「学費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学費とは

2018-11-13

anond:20181113002531

理系学部4年、院進予定です。

自分も将来に悩んでいて、正直自己肯定感はかなり低いし、社会で生きていける気がしない。

学科特性もあるのか周りも就職が多いし、院まで行ってやりたいことあるのかと言われると言葉に詰まる。

ずっと送られてくる就活メールにも、なぜだか焦りを感じるところまでわかる。

研究の端をかじる生活をしているけれど、教授とかを見ていると自分アカデミアにはそんなに向いていないなと思う。

将来悩んでいると言ったら博士視野に入れたら?と教授に言われたけれど、今のところ行く気はない。

修士でそれなりのところに就職できたらいいかな、という感じだろうか。

文系研究に明るくないので詳しいことは言えないけれど、修士就職するのも全然ありだと思う。

学びというのは時間お金にある程度の制約はあれど、いつでもやろうと思えばできる。

それなら一度就職して、働くなかでもっと学びたい、研究したいと思ったとき大学院に入りなおすというのも手ではないだろうか。

それだったらある程度自分学費を工面できるし。

就職も、(修士卒だと難しいかもしれないのかもしれないけれど)似たような分野の民間研究所とか、そういう選択肢もあったりしないだろうか。

とりあえずは残りの学部修士で、自分アカデミアが向いているのかどうかを見極められたらいいね

院進前だけど不安しんどい

はてな匿名ダイアリーにポツポツと現れる院生記事を読むたび、自分と同じ不安を抱えている人たちを見つけた気分で、安心する反面、

やはり消えない不安気持ちと隣り合わせで毎日過ごしていた。

誰か知らない人からどんな風に見えるのか知りたくなって、自分も悩みを書こうと思う。

自分大学院進学を決めた文系学部4年生で、すでに来年度分の学費も支払っていて、修士生活2年間が待ち受けている。

こんなことを書いたら、人格が分裂しているんじゃないかと思われそうだが、

自分自身で本当に研究の道に進みたいのかわからない。

正確に書くと、研究に進むほどの覚悟がまだできていない。

未だに民間企業就職のことも頭から離れない。

相変わらず届く就活サイトメールや、インターン応募のサイト巡回してしまうし、修士後に就活するための資格勉強を始めようか逡巡している。

学部3年のときからずっと迷っているが、自分がどうしたいのかわからない。

大学入学する前から自分の専攻分野が勉強たかった。専攻分野の授業や教授の充実度・カリキュラム編成を調べて、いくつかあった受験合格から迷いに迷って決断した。

大学に入ってから、専攻分野の授業を受けるのは基本的に楽しかった。基礎ばかりを繰り返す授業ばかりだった学期は本当につまらなかったけど。

1年生の頃から、できるのなら、研究の道に進みたいと思っていた。

留学をして、院進学を志望する学生院生とも出会った。その人たちは口を揃えて、「今やっていること(勉強研究)が好きだから進学を決めた」と言っていた。

留学先で勉強をしたり、そういう人たちと出会うたびに、自分もそうだなと思っていた。

帰国してみたら、周りは就活で、会えば苦労話とか憧れの社会人像とかを話すようになっていた。

同期の就職先の話を聞くたびに、笑顔が引きつってしまう。「卒業後は?」と聞かれるのがその時期からだんだん苦痛だった。

自分だけ別の道に外れているような気がしたのと、やっていけるのかどうか不安気持ちを友人とは共有できないと感じたからだ。

自分不安を話したとしても、学校での成績がある程度良い方だったせいか、「XXならなんとかなるよ」と励ましてくれる人が多かった。

優しい声をかけてくれる友達大事にするべきだと思う。でも、正直その励ましが一番辛い。自縄自縛のような気分に駆られる。

研究学部生の成績評価とはまるっきり違う。課題や出席なんか研究本質とは関係ない。与えられたものをこなすだけでは実績はつかない、と自分は思っている。

高校同級生には「研究をして、どんなことができるの?」と尋ねられ、言葉に詰まった。

「まだ決まってない」「よくわからない」と笑ってごまかす度に、少しずつ体の中に水が溜まっていって、そのうち溺死するんじゃないかと思う。

研究室の先生にも自分の悩みは相談していた。でも、先生アドバイスはもうすでに研究の道でしっかりとキャリアを積んだ後なので、その言葉ばかり信じていられない。

知り合いの博士課程の人に「引き返すなら早めがいい」という言葉ももらった。

親は修士後に就職するものと考えているようで、ときどき就職の話をされる。

もう、自分が本当にしたいことがよくわからない。自分はどうしたら幸せになれるのだろう、と漠然と考える。

さらに、将来の不安で頭がいっぱいになるうちに、どんどん自己肯定感が無くなってきた。

研究室にはよくできる先輩がいて、その人と自分を比べてしまう。もちろん、数年の違いはあれど、自分が同じように研究を引っ張っていけるような院生に数年後なれるとは思えない。比べて、凹んで、ことさら自分が選んだ道は違ったんじゃないか不安になる。

頭の弱く薄志弱行な奴が、研究者を志望することなんて、恥ずべきことじゃないのかと思う。

上には上がいるのだから覚悟のない自分アカデミアには必要ないんじゃないかと思う。

しばらくして死にたくなるほどメンタルがやられて、悩みを抱えながら普通を装うのが辛くなって、研究室にいけなくなった。

でも、これでは親の学費無駄になるから、と自分分岐するタイムリミットを決めた。

これから数年の修士のうちに、自分はやっぱり研究に向いてないと思ったら、見切りをつけてもうすっぱり何もかも忘れるつもりだ。

でもどうやって判断したらいいのかわからない。

こんな風になると数年前は思っていなかった。昔の自分に謝りたい。期待して応援してくれた友人や両親に謝りたい。

申し訳なく思うのは、院進する前からこんな真っ暗闇にいる人間研究者なんてやっていけないんだろうと正直諦めているからかもしれない。

-------

このクソ長いエントリーを読んでくれた人の時間を奪ってしまって申し訳ないです。

何かかける言葉があったらコメントください。同じような状況の方あるいはそれを乗り越えた方はどう考えている/いたか、お教えいただけると助かります

2018-11-09

ニンテンドースイッチ

息子が欲しいっていうから誕生日プレゼントとして注文した。

自分子供の頃はファミコンだったよなーと思って当時のファミコン価格を調べると1.5万円くらい。当時から平均所得はたいして上がっていないだろうけど随分高くなってんなーと思ったんだけどさ、マリオパーティーを家族でやりたいんだと言うのさ。

そうすると、joy-conが追加で必要なわけですよ。12/1発売のjoy-con同梱パックも買うわけですよ。そうすると追加joy-conの充電器も必要になるわけだし、スイッチモバイル機でもあるのでケースとか保護フィルムもいるわけですよね。更には今後のソフトダウンロード購入するかもってためにはmicro-SDカード必要だったり、何かよくわからんけどweb会員代?みたいのもかかるんだね。よく理解しないままとりあえず12ヶ月ってやつで申し込んだ。なかなか高い買い物だわな。

ただ、自分子供の頃にファミコンを持っていない家庭などほぼなかったわけで、小学生になった息子にスイッチが欲しいと言われれば買わない選択肢はないわけよね。

でも更にクリスマスは別だし、娘にもクリスマスプレゼント必要だし、ケーキ買わなきゃとか、焼肉食べに行きたいとか…

いやまぁやりますよ。やりますけどね、大学までは学費も出しますよ。でも一人暮らしになるとして、仕送りの額は期待すんなよ。バイトしてね。そこはたぶん父さんの限界だわ。

車って何年使えるのかなぁ。買い替えられる気がしない。

給食学費ダダにしねぇなら子供産まね

夫婦共々産むスキルあるけど産まねぇから日本滅びろ。

2018-11-06

anond:20181106181057

児童養護施設育ちの大学進学率は一般が7割ぐらいなのに2割ぐらいなのですが?

まあ、大学学費を1980年代の年数万円の時代まで戻せばいけるが、自分生活費も稼がないとならないのに児童養護施設そだち、生活保護育ちが大学進学するのは非常に高い壁がある。

風俗に身を落とさないとならないケースすらもあるからな。

anond:20181106175726

少子化対策には大学学費減免効果的でしょ。

1980年代ぐらいには大学進学率は4割ぐらいになってましたが、学費は年数万円でしたよ。

ただし、新自由主義に切り替えたか大学学費が一気に高騰した。

大学行かないと最低辺の生活になるとわかってて、でも大学費用がめちゃくちゃ高く、そのことを考えずに子供を生むようなビックダディがこけ降ろされるような社会では子供は増えんよ。

ましてや、AVとかなくして、レイプされて生まれて、低所得シングルマザーとして育てないとならない子供がどんな将来を描くかを考えてみなよ。

2018-11-04

anond:20181104065044

お気持ちリブンでくくられる中には「総合判断」「違和感」がある。

もちろん論理的言葉にできればいいが、犯罪にあって怯えて通報できない場合があるように、通常の女性はそういう訓練を受けていない。

普通の人の「これはおかしい」を拾い上げるのがネットの役目だし、

逆に社会学者の役目は24時間張り付いてのネット愚民もの啓蒙ではない。

大学学費も払ってない有象無象相手にそれをしてやるには報いがなさすぎる。

 

https://twitter.com/10john05/status/1058573087736614912

まいにちこの手の被害報告がまわってくる。

こういう性犯罪者に泣かされる女性

すなおに気持ちを話してたらますます犯罪者とフェミ叩きがよってくるネットの状況についてどうですか。

女性は食い物にされても怒ってはいけないという理由はなに?

https://togetter.com/li/1281897

女性無知だったらセクハラを受けていいという理由はなに?

しかもこの表紙写真コンテンツホルダーに了承を得ていない使い方でどうみても著作権法違反ですね)

 

一方的女性側を非論理ときめつけ、ネットでのフェミ叩きが論理的でない行動をとっても無視する論調には同意しかます

気持ちがない論理的女性要求しすぎて論理的に解明できない理由少子化しすぎてますがどんな気持ち

2018-11-03

医学部地域問題

https://charitsumo.com/interview/9259

ここに

奨学金の返金は年利10%

厚生労働省からの各病院へのブラックリストさらし者にし、病院への補助金を減額

ってことが書いてあるが、事実

もっといえば厚生労働省からの云々に関しては補足がある。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK984DS2K98UBQU00W.html(元記事削除のため)

看護学校学費の代わりにその病院一定期間働くことに対し、期間内退職しても学費返還必要ないとの高裁判決

労働基準法14条は、契約中の退職自由が認められない契約期間の上限を3年(一部職種は5年)と定めている

労働契約を果たさな場合損害賠償を予定した契約を禁じる同16条

という判例がある。

そういう状況のなかで地域からすり抜けたに罰則を与えるのはまずいと判断したのか、病院への補助金を減らすという間接的手段罰則を与える非常に姑息手段が執られている。

やろうとしていることは法律上認められていないんだけど、同じことを脱法的に厚生労働省がやっちゃう

地域問題ってのはそういう世界



んで、医学部地域問題に関して、よく言われるのが「それを理解して入学してきたのだから」という言葉

ちがう。

これについて説明したい。

地域入学者の処遇について受験時・入学時には細かい説明はなく、地域から脱出できないという説明はない。

それどころか入試要項や奨学金契約書などをよくみると契約が解除できる旨が記載されていたりする。

これは都道府県によって異なるが、ある県では

大学募集要項医師修学資金給付制度制度奨学金)の規程により、県内診療従事することを確約できる

修学資金制度規定:次のいずれかに該当するときには契約は解除される d:修学資金の貸与をうけることを辞退したとき

となっている。

地域から抜け出せないどころか、契約としては抜け出せるようになっているはずなのである

そのような契約のもとで大学はいってきた学生たちは6年生になって突然の理不尽に遭遇する。

大学から突然に、「地域枠どおりの就職をしないならば、卒業を認めない(卒業延期)処分とする」との通達がやってくるのである

ひどい場合は、就職内定を得た後に大学からこの事実を知らされ、内定辞退をして大学病院就職するか卒業延期かの決断を迫られたりする。

入るときには公式に認められた地域ルートからの出口はあったはずなのに、知らないうちに決定した非公式な慣例によりいつの間に出口はふさがれている。

「それを理解して入学してきたのだから」という言葉に対しては、こう返したい。

「そうでないことを理解して入学してきたのに、なぜそれを強制されないといけないのか」


ちなみに、理不尽に対しての意見を述べると、「大学に恩はないのか」「医師の育成には1億円かかっているのに」「たとえ実際にそういう規程であってもモラルとしてダメだ」「認められない」「納得できないなら退学すればよい」等々のわけのわからない暴言一教レベルではなく教授会レベルから滔々と説教される。

これが医学部地域問題現実

2018-10-31

期待とか鬱とか

自分は今大学生

自分中学生の時にトラウマ自分でつくってしまった。以降、人と関わるのが怖くなった。友達をつくっても、長続きしないから、中、高の友達は1人もいない

大学生になって初めて心療内科に行った

対人恐怖症と診断された。自分記憶に過ぎないが、14歳の時、鬱になって、もう中学記憶殆どない。

今は行きたくもない大学に通わせてもらっている。通学片道2時間かけて、朝は5時30分には起きている。乗り換えが多いから、遅刻することもよくある。

学費の一部は自費なので、節約癖がついた。休日しかバイトできないので、あまりお金が稼げないから、学食食べてたら金欠になる

大学では人間関係頑張ろうと思って、積極的に話しかけたり、サークルで先輩に可愛がってもらった

それも夏休み前までの話で、夏休みが終わった途端自分はその”他人”との距離間が分からなくなって、今ではほぼ話せる人がいない

サークルにも顔を出していない

自分は誰かに救われたい

人じゃなくてもいい、天使でも悪魔でもなんでもいいよ

期待している

人間関係が嫌で何も誇れることがなくて努力は人並み以下でしかやらない常に病んでいる自分

かに救われる

かに救われる

自分ドラマ主人公になれると思っている

ずっと願っているけど、まだ来ない

あと何年待てばいい?5年?60年?

あの、自分の心は既に死んでいるので

精神はとっくの昔に限界を迎えて何も受け止めることができないので

しんどい

今の自分があるのは全部今までの自分の行いです。正論だと思います精神限界超えてもなお普通人間と同じように生きてきた自分のおかげで今の自分がいる。

自分死ぬまで鬱のままなんだろうな

いつ死んでもいいと思っている、矛盾した人間

そうだ、1番言いたいことは、期待してはいけないのかな

ってこと

対人恐怖症も毎日必死で生きていることも関係なく、幸せになれないのは全部自己責任なのか?

コミュ障から人間関係無理ですってこれ言い訳なの?

言い訳だとしたら救いの手がでる期待はしちゃいけないの?

努力でどうにかなるもんじゃないんだよ、無理なものは無理なの

ここまで長々と書きましたが、拙い文章申し訳ないです。かなり読みずらい文章になってしまった、、

ここまで読んでくださった方、ありがとうごさいました

2018-10-27

東京芸大学費値上げ

なんとも気色悪い。きしょい。

でも、音楽学部を中心に才能教育研究みたいな様相を呈し始めた時点で、うすうす気付いてた、お前のその手口…。

https://www.geidai.ac.jp/news/2018102671472.html

これによる収入は、本学が世界の一流芸術大学と伍して行くための教育研究の高度化や、トップアーティスト育成の中核をなす「実技指導」の重点強化等に充当し、学生たちに還元します。

うーん、世界の一流大学と伍すためには世界で戦えるトップアーティスト必要選択と集中するっきゃない!という流れにしか見えない。

このトップアーティストというのは、世界的に有名な賞を若くして獲って、芸術界のピラミッドの中で高い地位を確保した人、と同義だと読むのは穿った見方だろうか。最後まで読んだら、やはり学長メッセージの方にトップアーティストの例として挙げられている学生は、いわゆる権威ある賞を獲った人たちだ。

この方々はきっと、本当に素晴らしいのだろうと思うけれど、それだけがトップアーティストだという考えはあまりに古い。

良くも悪くも多様性が盛んに謳われる今日日本で唯一の国立芸大ハイアートでもって欧米に伍することと、その他の地域優越することしか考えられないとしたらださい。


2.学生経済的支援の充実
授業料の引き上げにより教育の機会均等の確保が損なわれないよう、大学自己収入などの財源を用いて、次の手当てを講じます
① 引き上げ額を含めた授業料減免実施
経済的理由で修学困難な学生に対する「修学支援奨学金給付型)」を新設

こうした口実の下に一旦値上げを許すと、今後20年くらいの間にお安めの私立大学より学費が高くなりそうだ。

しかに、芸大生はお金持ちの子弟が大多数を占めるから、毟り取れるところからは毟り取ろうという気持ちは分かる。

きっと本当に金がないのだろう。だが、一律授業料値上げという対応はあまり乱暴ではないだろうか。

中には、減免措置を考慮しても年額10万の値上げのために進路を考え直さざるを得ない家庭だってあるだろうに。

それだけではない。東京芸大学費値上げは、「芸術金持ち特権だ」というメッセージを発信することになってしまうのではないか

これまでだったら、家庭に負担をかけられない!と気張ってしまタイプ高校生にとって、「芸大だったら他の国立大と同じ学費芸術を学べる」というのは良い口実だった(実際は私学の学費を払えるくらい家計に余裕があっても、理想燃える高校生って気を遣うから)。

しかし、値上げが進むと、「国立芸大すら金がかかりすぎる。うちにはお金がないから、芸術系は選択肢から外そう。」という高校生がどんどん増えそうだ。

そうすると、元々金持ちor経済観念がかなり低い学生けがばんばん集まってきて、今以上に芸大と実社会との隔たりがすごいことになる。特に芸術学、楽理、音楽環境創造などの学科系にとっては大打撃になりそうな気がする。

偉い人たちは、ずっと芸術世界にどっぷりで、あまり感じないのかも知れないけど、超偏った社会である東京芸大に若干の多様性をもたらしている人材を追い出すと、大きな損失になるぞ。

ガッツ能力があってどうしても芸術をやりたい高校生たちが東京芸大を目指さなくなるのは良いことだが、大学にとっては痛手だ。

いい加減、トップアーティスト(このカタカナ語グローバル○○と同じ位ださい…)とは何かということを考え直さないと、世界では戦えない。

※ 2018年度以前に入学した学士課程および大学別科の学生2019年度までに入学した大学院課程の学生については、当該課程に在学している期間は、2019年度以降も現在授業料のままです。

既に在学している人の分は据え置き、というのは当たり前だが、こうしておけば今在学している人達暴動しないなんて甘いぞコノヤロー!という気持ちが沸き起こってくるものだな。

2018-10-26

すべてを諦めて実家に帰りたい

と思うことがある。そんな簡単な話じゃないので本気でそう心に決めたことじゃない。でも色々辛くて、やめてしまいたくなることが最近多い。

海外大学に通っている。あと二学期卒業だが授業も生活も日に日に辛くなるばかりで、二学期分きちんと履修できる自信がどんどん小さくなっている。

カウンセリングを受けたらと言われたりもした。それはするかもしれない。しかし何れにしても前途が厳しいことには変わりないだろう。

田舎から東京に出てきた人は、大学中退したらどうするのだろうか。実家に帰る人もいるだろう。大学をやめて東京バイト暮らしを始める人もいるだろう。後者はなかなかすごいと思う。

私に同じことができるだけのバイタリティがあるかどうかわからない。簡単バイトくらいなら私にだってできるかもしれない。でも私は海外いるか勝手に働くことはできない。というか、中退したらビザ無効になる筈だ。この辺のプロセスもよくわからないが、日本に追い返されるなんて怖いことはあまり考えたくない。

バイト暮らしじゃなくて実家に戻ってしばらくニートするようなことも不可能ではないけど、気がすすまない。私はもともとあの家にいることが好きじゃない。両親もあまりきじゃないし兄弟とも仲が良くない。

中退して帰って来たりしたら学費無駄したことになり、両親にますます申し訳がなくなるし、兄弟にも申し訳がなくなる。ますます肩身が狭くなる。

友人たちを見ていると、親に愛されているように見える人もいる。そういう人は羨ましい。何に失敗したって、諦めて帰る場所があるんだから

2018-10-25

anond:20181025095712

その金を母子家庭の向学心のある子の学費支給にしたら100人ぐらいの若者未来が開けたのにね…

2018-10-23

増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

前回はオブジェクト指向プログラミングOOP)の使いどころを学ぶために、MVCフレームワークを使ってみました。(ほんの触りだけ)

今回はOOP理解を助けるための参考書を探してみましょう。

 

OOP参考書

OOPに関する有名な本はたくさんありますAmazonレビュー評価が高い本は、定番の本が多いです。

だけど分厚い本は、ある程度プログラミングに慣れてから読んでみないと、最初意味チンプンカンプンだと思います

最初意味が分からなくても)なるべく早い時期に1回は読んでみた方が良いと思う本をピックアップしてみます

 

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

この本は、OOP概要、基礎知識コンパクトにまとめられています

今の自分知識の過不足をチェックできます

この本を1つの目安にして、今後の学習指針を立ててみて下さい。

 

プリンシプル オブ プログラミング 3年目までに身につけたい 一生役立つ101の原理原則

https://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/4614.html

この本は、OOPも含むプログラム設計ノウハウ原則をまとめて紹介しています

カタログ的に、各テーマを広く浅く紹介してるだけなので、詳しい内容は個別に掘り下げる必要がありますが、それでも概要を知る上では役立ちます

今すぐ理解できなくても、「あー、そういえば、そういう話もあったな」と後で思い出せる程度に眺めておくだけでも十分だと思います

(第3章にある「UNIX哲学」は、初心者にとってプログラミングの良い指針になると思います。)

 

オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方

https://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8361-9

この本は、上記2冊の内容を具体的な事例で説明しているような本です。

OOP解説本をいろいろ読んでみると、

などといった用語に出くわすと思います

これらの内容はそれぞれが1冊の本になるほどボリュームの多い内容ですが、本書ではそれらのエッセンスをうまくまとめていると思います

サンプルコードRuby説明されていますが、何らかのOOP言語を使ったことがあれば、Ruby文法を知らなくても、だいたい意味は分かると思います

 

プログラミング入門書を数冊読んだ程度の段階では、上記の本を読んでもいまいちピンと来なくて、意味理解できないと思われます

しかし、将来自分がぶち当たるであろう壁、課題を先取りしているつもりになって、「こんなことも考慮してるんだな!」と雰囲気だけでもつかんでもらえればいいんじゃないかと思います

 

プログラミングって難しいイメージがありますけど、習うより慣れろの精神で、とりあえず適当に触ってみるのがいいと思います

 

その他

PHPを使って、OOP基本的な仕組みを説明をしたので、PHP入門書を挙げるなら、とりあえずこの1冊。

自分にとっては分かりやす説明だと思うのですが、類書はたくさんあるので、実際に本屋で確かめてみましょう。

 

Java入門書文法の基礎を学んだら、次に読んでみたい本。

デザインパターン」という知識があると、他人が書いたプログラムを読むときに役立つと思います

(なんでこういう書き方をしてるんだろ?とか、定番の書き方=パターンがいくつかあるので。)

 

グチャグチャな汚いコードを綺麗にスッキリさせるノウハウがあります

リファクタリングに関する知識を学ぶと、プログラムの書き方が改善されて、後で自分メンテナンスするときに苦労が減ります

 

今の段階では、パッと思いついた本はこんなかんじだけど、他にも良い本はいっぱいあります

自分が分かりやすいと思う説明方法と、他人が分かりやすいと思う説明方法は、必ずしも一致してない場合が多々あります

図書館本屋で、実際に本の内容を確かめてみて、自分にとって一番分かりやすいと思える説明の本を探してみてください。

 

本のコストパフォーマンス

リファレンス文法辞書など)は、読む頻度が多ければ、買って損はしない=元は取れると思うので、自分への投資だと思って、必要な本は買うようにしましょう。

プログラミング専門学校かに行ったら、学費が何十万円もしますね?それを思えば本なら安いものです。)

 

プログラミング学習曲線

プログラミングに限らず、他の勉強でも同じだと思いますが、最初は知らないことの連続ですね?

プログラムサンプルコードを見ても、意味が分からなくて、中身が不明な「ブラックボックス」に見えると思います

でも、いったん意味が分かるようになると、霧が晴れたように、急激に視界が開けてきます

学習曲線で言えば、滑らかな右肩上がり(/)ではなく、ある時グイッと変わる階段状(_l ̄)の変化に近いと思います

なので、最初は分からないことが多く感じても、それが当たり前なので、あまり気にする必要はないです。

理解を早める補助として、上記のような参考書活用されてみて下さい。

 

まとめ

今回までで、手続言語構造プログラミングオブジェクト指向プログラミング)の基本を知りました。

次回は、問合型言語SQL)を学び、データベースを使いましょう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書 ←★今ここ★

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

生きるのってしんどいよな

子供作るのにイチイチ生涯年収計算したりお互いの職歴とか恋愛とか家族付き合いとか老後とか政治とか職場関係とかキャリアとか

子供ができたらできたで出産育児保育園お受験小学校雑務いじめられてない・いじめてないか監視、飯、仕事家事浮気せず夫婦関係円満、土日の家族サービス、両親の介護病気持ちなら闘病、中学受験反抗期高校受験反抗期養育費大学受験学費浪人ならストレス追加、政治職場関係キャリアストレス浮気せず夫婦円満、親の介護、ご近所付き合い、子供の将来、貯金自分の老後、病気持ちなら闘病、税金税金話題を合わせるためにテレビ番組ストレス、親の葬式、将来、貯金税金浮気なしで夫婦円満家事、居場所趣味ストレスストレス自分の死

2018-10-20

anond:20181020094516

30-40年前まではケインズ主義大きな政府でした。学費も安かったです。

で、新自由主義小さな政府にしていって同時に学費も急騰させていきました。

ただ、大学に行かないとまともな仕事ができないほど高度知的社会になったので、大学に行けないなら子供を減らすという形になっていきました。

手当は昔は充実して、減らして、つい最近少し揺り戻したが全然足りないという状態です。

40年前は1980年であって、もうその頃は大学進学率は40%ぐらいになっています(今60%)

なお、データ

http://www.garbagenews.net/archives/2014387.html

anond:20181020093035

40年前はもともと年学費数万円ぐらいでしたが。

そのへんのごく少数しか当たらない減免措置を当てにして大学進むことを前提にして子供作るのはのは宝くじに当たるのをあてにして人生設計をするようなもの

体感で半分は当たり前に取れるぐらいじゃないとだめだと思う。

anond:20181020091950

学費で言うと、ここ10年ぐらいで、所得が低ければ学費無料になるケースが国立大で増えてますよね

たとえば東大は親世帯年収400万以下ぐらいの低所得層なら無料だったはず

(私の観測範囲国立大なだけで、私大でも増えているかもしれない)

anond:20181020091844

この30年は逆に手当関係はどんどん減らされてますが?新自由主義によって。

大学行けない時点で人間らしい生活ができないようになってるのに、学費急騰させてるな。

よっぽどのバカじゃない限り、子供を生むということは、子供大学まで活かせるだけの金の算段をしながらというのが現代から

2018-10-19

anond:20181019111051

アイドルになるようなのは、小さい頃からバレエダンススクール合唱団所属してたりするのがほとんどだからな。

アイドルの「レッスン料」は詐欺に近い

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1166900906

有名なタレントさんはみんなスカウトだし、レッスン費も全額免除です。エーチームアカデミー学費を払いながらデビューした有名なタレントさんは多分いません。

2018-10-18

毒親だと思っていた

これから書くことは、たとえ増田だって書く気はなかった。なぜなら、今毒親に苦しむ人を殴る文章からだ。

だけど、ビ・ハイアの件を知って考えが変わった。

毒親だと思っていた、この一言に尽きる話をこれから書きたい。

私の母は子供を殴る母だった。本人は躾だと言っていたが、例えば弟がした悪さなども姉である私が監督していなかったのが悪いという理由で殴られた。

から子供の頃の私は母が背後を通るだけで殴られるかもしれないと思って肩をすくめる生活をしていた。私の背丈が母に追いつく頃になると殴られなくなり、以前殴られたことを訴えると母の記憶からそれは消えていた。

私は殴らない父が大好きだったが、殴る母を止めなかった時点で同罪なのだと気付いた時、父もまた嫌いになった。

私は両親の悪口を口はばからない10代に育った。両親は私の口から周りの人へ伝えられる悪口に何度苦虫を噛み潰したことだろう。だが、私は両親が大嫌いだったのだ。悪口を言うことを何も悪いことだとは思っていなかった。

また、両親、特に母とは何度も怒鳴り合いの喧嘩をした。特に私の進学についての喧嘩は深刻だった。両親は女の私に勉強をして欲しくはなく、高校進学でも大学進学でもぶつかった。その度に私は両親を納得させるだけの材料を(嘘でも)用意した。高校進学の時は、大学には行かないから好きな高校に行かせてくれ、と。大学進学の時は、入学金だけ用意しえてもらえれば後の学費生活費は自分でなんとかする、と。

そして私は大学進学を機に家を出た。

自分も怒鳴らず、母の怒鳴り声を聞くこともない生活は初めてで、アルバイトと授業で忙しかったが、非常に穏やかな生活だった。最初の頃は。

スーザン・フォワードの「毒になる親」という本に出会ったのは多分この頃だったと思う。涙を流しながら読んだ。非常に得心のいくことばかり書かれていたと思うが、その内容は今となっては正直あまり思い出せない。

私の穏やかな大学生活はあまり長くは続かなかった。精神調子を崩し、授業に出るのが困難になった。生活がかかっているのでアルバイトだけはなんとか続けていたが、それすら休みがちになってしまった。

精神科にかかり、主治医はこの現状を両親に連絡するべきだと主張した。

私はそれを拒んだ。両親に、やっぱりお前には無理だったと言われるのが嫌だった。しかし、現状は困窮していき両親に病気のことを明かすことにした。

連絡は父にしたが、私は冷たい一言覚悟していた。だが、父はゆっくり直していけばよい、と予想外の返事をしてくれた。

そして私は投薬治療を受けながら、両親から金銭的援助も受けて6年かけて大学卒業した。

だが、大学をなんとか卒業できても就職はできなかった。私はその頃一人で生きて行く気力もすっかり失っており、卒業後は実家に戻り両親の元に身を寄せることにした。

あんなに嫌いで飛び出した家にまた戻ることがとても皮肉に感じられた。

そう、私はここまで両親に支えられててもまだ両親のことを受け入れることができていなかった。

しろ両親のせいで精神病になり自分の送りたかった人生から程遠い人生になってしまったと嘆いていた。

それから7年ほど、引きこもり、良くなったと思って働いては調子をまた崩して引きこもることを繰り返し、最終的に自殺未遂までして入院もした。

その長い間、両親とは時々ぶつかりつつも私は親に甘えて実家暮らした。何度仕事で失敗しても、帰る家があった。でも、親に対する感謝気持ち暮らしていたのではなく、この家にいるから私は治らないと思って暮らしていた。

そんなある日ネット何だか奇跡を起こしてくれて、私のここまでのどうしようもない身の上を承知の上で結婚してくれる相手を見つけることができた。そして私はまた家を出た。

それから一気にとは行かないが、パートナーの支えもあり上り調子回復し、今では幸せ生活を送っている。

そんな環境になって思うことは、私の両親は私が思い込んでいたほどの毒親ではなかったということだ。自分が辛かった時はあまり気づいていなかったが、肝心なところでちゃんと支えてくれていたのは両親だった。私が結婚して家を出ると言った時も心配こそしたもの最後には快く送り出してくれた。

正直な話、これをもって私の両親はちゃんとした親だったとまとめるつもりはない。子供を殴り、事あるごとに自尊心を削ってくる親であったことは事実だった。

しかし、私の人生の全てを邪魔するほどの親ではなかったこともまた事実だ。

少なくとも、私は私の両親をもう毒親だとは呼べない。

この感情を何と呼べばいいのかわからない。許しでもなく納得でもなく受容でもなく、でもその間にある何かだ。あえて名付けるなら、解毒かも知れない。

私の辛さは無かったことにはならない。でも、それを恨む心は消えた。

もちろん最初から何も辛いことがなかった方がずっといい。けれども、私は両親を毒親なのだと思うことによって余計な寄り道をしたような気がしてならない。

anond:20181018103232

そうなのよ。

せめて、子供がいる家庭は世帯収入で考えるとかにしてもらえないもんかね。

500万円✖️2馬力だと税金安くて、子供にいろいろ問題があって手がかかるから1馬力にならざるを得ないだけなのに一人で1000万円だと税金上がって様々な補助も打ち切りって辛い。

ただ、金がないのって将来の学費からその辺無償化とかしてくれるんなら所得税が多少高いとかあっても全然構わんのだけどね。

でもさ、もし仮に大学無償化の方向になったとしてもどうせ年収制限があるんだろうな…

anond:20181018045804

それはそれで日本知的生産を激しく劣化させる。それならまだ単なる無償化のほうが良い。今のノーベル賞ラッシュは、30−40年ぐらい前の学費が年数万円グラスの時の成果。

ヨーロッパ系は今でも学費は年数万円クラス無料

2018-10-16

親に内緒中退した

すごいくだらない

実家から遠いところで一人暮らしして大学行ってたけど、単位取れなさすぎて無理になってしまった

学費はもちろん家賃も全部払ってもらってる上に仕送りまでもらってるのに

親に無断で大学中退して、

親の契約じゃない格安スマホ用意して、

ずっと上京たかたか引っ越し準備進めてて、

引っ越し先の頭金も払ったし、

東京での仕事派遣だけど一応決まりそう?で、

11月くらいにそのまま何も言わずに消えてしまおうかなと思ってた

学費の引き落としが11月末だから、そのときにはバレるなーという)

(それまでは仕送りもらっちゃおうというクズっぷり)

別に毒とかじゃない普通の優しい親だし、

たぶん頑張って説得したら絶縁とまでは言い出さないんじゃないかなと思う

でも中退するとかしたとか、どうして?こうだから、って会話すると思うともう無理

親が知ってる番号の携帯は部屋に置いていこうと思ってるから、連絡取れなくなるけど

住民票移した先まで追いかけてきたらどうしようとか

逆に学費引き落とされない後も気づかれなかったら家賃もったいないなーとか

(親の契約勝手に引き払えないので放置して出ていこうと思ってた)

絶縁になったらもう死ぬまで、死んでも会えないってこと?親の葬式を私は知らないままで生きていくかもしれないってこと?

大げさ過ぎるのはわかってるけど

さっき何も知らないままの母から正月か冬くらいに遊びにいこうかな」って電話きて

何にも言えなくて

観光するようなところ調べておくねって言った

無理だー……

ばかすぎる

辞める前に休学とかにしといたらよかったな

ちゃん相談したらよかった

でもなんで急に?って言われても説明できない

急じゃないし、定期的に電話くれてたけど、単位ちゃんと取れてる?って聞かれてもうんとしかいえない

私のこと、小さい頃の優等生とかまじめな子どもの印象でずっといるんだろうな

出て行ったらいい加減ゴミクズ人間って諦めてくれるだろうか

遅れてきた反抗期みたいなものかと思ったらバカバカしすぎて我ながら呆れる

親不孝だってわかってるけど

この先ずっと付き合っていける根気がない

悪い親じゃなかったはずなのに

裏切ってしまう、もう裏切ってしまった

頭がいいとか真面目とかそういうのじゃなくて

正しい人間であってほしいって思ってるのわかってた

でも私はずるくて怠惰人間になってしまたから、あなたが求めるような正しい振る舞いはできなかったよ

いつから嫌なこと嫌って言えないで、積もってから黙って逃げるような人間になったんだろう

2018-10-13

はいじめられっ子だったし、あまりモテなかった。でも好意を持ってくれるような子もいないでもなかったが、中高生の頃は美少女以外は眼中になかったので受け入れられなかった。

そんなこんなで拗らせてしまって、浪人して大学に入り、ファッションには全く興味なく小汚い格好でバンド活動に没頭していた。今考えると服を新調することなく同じものをずっと使っていたので、ファッションどうこうの前にたぶん臭かったんじゃないかと思う。そりゃあモテない。

そんな俺だったが、帰省中実家電話が鳴り、全然絡んだ記憶のない高校同級生からだった。何の用だったか忘れたが、呼び出されたのでそこに行くと、違う子がいた。

中学生の時から知っている子で、昔話や近況の話をした。

お互いの現住所は近くはなかったが都内で会えそうだったので次は都内で会う約束をした。

あっという間に付き合うことになって、何度か会った。

親も知っている子だったので、初めての彼女に浮かれて報告すると、すぐに別れるように言われた。別れなければ学費も出さないと脅された。

俺は知らなかったが彼女父親前科者だったのだ。

しかったが、付き合ってすぐの彼女と、自分の将来と天秤にかければ重い方は決まっている。

彼女電話で別れを告げた。理由は言えないけれどもう会えないということで押し通した。「何で泣いてるの」と聞かれたが「泣いていない」と言って電話を切り、着信拒否した。めちゃくちゃ泣いたけれど、かわいそうなのは彼女の方だ。

短期しか付き合えなかった初めての彼女。初めてできた大事な人に最低な酷いことをした。

もうすっかりおっさんになり、妻も子供もいるが彼女のことは忘れられない。あのまましばらく付き合っていたとしても、いずれ別れた可能性が高いような気もするが、いろんなことがあまりに印象深いし、終わり方があまり残酷なことをしてしまったのでいつも心に引っかかっている。

男は引きずるけど女は引きずらないとよく言うから彼女にとっては数多くの付き合った男たちの中の一つにすぎないのだろうか。

しろそうあってほしいのだけれど、とにかく幸せになってくれていてほしいと思う。

しかし、後悔があるのかと言われれば、正直言って、ない。

の子供達が同じ状況になったら、俺も全力で別れさせるだろう。このシュリンクする日本で減り続ける中間層にしがみつくのがどれほど大変か。無用リスクは極力排除しなければ生きていけない。犯罪者と親類になるのは御免だ。最悪だな。最低だ。好きだったのに。

誰にも言えないけれど、誰かに聞いてほしいようなチラ裏殴り書き。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん