「金利」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金利とは

2018-02-20

anond:20180220151352

金利はずっと低金利だろ。

それは他の奴が持ち出した話だから知らん。

俺は低金利だけで好景気不景気が決まるわけねーだろアホがと言っただけ。

anond:20180220145115

論が合ってないぞ。

政府が金使うなって言ってた→今は低金利政策で金使えって言ってる。

ってことだ。

消費が増える増えないの話はしてないと思うが?

ここで社会科学出すとどんどん話がずれていくね。

anond:20180220144623

経済に疎いのはそっちだろ。低金利だけで公共不況が決まると思ってんの?まさかここまで社会科学にうといとは

anond:20180220143434

金利政策って知ってる?

金利が低いか借金してでも金使えって政策だぞ

はてな民経済疎いっていうけどここまでだとは

2018-02-15

anond:20180215172736

ジジババは貯金しとけば利子が一割ついた時代に生きていたから今の0金利が許せないんだよ。

から元本保証してない商品でも可能性があれば飛びつく。

手を出すジジババは小金持ってて欲の皮が突っ張っているやつだから損してもしょうがない。

本気で老後の資金を守りたいなら証券なんて手を出さないよ。

それと本当に金が無いジジババなら証券なんて知らないだろう。

2018-02-14

就職氷河期(13卒)の奨学金返済について

近頃また奨学金の返済が苦しいというニュースが流れてきたのでネット民の参考と自身備忘録として

自分収入状況と返済状況についてまとめてみようと思う。

日本学生支援機構第一種奨学金を利用して2009年4月から2013年3月まで3,072,000円を借用した。

大学は滑り止めの日東駒専文系学部に現役で進学してまあまあ真面目に勉強した。

4年間の中ではやっぱり震災自分人生観に色々影響したがここでは割愛する、

そんなこんなで13卒の就活を迎えたが2012年就職戦線は圧倒的な買い手市場で冷え切っており

マーチクラスでも売れ残りが出る悲惨な状況で

さらリクナビを筆頭に就活業界は100社エントリーしろ履歴書を50社に送れ(手書き推奨)など

狂った無茶振り学生に強いていて地獄のような様相を呈していた。

当時の自分も相当に負担で夏頃にはノイローゼになって一時期就活を休止していた記憶がある。

30社以上落ちたがなんとか中小物流企業内定が決まり、今もそこで働いている。

1年目の月給が本給20万円の手取り17万0円

ここから奨学金の返済は月額14,222円の216回払いでスタート

ボーナスは2ヶ月が2回の手取りで67万円。

そして今は勤務5年目の本給23万円の手取りが19万円

ボーナス手取り75万円

正社員として就職できさえすれば月14,000円の返済は痛くないとは言わないが無理せずできると思う

自分会社は5年目でやっと年収400万に届くぐらいなのであんまり給料のいいとこじゃないと思うけど

このレベルでも問題なく返済できるし金利も他の融資機関より驚くほど低いか無利子なんだから悪い制度でもないと思う。

なにより金銭的に困窮しても支払う意志さえあれば支援機構相談すれば減額してくれたり

返済の猶予までしてくれるしここまで面倒見てくれるのかとさえ感じる。

何より自分はおそらくこの奨学金がなければ大学に行けてないし大卒資格がなかったらもっと低いキャリアだったと思うし支援機構には感謝してる。

2018-02-13

日本経営者奇跡的に無能なんです。

2月12日放送プライムニュース『総検証「働き方改革」 “高プロ”と成果主義裁量労働制対象

出演 デービッド・アトキンソン小西美術工藝社 社長)、橋元 岳(自民党厚生労働部会長)、長妻 昭(立憲民主党代表代行

日本が1人当たりGDPが192カ国中27位であることに関して

デービッド・アトキンソン                                                                                

「なぜこうなるかというと、金利が低い、インフレも無い、ものスゴイ安い値段で質の高い人材調達できる(日本人材の質は国連ワールドエコノミックスの調査世界4位であると述べる)、尚且つ(労働に関する)法律悪用することもできる、過労死をさせるとか、株価も上がらないので株主の言うことも聞かない、政府の言うことも聞かない、それでも世界23位の生産性しか出せない、要するに奇跡的に無能経営者なんです。」

日本必要なのは経営者改革なんです。働き方改革裁量労働制はそのための道具に過ぎない。道具ももちろん必要です。でも道具を経営者に使わせないと何も変わらない。」


アトキンソンさんから提言

 ・最低賃金1300円にする

   ⇒経営者生産性労働環境等の改善を迫るためと商品を適切な価格で売り、適切な価格消費者に買ってもらことで労働者所得を増やすため

 ・企業の数を半分に減らす

   ⇒これから人口がどんどん減る状況で企業の数が減らないと供給過剰でデフレマインドが強くなる

 ・霞が関の半分を女性

   ⇒女性活躍同一労働同一賃金生産性相関関係77%、政府が主導でできるので民間に言う前に政府がやれ、イギリスは高官39%、日本は3%

2018-02-06

日本奨学金制度問題なんだろうか(完璧だとは思ってないが)

日本奨学金制度をあれこれ言う前に君らが世界世界うから

出羽守の大好きなアメリカドイツの話をするとだね


アメリカは有名だから説明いらないかもしれないが一応しとくと

奨学金が充実してるというけど一流大学は基本私立だし学費は年間500万円、公立でも200万円する

奨学金のこと言う人はなぜかもらえる側前提だけど、みんなもらえるなら学生ローンで苦しんでるアメリカ学生事情ニュースにならないわけで

ちょっと都合よすぎる話だと思うんだよね、知らないならアメリカ 学生ローン検索してみたらいいと思う


ドイツ国立大学学費無料だ!と思うかもしれないがその犠牲が進路選択に出る。

なんとドイツは小4で進路が決まるんだよ!小4!ドイツ義務教育は9年なんだけど、小学校は4年までで、その時の成績で進路が決まる

成績の悪い人が行く職業訓練校みたいなMittelschule(昔はHauptschuleと言われてた)

中くらいの成績の人がいく専門学校みたいなRealschule

そして大学へ行く人向けのGymnasiumに振り分けられる

最近は多少緩和はされてMittelschuleやRealschuleから大学行くなんてこともできるんだけど基本は小4で決まるんだよ

しか学費無料かもしれないけど、言ってみれば実りが小さそうなやつを選定するという結構きついことやってるわけ。


日本奨学金の話だけど、いってみればグラミン銀行みたいなもんだよ

グラミン銀行ってしってる?はてなの人は知ってるかもしれんが、ノーベル平和賞をとるくらい世界的な評価されたバングラディッシュ銀行

日本の話と言っておいてまた海外の話だけど、この銀行面白いのは金利の低い銀行では借りられない人に、高利で貸してあげた銀行ってことよ

なんで高利貸しなのに評価されたのかって、そもそも普通銀行で低金利で貸してくれる条件は、当然のように借りる側は信用できる肩書でなければいけない

から本当にお金に困ってる貧しい人はお金を借りる立場にすらなれなかったんだってさ。

そうした事情に対して、金利は高いかもしれないけど審査基準を下げる高利貸しマイクロファイナンスを作り、それが評価されたわけよ

女性の自立にもつながったりとか、その辺が評価されたんだろうと思うんだよ。高利貸し弱者を救ったのよ、面白い話だよねこ

これは銀行の話だけどさ、奨学金にも言えるんだよ

給付型の奨学金は聞こえはいいけど、それがもらえるのは限られた人で成績上位な優秀な人に集中するのが目に見えている

そりゃそうだよね、給付奨学金なんて成績優秀な人以外にもあげたらパンクちゃうもん

からドイツは絞り込んでるんでしょ?小4でね


俺が本当に助けなければいけないのはそこから漏れる、微妙ラインの人たちじゃないのかって話よ

そもそも給付型にして恩恵あるのってわりと裕福な家庭だったりするんじゃないの?

たとえば親の年収が1000万超えてるのが普通な東大無料にしてなにか変わるの?

まぁ所得税とかで調整すれば、裕福な家庭にもそれなりに負担させることできるかもしれないけど

だったらそれって議論としてはローン型の奨学金問題じゃないもっと大きな話ですよね、奨学金叩いてなにか解決するんでしょうか

もっと大きい話じゃないのかって話で、たとえばそもそも働いて返せないっておかしいじゃん、給料低すぎなのが悪いんじゃないの?とかさ

奨学金に焦点あてるのって議論矮小化されてる気がするよ

anond:20180206153426

いや、全然違うよ。

バブル崩壊+金回りを悪くする行き過ぎた新自由主義でつぶれた会社統合しあってるようなもの

メガバンク統合政策誘導ということもあったが、最近地銀合併金利も低い、企業貸しはがしビビって金を借りないという状況で、食い詰めての統合が増えてる。

そりゃ、金を貸さな銀行って、ラーメン売らないラーメン屋みたいなものだしな。

anond:20180206100723

ここのところ貸しはがしが是が否かの話だったが?

格差云々については今は議論しとらん。論点をそらそうとしてるのはどっちだ?

何より、景気が良くて、そのうえで格差云々の話だ。景気が悪ければ「全員が」不幸になる。

僕は貸しはがしが今の景気の低迷の原因だと指弾していて、

君は貸しはがしは正当だ、税金無駄遣いだってスタンスでしょ。

僕は、こういうのはバランス問題ではあるが、現時点であれば貸しはがしが行き過ぎて融資を受けずに銀行融資先がなくてボロボロ状態で悪であるというスタンスだ。

で、先も述べたが、金利というのは、資金不足と資金余剰のバランスだ。

金を溜め込む人、借金を返そうという人は資金余剰に寄与する。

金を借りる人、出資を募る人は資金不足に寄与する。

資金余剰が資金不足より大きければ、借り手が強いので、金利は下がる。

資金不足が資金余剰より大きければ、貸し手が強いので、金利は上がる。

君はその金利がどうやって決まるかの基本も分かっていないようだけどね。

公定歩合あくま誘導であって、全体としては社会資金余剰と資金不足のバランスで決まる。

金利が高騰して不景気だったアメリカ場合貸しはがしをして、不合理な企業をつぶして金を作るのが良いという立場だったが、

日本金利も低下していたのに、そこで貸しはがしをしたから一層金回りが悪くなり景気が悪化した。

スティグリッツ氏も日本アメリカは違うと批判していたね。

2018-02-05

anond:20180205100657

住専一個で損した金と、不景気で損した金と、どれだけの差があるかね?不景気で損した金のほうがはるかにでかいな。

後さ、金利安くて息を吹き返した?むしろ借り手がいなくて国債ばかりに集中するわ、その国債マイナス金利に至って、特に地方銀行虫の息だろ。

金利は、資金供給資金需要バランスで決まる。

今の極低金利貸しはがし企業側が完全に警戒して借りない。だけど、金をため込む。すると金利が下がるんだよ。

借り手がいないか金利差分もとれずに地方銀行はこのままじゃ危険だと合併をしているんだが。

https://anond.hatelabo.jp/20180204234231

え、住専長銀は返ってこなかったでしょ。歴史は都合よく忘れられるな。。

預金者は金利ゼロになり、それによって銀行は救済され、ゾンビ企業は息を吹き返したのであった。

2018-02-04

anond:20180204115718

それから貸しはがししてつぶれた」という話が増えまくったがゆえに、企業借金せず、かつ、借金を返すようになったのは事実だろ?

連鎖倒産でつぶれた企業もあったな。

それが故、ゼロ金利でも全然融資が増えないという事態になっている。

2018-01-25

地元地方銀行心配

もはや給与振込としてしか使っていないんだが、このままで地方銀行って大丈夫なんだろうか?

リボ払いやばいのわかってるけど目先の金がない

多重債務地獄に両足つっこんでるよ。別にギャンブルソシャゲ課金も豪遊もしてないけど。生活費事業資金クレカ自転車操業するって、冷静に考えて最悪なことやってる。生活費だけならともかく、事業資金が加わってるからウツ。そこまで経費がかかるタイプ仕事じゃないけど、やっぱり東京への交通費宿泊費や出展料、雑費はどうしてもかかる。

 

なんとか財政健全化したいけど、弁護士費用なんてのもない。全くの別件で、法テラス弁護士使って請求して勝ったけど、トータルでみれば損だった。銀行は、後ろ盾や実績がほとんどない個人なんかに貸してくれんし、そもそも収入だし、連帯保証人のアテもない。しかも、この訴えた件がトラウマになって、二度と社畜ができない体になってる。

 

一発どっかで当てるために、いくつか策は打ったんだけど、自分ではどうしようもない不運で何度か話がなくなったのが痛かった。つもり上がっていく速さは、実績と売上よりも借金の方がやばい評価は上がってっても収入が伴ってない。

 

せめて、まともな金利でまとまったお金があればいいんだけど、どうしたもんか。

2018-01-20

anond:20180120175016

プライマリーバランスをなすには、企業家計の貯蓄分資金調達をするようにしないとならないし、家計の貯蓄分資金調達しているときに達成できる。

まあ、俺は政府は非効率から企業資金調達した方がいいとは思う。だが、それはフリーハンド法人税減税ではだめだ。

使ったら減税(各種投資減税)、溜め込んだら増税(全企業への留保課税)のような形で誘導しながらでないとならない。

ISバランスで調べてみろ。溜め込んだ金と調達した金は事後に一致するんだわ。

企業がむしろ溜め込む、政府プライマリーバランスを保つ。それだと超絶不景気になる。

それをやったのが、自民小泉政権末期と、民主党だ。

企業資金調達なしのプライマリーバランスは本当に厄災を招くんだよ。

もちろん上記企業への誘導必要だが、資金まり状態で低金利状態では、財政出動してでも景気を上げるのが第一だ。

金利が低いのだから財政破綻はないぞ。

anond:20180120173530

負債は貯蓄を吸収して金を回す手段

国全体で、家計企業が溜め込んだ金(資金余剰)と企業政府調達した金(資金不足)は事後に一致する。

企業に派手な貸し剥がしで、資金調達を嫌うようにして、それで政府財政均衡を狙うと、金回りが悪化して超絶不景気

特に財政均衡真理教だった民主党政権ときに最悪の頂点を極めた。

なおかつ、資金余剰が多すぎるので、金利も全く問題ない。金利資金余剰と資金不足のバランスで決まる。資金余剰が多いと金利が下がる、資金不足が多いと金利が上がる。

これだけ累積赤字が膨らんでるのに、金利が極底なのは資金余剰が多いから=溜め込む金が多すぎるから

2017-12-22

低周波音による健康被害報道について思うこと

2017/12/21 エネファーム動作音が近隣の健康を害することを否定できない、と事故調査委員会が発表した。

エコキュートエネファームといった深夜電力を使う装置は、わずかな音であっても深夜という人々が寝静まったころに稼働するので、動作音が目立ちやすい。

しかし、「音がうるさいか、うるさくないか」が問題ではないと思う。

加害者の言い分としては、「捨てる電力を使って湯を温めるんだからエコじゃないか。それもランニングコストは安い。ただし初期投資がかなりあるので、もし騒音被害が出ているからとクレームをつけられても、投資した分回収できてないから、断りたい」

被害者の言い分としては、「人の健康を害してまで押し通すエコエゴだ。オレの命を他人が奪っていいはずがない。とっとと撤去しろ」。

まり、「金払ったんだから回収したいわ VS 回収云々より健康優先だろ」が問題本質。これは昭和初期に起きた公害問題に似ている。


ところでここで見落としてはならないのは、もう一人関係者がいるということ。その機器を開発したメーカーだ。

加害者は設置するにあたり、近隣の健康を害する騒音がでることをメーカーから知らされいないケースがほとんどだ。従ってゆがめられた情報を頼りに加害者設備導入を検討し設置に至ったとすれば、それは明らかにメーカーユーザーを間違った方向に導いたことになる。これは消費者契約法の錯誤誤認に相当する。

したがって動作音になんらかの措置を講ずる場合、その費用負担は、法律を守らなかったメーカーというのが正しい法律解釈なのだろう。もし今後訴訟が起こるたびに、メーカー負担させられる事態が発生するのならば、メーカーも考えを改め、安易にこのような設備販売することもなくなり、人々が平穏暮らしを取り戻せるに違いない。


しかし実際、隣の人に遠慮して声を上げられず泣き寝入りする人、裁判を起こす費用と手間をかけられず諦めてしまう人が後を絶たない。

そして、実際に起こされた裁判でも画期的判決にいたるよりは和解にもちこまれるようで、違法金利を取り締まったときのような、白黒ハッキリした判決は出てきていない。

このなんだか判然としない現況をうがった目でみれば、深夜電力を使わず全部捨ててしまうような事態となれば原発廃止への追い風となり、電力供給に大きな問題を生じかねないという懸念が働いたようにもみえる。加えてメーカーが儲けなければ法人税を取ることが出来ず、売れなければ消費税を取ることもできず、となるのを避けたのではないかとも。

だとしたら何のための三権分立なのかなぁ。


最近司法判断では、NHK受信料には大なた振って、「受信料の支払いは国民義務!」といわんがばかりの結論を出した。なのに国民の命を守るための騒音被害にはなんら強制をしていない(というか判決を避けてる?)。ということは、守るべきは組織であって、個人はどうでもいってこと?

そんなんでいいのか。もっと一人一人の幸せ尊重してくれよ。

今回の調査委員会結論を以て音で苦しむ人たちの助けになるよう意味のある施策策定してくれ。きちんと判決を出してくれ。

NHK受信料の是非は訴え始めてから10年で決着。だったら低周波被害の訴えが出てから10年以内(あと4年)に、国民健康を守る新たな指標を示して欲しい。

2017-12-16

anond:20171216185423

現状のデフレが低金利によって引き起こされている、という論を前提として、『現状は』老人が低金利政策を支持する傾向にある、という話

anond:20171216172607

金があったら高金利の方が良くない?

俺なんか借りるばっかりだから金利低い方が嬉しいけど

anond:20171216170957

ていうか,とりあえずお金を持っている人たちは可能な限り低金利になっている方が特をするが、日本全体としてはもう少し金利が高くなっていないと非常に困るという、求める政策の違い

ゼロ金利では量的緩和効果がなくなる」論の誤り…

が、昨今のアメリカの状況からはっきりしてきたな。

もはやアメリカ政策金利は1.25〜1.5%だ。実質的にはまだゼロ金利、とさえ言えない水準まで上がってきた。

一方で、FRBバランスシートは依然として巨額だ。おまけに削減計画が実行段階に入って以降も何故かかなり維持されている。

にもかかわらず、アメリカで大量のマネーストックが生まれインフレ率が急騰するような事態にはなっていない。

これは、ゼロ金利であろうと無かろうと量的緩和効果が無いのかも知れないし、

ゼロ金利であろうと無かろうと量的緩和効果があって、昔も今もそれで経済が支えられてやっとの状況ということなのかも知れない。

どちらかは分からない。だが、量的緩和ゼロ金利であるかどうかのところで違いがでる、なんてことは無かったわけだ。

2017-12-15

ジムロジャーズ氏 「もし私がいま10歳の日本人ならば……」

「そう、私は自分自身AK-47を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これから人生大惨事に見舞われるだろうからだ」

――いま日本は景気拡大期間が戦後2番目に長い好景気局面で、日本株も約26年ぶりの高値です。活況に沸いていますが。

「いま日本株が上昇しているのは、黒田東彦総裁が率いる日本銀行がジャブジャブに紙幣を刷ったうえ、日本株日本国債をたくさん買っているからにほかなりません。

紙幣が刷られると株価が上がるというのは市場歴史証明していることであり、ほぼあらゆる投資家たちがそのルールに忠実に行動しているまでです。

それに、日本株1989年末につけた3万8915円よりまだ4割以上も低い。アメリカヨーロッパ株式市場が史上最高値に達しているのとくらべてまだ上昇余地があるとして、多くのマネー日本株に流れ込んでいる。

このような状況は、日本の株を持っている私のような投資家には非常に好都合です。儲けが得られますからね。だから私自身は日本銀行感謝しているし、日本の株を持っている世界中投資家たちも日本銀行感謝していることでしょう。しかし、日本人にとってはまったくいい状況とはいえない」

――どういうことですか。

日本株はこれからも大きく上がるでしょう。私自身、数週間前に日本の株を買い足しました。日本銀行がいまの金融政策を続ける限り、私は日本の株を所有し続けるつもりです。

しかし、この日本株の活況はあくまでも日本政府が人工的に株価を上げているに過ぎないという点が重要です。日本の景気にしても、異次元金融緩和で円という通貨価値を切り下げたことで、一部の大手企業がその恩恵を得ているだけ。

そもそも円安になり、株価が上がったことで、日本人生活暮らしはよくなりましたか。答えは『NO』でしょう。

アベノミクスといわれる経済政策は、短期的に投資家大企業を潤すだけ。アベノミクスが非常に危険なのは、それが人工的に低金利の状況を作って、借金をしやすくしていることです」

――活況の裏で借金問題がいよいよ危険水域になっている、と。

「その通りです。ご存じの通り、日本はいGDPの240%、じつに1000兆円を超す巨額赤字を抱えています。そのうえ、猛烈なペースで進む人口減少社会突入してきたため、とてもじゃないがこの借金を返済することはできない状況になってきました。

いま50歳前後中年日本人であれば、30年後は80歳ですから、誰かがケアしてくれるかもしれません。日本国庫には、老齢人口を支えるおカネはまだ残っているでしょう。しかし、30年後に40歳になる日本人には、老後を支えてくれる人もカネもない。

このままいけば、いま日本人10の子どもが40歳になる頃には、日本は大変なトラブルを抱えていることでしょう。小さな子ども日本人にとって、未来はすでに『短い』わけです」

――だからあなたがもし10歳の日本人ならば、カラシニコフを手に取る。

「いますぐに日本政府手段を講じない限り、日本は将来的に『破産』することになります。それは計算すれば誰でも簡単にわかることです。私はなにもクレイジーなことを言っているわけではなく、事実を言っているのです。

借金は毎年膨張し、人口は毎年減少し続けているのだから、必ずそのツケが回ってきます

もちろん、それは6ヵ月後とか20週間後に起きるわけではありません。短期的には、日本株価はまだ上昇するでしょう。

しかし、20年後、30年後には、日本大惨事に襲われている可能性は十分にあるということです。20年後に振り返った時には、安倍晋三首相日本経済破壊させた張本人として歴史に名を刻んでいるでしょうね」

――そんな日本の「破産」は避けられないものでしょうか。「未来の年表」を書き換えることはできませんか。

可能ですよ。まず財政支出を大幅に削減し、さらに減税をする。この2つを断行するだけで、状況は劇的に改善します。簡単ことなのです。

しかし、いま安倍首相がやっているのは真逆のことでしょう。ただでさえ莫大な借金さらに膨らませたうえで、無駄な橋や高速道路を作ろうとしている様は狂気の沙汰としか思えません。

消費税増税すると言っていますが、これも新たな橋や道路にカネがつぎ込まれるのがオチです。安倍首相と彼の側近たちは、財政支出カットしたら選挙マイナスとなると考えている。つまり、彼らは日本未来より選挙に勝つことを重視しているわけです。

借金をこんなに増やして平気な顔でいられるのも、返済をするのはあくまで後世の人間で、自分が死んだ後のことだと考えているからでしょう。そうした負担をすべて押し付けられるのが日本若い世代なのです」

――人口減少問題への対応も後手に回っています

人口動態を大きく変えるには、日本人子どもをたくさん作ってもらうか、日本移民を受け入れるかの2つしか方法はありません。しかし、なぜだかわかりませんか、日本政府移民を受け入れようとしません。結局、いま10歳の日本人人生を通して経験していくのは、次のような『惨事』になるのでしょう。

これから日本では生まれてくる子どもの数がますます少なくなり、移民も入ってこないため、人口減少のスピードが急加速していく。借金さらに膨張し、その返済のために増税が度々断行される。それでも借金は返済しきれないので、次には年金などの社会保障が取り崩されていく。日本人生活水準はそうして徐々に悪化し、生活苦にあえぐ日本人が増え、いよいよ打つ手がなくなる。最終的には見たくもない破産劇が待っている、と」

――それでも、日本人の多くはカラシニコフを手に取ることはできない。この国に住み、この国で働いている以上、簡単に去ることもできません。

結局、個々人がみずから生活防衛をするしかない。そこで聞きたいのですが、多くの日本人銀行預金におカネを置いていますが、これは危険でしょうか。

「いえ、日本人資産銀行に預けているのはむしろ賢明判断です。なぜならい世界を見渡してみると、ほかの国々の通貨は円より危険からです。世界投資家たちは欧州通貨ユーロなどへの懸念を高めていて、円は持っておくのに『より悪くない通貨』と化しています。実際、円はいま1ドル=110円近辺でとても安定し、これからもしばらくこの安定状態が続くでしょう。だから、いまは資産を円建てで持つことを心配する必要はありません。

しかし、あなたがいま10歳の日本人であるならば、円を持っていることは懸念すべきことだと言わざるを得ない。国家破産が起きれば通貨暴落します」

――では、長い目で見た時に資産をどこに置くのが賢明選択となるのでしょうか。あなた子どものために金(ゴールド)を所有していると聞きました。また、金価格が1オンス当たり1000ドルを下回ればさらに買い増したいとも。

「そうです。いま金は価格が高いので買っていませんが、また安くなった時には買い増す予定です。自国資産価値が落ちる時には、実物資産である金を所有するのは正しい選択なのです。最近では金投資にかわるものとしてビットコイン投資流行していますが、私はビットコインを売買したことはありません。仮想通貨さらに普及していくでしょうがビットコイン仮想通貨の中心になるかは懐疑的からです」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53747

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん