「老人会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 老人会とは

2020-09-04

氷河期世代の連中がはてな拠点として乗っ取ろうとしてる

マジでそろそろほっとけない所まで来てる。

まるで、政治団体カルト大学サークル地元老人会支配するかのように、氷河期世代の連中がはてな自分たちの為の活動拠点として改造しつつある。

このままだとはてな中立性を完全に失っていく。

特定集団によるポジショントークイデオロギーとなり、それに迎合することで承認が得られ、反対の方を向くと袋叩きにされる流れは遊び場として非常によろしくない。

そろそろ本気で「はてな自分政治的思想で染め上げようとする人達」に対してNOを突きつけないと間に合わなくなる

2020-09-03

anond:20200903183846

我々老人会からすると「病み」も萌え要素の一つなんだけどね

そういう話じゃないのか

2020-08-20

anond:20200820093030

2ちゃん初期くらいかネットやってるけどあまり老人会的な文化は身につかなかったな

遊び場として主に生息してたのが双葉ちゃんねるとしたらばだったからかも

2020-08-05

anond:20200805134117

子供のうちはスポーツ少年団中学生になったら青年団、老人になったら老人会

住んでる限り町内会があって、親になればPTAもある

消防団はうちのところは自由参加だけど、事実上強制ってとこもあるので不幸だなと思う

2020-06-19

人生の苦境を経験たか精神的に安定している」人の話

トイアンナ氏のこの発言を読んで、癌で死んだ母のことを思い出した。


母はめちゃくちゃ精神が安定していた。どんなことがあっても落ち着きはらっていた。

死に至る病を宣告された日の日記は、「わたしはがんだそうだ。いやだなあ」この一言で終わり。

中卒で本といえば料理裁縫くらいしか読まない母の語彙力では書き表せない思いもあったのだろうが、

しかし私の記憶の中にある母は笑顔いるかそうでなければ私を叱っていて、

彼女死ぬ直前の時期の記憶もあるのだが、まったく普段通りだった。


死ぬ前日も三食母の手料理を食べて、翌朝は母が医者に行くということで父方の祖母に預けられ、その日の夜に母は亡くなった。

死ぬ前に父に家事を仕込み、緊急時の私の預け先を決め、その後の生活のめどを立てて私の小学校転入手続きまでして、立つ鳥跡をきれい掃除していった母だった。まじスゴ過ぎ。


父と結婚して専業主婦におさまるまでの母はたいへんな人生を歩んでいた。

ギャンブラーだった祖父は母が小学生のころに死んだ。田舎地主の娘である祖母はなんと戦前ピアノを習っていたというお嬢様(これはめちゃめちゃスゴいことらしい。父方の祖母が「ピアノを習っていたほどのお嬢様なのに苦労して……」とよく言っていた)で、お嬢様が男っぷりのいいろくでなしに騙されて結婚ちゃうというまあありがちな展開で祖父結婚し、赤貧を洗いまくっていた。

生活力のないお嬢様祖母は夫を亡くしてもちろん実家に泣きついたのだが、親類は祖母を見捨てた。民生(地元高齢者はなぜか生活保護のことをこう呼ぶ。)を受けたりしながら、子どもを連れて他人の家に下宿して(当時は珍しくなかったようだ)祖母は働き、のちには家も手に入れた。

そんな生活の中、母は弟の面倒を見ながら成長し、高校進学をあきらめてデパート就職。二人の稼ぎで弟は高校も出たのだが学業は伸びず就職もうまくいかなかったようで、土方の仕事をしているときに早く結婚。その奥さんよろしくなく、母と祖母が暮らす家に転がり込んできて暴力によってその家を奪ってしまって母たちは再びの根無し草に。手塩にかけて育てた弟は奥さんの横暴についていけず失踪してしまったので、祖母と母の家は奥さん子ども奥さん彼氏が住んでいるという謎の状況に。(ちなみにこの辺の後処理は後に私と私の父でやった。大変でした。なお叔父は見つかっておりません。失踪宣告出すと取り下げられるので生きてるのだけはわかっている。)しか借金も背負わされたそうだ。

再びアパートを借りるなどして暮らしていたところで父と結婚し、借金を父が返し、専業主婦におさまった。父も高卒で決して高給取りではなかったが、節約家の働き者だし子供(私だ)も生まれてなかなか幸せ時間だったのではないだろうか。

しかしそれも数年で死の宣告を受けることになる。つらっ。


母なし子とはいえ不自由なく育った健康優良児の私には大変な人生に思えるのだが、戦後時代にはそこまで珍しいレベルの苦労でもなかったのだろう。この辺の苦労を母からいたことは一切ないし、父も祖母もたいして話さない。雑談の折節に断片的に出てくるエピソードをつなげたのが上記の話だ。さらっと書けばこんな風にまとまってしまうが、想像を絶する暴力と非論理世界


母の不在をふたり祖母が埋めてくれた私は、昔から老人会に入り浸っていて高齢者の話を聞くのが好きなのだが、昔の世界ってものすごく非論理的だったんだなと思う。財産を奪われる、暴力を振るわれる、異性に騙される、病気は治らない、宗教に騙される、親類に奴隷扱いされる……「え、なんでそんな矛盾した行動が許されるの?」よりも、「なんでそんな矛盾した行動を受け入れてしまったの?」という疑問が湧いてくることが多い。警察に行かないの?弁護士を立てないの?それってただのレイプだよ?それってただの詐欺だよ?そんな出来事が、「あんなこともあったわね~」「若かったんだな~」で済まされる。


自分境遇に逆らわずに受け入れるこうした態度も、トイアンナ氏が冒頭のツイートフォローとしていう「自分の機嫌の取り方を自分で知っている人」の強烈な一形態だと思う。

不遇と戦うことよりも、受け入れることのほうが心は波立たない。詐欺を訴えることよりも、被害を受け入れて、こつこつ働いてもう一度お金を貯めるほうがわかりやすくて楽だ。

母が落ち着き払っていられたのは、お年寄りたちが落ち着き払っていられるのは、苦境を経験して、人生に期待していないかなのだと思う。失ってもなんとも思わない。最初からないのだから


母が死んだとき、父は火葬される母を待つときに少しだけ泣いて、後は何も言わなかった。

今になってときどき、母の思い出をぽつぽつ話したりする。


思ったことを書いただけなので、何がいいとか悪いとかの意見特にないのですが、

ただ、花柄デザインの古びた母の日記と、母の丸っこい字で漢字の少ない文章を思い出して、

それから地元のおじいちゃんおばあちゃんたちを思い出して、

生きるって大変で正解がないなあ~~~。と思った。という、日記です。

2020-06-10

Sci-fiという表記

SteamSF系のゲームを見てると"Sci-fi colony sim”みたいな文言がたくさんでてきて、察しはつくけど調べてみると案の定Science-Fictionのことだった 

Wi-fiがワイファイだからSci-fiサイファ

 

正直かっこいいと思う ちょっと手垢がついた感じかする"SF"よりsci-fiの方が新しくて洒落てる感じがする 

SFに出てくる宇宙船モニターブラウン管だったら「うわ〜…」とちょっとした哀れみを感じるけど、これがSci-fiだと小粋なジョーク・わざとやってる懐古趣味過去作品へのオマージュという印象になる

 

でもムカつく カッコいいからこそ気取りやがってとも思う 若造っぽい いや、多分sci-fi表記だってからあるんだけど なんだか…

SF好きなんですよ!って高校生が言ってたらホウホウ見どころのあるやつだと思うけど「Sci-fiものとかよく読んでますね」なんて言われたら粋がるなよ若造が…と思う

 

なんだこの感情

(追記)

ファー 老人会やんけ!

そうか sci-fiが新しいっていうよりは国とかコミュニティの違いで、むしろ国内でいうならSFのほうが新しいのね

勉強になりました

2020-06-09

低年齢のネット関連ニュースを見る度に思う事

インターネット老人会青春追体験出来るアプリとか作って子供ちゃんクリア出来ないと実際のネットに繋げないようにすれば良いのにと思う


不要意にサイト開いたらスマホ一定時間使えなくなるとかダム板に飛ばされるとか

個人情報を書き込むと偉い目に合うとか


ちょうど老人会世代小学生の親になってそうだし、受けると思うんだけどな

うそういうアプリとかってあんのかな

2020-06-08

anond:20200605101153

というか、サンデーモーニング笑点ももはや老人会みたいになってて、久しぶりに見たら怖かった。時間は止まってない。時間は進んでいて番組がどんどん遅れているだけ。

2020-04-25

ネット老人会

があるならネット老人会館も必要だと思うんだが

どこに作ればいいの?

2020-04-19

割とマジで50過ぎの老人どもに国の運営任せるのって無理あるんじゃねえの?

政権無能だっていうのは一先ず置いておく。

老化による流動性知能の衰えはエビデンスもあるわけで、スピーディな状況把握や理解力臨機応変対応年寄り達に求めるのって少し酷だよな。

政治家二世年寄り年寄りの息がかかった候補者投票候補から外す指標国民が持つだけで日本の政治大分変わる。それが良い意味で変わるか悪い意味で変わるかはわからないけどな。

でも人間って馬鹿からいくら政権に不満があってもなんだかんだで知名度投票ちゃうんだよな。馬鹿は変化が怖いんだよ。馬鹿から適応する能力が低いの。馬鹿はついていけないのが怖いの。だから馬鹿老人会馬鹿運営を任せて、自分で柱を立てた馬鹿政権馬鹿にするんだろうな、馬鹿から

愚衆政治が今後も変わらんのは断言出来る。

2020-04-12

オタクだけどオタクになりきれない

俺はオタクだと自認して生きてきて既に30歳を超えたが、時々「俺は本当にオタクなのか?」という疑問を抱く。

アニメは好きだ。親父がオタク気質だった事もあり小学生の頃から年上向けのアニメ古典と言えるアニメ自然と見てきた。

中学生になり小遣いが増えるとそのほぼ全てを漫画ラノベに費やしたし、

自室にPCネット環境もあったんでネット老人会と呼ばれる文化にもギリギリで滑り込んだ。

高校生になり無事に孤立した俺はMMORPG廃人と化して後、ボトラーとなった自分の業の深さに恐れおののきガリ勉に転生して国立大に入ったが、

どこに行こうとボッチはボッチ、これからニコニコ動画覇権を取ると信じてネットの海を一人で漂っていた。



根暗でボッチでオタク文化漬け。どう見てもオタクである

しかし何と言うか、社会人になってある程度人付き合いが出来る様になり、オタクを自負する人物交流する内に、自分はそれほどオタクじゃないんじゃないかと思う様になった。

そもそも俺はグッズを買わない。

昔は番組を録画すればいいと思っていたし、今は配信サービスが充実しているんでビデオ円盤を買った記憶がない。

フィギアの類には多少興味があったが、そもそも金額が高いし、買い出すと保管するスペースが足りなくなるのが目に見えているので手を出していない。

同人誌の沼にもハマった事がない。

首都圏から遠い田舎住みだったんでコミケ即売会なんて遠い世界出来事で、

そういう場所まで行ける年齢になった時には既にネット上でその種のネタを消費出来たので必要性を感じなかった。

ひぐらしのなく頃に」が話題になった頃は原作ゲーム委託業者から取り寄せた事はあったが、利用したのはそれっきりだ。

かつては漫画ラノベで部屋が埋まっていた時期もあったが、今では全て電子書籍に移行しているのですっきりしたものである



そう、世間的に言えば俺はライトオタクの類なのだろう。少なくともガチオタとは呼べない。

にもかかわらず俺は極度の陰キャでありコミュ障なのだ

いや、それってなんか損じゃないか?少なくともオタクとしての誇りくらい持ちたいんだが…。

そんな葛藤を抱えながらおっさんになってしまった。

2020-04-06

インターネットがなかったら

ここまで世論を気にして右往左往しないで、もっと思い切った政策打ってるような気がする。

昨今特に支持率気にして顔色伺っているために踏み切れてないんじゃないかって思う施策が多い印象がある。

なんか、インターネットがあっても情報平等になるわけでも質がよくなるわけでもなく、少数派が集まれ武器となった利点があったのは遠い昔になって、多数の大きい声が拡声されて無駄ノイズになりつつある気がしてしまう。もうとっくになってたのか。

インターネット大好きな老人会の一員として、寂しく思う。

疎開して何が悪い

隔離されとけばいいだけでしょ?東京と同じ自粛みたいにしとけばいいんでしょ?

外出は最低限、食事は部屋のドアに置いておいてもらえばよくて、接触は最低限にすればいいんだろ?

それさえ守れば、混乱してメシもロクに買えない東京に比べればマシだよ。

大体、今の東京だって休校中のガキが友達と遊んでるし、ご老人会の方々は井戸端会議してるし、愛犬家グループの皆さんは笑顔で密集してるし、危機感なさすぎだろ

2020-03-29

コロナネット老人会

最近ずっと薬局に行くとお年寄りの方が居るけど、ここにガチインフル感染者なり無症状の新型コロナ保有者が居たら近いうちに全員詰むんじゃないかと思う。

だってアレ近場の薬局全部とは言わずとも、何店か回ってるんでしょ?で、無症状でも感染するから、他の薬局で更に保菌者を増やすでしょ?

下手すると菌のついた手でマスク相互に融通して、その手でミカンとか食べるから更に増えるでしょ……?

あれで行列になったりレジの小銭とかカード受け渡しで感染するリスクが高くなる以上、マジで今このタイミングで買い占めとか行列に並ぶのは危険だと思う。

憶測に過ぎないから(そんなつもりは無いが)デマならデマで終われば良いんだけど、本当に誰かが感染して真っ先にレジやらレジ打ちの人に触れたら終わりかねない気がする……

せめて密に並んだりしない、人とマスクせず話したりしない、財布とかレジ周辺や他の人が触れた商品を触る前後にはウェットティッシュで手を拭くとかした方が良いと思う。

それがどれだけ不躾で失礼だとしても、自分が苦しんだり大切な人を苦しめるよりはマシなんじゃないかなと思わなくもない。

2020-03-25

コロナウイルスの本当に怖いところ

コロナウイルスはその性質上、人と人の距離が近ければ近いほど感染力が強いためクラスター感染が起こるわけですが、つまりは仲のいい仲間内感染力が強いということになる。

仮に歓送迎会を行い、クラスター感染を起こした場合、30人の参加者のウチ半分が陽性になったら。

うそ部署は立ち直れないかもしれない。

仲のいい老人会クラスター感染をおこしたら、その集まりの内半分が亡くなるかもしれない。

まりは今いるコミュニティクラスター感染が起こったら、そのうちの少なくない人間ICUに入り、数名が命を落とすかもしれない。


ライブを開催したければすればいい。

しかし、キャパ300以下のライブハウスでやる場合、客の半分を失うかもしれない。物理的に。

その恐ろしさをどれだけの人が理解しているのだろうか。

親しい人ほど今は会ってはいけないと。

大切な人ほど、今は会わないことが大切にするということである



あーこわいこわい。

2020-03-20

やわらか戦車とかコアラッコみたいだなー(老人会感)と思ってたらやっぱ電通

ナントカメディア賞みたいなのも取るのかな

2020-03-04

Newspicksって実名性のはてぶ?

Newspicksって実名性のはてぶみたいのもの

QUORAみたいに、いつのまにかマウント大好き老人会会場になってしま

2020-02-17

anond:20200217172441

すでにブコメ言及で書いてあるけど、人に貸す場合を想定している。

で、次第にリビング電話の居場所が移っていくわけだが、法律の制定や条約の締結とかと違って、各家庭の事情が絡んで「いつ」は言いにくい。

ただ言えることは各家庭に電話が普及するのと表裏一体の動きだということだ。

ところが、電話の普及ってのも技術革新と絡んで複雑な経過をたどる。

都市部の「即時化」

電話の普及は、ただ電話線が家に引かれることを想定するだけではダメという話。

「交換士あり」から「即時電話」(これには二つの意味合いがあって複雑なんだが)への変化を見なくてはならない。

私は北海道の事例しか調べたことがないのでそれを例にすると、市街地では昭和20年代後半から30年代丸々をかけて、まず「市内即時化」がなされていく。

これはある一定範囲の市内通話だったら交換士なしで自動で繋がるシステム。それまではトトロみたいに電話をつなぐ中の人がいた。

これを「即時化」とか「自動化」という。「即時化」「自動化」は地域ごとにボトムアップで進んでいく。中央から一気に御達しが出て一斉スタートになるわけではない。

その際に電話番語が改まる。それまでは電話の開通順で「1番」とか「8番」とか「53番」とか「104番」とか番号が割り振られていたが「即時化」で全ての番号が再編成され、私の調査値だと4XXXみたいな4桁の番号が新たに割り振られる。詳しくは忘れたけど、官公庁公共施設はは2XXX、病院は3XXX、みたいにある程度分野ごとに割り振りがあったと記憶している。

今でも市内だったら全部の電話番号押さなくても下何桁かで連絡できるでしょう。それはこの時期に出来上がった技術

今まで手動でしなければならなかったところが自動化されたことで、通信線が強化されつつ、電話が急速に都市に普及していく。

市外局番

市内での即時化が完了したが、都市ごとの連絡には未だ交換士に繋いでもらうことが多かった。

これも次第に、時に市内自動化と並行して解消されていく。

例えば北海道なら札幌を起点に、札幌函館札幌釧路札幌東京札幌大阪函館釧路釧路小樽……みたいに自動化がなされていく。なおこの順番は適当だぞ(道内では多分誰も順番調べた人いないんじゃないだろうか)。ともあれ網の目状に進んでいったという点に留意されたい。

都市間の自動化は、都市に固有の番号を割り振りそれを頭につけることで実行される。

市外局番」の誕生である

農村事情

主題とは遊離するけれども北海道農村部の事情を見ていこう。

戦後農村部ではラジオの普及と電気電話の開通が急務だった。

これは天気や雑穀価格変動の最新情報をつかむためだ。

また北海道では、NHK地理的にも経済事情的にも農業勉強がかなわなかった農家に対して、朝早く(野良に出る前に)「ラジオ農学校」を開設しており、地域ごとに識者を読んで種まきや農作物維持管理啓蒙に努めた。不作や冷害の場合への対策も、時にラジオを通じて伝えられた。

農業の成果に直に関わるため、各地域農家リーダー役の人々は、請願運動をし、時に自分たち出資して電気ラジオ電話を普及させていった。

農協からキロも線を引っ張って、自分たち電信柱を立てて、地元情報をもたらそうとした。

こうした事情もあり、農村地域電話は限られ都市自動化が進む時期においても電話を借りる、というシチュエーションは多く残されていた。

ラジオ電気に遅れるも、おおよそ昭和40年代丸々をかけて、農村部でも電話は普及していく。

私が見たことのある昭和37年北海道の事例だと、小学校の連絡先にその児童の隣のうちの名前電話番号が書いてあったり、農協事務所の番号が書いてあったり、電話ないけど学校からいから直接連絡伝えてください、と書かれているものがある。

おまけ もう一つの「即時化」

交換士なしでの電話を「即時化」というと説明した。

とってもわかりにくいんだけど、「即時化」と呼ばれる現象はもう一つある。

交換士が特に都市間の電話をつなぐ時、回線が限られており、相手先に繋がるまで相当待たされた。これを「待時」という。

場合によっては数時間かかる。いったん電話を切って、交換士さんから電話を待つ。

時間後、交換士さんから電話がかかってきて「〇〇さんとつながりました」と言われる。

それでようやく遠方の人と会話ができる。この現象がよく起こった時期は調べたことがない。

この問題回線を増強することで解決していく。

それで、この「待時」の解消も、時に「即時化」と呼ばれる。

この辺りの事情連続テレビ小説なつぞら」の考察をした人が最近詳しく書いている。

https://www.excite.co.jp/news/article/E1562427232846/

電話進化はめちゃ早

今生きる私たちも、ガラケーからスマホへの劇的変化の時代を生きている。

契約方法もどんどん変わる。誰もそれを詳しく記録していないし、きっと、全部は記録しきれないだろう。

個人的には、カメラ付き携帯がではじめた頃の数秒に一度しか画面が更新されないカメラから現在自撮り時代に至るまで、たったの十数年なのに隔世の感がある。

身近で微妙な変化も今のうちにちょっと記録しておくと、50年後くらいに楽しく老人会が開けるかもしれない。

2020-02-02

anond:20200201231609

ブコメ民にも勘違いしてるやつがいるが、あいつのこと隊長って呼ぶのは持ち上げてるんじゃなくて蔑称だぞ。

山本一郎とか文化人ぶってるけどお前元々ねらーコテハンかいう不可触民やんけ、という老人会からメッセージだよ。若者は知らんのだろうけど。

津田大介ネトランって呼ぶ感じ。

2020-01-16

インターネット老人会

老人会といいつつ老人なんていなくて、せいぜい40代50代の中年おっさんオバハンの集まりだったわけだが、

もう10年もすればガチ老人会ができるんだよなと思うと感慨深い。

それこそ今はスマホやらタブレットやらの普及でネットも低年齢化してるから、年齢一桁代のちびっ子からガチ老人まで、めちゃくちゃ幅広い年齢の人たちがインターネットに集うわけだ。

はてなはその頃若い層を取り込めているだろうか?

このまま老人会集会所となるのだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん