「武勇伝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 武勇伝とは

2018-02-21

若いうちに暴れまわろう

虐めやDVや無法行為をやりまくろう。欲望の赴くままに、倫理観皆無の脳みそで生きよう。

若いうちにどれだけ人を苦しめてもすべて若気の至りで済まされるから大丈夫だ。

少年法もあるしね。

将来、あの頃は若かった…と遠い目をして武勇伝として語ればいい!

被害者ことなんて何も気にしなくていい。だって被害に遭うのが悪いんだもん。加害者責任は一切ないし、履歴書にも影響しない。

そうだな。サイコパスみたいな人格自分の中に作るといいかもな。良心の呵責がゼロの人を目指そう。

2018-02-14

北朝鮮テロ関係の語り口が何かに似てると思ってたけど

ようやく分かった。

ヤクザ業界と同じなんだよ。

真偽不明武勇伝

やたら派手な被害想定。

国家権力との絡み。

思わせぶりなジャーナリスト

そして実際の困窮ぶり。

から何までそっくりだ。

2018-02-11

絵本作家炎上商法ではなく貧困ビジネスなのではないか(4)

anond:20180211004709 の続き

2.不思議な点

2.1.拙い言葉遣い

謝罪にあたっても絵文字や空白行を空けた幼い文体を崩さないことから炎上が延焼していた。mixi日記時代からfacebookに移っても同じ傾向のようなので、当人一定したスタイルなのだろう。歌詞においても「あたし」という幼い人称を使っており、その点に「母親として大丈夫なのか」と違和感不安感)を感じている女性もちらほら見られた。

ちなみに、「あたし」についてはその幼さとのギャップからくる狂気不安感に定評のある作家新井素子」の名が挙がるほどであった。

【参考】

2.2.元暴走族総長というプロフィール詐称疑惑アリ)

自伝暴走族 絵本作家になる」など、本人が繰り返し元暴走族総長というプロフェールをアピールしており、それに対しては「立派に更生していて偉い」という意見がある一方、「元不良をアピールすること自体に対する不快感」をあらわにする人々も多い。なお、伊集院光氏のラジオに出てその嫌悪感を示された時には周りのプロデュースであり当人は「辞めたいなと思っている」というようなことを述べていたという。

【参考】

さらに、ここのところの騒動調査が進んで明らかになったところによれば、当人が率いていたという「池袋連合」というチームは存在しないのではないかということである一般イメージの悪い「元不良」という経歴をわざわざ「詐称」するのはいったいなぜなのだろうか。

【参考】

チーム人数が160人が200人になったり、「図書館絵本を6000冊、1ヶ月で読み終えてた」(『暴走族絵本作家になる』)を読んだなど誇張と見られる表現も多いことから、虚言癖ではないかという意見も出ている。確かに男性の良くつく嘘に「地元で有名なヤンキーだった、有名な先輩やヤクザと仲が良い」というものがあるらしい。また、芸能界では元ヤンキーであるということは武勇伝として許容もしくはむしろ評価を受けるとも聞く。そのためなのだろうか?

2018-01-28

anond:20180127211654

単にせっかく雇った人間をつぶしかけた話を武勇伝のように語るなよ

2018-01-19

anond:20180119173715

まあ、おそ松は関係ないにしても、話盛る腐女子やホラ話の呼称としてはピッタリなんだよなあ

もちろんDQN武勇伝とか、そんな輩はどこのコミュニティにもいるもんだけど

2018-01-15

anond:20180115113051

漏らしストは寧ろ武勇伝に聞こえるわ

一回やっちゃえば何も怖い事はない

酔っ払ってホームで失禁したおじいさんとそれに対処する駅員のやり取りを見て(正確には聞いて)以来、なんか駄目。

2018-01-09

バンドボーカル

僕の甥はとあるロックバンドボーカルをやってるんだけど、最近少しだけ売れてきた。

まだ全然それで暮らせるレベルではないけど、売れないミュージシャンと名乗れる程度にはなってきてて、地方でのサーキットイベントだけど一応「フェス」と名の付いたイベントに今度出演するそうだ。

彼のクズっぷりとその悪行三昧は半端なくて、僕はそろそろ半世紀近く生きているけど、彼以上のクズを今のところまだ見たことがない。

彼の周りはもれなく彼を見捨て、二親等内の親族は全員なんらかのメンタルヘルスを患い、特に一番近い親族人生をかなり足踏みさせられた。それはきっとその人の人生を既にそこそこ台無しにした。

彼の祖父(僕にとっては父)は、関わったストレスとある病気発症し、それは完治する類のものではないので身内の労働力祖父死ぬまでその介護に全部持ってかれる。

その彼がライブフェスファンを前にして、頑張ってる自分らをアピールして、過去の悪行三昧をまるで武勇伝のように語る様を想像したら、腸が煮えくり返るし、彼をどうにかしてしまいたいくらいの気持ちに駆られる。

困るのはその気持ち聴く側の気持ちに影響することで、僕が敬愛するミュージシャンたちも一皮むけばそんな人物像なのかもしれないと想像してしまう。そうなると、これまでみたいに素直に音楽聴くことができなくなってきた自分がいる。

彼がこれからもしもっと売れて、国民的に知られるようなレベルになることがもしあったら、きっと過去の彼の行動は全て正当化され、彼を作ってきた要素として肯定して語られるときがきてしまうだろうと思う。

そうなると僕はたぶん自分をおさえられず、彼をボコボコにしてしまうと思う。

音楽で食うってのはそんなに簡単なことではないと思うから大丈夫だとは思うんだけど、そういう日が、クズが認められる日が来ないように、彼が売れないでいてくれるといいな、と切に願ってる。

2018-01-04

https://anond.hatelabo.jp/20180104173731

元増田だけど普通にそれのどこがおかしいのかよくわからない。

実際、自分も進学先考慮する時に電車の混雑度が高過ぎるところは最初から選択肢に入れてなかったんだよ。

もしも、すごい特殊な専門の勉強やってて、その高校にどうしてもいかないといけないなら別として、

満員電車になるような都会なら同じぐらいの偏差値帯で選択肢はいくらでもあるし、あまり馬鹿なこと言ってるとは思わない。

もっというと、わざわざ中央線沿線とか埼京線沿線に住む親も、もうちょっと考えたらいいのにって思うけどな。

まあ、それは行き過ぎなのかも知れない。

でも、少なくとも、やっすい夜行バスの男女混合4列シートとか、ロクにカギがかからないドミトリーとか、若い女性はちゃんとそういうの避けようよって思うし

一人野宿とか、普通にやったら危ない冒険武勇伝みたいに喧伝するのもやめてほしい。

2018-01-02

anond:20180102144045

マジでこれ謎の仮定なの?ヤクザとバトルして路上喫煙をやめさせた増田さんの武勇伝是非ききたいなー

2017-12-22

はあちゅうのおかげで社会運動のヤバさを知れた

だってあれほど人格問題があってとっくに評判最悪なはあちゅうでも一気にヒロイン化してものすごい大勢から支持や同情のレスポンス貰えるんだよ?社会運動にはまる人がいるのを理屈でなく一発理解できた

あれ見てたらさあ・・・

満たされなさを感じながら生きててもっと構われたい目立ちたい認められたいって思ってる人絶対真似するでしょ

人間て構われたい生き物だからお題なんか出されてない状態でも変な作り話するのでネット創作武勇伝とか嘘松に溢れてるわけじゃん

#me tooなんてお題作ったら絶対嘘松が大量混入するよ そこはどうするの? ましてはあちゅうのあれを見ちゃったら


もう手遅れだけどさ、こういうのってほんとは、告発者は守られるべきではあっても目立たせたりちやほやしたりしちゃダメだったんじゃない?目立つことやちやほやされることをこの上ない利得と感じる人はこの世に結構一杯いるよ、これ読んでるあなたがそうじゃなくても

そういう意味で、日本のこういうものはあちゅうから始まっちゃったっていうのは本当に取り返しつかないくらい致命傷だったね

せめてはあちゅうではなくはあちゅうに売られて性被害を受けたはあちゅうの友人を主人公にするべきだった

2017-12-21

anond:20171221205710

彼女炎上したのはマッチョイズムを批判しているのに自身マッチョイズムに染まってたからというのはありそう

仮に童貞イジリじゃなくて万引き武勇伝ツイートだったとしたらここまで炎上しなかったかも、

2017-12-19

粗暴な子供がいた

オレが子供時代もいた。たまたま事件にならなかっただけ、運が良かっただけ。被害者にも加害者にもならず良かった。

でも、自分も誰かをふざけて突き飛ばすくらいの事はした記憶何となくあるので、運が良くてよかったと思う。

酔っ払って暴れた武勇伝とか語る人は、もういい歳なのに同じような事しているよね。

2017-12-16

anond:20171216083245

全く、年代ずらしのフェイク年表まで出してくる奴がいるんじゃ先が思いやられるな。

 俺はあのころまだ20代だったが、当時のはてなはまだそんなに派手じゃなかった。新興のwebサービスとして3年、渋谷にようやく移ってきたってのが2chで話題になってたくらいだ。

スター合戦が起きるのはこの後で、確か発端は東京オフィス竣工祝いだって聞いたな。なんでもシャンパンタワーで乾杯していたはてなエンジニアの一人がロリコンで、誰かの連れてきた幼女ショタ説もある)に「ツリーてっぺんのお星さまが欲しい」って言われたのがきっかけらしい。

 池田先生は確かに当時から有名だったし、ジュリアナブロガーも多かったけど割とヨロシクやってた幹部もいたって話だぜ?

初代のKは当時から不動産じゃかなり有名で、業界で語り継がれてるのは立ち退きボーリングって遊びだ。買い占めた土地不法占拠を続ける民家にダンプを突っ込ませる手法くらい聞いた事あるだろ? 普通は数件になるまで待つんだが、Kの場合はそれを10件くらいからやる。玉も一つじゃ物足りないから、って5台6台の盗難車を集めてきて自分で配線引き出して制御系を直接組むんだよ。

 で、幹部でそれぞれのトラックに賭けて、後は一斉にスタートさせる。まぁ詳しい事は省くがこの時に頭角を現したのが一点張りで大勝ちしたOと、二代目のK、それに懐刀のMだ。

Oの武勇伝は多いが戦後成金マネて「どうだ明るくなったろう」をリアルにやったり、セルリアンタワー能楽堂(当然貸し切りだ)に呼び出したパニオンを全裸で整列させて寿司デリで女体盛りをさせる能楽女体盛りなんかが有名だな。まぁ大人しそうに見えて危ないやつなんで犯罪に関わる部分は伏せるが。

 二代目についてはあまり詳しい説明はいらないだろうし、Mについては金融関係から別の機会にしよう。

とにかく初代とOは派手だった。損失も出したようだが不動産サイト本業を移したみたいだから、今後もまだまだ暴れていくんだろう。


 おっと長く成り過ぎちまったな。

ともかく創業者達は光り輝いてたよ。好き放題にやって贅沢の限りを尽くし、webに輝く星になるんだってのが口癖だった。

 今にしてみると――、そうだな…、当時の若かった俺からすれば、本当にスターだったのは彼らなのかもしれない。

見てるやつらもがんばってあんな風になってくれ。

 じゃぁな。

2017-12-12

除染作業員に草むしりをさせたニュース

地元土建屋の娘婿が社長をやってる土建屋の子会社で働いたことがあって、昔のエピソード聞くと土建屋権力者ぶりがすごかったな。

従業員を、会社業務関係ない奉仕作業みたいのに駆り出す武勇伝みたいの、ゴロゴロあるの。

社長の家(土建屋会長の家)におじゃましたことがあるけど、豪邸で庭に会長銅像がたってるし。

除染作業員土建屋役員実家の草むしりに使ったってニュースとか見ると、業務関係ない私用で社員を働かすとか未だにやっていて、除染作業員もいつもと同じ感覚で働かせちゃったんだろうなって印象。

2017-11-25

死して屍拾う者無し

命を捧げることは日本の伝統芸です。立派な最期を遂げてください。

(7:57)

今日は生きて戻ることができた。それに感謝した。

(15:20)

たくさんもらったお手紙はみなポケットに入れて持って行きます

これからは兄ちゃんはお星様の仲間に入って千鶴ちゃんが立派な人になるのを見守っています

お父さんやお母さんの言い付けを守って立派な人になって下さい。

2017-11-22

増田のありがたみ

ちきりん女史こそ増田のよき理解者だと思わざるをえないね

武勇伝バイアスに気をつけよう - Chikirinの日記

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20171119

まあ増田といえど悲惨体験ばかりじゃないけどもね

それにひきかえ、はてなブログ系の節度のなさと言ったら。

2017-11-20

anond:20171120172342

鋭いですね!

男女逆転で書けば、多少は柔らかな印象になります。ひょっとしたら増田さんは男性元カノを捨てたのかも?

男性が、元カノから可愛い若い彼女に心変わりっていうのは、ただの自慢っぽいですし、

元カノの描かれ方がどうみても、最初から打算的。

これからどんどん遊び人として生きてゆきそうな増田君の武勇伝を期待しましょう。

まーそういうのって、読んでいる私たちが何を思っても、言ってもこういう増田さんには馬耳東風です。

懺悔のような、あるいは残酷な気分で書いているんでしょう。

2017-11-16

この橋渡るべから

張り紙を見て端じゃなくて真ん中を堂々と渡った武勇伝を持つ一休さん

トイレで「トイレットペーパー以外を流さないでください。」の張り紙を見たら、

やっぱりウンコ便器の外にするのだろうか?

それとも蓋の上にしてしまうのだろうか?

2017-11-12

ウーロンのパンティ

あれってとりあえずパンティーなことを置いとけばかなりの記念品だと思うんだけど取って置いてるのかな?

昔の武勇伝を語りながらパンティーを取り出すとかただの変態だよなあ

映画『アトミックブロンド英国百合男子(MI6幹部)の熱い尋問

東西冷戦末期、1989年ベルリン。「壁」崩壊前夜のこの街で西側諸国スパイ情報KGBの手に渡ってしまう。それを奪還すべく、ロンドンから一人の凄腕女スパイ世界史に残る大イベントを迎えんとする狂騒の街へと送り込まれた――。

と、『アトミックブロンド』はベルリンでの任務から帰還した女スパイシャーリーズ・セロン)が上司のMI6幹部から事の顛末尋問される形で進行する回想劇なのだが、タバコを吸いながらふてぶてしい態度で語られる女スパイ武勇伝のまぁド派手なこと。

まずベルリンに到着して数分でドンパチ(出会って4秒で合体かよ)。

その後も次々と修羅場が訪れるも、複数人で襲いかかってくる男どもをタマキン蹴り上げながら、ほとんど素手でバッタバッタとやっつける女スパイ

まるで軽快さのない痛々しいアクションシーンに顔を歪めつつ、次第に慣れてきた観客は気づき始める。「ははーん、シャーリーズ・セロンが男のタマキンを蹴り上げたいだけの映画だな」

そんな男には容赦のないセロンもカワイコチャンにはめっぽう弱い。夜の盛り場出会ったキュートフランス娘に「これは即ハメボンバーですわ」とメロメロセロン。辛抱たまらクラブトイレで濃厚キス。「スパイの用心深さはどこにいったんだ」と呆れる観客を尻目に滞在中のホテルにお持ち帰りして、「ほな、お先にアタイらのベルリンの壁崩壊しますわ」とばかりに濃厚レズセックスを繰り広げる。

男に対してはあんなに厳しいのに女同士だとここまで激甘なのかとばかりのネットリ系プレイで、観ているだけで糖尿病になりそう。これにはMI6幹部も「その話kwsk」と身を乗り出し尋問に熱が入る。「さすが紳士の国」と観客は心のなかで日英同盟即日発効。

その後も「モブ厳」ならぬ「タマキン厳」シーンは続く。西ベルリンから東ベルリンへと潜入した女スパイ入国直後に尾行され(スパイのくせに気づかれすぎだろ)、とっさに入った映画館尾行を撒こうとする。非常ベルを押して混乱がおきた隙に逃げ込んだ先は、映写幕の裏。

映画投影された映写幕をバックに格闘を繰り広げる女スパイタマキン蹴り上げノルマをきっちりとこなしつつ、「あの映写幕に突っ込むんやろなぁ」という観客の予感にキッチリと応え、頭から突っ込んで映写幕をブチ破る女スパイ

これには私たち観客も阿吽の呼吸で「そのためのヤシの木かよ」と自分たちの観ている映写幕にツッコミを入れないわけにはいかない。

※参考資料:そのためのヤシの木とは (ソノタメノヤシノキとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8

その後も、次々と襲い掛かってくる男どもの顔面タマキン攻撃をくわえ、奪い取った銃で頭をぶっ放し、弾が切れたら銃のグリップで頭を殴りつけ、タマキンを蹴り上げる。

「そんなのないよあり得ない」と思いながらも、激動のど真ん中にある東西ベルリン舞台にしていることもあって「それがありえるかも」と思わせる力技で物語は進み、緊張感を保ったまま最後まで持っていく。

とまあ基本的にはご都合主義なんだけど、いちおうは男女のパワー差を考慮して、女スパイがエレガントに軽く一撃でやっつけるということはしない。普通に反撃を食らって、顔に大きなアザを作り、脳震盪を起こしてフラフラになりながらも戦い続ける姿は悲壮感すら漂ってくる。(それでも「素手で何人もの男をやっつける時点でご都合主義だろ」と言ってしまえばそれまでなんだけど)

それに、キュート女性を目の前にしてスパイ失格レベルで知能を低下させている様を描いており、「男と変わんねぇじゃねえか」と観客に突っ込ませる余地も与えてくれている。

とにかく非現実的な「完璧女性像」を作り上げて観客をシラけさせるということはしていないので、そのあたりは良くできていると思った。

ともあれ、モラハラ上司元カレなど身近にいる男のタマキンを蹴り上げたい! と日々ストレスを抱えて生きている女性は「ぷいきゅあがんばえー!」のノリでシャーリーズ・セロン応援できるし、心の日英同盟締結済みの紳士諸君(同士よ!)にも十分楽しめる映画となっている。ヘテロ男はお呼びでない。

【以下蛇足

今まであまり映画を見てこなかったけど、最近にわか映画欲が湧き出し、映画館に足繁く通うようになった。

それで思ったのは、「アメリカ人はいつまでソ連に怯えているんだろう」ということだ。

ドリーム』は、「ソ連ミサイル撃ってくるの?」と怖がる3人の娘に「だいじょうぶ、母ちゃんNASAでがんばるからね」となだめて寝かしつけるも、ソ連の前にまず自国差別と戦わないといけない黒人シングルマザー細うで繁盛記だし、

バリーシール』は「ソ連はこんなヒドい国なんですよ!」と国際社会アピールするためにもっとヒドいことをするアメリカと、そんな母国に利用される小悪党パイロット(元トップガン)という話だ。

そして『アトミックブロンド』も言ってしまえば、西側スパイ情報KGBの手に渡りソ連に殺される……!」と怯える人たちの話であり、結局アメリカ人冷戦が終わって何年経とうと「ソ連こわい」映画をこれからも作り続けるんだろうな。

ちょっと前に観た『ダンケルク』もナチスに怯えるヨーロッパ映画だし、日本人は「悲惨戦争翻弄される庶民映画を、中国人は「我らの大陸を土足で踏みにじった野蛮な日帝映画を作り続けることだろうし、やっぱり戦争ってよくないな(なんだそのまとめ)。

とにかく、劇場映画を観るのはとても楽しい。単にデカい画面と音というだけでなく、何というか「体験している」という感じがあって良い。しばらくは映画館通いの日々が続きそうだ。みんなのオススメ最新映画を教えてくれ。

2017-11-04

弟の武勇伝

小学生の頃、うちの父がたまたま小学校の近くで仕事(土木業)してた。

それを見たらしい弟のクラスいじめっ子

「お前の父ちゃん泥まみれ!汚ねぇ!」

と、下校中に弟をからかってる現場発見した。

子供ながらにカチンときて、弟を助けに入ろうとしたら、普段大人しくて気の弱い弟が急に

「お父さん馬鹿にするなぁー!お父さんはカッコいいんだぁぁー!!」

とキレて暴れまくりいじめっ子達と大喧嘩始めた。

ビックリして見てたら、最終的にいじめっ子が負けて逃げてった。

普段大人しい奴ほどキレると凄い、ってのは本当だと思った。

で、お約束のようにいじめっ子の親がうちにいちゃもん付けてきたが、

私が事情説明すると、子供から「何もしてないのに殴られた」としか聞いて無かったらしい親達は逆に謝ってくれた。

父は弟が大学生になった今でも、酒を飲むと必ず嬉しそうにこの話をする。

2017-10-17

義理家族気持ち悪い

基本的には普通の人たちだと思うんだけど、義理兄弟の1人が本当に無理で、徐々にその兄弟を受け入れている全員が苦手になってきてしまった。

その兄弟子供に関わる仕事をしてる人なんだけど、「子供が間違ったこと言うから泣かせてやった」とか、さも武勇伝のように食卓で話すんだよね。私だけドン引きで、みんなそれを笑ってるわけですよ。

それで、本人のいないところで「あいつは口は悪いけど実は優しい」とか話してる。その不良が雨の日子犬説みたいなのもドン引きですよ。

そんな義兄弟若い結婚した奥さんと離婚して、その話聞いた時から「これは乗り換えフラグ」と思ってたら、案の定一回り以上下若い嫁と再婚してさらドン引きしか職務出会相手。そんな直感当たらないで欲しかったと思う今日この頃

2017-10-02

anond:20171002160213

アメリカ兵は普通にしかったら痛かったら後退するし

戦いたくなかったら後退する

ノルマンディー上陸作戦」は「美談」ではなく「悲惨

日本人なら胸張って武勇伝してただろうな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん