「不快」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不快とは

2018-04-27

anond:20180426221215

まず、被害者責任を問うのはおかしい。この風潮はそのうちなくなると期待しているが。

で、例えば性犯罪について語るときの「男は獣だから」という話を聞いて、一般的な男は不快に思わないのかといえば、不快ではあるが加害者自分ではないので、自分のことを言われているとは思わないだろう。ただ、やらかした男を見て、自分も気をつけようとは思うだろう。そもそも、このご時世、大人の男がいろいろ気をつけなければいけない空間があるので、そういうところでは疑われるような行動はあらかじめとらないようにしている、、というのが男の一般的なあり方ではないだろうか。

2018-04-26

anond:20180426081855

問題はたぶん「属性のウェイトの大きさ」だと思う。

元田の主張の通り、「オタクかつイケメン美女」「オタクかつしっかり働いていて妻子を持ち年収1000万以上」とかで、後者属性の方が大きく目立っている人は嫌われない。「意外な趣味」程度で許される。

かつては「オタクかつキモい」で後者属性が大きく目立つ人が問題視され(1989年宮崎勤事件などが一因)、その悪印象が今も尾を引いているのだろう。

・・・

俺もオタだが外見は、フツメンイケメンというほどではない)、服装不快すぎない程度に気は使っている。それで黙っていれば叩かれることはない。

・・・

問題は「キモい」の定義が受け取る側によって随分と幅が広く曖昧な点だな。

外見はイケメン高学歴高収入でもロリコンと判明した途端に「内面キモい」と評価されるばあいもあるし。

自分が変に感情的だったので、自己分析をした。

家庭環境が主な原因だった!!

そりゃそうだ。当たり前。

大学生活で書いてきたもの抜粋した。

書きなぐった物そのままなので、非常に読み辛いけれど、

こんな人間も居るということを、ここに垂れ流しておく。

言いたいことはこの後に書いてあるので、

面倒くさくなったら飛ばしてください。


まれから今まで、直ぐに感情的になる癇癪の権化みたいな姉を持つと、

こういう人間が家庭にいなければ、もっと余裕のある生活を送れたのになあと思ってしまう。

女ばかりの家で、説得しようにも長い話ができず、本当に辛い思いをしたので、上のような性格人間は苦手すぎる。

というか、自分に伝染して変に感情的になってしまった。

本当に家庭は選べねえなあと思った。

仕事漬で鬱になり家にいる父、姉妹の長女で人の話を聞かない割に偉そうにする母、

人間関係がうまく行かなくてストレスが常に溜まり、母とよく衝突する姉。

せめてまともな男がいればなあと思ったが、そういう人間は足早に出ていくもんだろう。

普段は同じ空間にいるだけで、たまに母側の親戚が来る。

高卒姉妹が固まり田舎田舎による超閉鎖的な噂話をする。

何が楽しいのか分からないし、行きたくなかったが、

その場に行かないと飯が出なかったので仕方なく行ってた。

周りのように旅行に連れていけという姉が言う。

金は無いが時間があるので、結局車で大型ショッピングモールに行く。

姉は一時的に満足するが、しばらく経つと金がない、旅行に行きたいと同じように繰り返す。

自分のせいではないものを指摘することで、自分の弱さを隠している。

女の口喧嘩というものは絶えない。

毎日同じようなこと、くだらないようなことを言い合う。

翌日には忘れ、繰り返す。

家に”離れ”というものもなく、この拷問休日もなく毎日浴びせられる。

女の女による感情的な場からは、逃れられなかった。

感情的で閉鎖的な家庭で育ったことが、いか自分精神に影響し、

自分の進路に影響して、今の今まで悩ませていると思うともう嫌になる。

小学校3年までは小説子供向け科学雑誌学校でよく読んでた。

将来の夢は科学者だった。物質が小さい粒のようなものでできていることに感動した。

そんなことを親や先生に言っても取り合ってもらえず、科学者なんて無理と言われた。

から肯定されないし、好きになっても、役立たないものだと思えてきた。

小説も読まなくなった。誰も読まないし、話題にならないからだ。

そして何より現実味がない。あっても雑学程度にしかならないと思えてきた。

感動するものもあったが、自分環境見直しとき絶望感が怖くなった。

誰も何も誰しも自分気持ちなんてわからない。他人理解しようとしない。

そうなった子供はどうするかというと、周りに頑張って迎合しようとする。

文脈が薄い一時的な笑いと理解しつつ、こうしなければ普通になれないと自己暗示をかける。

この頃から訳もわからず泣くようになり、泣き虫扱いされる。

中学まで続けると割と周りが自我が芽生えてきていることに気づく。

自分はどうなったかというと、自己暗示を解けきれなくて、自我が地中に埋まってしまって、

ぼーっとすることが多くなった。何をやっても楽しくない。

小説を読んでいたせいか地頭は少しは良かった。

自分本位の行動なんて肯定された経験がない。夢なんてない。

全てがくだらない。

成人式とき自分宛てに送る手紙は、

絶望的な気持ち査読する先生に気づかれないように書いたのをよく覚えている。

地元工業高校に進むことになった。

何か面白いものを求めていた。

現実から離れられ、実用的な技術を身につけようとした。

でも、周りと馴染めなかった。

勉強も何が面白いのかよくわからなくなった。

資格勉強のような授業。適当に過ごす。

高1の冬、高校を辞めて勉強して大学と親に泣きついても、

何いってんの、うちには金が無い。高校卒業したら働くって行ったでしょ?

人間の考えが変わらないと思いこんでいる親に対しめちゃくちゃ腹を立てる。

勉強をしても大学なんて行けない。大学に行く人間なんて、

自分より頭が良くていい環境で育って塾とか行っている人間なんだろうな。

うちに生まれた時点でそんなものできないことは決まっていたんだ。

満足できない思いを反芻しながら、納得行かない家庭から与えられたことを無理やり正当化しようとする。

そんなことをしながら、何のために勉強しているかからなくなったまま勉強を続け、高3までそれなりの成績をおさめる。

その後突然大学に行きたくなる。少しは希望を持ったらしい。

勉学というよりは社会に出る前に、自由な身と力を手に入れられると思った。

難しい話は通用しないことはわかっていたので、

から出て、高校の延長線上の分野で、大学しかできない勉強をしたいというが、反対される。

金がないから、心配から不景気からあんたのために言ってるから

は?結局オメーの都合だろうよ。俺の何を見てきた?

大学卒業してから年収を見ろと返す。

大卒就職率が低いってニュースでやってたし、高校卒業して安定した職を付けたほうが良いんじゃないと言われる。

お前、45年間、何を見て生きてきた?本当にいってんの?

ニュースで得た情報自分身の回りを見て、適当に集めた情報から意見を言っているだけじゃん!と返す。

めちゃくちゃ怒って、お前は社会の何もわかっていないと返される。

お前じゃい!

その後担任との三者面談をしたり、大学説明会に足を運んだりして、

なんとか格安の寮がある国公立受験することにした。

勉強は続けたが、やはり高1のとき高校をやめればよかったと言う思いが引っかかる。

何より自分大学進学を許した親に対して、姉が私も家を出て学校生活送りたかったと毎日激昂し、

感情的空気ヒートアップしていた。

何をやってんだかわかんなかった。家にいるのは人間じゃないとわかってていても、

ストレスを感じてしまう。

そんな生活を送っている中、父がなんの前触れもなく自殺する。

家に自分と2人で居たときに突然自殺。その第一発見者となる。

もうなんだかよくわからなかった。救急車警察も呼ぶ気になれなかった。

30分ぐらいしてから、ようやく呼ぶ気になる。

パニックと言うか、この状況に対して自分は何を考えているのか、全くわからなくなった。

恨み積もった家庭にどう抵抗してやろうかと思っていた矢先の理解できない死。

もう何がなんだかわかんなかった。

自殺した父に対して、苛立ちが積もりに積もって吐く。血も吐く。

悪気がなく、自然法則のように動く肉親に腹が立って仕方がない。

だんだん気分が落ち込み、抑うつ状態になる。

自分が違うのか?田舎に生まれ自分田舎に埋もれなければいけないのか?

精神科に行ったが本当に自分が何を言っているのかさえわからなかった。

自殺したのはもちろん原因だったが、そればかりを話すだけで、

自分の育ってきた環境問題があることを分析できなかった。

正直父が死ぬ前に、無理やり不登校になって、心療内科に行くべきだった。

もちろん今まで書いてある期間は絶え間ない感情を浴びせられている。

どれもくだらないものだ。居場所もない。捌け口もない。

周りの人間が信頼できないこともあり、相談できないことがどれだけ苦しいか身を持って感じた。

子離れできない親から親離れできない。

何をしたらこ気持ちが収まるかがわからない。

なんとか大学合格し、家から出た。

試験会場でも途中退室したくて仕方なかったことを思い出す。

大学生活は最初から精神を病んでいた。

毎日感情的な刺激を受けてきたせいで、隣の部屋の騒音などの刺激に反応してしまう。

頭の血管が触ってわかるほど浮き出て、ズキズキして、眠れなくなる。

さら自殺した父の死体をよく思い出して、生理的に気分が落ち込む。

実家を出て数年経った今でも、文を書きながらこの症状が出ている。

講義課題をこなすのが精一杯である文字も読めない。

あーもう何もしたくない。考えたくない。

人の気持ちを考えるってことはこんなにもよくわからないものなのか。

こうも時間無駄なのか。

悩まない人間にとって悩んでいる人間気持ちなんかわからない。

逆もまた然りだ。一生分かり合えない。

本来人間はお互い抽象的なもの部分的しか理解できない。

自分は具体化しすぎなのだ人間とか今見える環境とかを具体化しても、精神が辛くなる。

記憶を消し去りたい。

せめてこの性格学問に向けられたらと何度も思う。

他人理解できない。他人なんているのか?

自分理解できる他人なんているのか?

からある不満が積もるとこうも気分が落ち込むのか。

降り積もる不安は階差数列のように増え、それが積もっていく。

この問題解決するのか?本当はどこか解決策がわかっているんじゃないか

わかっているけど、この先の未知の刺激に耐えられるか不安で仕方ないんじゃないか

本能的に楽しめるものをまだ知らないだけじゃないか

なんでこんなこと考えるようになったんだ?


最近になり、かなり昔から、閉鎖的実家からの膨大なストレスが、

自分性格にかなり影響しているということが、かなり明確に示すことができた。

自分にとってこの問題が、

いか無意味不快で人に相談しにくく、

時間精神無駄に消耗し、

自分を納得させるためのものしかないとわかってても、

納得いく解釈を探しつつけてたのは、

親との思想が合わなかった事実をどうにか納得したかっただけである

生来性格と言うのは恐ろしい。

でもこうするしかなかった。

こうしないと、その場に居なくても襲ってくるからだ。

自分気持ちを書いてそれを見直し、また書く、という生活を数年繰り返してわかったのは、

早々に自分気持ちに蓋をして、自分気持ちに嘘をついてきたということだ。

頭の中身をタイプしたり、図に書いたりして、ようやくわかった。

くよくよする性格は、自分本位で動いていないからだ。

気持ちが落ち着いてくると、文字をよみ、抽象的なものも冷静に理解できる様になる。

他人が書いた物語を見て感動する。専門知識が頭に入って感動する。

俺はここまで何も知らなかったのかと落ち込む。

でも、今までよく生きてきたと、無条件な自己肯定感が芽生えてくる。

そんなことが少しづつできるようになることが、大学に入ってからの生きがいである。

自分本位で生きたことがない」人が、心から人に好かれるということは難しい。

皆どこかで「他人に従ってもどこか違う」と思い、自分表現をするのだ。

それが自我形成というやつだ。

それを乗り越えてこなかったことが十分、身にしみてわかる。

素粒子でできている肉体に、生きる意味なんて無いってことは十分わかった。

からこそ本能が指す、好きなことをしていいと思えるようになった。

ほどほどに好き勝手に生きていいと思える。

自分のことを文字にする行為は、できて妙である

結局こうするしかなかった。

よくもまあ何日もこんなに長くて下手な文章を書き連ねられたもんだ。

最近落ち着いてみると、なんで落ち着いていなかったんだろうと思ってしまう。

その場しのぎで余裕がなかった。

焦りからくる選択ほど後悔するものはない。

後ろを見ると後悔した経験しかない。

自分の焦りに気付けることなんてあっただろうか。

いや、なかった。あっても解決策がわからず、もとに戻る。

これに関しては納得行くようになってきた。

自己欺瞞を重ねるほど自分がわからなくなる。

自分本位で行動していない。自分がないのと同じである

不安から行動するが、結局疑問を感じストレスを感じる。

書いてみると1ページで終わるような話を、どうしていままで耳にしなかったんだろう。

これは終わったことだし仕方がない。



見直すと、気が合わない肉親と18年間いたことが原因だったと今見返すとよくわかる。

原因がよくわからない鬱と診断されて、4年経ったが、

はじまり小学生からだよなーと思う。

自分が書いたことは超悲観的だが、これまで経験してきたこと全てではない、

と納得できるのは、自分自身に対する姿勢が変わったからだと思う。

最近ようやく治る兆しをみせている。

何度か兆しを見たが、今度は本当に、今までになく楽になれそうな気がする。

学校も肉親もただランダムに振り分けられた人間が配置されていただけと、やっと、心から解釈できた。

漫画とか映画とか小説かには本当にお世話になった。

本を読むのを辞めてしまったのがいけないなあ。


あれもこれも、過ぎたことだと思えるようになれた。

自分気持ちを書き表さないと立ち止まってしまうことも、よくわかった。

やっと人間らしさを取り戻した気がする。

今までどこか、頭を何かのタイミングリセットできると期待していた。

まあ解決しようにもできないもんな。

からいから。でも、もがかないと、掴めるものがあっても見逃してしまう。

放置するほど、もがく力が弱くなり、流されてしまう。

自分に近しい人にアドバイスするなら、誰もいない、静かなところで正直な気持ちを書きなぐるということかなあ。

自宅が嫌なら喫茶店でとかでいい。

環境が用意できたら、書き始める。媒体は紙でもPCでもなんでも良い。

初めてみると止まらなくなって、気がついたら4時間以上立ってたということも珍しくない。

時間がもったいなかったとは思えない達成感がある。

見直すと何に悩んでいたかよくわかって、どこか整理できていないことが悩みの種だっとことに気づく。

苦しいとは思うが、自分内面で見てこなかったことに対して、対面することだ。

対面して初めて分かるもの自分だけの発見であり、自分で掴んだものから信頼できる。

こうしてどうにもならないことに納得し、物事への姿勢は変えられる。

あと、外部の情報に目を向けるべき。

漫画喫茶で見たことのないジャンル漫画を手にとって、一日過ごすのも悪くない。

まあとにかく、映画館や図書館など、場の空気を感じられるところに行く。

そうすれば外部に注意が向く。

そこで他人創作したものを見て、視界を広げて、

自分一人がこんな思いをしているというわけじゃないということ、

他の人の、物事への解釈理解しようとする。

そうすると、だんだん自分に近しい物がわかってくると、信頼できる著者という対話相手が出てくるので、どこか楽になれる。

結局他のことを考えてもいいということ、その行為自体自分のためになっていると思うこと。

そんなことで、案外心が落ち着いて、人間そんなもんだと思えてくる。

とにかく、今の気分がずっと続くことはなく、

人は変われるということを知るには、自分の頭で行動することだ。

書きなぐるだけでも、十分自分の頭を使っている。考え方も変わる。

そのことを忘れないでおきたい。

(追記)

終わりに

自分体験から言えることは、

カウンセリングや薬だけで完治するものではないということ。

薬は脳内流れる伝達物質の取り込みなどを制御し、

カウンセリング患者気持ちを引き出す手助けをしてくれる。

風邪薬のように特定の菌を殺して治るもんじゃない。

カウンセリング適当にしても治るもんじゃない。

内面気づきを報告するとフィードバックを貰えるのは非常にありがたい)


全体を見ると、自分内面にあるものがわからなくなっているという状態に対し、

気になるもの自分の中で見つけ、解釈し、納得していくかということをひたすら繰り返していた。

ネットや本にあるものは参考にはなるが、それをすっぽり当てはめて自分が治る。というわけじゃない。

他人にとっては経験談で、参考になる手法しかない。

趣味などの気分転換でやっていけるなら、その対処法も良いと思う。


湧き出てくるものは人によって違うし、参考になる意見も人によって違うし、考え方も違う。

これを理解するのは、自分のような人間にとって難しかったし、これが頭になかったから病んだとも言える。

どういう形であれ、このような考え方を獲得することは、生きる上で重要だと思う。

ハラスメント本質について

嫌がらせ嫌がらせをする当の本人にその気があるなしに関わらず相手が嫌だ、不快だと思ったかどうかが最大の焦点

同じことでもそれをする人によって嫌だったり嫌じゃなかったりする。

それってもう嫌いな人とは関わりたくないしお互いに一緒にいて好感しかない人とだけ関わってたいし不快なことは一ミリでもない方が良いってことじゃない?

それを前提にするくらいに社会が豊かになったというべきか日本人グルメになったというべきか、なんというかこうすれば良いよねって話じゃなくて人間行為ネットとか便利なサービスとかbotとか画面の中のイケメン美少女に敵わなくなってきてる流れの中で起こっているような気がしている。

ハラスメントって絶対的ものじゃなくて相対的心理的ものでしょ。ハラスメントガイドラインなんて一律に作れるものじゃない。

何が言いたいかっていうと、ハラスメント擁護したいわけじゃないんだけどこの流れの延長にある社会関係性ってとても機械的クリーンものになっていって最終的に人類淘汰不可避なロジックなんじゃないかっていうこと。昔は良かったけど今は駄目なことっていっぱいあるでしょ。今はまだハラスメントに当たらない行為未来ではハラスメントになってないとも思えない。100年後とか、画像認識で目の前の人に話しかける権限があるかどうか可視化されるようになっていたりしてね。まさかね。

不快に思わせるのが無意識攻撃、それも反撃が許される非扱いってこと?

そんなロジックを組み立てちゃう反撃側の人間性を一切疑わずに?

すっげぇ

ネットの妬み嫉みよろず叩きピープルがオール許されじゃねーか

荒らし夜明けだぞ

キモいやつは攻撃して良いについて

オタク主語かい

キモいやつに言い変えろ→

キモいやつ差別するな→→→

キモいやつがなぜ攻撃されるかというと先に攻撃してるからなんだよね。

そもそもキモいって殆ど不快同義なわけで、キモいやつって見られてる時点で相手不快にさせてるわけ。不快じゃないキモさな存在しない(キモカワとかは脇に置いて)。

キモさんは自分一方的迫害されてるって思ってるけど、キモさん加害側からすればよくも俺を不快にさせやがって許せないくらいに思ってる。そんな横暴なって思うかもしれないけどキモさん自身だって一度たりとも他人に対して「うわっ…」って思ったことがないとは言わせない。

キモさは容姿だけでなく言動とか行動とか様々な場面に出てきてその度に周りを不快にさせるけど、そもそも迫害側の観測範囲にいなければ不快にさせることもない。外歩くなっていうのかって言うかもしれないけどそうだとしか言えない。

キモいやつ差別って人種差別と何ら変わりなくて、いい加減同じ日本人って括りから出ないと行けないと思う。例え同じように日本語を話そうとイケメン人種が違うようにキモい人の人種も違うという前提に立たないでオタク非オタクでやりあってても永遠に問題解決しない。

Twitterやインスタで顕著だけど既に国内でもとりわけ若い人たちの間では容姿や声質(イケボ、ブサボ)、キモさ度合いでかなり分断が進んでると思ってて、認知の歪み(同一種なので分かり合える)が限界に来てるのではないかという救いのなさを感じずにいられない昨今なのであります

私はやりたくて販売仕事してるので、もちろん嫌ではないし給料ちゃんと出るし、上司含めお休みもきっちり月8〜9日だし希望もそこそこ通るし休憩しっかり取って8時間労働残業も滅多にないし、今の仕事基本的に満足しているのだが、この4月から国家一般になった友人から可哀想呼ばわりされてだいぶ不快

土日に仕事だといえば「人が休んでるときに働くとかかわいそう〜」だし、遅番で定時が遅くても「帰り遅いとかかわいそう〜」って言われるし、その代わり遅番で出勤が遅いと「朝早くないなんてうらやましい!」とかいうし、国家公務員で高級取りアピールしてくるし、っていうか私そこまで低賃金で働いてないし、もう友達やめようかな…

anond:20180426163247

いやーそこまで考えてないでしょ。

ここ女子トイレですよ、と言ってるのと同じ感覚だよ。

深く考えずに他人を追い出す。へぇ

極めてナチュラル男性差別してる証左ですな。

なんて言い返してるの?

初回は

女性専用車両男性も乗れる車両なのでほっといてください」

食い下がられると

「私は男性差別に協力する気はないので断じておりません。男性不快ならあなた下りればよろしい。」


防犯カメラ等の対策を取る際に、仮に乗車賃が上がるとしたら反対する?

全員等しく上がるなら、反対しない。

必要コストだ。

あなた多分普段から女性専用車両に乗ってるんだろうと推測して聞くんだけど、

あなたが乗ってることで怖い思いをしている女性がいる可能性についてはどう考えてる?

それは「男性なんかと同じ車両に乗りたくない」という差別意識の表れか、

あるいは「男性が怖くてしょうがない」という病気の症状なので気にしない。

前者は公共交通機関たる電車に乗る資格がないし、後者はまず病院に行くべき。

米作ってる奴が一番偉い

わたしヲタク腐女子高校生です。なので、そういう視点から文章を今書いています別に「ab禿げ萌えー」とか書く気は無いのですが、すっごく苦手な方がいれば注意してください。

結構前のこと。

「受けに結婚式ウェディングドレスを着せるのも、家で家事させるのも「受けに女性役割押し付けることに対する嫌悪感」で嫌って言うならそもそもドレスを着ること、家で家事する事を女性限定のものっていう認識を改めてみたらいかがだろうか???」(@ysz_row 勝手引用しています問題があればご連絡ください。)

というツイート話題になった。これに対して色々な意見があって、現状の社会においてのジェンダーロールや、理想としてのジェンダーロール、そもそもいわゆるドレスって女性の体格の為に作ったものからー、とか、様々な立場意見が飛び交っていて、私は結構楽しく見ていた。

自分萌えがどこから来るのか?みたいな話をするのは好きだ。「朝ご飯を作るのは推しカプのどっち?」とかそういうとりとめもない話から、その人の生活態度とか、理想(自分がそうありたい!という理想とは限らない)とする共同生活なんかが垣間見得る。すると「じゃあなんでそれが理想なの?」とかそういう話になってくる。失礼な話かもしれないけれど、二次創作作品を見ていたりすると、うっすら「ああこういう考え方・バックグラウンドのひとが書いているんだろうなー」というのが見える。それが私には楽しいのだ。誤解を恐れずにいえば、みんな萌えで気が狂って、普段大人しく粛々と擬態している人たちも、インターネットでは全裸で騒いでいるようなものだ。

話を戻す。しばらくすると、

ジェンダーがどうとか関係ねえ!!萌えることをするんだよ!」

女性蔑視だか知らないけど私は絶対ウェディングドレスは嫌だ」

みたいなツイートが回ってくるようになった。こういう(ヲタク的に言うと)『学級会』が行われる度、結局この類の「しゃらくせえ!」で終わってしまう。しかもそのしゃらくせえ、が的を射ていないし、面倒くさい議論をぶっこわすぜ、というものばかりだから、本当に残念だった。

だってそもそもツイートは「受けにウェディングドレスを着させること」の是非ではなく、「受けにウェディングドレスという『女性役割』を押し付けることがいやなら、その『女性役割』って何?」というものだったのだ。つまり、嗜好や創作に対して誰も文句は言っていなかったはずなのだ。嗜好の根底にある(今回はジェンダーに関する)見解が、あるいは差別ではないか、という話だったのだと思う。

わたしが残念に思ったのは、多分、だれもあなた萌えのもの否定していないのに、わざわざぶった斬る必要があるのかな、と思ったからだ。だって議論が鬱陶しいなら言及しなければいい話だ。ツイッターなんだから。TLに流れてくるだけで嫌…な人がいるとは、その時わたし想像出来ていなかった。いるんだろうとは思うけど、それほどなのかな?と思っていたのだ。

しばらくして、

「「正直ジェンダー論も倫理関係ないしそこにあるのは迸る萌えだけだぜロックンロール!!!」みたいなやつをもう正直全然良いと思えないっていうかそれはロックンロールじゃなくて自分の嗜好が差別搾取他者を損なう何かを含む可能性があったとしても向き合わず全てに目を瞑るひとなのではと思う。」

「ここ数日TLで出てきてるBLジェンダーロールの話が本当に辛くて、わたしはそういうBLにおけるジェンダーロールが話されるようになったこ自体がこの国のオタク文化にとって進歩だと思うんだけど、大体のひとはそういうの鬱陶しいんだなってことも分かって辛かった、BLですらこうなのかと。」

BL社会学的視野とかを持ち込まれることに過剰な嫌悪を示されるのは自分の好きなものが「差別的な価値観根底存在する蓋然性が高い」みたいなことを他人にいわれたのと一緒の場合が多いからもちろん拒否感があって当たり前なんだけど、萌えの前には関係ないってほんとうにそうなのかよと。」(いずれも@kakari01 問題があればご連絡ください)

が回ってきた。

合わせて同氏のブログも読んでいただけるとわかりやすいと思う。

http://kakari01.hatenablog.com/entry/2018/03/29/001111

そこでやっと落ち着くことが出来た。なるほどつまり、みんな「自分萌え倫理を持ち込まれる=否定された!」と思って嫌がっていたのだ。と、同時に不安になった。つまり創作者の背景や思考について考えるわたしの方がずっと少数派で、何のプラスにもならず、あるいは人を不快にさせうることをしているのではないか、と。

これは別にオタク趣味二次創作だけの話ではない。

例えばスラングモリモリのメタルコア好きな人を「こういう汚い言葉歌詞にひかれるのは普段不満を言えないか代弁者が欲しいんだ」と思ったとして(その正誤は今は問題ではないので突っ込まないでください)、それを直接言われたら確かにむっとするかもしれない。けれど、ツイッター勝手に言ったり、文章にまとめたりする程度なら、むしろプラスになりうると、そう思っていたのだ。

先述のとおり、私は高校生で、進路など考えるにあたって、哲学社会学で趣味集団を見るのは楽しいし、そういう議論ができる道に進みたいな、とすら思っていた。だからそういう面から友達ヲタク話をすることがあった。

かに思えば、腐女子友達は、「やっぱり●●ちゃんは昔から少女漫画を読んでいたのもあって、受けを大事にしたいし、紆余曲折サプライズあってだんだん違う面が見えてくるのが好きなんだねー」などと言うと「う、うん。」みたいな、そりゃそうだけど、的な反応だった。直接言われても困るよな、くらいには思っていたけれど、あるいは嫌悪だったのかもしれない。

直接言わなければプラスになる、と思っていたのは、一種分析として、学問ってほどではないけれど、成り立っていると思ったからだった。だけどそれがなんになる?マーケティングでもない、ただ勝手に人の丸裸を覗いているのが、なにかの足しになるんだろうか。

と思うととたんに悲しかった。客観視して物事を考えることが好きだ。けれど、その意味がどこにもないんじゃないか、と思って悩んでいる。思春期で考えすぎだといえばそれまでの話で、けれどそれまでにしたくないのだ。

私の好きなアーティストとあるインタビューでこう言っている。

人間社会的な動物であって、相互作用なしながら生きていくわけじゃないですか。俺は今まで、自分自意識の中でずーっとあーだこーだ言いながら、しょうもないことを考えてたんですけど。でも意味がないんですよね、それで…ご飯粒が生まれるわけでもないし(笑)そんなこと言ったら今やってることもそうですけど…まぁ米作ってる奴が一番偉いんですよ。」

もちろん彼はアーティストで、「だからこういう曲を作ったんだ」とこのあとに続くわけだけれど、この言葉が今、妙に刺さるのだ。

誰かのために生きていきたいとか、誰かのために学問をしたいとか、そういうことではないけれど、自分のやろうとしていたところが何の役にも立たないどころか、他人にとって鬱陶しいだけなら?私は人間が好きで、人を分析するのが好きで、だから、疎まれるのは結構堪える。

ここでそれこそ「しゃらくせえ!」と言える人間ならよかったのかもしれない。そうなって行ければいいのかもしれない。

「私は人を分析するのが好きなんだ!倫理とか知るか!」ってね。

まあそれが言えないし思えないからこうやって匿名でダラダラ書いているわけで。これが私の今の悩みです。全裸になって書きました。

セクハラの原因はコンプレックス

恋人居るの?」で不快に思うのはコンプレックスがあるから

貧乳」っていうのもセクハラだし、「胸大きいね」もセクハラ

根本を見ると、コンプレックスがある。

うーん、コンプレックス

anond:20180426105442

anond:20180426114740

これがバズるライフハックとして定着しているんだよ。穏やかに書くとバズらない。極論、メチャクチャな話の方が反論が付くので、バズりやすい。

主語を目いっぱい広げて、反論付けたくなるような風にする事が、バズりたい人の基本になっている。

出羽守の人とか「ちょっと日本トイレ不快な事があった」みたいな小さな話を、「日本トイレは遅れていて、先進国最低である」みたいな事書くじゃん。反発するコメントも彼らの養分なんだよ。無視するが正しい。

anond:20180426112141

職場では恋人の有無を尋ねなければよい。

会食や飲み会の場で「そういう話題を振って大丈夫か」という空気が見分けられるか悩む程度のコミュニケーションレベルが低い人なら、なおさら自分から話題を振るのは辞めた方がよい。

どうしてもその場にいる女性彼氏の有無を尋ねたいなら、誰か別の人がそういう話に持っていくなどにより「そういう空気」になるのを待つぐらいか

あと、大前提として、増田自身彼女(やその場にいる他の人)からどう思われているかを見極めるしかないところはある。

よく知らない人から彼氏の有無を聞かれることと、友達から聞かれること、上司から聞かれること、など、「誰が聞いたか」によって印象は全く変わる。ブスに話しかけられたら不快だと感じるのと同様。

今回の不祥事ジャニーズヲタクが感じたあれこれ

わたしは該当グループファンではありませんが、今回の不祥事に対するネットの反応で気になった点がいくつかありますので、この場をお借りして吐き出させてください。

(今回彼が起こした行為被害者存在する立派な犯罪であり、警察検察が動くような事態に発展したという点は決して許されることではなく、私も強く非難するということを最初に記しておきます。)

被害者へのセカンドレイプ

顔がいいから、ジャニーズ事務所所属アイドルから、人気のある有名人からといって、被害者の方を無下にするような発言は許されるのでしょうか?事情はどうあれ、警察検察が動いている以上悪いのは彼です。40を超えた大人法律上してはいけない行為をし、被害者を生み出し、被害届が出され、このような結果に至ったのです。ハニートラップだったのではないか被害者にも非がある、わたしだったら嬉しいのに、などという発言はあまりにも思考が停止していませんか。

また、彼が出演する番組や彼のスキルに絡めた不謹慎下品ネタツイートを繰り返す方々にも心底呆れます。決して茶化してはいけない事案だと感じておりますし、こちらもまた、被害者感情を無視した軽率言動なのではないでしょうか。

事務所への不当な憶測

先に言っておきますが、確かにあの謝罪文公式報道機関に対して提出するにはあまりにも稚拙であったと思います。ただ、この点を批判するならまだしも、憶測で「隠蔽だ」「事務所の闇だ」「握りつぶす気だ」などと発言する方が目に余りました。また、フォロワーが非常に多く本まで出版されている方が「事務所の弱体化」などという憶測しかない発言をされていて、たいへん驚きました。

まず、事件が起こってから発表に至るまでの期間に関してそれぞれ意見はありますが、わたしは「隠蔽」だとは思っておりません。レギュラー番組などへの混乱を避けるため、また被害者番組共演者ということもありセカンドレイプなどの二次被害を防止するため、事実関係調査被害者との話し合い、そして書類送検まで全て済んだタイミングでの慎重な発表であったのではないかと踏んでいますしかし、重要なのはこれもまた憶測なのです。真相は関わっている誰かが発表しない限り、誰にもわかりません。ただ、 ひとくくりに「隠蔽」と決めつけてしまうのはどうなのかと思います

そして事務所への都市伝説のような憶測ひとつだけ反論させていただきます。他の方も指摘しておりますが、タレント法律違反が絡む不祥事が発覚した場合、今までもジャニーズ事務所報道機関や自社HPなどを通じて発表しています。また、その該当タレントにも謹慎プライベートでの行動制限、最悪の場合は退所など、さまざまなしかるべき制裁が与えられています。有名なもの以外で例を挙げるとすると、二宮くんが2010年6月に車で起こした交通事故では直近に松本くんが衝突事故を起こしたことを鑑み、嵐のメンバーには2010年内の自動車運転禁止が言い渡されました。他にもありますがこれ以上はご自分検索してください。申し上げた通りジャニーズ事務所犯罪を握りつぶせるような巨悪の組織ではありません。

また「メンバー」呼びに関しても、報道各局の事務所に対する忖度だ、報道協定が結ばれているなどといった発言が目立ちますしかし、NHK報道公式発表より、今回の件は被害者と彼・事務所の間で既に示談和解が成立していることがわかっています。また、逮捕はなく書類送検となっています。そのため、呼称する際の「容疑者」は不適切なのです。参考:https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/25/tatsuya-yamaguchi_a_23419826/

(再三お伝えしますが、彼のし行為自体は決して許されることではありませんし、事務所謝罪文稚拙であったと感じております。これに関して擁護する意図はございません。)

③某グループ、もしくは脱退した3人組を偏った思考応援している方々

あえて強い言葉で言わせていただきます。擦り寄ってこないで。あなたたちは今回の件に便乗して、あることないことでっち上げて、事務所を叩きたいだけですよね?あなたたちが守りたいのは騒動を起こした彼でもなく被害者でもなく、自分がかわいがっているタレントですよね?それに、あなたが好きなタレント不祥事を起こした時に所属していたのはジャニーズ事務所ですよね?その時の対応に関しては無視ですか?もう昔のことだから覚えてないですかね?とにかく、不快です。小学生のように許さない許さないと並べるだけで、論拠のあるまともな事務所批判もできないなら黙っていてほしい。

今回の件を利用して該当グループファン事務所アンチに陥れ、自分達のNAKAMAにしようとしていませんか?それはあまりにもファンの皆様を舐めきった行為だとは思わないのですか?そういうことをするから、余計敬遠されていくのだとなぜ気づけないのですか?

同じグループが好きだった身として、心から軽蔑します。

わたしは、ジャニーズ事務所所属するタレントが好きです。かつてジャニーズ事務所に関わっていたタレント応援したいです。だからこそ、思うところはたくさんあります

今日は一連の騒動が発覚してからまだ2日目。まずは周囲のメンバーだけでなくタレント本人からのしっかりした謝罪説明、そして今後の事務所による真摯対応を期待します。

わたしは不当な憶測や出どころのわからない情報、そして情報切り貼りしただけのアフィリエイト記事なんかよりも、今朝メンバーのひとりがはっきりと放った「今後はどんなことがあっても連帯責任」「どんな処罰でも受けなきゃといけない」という言葉を信じて、今後を見守っていきたいです。

2018-04-25

普通の人たちが怖い

おそらく自分空気とか読めないタイプ人間

不用意な発言で度々周囲を不快にさせてきた

そのたび普通感覚を持つ人たちから強烈に排除されてきて

人間関係リセットリセットでいい年なのに一人もリアルの友人と呼べる人は居ない

いつも自分常識的な目で見てくる普通感覚をもった人たちの審査してくるような態度が怖かった

受け答えがすべて自分を試してくるみたいで緊張する

からこそ自分自分下の人間を強烈に排除したい気持ちに駆られる

なんで自分はあの時許されなかったのに、こいつはこんなんで許されてるの?

まわりの常識的な人たちはこいつの存在を許し受け入れてるの?なんで?

そう思い始めたらとまらない

anond:20180425125042

有吉坂上忍にも同じものを感じる

あいつらが不快テレビ見なくなったわ

なんであんなに受けてるかは全く分からん

セクハラ云々で「上司の娘に言えるのか」論あるけど

anond:20180425135447

なんであれわざわざ上司の「娘」なんだよ

女性上司のものじゃダメなのか?

女性上司なんているはずがない的なバイアスがかかってる気がして不快だ。

上司の娘、じゃそもそも会社人間でもなけりゃ年代も違うだろうし

わざわざ娘って引っ張ってくるのはそういう意味かなんかでの女性蔑視を感じるし

結局セクハラと大差ない言説じゃないかと思う

anond:20180425135001

本来はそうだけどそういう態度の奴あるいはそういう態度を推奨する奴が不快というだけで

別に本来意味理解してる人まで攻撃してるわけではないという意味だと読んだが

イジメ解釈私刑を与えることについて

イジメ定義がはっきりしておらず、「相手不快と思われたらイジメ」といった感じになっている。

不快と思われるかどうかはお互いの関係性に大いに依存する。

当然ながら、結果として不快に思われる言動を行った場合謝罪し改める必要がある。

ここで問題になるのが、イジメを行った場合処分をどうするかということ。

このような、個人関係性に大いに依存した事象について、大きな処分を与えると世の中が萎縮しかねない。

学校で知り合った異性と交流を深めるのは大きなリスクがあるんだなぁと感じている。

話した時点で、同じ係に立候補した時点で、放課後遊んだ時点で、いつ掌を返されるかわからない。

「同じクラスだったので逃げられなかった」と言われればオシマイだ。

新聞などでは悪質な案件が多く目にされ、いいぞもっとやれと考えるが、やりすぎは怖くないか

知り合いがイジメで近く謹慎になるということを聞いて書いてみた。

ハラスメント解釈私刑を与えることについて

ハラスメント定義がはっきりしておらず、「相手不快と思われたらハラスメント」といった感じになっている。

不快と思われるかどうかはお互いの関係性に大いに依存する。

当然ながら、結果として不快に思われる言動を行った場合謝罪し改める必要がある。

ここで問題になるのが、ハラスメントを行った場合処分をどうするかということ。

このような、個人関係性に大いに依存した事象について、大きな処分を与えると世の中が萎縮しかねない。

職場関連で知り合った異性と交流を深めるのは大きなリスクがあるんだなぁと感じている。

手をつないだ時点で、キスをした時点で、セックスをした時点で、いつ掌を返されるかわからない。

仕事に関する利害があり断れなかった」と言われればオシマイだ。

#MeToo界隈は悪質な案件が多く目にされ、いいぞもっとやれと考えるが、やりすぎは怖くないか

知り合いがセクハラで近く処分を受けるということを聞いて書いてみた。

anond:20180424120521

うちの父もそうだった。共通点は多い。

通院するも行かなくなる、長期断酒はたまにしてた、一見アル中とわからない、酒を隠れて飲む、酔って大けが救急車病院に行かない理由をいろいろ言うので本人の意思に任せる、・・・などなど。

病院に行かせようとするとケンカになるので、あまり言わなくなる。

「おれはいつでも断酒できる」と言い、実際にそうなので、ずるずると病院に行かないのを肯定してしまう。

うちは、母が最後には折れるから増田の父のように、精神的に追い込まれ失踪したり、近所も巻き込むほどの大問題にならなかったのだろう。


通院は本人の意思に任せられる。行かなくなって病院相談するといろいろアドバイスはくれる。しかし、「まずは本人といっしょに来て」と言われる。

問題を先送りしてる人(家族)は、けっこういるんじゃないかと思う。

うちの場合肝臓ガンになって、がん治療を始めたら依存症専門の病院には行かずにやめれたが、時すでに遅しだ。

かつての同僚にもアル中がいた。2回長期入院をしたが、退院すると結局飲んでしまった。

今は抗酒薬(飲酒をすると身体が強烈に不快になるので、その恐怖を利用して心理的飲酒を断念する薬)を毎日飲むことにより、酒を断っている。

彼の奥さんが薬を管理して飲ませているが、彼一人だったらその薬を途中で止めて、飲酒を再開しているだろう。

アル中自分意志で治すのは、ほぼ無理なのではないかと思う。

家族は大変だろうけど、少しでも早く病院に連れて行くようにしたほうがよい。

増田のように家族だけでなく警察や近所まで巻き込んだり、うちの父のようにがんになってしまう。

増田のお父さんが、無事に退院して以前のような生活できるのを陰ながら応援しています

2018-04-24

羽生結弦似の石油王がやって許される行為セクハラではない

だけど、

これはセクハラ問題というよりむしろ差別問題だろう。

地位顔面差別する行為を「セクハラ」の名のもとに転嫁してるケースをちょくちょく見かける。

女性不快に思うことすべてを「セクハラ」と呼ぶんじゃなく「石油王がやってNG行為」のみにとどめるべき。

女に対するセクハラは「不愉快になるか」にある

・「今何歳だっけ?」

 年齢によっては不快になり、セクハラ!って騒ぎ出す奴が出てくる。

 同性として、この程度でセクハラって言うのは何こいつとは思う


・「彼氏居るの?」

 これは被害妄想がすごい女がセクハラと言い出す奴。

 「彼氏居るの?」→「居ないってことは最近やってないんだゲヘヘ」と思われたという被害妄想に溢れたもの

・「ちん○ー!ちん○こー!」

 幼稚な男が叫びだす奴。セクハラとも言って良いレベル

 対応に困るしやめて欲しいという意味を含めて「セクハラですよw」という事はある。

・「彼氏とはどこまでいったの?」

 これはセクハラな気もする。回答したくない。「秘密でーす」で終わらせればいいけど

 とことん聞いてくる奴もいるから面倒になる。

執拗なボディータッチ

 これはセクハラ。お尻、腰、胸、腹(?)、局部などなど

 とにかくセクハラゲス笑顔を浮かべながら触ったらセクハラになるかもしれない。

 肩なら平気だとは思うが、不要なのに触りまくってたらセクハラ

anond:20180424112509

「男のほうが地位が低くてセクハラ被害者になる世界」の事ばかり強調するのも、

現実は、むしろ女→男へのセクハラはもちろん、それ以上の犯罪被害ストーカーなど典型らしいが)ですら、男性被害者って、社会的には無視されやすいんだよ。

これが今の現実

女は大勢被害を受けてきたんだから男の被害者は後回し、という態度を、女が取ることは、性による被害者の分断であってセクハラ行為と同じ罪。足を引っ張ることでしかない。

行っていることとやっていることの整合性が取れずに信用を失うだけ。

しろもっと強調して、男だって不快を表明してもいいんだ、という空気を作らなきゃ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん