「言葉の力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言葉の力とは

2019-10-31

言霊」なるもの

先日、30代になったばかりの方と会話をしていた時のことだ。

「私もうおばさんだから
全然若いじゃないですか。あんまり自分のことおばさんとか言わない方がいいですよ」
「あっ、そうだよね。言霊ってあるもんね」
正直な所、この人は何を言ってるんだ?と思った。急に何をオカルトいたことを言い出すんだと。

しかし実際、世の中では星座占い手相なんかと同様に、「言霊」なる概念一定市民権を得ている。
一般的には「言葉には霊的な力が内在し、発することでその言葉意味通りの現象を引き起こす」という理解でよいだろう。呪術廻戦で狗巻がやってるアレだ。

本来ならばこういったスピリチュアルな話は信じたければご勝手にどうぞと言って提唱者と距離を置くところだが、この言霊というヤツに関してだけは少し話が違う。
霊力やら何やらはともかく、言葉に「力」があるという認識自体は正しいからだ。

言葉機能

言葉とは、我々の「意識の切り分け」を可能にするツールであると言える。
例えば「犬」という言葉によって、我々は「犬」と「犬でないもの」を区別することができるわけだ。
物の名前に限らず、喜び、怒り、悲しみといった感情もその名称によって漠然とした意識から切り分けられて初めて取り扱えるものになる。

言葉がなければ人の認識する世界もやもやとした掴みどころのないものになってしまう。その一端を切り取って、ある意味で強調する効果言葉にはある。

では、日常生活で人が言葉を使うとき、いったい何が起きているだろうか。
例えば私がトマトを持って「これおいしいです!」と言った場合聞き手は「おいしい」という事前情報を持ってトマト認識することになる。
私のことを信頼している人や、人の意見に流されやすい人はトマトに対しておいしいという先入観を持ち、逆に警戒心が強い人などは「おいしくないんじゃないか」という目でトマトを見る。
また、いずれにしても私の発言を聞いた人は「おいしさ」という評価基準第一トマトに向き合う可能性が高く、万人が事前情報ゼロの時と同様に、ニュートラルトマトに相対することはなくなる。

これが言葉の持つ一番の分かりやすい力だ。口コミ効果と名付けてもいい(もっとまともな名前が既にありそうだが)。

この口コミ効果(仮)によって人はそれこそ宣伝をしたり、不用意に他人を傷付けたりする。
「太ったね」という言葉をかけられ、ショックを受けた経験を持つ人は多いだろう。いわゆる「言葉が刺さる」という状態だ。
これは他人の「太った」という言葉自身の「太っている」という属性を明確に認識させられ、その印象が先鋭化することで起こる。
妻に「かわいいね」と言い続けると本当にかわいくなってきた、みたいな話も同じ理屈が通じる。

他人をある言葉記述することはその人をその言葉タグ付けすることを意味するので、特にマイナス表現は慎重に使わねばならない。
仕事ができなくて「使えねえな」と言われてしまった人は、自分に付いた「使えない」というタグを一度は背負うことになる。「んだとコラ」と奮起できればいいが、その余波は暴力の形を取っても不思議ではない。
考え無しの悪口はやめようねという話。

ところで、言葉を発している方はどうだろうか?

発言者に返ってくるもの

知人に悪口がめちゃくちゃ得意な男がいる。
とにかく人の汚点を見つけるのが早く、それをイジって笑いにしようとする。
人を笑わせるための彼なりのスキルではあるのだから悪質ではないが、じゃあ問題がないかと言われると到底そうは思えない。
彼は自分の話をするにしても自分能力不足であるとか、才能の無さに話のオチを持って行こうとするきらいがあり、恐らくこれは彼自身意識していることではない。
聞いている方としては「自分もそうだよ」「あるある」同調はできても、気持ちの良くなる話では決してない。どうしてこんなことが起きるのか。

スマホ等の予測変換では、直近に使った言葉が一番上に出てくる。それと同じ現象は、頭の中でも起きている。
要するに、普段使っている言葉はパッと出てくるということだ。
これ自体別になんでもない。普段からヤバイヤバイ言ってる奴は別にヤバくなくてもヤバイ言うってだけの話だ。

ただ、ある言葉をよく使っていると、次第に人格のものがその言葉侵食されていくことがある。
経験したことはないだろうか。幼稚園の頃は一人称が「ぼく」だった子が小学校で「おれ」に変わり、以前より気が強い子になったように感じたことを。
妻のことを「お前」と呼ぶようになった夫が、妻に対してぞんざいな態度を取るようになることを。

当然こうした変化は複合的な要因の産物であり、態度が変わったか言葉が変わったという逆の影響もあるだろう。
しかし、それと同時に言葉人格に影響を及ぼしているというのもまた事実だと考えられる。
上述した「意識の切り分け」が発言者の中でも起きていて、その言葉リンクする意識が先鋭化しているということだ。
普段から死にたい」と繰り返している人は別に死にたくない時でも「死にたい」と口走り、そのうち自分は死ななきゃいけない人間なんだと心の底から思い込むようになる。理由もなく。言葉の力によって。


この先鋭化はただ頭の中で考えているより明文化すること、さらには実際に口に出すことでより顕著に効果を発揮する。
部活円陣組んで「絶対勝つぞ!」とかやったことある人は多いだろう。あれが典型例だ。
口に出した言葉は音になり、耳を通じて自分の頭の中で反芻される。この一連の流れで意識付けを強く行い、「勝つ」という目標を明確にする。

風呂入るのめんどくさいな…とぼんやり考えることが多い人は一度、「風呂入るか」と声に出してみてほしい。
やる気の入り方がぼんやり考えているだけの時と段違いなはずだ。言ったからには風呂に入らなきゃいけない気がしてこないだろうか。

このあたりが一般に「言霊」と呼ばれる言葉の力の正体だと私は考えている。つまるところ、意識の先鋭化だ。

話し手にとっても聞き手にとってもこの先鋭化は起こり、ある種その言葉エネルギーを持たされた状態になると考えてもよい(決してスピリチュアル意味ではない)。
冒頭の話で私が言いたかったのは、「私もうおばさんだわ~」とか言ってると本当におばさんになるからやめとけということだ。

ナントカ伝言のように「ありがとう」と声をかければ水が綺麗になるなんてことは一切ないが、人間の方は感謝気持ちを思い起こし多少優しくなるくらいの効果はあるのではなかろうか。
私自身、「いいね」とかの肯定的言葉を多く使うようになって心が安らかになった自覚がある。
安らかになりたいあなた、ぜひお試しあれ。

というわけで、風呂に入ってきます

2019-06-21

自分言葉の力制御するなんて大体の人ができない

それゆえ指摘や批判秘境オーバーキルが頻繁に起こる

ゆえにはてな村でも手斧は悪い文明となりすたれることとなった、手斧ですら力の制御は難しかったのだ


そしてツイッターでは言葉の力制御できない人が最大火力で砲撃したり、ファンネル飛ばしまくる宇宙大戦が毎夜観察出来て、

戦闘記録がTogetterはてブ歴史書のように記録されるのである

2019-01-16

anond:20190116095753

ネットリンチ現象って馬鹿不特定多数言葉暴力をまき散らしたのが発端ってケースが殆どだけどね

たとえば100人100の言葉暴力をまき散らしたのなら、その100人からそれぞれ同じだけやり返されて合計10,000の言葉暴力を振るわれるのは自然現象だと思う

自分言葉の力でそれだけ大勢の心を動かす事が出来たという事実は、むしろ誇るべきじゃないかな?

2018-06-30

anond:20180629195858

言葉を持つことは、言葉の力によって「社会」を縛りつけること。言葉法律を作り、経済活動を強い、技術を発達させて身動きのとれない世界を作る。そう、猫は言葉を持たないから、自由なのである

2018-06-27

ゲーム脳の恐怖

言葉の力や人の感情をなめてたんだろうな。ただのゲームだと思ってたんだろう。罵倒の先に実際の人間がいるという想像力がない。

ゲーム感覚で「悪いやつ」「馬鹿なやつ」とレッテルを貼り、晒しあげて、さあどうぞ! みんなで楽しく集団リンチ。げらげら嘲笑して楽しめればそれでよし。

「俺たちは論理的に間違ってないから」そんな思い上がった態度。もちろん反撃されるなんて思っていないし、反撃されることはあってはならないと傲慢に開き直ってすらいる。「お前は人の批判を受け入れられないのか」「お前は謝ったら死ぬ病だな」

「俺たちは論理的に間違っていないから、俺たちに反撃するのは間違っている」というスタンス。だから無敵。相手に反撃させず、一方的に蹴っ飛ばし、げらげら笑っている。これはゲームだ。そしてこの狂った世界ではこれが唯一の言論だ。

左寄りとされるはてなでなぜかこの残虐な集団リンチゲームはずっと支持されてきた。まるでこれが公平な「知の戦い」であるかのように集団リンチ肯定し続けた。「俺のは正しい批判だよ」

相手人格尊重しようという気も最初からない。対等な立場に立って真摯言葉をやりとりしようという気もなく、いか相手を見下すか、馬鹿にするか、みんなで指差してげらげら笑ってやるか、そういった幼稚な価値観しか持たないネットウォッチャーたちがずっとはてなに居座って強い影響力を持ってきた。

罵倒嘲笑が基本の世界になってしまって、相手人間として尊重するようなまともな人も少なくなってしまった。いかに素早くマウントを取るか。自分の方が上だぞと言い張るか。そういう世界になってしまった。

ここに倫理はない。他者に対する思いやりも配慮も何もない。良識良心もない。相手はただの「情報」にすぎない。これはゲームだ。そして言論だ。他人馬鹿にするのは楽しい。これは言論だ。

オタク人間音痴だ。人間がわかっていない。人間音痴オタクインテリになってしまった結果、狂ったゲーム脳が出来上がった。「俺は論理的に正しい」そうかもしれない。きみはゲーム覇者かもしれない。

だけど、きみはわかっていない。この世はゲームではないということを。

そして現実が襲いかかってきた。

2018-05-23

父は72歳の5歳児になった

父が認知症になったのは3年前のことだ。悪化したのが2年前の夏で、そこから2年で要介護認定を受けた。70歳台前半でこの状態というのは平均よりも早く、進行も速いらしい。

2018年になり、私は実家に戻ることになった。親と同居するのは10年ぶりになる。認知症になってからの父と暮らすのは初めてだ。帰省で2、3日いるのとはわけが違う。

母は介護家事仕事疲弊していた。介護士の人に母の外出中だけ父を見てもらっているが、彼らのいない朝や夜ほどやることは多い。私も仕事があるので、母のいない日中カバーすることはできない。ワンオペから脱しただけでも御の字と母は言うが、どこまで力になれているかは疑問だ。

父は家族に対しては何処までも優しく、一度も怒鳴ることも手をあげることもなく、料理日曜大工植物の世話が好きで、グルメワイン好きで、読書家で博識で、母が昔病気をした時は付きっきりで看病したり家事をこなす、こうやって並べるとちょっと信じられないくらい良き家庭人であり、知識人だった。それは今も変わらない。ただ本が読めなくなり、包丁が持てなくなり、服に頓着しなくなり、会話が成り立たなくなり、自分で服を着たり用を足したり風呂に入ったりできなくなった。前半は習慣から消え去り、後半は母が介助している。

認知症タンパク質が変質し、脳が萎縮していく病気だ。萎縮する箇所や速度は人それぞれで、予測することはできない。萎縮による記憶能力の衰退も、人格活動の変化も顕出するまで分からない。もちろん治療法もない。ただ、いくつかの傾向はあるらしい。父の場合は次の2つが表れた。ひとつめは一日に独自ルーティーンを作ること、ふたつめは何に対しても否定から入り、気難しくなったことだ。どちらも典型的認知症の症状だ。

父は毎日カフェに朝食を買いに行く。毎日同じものを頼むが、ストローをもらえなかったり店員の態度が気に食わないと不機嫌になり、店に迷惑をかけたこともあるそうだ。だが母が一緒に行くとそういうことはないという。

父は毎日、昼食を同じ店に食べに行く。時計の進みが正確に把握できないので、毎日開店前に行っては入店を断られ、やはり不機嫌になって帰ってくる。でもしばらくするとそれを忘れてまた足を向け、食べて帰ってくる。

父は毎日ケーブルテレビを見ている。大好きな洋ドラはおとなしく見ているが、CMに入ったり日本ドラマに切り替わると文句を言いはじめる。でもお手洗いに行っている間に録画しておいた洋ドラに変えておけば、けろりとそれを見ている。

父は白身の刺身を食べなくなった。鯛やかんぱちという魚が分からいからだ。風呂にひとりで入れなくなったのは身体を洗う順番が分からいから。文字は読めるが新しい知識は入らない。郵便受け手紙を取りに行くことは覚えているが、その後どうすれば分からいからその場で捨ててしまう。食後には皿を片付けてくれるが、洗うことを忘れているのでそのまま戸棚にしまおうとする。

ルーティーンはある日突然変わったり、じわじわ増えたり減ったりする。そのタイミングは本人にも家族にも、医者にも分からない。毎日の観察が大切だが、一日中目を離さずにいるのは難しい。

父は会話というものが分からなくなった。人の話を遮って喋り出す。それを諌めても、話題を変えようと質問しても自分の話をやめない。記憶に残っていることを喋るから話題はいつも同じだ。機嫌のいい時は相手の話を聞いたり、上手くやりとりが進むこともあるが、都合が悪くなるとおどけて誤魔化そうとする。何故かアイシタインの変顔の真似をするのだ。その無邪気な笑顔を見て、私は父が72歳の5歳児になったのだと思った。自我はあるが社会生活を営むには不十分で、言葉の力無自覚で、物事因果感情の律し方も分からず、大人監視と補助が必要な5歳児。それが私が今一緒に住んでいる、大好きな大好きな父だ。

実際の5歳児と違うのは、これから先、父が成長することはないということ。代わりに72年分の(穴抜けになった)記憶を抱えているが、その記憶も徐々に失われ、人格は変わり、最後には脳が不随意筋の動かし方を忘れて死ぬ認知症とはそういう病気だ。

父が私を覚えているうちに、また一緒に暮らせて良かったと思う。

2018-04-25

はてなにいると言葉の力というのが無力に思える

結局、人は党派性属性感情だけでつく立場を決めていて、

いくら長々と言葉を紡いだところで、そんなものはみな後付けの理屈しかないような気がしてくる

だったらポジション申し立てだけでも同じことじゃないだろうか

人は立て札を見るだけで、誰も言葉を見ていない

2018-02-25

27のOLだけど昨日初めてセックスした

 

 

相手は今年初めてできた一つ上の彼氏だった。こんなパッとしない女にも彼氏ができるとは思わなかったし、セックスがこんなに幸せだとは思わなかった。私はいままで告白もされたことないし、したこともない典型的モテない女だった。

私は大学卒業後に実家を出て一人暮らししながら、とりあえず就職して働いて転職して食って寝て一人で酒飲みながらゲームYouTube見てときどき増田見ながら生きてるって生活をしてた。

私と彼氏さんは職場出会った。部署は同じだったけど、お互い最初はそんなに気にしてなかった。親しくなったキッカケは去年の部署忘年会たまたま席が隣だった。どちらも洋楽が好きで、あるアーティストファンだった。それからちょくちょく職場で話していくうちに連絡先交換をして食事に誘われた。

 

 

セックスときの肌と肌が触れ合う感覚はまだ忘れていない。男の人の裸を生で見るのは初めてだったし、「あぁ、なんか女の人より筋肉すごい」って感想だった。他人の肌の温度を感じるのも初めてですごいオドオドしてたと思う。彼は「緊張しなくていいよ」って優しく言ってくれたけど、「あ、はい…」ってとりあえず返事しただけで、この言葉を思い出したのも帰ってきてから風呂に入ってたときだったし。

「あぁ、そっか、私ってそんなに緊張でカチカチだったんだ」って一人反省会してた。彼はいままで2人ほどお付き合いしたことがあるって言ってたか経験はそれなりにあるのだろう。でも私は相手経験はそんなに気にしないので別にどうも思ってなかった。

 

私はすごいマイナス思考自己評価の低い人間なんだけど、こんな性格他人からもめんどくさがられるとは分かってる。だけど、彼はそんな性格の私を受け入れてくれた。

 

初めてのセックスに至るまでは結構長かったと思う。裸になるのも怖かった。自分に自信がなかったから。ムダ毛の処理とか日頃からめっちゃ頑張ってた。剃刀も5枚刃買ったって言ったら腹抱えて笑われた。「女で5枚刃使ってるやつ初めて見たわ」って言ってたし。うるさいわ。

普段自分を見せるのも怖かったから、彼から「会ったら毎回、2つだけでいいか褒め言葉を言い合おう」と約束させられた。最初は「この人何考えてるんだろう」って思ったけど、今思えば私に自信を持たせるためだったんだと理解した。

例えば、デートの待ち合わせ場所で会ったときには「今日も髪の毛がキレイだね」とか「ネイル変えた?かわいいね」と言ってくれる。私はその一つ一つに「ありがとう」と言って、「今日の服かっこいいね」とか「香水のいい匂いするね」とか言う。私は初めこそ褒められることも褒めることも慣れてなくて「今日は来てくれてありがとう」とか意味不明なこと言ってたけど、彼は「こちらこそありがとう」って優しく笑って言ってくれた。こうすることで私のマイナス思考は少しずつ治っていった。鼻が低いところだったり、一重だったり、唇が薄いところだったり、貧相な乳だったり、声が低いところだったり、おでこが広いところだったり。でも、彼はそんな私のコンプレックスを少しずつ褒めていってくれた。そして自分が思ってるより他人はそんなに思ってないことを教えてくれた。

セックスときも同じだった。お互い裸で正座で向き合って、「なんか改まって言うのは恥ずかしいね」なんて笑って言いながら「肌が白くて綺麗だね」とか「その下着かわいいね」とか言われたり、私は「腕のスジや血管がかっこいいね」って言ってた。そしてお互いに「ありがとう」って言った。

お互いに褒め合うことで相手を敬う精神やお礼を言う習慣を育んでいってたんだと思う。褒める言葉とお礼の言葉の力は大きいと思う。他人に認められるってこういうことだったんだと思った。セックスときに「好きだよ」と何度も言ってくれたし、キスもいっぱいしてくれた。すごい幸せだった。ほんとセックスってすごいと思う。なんだろう精神的に満たされる感じ。

最後まで読んでくれてありがとう

 

2018-01-26

小室哲哉の「引退

記者2 ミヤネ屋のシカナイともうします。今回の騒動、そして引退ということでダブルでショックを受けられた方も本当に多いと思いますあらためて、引退とおっしゃっていましたが、実際さまざまなプロジェクト始動していると思います。いつ頃、本格的にすべて音楽から携わるのを退くのでしょうか?

小室 先ほど申しましたとおり、自発的に「あれがやりたい」「これがやりたい」という音楽活動今日から退こうと思っております。そして今の話のような、それでも責任があるじゃないかと、「やってくれ」というもの責任は果たしたいと思っておりますので、不快な思いをされる方の目にはかからないようなかたちで全うしたいと思います

先ほども言いましたように、今、「まだやれよ」と期待をしていただいている方の制作に関しては、随時対応していこうと思っています

記者15 今後もファンの方となにかしらのつながりという場は持つことを期待をしてもよろしいのでしょうか?

小室 世の中の世論比率によるかなと思います。51対49みたいなことがありますけれども。その割合が「なんでもいいから、生き恥晒してでもいいか音楽つくれよ」という意見が何割あるのかというところで。

ファンというすごく不特定多数微妙表現よりは、この時代ですから数字に如実に全部出てきますので。その数字に従いたいかなぁと今漠然と思っています

引用は全部 https://logmi.jp/259338 から(3 ページ目と 4 ページ目から引用してます)

これは「引退しない」ということですよね。

ということを宣言しているわけです。

俺はこれまで小室哲哉の「音楽」については結構いろいろはてなで鬱陶しい評論を読んだことがあったのだが、「作詞家」としての彼の評価について読んだことはなかったし、また彼の作る曲の歌詞をじっくりと鑑賞してみたこともなかった(あらためて検索してみると結構彼の作詞家としての魅力を論じている人は多い、俺のインターネットへの向き合い方は怠慢であった)。

しかし、俺は今回この「引退」によって彼が圧倒的な言葉の力を持っていることを知った。この論点ずらしとごまかししかない「引退しない宣言」を人々に受け入れさせ、そして世論のほぼ全てを一瞬にして味方にすることができた。彼はこの世論をもって、見事に「復活」を遂げることだろう。

思えば、彼はもはや持ってもいない原盤権を売りつけるという詐欺をやった人物である詐欺とはまさに言葉による戦闘極北であろう。彼は、本当に圧倒的な言葉の力を持っている。そして、それを自分自身利益のためだけに悪用することをなんら躊躇しない、第一級の危険人物だ。

そのような魅力的な人物が作る歌詞に注目してこなかったというのは、随分もったいないことをしてきたと思うし、そういう点に注意してあらためて彼の提供楽曲を鑑賞してみようと思っている。

2017-07-06

バルク転送って言葉の力強さ、好き

筋肉モリモリマッチョマンに優しくかつ力強く抱擁されている安堵感を覚える

2017-03-04

ちゃんと喘ぎ声だしてるか?

諸君の中には「喘ぎ声をだすのは、男の沽券にかかわる」なんて思っている人も少なくないだろう。

男の子なんだから我慢しなさい」と言われて育ってきた我々日本男児

我慢もせずにあられの無い声をだすなんてとんでもないと思っても仕方がないだろう。

ベットではあんなに喘いでいたくせに」などと罵られようものなら、切腹ものだ。

しかしだ。

私の矮小人生経験から申し訳ないが、男でも喘ぎ声を出した方がいいという結論に至った。

 

自分の声に興奮する。

日本では古来から言葉には力が宿っていると信じられてきた。いわゆる言霊だ。

言葉の力というものバカにできないものだ。

「俺はBIGになる」と毎日言っていた青年が、将来人気ミュージシャンになったなんて話もある。

 

モノは試だ。これを呼んでいる諸君

「はぁはぁ、気持ちいい、ああ、気持ちいい」と繰り返し言ってみて欲しい。

だんだん気持ちいいような気がしてくるだろう。

自己暗示一種なのだろうが、人間というもの不思議である

 

これと同じように喘ぎ声を出すことによって、喘ぎ声を出すくらい気持ちいい気がしてくるのだ。

最初は演技でもいい、ワザとらしいと思えるくらい喘いでみよう。

だんだんとその嘘は本当になってくるのだから。 

 

自分気持ちいいところを相手に伝える。

「なんで私の気持ちをわかってくれないの!」なんて女がいたら、張った押したくなるだろう。

相手気持ちをくみ取ってくれるなんていうのは怠慢で烏滸がましい。

結局のところ自分気持ちを伝えるには、相手と向き合って話しかないのだ。

 

それと同じように、自分が攻めれれて気持ちいところを相手に分かってもらうためには、

きちんと口に出して伝えるしかない。

しかし「あ、耳弱いんで、耳攻めてもらえます」なんて言い方は無粋だろう。

恥ずかしがらずに「ああ、だめ!耳は弱いんだ。あ、ああ、あああ~」

 

 

■なんだかんだでパートナーもノリノリ

性の違いこそあれ、結局のところ同じ人間だ。

若干の違いこそあれ、同じように喜びを感じ、同じように怒りを感じ、同じように哀しみを感じ、同じように幸せを感じるのだ。

我々が「ああ、そこはらめぇなの」という言葉を喜ぶように、パートナーも「ああ、そこはらめぇなの」という言葉を喜ぶのだ。

ここはひとつ愛するパートナーのために折れてもらって「らめぇ」と言ってもらえないだろうか?

2016-12-12

俵万智思想テロリストのそれと同じ

よく中東テロしてるじゃん? 一般的テロ要件は、

* 政治的主張

* 不特定多数への攻撃

の2つがあって、この2つがセットで行われる暴力行為を我々はテロと呼んでいる。

不特定多数への攻撃はなるべくインパクトのある方がいいのでアルカイダ飛行機貿易センタービルにぶつけたりしたが、

日本では爆殺や無差別殺人は難しいので「日本死ね」と脅すぐらいしか出来ないけど平和な国ではそれでもインパクトはある。

そういうインパクトに載せて自分の主張を通そうとする行為はまぎれもなくテロである

https://twitter.com/tawara_machi?ref_src=twsrc%5Etfw

死ね」が、いい言葉だなんて私も思わない。でも、その毒が、ハチの一刺しのように効いて、
待機児童問題の深刻さを投げかけた。世の中を動かした。
そこには言葉の力がありました。お母さんが、こんな言葉を遣わなくていい社会になってほしいし、
日本という国も日本語も、心から愛しています

上記は俵万智Twitterだが、これは紛れもなくテロリスト思考と同一であり、

「俺はお前を殴るが殴られたお前が反省して何が悪いかは考えろ」と言って殴るDV夫とまったく同じである

2016-07-05

同人のしいです

少し前からオタクアカウントのほうに、同人やめました系の記事がいくつかRTされてくる。

当方オタク歴はそれなりに長く、どちらかといえば一人で考察妄想を繰り返しのめり込む内向き型。キャラに対してキャーキャー言ったり、流行ネットスラングを羅列するような交流は苦手なので、RTされてきた記事を読んで、うんうんそこは昔のほうがよかったよね、と思うこともある。

しか記事を書かれた方々との状況はまったく逆だ。

近頃はまったジャンルにて、私はようやく同人活動イベント醍醐味みたいなものが分かってきて、今とても楽しい

過去色々なジャンルにはまったものの、今まではネット上で見たり書いたり、昔からオタク友達に話を聞いてもらうくらいで満足していた。

twitter交流しよう、オンリーに行ってみよう、自分でも本作ってみようか、というところまで手を出すほどになった作品はこれが初めてだ。

なんでなのか?ちょっと振り返り5点。


1.時間に余裕のある生活

ハマるのと同時期くらいに生活環境が変わり、時間に余裕ができた。これが一番大きいかも。元々面倒くさがりなので、寸暇を惜しんでまではきっとここまでやってない。忙殺されて余暇ほとんどなかった時期にハマっていた別ジャンルは、それはそれで生きる支えになったものだが、交流創作にかけられる時間は少なく、落書きで欲求を消化するのみだった。

学生時代サイトにこもってたので、オフ活動もっと早く興味持ってたら違ってたかも。


2.ジャンルの懐の広さ

ハマったのは息が長くファンの多い作品で、ファンの年齢も傾向も幅広い。キャラ萌えしてる人からひたすら原作考察する人まで色々。流行のピークは過ぎて久しく、今や大手さんの解釈公式扱いされているような風潮は薄いし、個々の解釈否定されにくい気がする。が、これは体感なので単に私が鈍感なだけかも。

もちろん作品自体の素晴らしさが第一にある。それに加えてこの界隈の自由雰囲気がいいなと思う。


3.厳選した交流がうまくいってる

そういう雰囲気に浸かってると、同士さんたちの詳しい活動や語りを追いたいという欲求がわいてくる。

そこで主にtwitterを利用するわけだけど、様々なファンがいるのと自身が万人ウケするタイプではないので、交流する際には特別注意をはらう。元々アカウントを取ったのは同士さんアカの鑑賞兼独り言用だぞ、それが第一だぞと常に言い聞かせる。それを曲げて交流しまくれば承認欲求が加速して本来やりたい創作考察ができなくなる。だからいくらいいねRTがほしいと思っても決めた期間以外鍵は開けないし、フォローフォロワー関係には気持ち悪いぐらい用心する。最近のやめました系記事にもSNS疲れがよく言及されてるし、対人関係が原因で作品を好きでいられなくなるみたいな本末転倒事態絶対に避けたいので、慎重すぎるくらい慎重に。

結構経ったがまだそれなりに守れている…と思うし、この前提があるからこそ色々割り切ることができているんだと思う。

具体的な自分ルールもまとめてたんだけど、すごい長くなってしまったのでカット

で、いろんな自分ルールを遵守しつつ厳選したTLは、自分と波長の合う人たちと情報アカ程度で構成され、とても穏やか。交流相手を絞ることで私のような面倒くさがりでも続けることができ、時々リプをし合ったり、タグ系の遊びを一緒にやったりしてくれる存在ができた。そしてその信頼できる方々のご好意により、イベントオフ会に足を運ぶきっかけをいただいた。


4.即売会初心者の私でも行ける落ち着いた雰囲気イベント

年齢層が幅広いためか、息が長いからか、他と比べ空気がゆったりしているように感じた。(といってもこれまで全ジャンル合わせて片手で数えるほどしか参加したことがないんだけど)

一番安心したのが、エロの公開度が低いこと。前にハマっていたジャンルもそれなりの規模・年数で、以前オールジャンルの際にそのエリアに立ち寄ってみたのだが、カッコイ男性キャラがたいへん色っぽい感じになってる大きいポスターがたくさん並んでいていたたまれず、なんかもう本を買うどころではなかった。エロは全く、BLほとんど嗜まない者なので、あの空間は耐えられなかった…

今回もそんなだったらどうしよう、とドキドキしながら参加してみたところ、主流はBLR指定ものも多数あるが、過激な掲示はさほど目に付かなかったので安心した。男女CPコメディ傾向の作品もそれなりにあり、買い物も楽しめた。サークルの皆さんは、うろうろと挙動不審な私にもよかったら見ていってください、とやさしく声をかけてくれた。またネットで見知っていた方や、既刊を拝読させていただいた方に感想を伝えたり、少しお話をしたりもできた。作家さんとのお話ってこんな普通にできるんだ、これが話に聞くイベント醍醐味か…!!と感動してしまった。(今まで買い物の会話以外交わしたことがなかった)見れば他にも立ち話をしている人たちは結構いる。このジャンルはいわゆる古き良き(?)即売会の姿が面影を残しているのかもしれない。いやしらんけど。

そしてイベントでこんなに居心地がよかったのは初めてで自分でも驚いている。今まで一般だと落ち着け場所がなくて何となく居づらかったのだが、今回はそういうこともなく。また行きたいと思った。


5.創作意欲を支えてくれる人々の存在

自身二次創作は、基本的自己満足だ。いいねブクマなどはもちろんうれしいが、それを得るためだけの創作はしないのだと心に決めている。なので本をつくりたい!となったのも最初は「皆さんの本素敵だな。私もここまでのめり込んだ作品は初めてだから、記念に自分なりの解釈をこういう形にしてみたいな」というのがきっかけだった。

どこへ出す予定もなく書き始めたのだが、少しその話をした際に思いがけず、ほしい、見てみたいというお声をいただいた。

ものすごいエネルギーを与えられた気分だった。この自己満足の塊を、まさか楽しみにしてくれている人がいるなんて!

さらに、4のイベントお話させていただいた方にも「本は出されないんですか」とお言葉をいただいた。嬉しすぎた。本を作るというのは大変な作業で、もし本当に一人きりで進めていたら、延び延びになって結局頓挫、みたいなことになりかねないなと思った。ここまでに散々他人主体をおかない的なことを書いておきながらなんだけど、それでもやっぱり、こういう身に余る挑戦をするときには、3で得た信じられる人の言葉の力を少しお借りしてもいいかな、と思った。


以上が、今私が同人活動のしい!となっている要因と考える。

自己分析のつもりが途中から感想文みたいになってしまった。分けて書こうかとも思ったけど、その良い思い出とかもひっくるめて要因だし、まあいいや。

今のジャンルじゃなくても、これまでもこういう体験ができる機会はあったのかもしれない。

でもこの引きこもりで、心配性で、人見知りな私をここまで連れ出してくれたのは、いろんなタイミングの重なり、そして魅力的な作品と素敵なファンの皆様だろうと思う。

この出会い感謝したい。そして原稿がんばります

2016-06-05

もういちど「おいしい生活

セゾンはもういちど「おいしい生活」を大々的に扱うべきだ。現在の僕たちの生活が、あのとき掲げた「おいしい生活」そのものだと喧伝すべきなんだ。

もっともっと、僕たちが自分毎日肯定したほうがいい。そしてあきらめないためにももっと気楽に、無邪気に、もっともっと「おいしく」なるんだと信じられるように喧伝しないと。当時は関東でだけ使われた「おいしい生活」は、いまなら全国で展開できる。

おいしい生活」。この言葉の力はまだまだ衰えていない。

2016-01-14

http://anond.hatelabo.jp/20160114124153

ありがとう。色々調べて自分なりには大丈夫だと確信しているのだが、気になるというか、いちいち頭をよぎるというか。

言葉の力ってすごいな……。

言葉の力

前のハムソーセージベーコン発がん性があるという記事を読んでからハムソーセージベーコンを食べる時、いちいち頭をよぎるようになってしまった。

今でも食べているし、好きだし、気にしてはいないのだが、気になってしまうというか、とにかく頭をよぎる。

まいった

2015-10-12

先輩がTwitterで姫をやっている

おじさんたちに囲まれてちやほやされていて、本人はいまとても楽しそうだけれど、最近自分コンテンツ的に扱って身を削るようなツイートを繰り返すようになっているのがちょっと心配

その立場理解しつつ楽しんでいるようだから何も言えないが、同じように自分ネタにするようなツイートばかりして最後アカウントを消してしまった知人を何人となく見てきた身としては、なるべく自分を大切にしてほしいなと思う。ネットにつらつらと書くことなんて、ましてや姫であれば、人に見られるのが前提のウケてなんぼの内容ばかりだろうけれど、言葉の力というのをなめてはいけなくて、そういうツイートばかりしているといつか疲れと虚無感でいっぱいになってしまう瞬間が来るのだと思う。周りの同じようなアカウントもそうで、おもしろツイートお気に入りを荒稼ぎしていた人たちが気づけばみんな静かになってしまった。先輩は就職の際に非常にお世話になった人なので、同じ道をたどることのないことを切に願っている。

余談だけれど、いまは姫の身分ではあるものの、サークルクラッシャーへの昇格というか、囲いにちやほやされていいように性的搾取されてしまわないかも多少心配だ。まぁおじさんも姫も男性なのでその心配杞憂なのかもしれないが、とはいホモネタが本当にネタで済むのかどうかはわからないのだと忘れないでいてほしい。

そんなわけで、いろいろあって直接言うのは難しいけれど、大好きな先輩のことを心配する僕の気持ちがどうにか伝わればいいなあと思っています

2015-06-11

最近多い、IQを誇るバカ

昨日だがb:id:kyoumoeがあるツイッタラーからんでいるのを読んだ。

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150610/1433910137

……最近この手の人、多いよね。

まるでテンプレを相手にしているみたいで笑った。



反論できなくなるとキレて誤魔化して自分語り

普段はまともなことをブログに書いている。

Twitterでも政治的にまともなことを書いている。


だが、ときどき極論がまじり、論理が飛躍して、的はずれな意見が交じる。


それに対して。

誰かから一言二言、質問されたり批判されたりしたとしよう。

最初の反応は、

「まともに返事を返さず、そっけない反応をする」

というものが多いね

空気読みなさいよ。あなた如きがなぜ【格上の】この私に一人前に意見するの?)

という空気感を出すんだよね。


それから自分質問批判をしてきた人間に対して、反論するのではなく、人格攻撃を始めるんだ。

b:id:kyoumoeがされたように、

「この人は児童虐待防止を訴える人々に嫌がらせをする変態だ!」

とかね。


それでも重ねて反論したり批判したりすると、もう大変だ。

切れ始める。

口汚く罵り、その意見にようやく反論を開始するんだけれども……

もともと的はずれな主張だから、まともな反論なんて望めない。

論理的反論できないのに、負けを認められない。


から段々敗色濃厚となるじゃない?

すると代わりに、

「お前のやっていることは犯罪だ!」

という謎論理を主張し始めるんだよ。

そして、法律について突っ込まれると、

法律違反していないけれども私の気持ちを傷つけた。これはれっきとした犯罪でしょ!」

とか言い出すんだよね。


法律違反していないならば犯罪ではない、という当たり前のことが、この手の人はわからないんだろうなぁ。



自分を高く見せるための道具

そしてさ、非常識なことを大まじめに主張するこの手の人は、あまり頭がよくない。

学歴もないし、何かの資格を持っている訳でもないし、評価されるような仕事をしているわけでも、

自慢できる企業で働いている訳でもない。

するとさ、何を自慢し始めるか?


IQ(笑)


他のIQが高い人、メンサの会員にとっては、いい迷惑だよね。

IQが高いのにこんなこともわからない人がいるの?」

と思われちゃうから

学歴が高いのにバカ犯罪を犯したヤツのせいで、東大の株が落ちるようなものだ)。

そもそもIQというのは子供の頃は高く出やすい。

(件の女性小学校の頃にIQが高いと先生から報告された、そうな)

でも、

「昔神童、今はバカ

なんて普通にいるじゃない。小学校の頃は特に、同年齢の中で成長が早いとIQが高く出てしまう。200、とかね。

でもそういう異常値は、年齢が上がるに連れて段々と収束して、高いIQは出なくなる。

若い時に早く成長しただけで、年齢が上がると他の人の成長に埋もれてしまうんだよね。


ちなみに俺の小学校5年生の頃のIQは180あった(マジで)。

それが何の役に立っていないことが分かるだけ、俺の方がマシだろう。


そもそも件の女性IQテストの内容を覚えているのかね?

あれは練習問題を何度かとけば、ある程度の高点数を取れるものなのに。

それを知らない、わからないコト自体IQの高さが何の意味も無いことが分かるね。


あと、学歴だとか資格だとかと違って、嘘をついてもバレないのがIQのいいところ。

しかも件の女性は、平気で嘘を論旨の中に混ぜる女性だ)

まともな議論をしている中で嘘を平気でつく人間は、全てを疑われると思わなきゃ。

それが嘘つきが被る罰だ。

から、件の女性は、自分が本当にIQが高いことを証明する必要があるんじゃないのかな。


たとえばMENSAの会員カードを示すとか、さ。

まだ会員じゃないならば、1万円で試験を受けられるから、ぜひ受けてみてほしいね

https://mensa.jp/join.html


それに、だ。

たとえばアインシュタインが高いIQを誇っていたのに、

その高い思考の果ての結論他人に説明出来なかったことはよく知られているけれども、

それは彼に言語能力に欠けていたためだろうと言われている。

http://braindesign1.ninja-x.jp/shikumi-5.html


件の女性も、もしも自分の考えを他人に説明できないのだとしたら、

それはIQが高いせいじゃなくて、言語能力に欠けている、論理能力に欠陥があるからだろう。

それは決して、恥ずかしくないよ。

能力他人より劣っている人なんて、たくさんいるじゃないか。

能力が低いからといって、あなたの考えが間違っているワケじゃないよ。

私には、この女性よりも劣っている能力の分野がある。

同時にこの女性にも、私より劣っている能力がいろいろあるだろう。

それはアタリマエのこと。

自分には他人よりも劣っているところがあることを認めて、その上でb:id:kyoumoeに教えを請えばいいんじゃないのかな。



イジメが嫌いと言いながら

話が脱線した。

さて、この手の人間、つまり

反論できないとなると、キレる、相手を罵る、人格攻撃を始める、その上で周囲のお仲間と示し合わせて集団いじめようとする。

そして最後は、自分がどんなに素晴らしい人間なのかを、自分語りを長々と始めるというね。

こういう人間は、男女でいうと、女性に多い傾向がある。

男性に多いバカが、社会的地位暴力暴言などをもとにして威圧してくるバカだとしたら、

女性に多いバカは、相手が自分よりバカだと周囲に分かってもらおうと必死でとりつくろうバカだ。

男のバカもイヤだけど、女のバカもイヤだなぁ。

いやだ、いやだ。

(ちなみにはてなのいいところは、女性が多いのに、この手のボス猿が本当に少ないところ。言葉の力を信じているからなのかな)


そして、こういうことをする女性ほど、

自分女性陰湿さが昔から嫌いだった。だからイジメられてきた。イジメ絶対ダメ

とか自分語り過去にしていたりするんだ。

自分の姿が見えていないのではないだろうか。


なに、こんな文章をここに書いているお前が一番自分が見えていないバカだって


しかに。 そのとおりです(笑)

2015-02-18

言葉の力って怖いものです。

口にして、声に出してしまうと本当に

その通りになるものだなと思いました。

何で生きてるんだろう

早く死にたい

何をやってもどうしてダメなのだろうか

頭で思うだけではついに耐えきれなくなって、それを毎日口にしてしまうようになってしまいました。

声に出してしまった日からだんだん思考ダメになっているのを感じています

そしてもうこの暗い気持ちと思考からは抜け出せなくなりました。

毎日不安感ばかりの靄がかかったような日々を生きています

ああそういえば、引き寄せの法則って聞いたことあるなあと思い出しました。

まりこれって言霊の力のことだと思うのです。

どんな結果も、自分が望んで引き起こしているんだなとあいうことに気づくとともに、

自分はもうこのままダメになっていくしかないのだなあと、思いました。

2015-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20150203231906

個人的にはデモ自体乳幼児駄々こねと何ら変わらない営みのように思えてならない。

まり自分メッセージを伝えたいがために、爆音という暴力を用いて相手を屈服させようとする営みでしかないということだ。

妖怪メダル買ってー」という駄々こねは、子供だし仕方ないかなと思う。

一方「朝鮮人日本から追い出せ」「原発停止しろ」というデモを行う連中は完全に自分のことしか考えておらず、社会秩序を攪乱する存在である

政治的メッセージを伝えるために暴力を用いるのはフェアではない。

言葉の力を用い相手と熟議することこそ、民主主義において自らの政治的意見を反映させる最短経路なのではなかろうか。

2014-11-08

左が褒められて育ったプロレスラー、右が叱られて育ったプロレスラー

ジャイアント馬場アントニオ猪木伝説プロレスラーになりました。

全然科学的じゃないですが、言葉の力って偉大ですねー

2014-10-10

アイドルと「恋愛禁止」

恋愛禁止」とは、そもそも「ネタ」だった。

一番最初にそれが運営側彼女たちの間での約束として本当にあったのかどうかは知らない。

多分、昔からよくある芸能界としての約束程度にはあったのだろう。

ファンに夢を売る商売としては、それは隠すべき部分だからだ。

恋愛禁止」という言葉メディア最初に持ち出して来たのは、間違いなく彼女たちだった。

それはこの言葉がとてもおもしろ言葉だったから。

まだほとんど売れていないころ、彼女たちはメディアに出ると、自分たち自己紹介としていつもこの言葉を使った。

「人数がたくさんいるんです」

毎日公演をやっています

恋愛禁止なんです」

そして、この「恋愛禁止」という言葉はとてもおもしろい響きを持っていた。

司会者は必ずこの言葉に食いつき、そこから話題を広げてくれた。

それはなんとなくあった芸能世界の隠すべき部分を明確な言葉にし自らが発したところにおもしろさがあったからだ。

この言葉おもしろい「ネタであることは彼女たちをたばねるプロデューサーが一番よくわかっていた。

彼はおもしろい「ネタ」を歌にすることで有名な人物だが、この「恋愛禁止」も彼はおもしろいと思っていた。

からこそ、彼女たちの公演名にもこの言葉をつけたし、この言葉をつけた題名の歌までもがある。

そのおもしろさは、本来なら隠すべきものを明確に言葉にし自らが発するというところにあり、そして「ネタ」だった。

しかし、この「恋愛禁止」という言葉

この言葉はいしか自ら力を持ち始めた。

そしてこの力はとんでもない怪獣だった。

その力はコントロールすることができず、制御すらできないものだった。

その力は、まずは彼女たちに襲いかかった。

彼女たちは自らが発してしまったがゆえに、しだいにこの言葉に縛られていくことになる。

そして彼女たちを応援するファンと運営側もこの言葉に縛られていくことになった。

彼女たちメンバーとファンと運営がこの言葉に縛られれば縛られるほど、この言葉の持つ力は増していく。

メンバーとファンと運営がこの言葉に縛られ身動きが取れなくなればなるほど、この力は暴れだした。

いつしか彼女たちは売れ始めた。

売れ出していくと、彼女たちが望むと望まないとにかかわらず、そしてファンは誰も望んでいないはずの「国民的」という言葉彼女たちにつけられることになった。

それと同時に「恋愛禁止」は彼女たちの代名詞となった。

彼女たちに「国民的」という言葉がつけられたことで、彼女たちのことを快く思わない人の数もしだいに増えていった。

いわゆるアンチという人たちも数多く出現した。

そして、これらの人たちの恰好の攻撃材料としてその標的とされたのが、この「恋愛禁止」という言葉だった。

この言葉が力を持ち始めたときメンバーもファンも運営もこの言葉自体にどんどんと縛られていくことになった。

この言葉により身動きが取れなくなればなるほど「恋愛禁止」という言葉は外部から攻撃材料としてどんどんと力を持ち出した。

その力は怪獣だった。

誰にも止められない暴れっぷりだった。

その暴れっぷりはとどまるところを知らず、そこからいくつもの悲しい事件を巻き起こしていく。

そして、この言葉の持つ力が頂点に達したとき、ある事件が起こった。

その事件世間を騒がせ、あるいは世界をも騒がせた、とても衝撃的な悲しい事件だった。

そこにいたって、ようやくメンバーもファンも運営も気づくことができた。

あの言葉はただの「ネタ」だったことに。

それに気がついたとき、ある一つのことを成し遂げなくてはならなくなった。

それはこの言葉から力を奪い取ること。

この言葉がいったん力を持ち出すと、誰にも手がつけられないことになる。

からこそ、この言葉から力を奪い取り、もう二度と力を発揮させてはならないということ。

そして、その力を奪い取るある一つの方法発見する。

それは完全に「スルー」するということ。

完全に「スルー」して何もなかったことにしてしまえば、この言葉は力を持ちえない。

なぜなら外部から攻撃無効となるからだ。

もしもだ。

もしも「恋愛禁止」が何らかのルールとして存在するとして、そのルールを守る必要があるとしたならば。

それは何のためにあるものなのか。

それはメンバーとファンと運営のためだけに存在するルールであって、外部の人間にはまったくもって何の関係もない話だ。

もしもメンバーとファンと運営が何も気にせず完全にスルーしてしまえば、外部の人間攻撃のしようがない。

そうするとこの言葉の力はまったく失われてしまうということに気がついた。

完全に「スルー」すること。

それこそがこの言葉から力を奪うたった一つの方法だったのだ。

そうして我々はこの言葉から力を奪い取り、その力を地中深くに埋め込み、封印することに成功した。

そして、この言葉をただの「ネタ」に戻すことができた。




さて、最近恋愛禁止と言われているらしいあるグループスキャンダルが発覚した。

そのグループからスキャンダルが初めてだったこともあり、そして内容も内容だっただけに、ファンはとても衝撃を受けたと思う。

おそらくすごく動揺もしていることだろう。

その気持ちは痛いほどわかる。

だけど、一つだけ忠告しておきたいことがある。

それは、もう二度とあの恐るべき力の封印を解いてはいけないということだ。

恋愛禁止」という言葉の持つ力は恐ろしい。

この言葉の力は復活を虎視眈々と狙っている。

その力は怪獣だ。

一度暴れだしてしまえば誰にも止められず、誰にも制御できない。

その力は数々の悲しい事件を巻き起こしていく。

からこそ地中深くに埋め込み封印までしたのだ。

この言葉が力を持ちえる方法

それはたった一つだ。

それはメンバーとファンと運営がこの言葉に縛られだしたとき

そのとき封印は解かれ、再びこの言葉が力を持ち始める。

この言葉にとらわれてはいけない。

だって、そもそもは「ネタ」だったんだから

ネタ」は縛られるものではない。

ネタ」は楽しむものだし、おいしくいただくものである

2014-07-23

ラグナロク足音が聞こえる

 

増田での個人攻撃および、増田ブコメの抗争をめぐる最近の動向を見て、

リスク管理として、はてなid攻撃している増田エントリを削除することにした。

 

私怨ではなく、あくま正義や大義のためにやってきたつもりだが、

増田に対するはてなユーザー達の憤りがどんどん膨れ上がっている現状を受けて、

これ以上彼らを刺激するのはまずいと思った。とりあえず、いったん場を冷まそうと思う。

 

 

増田はてなid攻撃している同志達は、ひとまず落ち着いて、

はてなユーザーらの動きを見ながら、冷静に考えてほしい。

そろそろやばい反撃を食らいそうというか、はてな運営が動きそうというか、

そういう嫌な予感がするぞ。

 

 

 

PS

http://anond.hatelabo.jp/20140723070902

私が自分エントリを削除している間に、こんなエントリが上がってきた。

なんたる偶然。私の感じた不安は、やはり当たっているのかもしれない。

 

 

 

・追記

http://anond.hatelabo.jp/20140723203746

どなた?と思ったがコンビニ店長攻撃してnetcraft氏をほめていた方かな。

 

そうだよ。今日の朝、該当エントリを全部消した。

 

feita氏のアンチの人は、早く撤収したほうがいいぞ。

青二才氏のアンチの人は、自演かと思うぐらいほのぼのしていたか

大丈夫かもしれないが、一応用心してほしい。

オフ会クラスタを叩いている人は、個人名は出さないほうがいい。

 

とりあえず増田クールダウンさせよう。

ひとまず潜伏し、来たるべき戦いのときに備えて言葉の力を磨いていこう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん