた範囲しか活動できない。こればかりはどうしようもないんだ。でも保護者としっかり話し合って決めたことならば、ほかの誰にも文句を言われる筋合いなどないことも、覚えておいてほしい。

この次に、君がすべきことは何か。それは君の挑戦に文句を付けてきた有象無象大人たちを「客」としてつなぎとめることだ。

例えば、アリアナ・グランデタトゥーには多くの日本人がくだらない文句を付けた。それで、アリアナは損をしたのか? 事実は逆だ。アリアナの知名度さらに高まり有象無象コンテンツを回した結果、彼女のもとには莫大な収益が転がり込んでいる。

もし君がインフルエンサーを目指すなら、こういう仕組みを理解した上で、次のアクションにつなげてほしい。ここから上に行けるのは、一握りの人間になる。だけど人生で何の挑戦もしていない、その他大勢モブキャラで終わりたくないという気持ちがあるなら、きっと乗り越えられると思う。

こっちの世界に来てみないか

君には、その資格がある。

2019-02-14

例のアメリカ横断ヒッチハイク中学生の件、(親世代に対する)教育の敗北としか思えない

未成年のうちは自分責任の取れないことを子供やらせない」って、そんな当たり前のことすら理解してないヤツが子供産んでんのか

実質殺人未遂暴力振るってないだけの虐待

親も免許制にしたほうがいいんじゃない

2019-02-12

anond:20190211164847

悪いことだと分かる立場、具体的には義務教育を受けた健常者がわざと悪行をしたら叩かれるのは当然。

そもそも行為は悪いことじゃないから、普通な咎められる理由がない。

それなのに未成年大人がして大人けが咎められるのは、単純に性行為というリスクの高い好意を損得の判断力の無い子供にさせるのが悪質だから。例えていえば、滅茶苦茶リスクの高い投資未成年(親から受け継いだ財産持ち)に共同経営でさせるようなもん。この場合財産若い身体とこの先の可能性が該当し、失敗のリスクとは望まない妊娠かに当てはめられる。性交責任取らずトンズラは年齢関係なく最低として、例えばおっさん高校生妊娠させて中退させて結婚するのはオッサン側の得しか考えてない行為だ。オッサンは中卒で自分に頼るしかない若い女を手に入れて得だけど、女子高生は未熟な判断でしてしまった生殖経済的自立も困難な立場になるわけだ。男女入れ替えても、状況は変わるが「頭のレベルが対等でない相手に、自分が有利になるような一生モノ契約をする」ことには違いない。だからロリコンショタコンも(手を出せば)、白い目で見られるわけだ。そりゃそーだ、こんな詐欺しか思えないようなあくどい契約を「愛」とか呼んで正当化しようとするんだから。こういう大人と付き合っちゃう未成年は、それ自体で大変なリスクを負ってるから被害者とされる。

2019-02-11

未成年SNS禁止したほうが良い

ポルノとき禁止されてSNS禁止されてないほうがおかし

例を出すまでもなく悪影響があるのは圧倒的にSNS

とっとと法改正して18禁しろ

きみたち、mixi未成年飲酒投稿漁ってた頃から何も変わってないね

2019-02-10

某夢界隈の悪口

某夢界隈への悪口です

今はどうか知らないが界隈から離れて数ヶ月、離れた瞬間から繋がってた人ブロック、○○プラスタグ参加者を片っ端からブロック、数500を超えてきたので砂かけババアします。匿名から好きに言わせてもらうぜ。

下ネタ言いすぎ

過激なこと言えば言うほど盛り上がって平気でち○ことかプレイ内容(例:駅弁、小スカ)など呟くな。モラルなさすぎ。倫理観がないとか未成年は見るなとかbioに書けばいいと思ってる人多すぎ。お前が隠れろよ。自粛しろよ。成人済ならなおさら

下ネタ言わない人も本当はエロいこと考えてるんでしょ?ち○こって呟かないだけで本当はエロが好きでしょ?恥ずかしがってもバレてるからな?みたいなスタンスも無理。こういう人たちってリアル彼氏とのセックス自分の性体験についてべらべら喋るんだろうし、実際エロツイに便乗して自分のこと語ってる人もいた。引いた。

当時まだツイッター他人いいねが大量に表示されていたからこんなにひどい下ネタ言う下品な人たちが同じ作品を好きなことが信じられなかった。ミューしまくって何とかしのいでいた。『このジャンルの夢界隈』という壮大で曖昧仮想敵と戦うため、後々ミュートしたアカウントも片っ端からブロックすることも当時の私に教えてあげたい。そのミュート、無駄だよと。

下ネタ用の鍵垢つくった人もいたけど相変わらず呟いてる人もいて、はいブロックブロック!マジどこからでも湧いてくる。

めちゃくちゃひまなときブロックした下ネタ吐き散らしアカウントをチェックしてたまに通報してるからいつかまとめて凍結されないかなって思ってる。私怨おつ。

キャラオナホにしすぎ

コマしか発言がないキャラ特に、そうでなくてメインで登場してるキャラだって自分性癖に当てはめて描いてもエロかったら解釈違いもクソもないもんな〜〜〜〜〜〜!!!!!!現パロも現パロだから何書いてもいいよな〜〜〜〜〜〜!!!!!!気持ちは分かるがキャラキャラではなくてキャラと同じ顔・同じ名前あなたたちの自慰のための道具にしか見えないです。オナホじゃねーか。同じ漫画読んでると思えないツイートをよく見かけた。

あと自己投影でも夢主ちゃんでも何でもいいけど鍵なしアカウントで絡み絵を流すな。キス絵を流すな。エロ絵を流すな。お上手だけど。お上手だから底辺絵描きの私がこんなこと言ってもただの僻みなんだよな。まぁ僻んでるんだけどよ。下手くそだろうとモラルがなかろうとコミュ強が過激な勝つ世界だった。

そしてそれが界隈ではウケている。今も。

もう無理!!!と思ってリタイアした。離脱してからも○○プラスタグ検索しては参加者ブロックしているので成仏できてないし、流れてくるいいねなどで今まで見かけたことない人でもフォローフォロイー欄見ると真っ赤に染まってる。そしてブロックする。

私は砂かけババア。小石入りの砂、いくらでもかけてやんよ

でもどう見ても私より、『その夢界隈』の人たちの方が楽しそうに創作してるし本も売れてるんですよねぇ。

はやく成仏したい。

追記

・女だから云々とか言い出すやつの方がメンドクセ〜〜〜〜〜〜よ。こっちはめんどくさい人間から匿名で書いたんだよ察しが悪いな

自分も女だけどメンドクセ〜って人は知らん 夢嫌いなら関わってくるな

・どのジャンルかは何度聞かれても絶対答えません

ガチャでハズレを引くと

五歳で虐待死したり、小4で虐待死したり、未成年のうちに自殺したりする。

人生って親ガチャが全てだと感じるわ。

2019-02-09

anond:20190209093025

追記1は合意形成

リスクとリターンの条件を固定するもの

取引理解がないと不成立になる

そのために教育がありその期間を免責して未成年がある

間違えた学習で成人するとラノベ脳でそんな疑問を抱くようになる

ブラック企業社長とかもそんなの

前例のない取り組みをする可能性やクリエイティブな才能と紙一重

追記2は哲学

それを体系化しようとするプロセス文字言語化

それを定義と言ってしまうと法則化と誤解して

実在する物理的なものと誤解して物質にそれを具現化させようとする事がある

男性暴力的とか殺すということは全て罪であるとか人権普遍だとか

そんなものは脳の中にしか無いのに物理動作だと勘違いする

全てでは無いし認識相互に異なるのでそれを包括して

妥協点を見つける知恵のメモ法律

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人は小泉今日子似のおばちゃんだ。

俺は小泉今日子と仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、キョン2とは一度も保険の話などしたことがない。俺とキョン2の会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、キョン2の娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はキョン2との会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、キョン2が立っていた。キョン2はコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、キョン2からLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

キョン2から、その子簡単プロフィールを教えてもらった。キョン2は俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮にバラライカと呼ぼう、バラライカキョン2営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そしてバラライカは、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、バラライカと連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくりバラライカ職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。バラライカは去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重にバラライカとやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けたバラライカちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺とバラライカの戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。バラライカから連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺とバラライカはとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、バラライカの到着を待った。バラライカの顔は、最初キョン2から見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐにはバラライカ出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺とバラライカは初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、バラライカは俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後バラライカからの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。バラライカではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

バラライカとうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

バラライカに何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。バラライカから見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺はバラライカのことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

https://anond.hatelabo.jp/20190209031109

anond:20190208134100

自分の親が自分を殴るのは、「嘘をついた時」だけだったから、当時も今もあれが躾の範疇を越えていたとは思わない。

体罰批判されるべきなのは、命や後遺症危険を考えず、冬に裸で締め出すとかするバカ親や、自分気持ちよくなるためだけに体罰するバカ親なのにね。

もういっそ法律で、「未成年が公にならない法律違反をした場合の躾として、親族などそれを教育する立場にあるものに限り、後頭部の安全に十分留意した、3発以下の頬へのビンタ体罰に当たらない」とかしちゃえばいいのにね(法知識皆無)

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人はブルゾンちえみ似のおばちゃんだ。

俺はブルゾンちえみと仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、ちえみとは一度も保険の話などしたことがない。俺とちえみの会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、ちえみの娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はちえみとの会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、ちえみが立っていた。ちえみはコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、ちえみからLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

ちえみから、その子簡単プロフィールを教えてもらった。ちえみは俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮に聡美と呼ぼう、聡美はちえみが営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そして聡美は、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、聡美と連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくり聡美職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。聡美は去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重に聡美とやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けた聡美ちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺と聡美の戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。聡美から連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺と聡美はとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、聡美の到着を待った。聡美の顔は、最初にちえみから見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐには聡美出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺と聡美は初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、聡美は俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後聡美からの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。聡美ではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

聡美とうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

聡美に何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。聡美から見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺は聡美のことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

保険のおばちゃん女の子を紹介された話

3年前の冬の話だ。

その時の俺は25歳。大学院修士課程を終えて就職たから、社会人2年目が終わろうかという冬だった。

地元関西だが、就職を機に関東引っ越してきた。家族とも友人たちとも離れた場所一人暮らし仕事もまだまだ慣れない、そんな生活孤独感が日に日に強まっていた。

俺には彼女がいなかった。

まれてこのかた、一度として彼女というものがいなかった。

しかしその時の俺は、寂しさを紛らす相手が欲しいと思っていた。

俺の会社には、昼休みになると食堂入り口保険のおばちゃんが何人か集まってくる。入社したばかりの右も左も分からない若者たちを捕まえて、保険に加入させようとするのだ。来るのはいつも決まった三人。一人は矢口真里に似た、ぎりぎりお姉さんと呼べそうな女性。一人は椿鬼奴に似たおばちゃん。一人はブルゾンちえみ似のおばちゃんだ。

俺はブルゾンちえみと仲が良かった。矢口と椿は保険の話をしてくるのに対して、ちえみとは一度も保険の話などしたことがない。俺とちえみの会話といえば、乃木坂46の中で誰が一番可愛いかとか、ちえみの娘がドルヲタになりそうで困っているとか、そんな内容だった。俺はちえみとの会話をそれなりに楽しんでいた。

その日も俺が食堂に行くと、ちえみが立っていた。ちえみはコソコソと俺を手招きし、隅の方に呼び寄せた。

増田君、彼女いないんだよね?私の知り合いに良さそうな女の子いるんだけど、どう?」

かにはいつも冗談交じりに「彼女欲しいっす」と言っていたが、まさか本当に紹介されるとは思っていなかった。今まで恋愛経験がなかったため、尻込みする気持ちもあった。だが俺は、ここは一歩踏み出すべきだと思った。

「是非。」

俺は女の子を紹介してもらうことにした。

後日、ちえみからLINEで3枚の写真が送られてきた。3枚の写真に、それぞれ別々の女の子が写っている。そして直後にメッセージ

「どの子がいい?」

驚愕した。てっきり紹介されるのは1人だと思っていた。3人とも、と答えたい気持ちを抑えて、俺は1番可愛らしい子を紹介してもらうことにした。

ちえみから、その子簡単プロフィールを教えてもらった。ちえみは俺の会社に来ているのと同じように、他の会社へも保険営業に行っている。その子、仮に聡美と呼ぼう、聡美はちえみが営業に行っている他の会社事務員だった。俺が選ばなかった他の2人も、そのような感じらしい。

そして聡美は、当時19歳、未成年だった。これは俺にとって衝撃的な情報だった。今冷静に考えると、19歳の何が問題なのか。1年経てば立派な成人である。だがこの19という数字が、俺には重くのしかかった。

とはいえ俺は、聡美と連絡を取り始めた。25歳男が、生まれて初めて1人の女性真剣に向き合った。慎重派の俺は、がっついて引かれてはならないと思い、ゆっくり聡美職場のことや身の回りのこと、家族ことなどを聞いていった。聡美は去年まで高校生、さすがに価値観のズレは感じた。まあでもそれは仕方がない、やり取りを続けていけばそのうち気にならなくなるだろう。そんな感じで慎重派の俺が殊更慎重に聡美とやり取りをしていると、気づいたら2ヶ月が経っていた。1度も会うことなく、LINEのやり取りだけで2ヶ月だ。1度も会おうと言いださない俺もどうかしているが、このLINEに2ヶ月付き合い続けた聡美ちょっとどうかしている。正直俺はどうしたらいいのか分からなくなっていた。この均衡を保つことが目的になり始めていた。どちらが先に我慢できなくなるか、これは俺と聡美の戦いだった。結局、この戦いは俺が勝利した。聡美から連絡が来たのだ。

「一度ご飯でも行きませんか?」と。

女の子の方から誘わせるとは何事だと思うかもしれないが、25年間恋愛経験がない男というのは、そこら辺の女の子以上に女の子なのだ。仕方がない。

とにかく、俺と聡美はとうとう現実世界で会うことになった。もちろん俺は女の子との食事など初めてである食事が決まった瞬間から俺の心臓は最高速で暴れまわっていたが、俺はまず、震える手で店選びから始めた。雰囲気が良く、それでいて敷居が高すぎない、丁度良い塩梅の店をなんとか探し出し、予約を入れた。服と靴を新調し、散髪に行った。髪型のセットの仕方も学んだ。

何度も言うが、この時の俺は乙女だったのだ。

そして、当日がやってきた。

俺は待ち合わせ場所に早めに着き、聡美の到着を待った。聡美の顔は、最初にちえみから見せてもらった写真で分かっていたので、それと同じ顔を探した。約束時間になったが、すぐには聡美出会えなかった。いや、それらしい女性は1人いるのだ。俺の数メートル隣に、誰かを待っているらしい女性が。年齢も、19歳に見えなくもない。実物と写真というのはやはり違って見えるため、すぐには気づかなかったのだ。向こうも向こうで、どうやら俺だと気づいたらしい。こうして、俺と聡美は初対面した。

軽く挨拶をし、店に向かった。少し雨が降っていた。

店に入り料理を注文する。料理を食べる。水を飲む。

2ヶ月間毎日欠かさずLINEでやり取りしていたにも関わらず、いざ面と向かうと言葉が出てこない。不思議ものだ。緊張しているというのもある。しかし、そこまでの2ヶ月の間に一通り聞くべきことは聞き尽くしてしまっており、すでに話題がなくなっていたというのもある。

俺たちは、特別盛り上がることもないまま、食事を終えた。帰り際、聡美は俺に紙袋を渡してきた。中を見ると、手作りチョコが入っていた。そう、ちょうどバレンタインデーの時期だったのだ。母親以外からもらった初めてのチョコだった。俺は、こんなものまで用意してくれたのに、会話のないつまらない食事にしてしまって申し訳ないと思った。

ホワイトデーにはしっかりお返しをしようと思ったが、結局その後聡美からの連絡はあまり来なくなり、そのまま自然消滅となった。

あれから3年が経った。俺には今彼女がいる。聡美ではない。別の知人から紹介されたのだ。半年から同棲を始めており、近いうちにプロポーズするつもりだ。

聡美とうまくいかなかったこと、そこから学んだことがあったから、今の彼女とここまで来れた部分もあると思う。

聡美に何も返してあげられなかったのが少し心残りだ。聡美から見れば、俺は彼女が欲しいのか欲しくないのか、意図のよくわからないやつだったと思う。俺のことなどとっくに忘れていると思うが、俺は聡美のことを忘れない気がする。

俺の人生を変えてくれた恩人として。

2019-02-05

ティンダーって、未成年Teenの人が好きな人(Teender)だと思った

どうやら違うらしい

死にたくなったから垢消しをしたらさらに死にたくなった

きっとこんな場所に書くべきことではないんだろうけど、もうどこにどう吐き出せばいいかからなくなってしまったのでとにかく吐き出すことにする

誰の目にも止まらないだろうし、止まったとしても軽く流して欲しい、そんな小さな愚痴です

突然だけどわたしは家庭環境に大きな問題がある。少なくとも家族間の間で信頼だとかそう言ったものは無いし、むしろ最近家族の間でものが無くなる、つまるところ盗みが横行していて誰が何を盗んだのかもわからないような、犯人を探すこともせず放置しておくような、そんな環境になっている

母は単純に「家族の間で疑い合いたくないから」と言う理由で深く詮索はしていない。そしてもっぱら物が無くなっただとか盗まれただとか主張するのはわたしである

まりわたしの物を誰かが盗んでるわけだ。「家族」という形に無駄に拘り続けて「仲のいい家族」を続けようとしてる母親はまず確実に違う。姉とわたしは血が繋がっておらず、昔から仲が悪いので姉がわたしへの嫌がらせ金銭目的で盗んでいる可能性が高い

わたしはと言えば、無理のある家族ごっこを続けようとして現実を見ない、話し合おうとすればヒステリーを起こす母を説得するための気力を割く気にも、そもそもわたしとほぼ会話せず、同じ家に居るのにほぼ顔を合わせようとしない、話せば暴言しか飛んでこない姉と話をする気にもなれない。こうして何も行動を起こさず、ただ現状に甘えているわたしが一番悪いのは自覚している話である

そして本題

つい最近、またわたしの物が無くなった。厳重に隠して保管していたつもりだったのだけれど、いつの間にか隠し場所がバレていたらしかった。その中には金銭に関するものや、印鑑などの重要ものが入っていた

当然わたしは焦ったし、さすがに母や姉と話をしようとした。盗んだ犯人とかもうどうでもいいからとりあえず物が帰ってきて欲しい、とも言った。しかし姉は依然しらばっくれたままであり、母は「家に出入りしている物盗りが居るのではないか」「もっと戸締まりを厳重にすべきではないか」等と見当違いな事しか言わなかった

一応言っておくと、わたしの物が盗まれたのは片手の指では足りなくなるほどの回数であり、常に置き場所を変えている。しかし何故か毎回無くなるのはわたしの物だけであり、そんなに何回も我が家に出入りしピンポイントわたしの物だけを探し当て盗んでいく泥棒なんて確実に居ないだろう

その様子を見て、わたしは再度説得を諦めた

当然ストレスフルな家なのだが、わたしはまだ未成年なため家を出るには様々な問題が立ちはだかっている。そんなわたしストレスのはけ口がTwitterだった

Twitterでは鍵垢で、じぶとは特定出来ないような名前アイコン愚痴っていた。相互もごく少ない人数であり、家庭の事情に関して話している相互の数は五人前後だった

家の愚痴だけではなく、例えば好きな作品二次創作や、相互作品感想を言うのも楽しかった。二次創作をして相互に褒めてもらえるのが嬉しかったし、相互作品感想を言って喜んで貰えるのが楽しかった

その時も、好きな作品二次創作を新しく発表して気を紛らわそうとした。でも、たぶんきっと、タイミングが悪かったんだと思う

思ったような反応は貰えず、別の相互作品は褒めているのになんで、と関係の無い、完全に八つ当たりのような嫉妬が湧いた

わたしもその別の相互作品に対しての感想を言ったのに、思ったように喜んでもらえなかったのも、タイミングが悪かったんだと思う

感想が欲しい、褒めて欲しい、そんなもの傲慢で、ただの我儘だとわかっていた。感想を伝えて、それに喜んで欲しいというのも完全な我儘だろう

でも、タイミングが悪かった。悪いことが次々重なった

例えば他にも、少し前によく通話をしてゲームマルチ固定をしているメンバーが、わたし抜きでグループを作り、通話をしていることにたまたまゲームログイン履歴から気付いた。それは単純にそのゲーム内でのわたしの手持ちが噛み合っていなかったから、だからほかのメンバーだけの通話にしていたのだ、とわかっていても、どうしても仲間はずれにされた、と被害妄想に走ってしまった

自分の持ち物が盗まれたことに関して、「家族」の形にこだわっている割に人の中身をまるで見ていない母親口論になった。母は「仲のいい家族」でありたいと考え、だから娘にも仲良くして欲しいと考えている。「母親」のことを好きでいて欲しいと、そう考えている。既にそんな「仲のいい家族」なんて段階はとっくの昔に通り過ぎているの言うのに、いつまでもいつまでもその妄想を人に押し付けようとする母と喧嘩をしても、癇癪を起こし人の話を聞かない相手では口論もクソもなかった

そんな小さな「嫌なこと」が一つ一つ積み重なり、どんどん嫌になっていった

何がって、現実で嫌なことが起こって気分が悪いからって、感想が欲しい、送った感想に反応が欲しい、そんな傲慢なことを考える自分が、嫌になった

ほかの相互には感想を上げてるのに、だとかわたし以外の感想にはもっと喜んでるのに、だとか、そんな被害妄想他人八つ当たりのような感情を向ける自分が、嫌になった

たまたま、偶然ガチャ運が偏った結果で、自分の手持ちが合わないだけなのに、自分のことだけ仲間はずれにしてマルチ通話をしているんじゃないか、なんて考えてしま自分が、酷く嫌で嫌でたまらなかった

どんどん自分が嫌になって、自分が生きている価値ってなんだろう、とかそんなことを考えるようになってしまうようになった。生きている意味もわからないし、死んだら何も考えずに済むのでは、なんて安易な考えに走ってしまい、堪らずTwitterを消した。八つ当たり感情やそんな負の感情言葉にしてぶつけてしまう前に、一旦頭を冷やそうと思った。そうして落ち着いたら復活しようかな、と

でもそう言った積み重なった「嫌なこと」は全然消えなくて、むしろどんどん増幅していって、Twitterを復活させた方がいいのかもしれない、と何度も思った。でもきっと今復活させたら、八つ当たりのような、自分本意な言葉しか言えない。それは嫌だった

垢消ししただけで相互とまだ繋がったままだから甘えてしまうんだと思って、Twitter相互を全員ブロ解した。別の、関係ない相互も全てブロ解した

親しい人に、これ以上自分の家庭環境に関することを話したりして、自分の都合を背負わせてしまうのがたまらなく嫌で嫌で、でもわたしは弱いし結局自分のことしか考えていないから、親しい人と繋がったままだとどこかで愚痴ってしまうと思ったので、全員と縁を切ってしまおう、と思った

Twitter相互を全てブロ解して、未練が残らないようにツイートも全て消して、垢を消した。ほかの繋がっていたSNSも全て消した。そうして、今までネットで親しくなった縁を全て切った

八つ当たりがしたくない。愚痴や家庭環境に関しての話をして、自分の都合を背負わせたくない

そういう都合のいい言い方で、わたしは逃げた。本当はわたしは結局のところ、心配して欲しい。垢を消して、何があったのかなって、心配して欲しい。探し出して欲しい。そう思っているから、そんな逃げに走った

わたしは、そんな堪らなく自分勝手で、醜い言い訳ばかりを並べて人に心配されたがっている自分が、最低だと思う

何もしなかったのは、現状に抗おうともせずただ流されるままだったのはわたしだ。なのに、それを「嫌なことが重なったから」なんて理由でいきなり垢消しして人に心配をかけて、嫌な思いをさせている。わたし相互はみんな、わたしなんかと仲良くしてくれているのが不思議なくらい優しくて、眩しい人達だった。だから今もきっと、わたしのことをすごく心配してくれているのだと思う

きっとわたしは数ヶ月もしたら「やっぱりみんながいないと寂しい」とか言って新垢を作るんだと思う。最低だと思う。心配をかけといて寂しいってなんだよ。そもそもにどんな顔をして戻る気なんだよという話だ

みんなわたしなんかとは比べ物にならないぐらい優しいのだ。むしろ、ここでわたしと縁を切っておいた方がいいのは確実だろう。でもわたしはその優しさに甘えようとしてしまう。それが、すごく嫌だ

相互のところにまた戻ろう!と思ってしまう前に、それを実行に移してしまう前に死にたい。いやもう、早急に。というかただでさえ生きてる意味がなかったわたしが、今までわたしのことを褒めて好きだと言ってくれた相互まで自分から手放したのだから、もう生きてる価値すらないと思う。死んだ方がいい、確実に

でもわたしは痛いのは怖いし苦しいのも嫌だし死にたくない。つくづく自分可愛いのだ。こういうところが本当に最低だ。これ以上人様に迷惑をかける前に死ね、と切に願う。そして死ぬのはやっぱり怖いから、なんて理由で行き続けて、数ヶ月もしたらTwitterで新垢を作って、また相互に甘える日々に戻るのだ

わたしって、なんのために生きてるんだろう。生きてる意味価値もなくて、でも死ぬのは怖い。弱虫かよ。自分可愛いもいい加減にしろよ。また人に迷惑をかける日々に戻る前に、何かの事故とかで死ぬことを願うしかない。あぁほんとにわたしって最低だな

野田市虐待事件母親は私だったかもしれない

ニュース見てるだけで当時のことが鮮明に思い出されてフラッシュバックする虐待サバイバー自分だけじゃないんだなと思った。

個人的にしんどい事件なので必要以上に見聞きしないようにしていたが、母親逮捕されたというニュースを見かけてすごく驚いた。

純粋に「母親DVをされていたと聞いたのに、なぜ逮捕されるのか」という疑問だった。

母親逮捕ニュースへのコメントで、母親も悪い、なぜ助けられなかったのか、なぜ黙って見ていたのかと糾弾している人が沢山いるのを見てすごく心が傷んだ。

同時に、普通はそう思うだろうなと思った。

ごく普通の家庭で育って、普通環境で生きてきたら暴力恫喝による絶対的支配というものには遭遇しないだろうし。

北九州事件を引き合いにしてる人もいた。あれは犯人意図的共犯にさせていたけれど、根本は同じだと思う。

わたしと母が加虐されていた時代家庭内暴力ドメスティックバイオレンスという言葉一般的じゃなかった。浸透してなかっただけかもしれないけど。

母が紫に腫れ上がった瞼を氷嚢で抑え、私を幼稚園から連れ出したその足で交番に駆け込んだこともあった。

警官が「夫婦喧嘩には、警察は口を出せないんですよ。」などということを言っていたことをハッキリと覚えているし、母の絶望にくれた顔もよく覚えている。

加虐者は、小学校に上がったわたしを殴ることはあまりしなくなった。私が殴られないように立ち振舞っていたというよりは、母が一身に請け負うようにしていたというのが正しいと思う。

椅子を引く時に不愉快な音がしたとか、足の爪の形が気に入らないとか、そういう些細なことで加虐者は暴力を振るう。

それを無理矢理に止めて自分の方へ暴力を向けさせる母はいつも震えていたし泣いていた。

わたしは一切の動きをやめて、無表情に徹していた。感情を出すと更に殴られるのを知っていたから。

未だにあの時のことを思い出すと手が震える。あの、一度握られたら誰かを傷つけるまで収まることのない拳を自分へ向かうように仕向ける母のことが信じられないとさえ考えてしまう。

野田市虐待事件母親逮捕されたニュースを見て、それに付けられたコメントを読んで、

あの時母が死んでいたら私も逮捕されて、同じように糾弾されていたのかと頭をよぎった。真面目に考えれば、未成年なのでされていないと思う。

けど殴る父を、母の口が裂けて鮮血がぼたぼたと床に流れ落ちるのを、止めもせずに「床が汚れていると更に機嫌を損ねるから」という理由で、雑巾で拭っていたあのときわたしは保身だけを考えていた。

掃除をしていれば、いい子だと思われて私は殴られないかもしれない」と小狡い考えを持っていた。

今回の野田市虐待事件母親有罪となるのなら、この時の私の考えも明らかに罪になる。

結果母も私も死ななかったが、もしあの時母が死んで、父が逮捕されたなら、私はそのまま生きていたとしても「自分も裁いてくれ」と考える日が来たように思う。そう考えてしまうと一概に母親逮捕に異を唱えることも出来ない。重ねて見てしまう点はあっても、彼女わたしではないから。

結局虐待記憶からは抜け出せない。

20年近く経ったわたしですら、ニュースを見る度苦しさが募る。

亡くなった女児のことを考えるには、まだわたしには余裕が足りない。

それでも今現在暴力を受けている人間が、一刻も早く抜け出せるように祈っている。

2019-02-04

将太の寿司

無料将太の寿司読んでたら未成年に当たり前のように酒飲ませてて20年前はこんなもんだったよなーとか懐かしくなった

未成年飲酒が重大犯罪のように騒ぎだしたのっていつからだろ

2019-02-03

コンビニエロ本』と『公式タグホモ絵投稿

コンビニエロ本撤去お気持ち表現の自由!と噛みついてる自由戦士が、公式タグホモ絵投稿すんなって言ってんのを見かけてつい笑ってしまった

そこで前述の不心得者はべつとして、エロ本撤去に反対の諸兄とひとつ合意形成したいのだが、

貴殿らの目指すところは、for meな性表現自由に取り扱われるかわりに、not for meな性表現でも溢れかえる世界だ、という認識で構わないな?

自分ら向けの性表現は今まで通り自由でやりたいけど、腐女子ホモは俺がご不快から目に入れたくないんで隠れてろ、とは言うまい

よーするにだ、貴殿らが目指してんのは貴殿自身が性表現で傷つけられる可能性のある世界、ということで、

そういうわけなら、われわれ腐女子は表立って貴殿らの身体をどんどん眼差すかわり(今ですらどっさり隠れてるんだぞ)、貴殿らの味方となろう

……腐女子ホモを「キモい」と感じるその気持ち、それが要するに貴殿らの揶揄するところのお気持ち

そしてそれは、もしかしたら貴殿らの中にもあるかもしれない

(本来腐女子ゲイを一緒くたに論じるべきではないんだが、ネット空間を取り巻くホモフォビアは主にこの二つに振り向けられてきたと思う。ホモというワード選択も褒められたものではないのだが、腐女子ホモ現実同性愛と一致しないわけだし、このワード、扱いが難しい。どう言うべきか教えてくれ)

われわれは、ピクシブ腐女子流入し、ホモ絵が増え始めたころに排斥キャンペーンを張られたことを忘れてはいない

2000年代ネット空間で、間違いなく最も石を投げられた属性のうちひとつ腐女子だったことをわれわれは覚えている

腐向けでないニコニコ動画ちょっとでも腐的なコメントがあろうものなら「巣に帰れ、出張ってくるな、腐女子キモい、ほんとどこにでも湧いてくるな」などのコメントが大きな赤い字で流れ、罵倒ばかりで肝心の腐女子コメが見つけられないこともあった

そして、いまも多くの腐女子が、腐女子は表立って存在しているべきじゃないという価値観内面化してしまっている

からこそ、お気持ちをぐっとこらえ、多様な性表現へ門戸を開く態度が世界をやさしく生きやすものにするだろうと、わたしはこの身に降り積もった経験からそう思うのだ(三次元搾取される実在児童がいなければ、ペドロ表現もまた許容されるべきだと思う)

知って欲しいのは、男性もまたお気持ちで性表現排除してきたということだ

からこそ、ヘテロ男性に向けた性表現が誰の目にもつくところから排除されることを正しいと思わないのであれば、それは貴殿らの内省にも繋がっている必要がある

まりヘテロ男性向けでない性表現もまた、ゾーニングの向こう側に押し込められるべきではなく、貴殿らの目につくところに出てきていいということだ(未成年の目につくことに関しては別の議論がいると思う)

タイトルのふたつが一見まったく関係ないように見えて、実はヘテロ男性自身差別感情によって繋がっているということが、賢明貴殿らには理解できたことと思う

さあ、それを振り捨てて、この世界はあらゆる人間のための性表現で溢れかえっていていいのだと、それが差別から自由であることだと、大手を振って主張しよう

-----

…ところで、賢明な諸兄は、わたしが単純に主義主張における趣旨一貫を炙り出そうとしていることにお気づきかと思う

普段この手の話題女性お気持ちを重視する発言をしているなら男性お気持ち(ホモ絵見たくない)もまた重視しろ、みんなが傷つかないことが大事だ、と言わなくてはならないだろうし、

逆に表現の自由を支持する発言をしているなら、腐女子向けの性表現、実際の同性愛者向けの性表現、その他さまざまな人のための性表現で目に見える世界が溢れかえることもまた支持すべき、となるだろう

普段からこの話題で、ヘテロ男性向け以外の性表現の許容について触れているブックマーカーは多くない(驚いたことに少数存在する、はてなは進んでいると思う)

さて、思いつくままに多少とりとめのないことを書きなぐってしまったが、今日言いたいことはそれくらい

乱文乱筆失礼しました、ご意見感想ご指摘は随時歓迎しま

あと、この話題にかこつけて腐女子同性愛差別してるじゃん、と指摘したい御仁、その指摘は非常に正しいので、遠慮なく指摘し続けてくれ(とはいえ話の本筋からは逸れるんだが)

2019-02-02

anond:20190201061436

未成年飲酒なんてどこもやっていることだからアルハラ正当化され、先輩が飲めといえばありがとうございます感謝して飲まなければならなかった。

>解剖実習を抜け出して映画を観に行っただとかバーで酒を飲んできたと豪語する友人が羨ましいくらいだ。

医学部って真面目な奴ばっかだと思ってたけどこんなのも意外といるんだな

2019-02-01

薬科大生殺害ハゲ未成年への性犯罪前科あり

やはり、性犯罪者は氏名住所公開GPS付きで監視しかねえな

医学部に入ってしまった承認欲求リブ真面目系クズの末路

試験前、提出しなければならないレポート前になると、自分はどうしてこんなことをしているのか、別にこれが好きなわけでもないしこの道に憧れて選んだわけでもないのに、どうして自分はここにいるのだろうと、不安になって胸が締め付けられたかのように苦しくなる。

私は地方大学医学部に通っている。親戚に医者がいたというのもあって、周りから医者になることを期待されて育ってきた。私自身、生まれてこの方勉強するという行為嫌悪感はなかった。小学校の頃からそれなりに計算もできたし本も好きだったか文字を書く、漢字を読むことは苦ではなかった。学校には毎日通うものであり、授業は座って先生の話を聞いてノートを取るものだと思っていたし、ADHDありがちなその場の空気に合わせてじっとしていることができないといったこともなかった。周囲と比べてちょっと変だったところといえば、なんとなく特別学級や不登校いじめに興味があったことくらいだ。小学校中学校でのスクールカーストはやや低く、いわゆる足の速いサッカー部のいじりの標的にされることがあったが、学校に行けなくなるほど心身を病んだわけでもなかった。むしろ私は自分のことを""あっち側""の人間ではないと思っていた。私が通っていた学校には溜まり場が、今流行りの言葉で言えばコミュニティスペースが、比較的多くあり、ヤンキーの生息地、ガリ勉の生息地、オタクの生息地が距離感を保った状態存在していた。そして、""あっち側""の人間の居場所もあった。私には友達がいなかったが、校内で一番勉強ができるやつだと思われていたので、特定グループに恒常的に入っていなくても、どこの輪でもなんとなく話ができたし、あちこちに顔を出しては適当に楽しく遊んでいたように思う。

私が中学の頃に友人の一人に誘われて入った近所の公文塾は、学生の実力に合わせて進度を調整できるという触れ込みの塾だった。公文には他の学校の生徒が多くいて、プラスマイナス5〜6歳の生徒とも同じ場所勉強していた。曜日によって顔を合わせる面子が違えば雑談する内容も毎回違っていて、ある程度敬意を払いながら丁寧に接していれば年の差なんてほとんどないような関係でその輪に入ることができた。たまたま公文式の教材が自分の性分にあっていたのか、数学英語に関してかなり成績が伸び、中学の時点で高校センター試験レベルを楽々解けるくらいまで教材を進めて、県の進度上位者として表彰されるまでに至った。自分勉強ができるんだ、これが自分長所なんだと思い込んだ私は、学校だけでなく公文でも""勉強ができるヤツ""としてのポジションを獲得したことますます自分は""勉強ができるヤツ""として振る舞おうとしていた。

家でも、試験の成績が良ければ父母に褒められたし、親戚に会えば「お前は勉強ができるのか!じゃあ将来は医学部東大だな!」と言われていた。以前は漫画三昧ゲーム三昧だった子が公文に入るなりメキメキ勉強するようになったのだから、親としても嬉しかったのだろうし、私も自分にとっては苦でなくできることで褒められるというのはとても嬉しかったのも事実だ。

よくよく思い返してみれば、この頃から自分の行動は歪んできていたように感じる。数学英語も好きだったが、勉強したことで褒められるのはもっと好きだったのではないかと思う。

高校は自宅から通学1時間くらいのところにある普通科高校に通った。進学校といえば進学校なのだが、まぁ地方自称進学校なぞ大学受験レベルで言えばたかがしれている。開成とか灘とかと比べれば全然しょぼい。偏差値10〜20くらい違うんじゃないか高校理系クラスに進学すると、自分の好きな数学英語勉強の話やアニメ漫画の話ができる友達がわりかしできた。公文での積み重ねがあったかドロップアウトしがちな中学から高校への学習密度の変化にもついていけた。どうやら自分高校でも成績は一番ではないにしてもトップクラスだと感づくのに時間はかからなかった。当時好きだった人が生徒会に入ろうとしていると聞いて自分生徒会に入ってみたが、環境の変化からか全体的な体調が悪くなったのもあって一月かそこらですぐに辞めてしまった。通学で消耗してしまっていたので部活動をやる気にもなれず、事実上の帰宅部として放課後カラオケに行ったり理科室に入り浸ったり青チャートを解いたりシス単を周回するなどしてふわふわ過ごしていた。結局、自分の""勉強ができる""というアイデンティティを確保したいがために、勉強を最優先においていたのだと思う。学校先生勉強ができれば褒めるし親も勉強ができれば褒めてくれた。だけれど、本当に大事なのは自分が好きなこと、やりたいこと、魂をかけてでもそこに食い込みたいという世界を追求することだったのに。とりあえず勉強してれば褒められるという目先の報酬を獲得することに囚われていた。進路選択志望校選びも、親戚の「お前は医者になるんだよね?それが一番いいことなんだ」という圧を内面化していた節があって、近くの国立大学でいいかとろくに考えもせず、周りに流される形で今の大学医学部にした。いや、正確に言えば、東大京大を目指して勉強するのが面倒だったしわざわざ失敗する=浪人する可能性のあることをするのが怖かった。自分に向いている業種が見つからないのが怖かった。自分になんの才能もないことを突きつけられるのが怖かった。自分責任で何かを決めるのが怖かった。このまま担任の勧めや親の勧めに従っておけば、""失敗""することはないだろうと思っていたから、これが最善の賢い選択なのだと思い込んでいた。馬鹿らしい。一日や一週間やそこら勉強しなくたってどうってことないのに、受験勉強というフィールドしか見えてなかったし見ようとしてなかった。少しでも興味のある業界があるのならそっちに向かう努力をするなり調べればよかったのに、当時の私には褒められたいという気持ちを抑えることができなかった、だから現状の自分にできることで褒められる、受験勉強しかしようとしなかったのだと思う。人間というのは、できないことをやって失敗しながらちょっとずつ適応していくことでできることの範囲が拡大していくものだ。そもそもできることしかしない人間に成長はありえない。当時の賢こぶっていた私を殴り倒して張り倒してでも伝えたい。勉強以外のことで自我確立するべきだった。一般的に良いとされていることに身を投じてコミットしても、結局のところ消去法の選択自分が納得しないままではいずれ無理が来るのだ。そして今まさしく、易きに流された自分のツケを払わされているのだけれど。

程なくして現役で某大都会国公立大学合格した。大学に入れば私もここでいわゆる""青春""を送ることができるだろうと信じて軽音楽系のサークルに入ってみたが、持ち前の拗らせて肥大したプライドを守るのに必死体育会系人間関係適応できずに辞めてしまった。未成年飲酒なんてどこもやっていることだからアルハラ正当化され、先輩が飲めといえばありがとうございます感謝して飲まなければならなかった。音楽は好きだったけれど、サークルでの苦痛と引き換えに得られる人間的魅力、音楽活動での満足感があまりにも見合わないと感じた。音楽に熱中できていればもう少し違っていたのかもしれないが。文化系のゆるゆるサークルに入ってみたが、そこは自発的にモノを作り出して自分を充足させられる人間の集まりであって、他人から承認ベースで行動してきた私のような人間が突然生産性を高められるようになるわけではなかった。上の人間に面倒をみてもらうには人権邪魔をし、一人で生きていくには人間強度が足りなかった。現実での人間関係を構築できない者が流れ着く場所といえば古来よりインターネット相場が決まっている。必然的に私もインターネットに漂着した。twitterからまり様々なSNSを通じて学生学生以外の人間と多く出会った。オタクオフ会にも参加したし、""あっち側""の人間との交流会に出向いては世の中にレールから外れた人が想像以上に多くいることを強く実感し自分の見識の狭さを恥じた。コミュニティ転々とする上で国公立医学部生というソーシャルグッド切符は様々なコミュニティに出入りするのに大変便利で、どこに行っても可愛がられた。自分自身が何かを生み出せるわけではないのに、人間の世話をすることができるわけではないのに、ポテンシャル世間一般評価基準に褒められていた。働かなければ能力はつかないし、働いていない学生は虚無である。そんなこともわからずに(あるいはわかっていたがあえて意識せずに)流浪しているうちに、実力以上の評価自分に与えてしまっていた。俺はまだ本気出してないだけ、というフレーズを繰り返し自分に刷り込んでいた。私は何も価値を生み出していないし、ただただ親の仕送りで生かしていただいているだけなのに、どうして私はなんでもできると思い込んでしまったのだろう。自分意思努力して掴み取ってきたものなど何もないのに。私は医学に興味があるわけではない。医者になるといえば褒めてもらえた。勉強さえしていれば褒めてもらえた。今は褒めてくれる人がいない。だから勉強も何もする気が起きない。ただそれだけ。来週には授業でプレゼンしなきゃいけないし二週間後には試験も控えているが、どうすれば鬱屈した自分人生を変えられるのかばかり考えている。承認を求めること以外に熱中できることがなかった自分人生を変えられるわけなんてないのにね。目の前のやるべきことをやるのは、問題の先送りにすぎない。なぜならやるべきという判断根拠に逃げと諦めが生じているから。医学に身を捧げることへのインセンティブモチベーションもないのに、どうしてやるべきだと思っているのだろう。何もわからない、わからないんだ。どうしてこんな進むことも戻ることもできないところまでズルズル引きずって生きてしまったのだろう。今更医学部を辞めたところで解決する問題とも思えない。このまま医学部に在籍し続けて解決するとも思えない。なまじっか真面目であろうとしているから、授業やレポートサボることさえできない。解剖実習を抜け出して映画を観に行っただとかバーで酒を飲んできたと豪語する友人が羨ましいくらいだ。目の前の快楽を優先して楽しめるような人間でありたかった。勉強に対して全精力を費やして学ぶことで己を充たせる人間でありたかった。私はそのどちらでもなかった。そうだよ、私は誰が作ったのかわからないような真面目さの枠にアイデンティティを依っているだけのどこからどうみても無個性普通のありきたりな何もできない奴なんだよ。受験に身も心も滅ぼされてしまったのだと乾いた笑いで感情を誤魔化し責任自分の外に擦り続けて一生何もできないまま死んでいくのだろうな。そうやってこれからもずっと本当の過ちから目を背けて表面的な言い訳をつらつら述べて同じ苦しみを繰り返していくんだ。永久に同じ場所をあっち行ってこっち行って往復してるお前の人生振り子みたいでチョーうけるんですけど。

死にたいと思ったことは何度でもあった。しかし死んだ方がマシほどの苦しみを抱えているわけではなかった。死ぬ覚悟があったらこんなしょうもない悩み抱えてねーわ。

私ってどうしたらいいんですか?あなたのワンクリックで救ってくれませんか?輪廻転生してやりなおすことってできませんか?目の前の勉強淡々とやった先に程よい未来が待っているんですか?医者になったら幸せになれるんですか?今すぐ私の気持ちを楽にしてくれませんか?私の何が悪かったんですか?私ってやっぱりつまらないんですか?私に友達ができないのは私のせいですか?こんな真面目系(笑)クズを産んで育てた母親が悪いんですか?いっそ私に病名をつけてくれませんか?此の期に及んで私は自分が悪かった愚かだった間抜けだったと認めたくないんですか?これまで私のことを評価してくれた大人の皆さんに申し訳がないと思わないんですか?何事かを成す為に今すぐ地道に努力するしかない草むしりをするしかないのなら私は何をやればいいんですか?あれ、私の好きなことって一体何だったのですか?私について誰か知りませんか?

誰か...。

2019-01-30

anond:20190130173107

多いよ、故に問題なったりしてたやん?(いろいろ買わせる)

ただ、そもそもリアル接触を求めてたりするぞ? 朝/昼キャバ、昼スナックとかは老人多いぞ?

もちろん、それらが無理な 貧乏老人もいるとは思う

でも、それらに配慮するってのは商売ではなく福祉だよね?って気がする

客質の面だけ考えたら店側にメリットゼロだし ( 金ない、女・子ども受け最悪な商品を好む、会計する従業員には未成年者もいる )

anond:20190130113110

未成年の時期にアダルトに触れたことの無い人を見たことがない。

アダルト産業が未熟だった週十年からそれ以上前の人たちは

未成年の時期から実物でアダルトに触れていた。(と信じている)


しかしそれでも不都合は起きていない。

もしくは不都合なことがあるが、不都合の無い状況を実現することは難しい。

よってそんなに目くじらを立てる必要はない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん