「人間不信」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人間不信とは

2019-10-15

ハリウッド映画アラフォー主人公パターン

最近いくつかハリウッドアクション映画見たんだけどほぼ下記のようなパターンだった。

主人公アラフォー男性)はとある分野において優秀な仕事人だったが、同僚に陥れられ/不当に権力行使する上司糾弾し/誰もが否定する新説を推し続け、失脚。職を失い妻子とも別れ、今は田舎に引っ込み場末バーで飲んだくれている。そんな折かつての同僚が主人公を探しにくる。聞けば昔の職場とあるトラブルが起き、それを解決できるのは主人公だけだという。

「ハッ、いまさら俺になんのようだ?」

同僚(または上司)に裏切られ妻にも捨てられ、すっかり人間不信になった主人公皮肉たっぷりにこう答え、一度は拒否する。だが同僚の説得によりかつての仕事に対する情熱を思い出し、トラブルに着手するのだが…。

というやつ。

「かつて妻子がいた」というのは妻子を持てる程度の立派な男であったこと(アメリカ価値観的に)、でもそれが「かつて」であるのは新しいヒロインとの恋愛フラグなのだと思われる。実は妻は見限ったわけではなく、妻子と復活エンドもある。妻と新ヒロインダブルヒロインみたいな場合もある。

男たちの夢という点でハリウッド版なろうはこういう感じなんだろうなと思う。ちなみに見た映画は、メグザモンスタージオストーム、あとなんかあったけど忘れてしまった。たくさんあると思う。特にいったん失脚しバーで飲んだくれる描写はめちゃくちゃ既視感ある。また、子どもがいる場合ほとんど女の子だった。「かつてのかっこいいパパに戻って」というような役割で登場する。

ある意味安心してみることが出来るので個人的には好き。

----------------------------------------------------------------

■わかんねーといわれたので補足

あるあるだぞ!とえらそうに言ったけど、実際部分一致が多いのかもな。

①かつての職場を本人は悪くないなんらかの理由によって追われた

②妻子と死別した陰のある中年男性

③今はやさぐれてるがかつてはある分野のエキスパート

というキャラクターは少なくともあるあるじゃない?なんとなく憧れを感じる設定だからだと思うけど。

ちょっと違うけどインターステラーとかもこの類だと思う。

日本青年漫画にも多い気がする。①や③はブラックジャックとかギャラリーフェイクとかそっち系

かにもあったら教えてください。

2019-10-13

人生ターニングポイント(悪い方の)

俺は中学の時。

不良集団を家に上げてしまった。

当時買ったばかりの第二次スーパーロボット大戦を盗まれて、何とか取り返したら、それを根に持たれて、酷いイジメに会った。

結局、高校でまでイジメられて、県外の大学脱出

以来、地元友達には会っていない。

人間不信にもなり、友達ゼロ

ロボット大戦買うのに頑張ってお金貯めたんだよ・・・

当時は1万2000円くらいしたから。

何が悪かったんやろか。

お前らは人生ターニングポイントある?(悪い方の)

2019-10-07

anond:20191007152042

読んでて、なんかほんと人間不信なっちゃうよね。

同じ洗濯機タオルシャツも洗って、

同じポットで沸かしたお茶を飲んでいるのに。

そんな気持ちの人と一つ屋根の下かぁ。

ぜんぜんいいところがないよね、結婚とか。

増田ROMるとそう思えるよ。

2019-09-17

後悔ばかりの人生

自分には何もない

生きていくのが辛い

今年30になるのに何一つ自分の中には胸を張れるような事がない

親しい友達もいなければ健康な体でもない

のめり込むような趣味も無ければお金も持っていない

ずっとひとりぼっち

小さい頃に両親が離婚してずっと祖母のところに預けられてた

兄弟がよく遊びに来ていたけど明らかに祖母や伯父の対応自分母親と違うのが子供心に苦しかった。

中学校はいじめにあって、でも黙ってやられるもんかと喧嘩ばかりの毎日だった

今思えばもうこの頃には人間不信だったんだなって

親しい友達なんてできるわけない

高校時代自分容姿コンプレックスでただただ早く終わってほしいと思っていた記憶しかない

大学生になって自分のやりたいように生きようと思った矢先に病気にかかって本当に何もない大学生活だった

なんとか社会人になったけど、残業続きで遊ぶ暇もない朝仕事に行って帰ったら寝て、土日は寝て過ごすそんな生活の繰り返し

そんな生活で一度は落ち着いた病気悪化して再発

ようやく病気にひと段落ついたと思ったら親の家のローンがほとんど全く返せていなかった事がわかってそれに貯金もつぎ込んでなくなった

気がついたらもう30

まわりの同年代幸せな家庭を築いてるのに私はまだ誰かに愛された事もだれかにしたこともない

そんな余裕一度もなかった

頑張ればいつかきっといいことあると信じて諦めずにここまで来たけど結局いいことなんて一度もなかった

ようやくいろんなしがらみから解放されたけどもうなにかを頑張る気力が残ってない

病気が再発して今度こそ死ぬ自分の心が折れて死ぬ

そのどっちが早いか

SNSで楽しそうな写真がアップされてるのを見るととても辛い

いいなぁ私もあんな風に生きたかったなぁ

2019-09-13

[]絵師さんに表紙を頼んだ話

https://anond.hatelabo.jp:443/20190519061244

絵師さんに表紙を頼んだ話

これは私の愚痴であり、悲しかたことを並べているだけの話だ。誰かにとって有益情報もなければ、注意喚起意味もない。

ただ、こういうことがあって悲しいという、けれどこれを話せる友人もない、寂しいだけの女の話だ。

時間のある人はつきあってほしいが、私はこの件について意見を求めているわけではない。

かに聞いてほしくて、少しだけ慰めてほしくて、こうして綴っている。

私は同人生活が長く、小説を書いている。

初めて人様に表紙を頼んだのは、10年近く前だ。

以降、特定が怖いので、年数などに関しては明記はせず、フェイクも入れていく。

表紙を初めて頼んだ時には、どきどきした。

だが、出来上がった表紙を見たとき、「これじゃない」感がすごかった。

私はハッピーエンドが好きだ。そういう話を書いてもいる。

だが、その表紙はものすごく暗かったのだ。

キャラは浮かない顔で、背景も暗い。

見ていてめちゃくちゃ沈んだ気持ちになる絵だった。

けれど、せっかく描いてもらったものを「描き直して」とは言えなかった。

表紙サイズが違っていたからそのことだけ指摘して、絵の暗さについては触れなかった。

その後も、何度かそういうことがあった。

私が事前に「楽しい感じで」「笑顔で」と指定を入れておかないと、キャラは必ず浮かない顔で描かれる。

ハッピーエンドなのに、なんでだろうと思った。

ついでに記しておくと、背景もほとんどなく、たいていグラデかテクスチャが貼られているだけだった。

なぜ、指定を入れないと、いつもいつも似たような表紙になってしまうのだろうと思った。

絵師さんに表紙を頼むようになってから数年がたち、この間にもかなり悲しいことがあったのだが、それらを並べて記すと完全に身バレするので詳細には触れない。

ただ、人間不信になりそうなことはあった。

私は絵師さんに好かれるタイプではないのかもしれないと思った。

ちなみに私は、私の作品について好意的感想をくれた絵師さんにしか表紙を依頼していない。

全員がTwitter相互フォロー状態だった。

一方的に私が片想いをしているということはない。

私のことを知らない絵師さんにはまず頼んでいないのだ。

それでも、悲しいことは起こる。

さて、さきに記した初めてから数年後の話だ。

とある絵師さんに表紙を依頼していた。

あるていど事前に指定も入れていた。

〆切には余裕もあった。

ある日曜日、私は映画館に行っていた。前売りを何枚も買って楽しみにしていた作品だ。その日も二回は観るつもりだった。

そこに絵師さんからメールが入った。

ラフ確認をしてほしいというのだ。

私は、「出先だから帰ってから確認させてほしい」と返した。

しか絵師さんは、さらメールを寄越した。

その内容はこうだった。

今日中にやっつけちゃいたいから、いま確認して」

私は一瞬、自分が受けとったものが何であるのか、よく分からなかった。

やっつけって何? と思った。

意味が分かったら悲しくなった。

反論する気力もなく、スマートホンでモノクロラフ確認し、映画の合間にメールのやりとりをした。

悲しみや動揺で、映画を楽しめなかった。

映像を見ながらも、絵師さんからメールの文面のことを考えていた。

そして、私が帰宅したときにはもう完成原稿が送られてきていた。

それは本当にやっつけ感あふれる代物で、チェックしていて悲しくなった。

言葉の綾でもなんでもなく、まさに「やっつけ」だったのだ。

私の指定はほぼ守られておらず、まず表紙の色から違った。

●色と指定したのに、「▽色にしておいた」と原稿に添えられたメールにあった。

▽色は、私の嫌いな色だ。相談もなしにその色に塗られた。

解像度が違い、フォントが違い、うちのサークル名が違った。

ミスだらけだった。

指定したものが驚くほど蹴とばされていた。

これもキャラは浮かない顔をしているし、背景の書き込みはなく、テクスチャが貼られているだけだった。(この本に於いてはそれ自体はいいのだが、この先のために記しておく)

とても悲しかった。

怒りより悲しみだった。

なんで彼女はこんなことを平気でするのだろうと思った。

記したもの以外にも頼んだことがあったが、それも彼女は実行しなかった。

だが、「今日中にやっつけちゃいたい」と言ってきた相手に、リテイクは出せなかった。

直せるものはすべて自分で直した。

文句は言わなかった。

原因はこの件だけではなく詳細を省いた部分にもあるのだが、ともかく傷つきすぎて誰かに表紙を頼む気になれなくなってしまった。

悲しくてしょうがなかった。

そこからまた数年がたつ。

相変わらず、人様に表紙を頼むことには怯えていた。

またあんな目に遭ったらと思うと怖かった。

けれど、絵師さんに表紙を頼んで傷ついたものは、結局、やはり表紙関係で満たされない限り癒えないのではないかとも思った。

他の文字書きさんが絵師さんに表紙を頼んで嬉しそうにしているのを見るのが辛かった。

好きな絵師さんが他の文字書きさんの表紙を楽しそうに描いているのが羨ましくて苦しかった。

ぐるぐる考え込んでいたが、羨んでばかりの状態健全ではないなと思えた。

そして数年ぶりに、絵師さんに頼んでみることにした。

その絵師さんは、にぎやかな楽しい絵を描く人で、この人ならキャラを浮かない顔では描かないのではと思えた。

それに、他の文字書きさんの表紙で、すごく緻密な書き込みをしていたのだ。

作中に記された背景、建物自然物、小物等々、キャラクターだけではなく、いろんなものを丁寧にひろって描いていた。

羨ましかった。

私の作品もこんなふうに描いてもらえたら幸せだろうなと思った。

思いながら、でもきっとそうはならないんだろうなと、半分あきらめもあった。

ここまでの間、そんなことをしてくれた人はいいからだ。

依頼を受けてもらえて嬉しかった。

しかし、送られてきたラフを見たとき、失敗したと思った。

私は「笑顔で」との指定を入れ忘れていたのだ。

キャラクターは、浮かない顔をしていた。

背景の書き込みはなく、テクスチャが貼られる状態になっていた。

まただ、と思った。

また似たような表紙になってしまった。

何でだと思った。

過去絵師さんに頼んでいた表紙のことを思い返した。

私はハッピーエンドが好きだが、そこに至るまでは苦しかったり切なかったりする展開をさせることが多い。

私自身は大事なのはラストだと思っていた。

だが、どうやら絵師さんたちは私の話の苦しい部分こそが重要だと考えているのではないかと、そこでようやく思い至った。

数年も分からなかったことが氷解したのだが、肝要だと考えている部分に私と絵師さんとでは大きなズレがあったことをここで思い知った。

表紙のイメージが合わないはずである

私が思っている以上に私の話は暗いと思われていたのだということも理解した。

イメージの擦り合わせをしていないのだから、ズレるのも当たり前だった。

この点については反省した。

事前に指定も話し合いもしていないのがそもそも間違いなのだ

ラフから、まだ直せる。

しかし先方が忙しいことも知っている。

みはしたが、絵師さんに罪はないのでラフokを出した。

思い通りにいかなかったことは悲しかったし、暗いと思われていたらしいことも悲しかった。

だが指定を入れなかった私が悪いのだ。

勝手な夢を見て、敗北しただけだ。

己の過ちに気づいてから、いろんなことを考えた。

なぜ私の本の表紙に背景を描き入れてくれる絵師さんがいないのか、とか。

これまで頼んだ絵師さんは、他の文字書きさんの表紙では背景を緻密に描いていたりする。小物を大事表現したりしている。

でも、私の本ではテクスチャなのだ

指定がない限り、基本的キャラクターだけしか描いていない。

結局のところは、描く気がないかなのだろうと思った。

別の文字書きさんの表紙では、描きたいから描いているのだ。

ほとんどの絵師さんにとっては、私の本の表紙は頼まれたから描いているだけで、積極的に描きたい物ではなかったのだろう。

他の文字書きさんの表紙を見て、「こんなふうに作品大事にして描いてもらえたら幸せだろうな」と思った。

でも、私にはそれはないのだ。

私の作品からひろいあげたい背景も、小物も、動物もないのだろう。

「やっつけちゃいたい」と言い放った彼女など、本当に描くのがめんどくさかったのかもしれない。

いろいろ考えていて、これはキツいなと思った。

気づかなきゃよかった。

好意的感想を送ってくれる絵師さんでも、別に私の話の全てが好きなわけではないし、それは理解している。

けれど、こんなにも他の文字書きさんと比べて違うことをされるのかとショックも受けた。

しかもそれが、一人や二人ではないのだ。

例外もあるが、これまで頼んだ絵師さんのほとんどがそうしている。

依頼されて描いているだけでも、私のために時間を使ってくれていることには感謝もしている。

皆さん、忙しい合間を縫って描いてくれているのだ。

文句を言えるはずもない。

ただ悲しいだけだ。

単純に、私の書くものにそこまでの魅力がないということなのだろう。

悲しいけれど、それだけのことなのだ。

それなりに面白くはあるから好意的感想をもらいはするけれど、でも、その絵師さんの「描きたい気持ち」を引き起こせないでいるのだ。

ほんっと、気づかなけりゃよかったな~~~~!!!!

これが何年前のことなのか、はっきりとは記せない。

私は現在小説を書いている。

特定とかはせずにそっとしておいていただけるとありがたい。

かに表紙を頼むことは、この先、あるかどうかは分からない。

いい出会いがあったらするかもしれない。

だけど、そのときには私はうるさく指定を入れるめんどくさいやつになっているだろう。

イメージの擦り合わせから始めなくてはならない。

キャラ笑顔で、背景も小物もしっかり描いてほしいと伝えなくてはならない。

これまでの失敗を全て取り返すくらいの気持ちでやるだろう。

リテイクを出す勇気も持ちたいと思う。

悲しい思いはしたが、学びはあった。

傷ついたことは否めず、今も癒えずにいるが、書くことだけはやめなかったし、やめるつもりも現在のところ、ない。

冒頭に注意喚起はないと記したが、とりあえず、すべての文字書きさんは絵師さんとのイメージの擦り合わせはしたほうがいいとだけ伝えておく。

当たり前のことができていなかった文字書きの愚痴でした。

ここまでつきあってくれてありがとう

2019-09-11

私が某漫画作品を嫌いになった理由

作品のものに罪は無いため名前は伏せますが、私は昔、ある漫画作品が好きだった時期がありました。なぜ嫌いになったのか……その作品が好きだという人達嫌がらせされたためです。

私は生まれつき発達障害を持っていて、まだそれが分かっていなかった幼稚園小学校低学年の頃はよく周囲とトラブルを起こしていました。障害が発覚して中学から特別支援学級に入りましたが、知的障害身体障害以外の障害認知度が低い時代で、「わがままなだけなのに特別扱いされている」と周囲には思われて嫌がらせされていました。そして田舎の小さな小学校故に学年が上がってクラス替えが行われたとて標的が移ることも起こらず、中学に上がってから小学校の頃のことを知っている人達面白半分で言いふらしたことにより嫌がらせが沈静化することはありませんでした。教員対応もクソとしか言えない杜撰ものでした。

そうした学校生活を送っていた私は友達がいない、というよりも友達というものファンタジー存在だと当然のように思っていました。でもそれでも、幼稚園の頃から11年ずっと無害な存在だったある人だけは、少なくともコイツ自分を害することはないだろう、という程度には信用してはいました。なのにソイツは裏切って、周りが嫌がらせしてきたところに一緒になって嫌がらせしてきやがりました。この時は相手の方が悪いことをしたというのが教員から見ても明らかな状況だったため、一応後になって注意が入り、謝罪はされました。でも、その数日後にまるで何事も無かったかのように平然と話しかけてきました。その連中の中には一定の信用を置いていたやつもいましたが、そいつも纏めて拒絶しました。そうしたらそいつらは「コイツしつこい」みたいなこと言って去り、孤立しました。拷問されろ。その後も数年は年賀状そいつから送り付けられてきました。全部ゴミ箱。楽に死ぬな。

高校は「不登校経験者が多く来る場所」とオープンスクールで言っていたところを選びました。痛みを知る人達なら、少なくとも危害を加えてくることは無いだろうという判断でした。建前死ね

かに半分は不登校経験者でした。話しかけてきてくれた人もいました。数ヶ月後のもうグループができてしまった時期に、姉に似ていてコンプレックスが刺激されるから無理と拒絶されました。その姉とは関係ねーこっちからすれば「は?」としか言いようがなかったけども、いざ再び独りになってみると楽なこと楽なこと。移動教室も昼休みも一々誰かに合わせて行動するのが窮屈で、一人の方が気楽だってことを自覚しました。グループに入ることができなくなるタイミングだったことも気にならなかった。

生徒達の半分の一団、その高校しか入るとこがない成績のDQN共に目え付けられましたよえぇ。ただ、そいつらはウザったいけど大して問題はありませんでした。ちょっと髪がカラフルなだけのニヤニヤしながら通せんぼするぐらいしかできねえ小心者共なんざ、中学の頃嫌がらせしてくるやつの主犯と拳で語って殺意が生まれる(友情じゃない) ような関係だった私からすりゃ自分じゃ何もできないくせに囃し立てるだけの野次馬連中と同程度。目にかける価値もない。

問題はある二人の女生徒でした。そいつらは最初普通にしかけてきていて、害が無かったか普通に返事してました。某漫画作品好きかと問われれば好きだと答え、どのキャラが好きかと聞かれればあのキャラが好きと答えました。なんてことないただの会話で、互いの好きなキャラ同士に特に接点もなかったこともあり、特にその作品ファン同士として盛り上がることもありませんでした。

それが一転して嫌がらせをされたのは、体育の授業中のこと。バドミントンの2vs2の授業で相手はその話しかけてきていた2人で、私は組む友達がいないか先生と組んでいました。先生バドミントンに慣れているのはまあ仕方ないでしょうが、そうは言っても私も運動神経はまあ普通よりは少しいい方で、小さい頃お母さんに教わった戦法を駆使して勝ちました。視線を向ける方向とは反対の位置に打ち込んだり、思いっきり振りかぶっておいて前に落としたり。試合形式なんだから当然です。

それをあろうことはあの二人は、先生と組んでるからそっちはその時点で反則だだなんて言い出して。その上悪口を言いまくった後反論すれば「それは先生に言ったんだ」「自意識過剰挙句の果てには「せっかく話しかけてあげたのに」

最後一言が何よりも許せなかった。私は独りでいることが気に入っていたのに勝手に独りだから可哀想と決め付けて、恩を売っているつもりになって気に入らなければこちらのせい。

人間不信人間嫌いになった決定的瞬間で、同時に某作品を嫌いになった瞬間でもありました。

アイツらと同じ作品が好きなのが嫌で、僅かでもアイツらと同類な点を持つ自分気持ち悪くて、それで嫌いになりました。

からどうしろとは私は言いませんし、誰かにこうしてほしいなんて望みももっていません。誰かの好きを消さないためにも嫌がらせなんてしないであげてーなんて言うお綺麗な心なんざ小学生の頃にドブに捨てました。嫌がらせ? 私にしないなら勝手にすれば? 自分みたいに不幸な人間が他にいないとか気分悪いし。ただし私を巻き込むな。

2019-09-05

先輩が休職した件で人事から事情聴取を受けた

当方2年目なのだが人が社内人関係で病んで休職した場合って、こういう風に人事から話を聞かれると知ってびっくりした。

正直話していて気分が悪くなり、その日は会社を早退した(上司から見ても明らかに顔色が悪かったらしい)今もまだ動揺しているし、正直人間不信になっている。なので、整理も兼ねて聞かれたことを書き出してみる。

前提としては、先週から同じラインの先輩(以下Aさん)が急に来なくなった。

席が隣の私から見ても何かしらの兆候は見て取れなかった。(おそらく節穴だったのだろう)

そして先日、人事からAさん(7年目くらい)が休職した件で話を聞きたいと招集された。

あ、出てくる人みんな女性で。

人事から最初に、「何か心当たりは…」と聞かれたので、「急に先月人が辞めてライン全体が忙しくなった、でもそれくらいしか……」と返す。

すると、次に人事は予想外の方向に話を切り出した。

「Bさんが、Aさんに対して『くさい』とか『外人彼氏いるから浮いてるのよね』とか言っているのを耳にしたことはありますか?」

わず「えっ」と声に出した。Bさんは私の斜め後方に座っている方で、性格は明るくひとあたりもいい。別ラインなので仕事の関わりはなく、深くは知らない。Aさんとも殆ど関わりは無かったはずだ。

あとくさくもないし、外人彼氏はなんか別れたって言ってた気がする。

私の視点では知らない、聞いていないと答える。すると、人事はさら質問を重ねる。

「Aさんは朝ギリギリに来る方だったそうですが、その点に関してBさんが何か言っていたことは?」

「そうですか。では、そのBさんが『カビゴン』とか隠語で人の名前を言って悪口を言っていることは…?」

それらも初耳だ。チームの席は狭いので大抵の話は嫌でも聞こえる。Aさんに「よくそんな人の話聞いてるね」と言われたのを思い出す。勿論良い趣味ではない。

しかしだからこそある種自信を持って、知らない、と答えざるを得なかった。すると人事は違う方向に質問を切り返す。

「じゃあ、Aさんはその思い込みが強かったりは……」

かにBさんが悪口など言っていなかったら、そのような線になるだろう。しかし、それも考えにくかった。

隣なのでよく話していたが、Aさんは対人間関係に対して物事を冷静に見ることができるタイプだった。

例えば私や他のラインメンバーは実績などを楽観視するタイプだが、Aさんだけは現実的目線予測する。だから、最終的にAさんの予想が当たることは多々あった。

そういうのとは真逆の方でした、そう答える。

それで後は差し支えのない会話をし、事情聴取は終わった。

この事情聴取で判明した、私がショックだった事実は3つだ

①Aさんの休職原因がチーム内の悪口ほぼ確

(どうやら、理由上司にAさんがメールを送っていたらしい)

②その原因はBさんにあるかもしれない

自分のチームでそんなおぞましいことが起きてたかもしれないこと

問題はBさんに対しての疑念があれから渦巻いてることだ。

なんせ、Bさんが本当に原因なら斜め後ろに爆弾がいるようなものだ。不安で仕方ない。

逆にBさんは無実かもしれない。しかし、どうやってそれを知ることが出来ようか。

から、私はBさんに対して晴れない疑念を植え付けられてしまったのである最近いつも斜め後方が怖い。

なんで職場でで人狼やる羽目になってるんだ?

Bさんが本当に犯人なら然るべき処分をするべきだと思うが、果たしてその証拠証言は上がるのだろうか。

自チーム内は私より年上の女性ばかりだ。その人たちは基本私に対して優しい。

からまさか人を休職に至らせるまで追い詰める事態が発生してたなんて信じられないのと、おぞましいのである

Aさんは9月末に復帰予定と言っているらしいが、心の病が1ヶ月で治るとは到底思えないし、治ってもいけない気がする。再発を防ぐためには、もっとゆっくり休まないといけないはずだ。

Aさんに対しての私ができることなんて何も無かったのかもしれないが、何も気づかなかったことを恥じるばかりである

せめて、中途半端事情を聞いてしまった以上、明確な原因が知りたいところである

2019-08-28

人間不信

8年以上前に私は、若気の至りというか無知ゆえの暴走で当時お付き合いしていた女性親友浮気してしまいました。

当時お付き合いしていた女性は今でも、私のせいで人間不信になり、まともな生活もままならないと、風の噂で聞きました。

こんなことになってしまうとは思わなかった。本当に今更後悔しても遅いのだけど、若き日の自分の過ちが1人の女性の心を壊し、人生を狂わせてしまったらしい。

一事例として書き留める。

2019-08-13

anond:20190813011947

興味深い話だけど、その話をほかの人とどのくらい共有しただろうか? 他の人が見ていた「景色」について考えてみたら、物事はもう少し違って見えることはないだろうか。いや、いずれにせよ増田絶望するかもしれないけど。以下の説明は、増田にはあくまで一つの可能性として読んで欲しい。

まりだ。増田が「分かっていた」寺沢似の性格なんて最初からみんな「分かっていた」。高校デビューに「酔って」いたのは実は寺沢だけで、ほとんどの人は「酔ったふり」で寺沢テンションに「合わせたふり」をしていた。ある人は悪意で、ある人は「優しさ」から、そして残りの人は「乗り」で「合わせてあげて」いた。そこでは増田にも寺沢に「合わせてあげて」いじられキャラを演じることが求められていた。そういう場は、寺沢が「どこかで道化であることに気付いて、『ほどほどの暴君』でおさめることを学ぶこと」を期待して、阿吽の呼吸形成されるものなんだ。それは同時に「この厄介者を受け入れることは可能か」を試す、集団テストでもある。

だが、まず増田と数人がその「乗り」を離脱した。それは仕方ない。こんな高度なコミュニケーションは「変態陰キャオタク」にはちょっと荷が重い。そして、次に脱落したのが、期待された成長を遂げられずに調子に乗り続けてしまった寺沢だった、というわけだ。寺沢は、集団によるその暗黙の試験パスできなかったのだ。

から、それはクラスのみんなが「手のひら返しに変わった」という話ではない。人間は、というか大多数の人間は、そんな簡単に「意図した邪悪」を行えるほど有能じゃない。今から聞いてみてもいいが、おそらくそクラスメイトたちは、それぞれ主観的には「一貫した行動を行っていたつもり」であり、何なら、「かわいそうな寺沢に、数か月付き合ってあげた私たち」は「優しくていいことをした」人間だと自己認識しているだろう。その結果変われなかったのは寺沢の「自己責任」であり、あるいは演技に付き合ってあげなかった、空気の読めない少数のせいだ、そのせいで寺沢くんは居場所なくなっちゃったよねー、なんていうふうに記憶してるだろうな。その全体は、あるいは自覚している場合よりもずっと「吐き気を催すほど邪悪」かもしれないが。

繰り返すけど、人間と言うのは、単体でそれぞれ邪悪だったりすることは少ない。特に子供のうちはな。だが集団になると話は別だ。増田は、何も他人絶望することはない。個々の人は、寺沢がそうだったように「いいやつ」だったりするのだ。だが、集団になると人間は、たやすく「吐き気を催す邪悪」になれる。それを覚えておくべきだ。そして、増田のような感覚を持った人間が、暴走しがちな「集団」の手綱を握ることで、この社会は少しだけましになる。そのためにも安易な「人間不信」なんかに逃げ込まないでほしいのだ。

なるほど人間集団簡単邪悪になる。それは否定しない。だがそれで人間否定したら、その先にはもう何も残らないと思うのだ。

2019-08-10

性格の良いイケメンを見て人間不信が進行した

配達のお兄さんが優し過ぎる

運良く今住んでるとこはどの配達業者の人も嫌な感じの人がいないけど、でも、みんな日によっては疲れて冷たい態度になったりするものじゃん、それは普通だよ、激務をこなして届けてくれてるんだもん全然それはいいよ、申し訳くらいだよ

でもそのすらっとした爽やかなイケメンお兄さんはいつ何時も明るく丁寧で優しいんだよ

なんでだよ!そんなことできるのか人間

個人的経験では今まで見てきたイケメンイケメンじゃないかならイケメンに分類される顔立ちをされた男性って陰湿で悪知恵があってめっちゃ怖かったんだけど

わかんない、人間怖い

お兄さんにはすごいすごい感謝してる

いやでも怖いよ人間わかんねぇ

2019-07-26

職場恋愛から寿退社独立みたいなもん

物件購入は共同出資みたいなもん。契約不履行で破談になる事もあるし

相手トンズラこく場合もある。その際に、愛だの恋だの薄ら寒い言葉を並べ立てられるよりは

キッパリと金解決してしまった方が気持ち的には楽だろうと思う

だって性欲すらも開けっぴろげに出来なかった、何処までも人間不信の2人だもの

あくまビジネスライク親族交えない方が後腐れ無いはずでしょう?

戸籍に傷を付けたままにするよりもしてしまった失敗は忘れ

綺麗さっぱり気持ち切り替えて、正しい人間の道を歩みましょう。

2019-07-25

情報共有と心の傷

教員は生徒から相談内容を職員間や保護者と共有する。それがバレると、生徒の心の傷になることがしばしばある。深い深いキズだったりする。生徒は人間不信になる。「誰にも言わないでね」と言って相談してくる生徒。教員が「誰にも言わないよ」と言わないと、話さない。話さないと心に抱え込んで、生徒が自死する可能性もある。しかし、教員情報を共有しないで問題が起こると、責任を問われる。ここに業務遂行上のコンフリクトジレンマがある。

2019-07-11

anond:20190709120529

女のメンヘラって(根元は家庭環境があれだからとはいえ)、愛情を求めて男にすがる→体だけ弄ばれて捨てられる→さらに別の男にすがる…繰り返しで、まあ自己責任とはいえ男を恨んで疑うのもわからんでもないんだけど、男の非モテって単にモテなかっただけで何かしら搾取されたってわけじゃないのに女を恨む傾向がある気がする。

それとは別に、明らかに理不尽故意いじめられて異性っていうか人間不信になる枠が男女ともにいるけど

2019-07-05

根っからコミュ症なのかな

同人活動ジャンル界隈と戯れてた頃は実生活含め誰とも気軽に話せていたけれど、それをぱったり辞めてしばらく1人で篭っていたらいざ誰かと話そうとしても一言一言で突っかかってしまうようになってしまった。

人間関係に嫌気が差し同人活動を辞めてしまたから強い人間不信になってるんだろうけれど5年以上引きずり過ぎていて自分が嫌になる。

未だに絵を描くこともストレスになるし、いくら気分転換的な事をやっても気分が億劫なのは変わらない。

もっと気持ちが楽にならないものか。

2019-06-26

AVがどれもこれもAV嬢のウソくさい演技だと萎える程度には人間不信

2019-06-23

anond:20190623201341

親子間とかなら、子供はまだ行為意味が分かってないだろうから抵抗しなかったら合意とは思わない。

でも夫婦とかカップルでの性交渉で、今日はしたくないとかの言葉もなく最中特に抵抗する素振りも見せなかったけど、終わってから本当は嫌だった。察してくれなかったか強制。ってのはあんまりじゃない?

人間って全員が他人感情読み取れるエスパーな訳じゃないじゃん。

まあ、そういう時代なんだね。。人間不信になりそう。

anond:20190623160604

こういうのはむしろやってみろやってみろって持ちあげて

結果に打ちひしがれてるのを見る方が面白い

人間不信っぽくなってくると最高

2019-06-22

なんでLINE使わねぇのよ。

共通の友人達からよく思われていない節がある。

元々、そういう愚痴好きな人達なので不思議ではないし、Twitterの裏垢があるのは偶然ながら把握している。

表でも匂わせされた。

いや、見限られても仕方ないかなとは思うんだ。

うつでずっと働けてないし、見てて不快なんだと思う。

前に転職するにあたって理想を言ったら、リアルタイムに裏垢で愚痴られて、1人だけ自分相互になってる垢をそのまま使っていた奴から見えてしまった。

遊んでる時の適当な話だったのに、表向き笑って同意してたのに、そんな風に捉えてたのかと、人間不信になった。

それだったらその場で違うだろって言ってくれよ。

ちなみに、その時にグチャグチャ言われてたのに腹立って勢いで理想ちょい下げで転職した結果、宗教企業掴んでしまってうつ発症している。

バカだよね、自分も。

でも直接言ってこないし、表向き仲良くされているから、こっちから切る理由もない。

で、百歩譲って裏で愚痴られてるのはもう仕方ないとする。

ただ、裏垢が動いてるのは周辺の動きから見えてしまうんだな。

んでな、そいつら全員LINEの連絡先知ってんだよ。

グループLINE作ってやってくれよ!!!

馬鹿かよ!!

自分馬鹿だけど向こうも馬鹿だよ!!

馬鹿馬鹿からしゃーないのかね。

2019-06-12

新しい友達が欲しい

レイヤーなんだけど

20代前半のころは年上年下構わず友達作ってたけど

30代に入って友達うまく作れなくなってしまった

合わせとかしたいしスタジオシェアとかもしたいけど

友達なすぎて募集してもなかなか集まらない

ロケとかしたいけど、する友達がいない

ツイッターとかで急に話しかけて変な人だなって思われないかな?っていうのもあるし

しかけた人が変な人だったらどうしようって不安もある

でも、友達欲しい

前に友達だと思ってた人に

遅刻ドタキャンは当たり前だったけど

コスイベントドタキャンされて別行動とられたり

合わせ相手の方々に悪口言いふらされてたりしてて

合わせ前になんか変な空気になってたし。(誤解はあとでとけた)

そういうのがあったからか、ちょっと人間不信気味なのも

友達うまく作れない理由だと思う。

2019-06-02

おれはナイーブすぎるから非表示するね

hunyoki ザオラルかけてるだけで気持ち悪いとか怖いとか人間不信とか言ってる人はナイーブすぎない?名前を知られてたプレイヤーログオフしないまま死んでなんでザオラルかけちゃいけないんだよ

https://b.hatena.ne.jp/entry/4669584044798136162/comment/hunyoki

dongdengさん がスターを付けました。

jonuitjonuitさんスターを付けました。

girlicjamgirlicjamさんスターを付けました。

naga_yamasnaga_yamasさんスターを付けました。

deztecjpdeztecjpさん がスターを付けました。

hemonhemonさん がスターを付けました。

savoy3savoy3さん がスターを付けました。

PropagandaPropagandaさん がスターを付けました。

tomoPtomoPさん がスターを付けました。

bangflashbangflashさん がスターを付けました。

pulp_literaturepulp_literatureさん がスターを付けました。

dfg5ivestardfg5ivestarさん がスターを付けました。

bluemoonjpbluemoonjpさん がスターを付けました。

Hige2323Hige2323さん がスターを付けました。

type-100 誰に迷惑かけるわけでなし、遊びとして別に勝手ではないのか。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4669584044798136162/comment/type-100

whkrさん がスターを付けました。

hunyokihunyokiさん がスターを付けました。

savoy3savoy3さん がスターを付けました。

sheltie_macsheltie_macさん がスターを付けました。

tomoPtomoPさん がスターを付けました。

htsignhtsignさん がスターを付けました。

bangflashbangflashさん がスターを付けました。

2019-05-29

anond:20190528235505

人間風情じゃなくて神様ってところもうまいよな

ボランティアかにも頼れないぐらい人間不信こじらせてそうだし

2019-05-27

anond:20190526113847

https://kotobank.jp/word/権威主義パーソナリティ-60255


因襲主義権威への服従人間不信などを特徴とした反民主主義イデオロギーを受容しやす性格をいう。フロムはこれをサドマゾヒズムとしてとらえ,権威ある者への絶対的服従自己より弱い者に対する攻撃性格共生とした。


権力ある者じゃなくて権威ある者というところがポイント

2019-05-21

今日も女は性格悪い

実際女作者が男の性転換ネタ描くと女の辛さわかったかネタになりがちでウザいんだよね

女になったらこういう性格になるんだろうか

2019-05-18

anond:20190511225025

私は女でこの姉と似た所がある。小~高校まで位はネトゲ廃人で、挽回の為に大学に行ったけど鬱で中退した。

バイトは4つくらい経験したのに最長半年という記録保持者で、会社で働いてもいない。

この姉と少し違うのは、母が不倫夜逃げ・父が賭け狂いで逃亡した時に畳み掛けるように外部から攻撃を受けて人間不信になった事。

同じ女でも人間不信になるようなアクシデントが多発すると、一人で生きる道しか選べなくなる。

結婚どころか恋人や友人もいない。

イケメン金持ち結婚したいと常に言っていた友人とは分かり合える気がしなくて、昨夏縁を切った。

しかし一人で生きていく力も大してないというオチ無能からまれるとハンデが大きい事は痛いほど分かる。共に頑張ろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん