「被差別階級」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 被差別階級とは

2021-07-01

令和おっさん生存戦略

原始、女性太陽だった。って誰の言葉でしたっけ。それはそうと昭和中年男性ヒーローでした。現在令和に突入した日本ですが、平成の中頃から中年男性(以下おっさん)の存在価値暴落した印象があります。さて、おっさんに何があったのでしょうか。これはもうすぐ50歳になるおっさんど真ん中の筆者が、おっさん存在価値生存戦略について真正から向き合ったレポートです。

おっさんとは

さてまずおっさんとはどのくらいの年齢範囲でしょうか。ここではズバリ「35-60歳」と定義します。35は転職市場の実質上限、つまり若者」と言えるギリギリってことです。60は定年とすると「お爺さん」と言って差し支えない歳ですね。真ん中は47.5歳。筆者は真ん中も過ぎた中堅おっさんなので、そろそろおっさんを語っても許されるでしょう。

そして現代おっさんは「社会における苛烈被差別階級ひとつ」と言えます。少なくとも日本ではそうです。そんなことないだろ?と思ったおっさんあなた、まだ練度が足りません。例えば小売店レディースデー女性優遇施策ですが、かつておっさんデーがあったことがありましたか?ありませんね。例えばおっさん痴漢被害者になったとします。あまりレアなので笑い話にはなるかも知れませんが、誰が同情してくれますか?ほら、おっさんおっさんというだけで無視され虐げられ、疎まれているんです。そんなことないだろ?まだ言いますか。そう思ってるのはあなただけかも知れませんよ。

おっさん人権

男に生まれて35年も経つと、この被差別階級たる「おっさん」に強制編入されます。見た目は緩やかに老けていくだけですが、社会は突然突き放してきます。それは「人権剥奪」と言っても良いくらいの仕打ちですが、当の本人はそれに気づかず猛烈に困惑します。ルーキーおっさん洗礼ですね。

まず転職ほとんどの会社が35歳までとしています。つまりこれは「ゼロから教育するのに柔軟な脳を持った最後の歳の相場」なわけですね。もちろん40歳を過ぎても柔軟な脳を持った人だってますが、そんな言い訳通用せず転職市場からは脱落です。筆者も転職には苦労したクチなので、おっさんになった最初の実感はこれでした。

そして恋愛。35歳にもなると見た目も老けるので若々しさは失われかけますし、若い世代とは会話も合わなくなってきます現実的には35歳前後女性と付き合うのがベストなはずなのですが、さも当然であるかの如くおっさん若い子を求めがちです。35歳のルーキーおっさんにはおっさんになった現実が見えていないので、こんな図々しい希望を持つのですね。なにより若い子がおっさんと付き合うメリットがありません。心身ともに若くて会話が弾んで体力もある、ついでにイケメンならそっちと付き合うに決まってます

そんなおっさん人権保障される、つまり若者を含めた社会に参画するには「権力経済力・名声(または一芸)」のどれかがなければなりません。権力がないと若者意見できません。金がないと若者と付き合えません。名声(または一芸)がないと若者尊敬されません。どれもないおっさんは「おっさん餓鬼界」に転落し、いないものとして扱われます若者へ接近してもガン無視されるがウザがられるだけなので、せめて慎ましく生きましょう。

ということは、そのくらいしか取り柄のないおっさん人権必死に守ろうとした結果がこれまでの日本社会会社形態であり、女性社会進出本能的に拒んで来たと考えると納得できますしか現在はその砦も陥落寸前であり、ますますおっさん人権はなくなりそうな勢いで、お先は真っ暗です。

なるほど昔の人は言ってました。若いうちに一生働ける定職に就いて早目に結婚しろと。これらはおっさんになってからでは得られないことばかりです。気づいた頃には崖の下にいるってわけですね。とほほ。

おっさん歴史

ではなぜおっさんがこんなにもショボい存在になってしまったのかを考えます。冒頭にも述べましたが昭和時代、おっさんヒーローはたくさんおりました。古くは鞍馬天狗月光仮面時代劇刑事物もバラエティー番組の司会までおっさんオンパレードでした。筆者も若い頃、いつかは三船敏郎さんや岡田真澄さんのようなカッコいいおっさんになることを夢見て来ましたが、全然なりませんでした。いやそれはさておき、平成に入ってから明らかにおっさん需要は減り、メディアにおけるおっさん比率はもはや消滅寸前です。まーかろうじておっさんお笑い芸人高齢ジャニーズが残っていますし全滅ではないのですが、とりわけ男臭いおっさんドラマは全滅したと言って差し支えありません。

さてなぜおっさんは死んだのか。それはズバリインターネットの普及」にあると筆者は考えています。もう少し詳しく言うとSNSですね。これによってある意味神格化されていたおっさんベールは剥ぎ取られ、尊敬できる存在ではないことがバレてしまったのです。とりわけTwitterによるおっさんへのダメージ(悪印象)は無視できません。近年高田純次さんは「おっさん禁忌三箇条」に「説教・自慢話・昔話」という定義をしておられましたが、まさにこれしかツイートしていないおっさんが溢れ返っているなうです。ところが本人は良かれと思ってやっており、かくしてここに「教え魔」が誕生します。もちろん説得力を持たせるため偉い、金持ち、どっかでは有名などのアピールは欠かしません。が、頼んでもいないアドバイスほどウザいものもなく、またそれが知らないおっさんからならウザさも倍増です。おっさんSNS禁止とまでは言いませんが、若者ツイートへのリプライ自重した方が確実に良い結果になるでしょう。

しか自分だけ自重したところで教え魔のおっさんは後を絶たず、おっさんへのヘイトますます溜まる一方です。そうでなくても昭和時代からセクハラパワハラし放題だった一部の悪代官のようなおっさんのお陰で潜在的ヘイトはあったというのに、事態悪化の一途です。「自分だけはウザくないしおっさんじゃない」という勘違いが、その他大勢おっさんを苦しめてるんですよ、ご同輩。

おっさんと性欲

ではなぜこんなにおっさん必死なのでしょうか。それは「欲」の問題です。食欲、睡眠欲はまー健康の証で問題はありませんが、性欲はおっさんになったらとっとと捨てるべき劣悪な負債です。持ったままだと良い事は一つもありません。

女性の性欲は閉経という定年があるので、中年になっても男を漁るような行動をすることはごく稀です。しかおっさんには閉精なんかないため、いくつになっても女漁りに暇がありません。まーこれは言い過ぎですが、少なくとも女性に興味がなくなることはほぼありません。いつかは衰退して楽になるものと筆者も待ってはいますが、残念ながら今のところピンピンしています

おっさんの性欲はこの世でいちばんムダなエネルギーです。しかし埋蔵量は無限なため、上手く運用すると大きなお金が動かせます風俗水商売アイドル声優アニメゲーム凡庸商品も何かしら若い女性を絡めるだけで売上は数倍になるでしょう。これらは全ておっさんエロエネルギー採掘した結果です。もうおわかりですね。おっさんは「お金を払わないとエロにありつけない」のです。エロ産業から見ればおっさんお金に付着したタンパク質であり、もはや人間ですらありません。嘘だ、と思ったらキャバ嬢風俗嬢のツイートを覗いてみてください。その類のツイート死ぬほど出てきます

そこでおっさんは考えますコスパ良くエロにありつきたい。ここに「教え魔×出会い厨」というハイブリッドモンスター誕生します。上手くいけば若いから尊敬されついでにオフパコまでできちゃう!…実におめでてえ最低野郎です。こいつらはネットインフルエンサー女子のリプ欄でよく見かけますが、上手くいった話はひとつも聞きません。

なるほど昔の人は言いました。辛抱しろと。性欲さえなければおっさんのウザい要素のほとんどは消えますしかし消し方はほぼ自然消滅のみなのでそれまで辛抱しましょう。SNSはそれまでお預けでも良いかも知れませんね。

おっさんおっさん

性欲の他にあと一つ、消し去るべき欲があります。それは「自己顕示欲」です。おっさんおっさんツイートリプライする際に発生しがちです。「俺の方がすごいぞツイート」ですね。俺の方が悲惨だぞツイートなんかもありますが、いずれにしてもこの「マウント」がおっさんおっさんを嫌う理由に充分なり得ます。そう、おっさんおっさんからも嫌われているのです。同一カテゴリにいながらも連帯意識ほとんどなく、むしろコイツよりマシ、コイツよりは嫌われてない」と思い込みがちですが、全て幻想です。

教え魔も出会い厨マウントダメなら、おっさんツイートする内容が非常に無味乾燥ものに限られます。正直つまらないのでSNSなんかやらないのが正解です。実際おっさんがいない方が平和なので、若者おっさん侵略されていない新し目のSNSを好む傾向にあります。いやー嫌われたものですね。

おっさん未来

以上の見解から今後おっさん復権というか若者にウザがられず社会参加するためには、おっさんというおっさん全員が足並みを揃え

説教

自慢話

昔話

猥談

口説き

マウント

禁止とする必要があると考えます。実際性欲と自己顕示欲の抜けたおっさんは、渋くて魅力的に映るでしょう。とりあえずそれを目指しましょう。そしてカッコいいお爺さんになりましょう。これでもなおダメならおっさん明日はありません。辛抱ですよご同輩!

2021-06-11

弱者男性本質的に救うには男女平等を徹底的に推し進めるしかない

弱者男性論はフェミニズムへのカウンターミラーリングからまれ概念で、だからこそカウンターミラーリング以上の社会的意義を持たないし目的もないというのは正しいと思うし、そのカウンターとしての意義すら見失ってしまった「あてがえ論」や「女性教育社会進出制限」などという時代錯誤意見は論外だと思う。

そういった過激思想を取り除いたとしても弱者男性論は結局の所かわいそうランキング向上運動しかなく、弱者であるから優遇されるべきだ、弱者なんだから強者女性)への攻撃正当化されるといった外部への責任転嫁に終止してしまい、その「成果」を得るためにますますかわいそうランキングを向上しようと自身弱者性をアイデンティティにしてしま矛盾に苛まされることになる。だからこそ、弱者男性論に解決すべきイシューはなく救いようはないという意見反論もわかる。

そうは言ってもフェミニズムという性別による差別に戦ってきた先輩の方法論に学び、弱者男性という階層集団発見され名前がつけられたことは意義があったんじゃないだろうか。名前があることで初めて対象考察できるようになる。弱者男性存在を頑なに認めない人もいるが、課題があることを認めることはそれを即時解決しなければいけないことを意味しないし、ましてや解決していないからと咎められることもない。人間できること・やれることには限界がある。まずは「弱者男性」という概念があることだけでも認識されれば十分な気がする。

そんな非モテ弱者男性を本当に救うのは、あてがえ論や女性社会進出制限など女性の権利を押さえつけることではなく男女平等を実現することではないかと思い至ったので簡単に書き下してみる。この増田では上でも書いたとおり特に非モテフォーカスした非モテ弱者男性論について書くので低収入等については考慮しない。一般弱者男性モテの話が切り離せない理由弱者男性論が女性に向けられる理由も同時に書こうと思う。

男女の所得格差

フェミニズムや反女性差別本丸の一つは間違いなく所得格差だろう。具体的な数字もありわかりやすく、女性社会進出指標としてよくあげられる。実際のところ、正規雇用社員において女性所得男性の75%程度に留まると言われており、男性と同一の労働でありながら女性であるからという理由所得格差がもたらされているとすればそれは差別的と言える。

たとえば、統計的女性20代後半から30代の離職率が高いので女性という属性によって雇用を渋ったり昇進を阻んでいるとしたら、それは犯罪率が高いという理由男性保育士雇用を渋るのと同様に差別的だ。

グラフデータはほしい結論仮定して読むと見誤る。女性所得が低いのは女性差別されているからというのは本当だろうか?女性自体が高い所得を望んでいないとしたら?日本女性幸福度男性幸福度に比べて著しく高い。目的手段を取り違えてはならない。大金を手にすることが目的ではなく幸せに生きることが本質的であり金はそのための手段に過ぎない。日本女性は稼ぐ必要に迫られずとも幸せになれるからそもそも稼ぐ必要がないということはないだろうか?逆に男性は「稼がされていて」それゆえに不幸で、女性労働から解放されていて「稼ぐ必要がない」ゆえに幸福なのではないだろうか?

仮に実際に稼ぎたかったとしても女性は稼ぐ努力をしているだろうか?非モテ弱者男性悲鳴を上げているとき真っ先に投げかけられる「モテ努力をしていないのでは?」「だからモテないんだ」という言葉、そのまま返ってくることは考えなかったのだろうか?まさかキラキラ文系キャンパスライフみたいなことをしてなんの学も積まずそれゆえに「パンプスを履かされる」ような労働しか選択肢がないことを差別などといっているのだろうか?低い職業能力しかいか容姿が問われるような目にあっているというぐらいの想像力もないのだろうか?女性性を求めず、責任に伴って高い給与を与えてくれる仕事なんていくらでもある。

シンプルな話として、そんなに稼ぎたいならなぜ女性理系を選ばないのか?少なくとも稼ぎたい女性であれば実際的に稼げる能力やそういったキャリアパス投資すべきだろう。理系修士博士女性の知人友人なら年収1000万程度かそれ以上も珍しくない。

成果物を求められる仕事成果物こそが全てだ。愛想笑いでは機械は動かない。そういった世界では性別なんてものは些末で、結果を出す人間こそが正義だし高い対価も支払われる。なぜそれを目指さないのか?「稼げる努力をしていないのでは?」「だから稼げないんだ」と言われても仕方ないのではないだろうか?

女性性的客体化

フェミニズムや反女性差別文脈で特徴的な表現女性性的客体化や性的消費というものがある。性的客体化はものすごく簡単にいえば「女性をモノとして扱うこと」「女性主体性を認めないこと」である

女性に限らずだが同じ人間人間として認めずモノのように扱うのはまったくもって不当であるし、そういう風景を見るのも不快に感じる。そして女性がそのような人間的でない、男性の性欲を満たすためのモノ扱いを受けるといったシーンは見たり聞いたりする。そういった加害者と戦うべきだ。書くのも嫌だがいわゆる「ヤリ捨て」といった言葉などにもあるように、モテ強者男性女性をモノのように扱うような話は枚挙にいとまがない。ではフェミニスト女性モテ強者男性と戦っているだろうか?

これはトートロジーではあるがモテ強者男性女性モテるのだ。すなわち、なぜかフェミニスト女性は自らを性的客体化するモテ強者男性攻撃しない。それどころかモテ強者男性に群がっているのだ。つまり女性性的客体化を積極的に支持しているのは女性自身という矛盾が生じる。そしてなぜか女性には触れることも会話することも早々にかなわない非モテ弱者男性攻撃するのである

フェミニズム文脈ではこの性的客体化の不自然適用がしばしば行われる。いわゆる二次元女性に対して「これは女性性的客体として扱っており、そのような表象女性の累積的な抑圧経験の強化につながる」と。たしかにこういった表象男性ATMに例えたり年収評価するようなことを公の場で発言することで直接的な男性経済的客体化・モノ化と同様抑圧的かもしれない。

このような過激な言説は一部の極端なフェミニストの行動であり大半の女性はそのような攻撃的なことは行っていないと思うかもしれない。しかし様々な研究で明らかになっている通り女性男性の上位2割程度にしか魅力を感じず、そして魅力を感じない非モテ弱者男性8割についてはその行動の如何に関わらず不快だと感じる。席替え非モテ弱者男性が隣の席になったからと泣く女性がいた場合加害者はどちらだろうか?

このような非モテ弱者男性積極的排斥しようという女性本能欲求が、相手を求める男性の「正(+)の性欲」に対して相手排斥しようとする女性の「負(-)の性欲」と表現されたことは記憶に新しい。

この負の性欲と「女性不快と思ったら加虐」とされるセクハラ性的消費という概念の組み合わせは非常に強く、何をやっても女性不快と思われかねない非モテ弱者男性女性の気分を少しでも害したらセクハラだと指弾され社会的抹殺されかねない。

女性男性に対して身体的に弱いため男性が近くにいると恐怖を感じるという話と同じように、非モテ弱者男性女性から中傷セクハラ指摘ナイフによっていつ刺されるか常に怯えながら生活しているのだ。悪いことに、暴力を振るえば逮捕は免れないが、セクハラ指摘なら非モテ弱者男性社会的に殺してもなんの罪にも問われない。

これが弱者男性論が非モテと不可分であることの理由であるモテの量は女性感情的加虐からの盾であり、非モテであることは女性から加虐を受けることを直接的に意味する。そしてその意味において現代日本男性ほとんどが弱者男性であり、結婚していても「本当に結婚たかった男」にはなれずATMとして扱われたり旦那デスノート罵倒されたり托卵されたりなど被虐される立場にあるのだ。あてがえ論は女性人権制限するという意味でもまったくもって荒唐無稽であるが、同時に弱者男性の救済にも値しない。

男女平等弱者男性を救う

ここまでだらだらとフェミニストの主張や女性差別について考察してきた。端的にまとめると現代日本では一般的に女性理性的に行動ができず本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態にあるということが言えるかと思う。そしてそれが非モテ弱者男性という女性加虐される被差別階級を生み出している。

しかしここで短絡的に「だから女が悪いんだ!女はダメなんだ!」と思った方々は少し落ち着いてほしい。これは上記あくまでごくごく僅かな例から一般化した話であり、女性のすべてがそのように振る舞うということを意味しない。今短絡的に怒りに飲みこまれあなたより遥かに理性的で、高い成果を上げ人類に貢献してきた女性はそれこそ星の数ほどいるだろう。すなわち「女性であること」は「理性が弱く本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態」の必要条件でも十分条件でもない。つまり弱者男性論に散見される女性叩きではなにも解決しない。そうではなく、現代日本女性がそのような野蛮で怠惰な振る舞いをしてしまいがちな構造的な問題があると考えるべきだ。

そしてその構造問題を解消できれば、女性理性的主体的になり男性同様本能を抑えられるようになることが期待できる。そしてそれは非モテ弱者男性にとって本質的な救いになりうる。

社会男性本能抑制するように要請することで近年の社会秩序の発展と女性地位向上がなされてきたように、女性本能を理性によって抑制できるようになれば女性による非モテ弱者男性への中傷排斥加虐が抑えられ、何度も訴えられてきた非モテ弱者男性の消耗した自尊感情社会とのつながりの回復も期待できるだろう。

では、女性本能を理性で抑制できず野蛮になってしま構造問題とはなんだろうか?おそらくそれは男女の不平等だろう。

男女平等を推進するには

未だに「女性高学歴だと結婚できない」「男性自分より所得の多い女性結婚したがらない」「女性家事愛嬌」といった女性に対する社会的抑圧は残念ながら存在する。そしてこのような女性教育社会進出を推奨せず結婚して扶養されることこそが幸せだという価値観の押しつけは女性教育社会進出を阻害するだけでなく、そういった過程で培われる理性的思考主体性女性から奪ってしまう。同時に女性に「私は社会から抑圧された」という言い訳を与えてしま努力するモチベーションを失わせて堕落させてしまう。こうして本能のままに弱者男性攻撃排除被害者面をしながら強者男性に媚びを売る怠惰女性構造的に発生してしまう。繰り返すが彼女らにその責任はない。構造問題構造的に解消されるべきだ。

ではこれらの慣習を打破し、男女平等を実現して女性理性的になってもらうにはどうしたらよいだろうか。高度化した現代では教育の水準がある程度強く所得に影響しており、経済的事由によって教育を受けるインセンティブを設定できる。すなわち女性が「稼がねば」と自ら思うような状況を生み出すことで、必然高い教育を受け理性が鍛えられ本能抑制できるようになることが期待できる。

ではどうやったら女性が「稼がねば」と思うようになるだろうか?わかりやすいのは婚姻制度にメスをいれることだ。しばしば「女性婚姻制度で楽をしている」「理解のある彼くん」と批判されるように、女性男性収入依存する構造女性怠惰堕落させ社会進出を阻んでいる。ひいては最初に上げた所得格差などを温存する結果となっている。

そのため女性男性収入依存できないようにし、女性自身必死に「稼がねば」と思うように法律修正するのが効果的なはずだ。たとえば

このように、女性男性収入依存するための多くの法律制度存在する。基本的にこれらの法律修正をしたとしても「一人暮らしが二人」の経済状況とは変わらないため、女性がきちんと社会進出労働し稼げている限りにおいて女性が極端に不利になることもないはずだ。にもかかわらずこれだけ「女性男性収入依存せよ」というシグナルが法律にまで入り込んでいるのはグロテスクに感じる。女性社会的制度によって強く婚姻男性依存して堕落することを動機づけられてしまっているのは異常だし、社会活躍たかった・できたはずの多くの女性にとって悲劇と言えるだろう。フェミニストとしても解決したい課題のはずだと思う。

もちろん女性出産に伴うフォローのための法改正も同時に必要になるだろう。これだけは男性にはどうしようもない。1年間の法定産休・育休と休職間中給与保証などの大胆な支援策もあるべきだと思う。フェミニストのいう結果平等はこういった形で強力に推進されるべきだろう。

出産後に男性経済的支援があるならとパートタイム等の責務の軽い・時間の短い仕事に移ってしま女性も多いと聞くが、上記婚姻制度改革によって男性依存を断ち切ることで改善が期待できる。男性のように「働かなければ・キャリアを失ったら死ぬ」という緊張感があれば成長意欲も刺激されるだろうし離職率も下がって「女性は30代になると離職するから」などという理由採用・昇進を渋られることもなくなっていくだろう。

このような先進的な男女平等の実現・婚姻制度解体によって女性男性同様社会に参画し、男性に求められるよう女性も理性によって本能を抑え他者への加虐性を抑制することで、弱者男性は初めて「弱者男性」としてではなく「弱者」として男女平等な救済の道に進めるだろう。弱者男性本質的な救済は男女平等推し進めることにあるはずなのだ

2021-05-30

anond:20210530182846

バラモン」はインドカーストにおいて生まれつき他人倫理性をジャッジできるということになっている特権階級であり

弱者のために行動するんじゃなくて誰が汚れているか、誰が上で誰が下かを判定する存在

とくに被差別階級が何故汚れているか説明するのが主な仕事の一つ

少なくとも欧米アカデミアからはそう扱われている

いい意味のはずがない

2021-05-26

能力が高い少数種族被差別階級になるのは人類史としては当たり前では?

ウマ娘がなぜ人類によって支配されているのか疑問に思っている人が多いことが逆に疑問だわ。

人類史を紐解いていけばそんなの常識じゃんとしか

脳みそちっちゃい種族が頑張って脳みそおっきい種族ボコったのが人類スタートラインなわけで

2021-05-05

anond:20210505193101

横だが、言及したやつが弱者男性とも限らないのでは

そもそも被差別階級差別をしないっていうのは思い込みだよね

黒人だって散々差別されて苦しんできたくせに、コロナ理由アジア人暴力を振るってるし

2021-04-07

anond:20210407234032

被差別階級被差別階級同士で憎しみ合ってるのって典型的分断統治だよな。よっぽど支配階級にとって都合のいい存在でありたいらしい。

2021-04-06

anond:20210405202720

大体これが的を得てるな。

まあ良くも悪くも統一感のないフェミニズムに対する皮肉のつもりなんだろうけど、最低でも歴史的被差別階級であった「女性」を論ずる場合よりも丁寧に議論しなければ皮肉にならんだろうに、それどころかフェミニズム以上の雑さを見せてるんだからそりゃ一生負け続けるわとは思うよね。

2021-04-01

ジェンダーギャップ指数って要は「男が責任負わされてる国」指数じゃね?

男女格差、日本は世界120位 G7で最下位:朝日新聞デジタル


今はジェンダーギャップ指数とは言わないのかな

いつも日本ランキング低くて女性差別がヤベーって言われる奴

これって日本に限って、いや日本以外もかもしれないけど…

男性責任押し付けられてるランキング」上位ってことなんじゃね?と思う




だって

もしこれが女性の生き辛さを示す指標だとするなら

日本って「世界トップクラス女性が”生きづらい”、世界トップクラス女性長生きする国」になってしま

一文で矛盾してしま

日本という国は

女性経営者管理職になれず、低賃金で働かされたうえ家事労働も多くこなし、命がけの妊娠出産を行い犯罪被害にも会いやすい、男女の寿命格差他国より大きく男性女性の2倍自殺してる国」

ってなんかおかしくね?


普通に考えると

日本女性管理職にならなくても、低賃金でも生きられる国」

って結論なっちゃわね?

この手の指標って極端な例を出せば

会社経営する父親の息子として生まれたばかりに将来を強要されなりたくもない会社経営者となる兄と、太い実家の援助をもとに短時間非正規雇用で好き勝手遊んで暮らす妹、みたいな家庭がいれば(実際金持ちの家はそういうパターン結構多いが)

女性差別され抑圧されている側に傾くわけだよね





いや、わかるよ

長生きできればそれでええんか、差別がないとでもいうのかって言いたいんだろ

そりゃその通りなんだけど、でも「生きる」ことができるって人としての「権利」の「け」の「K」くらい基本的ことなわけで

実際被差別階級はその差別苛烈であればあるほど平均寿命って短くなるわけじゃん




一応断っておくけど

俺は女性差別存在しないとは決して思ってないし

経営者管理職政治家も専業シュフも男女比が人口構成比とイコールになる社会理想だと思ってるし

なんなら男も妊娠出産できるようになればいいのになとすら思ってるけどさ

つーか今の若い人って男女ともにそんなに出世することや政治家になること求めてないし

程々の地位収入でいいかプライベート充実させたいって人が多いでしょ

からこの手のランキング指標を持ち出して

日本は男ばっかイイ思いして女性は虐げられてる

みたいなこと言い出す人らみると

なんだかなーーーーーーーーーーーーーってなっちゃうの


追記

こういうこと言うと、その男ジェンダーロールをこなさないといけない社会作ってるのはお前ら男だろって言う人必ずいるし、ブコメにも似たようなこと言ってる人いるけど

ホントもーーーーー!そこが違うんだよーーーーーー!

こういう社会を作った人間性別が男であることが多いだけであって、「俺」じゃねーーーーんだよーーーーー!

「俺」が医大合格点決めてるわけねえじゃんかよーーーーー!!

俺みたいなド一般人男性ジェンダーロールが嫌だと思ってる男性

ジェンダーロールが嫌なら降りればよくない?もしくは社会を変えれば?」って言うのは

学校いじめられてる子に「君もその学校を作ってる一人だよね?学校イジメられるのが嫌なら辞めればよくない?それが嫌なら学校を変えれば?」って言うのと一緒だよ

それがそう簡単にできねーからつれぇんだろうがよーーーーーー!!

2021-03-11

リスト

夫婦同姓の強制を主張する人が、現在別姓夫婦差別し殴っているので

差別者は死ね殺せと罵った上で、相手方を「差別者」と罵ることがいかなることかお分かりですな?

むろん私はリベラルではありませんから思想に基づき死すべき人間を選別するようなことはしませんが、あなた方は違う。靴の先がちょこっと違うだけで笑って人を数億人殺してきた、そういう前科前歴がある。ならばこの発言はもはや新たな被差別階級を生まんとするヘイトに他なりません。

 

https://togetter.com/li/1627335

たぶん何も考えてない人たち/古い価値観/姓を変えさせるとか昭和かよw今令和でしょ?/気持ち悪いなぁ

創作上ですらこの憎悪

 

https://twitter.com/yukiho_dx/status/1367444386540179460

敵ならばいかなるカリカチュアライズしてもいいという党派性

 

https://togetter.com/li/1676666

なお、参院通称が認められているのは基本のき。それすら知らんような馬鹿か、すっとぼけ個人攻撃するような奴に矯正の目はありません。

 

https://president.jp/articles/-/32830?page=4

自分たちの残念な結婚(観)を露呈

自らが進歩的であるという誤信

 

https://b.hatena.ne.jp/entry/4697777430609336898/comment/driving_hikkey

狂信カルト以外に表現が見つからない。

信条の違いをカルトと罵るカルト

おなかいっぱいです。無論、お示ししたからにはこいつらの首、一つ残さず刈り取ってご持参いただけますな。その上でお話し合いをいたしましょう

追伸

申し訳ありませんが、ロストしたブクマがありまして

こいつらみんな国外退去できねぇかな

という直球ヘイトを見たことがあることもお伝えしておきます。見失ったのはこちらの手際ですので特にお探しいただかなくとも結構発見し次第、こちらに追記いたしましょう。

zmk

2021-03-07

anond:20210307020559

ウバーの配達員被差別階級で全部責任押し付けていい扱いになってるから

からぬことを考える送り主がいて全然おかしくない

2021-01-26

理解ある彼くん現象』とは、実は非常に残酷な加害の実態ではないか

理解ある彼くん現象とは、精神疾患引きこもり等の女性が『女性の生きづらさ』『困窮した状況から立ち直った方法』をテーマに描いたコラム漫画の中で『理解ある彼氏』が最終ページ辺りに唐突に登場し、男性パートナー経済的精神的な支えによっていきなりすべての問題がなんとかなってしまうというある意味デウス・エクス・マキナ的な超展開パターンがあまりにも多いため、皮肉嫉妬を込めて『理解ある彼くん現象』とか『そ理彼(そんな私にも理解ある彼くんがいますの略)』などと言われるようになったネットスラングである

逆に障害者引きこもり男性人生にこのような『理解ある彼女』が登場し経済的精神的に支えられ人生におけるセーフティネットとして機能するケースはそ理彼に比べると極めて稀で(健常男性だったパートナー結婚後に鬱病発症したケースや数十年前の国民皆婚時代の話であれば例外的にないこともないが)、自由恋愛化した現代日本においての生まれながらの性的価値の差による男女の非対称性象徴としてよく扱われている。

また、男性自殺率などを持ち出し『男性女性どちらが本当の弱者であるか』というテーマ議論でもよく議題に上がる内容だ。

ちなみにこれは『無能世界』の男女の対比の話であって、例えばそこそこ良い大学卒業していたりコミュニケーション能力が高かったりと男だろうと女だろうと現代社会就業恋愛結婚特に困ることのないような五体満足の男女とは全く別次元社会問題であることは予め頭に入れておいてほしい。

解説するが、理解ある彼くんの正体とは『一応定職にはついているが健常者の女性相手にされなかった冴えない非モテ男性』のことである

恋愛競争に敗北したチー牛顔の彼らは『無職障害者メンヘラ女性を養う』という戦略を取ることでギリギリ境界恋愛競争に振り落とされないように必死にしがみついているのだ。

男としての性的魅力は低いが『優しい』『メンヘラ相手でも面倒を見れる』『嫁を養えるレベルにはまともな経済力』という属性たまたま彼女らのセーフティネットとしてマッチングし、双方の妥協と打算の歪な結果生まれたのがあの物語なのだ

しかし、この構図は同時に、後世の男性に対する重大な加害行為ではないだろうか?

この漫画で描かれる多くの『性を売ることでしか生きていけない無能女性』というのは、言い換えるともし彼女たまたま男であれば生きていけない人間だったということだ。

この『性を売る』というのは売春行為だけでなく当然恋愛での優位性を利用して婚姻等の社会制度の中で『理解ある彼くんに面倒を見てもらう』ことも含まれる。

男性パートナー依存して生きていくということは、大人として成熟していけば結婚出産などのイベントからは多くの場合逃れられないだろう。

そして、精神疾患発達障害などは高確率子供遺伝してしまう。

私が『理解ある彼くんに支えてもらいか弱い女性幸せになったお話』を見たときに一番違和感を感じるのは、彼女らの間に生まれるかもしれない男の子、つまりは不幸の再生産による後世の男性に対する加害行為があまりにも見て見ぬ振りされすぎではないだろうか?という点だ。


生活承認のために様々なものに目をつぶって『ただ女だから生きていけた無能女性』が『男だというだけでは生きていけない無能男性』をこの世界に生み出すことはあまりにも残酷ではないか

生き方多様化した現代社会、中には「私は理解ある彼くんと無能女性の間に生まれ性的弱者無能男性であるが、それでも趣味宗教に打ち込むことによって幸せ人生を送ることができた。」というような男性も、ミクロレベルはいるのかもしれない、だがそんなレアケースが生まれることを期待して恋愛生殖のような生物としての根源とも言える選択肢を生まれながらにして当人意思とは関係なく奪われた弱者を生み出すことは果たして人道的であろうか?

Twitterなどで男女論で議論しているフェミニストやこのような論説に異を唱えているアカウントを追っていると、(勿論漫画化などされていない)暗数も含め『無能女性理解ある彼くんと結ばれることで不幸な人生を歩むであろう男の子生産する』パターンはかなり多いように見える。

現代発達障害者の男女の生涯未婚率などを比較すると、統計としてもより顕著になるだろう。

しかすると、この歪な関係の男女の間に生まれてくるのが運良く女児である可能性もある、その場合、その娘は母親と同じように将来『理解ある彼くん』を生やすことで幸福承認を掴むことは可能なのかもしれない。

しかし、結局は彼女の子から男の子が生まれしまうまで問題を先送りするだけのことだ。


弱い男性恋愛人間関係の中で淘汰され苦しまざるを得ない現代構造は誰が悪いという話ではない。

それが自然の摂理、といえばそれまでだし、ほぼ全国民見合い結婚をしていた数十年前の方が生物としてはおかしかったのかもしれない。

これは黒人奴隷制昭和時代女性蔑視な法体制のように国家による責任でも、ましてや『彼らを選ばなかった女性』の責任でもないだろう。

国民自由を与えた結果、たまたま彼らは選ばれなかっただけだ。

LGBT黒人のように歴史的道徳的優位性もなければ、彼らは被害者ですらないだろう。

しかし、そんな歴史の都合は本人達の苦しみとは何一つ関係ない。

100年前であれば、現代では考えられないような碌でなしの男ですら皆何も考えず結婚できていたのだろう。 労働者階級農民中心の時代では、現代では無能扱いされる彼らも無能ではなかったのかもしれない。

もっと昔の狩猟時代であれば、生きることに必死でこんなことは考えすらしなかったのだろう。

たまたま時代自己存在ミスマッチしてしまった不幸な存在現代無能男性なのである

社会自動化が進み労働環境は複雑化し続け、教育費は高騰。経済格差は今後も広がり続ける。

無能社員を雇い続け海外からは『日本式経営』と揶揄される現代終身雇用形態合理性のもといつ終焉を迎えるのか誰にもわからない。

きっと無能男性に対して厳しい社会は今後も長い間続いていくのだろう。

社会が形を変え、自殺率幸福度が更に悲惨状態になり、無能世界の男女格差がどれだけ広がっても、きっと彼らは被差別階級にすらなれないのだろう。

情報化によって無能な男がどんな惨めな末路を辿るのか、現代はこんなにもはっきりと知ることができてしまう。

今の世界は、無能な男が笑って胸を張って生きていけるほどまだ優しいものではない。

政治的な正しさなんて概念も、そこまで万能ではない。 『多様性』なんて甘い言葉にきっと苦しむ彼らの存在は含まれていない。


この主張は恐らく優生思想に近いものだ。

現代における政治的な正しさにおいては「どんな人間であれ恋愛生殖権利はあるし、か弱い彼女らがパートナーに救済され子供を持つことは何一つ間違っていない」という主張の方が圧倒的に正しいのだろう。

しかし、どんなに取り繕っても現代自由経済・自由恋愛社会というものは性淘汰と優生思想の理のもとに機能していて、結局は彼女らの救済の物語とは性淘汰の苦しみを後世の男性にすべて押し付けているだけではないだろうか?

の子供というのは親にとっては可愛いものだ。 それは多分、種としては出来損ないの息子であったとしてもだ。

理解ある彼くんと無能女子との間に生まれてきた子供存在意義を無理やりこじつけるとすれば、それはきっと弱い女性と冴えない男の人生に多少の彩りを与える愛玩動物なのであろう。

彼らの存在は、さしずめカップルが寂しさを紛らわすためにペットショップから貰ってきた去勢済みのポメラニアンと何も変わらないのだ。

悲しいことに、愛玩動物として生を全うするには人類は幾分賢すぎる。

生きるも、死ぬも、本人の選択だ。

しかし、生まれてくることだけは本人の意思とは関係ない。

もし今後このような物語を見たとき、少しでも思い出してほしい。

か弱い女性が『理解彼くん』に救われた明るい物語の陰には、その皺寄せにより生涯苦しみ抜かねばならない後世の男性いるかもしれないことを。

か弱い彼らの人生幸福を。

2021-01-15

レイシストの子供がいじめ殺される日も近い

10年経たない内にレイシストの子や孫が迫害されるようになるだろうし

50年後には卑しい身分として権利を奪われて

100年後には理由すらも忘れられてただの被差別階級になってるんだろうな

2020-12-20

オタクサブカル対立」などという寝た子を起こさないでほしい

今のオタク20代前半)から言わせてもらえば、いわゆるオタク的な人々といわゆるサブカル的な人々の間の対立なんてもう存在しない

サブカル的なものを題材にしたコンテンツオタクの間でも人気を博してるし、一方クラブアニソンが流れたりもする

オタク向けコンテンツでも作り手はサブカル側の人間だったりするし、サブカル側にもアニメ漫画を見てる人はたくさんいる

どんな文化にもリスペクト大事だという価値観は共有され、そこでマウンティングを取るような人は結局嫌われるというのが今の感覚

かに自分中学生の頃なんかはまだまだお互い知らない文化ということで妙に喧嘩腰の人も多かった気がするけど、

はいろんな場面でお互いの文化に触れ合う機会があり、かっこいいものはかっこいいし、おもしろいはおもしろい、というただそれだけの話だとみんな気づいている

でもどうもネットを見ていると、未だにサブカルを許せないでいる高齢オタクや、オタク文化を下に見ているサブカル人もよく見かける

特にオタク側は被差別階級だったからか、オタク差別の話を事あるごとに持ち出してくる

だがそれらはもう過去の話なのであって、今更持ち出したところであまり意味があるものではないと思う

2020-12-09

百合厨って腐女子のことどう思ってんの?

腐女子ってオタクの中でも被差別階級だったじゃん

オタク腐女子を何故か嘲笑してたじゃん

百合厨にとって腐女子は何なの?

気になる

2020-11-13

キモい女子中学生」とジャニオタルッキズム呪い

二次元オタク迫害されていて三次元好きであることが偉いような風潮があった、という報告を数件目にしたのだけど、

私が通った地方公立中学全然そんなことがなかったので書きたい。

 

中1のとき、「小学校の頃から不登校で、中学入学しても不登校のままで、テストや式典のときだけ現れる女子」がいた。

の子は歯を数本失っていて残った歯もガタガタで色も汚く、髪も肌も汚く、

中学校の制服にゆとりがありすぎてパカパカするほど極度に痩せていて、容姿を一目見たときの衝撃度が半端ない子だった。

そして担任がその子の家に通って定期的に面談をしていたのだけど、その面談内容をクラスで喋った。

「カッツンとかいう話をしててなあ。おじさんにはわからんわ」。

ジャニーズKAT-TUNデビューする前、コアジャニオタ以外の知名度がまるでなかった時期に、

の子はおじさん担任相手の定期面談デビュー前のKAT-TUNの話ばかりをしていたみたい。

その報告を受けたクラスは大爆笑

容姿といい、ジャニーズジュニアにハマって担任相手に話す点といい、完全に笑いもの被差別対象だった。

 

から中学に通っている間、ジャニーズ好きを公言する子が一人もおらず、逆に二次元が好きであることは余裕で公言できるという状況だった。

中学時代から友達が隠れジャニーズ好きだったことを、高校進学以降にこっそり打ち明けられて初めて知る、という感じ。

高校で知り合った子たちの堂々とジャニーズ好きを公言する感じを見て、「あれ?ジャニオタって被差別階級じゃないんだ?」って思ったり。

他の中学ではむしろ二次オタの女子が地味な感じで、ジャニオタギャルが多くてスクールカースト高かったような雰囲気を感じて驚いたり。

うちの中学のうちの学年が、担任の報告内容とその不登校の子の影響で、ジャニオタ地位特殊になっていたことが高校以降で分かった。

私は漫画好きの二次元オタクだったから、「二次オタってジャニオタよりはマシだよね」的雰囲気に、もしかしたら救われてたのかもしれない。

しか中学の頃のこの現象に、たった一人のオタク容姿の影響力を感じて、ほとんどトラウマのようになってしまった。

 

オタク容姿によってジャンル地位が左右されるのって恐ろしい。でも女性オタクとこの現象って切っても切り離せない。

鬼滅が流行り始めたときも、まず行われるのが「炭治郎少年に夢中の鬼滅おばさんwwww」みたいな女性オタクの年齢叩きとスペック品評。

韓流黎明期冬ソナ中年女性にウケたりしたから、おばさんおばさんって相当侮辱されてた。

K-POP10女性に人気が出るようになったら容姿叩きはなくなった。

二次元ジャンルでもジャニーズの界隈でも、オタク容姿が悪いとそれを理由ジャンル中傷されるっていう縛りは感じる。

「あのジャンルってキモい女が推しがちだよねw」って思われるのが怖い。

女性嫌悪的な男たちがそういう目で女を叩こうと狙っているし、女同士でもそうした品評の目はあって逃げ場がない。

 

AKBジュニアアイドル握手会写真が晒されているのを見た。

太ったおじさんにネット接触された10代半ばのアイドル少女が、嫌悪感を隠そうと頑張った引き攣り笑顔で凄い顔になっていた。

男性オタク容姿品評から解放されている人が多い。推し本人からこんな顔をされても何も感じないんだろう。

うちの中学不登校だった子はどういう心境だったんだろう。

でも羨ましくない。女性オタク容姿品評圧は怖いけど、それでも「さすがにあんな風にはなりたくない」が勝る。

担任面談内容を晒して笑いをとっていたのは職業倫理としてどうなのかっていう酷い話だけど、

それはそれとして容姿放棄したオタクにはなりたくない。そんな勇気はない。

 

doycuesalgoza オタク容姿の話は全然あたまに入ってこず、不登校同級生のその後が気になって仕方なかった。

中2以降その子がどうなったのかわからない。同窓会に来るような人のその後のことしか情報が伝わってこないし。

今思うと子供なのに歯がないなんて虐待だったのかもしれないと思う。

でもそんな子がマイナーイケメンを追っかけてるとなると「笑い」になってしまった。

誰もかばわないしみんな笑ってたし私も笑ってた。最悪だと思う。

 

damonon "男性オタク容姿品評から解放されている人が多い。" そんなことないよ

から何を言われようと容姿改善しないのは、どう品評されようと気にならないメンタル強者からだと思ってた。

 

itotto 不登校の子との会話をみんなの前で話す教師ってヤバくないの?

ヤバいと思う。でも話術があって人気教師だった。

私があの担任に「不登校の子についてそういうふうに言うのは良くないと思います」とか歯向かったら、

クラスの子の不興を買って私がいじめられて終わりになっていたんじゃないかと思う。

そもそも社会人になってから担任について思い出してあの担任やばいなと思うけど、

中学生の頃は担任がアウトな行動をするという発想がなかった。ただ笑ってた。みんなが笑ってるから

 

kyo_ju 児童虐待疑い事案を放置し笑い物にした胸糞学校事案から"見た目が悪いのがいるとジャンル全体が低カースト視されるからブスはうちのジャンルにくんな"という教訓しか引き出せなかった増田の闇…

しろ「お前ブスだからうちのジャンルに来るな」って言われるのが怖いという感情が強い。

見た目が悪い人を差別するのが悪い(特に虐待理由のケースなど)とは思うんだけど、

容姿差別がこの世からなくなるイメージが持てない。

から私の好きなジャンル攻撃されないように、ジャンルの足を引っ張らないように、容姿放棄ができない。

2020-11-12

anond:20201112103051

あてがえ民みたいな結婚したいのに相手が居ないという論外の被差別階級人間は置いておいて、

性的搾取はまともな階層にも存在するでしょう。

強姦サークルがある有名大学やセクハラが横行する有名企業があるんだから

2020-10-27

anond:20201026234829

おれも該当者なのかもしれない。

もうおっさんなので、昨今おっさん被差別階級だと思っているので、女性にはというか他人には近づかないようにしている。目を合わせないように、距離をつめないように、会話も挨拶もないように注意している。それなのに二十歳代の女の子がよってくる。むこうからからだに触れてくる。女子高生までもがよってくる。振り向いてくる子までいる。なんで俺なんかを気にかけるのか見当もつかない。二十歳代はともかく女子高生とつきあったりなんかしたら、おれはたぶん犯罪者になる。冗談じゃない、おれなんか無視してくれと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん