「不快」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不快とは

2019-01-23

anond:20190123114712

嗜好品だろうが必需品だろうが「見たら不快になるから嫌だ」という「お気持ち」が優先されるのであるならば撤去されるべきである

と前提の定義をしてからお話をすることを勧めるのは

140文字で延々と地獄を繰り返している人たちに対しては酷な話なのであろうなとは思う

また、本トピックではなく、別トピックでやるべきであることを理解して頂くことも

同様に酷なのだろうね

anond:20190123114814

下着性的ものではないか不快に思うはずがない! ろんぱっぱ!」

anond:20190123114814

不快ものなんだから撤去要求していいんじゃね?

或いは男性にはその権利はないと一蹴されるか

コンビニエロ本生理用品と同列に扱っているツイート話題になってるけど

あれは「お気持ちによって撤去される」という視点で見れば間違ったことは言っていない。

嗜好品だろうが必需品だろうが「見たら不快になるから嫌だ」という「お気持ち」が優先されるのであるならば撤去されるべきである

「必需品はお気持ちよってコンビニから排除されない」というのであれば、「必需品」の定義必要となる。

なお、エロ本が「人権軽視」や「差別であるという意見は、もしもそうであるなら陳列以前に製造自体問題になるのでコンビニ陳列問題で挙げるのは不適切である

anond:20190123111732

弱者のことを必死勉強し、弱者不快な思いをしたり孤立しないようにするのはマジョリティ義務です。

そうしないなら差別主義者。

anond:20190123091150

横だが、エロ本に限らず「不快ものを視界から消しておく」は教育上良くないと思うぞ

他人には他人表現の自由趣味があるってのを分からない大人に育つ

anond:20190123084849

そもそも水着女の壁紙が何の害なんですかな?

不快ものを見たくない」が正義なら、「お前の面が不快」も正義足りえることになるが。

腐女子カーストイライラしたので長文書いたら文字数引っかかったので2

疲れてきた

ところで表現の自由って政府は介入しないってことだから

株式会社ウェイブ自己判断配信停止したのは表現の自由侵害でも言論弾圧でもないか表現の自由でググれ

ウェイブ炎上したコンテンツ今後も配信し続けたら会社に悪影響だから下げたんじゃねえの

腐女子図星つかれたからって顔真っ赤にして正論発狂して批判反論しまくって配信停止に追い込むなんて最低の民度だなキチフェミ表現の自由侵害言論弾圧いじめだって言われてるけど

腐女子かどうかも疑わしい自称腐女子原作者に実話エッセイとして実態に即していない偏見に満ちた腐女子への悪いイメージ助長される商業漫画を描かれたら腐女子は嫌な思いするだろ

実際「腐女子ってこうなんだ」って受け取る人間はいたし

批判反論も出るのは当たり前だしバズってたのは腐女子カースト大喜利だったじゃん

こういうのは相手にしないでスパブロってのはバズったのも見かけたけど配信停止を呼びかけるバズりツイートは見かけてないし検索かけても配信停止前の段階ではなかった 検索が甘いかもしれないけどあったとしても数ツイートだろこんなん影響力としてちゃちすぎるし署名運動したわけでもなく停止すればいいのにって呟きすらだめってそれこそそっちの論でいう表現の自由侵害じゃねえの?

腐女子は笑いものにされてればいいんだよいじめられてればいいんだよいじめた側を責めるな腐女子のやったこはいじめって感想人間がそこそこいるかイライラする

鉄オタとか男オタクとか俺たちが笑いものにされてるときは放っといたくせに自分たちときは嫌がるのかってそりゃ誰だって自分が身に覚えのないことで笑いものにされるのは嫌だろ だから自分でできることをしたんだろ

鉄オタも男オタクも今回腐女子のために何かしたか? してないなら俺たちのときはお前ら助けてくれなかったのになんて話をするなよ女は全人類のお母さんじゃねえんだよ個人的に親交があれば助けたりもするって話でしょ人間なんだから 

自分たちがやられたとき自分たちでできることをしたのか? できることをしたのにいい結果にならなかったならそれは理不尽で正されなければいけないことだし行動した人は偉いけど

俺たちはひどい目にあっても我慢したんだからお前らもひどい目にあっても我慢すべき これだから女は ってことなら話にならねーよ糞

tukareta

第三話

腐女子恋愛事情

居酒屋腐女子会をしてたとしよう (見ず知らずの男性陣に声をかけられ)『おねーさんたち一緒に飲まない?』なんて即席合コンラッキーチャンスがあったとしても 普通は(机をくっつけて合コンが始まる)所が 腐女子場合 『いやイイッス』と殺意を抱く結果に」

腐女子関係なく即合コンしないだろ ラッキーチャンスと認識しないだろ 女は友達で集まってる最中知らない男に声をかけられたらラッキー合コンチャンス!ってなるのが普通って価値観お前本当に女か?

大学時代の先輩腐女子彼氏持ちの付き合って一か月で穴る喪失エピソードからアブノーマルに慣れ親しみすぎて性に対するボーダーラインが低くなりがちなの腐女子は!!」

サンプル数1で「腐女子は~」って普遍化するな!!!!!!!!!悪質なデマを流すな!!!!!!!!○○高校JKはすぐヤらせてくれるみたいな下種の勘繰り、発想が邪悪

というか自称腐女子彼氏持ち原作者アブノーマルプレイしてないならアブノーマル先輩腐女子一人とnotアブノーマル腐女子原作者一人で破綻してるじゃんこの説 アブノーマルプレイに引いている描写があるってことは自分原作者)は違うってことだろうし

そして流れるように先輩腐女子彼氏disる 何?

問題なのは自分モテない理由恋愛対象にすりかえるタイプ

「その中でも大半を占める『私女の子も好きなんだよね』」

「『やっぱ女の子最高 付き合って』 こんな感じの自称バイセクシャルファッションレズ発言するやつ」

「主に2パターンあるがどちらも対象関係なく『それ以前にモテなそう』な風貌をしている場合が多い」

パターン原作者10代の「普通じゃないアタシ」演出発言例「男とかキョーミない女の子イイにおいやわらかぁい♡」

パターン原作者大人の逃げ(言い訳)」発言例「女同士の方がわかりあえて気楽」

→ついにやっちまったなお前

ぶっちゃけ配信停止の一番やばい理由ここだろ

「読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありません」って声明を出して腐女子が気にくわないか配信停止しましたって感じに見せかけてるけど

いや実際腐女子へのヘイト作品だったけど

ここはガチバイセクシャルレズへのヘイト差別描写なので

男の彼氏がいることが腐女子カースト上位の条件である認識している原作者他者自称バイセクシャルファッションレズと決めつけて見下しているのやばい

思春期において自分同性愛者かもしれないと思ったり実際は違ったりするのはあるあるだけど自称彼氏持ち年上の女が10相手マウント取るのやべーよ 本当にそうだとしても違うとしてもやべーよ

女同士の方が分かりあえて気楽 現実じゃん 大人の逃げとか言い訳とかって原作者がそうであってほしいだけじゃないの?

なんかここ腐女子どころか女視点ですらなくて女はこんな風な愚かな存在であってほしいという人間心理を感じるんだよな…

お前本当に腐女子か?

お前本当に女か?

お前本当に人間か?

実在してるか?

原作者実在も疑わしくなってきた 設定が二転三転してて実話漫画テンプレに無理やりはめ込んだのであちこちボロが出てる感じ

腐女子は恋バナ一つできないんか」「さよう」

→恋バナしてる腐女子普通にいるし既婚者もいるし何なら出会ってから今までの間にふつう結婚した腐女子も何人も観測してるんだよな 

つーかさっきまでdisってた彼氏持ち先輩腐女子の話はどうした とにかく腐女子disるためにそれまでの話と食い違うことその場その場で適当に継ぎ足していくな 混乱するんだよ 設定を統一しろ 原作作画で分けてるのになんだその体たらく

嘘松心理

「あの子の稼ぎとルックスでこんな暮らしできないと思うが」「あの子=友人A 安定の不細工」「インスタ映えに心血を注ぐキラキラ女子

原作者の友人って原作者が見下すためのものなんですかね

これを読んだ人間原作者腐女子は友人をこんな風に見下しているって誤った認識されるのイライラするし反論したら図星乙ってしか返ってこねーの オウムか 鳥頭

ぼかしてるけど商業漫画ジャンル名出してあまりいい意味ではないネットスラング紹介するのってとりあえずそのジャンルにとっては迷惑じゃないですかね

定着して松関係ないことにも嘘松が使われてるのかわいそうだしいい気分にはならないんですけどそれをますます助長しない? これ

「やっかいなのはウケてバズったのが快感になって他人迷惑かけ始める人たち」「たとえば○○ジャンルとある作家が鍵を外して人気が上がり前とは比べ物にならない量の反応をもらい調子に乗ってしまったのかパクツイを始めて炎上!」「ねえちょうだいよぉぉぉ前みたいに「いいね」ちょうだあああああい」「いいねは人を狂わせるのだ」

パクツイはだめだね

パクツイアカウント滅べばいいのに

たまにパクツイアカウントツイートRTされてくるとちょっと悲しい気持ちになりながらブロックしてる

ところでそれはそれとしてこれ個人誹謗中傷じゃないですか

というか実在するんですか Twitterやっててトレパクやらいろんな同人トラブル腐女子炎上したり何かあれば学級会するのは何度も見たけど腐女子パクツイ炎上ってあった?

コピーライティングパクツイ炎上とごっちゃにしてない?

というか作家承認欲求に狂ってアウトな行動に走り炎上して「いいねは人を狂わせる」ってオチにしたいならトレパクを例にするのが腐女子場合適当では?

原作者本当に腐女子か?

「何でもかんでも叩く風潮は萌え文化を衰退させてしまうのではないだろうか…」

→何でもかんでも叩くのはよくないね

でも叩かれる理由があるものは叩かれるよね

そしてこの漫画自称彼氏持ち腐女子としてとにかく腐女子というだけで何でもかんでも叩いてきた原作者お前が言うな


お前本当に腐女子か?





腐女子カースト漫画が出回り始めた時点でこれが腐女子の外に届いたら「腐女子図星をつかれて発狂wwwwwwwww」「腐女子さん正論涙目wwwwwwwwwww」みたいな腐女子叩きまとめ記事害悪アフィでできてコメント欄腐女子叩きが嬉々として始まるんだろうなって思ってたけど当たったよ畜生

配信停止について不快であるという理由BL規制されてもいいのか表現の自由侵害する腐女子民度は最低ってそもそも話の流れを理解できてないんだよな 表現の自由政府以外に侵害できねーしそもそも腐女子配信停止の働きかけはしてなかったし配信停止は会社自己判断

なのに腐女子カースト配信停止する理由として「読者が不快から」って会社が出したからそれだけ見た人間は読者である腐女子不快に思ったか配信停止に追い込んだんだって誤解して腐女子非難する 原作者の思うつぼだけど腐女子叩けるなら気持ちいからそれでいいんだよな 世の中は糞

誹謗中傷差別表現があったから」だろ実際は 「LGBT差別」もあっただろ 本当に問題があった部分は誤魔化して読者のせいなんですぅする謝罪定型文に逃げるな 差別表現があったことを明記しろ 謝罪になってない謝罪で悪いのは腐女子ですぅに嬉々として群がる腐女子叩きたい人間最初から最後までサンドバッグだよふざけんな




以下どうせこういうまとめされるんだろって思ったら案の定あった害悪アフィまとめタイトル

悲報腐女子さん達、「不快から」という理由作品配信停止させる

腐女子さん達 自分たちが気に食わないという理由作品配信停止させる

民度最低の腐女子さん達、自分たちが気に食わないという理由作品配信停止させるwwwww

まとめタイトルに悪意があるんだよな

タイトル記事が何十個も出てくるから業者アカウントは消えてほしい

腐女子叩きがしたいなら掲示板にそういう目的スレがあるからそこでやって みんな歓迎してくれるし気持ちよくなれるから




原作者は本当に腐女子か?

原作者は本当に女か?

原作者そもそも実在するのか?

企画もののために作られた架空キャラクターでは?

腐女子かどうか怪しいんだけどその前に実在するのかも疑わしいんだよな

もし実在する腐女子ならせめてジャンルだけでも教えてほしいんだよな あん認識他人と付き合う人間怖すぎるだろ近寄りたくないわ

あの漫画腐女子って実際こうだろって思った腐女子 お前はそうかもしれないがそうじゃない腐女子まで最悪人間にするなよ

お前個人またはお前のまわりの人間原作者と一致するだけで腐女子全体が原作者と一致するわけじゃねーから

私の性格がいいかといえば当然こんな記事書いてるから最悪なんだけど

自分はともかく自分が好きな作家腐女子があの漫画に出てくるような腐女子または原作者のような人間だと認定されるのムカつかない?

自分含め自分が追ってる作者も感想くれる人もみんなあの漫画の通りだって認識してるならその旨教えてくれよな 関わったらそういう認定されるんだって知っておきたいか

腐女子カースト 「腐女子」の部分にいろんな人がいる別の集団を代入しても炎上する漫画ってことがわからないの? それを腐女子なんだから差別されても黙ってろ怒るなって方がおかしいんだよな それこそ言論弾圧じゃん でも腐女子なら差別していいって心理根底にあるからこういう燃え方するんだよな 糞

腐女子カーストヒエラルキー下位に落ちたくないか非オタの友人にオタクCOできない話さあ

腐女子だとバレる=ヒエラルキー下位どころかこんな風にいくら叩いても笑っても馬鹿にしてもいいし反論は許されない存在認定される かもしれない と同義から恐ろしくてCOできないんだよな

ヒエラルキー下位に落ちたくない~みたいな軽いノリなの腐女子エアプだろ

原作未読未視聴未プレイ二次創作知識ヘイト二次創作大っ嫌いです

anond:20190123015246

なる。

オムツ業者は売れるために心地よくする。

最近の親は、子育てなんかするよりもスマホゲームしたいから手抜きしたいから、真面目に子育てなんかしたくないから、子供トイレできるようになることなんかよりも黙ってオムツはいてもらった方がいいわけで、その時期が長ければ業者は儲かる。

 

の子育ては、子供オムツ不快、だから早くトイレを覚えた方がいいという子供の成長、自立のための育て方をしていた。

 

そういや今の子不憫だな。

2019-01-22

人生仕切り直したい

24男子大学院生修論もほぼ書けてもうすぐ卒業内定もある。学歴初任給だけ見れば相当いい方だと思う。けれど、大学6年間ですっかり心をやられてしまって、とてもじゃないが働ける気がしない。寝ても覚めても不愉快趣味もろくに楽しめない生活を送ってる。自分語りして整理すれば仕切り直せるかなと思って書くことにした。

高校までは田舎優等生やってた。学校の成績はいつも1位で、生徒会長やったりもして、不満はほとんどなかった。地頭はなくて数学の難しい問題は苦手だったけど、勉強はやっただけ成果が出たから、つらいと思ったことはほとんどなかった。今思うとどうしてあんなに勉強やれてたのか分からないし、「勉強しない」っていう選択肢を知らなかっただけなんだろうな。親や先生が褒めてくれるのが気持ちよくて望まれるがままに勉強してた。大学入試も難なくクリアして、いわゆる難関大学情報系に進んだ。情報系を選んだのは、ブログ運営で少し触ったプログラミングがなんとなく面白そうだったから。当時はニュースビッグデータがもてはやされていて職に困ることもなさそうだった。

大学1年目、高校の延長で真面目に勉強してたら自然と上のほうにいた。だけど、自分の周りでは、小学生からプログラミングやってて課題で褒められるやつとか、やたらレポートの内容が濃くて授業中に取り上げられるやつとか、無難試験問題が解けるだけじゃない化け物がより目立っててかなり焦った。当時はまだギラギラしてたから、すぐにプログラミング入門書とか買って自分勉強した。幸い自学する力はあったから、大学から始めた人の中では頭ふたつ分くらい抜きん出たと思う。Twitter自分勉強した内容とか発信してかなりイキってた。ただ、自分プログラミング勉強していくのは結構しんどくて、月に何日かとにかく不快で何も手につかない日があった。自分はなんて頭が悪いんだろうとか、どうしてプログラミングを楽しめないんだろうとか、そういうことをぐるぐる考えてた。

大学2年目、先輩に誘われて一緒に小さなプロジェクトをやることになった。プロジェクト過程で、プログラミング能力の低さとTwitterでイキてったのをめちゃめちゃに叩かれて人格がかなり矯正された。不健康気味だったメンタルが更に脆くなって自信とか自尊心がなくなったけど、プログラミング能力はすごく伸びたし、なによりあのままTwitter井の中の蛙やってたらと思うとゾッとするし、トータルでは感謝してる。とはいえ、そのプロジェクトやってる間は大変だった。深夜にやってた萌えアニメを録画して起きてる間ずっとリピート再生したりしてた。今なら絶対に続けられないけど、当時は「つらいことをやめる」っていう選択肢を知らなかった。

大学3年目、自信を失ったなりに必死勉強した。優秀な人の真似をしてみたり、流行りの技術に手をつけてみたり、自分の興味は二の次でひたすら迷走した。見かねた先輩に「君、意志ある?」と言われたのは今でも鮮明に覚えてる。意志はなかった。それでも、とにかく自信を取り戻したくて、別に面白くもないことを無理やり勉強し続けた。もちろん、当時は面白いと思い込んで勉強していたわけだけど。

大学4年目、研究室に配属され快進撃が始まる。たぶん人生で一番賢い時期だったと思う。きっかけはゼミの輪読。準備のために全部の定理証明したり順序立てて説明する練習をしていたら一気に賢くなった。学校先生がしきりに言っていた「論理的思考」がどういうことなのか分かって、頭の使い方が変わった。自分が急速に成長するのがわかって、すごく嬉しくて、それまでやっていたプログラミングを全部捨てて研究にのめり込んだ。指導教員聡明な優しい方で、目の付けどころが良いと褒めてくれて更に研究が進んだ。今になって振り返ると、別に研究対象が面白かったわけではなかったと思う。一般に上手くできることは面白いし、人に褒められたら気持ち良い。ただそれだけのことだったけど、寸暇を惜しんで研究をした。眠りにつく直前まで研究のことを考えて、良いアイデアを思いついたら飛び起きてメモした。

年が明けて1月卒論は早々に完成させた。同期が卒論執筆でひいひい言ってるのを横目に、ひとりヨーロッパに飛び、トップカンファレンスポスター発表コンペで2位をもらった。賞金の300ドルiPad Pro を買う足しにした。日本に戻ると、すぐに国際学会に出すための論文を書き始めた。1か月ちょっと毎日10時間くらい研究室にこもって論文を書き続けた。2月末には30ページの英語フルペーパーが出来上がって、それがトップカンファレンスに一発で通った。割と流行りの分野だったし、近い内容の論文が同時にアクセプトされたりしていて、巡り合わせが良かったのだと思う。それでも十分に異常な成果だったし、このあたりでもう博士課程に進むことになるんだろうなと考えていた。

大学院1年目、アクセプトされた論文の諸手続きや発表準備をしながら次の研究テーマを探した。博士号をもらうには更に2本国学会論文を通す必要があって、1本目の論文技術的にも精神的にも指導教員依存していた自覚があったから、次のテーマ自分の力で見出したかった。指導教員からもしばらく迷走しなさいと言われた。たぶんここが分岐点で、ここで手厚い指導をお願いしていたら何か変わっていたかもしれない。当時の自分は、博士号取得に向けたアドバンテージを得たのを良いことに、時間たっぷり使って自力研究テーマを探そうと思った。手始めにここ30年くらいの関連研究を根こそぎリストアップしてひたすら読んだ。研究テーマを見つける最短経路ではなかったけど、一人前の研究者になるには歴史を知る必要があると思った。たぶんこれが大学生活最大のミスで、大して面白いとも思ってないくせに、何十ページもある論文をいくつもいくつも読み続けた。少しずつ、論文を読むのに飽きて、研究テーマをまとめる期限がせまって、メンタルがやられていった。

翌年2月下宿クローゼットに大きな穴が空いた。もう1文字論文を読みたくない、研究テーマもろくにまとまらない、どうしたら良いんだって頭を抱えて家にこもってるところに、知り合いかしょうもない説教めいたメッセージが届いて目の前が真っ白になった。机を目一杯殴って立ち上がって、自分が座ってたゴツいオフィスチェアーをクローゼットめがけてぶん投げた。木が割れるすごい音がして、クローゼットに人の顔くらいの穴が空いた。そうするしか自分を守る方法は無かったと思うけど、引越しのことを思うと気が重い。そこまで追い詰められても、まだ教員相談しなかった。初期の成果が異次元すぎて、それに見合う研究者にならなければいけないと思っていた。

大学院2年目の5月自力学振申請書を書き上げた。めぼしい研究から無理やり話を広げてそれらしい展望でっち上げた。内心、その研究面白いとも有力な結果に結び付くとも思っていなかったけど、とにかく研究の段階を前に進めないと精神がもたなかった。指導教員コメントをもらいながら、5000字くらいある申請書を10回書き直した。申請書を書いた後は、修士論文の影もちらついていたから、申請書に書いてある内容に沿って研究を進めることにした。もともと愛着情熱もないテーマなのに、行き詰まって、読みたくもない論文を読み込んで、理論改善して、というのを繰り返す日々が続いた。折れた足で無理やり走っているような気がした。足の骨を折ったことはないけれど。

8月、ようやく研究が形になってきて指導教員ミーティングをした。それまでも月に1、2回は簡単ミーティングはしていたけど、理論も含めてしっかりと方針説明するのは初めてだった。自分メモを前に映して30分話して、色々と質問された後、この方針は厳しいねというような話が始まった。先行研究の流れを十分に汲んでおらず眉唾モノとのことで、一番近い先行研究改善する方針提案してもらった。教員からすれば僕の研究はいわば初稿、それを足がかりにして研究を広げれば良いと思って話をするのは当然だけど、僕からすると1年半の集大成が30分で水の泡になったわけで、たぶん致命傷だったと思う。事態の原因が自分研究の進め方にあったことは理解していたし、現実問題として修士論文を書かなければいけないので、そこから2週間くらいは騙し騙し提案してもらった研究を続けた。

8月末のある朝、起きたら研究をやめていた。あの朝の感覚説明するのはすごく難しいのだけど、とにかく、自分の中の何かが壊れて研究をやめていた。研究をしたくてもできないなんてレベルの話ではなくて、きれいさっぱり研究をやめていた。研究をしなくてもなんとも思わないし、すごく不思議感覚だった。そこから10月まで毎日ゲームをした。あんなに遊んだのは人生で初めてだった。途中、指導教員に「もう研究できません」といったメールを書いたところ、とても優しく対応してくださった。返信の言葉は適切でとても暖かく、もう数ヶ月早く同じ言葉を聞いていればさぞ励みになっただろうと思いながらゲームをした。成果にも指導教員にも恵まれていたし、とても貴重な機会を棒に振ったなと思った。

10月、指導教員ミーティングをした。1ヶ月半ゲームをして療養したので、もしかしたら研究ができるかもしれない、という淡い期待を持って臨んだ。8月わずかな進捗とその後の顛末を報告して、全く新しい研究テーマでやってみましょうということになった。参考文献を教えてもらって読み始めたが、アブストを半分過ぎたあたりで胃腸ギリギリ痛んで吐きそうになった。指導教員に「もう無理です、すみません」と泣きついて1本目の成果で修士論文を書くことを許してもらった。その後、就活をして内定をもらった。大学での成果を振り回して精一杯の虚勢をはったので、さぞ優秀な学生に見えたと思う。会社内定と同じくらいの時期に、学振内定通知も届いた。申請書に書いた展望はまるっと没になっているが、一体どんな素質を見出されたのだろう。

そうして今に至る。研究ではそれぐらいの挫折はよくあることだよ、とも言われたけど、それを乗り越えられるほどの情熱や興味はなかった。というか、乗り越えて平気な顔で研究を続ける人の方が狂ってると思う。努力は夢中に勝てないというやつ。何か夢中になれるもの出会いたいと思うけど、何かに夢中になりたいって言いながら年を取るんだと思う。何をやったとしても、上達するにはどこかで自分に負荷をかけて頑張らないといけない。そこで夢中でいるための気力を大学の6年間で全部使い果たしてしまった感じがする。つらいことや興味のないことを頑張りすぎた。

社会に出て働くわけだし、流石に関連技術勉強しなければと思うのだけど、ひたすらつまらない。以前の自分なら、会社評価されそうな技術を喜んで勉強したと思うのだけど、そういうギラギラした熱意は失われてしまった。たぶん研究に全部持っていかれた。どの分野もどの技術もつまらない。物事の細部や深い意味に立ち入りたいという欲求が一切湧いてこない。自分知的好奇心の乏しい人間であることを痛感する。この状態で働き始めて、仕事を続けられる気がしない。毎日少しずつ自分が衰えていくのが分かってとても怖い。何か努力をしなければと思うけど、何をしてもつまらなくて30分ともたない。何も努力していないから、手放しで遊ぶこともできない。人生どん詰まり状態。早く仕切り直したい。

映画館映画見るのってディスアドバンテージすぎる気がする

映画見るためのマナーを守りながら見なければならず、他人マナー違反を気にしなければならないのが苦痛

 

例えば、俺はしないけど、やっぱエンドロール始まった瞬間にスマホつけるやつは絶対いるわけよ。でも、それを注意することを誰もしないから、スマホつけるやつは今後も気にせずスマホをつけるわけだ。

ふとおもうのは、俺もなにかマナー違反を犯して人を不快にさせてるかもしれないということ。なぜなら俺がマナー違反を犯しても俺や他の客がスマホ付けたやつを注意できないように、俺を注意することは誰もできないだろう。

そうして、Twitterの白ハゲ漫画で、普段俺が気にしていない自分の行動をマナー違反と吊し上げられたら絶対脊髄反射で怒ってしまうと思うわけ。自分にはマナー違反しているという自覚がないから。

そんなことを考え出してから映画見るときは背筋をピンと伸ばし、目を見開いて「周りに迷惑をかけないようにしよう」と思って、全然映画を楽しめない。それどころか一緒に映画を行ってくれる人のマナー違反を見逃せなくなり、傷つけてしまう。(本当に小さいこと。面白いシーンでちょっと笑っちゃう声をだすなど。)

anond:20190122080437

最近リベラル自分が嫌いなもの不快もの共存するという気持ち想像力が決定的に足りないのでそういう侠気はほしいところである

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 2

前回(https://anond.hatelabo.jp/20190122051523)の続きです。

6.欠落は誰にでもある

さまざまな理由から、化粧が出来ない、してくれる協力者もいないという人達に私は会ってきました。

病気怪我治療中の人、あるいは治らない障害を抱えている人が居ました。症状が出ないように薬を飲んでいて、副作用がひどいと教えてくれた人も居ます

発達障害からの注意欠陥、嗅覚・触覚過敏、どれほど頑張っても自分では時間管理ができない人、神経麻痺で手が震えてしまう人、不安障害や、醜形恐怖のために鏡で自分の顔が見られない人も居ました。先天性もあれば事故による後天性もあります

一見しただけではわからない、介助者もいない軽度の人ほど、偏見に晒されてつらい感情を秘めていました。「就活の時期はとても苦しかった」と胸の内を話してくれた人もいました。

それらは対話しなければわかりません。

生きるだけで精一杯の彼女達を外見で判断することは、とても残酷なことだと思いました。

初対面の人へ否応なしに恐怖を抱く人もいます彼女達はあまりにも傷ついてるのです。だけど彼女達も同じもの好きな人なら、親身になって耳を傾けてくれるなら、素直に明るく話せる『普通の』人達でした。

彼女あるいは彼らが、趣味を楽しむことを、ドレスコードもないイベントへ素顔と普段着で行くことを、そのために外出することを、誰が止めて良いでしょうか。

作中では、腐女子の一人のバイセクシャル発言を、言い訳と切って捨てるページもありました。

腐女子仲間の交流という非日常でならカミングアウト出来る人達もいるのです。クエスチョニング(自分性的嗜好がわからない人)も居ます

女性の体で生まれ性自認男性トランスジェンダーであれば、彼もまた女性らしい化粧をひどく嫌がるでしょう。

男性の体で性自認女性の人は、きれいな化粧をしたい彼女自身の願望を世間から嘲笑われて、ひどく悔しがることでしょう。

私自身が、長い間クエスチョニングの状態で、もしかしたら今もそうかもしれません。「雌雄何方でもない究極生命になりたい」などと本気で考えた頃もあります。そうしたキャラクターに憧れたことも。それを中二病黒歴史と切って捨てる気はありません。

その頃に考えた数々の想像は、今の作品作りに役立っています。何がどう人生関係するのかはわからないですし、簡単嘲笑材料にしてはいけません。

そして、結婚して子供もつ腐女子人達カーストの上位に位置すると作品内ではほのめかされていました。

独身の私には、既婚者のまま交友関係を続けてくれる腐女子が幾人かいますが、本人達の多くは決してそんなことを思っていません。

切り詰められた趣味時間一生懸命やりくりしています子供たちが幼く、預けられる人が居なければ、イベントに出ることもできません。離婚経験している人も居ます子供を産めない体の人も居ます彼女達の苦悩を「自虐に見せかけた自慢」などと断定することはできません。

外見に気を使えない分、時間が限られている分、彼女達は会場で迷惑をかけないよう礼儀正しくいようと努力しています

作家さんに送る差し入れを考えたり、相手不快にならないような感想手紙を丁寧に考えてくれます他人の悪意に敏感で、日々変化する対人マナーを注意深く観察しています

賢明な彼あるいは彼女達は、自分がなにか悪いことをしたら、自分を容易く卑下すれば、自分と同じ属性の誰かが心無い偏見を向けられると知っているのです。

自分を奮い立たせなければ、読みたい本を手に入れられないのです。彼女達にとってもイベント会場はまさしく「戦場」なのです。

主人公自身我慢して「普通」を演じてるからといって、どうして不特定多数にもそれを押し付けて、勝手審査してしまうのでしょうか。

腐女子として知り合ったのに、そこでしかできない話があるのに、なぜ、妹や会社の同僚にもできる彼氏の「恋バナ」を主人公はその中でしたいのでしょうか?

誰しもに欠落がありますいくら擬態を頑張っても、つつけば粗が見えることを知っています

見下す主人公よりも、その嘲笑われた「誰か」に共感して悲しみ、怒るのです。これは腐女子一般人も変わりありません。

ここまでくれば主人公の『欠落』は明確に見えてきます恋愛パートナーの有無や、化粧や顔の出来などとは関係のないものです。

物語としては、この欠落を彼女尊敬する『神』の作品で、あるいは腐女子の友人達との交流で埋める方向に少しでも向くと思わせられれば、得る物はあったであろうに、エッセイ漫画として面白くなるであろうに、無視したまま化粧と服装だけに固執し、自分以外の他人嘲笑し苛つきだけ表現して、何処かで見たような「あるある」ネタとしても使い古された、見慣れたエピソードで彩られた孤独な「自分語り」に、なぜ終始してしまうのでしょう?

主人公が妹との会話で傷つくシーンがありますが、それもどこか核心からずれています

描こうと思えばいくらでも描けて、周り込めばそれだけ「面白い」題材になるはずのこの欠落を、なぜ無視して、このように雑に扱ってしまったのでしょう。

作者自身結論が出ていないから?

であれば、必要なのは時間です。自分他人を見つめなければ、表面的な出来事自分内面を掘るだけでページが終わってしまます

結論が出ていてもページ内に収める技術問題

であれば、そのような『制限』を外すべきだったのです。悪意を放り投げてしまうより、収拾可能になるまで、試し読みの範囲伏線を詰めて描くべきだったのです。

そのほうがずっと「面白く」「続きが気になって」読んでもらえるはずです。

その柔軟さと判断力が編集者に無かったとなれば、漫画面白くできなかったのは作者だけの責任には留まりません。

私はそう考えます

7.SNS媒体での発表のリスクについて

ツイッター年齢制限がありません。誰でも登録できます

ツイッター機能として、登録者の興味のある事柄から自発的検索しなくても、プロモーションフォロワーいいねがTLに流れることがあります

日夜ツイッターではプロアマチュアを問わず真の意味で赤裸々な「漫画」が、作り手の欲望善意によって公開されております

読み手は気軽にそれらを楽しむことができます。なんの警戒心もなく、それを読めるのです。

まりツイッターを利用している未成年の、思春期の「腐女子」あるいは「腐男子」達も、この「腐女子カースト」という作品を目にした可能性が高いと言うことです。

今この文書を読んでいるあなたは、どう感じるでしょうか。

腐女子は皆が皆、18禁作品をたしなむ訳ではありません。未成年で、好奇心不安を抱えたまま腐女子世界に飛び込んだばかりの人達現実世界では未来ある学生達がそこにいるのです。

悪意に慣れていない少年少女も当然いますもっと幼くて、ただ漫画というだけで熱心に読む子も居ます。今は内容がわからなくても必ず影響は残ります。『顔芸』と呼ばれる大ゴマをつかって笑わせることは、どんな幼い子供にも通用します。

子供達に対し、自由想像世界に生きる存在であったはずの腐女子達の中に「カースト」が存在するなどと言い含め、ある嗜好を持つだけで現実では最下層の証明になるのだという差別意識を植え付けて、その子たちの無意識に色眼鏡を与え、自尊心を摘み取ってしまっていいのでしょうか。

自分もどうしようもない存在から笑って許して欲しい、などと言う虫のいいお願いを「いい大人」が子供果たしてできるでしょうか?

それとも子供達も自分と同じ目に遭いつらい人生を歩めと言うのでしょうか?

あの時から今もなお続く炎上は、腐女子ひいてはオタク達の怒りでありながら、撒かれた毒を浄化しようという一心不乱の活動でもあるのです。

それが見えない露悪的な人達はこの騒動冷笑しています。私はそれを、昔の自分のように恥じています

これについては個人の快不快に留まる問題ではありません。会社ではなく、一個人があのような悪意を撒いたとしても、彼らは同じように行動するでしょう。

わずかな露悪的な読者層を取り入れるために社会倫理無視して行動したのであれば、そうした会社に集まるのは、いっそう露悪的で短命な漫画ばかりとなってしまうでしょう。

8.倫理と信頼と商売関係

このような感想になってしまいましたが、改めて、私は自由創造性というもの尊重したい側です。

同時に面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由もまた有ってほしいと思います

商業作品においてもアマチュアであってもそれはかわりません。ただひとつ願うのは、描き手と読み手企業購入者、互いが互いに優しい形でそれが実現することです。

作品の話になりますが。

今回の騒動を見ていた時に同レーベルの「こじらせブスの処方箋~見た目を気にして病気になりました~」という醜形恐怖を描くエッセイ作品と作者が気になり、こちらは購入しました。

内容は「腐女子カースト」よりも読めました。やりようによっては幾らでも面白くなる題材だと思いました。たった一冊の本では描き切れないはずなのに、始まりから消化不良のまま、読み終わってしまいました。なぜ充分に生かせず、彼女は次々と過激タイトルの新連載に移ってしまったのでしょうか。彼女無料公開している作品を見ていましたが、やはりどこか無理におどけている様な、抑圧されているような、物足りなさを感じてしまいました。

他の主力作品ヘテロ恋愛や性事情を題材にしたものや実録系が多いようです。WEB雑誌系のスポンサー出会い系美容系で占められていることと関係しているのでしょうか。それらへ興味が向くように迎合した作品作りをすることも、おそらく企業戦略としては正しいのでしょう。

しか果たしてそれは、自由創造性でしょうか?

自尊心の低い女性や、夢を求めて来た外国人や、年齢や身体のどうしようもない特徴で偏見に晒された、「世間ちょっとずれた」弱い立場の人々を集めて「見下す対象」を作り抑圧することが、今のレーベルでの狙いなのでしょうか?

そうではないとする証拠が、今回の騒動の中にあったでしょうか?

今連載されている作品達に、作家達に、充分に示せているでしょうか。

そうした雑誌ジャンル伝統的にあることを私は知っています

会社の内部事情について、私は一切知り得ません。

善悪を私が断じることはできません。ユーザー文句をいう事は出来ますが、断罪するわけではありません。

誰かの表現を止めることはできません。

一度出した表現は別の表現で塗り替えることしかできないのです。

多くの人にとって良くなければ、出資するほどではないと思われれば、自然と読者は離れていき、伝統はそこで終わるだけです。


9.おわりに

今回の感想を書く上で、障害者や、性的マイノリティについて書かなければならなくなりました。

それらを教えてくれた人々は、私の大事な読者達です。

私はかつて、仕事をやめたのと同時に、しばらく普通でいることを休もうと思いたちました。世間や周りに合わせようと無理をするのをやめて、家に籠りました。趣味漫画を描くうちに、私は作品を通じてツイッターで人と繋がりました。

読者のフォロワーの一人が、家庭の事で「爆発」し鍵垢で叫んでいた所に遭遇しました。私はその言葉を丁寧に読みました。

私が知り得る知識を総動員して、望んだ人生が歩めない悲しみを、それを他人から非難される恐怖と怒りを一生懸命想像しました。私は彼女問題提起を注意深く見定めようとしました。

リプライではなく空リプで、一緒になって怒り、一緒に笑い飛ばしました。それは一時のSNS上のやりとりでしかないし、実際に顔を合わせる間柄ではないですが、今でも彼女との交友は続いています

上下はありません。私の意見押し付けたわけではありません。

私と彼女は、対等な互いの読者として、信頼する友人として存在しているのです。

彼女理解を諦めて無視したなら、きっとこうはなりませんでした。

信頼関係の構築に大事なのは性格ではありません。ただ己を一度引っ込めて、わからないなら真摯に聴き、調べ、深く考えた上で言葉を使うことが大事だと私は気付きました。彼女が暴れすぎて収拾がつかなくなるほど傷つかないように、考えて行動することでした。

それは自分作品を作る時と同じでした。二次創作で『推し』を見つめて、彼あるいは彼女がどう行動するか考える時と同じでした。

彼女達の苦悩の間に、それでも己自身肯定する言葉があると、パートナー子供を心から愛している気配を見つけられると、私は安心できました。

他人の心の傷を全て想像出来るわけではありません。自分の心の傷に触れられることがあれば、動揺してひどい言葉を投げかけることもありました。ブロックされることもありました。しかしそれは、多くの人がそうなのです。ぶつかり合うことも距離を置くことも恐れてはいけません。本当に知りたいと思うなら、何度でも内省し正しい目で観察すべきなのです。

彼や彼女達が教えてくれた人生エピソードを、私はそのまま作品に描く気にはなれません。自分自身人生すらも。

作品には力があります祈りにも呪いにもなり得ます他人自分幸せにさせられるし、同時に破滅させられます。それほど重く、他人が口出ししてはいけない価値観が誰しもにあるのです。

一度発表したもの簡単に無かったことになりません。丁寧に積み重ねた善意よりも、悪意の一撃の方が取り返しがつかないこともあるのです。

それから私は、世間からちょっとずれた自分感性を、注意深く噛み砕いて、善か悪かも断定しないように、フィクションに載せて描き続けました。自分が好きな作品がどうして好きなのか、どう世間と噛み合わないのか、深く深く悩み、考えました。それを読んだ人達の中に、共感して会いに来てくれた人が何人も居ました。ゆっくり時間をかけてですが、心から対話をすることが出来ました。

世間からちょっとずれた人々にも悲しみがあります。楽しみがあります。それを見下して、ただの自虐的な見世物にして終わってはいけません。

良き人生として昇華すべきなのです。自分自身のために。

漫画を描いている人々、漫画マネジメントする人々、今まさに伸び悩んでいる方に、今一度向き合って頂きたいのです。

「本当に長く愛される作品」というものは何か。

説教ではありません。私自身がまさに悩んでいたから、これからも悩み続けるだろうからこそ、一緒に考えてほしいという願いです。

ただ楽しいから、ただ涙が止まらいから書くというだけでも充分良いのです。書き上げてから、少しだけ手を止めて、考えてほしいのです。一時の利益のために道を見失わないために。


ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

ハンドルネームペンネームも、いくらでも変えられる世界です。それは責任放棄することと一緒ではありません。

今回は匿名での投稿ですが、私は私の思ったことをできるかぎり真摯に見つめ、影響を考え、投稿に至りました。それが少しでも伝われば幸いです。

私の活動がいつか誰かの人生と交わることもあるでしょう。

その時には、互いに今より優しくなれていると良いなあと、願っております



追記

これを書いている間に、『COMIC維新りあら』公式ツイッターからお詫び文が出ました。

配信停止までやる必要はなかったかと思いましたが、仕方のない判断かもしれません。

また一冊の本が燃やされたと感じました。

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 1

1.はじめに

(前のエントリを削除して分割します。ご了承ください)

私は漫画を描きます

BLではないですが、好きな作品ファンアート二次創作)も描きます

友人には腐女子の方も、そうでない女オタクの方も居ます腐男子も男オタクも居ます。どちらの性別にも属さない方も。即売会にもほそぼそとスペース参加しております

今回において「腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~(COMIC維新りあら)」という漫画作品脅迫的な批判をするつもりはありません。法律条例抵触するかどうかを語りはしません。ただ少し倫理的に問うことは一つ二つあります

また、各配信サイト無料試し読みで設定された話数が、出版責任者が「つかみ」と判断した範囲とみなし、その中で感じた所感だけにとどめることを事前に断っておきます

匿名場所にこうして文書を上げるのも、私自身の「顔」や「作品」や交友関係などのプライベートを見たがる人達に対する、防衛だと了承していただければ幸いです。いかなる名品名作であっても、つつけば必ず「粗」が見つかり賛否がわかれる物だと私は考えております。私は自分作品を愛していますが、悪意をいちいち気にしてしまう繊細さも自覚しておりますし、大事な友人達迷惑はかけられません。

なのでこの文書は、ある漫画書きの、ごく個人的感想として見て頂ければと思います

誰にでもわかるようにと書いた結果長くなってしまいましたが、よろしければお付き合いください。

=====

2.前提として物語作法戦略について知り得ること

まず私は、自由創造性、表現というもの尊重したい人です。

同時に読者は面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由も有ってほしいと思います。彼らの感想もまた創造性を持つ表現行為からです。

そして作品流行することによって起こる「意見封殺」と文化の断絶は、人々の自由に害を与え、文化を停滞させるものであるため、避けるべきだと思っています

この文章は、それが起こってほしくないがために出す私の意見なのです。

以下の諸々の前提について、あなた再確認する必要がないと思ったなら3.まで飛ばしてください。


今やWEBでの作品公開は、電子化された過去の名作や現代の人気作と同じ土俵で戦うことになるため、無料公開しても「時間電池もったいない」と思われては不利です。戦略的に失敗に陥りやすいです。時事ネタについても個人の公開速度には叶いません。

ただただ露悪的な本はただただ露悪的で、熱心ではない、無駄お金を出したくないライト層だけに消費されて消えていきます私自身がそれを好んで読み、染まっていた時期が長らくあったために、それらの寿命が如何に短いのかをよく知っております

外側に居ても内側に居ても不明瞭です。

その文化の多様さや精神性、変容の歴史を、長く迫害を受け分化してきた巨大宗教のようなものだと今の私は捉えております

そうした点と、物語を見る目が肥えていることも含めて、漫画で描くには「気を付けるべき題材」であると考えています

 

今回の作品腐女子カースト」にはエッセイというジャンルが振り当てられています

もしも仮にあなたが「作品ジャンルが実録エッセイなら、ヤマ・オチ意味のない物語でも成立するのだ」と考えているのであれば、それは読者への甘え、ひいては全てのエッセイ作家への侮辱となることでしょう。

そのように考えて行動した時のリスクを、自身のために想像しなくてはいけません。

エッセイとは自らを省みる内観であり、自らの魅力でもって読者を個人的生活に惹き込むものです。『私小説』『ドキュメンタリー』『ノンフィクション』に連なる伝統的なジャンルです。

そこに登場人物を増やすのであれば、名前を出さな通りすがりの人であっても、存在しない架空人物であっても、最大限に配慮しなければなりません。

エッセイ漫画は「画力が伴わずとも描ける」としばしば思われていますが、それ以外の部分での構成力と魅力を問われるものなのです。

エッセイからと言って、醜い本音を受け入れてもらえると思ってはいけません。空費させてはいけません。

エッセイからこそ『第一話』の初対面で『印象良く』見えるように、深く考えなければ、思った通りに読んでもらえないのです。

それは化粧にも似ています。化粧に作法手順があるように、漫画第一話にも作法があるのです。

 

現実とずれた部分、主人公の欠落した部分、作者個人主観があるなら、それもまた、納得を得て面白くするために、最初のフックの時点で、注意深く描写するべきなのです。

共感できる相手だけを狙って描くのも間違いではありませんが、共感できない者でも楽しめる工夫、そして+αで得る物が無ければ、買って読むまでもない孤独見世物的な内容になってしまます結果的に長続きはしません。

誰もが作品アップロードできる現代では、心の底から叫びを見つめ続けた尖った『自主制作作品』が作者本人の手によってすぐに届けられるのです。それと競争することを考えても、エッセイますます難しいジャンルになっています

 

足すべき部分は足し、引くべき部分は引かなければなりません。本当に面白漫画はたったの1コマでも、読者を満足させるのです。

技巧や経験とは必ずしも正比例しません。作家が描くべき時に描いた時に輝くのです。

面白くないと感じながら、面白くないと言われながら描くのはとてもつらいことです。それは作家がするべき我慢ではありません。感覚麻痺してしまます

最初から捨てるつもりの名義だったとしても、それを描いたという傷は全人類記憶喪失でもしないかぎり一生描いた本人に残ります

本当に面白作品で、届くべき人の所に届けば、口コミで売れていくという強みが電子書籍にはあります

そのためには、読者の目を甘く見てはいけませんし、読者の声を額面通りに受け取らないように注意すべきです。

作品作家自由であるためには、正しい戦略を立てなければ、生き残ることは難しいのです。


3.率直なる感想は『想像力の狭さ』

作品内の第一話、即売会イベントへ向かう電車内で、ノーメイク女性二人連れに主人公が心の中でツッコむシーンがあります

この時の主人公の思慮の浅さは、エッセイ漫画としても致命的ではないでしょうか。

表情や服装から即売会という目的地を同じにしていると確信しているからこそ、ノーメイク女性を「同志だ」と確信して、その気を抜いた姿と能天気な様子に、イベントへ向けて気合いを入れて来た主人公は憤慨しているのかもしれません。

しかし、続くコマはただただ妄想の中で、相手が言いそうな言葉言い訳だと否定し、持論を展開するだけで、相手のことを考えていません。

取材力想像力ともに範囲が充分でありません。狭いのです。自分の中で完結してしまっています

たとえば化粧を禁止されている、お小遣いギリギリ学生かも知れない。

遠征電車高速バスが遅延して時間がなかったのかもしれない。

身バレ可能性があり、恥を忍んで素顔に近い顔で来たのかもしれない。

経済的に苦しくて、自分に合う化粧品ファッション出会えずにいるかもしれない。

家庭事情経済事情もさまざまです。また、障害を持つ場合もあります

化粧をしない理由はそれぞれです。

それぞれが努力によって対策可能だったとしても、皆がそれを完璧にこなせる訳ではありません。

私が考え過ぎで、素顔で出歩くことに特に理由がない人もいるでしょう。普段から化粧をする必要がない仕事に就いているのかもしれない。それを「ろくでもない仕事」だと考えることは職業差別です。

しかしたら彼女達は「ノーメイクで行く」という行動と、互いの美醜を互いにイジらないという暗黙の了解によって、目に見えない友情を確かめあっているのかもしれません。私はそれを尊いと感じます。決して馬鹿にはできません。その感情に、外見も性別関係ありません。

素顔で出歩く女性を、腐女子というだけで見下してしまうのであれば、もしも、彼女達が会場前の駅に降りず、手前で降りたなら、あるいは過ぎ去ったならどう感じたでしょうか?

腐女子について話すためにここまで考えなければならない理由がわかるでしょうか?

「格好がバラバラ集団がいたら高確率腐女子」という有名なネット上の言説があります。これはオタバレの指摘でありながら、腐女子文化を捉えることができる好ましい例なのです。

化粧やお洒落のものが大好きで趣味とする女性は居ます。それと同じくらい、化粧とお洒落をしない、できない女性は決して珍しくありません。この二者は普段生活では交わらない存在です。それでありながら、ただ「腐女子」「オタク」「アマチュア作家であるというだけで、同じものが好きというだけで、SNS作品を通して同志となり話し合えるのです。

本当に「腐女子カースト」は存在するのでしょうか。色眼鏡をずらして、少し観察すればわかることです。実際に腐女子の集まりを見て、外見の美しい人にそうでない人が付き従ってるように見えましたか

なぜ、かような形で消化してしまったのでしょうか? なんのフォローもなく、嘲笑して終わってしまったのでしょうか?

私は想像力が狭いまま物を作り続ける人間に対して「そのままでは続けられないよ」と教える以上のことはできません。

想像力を鍛えるには『違う価値観』と対話インプットしなくてはなりません。他人との会話でもいいです。怖いなら文学でも好きな漫画でも、アニメドラマ映画音楽。なんでもいいです。時間がある時に良質だと思う作品に、幾度も視点を変えて触れてみてください。でなければ、他人を知ることが出来ず、それゆえに自分を正しく見つめることも出来ず、自分だけの世界に閉じこもってしまます

インプットをしないまま作品を描けば、描くほどに、ただ自らが傷つき続けることになるからです。

4.最低限の礼儀って、何ですか?

また作者は最低限の身嗜みを礼儀と捉えているようですが、その最低限ライン上記理由で人それぞれだと想像できなければなりません。好みの服装もそれぞれ、地域文化仕事もそれぞれです。

主人公が綺麗でかわいいと感じた『神』の多くも、自分や買いに来た人の姿を気にしていません。コスプレイヤーだってキャラに入っていない時の自分の姿は出来れば注目されたくないのです。懸命に作って共感を求めた作品ではなく、日常の延長で作った「最低限の礼儀」の姿を褒められても、彼女達は嬉しくありません。そこがそういう場だからです。

腐女子オタクが「恥ずかしい趣味だ」という感覚最近では少なくなってきています

オタク向けのイベントに行くなら、張り切ってグッズを身に纏って「オタクの姿」をすべきだと判断する人もきっといるでしょう。それもやはりその人なりの身嗜みなのです。

またイベント外なら、服装の奇抜さだけでオタクかどうかを判断する材料にはなりません。ゴス原宿系等、日ごろから周りに迎合しない、自分自身を出したお洒落を好む人々が存在します。似合うか似合わないか他人判断基準で彼らは服を選びません。オタク文化と重なる部分も多いですが、その文化オタクと一括りにするのは、私は違うと思っています

そもそも即売会は『交流』のためのものです。街の本屋さんとは違います。売り手と買い手の信頼で構成された、本来技術の見本市なのです。この辺りは運営委員会ガイドラインなどにも書いてある範囲でしょう。

会場において相手の姿を気にする時間はありません。イベント会場はまさしく「戦場」なのです。時には顔すらも覚えておりません(これまで自分のスペースに来てくれてる方、すみません)人気壁サークルでなくとも、友人に頼んで売り子を立てる作家さんも居られます

時間が限られているのに、車の試乗会で車を見に来たのに、同時にディーラーの外見をいちいち品定めしてチェックしますか?

自社のために技術を持つ小さな会社契約したあとで、社長ブログに自慢が書いてあっただけで「そういえばあの社長不細工だったな、嫁さんも不細工だろう」などと、いちいち思うのですか?

それらを書いた冊子を、彼らの職種を冠したタイトルで売ったらどうなるでしょうか。

まさにそれこそ、礼儀を欠いた行動ではないでしょうか。

表現自由の下であっても、不快になった当事者には怒る権利があります

ここまでの説明によって第一話のあの一連の流れが如何に的の外れた低俗な「笑い」であるか、理解できたでしょうか。

ありとあらゆる多様な価値基準無視して、己が良しとするものだけに迎合する。そこを頂点に据えて妄想の中でカースト構成する。

腐女子を冠して発表するには、あまりにも浅く、無防備なのです。

5.悪意の扱いについて

そして、何分の一か、ほんの一部だけ、この作品主人公のように他人を品定めししま人間も、腐女子は間口が広いがゆえに存在しているのです。

主人公と同じ悪意を秘めた女性達は、この作品を読めば共感するでしょう。

ひっそりと楽しんでいた人もいたのかもしれません。

しかし、この「腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」はつい最近無料公開分がツイッター投稿されました。現在アカウントごと消滅しております

範囲の誰もが評論できる場所に出してしまえば、本を共有してしまえば、彼女達の罪悪感を無理矢理抉り出すだけの結果になってしまます

安易な形で発表し、コントロール不可能批判を浴びたことによって、彼女達は愛想笑いを続けて、怒れる友人と一緒になって作品を叩かなければいけません。作中で一般人擬態する主人公のように、怒れる腐女子としてその社会の中で信頼を維持しなければなりません。腐女子という世界の中にカースト存在しなくても、社会存在しています愚痴垢や捨て垢で陰口を叩いて共感しあうのとは全く違います

そうして作品を叩くうちに作者を、版元を本当に憎悪していくか、あるいは交友関係を切って何もかも忘れてしまうというような極端な行動しか取れなくなります

彼女達をますます孤独にしてしまったのです。

作品は、発表の仕方まで気を使わなくてはいけません。これもまた貴重な顧客を失う『失敗』なのです。

この主人公のように、見た印象だけで人を判断して遠ざけて来た記憶が、私にもあります作家デビューした相手嫉妬したこともありました。自分と交わらない人間人生を、いかに踏みにじってきたのか。それを考えるたびに私は後悔と反省を繰り返しています

つづきます。(https://anond.hatelabo.jp/20190122052653

2019-01-21

anond:20190121224527

おれ、お前の書き込み不快から消えて

人を不快にさせるもの存在してはいけないんだろ?

anond:20190121224312

子供女性の目について不快にさせてしまうという点では変わらないんだから書店電子書籍からも早々に消え去るべき悪しき文化だろうな

anond:20190121140718

IMAKITA

突然だが、私はオタクである

けれど最近世間オタク嫌悪する理由がわかった。

が、その後姉が「目の前の人がオタクだったんだけどへんな服だしグッズ持ってくるし気がそがれた」と言ったのだ。

先程のこともあり私はもはや自分オタクなことが恥ずかしくなった。

今まではオタク嫌悪される理由は外見が主だと考えていた。

世間の目はオタクに冷たいが前に比べると優しくなったと思う。

色々な意見があると思うがとにかく自分他人不快にするようなオタクには決してなりたくない。

anond:20190121140718

色々な意見があると思うがとにかく自分他人不快にするようなオタクには決してなりたくない。

お前は増田に書き込むことで俺を不快にさせた。「他人不快にするようなオタク」だな。

極端な少数例だけ見てオタク全体を侮辱した。「他人不快にするようなオタク」だよお前は。

オタク嫌悪されるなんとなく理由がわかったという話

突然だが、私はオタクである最近流行りのヒプマイにはまっているし、刀剣乱舞も好き。進撃の巨人ワンピース亜人ワールドトリガーなどの漫画も愛読している。乃木坂や欅のライブ握手会だって行く。最近からかい上手の高木さん2期が決定し小躍りしたゴリゴリオタクだ。

からだろうか。世間オタクに対して冷ややかな目を向ける理由がよくわからなかった。個人勝手に楽しんでいるのだから放っておいてくれと、そう考えていた。

けれど最近世間オタク嫌悪する理由がわかった。

バイト先でのことだ。私は本屋に勤めており、やはりお客様に求めている本を探すよう頼まれることが多い。先日もそのように本を探すよう頼んできたお客様がいた。そのお客様は見た目からして明らかにオタクという感じで、服装しまむらで買ったのかな?みたいな中学生が着るようなTシャツに青のチェックシャツを腰に巻いていた。とても汗臭くその時点でうわぁ…と思ったが乃木坂と欅のライブ握手会に行くと割とそういう人を見かけるのでそれ以上は何も感じなかったし、それだけならこんなブログを書くこともなかっただろう。

そのお客様が探して欲しいという本はいわゆるきらら系の漫画だった。その漫画は人気なもので売り切れており在庫も無かった。なので売り切れており現在店にはおいていないということとそれに対する謝罪を伝えると、「ないならもういいです」と舌打ちをしこちらを睨んで伝えてきたのである

いやいや、引く。流石に引く。あなたどう見ても成人されてますよね?「ないならもういいです」だけならなんとも思わないけどバカかい舌打ちして思いっきり睨んできたら流石に引くしイラッとくる。本が売り切れだったのはこっちが悪いけど欲しいもんが置いてないだけでそんなイラつく?子供なの??汗くっさいし服はダサい気持ち悪いんだよクソが。と、あまりの態度の悪さにドン引きしたしもはや見慣れたオタクの見た目にもイラッとした。

それから家に帰るとセンター試験を終えた姉がいた。「出来はどうだった?」と聞くと「よく出来た」と。姉が一生懸命勉強していたのを知っていたので私は安心した。が、その後姉が「目の前の人がオタクだったんだけどへんな服だしグッズ持ってくるし気がそがれた」と言ったのだ。先程のこともあり私はもはや自分オタクなことが恥ずかしくなった。

今まではオタク嫌悪される理由は外見が主だと考えていた。けど他にもたくさん理由があるのだなと上記のことがあり気づいた。コミュ障なのかは知らんがあまりにも他人に対してひねくれた態度をとることや公共の場他人不快に感じるようなことをするのも理由なのだなと。(本当にものすごく今更だが)

オタクコミュ障から、人見知りだからと言うがそれは他人不快にする態度を取っていい理由にはならないしなんならそれを盾にひねくれた物言いをする人が多い。はっきり言って気持ち悪い。

世間の目はオタクに冷たいが前に比べると優しくなったと思う。それこそセンター試験ことなんて昔ならぼこぼこに叩かれていそうだ。オタクはそれを「自分面白いと思うことは多少迷惑になっても公共の場でやってもよい」と勘違いしているのではないか

センター試験の件はTwitterで『面白いこと』としてネタにされているが中には不快に思った人もたくさんいただろう。

オタク文化は素晴らしいと思う。ただそれは試験会場のような場で出すものではないのではないだろうか。

色々な意見があると思うがとにかく自分他人不快にするようなオタクには決してなりたくない。

「男らしさ」を求められた記憶があまり無いんだが(37歳男性

男らしくない生涯を送ってきました。

が、別にその件で咎められた記憶がさしてない。


僕は体こそでっかいが、少女漫画おじさんだし(元は少女漫画少年だった)、甘いもん躊躇なく注文するし、独身だし、彼女いないし、動物全般好きだし、格闘技別にきじゃない、野球サッカーも見ないし、お酒宴会の時だけだし、煙草は吸わないし、ペーパーゴールドライバーだし。

ただそのことで人にネガティブな反応をされたことはあんまりないような(主観としては全くないけれども、印象に残ってないだけの可能性を考慮してこういう表現になっている。)。

最近日常で接する男性職場の同僚や行く先々の店の人ばっかりだが、「この人は自分より男らしいな」とか「自分ももう少し男らしくならなきゃ」というプレッシャーを感じたこともない。


アメリカのあのジレットCMそもそも日本とはあまりにも異なる社会文化で発せられたアクションで、我々がわがことに引きつけて論じられる範疇を超えてるのではないだろうか?

アメリカでは男らしさが非常に重視され(ると聞く)て、アメフトを見ない男はだめだし、体型が細いことすら一人前の男じゃないサインになる(と聞く。)

アメリカではジム通いはリア充ジョックスの嗜みでモテへの最短ルートだ(と聞く)が、日本ジム通いしてるのは僕のようなオタク入ってる変人DQN入ってる変人ばかりだ。


大体日本アイドルってチビすけばっかりじゃないかワイルドさやマチズモなんかかけらも感じさせない童顔チビすけおじさんグループである嵐がトップアイドルやれてる時点で、日本に「男らしさ」ニーズや抑圧がそれほどあると思えない。

youtuberですらそうで、アメリカティーン大人気のローガン・ポール富士樹海炎上したやつ)は背が高くて筋肉質なイケメンぼっちゃんなのに、日本の人気youtuberは全体的に背が低くてやせっぽちかでぶで髪を無理のある原色に染めないと覚えてもらえないようなぼんやりした顔つきで貧困層出身オーラ出てる人が多い。


日本社会全体でいうと「男らしさ」を求められる度合いなんて既に相当低くない?特定地域因習は知らないけど、関東圏で育った37歳男性の実感としてはそう。

自分ちょっと高学歴なのでyoutuberのようなそっちの階層のほうの人が好む男性像までチェックしたが、マチズモマチズモしたキャラなんかいやしない。

二次元コンテンツ主人公もだらしなさや弱音や気の抜けたこずるさを前面に出す主人公ばっかりで、今期アニメで男らしい主人公ってブチャラティぐらいだ。


からはてな社会議論には「そもそもその前提合ってるの?」という違和感が禁じえない。

男性も男らしさから解放されていいんだよ」って言われても、僕はすでに割と自由だ。


追記

ラファエルとかおるやんけ

あのバルクで「男らしい」とする価値観は僕の中にはないかな…

あれはぜったいによわい


筋肉価値観の違いだけど

政宗君のリベンジ」っていうアニメ主人公が「復讐の為めっちゃ鍛えて筋肉つけた!」っていってるシーンあって

その時の主人公の体型見た欧米オタクが「どこに筋肉があるんだ???」って驚いてて

欧米オタクですらそれぐらいに筋肉への要求ラインが高い

日本の細マッチョはあちらではただのオカマ野郎と見なされて「男らしい」にはならない

https://i.redd.it/5mgk1p7fyge11.png

ラファエルってこの左側だよね。


追記でお前自身が「あの程度の筋肉で〜」とか「よわい」とかやってるじゃん

それだよそれ

ラファエルバカにするのは「筋肉という尺度の上では雑魚」であってこれはマチズモではなくオタクだと自分では思ってる。

マチズモはそこから「男としてダメ」「社会存在としてダメ」になる感覚でしょう。

お前自身他人を見下してるのがデフォから自分に対する要求とか理解してないんじゃね?

クソ雑魚が偉そうになんか言ってるわwくらいの感じで

なんやそいつサイコやんけ

返信

htnmiki チビ低学歴を見下してる感がプンプンしてムカつくなこいつ(被害妄想

2019/01/22

正直容姿が売りの芸能人には背が高いことを(男女どっちにも)求めてるとこはあり、嵐をよく思ってないのが書き方に出た感はある。ごめんね。

ChieOsanai メリケンは男がトートバッグ下げてるだけでオカマ扱いされる国だから増田

2019/01/22

卒業パーティカップル参加できないと負け犬と聞く。厳しい。

Lhankor_Mhy それは大変結構ですね。もし「男は女性を守れ」とか「男は妻子を養って当然」とか「デートでは男が奢るべき」とか、男ってしんどいわ、と思うことがあったら来てください。そんなことがないのが一番ですが。

2019/01/22

それ全部はてなはてなを介したTwitterで見たこしかない。意外にフェミニン女性より女権運動家的な女性が言ってるという印象。

fujifavoric 増田の言う男らしさ一面的すぎるだろ。なぜアメリカジョックけが男らしさだと思い込んでいるのか。「ちょっと高学歴」ならこんな文章書いてる間におかしいって思わない?

2019/01/22

思わないし意味からない。「日本で男らしさの要求を感じない」「米は日本の比でない」という前提からジョックの話をしている、という話の構成ぐらい理解してからレスしてほしい。

そしてその見落としてる男らしさがあるならそれがなにかを具体的に書いてほしいのであって、仄めかしだけで何も書けてないあなたの文は高学歴的には限りなく零点だ。あなたの不満と不快感情しか伝わってこない。

pptppc2 あん関係ないけど、小学校の時は背が(周りと比較して)デカかったんだが、俺が遊戯王カード友達と遊んでたら先生に「そんなに背デカいのにカード遊びなんかしてるの?」とか言われたの本当腹立ったなー。

2019/01/22

ほんとに関係ないな。「そうか・・・(やな先生だね)」とは思うけどなんでこれが一位なんだ。もし男らしさを求められてる実例として投票されてるなら、これは男らしさ強要とは違う気がする。でかい女の子にも同じような無神経なこといいそうだしその先生

ceries 男らしくありたいと思ったことないし、あるがままで過ごして来たし、会う人もそのままを受け入れて来たつもり。驚いたのは小1の我が子がマッチョイズム全振りな訳。「男の子女の子を守らなきゃ」なんて言ってんの

2019/01/22

誰にどこで吹き込まれたか聞いてみてほしい。

otihateten3510 ちゃんと読んでないけどわかる。今の30代はもうそういう時代だよな。

2019/01/22

だよね。

weakestman てか「恋愛至上主義」やら「カップル文化」辺りこそがセクシズムの温床なんとちゃうんかと。

かに。あの辺からはその臭いを感じたことあったな。そこと距離とったのは男らしさ要求被爆せず生きてこれたことの大きな要因かも。

jaguarsan 細かいところで言うと小便器が外から丸見えの公衆便所とか、女性スタッフが平気で出入りする銭湯なんてのを気にしないのも「男らしさ」。逆ならとんでもない騒ぎになるよね

えっそれ男らしさなのかな。むしろ女性が「体を見せてはいけない」という女らしさを要求されてる案件に思う。文化が弱まった野人社会では女性も半裸になってくのではとか。

tmfmysd チビ男性的魅力が乏しいはずとして下に見てるじゃん。デカいとか腕力があるとか割とそれだけで男性エリートなのでは。金持ちの息子が貧困問題にピンと来ないって言ってるのと一緒。

から、 例えばアメリカではチビ筋肉ない男が男らしさ欠如罪で下に見られるけど、日本ではトップアイドルやれてますよね?って話をしたんだけど。でかくも筋肉質でもない男性が憧れられてますよね?って。

この人は問題文読めてないような。

denimndenimn 身長160センチで生まれ直してからまた来い。

身長だと被男らしさ要求度合いが高まる

ueno_neco ご両親が共働きだったりしないかな? なんとなく。。

どういう関係があると推理たかまで書いてほしいな。ちなみに母は専業主婦でした。

今日本の男らしさって女を養ってなんぼ、みたいな精神面の話が多くない? ちなみに第二次韓流ブームの時は筋肉隆々アイドルが売れてたし、LDH系も今すごい人気だよね?男性アイドルジャニーズだけじゃないぞ。

韓国アイドルは背と筋肉にコンシャスでそういう要求あるのかなと感じてる。それも少し前の話で、最近はお化粧してたり背が低かったり痩せてたり急速に「オカマ」系が増えてるようにも。

pikopikopan 環境に恵まれてるのなら幸せでは

せやな

tk_e 関東の生まれ育ちならそうだろうなーと九州出身女性より申し上げます

2019/01/22

やはり九州男児なのか・・・

SweetGiraffe この増田彼女いるかいないか?欲しがってきたか?かな

彼女が男らしさの要求主体ということ?しか全然長くない本文にはっきり彼女いないって書いてるやんけ。

kincity 日本の男に男らしさ圧力なんてそんなある?おっさんとか他人のためにドアも開けない気も使わない女性だろうが男性だろうが子供だろうが手助けしないし骨折してる人の前の席が空いて真っ先横から座るのもおっさん

レディファースト的な縛りも全然ないよね。

neet_modi_ki アメリカマッチョイズム求められ具合はまた極端な気がするので、基準をそこに置いちゃう日本なんかだと相対的にはマシかもしれない。相対的にマシとはいえ存在しないわけでもない。

そのアメリカでのCMムーブメント留保なく日本に引き付けて論じてたから、それは違うのではないかって話なんだ。

softstone 男らしさの定義バラバラすぎる。元のCMで強調されてたのは暴力ハラスメント共犯になることだった。極端な話、男友達からシモネタを振られたら、それが「男らしさ」を求められた瞬間だよ。男だけの場でもだ。

下ネタ嫌いだしそういう友達いない。

iiiloveuuu07 来日した外国人(中韓含む)が、妻に荷物持たせて手ぶらな夫や女にドア支えられて先に入れて貰う男を見て衝撃受けた話聞いた事ある。日本女子供に優しくしろ系の抑圧から自由なのでは(そんな男尊女卑の形ともいえる

男は女子供に優しくしろ、こそが男らしさ道徳だと思う。そしてほら、これを言うのってむしろ「女権活動家女性」でしょ?(このidは確かそういう人だったはず。)なぜか。

strow0343 そもそもこの○○らしさの押し付けというのはイレギュラーに対するマジョリティ同調圧力なので、大半は意識してないだろうし意識していれば○○らしさそのものが変わる

から具体的になんやねんと。

q-Anomaly アメリカと比べてしまうと確かにそうだね。日本で言い換えると「男が専業主婦志望で実家家事手伝いでもいいよ。ニートやひもと呼ぶのは差別だよ」「男もプリキュア好きでいいし女が戦隊モノ好きでもいいよ」とか?

プリキュア好きの男はいっぱいおるな・・・

オタク界がボリュームあって「女児アニメ好んで見る男(ロリコンとか女装願望とか多様)」はそこに居場所あるから平気、って所もあるのかな。

keisuker 分かる。男らしさを求められた記憶が無い。なので最近バズってたヤツは全く理解できないし特にコメントすることも無かった。

あれをネタに「解放されろ(自己批判・総括せよ!)」って言われたらうんざりする人もいるよね。ブコメにあったように。

ijustiH 体が大きいことが男らしいこと

2019/01/22

アメリカではちび男は日本の比でなく滅茶苦茶言われる感じ。manletとかで画像検索を。

by-king ずーっと体が弱くて楽器とか趣味でやってたけど、中学くらいのときに「本当は男の子らしくスポーツとか武道をしてほしかった」って母親に本当に悲しい顔して言われた時に、俺どういう顔すればいいかからなかったよ

出来もしないスポーツやるくらいなら出来もしない音楽やるほうがもてるのにね。

I8D 格闘技以外のスポーツは嫌いじゃなさそうだし、筋肉ありそうだし、性欲もありそうに見える。結局、男らしさとされる内の一部を都合よく切り取って、無くても支障がなかったとN=1が言っているに過ぎない。

「(日本の2大人スポーツたる)野球サッカーも見ない」と言っても「スポーツは嫌いじゃなさそう」になるのか・・・。見てるスポーツ0なんです。これでもバイアスマンには伝わらなそうだけど。

nomnom_r 女々しくて女々しくて女々しくて つら~いよ~おおぉ~

女々しさやだらしなさの歌って昔からあって、女性にきゃーきゃー言われてるよね日本では。

gnufrfr これは、ゲイでよく見る僕は差別なんかされたことないか差別なんてないってのと同じ構図。ゆっくり沈んでいく泥舟に乗っていて、自分だけは気づいていて逃げ切れるからおっけーって思考回路と相似。

2019/01/22

はっきり言うけどさ、あなた達はその「ゲイ」に優しいつもりなの?全然そんなことないんだけど自覚ないの?

ジレットCMにかこつけて、そもそもアメリカに在住もしてない無関係な「ゲイ」達に、「見たか、お前らはこういう悪い概念内面化してるのだ、なぜ解放(自己批判と総括)されないのか!お前達は悪い心の持ち主!」やってただけだよね?

ゲイ」に因縁つけていじめてるのあんたらじゃん。あのブコメ欄で「ゲイ」達から「不当な叩きを受けてる気持ちだ」って苦情があんたら宛に提出されても「そう感じるお前の心が良くない。耳貸す必要なし」つって反省もないし。

それで逆にこうやって「日本の男らしさ押し付けって具体的になに?」って聞いたら答えは曖昧だし。

ゲイ当人達ではないとこから「お前らゲイ差別から解放されろよ」と言ってて、そう言いながら結局「ゲイ」の方向いて殴ってるだけで、「ゲイから苦情が出ても「叩かれてると思うのはお前の悪い心のせい」で切って捨てて、その行為疑問視されたら「お前はゲイ差別を認めないゲイだ!」。

ほんとに「ゲイ」はあんたらにとっての都合のよい娯楽用サンドバッグ兼身を隠す盾なんだな。俺が「ゲイなのだとして、あんたらを味方とも親しみもてる相手とも全く思えないよ。


返信2(非全レス

sotonohitokun 連れションしようぜー、風俗行こうぜー、辺りは独身でも。結婚して子ども出来るとジェンダーロールは否応なく求められるよ。肉体仕事は男親がってなるよ?

2019/01/23 リンク Add Staryamato156densetsu

連れション男の子なの?どっちかというと女の子文化かと思ってた。

higasibata 筋肉イキリ自虐風自慢きっつー

2019/01/23

どこにも自虐要素がない文を自虐だと思ったのはつまり、男らしさを持たないという表明=自虐、という固定観念なのでは。

gf_ra2 「お前がそう思うんならお前の中ではそうなんだろうな」としか言えない案件。そうじゃない人が意外と多いから例の件もバズったのでは…?

2019/01/23 リンク Add Starbillwordyamato156densetsu

ゲイ」以外の人が猛烈に頷いてて、肝心の「ゲイ」の人達にはむしろ結構不快そうにしてる人も多い、というのが例のジレットCMブコメ欄の印象なんだけど。

「お前等は圧力被害者なんだよ!」「それを認めないかダメなんだよ!」「総括しろ!」みたいな。

kumpote だからブチャラティ主人公じゃねえって言ってるだろぉ!

2019/01/23 リンク

kinnosabakan 細かい事言うと主役はジョルノ・ジョバァーナでは…。ジョジョの主役も部が進む毎に男らしさが少なくなっていってるように見える。時代に合わせてるのかな。あと都会は性別への圧力少なそう。

2019/01/23 リンク

5部連載時の口さがないジョジョファンの間では「仙豆の癖に喋んなよ」というネタがあった。

ジョジョはおしゃれ服男ばかり出てくる癖に「ようこそ男の世界へ」とか半分ギャグみたいな男らしさへの憧憬を出してくるよね。

rgfx 「あなた達はその「ゲイ」に優しいつもりなの?全然そんなことないんだけど自覚ないの?」お、顔真っ赤だ。そこが核心かあ。

2019/01/23

ほらあ、「お前はけしからん」「お前らは心が悪い」「総括しろ」なんて言うのが大好きな割に、自分批判が向けられた途端「お、顔真っ赤だ。」とか言って話を逸らして逃げの一手になっちゃうそういうとこだよ。

このタイプの人って差別圧力と戦う勢力ではなくて、いろんな差別の隙間を縫いながらマウンティング出来る相手を探してるだけの勢力なんだよね。

からジレットCM日本での議論現実的か、有効になってるか、というこういう申し立てにも実は興味ない。

「僕たち私たち気持ちマウンティングオナニー邪魔するな」っていう不快感があるだけ。

からこういう自分達への批判には議論に応じるのも嫌で、「お、顔真っ赤だ。」とかい議論封じを試みる。普段他人がそういう態度取ってたら鬼の首取ったように軽蔑する癖にね。

2019-01-20

anond:20190120034310

でも苦労をしているキモくて金のないおっさんと一緒に仕事をするのは不快なんですよねわかります

2019-01-19

加害者になりたく無いか戦争して欲しくない

というのをいつのからかずっと持っている。

祖母の生家は広島県曽祖父が亡くなった時に母親ぽろり曽祖父のお姉さんは原爆で亡くなり遺体も見つかっていないと言っていた。祖母が始めて母に観たいから連れて行ってとお願いした映画は「この世界の片隅に」だった。見慣れた街の景色をとても楽しんでいたと聞いた。

小学生の頃の私は酷く内向的で人と話すより空想したり本を読むのが大好きで図書室にある本は全部読んだ。はだしのゲンが唯一置いてある漫画だったので漫画も読みたい私は全部読んだ。時間が余った総合学習時間サトウキビ畑の唄を全部見せてもらった。映画が好きで、あと嵐が好きだったか硫黄島からの手紙父親たちの星条旗も見た。総合学習時間学内新聞を作るため私たちの班には日本軍が行なった生体実験というお題が与えられた。字を読むのが好きだし家に当時からパソコンがあったから調べまくった。

中学生修学旅行では長崎に行き被爆地を目で見た。写真で見るのとは全く違って、建物は静かで異空間の恐怖を覚えた。それは原爆に対するものではなく長崎のそのピンポイントに対する恐怖だったと思う。

大学生になって、留学生が多い学校だったから何かの流れから戦争の話になり、アメリカ人韓国人日本人で話していた。韓国人感情的に私へ怒りをぶつけてきたことを覚えている。講義原子爆弾関係映画をいくつか見た。一番印象的だったのは「太陽を盗んだ男」だ。パワフルさがたまらなく心に刺さった。映画を見て議論するという講義だったが、この時はあまり議論は盛り上がらなかった。それでもこの映画で描かれた9番という立場は当時の私にとって衝撃的だった。

多分私の生きてきた中に、戦争加害者としての日本が強く意識づけられている。原子爆弾を落とした蛮行未来永劫たとえ彼の国が滅びようとも許すことはできず、曽祖父の姉を奪ったそれがとても憎い。曽祖父爆弾の落とされた街を歩き姉を探しそうして見つかることなく生涯を終えるまで一体何を感じたのか想像することもないだろう世界は憎い。数多の人の命を一瞬に、そしてゆっくりと奪い今も苦しめ続ける原子爆弾をまた使うような未来絶対に避けたい。

それと同じくらい、戦争をして私たちがその立場になるのが嫌だ。私は女なので戦地に行くことはないかもしれないけど女性社会参加が都合よく叫ばれている今行かなくてはいけないかもしれない。そんなことはしたくない。見ず知らずの日本の誰かが顔も知らない世界の誰かを傷つけて欲しくはない。私に怒りをぶつけ暴言を吐いた彼女不快な思いは偉大たがたとえ大義名分を得ようとも彼女の命を奪いたくはない。

奪いたくないし、もちろん奪われたくもない。それが保たれることはとても平和で、命に限らず生きる中で何も奪わず奪われないことは、ある視点から見たらつまらないけれどとてつもなく幸せなことだと思う。満たされているということだから

そういうことを思う。

そして満たされないからあらゆるものを巡って争うのだなということも分かっている。切ない。欲望がもう少し小さければいいのに。

anond:20190119195031

ニュースだ何だでいろんなとこに顔写真が出て不愉快から不快画像が含まれています。表示したい場合クリックしてください」ってふうにしてほしい。

一刻も早くやめてほしい。

他人に友好的に接することで相手を試すようになっている

自分はよく、すぐ他人と仲良くなれるねと言われる。

なぜなら知らない人でも自分から積極的に話し、相手の話に耳を傾け、笑顔を忘れず、人の悪口は言わず、汚い言葉も使わず毎日挨拶ちゃんとして、通りすがり出会ったら手を振って応えたりまでするよう心がけてるからだ。

最初は、周りに知り合いがいない環境からあぶり出すための処世術だった。知り合いがいて、それが気のおけない友であれば毎日楽しいものだ。

この方法は友人になれない、なりたくない人物を洗い出すのにも使える。話しかけてもまともに応じなければマイナス5点、挨拶に応じなければマイナス3点、他人馬鹿にしたらマイナス10点など。別に実際にカウントしてる訳じゃないが、ある程度マイナスポイントが溜まれコイツはもう色々と無理だなと判決する。心の最高裁が「コイツは関わる相手全てを不快にさせるゴミ、将来性なし」と判決するのだ。判決後はもう関わりを最小限にする。最高裁判決なので覆らない。あとでどんなに親しくされようがもう無理。

最近、これで初対面の相手人格を測る事が主目的になっている。「コイツ上告か〜?」などと冗談ぽく考える。

最高裁判決が出た時点でそいつの見込みはもう無い。組織からもかなり早い段階で消えてるか阻害されてる。まあ、それがそもそもの彼らの目的だったりするのだろうからウィンウィンかも知れない。

投資可能性がある相手には投資する。しか無駄投資とならないようにする。これも処世術の一つだ。こんなこと誰もがやってるんだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん