「JRPG」を含む日記 RSS

はてなキーワード: JRPGとは

2020-06-12

anond:20200612120120

MMORPG 迷宮攻略 おもしろかった あれぞ JRPG アトラス あれはたのしかった 10年経っても覚えている なんでもいいよね。みんなで遊べた。

2020-05-27

anond:20200527231020

ああ、それは最高だ。これだけでいい。

からFFやらドラクエやらといったスクエニ系のJRPGなんかに手を出す必要性は一切ない。

そんなのをやるくらいなら往年の有名Windowsフリーゲームだとか、DLsiteでヒットした同人エロRPGでもやっていたほうがまだマシだ。

というか、ゲーム選びという点では大手Vtuberたちの審美眼を参考にしてもいい。何しろバックの人々が生き残りをかけて選定しているわけだから

映画ゲームをするくらいならもはやゲーム実況を見ているだけで十分じゃないかという時代になっている。

2020-05-25

anond:20200525184935

オープンワールドってはじめてやったときは楽しかったけど、移動が面倒だからあっちもこっちもオープンワールドやりだすとやる側が疲れてくる

移動自体を楽しむ探索系ならいいんだけど、旧来の JRPG の移動をオープンワールドにされてもあんまりうれしくない


FF7リメイクがキッカケで昔のFF7リマスター版やってみて、こういう感じのワールドマップの移動がベストだわって思った

テイルズも昔はこんな感じだったけど最近ないんだよね

2020-05-08

anond:20200508201933

フリーマップチップ沢山あって世界観の構築とかシチュエーション説明がお手軽だからじゃねえの?

あと、ツクールで作れるチープなJRPGでこんなエロシステム考えられるのか!みたいな楽しみがある。

町中の男NPC行為に至れるとか。

2020-04-14

anond:20200414164703

女性向け(少女漫画等)は母娘モノが昔から多数で、男性向け(少年漫画JRPG)は偉大な父とそれを越えようとする息子の物語

これこそがメインストリームで、父娘や母息子の組み合わせが好きなのは陰キャサブカル毒親界隈のクセって感じするわ

血の轍とか、うさぎドロップとか、メインでは全然ない「界隈知名度」が高い

anond:20200413151825

Papa told meとか好きそうな増田だ。父娘モノばかり好んで読んでいるとこういう偏った認識になるのか。

実際は、女性向け(少女漫画等)は母娘モノが昔から多数で、男性向け(少年漫画JRPG)は偉大な父とそれを越えようとする息子の物語だらけという。

2020-03-25

anond:20200324124530

とりあえずJRPGの二大巨頭FFDQいずれかは履修すべき。となると今ならNintendoSwitchでやれるDORAGON QUEST XI Sは必修。

2020-03-03

ネトゲ題材作品ネトゲプレイヤー目線で語るのは無意味

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」「インフィニット・デンドログラム」少し前だと「七星のスバル」「SAOAGGO」といったオンラインゲームを題材にした作品に対し「こんなバランスネトゲであり得ない!こんな運営いるわけない!設定ガバガバ!作者はネトゲエアプのクソアニメ!」と心無い批判をする人が居た。

現役ネトゲユーザー目線で見るとおかしな部分があり思わずツッコミを入れてしまうのだろうが、これらは「実在しないゲームを描いたフィクション」だ。

多少現実的じゃなくなって別にいいじゃないか二足歩行ロボット活躍したっていいし、腐女子という属性以外完璧な夢女子イケメンモテてもいいし、女子高生がおっさん趣味をやっても別にいいのに、ネトゲにだけ厳しい視線を向けるのは偏狭でしょう(ネトゲ警察?)

そもそもツッコミの内容も怪しい。

たった1つのスキルを極めただけで初心者がいきなりトッププレイヤーになれるはずがない

これまでゲーム経験ゼロだった初心者ランダムで引き当てた食らい判定の小さい低身長キャラで俊敏性に全振りしたら敵の攻撃全然当たらず無双できるゲームとかどんなバランスなんだ

ゲーム開始時から取得できるスキル絶対に決まっていてやり直し不可能なのに主人公一味だけ圧倒的に強すぎて萎えた。しかも一度死んだらキャラロストとかネトゲであり得ない

なんで初心者がいきなり見つけられるような緩い取得条件の強スキルを誰も発見できなかったの?

バランス崩壊レベルの強さをもったプレイヤー運営はいつまで放置してんの?作者はMMORPGJRPG一種かなんかだと思っているの?

毎回主人公ばっかり隠しスキル隠しダンジョン隠しボス隠しアイテム見つけるとか運極振りの間違いだろ

こんなゲームバランスにする運営がいるわけがない。説得力がない。主人公補正。ご都合主義etc

実在しないゲームを描いたフィクションである以上、現実ネトゲと同列で語り批判すること自体ナンセンス

防振りに関しては原作者がはっきりと「設定ガバガバだけど許せる人だけ見てほしい」と書いている。

この作品ご都合主義的展開を含むこと。

また、作者が息抜き程度に書き始めたもののため読む人によっては耐え難い矛盾違和感を感じる可能性があることが予想されます

特に、【VRMMO】として完成されたゲーム性を楽しみたい方にはお勧めできません。

そして、それらに対しとても不快に思った際は速やかにページを閉じ、この作品を切ることをお勧めします。無理して読むことは息抜き趣味読書では無いと思います

https://ncode.syosetu.com/n0358dh/2/

またストーリーを作る以上「主人公活躍できる理由」が無いと話も盛り上がらない。

俺TUEEEEするためにゲームとして許される範囲内で強い理由や設定を盛り込むことが悪いとは思わない(これが本来意味チート無双だったら怒るけど)

リアルさを重視して地道なレベリングアイテム集めで少しずつ強くなっていく話もそれはそれで面白くなるのかもしれないけど、視る側が求めている刺激や爽快感とは違うと思う。

「こんなガバガバ運営バランスあり得るのか」というツッコミも、そもそも現実ネトゲ運営しょうもない調整ミスをするし、ちょっとやればすぐ分かりそうなバグを残したまま世に出すし、すぐ炎上するようなガバガバな所ばかりでむしろリアリティーがあるんじゃない?

たった1人のプレイヤーしか使えないユニークスキル武器があるのはおかしい。不公平だ。

現実オンラインゲームなら全てのプレイヤーは公平で特定プレイヤーだけ贔屓するのはおかしいのだろうが、そこはお話だし……

これらの拡大解釈だと考えれば納得できないか

ソロ(少人数)でボスを倒せるのはおかしい。ネトゲ意味がない。

FF14プロデューサー吉田直樹氏のインタビューに答えがあった

今の世代オンラインゲームは、当時の思想とはまったく異なるゲームになっている。キャラクターやジョブレベルは、ストーリーを追いかけているだけで、サクサク上がっていくようになった。むしろ、そのレベルアップの速度は、一般的スタンドアローン(一人用/オフライン)のRPGなんかよりも、ずっと速くなっている。だから、部下のプライベート時間を拘束してまでレベル上げをする必要もないし、ダンジョン攻略するために、ゲーム内の町の中で同じ目的を持った人を探して、大声を張り上げる必要もない。ダンジョン攻略するためのパーティメンバーは、マッチングシステム自動的に探してくれる。マッチングした人と無理に友達になる必要もなく、「よろしくー!」「おつかれー!」と挨拶する程度の気軽さである

今の世代オンラインゲームは、“自分から友達を作ったり、チームを組んだり、仲間を増やそうとしない限り、自由に一人で遊んでいくことができる。だから人間関係に悩まされることはない。

せいぜい、ふと気づいたときに、「ゲームの中に友達がいなくて、ちょっと寂しいなあ」と思う程度である

https://www.asahi.com/and_M/20191120/7323398/#sono1

FF14に限らずネトゲソロで遊びたいという需要は確実にあり、ゲーム側でソロプレイサポートする仕組みがあるのは別に珍しいことではない。

問題ボスも「実はソロでも倒せる程度の強さだった」というだけで何の問題も無い。

レベル知識も無いはずの初心者がいきなり初見ボスに挑んで勝つようなやつは知らんけど。

なんで登場人物日本人ばっかりなの?なんで登場人物東京(関東)にばっかり住んでるの?関東以外は荒野になっていて生物が居ない世界観なの?

ネトゲ経験者なら知っていると思うが「海外の人とゲーム異文化交流」なんてのはほぼ幻想で、実際は通信速度の問題言語のせいで同じ国のプレイヤーと遊ぶことがほとんど。

そして人口統計から考えて関東在住のプレイヤーと遭遇する確率の方が高いので問題無い。

それがたまたま近所に住んでいるイケメンでも同じ高校に通っている同じ学年の美少女であっても確率的には0ではないか問題無い。

そもそも東京青森島根に住むプレイヤー達の物語」とか成立させるだけでも大変だし……。

ギルド会社ごっこ組織ごっことか本当にあるの?人間関係めんどくさそう

まったりギルドだと思って入ったらイベント時にノルマ達成できなかった下位プレイヤーとしてチーム内チャットで晒されたので、本格的にやるところやるんじゃない?

VRMMOって通信量が多そうなのに、同じフィールドに数百人単位で居たらラグがやばそう

VRMMO物に出てくるヘッドセットって無線ばっかりなんだけど大丈夫まさか無線ネット対戦?!

頭に繋いでいるヘッドセットでどうやって味覚を認識しているの?

砂漠や雪のフィールドで砂や雪に触ってたけど、まさか一粒一粒シミュレートしてるの?

未来の話なんだからムーアの法則量子コンピュータと5GとAIクラウドブロックチェーンGAFAミノスキー通信のおかげで全部解決してるに違いないため問題ない。

2020-02-10

anond:20200210082826

戦闘回避というか、戦闘選択するものって定義に入れられると、JRPGはごっそり外せる。

2020-02-07

表現の自由戦士さまに「嫌なら見るな」と言われたので、一年アニメ漫画映画ゲームに触れないよう頑張ってみた件

結論 けっこう普通に生きれた

 

理由

年々過激化、リベラルに対するバックラッシュ化するオタクコンテンツ

ウンザリする外周の議論悪辣さを競う新自由主義オタク界隈に嫌気がさしたので

また、世の中には創作物が飽和していて、いい加減「ストーリーから離れたくなった

ちょっと創作物ヴィーガンにでもなってみようと思ったのがきっか

ちなみに学生時代けいおんイカ娘が大好きだった元オタク

 

推移

 

アニメ漫画 

まずアニメ漫画をやめた これは結構簡単だった 

そもそもラブライブかいコンテンツにお熱だった俺は

ミューズ事実上死んでからというものアニメ漫画いまいちハマれなかった

社会人になるとアニメ漫画が楽しめなくなると言うのもあるのかも

この機にスパっとやめてみようと愛用のヴィエラを質に入れた

テレビのものを手放した時、「あ、これニュースも見れねえな」と気づいた

まあバラエティやらは既に一切見てないという御仁もおられるだろう

ニュースネット代用ドキュメンタリーもSVODで見れた

 

開始三ヶ月くらいは「流行に遅れてる」という焦燥感もあるだろうが

これは心配しなくていい 一般人は思ったよりもアニメ漫画を見ていないので

 

次に映画 

これも割と楽

邦画邦ドラはいうまでもなくゴミの山なので、そもそも見てない人は沢山いるだろう 

洋ドラは同じことの繰り返しなの簡単に離れられた

モノコンテンツは一般的に、アニメ漫画より高めの12歳当たりの知能をターゲット創作しているらしい

実のとこ、アニメ漫画と大して変わらない程度の低さ、時代考証杜撰さがあったりする

(特にネトフリのドラマは酷い ほとんどが間だったり、引き伸ばしの為の人間ドラマばかり)

 

洋画はなかなか離れられなかったので、まずハリウッド脚本術の本を取り

そこでコンテンツの骨子を研究した

どんなに斬新な映画にも、シンデレラ曲線やいくつかの型の複合技であることに気づき

作品陳腐化させることに成功し 今は数か月に一本が関の山となってる

(昨年に至ってはアベンジャーズしか見なかった)

また、新作映画も2000円と高価なのでわざわざ映画館に行くことは無くなった

 

ゲーム

正直な話、ゲームはやめられなかった

(といってもストーリーものJRPGなどはプレイしてないが)

APEXやスマブラなど、対戦系のゲームはたいしてアレでもないのでノーカン扱いにした

そもそもゲームコンテンツの規模的に発売される頻度も少なく 

アニメ漫画みたいに一か月に何本も消費出来る創作物ではないのでちょっと判断甘い

 

 

結果としては対戦ゲーム以外はやめられた

ゲームは娯楽の王」という考え方にも頷ける

受動的な映像作品スキップできないのが辛い

ゲームは「ゲーム性」と「物語性」の二つの評価軸を持てるので

物語がややオフェンシブでもスキップすれば我慢できる(BOTWは特にそうだった)が

受動コンテンツゲームではなく、物語性を楽しむしかないので

故に好き嫌いが分かれる感覚がある

 

創作物離れすることによる弊害として

教養が無くなるという主張もあるが

自分場合、そこは土日に図書館に通って、

暇つぶし適当な専門書や小説(当然だがラノベは除外)を読んだり

しろアニメ漫画を嗜んでた頃よりも教養がついた感じがある

また、海外YouTube動画などは結構専門的な動画があったりするので

それを酒のつまみに見るのが丁度良かったりする

 

ゲームだけは離れられたことを鑑みて、プログラミング勉強をすることにしたり

暇をつぶすためにインドアな娯楽以外を調査したりと

案外、映像コンテンツ漬けだった頃よりも有意義時間を過ごせることに気が付いた

 

デメリットとしては映像作品価値を見出すことが難しくなった

例えばオタクがやたら「このアニメ凄いよ!」とゴリ押ししてるモノをちょっとだけ見ると

おそらくそれには数か月前のアニメ漫画コンテクストが関わってるパターンが多いので

こっちとしては何が面白いのか分からないという事態になる

ジョジョネタを嬉々として使う作品を見る時のうすら寒さ、というべきか

子供の頃、両親が自分の好きな娯楽を楽しんでくれない時があっただろう

それと同じような状態

よく言えば客観的、悪く言えば無理解思考になる

創作物自分アイデンティティとまで言い切るオタク

そうでない一般人とで軋轢が生まれるのも無理は無い

 

パーセントとは言わずとも、段階的に創作物の消費を抑えていくことは

悪化する大衆メンタリティや、加熱する競争にたいする抵抗になり得るのではないだろうか

2020-01-28

アラフォーが選ぶテン年代俺的最強ゲームベスト10

このあたりに影響されて。ちなみに順不同。

https://anond.hatelabo.jp/20200127132401

https://mizchi.hatenablog.com/entry/2020/01/27/172334

https://kirimin.hatenablog.com/entry/2020/01/27/204453

ゼノブレイド (2010, Wii)

初めてガウル平原に出たときの感動を超える経験を、今後プレイしたRPGで、できるだろうか?

新しくRPGプレイするときに、いつも比べてしま存在。それがゼノブレイド

リメイクも今年出るらしいが、リメイクゆえにあのときの感動を超えられないだろう。

ゼノブレイド2は面白いゲームだったけど、自分的には大傑作とは言えなかった。3を楽しみにしています

DOAX3 (2016, PS4)

なぜこれがここにあるのか?それは誰にもわからない。

しかし、我々がデジタルダンスミックス安室奈美恵を買ったときから

CGモデル舐めるように下から見るという行為が大切だと思って生きてきたはずだ。

最近カメラ自由に動かせないゲームが多く、真下から見ることは難しい。

DOAX3はそんなことない。俺たちの自慢のモデル舐めるように見てくれ、という熱い思いがあった。

仕事から帰ってきた後に、仕事のように単調な作業プレイをして、水着を集め、配る。

DLC(という名のガチャ水着が直接売られていたら買ってただろう)は決して買わないという誓いのために、

アホみたいなプレイ時間を強いられる。当時の2chではプロデューサー早矢仕氏の悪口しか書かれていない。

ただ、スレではみんな一体となって、オートセーブを避けて、効率的水着を集める方法を共有してたんだ。

こんなゲームがあるだろうか?ちなみにスカーレットはやってない。

マインクラフト (2011, PC)

ゲームは綺麗なCG表現だけではない、ということを明らかにしたゲームであり、

またボクセルアートを一つの文化にまで昇華したゲームであり、

またインディーゲームからメジャーゲーム上り詰めたにもかかわらず、

コミュニティからも愛されている稀有ゲームである。それ以上の説明不要

ストロボット (2018, PS4 + PSVR)

このソフトを超えるPSVRゲームは出ないと思われるが、

このゲームのためだけにPSVRを買う価値がある。そういうゲーム

なぜSIEはこのゲームを真面目に押さなかったのか、いまいちよくわからないが、

マリオのようなベタキャラクターを持っていないSIEの欠点が出てしまったともいえる。

金でもバラまいてディズニーの有名キャラなりマーベルキャラなり使えばよかったのに、

素人ながら思わされるSIEのマーケティングの謎。

だが、ゲームの出来とは無関係なので、アストロボットやってほしい。

ニーアオートマタ (2017, PS4)

よくオールタイムベストゲーム選出でクロノ・トリガーが選ばれていて、

「実際、クロノ・トリガーそこまでのゲームじゃないだろ」という感想をよく見かける。

しかクロノ・トリガーはそこまでのゲームではないかもしれない。なら、なぜ選ばれるのだろうか?

それはクロノ・トリガー演出が異常に記憶に残りやすく、記憶の中で美化されているからだと思う。

オープニング、ドラゴン戦車での横向きの戦闘裁判魔王決戦など。クロノ・トリガーらしいゲーム画面がいつでも思い出せる。

ニーアオートマタプレイしながら、何も似ていないけど、これはクロノ・トリガー後継者だなぁと感じた。

「ニーアオートマタはそこまでのゲームじゃないだろ」

そうかもしれないしかし、私は十年後も遊園地廃墟のシーンを覚えているだろう。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド (2017, Switch)

オープンワールドに対する任天堂の一つの答え。

あくまで一つの答えで、別の解もたくさんあるはず。

ある意味ストーリーを捨て、クエスト、サブクエストも大半を捨て、

マップ、祠のコンプリート欲求にすべてを振り切った感。

続編ではおそらく別解が示されることだろう。今から楽しみだ。

スプラトゥーン (2015, Wii U)

撃ち合いを塗り合いと呼ぶ詭弁によって、新たな次元昇華したゲーム

気持ちいいゲーム理由はいらない。3, はよ。

ジャッジアイズ:死神遺言 (2018, PS4)

龍が如く0と悩んだ。過小評価されている作品

徹夜してやったストーリー重視のゲームは、逆転裁判ダンガンロンパレイジングループなど数あれど、

リアリティのあるフィクションの中で、続きが気になるストーリーを作り上げたのは、これか龍が如く0だけ。

龍が如く0あくまで続編であり、桐生ちゃんと真島の兄さん人気を使っているが、これは完全新作。

その観点で、こっちを選んだ。ピエール瀧の代役だけが悲しい。彼が復帰したらピエール瀧DLCで売ってほしい。

ペルソナ5 (2016, PS4)

テン年代CSにおけるFF存在感がなくなった10年だと感じる (FF11, 14は除く)

JRPG (この言葉は好きではない)がいつのまにか蔑称となり、

和ゲーにおけるRPG存在感は小さくなる一方だった。

「量より質」という言葉対義語(?)に「量は質に転化する」という言葉がある。

JRPG進化の一つの方向性に、この量質転化があるのではないかと思う。

FE風花雪月でも似たようなことを感じたし、

フロム宮崎ゲーをしていても似た感覚がある。

まり、見た目のテクスチャに凝るよりも、膨大なテキストフレーバーテキストを含む)に凝った方が

ゲーム体験の質は高まるのではないかという仮説だ。ペルソナ5は確実に質に転化した新たなJRPGだ。

イース8 (2017, PS4)

いぶし銀シリーズから、傑作が生まれることがある。

ある意味では上記ペルソナそうかもしれない。(3で確変した)

シリーズの中で確変的なことが起きるのが、ゲーム面白さでもある。

実はイース7をプレイしたことはない。9もない。

でも、8は傑作なのだ。そんなゲーム

2020-01-16

こどおじなろう作家和ゲーRPG要素を好きな理由が分かった

連中、ホントドラクエJRPGみたいなゲーム作りたいけど

インディゲー作るようなプログラミング技術もチームも根性資金も無いか

しかたなく一番手っ取り早い小説という媒体自己表現してるだけなんだよな

から小説としての体もなさないくらい砕けてるモノが多い

  

漫画には異世界モノのコミカライズでもない限り、

主流雑誌においてJRPG要素が基本少ないのもこれで説明できる

漫画家はちゃん漫画に憧れてるが、なろう小説家は小説に憧れてはいない

「転生系マンガで一発当ててやるぜゲへへ」みたいな新人がいないのも納得だ

 

そしてさら皮肉なことに、出版社はなろう産のインディゲーすら

まったく出さないんだよなw せいぜい思考停止ソシャゲだけでさ

これはもしゲームを作れたとしても、レベルデザイン

ストーリー面で難ありであって、まったくプレイヤビリティのない

クソゲーの元でしかないというわけだ

 

「なろう作家JRPG要素が好きな物書き」なのではなく

そもそもゲームの方が好きな技術力のないおっさん

ただ小説代用してるっていうだけなんだわ

2019-12-31

GRANBLUE FANTASY The Animation』の1期を見ていた

いろいろツッコミどころはあるし、沢城うざいけど、まあそれなりに楽しく見ていた。

でも10話でルリアがさらわれて見る気が無くなった。

こういうのやめてほしい。

からJRPGではヒロイン離脱イベントみたいなのあるけど、誰も得しないと思う。

2019-12-28

2019年・俺の増田傑作選

ガチ新元号を予想する

anond:20190110134005

大外れでしたわ…。

万葉集から取ってきたうえに「昭和」と字がかぶる「和」が入るなんて予想できまへんわ…。

新元号に「安」が入るべきでない理由

anond:20190111115524

ここまで断言しておいて「安」が入ったらどうしようかと思ったよね。

世界各国の男子100m走男子マラソンレコードタイム

anond:20190107163907

これ伏線な。

なぜ十二星座のなかで牛と羊にだけ「牡」が付いているのか

anond:20190223135433

100年前の天文月報が普通に公開されてるって偉いよねー。

テイルズオブシリーズの売上まとめ

anond:20190227122714

いちおう「海外比率が上がってるから合計の売上は変わってない」という結論にはしたけど

国内での評判が悪くなってるのは事実だし、海外売上で他のJRPGと比べて良いわけでもないし、

まあ捉え方次第だなという感じはする。

ここ10年以内に発売された革新的ゲーム

anond:20190304192720

これは特にツッコミどころの多さ」でバズったタイプ記事ですね…

「過ぎたるものが二つあり」集

anond:20190308192514

これは「"過ぎたるもの" -本多 -佐和山 -駿河 -本所」みたいにひたすら除外ワードをつけていくことでググりました。

過去元号に対するイチャモンまとめ

anond:20190403184726

これ「イチャモン」って書いたのがけっこうネガティブに受け取られたので、よくなかったかなーと思った。

個人的には「イチャモンだって文化なんだよ」ってわりとポジティブに捉えて使ってたんだ。

ドラゴンが火を吐きはじめたのっていつごろなの?

anond:20190409170057

なんとなく「ドラゴン火山だろうなー」と思ってたんだけど隕石説は興味深かったですね。

それではサニブラウン父親出身国ガーナ100m走記録は何秒なのか?

anond:20190513123712

伏線回収。

おまえらスパゲッティ過小評価している

anond:20190517111053

でもいちばん好きなのはカレーです。

週刊少年ジャンプサッカー野球鬼門なのか?

anond:20190522135053

そういえば2018年2019年ジャンプで連載されたスポーツ漫画って

このあいだ打ち切られたビーチル(ラグビー)だけか。ひええ。

スポーツを考えた人たち

anond:20190608123827

とにかく野球起源がややこしすぎる。

「小股」って何? 体の部位? 動作? 調べてみました!

anond:20190627160334

語源シリーズ

誰も知らないんだなということだけわかった。

女性名前に「○子」が多く四音の名前が少ない理由

anond:20190704134948

けっこう適当なので専門家意見を聞いてみたい。

ネトウヨインターネット世論の年表

anond:20190811110255

慰安婦問題やその他の歴史問題より竹島問題いちばん好感度が下がるっていうのはちょっと不思議

2011年以前の旭日旗批判まとめ

anond:20190917140817

このあたり政治ネタ多いっすね…

「とぼとぼ」の語源

anond:20191102150422

語源シリーズ

2019新語・流行語大賞ノミネート解説

anond:20191107120426

毎年恒例。

韓国ナムウィキの「大正ロマン」の記事機械翻訳にかけてみた

anond:20191111162038

Google翻訳にかけたあと適当に直すだけでこれだけ読めるようになるんだから便利な世の中になったよね。

(とは言うもののよく分からない部分は別の翻訳サービスにかけて比較したりとかいろいろやってますが)

政治問題芸能人の薬物逮捕の時期を比較する

anond:20191119131702

こういうの「バカバカしい」で済む話だと思ってたけど著名人まで言いだすようになってなあ。みんな陰謀論好きだよね。

歌舞伎講談時代劇ヒーローっていまでも人気あるの?

anond:20191125135021

暴れん坊将軍も当初は25歳だったんだなあということが印象に残りました。

2019-12-21

アンダーテールは好きだがアンテについて語る人間は大嫌いだ

3つある。

ネタバレになるから

「この作品の良さが分かる自分センスがある」と思っていそうだから

そしてなによりこれが大きいいんだが……このゲームが生まれる背景には様々なRPGSTGACTコミックお約束があり、そのお約束に新しい可能性を提示しながらバランスよく全体をまとめてきた往年の名作があり、実際作者はそれらの傑作に感動したからこその作品が生まれ、その魂を節々に受け継いでいると語っている……それなのに何故かアンテを持ち上げる連中の中には「普通JRPGとかまだやってんすか~~~ワロワロ~~wwww」と煽りだす奴らがそれなりに溢れていて、そいつらはぶっちゃけこの作品ことなんて全然分かってないのに「俺達こそがアンテを完全に理解してるぜ~~つまりJRPGはクソなのさ!」とか抜かしているってことだ……最低のゴミどもだ……

2019-11-26

anond:20191126092849

どちらかというとJRPG的な文脈を感じたな。

まあ、明確な悪はあったほうがすっきりして面白さはわかりやすいんだろうけど、この作品には似合わない気がする。

2019-10-23

anond:20191023185156

そのまんま「一昔前の日本産RPG意識したスタイルRPG(作者の国籍わず)」がそう呼ばれることが多いで

たとえばSteamタグ検索すると、中国語のみとか英語のみサポートで明らかに日本産じゃないJRPGがたくさんヒットする(ちらほら本物の日本産も混じってるけど)

https://store.steampowered.com/search/?sort_by=Released_DESC&tags=4434&os=win

しょぼそうな作品が多いのはRPGツクール製が多いからだな

anond:20191023183645

今の時代これは大きいかもしれない

逆に多国籍化したのになぜかJがついたままのJRPGというジャンルもあるけど、こちらも「Japanese RPG」ではなくJRPGからどこの国製でもそう呼んでいいんだって雰囲気になりつつあるし

2019-10-10

anond:20190524083033

JRPG四コマ漫画に近いと思う。

人間社会を描くのが目的ではなく、イベントとして盛り上がればいい面白ければいいみたいな感じ。

から目的とゴールがはっきりしていて話はきっちりまとまっているし、論理的にしっかりした構造で書かれているので誰にとってもわかりやすい。

読解に特別な訓練を必要としない明快な論理で成り立っている。

逆に言えば、論理はしっかりしているが、詩的な深みはない。

ここには運動性を失った閉じた論理しかない。

人間社会というものはきっちりとした論理だけでは捉えることができないが、ラノベを好む人たちはむしろこういった明快な論理を好む。

からこそそこに物足りなさを感じる人もいる。

面白いことは面白いが単なる言葉遊びだろと、人間にも社会にも肉の厚みが存在しているように見えず空虚であると。

読んでいてむなしいと感じるわけだ。

まあでもラノベというのは疲れた40代のおじさんたちのためのポルノから読んで気持ちよくなれればいいんだろう。

2019-09-29

moon出た当時お約束側のJRPG制作スタッフだったから、パブプロモ喧嘩売られるようにしか思えなかったし、再販決まって絶賛してる記事とか見てもやっぱ釈然としない。

2019-09-20

JRPG、もう日本より海外の方が売れる感じになってる

日本105万本、北米181万本、欧州153万本、その他68万本、合計507万本

http://www.vgchartz.com/game/73124/final-fantasy-xv/?region=All

スクエニによれば2018年までに全世界累計770万本)

日本48万本、北米62万本、欧州34万本、その他20万本、合計164万本

http://www.vgchartz.com/game/84679/persona-5/

アトラスによれば2019年までに全世界累計270万本)

世界合計350万本、うち日本&アジア100万本

https://news.denfaminicogamer.jp/news/181205e

日本8万本、北米10万本、欧州3万本、その他3万本、合計25万本

http://www.vgchartz.com/game/220842/valkyria-chronicles-4/?region=Japan

日本7万本、北米15万本、欧州8万本、その他8万本、合計35万本

http://www.vgchartz.com/game/84506/disgaea-5-alliance-of-vengeance/?region=Japan

100万本近く販売され、うち半分が日本以外

https://www.playstationlifestyle.net/2018/06/05/yakuza-6-sales-nears-1-million-mark-worldwide/

日本8万本、北米17万本、欧州6万本、その他2万本、合計33万本

http://www.vgchartz.com/game/85905/tokyo-mirage-sessions-fe/?region=All

日本26万本、北米22万本、欧州10万本、その他7万本、合計65万本

http://www.vgchartz.com/game/86343/tales-of-berseria/?region=All

ていうか日本ゲーム売れなくなってきてる

2019-09-12

anond:20190912195513

ポケモン…売上ではダントツだが「携帯機専用ガキ向けゲーム」の汚名がまだ拭えていない。

ゼルダ歴史も長く、格ではDQFFに負けていないが、公式にはRPGではなくアドベンチャーなのがネック。

ファンタシースターオンラインってまだ運営してんの?

女神転生…真Vマダー?

ペルソナ…「オタク向けJRPG」というテイルズ位置を乗っ取っただけ感。

アトリエオタク向けJRPGペルソナテイルズより格下。

ダークソウル…まだまだ歴史が浅い。

2019-08-31

anond:20190827100918

そういう娯楽形態否定はしないんだけど、アニメの中身を受け手金銭的介入によって改変できるならば、それはもはや芸術とは言えないと思う。

もちろんポプテピピックの様に会えて複数パターンを用意するというのもあるけど、それも含めあくま表現者による一方向の表現

アニメ化前のドラマCDアニメ化で異なるキャスティングされることを許容できないファンにとっては、同一性喪失はとても悲しいこと。

自分もかつて洋ゲーキャラデザ日本向けにアレンジしたモードがあったらいいのにとか思ったことあるけど、それは全体を作り上げた表現者たちの思いに対する冒涜なんだと気がついた。

JRPGは後発機種だけストーリーキャラの行動を改変した結果、作品同一性が失われてしまい、表現者受け手関係のもの破綻した。

あくまで一つの表現受け手がどう感じるのか、というのが原則なので、そこを壊すと表現者に「商品である前に作品である」という権利保障されない。要するにただの金儲けの道具に成り下がってしまアニメという芸術のもの地位放棄と言える。

2019-07-03

久しぶりにJRPGを購入してプレイしてるんだけど、操作大分下手になったのか、バランスが調整されているのか分からないけど、難易度ノーマルストーリーボスが倒せなくなっていた。

全体回復が使えるようになって大分落ち着いて、今のところ勝率ニ、三割くらい。イージーだと歯ごたえがないし、ノーマルだと競り負けるしで、とても悔しい。

昔は同じゲームでも、難易度変更せずにノーマルのまま最後まで行けた気がするけど、ただの記憶違いだったのかなー。

所で、昔は「回復役なんて強力な奴が一人いれば十分でしょう」なんて思ってたけど、今はそれだとどうしても戦闘メンバー固定化してしまって面白味に欠けるなぁと思う。

アイテムに頼りきるのも持久力に欠けるし、回復役はある程度分散していたほうがピンチにも強そうだ。

キャラクター同士でのセリフの掛け合いもあるし、ちょいちょいメンバー構成を組み替えていた方が飽きづらいようにも思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん