「論点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論点とは

2020-05-29

anond:20200529161422

君の論点は巨大花火が投下されて爆発して死ぬってモデルしかまれないってことだろ。

それと一気に金掛けて一気にバズって一気に忘れ去られるってモデル否定はしてないよ。それは出続けるだろう。

テレビ離れアニメが起点にはならんだろうし、長期コンテンツにはなかなかならんと思うね。初めから使い捨て前提にしてるから

ファンボトムアップ流行を作っていくってのが難しくなってるわけ。

そういう流れは2000年代で終わったんだよ。

いまは上からドーンドーンと巨大爆弾連続投下されて

その爆発でどれだけ死ぬかっていうモデルなの。

クッパ姫はあれは任天堂権利がどうこうってことだったからな。小さなバズリはあるけど元の権利があるから大々的には広げられない。二次創作ガイドラインとかまず出ないから。

アマビエは著作権フリーで外部の誰か独占できないからな。細く長くにはなるだろう。外部の商店も使うようになってきているし。

細く長くであればこれからも出続けるだろうね。

anond:20200529085606

その結果性的マイノリティ対策が最優先だ(というよりほかの論点を掲げると野党がまとまれいか議論しない)みたいなのが政権取ったって無意味じゃろ?

野党の中でもどの政策が良いかで競って、正しい政策を担う奴が主導権握って与党が間違っていれば主導権掴んだやつが政権を取り返すという段取りだ。

そう考えると小選挙区制で初めから2党に集約させようとしたのがまちがいだったといえる。比例で少し救われているという程度か。

まあ、次は申し訳ないが野党の中でどの政策が主導権を握るかの争いだ。それで選挙の結果で主導権を握ったやつがその次の選挙政権交代という流れだろう。

野党第一党の立憲が経済では消費税温存緊縮の本心で、表面では、どうでもいい玉虫色政策しか言ってない現状ではな。

anond:20200529003322

何度かの選挙ののち、MMT掲げてる勢力が勝てばいいだけじゃろ?れいわか、共産か、緊縮派黙らせたままの国民か、経済重視の議員が実権を握った立憲か。

国が腐ってしまったってのはまあそうなんだけど、経済良くて法的整合性ダメ政権と、経済悪くて法的整合性が良い政権では前者がやっぱりいいんだよ。

だけど安部はやっぱり根っこが新自由主義から次はどうなるかわからん

野党側も論点は絞れてない。立憲は消費税温存で、それ以外の政権不祥事をつくだけ。維新は敵を探して戦うだけ。れいわはれい自身議員はほぼいない。共産ケインズ主義よりマルクス主義の方だからな。

国民MMTれいわになびいてきているが、いつ内部の緊縮派がまたうるさくなるかもしれん。

あともう1,2回野党側がシャッフルされて、野党での方向が整った後に政権狙いということだろう。経済第一れいわ、国民共産だといいと思う。

ただ維新コロナの手柄で適当な敵を探して戦う矛先が公務員に向いたままで実権を握る可能性があるのがなぁ。

ただ二大政党制だが、中国韓国北朝鮮VS性的マイノリティなんてくだらない論点に興じている状態と、いろんな野党がありその中に反政権経済重視党がいる今とでは今のほうがいいわ。

小選挙区制マジでダメ制度中選挙区制度に戻すべきだ。

2020-05-28

「一番の被害者子供小児性愛者どっち?」という話はしてないんだよな。

「一番の加害者おまえら小児性愛者どっち?」という話をしてるんだよな。

論点すり替えはいけない。

2020-05-27

anond:20200527133901

はっきりと意図を書いても論点ずらしばっかりされるしこれは嘘

2020-05-26

anond:20200526160318

コロナの話と、それ以外の話が混じってるぞ

論点わからんのか

anond:20200526133503

フェミニズム活動を牽引しているのは「馬鹿美人」なんじゃないかって話から脱線させすぎ。

本筋で分が悪いからって論点ずらす間抜けとは話しできんわw

anond:20200526115350

たぶん論点ずれで怒るかもしれないけど、あなた向けに書いたわけじゃないんだよ。

私のアカ消しにどう感情を動かしても勝手だけど、そうやって過激言葉を向けた相手が仮に自殺したときに、どう責任をとるのかまで考えて物を言った方がいいと思う。でも、どうして一見ブログに噛みつくくらい荒れているのか。心を治す言葉こそが、あなたには必要なのかもしれないね

anond:20200526090702

あたりまえだ、論点はそこじゃない。

いわれている第1波の数字は、日本は優秀だった。これはさすがに日本教育識字率の高さな教育の高さや民族性など過去の何十年の努力に起因している。

が、いま、日本対応よろしくないといわれているのは、そこはそこでWHOが言っている通りの数字日本公表している。いいところをほめて、悪いところをけなすのは当然だが、論点がずれている。

初動は優秀だったが、経過観察が後手後手という論点で、いままさにその第2手が現実にあるのに、初動を褒めてどうすんだ。いわれたとおり、終わったつもりか?というのはWHOもいってるとおり

2020-05-25

自分はまともだと信じ込んでいる

俺は自分正気を疑い続けていたら、どんどん正気から離れていっている感覚があるぞ。

正気かどうかと議論の中で自分論点が正しいかどうかを混同しちゃいかん。健常者だって間違えるだろう。

anond:20200525140044

しかにそうかもね、人格攻撃じゃなかったかも、そこは間違ってたわ。

あとは本筋の論点についてもちゃん言及してくれよな。

今までの難癖と論点ずらし以外でちゃん論理建てた反論をまってるぜ!

anond:20200525124745

最初反論してしまたことによって、相手の硬直化を生み、「論点ずらし」と「強弁」を招いてしまったわけだ。

反論によって君ほどの知的素養を持つ人間ですら硬直化して、論点ずらしと強弁の後に人格攻撃に至ることを考えると、反論というのがいか啓蒙とかけ離れているものかがわかる。

anond:20200525122248

から相手理屈反論したら下策なんだって

地道におかしいことを言ってるやつがいたら反論するぐらいでいいと思うよ。

に対して俺が

地道におかしいことを言ってるやつがいたら反論するぐらいでいいと思うよ。

反論したせいで、硬直化して詭弁強弁と論点ずらしをしてしまってるじゃん。

啓蒙じゃなくても反論ってのは意見調整の上では下策なんよ

とりあえず、本日確認

いわゆる自粛技術は第3次産業は、徐々に対応をしつつあったところを解除してもとにもどそうという話のため、解除となった場合は、リモート技術への移行をとめる決断をするというリスクをどう考えたか?途中で止めたということについてどう考えているか?という論点

第3次産業はいまや花形であるが第2次第1次のほうが濃厚接触は多いので、これらを尊重するという論点

とくに日本は第2次産業が多いため、これらがどういういけんをいって第3次 第1次を動かしたか?という論点

われわれとしては、これからリモート技術を展開 大阪リアルを動かしつつ東京リモートバックアップかとおもっていたら、東京も解除を検討する段階になったということなので、詳細をまっている。

東京のほうが密度が多いため避けるべきかと思ったら、密度が低い地域でもコロナの第2波の被害が増えたので、密度の影響を大きく考えていないというのは了解 とはいえ東京密度高いし密度を下げれば効果があるというデータはでているからな。

ネット界隈のバタフライエフェクト

例えば誰かが「あの野球チームのプレーほんとつまんない、どうにかして欲しい」と言ったとする。

こう言う時にすごく論理的いかルール通りに野球をやってるかを述べる人がいる。

一方ですごく論理的いかルール無視したプレーかを述べる人も出てくる。

それらをやってるうちに、勝ってるじゃん何かまずいの?と言う人、そんなあなたがつまらないと言う試合でも楽しめてる人がいることを考えるべき、と言う人、急に野球改革を述べる人がでてくる。

さらに盛り上がると私もつまらないと思います!とかわざわざうかつに反応してくる選手関係者有名人が出てきて大炎上論点が「xxが球界批判!」とかなって当初の「面白い試合が見たい」かどこかに行ってナベツネ激怒

さらになんか話題を焚きつけてくる黒幕が出てきたり、サッカーから訳わからない批判が出てきたりする。

さらにいくとグラウンドゼロを探し始める人が出てくるも当初の人とは別の人が見つかったりしていやなんか面白いなこのコント

結論バタフライエフェクトコント

2020-05-24

はてブの一部ヘビーユーザがウザい

はてブ(のブコメ批判が何個も出てるけど、どれも本質からずれてるから書く。

誰がウザいか

最近いくつかはてブ批判があったが、はてブユーザ全般レベルの低さ・問題批判してる。

でも、これは本質からずれている。実際にはてブの質が低いのは、一部のヘビーユーザだけのせいだ。

一部のヘビーユーザというのは、次の特徴を持ってるユーザだ。

なんでウザいか

  • 単純に読んでいて不快
  • 同類だと思われたくない

1つ目は非表示でどうにかなる。

でも2つ目をどうにかしてほしい。

俺ははてブ自体サービスとして気に入っているし長年使っている。代替サービスは(なぜだか)少数だし、あっても使い勝手が悪い。

ブックマーク機能だけ使用してる。「ブコメ」はイメージが悪いので使わない。

スターなんか付いたら最悪だ。さっき「スターを稼ぐゲーム」みたいな文章よんだけど、どんな罰ゲームだよ。

はてブヘビーユーザ同類」って記号だろ?稼いでどうすんの?

実際にはコメント機能自体は使いたいときもある。技術質問を書いといたら、答えてもらえたこともある。でも最近は全く使わなくなった。

ブコメイメージが損なわれてるおかげで、利便性が下がってる。

最近だと、「ブコメが他のはてなサービスイメージを悪くしている」みたいなのも読んだ。意味不明だ。他のはてなサービスなんかブログくらいだろ?

それよりも、はてブの他のユーザ迷惑しているんだよ。

はてブ老害ユーザは、批判されるたび、揶揄論点ずらし・大喜利化でスターつけあってごまかしてるけど、そういうところが一層ウザい。

ブコメで「はてなブログ互助会」って揶揄も見たことあるけど、俺に言わせれば老害ブクマカの方がよっぽど互助会だよ。しかもウザい。

アホなブコメ垂れ流してる老害ユーザ以外にもはてブユーザは多数いるんだよ。

ユーザ利便性を下げないでほしい。

もうね

感情的ヒスってくるおっさん。昔は凄かったらしいが今となっては老害の見本。彼からしたら息子位の年齢の俺にやたら噛み付いてくる。

概ね感情的物言いなので矛盾点を指摘したり、論点確認するとマジ切れ。

顔色一つ変えず、抑揚なく伝えたら態度が悪いとか言い出してくる。

どーすりゃいいの?

馬鹿相手する程ヒマじゃない。

やはりリストラ工作するしかないのか。めんどくせえなあ。

2020-05-22

anond:20200522163441

問題論点を知ろうともせずその態度が冷笑でなくてなんなのか

どういう理由であろうが自民党支持の時点で立派なウヨカスですがな

コロナ禍に思うこと

私は就職氷河期世代ロストジェネレーションなどと呼ばれる世代です。

コロナ禍の影響で世界が今後どうなっていくかはわかりません。

twitterでは高校三年生悲鳴などが話題になったりしました。

この話題に関して伝えておきたいことがあって、文章を書くことにしました。

勢いで書ききるつもりなので誤字脱字などはご容赦いただければと思います

から伝えたいこと、それは

氷河期世代の苦しみや悲しみは繰り返してはいけない」

です。

氷河期世代の過ちを繰り返してはいけない

氷河期時代に起きた過ちを細かく述べるなら、


さて、以降は私が経験したできごとを大きくわけて2つあげてみます

この経験から上記のような結論に至っています

1つ目は日本医療、もう1つが経済です。

その前に私について軽く述べておきます

西日本まれ東京就職です。

小学生の時分瀬戸大橋の完成、バブル崩壊などを経て、消費税導入がありました。

中学卒業の頃には氷河期が始まりつつあり、早めに進路を決める必要がありました。それは大学に行くかどうかも含めてです。

高校2年の時に阪神淡路大震災がありました。

私の家は、家の修繕や親戚関係お金を失っていました。

私は大学には行くことはできず、専門学校バイトを掛け持ちの進学。やっとIT系就職したものの、ブラック企業ばかりの状態でした。

自己責任という名のもと、必死に耐え忍んで、20後半の年代もっとまともな仕事に着こうと転職活動を始めた矢先にリーマンショック

リーマンショックが落ち着いて、立ち直りつつ今度こそと思っていたところへ東日本大震災

そういう世代です。

医療について

コロナの影響で日本医療崩壊が懸念されてはいものも、「何をもってして医療崩壊とするか」が個々人によってバラバラのため、議論が進まず、言葉けが独り歩きしていると感じています

さて、医療崩壊と併せてよく言われる言葉。「命の選別」というものがありますが、私の家族はそれによってこの世を去りました。

もう10年以上前のことです。

祖父の死

田舎の隅のほうに家がありましたので、先進的な医療は受けられません。

医療設備の整った病院まで車で一時間くらいかかるような田舎です。

ある日、心臓病が発症して県庁所在地病院まで搬送されましたが、もはや助かる見込みは無い状態でした。

親戚もそれは解っているため「仕方ない」「田舎から」と諦めた様子でした。

田舎とはそういうものですし、年齢的なものもありましたから。

父の死

数年後、世間リーマンショックで騒いでいる時代です。

父も同じ病気発症しました。

父の家、すなわち私の実家は少しだけ都市に近い場所でした。病院にも数十分で搬送されたとのことでした。

しかし助かりませんでした。

医者がいませんでした。」

「手術まで数時間待ちでした。」

「なんとか手術は終えましたが、合併症脳梗塞発症したため助かる見込みはありません」

これが私の父そして祖父に対して強制的に行われた「命の選別」です。

時代はちょうど小泉内閣の時です。

合併で多くの町が市になり、色々な予算が削られていきました。

医療制度が新しくなって、地方医者(研修医)が来なくなりました。

(興味がある人は調べてみてください。研修地方に来る人が居なくなり、その結果何が起きたか。)

その結果がこれです。

経済について

バブル崩壊消費税導入

私が小学生の頃、瀬戸大橋が完成して本州四国が一本に繋がりました。俗にいう「一本列島」ですね。

先行き明るいと思われていましたが、バブル崩壊消費税導入が押し寄せてきました。

家の家計は数十年先まで給料が上がり続ける前提で組まれたローンとなかなか上がらなくなった給料で苦しかったようです。

それでも父と母が共働きでなんとか学費などを貯め続けてくれていました。

進学と就職氷河期

高校に進学する頃には就職が難しいという話題があがりはじめていました。氷河期です。

高校大学と進んでも先行き不透明のため、中卒で力仕事従事する道を選んだ子も居ました。

大学進学までを希望していた子でも、普通科ではなく商業高校工業高校に切り替えたりしていました。

もちろんその道を選んだ人の自己責任と言われます

大学進学断念と阪神淡路大震災

高校2年の頃には阪神淡路大震災がありました。

私の家は大きな被害は受けなかったものの、親戚関係で色々あり、、、省略。

そして本格的な就職氷河期が始まりました。就職先はほとんどありません。

就職組の競争率は2倍、3倍。公務員に至っては10倍近い倍率もあります

なぜそうなるのか?

自分高校だけの話ではなくて、全国的就職先が無い状態です。

すると、偏差値の高い高校本来大学に行くような人たちが公務員などの就職試験を受けに来ます

これでは中堅の高校が敵うわけがありません。

では進学すればいいかというと、そうでもありません。世間では「即戦力」が求められた時代です。

そしてお金がない家庭に何が起きるかというと、とても居心地が悪くなるわけで、今でいう虐待に相当する行為が起きてしまうわけです。

それでも学校先生はこう言います。「勉強していい成績とれば、家庭環境も良くなる」

前提として「勉強」があるわけですが、それを阻害する要因の「虐待」が発生しつつあるので、もはやどうしようもないです。

今にして思えば父も母も不安だったのだと思います。もし受験失敗したら、浪人するお金はない。すなわち高卒で働くことになる。

滑り止めで私立は無理。震災お金が無く、そもそも受験費用の捻出だけで今は精一杯だったので。

公務員などの就職は難しい、、、では最初から少しでもマシな企業就職するか?

色々考えた結果、私は専門学校という苦肉の策を選びました。自己責任です。自分の選んだ道ですから

派遣改悪就職

進学、就職をなんとか乗り越えても、次の罠がやってきます派遣改悪です。

就職先を増やすためとの名目ですが、実態奴隷商売人身売買です。

私は派遣ではなく正社員として就職したものの、派遣会社に限らず下請けソフト会社などにありがちな二重、三重下請けの一部が派遣に切り替わったりしていきます偽装請負ってやつですね。

偽装請負二重派遣派遣法で禁止されていますが、派遣会社社員がそれを言い出せるでしょうか?

もしそれを訴えてしまうと「誰が訴えたか」が伝わってしまい、次に仕事に就くのが困難になります

労働基準監督署に依頼しても、そこまで保護してくれません。つまり誰も言い出せない。そんな状況です。

ならばスキルを高めてから転職。。。と考えます

なんとか実務経験を積んで、転職を繰り返すことで少しずつ待遇は良くなりました。

送別会で初めて会うN次受けの営業さんに「お世話になりました」などと大人対応で去り、次に行く。

しかし、転職ブラック企業をひくかどうかという、精神的に負担が大きいギャンブルです。

ギャンブルを繰り返し、少しづつまともなところへと向かっていった中で。。。リーマンショック東日本大震災が襲ってきました。

東日本大震災直後の年収は額面240万でした。計算やすくていいですね。

リーマンショックでは助成金があるから、その金額おかしいのでは?と考えるかもしれませんが、残念ながらあの助成金企業に対して支払われるもので、そこのやりとりに一般社員が関与することはできないんですよね。

労働基準監督署?もし訴えて未払い残業代を手に入れたところで、その業界で働けなくなったら意味なくないですよね。

脅しだから無視してよいと言われても、ずっとこういう生活を続けているとそれが当たり前になってしまうのです。

そもそも労働基準監督署リーマンショック震災などの有事の際は忙しいですし、一人ひとり真面目に相手になんてしてくれません。残念なことです。

最初に述べた意見の詳細説明

自己責任論で弱者(まだ世間を知らない学生さん等)に責任押し付けはいけない

自己責任論と言われて育ってきましたが、あれは間違っています

まだ世間の荒波を知らない20台の若者に「責任をもて」「経営者目線で」と言いつつ安月給や非正規雇用で働かせる。それは間違いです。

コロナでの「自粛」と同じく、「自己責任」は当人自主的に口にするべきものです。

そもそも選択肢が無い状態で仕方なくその道を選んでいるのに「自己責任」と投げかけるのは間違いです。

就職先無いけど、どうする?自分責任で選んでね。というのは無茶ぶりです。

強者弱者に対してこの言葉を使うのは「責任転換」です。

仕事があるかどうかは時代の流れが大きい。本人の能力問題すり替えはいけない

自己責任論とかぶる部分が大きいですが、就職先が無い状態学生さん能力が低いからと責めるのは間違いです。

たとえば競争率10倍の公務員試験であれば、100個しかない椅子1000人押しかける状況です。

そのような状況下で本人の能力問題など小さなものです。

学力をあげれば就職できる」論も間違いで、私の例でいえば家庭環境が終わっているのにどうやって勉強するのか?という話です。

当時の私には食事すらまともに出てきませんでした。生きるためにバイトしましたが、そうすると勉強時間が減ります

すなわち、環境悪化している状況下で本人に問題があると論点すり替えるのは間違いです。

twitterなどで話題になっていた高校生の悲鳴は「勉強できる環境づくりが難しい」という点だと思っています本来なら大人サポートするべきところです。

そして進学が不安だというのも納得です。

氷河期当初、進学するはずだった人たちが公務員試験を受けに来たという状況。それは当人にはどうしようもないし、平時であれば合格できたはずです。

それを「勉強不足だ」などと本人の責任にしてしまうのは間違いです。

世代間争いをしている場合ではない

ももう40台となってしまいました。失われた時間は返ってきませんし、怒りや憎しみを次の世代なすりつけるつもりもありません。

度重なる過労と鬱で子供を作る能力すら失われてしまいました。だからこそ、この文章を見ている人にお願いします。

年寄りから」「若者から」といがみ合って、物事本質を見失っていないでしょうか。

身の回りの小さなことに苛立つのではなく、そんな状況にしてしまった世界日本、そして政治をなんとかするべきです。

労働者階級同士でいがみ合い、会社間でいがみ合い、それでは誰も幸せになっていません。

消費税では福祉医療をまかなえていない

当初の導入では福祉医療などをまかなうため(という建前)の消費税でした。しか実態どうでしょう

父の命に対して

医者がいないので手術できませんでした」

という言葉を受けたからこそ言います

都会/田舎高収入/定収入所属企業を問わず皆が平等に収めている消費税

平等に収めた税金にもかかわらず「(田舎から)医者が居ません」と人の命を切り捨ててしまった。故に消費税不要です。

法人税はどんどん下がっているのに、消費税はどんどん上がっていく。そして消費税生活を圧迫し続け、私自身は生活も苦しい状況が続いています

さいごに

勘違いしてほしくないので最後に少しだけ書くと、犯人捜しや不幸自慢を推奨しているわけではないということです。

消費税が悪、政府が悪といった「犯人捜し」に躍起になったところで、誰も幸せになっていません。

氷河期は不幸だと不幸自慢したところで救われません。

過去にこのような問題があり、私自身がそれを受けて多くの不幸に見舞われたからこそ、新しい世代にはそうあってほしくないと願っています

anond:20200522110706

お笑い枠じゃないと売れない」からBTSもっと売れてる」に論点をずらすのやめちくり

BTSのすごさをアピールしたいだけやろそれ

プログラムスクール議論のやつ

ネットでお馴染みのどんどん論点解釈齟齬が生まれてぐだぐだになる流れを綺麗になぞってる

気軽にベン図やらマトリクスやらで整理して話せるサービスってないのかしら

anond:20200522041254

今は全然勉強してないよ。

あの人色んな方面の話をドヤ顔で語ってるけど知識は浅いし論点もズレまくってる。

この前の検察改正案の時なんかが良い例。

2020-05-21

種苗法が流れた事を余程恨んでいるのかねぇ…

しか種苗法の件で突然著作権だのを持ち出し始めた連中はなんなのだろうね?

別件の法律から持ち出す事自体普通に論点ずらしだし、混合して考える事自体危険な事なのだけどねぇ…。

中国だの売国だの言い出しているから大方あの辺の人達だろうけどさ。

恐らく反対している人達に対して違法だのそう言う印象を植え付けたいからこそ、わざわざ著作権なんて持ち出しだしたのだろうけど、余りこの手の印象操作に乱用して使っているとそれこそロリコン児童ポルノの様にその単語自体後々世間的に忌避され、相手貶める単語の効力自体無くなる様になるよ。

そもそも検察法改正しろ種苗法しろコロナ禍のこの時期に他に優先する事が山積みであるにも関わらず、関係ないこれ等の法案をやろうとし、火事場泥棒的に可決しようとする動きが見え見えであり、まともな議論が期待できないからこそ世間的にも切れられた側面も大きい訳なんだし。

ここで出ている著作権法の改正にしてもこのコロナ禍でドサクサ紛れに通そうとしているみたいだしなぁ…。

元カレと夢で再会した

もう別れて4年経つ。

彼の事は別れた後半年くらいはちょこちょこ思い出したりしていたけど、だんだんと思い出す回数が減って、この2年くらいはすっかり忘れていた。

そんな彼といきなり夢で再会した。

から覚めた後、ぼけーーーっと思い返してエモい気持ちになったのでここにひっそりと書き残しておく。

彼とは大学で知り合い、社会人2年目の夏くらいまでの2年くらいをパートナーとして過ごした。

出会いは5日間連続で行われる夏期集中講義だった。

午前中の授業が終わり、即荷物をまとめ、駅まで続く坂を下っていたら、突然後ろから「ねえ!」と声がした。

あ、なんか落としたかな?と思って振り返ると、小走りで坂を下ってくる彼がいた。

「ねえ、歩くの早すぎない?」と妙に馴れ馴れしく声をかけられて私はちょっと嫌な気分になった。

「何か落としました?」と質問無視して問いかけると、彼は笑って「いや、そんなんじゃないけど。あなた増田さんでしょ。」と答えた。

全く知らない人だったのでなぜ私の名前を知ってるんだ...?とかなり怪訝な顔をしたら、「俺、前にゼミの合同発表で会った事あるもん」と聞いてもないのに教えてくれた。

彼は私が何か言うよりも先に「明後日、授業終わった後にランチ行こ!」と誘ってきて、私が「え、あ、うん」とか何とか言ったのを確認して、坂を駆け上って行った。

私は坂を下りながら、呆気にとられるとはこの事かーなどと考えていた。

当日、私は知らない人とランチに行くのがめんどくさくて何とかしてバックレようと試みたのだが、あっさり大学構内で捕まってしまい、彼とランチをすることになった。

ほぼ初対面の人とはいえ、同じ大学に通う同学年の人なのでそれなりに共通点があり、ランチは案外盛り上がったような記憶がある。

ランチの後もなんだかんだと飲みに誘われる事が多くなり、気付いたらベロベロに酔っ払ってホテルに入っていた。

もう今となってはその時の行為がどんなだったか全然覚えていないが、お互いベロンベロンに酔っていたので適度な積極性もあり、それなりに満足できるものだった。

翌朝、駅まで歩いている時に手を握られて、付き合おうか的な事を言われた...気がする。もう覚えてない。


付き合いだしてからは本当に楽しかった。当時私は一人暮らしをしていた。彼は実家に住んでいたので、必然的にうちに入り浸ることが多くなり、一緒に買い物して晩御飯を作ったり、夜中に5km先のコンビニまで散歩したり、朝から晩までセックスしたりと楽しい事この上なかった。

私は彼のまっすぐな所や、どんな人も大切に扱う所、悔しい思いをしてもなにくそと強くなれる所が好きだった。

それに、晩御飯を作りながら飲むビールの美味しさや、煙をもくもく浴びながら焼き鳥が焼けるのを待つ時間のワクワク感や、駅の改札まで傘を持ってきてくれた時のキュンとした気持ちを、私が感じるのと同じくらい、幸せだと感じてくれる所が愛おしくてたまらなかった。

私が好きそうなカフェお気に入りバー、彼の両親がプロポーズしたという思い出のレストラン、幼い頃から通ってる汚いラーメン屋高校生の時初めて挫折経験して男泣きした公園東屋。彼が色んな場所でいろんなエピソードを教えてくれるたびに、彼が私を信頼してくれているのが分かって嬉しかった。



付き合って半年が経った頃、私は就職のため地元に戻った。

一人暮らしマンションを引き払って、空港に行くまでの道中、彼が私の手を確かめるようにずっと撫でてて、それが切なくて涙が自然と溢れた。


飛行機に1人で乗り込んだ後すこししたら彼から「右ポッケ。」とLINEが来た。右のポッケには小さく折りたたまれ手紙が入っていて、「遠距離なっちゃうけど大丈夫。離れていてもいつも側にいるのを忘れないで。俺は君のことをずっと応援してるけど、本当に辛くなったら全部投げ捨ててもいいんだからね。」と書いてあった。

今思うとやけにドラマチックだな〜〜とそわそわしちゃうけど、当時はそんなこと1ミリも思わなかった。ただただ一番大事な人が近くにいない状態で新しい生活が始まるのが悲しくて切なかった


その後、飛行機で1時間半の遠距離を1年半くらい続けた。

お互い社会人になったけど、毎日LINEのやりとりは欠かさなかったし、電話ほとんど毎日した。予定が合えばビデオ通話で一緒に発泡酒乾杯して、寝落ちするまで平気で5時間とかやってた。お互い実家だったからできた所業とも言える。

月に1回くらいのペースで会いに行ったり、来てもらったりして、なんだかんだで良い関係を続けていた。



そんなある時、私が浮気を疑われた。しかも割と細部まで知っているようだった。

実際のところ、際どいところまでいったのは事実しかも酔っててあんまり覚えてない。状況から判断すると明らかにクロだけど、私は必死否定した。

彼が私のスマホを盗み見したという所を執拗に責めて、論点をずらしてごまかした。

彼は一応というか一旦は水に流す、と言ってくれた。だけど、この事件から明らかに私たち関係はうまくいかなくなった。

LINEはするけど、どこかよそよそしい。写真つきのLINEほとんど来ない。私と会いたがらないし、愛してるとか好きとか言わなくなった。

私は2週間くらいかけて「あ、これもうダメなやつ」と理解した。

浮気を疑われるような事をしたのは私だし、もう私がどうあがいても関係が修復することは不可能に近いな、と。

それを悟ってからは、LINEするのを辞め、Twitterやインスタもログインすらしなくなった。とにかく目の前の仕事に没頭して、家にいる時間勉強に費やした。

そして、1ヶ月くらい経った時、自分から彼に「会って話したい事があるので時間をください」とLINEを送った。


もちろん、私は彼と別れるつもりだった。浮気まがいの事をした自分をもう一度信頼して欲しいなんておこがましいと思ったから。

久しぶりに会った彼は前に会った彼と同じで、お気に入りカフェ仕事の事とか季節の事とか、当たり障りのない事を話して緊張をほぐした。

私が別れを切り出した時、彼は私の提案に答える代わりに、椅子から立ち上がり、ひざまずいて「結婚してください」と言った。

彼の手には指輪の箱があり、中には一粒ダイヤリングが光っていた。

しばらく状況が飲み込めなくて、10回くらい「え?」って聞き返した。

彼は椅子に座りなおして、封筒を私に渡した。封筒の中には婚姻届が入っていて、彼の書く欄は全て彼の直筆で埋まっていて、捺印もされていた。

別れるつもりでいたのに、まさかプロポーズされるとは。夢にも思っていなかった。

いざプロポーズされてみると、やっぱり嬉しくて、私は「私でよければお嫁さんにしてください」と泣きながら答えた。別れるつもりだったのにね。


でもそう簡単ハッピーになれるはずなかった。

私は彼と連絡を取っていなかった数週間の間になぜか上司に認められてしまい、数ヶ月後から新しいプロジェクトに投入されることになっていた。

これまで1年目の社員にこんなチャンスが来たことはないらしく、部内でも若干どよめきが走ったくらいだった。

そのプロジェクト海外出張も多く、仕事忙殺されることが予想された。

この仕事は私が入社からやりたいと思っていたことそのものだったので、私は二つ返事で快諾した。

いざその仕事が始まってみると、家は帰って寝るだけ。休日は半分仕事で半分勉強しないと追いつかない。

毎日できていたLINE出張やら会議やらでまともにできない。予想はしてたけど、その何倍もハードだった。

もちろん彼にはそのことも伝えて会ったし、彼も理解してくれてはいたけど、だんだん距離が離れて行った。


私がやばい、と思った時にはもう遅かった。

仕事の合間を縫って会いに行っても、無言でドライブ。険悪な空気のままホテルに入って前戯もなしのセックス。もちろん嫌だって泣いて訴えても力で押さえ込まれる。

彼の友達を交えてBBQをしても彼は私を放置して友達と遊びに行く。

存在のもの無視されているのが手に取るように分かって辛かった。

最後は私も耐えられなくなって、弁護士相談して社会的制裁を施して、ぐちゃぐちゃになったまま終了。


.


別れて4年経った今思い出すのは、私の人生で一番好きだった人との幸せな思い出と、一番憎かった人とのぐちゃぐちゃの修羅場

もし人生で一度だけやり直すことができるなら、浮気騒動の前に戻りたい。本当にあれは私が悪かった。あれからお祝いの席以外ではお酒飲んでない。

夢では私と彼は幸せカップルで、一緒の布団にくるまってどっちが裸のまま暖房をつけに行くか小競り合いしてた。

彼が健康でそこそこ幸せに生きていてくれたらそれで十分だけど、この夢ってなんか意味あるのかな。

2020-05-20

anond:20200520183330

なんか話がズレて来てるけど

陰謀論者の発言であることと実際にそれが陰謀であることはあんまり関係なくて

陰謀論者が陰謀を言い当てることはあるんだから

発言者の属性を攻めるのって論点ずらしてるだけだよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん