「資質」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 資質とは

2018-02-22

就活を始めた君へ:「受かる方法しか」書いてない就活本は今すぐ捨てろ

「受かる方法しか」教えようとしないアドバイザーも同様に今すぐ捨てたほうがいい。

君たちの目的は「自分希望に少しでも沿う職場」に入ることだったはずだ。

その目的達成において面接を「内定を取るためだけにやる」のは全くもってナンセンスだ。

面接相手会社が「自分希望職場であるか」を確認するための作業でもある事を忘れてはならない。

たとえば君が「サービス残業をさせるような会社で働きたくない」と思っているなら絶対にソレを質問するべきだ。

サービス残業をさせない会社であればその質問気持ちよく答えてくれるだろうし、させるような会社ならその度合いに応じたはぐらかしかたをするだろう。

君が「根性論を振り回す会社には入りたくない」という思いを持っていて、それを面接でぶつけた結果としてお説教が始まるようなら、君はその会社にはたとえ受かっても絶対に入るべきではないのだ。

「受かるためだけ」の面接対策をするのは、それこそ「親の敵がその会社で働いているか暗殺するための下準備としてその会社に入るしかない」ぐらいの状況でなければやらない方がいい。

君が面接で嘘を付いたり、聞きたいことを聞かなかったり、無理に自分を偽ったりするのならば、それを「その組織に入ってから退職するまでの間ずっと続けていけるか」を考えるべきだ。

あくま腰掛けで5年程度いるつもりであるならその5年間その嘘を突き通せるか、定年までいるつもりなら40年間ずっとそれを我慢できるかを考えてから自分を偽るべきだ。

でもどこかしら受からなきゃ始まらないじゃんというのはそのとおりだ。

ではその時、どれをどれぐらい妥協したらどの程度受かりやすくなりそうなのかは何によって知ればいいのだろうか?

その答えは、今まで面接自分がしてきた数々の受け答えに対する相手の答えの中に隠れているはずだ。

正直に受け答えをしなければ、自分妥協すべき物の正しいコストパフォーマンス永遠に見えてこない。

なぜなら、業者仕事の傾向、そして君自身資質によってそれらは全く持って変化するからだ。

君が自分に正直に就活を続けていれば、適当就活本が全ての業界を十把一絡げにして雑に語った文章よりも、よっぽど信頼できる情報がこれでもかと蓄積されていくことだろう。

そして、君が何かしら自分を偽るたびに、そうして手に入るはずだった情報の入手機会は失われる。

それで面接に落ちれば手元に残るのはただのお祈りメールだけだ。

何の成果も得られない就活を続けるか、少しずつ情報を手に入れて軌道修正をしていける就活をするか、どちらがいいかは明白だろう。

最後に、これは本当に大切なことなので是非覚えて帰って欲しい。

面接をする側からしても、「嘘をついたり」「背伸びをしたり」「勢いで押し切ろうとしている人間」よりも、「ズケズケした物言いでも」「自分の主張をハッキリ述べてくれる人間」の方が「印象がいい」のだ。

なぜなら一緒に働く人間として「その場しのぎの嘘をつく癖がある」「とりあえず目先目先で誤魔化せればいい」「相手の顔色を伺ってはすぐ言葉を飲み込む」といった特徴のある人間は、「信用できない危険人物」となりやすいのだ。

その場しのぎをしないといけない状況や、とっさに言葉を飲み込むべき状況は仕事では多々ある。

しかし、それを身内に対してすら高頻度でやってくる人間は厄介なことこのうえない。

それならまだそういった事が一切できない人間の方がずっとずっと扱いやすいし、仲間として信用できる。

将来の仲間に対して平気でウソを付くような人間、虚勢を張ってばかりで自分の正体を隠してばかりいる人間、そういった人間と「一緒に働きたい」と思うだろうか?

それをもう一度よく考えて欲しい

2018-02-19

オタクじゃなくなりました

ツイッターアカウントを消した。Pixivとか、オタク系、創作系のアカウントも以前に消してある。もう、アニメ漫画を今までのように楽しんでる場合じゃないと切実に感じたからだ。

田舎に生まれた俺は、思えば子どもの頃から本好きで、そのままマンガ好きになり、でも同人誌かには強い拒否反応を持っていたし、オタク気持ち悪いと思っていた。

その一方で、漫画アニメゲームを本当に楽しんでいた。生き甲斐だった。周りの人間がこの面白さを理解できないってことが理解できなかった。

でも、漫画アニメゲームがメインの趣味人間は「オタク」だという、そういう時代だったので、今でいう「陰キャ」として高校時代を過ごした。

大学に入って某都市に住むようになると、周りには堂々とオタク的な趣味謳歌している人たちがいた。そんな人たちとの交流は本当に楽しかった。

大学卒業して地元に戻った。自分オタク的な要素は、職場ではなるべく隠して暮らしていた。いろいろとままならない事があり、東京に出て働くことになった。

東京に出て、インターネットを本格的に使うようになった。ニコニコ動画が全盛期だった。インターネット上では、自分オタク趣味を存分に発揮できるという事に気づき

ツイッター趣味つぶやきをしたり、ペンタブを買ってイラストを書き始めてみたり。コミケにも何度か参加して、ネット上で交流がある人と会ったりして、とても充実していた。

諸般の事情で再び地元に戻った。もう、自分同級生には大きな子供がいる。俺がそういう人生を遅れなかったのは、オタク趣味のせいではなく、ただただそういう人生に興味が持てなかったからだ。

しかし、今になって、そういう人生の方が価値があると思ってしまった。素晴らしい創作物人生を豊かにすると思っていたけれど、創作物に耽溺したまま生きていくことは自分にはできなかった。

幸い、数は少ないけど、オタク趣味とまったく関係無いところで仲良くしてくれる友達がいる。そちらの方向にに進んでいきたい、と心から思う。そのために、努力し続けなければいけない。

面白い創作物にはまったく罪はないのだが、今の自分には、時間無駄に過ごしているという焦りが強くて、心から楽しむことができない。

オタク女の子恋愛したいという願望はあったのだが、俺が付き合った数少ない女性は、皆オタク気のない女性だった。自分オタク部分を隠して付き合っていたわけだが、特に問題はなかった。

自分資質問題で長く続かなかったのだが、もし上手く続いていたら、もっと早くオタク的な部分が自分から消えていったのかなあ、とも思う。

anond:20180218204936

業績については「研究者としての実績」に絞ってとりあげた。ただ文系若手研究者増田とは、「研究」の捉え方自体が随分違うようだな。

理系研究者を名乗るには必ず「まだ誰もやっていない新しいこと」を研究する必要がある。

文系でも同じですが。研究という営みの本質文系理系も変わらんでしょ。お作法がかけ離れているか相互理解が難しい局面があるだけで。一部の理系研究者の「お前ら文系研究とは何なのか正しく理解していないのかもしれないが~」みたいなナチュラル上から目線はほんと何なの?(あと、仮に百歩譲って理系文系で「研究」の本質がまるで違っていたとして、なんで問答無用理系の方が標準的であり正しいものなのだと思えるの?)

もちろん理系でもレビューや著書を書く人もいるが、それを皆がありがたく読むのはその人が最前線研究をしていることが前提だ。

いや、レビューオリジナル研究業績じゃないってのはその通りだけど、著書はオリジナル研究業績(でありうる)っしょ? 何度も言うけど三浦瑠麗論文や著書は読んでないので、どのくらいオリジナリティがあるのかは知らない。ただ文系では研究書は立派なオリジナル研究成果だ。博士論文書籍化なんてその典型。もちろん一般向けの本とかを書くひともいて、一般向けと専門向けの中間みたいなレーベル典型的には講談社選書メチエみたいなやつね。パンピー向けの概説書とガチオリジナル研究成果が混在してる)もあるから、そこにはグラデーションがあるわけだけど、著書がオリジナル研究成果じゃないというのは不当な言いがかりでは。

ひょっとして文系研究書とか見たことなくてどんなことが書いてあるかイメージ湧かない?(いや別に異分野の研究書を読んだことないのは悪いことじゃないけど、実物を知りもせずにイメージだけで語っていいんですかね、「理系」ってのはずいぶんと気楽なもんだ、と嫌味のひとつも言いたくなる)

理系から視線として、博論を除けば日本語レビュー啓蒙しか書いていない三浦瑠麗は「最先端研究者」とは見られない。

から、私そこは否定してないよね? 三浦瑠麗個人研究者としての資質をあげつらうならどうぞご自由に。私だって彼女政治学者として素晴らしいなんて微塵も思ってないし、私の知ってる(まっとうな)政治学者彼女学者として評価してる人なんて見たことない。でも和文は業績じゃないかのように扱うのはやめてね、っていうのが私の指摘の趣旨ですよ。彼女雑誌に書いた文章が全部レビューだってのは、ブコメでkyo_juさんが指摘したことであって、元増田最初和文しかない」ことを問題にしていたよね? そう言われたらそりゃ「和文でも立派な業績になりうる」と反論するに決まってるでしょ。「言語を問わずレビューしか書いてないなんて研究者はいえない!」という主張ならなんの異議もなかったよ。

いずれにせよテレビ研究者枠にはもっと実績積んでバリバリ研究している(あるいは過去にした)人を呼んだらどうかという話にはなる。

そこに関しても私はまったく否定してないよね。和文論文研究業績であり、また共著が研究業績としてカウントされないことは不当である、と言ったけど、三浦瑠麗の業績が学振PD東大講師、あるいはテレビ出演者にふさわしい立派なものである、とは一言も言ってない。あんなのを東大講師にするなら私の先輩たちに職を用意してやってくれよ、と思うし、テレビに出ずっぱりの「学者」がマトモな学者だった試しなんて滅多にないよね、とも思うけど、そんなの私や「文系」あるいは「政治学者」に言われても知らんわ。東大の人事は東大問題だし、テレビがロクに論文書いてない若手を連れてきて「社会学者」や「政治学者」としてチヤホヤするのはテレビ問題言論人として活動してる人を肩書だけ見て研究者と誤認するのは視聴者リテラシー問題でしょ。理系学位肩書がそういう怪しげなショーバイに一切利用されてないってんならともかく、現実には医学博士号を利用してニセ科学撒き散らしてるひととかいるよね。アカデミアが自由開放的性格を維持していく上では、アカデミアのハクを利用してそういうことをする人たちが出てくるのはどうしても避けられないんじゃね、って私は思うけど(まあ、アカデミアでは全然相手にされてませんよ、と表明する責務くらいはあるかもしれないけど、それはもう色んなひとがやってるよね)。

文系増田日本研究者日本語論文が読まれないことの解決策として日本語論文の良さを英語論文内の引用アピールするという案を提案しているが、理系から見たら不効率まりない。一つの研究分野に標準言語がいっぱいあったら世界中学者言語習得に苦労するだろう。

うんだから文系研究者が色んな外国語勉強してるのはそういう事情があるわけ。たとえば西洋古代史を研究するんなら、まあ英語に加えてフランス語ドイツ語研究文献を読めないと話にならんわなぁ。一つの研究分野に標準言語がいくつかあるのは文系だと割と普通で(古代中世に関する研究だと権威ある学術言語がいくつもあってどれかひとつに決められなかったりするし、複数国にまたがる地域や事例を対象にしている場合なんかは一意に定めることが不可能なのは流石にわかってくれるよね?)、その中で日本語地位が低いことをどう捉えるか、だよねぇ。

これに関して、日本語を諦めて別の言語で書くべきだ派と、日本語地位を高めていくべきだ派と、日本アカデミアを最優先に考える派(これが実のところ多数派だろうねえ)がいるんだなと私はぼんやり思ってる。私が見ている範囲では、現代日本文系研究者多様性は、アメリカイギリスほどじゃないにせよフランスドイツロシアとは肩を並べられる水準にあるんじゃないかな。日本史英文学からアフリカ人類学オセアニアの少数言語中央アジア歴史、とあちこちの分野に手を伸ばしていて、アメリカ人フランス人ドイツ人がそうできるように、自分たち言語でそれらの分野の最先端研究成果を手にすることができる。東アジア中央アジアからは、自国のことを研究するために日本に来て日本語博論を書いて自国教授になるひともいるんだよ。これは、欧米人が読めない・読もうとしないってだけで捨て去るには勿体無い環境だと私は思うけども。

もちろん、日本研究を専門としていない欧米人日本語をわざわざ読ませるのは難しいだろうけど、たとえば日本論文につけられた欧文要旨なら彼らは読めるし、和文で書いたもの翻訳して欧米人にも読めるようにしている研究者だっている。どうやら俺らには読めないがチェックすべき先行研究日本にはたくさんあるようだ、と彼らが認知すれば、いずれ彼らの側から、じゃあ日本語読めるやつに翻訳してもらおうとか、そういう話が出てくるかもしれないし、せめて「読んでないけどこういう先行研究があるらしい」と書かれるようになるかもしれない(これは重要なことだよ。「気づかれない」と「読まれない」はぜんぜん違うんだから。この辺はウンベルト・エーコが書いてたな)。地位向上って、そういう積み重ねの上に成り立つものだと思うんだよね。

こういうプロセスって、文系だけじゃなくて理系にもあるよね。たとえば、優れた魚類学の論文アメリカ人日本語翻訳してまで読みたがったとか、和文論文をチェックしなかったせいでアメリカ人が大損こいたとか(http://shinka3.exblog.jp/8059554/)。それに英語が標準言語になったのは、せいぜいがここ半世紀程度の流れにすぎない。その前はドイツ語とかフランス語とかロシア語とかも有力言語だったけど(たとえば、ちょっと前にサザエの新種記載がされたときは、18世紀フランス語の本が引用されてたよね→https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id468.html)、英語頭角を現してきて残りの言語は標準言語とは見なされなくなっただけで、別にからずっと英語が標準言語だと決まっているわけじゃないし、今後もそうなるとは誰にもいえない(数十年したら欧米人中国語で作文するようになるかもね。そうなったら英文業績しかない人が「中文論文を書いてないなんて!」と馬鹿にされたりするのかな)。日本産動物種の研究だと英語論文和文論文引用されてるのもちょくちょく見るし(網羅的にたくさん読んでるわけじゃないので、私の錯覚だったらごめん)、標準言語統一されてないとダメだ! というのは近視眼的見方だと思うけどなぁ。

いくら書いても読まれないんじゃ意味がない、という元増田感覚はわかるんだよ。というかそれは文系研究者にとっても当然のことだと思う(そりゃ全員が意識高いわけじゃないけど、それは文理問わずだよね)。繰り返すけど最近の若手研究者には外国語積極的に発信しているひとが大勢いる。ただ、日本国民1億人が最先端研究成果を自分たち言語で読めて、どんな地域研究だって自分たち言語遂行できる、という環境が、無意味なこととは私は思えない。増田は、日本にまつわるテーマなら標準言語日本語でもいいんじゃないか、と言った(これは良い感覚だと思うので大事にしてほしい)。でもたとえば、ツキノワグマ研究ホッキョクグマやマレーグマの研究と繋がっているよね。日本史研究する上で西洋史探究されてきた研究モデル概念意味を持つことだってある。国文学だって世界文学の中に位置づけられる必要があるだろう。外国政治についてなんの情報もなしに、自国政治改革ができるだろうか? 外国の失敗や成功についてしっかり学ぶためのツール必要なんじゃないか? ジャーナリスト政治家欧州統合アフリカ経済アメリカ大統領選について勉強しようと思ったときに、日本EU研究者アフリカ研究者アメリカ政治研究者がみんな英語論文を書いていて、日本語にはあっさりした概説書しかない、というんじゃ、不便じゃないのかな。そういう意味で、日本語による研究発表は、世界で読まれていないのだとしても、社会貢献としての意義はけして小さくない、と私は信じてるよ。

2018-02-17

特定研究者を叩くのはいいけど他の研究者への流れ弾はやめてほしい

当方文系若手研究者

https://anond.hatelabo.jp/20180215032409

英語論文出してない「国際政治学者」って大丈夫か?

それとも日本で言うところの国際政治学ってやつはあくま国内政治の一研究分野なのか?

国際分野なのに英語論文発表してないことが最大の違和感。必ずしも三浦瑠麗を叩きたいわけじゃなくて、日本国際政治学全体のレベルが低い?あるいは政治学者仕事世界に向けた学術研究発表よりも国内政治ご意見番をすることのほうが重要っていう認識業界一般的になってるならそれも受け入れる。

著書「シビリアンの戦争」は博論出版したものって理解でよいか文系博論は分厚くて書くのが大変とは聞く。でもグローバルな表題なのに世界では通用しない研究(少なくとも英語でないので読んでもらえない)って考えると悲しい。


こういうの勘弁してほしい。三浦瑠麗を叩くならどんどんやればいいと思うしやってほしいけど、叩く対象限定してくれ。

文系では和文でも立派な研究業績になる。最近の若手研究者積極的外国語論文書くようになってるし、私だって欧文論文の1本や2本あるけど、仮に査読論文和文しかなくても質が高いものを書いていて博士号もらってれば立派な西洋史研究者英文学者/アメリカ政治研究者etc.だよ。そういう世界なんだ……。

「ちゃんとした雑誌に載せてる論文が3つしかない」っていうのもどうかと思う。業績リスト見たら、まあ新書2冊はおいといて、それなりに専門的っぽい本を分担執筆してるよね。その本を読んでないから何ともいえないけど、雑誌じゃなくて本(アカデミック論文集)の1章として学術論文を発表することはあるし、それはふつう業績としてカウントするよな。繰り返すけど中身は見てない。中身はメチャクチャレベルが低いのかもしれないし、その場合「この程度の論文しか書いてないじゃないか!」っていう批判は正当だと思う。けど共著を業績にカウントせずに「業績が3本しかない!」っていうのはやめてあげて。

私も、さすがに学振PD持ってて日本Ph.D.獲ってるのにこの業績数はショボいだろ……と思うけど、博士号取得に際して論文数の要件がなければ(少なくとも私の出身大学院では存在しない)、とりあえず雑誌投稿とかしないでひたすら博論執筆するっていう研究スタイルもアリだと思うし、一概にそれが駄目とはいえない(単に茨の道ってだけで、制度不可能ではない)。あと一部の国では「博論に既発表論文を大幅に組み込むのは禁止(=博論は書き下ろせ。既発表論文切り貼りは不可)」っていうルールがあったりするから、そういう国に留学してた人は博士課程のあいだに出した論文数がどうしても少なくなっちゃう。

和文で書いてればレベルが低いっていうのは誤解。そりゃレベル低い和文論文もたくさんあるだろうけど、質の高い研究はたくさんある。もう15年以上前のことだけど、日本西洋史研究者研究対象の国のひとたちと論文集を出した時は、日本参加者レベルの高さが評価されたりしてたし(https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/39022/1/50-013.pdf)、それらは「外国研究者から読んでもらえない」かもしれないけど「レベルが低い」わけじゃない。

何が言いたいかっていうと、三浦瑠麗の言説の酷さは都度指摘すればいいし、彼女研究問題があるなら存分に批判すればいいと思うんだけど、業績リストだけを見て和文しかないとか批判しだすのは他の文系研究者に流れ弾あたってるからやめやがれください。ていうかやめて(自分の業績リストを泣きながら握りしめる)

『シビリアンの戦争』は、彼女博論タイトルそのまんまだから博論書籍化という理解でいいと思う(https://ci.nii.ac.jp/naid/500000550395)。私はどちらも読んでないので違ってたらごめん。博論書いてそれを本として出版するのは、文系研究者としてはよくあること。

せっかく質が高い研究してても読んでもらえないのは悲しいってのはその通りで、日本語文献が読むべき先行研究として通用してる分野は日本東アジアにかかわる研究くらいかアメリカ人でも前近代中国史やってたら日本語読むことを要求されると思う。中東研究する日本人フランス語要求されるみたいな感じで)。これの解決は難しいけど、欧文で和文文献のレビューをするとか、欧文で良い論文書いてその中で和文文献引用しまくるとかして、「日本では面白そうな研究をやってるんだなぁ」と認知してもらうことがまず必要なんじゃないかと思ってるんだけどこれは三浦瑠麗とは関係ないので措いておく。

ていうか、欧米日本学だって英語仏語独語日本についての博論書いてるんだから日本人イギリスフランスドイツに関する研究日本語で発表してもいいよね。日本だけじゃなくて、ある程度歴史と規模のあるアカデミアがある国では、文系博論論文自分らの言葉で書くことは結構あると思うんだ。

あとこれな。

https://twitter.com/chutoislam/status/963834829723729920

https://twitter.com/chutoislam/status/963834833360248832

これも、一般人デイリーメールを端から信用しないのは処世術としてはいいんだろうけど、時にはそういうソース依拠することが必要なこともある研究者もいるんだから、「デイリーメール引用してる」って理由だけで叩くのはやめて、って話だと私は理解した。余計なところに流れ弾を飛ばされると「それは違うでしょ」と三浦瑠麗弁護みたいな立ち位置にならざるを得なくなるというか。私だってこんな記事書いたけど三浦瑠麗学者としての資質は相当疑っている。ただ流れ弾を撒き散らさないでほしいだけなんだ……

追記

vkgofboston 査読の有無は和文英文に関わらず業績として見なす上で肝だと思うが、それに関しての考えを聞きたいね

三浦瑠麗が書いた雑誌のうち、『レヴァイアサン』は知らないけど『年報戦略研究』は査読あるよ→http://jsss.sakura.ne.jp/PDF/jsss-1507-tokokiteiyoko.pdf(当時もあったのかは知らん。『国家学会雑誌』はどうなんだろ。あってもなくても不思議じゃない。でもあそこ連載論文とか載せるからないのかなぁ)。ていうか和文の主要な研究雑誌にもそりゃ査読はあるし、だれも査読重要性は否定してないんですけど……(ただ、査読がなくても良い論文なら業績として扱っていいんじゃない、とは思う。査読つきの良い業績を積み上げてる人が一番評価されるべきなのは当然として、いちおう査読はされてるけどクソつまら研究と、査読されてないけど面白い研究だったら、一概に前者の方が業績として立派とはいえないんじゃない? 当たり前だけど公募では業績を提出させるわけで。まあわたし査読無しの媒体にはあまり書きたくないけどね)。

2018-02-12

anond:20180212162728

ぶっちゃけ人間にはリーダーシップに優れた資質もつやつと、フォロワーシップに優れた資質を持つ奴の2種類がいて、

お互いにタッグを組んだ時が素晴らしいチームになるんだよな。

フォロワーシップ欲求とでもいうべきか。。

奨学金のやつ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL2964GZL29UUPI001.html

straychef 親に請求ってのはもう絶対的おかしい 親が出せないから借りるんだろ

意味わからん

「出せないから借りる」はすべての融資共通だ!

俺が会社作りたいとする。金がなくて設立資金経営資金出せないとする。銀行から資金借りて、経営利益から返済して行くことになるわな。

銀行に「返済お願いします」って言われたときにこう答えていいのか?

「俺に請求ってのはもう絶対おかしい 俺が出せないから借りるんだろ」と。

頼むからちょっとだけ論理的思考してくれ。

これ書いた奴と星付けたやつは全員無惨なまでの馬鹿だ。


sisya 年収300万あれば恵まれているといわれる時代に、毎年177万の負担計算が合わないなとは思う。子供二人大学に行かせる学費だけで破産する計算になる。少子化解決するわけがないと思う。 139 clicks

いくらなんでも年収300万円で恵まれてるなんて話は聞いたことがない。ドサクサ紛れに無茶言うな。

・毎年177万円の根拠はおそらくこれhttps://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page3.htmlだろうが、

 見てわかる通り単なる生活費として計上された40万円が含まれている。

 残りの137万円についてはなんとはっきりした内訳がない。

 同サイトの別のページhttps://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page2.htmlでは、

 私立文系初年度で授業料746,123円 入学242,579円 施設設備費158,118円 合計1,146,819円

 となっている。

 入学金を抜いたら90万円だ!

 「年間177万円」との差額87万円!

 87万円のうち40万円はただの生活費というインチキだったが、

 それでも残る47万円(初年度のみ入学24万円が含まれる)は純然たる使途不明金だ!

 こんなドンブリ勘定が話になるか?

 数字の話をするならちゃんと計算しろエビデンスを問え。

 これ書いた奴と星付けたやつは小学校レベル算数出来ない馬鹿だ。


quick_past 返す能力がないならそもそも借りるな。というのは一見もっともだけど、やっぱり奨学金って何の制度かわからなくなる。そして貧困層ほど教育が受けられない現状の追認にしかならない。これからのことを考えよう。

奨学金が何の制度かって、前途有為若者に学資を与えてのちに何倍何十倍の大きな実を収穫しようという社会投資では?

出来の悪いただの貧困若者に金をばら撒く制度じゃないぞ。

貧困層を救いたいという意思は立派だがここでする話じゃない。

kazukiti 「返せるか分かんないけど貧乏から貸してくれ」ってのが奨学金大前提自己責任論で片付けるのはあまり無責任

そんな大前提は無い。

貧乏でも返せるぐらい低利率で学資を貸しまから未来を拓いてくださいってものだ。

震災とかリーマンショックとか大病などで職にあぶれて計画が大幅に狂っちゃったとかならまだしも

普通に就職して普通に返せませんじゃそいつの方があまり無責任


aoi-sora 800万借りて大学にいくというのが、どういうことなのか想像できない。 教育 大学

yusuke-k 480万円返済中だけど、こういう記事見てると何故か自分人生馬鹿にされてる気分になる。なんでだろう?

同感。

どう考えても計算が合わない。おかしい。

さっきの生活費40万円込・毎年使途不明金47万円込のデタラメ算でも1年で177万円、4年で700万にしかならないんだよ。

残り100万はなんの為に借りてどこへ消えたんだ?

バイト一切しない条件でも学生レベルの遊興費程度は使途不明金47万円から捻出できる筈だ。

この話のへんてこさは苦労して金勘定しながら大学出た人の方が気付くだろう。

突っ込みどころに気付かないのは優雅親の金大学を出てその後も切実な金勘定必要に迫られないで生きてきたぼっちゃんじょうちゃんじゃねーの?

これを「弱い者が弱い者を叩く」とか言われたらやってられん。

勘定も出来ないままいい歳になったお貴族様どもにさあ。


enemyoffreedom 少子化が異常な速度で進むのも無理はない。教育を受ける権利すら自己責任でまかなえとかすごい国になってきたなぁ…

大学教育ってそもそも全員が(出来の悪いやつや勉強が嫌いなやつも)受けるべきものか?

学費400~500万円を上回る付加価値が生まれないならそもそも受けるべきじゃないだろ。

これは自費で受けるにせよ借金で受けるにせよ公的扶助で受けるにせよ。

それだけの額を掛ける価値のないサービスになってるってこった。


harappa5 申し訳ないが、大学進学は、「大卒」という肩書きを手に入れて、割りに合う程度の価値がなければ、無理に行こうとしても、破綻してしまうと思う

その通り。


hal9009 誰かの借金地獄で回っているのが「大学業界」w

な。問題大学の方じゃね?

ちなみにお隣の韓国大学進学率が超高い&超学歴社会だが若者就職難が地獄様相

大学全入が国民幸せになってない


napsucks クソみたいな五流大学借金して行くのが間違いだが、そもそもアホに大卒を与えるディプロマミルの乱立が原因。政府はアホ大卒を世の中からなくすための制度設計をすべき。

これな。

こいついつも低学歴や下層を見下す発言しながら中年モテ自慢してる学生時代モテなかったことを恨みとして頭狂ったやべー奴だけど今回に限って言えば完全に正しい。


kakaku01 大卒手取り20万、そう悪くない給与のはずだが月4万は重い。昔はもっと給与が多かったのか学費が安かったのか。

2018/02/12

4か月分ぐらいボーナスあるなら悪くないけど無いなら800万かけて大学出た人としては微妙だろう。

東京ならそんな仕事高卒でも就けるじゃん(高卒差別で言ってんじゃねーからな。投資のリターンの話だ。)。


giyo381 連帯保証人制度は悪い文明日大未満の私立文系大学も悪い文明飛び級がないのも悪い文明

こういうまともで地に足ついたコメントには星が対してつかない。

勘定も出来ずに無限対応を求めるコメントに星が集まる。


homarara 入学費30万、学費1年100万なら4年で430万。交通費が幾らかかったのか知らんが、あと370万ってのはかかり過ぎじゃないのか?

このまともさ。

人気2位のsisya のコメントと比べてくれよ。

まともな金銭感覚のある人のコメントが埋もれて、算数出来ない馬鹿コメントが人気2位。


tA9 手取り20万で4万返せないなら金の使い方がおかし

記事のやつは「返せるけど返すのが嫌」って言ってるだけだよね


poko_pen 自宅通学で文系で800万借りたって、話どこかおかしいよ。理系でもそんな借りないんだから朝日新聞奨学金の話だと通常有り得ないケースばかり出すけど、良く知ってる人からしたらそんなの胡散臭さ増すだけだよ。

高等遊民の多いはてなでは突っ込めない馬鹿が人気1位になってるけど、まともな生活者からすればすぐ「おかしい」ってなるケースだよねこ


tetora2 実家通いで800万借金だと学費生活費を賄っても余るね。たぶん本人か親が流用してるよね。

これが邪推だと言うならもっとお金の内訳を説明してほしいよね。


dongdeng 実家通い国公立で800万がありえないとか言われてるけど高校から大学院まで通って1種2種をダブルで取って家庭に入れてるとこうなるよ 俺がちょうどそれくらい

どう考えても本件と関係ない熱い自分語り誇らしくないの?チンフェかお前は

ただ800万円というのがこれぐらいやってさらに家に入れてようやく消える金額だという資料にはなってる

チンフェも人の役に立つがある


miz999 やっぱり安価高卒者向けの教育システムって必要だと思う。高卒就職するのもあれだから社会に出る前にアルバイトしながら自分資質を測れるような、週3回6時間くらいの学校が。

こういうまともな1案には星がつかない


takamurasachi 借金してキャバクラに行ってるわけでもなし、大学に金落としてんだからちょっと配慮してやっていんじゃない。だいたい大学が有料なのがふざけてる

親が商売に流用したんじゃないならキャバクラ風俗行っててもおかしくないレベル使途不明金があるんですが、それは


superabbit 田舎出身ならまだしも、大阪実家があるのに東京就職して奨学金返せないほど生活苦ってアホの子自己破産する前に関西圏転職しろよ。

800万円掛けて大学出た若者として、手取り20万円でボーナスなし程度の仕事にはこだわる必要ないよね


iww 破産すれば再出発可能なのだから ほかの国よりはだいぶマシな気がする 社会

非生産的なことに800万円がつぎ込まれた、というただの失敗例だよねこ

使ったほうは万々歳じゃん


iGCN 大学進学を投資と考えれば、奨学金が返せる見込みがないのに借りるのはどうなのかという話にはならんの?

これに尽きる

高卒生活が苦しいというならそこでこそ政府の出番だけれども

馬鹿勉強嫌いが大学に行く必要は無い

大卒じゃ無くてもちゃんと一人前の生活が出来る社会にするほうが正道だ

奨学金を今以上ガバガバにしても詐欺みたいな私大にしゃぶられて餌にされるだけだぞ



w1234567 今の若者年金の収支がマイナス2000万オーバー世代なんだから教育費ぐらい無料になってもいいと思うんだが

年金不公平年金で解消すべきで、インチキ私大を太らせる資金に回されてもなあ

2018-02-08

やっぱり失くしたものとか諦めたものを細かく挙げていったら、どんだけ愛が救うって言ったって結局恨み節が出来上がるだけだってことだよな。

そういうのは大人向けにやればええやろ。

「悲しいこーともあるだろさ、苦しいこーともあるだろさ、だけど僕らは挫けない、泣くのは嫌だ、笑っちゃおう!」のなんと元気の出ることか。

泣いた後でも笑おうと思えるではないか。あれこそ、歌詞も曲も完成している。井上ひさし宇野誠一郎天才

幼い子供向けの歌に大人の苦悩を詳しく入れちゃいかん。

ここまで書いて、マテヨと思い井上ひさし宇野誠一郎wikipediaを覗く。

なんと井上ひさしはめちゃくちゃなDV加害者猟奇的嗜好の持ち主、宇野誠一郎ははっきりとはわからないが毒親持ちの様子。思わず笑ってしまった。

結論としては、どれだけ作品が気に入らなかろうと、作者個人の家庭の事情資質を持ち出して作品の内容を邪推するのは誤りなのではないか

受け取る側はただただ、作品の良し悪しを議論すべきなのであろう。

2018-01-30

上手いけど弱い人

どんな競技でもいるじゃん、才能はあるのにいまいち結果がでない人。

練習では物凄いテクニシャンなのに本番では緊張しすぎてしまう人。勝負へのこだわりがあまりなく少し不利になるとすぐ諦めてしまう人。相手闘争心に気後れして萎縮してしまう人。

そういう才能はあるのにメンタルが弱くて結果がだせない人たちは「実力はあるのに惜しいね」と残念がられこそすれ、強いプレイヤーと見なされることはないよね。

それは、個人資質や家庭環境のせいであっても、コーチ指導問題であっても変わらない。

勝負世界ってのはそういうものじゃんか。

チェス将棋女性が勝てないのは『男社会環境のせいで萎縮しちゃうから』みたいなこと言う人たちって、そのへんどう思ってるの?

対戦相手性別が分からない環境なら互角なんて言ってみたところで、そういう環境をお膳立てしてあげないと実力が発揮できないのならば、それは上手いけど弱い人としか言いようがないと思うんだけど。

2018-01-27

倫理観

アニメサイコパスでは犯罪係数に基いて資質のある人間をはなから排除していった。

男女別の街とは大まかに言えばそういう機構の事だろう。

決め付けと偏見によりレッテル貼を行い人類を二分し安全を保つ。サイコパス放送された時点で議論はし尽くされた物だと思っていた。

2018-01-26

元総理は、本人の資質はどうしようもないが、人を見る目はあったね

枝野、仙谷を震災対応の中心に置けたのはよかった

2018-01-24

お嬢様悪事を目の当たりにして「こんなん許せませんわ!」って怒るシーン

言うだけなら誰でも出来る

そこで何をするかでお嬢様としての資質が試されている

がんばれお嬢様

anond:20180124112318

仕事に追われてダメでした。

家庭をもって諦めましたが、まあ、手慰み程度に遊びで取り組んだり、忘れたりの繰り返しです。

正直、初期衝動が覚めてしまったのが大きいのですが、初期衝動を保ち続けられる人がうらやましくもあります

気が狂うほど、欲求支配されるのは、一種呪いであり、また、英雄資質でもあると思いますので、そうでなかった自分と照らして増田さんが妬ましいです。

2018-01-23

anond:20180123234535

強い弱いというか、結局は気に食わない奴をブン殴る理由が欲しいだけなんだよな

その場その場でこんなに悪質ですよだの、本人の資質とは関係ないだの、散々好き放題言ってたけど

要するに好き嫌い党派性で殴る殴らないは決まっていて、理屈は全部後付けでしかない

自称リベラルの皆様すら、よっしゃこれは政敵をぶちのめせるチャンスだと気勢を上げ、

人民裁判を止めるどころか焚きつける側に回ってしまった

その後のオチはご存知の通り

2018-01-22

anond:20180122144323

自主性も真面目さも熱意も、仕事で良いとされてる資質は全て悪用されるよ

もう俺は、悪用するためにそれが良い資質ってことにしてるんだと解釈することにしたよ

2018-01-19

恋してないのに結婚して破綻した話

生活パートナーとして最高だと思って結婚したら、相手メンヘラ化して、それを支える原動力がなかった。

同志として一緒にやっていけると思ってた資質相手人格のほんの一部分だけであって、自分には見えてない領域があまりにも大きかった。

ちょっとたことで、一致していた趣味はズレるし、生活パターンの好みも変わる。

子どもができると、その差は広がるばかりだった。

支え合って生きていけると思っていても、相手に支える力がなくなれば、一緒に転んでしまう。

子ども自分生活を守るためにも離婚せざるを得なかった。

恋愛とか根拠のない思い込みにほだされて一緒になったほうが耐えられたかも知れない。

離婚する時に、勘違いした知人から「恋は盲目もの相手のそういうとこ見えなくて当然よね」と慰められて、そうだったらよかったのにって思った。

自分恋愛せずいわば打算で結婚たから、失敗は完全に見る目がなかった自分責任であり、その責任の重さが辛かった。

事業会社データサイエンティスト 会社退職しました

元々コンサル会社から事業会社のほうでデータサイエンティストをやるようになって1年経つが辞める。そのきつかったことを匿名という場所卑怯ながらも話したいと思う。

元々私は大学院でそこそこ統計をやってきてからコンサル会社に行きデータサイエンティストとして事業会社へ移った口だ。

根本的にデータサイエンティストとしての資質としてざっくりいうと以下の3つが必要だと思われる。

1. 統計能力関係及びそのプログラミング可視化能力

2. KPI設計及び事業からKPIへの落とし込みからそのKPIからどう事業繋がるかというビジネス設計能力

3. 上を基にしたコンサル能力

能力的には1がやや強く、その次に2がまぁまぁそして3はまだまだといった所で事業会社データサイエンティストとして孤軍奮闘をすることになった。

 入社理由

データはあるが、なかなか活用できていないこともあり、分析から企画から関われるという事で入社しようと思った。

後そこそこ大きな会社で働くのも良い経験と思い入社を決意した。ニッチな分野ではあるが、この分野ではTopカンパニーである

 実際の業務

最初の4日ぐらいは会社研修とかで潰れるのは仕方ないもので、それが終わり早速の業務を行う事になった。

まずはデータ各部門に依頼してから頂くのだが・・・

貰えない。

許可申請関係で3週間程かかってからまず最初データを頂けるようになった。この時点でやる気を削がれた。

更にデータ確認という事で事業へのヒアリングを進めるだけで・・・6週間程かかった。更にやる気を削がれた。

この辺りで気付いた事だが、コンサル会社でいたときは、データ確認がスピィーディーだったのに何故こんな遅い作業なったかというと

日本企業部署跨ぐというのはとても大変で、コンサルとしてやっていたときは単価も高いし、期間内でやらないといけないという事で

いろいろと調整がスムーズに進んでいたという事がこの時に分かった。コンサルとして外から見ているとやはり分からない事は多い物である

分析ツールエクセルだけ

データ確認も終わり、分析をし、改善を行うテーマを決めて進める事になった。この時点で2カ月ぐらい過ぎていた気がする。R/Python自分パソコンへの許可申請を出すが、降りない・・・会社的にはCならばOKだと言われる。でもCの追加ライブラリー関係ダメらしく・・・悩んだ結果エクセルを基に分析をする事になった。現状把握のために基礎集計をするが、エクセルSQLで言うGroup_byやら違うデータ同士をくっつけるためのJoinを32 bit エクセル関数ベースでやると何度も落ちる・・・。この時点でやる気は地の底へと落ちていた。

この辺りでCベースでもう書き直そうかと悩むが、流石にCのライブラリーがない所でフルスクラッチ調に書くのは工数的にかかると考えたのでvbaを用いていた。

エクセルベースでの可視化から上司関係者データ分析の結果を見せていく。この辺りでデータ分析から改善策はまとまっていた。しかしこの辺りでやる気をマイナスにして頂ける言葉を伺う。

私がVBAを書いているのをちらっと見て

プログラミング何かやっていても仕方ないし、プログラマーではねぇ・・・。今後会社ではプログラマーなんていらないか企画できるようにならないと」

勿論これは直属の上司からのお言葉ではないが・・・正確には同期である・・・もはや殺意すら覚える。因みにこの人の既存サービスの改良プロジェクトが回った時のデータ収集したら分析する事になっていたが、プロジェクトスケジュール感を見ると

要件定義 2週間

画面設計及び機能設計 3カ月

開発 4カ月

単体テスト・移行テスト 5カ月

運用以降

みたいな形でうん?何か少なくないか?と思ったら既存サービスに関してのギャップ分析無しに既存サービスの改良を進めているらしい

・・・その上取れるデータは〇〇〇で〇〇〇は無いらしい。あっそんなん改善出来んやん・・・。一応私はアリバイ工作のためにメール会議にて発言する

・・・空気を読めないと言われ会議呼ばれなくなってしまう(因みにこのプロジェクト要件定義から運用以降まで外注である)。

最早これは逃亡しかないだろうと心に固く決めてしまう。

私のコンサル的な能力がなかったと言えば確かにその通りである。でもいやうん日本企業の中で、分析をやっていくのは本当に難しいというのがよくわかる。

一人だったというのもある・・・でも殆ど基礎集計レベルで難しい用語を使わず改善を行おうとしたいやでもこの日本企業では無理だった。そしてやりたいと思わなかった。

たまに日本企業でのエンジニアの不遇差を嘆く記事を見かけるが、割と同じようなパターン臭いがする。

2018-01-16

anond:20180115192216

会社が求める人材を演じられる役者かどうか見たいだけで本人の資質は問うてない。

役に入り込めるか見てるだけ。

2018-01-14

女の持つ「性的な引力」って強すぎだろ。絶対設定ミスってる

女の性的引力が強すぎる。

必要に強すぎると思う。

男は腕力と体の大きさを持ち味としてうまれ、女は出産能力を持ち味としてうまれた。

この時点でポテンシャル的にはほぼイーブン、

対等な関係を築けるくらいの資質は双方にあったと思う。

それなのにこれに加えて、何を考えたのかクソ創造主野郎

女に強力な性的引力を与えた。

おかげで男は女のとりこだ。

少年からジジイまで、

ホームレスから為政者まであらゆる男が女のとりこだ。

傾国美女なんて言葉もある。

ただの「可愛さ」だけで国を背負うほどの男の理性を吹っ飛ばすほどの引力持つって

どういう判断したら1キャラにそんなパラメータ持たすんだよ。

必要なほどの女の性的な引力の強さは

他でもない女自身にも被害をこうむらせてる。

「女は夜中に一人歩きすると危険」って言葉を聞くたびに女に同情するわ。

世界でも有数の治安を誇る現代日本ですら

夜道を歩くだけで危険があるとか

女はどんだけ業を背負ってんだよと。

強すぎる引力が悪い物まで引き寄せてんじゃねーか。

女の性的な引力はまじで強すぎ。

設定ミスってんだろ早く修正しろ死ね

夜更かししてまでエロ動画あさり続けるなんて

効率なことをいつまでしなきゃいかんのだ。

2018-01-11

参考になるかわからないが

https://anond.hatelabo.jp/20180110201536

1年ほど前、バツイチ40過ぎの自分彼女10年近くいない状態だった。

今まで女性と付き合ったのは2回ほどで、サークルの中で自然にひっついた的な付き合い方だったので、社会にでて出会いが少なくなった状態でどうやって彼女を作るのか皆目見当もつかないという状態だった。

ある時、取引先でちょっと気になる女性が出来た。

まず惹かれたのは彼女能力だったのだが、打ち合わせで話をする度に「あれ、この人の雰囲気なんか良いぞ」と思うようになってきた。

興味をそそられた僕はネットストーキングを開始した。

Twitterを遡りTwitterからInstagramを遡り、どうやら現在フリーらしいということとお酒結構好きなこと、若干シモネタなどもいける口っぽいこと、そして猫を飼っていることなどの情報収集した。

そんなある日の夕方、打ち合わせの後唐突に「よかったらこの後ご飯でも食べましょう」と誘われた。

正直、心の準備をしてからこちから飯にでも誘おうと思っていた頃で、願っても居ないチャンスだが少々その先を考えると不安であった。

なにせこちらは10年以上もご無沙汰で、そもそも以前交際した方々もダラッとした時間の中で仲良くなってきたような感じだったので、ご飯の先のステップアップとかノーアイデアノープラン

都市伝説のごとく飯を食ってその日に一発決めるのか?とか考えたが、飯からお酒を入れて「この後ホテルでもどう?」というような口先のテクニックはもちろん皆無である

では普通にお互いの資質を見極めて次のデートへつなげるか?となると仕事を口実に数回飯を重ね「じゃあ付き合いましょうか」みたいな流れに持っていくのか。

わぁ告白とかすんのかな、40すぎのおっさんが…。

色々考えたのだけれども、最終的にはまあ流れに身を任せるしか無いよねという事になった(年をとるとこの辺りがいい感じでどんとこいになる)。

というわけで飯を食べたのだけど、事前リサーチの通り彼女は酒が僕よりも強く、僕は一軒目のカレー屋でいい感じでベロベロ。

んで「せっかくなんで2軒目行きましょう!」となり、多分いわゆるいい雰囲気というものになった。

当然色恋の話になり「増田さんは気になる人いるんですか?」と聞かれて、ベロベロの僕は「ぶっちゃけ〇〇さんに興味があるんですよねぇ〜わははは」と言ったら「まあうれしい」みたいな好感触があり、その後話がエロい方向へ向かってポリネシアセックスをしてみたいみたいな話になり、んじゃぁしてみますか?しましょうしましょうみたいな感じで結局最終的に普通セックスをした。

で、その後付き合うことになってわかったのだけれども、実は彼女ネットストーカーで僕のTwitterブログをチェックしていたということであった。

笑いながら「実は私増田さんのブコメも読んでますよ」って言われたそんな僕の新曲です、聞いて下さい。

『僕の彼女はてな女子

2018-01-01

anond:20171230063139

子供の頃に読んだ、別冊ムックみたいなのの番外編的な話を思い出した。アニメになった「のび太結婚前夜」の原作になるのかな?

大人になったのび太としずかの結婚前夜マリッジブルーになったしずかが父親に「結婚しない」と言いだし、お父さんが諭す話。

「彼は、人の不幸を一緒に悲しみ、人の幸せを一緒に喜ぶことが出来る青年だ。それは人として素晴らしい資質だよ」

といった意味のことを言ったんだったと記憶してる。

2017-12-31

anond:20171230152740

眠っている研究成果を一般に届けるための研究有意義、というのはその通り。学術性と実用性との両方を正しく評価するのは、相当視野の広い人じゃないと難しい。で、あなたにはそういう橋渡し役としての資質がある。それを活かせば、研究者でも研究者じゃなくてもうまくやっていけると思う。

2017-12-29

anond:20171229094851

管理職仕事をしっかりと出来る資質の女であれば、下駄をはかせるのはむしろ大歓迎だよ。

2017-12-28

MBA持ってる人と話をしたんだけど

経営学修士持ってるって言ってもこんなもんかよ

絶対オレのほうが詳しいわ(自分が詳しいなんて思ってないけど)

ガッカリだよ

 

そういや、そこらのベンチャー社長の話聞くと皆かなりしっかりしてるけど

ほとんどMBAなんて持ってないんだよね

結局独学、個人資質次第ってこと?

ビジネスちゃんと分かる人って一体どこに居るんだ?

なんかオカシイんだよね、滅多に居ない(そもそも皆興味がない)

 

そもそも、そんなパターン化できるものでもないと思う

喩えるならプログラミングに近い

デザインパターンで全部解決できるわけじゃないのと同じ

パターンでできるなら誰でもできるが、そうなってないというのと同じ)

からこそMBAという「こいつは理解している」という印籠に効力があると思ったんだけど

何、座学受ければ誰でも取れるのかこれ

場所によるとか?

2017-12-25

意識高い系リアルで遭遇して感動した

東京に来て半年になるけど、はてなブログ匿名ダイアリーでいっぱいいる意識高い系みたいなの、あれ絶対ネタとかそういうキャラなりきり的なノリで書いてるんじゃねえのって思ってたけど、割と普通に遭遇してあまりの衝撃と感動に草を抑えきれなかったwwww

いやー、あれ誰か親とか友達とかでもいいから周りが社会常識というか、現実教えてやる奴とかいねーの?地獄のミサワとか意識高い系小馬鹿しまくった漫画とかアニメとかドラマとかさ、親からどんな躾受けて、どんな痛々しい会社に入ったらあんなのに育つんだよ、ITエンジニアやるよりお笑い芸人とか見世物小屋珍獣ショーや大道芸としてやった方が絶対飯食えるぞあれw

と思ったけど、いい年こいて周りに友達もおらず、彼女もおらず、嫁さんもおらず、周りから引かれて見放され、誇れるもの技術ブログ勉強会感想と、SNSフォロワー数だけで、中途半端に恒久的な上流の立場で高給稼げたり上流での資質があるわけではないけど飯は食えるだけの能力はあるみたいなのが一番悲惨なんだろうな、と思う

そう思うと同時に、少なくともこのはてなネットで、かなりの数の彼等のようなのがいっぱいいるんだが、割とマジで将来とかどうするんだろうと考えると、途端に寒々しいものを感じてしまう。

そういう普通に躾や教育を受けてたら、いいにしろ悪いにしろ想像性や共感性があるかないか、ほんの些細なことで、ああなるかならないかが決まってしまうなんて、人間って不思議な生き物だなと思う

anond:20171225050857

非モテ馬鹿にするのがマッチョイズムの追認=セクハラへのバイアスであるってことがそろそろはっきりしたのに

いまだに非モテ馬鹿にして恋愛対象外に置いてる女さん、何がしたいのか正直さっぱりだね

非モテ童貞)にちゃんと光を当てて恋愛対象人間として扱うつもりがないならmetooなんて欺瞞たっぷり運動やらないほうがいい

ミソジニー拗らせてる人格が嫌なんですなんてあたか個人資質であるかのように責任転嫁する意見もよく見るけど

非モテ恋愛の場からはじき出し、結果として「童貞」という格下の地位に置き

格下であるがゆえに発言権を与えない、という100%マッチョイズムに乗っかった手法発言権を不当に奪われたことでミソジニーを拗らせた連中も多数いるわけで、加担しているんだよね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん