「優越」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 優越とは

2018-11-16

anond:20181116093241

そんなことねえだろ。

日本文化進出してぜったい優越感感じてるわ。

2018-11-15

anond:20181115192025

そこまでして他人優越しないと満足しない辺り、よほどの執着を抱えているとお見受けした

村での生活は苦労も多かろうが、がんばって根を張っていけるよう陰ながら応援しているよ

anond:20181115160248

講師ならこんな回りくどい手使う必要ないんちゃう?と思ったら

「うまくだまして裸の写真を手に入れることに優越感を抱いていた」

うーん

2018-11-13

anond:20181113084745

女性も含めて弱者のすべての人の人権回復を目指しているのになんで対立することかあるのでしょう?」

高橋しょうご氏はここを誤ったからイザンベール罵倒されてた。

フェミは、少なくとも現代フェミは「女性人権優越を目指している」ので、他の弱者と並べられるのはプライドを損ねるのだろう。

2018-11-12

お前らは来るなっ!!

レンタルDVD屋のエロコーナーに入ってくるカップル。お前らはなんだ!?自分達はリアルSEXできる”っていう優越感を得るために入ってくるのか?馬鹿なのか?

とりあえず爆発四散してほしい。

2018-11-10

アフリカ人手品を見せてみた

Youtube動画見てたら、おすすめに、アフリカの一度も手品を見たことない部族の人に手品を見せてみた、っていうテレビ無断転載っぽい動画がでてきた。

正直ワロタ

ちなみに、動画は見てない。そんな恥ずかしい動画見る気も起きないし、コメ欄もどうせウヨっぽい日本スゲーなコメントばかりだろうし。

しっかしアレだね。ワイが子供の頃の90年代だと、アフリカの人を東京に招いて日本超高層ビルとか見せて、日本はお前らと違ってこんなに進んでるんだぞっていう優越感と差別意識露出狂みたいな自己顕示欲とまぜこぜになった悪趣味番組があったけど、

日本もすっかり落ちぶれて、とうとう技術最先端の街並みじゃ自慢できなくなったから(中国の方がすごいもんなw)、手品なっちまったか。正直ワロタ、ってのはそこ。

そのうち、黄色人種を見たことないアフリカの人に日本人を見せてみた、くらいまで落ちぶれそう。

追記

動画は見る気がおきないけどコメント欄だけ怖いもの見たさで見てみたら、みな意外と冷静で、マサイ族の虚構性や、アフリカ部族でも手品は見たことないかもしらんが今時スマホ使いまくってるよ、そんな都合よく遅れた存在なわけじゃないよ、て感じの指摘が多くて、映像作った側の(おそらくの)期待とはズレがある感じ。でもネットじゃなくて、テレビの前の層はこういうの見て喜んでるのかな?

2018-11-09

揉めてるのを見てる時の優越

あるソシャゲが好きだがやってる人達フォローしていない。

公式発表があるたび、巨乳セクシー姉さんなど金を稼げる人気キャラばかりが優遇されているとコメントが荒れる。

まらん事でもう辞めますとか騒ぎ立ててる人達を見て、好きなキャラ供給が多くても困る無課金勢はつまらん事で気分悪くしてる人より確実に楽しめてる実感を噛み締め優越感に浸っている。

米津玄師になりたい

遺伝子レベル一般人とは違うという優越感に浸りてー。

天才だと自分豪語してー。

2018-11-06

anond:20181106163944

女児不快不安になる」がなんら根拠なき虚偽だもの

第一、「女児不快不安になる」がその他消費者不快不安優越する根拠もない。

近寄らなければ済むだけ。

anond:20181106155402

残念ながら表現の自由がこの国では認められてる。

お前のお気持ち優越する根拠だよ

anond:20181106155047

露出狂いのお気持ち優越する根拠???

ゼロじゃん。

何を言ってんだお前。

不愉快なもん見せてくんな。

anond:20181106154442

実際、露出狂とあまり変わらないと思う

別にそういうコンテンツを楽しむなと言ってるのではなく、

人を選ぶものだし子供に見せるべきものでもないか場所を選びましょう、って言われてるだけなのに

頑なに拒否するし

それ全部お前のお気持ちであって、愛好者のお気持ち優越する根拠ゼロじゃん。

考慮に値しない。

男って何で舐めて欲しいの?

フェラして」とか良く言うけど、正直……おしっこ出てくるところじゃん?

嫌なんだよね。

私は女だけど、そんなところ舐められたく無いか気持ちサッパリからない。

元彼が「従属させてる気がする」とか言ってたけどさ…。

犬のように人のアソコ舐めるのみて優越感に浸るのかな……。

2018-11-01

anond:20181101195104

そもそも質問者が一番欲しい回答」を常に無コストでもらえるはずだっていう想定のほうがおかしくない?

無意識だろうけれど、その想定って相当に傲慢だ。

まりあそこは、そういう「質問者が一番欲しい回答が無料で貰える場所」じゃないんだ。もちろん、確率的にそういう回答がやってくる可能性もあるけれど、その可能性っていうのは「回答者気持ちよくサンドバックを叩く」ことで保証されてる。いっちゃえば10%の確率質問者利益をえるけれど、90%の確立回答者利益を得る(優越感とか)っていうシステムで、両者の利益バランスしている場所なんだよ。

2018-10-30

弱者男性が救われるのは難しいと痛感した話

前置きとして、この話に出てくる男性には個人的嫌悪があるため口汚い物言いになってしまうことをお断りしておく。

その際弱者男性全体への批判のような物言いになることがあると思うが、主語すり替えであることは筆者も重々承知している。

前もって謝っておくね、ごめんなさい。

できるだけ公正な視点で書く努力はするもの個人的体験であるためどうしてもそういう部分は出てくるだろうから余りこの手のネタが好きじゃない人は閉じてほしい。

インターネットで良く目にする弱者男性と付き合ったことがある。

アラフォーで、年収は200万円前後で、実家暮らしで、スーツの上からでも分かるほど腹がぽっこりしていて、顔は骨格もパーツも皮膚も良くない。

何故そんなのと付き合ったのかというと、告白された時にお断り理解してもらえなかったからだ。

「俺たち付き合う?」と聞かれた時にはっきりと「付き合わない」とお断り申し上げた。申しあげたのだ。

けれどこの男性(以降Aとする)は粘り強かった。

間髪いれずに「どうして?」と聞いてきたのだ。私も間髪いれずに「付き合いたくないから」と説明した。

そうすると今度は光の速さで「なんで?」と聞いてきた。なんでもクソもない。私も光の速さでなにかしらの説明をした。勿論お断りの方向で。

これを何回も繰り返し、あっこれは頭のヤバいやつだナ。と思った私は渋々了承した。してしまったのだ。

勘違いしないで欲しいけれど、私はAに少しも好意はなかった。

Twitterに生息しているAという男は私が食事したこと写真付きであげるとそれをRTして、その後にその店のURL晒し最後に「8000円のランチ増田嬢の優雅な昼下がり」などと呟いて、それをエスプリ満載なコミュニケーションの一つだと勘違いしているような人間からである

それならば付き合わなければいいのに、前述の通り断っても理解しないヤバさと弱者男性への哀れみがそうさせてしまった。死ね

無事私の了承を取り付けたAは嬉しそうに「じゃあ、よろしくのチュウ」と言って顔を近付けてきた。

女性への接触に慣れていない人間特有の「触るぞ触るぞ触るぞ」の興奮が隠しきれない鼻息の荒さで。こええよ。

早速後悔が押し寄せてきたけれど女に二言はないのだから、私は「じゃあ、よろしくのチュウ」とやらを受けた。死にたい

機嫌の良くなったAは「オフ会であった○○ちゃんの方が君より顔はいいけど性格が嫌い。人に色々質問してくるから男子校ですか?って聞くとか失礼だよね」や「君を紹介したら結婚詐欺だって疑われるだろうな」と嬉しそうに話していた。

○○ちゃんというのは私が大好きな女の子で、それを初っ端くさすのはどうかと思ったが、彼は哀れな男なのだと思って我慢した。後者発言も大概である

次にAがやり始めたのは、私の家で私の大切なものを触ることだった。

より個人に近しいもの、例えばぬいぐるみなんかをベタベタと触って「よろしく」と話しかけるのだ。なんとも言えないマーキングのような気配を感じて私は止めた。

それ以降、毎週末、それから祝日の度にAは来るようになった。曰く「どうせ俺は短い間に振られるからそれまで思い出を作りたい」からとのこと。

余談だが私はその時病気のため長期療養中でできるだけゆっくりたかった。

これによって我が家の食費は三倍に、光熱費は二倍に膨れ上がった。

一度すき焼き鍋が食べたいと言ったAにすき焼き鍋をはじめとして五品くらいの料理を出したところそれぞれ二人分作っていたのに全て食べられたことがある。

八千円分の材料費で作った料理を、たった一人で。

余りのことに唖然としたが本人は「お皿分けてないからわからなかったよ。コンビニでなにか買ってきてあげようか?」と何故か気の利く彼氏のような口ぶりで可愛くすねてみせる。繰り返すが、Aはお顔の見苦しいアラフォーおっさんである

末っ子長男という立場実家でなら和やかなエピソードにもなろうが、二十代半ばの私ではアラフォー末っ子長男を甘やかすことはできない。舌を噛み切りたい。

このように自分が食べるものには無頓着で、常備菜も断りなく勝手に持ち出して食べてしまうAだったが、金銭感覚とやらには人一倍敏感だった。

ある日突然「君の家の冷凍庫にはステーキ肉があるでしょ?あんなのうちの実家にはないよ。贅沢なんだって分かってる?」と責められた。

私はAが我が家冷凍庫をあけたことなんて知らない。なによりなぜ私が家賃を払っている家で私の払っている電気代で私の食費の範囲内で存在しているステーキ肉を贅沢と言われなければならないのか困惑した。

なんでだろう。ただの業務スーパーの肉なのに。海外産なのに。

こういうことはままあった。

私の家の別室にいつの間に入ったのか、私の服が殆どUNIQLOであることに対して言及する。同じ口で、私の服装ハイブランドっぽいか他人威圧感を与えるとあてこすられる。

自分で家探しして、UNIQLOであることを把握しているのに。

肌の手入れをしている時、家の掃除をしている時(余談だがAは私が洗濯物を干している方向に向かって寝そべった姿勢放屁したことが何度かある)とにかくことあるごとに

・それは文化資本の高い裕福な家庭で育ったから身についたことだ

・そういうのは人に威圧感を与える

という趣旨であてこすってきた。一見褒め言葉とも思えるが、その時のAの表情は「世間知らずの小娘に、弱者として様々な荒波に揉まれてきた俺がもの道理を教えてやる」という優越感に歪んでいた。

これが、毎週末起こればどうなるか。

病気療養中でただでさえ体力が落ちていた私はメニエール病になった。病気のお代わりである

実家で未だ末っ子長男立場にいるアラフォーが呼んでもいないのに毎週末入り浸り、どんどん荷物を運び入れてくる、ついでにジンギスカンのタレ(私の住んでいる土地北海道ではない)や生姜湯のタレやカフェオレのタレや実家にあった食べかけのスプレッドなどをお土産としてドヤ顔押し付けてくる。

料理を作ってもらうのは、彼女とのラブラブ交際メモリー

家事もこまめにする彼女を見守る俺。

金銭感覚の狂っているところと金を持っているような見た目だけがたまに傷で、そこは俺が矯正してやらないとな。

俺が結婚してやるから、婿に入れて跡継ぎのパパにさせてね。お家のことは任せてくれていいよ。

無理だった。哀れに思って物乞いに施しを与えるつもりで付き合っていたけれど、風俗嬢キャバクラ嬢と家政婦とママと財布のハイブリッドにはなれない。

金銭感覚が狂ってるのはあんただ。他人の家で好き勝手食い散らかして、風呂毎日溜めて、家事食事の世話もしてもらって当たり前と思ってるけど年収200万円でそんな生活はできないんだよ。

実家暮らしでそれが当然になってしまってるお前の金銭感覚の方が狂ってるんだ!

そう言いたいのを飲み込んで私は「うちに置いてる荷物を持って帰ってね」と通告した。泣いてたけど知らない。

禅問答のような告白からわずか一ヶ月半のことだったが、色々と我慢限界だった。

うちに持ち込んだ荷物は手提げ二袋に詰めてもまだ残っていたので、私が大きい段ボールに詰めて送った。

私に了承を得ていない様々なところに荷物を置いていたので探し出すのに苦労した。

別れた後もオフ会した女の子の品評が送られてくるなどした。「焼肉奢ってやる価値なんてなかった」「デブだった」「立ち居振る舞いに品がなかった」「増田がどれだけ素晴らしいか分かった」

うるさい、死ね。腹がぽっこりしてるアラフォーおっさん女子大生に向かってなにを偉そうに。その子可哀想だ。

またまたその後便箋七枚ほどに及ぶ懺悔手紙が送られてきた。字があまりにも汚かったので、読めたところだけを要約すると

コンプレックスに苛まれていろいろとしたこと反省します。プライド邪魔をしてしまったんだ。だって俺は稼げないし」

稼ぎがどうこうじゃなく人間性の問題であることを理解できないのが哀れだと思ったが。

後日談として、

その後Aは自分コンプレックス払拭するためか親にいれている金を免除してもらって株式投資をはじめ、順調に年収分くらいの損失を出しているらしい。

異性として見られる魅力もなく、自信となる稼ぎもなく、実家暮らし萎えた自立心と金感覚末っ子長男扱いと狭い人間関係で肥大しきった自己評価

彼の不幸の全てが弱者男性という社会問題のせいとは言わないけれど、でも私は二度とその手の男性に近づかないだろう。

たとえ差別と言われても、この記事に書いた奇行、書ききれなかったその他の様々なコンプレックス由来の奇行どちらも私を頑なにするには充分だった。

どこかに特定記憶を消してくれる病院とかないかな。探してます

2018-10-29

自然数と正の偶数は同じ数だけ存在する」←この話の正しい説明

この話に関する最も愚かで、最も多い人種説明は、全単射だのヒルベルトホテルだのを持ち出して的外れ解説をした挙げ句、「人間感覚裏切られる数の性質ひとつ」などとのたまうアレである本質をまるで理解せず、明らかな矛盾や自らの違和感を深く追求することもせず、権威を前に思考停止して、自分よりは深くものを考えている人たちが納得できずにいるのを見て優越感に浸る真性のゴミカスである

頭の働く人であれば、無限集合の「大きさ」の定義一般的定義とは違っており、表題のような混乱を招かないため新たに「濃度」という語が定義されている、ということを明言するだろう。この話ではそもそも言葉定義知識と違うのだから齟齬が生じるのは当然だ。この再定義を経ずに表題結論に至るとしたら、間違っているのはそちらの方だと言ってもいい。受験レベル数学的帰納法でも偶数自然数より少ないことは証明できるだろう。これが感覚であるなどと、よくもまあ言い張ったものである

参考までに、次のロジックなら誰もが納得できるだろう。『2つの無限集合において集合の全ての要素が1対1で対応するとき、「2つの集合は大きさ(濃度)が同じである」と言う。無限集合A={1,2,3,...,n,...}と無限集合B={2,4,6,...,2n,...}は各要素が1対1で対応するため大きさ(濃度)が同じである』。これは数学的にも直感的にも何ら欠陥の無いロジックだ。

さて、定義を改めればひとまず納得することはできる。だが逆に言えば、一般定義で見た場合に明らかな誤謬が生じているという事実は残っている。集合の要素が1対1で対応するのであれば同じ大きさである、というのは一般的にも間違いなさそうに見えるからだ。真理を冒している論理の誤りがどこにあるのかを明らかにしてこそ、この問題を十分に考え抜いて理解したのだと言えよう。

違和感がどこにあるかは、おそらく誰もが直感的に分かっている所だろう。すなわち、仮に集合Aを100までに限ると、集合Bは200までの偶数となる。一方では100を上限としながら、もう一方では102~200までを考慮してもいいのだろうか。普通自然数偶数と言われてこのような解釈をすることはまずありえない。この矛盾感が、無限集合という言葉を盾にされても看過しがたいものに思えているのではないだろうか。その直感は何も間違っていない。それこそが核心である。何故なら「正の偶数自然数に含まれなけれなければならない」からだ。要素を1対1で対応させようとすれば集合Bは必ず集合Aに無い要素を含む。そのため自然数に含まれるという本来定義を満たすことができない。集合A={1,2,3,...,n,...}を自然数、集合B={2,4,6,...,2n,...}を正の偶数の集合、とすることは各々では正しくとも、偶数定義自然数が関わる以上は両者の定義上の関係性を改めて保証する必要が生じていたのだ。かくして表題のような誤謬が生じたわけである

ソラハラ

ソーラン節ハラスメントという言葉を考えた

うっわーその年になってソーラン節の一つも踊ったことないの~?wwwドン引き~wwwwみたいな

でも煽る方も別に優越感ないし煽られても悔しくないだろうからやめた

2018-10-28

中小企業経営者なんかやってるとxevra化する

https://anond.hatelabo.jp/20181026223004

経営者になれば自分の城を手に入れた気分に浸れるだろうがそんなの若いうちだけ。

中小企業なんて所詮大企業下請けしかない。

大企業にいった同期は世界と戦っているのに、自分下請けで親子ほども離れた大企業若造練習相手にさせられている現実

そこから這い上がるすべはなく、唯一できるのは大企業の失敗を罵ることのみ。

日本が負けても、戦ってない自分は負けたことが無く、優秀であるという倒錯した優越感に溺れるようになる。

日本進出してきた中国下請けになっていることを、中国の力を見抜いた先鋭的な人間であるという都合の良い解釈をしている。

anond:20181027013205

マトリックス世界培養槽に囚われた養分塊のようになることで優越感に浸れるならどんどん浸ってもらったら良いと思う。

2018-10-27

東京芸大学費値上げ

なんとも気色悪い。きしょい。

でも、音楽学部を中心に才能教育研究みたいな様相を呈し始めた時点で、うすうす気付いてた、お前のその手口…。

https://www.geidai.ac.jp/news/2018102671472.html

これによる収入は、本学が世界の一流芸術大学と伍して行くための教育研究の高度化や、トップアーティスト育成の中核をなす「実技指導」の重点強化等に充当し、学生たちに還元します。

うーん、世界の一流大学と伍すためには世界で戦えるトップアーティスト必要選択と集中するっきゃない!という流れにしか見えない。

このトップアーティストというのは、世界的に有名な賞を若くして獲って、芸術界のピラミッドの中で高い地位を確保した人、と同義だと読むのは穿った見方だろうか。最後まで読んだら、やはり学長メッセージの方にトップアーティストの例として挙げられている学生は、いわゆる権威ある賞を獲った人たちだ。

この方々はきっと、本当に素晴らしいのだろうと思うけれど、それだけがトップアーティストだという考えはあまりに古い。

良くも悪くも多様性が盛んに謳われる今日日本で唯一の国立芸大ハイアートでもって欧米に伍することと、その他の地域優越することしか考えられないとしたらださい。


2.学生経済的支援の充実
授業料の引き上げにより教育の機会均等の確保が損なわれないよう、大学自己収入などの財源を用いて、次の手当てを講じます
① 引き上げ額を含めた授業料減免実施
経済的理由で修学困難な学生に対する「修学支援奨学金給付型)」を新設

こうした口実の下に一旦値上げを許すと、今後20年くらいの間にお安めの私立大学より学費が高くなりそうだ。

しかに、芸大生はお金持ちの子弟が大多数を占めるから、毟り取れるところからは毟り取ろうという気持ちは分かる。

きっと本当に金がないのだろう。だが、一律授業料値上げという対応はあまり乱暴ではないだろうか。

中には、減免措置を考慮しても年額10万の値上げのために進路を考え直さざるを得ない家庭だってあるだろうに。

それだけではない。東京芸大学費値上げは、「芸術金持ち特権だ」というメッセージを発信することになってしまうのではないか

これまでだったら、家庭に負担をかけられない!と気張ってしまタイプ高校生にとって、「芸大だったら他の国立大と同じ学費芸術を学べる」というのは良い口実だった(実際は私学の学費を払えるくらい家計に余裕があっても、理想燃える高校生って気を遣うから)。

しかし、値上げが進むと、「国立芸大すら金がかかりすぎる。うちにはお金がないから、芸術系は選択肢から外そう。」という高校生がどんどん増えそうだ。

そうすると、元々金持ちor経済観念がかなり低い学生けがばんばん集まってきて、今以上に芸大と実社会との隔たりがすごいことになる。特に芸術学、楽理、音楽環境創造などの学科系にとっては大打撃になりそうな気がする。

偉い人たちは、ずっと芸術世界にどっぷりで、あまり感じないのかも知れないけど、超偏った社会である東京芸大に若干の多様性をもたらしている人材を追い出すと、大きな損失になるぞ。

ガッツ能力があってどうしても芸術をやりたい高校生たちが東京芸大を目指さなくなるのは良いことだが、大学にとっては痛手だ。

いい加減、トップアーティスト(このカタカナ語グローバル○○と同じ位ださい…)とは何かということを考え直さないと、世界では戦えない。

※ 2018年度以前に入学した学士課程および大学別科の学生2019年度までに入学した大学院課程の学生については、当該課程に在学している期間は、2019年度以降も現在授業料のままです。

既に在学している人の分は据え置き、というのは当たり前だが、こうしておけば今在学している人達暴動しないなんて甘いぞコノヤロー!という気持ちが沸き起こってくるものだな。

調子に乗ったブス」より愛と憎しみをこめて

https://anond.hatelabo.jp/20181026222202

あーーーーーーーー

これマジで覚えがある。読んでて頭がぐらくらしてしばらく動悸が止まらなかった。元増田九州出身じゃないよね?ちなみにこち九州産のブス。

元増田

・女にとって、「一方的に好かれた、うざい!」って経験談は、何回もあるとストレスだろうが、ないと恥ずかしいものなのだと思う。今までモテてこなかった女にとっては、そんな初めての経験はやっと与えられた『女認定証』である

これ本当にそうで、ていうのも、自分語り許してほしいけど、私は中高めっちゃ喪女で、オタクBL好きで、そういう友達で周りが固まっていたのね。普通にしかったんだけど、私は好きなキャラが女と絡むのが許せないから、物語から女を徹底排除したいタイプ腐女子だったのね。女だと嫉妬ちゃうから、(当時はそんなの認めなかったけど)男だけで完結してほしかった。自分のほしい言葉シチュエーションを受けに経験させることで満足感を得てるというか。夢小説に近かったかも。

友達喪女ばかりだったけど、たまに増田の言う「一方的に言い寄られてうざい」系の話を、それこそ優越感をにじませて語る子もいて、(今思うとそれも大げさに言ってただけの可能性あるけど)そのたびに「うざいね」と相づち打ちながら焦っていた。人一倍恋愛に憧れていたから。

恋愛が”できないんじゃなくて、しない”んだって思いたかたから、彼氏じゃなくてもせめて誰かに好意を寄せてもらいたかった。嬉しそうにウザイと口にしたあの子も、”しない側”である確証?を得てはしゃいでしまったんだと思う。

かくいう私も、受験が終わってすぐに始めたアルバイト元増田風の褒め男に出会った。歳上のフリーターだったけど、イマドキな感じで、さらっと言う「可愛い」にときめいてしまった。いつも可愛い、真面目、頭がいいと褒めてくれるから(でも同じ職場彼女がいた)増田の大好きな調子に乗ったブスになるまで時間はかからなかった。友達にもおそらく「彼女持ちのくせに口説いてきてウザイ」とちょっと盛って喋ったと思う。デートに誘われることは最後までなかった

バイトを始めた頃の私はメイクもしていなかったし髪もボサボサ、中途半端デブで、お世辞にも可愛くなかった。でも褒められ続けると本当に可愛い気がしてきて、気分は〜他の女と違ってナチュラルなのに男を惹きつけてしまう女〜だった。

でもいいこともあって、こっちが本題なんだけど、メイクをするとか容姿に気を使う(最低限以上の努力をする)って、喪女にはけっこう勇気がいるんだよ。変じゃないかなとか、自分がこんなことやって笑われるんじゃないかなとか。何をしても可愛いって言ってくれる人がいるってわかったから、そういう努力ができたんだと思う。

喪女友の中には垢抜けていく私に嫌な顔をする子もいて、その子は興味はあったのに怖かったのかもと今になって思う。私も同じ立場ときは、いいようのないイラ立ちと嫌悪があったか

まとまらないけど、私を褒めてくれた年上の人も(多分だけど)裏で仲間と笑ったりしてなかったと思う。案の定惚れてしま最後にフラれ、「気がないなら褒めたりしてんじゃねーよ!」と思った時期もあったけど今はそれで良かったかなーと。その後きちんと恋もできたし。

あのお兄さんが増田と同じ性質だったとしても、感謝気持ちは消えないけど、意地悪の自覚があるのならほどほどにしてね。ブスはあなたおもちゃじゃないので

anond:20181027090921

へえ

面白いな。

大日本帝国アジア解放という反植民地主義の精神性は勝っていたんだ!!!!!!!!!

ってのが首相になってて、文化優越性を確信したうえで歴史見直しに躍起になってるのにまだ脱却できてないのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん