「マニア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マニアとは

2018-10-16

マツコの番組に出てくる食べものマニア

8割がた痩せてて、普段どういう管理してるんだろうと思うんだけど

久々に体型に教養がついてるなー!って感じの人出てくるとなぜかほっとする

その人の健康にはよくないんだけどさ

百合マニアの人たちが好んで使う語り口

「顔の良い女と女がバカかい感情をぶつけ合う」

みたいな言葉の選び方。

最初に言い出したのは 誰なのかしら。

2018-10-15

昔読んでたサイトが思い出せない

公園遊具マニアみたいな人がやってて

いや公園ネタがメインだったかは忘れたけど

いろんな怪しいスポットレポートとかしてた……

本も出てた、有名サイトだと思うんだけど名前が全く思い出せない

見てたのは10年くらい前かな

2018-10-13

名探偵コナンってそもそもラブコメ漫画だよね?

anond:20181013030716

anond:20180924143500

これ見るとあれ?ってなる。

そもそも1つのキャラを叩くこと自体狂ってるとは思うけども、コナンという作品イケメンの味方に「ラブの予感」(蘭の迷言)があってもなんら不思議では無い。

それなのに、どうしてこんなことに?

ツイッターではよく分からない罵倒が流れて匿名掲示板では恐ろしいほどのキャラ叩き。

彼女を作って欲しくない…というアイドル心理も分かるけど、そういうのはアイドルアニメがあるだろう…と思うし、

もし男同士の何かに邪魔からというのなら、コナンには向いてない。

いやどちらにしても妄想二次創作節度を持っていれば自由ものなんだけど、

コナンラブコメを受け入れてからスタートする二次創作なのではないか?と、思うんだ。

ただ安室透にそこまで熱心に肩入れしていない立場から話すと不公平なので、ウォッカ恋愛したらどうするか?と考えて見ると…それは違うだろと言ってしまうと思う。

ダメだ。説得力が無い。

ただ安室ウォッカに違いがあるとするならば、敵か味方かくらいなので、やはり味方の安室ラブコメフラグがあっても良いのでは無いかという結論になる。

(そもそも安室が人気出る前から、某女性キャラとは作中でカップルだと間違えられたりしてたので…)

なにかにハマって好きになる。キャラを心酔する。

そのことについては全く構わないけれど、名探偵コナンという作品について考えず、まるで男しか出ないイケメンアニメのようにあの作品が扱われることに、戸惑いと共に……昔から出てたマニア人気キャラの善人・梓さんが何の非も無く叩かれてるのは、つらいなあと思う一ファンぼやき

炎上ネタ段階では良かったんだが、こうなると心配になる。

ああ、これからコナンはこういう人たちに向けて商売をしてしまうのだろうか?まだ、まだ原作バランスをとってると思っているが、周辺の雰囲気が怖すぎる。

子供のころ好きだったコナンを変な圧力で潰さないでくれよな…。

anond:20181013153510

外国では盗撮事件が起こらないか

温泉盗撮スカート盗撮レイプ作品もすべてのアダルトビデオ日本起源

んで外国でそういう作品ってホント少ないね

日本マニアみたいなのが見様見真似でやってる学術的な印象すら受ける

2018-10-12

anond:20181012153713

「細い女は全然ダメぽっちゃりのほうが魅力的」みたいなのは一部の声のでかいマニアだよな。

イスラム教専門家画伯絡みのときだけ頭おかしくなる現象をどっかで見たことあると思ったら

でっていうっていいそうな生き物と名前が似てる風呂マニアの人が、AV男優結婚したときMetooしたのときだけなんかやたらと無理筋擁護してたときを思い出したわ

2018-10-11

anond:20181010164531

元増田には届かねえだろうなとも思いつつ銃器大好きなので自分の備忘として書き散らかしておく

結論:銃マニアは超めんどくさいので、銃の知識がいらない演出を目指せ

ただでさえ、銃器世界は奥が深い。奥が深いということはその裾野も広い。鉄道趣味と一緒であまりにたくさんのジャンルがあるので、ちょっとでも演出にほころびがあると、奴らは目くじら立てて指摘してくる。(というより自分が目くじら立てて指摘してる現在の状況がそれ。)

なので、目指すべきは、銃の詳しい人から見てこの演出アリですか?ではなく、ただ鉄砲から火を吹かせるだけで、違う部分の演出で見せるべきだ。

最もいい例が「メキシカン・スタンドオフ」。ググれば出てくるがお互い銃を突きつけあって身動きが取れない状態だ。

まりに大量に使われているけれども、それだけ使い勝手がいいということ。

緊張と緩和がストーリーの起伏をつくるのだから使っておいて損はない。

さらに言えば、後頭部にゴツって硬いものが当てられたらそれだけで緊張感がみなぎるはず。でもそのときだってどんな銃が当てられてるかわからない。

極論してしまえば、引き金を引くだけで、人を殺せる弾が出るってのが銃の意味であり、それ以上でもそれ以下でもない。

もちろん、「銃を大切に扱っている」「銃器に詳しい」などで登場人物の人となりを暗に示すこともできるけれども、

別にそれがギターであってもいい。

ただ、物語においては銃とはただ人を殺せるものとだけ認識しておけば、あなたが書きたい物語に銃を配置する意味を見いだせるはずだ。

ここから添削

具体例を出してる演出に対してつっこむよ

弾切れ演出

めっちゃありがち。だけれども、自動拳銃レンコンみたいなのが見えないやつ殆どリボルバーじゃないやつ)って装弾数7+1発みたいに書かれるように、マガジン=弾倉 の中に弾入れても、チャンバー=薬室にも弾が入るんだ。

7+1だと、マガジンに7発、チャンバーに1発。合計8発撃てる。でもそこからの弾切れから新しいマガジンを入れると、マガジンには7発しか入ってないから7発しか撃てない。そういう意味で、弾切れ演出リボルバーなら映えると思うけど、今だと数え間違いする演出のほうが多い気がする。

ちなみにチャンバーに装填されないと銃は撃てないんだけど、ただでさえ銃を撃つときは緊張するから、暴発を防ぐために初弾は装填しておかない一般人殆ど

銃を打つ前にスライドガチャンってやるのはチャンバーに初弾を装填してる。じゃないと撃てないからね。

あと、自動拳銃の弾交換=リロードって速さ人めっちゃ速さ。Youtubeとかでリロード 速さみたいに検索するとめっちゃ出てくるし。

競技オリンピックでやってるの以外にもめちゃくちゃたくさん団体があって、そういうところが大会ビデオ流してるので、速さにビビるのもありかもね。

他にも、リボルバーってリロードめんどくさそうに思えるけど、スピードローダーってのがあってそれつかうとまた鬼のように速いので見てみるといいよ。

特に知らない人にとっては自動拳銃ってすごい弾数少ないので、調べだしたらまずそこに驚くかもね。

マシンガンバッテリー

ないよ!例外もあるけどないよ。

まず、連続で発射される銃は大抵の場合銃弾火薬が爆発する力で動いてる。

  • 1.バネじかけで銃弾のお尻を叩く
  • 2.火薬が爆発する
  • 3.火薬の力で弾が発射される
  • 4.残った火薬の力で、いろんなからくりが動いて次の弾が装填される
  • 5.同じく残った火薬の力で、いろんなからくりが動いて、次のバネじかけが叩ける状態になる
  • 6.バネじかけが勝手にまた銃弾のお尻を叩く

てなってる。

なので、バッテリー必要ない。

んだけど、上のサイクルが止まることはよくある。とくに弾づまり=ジャム

何が弾づまりしてんのかというと薬莢で、そこの中に火薬が詰まってんだけど、薬莢は発射されないんだね。

上のサイクルの4で残ったままの薬莢を取り出すんだけど、からくりだけあって、ちょっとしたゴミタイミングのズレで出てこないことがある。

すると、次の弾が装填されずにサイクルが止まってしまう。

ジャム演出はよくあるので、使ってみてもいいかもしれない。

元のブコメにもあったけど、例外ミニガンターミネーター2シュワちゃん建物から馬鹿みたいに撃つやつ)やチェーンガン(戦闘機についてたりするやつ)は、電気の力とかで上の4,5,6をやってるのでバッテリーがあるよ。

それ以外にも、競技銃とかで、エレクトリックトリガーっていって電気の力で、弾のお尻を叩くやつもあるよ。あんまり競技銃詳しくないからわからないけど、あれもバッテリーあるんじゃない?

よくある銃演出

思いつくままによくある銃の演出をつらつら

セーフティーがかかったままですよ

・ただ取り出しただけなのに「チャッ」って音がする

二丁拳銃リロードをどうするか

散弾銃で装填するとき銃口上向き

ベルリンクつけるとき、蓋を叩く!!

MP5ボルトハンドルを叩く!!

カンフーの達人は相手のもった銃を即座に分解できる

・弾の種類が違うので共有できない

ジャッキー・チェンは銃を撃つとき必ず目をつぶる

冷めた銃演出の思い出

ダイ・ハード2

SAO シノンさん、ガバメントセーフティーは2つありませんよ…グリップセーフティはあるけど。

MGS3で語りだすスネークさん(俺のリロードレボリューションはアリ)

好きな銃

M1911A1 ジョン・ブローニングさんすげえぜ。ただただメカとして美しい。

・ルガーP08とボーチャードピストル トグルアクション気持ち悪すぎて好き。金カムで出てきたので読むようになった

・Boberg XR9 これも動きがキモい拳銃におけるバレルの短さをこうカバーする?

他のもっと詳しい増田に語ってもらいたいこと

だれか以下の話題で語ってよ…

速攻でブクマするから

・わかりやすいブローバックとショートコイル

CARシステム

・実録!都心在住でスキートはじめました

・猛度試験とはかうだ。(俺は爆薬博士だでも可)

オリンピックでました

とか

2018-10-10

anond:20181010070028

その自然言語処理の強力さの証拠に今回のMake By Google 2018では驚きのリアルタイム機械翻訳字幕が付いていた。しかもほぼ誤認識なし。

字幕なんて普通に観てたら気づかないのによく気づいたな

それだけでも増田Googleマニア感が伝わってくる

バカマツタケの"完全人工栽培"は偉業なのか

先日、加古川肥料メーカー多木化学バカマツタケ(Tricholoma bakamatsutake)の完全人工栽培成功を発表した。それを森林ジャーナリスト田中淳夫氏がyahoo!ニュースで取り上げた記事は、多数のブクマを集め話題さらった。

http://archive.is/fdyLb 

ただ記事の内容には不正確な情報や、やや解説が不十分と感じる点があったので補足したいと思う。なお増田は単なるきのこ愛好家に過ぎず本稿は信憑性に乏しいが、ブクマカのきのこへの興味と深い理解一助となれば幸いだ。

冗長になってしまったので、概要だけ知りたい方や長文が苦手な方は、先に下部の【まとめ】を読まれることを推奨する。

以下該当記事の一部を引用するかたちで解説

バカマツタケマツタケの近縁種。名前名前だけに、マツタケより劣るように思いがちだが、実は姿もよく似ているうえに味と香りこちらの方が美味しくて強いと言われるキノコである

マツタケよりも香りが強いというのは一般に言われるが、マツタケよりも美味しいという話は聞いたことがない。野生下ではマツタケよりも相当に貧弱で、発生時期が早く暖かいこと、一般湿度の高い広葉樹林に生えることからマツタケよりも柔く品質劣化がはやい(一般的にきのこ寒冷地・痩せ地に生えるほど日持ちが良く高品質ものを得やすい)ことが関係すると思われる。近縁で姿がよく似ているというのは本当で、素人目には見分けがつかない。増田にも発生場所情報なしに個体だけで同定できる自信はない。

別名がサマツ早松であるように、マツタケより早く8~9月に発生することから名に「バカ」がついてしまった。

バカマツタケサマツと呼ぶ地域は確かにあるらしい。しかし必ずしもサマツバカマツタケではない。きのこ地方名は極めて多様で曖昧世界だ。その証拠に「サマツ」といっても梅雨時期に少量発生するマツタケを指すこともあれば、モミタケオオモミタケ等を指す地域もあるようだ。

マツタケの人工栽培がなかなか成功しない中、バカマツタケの方が環境適応やすいか栽培もしやすいのではないかと注目する研究者はいた。実は昨年には奈良県森林技術センターが、人工培養の菌を自然にある樹木に植え付けて発生させることに成功している。

『人工培養の菌を自然にある樹木に植え付けて』という表現は正確ではない。菌に感染した苗木を人工的に作り出し植樹することで自然下で発生させた、とするのが正しい。既に自然化で定着している樹木に植菌を施すのと、無菌状態の苗木に植菌するのとでは似て非なる技術だ。(ところで同様の研究マツタケでも行われており、無菌培養の松苗木の感染には成功しているものの、植樹後のマツタケ発生については再現性に乏しい。理由としては自然環境化においてマツタケ菌が他の害菌に負けてしまうこと、マツタケの発生にはまとまった菌糸量とそれを支える大きさの松が必要なことが挙げられる。例えば自然下でマツタケが生えるためには一般20年生程度の松が必要とされる。)補足になるが、奈良県森林技術センターバカマツタケ栽培研究農水省委託事業で、2015年より森林総合研究所(国立)との協働で進めている。要するに国策が3年の歳月を経て文字通り実を結んだかたちだ。今年の2月頃に、はてブでも話題にのぼった。しかし本件とは全く関係のない別個の案件であり、おそらく情報の共有などもされていなかっただろう。奈良県森林技術センターが松の苗木を利用するのに対し、多木化学は菌床を用いた完全人工栽培に取り組んだ。研究テーマアプローチも全く異なり、時期も多木化学のほうが先行している。

これがバカマツタケ栽培の第1号で、今年も継続発生させて実用化に一歩近づけた。ところが多木化学は(中略)木クズなどによる人工培地(菌床)で培養から生育までを室内環境で完結させたのだ。これは画期的なことで、キノコ栽培常識を覆す大発明かもしれない。

菌根菌(樹木との共生関係を結ぶ集団)とされるバカマツタケで『人工培地(菌床)で培養から生育までを室内環境で完結』、つまり”完全人工栽培"に成功したというのは実に画期的なことである。この成果は偉業と言っても差し支えないものであると思う。三重大学の菌学者白水先生も、

とその成果を讃えている。

しかし本文にある『キノコ栽培常識を覆す大発明』というのは誇張にあたる可能性が極めて高い。なぜなら「菌根菌の完全人工栽培成功」という点においては既に先行研究があり、実はとうに商品化もされているのだから。例えばホンシメジの人工栽培がこれにあたる。

とくにマツタケ類は、植物との共生必須と考えられてきた。これまでマツタケ菌糸の培養成功した例はいくつかある(私もその度取材に行って、いよいよマツタケ栽培成功か、と期待していたのだが……)が、子実体(傘のある姿のキノコ)を出すことに成功していなかった。だが多木化学は、とうとう菌糸から実体を出させるシグナルを見つけたのである。この研究成果は、これまでの定説を破るものであり、学術上も大きな成果だろう。

繰り返しになるが、多木化学の成果が学術上も大きな意味を持つ可能性は高い。しかし、その成果がどのレベルかという点については当該記事では説明不十分なので、詳しく補足する必要がある。一般きのこ栽培はざっくり以下の工程をたどる。

a. 優良品種の選定・組織分離

b. 菌糸の培養

c. 原基形成

d. 原基の成長肥大

e. 子実体きのこ)の発生

ごく簡単に一連の流れを説明する。はじめに野生のきのこをたくさん採ってきて、それらの中から有望そうな株の組織(胞子ではない)を切り取って培養する。具体的には寒天培地というデンプンなどの栄養素を添加し固めたものを使う。きのこ組織を切り取り培地に置くだけで(コンタミを防ぐ必要はあるものの)、比較的容易にクローンである「菌糸体」を得ることができる。無事目的の菌糸体が得られたら、それらを培養して増やす必要がある。従来は木くずの他に、米ぬか、フスマなどを添加し水を加え固めたもの(=菌床)を用いる。菌糸体は、適切な温度、水分、光などある条件が重なると原基(きのこの基)を形成する。原基は一般に、低温、水分供給、切断などの刺激により成長をはじめ、十分な菌糸体の量と栄養供給を伴って肥大し、きのこの発生に至る。

ここで問題になるのは、b. 菌糸の培養、c. 原基形成、d. 原基の成長肥大という三つの工程それぞれに、全く違ったメカニズム存在することであるマツタケを例にとると、これまで少なくとも半世紀以上もの研究蓄積(野外での観察研究の記録を遡ると実に70年以上)がある中で、c,dについては再現性に乏しく、bについてもまともな成果はあがっていない。マツタケ栽培の難しさにして最大の課題は実はここ《b. 菌糸の培養》にある。とにかく菌糸の成長が遅い上に、どのようなメカニズムで菌糸が栄養素を取り入れ増殖するのかということがほとんど未解明なままなのである

理由は当該記事にあるとおり、マツタケ樹木共生関係を結ぶ「菌根菌」であることが大きい。マツタケ菌糸の生育には生きている樹木必要で、実験室での再現ほとんど不可能といっていい。それではなぜバカマツタケは完全人工栽培可能だったのか。

マツタケなどの樹木共生する菌根菌に対し、シイタケナメコなど、倒木や落ち葉などを分解し、栄養源とする菌類は「腐生菌」と呼ばれる。腐生菌の多くは菌床による栽培可能で、多くが一般に出回っているのは既知のとおりである。実は菌根菌は、腐生菌が進化過程樹木共生する力を獲得し、腐生的な能力を失った集団だと考えられている。ところが菌根菌の中には、完全に腐生的な能力を失っておらず、腐生と共生、いわば両刀使いが存在するのである。その代表ホンシメジであるホンシメジは「香り松茸、味しめじ」と言われるように、我が国における代表的な食用である。菌根菌とされるホンシメジ栽培は、マツタケ同様に長らく不可能と考えられてきた。しか系統により極めて強力な腐生的な能力を備えるもの発見された(研究により、これまで同種と考えられてきた本種が実は様々な系統もしくは別種に分けられることがわかってきた)。1999年タカラバイオなどにより菌床による完全人工栽培法が確立され、その後商品化もされており、少量ながら現在一般流通している。

多木化学バカマツタケ栽培は菌床を用いた完全栽培なので、上記ホンシメジ栽培成功と同様である。つまり、本件はバカマツタケの中から腐生的な能力を持つ系統を選定し、培養から実体を発生させるまで成功したということだ。リリースにあるとおり、今後は栽培の安定化と供給体制の構築が図られ、数年後にバカマツタケ食卓に並ぶことの実現性は極めて高い。それではマツタケ栽培への応用についてはどうか。

勘の良い方には察しがつくと思うが、前述のc〜eの工程については応用が効く可能性が高い。他のきのこ栽培でも成功しているように、十分な菌糸体と栄養を確保することさえできれば、原基形成〜子実体に至るまで管理可能なことを初めてマツタケ類においても示したことは大きい。ただし、最大の課題である《b. 菌糸の培養》については、ほとんど応用が効かない可能性が高い。なぜならマツタケにおいては既に膨大な先行研究があり、当然ホンシメジバカマツタケ同様に”両刀使い”が存在する可能性も、その系統選びも、菌糸培養を促進する成分や菌糸の栄養源についても、少なくともバカマツタケよりは遥かに詳しく調べられているかである。それをもってしてもまともな菌糸培養に至っていないのが現状なのだ

つまるところ、多木化学による本研究の主な成果は以下の二点にまとめられる。

繰り返すがこれらが偉大な成果であことに疑いの余地はない。一方でマツタケや他の菌根菌の人工栽培を実現するには、それぞれの種類において腐生菌的能力もつ系統の発掘と培養法の確立必須となる。その意味において本研究の応用範囲限定的となる。田中淳夫氏は今回の研究結果により、さも菌根菌の栄養吸収のメカニズムが明らかにされ、あらゆる菌根菌の人工栽培可能になるかのような書き方をしているが(あるいは本当にそう思っているのかもしれない)、残念ながらそうではないことはここまで読んでくださった聡明ブクマカ殿にはご理解いただけたかと思う。

菌床栽培なら、植物共生させないので培養期間が短く、室内の環境を調整することで季節を問わず生産できる。また室内栽培から虫の被害にあわず収穫時も混入の心配がない、収穫も簡単……などのメリットがある。

逆にデメリットを挙げるとすれば、野生のものとは全く異なる味わいと食感になることである。つまるところ、野生の品と菌床栽培のものとでは全く別物と考えるべきである養殖ブリと天然ブリの味わいが全く異なるように(それでも近年の養殖技術進化は素晴らしく、季節によっては天然物を凌駕するものさえある)、それぞれの美味しさと楽しみ方があると増田は考える。今回の成果によりバカマツタケ普通に食べられるようになったら嬉しいし、美味しければ普及すると思う。ただし、仮にマツタケの完全人工栽培確立されたところで、天然松茸価値のものは今後も揺るぎのないものである消費者がどう捉えるかはさておき)。

菌根菌のキノコの中には、マツタケ類だけでなく、トリュフポルチーニホンシメジタマゴタケなど高級キノコが多い。今回の成功が、これらの人工栽培技術もつながるかもしれない。

トリュフポルチーニは、日本におけるマツタケ同様にヨーロッパで盛んに研究がなされているが、今のところ菌床での栽培成功したという話は聞かない。ホンシメジは前述のとおり既に栽培法が確立されており既に商品化もされている。

これらの菌根菌の人工栽培可能にするには、ひとえに”両刀使い”の系統発見と、それらの培養方法確立である。ちなみに本家マツタケにも、実は”両刀使い”の存在示唆されており、引き続き研究が進められている。また、マツタケ類は世界中に似たような種が多数存在しており、マツタケ(Tricholoma matsutake)の中にも、例えば中国の山奥には広葉樹共生する系統があり、更にはそれらが日本ナラやカシと共生関係を結ぶことがわかっていたりもする。種の中にも多様性があり、それらをしらみつぶしに調べていけば、そのうち栽培可能ものに出くわさないとも限らない。その点はトリュフだろうがポルチーニだろうが同様である。ただし、その研究がどれほど途方もなく根気のいる仕事なのは間違いない(ちなみにトリュフポルチーニ国産種が知られており、積極的に狙うマニアが相当数いる)。ところで、遺伝子組み換え技術により、これらの菌根菌に腐生菌的能力を付加することも可能とする研究者もおり、そのうち遺伝子組み換えマツタケの完全人工栽培実験レベル成功する日も来るかもしれない。

まとめ

参考文献

https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20181006-00099530/

http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/4025/20181003413938.pdf

http://www.kinokkusu.co.jp/etc/09zatugaku/mame/mame04-3.html

https://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/424/documents/424-1.pdf

http://www.jsmrs.jp/journal/No31_2/No31_2_167.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjom/50/2/50_jjom.H20-07/_pdf/-char/ja

トラバブコメに反応

見た目 味も 香りも 同等以上なら 偉業

あくまで野生産同士の比較なら、やや下位互換という感じではないでしょうかね。栽培バカマツタケは食べてないのでわかりませんが、うまくすればそこそこ美味しいものができる可能性はあるかなと。ただ、マツタケって単体で食ってそんなにうまいものじゃないと思うので、一般家庭での調理には手を焼く気がします。炊き込みご飯するにも炊飯器臭くなるしね。料亭とかでマツタケ代用品として普及する可能性はあるかもしれない。<

2018-10-09

anond:20181009120842

いや、わかるぞ。大分特徴的だぞ。

デレステってスマホ横持ちのDJマニアみたいなヤツだから、両手の親指でリズムに合わせてボタン押すんだ。

から見てても結構分かるぞ。

anond:20181009113144

日本アニメ自体、「ディズニーなんかのアニメと比べたら技術表現稚拙だが、ディズニーなんかには作れないエログロがある」

ってんで一部のマニアに広がったもの、だからなあ

現代はそこから大分漂白されてるとは言え、今でも根本的にはそういうイメージがあるわけで

2018-10-08

自称オタク専門家なし

本当にやばい奴は自覚ない。

でもね、許しちゃう。いいよ。ライトオタクでも。アメリカではちょっと好きなだけの下手な趣味でも「オレはこれが好きだ!趣味なんだ!」って公言して、周りも受け入れるらしいじゃない。

から、オレは許すよ。自称オタクを。

マニアでなくとも、学位を持ってなくても。

薬学マニアとか言いながら、アセトアミノフェンの薬理機序の一つも説明出来ない輩でもオレは許すよ。

なんで社会学大炎上たか本当にわかってないの?

キズナアイから大炎上したんじゃないよ。

最後の怒りのひと匙がキズナアイで、堪忍袋がブチ切れたんだよね。

いままで社会学者があらゆるものに「それは差別だー」と言い続けてポリコレ棒で殴り続けてきた結果、「いい加減にしろボケが」ってポリコレ棒を奪われて「大した論文も書かずに学問ヅラするな棒」で殴り返されたんだよねー。

しかも、キモオタ男性だけかと思ったらBL界、女オタ界、芸能オタ界、ゲーマー界、マニア界、歴史界、ミリ界、バイク界などなど、あらゆる部族が「いままで俺たちもやられてたんだ。いままでの恨みを今ここで晴らせ」ってキレてる。さら社会学の学徒からも「内容のしっかりした論文も書かないくせに偉そうにしやがって」とか言われてて、どうしたらこ炎上が収まるのか誰もわかってない。多分、例の教授土下座して謝っても収まらない。

2018-10-05

anond:20181005170009

男の鍛えられた体って価値が低い気がするんだよね。女性でも男性でもあれが好きなのはマニアって感じがする。少なくともショーとして見に行きたいっていう人は少ない。

女性の体が好きなのは男性だけでなく女性も割りとマジョリティなんじゃないのかな?バーレスク東京みたいのも好きな女子が割りと多いってのも、何となくわかる。

2018-10-04

anond:20181004194619

世間の人はそんなにキズナアイに対して

特定キャラクターがあると認識してるわけじゃないんじゃないかなあ

からアニメ絵アニメ文脈ファッションキャラクター、くらいの認識

世間ではそれはやっぱりまだニッチというか特定趣味の人向けのものに見えるのかなって気がする

デーモン閣下はもうそ個人存在が相当メジャーだし「ああい趣味の人」という括り以上のものになってるから

どちらかといえばめちゃくちゃヤンキーファッションリーゼントの人とか

カセットデッキ担いでダボダボの服着てるヒップホップの人とか存在は知ってるし別にいいけど

普通に暮らしてる身からすればスゲー趣味だな、くらいに思われるある特定の、

でも世間では一般的でないタイプの知らない人が突然聞き役になっててびっくり、みたいな方が感覚的に近い気がする

キズナアイのようなアニメ的なヴィジュアル悪趣味と思わない人でも

ヤンキーファッションとか理解できないし自分やらないかなーって人はいるでしょ

そういうちょっとだけまだマニア方面に向いていて特定ファン層の方が強いかな、っていう人(やキャラクター)が

舞台に出てきたらなかなか世間とかみ合わないのはまあ当然なのかなあ、という気がする

2018-09-30

立民のおしどりマコ擁立合理的判断では?

ブコメじゃフルボッコで、俺も反射的にアホかと思ったけどさ

原発デマバラ撒いた云々なんて、俺らのような極小数政治マニアが気にするだけで、普通に票が取れそうな人だから比例の名簿に載せるんでしょ

選挙に勝つこと(国民福祉ではない)に人生を賭けて生き残ってきた政党幹部プロ判断簡単にアホバカ言うのはそろそろ止めにしないか

自戒も込めて

はてなブックマーク - 立憲民主党参院選比例に漫才師おしどりマコ氏ら - 産経ニュース

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.sankei.com/politics/news/180929/plt1809290007-n1.html

2018-09-29

anond:20180929074000

広く浅くの趣味ですよってワハハって言っておくほうが楽。

誰もが「自分の好みの話(興味がある話題しか聞いてない。

あなたが何か凄いマニア有名人でも、相手が興味なければ何も意味なくない?

anond:20180928185412

リフレキス神話・Good by

なっっっっっっっっっっっっっっっっっっっつ!!!!!!!!!

そんなんあったな!!!!!!!!

やたら一部のコアなマニアが絶賛してた気がする

確か買って少し読んだけど全部読まずに積んだ気がする!!!

クセありすぎて面白さが分かる前に挫折した

作者まだかいてんのかなと思ってwikiったらやっぱり売れなかったせいか作出せずに沈黙しちゃってるのね

2018-09-25

anond:20180925123205

こういうとき航空マニアならさっと

日本時間12:00~12:32の間に着陸した航空便は全世界でnn便ありますが、不時着は一件も報告されていません」

とかデータ出せそう

2018-09-24

anond:20180924063529

全国の高校受験問題大学受験問題マニアなら、さらっと「〇〇年くらいまではよくある問題だったが今はない」みたいに答えられそう

2018-09-23

残念ながらお笑い芸人も元歌手も皆ロリコンだよ

anond:20180919183856 

政府高官もこれで敵国に弱みを握られるから男の本能だろう 

居乳や熟女が好きなどというのはロリコンじゃない安全アピールをしているだけで本音ではありえない

本気の熟女マニアを本気で名乗っているとすればそれは普通の男からすればLGBTレベル変態

2018-09-22

お酒を飲む理由

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180922/k10011640041000.html

この記事ブコメ欄みて色々考えてた

人はお酒の味が好きで飲むのか、酔いたくて飲むのかどっちなんだろうって

どっちもだよーって人が多いんだろうけど(わからなくなってる人も多そうではあるけど)

どちらに重きを置いてるかでお酒との付き合い方やなんかが変わってきそう

自分お酒の味は好きだけど、もともとそんなに量が飲めないし

酔って気持ちよくなってるとき快感より翌日の地獄さの方が圧倒的に勝っていることと

甘いものが好きだからせめてお酒はやめとこう、と思ってることとがあって飲まなくても平気だけど

酔いたくて飲み始めてそれが習慣になっている人はそうなってから改めるのはすごく難しそうだよね

世界にはたくさんの種類のお酒があってそれぞれマニアもいて、

料理と合わせたり他の文化と不可分な部分もあったりするらしくなるほど奥深いなあと思えることも多い

そういう人たちは言ってみれば「味が好き」って方に近い動機で嗜んでるのかなって気がするけど

そういう人たちは酒量なんかについて自制しながら飲んだりしてるものなんだろうか 人それぞれかな

自分の周りにはたぶん酔いたくて飲んでる人しかいないからそれはよくわからないんだけど、

この酔いたくて飲んでる人が度を越してしまったときどう家族が、どう社会が助けるか、

ってことが問題なんだろうなって思った

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん